8月16日


MITTAN   カディシャツ

color    生成

price    19000+TAX

SIZE    1    /    2    /    3    /    4

color    松煤

price    23000+TAX

SIZE    1    /    2    /    3    /    4

color    藍×胡桃

price    23000+TAX

SIZE    1    /    2    /    3    /    4

早朝に家を出てモアァ~っとした蒸し暑い中、重たい身体を動かし尋常じゃないほどの汗をかきました。
空を覆う厚い雲によりいつもより外も暗く、じわじわと台風が近づいている事を実感しました。
この先は一雨一雨降る毎に、段々と涼しい風に変わってくるので、もう少しだけ「夏」を楽しみたい気持ちと
汗をかかずに気持ち良く洋服に袖を通したい気持ちと、2つの気持ちが複雑に入り混じっています。

丁度良いタイミングで″MITTAN″から毎シーズン提案されているカディコットンのシャツが届きました。
夏物から秋物へと切り替えようと思う時期に、張り切って秋物に手を伸ばそうと思うと気温と気候が全く追いついていなくて
何を着ようかと迷う方も多くなる季節。本格的なを秋冬シーズンになるまで繋ぎの役割を果たしてくれる1枚として
個人的にもとても愛用しているのでお勧めしたいカディコットンのシャツ。
インドで手紬・手織りで作られる生地は、触れると柔らかくて適度な厚みがあり強度も兼ね備えた素材。
一番の特徴は透湿性に優れていて、風が吹くと身体を心地良く抜けていく感覚があります。
天然素材ならではの機能性と、手仕事だからこそ実現出来るふんわりとした生地感は、今まで着てきたシャツとは
明らかに違う感覚を肌で感じ取って頂けるはずです。
rasikuに来て頂いているお客様でも良くお店に着てきてくださるのを見かける事が多いので、
そんな光景もMITTANのシャツの良さを裏付けているように思います。


デザインは至ってシンプル。
胸ポケットなどの装飾は一切なく、潔い良いバランス感。
首元はトップ釦が留められるくらいゆったりとしていて、全体的なシルエットはすっきりとしています。
カラーバリエーションの豊富さもポイントで、今回は染色を施していない「生成」と天然染料で染めた
「松煤」「藍×胡桃」の3色を選びました。僕自身も2色を着回していますが、1枚着ていると着心地の良さに
ついつい色違いで欲しくなってしまう魅惑のシャツです。
生地自体は柔らかいのできりっとした表情ではないのですが、袖を通すと全くだらしくなく見えないですし
トップの釦を留めるとより清潔感が増して、着るシチュエーションにも広がりが生まれ色んな場面で重宝します。
洗濯をしても乾きやすい素材という点から個人的には旅に持って行くのに打って付けのシャツと言えます。


前立ては生地の耳を使い一工夫、切りっぱなしのようなデザインに見えますがほつれる事はありません。
袖のカフスは細く設定し、釦は厚みのある動物の骨や角を削って作製されたボーン釦を組み合わせています。
良い意味でシャツらしいシャツとは違う、現代の民族服をテーマに物作りをするMITTANらしいオリジナリティを
感じさせる作りだと思います。毎日でも袖を通したくなるような着心地の良さと、着れば着る程に空気をより含み
ふんわりと身体に馴染んでくる生地の経年変化も楽しんで頂きたいです。


今まで様々なシャツに袖を通してきましたが、其々に良さがあってどれが良いとは一概に言いきれないのですが
肌触りが良くてリラックスした気持ちで着られて、相手にも誠実さやきちんと感が伝わる雰囲気のシャツが
現在の自分自身のライフスタイルにしっくりときます。洋服は自己満足の部分が大きいのですが、人から見られたり
する事もあるので、それがきっかけで何かの″縁″に結びついたり良い方向へ物事が進む可能性もあるかもしれません。
MITTANのシャツは、とてもシンプルではありますが、オーラであったり雰囲気をプラス出来る要素があると感じていて
洋服を通じて何か楽しい事や喜びに繋がれば良いなと思っています。
ご自身のライフスタイルに照らし合わせて、是非ワードローブに加えて頂けたら嬉しいですし
何度見ても時間が経過しても良いシャツだと思います。

7月4日


MITTAN    シルクデニムショート

color     藍×胡桃

price     20000+tax

SIZE     1   /   2


昨日は定休日を利用して久しぶりに映画を見に行ったり、細々とした雑用を済ませて夜ご飯をゆっくりと作り
充実したお休みになりました。夏の日差しを感じながら、東北の短い夏がすぐそこまで来ている事を実感。
正直、昔は夏があまり好きというより得意ではなかったのですが、ここ数年の間に汗をかく心地良さだったり
夏ならではの服装の楽しさを感じられるようになってきました。
夏らしいアイテムの1つショートパンツですが、毎シーズン厳選して1型ないし2型くらいだけですが提案しています。
今季選んだショーツは、MITTANのデザイナーの三谷さんが京都の夏があまりに暑すぎて作ったというモデルで
シルクデニムと麻綿と2つの種類でご用意しました。
どちらも膝が隠れるくらいの長さで、膝上丈のショーツとはまた違った雰囲気で合わせて頂けると思います。


1つ目は、通常はシルクの製糸に使用しない糸を紡績しデニム調に仕立てたシルクデニムショーツ。
所々にネップ感のあるざっくりとした生地は、見た目ではシルクとは到底思えない程、強さを感じる素材。
色目にも一工夫がされていて、深みを出すために胡桃染めを施すことによってベージュ系の色合いがプラスされ
製品としての完成度を高めています。バックポケット、お尻回りにも当て布で補強をいれる事で素材の弱点を補う
と共にデザインとしての面白さをプラスし縫製は内・外共に捲縫いにする事で表情を豊かにしています。


シルエットは太過ぎず細すぎずのすっきりとしたバランス。
ウエストはイージー仕様で、ベルト要らずで穿けるパンツは夏の装いには最適です。
外遊びやアウトドアなどで穿きたくなるようなアクティブなショーツとは違う良さがあって
薄手の長袖のシャツを着たり、足元はスニーカーよりも革靴を合わせたくなるような雰囲気が漂います。
何処に行くにも誰に逢うにもいつも同じではなく、出掛ける場所や目的によって服装の幅はある程度
選べる方が良いと思いますので、MITTANが作るショーツは街などに食事に出かけたり人に逢ったり
ラフになり過ぎない服装をしたい時にお勧めしたい1枚です。


シルクは通年を通して活躍する素材ですが、汗の吸収率が良く肌触りもさらりとしているので夏により効果を
発揮すると思います。これから夏に向けて旅行などを計画される方も多くなると思いますが、簡単に脱ぎ着が
出来てストレスのない着心地の洋服は持って行くと本当に重宝します。
旅先で洗濯をした際にも乾きが早く持ち物が最小限に出来るメリットもありますので、日常使いと合わせて
お選び頂くのも良いかもしれません。僕自身も旅に出かける際にはMITTANの洋服を着ていったり持って行く事が
多々あって、見た目の良さもありますが天然繊維ならではの機能性にも優れている事が理由でもあります。


サイズ展開は1と2の2サイズ。
僕の様にあまりショーツが得意ではないという方にも、もしかすると気に入って頂けるかもしれません。
膝が隠れるという点がポイントで、足元はレザーサンダルや柔らかい印象の革靴を合わせて貰うと
より良い印象になると思います。ショーツは足元の合わせ方でがらりと変わるので、靴とのバランスも重要です。

MITTAN    麻綿ショート

color     紺

price     20000+tax

SIZE     1   /   2   /   3


rasikuでは定番で展開している麻綿ロングパンツのショーツバージョン。
シルクデニムショーツよりもややワイドなシルエットで提案。こちらも同様に膝が隠れる丈になります。
静岡県の浜松地方で作られている綿麻のオリジナルファブリックは、程よく厚みがあって穿き始めは硬さがありますが
徐々にくったりとして肌馴染みが良くなります。麻の混紡率が55%と半分以上ありますので風が心地良く抜けて
湿度の高い時期に最適な素材と言えます。


お尻回りとワタリ幅はゆったりと設定。膝に向かってテーパードさせていますが窮屈な印象は皆無です。
ウエストはこちらもイージー仕様なので、体型を問わなずに幅広くカバーしてくれると1本になると思います。
リラックスした着心地を求めるのであれば、 麻綿ショートは特にお勧めです。


ショーツは穿く時期が圧倒的に短いので、自分が気に入ったものがあればそれで十分だと思います。
素材の心地良さと品のあるシルエットがMITTANの作るショーツの特徴でもあり、着こなしにアクセントを
与えてくれる存在になってくれるはずです。サイズもフルサイズで揃っていますので、お試し頂きたいです。

4月30日


MITTAN   大麻シャツ

color     濃紺

price     19000+TAX

SIZE     1   /   2   /   3   /   4 

color     ベンカラ 白

price     24000+TAX

SIZE     1   /   2   /   3  /   4 SOLD


ゴールデンウィークが始まって4日目。
昨日は県外から盛岡に帰省やご旅行でいらしたお客様に足を運んでいただきました。
桜は舞い落ちて子葉が日に日に木々を緑色で縁取り、川は柔らかく流れ、そんな盛岡らしい景色が
あちらこちらに広がっているので、街歩きを楽しんでいただきたいなと思っています。
昨日は20℃くらいまで気温があがり、そのくらいだと気持ちよく着られそうな、rasikuでは初めて展開する
素材に大麻を使ったバンドカラーシャツと、毎シーズン定番で展開している麻綿素材のイージーパンツ。
素材自体に冷たさを感じる大麻シャツは、夏をより気持ちよく過ごすために作られたシャツで
シルエット自体も今まで展開していたカディコットンのシャツよりも、気持ちゆったりとしたバランスに
仕上げる事で、生地と身体に程よい空間が生まれてベタつきを抑えて風がより抜けるようになりました。
ここ数年は初夏から夏場の暑い季節はカディコットンのシャツを色違いで愛用していましたが
それに勝るとも劣らない天然素材ならではの心地良さを実感して頂けると思っています。
今季新たにMITTANが提案している″ベンガラ染め″の白と化学染料で染めた濃紺の2色をご用意しました。
※ベンガラ白はサイズ1は完売しております。


ベンガラ染めは土から採れる成分(酸化鉄)を使って染めを施す方法で、元々はインドのベンガル地方から
伝わったとされていて、藍染めや草木染めともまた違った独特な色合いを表現しています。
rasikuで選んだ色は白で、生成と白とのちょうど間をとったような言葉では言い表すことが難しい色目。
濃い色のパンツとの相性は言うまでもなく、あえて白系のパンツに合わせて涼し気な印象を与える
組み合わせも、この乳白色のシャツだからこそいい雰囲気になりそうだなと思います。


フロントにはポケットなどは一切付かないシンプルな作り。
裾にスリットを入れて、テールの処理をラウンドさせずに直線的なパターンにする事で視覚的な
野暮ったさを出しつつも、前丈と後丈の長さに差をつけるているので着た時の納まりの良さを感じます。
良い意味での癖はありますが、全体のバランスを崩し過ぎずに日常着として気兼ねなく袖を通すことが
出来る点がMITTANの洋服の良さであり、気に入ると色違いで買い足してしまうくらい魅力があります。


もう一色の濃紺は、夏場になると自然と涼しさを求めてなのか紺色の洋服を着たくなるので
1枚で存在感があるものをという理由で選びました。ベーシックなパンツは基本的に何でも合わせ易いですし
それにプラスして、今年は涼し気なシャツに頭に麦わら帽子を合わせるスタイルをしたいと思い
ツバの大きいタイプとハット型の麦わら帽子をセレクトしています。まだ少し先の話になりますが梅雨が
明けたくらいからMITTANのシャツに合わせて貰ったら涼し気で格好良いなと思っています。

MITTAN   麻綿ロング

color     深緑               /             紺

price     24000+TAX

SIZE     1   /   2   /   3         1   /   2   /   3


毎シーズン展開している静岡県浜松市で作られる張りとコシがしっかりと感じられる麻綿素材
(麻55%・綿45%)をイージーパンツに仕立てていますが、ラフで簡素な縫製ではなくインシーム
アウトシームを巻き縫いにして一手間かける事で立体的な表情を生み出し、フロントにもジップを付けるなど
この手のパンツにはあまり見られない作り込まれたイージーパンツです。


バックポケットはパッチポケットが2つ。お尻回りもダーツを入れてシルエットを調整。
ポケットの生地にはインドのプリント生地を張り合わせるなど、表からは見えない所にも工夫がされています。


シルエットはワイドでボリュームがありますが、裾にかけて綺麗にテーパードしています。
個人的には太いシルエットに抵抗がないので、サイズアップをしてゆったりと穿くのが好みですが
ウエストはゴム+アジャスターなので、ジャストサイズで合わせるのも良いですし、肌に纏わりつかない
ゆったりとしたボリュームのあるシルエットを楽しむのも、どちらもお勧めです。
パンツを選ぶ際にウエストの大きさも大切ですが、お尻回りとワタリ幅をどれくらい欲しいかで
いつもとは違うサイズを選んでみると、洋服の見え方が大きく変わるので無理のない範囲内で
挑戦して頂ければと思います。


カラーは今まで展開をしてきました″紺″と新色で追加された″深緑″の2色を選択。
深緑は黒に近いのですが、太陽光で見ると綺麗な深みのある緑色に見えます。
どちらも汎用性の高さを考えて選んだ色目で、これから夏場にかけてリラックスした気持ちで
穿くパンツをお探しの方に是非お試し頂きたいです。
僕は暖かい時期に行く出張や旅行には必ず持っていくパンツで、涼しさと穿き易さシルエットの良さは
勿論ですが、旅先でちょっとした食事の際にジャケットなどを組み合わせても十分サマになります。
綿麻素材なので洗濯しても乾きが早く、旅先に荷物を増やしたくない方にも重宝するパンツだと思います。
今日ご紹介したシャツとパンツ、どちらも天然素材ならではの着心地の良さと着れば着る程に増す風合い
季節が巡ると共にきっと無くてはならない存在になってくれるはずです。
是非お試しください。

4月20日


MITTAN   0カウントカディロングシャツ

color      

price      28000+tax

SIZE      2    /   3 SOLD


暖かな太陽の日差しと帽子が吹き飛んでしまいそうな冷たい風。
中津川は流れ込む雪解け水で勢いが増していますが、色は透明でとても澄んでいて盛岡の春の景色に
ここ数日忙しなかった自分の気持ちもちょっと解されるようで、いつの間にかそこにいる植物や動物を
ゆっくりと観察しながら歩いてきました。
春とは言え、朝晩は羽織物が欠かせない日がまだしばらくは続くと思います。
MITTANから新作としてリリースされた羽織物は、ざっくりとした風合いの0カウントカディと呼ばれる生地を用いて作製。
厚すぎず薄すぎずの中肉の生地感は、シャツやカットソーだけでは物足りないと思う日に重宝するはずです。
岩手の様に、日中と朝晩の気温差が激しい地域に住んでいると生地や仕立ての違う羽織物は何枚持っていても損はないですし
日々変わる気温に合わせながら3~4枚くらいを使い分けて着るのがベストだと思います。


MITTANが得意とする着物をモチーフにしたパターンで、釦などの付属品は付かずに自然とフロントが閉じる仕組み。
肩はラグランスリーブを採用し、シルエット自体は身頃がゆったりとしてリラックスした雰囲気に感じます。
お尻がすっぽりと隠れる長さで、車を運転する際にも裾の長さが干渉しにくい丈感なので余計な事を気にせずに
羽織って頂けると思います。0カウントカディという素材は太番手の糸を使用しているので、柔らかさと強さの
どちらも併せ持った素材でお洗濯にも強く着れば着るほどに雰囲気が増し、よりふんわりとした風合いに変化してきます。
藍ならではの天然染料の深い色合いも、このジャケットにはマッチしていてクラフト感のある表情と何処か冷たさのある
プロダクトとしての一面と両方を併せ持っているように感じます。


カーディガン、ジャケット、コートとも微妙にニュアンスが異なっていて、洋服を選ぶ際の隙間を埋めてくれるような
存在になってくれると思います。ある程度きちんとした服装をする方にとっても、カジュアルな服装を好んでする方にも
どちらにも自然と馴染むような感覚がある洋服で、袖を通すと現代の民族服というコンセプトが何となくでも理解出来る
気がしています。洋服を着る際にある程度ジャンル分けして着る方が簡単で楽な部分もあると思うのですが
良い意味でジャンルを問わないフラットな目線で洋服を着るきっかけになるのかもしれません。
MITTANの洋服は自分たちにとっても、洋服の着方や考え方にちょっとしたスパイスを与えてくれるような存在で
独特な空気感を放っているのに意外とどんな服装にも馴染んだり、自分の想像をいい意味で裏切られる感覚が楽しくて
ついつい手に取ってしまう事が多いです。
人によって捉え方や考え方は様々ですが、答えを求め過ぎずに自分なりの落とし所を探しながら着て頂けたら嬉しいです。


サイズは2と3の2サイズをご用意しました。
メンズ・レディースに関係なく着用可能ですので、この手の羽織物はrasikuでは圧倒的に女性に人気ですが
男性にも挑戦して頂ければと思っています。あれこれ考えずに普通に着れて、一度着るとクセになると思います。

MITTAN   レイヤードバッグ

color      胡桃

price      25000+tax

SIZE      42×35×13


color      藍×胡桃 SOLD


少し前のBLOGでもご紹介しましたレイヤードバッグですが、今回の入荷分は天然染料を用いて染めた2色になります。
柔らかさのある色目″胡桃″と藍染を施した後に胡桃染めを施した″藍×胡桃″
ペルー原産のタイプライターの生地を幾重にも重ね合わせて作られるトートバッグは、普通のバッグには出せない独特な
表情と気持ちを高ぶらせる雰囲気を併せ持っているように感じます。
ボディの正面と横は4枚の生地を使用し、底面には8枚、ハンドルは16枚の生地を組み合わせて構成。
1人の職人の手によって1枚1枚丁寧に縫製されています。
特にハンドル部分の縫製は見事で、手に持った時の心地よさは他では感じる事が出来ないと思っています。


内側には片方に大きな吊りポケットが1つと、逆サイドにセパレートポケットが1つ付きます。
機能性に関しても申し分ない作りで、ハンドルの長さや生地の雰囲気を考えると春夏の洋服が薄着の時期に
より持ちたくなると思っています。大きさ的には男性でも十分に満足出来ると思いますのでカップルや
ご夫婦で兼用されるのもお勧めです。


この他にも新しくリリースされたベンガラ染めを用いた羽織物やシャツなども届いています。
日中であれば薄手の洋服も気持ちよく着れる気候になってきましたので、この時期ならではの服装を楽しみながら
街歩きをしていただければと思います。
店頭も軽い羽織物からインナーウェアまで日に日に充実度が増してきていますので、ぜひお近くにお越しの際は
ちらりとお立ち寄りください。

3月24日


MITTAN    レイヤードバッグ 大

color      濃紺

price      21000+TAX

SIZE      42×35×13 SOLD


僕が最初にMITTANの展示会を見に行った時(恐らく3年前くらい)から気になっていたトートバッグ。
いつもオーダーしようか迷いつつ、いい服が多くて予算的になかなかバッグまで辿り着けずにいました。
秋冬よりも春夏シーズンの方が、ハンドル部分の長さが肩に掛けやすく使い易いと思ってオーダーをしました。
バッグとしての機能は勿論ですが、どちらかと言えば何かを運ぶ為の道具にも見えるデザインで
ハンドルや底のステッチワークは、時間の経過と使い込む事で機能としての本質が垣間見れると思います。
柔らかな表情と何処か凛とした空気も合わせ持っていて、MITTANならではの作り込みの良さは言うまでもありません。
今回選んだカラーは″濃紺″で、確か2シーズンくらい前だったと思いますが″藍″では出しきれない″紺色″を
作りたいというデザイナーの想いから、化学染料を使って製品染めする事でムラの少ない紺色を表現。
僕自身の中では良い意味で″冷たさ″を感じる色で、同じネイビー系でも、藍とは全く違う印象を受ける色だと
思っています。雰囲気があったり、特別なオーラを纏っているような服装に持っていても良いですが
僕自身は何てことのないカジュアルな服装にさらりと合わせるくらいが素敵だなと思っています。


素材はペルー原産のタイプライター生地(コットン100%)を使用。
タイプライター自体は春夏のシャツに良く用いられる素材の1つ。
勿論1枚だけでは強さが出しきれないので幾重にも重ねる事で、素材に厚みと強さを持たせる事により実現しています。
裁断する際にもあえてハサミを使わずに手で裂いて、切りっぱなしの部分をそのままデザインに落とし込んでいたりと
普通に考えると平面的に見えそうなバッグを、ここまで立体的に魅せる手法があちらこちらに散りばめられています。
負荷の掛かり易い部分にはミシンステッチで補強、見た目は刺し子にも似たような手仕事を感じさせる温もりある
表情に仕上げています。その中でもハンドル部分の運針の細かいミシンステッチはとても迫力があります。


内側は両面にインナーポケットが付きます。
1つのポケット、もう一方は2つに分かれたポケットの合計3つのポケットが付くので、
機能性に関しても申し分ない仕様だと思います。


ハンドルの長さは薄手のジャケットを羽織って、男性がギリギリ肩に掛けられるくらいに設定。
女性だとより肩掛けがし易くなると思います。気温が上がって装いがシンプルになればなる程に
バッグの存在感がより際立ちそうですし、コーディネートに何処か物足りなさを感じる時などにも
アクセントとしてバッグを取り入れるのも良いのではないでしょうか。
僕自身は白いカットソーに麦わら帽子を被って足元はサンダルでリラックスし
このトートバッグを持っていたら・・・きっと素敵だろうなと勝手に想像を膨らませてしまいます。


rasikuの店内には帆布を中心にレザーやナイロンと言った様々な素材のバッグを展開しています。
バッグは大好きなアイテムで、服装と同じでその日の気分や行く場所によって変えていきたいと思うので
こうして違う種類のモノが増えると、出掛ける事がより楽しくなるきっかけの1つになると感じています。
折りたたんで小さく持ち運びも出来ますので、これから季節が巡りより気持ちが良くなってくる中で
旅行などに行く際にバッグの中に詰めて、街歩き用に持って行くのも良いのではないでしょうか。
素材自体も軽く機能性もきちんと合わせ持っているので、きっと出番の多いバッグになるはずです。
MITTANは洋服も素晴らしいですが、同じくらい魅力的なグッズが時折店頭にも並んでいますので、
店内を探してみてください。

PageTOP