3月17日


昨日の朝からの雪と冬の気温で、僕の心は完全にぽきっと折られてしまいましたが3月はまだ冬なのです。
少し気温が上がるとそれに慣れてしまって、良いことしか考えてしまうからしっぺ返しで凹んでしまう・・・
せれでも春はもう目の前に来ているので、暖かな日差しを待ちながらコツコツと前向きに頑張ろうと思う訳です。

今シーズンからお取り扱いをさせて頂く事になったカットソーブランド「moc T」
このブランドの歴史的な背景を辿っていくと1877年創業、一時期「太平洋戦争」で休止した時期があったものの
現在に至るまで130年前以上もの間、独自の発想力でモノづくりをし続けているという希少な会社でもあります。
デニムで最も有名なブランド「LEVI’S」(1853年)の少し後くらいに創業している事を考えると、ジャンルは違えど
その凄味を感じて頂けるのではないでしょうか。「moc T」を立ち上げた新内外綿株式会社が世の中にもたらした事の1つに
50年以上前に日本において初めてとなる「杢糸」を開発。その杢糸を様々なブランドが使ってグレーのカットソーを
世の中に浸透をさせてきました。グレーの中でも真ん中になる色目、僕らが良く目にする如何にもグレーらしいグレーを
「GR7」と呼ばれている色目を作り出したファクトリーが満を持して自社のプライベートブランドを立ち上げました。
その名は「moc T」と名付けられました。

以下、ブランド資料抜粋
「mocT」は染め綿や異素材の混紡など 困難とされるテキスタイルに挑戦・開発してきた 新内外綿株式会社が
発信するブランド。培った技術に受け継いだチャレンジ精神を織り交ぜ信頼感・高級感・継続性を適正価格で提供する
世界の王道ブランドを目指し、人々をより上質な生活へと導く新たなプロダクトを世界に発信します。

moc T    LONG SLEEVE PULLOVER

color     GR7

price     9800+TAX

SIZE      S    /    M    /    L    /    XL  ※XLサイズのみ後日入荷

個人的に普段から様々なブランドからリリースされたクルーネックのスウェットを愛用をしています。
着心地・素材感・ディテール・シルエットの違いが其々にあるので、色々を着比べながら理想を追い求めている最中。
「moc T」の良さは、スウェットの王道とも言うべき「グレー」の色味と究極に削ぎ落したデザイン。
色味は立体的ではなく、どちらかと言えばフラットな印象。なんてことの無い如何にもスウェットらしいスウェットは
探してみると案外見つかり難く、どうしても個々其々にブランドの個性を出そうとしてしまいがちです。
素っ気なさ、言い換えると潔い究極なシンプルさが売りで、ヴィンテージに見られるVガゼットのみがディテールとして
取り入れられています。ファクトリーブランドならではの全体的な価格帯も強みになってくると思います。


シルエットは全体的にゆったりとした設定。
今の気分を取り入れた程よく身体と生地との間に空間が出来るリラックスした着心地。
吊り編み機を用いて作製する事で、同じスウェットを作るにしても時間は通常の5倍くらい掛かってしまう為
非効率的な機械ではあるのですが、生地と生地の間に空気の層が出来て袖を通した時の肌に当たる感覚は一目瞭然です。
見た目は度詰めでぎしっとしたイメージかなと思っていたのですが、展示会で着た時の印象が大きく変わったのを
今でも鮮明に覚えています。rasikuで展開しているFilMelangeとはまた違う印象で、よりカジュアルな日常着として
ワードローブの中心になり得る1枚で重宝するのではないかと思っています。


袖・裾のリブのテンションも窮屈にし過ぎずに程良い印象を受けます。
肩線も少し落ちた位置にくるのでインナーに長袖などを合わせてもストレス無く脱ぎ着が出来
そういった細かな部分の積み重ねが着心地の良さに繋がってきます。
肉感は中肉のミニ裏毛素材で、スウェットの中では最も着る機会が多くなる素材感になるのではないでしょうか。


何処を切り取っても、クセが無くちょうど良いバランスに仕上がっている様に感じました。
クルーネックのスウェットはあれこれとひねり過ぎずに着合わせは直球でアメカジライクに軍パンやデニムが先ずはお勧め。
パンツのサイズ感やシルエットを少しゆったりさせるとトップスとの組み合わせがし易く、力の抜けた大人なリラックスした
着こなしが楽しめると思います。同じようなものを何枚持っていても買い足したくなるグレーのスウェット。
たかがグレーかもしれませんが、シンプルな物ほどそれだけ奥が深く、長い年月の間人々はその色に魅了され続け
またこの先も色々な形で受け継がれていくのだろうと思います。

moc T    ZIP UP PARKA

color     GR7

price     15000+TAX

SIZE      S    /    M    /    L    /    XL  ※XLサイズのみ後日入荷

同素材を使ったフルジップアップパーカー。
自分の中でこの素材感とシルエットだったら着る機会が多くあるかもしれないと思って選んだ1枚。
女性がワンピースなどにゆったり合わせて、マニッシュなスタイルをするのにもお勧めですし、
クルーネックのスウェットと同様に窮屈さが無く、全体的にリラックスしたムードの作りになります。


デザインは王道と言える作りで素材感・シルエット・グレーの色味で勝負をしているので、袖を通せば納得して頂ける
小細工無しのフードに映るのではないでしょうか。唯一、遊びを入れている点とすればダブルジップの仕様に
なっているので、下からインナーの色を覗かせて着る事が出来ます。


サイズ感で言うと、女性の身長が高い方であればSサイズで十分に対応が可能。
小柄な方ですと、袖丈の長さが合わないので不向きなサイズ感になってしまうかもしれません。
コンパクトでぎゅっとした着心地が苦手な方には、是非袖を通して頂きたいです。


新しくもあり、歴史のあるプロダクト。
今ではあたりまえに存在している「グレー」。きっと多くの人のクローゼットの中にある色だと思いますし
日常生活においてグレーのスウェットやパーカをユニフォームのように愛用している方も少なくないはず。
その道を作った会社が技術を集結して、新しく生み出した本物のカットソーを是非体感して頂ければと思います。
クルーネック・ジップパーカー、どちらも素晴らしい逸品です。

1月16日


ERA     CODURA DAYPACK SE

color     BLACK

price     22000+tax

SIZE     40×36.5×16


ERA     B.T DAYPACK SE

color     BLACK

price     18000+tax


頻繁に足を運ぶわけではないのですが、久し振りに行ったとある飲食店。
いつ行っても変わらずに同じ温度でお店を淡々と続けている姿にぐっときました。
遠すぎず、近すぎずの気の利いた店主の言葉と振舞いは、当たり前に感じてしまっている接客業の大切な部分を
見つめ直す良い機会になりました。本当の意味での良いお店とは・・・というのを改めて考える時間にもなりました。
翌日が定休日という事もあったせいなのか緊張が解けていつもより余計なお喋りをして、時間を忘れてしまう位の
心地良い時間。また時間を空けてプロ野球シーズンが始まる頃に行ってみようと思います。

昨年の春夏からお取り扱いが始まった「ERA」
レザーを中心にしたラインナップを展開しているのですが、デザイナーの幅広い知識と生産背景を活かしたプロダクトを
作製しています。今季はレザーアイテムの他に、新作として幾つかバックをリリース。
その中でも、メインポケットを2層に分けた機能的且つすっきりとしたデザインのデイパックに惹かれました。
色は潔く黒のみの展開。素材は3種類から選べたのですが、rasikuでは厚みがあり強度を重視たコーディラナイロンと
よりライトな生地感のブリザテックナイロンの2種類をセレクト。どちらも甲乙つけ難い素材感ですが、強さと柔らかさ
お好みの肌触りでお選び頂ければと思います。


ERAのバックパックの一番の特徴として、前述でも書きましたがメインのポケットを2層に分けている点。
完全セパレートで、メインとサブとで荷物の出し入れや整理整頓がし易くなると思います。
大きさも通常のデイパックと比較すると容量が大きく設定(23リットル)されているので、日常使いプラスαで
1泊くらいの旅行であれば十分に対応するのではないでしょうか。


ZIPはブランドオリジナルの黒のつや消しを採用。
メイン・サブのポケットにはメッシュ素材の吊りポケットが其々に付きます。
リュックを背負う長さを調整するストラップは、初めから短かめに設定されていてデザイナーの意図で
見た目がだらしなくならない位置で背負って欲しいという意味も込められています。


見た目からは23リットルも入るのが想像が出来ないくらいにすっきりとしたデザインに映ります。
ブリザテックナイロンは、超高密度のナイロンで素材自体がとても軽く撥水性にも優れた高機能素材。
コーデュラナイロンと比較すると表面がつるりとしていて、クセが少なく、シンプルなデイパックを
お探しの方にはとても使い易く、男性・女性問わずにデイリーに気軽に持つ事が出来ると思います。


特別に意識した訳ではないのですが、店内はいつも以上にリュックが充実しております。
自分自身でもリュックタイプは好きで、大きさ毎に様々なブランドからリリースされたものを使用していますが
ERAのデイパックは日帰りの出張の際に、メインポケットに頂いた資料などを入れて、もう一方のポケットには
飲み物・ポーチ・ストールなどを入れて持ち歩くのに良さそうだなと想像をしています。
バッグを1つ新調すると、それを持ってどこかへ出掛けよう!そんな気持ちが沸々と湧いてきます。
旅の理由があって選ぶのも、買ってから予定をたてるのもどちらでも良いと思うのですが、そんな風にして
お買い物するのはとても楽しいことだなと思います。
機能性と見た目の落しどころが見事にマッチしたERAのデイパック。春のお出掛けに如何でしょうか。

12月22日


MOONSTAR   SLOTH

color       BROWN

price       12000+tax

SIZE       25    /    26    /    27
  


昨日はカウンターから窓越しに、ボタボタっと大粒の雪が躍る様に降っているのを見届けながら閉店。
一夜明けてお店までの道のりは、ツルツルのアイスリンク状態で恐る恐る歩くと返って転びそうだったので
身体の中心に力を入れて颯爽と滑り切りました・・・ほんとにどこまでも凍っている道、恐るべし。
吹雪いて、凍って、晴れては溶けてと忙しない天気ですが、みなさまお出かけの際は十分に気をつけてくださいね。

一瞬にして冬道になった日でも快適に歩くために”MOONSTAR”社から新作でリリースされたマッドガードタイプの
チャッカシューズ”SLOTH”はぐるりと靴全体をテープコーティングした、雨や雪にも対応出来る全天候型のシューズ。
アッパーにキャンバス素材を用いて、テープとの境目にはスウェードを組み合わせる事で機能性と重厚感をプラス。
通常のキャンバススニーカーと比べるとソールが厚く作られているので、地面の冷たさがダイレクトに響きにくく
ウールソックスを合わせて履くと、岩手のような芯から冷えるような地域でも十分に通用する1足です。
個人的にも履き始めて1か月くらいが経ちますが、イメージしていたよりも底冷えすることもなく快適。
よっぽどの状況じゃない限り、如何にもな防寒用の冬靴というのを選ばないようにしていて、それは大半が服屋としての
勝手な意地みたいな気持ちでほぼやせ我慢しているのですが・・・まぁお勧めは出来ません。笑 
冬場でも可能であればキャンバス素材の軽快な足元でいたいなと、どうしても個人的に思ってしまいます。
そんな勝手な理想を知ってか知らずか、出逢えた靴がこの”SLOTH”でした。
撥水性が足りない場合には、アッパーに防水スプレーをかけてあげると安心感が増して良いのではないでしょうか。


アイレットは2つなので、着脱が簡単な事も嬉しいポイント。
ラストに関しては横幅は普通幅くらいで、甲の高さはミドルカットですので高めに設定。
作りはスニーカーですので履き始めから柔らかく、靴擦れになる事も余程でない限りありませんので
冬靴の即戦力としてきっと重宝するはずです。


マッドガードとは元々泥除けという意味があり、ソールと同じ素材の凹凸のあるテープがその役目を果たしてくれます。
あまりに深い雪道や悪路は別として、日常生活圏内であればグリップもしっかりと効いてくれますし
服装を選ばないシンプルなデザインも良かったりします。
旅行や出張に出掛ける際にも、行った先で雨に降られたり、逆の場合も然りですが、その時に選ぶ靴というのは
案外難しかったりするので、在りそうでない部分を埋めてくれる存在になるのではないでしょうか。


マッドガード製法の靴はアウトソールをステッチで繋がないのでコバがなくすっきりとシャープな印象を受けます。
ミドルカットのシューズはパンツの丈感をロールアップや少し短くし靴全体を見せる事で、デザイン的な側面と
洋服と靴との繋がりに統一感が生まれてしっくりとくるはずです。
パンツの丈感と靴とのバランスは切っても切り離せない関係性ですので、小さな事かもしれませんが意識をするだけで
全体の纏まりが良くなってくると思います。


多少汚れや泥などが付いたとしても、それが味わいと捉える事が出来る色目と素材感が良かったりします。
今までは冬の靴を考える時に革靴中心に模索をしてきたのですが、そうではない選択肢が広がったのは自分自身の中でも
嬉しいですし、プライス面から見ても気合を入れずに冬靴を気軽に手に取れるのは「MOONSTAR」という日本の中で
靴作りにおけるトップ企業であり、様々なノウハウの蓄積と企業努力あってこそではないでしょうか。
これからの季節にうってつけのシューズですので、是非お試し頂ければと嬉しいです。

12月20日


shetland woollen co.   CREW NECK

color     DUCKEGG

price     22000+tax

SIZE     XXS    /    XS    /    S   

明日は早く起きれそうな気がする!!と意気込んで布団にはいったのですが、どういう訳かいつもより遅い起床。
窓の外を見ると昨日まで一粒もなかった雪がしっかりと積もっていました。
だからか・・・というのも変ですが、街の動き出す音を雪が吸収してくれてぐっすり眠れてよい目覚め。
冬の早起きチャレンジはいつ成功するのか・・・。

昨年に引き続き、「shetland woollen co.」のシェットランドセーターをカラーを変えてのご提案。
セーター表面の毛を起毛させる事により、保温性を高めるという原始的な機能性を持ったシャギードッグセーター。
昔ながらの製法を現在に至るまで貫きながらシャギードックセーターを生産している数少ないメーカーの1つ。
ティーゼルブラッシャーと呼ばれる棘のある植物の実を機械に付けて表面を起毛させる方法。
非効率的な生産方法であり、現在のシャギードックセーターの殆どは薬品などを使って起毛をさせているのですが
本物と言えるのは「shetland woollen co.」を含めて数えるだけとなっています。
実際に自分達でも昨年購入して袖を通してみた感想は、今まで着てきたものとは明らかに保温性と着心地が格段に
良いという事。そして素材がとにかく軽いので長時間着ていてもストレスになり難い点がとても良かったです。
冬の定番としてワードローブに欠かせない存在になったのは言うまでもありません。
昨年は展開しなかった一番小さいXXSをご用意しましたので、小柄な方にも挑戦をして頂けるのではないでしょうか。


今季選んだ色のうちの1つ”DUCKEGG”は、淡いブルーの色目がすっきりと晴れ晴れとした気持ちにさせてくれます。
冬のダークトーンの中に光る優しいカラーは、柔らかなウールの質感と相まって”ネイビー”や”ブラック”類の
重ためになりがちなコートやジャケットのインナーとしてお勧め。
どうしても暗い色目が落ち着く季節だからこそ、明るい色の洋服は気分を変える意味でもとても重要。
自分に似合うかな・・・と思う色目でも、着てみると案外良かったという事はありますし、着れる色が増えるのは
洋服を選ぶ際の選択肢が増えるのでプラスになる事しかありません。


首・袖・裾、どのテンションも程良くて、窮屈に感じたりストレスになる事はありません。
シルエットの特徴を言えば、やや着丈が長めに設定をされている事くらいでしょうか。
お尻に掛かるくらいの丈の長さがありますので、リブのテンションを使って着丈を調節することで
其々の好みに沿った着方は出来ると思います。


毛玉が苦手な方には不向きなセーターになると思います。
むしろ毛玉が出来る事を前提に作られているセーターですので、そういった背景を楽しむのも重要ではないかと。
着用をする毎に、表面の起毛をしている部分が固まりコロンとした大きな毛玉が出来てきます。
切って整えても良いですが、保温性が下がる1つの要因になりますので必要最低限に抑えるのがベストだと思います。
くるんくるんとした毛玉を見ていると可愛らしくも見えてくるので、毛足の長いウールセーターの醍醐味と
思って楽しんでいただけたら嬉しいです。


数あるセーターの種類の中で、シェットランドセーターと言えば、はじめの1歩と言ってもいいでしょうか。
価格帯・保温性・着心地どれをとっても丁度良いバランスで、ワードローブの中心にくるような間違いのない1枚。
モコモコとしたウールの質感は季節を肌で感じさせてくれますし、毎シーズン変わる事のない普遍的なデザインは
気に入ってしまうと、色違いで集めてしまいたくなる中毒性も持ち合わせています(笑)

color     LUSH

SIZE     XXS    /    XS    /    S   

もう一色はグリーン系の”LUSH”をセレクトしました。
どちらも明るめのカラーではありますが、濃いめの深いグリーンはもみの木の色にも見えてきます。
静かな冬の森でゆっくりと呼吸しているような気持ちになる、そんなセーター。
パンツスタイルには勿論ですが、綺麗なスカートと合わせて程良く力を抜いたカジュアルなスタイルにも◎
服装を選ばない懐の深さと汎用性の高さもシェットランドセーターの魅力の1つになるかもしれません。
寒い地域に住んでいれば尚更の事ですが、保温性の高いセーターは素材違いや糸の太さによって何種類か
持っていると、気温に合わせて着るものを変えられるのでダメージが少なくなり長持ちに繋がります。
地肌に直接着るカットソーなどと違い、消耗品になり難い点もニットの特徴です。


年々様々な理由で圧倒的に数が少なくなりつつある、商業的ではなく古臭さも残るインポートらしさの残るプロダクト。
さらりと穿きつぶれそうなデニムに合わせてもそれだけで十分にサマになりますし、定番と言われ続けているアイテム
だからこそ、個人の着こなしによって様々な表情を見せてくれるはずです。
冬の本番はこれからです。目にも身体にもどちらにも温かみを感じさせてくれるセーター。是非ご覧頂ければと思います。

12月15日


J&S FRANKLIN EQUIPMENT  LIGHT WEIGHT DOWN SMOCK

color     BLACK

price     45000+tax

SIZE     S    /    M    /    L   

今シーズンのシーズンセレクトとして選んだインポートアイテムをご紹介致します。
J&S FRANKLINは1946年に創業。
ロンドンを拠点に軍需製品のマニファクチャーとして世界各国の政府や民間の警備、防衛関連の組織へ提供を続けています。
その他に軍用のシェルター・テント・キャンプ関連製品からユニフォームなどの衣類、各種装備品まで展開し
小さな家族経営で50年以上の間、モノづくりを続けています。

今回ご紹介する製品はイギリス軍が2000年代に実際に使用していたスモッグをアップデートしたモデル。
機能性とデザインに特化した1枚で、ダウンの膨らみがそこまでないのでインナーダウンとしても着用が可能で
使い方によって色々とアレンジが出来る事も人気の理由だと思っています。
オリジナルのプロダクトと一番の違いとして、中綿に使用されている化繊繊維を「J&S FRANKLIN」が
リプロダクトしたタイプは”650FP”のダウンに変更。よりナチュラルな温かみを感じて頂けるはずです。
インナーに張られているフリースを排除し、よりクオリティの高い日常着として来て頂けると思います。
カラーはあえてオリジナルと差別化をする事と、すっきりとした印象に見えるブラックを選びました。
普段、車移動が多い方でしたらこれ1枚で十分暖かいと思いますし、外に長時間出たり歩いたりする時には
風を通し難い身頃と袖周りがゆったりとしたコートと組み合わせて着るのもお勧めです。


フロントに走る4つの止水ジップがデザインとしてアクセントに映ります。
腕はラグランの仕様ですので可動域が広く、裏地は滑りの良い生地なのでインナーを気にせずに着用が可能。
お尻がすっぽりと隠れるくらいの着丈の長さがあり、微妙にアンバランスなカタチが軍物らしさを物語ます。
特に洋服好きな方にはグッとくる止水ジップや、恐らく使う事のない胸ポケットなど、ありふれた日常の中では
明らかなオーバースペック具合が心を躍らすのはないでしょうか・・・(笑)
洗練された洋服も良いなと思いますし、こういった不自然な洋服!?もどちらも同じくらい好きで、
気分で服装を変える事は多いですが、その中でもあまりに真面目に考え過ぎずに違和感を面白がる事で
見えてくることはあるなと思います。


表地は超高密度に織られた日本製のポリエステル100%を使用し日常生活の雨や雪くらいであれば問題ありません。
中綿はダウン80%・フェザー20%の割合で、ふんわりとした身体を包み込んでくれるような感覚は天然繊維ならでは。
今現在では化学繊維の進化が本当に素晴らしいと思いますが、天然素材の持ち味とはやはり別物と言えます。
その分の価格はどうしても高価にはなってしまいますが、長い目で見て着続けたいと思えたら損はしないはずです。


プルオーバータイプの洋服は、デザイン的にも被る事でしか出すことの出来ない絶妙な見え方と塩梅があると思っています。
そのデザイン的なプラスの反面で一番のネックになるのが着たり脱いだりがし難い点。
被ってしまえばほぼ完成するので逆に楽で良いのでは・・・と感じる時もあるのですが、普通に考えれば着脱の面倒臭さは
付きまとってしまう課題でもあります。今回のモノに関しては両サイドにジップが付くので、そのジップを緩める事で
脱ぎ着は圧倒的に楽になるのですが、着易い着難いには個人差があるので、デザインや攻略し甲斐のある洋服を着てみたいと
思う方に手に取っていただけたら嬉しいです。


フードは使わない場合には収納が可能。
袖口と裾にはマジックテープが付きますので、冷たい冬の風をシャットアウト出来ます。


今までは中綿入りの冬らしいアイテムを殆ど展開してきていなかったのですが、最近はあまり気にし過ぎず
自分でも良く着る機会が増えていて機能的にも優れているのは確かな事実。
素直に着てみたいと思うものに出逢えれば少しだけですがこれからも提案をし続けていきたいと考えています。
ある程度の洋服をお持ちの方には少し角度を変えて新鮮な表情に映ると思いますし、ベーシックな服装に不意に
こういった謎めいた服がぽんっと差し込まれることで面白い化学反応が起きたりもします。
サイズ展開は3サイズで着方としてはジャストではなく、ゆったりとしたイメージがプルオーバーには合うはずです。
Sサイズを女性がゆったりと着ているのも、かなり通かもしれませんが格好良いはずです。

PageTOP