7月4日


MITTAN   カディワイドシャツ(補強)

color    ベンガラ白

price    25000+TAX

SIZE     2


昨日の30℃近くまで上がった気温とスカッと爽やかな晴天が嘘のように、
今日は朝からどんよりした雲が空一面を覆って、1日中シトシトと雨が降り続きそうな気配。
身体も心もじめっとした空気に重たくなりがちですが、そんな時は温かな飲み物を飲みながら
ゆっくり雨の音と過ごす。温度調節し易い服装で。そんな一日の過ごし方も良いかもしれませんね。

今日の様な不安定な気候の日に進んで手にしたくなるようなMITTANのシャツとパンツをご紹介したいと思います。
インドで手紬・手織りで作製されたカディコットンを用いたシャツは、ゆったりとした身頃と長めに設定された
着丈など、生地が肌に纏わり付きにくいパターンになっているので風が身体を心地良く抜けていく1枚。
前立て・袖口・裾にステッチを施して立体感と手仕事ならではの風合いの良さをプラス。
染色はベンガラ染めで、少しだけくすんだような白を表現しています。
何年か前にも一度展開をした事のあるモデルでしたが、月日が経って改めて見ると着こなしのイメージであったり
羽織物としての使い勝手の良さを改めて知るきっかけにもなりました。
個人的にはシャツの要素も含んでいますが、ネック周りの詰まり過ぎていないカットソーをインナーにして
カーディガンのような着方をするのも良いなと思っています。


全体的に落ち感のあるシルエットで、着用した感覚ではLサイズ~XLサイズ位の方までカバー出来る位の作りですが
着方としては、ジャストサイズではなくある程度の余裕を持って着る方が生地の雰囲気を活かせるように思います。
女性の方がゆったりと羽織るのもイメージ出来ますし、この手のシルエットには慣れがあるかもしれません。
フロントは小振りなシェル釦が5つ並び、裾の深いスリットで前と後ろで長さを変えているのでクラシックな
シャツの様に振れが大きく出る作りで、そのスリットのお陰でパンツポケットへのアクセスが容易になったりして
ディティールとしての面白さと機能性の2つの側面を感じて頂けたりするのではないでしょうか。


袖のカフスは釦などの装飾はなくカットソーのように筒状に仕上げています。殆ど見かける事のない作りで
ユーモアを感じますし、捲ったりするのにもストレスなく直ぐに馴染んで頂けると思います。
素材に使われているカディコットンですが、個人的にも大好きな素材の1つで同素材を用いたシャツを
色違いで2枚愛用中。
クラフト感を感じさせる不均一な表情と、ボディに用いられている素材もそうですが縫製している糸も綿糸を使って
シャツの完成度を高めている点もとてもマニアックな視点ですが、MITTANらしい拘りが随所に詰まっています。
製品染めをした際に、ポリエステルの混ざった糸ですと全てが染まり切らない部分も出てくるのですが
コットン100%の糸を用いる事によって全てが染まり切るのと同時に、統一感が生まれると思っています。


今日のように梅雨時期のじめっとした気候や室内で冷房の強い空間など、温度調整が難しい季節にカディコットンの
生地は柔らかい着心地と共に汗の吸収が良く蒸れにくいので、羽織にもなったりシャツとしても着れたりと
縁の下の力持ちではないですがワードローブにこういったアイテムがあると力強い味方になってくれるはずです。
ある程度お洋服の種類をお持ちの方などには、新鮮且つ興味がそそられる1枚になるのではないでしょうか。

MITTAN   大麻パンツ

color    藍

price    22000+TAX

SIZE     2


夏の酷暑を乗り切る為に涼しさを追求して、昨シーズンからリリースをしている素材が大麻を用いた生地。
薄手ですが、とても強い繊維で涼しさに加えて生地のひんやりとした肌当たりも大きな特徴。
ウエストは総ゴム+ジャスト出来るので、ストレスの一切ない着心地のパンツに感じて頂けると思っています。
シルエットはお尻回りとワタリ幅はゆったりとして、裾にかけて極端にテーパードをさせて納まるの良いバランス。
モンペやたっつけを参考にして作製されていて、動きに耐えうる可動域をしっかりと確保した作りになっています。
※身長178CM ウエスト履きをして8分から9分丈位のレングスの長さに設定をされています。


選んだ色目は天然染料を用いた「藍」で、柔らかな色目のブルーと言った所でしょうか。
夏の装いをするのには最も汎用性の高い色目で、裾の綺麗なラインを活かして丈の長いワンピースなどを組み合わせて
穿くのにもお勧めです。rasikuに展開しているパンツの中では群を抜いて涼しい素材で、夏を少しでも快適に
汗をかいても速乾性があり、天然素材の持つクオリティの高さを実感して頂けると思います。


MITTANの洋服に袖を通すと、天然素材を中心として日本の四季の気候に無理なく寄り添っていけるような感覚があって
目まぐるしく移り変わりの激しいファッションという世界とは、良い意味で違った気付きや発見をさせてくれる
物作りでありブランドだと思っています。今日はご紹介も含めて上下でMITTANの組み合わせをしましたが
普段のお洋服に合わせるだけで良いハズシになる事もありますし、世界観をそのまま表現する必要はありません。
自分が心地良いと感じるスタイルや服装を探して、その中の選択肢として選んで頂ければ嬉しいです。

6月27日


MITTAN   麻綿ロングパンツ

color     

price     24000+TAX

SIZE     3 SOLD

color     

price     24000+TAX

SIZE     1    /    2  SOLD

僕自身が梅雨時期から夏にかけて最も穿いている回数が多いパンツがMITTANが作るイージーパンツ。
麻綿ロングパンツは現在生産されていないモデルですが、個人的にとてもお勧めしたいパンツでしたので
僅か数本だけメーカーに在庫があった分を追加で確保致しました。
お尻回りとワタリにかけての迫力のあるワイドなシルエットが特徴的で、トップスの比重が軽くなる夏場に
ボトムスをメインにした着こなしをする際に重宝しています。
素材は静岡県の浜松で作製されている麻55%・コットン45%のMITTANオリジナルの混紡素材。
しっかりとした張りがあって厚みも程良く穿いていくうちに生地にコシが出てくるようなイメージ。
僕のはかなり穿き込んで生地が大分クタクタになり、色も抜けてきてしまっているのでき染め直しをして
パリッともうひと踏ん張りしてもらうつもりでいます。


ウエストの仕様は総ゴム+アジャスターで調整が可能。
イージーパンツの場合に、どちらかと言えばラフにざっくりとした作りのものを多く見かけるのですが
MITTANが作るイージーパンツはどれも、しっかりと作り込みをしているのでシルエットが大雑把になり過ぎずに
トラウザーを穿いている位の感覚で着合わせる事が出来るのが好んで穿いている理由。
お尻回りにダーツを入れて立体的なパターンにし、内・外のサイドシームは巻き縫いでパンツの表情が豊かに。
サイドポケットの内側も表からは見えない部分ではありますが、インドのプリント生地を使う事で遊び心や
物を出し入れする際に、にやりとしてしまうデザイナーの狙い通りまんまとハマってしまっています・・・(笑)


年々暑さが増してトップスと同様に涼しい素材のパンツを探している方が増えている気がしていますが
麻綿パンツは風が抜ける生地なので、夏場でも十分に対応出来る1本になると思います。
僕自身も穿き始めて4シーズン目に突入しますが、灼熱のタイへの出張もこのパンツで行って快適に過ごせましたし
盛岡の夏も乗り切れているので、耐久性なども含めて夏用のメインパンツとして穿いて頂けるのではないでしょうか。
ウエストがイージー仕様というのが、夏場を想定した際に穿き易さとストレス軽減に繋がりますし
トップスにシャツを合わせて革靴を組み合わせると、ある程度きちんとした服装に見せる事が出来るのもポイントです。


お尻回りからワタリにかけてはゆったりとしたバランスで、裾にかけて綺麗なテーパードをさせていて
裾の納まりが良いので革靴との相性も抜群で、更に丈詰めをしてすっきりと見せると良さが引き出されます。
イージーパンツで、服装のジャンルを問わずに穿ける守備範囲の広いパンツはそう見かけないと思いますし
単純にコットンリネンの素材に対する穿き心地の良さも抜群に感じて頂けるはずです。
現代の民族服をブランドコンセプトに掲げて、物作りに取り組んでいるMITTANですが捉え方によっては
個性が強く感じられる方もいらっしゃると思います。僕はあくまでもプロダクトの1つとしてrasikuに展開を
しているブランドと同じようにセレクトをしているつもりでいて、実際に袖を通してみると案外馴染み易いという
反応を示してくれる方が多くいらっしゃるので、あまり難しく考え過ぎずにトライして頂ければ嬉しいです。
特に麻綿ロングパンツは、夏を快適に過ごす為の道具のような役割を果たしてくれると確信しています。


紺はサイズ3のみ、黒はサイズ1と2をご用意致しました。
ウエストはイージーパンツの仕様ですので、ある程度自由が利きワタリの幅をどれくらい出したいかによって
サイズ選びは変わってくると思います。着用写真では黒のサイズ2を着用していますが、出来る限り身体と生地が
くっ付かずに風が身体を抜ける方が心地良く穿けると思い、私物はサイズ3を購入して愛用をしています。
完全にラフに穿くイメージを持って大き目を選ぶか、あまりだらっと見えないジャストサイズで選ぶか。
このパンツに関してはどちらもありだと思います。
特に「黒」は汎用性の高さを考えるとあれば穿く色なはずです。
MITTANの中で個人的に勝手に名品と位置付けている麻綿ロングパンツ。是非お試し頂きたい逸品です。

6月21日


MITTAN   レイヤードバッグ 大

color     胡桃

price     25000+tax

SIZE     42×35×13 


今日は暦の上では「夏至」にあたる日で、1年を通して昼の時間が一番長い日。
という事は明日からは日に日に昼が短くなり冬に向かっていく・・・
こんな爽やかな日がずっと続けば良いなと思うような気候で、全く実感がきませんが確かな事実。
洋服はいまこそ夏服本番を迎えるという中で、秋冬のことも頭を過り、色んな感情が交差する日曜日。
頭で理解している部分と身体が感じている事がバラバラなのも、これはこれで面白いなと思ったりします。

MITTANから不定期にオーダーをしている見た目がクラフトとプロダクトを組み合わせたようなバッグ。
薄いペルーコットンを重ね合わせてハサミを使わずに作製される独創的且つ機能性を持ち合わせたバッグは
店内にディスプレイしているだけで、バッグが放つオーラに誘われて?手にして下さる方が多数いらっしゃって
本当はバッグを買う予定ではなかったのに・・・という嬉しい言い訳を良く頂いております(笑)
それくらい人を惹きつける雰囲気があり、持っていているだけで高揚感をプラスしてくれる作用的な面と
荷物もしっかりと入る容量の大きさ、実用的な部分も大好評なトートバッグです。
今回は「胡桃染め」と「藍染め」の2色をご用意致しました。
ハンドル部分の長さを考慮すると、薄着になるシーズンの方がスムーズに肩掛けが出来てシンプルになりがちな
服装にも良いアクセントを与えてくれる存在になってくれるのではないでしょうか。

color     

price     25000+tax SOLD


レイヤードバッグの一番の特徴的な部分として、張りが強く薄手のコットンの生地を負荷の掛かる箇所によって
枚数を変えながら厚みを調整し縫製している点。ハンドル部分には16枚・底面とハンドルとメインポケットを
繋ぎ合わせる部分には8枚・その他は4枚を組み合わせて作製しています。
厚みがある分ミシンへの負荷が当然ながら大きくなり、このバッグを作られるのは一人の職人さんのみで
1か月10個の生産を依頼しているとの事。寸分の狂いがなく量産される冷たさを感じるプロダクト、
人の手を介して生み出されるクラフト、更にアートピースの様な一面も持ち合わせているバッグですが
日常生活に違和感なく溶け込むMITTANならではの落しどころの上手さがあると感じています。


リバーシブルで持つ事が出来る作りで、内側には2手に分かれたインナーポケットと逆サイドにもう1つ
ポケットがあり合計3つのサブポケットが付きます。
お財布やスマートフォン細々とした荷物を分けて入れるのに便利で、機能と美を両立させたデザイン。
素材も柔らかくコンパクトにしてバッグの中に入れて持ち歩きも可能。レジ袋が有料化になるタイミングも
重なるので、少し贅沢に感じられるかもしれませんがサブバッグとして携帯するのも良いかもしれません。


カットソーやシャツ1枚程度であれば、男性が持ってもストレスなく肩に掛ける事が出来ます。
持つ人選ばずな形・素材は、汚れてもお洗濯が容易なので気を使わずに使える点もポイントですし
同じコットンでも帆布に比べるとバッグ自体の軽さも使い勝手の良さに繋がるはずです。


MITTANの物作りの姿勢は洋服に限らず、小物を作るにしても共通してその分野に特化した背景であったり
“得意な事を活かして持続させる物作り”という意図感じるものばかりです。
バッグに特化したブランドとは良い意味で差別化にもなりますし、MITTANの発想でしか完成しないアプローチ、
ユーモア、それを実現可能にする作り手の技術が詰まった唯一無二のバッグに仕上がっていると思います。
何度目かの入荷になりますが、何度見ても良いなと思わせる素晴らしいプロダクト。
普段使いから、小さく畳んでバッグの中に入れたりや車の中など常備したり。この先の生活の変化の中で
あったら良いなと思うタイミングが来るのではないかと思いますので、普段バッグを持たない派の方にも
使ってみていただけたらなと思います。

6月2日


MITTAN   大麻羽織シャツ

color     ベンガラ薄紅

price     30000+tax

SIZE     2


6月になりました。
昨日は苦手な事は一気に終わらせてしまおうと月のまとめのあれこれや、溜め込んでいた書類作成やらに
どっぷりと時間を費やし、何度かのエラーを潜り抜け、なんとか(たぶん)終わらせた頃には頭から煙がでました。
放心状態で家路につくと外は次第に風が強くなる中で、20時頃にドドンとこちらの花火が上がり、
更には真夜中から明け方にかけて激しい雨音&雷光。いろいろスパークしていて夢か現か・・⚡

気持ちを切り替えて、6月もまた気持ちの良い素材や、気分が明るくなるような服を手に取っていただき
よい季節・よい時間をお過ごしいただけたらと思います。
先日ご紹介しましたMITTANの大麻ロングシャツがお陰様で好評いただき、すぐに完売となりました。
そちらと同素材の羽織も今回はご用意しています。
やはり昨年以上に涼しい服への反応が早い様に感じますし、外の暑さに限らず室内で冷房などで身体を冷やし
過ぎないように薄手の長袖の羽織物も重宝するなと感じまして、幾つかのブランドからセレクトをしていますが、
こちらの大麻素材の羽織も、インナーの調整次第で着れる期間は長く、暑い・寒いに効く1枚ではないでしょうか。


ショールガウンの様なデザインで、釦などの付属品が一切付かないMITTANが最も得意とするパターン。
左右にパッチポケットが付き、やや着丈の長いカーディガン的な着方をして頂けると着合わせのイメージも
し易くなるのではないかと思います。
大麻素材は風の抜けがとても良いので、30℃を越える様な日はインナーにノースリーブを合わせると肌当たりも
サラサラッと涼しさが倍増し、素材の良さを最大限に引き出した着こなしで快適さを実感して頂けるはずです。


初見では、お!っとなる色目ですが実際に着るとその色の飾らない魅力に気づくベンガラ薄紅。
透き通るようで柔らかな色目は天然染色ならではで、それでいて品の良さを感じられるピンク。
色物を着たことがない方でも意外と手に取り易く、そして挑戦し甲斐もある色だと思います。
ベンガラは土から取れる成分の酸化鉄による染色方法で、日本でも古くから暮らしの中に取り入れられ
使われてきた最古の顔料でもあり、実は人にとってはとても馴染み深い古代色でもあるのです。
現在では加工技術のお陰で、赤以外のベンガラ色も豊富に展開されるようになり、MITTANでも薄紅以外に
白や松煤といった、何とも言い表せない独特な深みのある色でシャツなどの展開を続けています。
ベーシックな色のお洋服を沢山お持ちの方などに、取り入れて頂けると自分では気付けなかった
新たな発見があるのではと想像しています。


羽織の種類は細かく季節を分けると素材違いで何枚所持していても良いと言いきりたい位、必要不可欠。
特に朝と日中の温度差が大きい地域であれば尚更の事。
素材が薄手なのでコンパクトに丸めてバッグに忍ばせておくと安心感がありますし、真夏になるまでは
まだもう少し時間がありますし梅雨も控えていますので、さらりとカットソーの上から合わせて頂きたいです。


着丈は長過ぎず、お尻が隠れる位の着まわし易い長さに設定。
既にここ数日の日中の陽射しに、日傘や日除け用のアイテムを使われている方もいらっしゃると思いますので、
日焼け対策もしつつ、大麻という素材のひんやりとした触感の特性を最大限活用していただけたら嬉しいです。
はじめはカサっとした乾いたような質感も、着用を繰り返すことで柔らかな綿の様な感覚へと変わっていく。
そんな天然素材の経年変化も肌で感じながら、季節に合わせた装いをお楽しみください。

MITTAN   大麻羽織シャツ

color     藍×胡桃

price     28000+tax

SIZE      2


もう1色は、rasikuではシーズンを通してセレクトし展開し続けているくらい外せない色目で
涼しさと深みのあるブルーが目を惹く「藍×胡桃」。汎用性重視するのであれば、こちらのカラーがとてもお勧め。
インナーとの相性を気にせずに、さらりと羽織るだけで十分にサマになります。
MITTANがリリースする天然染色の中では、個人的に一番のお気に入り。他には出せない雰囲気が漂います。


半袖のカットソーやノースリーブだけでは物足りなさも感じる日や、一日の気温差が大きい日だったり、
ざっくりとそしてぱっと着れる羽織物は重宝するはずですし、不意に室内と室外を行き来したりする際にも、
軽い上着がある事で、体調管理や心の安心感にも繋がってくるのではないでしょうか。
この他にも素材違いで幾つか薄手の羽織物を用意していますので、ご自身のライフスタイルに合うものを
見つけて頂ければ嬉しいです。MITTANが作る大麻の羽織。こちらもとてもお勧めです。

5月24日


MITTAN    大麻ロングシャツ

color     藍×胡桃

price     26000+tax

SIZE     3 SOLD


日照時間が少なくなると、訳もなくパワーダウンしてしまうのは、きっと私だけではないはず・・・
太陽の陽射しがあると早起きする事も楽に感じるのですが、ここ1週間は起きれそうなタイミングでも
また布団に潜り込んでしまう日々が続いています。早起きするとびっくりするくらい朝の時間に余裕があり
庭の小さな畑も拡張して植えた野菜の様子を見たり、本当に良い事しかないのは分かっているのですが。。
なんとか明日からは気持ちを切り替えて、いつもより少しだけ早く起きて動きたいなと思っています(決意)

MITTANが暑さの増す夏を想定し、涼しい素材として目をつけたのが大麻を用いた生地でした。
昔から日本では馴染みのある素材の1つでしたが、ここ最近ではあまり見掛けなくなった素材でもあります。
しっかりとした張りとコシがあって強度も申し分のないクオリティ。蚊帳などにも使用される事で分かるように
風の抜け感が抜群に良く、更にひんやりとする肌当たりも、他にない持ち味だと感じています。
速乾性に優れているのもポイントで、汗をかいても直ぐに乾きますし、旅に出掛けた際にはその場で洗って
翌日に直ぐに着れるので、着替えを最小限に出来るのもメリットだったります。
昨シーズンに展開をしました大麻シャツも引き続きベンガラ白・紺・藍でセレクト(こちらは後日に)
併せて、梅雨時期の羽織物としても重宝しそうなロングシャツタイプを少量ですがご用意しました。
ちょっとした羽織のジャンルとしてはデザイン性も含めて面白いのではないかと思い、サイズはゆったりとした
イメージであえて「3」のみに絞っています。
袖を通した印象としてですが、サイズ3でメンズのMサイズ位、レディースで言えばサイズLよりも気持ち大き目を
イメージして頂ければ良いと思います。ユニセックスの洋服ですので性別に関係なく袖を通して頂きたいです。


ずらりと間隔が狭くならんだ釦と首元のバンドカラー、ロングシャツタイプはテールに深く入ったスリットが
ディティールとして目を惹く部分ではないかと思います。深くスリットを入れる事で見え方的にも軽さが出ますし
パンツポケットへのアクセスも自由にすんなりといけます。
僕自身もロングシャツを着る事は殆どない・・・というよりも全く持っていないカテゴリーの洋服。
いざ着てみるとカーディガンの様な感覚で、着丈に関してもぱっと見は新鮮ですが違和感は無く。
夏場カットソーにさくっと羽織れるものは案外選択肢が少なくて、僕自身肌が強くなく日光湿疹が出易いので
直射日光を浴びたくないという方にもとてもお勧め。
インディゴなどの青系の洋服は、色目としても抵抗なく取り入れやすいと思いますし、サイズに関しても
ゆったりとしたシャツをご夫婦などで兼用するのも良いのではないでしょうか。


普段から着慣れている普通のシャツと比べるとクセがありますし、自分なりの着方を定着させるまでには時間と
イマジネーションが必要になりそうです。そんな事も含めて新しい感覚を手にするきっかけになるのかもしれません。
シャツのシルエットをそのまま活かし、テールを伸ばした大胆さと緻密に計算されたスリットの深さと形状。
雰囲気のある洋服を組み合わせるのも良いでしょうが、僕が提案もしくは着るのであれば、いつも着ているような
カットソーにパンツはある程度穿き込んでクタクタになったものに、さらりと羽織って頂けるだけで素材が抜群ですので
十分に良さが引き立つと思います。


色目はMITTANが得意とする重ね染色で「藍×胡桃」と「ベンガラ白」の2色を展開。
どちらも天然染色ならではの太陽光に当たると奥行きを感じる発色。肌の透け感もほとんどありませんので
そういった部分も夏場に取り入れやすい理由になるのではないでしょうか。

MITTAN   大麻ロングシャツ

color     ベンガラ白

price     28000+tax

SIZE     3 SOLD


フロントの釦を閉めて着るとアンティークのような、異国の雰囲気が更にプラスされた井出達に見えます。
この雰囲気の洋服は、男性よりも女性の方が手にする機会があって着慣れていらっしゃるかもしれません。
前開きの仕様は様々な着こなしが楽しめる+@の要素があって嬉しいですし、この着丈だからこそボトムの
組み合わせも、パンツに限らずスカートでも良いですし、ノースリーブのワンピースに重ねたりなどなど
バリエーション豊かに涼やかな着こなしを試してみていただけたらなと思います。
ベンガラ白の色味も必見で、真っ白ではなくどこか砂っぽいライトグレーが掛かったような白なので
ぱきっとし過ぎない点もコーディネートがし易くなるのではないでしょうか。


MITTANが独自に開発をするオリジナルのファブリックは、毎シーズン展示会に行く度に新しい発見があり
聞いた事もない素材や、素材や染料の組み合わせなどなど学ぶ事ばかりで、常に進化し続けている様子を
びしびしと肌で感じています。大麻生地は昨年からリリースされているのですが、湿度の高い日本の気候に
ぴったり合いますし、冷房の効いた室内や車内などでも肌を保護してくれたりと重宝することと思います。
着れば着る程に柔らかさを帯び、肌馴染みが年々良くなってくる生地の変化も一緒に楽しみつつ、
毎年必ず訪れる夏を、快適にお過ごしいただけたら嬉しいです。

PageTOP