7月8日


MITTAN    SH-17 カディワイドシャツ

color      生成(補強)

price      20000+TAX

SIZE      1   /   2

color      藍×胡桃(補強)

price      24000+TAX

SIZE      1   /   2

インドで素材を一からオリジナルで作製しているMITTANのカディコットンを用いたワイドシャツ。
インドカディはここ最近、特に夏になると耳にする機会が増えた素材ですが、中でも本物の手紡ぎ・手織り機で
作られているカディコットンを使っている洋服は極々一部に過ぎません。
「手紡ぎ・手織り機」という部分が本物の条件で、人の手を使ってじっくりゆっくりと時間を掛けて織られる生地は、
強くて適度な柔らかさがあり肌に触れた瞬間に、確かな違いを感じ取れるくらいに全くの別物です。
空気を纏っているかのような着心地、汗の吸収も良く速乾性にも優れていて夏のうだるような暑さに最適な素材と言えます。
カラーは染色を施していない″生成″と藍に胡桃を掛け合わせたMITTANオリジナルカラーの2色展開です。


今シーズンの新作″カディワイドシャツ″ですが、身頃をゆったりとさせ布と身体の間にも余裕があり
着ていないかの様な軽さと、さらさらとした生地が気持ち良くリラックス感のある仕上がりに。
首元はすっきりとしたクルーネックで、バンドカラーともまた少し違った表情をみせてくれます。
フロントの釦は、全部で5つ。
1つ1つ釦の間隔が広く設定をされていて、開けてカーディガンのように羽織るのもこのシャツに関しては
良さそうだなぁと思います。


釦は小さなボーン釦が付きます。華奢なサイズですが不思議と存在感のある釦で、カディコットンとの相性も良し。
オーダーの段階で補強の有り無しが選べるシャツなのですが、今回は補強を入れたタイプを選びました。
首回りと前立てに4本のミシンステッチが入ります。よくよく見ないと分からない部分かもしれませんが、
プレーンなシャツに、繊細なステッチが程良いアクセントになっています。
デザインとしてありながら、負荷のかかる部分や摩擦の多い箇所の補強として施されているという点は、
正に機能美を感じさせるとともに、着ていて決して目立つこともないですが、ふとした瞬間に作り手の
意図や想いを感じて頂けるのではないでしょうか。


意外と在りそうで見ないカフスの仕様は、釦が無いのでロールアップし易いメリットがあります。
裾の長さも前丈に比べて後ろ丈を長くして、スリットを深めにアシンメトリーなバランス感になります。
何処となく抜け感のある雰囲気が夏の装いとしてとても気分に合う気がしますし、足元もレザーの
サンダルなどを合わせて、心置きなく心身を開放して着て貰えたらいいかなと思います。


私もMITTANのカディコットンシャツを愛用していますが、風が抜けてとにかく心地が良いの一言。
暑い日が続くと半袖のカットソーに必然的に手が伸びますが、MITTANのカディコットンを着るようになってからは
カットソーと同じくらいの頻度で着用するようになりました。
風が爽やかに吹く日は汗のベタつきも気にならないくらい快適で、湿度や気温の高い日は暑さから身を守り、
直射日光にも当たることなく、温度調節を可能にする理に敵った素材と言えると思います。
季節に見合った素材を身に纏う事の素晴らしさと気持ち良さを体感させてくれる1枚になるはずです。

5月29日


MITTAN    ロータスロングパンツ

color      黒

price      24000+TAX

SIZE      2   /   3


MITTANはトップスに比べると圧倒的に型数は少ないのですが、とても面白いパンツも数型作製しています。
今シーズンの新作″ロータススパンツ″は名前の付け方が実にユニークで、ロータス(蝋足す)という意味で
浜松産地でオリジナルで作製している打ち込みの強い平織り生地を特殊な樹脂でコーティングをしています。
手触りはがさっとしているのですが、足を通すと気持ちの良い肌あたりでパンツが垂直に立ちそうになるくらい
張りとコシの強い素材です。見た目は重厚ですが穿き心地は軽やかな今までに無いようなイージーパンツに仕立てています。


ウエストはゴム+アジャスト出来る仕様で、縫製に一工夫してあり内・外共に巻き縫いの始末にしています。
お店にただ単純にハンガーに吊るしている状態ですと、見た目そのままにイージーパンツに見えるのですが
穿いてみるとワークパンツの様な力強くしっかりとしたシルエットが出てきます。
このギャップがMITTANらしく、実際に穿かなければ分からないパンツだと思います。
穿き方としては腰で落とし気味に引っ掛けるというイメージよりも、ウエストの高い位置でしっかりと紐を閉める方が
ルーズになり過ぎずに太めのシルエットを最大限に活かせると感じました。
今まで穿いていたイージーパンツの概念を変えるくらい素晴らしいバランス感だと思います。

※身長178CM 体重65キロ  着用サイズ3


穿きはじめや試着の段階では生地が硬く立ってしまっている状態なので、シルエットのと良さを見出すのは難しいのですが
時間が経つにつれて体温で生地が少しずつ柔らかくなり、いつの間にか穿きじわが入っていて表情豊かになります。
これは自分自身が穿いてみて気付いたというか・・・驚かされた部分で、特殊なコーティングをした生地ならではの
面白さとギミックだと思います。
着用写真は私物のもので穿きはじめてから一度洗っているので、新品の状態よりも硬さはとれていますが
それでも歩く度に「がさっがさっ」と生地が擦れる音が聞こえるくらいなので、生地の強さが良く分かります。
注意点としてドライクリーニングしてしまうと、コーティングが抜けてしまうのでご自宅でのお洗濯がお勧めです。
普通に洗うだけではコーティングは落ちませんのでご安心を。


厚みがあって風は通しにくいですが生地が肌にまとわりつき難くいので、これからの時期でも大いに活躍すると思います。
つい先日の関西方面の出張の際に穿いていったのですが、暑さを感じる事は殆どなかったですし裾から風が入ってくるので
気持ち良く過ごす事が出来ました。よっぽど暑い日でなければ1年を通して活躍するパンツになると思っています。
カラーは黒のみ1色展開。真っ黒というよりも墨黒に近い色味のなので重さを感じる事は殆どありませんし
今まで黒のパンツを殆ど手を出してこなかった自分にとっては、着る幅に広がりを持てたというのも大きなメリットです。
誰にでもお勧め出来る万能なパンツではありませんが、ベーシックなパンツをお持ちで、その他に面白さであったり
コーディネートの幅を出したい方にご提案出来ればと思っています。


夏場は白のスニーカーやBIRKENSTOCKのサンダルなどと組み合わせると良いかなと想像を膨らませています。
イージーパンツにありがちな、だらしなく見え過ぎないという点が″ロータスロングパンツ″の良さだと思っています。
見ると着るとでは180度くらい感覚が変わるパンツだと思いますので、モノは試しにくらいの気持ちで
穿いて頂ければ嬉しいです。僕はあまりに気に入り過ぎて週3くらいのペースで穿いてしまっています・・・(笑)
素材違いのものも店頭に並んでいますので、またそちらは後日にご紹介を致します。

5月7日


MITTAN     ロングジャケット 

color        紺      

price       35000+TAX

SIZE       1   /   2   /   3


大型連休も今日で最終日。連休中は天候も大きく崩れる事もなく街歩きをするには最高の気候だったのではないでしょうか。
一息つく様な、しっとりとした心落ち着く昨日の雨もよかったですね。
今日は気のせいかもしれませんが、何だか街も静かに感じます。
昨シーズンに引き続き展開をしているMITTANのロングジャケット。ご紹介は初めてかと思います。
デザインは日本の着物やブータンのゴ(男性の民族衣装)などからインスピレーションをとり、其々の良い部分ミックスさせて
デザイナーの独自の解釈で日常着として着られるバランスに仕上げています。
男性・女性など関係なくユニセックスで着用出来、サイズに関してもジャストサイズでもオーバーサイズでも
自分が気持ち良く袖を通せるフィッティングで選んで頂ければと思います。
サイズ展開は1から3まで全てご用意致しております。


素材に用いられているのは静岡県の浜松産地でシャトル機で織られた麻55%・綿45%を掛け合わせた生地を使用。
しっかりと度詰された生地は厚みもあり、張りと強さの両方を感じて頂けると思います。
着用時期に関しては春・秋のどちらの季節にも対応できる中肉の生地感で、今時期には朝と夕方の肌寒い時間帯にさらっと羽織ると
少しだけ風が抜けて温度調整がし易いと思います。
この手のジャケットやコートは素材違いで何枚か持っていると、たとえ今直ぐに着なかったとしてても、持っていて良かったという
タイミングがあると僕自身は良く感じています。気分ではなく本当に気に入った羽織り物が見つかれば思いきって手にしてみのも、
洋服に投資するという訳ではないのですが、時間の経過と共にじわじわと良さを実感して頂けるはずです。


オーバーにドレープが出過ぎたり、洋服と身体の間に大きな空間のあるビックシルエットという感じではありません。
シルエットはあくまで自然なバランスで、身体の動きにもストレスを感じさせない秀逸なパターンで作られています。
縫製に関しても表側にステッチが出ない様に一工夫されているのも、洋服としての美しさに繋がります。
着物に関しても同様の事が言えてステッチを表に出さない作りなので、日本人ならではの繊細な部分を感じてしまいます。


着丈は太腿が隠れるくらいの長さに設定。
車を運転する際にも着丈が干渉しにくい丈感なので、いちいち脱ぎ着をしなくて良いのも着易さに繋がり、
ついつい手に取って着てしまう理由の1つになるのではないでしょうか。


ウエストをマークする為の同素材の紐が1本付属します。
するしないは分かれると思いますが、マークする事によってシルエットがよりモダンな印象に変わります。
気分を変えたい時や風の強い日などには生地がばたつかずにしっかりと納まるので、あえてしてみるのもお勧めです。
MITTANを展開して1年が過ぎましたが、最近は男性のお客様に選んで頂く機会が増えてきました。見た目やシルエットが単純ではなく、イメージを膨らませて着熟すという事をしなければならない洋服だ感じています。
作り込みの良い男らしい洋服とはまた違った良さを実感して頂けるはずです。

4月8日


MITTAN     OCガラ紡ロングジャケット

color        濃黒

price        51000+TAX

SIZE        2   /   3   /   4 SOLD


ここ数日で春らしい気候がぐっと深まり、日中はコートを脱いでも良いくらいに過ごし易い日が続いています。
MITTANから個人的にもとても楽しみにしていた″ロングジャケット″が届きました。
愛知県の尾州地区で数台しか残されていない希少なガラ紡の織機を用いて、柔らかくコシがしっかりとある
生地をオリジナルで作製。素材は綿55%・絹45%の混合素材で絹の比率が多く汗の吸収率が高いのも素材の特徴。
生地感は厚すぎず薄すぎず、日中は暖かくなったとは言え羽織り物がまだまだ必要な気候が続く盛岡では、
素材であったり微妙に異なる生地の厚さ、着丈や袖丈の違いなどで幾つかの羽織を持っていると困りません。
この羽織は肌触りがとにかく良いのでカットソーにさらりと羽織るのも気持ちが良いですし、春と秋の両季節の
変わり目に何を着ようか毎日頭を悩ませる時期、きっと間違い無く重宝する一枚になってくれると思います。


″ガラ紡″の特徴として挙げられるのは手紡ぎ・手織り機を用いたような風合いと着心地を実現しています。
生産工程においても利用するのが難しい短い繊維を混ぜて有効活用出来るという点も理に敵っている素材と
言えるのではないでしょうか。
袖を通すと空気を纏うかのような柔らかさで一切のストレスがなく、感覚的に良さを実感して頂けるはずです。
自然に肩のラインが落ちるMITTANらしい美しいパターンとシルエット、ブランドの強みである染色を活かしている点も◎
素材自体が持っている力、凹凸のある生地に染めを施す事でより立体的に引き出しているように感じます。
濃黒はくすみのない″真っ黒″な色目で反応染め、もう一色は天然染料を用いた味わい深い″藍×胡桃″を
掛け合わせた2色展開です。


シルエットは着ると自然に左右が閉じるような合理的かつ自然美を感じる作りで、着物や和装などをデザインにしながらも
現代服という軸をしっかりと持ち日常着として着れる事を前提にした絶妙なバランスに仕上がっています。
ポケットは内側に付いていますので、物を出す仕草が格好良いのですがリバーシブルでの着用が可能なので
外側にポケットが欲しい方は裏を表にして着て貰えたらと思います。
裏使いにすると外側にステッチが見えて、それはそれでアクセントになって格好良いです。


最近は″ブラック″の洋服が気になります。
黒を好んで着られる方は季節問わずに着ると思います。その一方では重たく見える、強く感じるなど
黒という色のイメージが難しく思う方もいるという、不思議な色です。
何処となく緊張感漂う色でもありますが、いつしかさらりと気負わずに着れて似合う様になったら・・・
その緊張感が心地良さにも変わるのではないかと思います。
デニムやチノ、軍パンにカットソーなどを合わせて何気なく羽織るだけで雰囲気が出せますし、自分達の様に
気付けばネイビーの洋服が増えてきたという方にも、新鮮さや気分転換に、ぜひ挑戦していただきたいカラーです。
見た目よりも軽くて着ていて気持ちが良い素材ですので、自然と手が伸びてしまうジャケットになると思います。

color        藍×胡桃

price        59000+TAX

SIZE        2   /   3   /   4 SOLD


サイズは2から4までの3サイズをご用意いたしました。
カタチとしてはサイズを細かく気にして着るような雰囲気の洋服ではないのですが、ジャストサイズよりもゆったりとした
着用がお薦めで、サイズ2と3はレディース、3と4はメンズと思って頂くのが妥当かと思います。


カラー″藍×胡桃″はインディゴに胡桃染めの黄色を混ぜ合わせた色目で、見た目に柔らかさが出るのが特徴的です。
MITTANは染色に対しても研究心が強く、違う種類の色を重ねて染色したりと他ではあまりしないような事にも
取り組んでいるので、そういった点も含めてブランドのオリジナリティを感じています。


デザイナーの物作りへの熱意と、それを実現可能にする生産現場があってこそのジャケットだと感じています。
着れば着る程に愛着が増してくる素材ですし、生地が薄くなったら愛着の湧くデニムのように継ぎ接ぎをしながらでも
大切に着ていきたいと思える1枚になっていくのだろうと想像してしまいます。
今の気持ちも勿論大切ですが、何年後かの自分が着ている姿をイメージしながら半分は投資するくらいの感覚で
MITTANが作る″OCガラ紡ロングジャケット″を選んで貰えたら嬉しいです。

11月19日

img_9688
MITTAN   なめらか半纏ロングコート

color      濃紺

price      60000+TAX

SIZE       1  /  2  /  3 SOLD
img_9693

img_9696

img_9698
日中の暖かさと朝夕の冷え込みの寒暖差に羽織り物が手放せなくなる季節になりました。
世界各国の民族衣装からインスピレーションを受けて作られるMITTANの洋服ですが、日本の半纏をデザインソースに用いて
作製されている″なめらか半纏コート″は、半纏のモダンな印象は残しつつもファション性という部分も上手に融合した
絶妙なバランス感に一目惚れしました。織物の盛んな愛知県の尾州地域で織られるしっかりと目の詰まった素材は
柔らかくて生地のしっかりとした風合いのどちらも感じて頂けると思います。
素材はウール60%・カシミア30%・ナイロン10%の混合素材は、着心地もさることながら袖を通すと生地の分量に対しての軽さに
驚かされます。岩手の冬を考えると暖かさという面で少し物足りなさも感じるかもしれませんが、パターン的にも
厚みのあるセーターなどを着込めるくらい余裕がありますので、着方次第で十分に対応可能だと思います。
北国に住む以上はメインで着られるようながっちりとしたコートとは別に、保温性と素材の異なるコートを何種類か持って
おくとその日の気温と気候によって気分を変えられますし、MITTANのコートはさっと羽織れる気軽さとそれでいて
上質な凛とした表情も持ち合わせてるので、ふわっとジャンルの垣根を越えてすべてを包み込む様な。
不思議な汎用性の高さが、魅力の1枚ではないかと思っています。
img_9703

img_9708
同型で着丈の長さ違いで2種類リリースをされているのですが、どちらも良さがあり結局選びきれずに両方をセレクト。
着用しているのはロングタイプで、着丈が20CM伸びていて膝がしっかり隠れるくらいの長さがあります。
普段歩いて行動をされる方にお勧めで、前から見た時も勿論良いのですが後姿がより色気を感じるので好みです。
フロントは閉める為の釦や付属品は一切つきませんが、ご自身で紐を探してぎゅっと締めて着るのも良いと思いますし
着方にアレンジを加えられるというのも大きな特徴かもしれません。しっかりとしたカタチがある洋服も好きですが
最近はこういったカタチが決まりきっていない完成系を自分自身で探すというのにも惹かれてしまいます。
img_9709

img_9711

img_9713
ドレープが綺麗に出るように仕立てられたコートは、身体に負担が少なくすっと着れる感覚があります。
サイズは1・2・3の3サイズの展開で、男性と女性関係なくユニセックスで着て頂けるデザインです。
女性はこの手のコートは着られている感じがありますが、男性は見慣れない部分も多少あるかと思います。
コート自体に雰囲気がありますので必要以上に着飾る事をしなくて良いと思いますし、普段着ている洋服に合わせると
意外とすんなりはまるのがMITTANの良さだったりします。
シンプルな合わせで穿きこんでいるデニムに足元はビルケンシュトックのサンダルくらいで十分にサマになります。
img_9716

img_9718
カラーは″濃紺″で汎用性の高さを一番に考えました。
普段デイリーに穿くパンツ(デニム・チノ・軍パン)は好相性ですし、冬場はグレーのスラックスなどの登場回数が増えると思いますので
足元だけスニーカーなどで軽さを出して合わせる着方もお勧めです。
img_9715

img_9719
前立てはラペルを作って着るのも良いですし、スタンドにしてストールやマフラーを合わせるて首元にアクセントを入れる着方も
新鮮な表情に変わるので◎です。ハンガーに吊っている状態ですと平面的でイメージが沸き難いかもしれませんが
見ると着るとでは、がらりと雰囲気が変わる面白さがあって日本の伝統的な日常着がこうも生まれ変わるのかと
袖を通す度に良く出来ている洋服だと感心してしまいます。
img_9726
MITTAN   なめらか半纏コート

color      濃紺

price      50000+TAX

SIZE       1  /  2  /  3 SOLD
img_9731

img_9739

img_9743
もう一方は着丈が20CM短いタイプ。すっきりとしたバランス感でコートと言うよりもジャケットを着るような感覚がしっくり
当てはまるように思います。デザインは一緒ですが丈の違いで全く印象の違うモノのように見えるのも洋服の面白さ
であり、ロング・ショートどちらも甲乙つけがたい素晴らし仕上がりになっていると思います。
着られる方の身長とのバランスであったりイメージする着方に合うタイプを選んで頂ければ嬉しいです。
普段の生活が車で移動される事が多いといった方にもショートはお勧めです。
img_9750

img_9751

img_9752

img_9753

img_9755

img_9757
今までrasikuで展開してきた洋服とは一味違った、良い意味で抜け感のあるコートだと感じています。
僕自身の捉え方は全体をゆったり見せるのではなく、あくまでも普段着ている洋服に深く考えずにシンプルに合わせるだけ。
それくらいの方が力が抜けすぎずに程良い緊張感が出せたりすると思いますし、ルックブックや誰かの真似事をしただけの
それっぽい着方にならずにオリジナイティを出せると思っています。
サイズはユニセックスの展開なので、ジャストサイズで選んで頂いても良いですしサイズアップでコートのように着るのもお勧めです。
日本の伝統的なウエア″半纏″を普段着で取り入れてみてはいかがでしょうか。
きっと洋服を着るという事の概念が変わるかもしれません。
rasiku  sasaki

PageTOP