10月28日


個人的にとても楽しみにしていた革靴が届いています。
rasikuでは初めて展開する英国ノーサンプトンで135年の歴史を持っている実力派メーカー″SANDERS”
グットイヤーウェルト製法による質実剛健な作りは、世界各地の軍や警察などタフな場面で履かれるシューズの生産を
請け負っていて、現在では30か国以上の国と地域で愛用をされています。
英国国内においても、国防総省に支給されている革靴の殆どがSANDERS製です。
100年以上も靴を作り続けている実績と信頼、生産背景などを含めてモノとしてのコストパフォーマンスや完成度が
評価されているからこそ、現在においても英国を代表する革靴メーカーとして広く認知されています。

SANDERS   MILITARY CHUKKA(別注)

color       WAXY LEATHER BLACK

price       53000+tax 

SIZE      (UK) 5  /  5H  /  6  /  6H  /  7  /  7H  /  8  /  8H  /  9
日本表記で約24.5~28.5位までご用意がございます。 


今回セレクトしたモデルは″MILITALY COLLECTION″と呼ばれるライン。
自分自身が冬場に多少の雪が降っていたとしても、気にせずにガシガシと履きたいと思える革靴をという思いから
雪に強さを発揮するミドルカットタイプ″MILITARY CHUKKA″を選びました。
本来アッパーに使用される革は光沢があって手入れ要らずの″POLISHED LEATHER″なのですが、経年変化を楽しめる点と
カジュアルな服装の際にマットな質感の方が汎用性が高いと思い、表面に光沢の無い″WAXY LEATHER″に変更。
もう1つ、雪道を想定した際にソールの重要性が増してきますので、レギュラーラインではダイナイトソールの組み合わせ
だったものをグリップ力に富んだ「リッジウェイソール」に変更をして作製して頂きました。
正直届くまでは不安もありましたが、頭の中にイメージしていたカジュアルな服装からビジネスシーンにまで対応出来
岩手の冬場の雪道にも負けない1足に仕上がりました。


ラストは20年以上前に英国国防省向けに作られていた木型を復刻させたものを使用。
ミリタリーラストと呼ばれるウエストが広く設定しているのに対して、ノーズにかけてはシャープなラインを描きます。
アイレットは6つ。シューレースは蠟引き平紐が付きます。(変え紐としてグリーンのタイプも付属)
アッパーに仕様されているカーフは中肉で、程良い硬さがあり表面にシボは殆どありません。
馴染むまでに少し時間が掛かりそうですが、その過程も革靴の楽しさと思って頂けたら嬉しいです。
綺麗な革靴というよりは、軍物のブーツを履いているくらいラフな気持ちで丁度良く感じるのではないでしょうか。
普段使いは勿論ですが、ビジネスシーンにおいても雨や雪の日などの路面状況が悪い日にセカンドシューズとして
持っておくのも心強いと思っています。


ソールはグリップ力の高い「リッジウェイソール」を採用。
「畦道」を意味するソールで、特徴として線で足を支える構造になっています。
様々な形状をした大きな凹凸が10個あり、更に1つ1つの凹凸に対して縦と横の細かな溝が掘られていて
着地すると接地面に噛んで、特に悪路に強さを発揮する仕組みです。
見た目は少しカジュアルな雰囲気になりますが、冬道を想定した場合に気象条件の厳しい地域においては
理に適ったソールと言えます。早速ですが、試運転がてら家から店までの雨に濡れたでこぼこのアスファルトの道を
歩いてきましたが、しっかりと地面を掴んでいる感覚があり、とても安心感のある履き心地に感じました。


グットイヤーウェルト製法は当然ながらソール交換も可能で、過敏になり過ぎずに丁寧に履いて貰えれば
長く付き合える靴になってくると思います。
僕自身も久しぶりに革靴らしい革靴を手にしましたが、最近はスニーカーばかり履いていたせいもあり
久しぶりでぎゅっと足を包み込む様な感覚とソールの硬さが心地よく感じられました。
正直まだ足にフィットしていないので靴擦れもありますが、そんな事も含めて革靴の良さかなと実感しています。
数年後くらいには、自分にとって手放せない1足になっていれば良いなと想像を膨らませてしています。


ミドルカットブーツの特徴を活かして、ワイドパンツの裾をロールアップしてソックスが見えるか見えないか位で
合わせる履き方が好みです。これから冬になるとトップスのボリュームが出てきますので、足元を少し軽く見せると
バランスが取り易いと思います。季節的にはウールのスラックスパンツやコーディロイ素材なども相性がいいのでは
ないでしょうか。


革靴を履くと何だか自然と背筋が伸びる感覚があります。
足元を引き締めるだけで、着ている洋服全体がすっきりとまとまりが出てくるのも何だか嬉しいです。
冬場は足元の選択肢が必然的に減ってきてしまうので、気持ちが上がったり、履き心地が良かったり
出掛ける事が楽しくなる様な、そんな靴の選択肢を増やすことができたら良いなと毎シーズン考えます。
冬の厳しい環境下の中でも、場面によっては防寒靴以外のバリエーションが必要な時もあるかと思います。
オンオフで万能なSANDERSのブーツ、ぜひご覧ください。

10月13日


LOCALLY    LAMESELVAGE STOLE

color        GREY

price        27000+tax 

SIZE        130×180 SOLD

「布を着る」というテーマに、愛知県の尾州地区で1960年代まで盛んに使用されていた旧式のションヘル織機を用いて
糸に負担を掛けない様にゆっくりと織られるLOCALLYの布地は、空気をたっぷりと含んでいるので軽くて尚且つ
保温性の高いストールに仕上がります。見た目においても古い織機ならではの雰囲気を纏っているように思います。
岩手にはホームスパンという手紡ぎ手織りの素晴らしい手仕事が今でも受け継がれて残されていますが、
肌触りなどはそれにも負けず劣らずふっくらとしていて、使えば使い込むほどに良さを実感して頂けると思います。
今時期はコート代わりにするのも良いですし、これから更に気温が低くなるとコットン素材のコートの上からストールを
羽織るように着ると保温性がぐっと増しますので気温の低い地方ではより活躍するはずです。
一枚質の良いストールをお探しの方にも勿論お勧めですし、実際に自分達も使っていて下手に薄手の羽織や
コートを着るよりも温もりを感じるので、ゆっくり織り上げられた布の持つ力は凄いなと思わされます。


大きさは130×180でぐるりと身体を包み込める大きさに設定し、両端はフリンジで処理をしています。
大判ショールなので、ストールなどの巻物ともまた違って使い道が少ないのではと思うかもしれませんが
ジャケットやコートの上から羽織るだけでも重ね着をしているような見え方にもなり、正に布を着る感覚で
身に付ける事が出来ますし、出張や旅行の際に手元にあると移動の車内などではブランケットとして使えます。
ちょっと寒いな・・・と感じる場面ではストールよりもしっかり暖かくて重宝します。
服の様に纏う側面と、手軽な防寒具としての側面、大きな布だからこその汎用性は使えば使う程感じられて、
秋になり空気が冷やりとしてきたら、いそいそと車や仕事場に置いておいて、いつでもさっと肩に掛けて
出歩けるようにしてあるくらい、手放す事の出来ない必需品のひとつです。


繊細なタッチではなく、私達が好きな型崩れがし難く多少雑に扱っても大丈夫な安心感のある素材です。
WOOL85%・NYRON15%の混紡素材で、肌あたりはとても滑らか。
薄いグレーの色目は、洋服の邪魔をする事無くすんなりと馴染んでくれると思います。


生地の端には一筋の線でラメ糸が織り込まれています。
じっくり見ないと分からない部分ですが、自分だけが満足出来るちょっとしたお気に入りポイントがあると
より一層、手に取り使うことが嬉しくなりますね。

LOCALLY    HERRINGBONE TWEED STOLE

color        YELLOW

price        30000+tax 

SIZE        120×180 SOLD

凹凸のある表情が特徴のヘリンボーンツィードを使ったストールは、より強さと重厚さが増した1枚。
様々な色が幾重にも織重なって出来た深いグリーンは、秋冬の透き通った空気感やグレーの空や白い世界など、
思い描く景色にもマッチしていて、どんな洋服と組み合わせようかと想像するのも楽しそうです。


今シーズンはブラウンやグリーンなどの深い色目が気になり、各ブランドからそういった色をセレクトしていますが
トップスとパンツ、小物などもあえて同系色でワントーンにまとめるのもお勧めです。
一見渋くなりそうですが、シルエットや些細なところのデザインで巧くにカバーしたアイテムが多いので
ベーシックな色目を多くお持ちの方にも、色の変化を新鮮に感じていただけるのではと思っています。
ネイビーやグレー、ブラックなど、トーンの落ち着いた服が多い方にはこの辺の色目をプラスすると
安定した着こなしの中に、そんな一面もあるのかと振り幅がぐっと広がると思います。

LOCALLY    COTTON TOPDYED STOLE

color      M.GREY

price      22000+tax 

SIZE       140×140

最後は正方形に作られたコットン100%のストール。
ウールと見間違えるくらい表面に光沢と艶のある上質な糸を贅沢に使用した1枚で、この大きさは男性にもお勧めです。
実際にもう1色セレクトした濃いグレーは男性に選んで頂いたのですが、ある程度年齢を重ねてくると革小物や
靴下・傘・マフラーなど、そこまで人目に付かない部分でも適度な気遣いがある方は素敵だなと思います。
大判ショールよりは埋もれる感も少なく使い勝手の良いサイズ感ですし、何よりも首が覆われているというのは
在ると無いとでは暖かさが格段に違います。それでいて肌触りの良いものに包まれていたら・・・と思うと
ただ巻物をしているだけではなく、それ以上の幸せな気持ちを体感して頂けると思います。


今日も起きた時の部屋の空気がいつもより張りつめていて、見れば気温は一桁。
本当の意味での″寒さ″を感じる気候になってきました。
日中はバッグに忍ばせておいて、帰りにぐるぐると首に巻いたりコートの様に羽織ったりと
その時々で姿を変える、変幻自在なストールですので今までの巻物とはまた違った新しい感覚を
手にしてみてはいかがでしょうか。

10月12日


1960年代後半、ロッキーマウンテンはアメリカ、ワイオミング州のジャクソンホールで産声を上げました。
ネイティブアメリカンの英知が生み出したレザーケープを参考に、継ぎ目のない1枚革を使ったウエスタンヨークを
アイコンとしたカウボーイ向けのウェアが完成。
羽毛布団の様な防寒性・保温性を保証するダウンベストがアイコンになりましたが、1980年代後半に
ブランドは消滅してしまいました。その当時のオリジナルプロダクトを越えるリプロダクトが完成したのは2005年。
現在に至るまで進化を遂げながら、世界中の人々を魅了し続けています。

Rocky Moutain Featherbed    SIX MONTH VEST CLASSIC

color       BLACK

price       29000+tax 

SIZE       9/10 SOLD

color       L.BEIGE

″SIX MONTH BEST″と名付けられた6か月間着る事を想定して作られている所謂″インナーダウン″のシリーズ。
軽さと暖かさ、ポケッタブルでコンパクトになる持ち運び易さなど、機能性を追求したダウンベストになります。
ダイヤモンドキルトと呼ばれる菱形の形状で、中のダウンはポーランド産のホワイトグースダウンを使用。
ダウンパックは使用せずに直接ダウンを入れる事で保温性と軽さに富んだ1枚に仕上げています。
昨年の冬の寒さを経験して、軽くて暖かい洋服を提案していきたいと思った時に浮かんだものが
アウターとしてのダウンジャケットというイメージではなく、インナーとしてある程度着回す事の出来る
使い勝手の方を優先したアイテムでした。
実際に昨年自分自身で1枚購入し着てみましたが、普段使いは勿論ですが出張に出掛ける際に大いに活躍しました。
メリットとしてコンパクトに持ち運びが出来る点と、一重コートの活躍する幅が大きく広がるようになりました。
1枚挟むだけで保温性はぐっと上がりますし、ナイロン素材を取り入れると見た目の軽やかさが出るのも
また新鮮に感じて頂けるのではないでしょうか。


前開きのクルーネックタイプで、ポケットは左右に付きます。
着丈はすっきりとしたバランスで、インナーの合わせはシャツも悪くないですが、デザインとの相性を考えるとカットソー
セーターなどが好相性に感じます。女性らしいワンピースにさらりと羽織るのも意外と感じる方もいらっしゃるかも
しれませんがお勧めです。


ダウンを専門に扱うブランドだけに、ダイヤモンドキルトと呼ばれる形状にもダウンが偏らずに入れる事が可能。
ロゴなどに頼り易いダウンというカテゴリーにおいて、見た目にも拘った作りの良さが表れていると思います。
外側のナイロンも光沢感の少ない、薄くて張りのある素材を採用しています。


フロントはスナップ釦に補強のテープがしっかりと貼られています。
釦は同系色で控えめに、オリジナルの刻印が入っているものの主張の激しさが無いところも好みです。


コンパクトにして持ち運ぶ際、専用の袋が付いてきます。
丸めてバックに入れておくだけで、遠出する際には安心しますし嵩張ったり重たいアウターを着ずに出掛ける事が可能です。
洋服には色々な側面があるので単に楽をすれば良いという訳ではないのですが、1つの選択肢としてダウンを取り入れる事で
自分のワードローブにもまた違った広がりが生まれ、厳しい気候条件に対しても前向きな装いが出来ると思っています。
先にも記しましたが、一枚中に挟むことで真冬でもウール以外のコートを着ることも出来ますし体温調節も素早く出来ます。
盛岡の厳しい冬を過ごす中で、洋服を楽しむ事よりも優先される事があるという事実は中々変えることはできませんが、
そういった環境の中でもちょっとした工夫や目線を変えることで、気分を晴れやかにしたり心地良く生活できる洋服があるので、
それを少しずつでも提案し続けることが、自分達の役割かなと勝手ながら思っています。
少しずつ季節は冬へと向かう中で各方面から届く暖かい服は、見ていてもそうですし袖を通すと心がほっとしますね。
ちょっと気が早いかもしれませんが、その景色はあっという間にやってくると思いますので冬支度にぜひ。

9月29日


SOWBOW     HIGH WAIST PANTS

color         INK BLACK

price         35000+tax 

SIZE          1    /    2    /    3


橋の上から中津川を覗く人の姿を見かけるようになり、盛岡の秋の風物詩の1つでもある溯上する鮭の
動向が急に気になり始めました。
秋ならではの光景を嬉しく思うと共に冬の訪れが近づいていると感じる景色でもあります。
昨日は店内の商品を秋冬物を中心に入れ替える作業を1日延々と繰り返していました。
温かなウール素材のモノが並ぶと、ぐっと冬の気配が漂うので不意にしんみりしてしまいそうになりますが
気持ちの良い気候はもう少し続くはずなので短い秋を楽しんでいきたいなと思います。
昨シーズンから展開をしている九州の物作りに特化させたブランド″SOWBOW”
マニアックな生地使いや複雑なパターン、染めの技術など、型数こそまだ多くはありませんが、だからこそ作るもの
一つ一つとの関わり方の密度が濃く、それが製品にしっかりと現れているなと、展示会で商品を見る度に
面白さや熱を感じさせてくれるブランドです。
新作でリリースされた″HIGH WAIST PANTS″は、福岡の展示会で見た際に一目惚れしました。
迫力のある佇まいと緻密に計算されたパターンと素材とが相まって、久しぶりにというと語弊があるかもしれませんが、
それくらい素晴らしい仕上がりのパンツに出逢う事が出来ました。


素材には福岡の伝統的な織り物の″久留米絣″を贅沢に使用。
じっくりと時間を掛けて織り上がられる生地は、程よく空気を纏っていて、それでいて張りとコシがあるので
触れた先から良さを実感出来る素材だと思います。素材が良いというのは、見た目の雰囲気にも明らかに違いが
出ると感じていて、ある程度時間をかけて穿き続けた後の生地の変化も含めて楽しみの多いパンツです。
シルエットに関しては、商品名にある通りハイウエスト気味に穿くとお尻周りとワタリはゆったりとしていて
膝から裾にかけて綺麗なテーパードシルエットになります。細身のパンツとは違う良さを感じて頂けるはずです。
腰などで落として穿いてしまうと、折角のシルエットの良さが半減されてしまうのでベルトなどで対応しながら
ウエストでしっかりと穿く事をお勧めします。
年齢を重ねるにつれて、お尻周りが窮屈なシルエットのパンツを段々と選ばなくなってきています。
長時間穿いているとストレスに感じてしまうのと、今の気分に合う服とのバランスがアンマッチになってきている
というのも理由かもしれません。そういった事も含めて選んだSOWBOWのパンツは、ゆとりを持たせる部分と
裾にかけての絶妙なラインが際どくなり過ぎず、かといってルーズにもならない、良い塩梅で作られているので
気楽な気持ちで穿く事が出来ます。


パンツの丈はやや短くすっきりで合わせて穿くのがお勧めです。
きつくテーパードしているので、裾にたるみや重さがない方がパンツ本来の良さを実感していただけます。
自分に合うウエストサイズも重要ですが、パンツ選びに関しては裾の長さや合わせ方も個性が出る部分だと思います。
洋服をただ着るよりも、細かいけれどちょっとした部分で良さは格段に広がりますし、当然逆も言えます。
裾の処理1つでも全く違う見え方にもなりますので、自分はどんなシルエットで穿きたいかをイメージして
パンツの裾を気にしてみていただけたら嬉しいです。


フロントは3つダーツを入れる事で、生地の膨らみを抑えて縦方向へのシルエットを作りだします。
2つのダーツは良く見かけますが、3つダーツを入れたパンツは僕自身も初めて目にしました。
フロントの仕様はZIP UPタイプで″WALDES”の爪ロック式のシルバーのジップを採用。
古着やヴィンテージウェアに精通するデザイナーらしく、控えめに洋服好きのポイントをしっかりと捉えています。


股下には可動域を大きく広げる為のディティール、ガゼットクロッチの様な仕様にしています。
目に見えにくい細部にまで作り込まれたパンツは、素材・パターン・デザインとが見事にマッチしたパンツに
仕上がっていると思います。生地が撚れたりボロボロになったとしても、古着で見かけるヨーロッパのワークパンツの様に
リペアしながらでも穿きつづけて欲しいくらいの雰囲気を持った″SOWBOW”ならではの1本に感じます。
サイズ1は女性の方にお勧めのサイズ感なので、是非お試し頂ければと思います。
モノとしての完成度の高さに納得して頂けるはずです。

8月17日


FOX UMBRELLAS   TELESCOPIC WHANGHEE HANDLE(LADY’S)

color            NAVY

price            13000+tax 

color          BLACK

price          13000+tax SOLD

color          BLACK WATCH

price          15000+tax SOLD


激しくなったり弱まったりを繰り返しながら、一日降り続いていた雨。
篭った熱を冷ますように空気は少し涼しさを帯び、屋根や道路に当たる雨の音が随分と気持ち良くて
朝からずっーと眠いです。明日からはさらに気温がぐっと下がる予報ですし、お盆を過ぎると秋風が吹く。のは
毎年変わらずなんだなと実感しています。
久しぶりの雨のタイミングで、春夏から展開している英国を代表するブランドの1つ″FOX UMBRELLAS″
元々は軍などに提供するパラシュートを作製していたという背景を活かして、丈夫で耐久性に優れた素材を用いた
ナイロン素材の傘の開発に世界で初めて成功したのが、FOX UMBRELLAS社です。
150年という長い歴史の中で、アジアなどの海外に拠点を移す事無く、創業以来変わらずに熟練の職人により
手作業と旧式の機械で仕上げる工程を貫き続けて、世界中の人々を魅了しています。
今回は女性の方に持ち運び易いサイズ感のものをオーダー。小振りなサイズ感の折り畳み傘はバッグなどに入れても
邪魔になり難く、夏は日傘としても使って頂けるのではないでしょうか。
カラーは定番のネイビー、ブラック、秋冬らしいカラーを1つと思いブラックウォッチの3色でご用意致しました。


長傘を持つ様な感覚で持って頂きたいという願いを込めて作られた、FOX UMBRELLASの折りたたみ傘は
通常の折りたたみ傘よりも、親骨の長さが58cmと長めの設定で仕上げられています。
開いた時の傘の生地の面積の広さは長傘を開いた時の様に大きくて、強い雨も傘地の表面上で飛散しない様
しっかりと受け止め、そして綺麗に傘の外へと流れ落ちるような構造は、雨具としての実用性と同じくらい
見た目の美しさまで拘り抜いた逸品だと言えます。
英国傘ならではのスマートな見た目に、重厚感のある美しい骨組みをゆっくり開けばカチカチっと気持ちの良い音が鳴り、
天然木を使用した品の良いハンドル(今回は全て素材はワンギー)を握ると、ただ傘をさしているだけなのですが
ちょっと一味違うというか、雨の中でも足取り軽く歩ける様なそんな気分に浸らせてくれます。


広げた状態の直径は100cm。手元から先までの本体の長さは、畳んだ状態で46cm。
店頭で選んで下さる方も一応サイズ違いという形でメンズ・レディスで二型の展開ではあるのですが、
女性が大きいタイプの方を選ばれたり、男性が持ち運び易さから小振りのタイプを選ばれたり、またはギフトに・・
と選んで下さる方もいたり、ずっと探していましたという話から、その方と傘にまつわるちょっとしたエピソードを
聞けるのもとても嬉しいことだったりします。


今回気に入ってオーダーした、ブラックウォッチはこれから訪れる紅葉の季節にマッチしませんか?
ベージュ、オリーブ、ネイビーの少し着丈のあるステンカラーコートと合わせて差したいです。
思わぬ雨でも動じずに、さっと鞄の中から素敵な折りたたみ傘が出せたらきっと、誰にと言うよりは
自分に対して、へへっと得意げな顔をしてしまいそうだなと思います。
そんな事などを想像すると、ちょっと憂鬱な雨の日に対する印象も変わってくるかもしれませんよ。
ぜひ一本、お気に入りの傘を手にしてみては如何でしょうか。

PageTOP