6月13日


JHONSMEDLEY   BELSIZE

color       SILVER  

price       32000+TAX

SIZE       S   /   M SOLD   


仕事終わり店を後にして歩く帰り道がとても明るくて、どこか寄り道したりしたくなったり。
日がぐっと長くなって夏っぽさの増した盛岡ですが、油断するとぶるっと震える様な寒さが体を冷やして
ここ数日は珍しく喉・鼻の奥の方がむずむず・いがいがして怪しい兆候です。
どうぞ体調崩さないように、皆様もくれぐれもお気を付けください。
季節的には半袖も着られるけれど、温度調節が出来るアイテムはまだまだ手放せません。
ここ数シーズン展開しているJHONSMEDLEYのカーディガンは、夏場の湿気も、照りつける太陽も物ともせずに
優しく気持ち良く肌に寄り添ってくれます。
昨年の夏、そして冬とお選び下さった方が、とにかく着るから・・・とまた他の色をお求めに来て下さるのが
とても嬉しくて、そして同時にこの揺るぎ無い質と素材の良さを何度も実感するのです。


今まではクルーネックのカーディガンのみを展開していましたが、今季はクルーネックの他にVネックも
二色ご用意いたしました。
少し前にメンズでもご紹介しましたVネックカーディガン。
どことなく上品さとすっきりとシャープな印象にも見えるVネックラインは、実はお探しの方がいる割には
なかなか、これ!というデザインが無かったりで、店頭に並ぶ機会がそう多くはありません。
自分達も着たいなと思う形であれば展開するのですが、些細な首の開き方の違いでは随分とイメージが変わるので
案外妥協できないポイントにもなっています。
シルエットも細身でするりと滑らかな光沢のある素材のカーディガンなので、綺麗目な装いにも合わせる事が出来、
少し首の開いたカットソーにVネックをさらりと羽織って・・・という感じも良いなと思い、今回セレクトしました。


明るめのグレーのSILVERは、使い勝手の良さは勿論ですが、落ち着きもあり大人っぽい感じもして
インナーにインディゴや白など、夏に着たくなる色との相性も良いように思います。
また、シルバーのアクセサリーなどをちらりと覗かせても◎
上質な素材ではありますが、決して柔な服では無いので、ぜひ気兼ねなく着て頂けたらなと思います。
気持ちの良い素材だからこそ、普段の生活に取り入れていただく事で、気持ちが引き締まったり高揚したり、
ふっと目の前の世界が変わる様な感覚を、このカーディガンから感じていただけたらなと思います。

color       NAVY  

price       32000+TAX

SIZE       S   /   M 


昨年の夏から言い続けている、夏はもうこれで行こうと決めた装いの一つがノースリーブにJHONSMEDLEY。
この何にも変え難い気持ち良さと、過ごし易さを一度体感してしまったら、もう後戻りはできないと思います。
素肌に触れるコットンニットの素晴らしさ。大人って良いなと思えた瞬間です。笑
大人になって良かったなと思えた事は沢山ありますが、本当にその中のひとつだと思っています。
20代の頃には良く分からずに名前に惹かれて知ったふりして着ていた服が、無理せずに着て良いなと思えたのは
最近のことではありますが、とても嬉しい気持ちです。
値段で見ると高価なものかもしれませんが、それが自分の生活の中にあったら良いなと思えて、着てる自分を
想像してみて好きだなと思えたら、きっと価格以上の価値を見出せる特別な存在になってくれるはずと思います。


Vネックは首元の深い洋服との着合わせがより一層映えます。
大人っぽさや艶っぽさを感じるのはVネックで、着こなしに合わせて選択肢の1つとしてお勧めです。


私達もJHONSMEDLEYは、初めて袖を通した時よりも年々好きになっていますし、毎年一枚ずつ買い足したいと
思ってしまう程、欠かせない存在となっています。
勿論、素材は繊細で扱いも気を使わない訳では無いですが、憧れの存在はいざ手にしてみるととてもフレンドリーで
気さくなので、ご自宅で洗濯も出来ますし、そう簡単にへろへろっとはならないタフさも兼ね備えています。
いざという時の特別な日の服と言うよりは、普段の装いをちょっと特別なものにしてくれる服だと思います。
もしずっと気になっているという方がいましたら、まずは店頭でお試しいただけたら。
せっかくなので、触れてみる機会があるうちに、ぜひ。

4月23日


今シーズンからお取扱いが始まりましたヴァルカナイズド製法のスニーカーを生産しているシューズメーカー″ASAHI”
創業は1918年に福岡県久留米市に石橋徳次郎氏が足袋の生産をし始めたのがきっかけでした。
十数年が経ちその後ゴム製品の製造を受けるようになり、タイヤ部門を設立しブリジストンタイヤとして独立をさせた
ゴム産業を牽引してきたメーカーでもあります。日本にはヴァルカナイズド製法でスニーカーを作製出来る工場が福岡に2つ
広島に1つ合計3つ、現在稼働しているのですがその中の1つがご紹介する″ASAHI”になります。
足袋の生産技術を活かして、更に強みであったゴムという素材を掛け合わせる事でスニーカーの生産を受ける事になり
1970年代にはナイキやアディダスと言ったナショナルブランドの生産を請け負う程、技術が認めらるようになりました。
今回はプライベートブランドとして、1970年代に生産されていたデッキシューズを元にラストや素材感を忠実に再現させた
モデルで古き良き時代の物作りをツボを押さえて蘇らせた素晴らしい仕上がりになっていると思います。
カラーは王道のホワイトと洋服と合わせる事でより際立つブラックの2色をご用意いたしました。
既にサイズ欠けが出ていますが、29CMまで展開をしていますのでサイズが中々無いという方は、サイズがあるうちに
お試しください。

ASAHI    DECK SHOES

color      BLACK

price      10000+tax

SIZE      23   /   24   /   25   /   26   /   27   /   28   /   29   


今回リリースされた″DECK SHOES”の特徴として、土踏まずを削り込こんで綺麗にシェイプさせたラストが挙げられます。
歩行する際に土踏まずをしっかりとサポートする役割がプラスされて、足に張り付く様な履き心地を実現しています。
アッパーは薄手ながらも艶と張りのあるコットン100%の生地を使用。履きこんだ後に表情がクタッとなってヴィンテージスニーカーに
近い雰囲気になっていくのが想像出来ます。


ヴァルカナイズド製法のスニーカーは職人により手作業の行程が多くあり、現在主流のインジェクションモールド製法の3倍近い時間と
手間が掛かると言われています。単純に考えると非効率な生産方法と言わざるをえないのですが、
人の手が多く入る事によって、製品の完成度は勿論ですが″味わい深さ″や″雰囲気″の良さは一目瞭然です。
アメリカ製コンバースを必死で買い集めていた頃に、たまに見られたサイドテープのズレなども手作業ならではの偶然の産物で、
今では一つの味わいと捉える事が出来るから物作りはとても興味深く面白いものです。


ソールは滑りやすい甲板の上でも動きが極力制限されずに、作業が出来るという発想で開発された″スペリーソール″を採用。
現在はデッキシューズの代名詞とも言えるディティールで、一目見た感じではフラットなソールなのですが特殊な刃物でジグザグに
切れ目をいれているので、その溝に水が入り滑りにくくなる仕組みです。
街を歩いていてスペリーソールが必要かどうかは別にして、背景がある物というのは身に付けていて何となく気分も
高揚しますし、雨などで滑りそうな場所ではちょっと試してみたくなる時があります・・・(笑)


夏場は素足もしくはアンクルソックスを合わせて足元を軽快に見せる履き方がお勧めです。
盛岡で暮らしていると1年中スニーカーを履けるかというと、そうもいかないので雪が降る季節以外は
履いて頂けると思いますが、海を連想させるスニーカーなのでやはり夏のシーズンに、合う靴かと。
洋服との馴染み具合など、感覚的にしっくりくると思います。

color      WHITE

price      10000+tax

SIZE      23   /   24   /   25   /   26   /   27   /   28   /   29   


ローテクスニーカーのメリットは幅広い服装に合わせられる汎用性の高さだと思っています。
服装を邪魔したり主張をする事もなく脇役に徹してくれるので、良い物を見つけるとつい興奮してしまいます。
今回の″ASAHI”のスニーカーに関しても、ヴィンテージスニーカーを熟知したデザイナーとの共同で製作したモデルですので
スニーカーがお好きな方も、あまりキャンバスのスニーカーを履いた事がない方、どちらにも納得して頂ける1足だと感じています。


足元の選択肢も四季に応じた靴を選べたらより一層出掛けたりする事が楽しめるのではないかと思います。
オールスター型の様なキャンバスシューズはお持ちの方は多いと思いますが、デッキシューズはというと選択肢の幅が狭いと僕自身は
感じていましたので、そういう気持ちの方も少なくないはず・・・
これから気温が上がってくると、デッキシューズの見た目の軽快さが際立つはずですし涼しげな印象を与えてくれるはずです。
夏になったら男性はショーツに合わせて頂きたいですね。
キャンバススニーカーの選択肢の1つとして″ASAHI”が作る″DECK SHOES”是非お試しください。

4月16日


TOOLS   BIG DAYPACK

color      KHAKI

price      17800+tax

SIZE     42×36×16 

color      NAVY

color      BEIGE SOLD


今シーズンよりお取扱いをさせて頂いているTOOLSから、デイパックよりも一回り大きいリュックが入荷致しました。
個人的にもデイパックは何個か持っているのですが、商品名にある通りで一日分の荷物を入れる為のバッグなので
出張などに行って帰ってくるとパンパンになってしまい、容量と荷物のバランスが良くないなと感じていました。
アウトドアメーカーが出すようなハイスペックなものではなく、あくまでも日常使いに適したタフな素材でデイパックよりも容量の
大きいリュックを探していた所、たまたま目に付いたのが″BIG DAYPACK″でした。
素材はナイロン100%で、塩縮加工という特殊な加工でナイロン生地を限界まで圧縮して強さと厚みを持たせた生地を使用。
60/40クロスなどとはまた違った良さを感じる素材感です。空っぽの状態で地面においてもしっかりと自立しますし
雨や雪にも強く汚れなどを気にせずに気軽に使えるというのが最大のメリットです。


女性は手にバッグを持つという習慣があるせいかトートバックの人気が高いのですが、男性は手があくショルダーやリュックを
愛用されている方が圧倒的多数だと思います。日頃から荷物の量が多くて、日帰り出張が多くある僕のライフスタイルには
リュックは必需品で、タフに扱う事が出来て着ている洋服にもすんなり溶け込むデザインと色目も気に入っているポイントです。
3色展開ですが、どの色も素材がナイロン100%に関わらず表面の光沢などが一切なくマットで落ち着いた雰囲気で
唯一のアクセントにZIPの持ち手とハンドル部分にヌメ革のレザーを使用しています。


出し入れの多い小物類は外ポケットを利用するのも良いと思います。マチが広く設定をされているので長財布がすっぽりと
入る大きさで、出張中は財布の出し入れが多く便利で助かっています。
メインとなる収納部分には吊りポケットなどは一切設けずに、ざっくりと荷物を入れて背負う男性好みな作りだと感じています。
細々した荷物がある場合はポーチなどを使うと、よりすっきりと持つ事が出来ると思います。


デザインがクラシックなので、ナイロン素材を用いたマウンテンパーカーやフードのコートなどのアクティブなスタイルとも相性が良く
素材感なども含めて季節を問わない汎用性の高さもポイントです。
用途に応じたバッグ選びは重要だと感じていますが、日常生活を送るうえで軸となるバッグを1つ持っておくと
どのバッグで持って行こうかと迷った際に、頼りになる存在になってくると思います。


リュックを背負った際に、デイパックの場合は背中の面積に対して小ささを感じる事があったのですが、一回りサイズ感が
大きくなった事で、後ろから見た姿がバランス良く見えます。この辺りの感覚には体型などにもよっての個人差が
あると思うのですが、冬物のコートであったり羽織り物の上に背負る際には後姿がより格好良く映ると感じています。


男性に限らず女性が大きめのリュックを背負う姿も◎
ご夫婦で1つをシェアするのも良いと思いますし、1~2泊くらいの旅行に行く際にも重宝すると思います。


TOOLSのブランドコンセプトである″暮らしの為の道具″が、まさに表現された日常使いに相応しいバッグです。
店内には様々な素材や種類のバッグを並べていますが、今までとはまた一味違った目的と用途を問わない
守備範囲の広いバッグになるのではないでしょうか。
これから行楽シーズンが近づいてきますので、是非旅のお供にして頂ければ嬉しいです。

3月30日


JHONSMEDLEY   WHITCHURCH

color       NAVY  

price       33000+TAX

SIZE       S   /   M   /   L

日中の日差しが春を感じさせるのですが、朝と夜はまだ冬の顔を覗かせる洋服選びが一番難しい季節。
この時期は厚みの違うコートを数種類と保温効果の異なるインナーが無いと自分が気持ち良く過ごせないという事を
ここ3年くらいで学び、コツコツと春物を集めた事でようやく快適に過ごせるようになってきました。
もう少し気温が上がってくると必ず着用するアイテムが首元がVネックでコットン素材のカーディガン。
僕自身はインナーにシャツに合わせるよりもカットソーとの組み合わせが好みで、カットソー1枚だとどうしてもラフなイメージが
出てしまうのですが、上質なカーディガンを羽織る事で少し緊張感を演出出来て印象ががらりと変わります。
素材が持っている繊細さと力強さ、光沢があって品の良さを感じさせてくれる″JHONSMEDLEY″のカーディガンは
何となくブランド名を知っているという方が多いと思いますが、言葉では伝えきれない良さが詰まっています。
春夏シーズンは″シーアイランドコットン″と呼ばれるカシミアのような肌触りの希少なコットンを贅沢に用いています。
一度袖を通すと脱ぐのが嫌になるくらい人間が本来持っている本能がそう反応するくらい素晴らしい素材です。
レディースではここ数シーズン展開をし続けてきましたが、男性にもその価値を感じて貰えたらと思いまして
一番着回しの効くVネックタイプでカラーは″NAVY”のみをセレクトしてみました。サイズは3サイズご用意しております。


コットンニットで気になる点は洗濯を繰り返した際に素材がボソボソになって見た目が悪くなってしまう点。
洗濯機でザブザブ洗う事は出来ませんが、JHONSMEDLEYのセーターは毛玉が出来にくく耐久性にも優れていると
実際に着ていて思います。10年近く着ている物が一枚ありますがそれもまだまだくたっとならずに着用が出来ますし
ガシガシとした味を出すコットン素材とはまた違った洋服の幅を広げてくれる1枚だと感じています。
袖を通すと自然と背筋が伸びて、服に自分自身が置いて行かれないようにしゃきっとせねば!と思ったり、
何ともよい心持ちになれる、服であり存在だと思っています。
良く店頭でお聞きするのが、いつかは憧れの・・・という敷居の高いイメージを持っているという事ですが、
憧れを手にして、何より肌に触れた時の喜びや興奮は、価格以上の価値を与えてくれるんではないかと
自分達は考えますし、目の前に憧れがあるのであればそれを現実として挑戦して貰いたいという気持ちも
少しだけあったりもします。
実際に手に入れて分かる事や見えてくる事は沢山ありますし、洗濯なども自分自身でやってみると
案外難しくなく(勿論気遣いは大事)そういった経験や体験がより洋服に対しての興味に繋がったり
愛着であったり着こなし方などにも反映してくるのではないかと思っています。


カラー″NAVY”はデニム・軍パン・チノなどのオーソドックスなボトムスに対して全てをカバーしてくれる汎用性がポイントで
気温が上がると自然と白いインナーを手に取りたくなるので、ネイビーを合わせる事によって全体が引き締まります。
それと長時間の移動などでクーラーが効き過ぎている場所や空間に持って行くと本当に重宝します。
丸めてバッグに入れておくだけで、色んないざという時に対応出来そうで安心しますし、僕自身も外がいくら
暑くても新幹線や飛行機は涼しすぎる事が多いので出張の際には必ずと言って良い程に鞄に忍ばせる服の1つです。
通常のコットンよりも″シーアイランドコットン″は汗や湿気を吸収する機能に優れているのも特徴で、素材が持ち合わせている
″機能″と″美″にはただただ惹かれてしまいます。


パーツを繋ぐリンキングの処理は手作業の部分が多くあり、熟練した職人により丁寧に1つ1つ綺麗に処理されています。
見た目の美しさと着た時のストレスを感じさせない着心地も大切な要素です。
僕自身もJHONSMEDLEYのニットとFilMelangeのカットソーに一番初めに袖を通した時の感触や気持ちは今でも忘れる事は
ありませんし、洋服をより大切に着ていきたいという気持ちをより強くしてくれた気がします。


日常着としては贅沢になるのかもしれませんが、気持ち良く袖を通せる洋服は心が豊かになるきっかけに
なるはずですし、上質な素材と究極に削ぎ落とされたデザインはワードローブに残り続けていくと思います。
年齢を重ねるにつれてベーシックなアイテムは着こなしも変わってくると思いますので、時間の経過を楽しみながら
着ていただければ嬉しいです。何度見ても良い物はやっぱり良いです。

3月24日


今シーズンからお取扱いをスタートさせて頂くブランド″HATSKI″
ブランド名にある″HATSKI”はインディゴブルーの青々した空や透き通った海のような自然の色彩を彷彿させる「8月」を
テーマにデニムを中心とした物作りをしています。
職人による丁寧な縫製と柔らかい素材から生まれるデニムは、男性・女性を問わずに履きたくなる様な心地良さを
一番に考えて、暮らしの中にある当たり前の″普段着″を展開しています。
rasikuではこれまでFUJITOのデニムを中心に展開をしてきましたが、お尻周りが立体的に女性がより穿き易い
シルエットのデニムがあれば・・・と思っていたところにイメージにぴったり合ったのが″HATSKI″になります。
サイズ展開は0・1・2・3・4の5サイズ展開でジャストサイズで履くのも良いですし、あえて大きめのサイズを選んで
ウエストをぎゅっと絞ってシルエットの面白さを出すのもお勧めです。
カラーはオーソドックスなインディゴと、より深みのあるダークインディゴの2色での展開になります。

HATSKI   Loose Tapered Denim

color     ONE WASH           /           INDIGO BLACK  

price     17000+TAX                       18500+TAX

SIZE      0   /   1   /   2   /   3   /   4

HATSKIのデニムの大きな特徴として2つ挙げられます。
1つ目はLoose Tapered Denimと名付けられたデニムは、お尻周りからワタリまでゆったりと立体的なパターンで構成し
膝からしたがきつくテーパードをさせた独特の膨らみのあるシルエットで作製されていて後ろから見た際にヒップからわたりに
かけてもたつく箇所が出来て、それがシルエットの面白味に繋がっています。
もう1つは素材に15.6OZというしっかりと厚みのあるデニムを使用している点。
厚みのあるデニムですがしっかりと洗いをかけているので穿きはじめからも意外にもすっと馴染んだので驚きでした。
特有のぬめり感と張りはしっかりとあり、生地の厚さの違うデニムを何本か持っておくと季節によって
穿き分けることが出来て、最近は春の冷たい風を通さないので気に入ってしまいこればかり穿いています。
デニムの捉え方は選択肢が無数にあるので人其々に拘りがあると思うのですが、HATSKIは直球というよりも変化球の
要素があり、その中でもヴィンテージのディティールを踏襲しながら気の利いたデニムという印象を受けます。
デニムを沢山穿いてきたという方にも新鮮に映ると思いますし、新しい1本を探されている方にも一度試して頂きたいです。


カラー″ONE WASH″のタイプはフロントの仕様がボタンフライ、INDIGO BLACKはジップフライになります。
刻印がされたオリジナルの釦に隠しリベットなど本格的なディティールを用いながら、シルエットで遊びを持たせて良い意味での
ギャップがあり、一度穿いてみるといつの間にか癖になってしまう不思議な魅力を感じるデニムです。


どんな風に着ても良いのがデニムの良さでもあり、奥深さでもあると思っています。
サイズを大きくして自分がイメージするシルエットに近づけるも良いですし、丈を短くしたりロールアップで耳を見せて穿いたいりと
答えがある訳ではないですし正解もないので、自分なりの穿き方を見つけて頂ければと思います。


ゆったりとしたバランスで穿きたいと思っていたのでサイズ3を着用しています。
ウエストは大き目ですが、サイズ感を大きくする事によって出す事の出来るバランスがあると思っています。
ロールアップせずに歩くとソックスが少し覗く丈感も好みだったりします。
丈を活かして黒の革靴に赤いソックスの合わせも良いなと思っています。


もう一色の″INDIGO BLACK″は経糸にインディゴの糸、緯糸に黒糸を用いた深みと味わいのある色味が特徴。
フロントの合わせもジップアップになっていますので、より女性が好きなディティールになるのではないでしょうか。
シルエットは同様ですがインディゴ×ブラックの掛け合わせは、同じデニムでも全く異なる印象を受けます。
インディゴの染料を用いているので、色も徐々にフェードしてより青味が増してくるのも楽しみの1つです。


洋服屋を営んでいるとデニムを見たり試したりする事は沢山あって、その数ある中で何かを選ぶという作業は
自分の中にあるアンテナに余程引っ掛からない限りは展開する事が難しいアイテムだと思っています。
HATSKIのデニムは当たり前に過ぎ去っていく日常を少しでも楽しんで貰いたいという気持ちが込められているような
気がしていて、特別な洋服とはまた違った角度や気持ちで僕自身は純粋にデニムを楽しみながら穿く事が出来ています。
好みがはっきりと分かれるタイプのシルエットですし細かなディティールや色落ちなどの薀蓄よりも、独特なシルエットであったり
何となく感じる雰囲気を大切にしている方にお勧め出来るデニムです。
″HATSKI″のデニムを穿いた事で、今までとはまた違った気持ちや意識でデニムを楽しめるような気がしています。

PageTOP