12月7日


MOONSTAR      GEN SUEDE

color            BROWN

price            30000+tax

SIZE             24   /   25   /   26   /   27


雨に混じって雪がちらほらと舞い散る、今日の盛岡。
やっぱり来たなという思いと、これでこそ冬という複雑な気持ちが交錯しています。
雪が振りはじめると路面状況の悪さからスニーカーを履く事が難しくなり、足元の選択肢がぐっと狭くなってしまいます。
僕自身は出来る事ならば1年中スニーカーを履いていたい気持ちがあるのですが、北東北に住んでいる限りは
12月から3月初旬頃までの約3か月間はソールの形状がしっかりとした革靴をローテーションしながら
冬道と格闘をしています・・・こればかりは仕方がありません・・
たまたま今年の春に九州に行った際に、合同展示会でふと目に留まったのが″MOONSTAR”が作る革靴。
以前にも同型のものを目にした事があったのですが、その時は表側のみの展開でスウェード素材はありませんでした。
スウェードになると全体に軽さが生じて、特にコートを着た際に見た目が重たくなり過ぎない感じが良いなと思いました。
見た目はワークブーツの様な井出達ですが、コバにステッチが無く、手に持った時にとにかく軽い。
冬道にも対応しつつ、気楽に履けるブーツを提案したいと思っていたタイミングにぴたりと当てはまりました。
早速、昨日の夜に降り積もって溶けかけた雪の上を歩いたり、走ったりと履き心地を含めてテストしてみましたが
想像をしていたよりも雪に対してぎゅっとグリップが効いて、冬靴としての機能性は十分に持ち合わせていると感じました。
機能性だけを追い求めてしまうと、洋服と合わせた際に見た目のバランスがどうしても崩れてしまう事が多いので
MOONSTARが作るGENはファッションという目線と機能性の両面を持ち合わせた素晴らしいシューズだと思います。


ラストはウエストのシェイプがなく、トゥにかけて丸くてボリュームを持たせた、サービスシューズや
ポストマンシューズを彷彿とさせるシルエット。
この手の革靴はグットイヤーウェルト製法もしくはステッチダウン製法が用いられる事が多いのですが
スニーカーをメインにしているメーカーならではの作りで、コバにステッチが入らないマッケイ製法とダイレクト製法とを
ミックスさせた珍しい作り方を採用しています。
コバにステッチが入らない事によって、靴全体がすっきりとした雰囲気にまとまって良い意味で男らしい無骨な雰囲気を
軽減し、スニーカーの様な感覚で履けるブーツは今まであまり見た事が無かったのでとても新鮮に感じています。


アイレットは4つ。靴紐は蠟引きのコットン平紐が付きます。
ソールとアッパーの繋ぎ目には木製の中底で繋ぎ合わされていて、ブーツの重厚な雰囲気を損なわずにいる点も◎


インソールはコルクソールを採用し、時間の経過と共に自分の足型に沈み込んできます。
ソールはMOONSTARがオリジナルで開発している凹凸のあるスポンジソールで、軽さとグリップ力に富んでいます。
接地面が広いので足裏で地面をしっかりと掴んでいる感覚があり、それは雪道にも効果を発揮し
冬靴としての機能をしっかりと果たしてくれるはずです。履き易さを優先すると紐靴ではなくスリッポンタイプに
どうしても甘えがちですが、紐靴にしか出せない雰囲気があるので、何足かをローテーションさせるのがお勧めです。
ソール交換はもちろん可能で、ある程度のタイミングで綺麗にしながら長く付き合って頂きたいです。
※ソール交換は1万円で交換の期間は大よそ2か月間になります。

茶のスウェードの靴は、カジュアルな服装には申し分ない相性の良さです。ミドルカットのブーツは裾から入ってくる                                    雪を防いでくれますし、足元を気にせずにガンガン歩けるのも気に入っている理由です。

元々は登山系のブーツやワークブーツなども好んで履いていたのですが、今の生活には少々オーバースペックに感じてしまい、ここ数年は殆ど履かずに過ごしていました。ようやく自分のライフスタイルに合うブーツが見つかったと思いました。         足が痛くなったり革靴の重厚な雰囲気が苦手という方にも、逆に靴好きな方にも、どちらにも気に入って履いて頂ける靴だと思っています。冬を楽しく過ごす為の1つの道具として、新しい靴を手にしてみるのも良いのではないでしょうか。

11月29日


今シーズン、rasikuが提案したいと思っていたセーターがシェトランドセーターの中でも毛足が
もじゃもじゃっと起毛した″シャギードッグセーター″と呼ばれる保温性がより高いとされる1枚。
今回初めて展開するニットメーカー″Shetland Woollen Co.″はシェットランド諸島に1970年代から
2000年代初頭まで30年近くシェトランドセーター専門店として早くからシャギードックセーターを
扱っていたショップでしたが、現在は閉店。ショップは無くなりましたが、現在も生産はシェットランド島で
行われており、当時のオリジナルレーベルとして復活しました。
展示会で見た際に、やっと自分が想像していたシャギーセーターに出逢えたと思って興奮したのを覚えています。
表面の毛足が長く如何にも動物のようなムクムクっと見た目で、糸がぎっちりと密に織られている事、
チクチクせずに軽くて暖かいという物を求めていたのですが、全ての条件にぴたっと当てはまるセーターでした。
シャギードッグセーターの成り立ちは、元々漁師達が保温性と海からの海水を少しでも弾かせる為に
スコットランドの国花であるアザミの棘を使い表面を引っ掻く事で空気の層を作り機能性を高めたとされています。
現在は薬品を用いて起毛をさせたり様々な手法が用いられていますが、Shetland Woollen Co.は
オニベニバナ(アザミの一種)の球果を乾燥させたものを専門のマシーンに取りつけて表面を起毛させています。
昔ながらの製法を守り続ける事によって、抜群の保温性と着心地を体感する事が出来ます。
冬の寒さから少しでも身体を守る為に、自然から恩恵を受けるカタチで植物を用い、創意工夫によって
シャギードッグセーターは生まれ現在に至るまで、沢山の人に愛用をされ続けています。

Shetland Woollen Co.    Crew Neck Cardigan

color       Medium Grey

price       25000+tax

SIZE       XS     /     S

color       Tudor

SIZE       XS     /     S

デザインはクルーネック・ベスト・カーディガンの3種をセレクトしましたが、先ずは丸首のカーディガンタイプ。
サイズ展開はXS・Sの2サイズのみで、女性に提案したいと思ったカタチになります。
フロントに釦のみのシンプルでミニマムなカーディガンは、インポートらしい潔いデザインに惹かれてセレクト。
時期によってはアウターカーディガンになるくらいの保温性があり、汎用性の高さもポイントです。
色目は着回しの効くグレーとはっきりとしたカラーで目が奪われるレッドの2色展開。
丸首のデザインを最大限活かすのであれば、インナーはシャツ合わせも良いですがクルーネックやモックネックなどの
カットソーが特にお勧めです。ベージュやネイビーのコートを着た際にインナーにちらりとレッドを覗かせると
着合わせの巧さを感じるのは私だけではないはず・・・
汎用性で選ぶのも良いですし、思いきって明るい色を着るのもお勧めです。


袖を通して先ず感じる事は、しっかりとした肉感のあるボディと軽さに驚かされます。
ぎっしりと詰まった暖かなセーターもありますが、そのモノ自体が重かったりするので懸念する方もいらっしゃると
思います。シャギードッグセーターは空気の層で保温性を高めているので考え方が全く違う製法になります。
シルエットは良い意味で野暮ったさが残るボックス型で、袖周りがゆったり設定されているのでインナーとの相性を
考えずに着れる点も◎です。着ていればセーターなので毛玉も出来ますが、元々のボディが起毛しているので
あまり神経質にならずに済むのではないでしょうか。


裾・袖のテンションはきつ過ぎず丁度良い設定。
釦はボディと同系色の大き目の猫目釦がフロントに8個付きます。
釦裏はテープでしっかりと補強をされているので、開け閉めを繰り返しても負けないしっかりとした作りです。


私達も早速セーターを着ていますが、特に寒い日に自然と手が伸びる冬の主役の1枚と既になっています・・・
軽くて暖かいというのが、年齢を重ねるにつれて良さをしみじみと実感していてShetland Woollen Co.を着た事で
シェットランドセーターの奥深さと面白さをより実感出来るきっかけになりました。
色んな事が物凄い速さで進化し続けていく世の中ですが、自然界に生きる動物や草木に備わっている特性を理解し、
獣毛の美しさを最大限に生かしながら保温性を高める事に特化したセーターの製法をこれからも途絶えること無く、
後世にも受け継いでいって欲しいなと思える、そんな素晴らしい1枚だと思います。
クルーネックとベストはまた後日にご紹介をしたいと思いますので、どうぞお楽しみに。

11月18日


Rocky Moutain Featherbed    SIX MONTH CARDIGAN

color       BLACK

price       43000+tax

SIZE       36    /    38    /    40    /    42    /    44

color       OLIVE

SIZE       36    /    38    /    40    /    42    /    44


昨年の厳しい寒さを経験して、今シーズンは「暖かさ」という部分に特化したアイテムを提案したいと思っていました。
パンパンにダウンが入ったボリュームのあるダウンジャケットではなく、薄くダウンの入った″インナーダウン″と呼ばれる
アイテムが気になりました。室内にいる事の多い自分自身の生活の中にも取り入れ易く、使い勝手も良く
ジャケットやコートのインナーにも出来、季節によってはアウターにもなる汎用性の高さが何よりもポイントです。
先にレディスでも紹介をしました″Rocky Moutain Featherbed″から、6カ月の間着用することを想定して作製された
″SIX MONTH″シリーズのカーディガンタイプをセレクトしました。
ベストも使い勝手が良いのですが、袖が付く事でアウターとしての要素がより強く加味されます。
車移動の多い方や近所のお買いものなど長時間外に出ないのあれば、これ1枚で十分に保温性を確保出来る機能があります。
カラーは″BLACK”と″OLIVE”の2色で、サイズは36から44までの5サイズをご用意いたしました。
36・38あたりのサイズは女性が着れますので、是非お試し頂きたいです。


″SIX MONTH″シリーズの最大の特徴として挙げられるのは、縦のキルトでダウンジャケットが作製されている点。
通常縦キルトで作る場合、ダウンが下に落ちてきてしまう為に難しい製法とされていて、横キルトを採用するメーカーが
殆どなのですが″Rocky Moutain Featherbed″は最高品質のポーランド産のホワイトグースダウンを使用する事により
縦キルトでもダウンが落ちてこない作りを実現しています。
縦のラインにする事で、見た目がすっきりする点と最高品質のダウン(860フィルパワー)を入れているので
着ていないと錯覚するくらいの圧倒的な軽さと、暖かさの2つをしっかりと確保しています。


素材に使用しているナイロンはダウンの抜けが最小限になるように極細の糸を超高密度に織り上げたオリジナルの
ナイロンタフタを使用。細い糸ですが打ち込みを強くする事でしっかりと張りと程良いぬめりを感じる素材です。
首元はVネックとクルーネックの中間を取った様なデザインで、インナーにシャツ・クルーネックのスウェットに
フードなど、どれを合わせても納まりの良いバランスになります。
僕はクルーネックのスウェットを夏場以外の3シーズン愛用するのですが、冬はウールのセーターに比べると
圧倒的に保温性が劣ってしまいます。それでも着たいのでスウェットの上にジャケットやダウンベストなどを重ねたりも
していたのですが、もう少し気軽に着れて保温性がしっかりと確保できる羽織物をここ数シーズン探していました。
ダウンの入った袖付のカーディガンは、これから更に気温が低くなる冬本番のシーズンには無くてはならない存在に
なりそうですし、コットン素材の一重と二重のコートも季節を問わずに着れるようになる点もインナーダウンの強みの
1つになるのかもしれません。


旅行や出張の際に、岩手を出発する時のあの張りつめた空気と氷点下の身震いする程の気温から、着いた先との
温度差に服装を迷ってしまうという事が多々あります。重たいコートを着て行くと邪魔になるのが嫌で薄手の羽織を
着て行くのが殆どですが、1枚この手のインナーがあるだけで心身共に救われるような気がしています。
近年は様々なメーカーがインナーダウンを開発していますが、ロゴマークが変に強調されていたり、ダウンの中身が
化繊であったりデザイン性がピンとこなかったりで、シンプルに普遍的なデザインで機能性に優れたものを探すと
案外良いと思えるのが見つからなかったりします。
価格も決して安価ではないので、気軽に手を出せるものではないと思います。
僕自身は良い品質のセーターを買うのと同じ位の気持ちに捉えて頂ければ少し手が出し易くなると思いますし
インナーダウンに関しては機能性を重視して作られていると思うので、納得出来るクオリティとデザインのものを
手にしてしまえば必然的に着る機会は増えるのではないでしょうか。


マウンテンパーカーのインナーに着ると冷たい風を防いで保温性をしっかりと確保する事が出来ます。


コットンやナイロン素材のコートを冬場でも寒さを気にせずに着る事が可能です。


小さくまとめる事が出来るのでバッグに入れて持ち運びにも便利。
ナイロンという素材感も、天然素材とはまた違った良さと奥行きを出してくれるので服装の良いアクセントに繋がります。
アウトドアブランドの様なギアとしての要素ではなく、現代のファッションシーンにより溶け込みやすい
Rocky Moutain Featherbedが作るインナーダウンシリーズ。
日常使いから、アウトドア、旅行まで幅広いシーンで活躍する1枚になると思います。
暖かい冬を過ごす為の1つの選択肢としてお勧めです。

11月9日


JOHN SMEDLEY  WILLA

color         MIDNIGHT  

price         33000+TAX
 
SIZE         XS   /   S   /   M 

color         HEPBURN SMOKE

SIZE         XS   /   S   /   M

店のすぐ近くの大銀杏の木も日に日に紅葉が進み、緑、黄緑、黄、金へのグラデーションが美しく輝いて見えます。
そのうち現れるキラキラのアフロと、その後のイチョウの葉のふかふかな絨毯が楽しみだったりしています。
季節の移り変わりの早さには思わずぶるっと身震いしてしまいますが、毎年変わらずに四季折々の美しい景色に
出逢える瞬間は、少し立ち止まってでも目や耳や肌の五感を研ぎ澄ませて全身で感じていたいなと思います。


店頭では毎シーズン楽しみにして下さる方も少しずつ増えてきた様に思う″JOHN SMEDLEY″のニットが
相変わらず凛とした表情で並んでいます。
秋冬でオーダーしているのは、JOHN SMEDREYが誇る上質なメリノウールを使用したカーディガン。
毎年クルーネックのタイプを選んでいますが、実は毎回異なるフィット感やシルエットの物を選んでいます。
今回セレクトしたのは新しく展開された″WILLA″というモデル。
身頃はややゆとりがあって着丈がすっきり短めなBOX型シルエットは、今まで展開してきたJOHN SMEDREYの
どのモデルよりも良い意味でクセが無く、個人的にも好きな形でした。


着用モデル身長166cm size M
高身長でもバランスが取り易くロング丈のワンピースやスカート、ワイドなパンツなどに合わせるのにも
丁度良い身幅と着丈。それでいて小柄な方にも着易く感じるシルエットだと思います。
サイズ選びに関しても展開する型によって毎回悩むのですが今回はXSからMまでの3サイズ展開にしています。
身頃がややゆったりな分Mサイズでも程よく余裕があるように感じます。M・Lぐらいのサイズ感。
ただし腕周りに関してはそこまで広くは無いので、中に厚地の物を着ると窮屈だったりもたつきが出てしまうので
インナーは着てもシャツなどの布帛で滑りの良いものか、薄手のカットソーなどをお勧めいたします。


首元は正統派なクルーネック。きゅっとした詰まり具合も絶妙です。
釦は留めずに前は開けっ放しで羽織る様な感じでラフに着るのも好みで、シャツワンピースやノースリーブの
ワンピースなど合わせるのも良いなと思いますし、写真の様にハイネックやモックネックのニットなどに
さらりと合わせるのも素敵だなと思います。
普段使いにはちょっと緊張してしまう・・・という方も多いのですが、今回選んだ″WILLA″の特徴としては
所謂JOHN SMEDREYが得意とする30ゲージのきめ細やかな糸よりも、少しだけ太さのある22ゲージの糸を使用。
滑らかさと共にぎゅっと詰まった質感は見た目にも表れていると思いますが、袖を通した際に
より強くしっかりと感じていただけると思います。
ですので、丁寧に扱うに越したことはないのですが、自分達も自宅で洗濯もしていますし思っていたよりも
気兼ねなく普段のカジュアルな服に合わせて着ているので、着てみたい気持ちがあれば勿体無いと思わずに
ぜひ一度、極上のとろける素材に袖を通してみていただけたらなと思います。


2世紀以上に渡りハイゲージセーターの最高峰として、英国生産で作り続けられているJOHN SMEDREYのニット。
シンプル且つミニマムなデザインで、ここまで気品を感じるセーターは中々出逢う事は無いと思ってしまいます。
繊細でありながらも気取らず、日常着として生活に取り入れる事の出来る側面をきちんと合わせ持っていて
「人が着る」ことを前提に、素材に拘りそして人の手による仕上げの技術を保持し続けたニットメーカーだからこそ
今もこうして、その物の良さに共感して手にしてくれる方が多いのだなと思います。
休みの日やちょっと体が疲れている時など、肌触りの良い洋服を着て過ごしていると、その日1日がとにかく穏やかで
リラックスして過ごせたり、気持ちの部分での満足度が高いセーターになるはずです。
是非、一度袖を通して頂きたいと思っております。何度見ても素晴らしいセーターです。

10月30日


AURORA SHOES    MIDLE ENGLISH

color        BLACK

price        27000+tax 

SIZE        5H    /    6    /    6H    /    7    /    7H


今シーズンからお取扱いが始まったアメリカのニューヨーク州にあるオーロラ村で作られている″AURORA SHOES”
ぽってりとした愛嬌のあるシルエットが特徴的で、スニーカーに近い履き心地とシンプルなデザイン。
脱ぎ履きがし易いスリッポンタイプの″MIDLE ENGLISH″は、AURORA SHOESの顔とも言える一足で
一年通して愛用して履いている方もいるくらい、履き易くそして親しみ易い革靴と言えます。
紐靴には紐靴の良さがありますが、スリッポンにはスリッポンにしか出せない独特なフォルムがあるので
どちらにも偏り過ぎる事無く、洋服との組み合わせやその日の気分で靴を選んで頂けるのが理想です。
今まで″MIDLE ENGLISH″に関してはブラックのみの展開でしたが、ブラウンも入荷致しました。
冬になるとどうしてもトップスが暗くなりがちなので足元を少し軽く見せたいという時に、茶系の靴があると
重たい印象を程よく中和させてくれるので、一足でもワードローブにあると足元のコーディネート事情も
幅が広がったり、楽になったり、面白くなったりするのではないかと思います。
裏張りの無い1枚革で茶色の革靴は、時間の経過と共に色の変化が楽しめる点が愛着にも繋がってきるはずですし
新品とは全く異なる表情に変化を遂げるので、長い目でじっくりと付き合って頂きたいと思います。

color        BROWN

SIZE        5H    /    6    /    6H    /    7    /    7H   /   8


2枚の革で構成されていて、ストラップでフィッティングを調整が出来ます。
甲は低く設定されていて、横幅はDウィズで広めの作りになります。
土踏まずをサポートするようにアーチ型の設計で、ソールはVIBRAM社のスポンジ素材で長時間履いていても疲れにくく
普段使いは勿論ですが、旅行や出張などにも重宝する靴になると思います。
縦伸びは然程ありませんが、横幅は履いているうちに足のカタチに馴染んできますので少し窮屈に感じるくらいが
後々丁度良いフィッティングになるはずです。
表側にたっぷりとオイルが含まれている革を使用しているので比較的水にも強く、雨や水にあたってしまった際には
乾燥させると最初は少し固く感じるかもしれませんが、オイルをつけると直ぐに元の状態に戻りますので
気を使い過ぎずに、最低限のメンテナンスをしながら上手に革靴と付き合って頂けたらと思います。
スリッポンタイプは、大き目のサイズを選ぶと時間が経って革が馴染んできた頃に踵が抜けてしまう恐れがありまので
店頭でしっかりとフィッティングする事をお勧め致します。


きちんとした畏まった井出達のある革靴とも違い、どこかのんびりゆったりとした懐広めな革靴。
どうしてもスニーカーだとカジュアルに見えて、ほんの気持ち足元はかっちりさせたいという方にとっては
まさに痒いところに手が届く、無い部分を埋めてくれる1足だと思います。
革靴を手にした事が無いという方にも、メンテナンスのし易さや履き心地などを含めてお勧めです。


当然ながらソール交換も可能。
普通に履いた場合に大よそ2年から3年くらいでソールが減ってきてしまいます。
靴全体の型崩れも原因にも繋がりますので、こまめにチェックしながら気になる事があればご相談頂ければと思います。
当店でお預かりしてオールソールが可能です。


デニムやチノなどのカジュアルな服装には言うまでもなく相性が良いです。
秋冬になるとウールのスラックスなど、季節を感じさせる素材の出番が多くなるので外しとして合わせるのも◎
ソックスは色のあるもので組み合わせると、ちらりと見える色目がアクセントになるのでお勧めです。


夏に裸足やアンクルソックスで足首出して穿くのと、どんな靴下を合わせようかなと考えて穿くのとは、
また気分も違いますし、見た目の雰囲気も秋冬仕様に変わりますね。
ふわふわ厚地のウールソックスを穿くか、それともデザイン・柄優先にするかでサイズ選びも若干ですが
変わる事もあるので、先ずは店頭でフィッティングされるのが良いと思います。
どうぞお気軽にお声掛け下さい。

PageTOP