7月14日


nisica    ガンジーカットソー半袖

color      ホワイト(厚手)

price      8000+TAX

SIZE      1   /   2   /   3   /   4

color      ホワイト×ネイビー(厚手)

price      8000+TAX

SIZE      1   /   2   /   3   /   4

nisicaの代名詞とも言える″ガンジーネック″を用いたカットソー。
毎シーズン必ず展開をされているモデルで、シーズン毎に色違いや素材違いが出ているので一度着てみて
イメージがつかめると、他にも素材違いで欲しくなってしまうブランドのアイコンとも言えるモデル。
今回は型崩れがし難い厚地でしっかりとした生地感でオーダー。生地が厚いので1枚で着用した際の存在感に繋がります。
カラーはソリッドカラーの″ホワイト″とインパクトのある″太ボーダー″の2色での展開です。


商品名にある通りで、首元の″ガンジーネック″が一番の特徴的なディティールになります。
ボートネックよりも少し膨らみがあって、全体を見た際に絶妙なネックラインが程良い抜け感を生み出します。
かっちり着る洋服ではなく、着る人の持っている雰囲気を壊さずにプラスαする程度の役割がnisicaの洋服に袖を
通す度に思う事です。趣味の良い服という言葉が僕自身は一番しっくりくるような気がしています。


nisicaの洋服は背景であったり特別な何かがあってデザインされているのではなく、日常着としての機能や着用した際の
雰囲気がとても大切で、言葉で説明してというよりもインスピレーションで選んで頂く方が良いのかもしれません。
いつも履いているくたっとした軍パンにビルケンシュトックを履いて、さらりと着るのが一番格好良いと思っています。
洋服を好きになるきっかけの1枚になるかもしれませんし、洋服をある程度買って着てきている方にも新鮮に映る
カットソーになるのではないでしょうか。


サイズ感はジャストサイズで着るよりもワンサイズアップくらいの着方がお勧めです。
生地が厚く風が通り難いので、カットソーと身体との間に隙間がある方が気持ち良く着て頂けると思います。
夏のスタイルとしてピッチの太いボーダーTシャツは、シンプルになりがちな服装に程よくアクセントを与えてくれますし
見た目が涼しげな所も◎です。可愛く見えてしまうのが苦手な方はパンツに古着などのクセの強いものを合わせる事で
全体が引き締まって見えてきますので、是非トライしていただければと思います。

6月17日


ohh!nisica     チャイナJKT

color         インディゴ  

price         26000+TAX

SIZE         1   /   2   /   3

擦り切れて穴が開くくらい着古したら、また同じのをもう一度買い直したくなる服であり、それを可能とする
物作りをずっと変わらずに淡々と続けるnisica。
そんなnisicaとはまたちょっと視点を変えて、毎シーズンその時の気分や閃き、服の面白さを表現するohh! nisicaの洋服。
好みははっきりと分かれるであろうフロントのデザインが特徴的なチャイナジャケットは、展示会で見た際に、
僕のアンテナにびびっと引っかかって、何年か周期でやってくる気分で着たいと思える1枚。
汎用性や機能性など理由に選ぶのではなく、単純に「今」着たい!!と思って選びましたので、そんな気持ちに少しでも
共感された方に見ていただけたら嬉しいです。僕ら世代にとっては何処か懐かしさを感じたりする方もいると思いますし
またこうして見ると、癖のある感じが捉え方によって心地よくなってきたりもします。
いつも穿いているお気に入りのデニムや軍パンに、カーディガン感覚でカットソーに軽く羽織るくらいのイメージで
肩肘張らずにリラックスした気持ちで着て頂けたらと思います。


素材は高密度に織られたコットン100%の生地にインディゴの製品染めを施しています。
スタンドカラー、チャイナボタン、左右に付いた大き目のパッチポケット、3つのディティールが合わさって
独特の雰囲気を生み出します。着方でひとつ言うとすれば、なるべくコスプレっぽくならない様にするのが重要で、
あくまでも″ファッション″という目線で着れるかどうかがこのジャケットを格好良く着熟すポイントになるかと。
遊び心を持って・・・とはよく言いますが、この服自体も気合が入り過ぎていない″抜けた感じ″が表れていますので、
ある意味、こういった感覚で着る服を選んでみる事で、洋服に対する考え方や着こなし方を柔軟にしてくれるのでは
ないかなと思っています。


身頃と袖周りなどはタイトな設定になっているので、インナーは7分袖、もしくは半袖のカットソーとの組み合わせがお勧め。
釦を全て留めて着るよりは、さらっと前開きでラフに着た方が雰囲気良く着られるかなと思います。
きちっと真面目に着ると、今にも銅鑼の音が聞こえてきそうです。それもまた良いかもしれませんが。


過去に一度だけ古着でインディゴ染めのチャイナシャツを少量だけ展開した事がありましたが、新品では初めて。
梅雨時期にTシャツだけでは肌寒くて、何か羽織りたいなと思う時にも重宝しそうですし、他に多くは見かけない
変化球的な服を、シンプルにデニムや軍パンに組み合わせたバランス感もたまには良かったりもします。
洋服は組み合わせ方と、ちょっとした意外性が生まれる瞬間があるから面白くて、何となくでも見て触れて良いなと思う、
自分なりの感覚の声に耳を澄ませて、選んで貰えたら嬉しいなと思っています。
デザイナーの大西さんの感性と感覚が表現されている洋服は、自分自身の中で広がりを持たせてくれたり
はっとさせられたり事が多く、このチャイナジャケットそんな存在になりそうです。

6月3日


nisica      パイピングシャツ長袖

color        ホワイト×ネイビー

price        18000+TAX

SIZE        1   /   2   /   3   /   4

どんより曇り空で少し肌寒さを感じる盛岡ですが、こういう日は本当に何を着ようかと迷ってしまいクローゼットの前を
行ったりきたりして、結局自分がいつも着ているシンプルな服装におさまります・・・
今日のような湿度が重たい気候の日に、丁度良さそうなシャツがnisicaから届いています。
一見すると普通のシャツに見えるのですが、良く見てみると何とも言えない面白いデザインが詰め込まれています。
素材は麻100%でつるりとした肌あたりで、風が心地よく抜けて着ていて気持ちが良いです。
最近は薄手のコットンのシャツを着る事が多かったのですが、改めてリネンも良いなと思わせてくれる1枚。
特別に何かを主張する訳でもないですし、極端に作り込みを重視している感じもしないのですが、
たった一枚の白いシャツだけでも、自然と様になる為の気の利かせ方がとても上手で、
僕自身、nisicaは趣味の良い服だと感じています。


首元はトップ釦まで締まる設定で、小さめの衿がシャツ全体のバランスを整えてくれます。
前立ての形状が2重になるような作りで、ステッチは入らないのですがボリュームが出てアクセントになります。
大きく厚みのある貝釦も前立てに負けない存在感があって◎釦などのパーツ選びのセンスも好感が持てます。
着てしまえば気付かない点だと思いますし、言われなければ分からないかもしれませんが、自然と袖を通したくなる
洋服というのはちょっとした部分に意識が届いているような気がしています。


一番の特徴とも言える部分が、後ろのテールをパイピング処理をしています。
展示会で見た時に最初は気付かなかったのですが、よくよく見えてみるとパイピングさせられて、
そのパイピングの色も3色(白・グレー・ネイビー)から選べるという遊び心。
かなり悩みましたが、折角だったら一番目立つ色が良いなと思ってネイビーとのコンビを選びました。
後ろから見た時に、トップスとボトムスの差がはっきりと分かれて面白いなと思いますし
デザイナーの柔軟な発想にも惹かれてしまいました。


サイズは1から4までのフルサイズでご用意をしています。※サイズ2は完売しています。
リネンの素材感もありますので、ぴったりなサイズよりも適度なゆとりを感じるくらいの着用がお勧めです。
風が抜けて素材のメリットを最大限に感じて頂けると思いますし、より夏らしいリラックスした雰囲気が伝わるはずです。
特別な洋服を提案しているという訳ではなく、日常に溶け込んで肩ひじ張らずに着られて格好良く決まり過ぎないのが
nisicaの良さで、なんて事ない感じでいて適度な距離感で人を引き付けたり、いつの間にか癖になって着てしまう・・・
そんな洋服だと思います。

4月28日


ohh nisica   プルオーバーベスト 

color       チャコール  

price       22000+TAX

SIZE       1   /   2   /   3


梅も桜も満開を迎えたかと思えば、明日からゴールデンウィークに突入するんですね・・・
いつもの事ですが、すっかり忘れていました。
明日から″もりおか 中津川 まち歩き スタンプラリー″通称「紺スタ」もスタート致します。
rasikuも参加しております。今回はさらに参加店も増え、スタンプエリアも拡大していますので、
ぜひゆっくり時間を掛けて街歩きをお楽しみください。
内丸エリアにいらした際には、ぜひお立ち寄りくださいませ。
今時期のお出掛けの際に、ちょっとした気温の変動に対して体温調整できて何より
重宝するのがベストの存在です。
毎シーズン欠かさずに展開をし続けているので、お客様にも徐々に浸透してきたかな?
という感じもして嬉しいのですが、ohh nisicaが作るベストは少し変わったプルオーバータイプ。
前開きのものと比べると着易さという点では多少動作が多く必要にはなりますが、
被りにしか出せない見た目とシルエットの良さがあります。
いつも着ているシャツやお気に入りのカットソーに合わせる事で、一味違った印象にもなり
洋服の幅が広がって、着こなしの面白さにも繋がりますし、なんだかベストを着ると
だらしなさが無くなる様な気がするのは僕だけでしょうか?


素材は麻100%のシャンブレーでシャリ感が強く、リネン特有のシワが表情になるので無地もしくは
ボーダーのカットソーなどに合わせるとよりベストの雰囲気が活かされると思います。
ベストの色目が渋いグレーなのでインナーの色をあまり意識せずに着て貰えるはずです。
袖を通すまでは半信半疑な方が多いのですが着てみると案外しっくりくるのがベストの
面白さであり、着合わせの幅を大きく広げてくれるアイテムだと思っています。


首元には脱ぎ着をする際に必要なスナップボタンが2つ付きます。
両サイドに付いたZIPでシルエットを調整する事が可能で、nisicaらしい遊び心を感じるディティール。
ハンドウォーマーポケットも完備しているので、気の利いた機能的な側面においても満足していただけると思います。
細かなパーツ、釦やZIPなどもマットで落ち着いた表情のものを使用しているので全体を見た際に引き締まった印象に映ります。

color       ネイビー  

price       21000+TAX

SIZE       1   /   2   /   3

もう一色はコットン100%のリップストップを用いて仕立てた1枚。
打って変わってシワが殆ど入らないぱりっとした表情が特徴で、着方によってはややスポーティーな
雰囲気にも捉える事が出来ます。太いシルエットのオリジナルの軍パンやチノとの相性は抜群です。
カットソーとの組み合わせも良いですが、インナーにシャツを合わせる事によってリップストップの生地の強さや張り感がより活かされるように感じました。更に上からジャケットやコートを組み合わせてミドルレイヤーの役割を持たせて着るのもこの素材感であれば面白いと思います。


ohh nisicaの物作りのスタンスは今の気分や着たいと思うイメージをストレートに表現をしています。
ネイビーのリップストップ素材は、見る機会が少ないので生地としても新鮮に映りましたし
春と秋の両方の季節に対応出来る懐の深さを感じています。


今日の様な不安定な天候と気温差がある時にベストの存在に助けられる事が良くあります。
自分自身でその日の気温に対して適温で洋服を着れた時は何だか嬉しくなりますし、気持ち良く1日を過ごす事が出来ます。
ベストは必ずしも無くてはならない存在かというと、そうではないのかもしれませんが
僕等にとっては、ちょっとした微かなニュアンスを上手に汲み取って、隙間を埋めてくれる
存在になり得ると思っています。それが他には無い心地よさに繋がるから面白いものです。
小さいサイズは既に欠けてしまっていますが、気になられた方はぜひお早めに。

4月1日


nisica       ガンジーシャツ

color       ホワイト

price       14000+TAX

SIZE       1   /   2   /   3   /   4

nisicaには定番という位置づけで作り続けられているアイテムが数型あります。
その中の1つに首の形状に大きな特徴がある″ガンジーシャツ″
rasikuでも毎冬にガンジーセーターを展開し続けているので、馴染のあるネーミングという方もいらっしゃるかもしれませんが
商品名にもある通り″ガンジーネック″をモチーフにしたアイテムが幾つかある中のひとつで愛嬌のある井出達が印象的。
シンプルなデザインながらも1枚で着た際にも様になるnisicaらしい不思議なバランス感と、オリジナルのディティールが柔らかに
表現されたシャツだと感じています。肩の力も抜いてくれるこの服の雰囲気は、オフの日に着る服としても最適だと
思っていますし、反対に仕事着が私服という方で、例えば接客業ですとか、相手に何か提案したり魅せる職業の方
などにも、前面に主張しないけれど何となく印象を残す服という理由でお薦めしたいという気持ちがあります。
隙の無いきちんと着合わせる服装も勿論良いですが、それとはまた違った″趣味の良い服″に袖を通すのも
年齢を重ねた方の洋服選びという点で、僕等がお勧めしていきたい提案の1つでもあります。


素材はしっかり目の詰まったcotton100%のオックスフォードを使用。
これからより気温が暖かくなるにつれて白いシャツは実用性が増してきますし、汚れたらジャブジャブ洗ってシワを残したまま
着るのも雰囲気があってお勧めです。nisican製品は全てデザイナー2人によって洗いをかけて天日干しをした状態で
送られてくるので生地の縮みも心配もありませんし、一手間を惜しまない物作りに関しても共感出来る部分があります。
着用写真は軍パンにビルケンを合わせたラフな着こなしをしましたが、人と逢う時などはチノパンに綺麗に磨かれた黒の革靴を
合わせるだけでまた全然違う印象に変わります。その際にシャツ・パンツ共にアイロンをかけて着るとカジュアルですが何処か
きちんとしたイメージを演出する事が出来るので、時々によって使い分けして頂けたらと思います。


シャツにしては大ぶりの釦が付いています。
釦1つ1つの感覚が広めに設定をされているので、裾のふり幅が大きく歩くとテールがゆらゆらとなびいてきます。
大き目のサイズ感で作られている訳ではないのですが、シャツの雰囲気からジャストで着用するよりも身頃がゆったりの
サイズ感で合わせて頂く方が″ガンジーシャツ″の特性をより活かせると思います。


サイズ展開は1から4までフルサイズで揃えています。
nisicaの洋服は性別や年齢を問わずに着る事の出来る洋服ですが、自分なりにこういったイメージで着たいというのが
あることで、nisicaの服が持つフラットな空気感が着る人の雰囲気と気持ち良く馴染んでいく様なイメージがあります。
如何にもなお洒落をしている服装とは一味違っていて、相手に与える印象も穏やかで且つ清潔感があって・・・
大袈裟に言うと、悪さを感じさせないというか信頼できる感じがするんです。あくまでも自分の感覚ですが。笑

color       ブルー

price       16000+TAX

SIZE       1   /   2   /   3   /    4 

素材違いでリネン100%を用いた鮮やかな発色の良い″ブルー″もご用意しました。
リネンならではのクタッとした質感なので、見た目がよりリラックス感のある雰囲気を楽しめると思います。
まだ気温が低いのでシャツ1枚で外は歩けないですが、5月くらいになるとリネン素材は気持ち良く袖を通せるので
重ね着をするよりもデザインを活かしたスッキリとした着方をお勧めしたいです。


カラー″BLUE”の釦は黒蝶貝の落ち着いた色目の釦に変わります。
こちらも大ぶりな釦を用いる事で見た目におていも贅沢な仕様に仕上がっています。


つい先日、とある音楽のライブを観に行った際に″ガンジーシャツ″のブルーをお選び下さった方が着用して演奏されていて、
そんな素敵な男性の姿を見た際に、着ている洋服と音を奏でている姿がとてもマッチしていて、
耳も目も、五感をフルに刺激されながらその場を楽しめました。
nisicaの洋服はデイリーウェアである事に間違いはないのですが、着る人と着て行く場所によっては様々な表情を見せる
何気なくて特別な普段着だという相反する二つの面を確認する事が出来たのも嬉しかったです。
リネンのブルーはサイズが欠けてしまっていますが、是非店頭で袖を通して貰えたらと思います。

PageTOP