11月7日


SOWBOW    蒼氓シャツB

color       LT.INDIGO(FLANNEL)

price       28000+TAX

size        0   /    1    /    2    /    3 

SOWBOWの代名詞ともなっているシャツですが、コットン×シルクや九州の伝統的な生地を用いたものも
素晴らしいのですが、秋冬にリリースされるフランネルが個人的にとても気に入っています。
その理由としてミドルレイヤーとして軽いジャケット代わりにしても着れるというのが、この生地の一番の強み。
昨シーズンまでは濃紺のインディゴのみの展開だったのですが、今季はそれよりもやや薄い色目(LT.INGIGO)も
満を持してリリース。濃い色・薄い色とどちらも甲乙つけ難い色目なのですが、水色はインナーの差し色として
使い勝手が良さそうですし、秋冬の暗くなりがちなコーディネートにパッと映えて輝きを与えてくれる色。
デザインは前開き3型の被り1型あるのですが、今季は襟の大きさが特徴的なレギュラーカラーのタイプをセレクト。
ジャストサイズでインナーライクに使うのも良いでしょうし、あえてワンサイズアップで羽織るようなイメージで
着るのも、このシャツに関してはお勧めです。
フランネルの生地は想像よりも保温性が高く、お洗濯も気を使わずに洗えますのでデイリーウェアとして使い勝手の良さを
実感して頂けるのではないでしょうか。


トップの釦を留めても窮屈さの出ない設定で、釦を外すとややワイドに開くオープンカラーの様な見え方に。
大振りな襟で迫力はあるのですが、全体のバランスを整える事で主張し過ぎずまとまりのある表情に感じますし
ブランドらしさでもある一癖入れながらも、日常着としての平衡感覚をしっかりと持たせているのが
飽きずに着続けられる理由ではないかと。
様々な洋服を見て着続けてきたデザイン担当の藤田さんと、デザイナーの頭の中を具現化し調整する役割の吉村さん。
2人の絶妙な関係性だからこそ生まれるプロダクトだと思っています。


ゆったりとしたシルエットですが、軽さというのか重たさが出ないのには理由があります。
サイドのスリットを深く入れる事で、動いた時の生地の振れ幅が大きくなり、それが見た目の部分と着心地の
軽さに繋がっています。毎シーズン大体新作は1型(年に2型)のみをリリース。
1つ1つの製品に対する作り込みと素材選びに一切の妥協がなく、リリースされるアイテムは完成度が高く
その中でもシャツはブランドの顔として作り続けられているのも素直に納得してしまいます。
パーツに関しても有田焼の陶器の釦を用いて九州での物作りにフォーカスし、染色は宮崎県都城市で活動をされている
AURICOさんにお願いをしていて、色むらが少なく、色落ちもし難いというメリットがあります。
インディゴ染めというとクラフト感ある仕上がりのものが多い中、プロダクトらしい冷たさを持ち合わせているのが
このシャツの良さだと僕自身は感じています。


このシャツを最初に見た際には、凄く斬新で着こなしが難しそうだなとも感じていたのですが
ここ数年ずっと見続けていると、いつの間にかSOWBOWのスタンダードになっていて、お客様にもじわじわと
浸透していっている感覚が嬉しく、今では袖を通された方の反応がとても良くてリピートして下さる方もいます。
遠回りかもしれませんが信じて作り続ける事の大切さと、伝え続ける事の奥深さ。このシャツを通して改めて
自分達が大切にしたい事が確認できたとも思っています。
SOWBOWというブランドの服に込められた遊び心と知識の深さと、何より熱を感じる1枚だと思いますので
是非体感して頂ければ嬉しいです。

10月25日


SOWBOW  HANTEN

color     WHITE

price     35000+TAX

SIZE     FREE


いよいよ岩手山の頂上が白くなっていたと・・・冬の便りをお客様から頂きました。
家の洋服は衣替えが終わっておらず、毎日引っ張り出しながら気温と気候にマッチする洋服を模索する日々。
今はまだ素材もある程度自由に選べますし、あれこれと組み合わせるのも楽しく、防寒着一辺倒にならない日が
少しでも長く続いて欲しいと願うばかりです。

一癖あるアイテムでお客様を刺激し続けているSOWBOWから初のアウターがリリースされました。
たまたま吉村さんと一緒に訪れた九州の旅の最中に、この半纏の企画がスタートしていた時期で工場へとお邪魔して
色々な話や商品を見たのを今でも鮮明に思い出します。
福岡県筑後市に工場を構える「宮田織物」さんは創業が1913年と100年を超える老舗企業。
現在も半纏を中心に洋服全般を作っている工場で、半纏は今でも職人さんの手詰めによってムラが出ないように
丁寧に1点1点作製されていて、ある程度の工程は機械化が進んでいるのですが綿詰めだけは手作業じゃないと
出来ない作業と仰られていました。
今回はSOWBOWがオリジナルのパターンを持ち込んで、新しいプロダクトとして、そして九州の産業に拘り
挑戦的且つ日本古来の機能服の可能性を広げるような取り組みでもあり仕上がりになっていると感じました。


一番の特徴としてリバーシブルで着用出来る仕様という点。
表面に凹凸のあるYUZURIHAを表面に、裏面にさらりとしたコットンの素材を組み合わせていて
両A面ではないのですが、どちらで着てもクオリティが下がる事なく着れるのが大事なポイント。
個人的には裏面をメインに着てみたいなと思っていて、ポケットの仕様に関しても表面はスラッシュタイプで
裏面はパッチタイプとデザインにも一工夫入れているのも良かったりします。
色は汚れを気にし過ぎずに着て頂きたい白と、落ち着いた印象のある黒の2色展開。
特に白は洋服好きな方には、これだけの面積を覆う力強さをどう攻略していくのかが楽しみな部分でもあります。
表面(YUZURIHA)は真っ白で裏地のコットンはややベージュがかった白といった所です。


サイズはワンサイズのみの展開。
肩線も大胆に落とした位置ですし、アームの太さもびっくりする位にゆったりと設定。
体型を選ばずに幅広くカバー出来るパターンにしているあたりは流石の一言。
中綿にはコットン80%・ポリエステル20%を膨らみ過ぎない量を詰めています。
重たさも感じませんし、僕らが提案したいと思うダウンジャケットと言うイメージでセレクトをしています。


着丈の長さは膝が見えるか見えないか位のミドル丈。
正直シルエット自体はやや野暮ったさがありますが、着丈をすっきりと調整する事でバランスが整えられている印象で
見るよりも着る方が着こなしのイメージが少しずつ沸いてくる感覚があります。
僕自身も最初に宮田織物さんを訪れた際には、ファッションに落とし込むのは難しいかも・・・という印象でしたが
時間が経つにつれて、例えばですが古着のデニムなどに合わせたら格好良さそうだな・・・とか
アウトドアっぽい雰囲気でシェル代わりに使うのはどうかなとか、着こなしのアクセントになるのは間違いありません。


フロントの紐は前で結ぶだけの仕様で、内側などに結ぶ紐はありません。
本来あるべき半纏の姿を残しつつも、SOWBOWらしいエッジを効かせたデザインとカラーリング。
やや挑戦的なアイテムではありますが、最初にブルーのSOWBOWシャツを羽織った時と同じように
似合っているのかどうか分からない不安もありましたが、きっと時間が解決してくれるだろうと思います。

color     BLACK

price     35000+TAX

SIZE     FREE SOLD


色違いのブラックは、ハードルの高さで言えば白より手に取り易い色目に感じて頂けるのではないでしょうか。
九州に行った際に吉村さんから展開するカラーについての話を伺った時に、咄嗟に”黒”もあった方が良いかも・・・
いや絶対あった方が良い!!と言ったからかどうかは定かではありませんが、無事に黒もリリースされました(笑)
黒はよりモダンな印象で、見た目に恐れずに挑戦して頂きたいです。
サイズはワンサイズのみの展開ですが、女性が羽織っても案外良かったりしますのでご夫婦で兼用で着たりして
ある程度着用をしてくたびれた段階で部屋着にして、こたつに入りながらミカンを食べ、猫を抱き寄せて頂けると
優しさに包まれるのではないでしょうか。


コートの選択肢として、ある程度保温性や風をシャットアウト出来るものをお持ちの方にも斬新且つ着こなしを
楽しめる1枚に感じて頂けると思いますし、SOWBOWの物作りの面白さにも触れて頂けるのではないでしょうか。
いよいよ冬本番です。暖かな服装で街歩きをしながら景色の移り変わりを感じてみては如何でしょうか。
きっと外歩きがより楽しめる存在になるはずです。

9月8日


SOWBOW  EAZY PANTS WIDE 

color     TWILIGHT

price     32000+TAX

SIZE     FREE SOLD


今日も本当に暑いですね・・・
朝起きて一通りの家事を済ませると汗が噴き出してきて、シャワーを浴びなければ気持ちが悪くなる位で
盛岡の今日の予想最高気温は34度・・・もう「暑い」以外に何にも言葉が出てきませんね。
お店に張り切って並べているウール素材の洋服が、何だか少し寂し気な表情に見えるのは私だけでしょうか(笑)
きっといつしか必ず気温が下がって心地良い秋を感じられると信じて、長袖やウールと共に待ちたいと思います。

SOWBOWからシルエットを一新したイージーパンツが届きました。
以前まで展開していたものは、全体的にすっきりとした細身のシルエットだったのですが、迫力のある
ワイドシルエットも今シーズンからリリースされています。
このパンツの背景としてブランドの生産管理をしている吉村さんが自分用にと作製したものを商品化したモデル。
展示会や熊本案内をしてくださった際にも、そっちのシルエットが好きだなっと言い続けていました(笑)
基本的に細身のパンツを僕自身が殆ど穿かないので、この位ボリュームがある方がコーディネートした際にバランスが
取り易く感じてしまいますし、ウエストのイージー仕様も穿き易さをプラスするディテール。
今回選んだ小倉織りのストライプも、普段はあまり選ばない生地だったのですが夏から秋にかけて一癖あるパンツが
欲しくて、クルーネックのスウェットやカシミアのセーターなどと組み合わせたら格好良いだろうと想像をしています。


ウエストは総ゴム+アジャストする紐が付きますので、ウエストが細身の方でもずるずると落ちてきたりする心配は
一切ありません。イージーパンツですがしっかりとシルエットを作り、ラフに見え過ぎないのがポイント。
薄手ながらしっかりと張りのある平織生地で、柄の出方もあまり見たことの無い独特な表情のストライプ。
小倉織りらしいと言えば良いのか、超高密度でグラデーションの雰囲気が他にはない空気を感じさせてくれます。
一般的に流通している様な生地とは明らかに違う空気感を纏っていて、着方を1つ間違えるとコスプレライクに
なってしまいがちですが、デザインの落し所はと匙加減が絶妙ですので普段着として違和感なく取り入れて頂けるはずです。
北東北の寒さを考えると冬場は少し厳しそうですが、ベーシックなパンツに飽きがくるタイミングで差しの1本として
面白い存在になってくれるのではないでしょうか。


ワタリから裾にかけて緩やかにテーパードをさせて、丈の長さはフルレングスのジャスト丈。
足元はローテクスニーカーもしっくりときますし、個人的にはサボなど踵の高い靴などもイメージが膨らみます。
例えばアメカジライクな着こなしをした際にパンツをデニムではなく、こういった日本の伝統的な織物を使った
パンツを合わせる事で、全く異なるジャンルを組み合わせが意外な着こなしの深みが出せたりします。
固定概念を持ち過ぎずに自由な発想で、自分にしか出せないオリジナリティ溢れる着こなしを楽しんで頂きたいですし
季節的にも丁度良い生地感で即戦力として穿けるのもマンネリが続いてそうな夏服からの脱却としてお勧めです。


見たり着たことの無い生地に興味をそそられますし、ムードのある柄はそれだけで純粋に惹かれます。
イージー系のパンツは出張や旅行の移動時間の長い時にとても便利で、身体を締め付け過ぎずにストレスフリーな
着心地は流れる時間をより良いものとしてくれるのは間違いありませんし、その地方ならではの生地を纏うのも
洋服の面白さや、見知らぬ土地を知ろうとする良いきっかけにもなるかもしれません。


シャツのイメージが強いブランドかもしれませんが、それ以外にも他にはないプロダクトを毎シーズンコツコツと
無理のない範囲で本当に着たいと思えるもののみを生み出しているSOWBOWのお二人。
それ位のゆっくりとしたスピードで作られているからなのかもしれませんが、1つ1つの完成度の高さは
目を見張るものがあると思っています。バージョンアップしたイージーパンツも純粋に穿いてみたいと思いますし
一味違った着こなしを体現するにはうってつけではないでしょうか。
九州の現代にまで引き継がれているいる物作りの奥深さと、デザインの融合を是非感じて頂ければ嬉しいです。

8月9日


SOWBOW  蒼氓シャツB(REGULAR COLLAR)

color     DK.INDIGO

price     26000+TAX

SIZE       1    /    2

結局、北東北の梅雨明けは宣言されずに、朝からざぁっと強く降ったと思えば、シトシトと柔らかな雨音に変わり
一日降り続きそうな雨模様の盛岡。例年とは違う3連休になりそうですが、昨日の帰り道の途中で明日まで
連休だった事に気付きました。まだ夏休みの感覚が抜けていないのかもしれませんね・・・(笑)
いつもと変わらずに10時30分から18時までお店を開けていますので、夏物・秋物・定番商品と見応えのある
店内をじっくりと見て頂きあれこれと想像を膨らませながら、お気に入りの1枚をお選び頂ければと思います。
半袖だけでは何だか少し物足りなさを感じる気候で、丁度良いタイミングでコットン88%×シルク12%を
掛け合わせた、SOWBOWが定番でリリースしている長袖シャツが2型届きました。
先ずはレギュラーカラーのタイプからご紹介を。


現在はシャツの型数を少しずつ増やしていてトータルで4型存在するのですが、最初に作られたデザインが
今日ご紹介するレギュラーカラーとイタリアンカラーの2型でした。
最初に袖を通した時にレギュラーカラーのタイプは正直クセが強い印象を持っていたのですが、今は全くそんな事を
思わなくなってしまいました・・・(笑)慣れなのか、残りの2型のシャツの方がクセが強いからなのか
今はプレーンなシャツにさえ見えてしまいます。。。
特徴として大きな襟とサイドに入ったスリットの深さ。トップ釦を開けた時のインナーの見え方も丁度良いバランスで
シャツの中でレギュラーカラーというのは個性を出しにくい襟型だと思い込んでいたのですが、SOWBOWらしい
きらりと光るセンスと、デザインを強調し過ぎないさじ加減は流石だと思っています。
これは勝手な持論なのですが、最初に良いと思い過ぎる製品は飽きがくるのが早くなってしまうと思っていて
何か引っ掛かるなぁ位の自分の中で7割位の好きに感じる製品というのは、案外着続けていたりしている気がします。
これは個人差があるので、全て当てはまる訳ではないのですがレギュラカラーのシャツは時間の経過と共に
着こなしのイメージが湧いてきて、その頃にはインディゴの色もより自然なイメージに仕上がっていると思います。
先行投資ではないですが、着こなしがしっくりとくるまで時間が必要なシャツになるのではないかと。


僕自身はSOWBOWのシャツと出逢うまでは、シャツの釦を開けて羽織のようにして着るということを一切して
こなかったのですが、このシャツはそういう着方がとてもサマになる1枚。
ジャケットまで畏まり過ぎず、カーディガンとも違うバランスで、季節の変り目で何を着ようかと迷う時期に
コットン×シルクの生地感も相まって、微妙な温度を調整して穴埋めをしてくれる存在になってくれるはずです。
今日の盛岡の気候の様に、23℃前後で湿度の高い日には打って付けのシャツに感じて頂けるのではないでしょうか。
こういう1枚がワードローブにあると安心感が全く変わってきますので、とてもお勧めです。


全体的にシルエットはゆったりとした設定で、着丈の長さがあります。
スリットを入れる事で見え方の部分で重さは感じませんし、ここまで大胆で計算されたパターンのシャツに
出逢う事はそう多くはないと思います。縫製はドレス寄りの運針の細かいミシンでステッチを入れる事で
仕上がりの表情が全く違うものになってきます。
洋服のジャンルを幅広く知るデザイナーと、イメージを実現出来る生産背景、2つの違う個性が重なり合う事で
生まれるSOWBOWならではのシャツだと思い続けています。何度目かの入荷になりますが、いつ見ても素晴らしい
染め上がりですし、ハンガーに吊っているだけの佇まいに引き込まれるお客様が多いのも頷けます。

SOWBOW    蒼氓シャツA(ONE PIECE COLLAR)

color     DK.INDIGO

price     26000+TAX

SIZE       0    /    1

color     WHITE

price     20000+TAX

SIZE       0    /    1    /    2

もう一型は、開襟シャツの様な雰囲気を纏ったイタリアンカラーと呼ばれる曲線的な襟型が印象的な1枚。
こちらのタイプは染めを施していない”WHITE”とインディゴ染めを施した”DK.INDIGO”と2色をご用意しました。
レギュラーカラーと比べるとサイズ感はややコンパクトに仕上がっていて、スリットの深さなども程良いバランスで
SOWBOWのラインナップの中では最も着易くて、ブランドのアイコンとも言える存在です。
rasikuでは女性に人気の高いデザインで、特にコットン×シルクの生地は上質さと綺麗な印象を与えてくれるので
カジュアルながらもお仕事などで着られる方が多くいらっしゃいます。
ぴりっとした雰囲気に振り過ぎずに、きちんとした見え方になるのが人気の理由で長時間着ていてもストレスにならない
可動域の広さと、生地が身体に纏わり付き過ぎない空間が生まれるのも風がしっかりと抜けて心地良さに繋がっています。


インナーの合わせ方次第では、もう1つ釦を開けて開放感のある着こなしもお勧め。
やり過ぎてしまうと、それはそれで違ったイメージになってしまうので注意は必要です。
綺麗なネックラインを見せて着るのも夏場であれば良いでしょうし、自分なりの着こなしに落とし込める
自由度の高さもSOWBOWのシャツに共通する部分かもしれません。


シャツのアイコンになっている釦は1つ1つ有田焼で作製。
クラフト感のあるパーツを使い、縫製や染色なども含めて九州での物作りにスポットをあてている点も
SOWBOWならではの色を感じられる部分で、そこに愛着を持つ方もいれば、何かのタイミングで話題になることも。
また、その土地へと旅するきっかけにもなれば、洋服の純粋に持っている機能面だけではない、別の力を引き出す
道具になるのかもしれません。
話が少し脱線してしまうかもしれませんが、拘りを持つというのは洋服を通して言えばお洒落をするだけではなく
どの物をきっかけに視野を広げて、新しい感覚を手にする可能性もあるのではと思っています。
今は大きな声で言えませんが、東北や北の国に住んでいると九州は何となく距離的に遠い存在に感じる方も
いると思いますが、岩手はラッキーな事に福岡行きの飛行機が飛んでいますので、およそ2時間弱で全く違う
文化と方言に触れられることが出来ます。案外近いと思いませんでしたか?
SOWBOWのシャツを軽快に羽織って、足を運んでみては如何でしょうか(笑)


このまま夏が終わってしまうのか、それともここから熱帯雨林のような湿度と気温の高い日が訪れるのか。。。
どちらにせよ、SOWBOWのコットン×シルクのシャツはワードローブに1枚あると便利で何かと頼ってしまうのは
僕ら自身が身をもって実証済みですので、気になっていた方は一度袖を通してみて頂ければと思います。
いつ見ても素晴らしいシャツです。ぜひ。

7月9日


SOWBOW   鐘型”傘”麦藁帽(紐付き)

color     NATURAL

price     10000+TAX

SIZE     57    /    59    /    61


昨日の定休日は小雨(やや強め)の蒸し暑さの中、早朝から身体をみっちりと動かして泥だらけに。
帰ってシャワーを浴びながらドロドロのユニフォームと靴を洗いましたが、連日微妙な天候が続いていて
洗濯物が中々乾かないという問題が。扇風機と除湿器を駆使して大量の洗濯物と格闘しました・・・
その後は市内をウロウロ。はやめのお昼ご飯でラーメンをキメた後に、雑貨屋さんでどうしても欲しかった
ぬか漬け用の容器を予約して、その他諸々お買い物して大満足のお休みになりました。
今日は久しぶりに朝から晴れ模様なので、気持ち的な部分でカラッとなれそうな1日ですね。

梅雨が明けると太陽の陽射しが今度は体力を奪う存在になったりもするのですが、直射日光から身を守る手段として
SOWBOWの傘タイプの麦藁帽子が大活躍します。昨シーズンから展開したアイテムだったのですが、今シーズンは
自分の我儘を聞いていただきグレードアップしての提案になります。
昨シーズンに購入し自分自身で使ってとても良かったのですが、唯一の弱点が風が吹くとツバが大きい分
風をもろに受け止めてしまい、帽子が吹き飛んでいってしまう点・・・
麦藁帽子は大抵の物に白や黒のゴムが付いている理由が、実際に被ってみて素直に理解出来ました。
そのストレスを無くすために、縁をパイピングしている久留米絣と同じ素材でドローコードを作製して頂き
機能性とファッション性のバランス、どちらも両立する麦藁帽子になりました。
ドローコードがある事で自転車に乗る際やアクティブな動きにもしっかりと対応出来ますし、日常使いにだけでなく
畑作業や草むしり、アウトドアの遊びをする際にもより効果を実感して頂けると思っています。


アジャスターはサイズの調整が簡単に出来るように工夫がされていて、麦藁帽子のクラフト感のある仕上がりを
邪魔しないような作りで、この辺りの絶妙な匙加減とバランス感は流石の一言です。
ファッション用に作られている訳ではなく道具としての要素の比重が高いアイテムですが、シンプルになりがちな
Tシャツ1枚の日や、お子様などを連れて公園だったり川や海などに遊びに行く際に車に積んでおけば
その場所に行って日差し対策をする事に、あれこれ考えなくて済むようになると思っています。
帽子なので似合う似合わないはあるかもしれませんが、お洒落をする為の帽子という感覚よりも外で日除け用
として被る分にはそういった事は気にならないのではないでしょうか。
僕自身はこの帽子を通勤中にも被っていて、自然の多い街の空気にもマッチしているように感じていますし
釣りをしたり、畑に行ったりするのにも、もう無くてはならない存在になっています。
気を使い過ぎずに被れるのが良さだったりします。
車の運転の際には傘の部分が大き過ぎてあちこちにぶつかったり邪魔になるので、流石に外していますが・・・(笑)


首元をしっかりと守ってくれる安心感のあるツバの大きさ。
外に出ると大きさを感じにくくなるのですが、家の中で被っていると自分の想像よりも傘が大きいので
色々な場所にぶつかったり、モノを落としたりする可能性が高いので注意が必要です。
猛暑から酷暑という言葉が現実味を帯びている日本の夏の暑さ。
ファッションとして被る帽子と、それ以外の用途として行く場所によって表情を変化させてくれるSOWBOWの右藁帽子は
「夏」という季節に特化した無くてはならないアイテムになると思っています。
こういった道具をファッションとして捉えたバランスの良い帽子は探すとなかなか見つかり難いですよ。


SOWBOWというブランドの面白さや目の付け所に、格好良いとかお洒落とかそういった次元ではなく胸を撃たれます。
ちなみにこの帽子も地場の産業を活かして九州で作られたもの。
その土地によって、ぞれぞれに地場産業はあると思いますが単純にそのまま出すだけでは意味がないですし
かと言ってやり過ぎてしまうと、それで無くても良いのではないか・・・という純粋な疑問が湧いてきてしまいます。
右藁帽子というクラシックな井出達や趣を前面に押し出しながらも、ちょっとしたセンスで差別化を図る。
僕にはとても新鮮に映りますし、ファッションと日常のバランスを上手に取り入れた右藁帽子。
風と飛ばされる心配もなくなりましたので、是非この夏を一緒に過ごしてみては如何でしょうか。

PageTOP