5月26日


nisica     デッキマンシャツ 長袖

color      ギンガムチェック

price      15000+tax 

SIZE       2    /    3    /    4    

nisicaのアイコンの1つとも言える″デッキマンシャツ″
ボートネックに小振りな襟をプラスした様な首元のデザインが特徴です。
左右の肩に付いた釦、フロントには大き目のパッチポケット、襟の形状などブランド独自のエッセンスが
各所に散りばめられたプルオーバータイプのシャツに仕上がっています。
生地感などから想像すると、どことなく柔らかい印象だったり、普通に着易そうな服に見えがちですが、
nisica特有の癖があって、良い意味でギャップを感じる、着る人の個性を惹き立てるシャツだと思っています。
今シーズン展開されている綿麻(70%・30%)のギンガムチェックと、デッキマンのデザインとの相性も良く、
1枚で着た際の存在感は抜群です。袖をぐるぐると軽やかに捲くって、着ていただきたい1枚です。


しっかりと目の詰まったギンガムチェックは、今シーズンの選んだ生地の中では一番好みな生地感でした。
程良く厚みがあって、表面がややざらりとしていて、着込んでいった後もきっと良い雰囲気だろうなと。
風もしっかりと抜けるので、余程暑い日でなければ、真夏でも問題なく着て頂けるはずです。
合わせるパンツは、ワイドなシルエットもしくはショーツがお勧め。
プルオーバータイプのシャツの良さを活かす事を考えると、自然とそういったボトムに手が伸びます。


nisicaの服は、決して毎シーズンがらっと変わるでもなく、ほぼ決まったモデルで展開しているので
変化と言えば新しい生地や色があったり、そこに少し新型が加わるというくらい。
とても淡々とした物作りをずっと変わらずにしているのですが、時々出る新型がとてつもなくエッジが
効いていたり、そのふり幅もあったのかと思うような柄だったり、自分でもnisicaを捉えたと思ったら
するりとかわされてしまって、正体が分からないまま。と言う様な感覚を持っているので、だからこそ
同じ事を繰り返しながらも、ずっと心に引っかかって、飽きさせない不思議な魅力があります。


今日の様な日差しが強くてもさらさらと風が吹いて湿気のない気候は、シャツ1枚がとにかく気持ち良い。
春夏シーズンは如何にして、肩肘張らずにリラックスした雰囲気で着れるかがポイントだと思っています。
ある程度のシャツのバリエーションをお持ちの方には少し新鮮に映るでしょうし、一度袖を通すと癖になる
完成されたデザインだと思っています。nisicaが長年に渡り作り続けている理由を是非感じて頂きたいです。

4月27日


ohh! nisica  プルオーバーベスト

color      ブラック(麻)

price       23000+tax 

SIZE       2    /    3    /    4

color     ネイビー(サマーウール)

price      23000+tax 

SIZE       2    /    3    /    4 

nisicaよりも更に遊び心が加わったデザイン、今の気分で着たいと思う商品をダイレクトに表現をする”ohh! nisica”
その数あるラインナップの中でも、毎シーズン素材を変えながら作り続けられているプルオーバータイプのベスト。
今シーズンは涼し気で大人の雰囲気が漂うブラックのリネン、サマーウールのネイビーと2種類でセレクトしています。
気温が高くなるにつれて着こなしが段々とシンプルになってきますが、ベストはマンネリを解消する役割や手持ちの
シャツやカットソーに新鮮さをプラスする1枚になってくれると思います。
まだまだ気温が安定しない盛岡の気候では、体温調整をするのにも大いに役立ちます。
プルオーバータイプは前開けに比べると脱ぎ着の際には着難さは多少ありますが、被りにしか出す事の出来ない
スッキリとした見え方と、裾の形状とがパンツとの組み合わせを良くしてくれるのでとても好みです。
素材によっての保温効果はリネン・サマーウールどちらも然程変わらないので、好みな生地で選んで頂きたいです。


首元はnisicaが得意とするガンジーネックをモチーフにしたデザイン。
ボタンダウンシャツとの組み合わせは鉄板、ボートネックのボーダーカットソーなどもお勧めです。
ベストには珍しくハンドウォーマーポケットを完備している点も、機能的で気付くと手を入れてしまうと思います。
気の利かせかたがわざとらしくなくて、シンプルだけれども何処か面白味を感じ取れるディティールが随所にあり
着ているうちに段々と癖になりいつの間にか好きになっている・・・そんな洋服だと思います。


脱ぎ着をする際に左肩に付いたスナップボタンを外して、両サイドに付いたZIPも開く事で、スムーズに着脱出来ます。
最初は脱ぎ着するのに慣れないかもしれませんが、そういった事も含めて楽しめるようになると
今迄ともまた違った目線や着方で洋服を着れるようになるかもしれません。


着用しているサマーウール(ネイビー)ですが、さらりとした質感でいつも着ているシャツに合わせるだけで印象が
がらりと変わります。素材の持っている雰囲気はとても大切で、カジュアルな服装を中和させる役割を果たしてくれますし
ベストという特性、ウールという素材がマッチして、着るだけで良い人に見えてしまうのは私だけではないはず(笑)
ジャケット程ではないのですが背筋が伸びる感覚がありますし、日常生活を送るうえで気分を変えたり、
いつもとは少し違う自分を演出しるのも良いのではないでしょうか。rasikuはこれからもベストを推奨します。


このベスト以外にも、ohh! nisicaからもう一型スウェット素材のベストが入荷をしているので後日に紹介させて頂きます。
GWは気温も上がり、薄手のカットソーにベストくらいの着合わせが気持ち良く感じられるはずです。
ベストは一度着ると病み付きになるアイテムですので、着た事がないという方に手に取って貰えたら嬉しいです。
サイズM L XLと揃っていますので、是非お試し下さい。

3月24日


nisica      ガンジーシャツ

color       ギンガムチェック 

price       15000+TAX  

SIZE       1    /    2    /    3    /    4

nisicaには定番アイテムとして作り続けられているアイテムが多くありますが、その中でも首元が高めに
立ち上がったガンジーネックは、他ではあまり見かけない独特のバランスと空気感が気に入ってセレクトをしています。
今シーズンはコットン70%・リネン30%を用いた綿麻素材のギンガムチェックとコットン100%の先染めインディゴの
2色を展開。ギンガムチェックはチェックが細かすぎず・大きすぎずで1枚で着た時の存在感が抜群で
何かを重ねて着るというよりも、シャツをメインとしてざっくりとしたコートを羽織るくらいの着方がお勧めです。
ギンガムチェックは可愛らしくも見えてしまいがちな柄ですが、僕自身はボトムスの合わせ方が重要だと感じていて
細身のパンツなどを組み合わせるよりも、ずどんとしたワイドシルエットのパンツで着て頂きたいです。


フロントの釦は、感覚が広めに設定をされていて、一番下の釦は上目に付いているので裾の振れが大きく見えます。
左胸にはパッチポケット、大き目の貝釦がシャツのデザインとしても一役かっています。
独特の抜け感がnisicaらしさでもあるのですが、単純に男らしく見える恰好良さというよりも、柔らかな空気が
着る人を包み込み、個性やキャラを惹き立たせてくれるようなシャツだと感じています。
ある程度年齢を重ねた男性がギンガムチェックを渋く着熟していたら、それは格好良いだろうと思います。


首元が窮屈になり過ぎないのがガンジーネックの特徴。
インナーにはクルーネックやモックネックのカットソーが好相性に思います。
綿麻素材はお洗濯にも強く、着て洗ってを繰り返す事でよりふんわりとした生地感にどんどん変化をしてきます。
日常着としては最適な素材で、旅行などに行く際にも麻が入ることで温度調整がし易く、そこまで天候にも
左右されることなく、1枚でコーディネートが完成するデザインのシャツはきっと重宝をするはずです。


何処か懐かしくも感じるデザインで、これだけ世の中の動きが早くなろうとも昔と変わらずにずっと同じ物を作り続ける
意味や大切さを気付かせてくれる数少ないブランドでもあります。自分自身も年齢を重ねるにつれて洋服の着方をより
意識するようになりました。格好良くなりたいという気持ちは持ち続けていますが、それ以上に気持ち良い肌触りや
動きが制限されにくくリラックス出来るパターン、人が見て不快にならない着こなしなど、nisicaの洋服に袖を通す度に
改めて思う事が多々あります。着る方によって性別や年齢、雰囲気なども其々に異なると思いますので、自分に見合った
着方や合わせ方を見つけて頂けたら嬉しいです。

color       インディゴ 

price       15000+TAX  

SIZE       1    /    2    /    3    /    4

もう一色は先染めのインディゴ。
これからの季節には無くてはならないカラーで、色落ちしたデニムや白のパンツなどに合わせて頂きたいです。
季節感を大事にするというのも洋服の醍醐味。ベーシックな着合わせ、シーズンに合わせた着合わせ、どちらも
楽しめるようになると1枚のシャツに大きな広がりが出て、出掛ける事がより楽しくなってくると思います。


人と洋服との距離を程良く保とうとする感覚がnisicaの洋服にはあると思います。
一見するとベーシックに見えるアイテムも、袖を通すとイメージとは違う感覚や案外エッジが効いていたりして、
良い意味のギャップも心地良かったりします。そういった部分も含めて、自分から洋服に近づいていこうとする意識や
着方が出来るようになってくると、本当の意味でのnisicaらしさが出てくるのではないでしょうか。
僕自身もずっと欲しかったギンガムチェックのガンジーシャツをようやく手にしたので、春の暖かな日差しの中で
シャツをさらりと着られる日を、今か今かと心待ちにしています。

2月23日


nisica     フードブルゾン

color      ブラック   

price      30000+tax 

SIZE      1    /    2    /    3    /    4 

color      ネイビー 

SIZE      1    /    2    /    3    /    4  SOLD

昨シーズンの春夏にも展開をしたnisicaが作るフード付きのブルゾン。
所謂マウンテンパーカーは、春夏シーズンになると様々なブランドがリリースするアイテムの1つですが
ネック周りの高さとフードの大きさ、光沢の無いマットなナイロン素材などnisicaらしいエッセンスが各所に
踏襲されています。コットンやリネンといった天然素材を中心の洋服を作るブランドだけに、良い意味で全く違った
テイストの様にも感じるのですが、デザイナー自身もアウトドアの洋服が大好きという事で、ラインナップの中に時折
顔を並べる、こういったアイテムにも違和感はなく、むしろその絶妙な落としどころには納得させられます。
アウトドアブランドが作るマウンテンパーカーは、当然ですがギアとしての要素が色濃く出てしまっている物が多く
街着として着る場合には、ファッションとしての落とし込み方や着方を問われると思っています。
アウトドアのイメージそのままで着るのも良いですが、街着として見た時にちょっとオーバーになり過ぎていたり
単に動き易く楽だから着ているというスタイルは、どこかだらしなく見えてしまう点が正直好みではありません。
ブランドを着るのはなくどう着るのかがポイントで、nisicaのフードブルゾンは街着として取り入れ易いと思います。
ボディにブランドを象徴する様なロゴは一切入らず、シンプルに無駄なく、且つ緩やかなデザインやシルエットは
体型や年齢を問わずに幅広く着て頂けるはずです。


すっぽりと首元全体を覆いかぶさるように設定をしたフード、息苦しくならない様に立体的なフォルムが着用時の
ストレスを大きく軽減してくれると共に保温性をしっかりとキープしてくれます。
僕もマウンテンパーカーは好きで色々と試してきましたが、ZIPを閉めた時に首元が窮屈に感じると着る機会が
なくなってしまう事が多かったので、機能性と見た目のバランスのどちらも考慮された作りと言えます。
ポケットは胸ポケットとハンドウォーマーポケットの合計3つ。
ZIPは全て止水になりますので、日常生活の範囲であれば十分過ぎるくらいのスペックです。
ナイロン素材のメリットとしてコンパクトなサイズにして持ち運びが出来るので春先の旅行や出張になどにも
お勧めで、急な雨などにも対応出来る羽織物は持っていて、いざと言う時重宝します。
カラーはどちらも甲乙付け難い″ブラック″と″ネイビー″の2色、サイズはフルサイズでサイズ1から4まで揃えています。
※ブラックの4のみ完売しております。


前丈に比べてテールの長さを出してお尻が隠れるくらいに設定をしています。
自転車など乗られる方には着易く感じるディティールになるのではないでしょうか。


パンツも細身からワイドなシルエットまで対応出来る、懐の深いフードブルゾンだと思います。
M-47やM-65などの6ポケットの太めの男臭いパンツに、足元はキャンバスのスニーカーやビルケンシュトックの
サンダルなども、少し季節が進んで道路に雪が無くなる頃にはイメージがし易くなるのではないでしょうか。
程良い力の入れ方やバランスで作られるnisicaの洋服は、一番は自分自身が気持ち良く過ごす為ではありますが
客観的に着ている姿を見て、シンプルながらも雰囲気の良さや清潔感が自然と伝わる気がしています。
年齢を重ねるにつれて、洋服を着る事が自己満足だけというのは何だか少し寂しいなと思うようになりました。
自己満足の他者貢献ではないですが、洋服を身に付ける事の面白さや大切さを実感出来る方がプラスだと思いますし、
知らず知らずのうちに人を楽しませている事もあったら純粋に嬉しいですしね。
単純に格好を付けて人にみせる為にという訳ではなく、(そういった部分も大事なのかもしれませんが)街を歩いていて、
ふと振り返って見てしまうような、自然で力は抜けているけれど、きちんと気を遣っている洋服の着方が、
僕が理想とする提案の仕方なのかなと思っています。。。
話は脱線してしまいましたが、nisicaのフードブルゾン、とてもお勧めです。
サイズ1はレディースで展開していますので、是非袖を通して頂ければと思います。

12月23日


nisica     フードブルゾン 

color      ブラック

price      45000+tax 

SIZE      1    /    2    /    3    /    4

nisicaが作るフード付きのブルゾンは、アウトドアブランドほどギアのテイストが強すぎず、スポーティーにも
なり過ぎない。日常着として最低限の機能を持たせた独特のバランス感がとても好みです。
デザイナー自身もアウトドアブランドが好きで良く着ていると仰っていましたが、だからこそ自身が作る物は
ギアとしての洋服ではなく、あまりシュッとならない素朴でタフな日常着。nisicaらしい一着だと思います。
ちょっと出掛けるのにも、この手のブルゾンは使い勝手が良く着る機会が多いと思いますし、雨風が防げてそこまで汚れを
気にせずに着られるので、様々な場面で重宝するはずです。
ブルゾン自体に薄くフリースが張られているので、保温性と防寒性が高くインナーは薄手のセーターやスウェットくらいで
十分に冬を過ごせる暖かみがあると思います。着膨れし過ぎない見た目の良さもフードブルゾンの特徴です。


フロントはスナップ釦が6つとZIPで開け閉めが可能。
今時期は寒さが厳しいのでZIPと釦としっかり留めて風の侵入を防ぐのが良いと思いますが、春先まで着れるブルゾンなので
季節が進めば真ん中のスナップ釦だけを閉めて、隙間からインナーを覗かせる着方もお勧めです。
素材は表面がマットな質感でストレッチが効いているポリエステル。GORE-TEXなどの高機能素材ではないですが
ポリエステル素材に良くありがちなチープさなどは全く感じさせません。
表地に光沢がない事と、パーツのスナップボタンを艶消しのマットな質感のものでボディと統一している点も
全体の仕上がりに大きく影響していると思います。こういったさり気ない部分の力の入れ方抜き方、魅せ方も
nisicaの巧さだなと強く感じます。


肩はセットインスリーブを採用しフードは頭がすっぽりと入る大きさに設定。
身頃や腕周りは比較的ゆったりとした作りで裏地も滑りの良い生地が貼られているので着用時のストレスほぼ無いです。
雪が降る土地に住んでいる以上は必要なディティールで、ネック周りの高さも含めて申し分ない作りだと思っています。


ポケットはハンドウォマーポケットと胸にZIPのポケットで3つ。
ハンドウォーマーポケットはインナーにフリースが貼られているので、手を入れてちょっと嬉しくなる仕様。
着丈の長さはお尻がしっかりと隠れるくらいに設定しているので、シャツなどを合わせた際にもテールがはみ出す事無く
インナーを気にせずに着られると思います。また、表にブランドを主張するロゴが一切付かない点もnisicaらしいです。


日常着として毎日でも袖を通したくなるような、ベーシックだけれども少し不思議な空気を纏った服。
お洒落をするというよりも、気持ち良く過ごす為の洋服という感覚がしっくりとくるかもしれません。
気張って人に見せる為に洋服を着るよりも(場合によっては人に魅せる。な時もありますが)、
自分自身が自然体でいられる服の選び方や提案を大切にしていきたいと思いますし、ふっと肩の力を抜いて服を着て
それが様になる様な着方をしたいと僕は思います。
ぜひ、いつものデニムにさらりとnisicaのブルゾンを羽織ってみてください。

PageTOP