11月25日


1948年創業の老舗ブランド″CAMBER”は、学生のスポーツチームや体育協会などからスポーツウェアの依頼を受け
生産していたファクトリーブランドで、現在もMADE IN USAで肉厚なボディのスウェットなどを作り続けています。
rasikuではFilMelangeという日本でも最高峰と言えるカットソーブランドを取扱いしていますが、
色んな角度から物を見て、その物の素晴らしいところを見つけたいと思うのでカットソーもスウェットも
扱っている種類は割と豊富だと思います。
ここのコレが良いからそれしか扱わないというやり方もあると思いますし、その方が伝わることもありますが
僕はあまり一つの物に縛られたくない方なので、その時々で好きな物も言う事も違います。
色々ある中から、その人に合った物を選んで貰えたらそれで良いと思ってます。
CAMBERの良さは、それこそ僕らが中学生くらいの頃に着ていたようなチープだけれども雰囲気が良いところ。
あの頃とは全く感性も感覚は違っていますが、こういったアイテムを装いに上手に取り入れてる方がいると
良いなぁと思いますし、やられたーと思います。
ブランド関係なく、フラットな目線で洋服を楽しんでいる感じがするからかもしれません。
それ相応の素材で作られた良い服はそれだけで存在感があって格好良いですし、それとは別に量産され形も身体に
沿う様には作られていない洋服は、どこか突き放す様に如何に自分らしく着こなせるかを試されているようでもあり、
たまにセレクトして自分なりの原点に戻るような気持ちで並べています。

CAMBER    ZIPPER HOODED CHILL BUSTER

color       BLACK          /         GREY   

price       11800+tax 

SIZE       S   /   M             S   /   M

コットン50%×ポリエステル50%を掛け合わせた、肌触りは化繊特有のかさっとした着心地のスウェットパーカー。
″CAMBER”というブランドの代名詞にもなっている、裏にサーマル生地を張り合わせた2枚仕立ての
ヘヴィーウェイトのスウェットは袋縫いならではのふっくらとした風合い、保温効果が抜群に優れています。
昔はもう少し厚手でシルエットも酷かった様な気がしていたのですが、現代向きなバランスに程よくシェイプ
されているので安心して着る事が出来ます(笑)アームが太すぎてダウンベストくらいしか重ね着が難しかった
イメージでしたが、袖のゆったりとしたコートなどは十分に重ね着が可能です。
着込んで味を出して・・・という着方も良いと思いますが、保温性が高いので車でちょこっと外出する時に着たり
たまにコーディネートのはずしで使ってみたりするのも面白いのではないでしょうか。


肩はラグランスリーブを採用しているので、インナーがごろつかずにすっきりと着用が可能。
″BLACK”は、GREYやNAVYなどの王道カラーとは、また違った良さを感じて頂けると思います。
パンツをウール素材のスラックスなど綺麗目な着合わせに持ってくるのも良さそうです。


最近はサーマルの凄さに気付いて色々な試しているのですが、天竺のインナーを着るよりもサーマル生地の方が
数段暖かさが違ってきます。一昔前ですが様々な軍にも採用されるくらいなので、理に敵った素材と言えますし
″CAMBER”は表地もそれなりの厚みがあるので、ちょっとしたジャケット替わりになるパーカーです。

CAMBER    PULLOVER HOODED CHILL BUSTER

color       DARK GREEN  

price       11800+tax 

SIZE       S   /   M SOLD 

前開き以外にもプルオーバータイプで1色のみご用意をしました。
チープな印象の深緑色が洋服好きの心を揺さぶります・・・着こなしが暗くなる季節だからこそ、遊び心のある色目を
たまに取り入れると、手持ちの洋服がまた違った見え方になるのでちょっとした変化を楽しんでみてはいかがでしょうか。
サイズ感はS・Mの2サイズで、実寸でSでM~L、MでL~XLくらいの方に合うと思います。


プルオーバーは着丈の納まりの良さと、ダウンベストを組み合わせた時に格別の恰好良さがあると思っています。
コートを羽織った際にも後ろから出るフードの色が、ちょっとしたアクセントになりますし首回りの温かみも
クルーネックとは違った良さを感じて頂けるはずです。
最近は薄手のダウンなどを重ねる事によって、冬場でもスウェットを躊躇せずに着れる機会が増えたように感じています。
価格も手に取り易いと思いますので、いつもとは少し違った目線で選んでみてはいかがでしょうか。
サーマル付きは想像以上に温かくてお勧めです。

11月14日


FRESH SURVICE  BASIC TROUSERS

color      NVY   

price      26000+tax 

SIZE      S   /   M


架空の運送会社のユニフォームや、それに纏わる道具などを製作するブランド″FRESH SURVICE”
ワイドなシルエットが目を惹く″BASIC TROUSERS″は裾にかけて殆どテーパードがなく、昔ながらのワークパンツを
彷彿とさせる直線的なラインが、どこか懐かしさと洋服好きの心を揺さぶります。
素材はコットン98%・ポリウレタン2%の混合素材で、ストレッチが効いているので柔らかで穿き易く感じると思います。
モールスキンというワークウェアに良く用いられる素材を使用しているのですが、厚地で表面がやや起毛したものとは
全く違った印象で、より気軽に手に取って穿いて頂ける印象があります。
カタチはシンプルなトラウザー型で、古着のワーク・ミリタリー系などではこの手のシルエットを何度か展開してきましたが
新品のものでこれだけワイドなシルエットは展開が無かったので、是非挑戦して頂ければと思います。


良い意味で整え過ぎていない、ざっくりとしたシルエットが何とも言えず好みです。
裾に溜まるボリュームに野暮ったさが残っていて、トップスはすっきりとさせるとバランスが取り易くなります。
効率や無駄を少なくする為に作られたであろうパターンは、何処かチープな雰囲気を纏いつつも、モールスキンの
素材感は穿きこんでいく事で、きっとパンツが主役になる程の存在感を放つだろうと思います。


カラーは濃紺で光があたるとより紺が強く出てきます。
太いパンツはあっても、ここまで思いきりの良いズドンと太いストレートはそう多くは見ないと思うので、
丈もあえてそのまま長めにして裾に野暮ったさを出して穿くのも良いのではないでしょうか。
反対に、短めにカットをしてソックスを覗かせるのも、ちょっとお茶目っぽくて良いかなと思います。
足元はハイカットのスニーカーで、裾を被せるようにして穿くのがテパードが少ないパンツに好相性に感じます。
黒の短靴などを合わせて、正統派で格好良い組み合わせも好みです。


運送会社のユニフォームをイメージしているだけあり、動き易さを重視し負荷のかかる場所は巻き縫いなどの始末で
強度を高めています。タフに穿ける事もパンツ選びでは大切なポイントになりますし、如何にもワークパンツらしい
ルーズなバランスを試して頂きたい1本です。今までとまた一味違った着方を楽しんで頂けるはずです。

FRESH SURVICE  MILITARY PANT

color      KHAKI   

price      19000+tax 

SIZE      S   /   M


イギリス軍のパンツをモチーフに作られた″MILITARY PANT″は、パッチワークの様に生地を継ぎ合わせながら
作製していて、軍パンらしさを残しつつもすっきりとしたシルエットが特徴です。
この手のパンツは自分自身もハマって散々穿いてきましたが、飽きてまったく穿かない時期もあり、
そんな事を繰り返してまた久しぶりに、新鮮な感じがして良いなと思い展開してみました。
オリーブのパンツはワードローブの中心にあって、どれだけ時代が流れても普遍的なスタイルの1つで在り続けると
思いますし、足元をキャンバスのスニーカー、黒の革靴、ビルケンシュトックのサンダルなどを気分で変えながら
自分なりの着方を見つけて頂きたいです。


細すぎず・太すぎずのバランスで、裾にかけて緩やかにテーパードさせています。
癖がなく穿きやすいシルエットのパンツですが、股上を深く取る事で軍パンらしい土臭さはきちんと残しています。
オリジナルの軍パンが苦手な方などにお勧めしたい1本です。


何てことの無いパンツを上手に穿けるようになると、細身やワイドなパンツなどにも手が伸びやすくなると思います。
自分のサイズを知る。洋服を楽しむうえでは重要な事だと感じていますし、デニム・チノ・軍パンの3つのパンツを
自分なりにしっかりと穿けると、着こなしの幅が圧倒的に広がってくるはずです。


パンツの穿き方やサイズの選び方など、足元との組み合わせ方の引き出しが増えてくるとトップスの着合わせの面白さを
感じられるようになると思います。ワードローブの中心になりそうな″MILITARY PANT″と、さらなる深みを持たせる為の
ワイドシルエットのパンツ。
どちらにも其々の良さがあって、モノは試しと思ってトライしていただけたら嬉しいです。

11月2日


ANDERSEN-ANDERSEN    SEAMAN 7GG

color       GREY

price       35000+tax

SIZE       M   /   L

color       HUNTING GREEN

SIZE       M   /   L

color       ROYAL BLUE

SIZE       M   /   L

昨日の定休日は、見たかった展示や行ったことのなかったお店などを巡り充実した一日を過ごしました。
家に帰って庭にたっぷり落ちた枯葉を拾って、野菜を育てていた土の上にふかふかに撒いてみました。
栄養になるのかどうかは春になってみないと分かりませんが、そんな事をしていると冬の足音が1歩1歩と
近づいてきているなと肌で感じる事が出来ました。
そろそろ暖かなセーターにも手が伸びはじめるのではないでしょうか。
毎シーズン欠かさずに展開をしているデンマークのセーターブランド″ANDERSEN-ANDERSEN″
岩手の冬を過ごす為には、保温性の高いセーターは持っていて良いと思えるアイテムの1つだと思います。
今シーズンは厚地の畦編みのタイプではなく、ミドルゲージにあたる″SEAMAN”を選びました。
カラーは今まで展開した事のある″GREY″と″HUNTING GREEN″の他に、少し明るめのネイビーのような色目の
″ROYAL BLUE”の3色を選びました。本国デンマークでは″ROYAL BLUE”が日本のネイビーにあたる色目らしいのですが
鮮やかなカラーリングはインポートらしいエッセンスがあり、とても気に入っています。


素材には南米産のメリノウールを用いて、ボディは平織りで編みたてられています。
原産された上質な糸のみを使用しているので、表面に程よい光沢があって糸の毛羽たちなどは一切ありません。
ぎっちりと目を細かく編みたてる事により、冷たい風の侵入を防いでくれると共に毛玉にもなり難い特徴があります。
デザインもクラシカルなセーラーセーターを元に作製されているので、色あせる事はありません。
首元が少し高くなったデザインは″ガンジーネック″と呼ばれる昔ながらのデザインで、インナーにシャツ合わせも
良いですし、個人的にはモックネックのカットソーをインナーに忍ばせて着ようと思っています。
セーターが直接肌に触れるのが苦手なので、薄手のカットソーを組み合わせる事よりで快適に着る事が出来ます。
より保温効果も高まるので、色々と試しながら自分なりの着方を見つけて頂ければと思います。


リブの処理もとても美しい仕上がりで、見た目は男らしい井出達に見えますが強さとキレイさの2つを兼ね備えた
セーターだと思っています。物としての完成度の高さに目を惹かれますし、着心地の良さというのも年齢を重ねるにつれて
比重が大きくなってきた様に感じています。今の自分自身が着たいと思えるものは、格好良さやファッション性も
大事だと思うのですが、時間を心地よく過ごせるかどうかという要素の方が大切で″ANDERSEN-ANDERSEN″の
″SEAMAN″もお気に入りの1枚として、これから一緒に冬を過ごしていきたいと思っています。


身頃に対して直線的な位置に肩線が付きます。
着るとドロップしたショルダーラインになりますが、変なごろつきなどは一切なく可動もスムーズです。
ガンジーセーターは見た目の野暮ったさに好みが分かれる点だと思っているのですが、このセーターはそういった部分を
全く感じさせない所が凄味だと感じています。袖口はハンドウォマーが付く事で長めに設定をされていますが
折り返して着るのがベターだと思います。あまりに寒い日などは使っても良いのではないでしょうか。


セーター自体に厚みが無いので、上に羽織るものの選択肢の幅がぐっと広がる1枚だと思っています。
品質の良いセーターは、消耗品になり難いですし体型さえ変わらなければ愛着を持って長く着続けられると思いますので
寒い地域に住んでいるからこそお勧めしたいセーターです。
今時期はダウンベストの合わせも良さそうですし、保温性があって着膨れする事が無いので極端に細身のコートでなければ
ストレスなく着用して頂けると思いますので、そろそろ冬支度を始めてみてはいかがでしょうか。

9月15日


Fresh Service   Crew Neck Sweat (LOOPWHEELER×FreshService)

color        GRY

price        24000+tax

SIZE         S SOLD   

color       KHK

price       24000+tax

SIZE        S

架空の運送会社
そこで着ている制服であったり使っている様々な道具や日用品をイメージして提案するブランド。
この良く分からなさというのか、謎めいた面白そうな感じ。何だか不思議と興味をそそられてしまいます・・・
インパクトの強い白で書かれたブランドロゴが、何とも言えない雰囲気を醸し出しているクルーネックスウェット。
ボディに用いられているのは、高品質なカットソーを作り続けて不動の地位を築き上げているブランド″LOOPWHEELER”
1960年代から使用されている吊り編み機でじっくりゆっくり編み上げられるスウェットは空気を含んでいて
ふっくらとしながらも目を詰まらせているので、しっかりとした強さも感じて頂けると思います。
着用をしているカラー″KHK”はFRESH SERVICEの為にに作られたオリジナルカラーになります。
今までプリントモノは殆どと言ってよい程に展開をしてこなかったのですが、格好良すぎないと言えば良いのか
ファッションとしての要素を含んだ、この何とも気の抜けたプリントがアンテナに引っ掛かってしまいました。


首元はしっかりと詰まったクルーネック、肩のラインがドロップしているので見た目はゆったりな印象になると思います。
サイズ感に関してもSのみの展開にしていますが、実寸としてはM~Lくらいのサイズの方に合いそうです。
生地の肉感は厚すぎず、薄すぎずのミニ裏毛の仕様でシーズンを限定せずに着て貰えるのではないでしょうか。


袖、裾のリブな長めに設定。
オーセンティックなデザインで、スウェットが好きな方にはぐっとくるディティールではないでしょうか。
オリーブ色のスウェットは、他であまり見かけないカラー。
これからの季節はウールのスラックスなども穿けるので、あえて綺麗なアイテムと組み合わせるのもこの時期ならでは
の着こなしでイメージがし易いと思います。日常着としては勿論ですが、ファッションとしての目線で自分なりに
どう落とし込むのかを楽しんで貰えたら嬉しいです。


左袖には″LOOPWHEELER”のアイコンにもなっているカタカナのロゴが入ります。
こういった遊び心も洋服を着るうえでは無くてはならない部分だと思っています。


″FRESH SERVICE”は洋服以外にも、様々な道具であったり日用品も展開するブランドです。
デザイナーのフラットな目線で選ばれた品は、プロダクトとして量産されるモノの冷たさにファッション性などの
独自のエッセンスを加えて、新しい感覚の提案をしている所に惹かれました。
僕らが夢中になって追いかけていたインポートの製品を見ていたような感覚があり、何だか良く分からないけれど
面白そうだと思って手にして貰えたら嬉しいですね。
スウェットの他にもシャツ、キーホルダー、パンツなども既に入荷済ですので是非店頭でご覧ください。

8月18日


HATSKI   WIDE TAPERED DENIM

color      ONE WASH  

price      18000+tax 
 
SIZE      0   /   1   /   2   /   3   /   4   /   5

デニムを主体としてモノ作りをするブランド″HATSKI”から、わたりがゆったりしていて裾は少しだけテーパードをさせた
新型のデニム″WIDE TAPERED DENIM″が入荷しました。細身よりもワイドなパンツを好んで穿く私にとっても太いデニムは
1本欲しいなと思っていたので、展示会で見た際には思わず気持ちが上がってしまいました。
素材は変わらずに厚みのある15.6OZのデニムを使用していますが、ごわごわして穿き辛いという印象は殆どありません。
しっかり生地の目が詰まっているので風は抜けませんが、ワイドなシルエットなので生地が肌にまとわりつかずに
よっぽど暑い日でなければ通年を通して穿いて頂けると思います。
レングス設定も初めから短めで、シルエット自体の太さはありますがすっきりとした印象を受けます。


フロントの合わせはボタンフライ、ヌメ革のレザーパッチ、隠しリベット、内股はシングルでセルヴィッチが付きます。
ヴィンテージデニムに用いられているディティールを踏襲しながらも、今まで穿いてきたデニムとも良い意味で一味違った
感覚になります。1つ1つのディテールなどを事細かに見るよりも、穿いた時の質感や雰囲気を感じ取って頂きたいです。


ウエストからお尻周りにかけは立体的なシルエットを構築します。
男性にもお勧めですが、女性の体型にも合い易くサイズ展開も0から5までの6サイズありますので
ジャストサイズで合わせるも良いですし、1つサイズを上げて空間を活かした穿き方もお勧めです。
※身長178CM 体重63キロ 着用サイズ3


デニムの選択肢は無数にあるので僕自身はこれという拘りは殆どないのですが、きりっとした革靴に合わせたいデニムと
スニーカーやカジュアルな革靴に合わせるデニムという大きく分けて2つあります。
1つのデニムを穿きつづけるというのもスタイルとして格好良いですが、その日の気候や行く場所によって緊張感を
出したいと思う日や、逆にリラックスした気持ちで着たいなど自分なりの使い分けが出来たら、自然と着こなしも
上手くなってくると思いますし、洋服を着て出掛けるのがより楽しめるはずです。
HATSKIのデニムは穿いてみて感じる事は洋服を楽しむという事を考えて作られているような気がしますし
作りの良さは勿論のこと、どう着ようかという事を色々と想像させてくれるパンツだと僕自身は感じています。


普遍的な価値観のデニムを、現代のプロダクトとして新たなアプローチをしているブランドだと思いますし
今までとは少し違った角度でデニムを穿きたいという方にお勧めしたい1本です。
最初に展開をしていました″LOOSE TAPERED″も全サイズ揃って入荷をしていますので、穿き比べをして好みに
合うタイプを選んで頂ければと思っています。

PageTOP