7月14日


nisica    ガンジーネックシャツ半袖

color    ブルー

price    15000+TAX

SIZE    1    /    2    /    3    /    4

nisicaのアイコンとも呼べるディテールの1つ。
首元がスタンドの形状のカタチをした″ガンジーネック″と呼ばれている、英国のガンジー諸島で作られている
伝統的なフィッシャーマンセーターからデザインを踏襲したもの。
ガンジーセーター自体は男らしいクラシックな佇まいですが、nisicaが作るガンジーネックのアイテムは
何処か抜け感のある表情が好みで、着る人の個性をそっと引き立たせてくれる存在に感じています。
前回は長袖を紹介しましたが、素材とブルーの色目がとても気に入ったので半袖バージョンもセレクトしました。
半袖のシャツは今まではあまり展開してこなかったのですが、ここ数年のあまりの暑さに必要不可欠に感じ
インナーにタンクトップやノースリーブを合わせると、風が身体を心地良く抜けてより涼しく着られるので
種類は多くないですが、気に入ったものが見つかれば提案をしていきたいと思っています。


デザインの一番の特徴と言える″ガンジーネック″は、ワイドに開いた首元にスタンドになった衿元が
オリジナリティに溢れる表情を生み出します。見た目はどちらかと言えば柔らかな雰囲気に映るので
パンツはあえて土臭い軍パンやチノなど男らしいものと組み合わせると、シャツとのバランスが取り易いと思います。
足元はビルケンシュトックのサンダルやキャンバス素材のスニーカーなどの力の抜けた靴との相性が◎


夏場は″ブルー″が特に映える季節で、1枚で着た際のシンプルになり過ぎない所が気に入っています。
ブルーといっても青が強く主張していない、ちょっと変わったくすんだ色目がなんとも″nisica″らしい所。
色のあるものを少しでも取り入れると新鮮な感覚になりますし、ベーシックなアイテムの着方も変わってくるはずです。
最近は色のはっきりとしたアイテムも展開しているのですが、取り入れ易さでいうと落ちつきのあるブルーは
ワードローブにすんなりと受け入れてもらえるのではないでしょうか。


特別な雰囲気や非日常に着るのではなく、あくまでも日常着として、ベーシックな雰囲気を持ちつつも
デザイナーの癖やイメージがきちんと洋服に表現されている事が良いなと思っています。
毎シーズン素材を変えながら同じものを変わらない温度で作り続けている姿勢も今では希少な存在に感じます。
気に入ったアイテムをシーズン毎に提案し続けられるというのも、時代の変化やスピードに流され続けずに
自分達のペースでやれるという安心感にも繋がります。

ohh nisica  ヘンリーネックシャツ半袖

color     ブラック

price     14000+TAX

SIZE     2    /    3    /    4 SOLD

もう一型ご紹介。ohh nisicaから布帛素材を用いたヘンリーネックシャツ。
コットン80%・シルク20%を掛け合わせた着心地抜群の素材で、ゆったりとしたシルエットの
ヘンリーネックシャツに仕立てています。
カットソーではない所がポイントで、夏場の単調になりがちな着こなしにアクセントになる1枚。
ワイドシルエットのパンツやショーツに合わせて、ざっくりと着て頂くのがベストです。


釦は全部で3つ。
ネック周りを白でパイピングし、アクセントを持たせています。
細い糸を使い透けるくらいの生地感なので、風が心地よく抜けていきます。
シルクが20%入る事で、生地の表面にうっすらと光沢が出てカジュアルな中にも上質な雰囲気をプラス。
リラックスした着心地ですが、布帛で仕立てる事で崩し過ぎない半袖シャツに仕上がっています。
シャツとカットソーとの丁度間を取ったようなアイテムは、コーディネートの隙間を埋めてくれるような
いぶし銀な活躍をしてくれると思います。


年齢を重ねるにつれて、夏の服装にも引き出しが増え、以前よりもずっと夏という季節がより楽しく
感じられるようになってきました。
特に今暮らしている土地では夏がとても短いからこそ、その一瞬をどう過ごすかをより考えるようになって
その時の気候と街の景色、今の自分が気になったり好きだなと感じるものを、素直に身に着けて毎日を
楽しく過ごしたいという気持ちが大きくなりました。
今までは長袖を捲っていれば良いかなという気持ちでいたのですが、半袖のシャツを着てみると涼しさの感じ方が
別物だという事に気付かされて、それから少しずつ夏らしいアイテムを増やすようにしています。
これから梅雨が明ければ夏本番です。
季節に合った服装を心掛ける事で、毎年来る″夏″がより楽しくなるかもしれません。
ぜひ涼しい服装で短い夏を過ごしてみては如何でしょうか。

4月25日


nisica    ガンジーネックベスト

color     ネイビー

price     16000+tax

SIZE     1    /     2     /     3     /     4 

nisicaらしいデザインと言えば、僕が真っ先に思い浮かべるのが首元がタートルネックでもなく
スタンドカラーでもない、丁度その間を取ったような″ガンジーネック″と呼ばれる不思議な立襟のデザイン。
英国ガンジー諸島で作られているセーターをモチーフにした首元で、洋服に精通している方であれば
一度は見た事があるであろうマニアックなデザイン。今まで展開をしてきたガンジーネックのアイテムは
カーディガンとシャツを中心でしたが、今シーズンは気分を変えてベストを選びました。
ガンジーセーターは、クラシックで無骨なイメージをしがちですがnisicaが作るガンジーネックのアイテムは
男臭さというよりは抜け感の表情とユニークさが際立っていて、さり気なく主張し、コーディネートを
中和してくれるような役割も果たしてくれると思います。


ここ数日はコートやジャケットを脱いで歩けるくらいの気候になりましたが、そうは言っても暖かな日と
寒い日がまだ続くと思いますので、ミドルレイヤーとして着れるベストは持っていると重宝するはずです。
インナーは襟の高いシャツでもバンドカラーの合わせもしっくりきますし、SAINT JAMESなどのカットソーにも◎
ベストを合わせるだけで、普段着ているシャツやカットソーが違った表情をしてくれるので
シンプルに1枚で着ていると飽きがくる事もあるので、マンネリを防ぐ役割も果たしてくれるはずです。
防寒性も大切な要素ですが、視覚的な部分でもベストを組み合わせると楽しみが大きく広がります。


フロントのデザインはスナップボタンを採用。簡単に脱ぎ着が出来ます。
シルエットは癖がなく着易い印象。生地は中肉のスウェット素材を使用しているので春と秋と季節に関係なく
対応出来る思います。特に今時期は朝夕と日中の寒暖差が大きいので、重ね着が出来るアイテムが重宝します。
出掛ける時に1枚多く着ていると安心出来ますし、もし要らなくてもベストであれば嵩張らずにバックに入れ易く
これから旅行などを行く際に心強い味方にもなってくれるはずです。


カットソー素材のメリットの1つとして、ニットとは違いお洗濯も自宅で出来ますし伸びなどを
気にせずに日常着としてタフに着る事が可能。nisicaの製品は日常に特化したアイテムが多く存在し
デザイナーさん自身が製品に水を通して、天日干しをした後に出荷するという作業を続けている事も
何だか少しだけ嬉しさを感じる部分でもあります。見た目はベーシックな洋服にも関わらず袖を通すと
アクセントとなるデザインが存在感を放っていて、僕自身で言えば20代の頃よりも30代になって
更に40代を目前にしてより心地良さが増してきているように感じています。
日常着としてのバランスの良さが際立っている様に思います。

nisica    ガンジーネックシャツ

color     ブルー

price     16000+tax

SIZE     1    /     2     /     3     /     4

シャツタイプは春夏シーズンに生地を変えて何度か展開をしているので、デザインは変わらないのですが
グレーブルーのリネンの色合いが気に入ってセレクトをしました。
厚みはそこまでないのですが、柔らかなリネンで生地全体がとろんと落ちる感じが涼しさを引き立てます。
サイズはジャストではなく、気持ちゆったりしたサイズを選ぶ方が心地よく着れるはずです。
サイズはレディースの1から4までフルサイズで展開。腕まくりをすれば夏でも十分に過ごせる生地感です。
同素材の同デザインで半袖も入荷する予定をしていますが、汎用性を考慮すればやはり長袖がお勧めです。


お客様から試着をする際に釦は開けて着るとどうですか??と聞かれることがあるのですが
個人的には全て留めて着る方がガンジーネックのデザインを活かしている着方だと思います。
あくまでもシャツとして作られているアイテムなので、先ずは留めて着てみて自分なりのアレンジや落とし所を
加えたり見つけるのが良いのかもしれません。


パンツの合わせはデニム・チノ・軍パン、これからさらに暖かくなればショーツなども視野に
入ってくると思います。着丈も長めに設定されているのでショーツとの合わせもバランスが取り易いはずです。
洗いざらしできりっとした表情というよりも、ラフさがあるのに雰囲気の良さが伝わる洋服だと思っています。
首元のガンジーネックは似合う似合うわないがあると思いますが、こういったデザインのシャツは
沢山出回っている訳ではないので、着る機会が圧倒的に少なく慣れる事の方が重要になるのかもしれません。
少しの違和感を楽しめる方向に持っていけると、洋服の着方に変化や広がりを感じてくるはずです。


昨日はnisicaの秋冬展示会を見に行きましたが、店内には古い軍物のバッグや布があちらこちらに転がっています。
洋服の背景になるモノであったり、軸になる様な古いものからイメージを持って、その中で自分達が着るなら
こういう服というのを表現しているからこそ、柔らかくなり過ぎない絶妙なバランスに納まっているのだと
改めて感じました。ガンジーネック、是非挑戦して頂ければと思います。

4月6日


nisica     セットアップジャケット

color      ネイビー

price      28000+TAX

SIZE      2    /    3    /    4

まだまだ厚みのあるコートが手放す事の出来ない日々が続いていますが、4月後半あたりぐらいからは
この手の羽織が重宝するのではないか、そう思いたいという気持ちでご紹介するnisicaの羽織。
桜が咲く頃から梅雨時期くらいまで重宝するナイロン素材のジャケット類。
先シーズンまではフード付きのジップアップタイプをメインに展開をしていましたが、今シーズンは気分を変えて
カバーオールタイプのものを選びました。素材自体がとても軽いので、日中の暖かさがある時はバッグなどに丸めて
収納しておいて、朝と夜の寒暖差で肌寒さを感じる時にざっくりと羽織って頂きたいです。
しっかりとした張りがあってマットで落ち着いた質感のナイロンなので、変に安っぽい印象を与えずに日常着として
汎用性の高い1枚になるはずです。


衿元はスタンドカラーで、フロントにパッチポケットが3つ付きます。
ワークジャケットのディテールを踏襲し、素材でnisicaらしい抜け感を表現しています。
インナーはシャツ・カットソーとどちらにも対応出来る懐の深さもポイント。
これからの季節はSAINT JAMESのボーダーTシャツや柄のあるシャツ等を合わせる事で軽さが出せるので
お手持ちのインナー類を活かせる羽織物になってくれると思います。
着丈もお尻が隠れるくらいの長さがあるので、シャツの裾などが微妙に出たりせずにすっきりと着て頂けます。


肩はセットインスリーブを採用。少しだけ肩線が落ちた位置に付いていますので動き難さであったり着難さはありません。
素材がナイロンなので袖通りが良いというのも、ついつい手に取ってしまう洋服の共通項の1つです。
感覚としてはアウトドアで着るシェルジャケットの様なイメージで、ミドルレイヤードとしての役割も果たしてくれる
と思います。この上からざっくりとしたコートを合わせるのも着方としてイメージが出来ます。
ジップアップタイプには手軽さと機能性を重視した一面があり、フロントが釦に変わるとクラシックな雰囲気に変わり
着こなしにちょっとしたスパイスを加えられる点が、前開きの釦ならではだと思います。
ありそうでないバランスがnisicaらしさであり、フラットな目線で物作りをし続けている事が製品に表現されていて
洋服が目に入ってくるというよりも、その人自身の個性を引き立たせてくれる存在になってくれるはずです。


何てことのなさそうな洋服を、さらりときれるようになりたいといつも思っています。
気張り過ぎずに、けれどだらしなくなく、自分自身が心地よく感じていて、それが周りに伝わるのが理想で
nisicaの洋服は、ある程度年齢を重ねて何を着て良いのか分からないという方に袖を通して頂きたいです。
いつも穿いているジーンズやチノに、ジャケットを羽織るだけで十分に雰囲気が変わりますし
気合を入れずに出掛ける場所や景色に馴染んでくれると思います。
日常をより楽しく自分らしい服装で過ごす為に、新しい洋服を手にするのも良いキッカケになるのではないでしょうか。
持っていると普段着として旅行などにも出番の多いジャケットになると思いますので、挑戦して頂ければ嬉しいです。

3月17日


nisica   スタンドカラーシャツ

color    オリーブ

price    17000+TAX

SIZE    2    /    3    /     4

昨日は遠方からのお客様が多くいらしたので、盛岡までの遠い道のりの雪が解け、
道路状況も幾分良くなったのかなと、しみじみ足をお運びいただける喜びを感じられる1日になりました。
冬の寒さ厳しさがある分、春の訪れの喜びは格別です。
nisicaから襟元のデザインがユニークなシャツが届ています。
首元をすっぽりと覆うようなスタンドカラーは、見え方によってはタートルネックにも似たような大胆且つ独特の
ディテールで、左胸のやや下に付いた片方のみのポケットもアンバランスな位置でユーモアを感じます。
一見、不思議に感じるのが”nisica”らしさでもあり、実際に袖を通してみるとクセが強く出過ぎずに
案外スッキリと納まりが良く、着る人の個性を引き立ててくれるのが良さだと思っています。


素材は中肉のリップストップ(コットン100%)を使用。
通常のシャツ地よりも厚みがあり、シャツとジャケットのちょうど中間くらいのイメージ。
何を着ようか迷う時期にインナーとしても1枚着としても活躍する1枚になると思います。
リップストップ自体は、元々はアメリカ軍が開発した生地で軍物ならではのタフで硬そうな印象が先行しがちですが
nisicaが作る事によって強さを残しつつも、何処か柔軟さがプラスされてより気兼ねなく日常着として着る事が出来ます。


釦は包み釦を採用し、ボディと一体化するようなイメージ。
ポケットはこのシャツの一番のアクセントになるディティールで、カバーオールのようなポケットの大きさは
実際にスマートフォンなどを収納するのに使えそうです。
シンプルなデザインの中に奇をてらい過ぎず、けれどもきちんと主張があるというのが好みで両者のバランスを
絶妙な位置で保ちつつ作製される洋服は、どこか表情が豊かに感じます。
僕の勝手な解釈でnisicaは簡単そうに見えて難しく、難しそうで楽に着られるという相反する2つの感覚があって
いい意味で分かり難くも、こっそりと着る人の個性を引き立ててくれているという点が、長年に渡って幅広い世代に
支持され続けている理由だと感じています。


白やブルーといった色目と違って、オリーブのシャツは1枚で着た際の存在感とインパクトがありますので
足元を軽く見せると全体に軽さが出せると思います。
キャンバス素材のスニーカーやビルケンなどのサンダルを合わせるとまとまりが出て雰囲気良く見えるはずです。


nisicaの洋服を見ていると、何てことない日々の中にちょっとした彩やアクセントがあることの楽しさを知る
きっかけのようなものがあると感じます。
毎日同じ景色の様だけど、まったく同じ日はなく、道端に芽が顔を出していることに気付いたりするように。
休日何処かへ出掛ける際に、いつもと同じシャツの様に見えて、羽織るといつものそれとはちょっと違って見える。
どこが違うか分からないくらい曖昧だけど、でも何だかいい感じに見えたりもする。
のんびり緩やかで、ファッションや流行とはまた違った価値観や心地良さを実感して頂けたら嬉しいです。

12月22日


nisica      フードロングブルゾン

color       ブラック

price       50000+tax

SIZE       1    /    2    /    3   

今日は冬至の日。
昨日に続いてnisicaのフードブルゾンですが、もう一型ロングバージョンのタイプもご用意しています。
お尻がすっぽりと隠れる長さですが、足の動きを制限しないようなZIPは短めに設定し切り込みにして可動域をしっかりと
確保した作りになっています。車の運転などをしても着丈は邪魔にならないと思いますし、より安心感のある保温性を
確保出来るので冬を過ごす為の万能なコートになると思います。
ストレッチ性のある素材で動き易く、質感も落ち着いているので服装を選ばずに着ていただけるはずです。
昨年の厳し過ぎる冬の寒さを体感して、身体をしっかりと守ってくれる様な軽くて暖かなコートを展開したいと
思っていたので、展示会で見た時に真っ先にオーダーをしようと決めた1枚でもあります。


フードブルゾンと同様に、薄く中綿が入っています。
素材は表地がリップストップのポリエステル生地、裏地はナイロンとの組み合わせになります。
格子状に作られたリップストップの生地はアメリカ軍がベトナム戦争時に開発した生地で、縦と横方向にストレッチ性に
長けていて裂けにくい特徴があります。カラーはブラックでマットで落ちついた表情に映ります。
余計なポケットや付属品が付いていませんので、大人の雰囲気が漂うフードブルゾンに仕上がっていると思います。
大雪の翌日の日などは朝もバタバタします。雪かきをして車に乗って着いた先(職場)で、またも雪かきをしたり・・・
そんな忙しい朝でも、自分の気に入っているアウターがあるだけで服装もさっと決まりますし、気持ちの面でも多少の
モチベーションになったりするのではないかなと思います。
フード系のブルゾンはアウトドアブランドの物でも選択肢はあると思いますが、そのテイストが強いと私服に合わせた際に
色やロゴの主張が強くされていたりして、全体のバランスに合う物が見つからなかったりします。


フロントのジップはダブルジップを採用。
裾からインナーの色を覗かせて着るのも良いですし、雪が融けて自転車に乗る方なども可動域が確保出来るので
アクティブなスタイルにもマッチすると思います。
見た目がモコモコしないですっきりとしているので、秋が深まった頃から冬場、そして春先の冷たい風が吹く頃まで
3シーズン対応出来るのも化学繊維ならではのメリットです。


アウターやコートの選択肢は様々あるので、ライフスタイルに見合うモノであったり、くたびれたというタイミングで
買い替えをしたり、僕自身も今までは重たいウールのコートと風をしっかりと防いでくれる2枚仕立てのトレンチコートが
良いと思ってきましたが、この年齢になって軽くて暖かなものも素直に良いなと思えるようになりました。
今までは頑なに重たいコートを着てこそ!!(笑)という凝り固まった性格故のセレクトだったようにも思うのですが
今シーズンは中綿や薄手のダウン入りのコートやジャケットを提案したいと思い、展示会を見てアンテナに引っかかった
アイテムを店頭に並べています。自分自身の今までの好きを大切にしながらも、経験した事や、気候の移り変わり
その土地に合うものを少しずつ変化させながら提案をし続けていたいなと、より強く思う様になりました。
軽くて暖かいアウター類を、ご自身のワードローブに加えてみてはいかがでしょうか。

PageTOP