12月6日


MITTAN   丹前コート

color     灰茶

price     46000+tax

SIZE     2    /    3 


目が覚めると静けさにはっとして外を見ればうっすら積もった一面の雪景色。
眠りもより深くなってやっぱり早起きが出来ない朝でした。道路は解けましたが細かい雪が降ったりやんだりで、
時折ちらっと顔を出す青空が何だかすでに恋しかったりします。
本格的な冬の訪れと共に暖かな素材のコートを探されている方が多くなってきました。

MITTANから届いたコートは、2年前に一度rasikuでも提案をした事のある中綿入りの丹前コート。
洋服の中でダウンコートは冬の代名詞とも言える存在で各ブランドから毎シーズンリリースされていますが
如何にもMITTANらしいアプローチでブランドのコンセプトを崩さずに作製される中綿入りの1枚は
インナーとの組み合わせがし易いデザインなので、毎冬に飽きずに付き合っていけそうな気がしています。


丹前のルーツは江戸時代まで遡るのですが、男性が寒い冬に着る防寒着として作られたと言われています。
主に浴衣の上から羽織る仕様で、着るだけではなく寝る時に掛けて暖を取る物でもありました。
着物と同様にフロントが自然と閉じる様なパターンで作製。歩いたり動いたりすると自然と開くような仕組みで
フロントには釦などの装飾品は一切ありませんが、付属で腰紐が着きますのでウエスト付近できゅっと縛って
冷たい風が入らないように着る事も可能。決して高機能な洋服ではないのですが、着ると身のこなしにまで
意識が向くようなところもあり、気持ちにメリハリが生まれるのも良いなと思っています。


素材は表地がウール50%・コットン50%を掛け合わせた平織生地で表面がほんの少しだけ起毛しています。
裏地はコットン100%でどちらも共通でブラックのスレーキとのコンビネーション。
中綿の素材はコットン100%で、最初は生地の膨らみがありますが着用を繰り返す事によって段々と綿が潰れて
着易さが増してくると思います。年月が経つにつれて身体にしっくりとフィットする感覚が生まれてくるコートで
着方に関しても最初はあまり目にすることが少ないデザインなので戸惑う事もあるかもしれませんが、
何処となく袖を通しているうちに落ち着く・・と思うと同時に、カジュアルな仕立てに落とし込まれた丹前を
どう普段着として落とし込んでいくか、という過程も一緒に楽しんで頂きたいです。


MITTANの洋服は普段良く穿いているデニムにクルーネックのスウェットやあえてフードなど、当たり前に着ている
日常着に合わせるだけで良い意味でのギャップが生まれて不思議とまとまりのある印象になると思います。
全身を同じブランドで統一させたり似たテイストを合わせるのも良いですが、個人的にはちょっとした意外性や
その人自身の趣味や癖が出る合わせ方や着方をしている方に逢うと興味がそそられてしまいます。
見方によっては個性的なコートに映るかもしれませんが、単に袖を通せば個性が出せるという物ではないと思っています。
はじめはイマイチ上手く着こなせなかったり、どうなんだろうと答えが見つからない事の方が多いと思います。
ただ、僕自身の経験としてはそういった洋服の方が自分なりに考えたり工夫したりを繰り返したり、
時間を掛けたりして案外長く付き合っていけると思っていますので、丹前コートはそういった時間も含めて
挑戦して頂きたいコートです。

color    濃紺

SIZE    2   /    3 


フロントに釦のないロングカーディガンの様なデザインは女性ですと着慣れている方が多くいらっしゃると思います。
素材感がぎしっと詰まっているので一見するとヘヴィーなイメージがあるかもしれませんが、天然素材ならではの
柔らかい一面も持ち合わせているので、袖を通して頂ければすんなりと馴染む感覚があるはずです。
留め具など無い方がかえってぱぱっと羽織れて良いという方もいると思いますし、手持ちのコートのバリエーションに
一気に広がりが出る事は間違いないはずです。


防寒着として洋服を捉えた際に選ぶものとファッションとを上手にバランスを保つ事が冬の楽しみだったりします。
機能性を重視すればギアとしての側面が強くなるのは必然ですし、寒さを我慢してまで洋服を身に着けるのも筋違いでは
ないかとも思います。自分自身が気持ち良く過ごせる洋服に袖を通すことが出来て、日々を当たり前に過ごす事が
簡単なようで何よりも大切な事だと感じています。rasikuが冬を過ごす為に提案したいと思う中綿入りのコート。
是非お試し頂ければと思います。

11月2日


MITTAN  ウールニットロング羽織

color    黒灰

price    33000+tax

SIZE    2 


今日は気温は低かったのですが、カラッとした太陽はと青空に絶好のお出掛け日和となりました。
月曜日は文化の日の振り替え休日で3連休。
これだけ気候が良いと日差しを浴びに自然と外に出たくなってしまいますね。
街中でもイベントが開催されていますので冬になる前の良い休日を過ごして頂けたらと思います。

rasikuにも今シーズンの秋冬の最終便でオーダーをしていたコートやニット類が届き始めました。
その中からMITTANの新作でリリースされた”ウールニットロング羽織”は、繊細で上質な糸を用いる事でウール特有の
ざら感の一切ない羽織に仕上げています。ウズベキスタンの民族衣装「チャパン」などからデザインのイメージを
起こし、身体のラインに沿って流れる様に美しいシルエットを表現しています。
中肉の素材感ですのでアウターとしてもインナーとしてもどちらにも対応出来る万能な1枚になってくれると思います。


素材は繊維の細い上質なウール糸と強撚したウール糸2本とを撚り合わせた3本撚りの糸を使用。
袖を通してみるとストレッチが入っているかの様なキックバックがしっかり感じて頂けると思います。
生地が伸びたり垂れるのを最小限に防ぎ、大きな型崩れが出ないような役割をこの良質な素材が果たしてくれます。
編地はしっかりと目が詰まっているのに触り心地はとろりと柔らかく、このテンションでこの生地感は新感覚。
柔らかなニット素材のロングカーディガンは、着用を繰り返した際に縦伸びしてしまい見栄えが崩れてしまう事が
どうしても気になってしまい中々セレクトできませんでしたが、このニットに触れた時の強さとしなやかさに
驚かされ素晴らしい素材である事を確信しオーダーを決めました。


前立て・袖口・裾は切り替えを入れたデザイン。手を下ろすと丁度良い位置に切り込み式のポケットを完備。
肩は程よくドロップした位置に付ける事により、動きを制限せずにストレスフリーな着心地を実現しています。
アームも程よく太く設定をしているので、シャツなどを合わせた際にも引っ掛かりは感じずにスムーズに着用が可能。
シャツにさらりと合わせるのがベターで、中肉くらいのカットソーと組み合わせるのも好相性に思います。
お尻がすっぽりと隠れる長さは安心感がありますし、薄手のコートの様な役割も果たしてくれるはずです。


様々な素材を独自の発想からより良い物へとアプローチするデザイナーの姿勢は、着用を繰り返す程にじわじわと
実感して頂けるとはずです。今回のニットが出来上がったのも生地開発に携わっている工場の方が
普段からMITTANの洋服を好んで着ていて、デザイナーと工場側の双方が出来る事を最大限に引き出し合い
更に良い物を作り上げたいという気持ちがあるからこそだと思います。
ハンガーに吊るしてある状態ですと何となく通り過ぎてしまうそうなプレーンな表情ですが、これだけ品質の高くて
着心地の良いニットロングカーディガンは、他にはそう見つからないと思います。

color    濃紺

SIZE    2 SOLD 


女性の方が着慣れているイメージが強いロングカーディガン。
ワンピースなどの丈の長いものと合わせると、納まり具合は抜群に良く重宝するのではないでしょうか。
サイズは2のみの展開で、生地のドレープが綺麗に見えるゆったり目のバランスで合わせる事でニットの柔らかさが
より引き出されるので、身長などはあまり気にせずに袖を通して頂きたいです。


MITTANは現代の民族服をテーマに物作りをしていますが、一見すると独自の世界観が強く出ているように
映るかもしれません。僕自身は普段着ているようななんて事のないカジュアルな日常着に、アクセントとして
取り入れるのが好みで、全身でブランドのイメージやらしさを表現する事は殆どありません。
1枚の布を羽織っている様な感覚が面白く、他には出せない個性がきらりと光るものを如何にして自分なりの着方と解釈で
落とし込んでいけるのか・・・という人と洋服との距離が少しずつ近くなってくる時間がとても楽しいと思っています。
最初は似合わなかったりイメージと違っていたとしても、それがいつの間にか慣れてきて欠かせないものになってくる
その過程と経験が大切ではないかと考えています。
似合うか似合わないのかも勿論重要ですが、それ以上に着てみたいかどうかを大切にして選んで頂ければ、
今までと違った景色や感覚が手に入れられると思っています。
MITTANが作るロングニットカーディガン。着てみたいと思っていただけたら嬉しいです。

10月12日


MITTAN   OC格子シャツ

color     生成格子

price     21000+TAX

SIZE      2    /    3    /    4

朝から大粒の雨が地面を叩き付ける様に降り続いています。
今日の夜に台風は岩手を通過するようで、何事もなく去ってくれれば良いのですが・・・
雨と風が強いのでマイナスな事ばかりに目が向いてしまいそうですが、個人的には台風が去った後の
全てを洗い流してくれたかのようなすっきりとした空気感と、独特の街の静けさが毎回身体と心に染み渡る気がしています。
気のせいかもしれませんが・・・(笑)
お店は通常通りに営業をする予定でいますが、天候次第で営業時間を短縮しようと思いますので
早い時間のご来店をお待ちしております。

MITTANから今シーズンの新作としてリリースされたシャツは珍しくも柄物を使った1枚。
恐らくはブランドとして初めての柄シャツだったと記憶しています・・・間違っていたらすいません。。
縦と横に不均一に入った糸が立体的な表情を生み出していて、はっきりとした柄を打ち出さないあたりが
ブランドらしさでもあり、他には出せない通好みな生地を作り出している事にもいちいち感心させられてしまいます。


素材には経糸・緯糸どちらもオーガニックコットンの糸を贅沢に用いて作製。
生地自体にしっかりとした厚みがあって夏場以外の3シーズンに対応出来る素材で、着込んでいった後の風合いが
良くなっていくっことも間違いありません。
日中であればシャツだけで過ごせる気候ですが、これから季節が進んできた際にはインナーとしても重宝すると思います。
1枚で着た際の存在感が抜群で、コートやジャケットと合わせてちらりと柄を覗かせて着るのもお勧めで
個人的にはざっくりとしたウール素材のコートや前開きの羽織物と合わせたら格好良いなと想像しています。


シルエットは全体的にゆったりとした設定。
首元はスタンドカラーというのが正解だと思います。
トップの釦はギリギリで留められるくらいの首回りの大きさで、留めるのが難しそうな場合は1つ開けて着るのがベター。
雰囲気抜群の厚みのある釦が付いているなと思っていたのですが、後から資料で確認した所、雰囲気の良いトレンチコート
などに用いられる事の多い水牛を使用しています。
生地に負けないパーツを組み合わせる事で、シャツ全体の仕上がりが引き締まるのは言うまでもありません。


ざっくりとした表面に凹凸のある素材は機械式の織機で織られているのですが、肌触りを極力手織りに近づけるように
微妙なテンションを職人さんにお願いをして、独自の風合いに仕上げています。
生地の目はしっかりと詰まっているのですが、空気を含んだような肌当たり。
僕はシャツを展示会で見て、初めて袖を通した際には完全に手織りだと勘違いしてしまいました・・・
素材に対して貪欲に追求するデザイナーと、イメージを具現化出来る職人さんとの信頼関係があるからこそで
MITTANの新たな引き出しになるシャツだと感じました。

MITTAN   カシミヤワタショール厚手

color     藍(淡)      /      藍(濃)

price     24000+TAX

SIZE      70×200


昨シーズンに引き続き、カシミヤ70%とリネン30%を掛け合わせたショールも展開。
天然染料の柔らかくて深い色合いと、カシミヤの肌触り、適度なボリュームを出せる大きさ、3つのバランスが好みです。
色目は共に藍染で「ブルー」に近い淡いタイプと、より「紺」に近づく濃いタイプと、どちらも正直甲乙がつけ難い
素晴らしいカラーに仕上げています。


特に男性は巻物を苦手とする方が多いような気がしているのですが、単純にあると便利ですし、今時期は気温差が大きく
コートを羽織らずともバッグに巻物を1つ忍ばせておくだけで日中との寒暖差から身体を守ってくれる優れものです。
折角選ぶのであれば、肌触りが良くて自分の気に入ったものを大切に長く使う方が良いと思います。
ぐるりと巻くのに丁度良い大きさに設定をされていて、藍染であればより男性にも馴染み易い印象になるはずですので
スタイルの変化を楽しむ上でも、是非ストールを取り入れて頂ければと思います。


何を着ても心地良く感じられる季節は北東北に住んでいるとても短く感じてしまいますが、その時期にしか出来ない
服装や着こなしを楽しんで頂きたなと自分自身も含めて思っています。
ウール・コットン・リネンなどの天然素材を中心に、様々な異素材を取り入れながらコーディネートを組み立てると
機能性だったり、着心地の良さを再発見出来るきっかけになるのかもしれません。
MITTANの洋服に使われるのは現代的な機能素材とは違いますが、同じくらいもしくはそれ以上の感覚を肌で感じて
貰えると思っていますので、人味違う機能美を生活の中に取り入れてみては如何でしょうか。

10月5日


MITTAN   三重織綿絹毛麻ジャケット

color     茶がさね

price     38000+TAX

SIZE     3 SOLD


MITTANから今シーズンの新作としてリリースされた3つの異なる性質の生地が一体になったロングジャケット。
展示会で説明を聞いたのですが、一度聞いただけでは何を言っているのか・・・頭が混乱してしまうくらい
不思議な作り方で、とても衝撃だったのを覚えています。
デザインはMITTANが得意とする着物などからヒントを得た首元がショールカラータイプで、自然と左右が閉じる
パターンで作製されています。ざっくりとした布帛素材のカーディガンを羽織るくらいのイメージ。
使用されている生地は元々は1枚だったのですが、水に反応すると分かれる性質があり、水洗いすると3つの異なる
生地に分かれる構造。その生地を最小限のステッチに抑えて作られたのが”重織綿絹毛麻ジャケット”になります。
肌に触れる一番下の生地は絹、真ん中の生地は麻、3枚目は毛という、全て天然繊維を使用していて
素材其々に経糸にコットンの繊維を混ぜて織られていますので、しっかりとした強さを感じて頂けると思います。


リバーシブルで着用が可能ですが、素材の良さを最大限に活かすのであれば肌に直接触れる生地を絹にする事で
心地良さをより実感して頂けると思います。着用の時期も夏から秋にかけての半袖や七分袖のカットソーなどに
さらりと合わせると肌当たりも良く風が心地良く抜けていくと思います。
サイズはあえてゆったり目のサイズ3のみをセレクト。
インナーに中肉のセーターくらいまでは着用して頂けると思いますので、真冬のアウターまでの繋ぎ役として
重宝する羽織になってくれるのではないでしょうか。


肩はラグランスリーブを採用し、可動域の広さと生地の落ち感の機能性と見た目の自然な美しさを表現。
ややマニアックな素材ですが、MITTANが選ぶ生地であれば自然と納得してしまいます。
以前にもシルクの素材のセーターに関して、より良いものを作り上げる為に顕微鏡を使って糸の撚りの強さや
編地に関して突き詰めていると聞いた時に、そこまでの熱意がある事に驚きと関心させられた事を
この素材と説明を聞いた時に思い出しました。
見た目にそれなりのインパクトがあると思いますので、個人的にはシンプルに潔く白いカットソーや表情のある
白シャツなどと組み合わせる事で、エッジの利いた素材に対して程よく丸みを持たせてくれて、カジュアルな日常着として
自然でシャープな印象に映ると思います。少しずつ自分なりの着こなしの落としどころを探しながら着こなしの
バリエーションを増やしていくのがベストではないでしょうか。
今までリリースされてきたジャケット類の中でも、想像性を掻き立てられる1枚になると思います。


シルエットは決してオーバーサイズにはせずに、可動域がしっかりと確保出来るサイズ感で作製されています。
男性・女性に関係なく着れる作りですので、ストレスの一切感じさせない秀逸なパターンと素材の組み合わせを
実感して頂きたいです。


今まで体験した事のないものに出逢えるのは、それだけで気持が高ぶりますし、例えばそれが自分自身の趣味嗜好や好みと
違っていたとしても手に触れたりする見たりする事によって大きな刺激を受けます。
色々な経験を積み重ねていく中で、刺激を受ける事が必然的に減ってしまうのは仕方のない事だと思うのですが
常に新しいものとの出逢いや探求心を持って作られる製品というのは、ラックやテーブルに何となく置いておくだけでも
佇まいであったり醸し出されるオーラは必然的に在るような気がしています。
少し癖が強かったりもするのですが、時間の経過と共にモノと自分との距離が段々と近づいていく感覚が僕は好きで
このジャケットも着こなすまでの難しさなどを含めて楽しんで頂きたいなと思っています。

9月13日


MITTAN   OCガラ紡ロングジャケット

color     濃紺

price     51000+TAX

SIZE      3     /    4  SOLD


今日は文句の付けようがないくらい空が澄んでいてより一層高く感じる見事な秋晴れ。
お月様も綺麗に見えそう。
数日前まで身体に纏わりついていた湿気も嘘のように感じず、中津川からくる風が心地良く肌を撫でていきます。
秋祭りも今日から始まった模様で、お店の前を威勢よく「山車」が通る景色は盛岡の秋を感じられる風物詩の
1つで、秋祭りが終わると鮭の遡上がはじまり、僕が一年で一番良いと思っている風景を堪能する事が出来ます。
いよいよ洋服も色々な服装が楽しめる良い季節に突入です。


MITTANから届いた、毎シーズン定番アイテムとしてrasikuでも展開をし続けているオーガニックコットンを用いて
愛知県にしか残されていない特殊な編み機を使って作製されている”OCガラ紡ロングジャケット”
春先と秋口の2つの季節に対応出来る程よい厚みとゆったりとしたシルエットは、天気予報を見て天候と気温が曖昧で
何を着ようかと迷った際に必ずと言って良いほど出番の多くなる1枚。
お尻が隠れるくらいのハーフ丈で、インナーを選ばずに着れる懐の深さと、現代の民族服をテーマに作られるオリジナリティ
溢れる部分と、昔から引き継がれる様な伝統を掛け合わせた絶妙な落とし所が気に入っている理由です。
カラーは着易さを重視した化学染料で製品染めがされている「濃紺」を、サイズは3と4の2サイズで、
ジャストサイズよりもゆったりと着る方が生地の雰囲気が活かせると思いましたので大き目をあえて選んでいます。
性別に関係なくご夫婦などで兼用されるのもお勧めですので、是非袖を通して頂ければ嬉しいです。


ガラ紡自体は1876年の明治時代の中期に開発された織機で、ガラガラと音を立てながら糸を紡いでいく姿からその名が 
付けられたとされています。機械織りですが、どちらかと言えば手紬・手織り機にも似た風合いで、糸の太さが均一に
ならずに織り上げていくので表面にかなりの凹凸が出来ます。その凹凸が何とも言えない風合いになり、ジャケットに
仕立てた際に立体感のある表情を生み出します。
素材にはコットン55%・絹45%を混ぜた混紡素材。
絹は天然繊維の中では機能的な素材で、汗の吸収が良く、それでいて保温性にも優れているというメリットがあります。
唯一のデメリットは、糸の繊維が強くなく繊細な点。
デメリットををカバーする為に繊維の強いコットンと掛け合わせる事により、強さをプラスして2つの素材の良さを
最大限に引き出したジャケットに仕立てあげています。
肩はラグランスリーブを採用する事で、インナーの干渉を最大限なくし可動域をしっかりと確保。
季節に応じてシャツを合わせたり、多少肉厚なスウェット類を合わせても袖通りが良くストレスに感じない着心地が
ガラ紡ジャケットをついつい手に取って着てしまう理由でもあります。
春と秋の両季節に対応出来て、タフに着れる丁度良い羽織物をお探しの方には、間違いなくお勧めしたい1枚です。


作り自体はリバーシブルの仕様。
外側に付いているパッチポケットを内側にして着用する事も可能。その場合は首元と肩口のステッチが無くなり
よりミニマムな表情に変わります。


ジャケットという感覚よりも、カーディガンの様な着方をイメージする方が良いかもしれません。
前の合わせはボタンなどの装飾類はありませんが、自然と前が閉じるように設定されたパターンには無駄がなく
アームホールがゆったりと設定されている事も、手を伸ばしたくなる理由かもしれません。
通常の織機と比べて織り上げる時間が掛かる生地ですが、じっくりと時間を掛ける分、生地の間に空気が多く入るので
見た目よりも軽く、自然な風合いを感じて頂けるジャケットだと思います。
肌触り・着心地・保温性・デザインどれをとっても納得のいくバランスの取れた羽織物で、普段使いは勿論ですが
出張や旅行まで着ていきたくなる振り幅があり、自然と着る機会が増えてしまうのです・・・
色々な羽織をご紹介してきていますが、その中でも汎用性という部分においては間違いなく優れている1枚だと
思いますので、素材の厚みや着心地を体感してみて頂きたいです。
何シーズンも変わらずに同じ商品を提案していますが、変わらず良いと思える逸品です。ぜひ。

PageTOP