3月3日


U.S.ARMY    M-65

color       OLIVE   

price       26000+tax 

SIZE       MEDIUM(L~XL相当)SOLD


今日は日中の気温がプラスになったので、雪解けが進み、街にも人の動きが感じられます。
もうそろそろ、ウールやダウンなどの重たいコートから、少し薄手のふわっと身を包むコートへと
変化させても良い季節が近づいてきているのではないでしょうか。
そんな訳で丁度デットストックで見つけた、アメリカ軍を代表するコートをご紹介致します。
フィッシュテイルと呼ばれている「魚の尾」に似たディティールを持ったモッズコート「M-65」
1960年代後半から70年代にかけてアメリカ軍に採用をされていたコートで、様々なブランドがデザインソースに
用いているコートの1つでもあり、何となく一度は目にした事があるのではないでしょうか。
極冷地でも耐えうる事が出来るスペックで、動きが制限されないオーバーコートとして着用されていたモデル。
素材はコットン80%・ナイロン20%の超高密度の平織り素材で、冷たい雨や雪にもびくともせず、
風の侵入も防いでくれます。
インナーにはナイロン素材で作製されたライナー(袖まであります)とフードが釦で取り外しが可能。
(ライナーのみデットストックではありませんがどちらもセットで付随します)
これ一枚でしっかりと保温性を保てる作りになっています。


この何とも言い難い野暮ったさがM-65コートの特徴。好き嫌いがはっきりと分かれる部分でもありますが
こういったアイテムを着こなしてこそ。という服屋としての一面を出しつつ、自分の目で見て提案したいと思う
洋服に出逢えれば、こういった形でこれからも店頭で紹介をしていきたいと思っています。
一筋縄ではいかない部分もありますが、洋服の奥深さに気付ける事もあると思うので挑戦して頂きたいです。
普段着としてカジュアルな服装から、ジャケパン、スーツスタイルまで幅広くカバー出来る点もこのコートならではで
春先でも厳しい寒さが残る岩手では、保温性と防風性を兼ね備えたコートは重宝するはずです。


厚手のセーターやジャケットを着た上からでも、ストレスなく着用出来ます。
オーバーコートとしての役割を十分に果たしてくれると思いますし、ポケットの内側にも暖かいウール素材が
張り付けられたり、現代服に通ずる細部にまで凝った作りにも納得させられます。
フロントはスナップとZIPの二重構造。
真鍮で作られた迫力あるZIPもミルスペックならではのパーツでとても魅力的です。


フードはボアが付いていますが、今回は見た目の部分で大袈裟なので外しています。
また冬になる頃に取り付けると、雪の多い地域では、このフードがきっと活躍すると思います。
ライナーは釦で簡単に取り外しが可能ですので、気温と気候に合わせた着方が出来るのも軍物らしい作りと言えます。
以前に勤めていた社長が言い続けていた言葉が「オリジナルに勝るプロダクトは無いと・・・」
自分自身もなんとなく分かっていた様で分かりきれていなかった、その言葉の本質が、年齢を重ね色々な洋服に触れて
実際に着てみる事によって、より心に響く様になってきました。
オリジナルをただ着ればそれで良いという考え方ではなく、少しでも理解しようとして着ると、より一層
古い新しい関わらず洋服の意味を考えるようになり、それが着方の楽しさや引き出しの1つとして感じて頂ければ嬉しいです。
現代の洋服と如何にマッチさせながら着れるかが、僕自身が一番好きなスタイルでもあり醍醐味だと思っています。
名作と言われるコート、ぜひ袖を通してみてください。

1月30日


U.S.NAVY   All Weather Coat

color     DARK NAVY

price     11800+tax 

SIZE      34L(S~M)     /    36R(M~L) SOLD 


僕自身も10年近く愛用をし続けている、春・秋・冬の3シーズン対応可能なU.S.NAVYのレインコート。
年代は恐らく2000年代初めくらいの比較的新しいもので、状態はデットストック。
一度洗いをかけて太陽干ししたので古着の特有の匂いなどはなくなっていると思います。
細身すぎずに程よいシルエットのコートは、オン・オフを問わずに着用が出来る点と、とにかく汎用性の高さ、
どれだけ着てもへこたれないタフな生地感が特徴。。
表地は超高密度に織られたコットン×ナイロンの混紡素材で、多少の雨や雪であればばっちり弾きます。
軍物らしく機能性とミニマムな作りで、それでいて流行り廃りのない普遍的なデザイン。
思うようなコートが見つからず中途半端に妥協して選んでしまうよりは、価格帯も含めて断然にお勧めです。
インナーには簡単に取り外し可能なライナーフリースが付属するので、そこまで厚手のニットを着込まなくても
寒さの厳しい地域でも十分に冬を越せるくらいのスペックを兼ね備えています。
春先はライナーを取り外してインナーに明るい色のシャツやクルーネックのスウェットを組み合わせて
冷たい風を防ぐスプリングコートとして活躍してくれるはずです。
カラーはダークネイビーで、黒に近い紺色は服を選ばず、とても着易い印象に映るのではないでしょうか。


フロントの釦はトップ釦以外は比翼になり、首元には小ぶりなチンストラップが付きます。
襟は大き目に設定されているので、立てて着る事で首元の保温性が保たれて、風もしっかりと防いでくれます。
着丈はどちらのサイズ共に膝がギリギリ隠れるくらいの長さで、足さばきの邪魔になることもないですし
デイリーウェアとしての条件をしっかりと満たしてくれる1枚になると思います。
釦を全て閉めて着るのも良いですが、やや野暮ったくみえてしまうので、上の釦を1つか2つくらい留めて
あえてAラインのシルエットにしてインナーを少し覗かせて着るのが個人的にはお勧めです。
元々ざっくりとした直線的でその野暮ったさが良くもあるコートですが、上記の様に着る事で幾分軽やかに見え、
他にはバッグや靴など身に付ける小物を、ハイテクな素材やデザインのものを組み合わせる事で、
コートとのギャップが生まれて、より良さが引き出されると思います。
コート自体の作りやスペックは申し分ないですが、現代服のような身体に寄り添うようなパターンで
作製されている訳ではないので、着る人の捉え方によって少し工夫があるとより格好良く見えてくるはずです。


ハンドウォマーポケットは貫通式で、ジャケットへの直接アクセスが可能。
バックスタイルはセンターに深くスリットが入るので、コートを着たまま車を運転する際にも動きが制限されにくいので
いちいち脱いだり着たりをしなくても問題ありません。
出張や旅行などに行く際にも、服装が変わっても合わせ易いというのはポイントで、インナーも取り外しが出来るので
気候によって温度調整できると言うのは結構嬉しかったりします。
急な雨などにあったりしても、びくともしないタフなコートは、きっと出掛ける度にその万能さに気付くと思います。


何年も前に、僕自身もたまたま古着屋を何件もハシゴしていて見つけたアメリカ軍のレインコート。
年代は少し古いタイプでしたが、当時は何となく雰囲気が良くて、ジャケットを着た上からでもスムーズに着れる事に
惹かれて購入しました。雨や雪の日にとにかく出番が多く、流石に10年近く着ているので生地が少し擦り切れてきましたが、
それでも未だに良く着ているコートで、汚れても気にせずにヘヴィーに着れる事が着続けている理由かもしれません。
コートは目的によって保温性であったり、素材であったり選ぶ視点を変えて、何種類か持っておくと良いと思いますが、
汚れても気にせずに着れる。という用途で一着持っていると出掛ける際の選択肢の幅が広がります。
あえて整いすぎていない洋服を着てみる。ということも、案外今までにない自分に出会うキッカケになるかもしれません。
まだまだ寒い日は続きます。万能なコートを手にしてみては如何でしょうか。

1月28日


U.S.ARMY   US AIR CREW Liner Jacket Nomex

color       OLIVE

price       7500+tax 

SIZE       SMALL/SHORT     /    MEDIUM LONG  

今日は目覚めた瞬間の肌が触れる空気の感じで幾分、寒さが和らいだなと思い、さらには家で使用している
ファンヒーターの温度計が何日か振りに二桁になり、歓喜しました・・・洗面所は凍結したままですが(笑)
毎日、ほんの少しずつではありますが太陽の日差しが嬉しかったり、野菜や果物など春の気配を感じたり、
着実に季節は進んでいると思えることがあると、やる気が起きますね。
とは言え、まだまだ寒さは続きます。良いタイミングで暖かい羽織物が入りましたのでご紹介致します。
年代は恐らく90年代後半から2000年代くらいの比較的新しい時代に、アメリカ空軍で着用されていたジャケットに
付属するライナーコート。程良いボリューム感と現代服としても通ずる整えられたシルエットが魅力の1枚です。
元々はインナーで使用するアイテムですが、インナーとして着るとモコモコになってしまうので、
rasikuの提案としてはアウターとしてざっくりと着て貰うのがお勧めです。
車移動の方でしたらミルスペックなので保温性は十分。今時期からコート代わりとして着て頂けます。
もう既に冬物にも飽きてくるタイミングだと思いますし、見え方に変化が生まれると同時に面白さがあり、
手が伸び易い服といっても良いのではないでしょうか。
※コンディションはデットストックの物に一度洗いをかけた状態になります。


素材はアメリカのデュポン社が開発した、NOMEX(ノーメックス)と言われる難燃焼性の特殊素材。
消防などの出動服にも提供をされている素材から、その機能性が想像して頂けると思います。
触れた感じはコットンに近い肌触りで、チープな感じは全くありません。
見た目よりも保温効果に優れていて、中途半端なアウターを着るよりも断然暖かさがある様に思います。
軍物ならではの、シンプルに削ぎ落としたデザインと機能性を追求した作り。
ひょうたんの様なカタチのキルトも、決して狙って作られた訳ではないのですが、古着ならではの偶然性が、
良い意味でのアクセントになるので、そういった点も好みです。


袖周りもライナーにしては太すぎずにナチュラルなシルエットで、よくありがちな歪さは感じません。
袖のリブも冷たい風をシャットアウトしてくれるので、嬉しいディティールになるのではないでしょうか。
インナーに関しては、中肉のセーター位まではストレスなく中に着て頂けると思います。
首元のVゾーンも開きすぎずで、タートルネックやストールなどの巻物も好相性で、もう少し気候が良くなれば
クルーネックのスウェットやフードとの組合わせもお勧めです。
ライナーはまず外側・内側どちらにも一切ポケットが付かないので、ついポケットに手を入れる仕草をしてしまいますが
その辺はご愛嬌。ハイテク系のナイロン素材リュックやショルダーバッグでスタイリッシュな印象に着るのも◎
帆布などの天然素材との組み合わせも、どちらにも相性が良いはずです。


サイズは2サイズ展開。
SMALL/SHORTは実寸でS~Mくらいの体型の方に合うサイズ感で、着丈がすっきりとしています。
MEDIUM/LONGは実寸でL~XLくらいサイズ感で、モデルが着用しているサイズはMEDIUM/LONGになります。
新品、古着、価格などに関係なく物としてフラットな目線で、自分の直感を素直に信じて、良いと思った物を
取り入れていけるようになりたいと思いながらセレクトをしています。
軍物は機能性と必要最低限に削ぎ落とされたディティールとが相まったアイテムが沢山あり、全てが良いという訳では
ないのですが、自分の中では切っても切り離せない色々な事を気付かせてくれる大切な要素だったりもします。
手持ちの洋服に組み合わせて、今までとは少し違った着方や着こなしを楽しんで頂けたらと思っています。

1月9日


HAEREY    CREW NECK VEST

color       NEW NAVY

price       14000+tax 

SIZE      36   /   38 SOLD         

color       GORSE FLOWER

SIZE      36   /   38

color       TUDOR

SIZE      36   /   38

雨ではじまる火曜日。今日から本格的に仕事始め!という方も多いのではと思います。
rasikuはすでにいつもの落ち着きを取り戻し、のんびり穏やかな(静かな)人の流れとなっていましたが、
三連休中もご来店頂いたお客様と新年のご挨拶を交わしたり。何気ない時間がとても嬉しく感じます。
先週からスタートを切っている方も、今日からはじまる方も、元気に良い一週間をお過ごしください。
さて、店内はまだまだ欠かせないニットやウール素材の服が充実しています。
先日BLOGでご紹介した、スコットランド産のシェットランドセーター ”HARLEY” メンズに限らず
レディスでも毎シーズン展開しているセーターになります。
今シーズンは定番の型のクルーネック以外にも、タートルネックセーターとカーディガン、
そして本日ご紹介するベストの4型をご用意しました。個人的にもクルーネックセーターは毎年一色二色、
買い足しているほど着る頻度も多く、とても気に入っているセーターの一つ。
今年は他の型も試してみたいと思って選びました。どの型も色やサイズが少し欠けてきてしまっていますが、
セーターが買い替え時かも・・・となっている方には、どれもお勧めですよ。


多種多様なベストを展開しているので、シンプルなニットベストが返って新鮮に映ります。
首元はやや高めの設定で、きゅっと詰まったデザインはシャツと組み合わせると納まりが良く見えます。
身頃も着丈も全体的にすっきりとしたシルエットのベストなので、ジャケットや薄手の羽織の下に着ても
着膨れせず、嵩張りを気にせずに着られます。
サイズは36/38の2サイズ展開。モデル身長166cmで着用サイズは38です。
サイズ36で女性のS~Mサイズぐらい、38でM~Lぐらいのサイズ感になります。


シェットランドセーターの良さは何と言っても豊富なカラーバリエーションと、発色の良さだと思います。
どうしても明度が低くなりがちな季節だからこそ、綺麗な色を取り入れたいという気持ちが湧いてきて
せっかくなら普段中々選ばない色でも、ニットなら何だか着れるんじゃないかなと思えます。
着用しているのは″GORSE FLOWER″
写真では柔らかな黄色に映っていますが、もう少し色目ははっきりとしたまさに花のような鮮やかな黄色。
メンズライクにシャツとデニムにも合いますし、チェックのスカートなどの合わせも可愛らしいと思います。


もう一色挿し色にお勧めのカラー″TUDOR″
鮮やかなというよりは、深みのある落ち着いた赤なので、着た時の印象も浮ついた感じになりません。
ジャケットのインナーがシャツだけでは、ちょっと物足りない時もニットベストはとにかく重宝します。
赤やピンクはネイビーとの相性がいいので、選ぶ物が紺色ばかり・・・という方にはぜひ赤をポイントに
取り入れて見ては如何でしょうか?

表面がやや起毛した、シャギードックの様な風合いも良いです。
今回初めて選んだ型でしたが、このウールの質感がとても良かったのです。


シェットランドセーターは、何を着ようかと困った時にシャツを合わせたりクルーネックのカットソーを
着る様な感覚で肩も凝らずにセーターが楽しめるので、セーター入門編としては必要不可欠な存在。
自分達も毎年次の冬はどんな色の気分かなと想像して選ぶのが毎年の決まりごとの様になっています。
程良い厚みのセーターは、まだもう少し先まで着ていただけると思うので、ぜひ色を取り入れて
長い冬を楽しく乗り切っていただけたらと思います。

1月7日


HAEREY    CREW NECK CHUNKY KNIT(2PRAY) 

color       TUDOR             /          NEW LAWN

price       16800+tax 

SIZE      38   /   40   /    42          38   /   40  /   42

color       THERAPY             /          NEW NAVY

SIZE      38   /   40   /    42          38   /   40  /   42

color       MEDIUM GRAY           

SIZE      38   /   40   /    42          

1929年に創業し現在に至るまで、スコットランドで良質なシェットランドセーターを作り続けているブランド”HARLEY”
rasikuでも毎シーズン展開をしているセーターの1つで、カットソーの様に気軽に着れて軽さの割に保温性があること、
何より、豊富なカラーバリエーションは見るのも着るのも楽しくなる。そんな特徴を持つニットです。
メンズで展開しているのは、2PRAY(糸を通常は1本の所を2本に増やした)タイプで、通常展開している
シェットランドセーターの約2倍の厚みがあります。保温効果も高く重ね着をしても着膨れしない程度の厚みなので
上に着るコートも選びませんし、ある程度年数を重ねても糸が痩せにくいというのもメリットとして挙げられます。
今シーズンは明るめのカラーを2色とアンニュイな色目の″THEPY″が特にお勧めです。
少しずつ買い足して、ベーシックなカラーと明るいカラーを使い分けて着て冬の着こなしを楽しんで貰いたいです。


肩口はラグランスリーブを採用。可動域が広く着易い印象を受けます。
首元はややスタンドになっていて、インナーにブロードのチェックシャツなどを合わせるのも良いと思います。
白やブルーのオックス素材も良いですが、着る際に摩擦で滑りが悪くなってしまので滑りの良い素材がお勧めです。
シェットランドセーターは新品の状態も良いですが、何年か着ていくうちに袖や裾のリブのテンションが緩くなり
表面の糸の起毛が無くなってくる頃が一番格好良いと思っています。
僕自身は8年前くらいに買ったシェットランドセーターが一番のお気に入りで、シンプルにリーバイスのデニムや軍パンに
白のサーマルをインナーに合わせて着るのがしっくりきます。少しくたっとしたセーターの表情が何とも言えません。
普遍的なスタイルかもしれませんが、こういった良い意味で何ていう事の無いふつうの服を肩肘張らずに気負わずに、
自然な着方が出来るようになると良いなと常々思っています。
そういった事も含めてシェットランドセーターは僕の中では無くてはならない物の1つです。


毎シーズン、セーターの季節が終わると自宅で洗って干して次のシーズンまでしまっているのですが
自分の手で洗ったり整えたりを続けていくと、よりその物に愛着が湧くのは確かだと思います。
エイジングを売りとして謳うような事ではないのですが、時間が経つにつれてセーターが身体に馴染む感覚や、
こなれ雰囲気に見えてくるのも、結局は着ている人の物との向き合い方によって生まれるものだと思います。
ちょっとした手間かもしれませんが、時間をかけて着たり手入れをすると洋服の面白さがより膨らんで、
着方や組合わせ方、サイズ選びなど自分の引き出しの幅が増えることにも影響してくるのではないかと思います。


ネイビーとグレーを足したような色合いの″THERAPY″
何とも言えない中間色は、在りそうで無い部分をついた色目だと思っています。
着合わせもデニム・チノ・軍パンなどのベーシックなパンツとの相性は抜群です。
セーターをあまり持っていない方にもお勧めですし、ネイビーやグレーといったベーシックなカラーを
お持ちの方にも、いつもとは違った印象に映りますので挑戦して頂きたいです。


北東北の冬はこれからが本番です。
厚手の暖かなコートから、風が防げる春先のコートを着る季節までインナーとして使えるセーターですので
基本となる色や、挑戦してみたい色など気分で選んで頂ければと思います。
まだまだセーターは活躍しますよ!

PageTOP