7月14日


AURORA SHOES    NEW MEXICAN

color       ブラウン  

price       25000+tax 

SIZE        6  /  6.5  /  7  /  7.5  /  8


ニューヨークの郊外にあるオーロラという小さな町で、数名の職人達の手によって作られる一足の革靴。
「オーロラシューズ」と言う名前の靴を、恐らく何かしら、何処かしらで見聞きしたことがある方や、
今までに履いた事のある方、ずっと履き続けている一足、二足があるという方がたくさんいると思います。
つい先日も10年以上前に買われたオーロラシューズをソール交換しながら履いている方に出逢いました。
大切に履かれているお客様の姿とその靴の纏う雰囲気が、共にしてきた時間の経過を物語っていました。
私達もお店をオープンして直ぐくらいのタイミングで、葉山の現在の店舗に移転する前の″SUNSHINE+CLOUD”を
訪ねた際に夫婦で1足ずつ購入し、今でも夏の暑い日なるとサッと素足で履きたくなる靴として重宝してます。
今こうして店頭でご紹介できる事になるとは、自分達にとっては巡り巡って人に繋いでいただいたご縁だと、
そう思わざるを得ない様なタイミングだったので、嬉しくもあり、とても感慨深い気持ちでもあります。
現在″AURORA SHOES″は全部で5型のラインナップがあり、rasikuでもシーズン毎に一型か二型を少しずつ
カラー展開などを変えながら、じっくり提案をしていけたらと思っています。
初めての方には、ぜひこのスローで親しみやすい風貌の革靴を体感していただきたいですし、既にご存知の方には
新しく買い直しの機会としてや、お色違い・モデル違いなどお選びいただける場となれば嬉しく思います。
先ずは、せっかく夏のシーズンのスタートということで、アンクルをしっかりとホールドするサンダルタイプの
″NEW MEXICAN″からご紹介をしたいと思います。


アッパーは肉厚なレザーにオイルをたっぷりと浸み込ませた1枚革で、履き始めからでも比較的馴染み易く
あまり神経質にならずに革靴を楽しむ事が出来ます。
靴の作りはステッチダウン製法を採用しソールにはクッション性の高い″VIBRAM SOLE″を合わせています。
勿論ソール交換は可能で、軽めのソールを組み合わせているのでスニーカーの様な軽さにはなるのですが
ソールの減りがその分早いので、靴全体の型崩れが起きる前にソール交換をお勧めします。
ラストはモデルによって異なりますが、NEW MEXICANはつま先にかけて細く設定。
レザーの醸し出す無骨な雰囲気と女性らしい曲線とが丁度良い塩梅でMIXされた一足になっています。


自分達も革靴を扱うようになり、お客様の靴の履く頻度やメンテナンスに関する事などのことで
お話を伺う機会が増えましたが、早い方ですと約一年ほどでソール交換をされる方もいたりしますし、
交換可能なギリギリまで履いてしまう方もいらっしゃいます。当然ですが人それぞれです。
オーロラシューズに関しても、いざ思いきって購入して、ソールの交換可能と分かっていたとしても
タイミングであったり、どこでお願いすれば・・・と分からずに履き潰してしまう方もいるのではないでしょうか?
先日初めてお受けしたオーロラシューズのソール交換も、対応がとても早く直ぐに綺麗になって戻ってきました。
それとなく頃合いを見て定期的にメンテナンスを入れる事で、靴を長く履いて頂くのはもちろんのこと、
踵の減りやレザーの艶が蘇る事で、足元の見え方もぐっと良くなると思います。
そこまで気負う必要はないですが、リラックスして履ける靴だからこそ、適度なメンテナンスで気持ち良く長く
履いていただけたらいいなと思います。


春は薄手の靴下を合わせて、夏は素足で涼やかに。
太めのチノやカーキのパンツ、デニムを少しロールアップして足首のストラップと靴下を少しだけのぞかせる。
真夏の暑い日には、薄手のワンピースやスカートに素足で開放的に。
個人的には夏にこそ出番が増える靴だと感じているのですが、決して季節も限定することなく、モデルによっては
通年履かれる方もいると思います。
サンダルタイプのNEW MEXICANは足首と踵はしっかりホールドされるので、足が浮く事も無くしっかり歩けます。
つま先に掛けてやや細い設定ではあるので、幅が少し狭く感じるかもしれませんが、レザーの部分は柔軟性があり
一日履いただけでも履き始めともだいぶ感覚が変わります。もちろんフィッテイングをして頂くのが一番なので、
ぜひサイズが揃っているタイミングでお試しいただけたらと思います。


気分としては、ちゃんとした革靴だと足元が若干重たく感じたり、そこまで気合をいれて行く場所でも無い場合に、
でもスニーカーじゃちょっとな・・・という時に、革靴とスニーカーのちょうど間を補ってくれるような靴。
のんびりゆったりしたい時のお出掛け時にも良いですし、脱ぎ履きもし易いのもポイントです。


履き込むほどに艶を帯びて、次第に自分の足の形の顔になっていくその独特の経年変化と、
時代を経ても変わらずに小さな町の工房で、人の手によって作り続けられる大らかな空気を纏った革靴。
時に思いがけないうねりがやってきたりしたとしても、ペースを崩さずに地道に取り組んできたからこそ、
今も尚、大事に履き続けられていて、職人たちの真摯な姿勢の元で作り続けられているのだろうと思います。
毎回オーダー分のみの展開となりまして、お取り寄せなどのご要望はお受けできませんのでご了承ください。

6月30日


HATSKI     WIDE TAPERED DENIM LINEN

color        ネイビー

price        20000+tax 

SIZE        2    /    3

早すぎた6月も最終日。そして2018年も半年が過ぎたとは・・・
真夏の様な空に気温がぐんと上昇したり、突然雨が降ったりと、ころころと変わる空模様に若干身体が
振り回されてしまっているように思います。
そんな季節にお勧めのデニムを紹介します。
夏にコットンの厚みのあるデニムを穿くのに少しだけ気合が入るのは私だけではないはず。
蒸れたり暑くなりにくく、何よりも風が抜けるリネン素材を使ったワイドデニム。
あまり見かける事が少ないリネン100%を使用したデニムは、コットンのデニムと比べると手に持った時の軽さと
生地の風合い、そして穿き心地は全くの別物。夏の湿度と気温に対応出来る1本に仕上がっています。
シルエットは僕自身がいつも愛用をしている、ワタリ幅がゆったりとして裾にかけて少しだけテーパードが掛かった
″WIDE TAPERED″タイプを選びました。身体とデニムとの間に空間が多くなるので風の抜けが良くなると思いますし
トップスでボリュームが出しにくい季節になるので、ボトムスでバランスをキープするのがお勧めです。
HATSKIはデニムに特化したブランドだけに、様々な素材を打ち出せる強みがあります。


フロントはボタンフライの仕様で、ブランドのロゴが入ったオリジナル釦を使用。
ポケット裏に隠しリベットを打つなど、ヴィンテージデニムに用いられている本格的な仕様を各所に取り入れています。
シルエットはお尻周りと腿はゆったりと設定し、裾にかけて緩やかにテーパードさせています。
癖の少ないシルエットで、普段ワイドなパンツを穿かないという方にこそ試して頂きたいです。
HATSKIが作りだすシルエットは太くする部分と整える部分のバランスが絶妙で、WIDE TAPEREDは太さはあるのですが
不思議と太さを感じさせないパターンの巧さと、純粋に普段着として当り前にデニムを穿いて欲しいという事が伝わります。


パンツを選ぶ際に、大半の方はウエストの大きさで選ぶ事の方が多いと思います。
勿論ウエストで選ぶことで自分のジャストサイズを知ることも1つの要素ではあるのですが、
他にもお尻から腿にかけてどれくらいの太さを出したいのかというのも、僕自身重要視する部分だったりします。
太さを出したくて、一つから二つサイズを上げて履く事もあります。その際のウエストに関してはベルトで絞って
穿くのですが、よほどタックが寄り過ぎてシルエットが崩れない限りは許容範囲ではないかと思います。
自分自身の適正サイズを理解した上で、イメージしているシルエットでサイズに捉われず選んでみるというのも、
パンツの面白さに繋がりますし、着こなしの広がりをより一層感じて頂けると思います。
トップス以上にボトムスを上手に穿けるかどうかは、全体のバランスを考える際にもとても重要だと思いますので
気軽にサイズを穿き比べて楽しんで頂ければ嬉しいです。


色目が柔らかいので穿き始めからでも、しっくりと馴染む感覚があるように思います。
リネン100%なので、コットンのデニムと比較すると表面にシワが出易く表情が豊かに感じます。
セルヴィッチは付かないですが、ロールアップで軽さを演出するのも良いですし丈をすっきりと見せるのも◎
夏に穿くデニムなので、重たく見せないのがポイントです。


今日の様な汗だくだくのうだるような暑さの日には、洋服に袖を通すことすらも億劫になってしまいます。
着こなしに悩むことなく、気楽に気持ち良く穿けるパンツは即戦力として重宝するはずですし、素材が変わる事で
デニムの面白さや一味違った側面を感じて頂けるのではないでしょうか。
サイズが限られていますが、とてもお勧めのパンツですので是非お試し頂ければと思います。

5月31日


FOX UMBRELLAS   WHANGHEE 

color       BLACK

price       17000+tax 

SIZE       58CM
        
color       WHANGHEE NAVY            MAPLE NAVY

price       17000+tax                    13000+TAX

SIZE       58CM

color       WHANGHEE DARK GREY            MAPLE DARK GREY

price       17000+tax                         13000+TAX

SIZE       58CM


いつかは自分が気に入るモノを手にしたいと思いながらも、巡り逢う機会がなかなか無いアイテムの1つ傘。
1868年に英国で創業をした″FOX UMBRELLAS社″は、トーマスフォックスにより各断面のパイプを用いた
世界で初めてスティールフレームの骨の傘を作り上げました。
その後、第二次世界大戦後の1947年に英国空軍のパラシュートに使われていたナイロン素材を用いて
こちらも世界で初めてとなる化学繊維で作られた傘の開発に成功をしました。
150年以上経過した現在でも1本1本熟練した職人の手で、イギリス生産を貫きながら老舗の傘ブランドとしての
確固たる地位を築きあげています。


10本の骨組みから構成されるフレームは軽量ながらも、手にしっかりとした強さが伝わる作るになっています。
開く際にもパーツの1つ1つが、カチッカチッと小気味よい音を鳴らしながら開く様は、当たり前ですが
今まで使っていた傘とは比べものにならないくらい気持ちが良いです。


今回セレクトした折り畳みタイプは、傘の大きさが直線で105CM、持ち手のフレームの長さが58CMで
男性・女性に関係なくお持ち頂けると思います。ハンドルをメープルとバンブーの2種類でご用意をしました。
素材の特徴としてはメープルはしっかりと目の詰まった木材で見た目の迫力があります。
バンブーの方はメープルよりも少しだけ軽く、クラシックな印象がより強く出ると思います。
其々に良さがあるので、手に持った際の感触であったり重さやバランス感、あとは見た目の好みでお選びください。


手に持った時の程良い重みと、天然素材ならでは柔らかく自然な質感は触れているだけでも気分が高まります。
少しの雨位であれば傘をさしたくないと思ってしまうのですが、この傘であれば逆にちょっとの雨でも自然と使いたく
なってしまうのではないでしょうか。折り畳みタイプを選んだ理由として、出掛ける際にバッグに入る方が使う頻度も
増えてくると思いますし、何処かに置き忘れてくる心配が格段に減るというのも、お気に入りの傘を持つ理由としては
大事な要素の1つに挙げられると思います。


お店などに入る際には専用のケースに入れてバッグの中に。
ちょっとした手間であったり仕草、時間を楽しめる大人になりたいものです。
自分ではなかなか買わないと思っていても、気の利いたプレゼントとして送られてみるというのも良いかもしれません。


これから梅雨時期になるので、より必然的に出番が増えてくるアイテムでもあります。
余計な気を使わずに持つ傘と、自分が持ちたいと思う傘。そのどちらがあっても良いと思いますが
洋服に限らず、自分にとって使っていて楽しくて、満たされるような新しい価値観を手にしてみると、
それがとても些細な事だとしても、また違う角度で様々な事柄が楽しめるようになってくるかもしれません。
そして何か不具合があった場合にも代理店を通してメーカー保証(1年以内は無償、それ以降は有料)も付きます。
FOX UMBRELLASの製品に対する考え方や姿勢、物として少しでも長く付き合っていける体制が整っている点も
作り手と使う人と、そして物との関係性が健やかでいられることに繋がっているのではないでしょうか。

4月12日


JHONSMEDLEY    ISLINGTON   

color       SIVER

price       32000+tax 

SIZE       S   /   M  

color       CHARCOAL

SIZE       S   /   M

color       SERGE BLUE

SIZE       S   /   M

color       NAVY

SIZE       S   /   M

color       BLACK

SIZE       S   /   M

ほわっとあたたかな光が差し込む時間があれば、薄いグレーの雲が一面に広がってたちまち空気が冷んやりしたり。
進んでは戻る、北の春への道のりはとてもゆっくりですが、ふとした所の小さな春の気配を集めてみたりしています。
伸びてきた草むらに身を隠す黒ネコ。フライング気味に花開いた水仙、そわそわしている桜の蕾などなど。



ここ数年、秋冬春夏と欠かさずに展開している″JHONSMEDLEY″のカーディガンが入荷しました。
そのシーズン毎に色、型などはちょっとずつ変更しながら展開していますが、やはりクルーネックのカーディガンは
いつ何時、手にしてもいいなと思えるくらい万能で、個人的には特に真夏の暑い日にTシャツやノースリーブの上に
羽織る一枚として、この存在を知ってしまってからは手放せない一枚になってしまっています。
私だけではなく一度手にして下さった方は、素材違いもしくは色違いでもう一枚、欲しくなるという、
これぞ真の魅惑のニットです。
繊細で上質な″シーアイランドコットン″を使用したカーディガンは、見た目こそ″普通″ではありますが、
いざ袖を通してみると、肌が直接生地に触れている部分から、肌と生地の境目が分からなくとけていく様な肌触りや、
じんわりと身体の奥から末端に広がっていく気持ち良さと、着ていないかの様な軽やかさに、薀蓄を抜きにしても
これは何かが違うと、身体が勝手に察してしまう着心地はやはり特別だと思います。


首の形。袖のリブ。創業から変わらずに手作業にて行われるリンキング処理。
裏まで美しい高い縫製技術と、繊細でありながらも。型崩れし難い耐久力。
良いと思えるカーディガンは他にも様々ありますが、見た目が美しいと思って選ぶカーディガンというと
中々無いような気がしています。リラックスして着る・やや小奇麗に・・・といった目線で選ぶのであれば
他にもお勧めできる物もあるのですが、こんなにも普遍的でありながら、着ていてオーラを感じさせる物は
何かが足りなくても、反対に飛びぬけていても成立しないと思いますし、2世紀以上続いている歴史そのものが
その佇まいにも表れていると言っても過言ではないでしょうか。


定番のカラーは揃えつつ、インポートならではのハッキリとした濃い色目も最近気になっていて、
秋冬ではピンクを展開してみたりしました。今回はやや紫がかった深い青を一色プラスしました。
ブラックやチャコール、グレーといった汎用性の高い色目とは別に、こういう色もあるんだと思ったり
着たらどうなるのかな?と想像してみたり、魅せる色を並べることで、ピピッっと感覚が刺激されますし、
綺麗な色を取り入れる事で、見た目も気持ちも華やぎます。
色で遊んだり、落ち着いたり、何を求めるかによって選ぶ基準も変わると思いますが、デザイン自体は
シンプルですっきりと整った形のカーディガンなので、どちらにせよ自分が清々しく、楽しく過ごせる
一着としてお選びいただけたら、とても嬉しいです。


シャツやカットソーの上に羽織れば、この気温の変化の激しい時期には温度調節するのに重宝しますし、
畳んでも嵩張らないので、バッグに忍ばせておくだけでも、いざと言う時心強いです。
そして前にも書きましたが、気温が上がってきて湿気や汗が気になる時期には、ノースリーブのワンピースや
タンクトップの上にさらりと着ていただきたいです。じめっとした不快感は一瞬にしてなくなり、
むしろさらり滑々の質感が一層気持ち良く感じますし、日差しからも肌を守るので暑くても快適に過ごせます。


その時の気分や洋服の面白味としてインポートアイテムを様々展開をしてきましたが、″JHONSMEDRLEY″は
自分達の中でも改めて知った価値観でもあり、実際に着用頻度も一番高いのではないかと思います。
着る事に喜びを感じたり、着ている事を忘れるくらいの着心地を実現出来るブランドは世の中にそう多くはないはずです。
価格もそれなりなので気軽に・・・とは言えませんが、その分店頭で実際に触れて、着心地を体感しその物が持つ力を
感じ取っていただけたらと思います。特別な日常着として長く愛用していただける逸品です。
サイズが揃っているうちに是非お試しください。

4月1日


1876年にロンドンで創業した″JAMES GROSE″
元々は自転車やオートバイ、車のパーツ、衣料品などを扱うお店で、当時は″JAGROSE”というブランド名で
オリジナルブランドの製品を販売していましたが、1970年代に不況の影響を受けて閉店に追い込まれました。
それから約40年の時間を経て、再び英国でレザージャケットやカットソーを中心に物作りをスタートさせた
″JAMES GROSE”  
rasikuでセレクトしたのはアイコンになっているレザージャケットではなく、春先に気持ち良く着れるミニ裏毛の
シンプルなクルーネックのスウェットを展開をしています。
この手のスウェットと言えばアメリカのブランドをイメージしがちですが、イギリス生産でスウェットというのは
中々見聞きしないですし、そのどこかアンマッチなバランス感に惹かれてしまいました。
カラーは一番ベタなパジャマグレーと、気分的に明るい色が着たくなる季節なのでエクリュの2色で展開しています。
サイズ感はインポートらしく大き目に設定。その辺りは、是非店頭でお確かめ頂ければと思います。

JAMES GROSE   HEAVYWEIGHT RAGLAN SWEATSHIRTS

color     GREY

price     10000+tax 

SIZE      S    /    M    /    L  

color     ECRU

SIZE      S    /    M    /    L  


シルエットは身頃がゆったりとして着丈はすっきりで、王道のスウェットらしいオーセンティックな
バランス感で仕上げられています。肩の仕様がラグランなので動き易さを重視した作りと言えます。
ラグランスリーブのクルーネックのスウェットは案外見かける事が少ないので、ジャケットなどの上着を羽織ると
より可動域の広さを実感して頂けるはずです。
袖と裾のリブの長さも長めに設定されているので、個人的に好みのディティールがこの1枚に詰まっています。
何てことのない部分に惹かれてしまいますし、これ1枚ではどうにもならないはがゆさみたいな所もポイントです。
パンツのサイズ感であったり、小物の身に付け方や靴の合わせ方で色々と変化を出せるアイテムは
色や素材感、シルエット違いで何枚か持っていると重宝すると思います。
洋服は基本が着れての応用だと思っていますので、ベタなアイテムを如何に自分らしいスタイルで落とし込めるかが
重要だと僕自身は考えています。


先ずはデニム、軍パン、チノなどの普遍的な着合わせで楽しんで頂きたいですね。
この普通さを如何にして″自分らしい色″を出していけるかがセレクトした理由でもあります。


素材はコットン100%の中肉くらいの厚みで、しっかりと度詰された生地感なので型崩れなどの心配はないと思います。
rasikuで展開をし続けているFilMelangeのスウェットともまた違った印象を受けるはずですし、何とも言えない
チープな感じを纏っている点も好みです。インポートらしい雰囲気があると言えば良い様に捉えられるかもしれませんが
気が効いているのか効いていないのか分からない感じも良さではないでしょうか。
ブランドロゴやタグに頼らずに、自分自身の感覚で手にして貰えたら一番嬉しいですね。


最初はフードが好きでフード付きばかり展開をしていましたが、ここ最近気付けばクルーネックばかりです.
フード勿論好きですが、クルーネックのスウェットのごまかしが効かない直球な感じが、今の自分には心地良く
一見すると偏ったセレクトになっていますが、個人のセレクトショップである以上はしょうがないのかなと
ある意味開き直って展開しています・・・笑
普段クルーネックのスウェットを着ないという方にも、挑戦しやすいバランスの1枚だと思いますし
先ず試すには値頃な価格設定もポイントですので、是非手に取ってみて頂ければと思っています。
どんな方が手にして下さり、どう落とし込むのか。を、
想像しながらBLOGを書く、そんな四月のはじまりです。ご来店お待ちしています。

PageTOP