4月5日


AURORA SHOES  MIDDELE ENGLISH

color      DARK BROWN

price      27000+TAX

SIZE      7    /    7H    /    8    /    8H    /    9


昨年はレディースで展開をしていましたアメリカの″AURORA SHOES″ですが、今シーズンからは
メンズサイズも揃えて提案をしていこうと思います。
靴のフォルムが特徴的な″MIDDELE ENGLISH″はスリッポンタイプの革靴で、オールシーズン履けるシューズですが
洋服との合わせ方や盛岡の気候を考えると春から夏にかけての方が圧倒的に出番の増える1足。
今の時期は薄手のソックスを合わせて、夏場は素足でサンダル感覚で履くのがお勧めです。

AURORA SHOES  MIDDELE ENGLISH

color      BLACK

price      27000+TAX

SIZE      7    /    7H    /    8    /    8H    /    9   /    9H


AURORA SHOESの特徴として挙げられるディテールとして、土踏まずを曲線的なアーチを描く様に作られています。
人間本来の足に添うように作る事で、履き心地を向上させると共に足全体をサポートする役割を果たします。
スリッポンタイプなので100%のフィッティングは難しいですが、ベルトで調整が出来るので
ソックスを合わせた場合と素足の場合とで、ベルトの締め具合を変えながら履いていただくと良いと思います。


内張り(ライニング)なしの1枚革で構成されていて、オイルをたっぷりと含ませたレザーはとても柔らかく
多少の雨などであれば弾いてしまうくらい気を使わずに履けて、時間を掛けずに比較的すぐ足にも馴染みます。
ラストはスリッポンタイプという事で、甲は低く横幅は広く設定。
甲が高いと脱げ易くなってしまうので、最初に足入れした時は窮屈に感じる事が多いかもしれませんが
数日履いていれば、あっという間に解消されます。特に横幅の伸びと履き口付近の縦の伸びはありますので
つま先に0.5CMから、広くて1CMくらいの余裕を持たせるくらいのフィッティングがベスト。
冬場に厚手のソックスを合わせて履くのもなしではないのですが甲が低いので、見た目とフィッティングが
とても窮屈な印象になるのであまりお勧め出来ません。
個人的には、雪解けした春先から雪が降る前までのシーズンに履くのが良いと思います。


足元にボリュームが出るので、負けないくらいの太さのパンツを合わせるとバランスが取り易いと思います。
レギュラーからワイドシルエットのパンツとの組み合わせ方がしっくりとくるはずです。
パンツの丈に関してもカットせずに裾にたまりが出過ぎていたりすると、野暮ったい印象が増してしまうので
出来る限りすっきりとしたパンツとの着合わせが″AURORA SHOES″の雰囲気をよりアップさせるはずです。
小さな事かもしれませんが、ちょっとした事で洋服の見え方は大きく変わるので
違った角度で物事を意識をしてみるのも面白さを見つけられるきっかけになるかもしれません。


革靴と言っても、履き心地はスニーカーの様な感覚で履き難さなどは一切ありません。
ソールはビムラム社製のスポンジ素材の軽いものが付いていますので、全く重さを感じないと思います。
畏まり過ぎず、気合を入れ過ぎずに履けるというのが″AURORA SHOES″の最大の利点であり
適度にお手入れをして、ある程度の年数を履きこんでいった後の雰囲気も、また良いのです。
これから更に気温が上がり、涼し気なリネンのシャツなどに合わせて、引き締め役にもなってくれるので
スニーカー以外の選択肢でスリッポンタイプの靴を探されてる方には、おススメの一足です。

3月25日


LOCALLY    ginghamcheck stole

color        red/ivory

price        27000+tax 

SIZE        100×185 SOLD

あちらこちらで桜の開花を知らせが届いていますが、今朝も積雪&氷点下そして午後は強雨な盛岡です。
去年のBLOGを振り返ると、4月半ば過ぎまで灯油を買ってたようなので、この寒さや気温差なんかも
まだもうしばらく続きますでしょうか。
先週の定休日があまりに気持ちの良い春の気候だったので、冬に着倒したニットなどもケアして
あとはケースに仕舞う手前の状態までもっていったのですが、なんだかまだ着そうな予感がして
ただ場所を移動してニット山になったまま・・・。春、遠し~!
そんな訳で同様にウールのストール類もまだ衣替えできていない状態ですが、巻物もコットンやリネン素材が
少しずつ並びだすと、店内の空気や服にもふわっと軽やかさが生まれます。
秋冬でも大判ショールタイプが好評だった″LOCALLY″から届いたギンガムチェックのストールも
色・生地感ともにいきなりがらっと変わり過ぎずに、ゆっくりと、でも確実に春へと誘ってくれるような
そんな見た目と風合いが好みでセレクトしました。


春になるとなぜギンガムチェックが気になる・着たくなるという方・・・きっといるはずです。
いえ、決して春限定という訳でもなく好きな柄なのですが、春の初めに一度盛り上がるというか
暖かくなってきてウキウキする気持ちに合う柄なのかなと勝手に思っています。
今回選んだのは、赤すぎないピンク混じりの赤と真っ白ではなくアイボリーのギンガムチェック。
顔の近い部分に合わせる物なだけあって、明るい色がある事で顔映りが良くなったりもしますし
黒や紺、グレーなどトーンの落ち着いたベーシックなコートに秋冬は同色で組み合わせていたところを
色もしくは素材を変えただけでも見た目も気分も俄然変わってくると思います。


「布を着る」がコンセプトなだけあって、幅の広いストールは肩に掛けて背中まですっぽり覆われるため
コートの上からでもコートを脱いだあとでも、無地のカットソーにさらっとでも。
ストールでありながら、一枚服をプラスで持ってきたかの様に本当に出番が多いです。
少し前までは、大判なストールはうまく巻けなかったり嵩張るからと、敬遠されることも多かったのですが
不思議とその垣根も今ではすっかり低くなり、巻く事以外にもバリエーション豊かに身に付けたり、
取り入れる方が増えてきたように感じて、嬉しく思います。

広げると布面積の大きさがよくわかります。
縦にすればそれこそ人ひとりすっかり隠れてしまう長さだったりするので、まさに「着れる」布です。
LOCALLYの布地は素材にもよるとは思うのですが、大きさの割に扱い易いというか、とても気楽です。
巻いた時のふっくら感が程良く、顔が埋もれるほどふかふかしないですし、それでいて使い込んでいった後も
しょぼんとしたり縮んだりもせず、適度なボリューム感は保ったまま風合いはハリとしっとりが混ざった気持ち良さ。
自宅で洗濯も出来ますし、巻物というよりも布地として見ると使い道の幅も広がるので、気が付けば年柄年中
身近なところでも、意外な場面でも重宝するアイテムのひとつではないかなと思います。

color        black/ivory SOLD

色違いは癖の無い万能カラー、black×ivory
今回の柄と配色で決め手だったのが、チェックがギンガムチェックであったことと真っ白ではなく
生成っぽい色に柔らかい赤と黒のチェックだったというところ。
あと、ちりちりっとしたフリンジも良い。
比較的馴染のある柄ですし、生地もコットンリネンなので多少ハリもあって柔らかい印象になり過ぎず
どちらの色も男性女性問わず、さくっと身に付けていただけるのではないかなと思って選びました。


今日は完全にウールな巻き物に逆戻りでしたが、風は冷たくても日が暖かく差しているような日には
ふわっと軽く空気を纏ったようなストールが心地よく感じられると思います。
一枚の布が、ストール・コート・ジャケット・カーディガン・ひざ掛け替わりにと何役も努め、変幻自在です。


春の安定しない気候に合わせたコートを探すのはなかなか難しいですが、ストール類は時期的にもこれから
夏まで使える物が多くあったりしますし、実際自分達も旅や出張などえ行く際には欠かさずバッグに忍ばせて
気温調整したり、長時間の移動の際にもとても重宝します。
春コート替わり・・・とまではならないかもしれませんが、一枚アウターを手にするのと同じくらいに
実用性を兼ね備えたストールだとは思いますので、ぜひ連休前にお気に入りを探してみては如何でしょうか。

3月10日


ASAHI     TRAINER

color        GRAY

price       15000+tax

SIZE       23    /    23H    /    24    /    24H    /    25  

          25H    /    26    /    26H    /    27    /    28

中津川に来ていた白鳥の姿が見えなくなりました。
一昨日くらいにV字で空高く飛行する姿を見たのが最後だったのかもしれませんね。季節が移り変わりもう春ですね。
春になると先ず足元を軽く見せたくなるのは、きっと僕だけではないはず・・・
1970年代に大手メーカーのランニングシューズの生産を請け負った事がきっかけで、40年以上前から現在に至るまで
1つ1つ丁寧に手間暇かかる作業を、自社工場のある福岡県久留米市で行っています。
ASAHIが提案するランニングシューズは、何処か懐かしさとボリュームの出過ぎない絶妙なラストが特徴。
ミッドソールにEVA素材を採用し長時間歩いても疲れにくく歩行性に優れているのは勿論の事、ブランドロゴなどが
付かないので、ファッション性においてもスポーティーさが前面に押し出され過ぎずに洗練された雰囲気を感じます。
カジュアルな服装に合わせる以外にも、スラックスなどの綺麗目な着こなしのハズシに使うのもお勧めです。


アッパーにはスウェード素材とメッシュとを組み合わせて構成。横幅はゆったりとして甲の高さは低く設定されています。
足を入れるとミッドソールの厚さと足全体を包み込むフィッティング、踏み出すと自然と足が前に出るような感覚があり
歩いたり走ったりする事を一番の目的とした機能性をしっかりと感じて頂けると思います。
個人的には長時間履いていても疲れにくいシューズは、旅行に行く際や出張など歩き回らなければならない時に
1足持っていると本当に良かった・・・と思える事が多々あって、ファッションの一面だけに限らず
「歩く」という事に特化した靴としてもASAHIのTRAINERは、選択肢の一つにおすすめ致します。


スニーカーを沢山履いてきた方にも在りそうで無かった新鮮な表情に映ると思いますし、カジュアルになり過ぎない
大人がきちんと履けるという点も″TRAINER″の良さだと感じています。
僕のように30代後半になると、ラフ過ぎてもバランスが悪く見えてしまったり、ガチガチにお洒落をするという感覚も
少しずつ薄れてくるので、丁度良い塩梅のスニーカーは重宝するはずです。


実際に履いてみて感じた事は、パンツの裾と靴のボリューム感の納まりが良い事。
横幅の広さに対してつま先が綺麗にシェイプさせる事で、ランニングシューズにありがちな見た目の野暮ったさが
打ち消されています。ローテクスニーカーとハイテクスニーカーの丁度真ん中くらいのイメージで
洋服のスタイルを選ばずに履ける汎用性の高いスニーカーになるのは間違いありません。
今回選んだグレーは、全体を程よく中和してくれる色目なので合わせ難さはないと思います。


風が心地よく感じられるようになると、冬の間は寒さに負けて車を使って行っていた場所などにも歩いたり自転車で
行ったりしたくなります。お洒落は足元から・・・ではないのですが、履き心地が良く歩きたくなる靴があれば
外出するにも気持ちも変わってくると思いますし、更に言えば健康を保つのにも一役買ってくれるはずです。
日本が誇る機能と美を備えたASAHIが作るスニーカー。
きょうは「はじまり」を感じた一日。
何かのスタートを切る際に、新しい靴を手にするのは気持ちも引き締まり、良いのではないかなと思います。
素晴らしい靴ですので、是非店頭で実際にフィッティングしてみてください。

2月4日


SANDERS    WHOLE CUT DERBY SHOES

color        BLACK

price        50000+tax

SIZE        UK   4    /   5    /    6 


昨夜から雨が降り、今朝は暴風雨で気持ち暖かさを感じたものの午後には寒の戻りだとかで、やっぱり寒いです。
くるくる変わる天候からは、春の兆しを感じなくはないですが、そう甘くはないよということを知っています。
油断せずに、しっかり防寒してお出掛け下さい。
さて、お店はリニューアルオープンから早いもので1週間が経ちます。お祝いのメッセージや差し入れなどを
たくさんの方からいただいてしまいました。お心遣いありがとうございます!
配線が剥き出しだったフィッティングルームのライトも付いて工事もほぼほぼ完了しましたので、あとは時間とともに
より馴染んでいって、お客様がゆっくりお買い物を楽しめる場所になれたらと思います。
足を運んでいただけるだけで十分ですので、ご来店お待ちしておりますー。
こちらBLOGの方も、コツコツ日々更新していきますので、お時間ある時に覗いていただけたら嬉しいです。

イギリスで150年近い歴史を持つノーサンプトンの実力派シューズメーカー″SANDERS″
伝統的なグットイヤーウェルト製法で作られる革靴は、英国らしい質実剛健な作りですが何処かエレガントな雰囲気があり
オンとオフどちらのスタイルにも合わせる事が出来る柔軟さも兼ね備えているように思います。
今日ご紹介するのはレディースのプレーントゥタイプで、これから卒業式や入学式などの式典に行く際にソール付きの
革靴は重宝すると思いますし、軽くて履き心地も良く長時間歩いても疲れにくいというのも特徴だと思います。


アッパーにはSANDERS社のアイコンになっている表面に光沢のある″POLISHED LEATHER”を使用。
雨や雪などの水にとても強く、お手入れに関しても乾いた布で拭きとるだけなので、特に女性にとっては
取り扱いがし易いレザーだと思います。
ホールカットシューズと呼ばれる作り方で、革靴の中でもドレスシューズに用いられることの多い仕様です。
アッパーを一枚革でぐるりと包み込み踵で繋ぎ合わせていて、贅沢な生地使いで見た目の美しさと足全体を包み込むような
絶妙なフィッティングを生み出します。ステッチを表側に出さないプレーンでミニマムな井出達も革靴が本来持っている
上品な雰囲気を引き立ててくれます。


ソールはレザーソールに近い感覚のダイナイトソールを採用。
路面状況を気にせずに履けるソールの1種で、クラシックな見た目を維持しつつグリップ力のある歩行が出来ます。
冬場はどうしても脱ぎ履きがし易い靴に頼りがちですが、気分を変えたい時や、天気の良い日などは多少緊張感のある靴を
選んで履くのも、服装にメリハリがつくのでお勧めです。
アッパーとソールの使用は雪国でも十分に対応可能。特に冬場で綺麗目に履ける靴は選択肢が圧倒的に少ないと思いますので
いざの時なども含めて心強い1足になるのではないでしょうか。


まだ気温が低いのでソックスを見せて履くのには早いのですが、春の温かな日差しが感じられる頃には色のあるソックスを
足元で覗かせて黒の革靴で引き締めるのがお勧めです。服装全体をまとめる役割を果たしてくれますし、女性らしい
ワンピースやスカートなどのスタイルにもピリッとしたスパイスを加えるのに革靴は最適に思います。
カタチに関しても黒の外羽式のプレーントゥは持っていて間違いない1足なので、革靴を履いてみたいという方にも
是非挑戦して頂きたいです。


革靴は新品の状態で見ると、まっさらなランドセルを背負っているような・・・照れ臭くて気恥ずかしい気もしてしまい
そうですが、ある程度の時間が経過すると自分の足に馴染む瞬間があって、ひとつ山を越えると一気に相棒の様な存在に
どんどん変わっていきます。足元に気に入った靴があると人に逢う際や、美味しい食事を食べに行く時。
または旅行の際などにも足に馴染んだ靴があるだけで、それだけで気持ちが軽くなる程に足元は大切です。
革靴となるとそれなりの価格で気合も入りますが、丁寧に履きこんでいけば長く履き続けられますし、
愛着や気持ちの満足度がいつしか上回るはずです。
季節が変わるタイミングで、新しい靴を新調するというのも良いかもしれませんね。
オンスタイルにも履ける正統派なレザーシューズをお探しの方に″SANDERS″ 如何でしょうか。

1月8日


Rocky Moutain Featherbed    TD COAT

color       NAVY

price       65000+tax

SIZE       ONE    /    S    /    M    /    L


今シーズンの秋冬で提案をしてみたいと思っていた軽くて温かみのあるアウターやコート類。
Rocky Moutain Featherbedからリリースされている「THIN DOWN」シリーズは、軍物などに用いられることの多い
キルティング素材を中綿ではなくダウンを使って作製するという画期的なプロダクトに挑戦をしています。
素材はコットン20%・ポリエステル80%の混紡素材の高密度タフタを使用。
触るとしっかりとしたタフな生地感ですが表面には光沢があるので、軍物ベースでもどこか洗練された雰囲気が漂います。
軽くて脱ぎ着もし易く、汚れなどを気にせずに着られるので旅行や出張などに行く際にもきっと便利な1枚になるはずです。


ライナーをデザインソースにしているのでコート自体の厚みはそこまでありません。
寒さが厳しい日にはオーバーコートのインナーとしても活躍するでしょうし、保温性の高いニットを合わせて頂ければ
アウターとしての機能も十分に果たしてくれます。クルーネックなので巻物がし易く、首元から見えるインナー次第で
見た目の変化も生まれ、小物がアクセントにもなりそうです。
通常ダウンというと綿毛のふかふかとしたものを想像しますが、そのダウンを潰して1枚のシート状にする事で
薄手ながらも保温性が高く、表面にステッチを施すことが可能になり、ひょうたん柄のキルトを実現しています。
基本的に軍物のライナーは中綿を使っているので、どうしても重さを感じる事が多いのですが、贅沢にダウンを用いる事で
「軽さ」という機能性が大きく向上し、長時間着用してもストレスになり難い作りになっていると思います。


フロントは3つのアジャスターで調整が可能。
アジャスターはアシンメトリーな位置に付くことで、アンバランスなデザインを楽しんで頂きたいです。
ひょうたん柄のキルトは、表情が豊かで見た目の面白さにも繋がってくると思います。
キルティングジャケットと言えばクラシックで王道とも言えるブランドから、その他いろいろとあると思いますが、
このコートの良いなと思ったところは、ややスポーティーさも交えたデザインでインパクトのある形は最初はピンと
こなかったり袖を通すまでイメージがし難いかもしれませんが、着てみるとそのデザインの癖や着心地が
何とも後を引くような、じわじわと着てみたい欲が湧いてくるコートの様な気がしています。
ワードローブのちょうど良い隙間を埋めるような活躍をしてくれるはずです。


大き目に設定されたハンドウォーマーポケット。
袖口はスナップボタンが付きます。


変化球なアイテムではありますが、コートの種類をお持ちの方などには新鮮な表情に映るのではないでしょうか。
僕が住んでいる岩手のような寒い地域では、ある程度の保温性があり風を通しにくいコートは春先にも大いに役立ちます。
素材感に関しても冬っぽい雰囲気にはならずに、インナーの滑りも良くシルエットもゆったりとした設定になっているので
セーターやスウェットなど季節に応じて調整しながら着れるコートになると思います。
東北の冬は4月初旬頃まで続きますので、焦らずに自分に合う洋服を見つけて頂ければ嬉しいです。

PageTOP