8月19日


SAINT JAMES   OUESSANT

color          NEIGE        /        ECRU 

price          10000+tax

SIZE           1   /   3   /   4   /   5   /   6

color          TOURBE        /        NOIR

季節の変わり目が近づくと、必ずといって手にしてしまうものが″SAINT JAMES″のカットソー。
正直もう買い足さなくとも十分に揃っているのに、それでも欲しくなってしまうから不思議です。
ラインナップの中でもバスクシャツと言われている肉厚なコットンを用いたボートネックタイプの″OUESSANT”は
未洗いで納品の為、最初はお洗濯による縮みが出ますが着用をしていて型崩れも少なく耐久性に優れているので
気兼ねなく日常着として着れる事が一番の良さだと感じています。
SAINT JAMESと言えばボーダーのイメージが強いかもしれませんが、rasikuではソリッドカラーも毎シーズン
欠かさずにセレクトしています。今シーズンはシーズンカラーの″ECRU”と″TOURBE”が目に留まったので、
白と黒と合わせて4色での展開。サイズは1から6までの5サイズでご用意をしています。


お世辞にも身体に沿っているとは言えない、ざっくりとした直線的なシルエットがインポート商品ならではの良さ。
それが未だに変わらずに残っていて、何度着てもやっぱり良いなと思わせてくれる、人を飽きさせない魅力があります。
たった一枚をさらっと着るだけで成立してしまう存在感であったり、選ぶサイズや色によってその人なりの着方が
出来る点も、普遍的なアイテムの醍醐味だなと思っています。
何てことのないカットソーを格好良く着熟せるかどうか・・・着丈とパンツとのバランスであったり合わせる小物や
着る人の雰囲気なども含め、シンプルな故にごまかしが効かないというのが奥深さにも繋がってくるのだと感じます。
洋服を好きになるきっかけになるブランドでもあり、年齢を重ねても着続けたいと思えるのは完成されたデザイン
だからだと思っています。


首元はやや詰まったボートネック。
僕自身はこれ1枚で着るのが好みで、何かを重ねたりジャケットを羽織ったりする事は殆どないのですが
インナーにボタンダウンシャツなどを着て、上から重ね着をするのも良いと思います。
シャツを合わせる際にはワンサイズアップでサイズを選ぶのも良いかもしれません。


ユニフォームのようにクタクタになるまで着られる方もいらっしゃると思うのですが、また新しく同じ物を買い替えが
出来るというのも意外と重要な要素だったりします。


初めて展開する″TOURBE″は味わい深いグリーンで、色目だけで秋らしい雰囲気を出せるお勧めのカラー。
定番のカラーとシーズンのカラー、季節やその時の気分で選べるくらいの枚数を持っていたら生地への負担も減りますし
ボーダー、ソリッドとワードローブに在れば着こなしにめりはりがついて楽しめるのではないでしょうか。
ボーダーも定番色を中心にサイズが揃っていますので、秋冬のイメージを膨らませながらお気に入りのカラーを探して
頂けたらと思っています。

8月21日

IMG_6477
SAINT JAMES  OUESSANT  

color        NEIGE   

price        10000+TAX

SIZE        T1  /  T3  /  T4  /  T5  /  T6
IMG_6408

IMG_6409

IMG_6413
空を見上げると少し前までは夏空が広がっていましたが、少しずつ秋の空が顔を覗かせていて季節の移り変わりを
うっすらと目や肌で感じられる日がやってきました。
着る物も湿気を感じる日はショーツにサンダルでリラックスした服装を楽しんだり、風が心地よく感じる日は白いシャツに
革靴を履く日もあったりして、自分自身で感じ取ったその日の気分をそのままに洋服に落とし込んで着る事が
多くなったような気がしています。ファッションの目線というのも大切ですし無くてはならない要素ですが
日々変化する季節に対して、どうしたらより気持ち良く洋服に袖を通せるかが今は重要な気がしています。
IMG_6417

IMG_6418
僕自身は気温が25度くらい前後になると出番が多くなる、ワードローブに無くてはならないカットソーの1つ″OUESSANT″
まだ湿気も気温も高いので、着るのは少し先になりそうですがいつ手にしても良いと思えるアイテムです。
ボーダーのイメージが強いブランドですが、ソリッドカラーもじわじわと人気を博しております。
着方は人其々ですし、ざっくりとした直線立ちのシルエットはサイズ感やボトムスとのバランスが重要になってきます。
季節の変わり目(春夏・秋冬)に1枚ずつお気に入りカラーを増やしていくというのもお勧めで、今シーズンから
サイズ展開をT6(L~XLサイズ)まで伸ばしています。
IMG_6424

IMG_6421
肉感があって1枚着でサマになる白のカットソーは案外選択肢が少なかったりします。
透け感も殆どありませんし、何処か少し不格好な見た目も個人的には好みだったりします。
今時期は気分的にも色の落ちたデニムが好相性ですし、気温が落ち着いてきたらチノパンに黒のプレーンな革靴も
イメージが沸き易いのではないでしょうか。秋になればインクブルーのワークジャケットに合わせたいですね。

IMG_6453
color       NOIR   

price       10000+TAX

SIZE       T1  /  T3  /  T4  /  T5  /  T6
IMG_6432

IMG_6434

IMG_6441
もう一色は″ブラック″をセレクトしています。
黒のカットソーは見た目が重くなるので、あまり多くを展開をしないのですが″OUESSANT”の黒は色目が柔らかいのと
太いパンツと好相性で毎シーズン欠かさずに展開を続けています。シンプルに黒の革靴と合わせるとそれだけで十分ですし
説得力のあるコーディネートになると思います。歳を重ねる毎に着方も少しずつ変化してきていますし、それは自分の
中でしか分からない感覚的な部分で、いつだって着ていて納得出来ている様で出来てない様な感覚。
そんな事も含めて、定番と言われ続けているアイテムの深みを入荷する度に感じていたりします。
まだまだ良い雰囲気で着こなすまでは至っていない気がしますが、20代の頃に比べると薀蓄を語らずとも
肩ひじ張らずにリラックスした気持ちで袖を通しています。これからも変わらずに、力を入れ過ぎず抜き過ぎず
着続けていきたい逸品です。
IMG_6443

IMG_6445

IMG_6447

IMG_6448
まだまだ秋冬のアイテムには手が出にくいと思いますが、変わらずに作り続けられているアイテムはピンときたタイミングで
手にして貰えたら嬉しいです。ずっと買い続けていますが、それでも毎シーズン欲しくなるから何だか不思議です。
何とも言えないインポートの魅力が詰まった数少ないカットソーブランドだと思います。是非。
rasiku sasaki

4月24日

IMG_0277
SAINT JAMES    NAVAL

color          NEIGE×MARINE 

price          12800+TAX

SIZE          T0  /  T1  /  T3  /  T4  /  T5  /  T6 
IMG_0279
SAINT JAMES    NAVAL

color          NEIGE×GITANE 

price          12800+TAX

SIZE          T0  /  T1  /  T3  /  T4  /  T5  /  T6 
IMG_0211
SAINT JAMESから″OUESSANT″と並び定番アイテムとしてリリースされ続けているパネルボーダーTシャツ″NAVAL”
生地はOUESSANTと比較すると、やや薄手の素材を使用しているので今日くらい暖かな気候ですと1枚で丁度良く
過ごせると思います。僕は夏場でも袖をぐるっと捲くって着ていますが、特に肌触りの良さと洗濯に強い生地なので
安心感もありついつい手が伸びてしまう1枚でもあります。
特に何かを主張する訳でもなく、ずっと変わらないその井出達。
それでもこれだけ多くの人を魅了し続けるものには理由があると思います。
完成されたデザインだと思いますが、決して身体に添う訳では無い直線的なシルエットを着る人自身が
自分なりに落としどころを見つけて着る服。そんな空間のある洋服だと僕は思って展開をしています。
初めての方も、そろそろ新しく新調したいなと思っている方にとってもどちらにもお勧めしたい逸品です。
IMG_0224

IMG_0225
着た感じとしては″OUESSANT”と大差はありませんが、袖がややゆったりとしていて裾にスリットが入るのが
デザインの大きな特徴で、着方をどうイメージするかによって選ぶサイズも変わってくると思います。
未洗いの生地なので当然の事ながら縮みもしっかり出ますので、ジャストサイズよりはやや大きめのサイズを
お勧めしていますが、その時の気分や好みであえてサイズを変えるのもSAINT JAMESは良いと思います。
今までとは違ったサイズにするだけで、普遍的なアイテムのイメージが良い意味で変わってくるかもしれませんし
新たな発見があって、洋服をより好きになるきっかけになるのかもしれませんしね。
僕も普段はT5を着用していますが、あえてT6でゆったり着るのも雰囲気が良いかなと想像しています。
身体に添うようなシルエットではないからこそ、サイズ感やパンツとのバランスを工夫するのがインポート商品を着る
醍醐味だと思っていますし、そんな事を繰り返しているうちに洋服を着るのが上手になっていたりするから
何だか面白いものです。ちょっとした煩わしさがあるからこそ、純粋なインポート商品は長年に渡り愛され
続けているのだろうと思っています。
IMG_0234

IMG_0228

IMG_0226

IMG_0237
以前までは殆ど1枚着としてジャケットを羽織ったりして着る事は殆ど無かったのですが、年齢も少しずつ
重ねてきた事もあって季節に合うリネンやシアサッカーなどのジャケットとの合わせを楽しめるようになってきました。
同じアイテムでも見せ方や考え方、そして着方が変わってきて今後どう着ていくのかをイメージしながら
毎年来るこの季節を楽しめたら良いなと思っています。

IMG_0231

IMG_0233

IMG_0239

IMG_0247

IMG_0255
サイズ展開は要望の多かったT6までフルサイズでご用意いたしました。
何てことのないアイテムを如何に格好良く着こなせるのか・・・これは洋服を着る上での永遠の課題のような
気がしていますが、去年より今年、今年より来年といった具合にちょっとずつ着こなしが様になってくれば
いつか自分のイメージ通りに着こなせる日がやってくると思い、今シーズンも展開をしています。
気候が良くなってきましたので、これからより活躍する1枚です。是非店頭でご覧ください。
rasiku  sasaki

4月10日

IMG_9398
SAINT JAMES    OUESSANT

color          NEIGE×TOURBE  

price          10000+TAX

SIZE          T1  /  T3  /  T4  /  T5 
IMG_9401
color       TOMETTE×INDIGO 

SIZE       T1  /  T3  /  T4  /  T5 

IMG_9402
color       MARINE×NEIGE 

SIZE       T1  /  T3  /  T4  /  T5  /  T6

IMG_9405
color       NEIGE×GITANE 

SIZE       T1  /  T3  /  T4  /  T5  /  T6
IMG_9408
color       ECRU×MARINE 

SIZE       T1  /  T3  /  T4  /  T5  /  T6
IMG_9414
color       NEIGE 

SIZE       T1  /  T3  /  T4  /  T5 
IMG_9416
color       GRIS 

SIZE       T1  /  T3  /  T4  /  T5 
IMG_9419
color       NOIR

SIZE       T1  /  T3  /  T4  /  T5 

IMG_9354
SAINT JAMESのOUESSANTが気持ち良く着れる時期が近づいてきました。
今シーズンは″NEIGE×TOURBE″と発色の良い″TOMETTE×INDIGO″の新色2色を展開しています。
赤ベースのOUESSANTは初めての展開で、一枚で着た時の存在感が抜群にありますのでデニムやチノなどに合わせて
シンプルに着て頂けたら色目がより活かされると思っています。
定番カラーに関しましては今シーズンよりサイズをT6まで伸ばして、ゆったりと着る提案もしていきたいと思っています。
その年の気分やクタクタになったタイミングで同じカラーを買い足しているSAINT JAMESのカットソー。
着方に関しても王道の合わせから、最近はニットベストなどと合わせて着るのも保温性が確保出来て新鮮な表情に映り
ずっと同じ物を着ていますが、コディネートの仕方が少しずつ変化しているのも何だか面白いものです。
普遍的なアイテムは常にお店に並んでいるので正直な所、はっとさせられる刺激が少なくなってしまうかもしれませんが
純粋なインポートの匂いがしっかりと残っている、今では希少なブランドだと捉えています。
僕自身は春と秋に届くインポートらしいパッケージを見る度になんだか確認するような気分もありますし、
洗ってみなければ分からないサイズ感は毎回どきどきさせられ、ある意味で刺激的なアイテムだと思います。
これから更に年齢を重ねて、SAINT JAMESのカットソーにLEVI’Sのデニム、足元はアメリカ製のCONVERSEで何てことない
服装かもしれませんが、それだけでなんか良いと思われる着方をしていきたいと思っています。。
IMG_9361

IMG_9365

IMG_9374
SAINT JAMESと言えばボーダーのイメージが強いかもしれませんが、ここ最近はSOLIDカラーも人気があります。
生地が厚地なのでインナーが透ける心配がなく洗濯にも強いのもメリットで、更に1枚で着た時でも素材の特性で
しっかりとした存在感が出せるというのが人気の理由だと思っています。
ボーダーを既にお持ちの方には、是非SOLIDカラーも試して頂きたいです。
SAINT JAMESのカットソーが一枚で気持ち良くきれると、季節がひとつ移り変わったなぁと感じる事が出来ます。
春の醍醐味でもある、SAINT JAMES 
買い替えも買い足しも何枚持っていても良いワードローブの中心になるアイテムだと思います。
サイズが揃っているうちに、是非お待ちしております。

rasiku sasaki

12月8日

IMG_3072
SAINT JAMES の冬の定番として忘れてはいけない肩ボタンセーター。
案外SAINT JAMESのニットの存在に驚かれる方も多くいらっしゃるので、少しずつ浸透して
いってもらえたら嬉しいです。rasikuにとってはこれから先も冬が来る度にご紹介したいアイテムです。
春夏だけではなく、冬にこそブランド本来の持ち味が堪能できるSAINT JAMESのセーラーセーターを
ぜひワードローブに加えて頂けたらと思います。
IMG_3005
SAINT JAMES   BINIC Ⅱ

color          MARINE × ECRU  

price          19000+tax 

SIZE          XS   
IMG_3008
なんとなく馴染みの有るナバルタイプのボーダー柄は、一枚でサマになる万能ニット。
重たくなりがちなネイビーやグレーといったカラーのコーディネートでも、白いラインがぱっと明るさを差し込みます。
手触りの良い上質なピュアウールを用いたセーターは、ちくちくせずに着られるのですが
糸自体はがっしりと太く強靭で、ボディの見た目と着心地のギャップにも驚かされます。
IMG_3013
風の侵入を防ぐ意味もある、きゅっと詰まった首元のデティールからは、漁師や船乗りたちの
作業着としての役割を果たしていたセーターとしての本来の機能を感じて頂けるのではないでしょうか。
個人的には詰まる首の形が大好きですが、好みは分かれるかもしれません。
サイズ表記はXSですが、ユニセックスのXSですのでレディスのMぐらいのサイズ感になります。
女性の方にゆったりサイズで着て頂ければ、そこまで苦しさも感じないのではと思いますし
デザインの特徴でもある肩のボタンを開けて着る事で、見た目ほど詰まった感じにならないかと。
IMG_3016
脱ぎ着にも便利な肩ボタンは、決して目立ちすぎずデザインとしてもさり気なく目を惹く部分。
IMG_3023

IMG_3025

IMG_3027

IMG_3028
裾や袖のリブもしっかりとしていて、着ていくうちにダラーンと伸びる事もありません。
IMG_3039

IMG_3036
こちらのボーダー柄の方はXSワンサイズのみ、レディスでの展開となります。
丈もやや長めなのでコンパクトに着るというよりは、ゆるっとオーバーサイズで着て頂くイメージ。
なんと言うことの無い、デニムやワイドパンツなどとサラリと合わせて頂けたら。
スカートが穿きたくなったら、ギャザーの美しい女性らしいスカートとブーツ。そしてダッフルコートを。
ベーシックなアイテムだからこそ、サイズ感やその人の着方が問われる部分でもありますが、
決して気負わずあれこれと深く考えすぎずに、困った時の頼みの綱とでも言いましょうか
これでいいや!ぐらいの気持ちで、いつものコーディネートで潔く着こなして頂きたいなと思います。

IMG_3043
SAINT JAMES   CANCALE Ⅱ

color          NAVY  

price          19000+tax 

SIZE          XS   /   S   /   M   
IMG_3048

IMG_3054

IMG_3056

IMG_3067

IMG_3057

IMG_3061
僕自身もかれこれ5年以上愛用しているセーター。
保温性とコーディネートを選ばない汎用性の高さに加え、割と雑に着てしまっているのですが殆ど毛玉が出来ないので
メンテナンス要らずな所に魅力を感じています。僕のワードローブに欠かせないニットアイテムの中にANDERSEN ANDERSENの
タートルセーター、GUERNSEY WOOLLENSのガンジーネックセーター、そしてSAINT JAMESの肩ボタンセーターのこの3つは
岩手の冬を乗り越える為に洋服と言うカテゴリーよりもどちらかというと道具に近い感覚でいつも着用しています。
3つのセーターに共通しているのはルーツや背景がしっかりとあるというもの。且つ未だに自国での生産を貫いている点も
(ANDERSEN ANDERSENは糸の質を考慮しイタリア生産)服好きには説得力があるのではないでしょうか。
SAINT JAMESはコットン素材のバスクシャツがアイコンになりがちですが、ニットのクオリティも非常に高いうえにしっかりと
インポートの雰囲気も感じて頂けると思いますので、是非店頭でご覧になってみて下さい。
素晴らしい逸品です。

rasiku sasaki

PageTOP