11月21日


MITTAN   ウールリバーコート

color     紺×茶

price     42000+TAX

SIZE     1 SOLD


3日間のお休みをいただき、昨日より通常営業しております。
お休みに入った途端に身体のスイッチが完全OFFになって、やりたいことの一割ぐらいしか出来ませんでしたが。(笑)
その為の休日!と割り切ってゆっくり過ごせましたし、温泉に浸かり、タイヤ交換も出来たのでよかったです。
ここ数日も春の様に暖かかったり、雨や風が激しかったり寒暖差に付いていくのもなかなか大変だなと。
自分達も無理はしませんので、どうぞ皆様も身体の調子に耳を傾けつつそれぞれの休日を楽しみましょう。

気温差が激しいとアウターの選択も悩みますね。
また明日ぐらいからは冬仕様に戻りそうですが、冬用コートも素材や形の異なるものを数種類用意しておくと
その日の気温や予定に合わせた装いが出来て楽しいなと、コート好きは思ってしまうのです。
MITTANのウールリバーコートは、そんな隙間を埋めてくれる様な存在になり得る一枚。
一昨年の秋冬に素材は異なりますが展開したことがあり、道中着や半合羽和をベースにしているところから
当然和の落ち着いた雰囲気も漂わせつつ、同時にとても前衛的でファッションとしての面白味も
兼ね備えているコートは、MITTANの物作りを濃厚に感じられるのではないかなと思います。


名前の通り表面と裏面で異なる色で織り上げ、リバーシブルでの着用が可能。
どちらで着てもフロントはスナップ釦で開け閉めが出来て脱ぎ着がとてもスムーズなのも、
着用機会が増えるポイントになります。
デザインとしても映える特徴的な大きな襟とポケット以外は、一枚のパーツで仕立てているため
手を広げるとより分かりますが、袖が身頃に対して水平に付いていて、見た目も平面的。
その分、着用する人の体型に沿うように生地が落ちるので、肩の位置を気にせず着られますし
縫製箇所が少ないので、ゴロゴロとした引っ掛かりも無く、それは着心地の良さにも確実に繋がります。


以前展開した際はシルク混でほわほわした感じでしたが、今回の素材はウール80%ナイロン20%で
柔らかいけれどしっかり密度があり、しっとりとした光沢感が美しい生地に仕上がっています。
生地自体はそこまでの厚みは無いのでカーディガンコートの様なイメージで、気温の高い日には
シャツやカットソー一枚に羽織るぐらいが丁度快適に過ごせるのではないかと思います。
反対に気温が低い日はコートとしては裏地が無い分、軽くはなるのですが保温性が弱くなってしまいますので
インナーダウンなどの風を通しにくい素材のアイテムを組み合わせて着用するのがお勧めです。
最近は盛岡でも身構える位の寒さは数日あるかないかで、重厚な寒さから身を守るようなアウターの出番は
必ずあるものの、その頻度が少なくはなってきていると思いますので、これ位気軽に着れるコートや羽織物を
ワードローブに用意しておくことで、来る冬をより楽しめると私達自身も感じています。


釦の位置はダブルブレスの様にアシンメトリーなバランスになります。
スナップ釦で簡単に開け閉めが出来、内側にも釦が付くので風でバタついたりすることはありません。
最小限の縫製で、布を纏う感覚なのですが着こなしに振り幅を出せるのがMITTANの洋服の好きな部分でもあり
支持される理由でもあると思います。


着こなしは自由に釦を留める位置を変えて着るのも面白かったりします。
裏面は茶が主になるので、その日の気分とコーディネートに合わせて紺と茶を交互に変えながら着て頂きたいです。
身体と生地との間に出来る空間であったり、襟の見せ方など、様々な工夫と自分なりの落し所を見つける楽しみが
あるコートですので、是非トライして頂ければ嬉しいです。

11月10日


MITTAN   アルパカニットロング羽織

color     濃茶

price     39000+TAX

SIZE     2 SOLD


昨日一日でも、冬の色や匂いが深くなったなぁと何度も思ったのですが、今朝はさらに冷え込んで
歩きながら呼吸すると鼻の奥がつーんとして、涙が出るくらい。
朝、ごみを出しに行ってくれた人も、ユキフッテタ・・・とガチガチ凍えながら戻ってきたり。
街中の紅葉も加速してそろそろ終盤あたりまで来ていますが、同時に人の冬支度も加速しそうですね。
明日の休みはタイヤ交換できるかな・・・

アウター類の動きも順調に進む中、この秋冬は真冬の本格派のコートよりもばさっと気軽に羽織れる
どちらかと言えば室内着としても重宝するカーディガンタイプのコートに振ったセレクトになっています。
そんな中、今シーズンMITTANが新たに生み出した生地は目を見張るものがありました。
素材にはペルー産のベビーアルパカ糸を使用し編みたてた、触り心地はまさに”ほわほわ”のロングカーディガン。
形はMITTANらしい体全体を優しく包むような着丈の長さと、留め具などは付けずにさっと手早く気軽に羽織れる
いたってシンプルなデザインで、だからこそ素材の質感や軽さ・重さなどがよりしっかりと伝わってくるように
おもいます。


いつも羽織物を選ぶ際には、動き易さであったり袖を通す時のスムーズさを重要視して、袖や身頃など極力
ゆったりとした形のものばかりを選んでしまうのですが、このアルパカニットに関してはちょっと細身なラインと
素材感がすごくマッチしていた事もあり、また実際に試着したことで自分達が虜になるほどの着心地だったので
迷いなく選ぶことが出来ました。こういった事は画面上だけではきっと分からない事だなぁと思います。
袖や身頃は比較的細めの設定なのですが、生地にしっかりとした弾力性がある事で締め付けるような感じも無く
むしろ時間が経てば着たことを忘れてしまいそうなほど、ぴったりと肌に馴染む感覚があります。
この弾力性の秘密は、編みたてた後に洗い加工という工程入れる事で生地を膨らませているからとのこと。
ただ柔らかだけではない、この密度の高い粘るような質感は作り手の素材への探求心と、それを具現化する
それぞれの分野の職人の方々の知恵と技術が組み合わさってこそだと感じます。


色ははっきりとした濃茶と濃紺の二色。
サイズは2サイズ展開のうちの、大きい方の2のみをセレクト。
上に記したように、基本的にはすっきり目のシルエットではありますが柔らかさと弾力性に優れている事で
生地が体に沿ってくれるので、体型を選ばずに着ていただけるとは思います。ただインナーに着るものは
シャツ一枚か中肉ぐらいの厚さのカットソーやハイゲージニットなどが適していて、あまり肉厚なものだと
滑りが悪く脱ぎ着が大変だったり着膨れして見えてしまうかなと感じます。
寒いからといって厚着をし過ぎると室内ではかえって暑くなってしまったり、これから寒さが増していくと
よりその日の予定や行く場所によって体温調整を考慮した装いが必要になります。
繊維が上質で保温性に優れたウールは、蒸れたり変に暑くなり過ぎないところも好みで、天然素材ならではの
じんわりとした温かさが身体の中に浸透していくような感覚があって、寒さの厳しさをちょっと忘れられるような
そんな効果もあるように思います。

color     濃紺

price     39000+TAX

SIZE     2 SOLD


癖の無いシンプルなデザインと綺麗なシルエットは、パンツでもワンピースでもスカートでも、
どんな服と組み合わせてもオールマイティーに活躍してくれる良さがあります。
濃紺はよりすっきりとした印象になるので、デニムやチノなどベーシックなボトムに合わせてバランス良く
着るのもお勧めですし、ウールの綺麗目なパンツでトップスに白シャツなどと組み合わせれば、打ち合わせや
お食事などのちょっと畏まった席でもそこまでラフ過ぎず、緊張感も出過ぎずな雰囲気で良いのではないでしょうか。


今まであまりこの様なニットのロングカーディガンは展開してこなかったのですが、
その理由として、どうしても生地面積が大きくなればなるほど重さで生地が垂れて伸びてしまうのが気になっって、
長くても半年近く店内で展開することを考えると、なかなかこれはと思う物に出逢えませんでした。
そのイメージをがらりと変えたのは、まさにMITTANが生み出す新感覚の生地に触れてからで、強撚の糸や軽量の糸を
使用したり、さらに編地の方向を変えたりなどの特殊な方法でそういった問題を解決したりと、常に新しいことに
チャレンジし続けるブランドの姿勢には、ものすごく刺激を受けると同時に、自分達自身も考えを固定せずに
面白いものやことに反応出来る感覚を持って、それをお店で表現したいなと思っています。


ふわふわと柔らかくて軽やかなアルパカウール。何より優しい暖かさに身も心も解れる一枚は
家の中でも、それ以外の場所でも室内で過ごす時にさっと手に取って羽織るには十分な保温力を兼ね備えています。
ざっくりとした袖や身頃のオーバーコートの下などに挟めば、極上のミドルアウターとして活躍してくれること
間違いなしのロングカーディガンです。
ぜひ実際に羽織って、この滑らかで弾むような質感を堪能していただけたらと思います。

10月22日


MITTAN   半纏ロングコート

color     濃紺

price     49000+TAX

SIZE     2    /    3 

color     銀鼠

price     49000+TAX

SIZE     2    /    3


今シーズンオーダーした商品の入荷も終盤に差し掛かってきました。
コート類やニット類などもお店に並べ始めて、週末には沢山の方にお選び頂き嬉しい限り。
自分達のペースで、また今日からコツコツと商品を紹介していきたいと思います。

MITTANというブランドを象徴するドレープしたラインが綺麗に出る、釦などのパーツが一切付かない半纏コート。
毎シーズン素材をアップデートしながらリリースされていて、今季はSUPER140という細い糸を超高密度に
織り上げた生地で表面に光沢があるのが特徴。カラーは定番色の”濃紺”と新色の”銀鼠”の2色をセレクト。
長さは膝が隠れる位のロングバージョンのみを展開しています。
僕ら自身も昨シーズンに手にして冬場はとても着用率が高かったコートで、ざっくりとしたシルエットと
質の良いウールに身体全体を包み込まれる感覚は贅沢に感じますし、岩手の寒い冬を越すのにとても重宝しました。
ずっしりとしたメルトンコートも好んで着ますが、軽くて暖かな素材は年齢を重ねる毎に自然と手が伸びる事が
増えていて、今シーズン使われている生地はより軽さと暖かさ、それに加えて上質さを追求した素晴らしい
ファブリックに感じました。サイズは2と3の2サイズで、大よそメンズのMサイズ・Lサイズ位といった所でしょうか。


暖かさを感じる部分のディティールとして首裏を覆うデザインと大きなハンドウォーマーポケットが挙げられます。
フロントは自然に前が閉じる様なパターンで作製されていて、ハンガーに掛けた時の佇まいも何とも言えない
オーラを放ちます。前開きが気になる場合には釦を付けて対応するのも良いでしょうし、ピンなどを用いて
アレンジするのもMITTANの半纏コートの場合にはありだと思っています。
僕らも大きなスナップ釦を1つだけ付けて保温性を優先した仕様にして着用していて、デザインを損ねずに
最低限の機能性を更に持たせる事によって、自分達の生活にマッチしたコートになり愛着もより一層湧きました。


素材はウール90%・ナイロン10%を掛け合わせた混紡素材を使用。
日本の中では毛織物の一大産地でもある尾州地区で染色・縮絨・仕上げを行っていて、餅は餅屋的な発想ではないですが
其々に得意とする分野があって、ウールという素材に関しては尾州という地域はクオリティの高いものを生み出す
土壌と卓越した職人が多くいらっしゃるのだろうと、この素材に触れているだけでもそう感じてしまいます。


肩のラインは程よくゆとりを持たせていて、インナーは中肉のスウェットやシェットランドセーター位までは
ストレスなく着こむことが可能。昨年はカシミアのセーターをインナーに着るか、スウェットに
インナーダウン用のベストを合わせて着るのが保温性と着心地の両面をカバー出来て心地良く過ごす事が出来ました。
北東北の真冬にも暖かさという部分では十分に対応出来るコートだと思いますので、ウール素材のロングコートを
お探しの方に候補の1つとして如何でしょうか。


毎シーズン変わらないようで進化を続けるMITTANの定番アイテム。
これ以上のものは出ないのではないか・・・と思って展示会に足を運ぶと、想像を超える生地であったり
思いつかないようなアイテムが並べられていて、感性を大いに揺さぶられて良い刺激を受け続けています。
進化する定番”半纏ロングコート”、今シーズンの生地も素晴らしいので、是非体感して頂きたいです。

MITTAN   三重織綿麻シャツ

color     黒がさね

price     21000+TAX

SIZE     1    /    2    /    3   /    4 SOLD


こちらも新しい生地(三重織)の生地を用いたミニマムなスタンドカラーシャツ。
経糸にコットン・緯糸にコットンリネンを打ち込んだ生地なのですが、接結糸を水で溶かすと3枚に分離するという
化学の実験!?を思わせる様なMITTANのオリジナルファブリック。1つ1つの生地の間に空気の層が出来るので
保温効果に優れていて見た目だけではなく機能性に優れているというのもMITTANらしい点と言えます。
これから更に気温が低くなる季節に保温性という部分におていも重宝しそうなシャツ。
ガーゼの様な質感で肌当たりも抜群で生地自体も立体感があって1枚着としても雰囲気が良く、インナー・メインと
どちらにも対応出来る懐の深いシャツになるのは間違いありません。


シルエットは程よくゆとりを持たせたサイジングで、クセもなく着易い印象を持っています。
サイドはスリットを入れて、前丈と後丈で前後差を付けていて、唯一ギミックが入っている箇所。
カフスは統一して細目に設定をされていて、僕自身は細いカフスが腕まくりもし易く強調し過ぎずで好みで
釦は大き目のヤシの殻を用いた釦を使用し、生地に負けない存在感のあるパーツを組み合わせています。
※身長178CM 体重64キロ 着用サイズ 4


シャツらしいシャツとはまた違うアプローチで、僕自身の中ではフラットな作りの印象を持っています。
よそよそしくなり過ぎずに、けれどきちんとした雰囲気も纏えるMITTANのシャツは肩の力を抜いて着る日常着として
ワードローブの中心になるような1枚になるのかもしれません。
今シーズンオーダーしましたMITTANの洋服は全て店頭に届いていますので、これからどんどん気温が低くなる季節に
暖かな素材を身に纏って心と身体を暖めて過ごしてみては如何でしょうか。

8月23日


MITTAN   SH-40 裏絹紬表綿高密度シャツ

color     生成

price     23000+TAX

SIZE     1    /    2    /   3   /   4   /   5


MITTANの展示販売会がスタートして今日で4日目を迎えました。
連日この暑さの中を、遥々展示を見にお運びいただきまして、ありがとうございます。
日中こそグングンと気温が上がって30℃を超して陽射しも強いままですが、帰り支度をする頃にもなると
秋の風が吹き始めていて、赤とんぼがリズミカルに飛び回り、綺麗な夕焼け色の空もやっぱり秋の顔をしていて、
何もせずにただただ川沿いを歩いているだけで心地良さを感じられる時間帯が出てきました。
心待ちにしていた中津川沿いの草刈りも終わった事もあり、陽が落ちる夕方の時間帯は1年に数える程しかない
絶好のコンディションだと思っています(笑)

今日は定番でリリースされているシャツ2型ご紹介しますが、どちらも今シーズンリリースされた新しい素材での
ご提案となります。前回のBLOGでご紹介をしました羽織ジャケットに使われているコットン60%×シルク40%と
同様の素材を使ってシャツに仕立てたモデル。生地もかなりのボリュームがありますので、さらっと着るような
イメージというよりもシャツジャケットの様な感覚で着用されるのがベスト。
帆布を作る工場で作られた生地はしっかりと目が詰まっていて迫力がありますが、シルクが40%の割合で
掛け合わせられているので、着込んでいくうちに身体の動きに合わせて馴染んでくることは間違いありません。
カラーは染色を施していない生成をセレクトしました。
季節が進むにつれてジャケットやコートをネイビーや黒などを着る事を想定し、インナーとして合わせるのは
明るめの色目がしっくりくるのではというイメージと、表面にネップのある素朴な雰囲気も好みだったりします。


今回新しく用いた素材の特性として、表側にコットン、裏側にシルクの面がくるように表裏で糸が使い分けられていて
シルクの特性として温められた温度をキープ出来るという、機能的な一面を持ち合わせています。
実際に着るのにはまだまだ早いので機能的な部分を感じるのは難しいですが、気温がぐっと下がった頃には
長時間着用をしても蒸れずに、快適な温度で着続けられるというのも特徴の1つ。
MITTANが使用しているシルクは短繊維を集めて紡績した糸を使用し、見た目はコットンの様な風合い。
シルクと言われると頭に浮かぶのはデリケートで扱い難いのではないかと・・・不安になる部分もありそうですが
気を使わずに洗濯機でガラガラと洗う事が可能。生地に触れて頂ければ、繊細なイメージのあるシルクの概念が
大きく変わってしまう位、大胆かつワイルドな生地感です。


デザインは襟が小さく、シルエットは身頃などに絞りがなくすっきりとストンと落ちるようなバランス。
MITTANのシャツ自体は全体的に肩線をコンパクトにして可動域を出す作りにしているので、僕自身の感覚としては
小さ過ぎず・大き過ぎずの丁度中間にあたるシルエットだと感じています。
今シーズンからサイズ展開を5まで伸ばしていますので、今までサイズ4で少し窮屈に感じていた方にも挑戦が出来る
のではないかと思っています。
※身長178CM 体重65キロ  着用サイズ4

MITTAN   SH-48 岡崎木綿シャツ

color     白(補強)

price     19000+TAX

SIZE     2    /   3   /   4 SOLD  


こちらもMITTANでは定番でリリースされているカディコットンを用いたシャツがありrasikuでも多くの方に購入をして
頂いていますが、シーズンアイテムとして、デッドストックしてあった岡崎木綿に載せ替えてのご提案になります。
正藍型染師である田中昭夫氏から譲り受けた旧式のシャトル機で織られた生地は、カディコットンよりもやや厚みがあり
ゆっくりと時間を掛けて織られた生地は柔らかさと張りがあり、更に強さを感じて頂ける素晴らしいファブリック。
カディコットンとはまた違う良さを体感出来る素材で、よりシャツらしい井出達に見えるのではないかと思っています。
色は染色を施していない白で、首元と袖口に補強があるタイプ。
サイズ展開は2・3・4でメンズのS・M・L位のフィッティングになります。


MITTANのシャツは、シャツらしいシャツとは違って個人的にはカーディガンを着る位の感覚で羽織れる気軽さと
長時間着ていてもストレスになり難い、絶妙なパターンで作製されていると思います。
シャツ自体はゆったりした作りではなくすっきりとしたデザイン。
肩回りや腕周りに余裕が欲しい方には不向きになってしまうかもしれません。
可動域はしっかりと確保されていて、1枚着て気に入ってしまうと色違いでプラスしたくなる中毒性のあるシャツに
感じていて、僕自身もカディコットンのシャツは色違いで愛用中で岡崎木綿のタイプも既に気になっています(笑)


今日でMITTANの展示・販売会も4日目が終わりました。
まだまだ店内は充実した内容で楽しんで頂けるのではないかと思っております。
どれも素晴らしいファブリックで、洋服が好きな方に限らずに色々な刺激をもたらしてくれるのではないかと。
27日(木曜日)まで残り4日間ありますので、是非自分の目で見て触れてお気に入りの1枚を見つけて頂きたいです。

8月20日


MITTAN   CT-14DC OCガラ紡コート

color     濃藍(別注色)

price     68000+TACM94X

SIZE      1    /    2    /   3


今日から27日まで開催するMITTANの展示・販売会。
一昨日と昨日で、店内を展示仕様へと模様替えしました。
今回の会期の時期を決める時、お盆を過ぎたあたり、少しでも涼しい環境でと思っていたのですが
まさかここまで気温が高くなるとは予想をしていませんでした・・・(笑)
試着するのにも気が引けるかもしれませんが、ここまでMITTANのラインナップをお見せする機会は
中々無いなと思いますので、気になるアイテムがありましたら店内ゆっくり見ていただき、一呼吸を置いて
ある程度涼んだ頃合いで袖を通していただければと思います。

イベントに合わせて届けてもらった、rasiku別注の新型OCガラ紡コートをご紹介させて頂きます。
MITTANが作るガラ紡という素材はコットンとシルクを掛け合わせて1本1本の糸が太くて表面に凹凸が出来て
趣のある表情が特徴的で、古い織機でゆっくりと織り上げらるので空気を多く含んだ生地に仕上がります。
シルクの特性が活かされていて温度調整がとてもし易く、且つ着心地も抜群。
今まで展開していたガラ紡のアイテムはジャケットでタイプが2種類(ロング・ショート)とありましたが
新型でリリースされたのはジャケットタイプよりも更にゆったりと幅を持たせて着丈の長さも伸ばしたコートタイプ。
自分自身でもショート・ロングと着ていて、更にゆったりとしたコートの様なバランスの1枚があれば良いなと
頭の中で想像をしていた所に・・・展示会で並んでいるのを見て袖を通して直ぐにオーダーを決めました。
着丈の長さが伸びた事で、インナーとの相性をより気にせずに着こなしが出来るようになりましたし
特に女性であればワンピースなどを合わせた際の納まりの良さをより実感して頂けると思っています。
ジャケットタイプと比べると着丈が約10CM程長く設定をされています。
※ガラ紡ロングジャケットsize4 着丈94CM  ガラ紡コート size3 着丈105CM

今回はカラー別注というカタチでオーダーをさせて頂いたのですが、手前にあるのが通常の「藍」の色目で
これはこれで明るめの色でとても好みなのですが、それよりも更に染めの回数を増やして奥に見える「濃藍」という
新しい色目を作って頂きました。
MITTANでランナップされている色目「藍」と「濃紺」との丁度中間くらいに当たるのでしょうか。
自然の光が当たると綺麗なブルーが際立ち、室内などに入ると紺にも見えるイメージ通りの仕上がりになりました。
柔らかさと強さの2つを持ち合わせた使い勝手も良く汎用性の高い色だと思っています。
本格的な冬コートまでの繋ぎの季節に、インナーを問わずに着れる羽織物は1枚ワードローブにあるだけで
安心感が全然違ってきますし、迷った時や困った時に着れる頼りになる存在になってくれるのではないかと。


デザインはMITTANならではの自然美と機能を兼ね備えたフロントなどに装飾の一切ない仕様。
今回の新作コートから同生地のベルトが付くようになりました。
歩いていたり動きを出すとフロントはどうしても開いてしまうので、紐を使って保温性を高めたり
着こなしのプラスαとして使用するのも良いのではないでしょうか。


肩線はなくラグランスリーブを採用し1枚仕立てでライニングなどは付きませんが、脱ぎ着する際にストレスを
感じたり摩擦によって引っ掛かりが出たりは一切ありません。
羽織物(コートやジャケット類)を選ぶ際に必ずチェックするディテールの1つで、毎日洗って洗濯をする
カットソーやシャツと違い、この手のコートは1シーズンに着る回数が圧倒的に増えるので、ぱっと手に取って
袖通りが良いか悪いかは、これから出掛けようというテンションにも繋がったりもしてとても重要。
何も考えずに気持ち良くスムーズに袖を通せて動きに制限の掛からない肩回りと袖の太さが欲しい所です。
私自身のライフスタイルの中では日常着の場面のほかに旅行や出張などにも着て行く機会が多いので、
移動中の車内、また屋内外を行き来する際に脱ぎ着のし易さと、温度調整のし易さを重視するのですが、
コットン×シルクが保つ温度は絶妙で、寒すぎず暑すぎ快適に気持ち良く過ごす事ができます。
更に言えば脱いだコートがブランケットの代わりになるのもポイントで、衣服としてだけではなく布としての
機能性もそういいった場面でより効果を実感して頂けるのではないかと思っています。


素材感としては中肉位で、実際に着る季節は9月末から12月初旬頃まででしょうか。
シャツや薄手のカットソーに羽織る所から始まって、シェットランドセーターや裏毛スウェット位の厚さのインナーで
あれば十分に対応出来る懐の深さもMITTANが作るガラ紡シリーズの人気の理由だと感じています。
カーディガン感覚で気負わずに着れるコートは、ぱりっとした仕立ての良いコートとは全く違う世界観の
着こなしも可能になりますし、オンとオフではないですが、行く場所や会う人によって使い分けが出来ると
洋服を着るのが更に楽しくなってくるはずです。
今回のイベントに合わせましてコートのタイプは他に黒と炭の2色。
ジャケットタイプのロングとショートも同様に見応えのあるラインナップになっておりますので
気温の暑さにまいってしまいますが、ぜひ先を想像して袖を通しながら違いを感じて頂ければと思っています。

PageTOP