11月6日


ohh!nisica     VEST

color         グレー  

price         25000+TAX

SIZE         1    /    2    /    3

三連休が終わりあちらこちらでイベントが終わった事もあり、街が静かに感じる月曜日。
ohh nisicaから定番で作られているプルオーバータイプのベストが届いています。
秋冬という事でしっかりと目の詰まったウールツィードで作製、仕立てもコットンの生地と張り合わせにしているので
コートやジャケットのインナーとして合わせると、空気の層が出来より一層保温効果を高めてくれると思います。
前開きではなくプルオーバーという点が、このベストの一番の魅力で、多少の着難さはあるものの
シャツなどを合わせた際の、裾の納まりの良さとパンツとの繋ぎ目のバランス感が面白さを生み出します。
ぱりっと決まり過ぎない力の抜けた見た目もnisicaらしくて、休みの日にいつも着ているお気に入りのシャツに
重ねて着て貰えたら、それだけで十分雰囲気が伝わると思います。


首元はnisicaではお馴染みのガンジーネックの様なデザインで、やや高めに設定をしています。
着脱の際に左肩に付いたスナップ釦を開けるとスムーズに脱ぎ着が可能です。


両サイドに付いたZIPもデザイン的な面白さと、脱ぎ着をする際に必要なディティールになります。
ZIPは好みの高さで調整が可能なので、インナーとの相性や着方によって魅せ方を変えて頂ければと思います。
ハンドウォーマーポケットが完備されている点も見逃せません。


何か服装に物足りなさを感じたり、細かな温度調整をしたい場合にベストが手元にあると本当に重宝します。
ジャケットやコートを着る際にも腕周りが一切の干渉がないので、重ね着をしてもストレスになり難いですし
体幹がしっかりと暖められると体温が上がってきます。化学繊維ではない天然素材ならではの雰囲気の良さと
インナーとの組み合わせがシャツ、カットソーどちらにも対応出来る懐の深さも、このベストの人気の理由だと思います。

ohh!nisica     BD

color         ストライプ  

price         18000+TAX

SIZE         1    /    2    /    3    /    4


rasikuでは初めて展開するohh nisicaのボタンダウンシャツ。
釦の並び方に特徴があり、それに加えてテールの長さとカッティングにも目を惹く仕上がりになっています。
襟の高いロンドンストライプのシャツは、シェットランドのセーターなどを重ねて着たりする際に
首元から少しだけ覗くストライプが秋冬の着こなしに良いアクセントを与えてくれます。
首回りがゆったりと設定されているのでトップ釦を閉めても苦しさがなく、テールも長めに設定をされているので
タックインスタイルにも適したシャツと言えると思います。


深くスリットの様にも見えるテールの仕様はワークシャツのディティールをプラスしながら仕立てています。
空間仕上げ、ガゼットなど本格的な作り込みをしているものの、見え方は男らしくなり過ぎない点が好みな所です。
素材感はぱりっと張りと厚みのあるブロード生地で、ワークシャツと綺麗なシャツとを組み合わせた様な
仕上がりになっていると思います。所謂のボタンダウンシャツとは全く違う印象を受けますし、1枚で着てもサマに
なりますが、他の洋服とを組み合わせる事でシャツの良さがより発揮されると感じています。


身長178CM体重64キロで着用サイズ3になります。
お尻が隠れるくらいの後ろ丈の長さがありますので、丈の短いジャケットを合わせてみたりすると今までとはまた
違った着方や見え方が出来ると思います。自分のサイズをしっかりと知っていると、こういった変形のシャツも違った角度で
面白く見えてくるはずですし、そうやってオリジナルの着方を見つけていって頂きたいです。
とても良いシャツです。是非店頭でご覧になってみてください。

10月15日


nisica    ガンジーネックカーディガン

color     ブラウン              /                ブラック  

price      20000+tax 

SIZE      1   /   2   /   3   /   4       1   /   2   /   3   /   4   

nisicaの秋冬デリバリーがスタートしています。
秋冬なのでウール素材を中心にセレクトしていますが、しっかりと目が詰まっていて保温性が高いものばかりですので
冬の気候条件の厳しい北東北でも重宝すると思います。
毎シーズン、素材を変えながらリリースされ続けている″ガンジーネックカーディガン″
独自のエッセンスで作られる製品は、何処か抜け感があるけれど柔らかくなり過ぎない趣味の良い洋服だと感じています。
洋服と人との距離が保たれていて、着る人の個性が際立つ様な雰囲気で、空の箱を渡す位の感覚と作り手が言うように
着る人が其々に個性を出して貰えれば・・・という物作りの信念が、僕自身も年齢を重ねる程に本質的な部分を少しだけ
理解出来るようになってきたように感じています。外見的な格好良さは大切だと思うのですが、内側から出てくる雰囲気や
生き方なども含めての洋服選びも重要ではないでしょうか。


首元に特徴がある″ガンジーネック″はnisicaが得意とするカタチの1つで、立ち襟でワイドに開いた衿元は、
インナーにシャツを合わせた際の襟の見え方がとても好みです。
クルーネックとスタンドカラーを合わせた様なデザインは、独特のバランス感を生み出しています。
保温性に優れているので冬場はインナーとして、今時期はジャケット代わりとして春先まで着用出来るので
何を着ようか迷った時に手元にあると出番が増える1枚になると思います。


フロントはマットな質感のスナップ釦を採用しています。
ポケットが無いデザインという事もあって、見え方がよりすっきりとした印象に映ります。


カラーは着用している″BROWN”と″BLACK”の2色展開。
″BROWN”は今シーズン、気分的に着てみたいと思った色目で暗くなりがちな秋冬の着こなしに良いアクセントを
与えてくれると思います。デニムや黒いパンツと合わせるのがお勧めです。

nisica    ガンジーカットソー

color     ブラウン              /                ブラック  

price      16000+tax 

SIZE      1   /   2   /   3   /   4       1   /   2   /   3   /   4 

春夏シーズンに引き続き展開している″ガンジーカットソー″
素材はカーディガンと同様にウール素材を用いたものをご用意いたしました。
インナーにシャツを合わせて着るのも良いですし、すっきりと首元のデザインを活かした着方も◎
着丈が短めに設定をされているので、ジャストサイズよりも少しゆったりとしたサイズ感がお勧めです。


セーターよりも気兼ねなく着れて、お洗濯が簡単に出来るのもメリットの1つです。
型崩れも殆どない素材ですので、小さなお子様がいらっしゃる方にも気分良く着て頂けるのではないでしょうか。


ガンジーネックタイプはシャツ・カットソー・カーディガンと3種類、毎シーズンリリースされ続けています。
一癖あるデザインがnisicaらしくもあり、着ると癖になるアイテムだと思っています。
そろそろウールに手が伸びる気温と気候になってきましたので、セーター以外の選択肢としてお勧めしたい1枚です。
nisicaのシャツとダブルボタンのシャツジャケットも入荷していますので、是非店頭でご覧ください。

7月14日


nisica    ガンジーカットソー半袖

color      ホワイト(厚手)

price      8000+TAX

SIZE      1   /   2   /   3   /   4

color      ホワイト×ネイビー(厚手)

price      8000+TAX

SIZE      1   /   2   /   3   /   4

nisicaの代名詞とも言える″ガンジーネック″を用いたカットソー。
毎シーズン必ず展開をされているモデルで、シーズン毎に色違いや素材違いが出ているので一度着てみて
イメージがつかめると、他にも素材違いで欲しくなってしまうブランドのアイコンとも言えるモデル。
今回は型崩れがし難い厚地でしっかりとした生地感でオーダー。生地が厚いので1枚で着用した際の存在感に繋がります。
カラーはソリッドカラーの″ホワイト″とインパクトのある″太ボーダー″の2色での展開です。


商品名にある通りで、首元の″ガンジーネック″が一番の特徴的なディティールになります。
ボートネックよりも少し膨らみがあって、全体を見た際に絶妙なネックラインが程良い抜け感を生み出します。
かっちり着る洋服ではなく、着る人の持っている雰囲気を壊さずにプラスαする程度の役割がnisicaの洋服に袖を
通す度に思う事です。趣味の良い服という言葉が僕自身は一番しっくりくるような気がしています。


nisicaの洋服は背景であったり特別な何かがあってデザインされているのではなく、日常着としての機能や着用した際の
雰囲気がとても大切で、言葉で説明してというよりもインスピレーションで選んで頂く方が良いのかもしれません。
いつも履いているくたっとした軍パンにビルケンシュトックを履いて、さらりと着るのが一番格好良いと思っています。
洋服を好きになるきっかけの1枚になるかもしれませんし、洋服をある程度買って着てきている方にも新鮮に映る
カットソーになるのではないでしょうか。


サイズ感はジャストサイズで着るよりもワンサイズアップくらいの着方がお勧めです。
生地が厚く風が通り難いので、カットソーと身体との間に隙間がある方が気持ち良く着て頂けると思います。
夏のスタイルとしてピッチの太いボーダーTシャツは、シンプルになりがちな服装に程よくアクセントを与えてくれますし
見た目が涼しげな所も◎です。可愛く見えてしまうのが苦手な方はパンツに古着などのクセの強いものを合わせる事で
全体が引き締まって見えてきますので、是非トライしていただければと思います。

6月17日


ohh!nisica     チャイナJKT

color         インディゴ  

price         26000+TAX

SIZE         1   /   2   /   3 SOLD

擦り切れて穴が開くくらい着古したら、また同じのをもう一度買い直したくなる服であり、それを可能とする
物作りをずっと変わらずに淡々と続けるnisica。
そんなnisicaとはまたちょっと視点を変えて、毎シーズンその時の気分や閃き、服の面白さを表現するohh! nisicaの洋服。
好みははっきりと分かれるであろうフロントのデザインが特徴的なチャイナジャケットは、展示会で見た際に、
僕のアンテナにびびっと引っかかって、何年か周期でやってくる気分で着たいと思える1枚。
汎用性や機能性など理由に選ぶのではなく、単純に「今」着たい!!と思って選びましたので、そんな気持ちに少しでも
共感された方に見ていただけたら嬉しいです。僕ら世代にとっては何処か懐かしさを感じたりする方もいると思いますし
またこうして見ると、癖のある感じが捉え方によって心地よくなってきたりもします。
いつも穿いているお気に入りのデニムや軍パンに、カーディガン感覚でカットソーに軽く羽織るくらいのイメージで
肩肘張らずにリラックスした気持ちで着て頂けたらと思います。


素材は高密度に織られたコットン100%の生地にインディゴの製品染めを施しています。
スタンドカラー、チャイナボタン、左右に付いた大き目のパッチポケット、3つのディティールが合わさって
独特の雰囲気を生み出します。着方でひとつ言うとすれば、なるべくコスプレっぽくならない様にするのが重要で、
あくまでも″ファッション″という目線で着れるかどうかがこのジャケットを格好良く着熟すポイントになるかと。
遊び心を持って・・・とはよく言いますが、この服自体も気合が入り過ぎていない″抜けた感じ″が表れていますので、
ある意味、こういった感覚で着る服を選んでみる事で、洋服に対する考え方や着こなし方を柔軟にしてくれるのでは
ないかなと思っています。


身頃と袖周りなどはタイトな設定になっているので、インナーは7分袖、もしくは半袖のカットソーとの組み合わせがお勧め。
釦を全て留めて着るよりは、さらっと前開きでラフに着た方が雰囲気良く着られるかなと思います。
きちっと真面目に着ると、今にも銅鑼の音が聞こえてきそうです。それもまた良いかもしれませんが。


過去に一度だけ古着でインディゴ染めのチャイナシャツを少量だけ展開した事がありましたが、新品では初めて。
梅雨時期にTシャツだけでは肌寒くて、何か羽織りたいなと思う時にも重宝しそうですし、他に多くは見かけない
変化球的な服を、シンプルにデニムや軍パンに組み合わせたバランス感もたまには良かったりもします。
洋服は組み合わせ方と、ちょっとした意外性が生まれる瞬間があるから面白くて、何となくでも見て触れて良いなと思う、
自分なりの感覚の声に耳を澄ませて、選んで貰えたら嬉しいなと思っています。
デザイナーの大西さんの感性と感覚が表現されている洋服は、自分自身の中で広がりを持たせてくれたり
はっとさせられたり事が多く、このチャイナジャケットそんな存在になりそうです。

6月3日


nisica      パイピングシャツ長袖

color        ホワイト×ネイビー

price        18000+TAX

SIZE        1   /   2   /   3   /   4

どんより曇り空で少し肌寒さを感じる盛岡ですが、こういう日は本当に何を着ようかと迷ってしまいクローゼットの前を
行ったりきたりして、結局自分がいつも着ているシンプルな服装におさまります・・・
今日のような湿度が重たい気候の日に、丁度良さそうなシャツがnisicaから届いています。
一見すると普通のシャツに見えるのですが、良く見てみると何とも言えない面白いデザインが詰め込まれています。
素材は麻100%でつるりとした肌あたりで、風が心地よく抜けて着ていて気持ちが良いです。
最近は薄手のコットンのシャツを着る事が多かったのですが、改めてリネンも良いなと思わせてくれる1枚。
特別に何かを主張する訳でもないですし、極端に作り込みを重視している感じもしないのですが、
たった一枚の白いシャツだけでも、自然と様になる為の気の利かせ方がとても上手で、
僕自身、nisicaは趣味の良い服だと感じています。


首元はトップ釦まで締まる設定で、小さめの衿がシャツ全体のバランスを整えてくれます。
前立ての形状が2重になるような作りで、ステッチは入らないのですがボリュームが出てアクセントになります。
大きく厚みのある貝釦も前立てに負けない存在感があって◎釦などのパーツ選びのセンスも好感が持てます。
着てしまえば気付かない点だと思いますし、言われなければ分からないかもしれませんが、自然と袖を通したくなる
洋服というのはちょっとした部分に意識が届いているような気がしています。


一番の特徴とも言える部分が、後ろのテールをパイピング処理をしています。
展示会で見た時に最初は気付かなかったのですが、よくよく見えてみるとパイピングさせられて、
そのパイピングの色も3色(白・グレー・ネイビー)から選べるという遊び心。
かなり悩みましたが、折角だったら一番目立つ色が良いなと思ってネイビーとのコンビを選びました。
後ろから見た時に、トップスとボトムスの差がはっきりと分かれて面白いなと思いますし
デザイナーの柔軟な発想にも惹かれてしまいました。


サイズは1から4までのフルサイズでご用意をしています。※サイズ2は完売しています。
リネンの素材感もありますので、ぴったりなサイズよりも適度なゆとりを感じるくらいの着用がお勧めです。
風が抜けて素材のメリットを最大限に感じて頂けると思いますし、より夏らしいリラックスした雰囲気が伝わるはずです。
特別な洋服を提案しているという訳ではなく、日常に溶け込んで肩ひじ張らずに着られて格好良く決まり過ぎないのが
nisicaの良さで、なんて事ない感じでいて適度な距離感で人を引き付けたり、いつの間にか癖になって着てしまう・・・
そんな洋服だと思います。

PageTOP