11月27日


STYLE CRAFT WARDROBE   CARDIGAN♯4

color      NAVY

price      38000+TAX

SIZE      Ⅰ     /     Ⅱ    /    


今日の朝もきりっとした岩手らしい冷え込み方で寒かったですね。
早起きをしようと意気込んで布団に潜り込みましたが、予定していたよりも2時間多く寝ていました。
自分でもびっくりします。
以前に鹿児島から来た方が、盛岡の空気にはミントが混ざっとる・・・という風に表現したのを思い出し
この寒さがあってこそ体感出来るものがあるのかもしれないと思うと、ある意味では特権ですね。

今シーズンの入荷も各ブランド残すところ僅かとなりました。
STYLE CRAFT WARDROBEから上品さと暖かさの2つの要素を兼ね備えたウール素材の商品がどっさりと届きました。
毎シーズン提案をし続けているカーディガンですが、これ以外に今のところ選択肢が無いと言っても過言ではなく
オーダーをし続けているアイテムでもあります。
インナーとしての要素は勿論ですが、室内などで過ごす際にジャケット類の代わりとしても重宝する1枚で
着回しにおける守備範囲の広さとしっかりとした保温性を兼ね備えたカーディガン。
中肉のウールジャージー素材(ウール100%)を使用し、伸縮性に富んだ生地は着心地の良さと
脱ぎ着する際のストレスを全く感じさせない、自然と手に取る機会が増える1枚になっていくはずです。


少しずつですがアップデートを繰り返しながら、現在のシルエットに至っているのですが
首元のVゾーンの絶妙な開き具合、袖はラグランスリーブの仕様、前身頃はコットンの生地を組み合わせた
2枚仕立てなど、作り込みをする部分とシンプルな見た目が見事にマッチしたカーディガンに仕上がっています。
素材も如何にもウールという雰囲気ではなく、毛足が短くカットされ上質な生地感のものを使用していますので
冬を越えて春先の一番冷える時期(2月~3月頃)まで、重宝するのではないでしょうか。
実際に店頭・通信販売で購入して下さった方から、着過ぎてしまう位に着ていますという言葉を頂けているので
着回しという部分でシャツに合わせてもカットソーに合わせても無理なくバランスが整えられるからだと感じています。
CARDIGAN♯4に使われているような綺麗なニットアイテムに、ミリタリーテイストのアウターなどを組み合わせて着るのが
個人的には好みで、鉄板のコーディネートの1つにもなっています。


大きなポケットが左右に付いて、前身頃は仕立てを2枚にすることで見た目がふっくらと立体的な印象に。
カーディガンの仕立てを2枚にするのは珍しくもり、空気の層が出来る事によって見た目だけでなく暖かさも
アップしてアウターとしての要素がプラスされているように感じます。


前丈に比べて後ろ丈がやや長めに設定をされています。
シャツをインナーに合わせた際にも中途半端にテールが出てしまうことがなく、躊躇せずに着る事が可能。
僕自身の経験でカーディガンでネックになるのが、袖通りの悪さと着丈のバランス。
アームもしっかりと太さを確保していますので、中肉のスウェット位まででしたらストレスなく着用が出来
オックスフォードのシャツ類でも摩擦を気にせずにさらりと袖を通して頂けると思います。
素材感やシルエットを気にせずに羽織れる羽織物は間違いなく重宝しますし、色目もネイビーとグレーの
汎用性の高い色目を選びましたので、秋・冬・春の3シーズン着回せるのは魅力ではないでしょうか。

color      GRAY

price      38000+TAX

SIZE      Ⅰ     /         /    Ⅲ


他にも素材と色バリエーションとが選べるのですが、1枚ワードローブに持っていると便利なカーディガンという事を
セレクトする際に考えてしまうとネイビーとグレーに落ち着いてしまいます。現時点ではですが・・・
着回しするには間違いない2色。グレーにするとよりシャープですっきりとした表情になるのではないでしょうか。
室内でお仕事されていて温度調整をこまめにしながら過ごしている方や、ずっと素敵なカーディガン探している方に
是非手にして頂きたいですし、きっと満足して頂けるクオリティだと確信しています。


秋口に展開しましたミニ裏毛に続き、真冬に入る丁度良い時期にウール素材が届きました。
BLOGに何回も書き続けている事ですが、素材やデザインの違う羽織物は幾つ持っていても重宝しますし
同じものをあまりに着続けれていると生地の風合いが落ちるのも足早になってしまうのは必然の事。
ローテーションを組めるお気に入りを最低でも3枚位持っていると、気温や天候に応じて着回しが効きますし
着こなしにもメリハリがついて、日々の洋服選びがより楽しいものになると思っています。
ワードローブの中心になるようなSTYLE CRAFT WARDROBEが提案するカーディガン。
是非手にしてみては如何でしょうか。

10月31日


STYLE CRAFT WARDROBE   VEST♯2

color     BLACK

price     32000+TAX

SIZE     Ⅰ    /    Ⅱ    /    

10月もあっという間に最終日。明日から11月に突入です。
朝の冷え込みも一段増して、お店にいても寒さのあまりに身体の震えが止まらずに急遽自宅へ戻りストーブを。
いよいよストーブ&灯油ライフがスタートしました。灯油ストーブが一台あるだけでBLOGを書くスピードが
全然違うことにもびっくりしました。寒さは思考を停止させるなぁとは感じていたのですが・・・
暖を取っていると、なんでもっと早く出さなかったんだろう。。と思いますね。(笑)

STYLE CRAFT WARDROBEのベストは、ラインナップされている際には必ずセレクトをしているアイテムで
今シーズンは仕立てが前身頃のみを2枚仕立てにして、背中はアンライニングの仕様に変更をされています。
選んだ生地は質の良さを感じるウール100%のブラックの生地。
生地感は中肉で柔らかくて手に取り易い印象を受けます。
ジャケットやコートのインナーにベストを挟み込むだけで保温性はぐっと高まりますし、インナーにシャツを
合わせた際の着丈のバランスと納まりの良さが、このベストを選び続けている理由でもあります。
よそよそしくなり過ぎずにきちんとした服装を出来るので、お手持ちのシャツやカットソー類の着こなしの幅を
広げるのは間違いないですし、打ち合わせや食事の際などにもだらしなく見えないので重宝するはずです。


フロントの釦は全部で5つ。
Vゾーンの深さも浅めに設定をしているので、シャツを合わせた際は勿論ですがカットソーを組み合わせた際に
より効果を発揮する作りだと感じています。ジャケット程堅苦しく見えない点とベストの場合は腕周りの可動域が
広く取れるので、これから重たいアウター類を重ねる際にストレスにならずに着用出来るのもベストならではのメリット。
前丈に比べて後丈を長くする事でシャツのテールに沿った無理無駄のない納まりの良いデザインで
プラスαのアイテムではありますが、主役にもなるし脇役にもなれる2つの顔をこのベストは持っていると思います。
自分が良いと思えるベストにはなかなか巡り合うのが難しく、だからこそSTYLE CRAFT WARDROBEのベストは
毎シーズン欠かさずに展開をしているのかもしれません。
ベストに関してはサイズ感をそこまで大きく作っていませんので、メンズのS・M・L位と思って頂いて間違いありません。


フロントには箱ポケットが左右に付き、全体的には大きく主張するデザインではないですが存在感があって
室内でお仕事をされていたりする方にも好評で、特にrasikuではコーヒー業界の方に人気だったりします(笑)
こんなベストを着て珈琲を淹れている姿をみたら、美味しさがさらに増すのは間違いありませんね。
機能的な素材のものも良いですが、ウールが醸し出すクラシックな雰囲気のベストは見た目から先ず格好良さが
プラスされますし、時間が経過しても飽きがき難いのも良さだと感じています。


大きくデザインを変更したりすることはありませんが、毎シーズン少しずつ変化をさせながら完成したデザインを
目指すSTYLE CRAFT WARDROBEの洋服。時間が経っても色褪せないデザイン、素材選びは卓越したものを感じて
頂けると思いますし、大切に着続けたい1枚になって頂けるのではないでしょうか。

9月22日


STYLE CRAFT WARDROBE  T-SWETER♯2

color     WHITE

price     19000+TAX

SIZE         /        /     SOLD

color     TOP GRAY

price     19000+TAX

SIZE         /        /    Ⅲ SOLD

今日はBLOGを二本立てでご紹介をしたいと思います。
毎シーズン欠かさずに展開をし続けているT-SWETERですが、前回はスーピマコットンのミニ裏毛素材のモデルを
ご紹介しましたが、他にオリジナルの吊り裏毛素材を用いたタイプもセレクトしました。
数シーズン前にもこの手のスウェット素材は展開がありましたが、それ以来となる久し振りのリリースで個人的にも
とても楽しみにしていた1枚。アメカジライクなスウェットはそれはそれで好んで着るのですが、それとは良い意味で
全く違う雰囲気で着れるのがポイントで、フラットなグレーの色味も好みだったりします。
肉感は中肉よりもやや厚みがあってもちもちとした質感、裏毛は起毛はさせずに毛足がやや長め。
STYLE CRAFT WARDROBEが独自に製作した吊り裏毛素材で、色は最近気になっている真っ白とグレー、
甲乙つけ難く選びきれませんでしたので、2色をご用意しました。


肩の仕様はラグランスリーブで袖口、裾は小さめの切り替えしで処理をしています。
この辺りのディティールがヴィンテージと呼ばれるスウェットなどとは違う部分で、よりすっきりと
ミニマムな表情を生み出しています。インナーにサーマルなどの保温効果の高いインナーを組み合わせて着ると、
首元からちらりと覗くインナーの見え方と想像よりも暖かく、見た目と保温性のどちらも保つ事が出来るので、
ローテク感が満載ですが個人手にはとてもお勧め。
これにインナーダウンを合わせて着るのが冬の定番スタイルで、機能的で且つ暖かみも柔らかくて適温で
気に入ってしまうと毎日そんな服装になってしまうのが唯一の注意点かもしれません。。。


身体に締め付ける部分が一切なく、且つだらしなく見えないというのがT-SWETERの人気の高さと理由ではないかと。
店頭・通信販売で1枚購入してくださった方のリピート率は非常に高く、着心地の良さは勿論ですが
見え方の部分でも、ある程度服装に気を使う方にとっては申し分のないバランスに感じて頂けているからだと思います。
ブランドを主張する様な雰囲気でもありませんし、フラットな気持ちで袖を通して頂けるはずです。
スウェット素材になると、ややカジュアルな要素が強いですが、T-SWETERは仄かに上品さが漂うので
デニムにスニーカーなどを合わせて、リラックスした大人のアメカジスタイルを楽しむのは如何でしょうか。


いつも袖を通している感覚よりも少しだけゆったりと感じました。
素材によってサイズ感の誤差は多少出ますので、いつものサイズ感で選ぶのも良いですが気分によっては
ワンサイズ小さい方が良いかもという方もいらっしゃるかもしれません。
その点は実際にお試しいただいた時のインスピレーションと、僕のお勧めサイズとでご判断ください。
※グレーはサイズⅡのみ完売となっています。


今まで手を出してこなかった、白のスウェット。
スーピマコットンのミニ裏毛素材の白も、店頭で接客をしたお客様に思っていた以上にお選びいただけて、
僕自身と同じ様に汚れが気になってしまって、手を出せなかったけれど・・・着てみると白にしか出せない
爽やかさや潔さみたいなものに同感していただけて、しみじみと嬉しさを感じていました。
シャツやTシャツは手が出しやすいのにスウェットとなると、1つハードルを感じるのは逆に面白いなと。
これを着ている日は、いつもよりもお昼を食べる速度がゆっくりになって消化にも良いのでプラスな事ばかり(笑)
今まで着てみたかったけれど勇気が出ない方に、是非お勧めしたい白スウェットです。


どうしてもメンズ服で展開するアイテムは型が限られますので、割と着こなしも一辺倒になってしまいがち。
何か刺激であったり新鮮さを出す為には、色であったり着たことのない素材に挑戦するとまた大きく視野が広がります。
いつもと同じようで、自分自身の中での少しの変化を楽しめたら洋服は更に着るのが面白く、機能的な一面以外にも
作用的な面で心の自信にも繋がるような気さえもしてしまいます。
生活のリズムやライフスタイルに寄り添うような1枚、気に入って着続けて頂けられるのを見つけて頂きたいです。


STYLE CRAFT WARDROBEの入荷第一弾は出揃いました。
これからコートやウール素材のアイテム、ベストなども入荷を予定しております。
今日ご紹介しましたT-SWETERのスウェット素材などは、朝夕の冷え込みが段々と本気を出してきましたので(笑)
中肉のスウェットは即戦力なアイテムにもなるのではないでしょうか。
1年で最も洋服が楽しい季節ですので、色々な服装で季節を楽しんでみては如何でしょうか。

9月22日


STYLE CRAFT WARDROBE  PANTS♯7

color     INDIGO

price     30000+TAX

SIZE     Ⅰ    /    Ⅱ    /    Ⅲ


今日で4連休も最終日。
連休中は秋晴れに恵まれて外へ散歩するのが本当に気持ち良くて街歩きをしている方を多く見かけました。
これだけ気候が良いと川沿いをただ歩くだけでも心が解けていくと思いますし、盛岡のような自然と街とが無理なく
グラデーションのように混ざり合う土地だからこその魅力に、改めて気づくこともあるのではないでしょうか。
涼しさも相まって、いよいよ鮭の気配もひしひしと感じているのは僕だけではないと思います。

STYLE CRAFT WARDROBEから久しぶりに新作としてリリースされた”PANTS♯7″が届きました。
今まで展開されていたパンツをベースに、フロントの仕様やパターンを大幅に変更をしたモデル。
一番の変化を感じて頂けるのは裾のテーパードが緩やかになった点で、膝から裾口にかけてキツく絞って
納まりを重視していたバランスを、新型のパンツは自然な落ち感のあるシルエットにモデルチェンジ。
らしさはきちんと残しつつも見え方は全く違う印象になると思いますので、個人的にはとても新鮮に感じました。
素材はLOOSE DENIMという凹凸の大きい綾織りの生地で、INDIGO・WASH BLACKの2色をご用意しました。
通常のデニムと比べると厚みは倍とまではいきませんが、かなり迫力のある生地感で真冬にも十分に対応可能だと
思いますし、ありきたりな表現ですが経年変化がとても楽しみな1本。
頭で思い描くデニムとは全く違うデニムになりますが、洋服好きな感覚で穿いてみたいと純粋に思ってしまいます。
サイズもⅠ・Ⅱ・Ⅲとフルサイズで揃えていますので、小さ目のサイズは女性が穿くのもお勧めです。


ウエストは直線的なパターンで、ベルトで絞って穿く事によりシルエットが出てくるように作られています。
その分ベルトループの本数と位置は工夫をされていて、最初は難しく感じる事もあると思いますが
今まで穿いてきたパンツのサイズやシルエットの概念を柔軟に変えてくれるきっかけにもなるかもしれません。
所謂5ポケットのパンツという訳ではないですし、かと言ってトラウザーというのも違和感があって
STYLE CRAFT WARDROBEならではのパンツとしか言いようがないのですが、頭の中で考えるよりも感覚を信じて
穿いて頂ければ納得して頂けるような気がしています。
僕自身も最初の頃は頭で考えようとし過ぎたり、固定概念が邪魔をして柔軟な発想や着方が出来ていませんでしたが
少しずつ、こういったアイテムを身に着ける事に心地良さを感じられるようになってきました。
そのきっかけになったのは間違いなくSTYLE CRAFT WARDROBEの洋服に袖を通すようになってからかもしれません。
特にパンツの合わせ方をウエストサイズに縛られなくなったのは、自由に洋服を身に纏う感覚の第一歩だった気もします。


股上は深く設定し、ワタリ幅も大きくとられているので身体を締め付ける部分は一切ありません。
デニムよりも上品なイメージで着用が出来て、足元は着用写真のように革靴で引き締めても良いでしょうし
ラフにローテク系のスニーカーで合わせても溶け込みます。


穿き方はウエストをベルトでぎゅっと絞って膨らみを出すのがお勧めですが、出したいシルエットやウエストが
大き過ぎると違和感を感じる方もいらっしゃると思いますので、その辺りは自由に選んで頂くのがベストだと思います。
1つ1つの製品の完成度が高く、シーズン毎に新しいモデルは1型ずつのペースでリリースされているのですが
新作のPANTS♯7は、僕がイメージしていた穿きたいと思うシルエットにぴったりと当てはまっていて
特に普段からワイドパンツを好んで穿く方には、また新しい切り口に感じて頂けるのではないでしょうか。
是非試して頂きたいです。

STYLE CRAFT WARDROBE  PANTS♯7

color     WASH BLACK

price     30000+TAX

SIZE     Ⅰ    /    Ⅱ    /    Ⅲ


INDIGOの他に同素材でもう1色”WASH BLACK”をセレクトしました。
色目としては真っ黒というよりも、所々のグレーの糸が混じったような深みのある墨黒と言えばイメージが
湧き易いでしょうか。最近は個人的にも黒のパンツを好んで穿くようになってきていて、インディゴとはまた違う
洗練された雰囲気に感じて頂けるのではないでしょうか。
きりっと全体を整えるのもありですが、あえて足元に遊びのある色を利かせるとハズシになって良いでしょうし
何処かその人の色であったり好みや癖を出した着こなしをして頂けると、ぱっと見の格好良さというよりは
全体の空気感がよりその人らしい格好良さとなって現れるような気がします。


パンツの丈はお直しをしていない状態で、靴にワンクッション掛かる程度の長さになります。
これはこれで穿き方としてはありだと思いますし、すっきりと靴全体が見える位にカットして穿くのもお勧め。
丈詰めした状態になると、また違う見え方になるので細部を気にしてみるのも面白さが増す理由になるのではないかと。


STYLE CRAFT WARDROBEでは久しぶりとなる新型のパンツ。
自分自身も何かを変えたいと思う時は足元(靴)もしくはパンツを変える事で、気分が一新されるような気がしていて
今まで散々穿いてきたデニムとは方向性が全く違うのも新鮮に感じましたし、寒さという面からも秋冬パンツの
選択肢の1つとして厚みのある生地感は安心感を感じて頂けるのは間違いありません。
また新たな定番アイテムとして、rasikuにも馴染んでいって欲しいパンツに出逢う事が出来ました。
是非体感して頂ければ嬉しいです。

9月13日


STYLE CRAFT WARDROBE   SHIRTS♯4

color     BLUE.IND

price     24000+TAX

SIZE         /    Ⅱ    /     SOLD


昨日からようやく秋らしさを感じる事が出来、服装に関しても長袖が違和感なく溶け込むようになったのが
洋服を生業にする者としてはとても嬉しい。半袖を着たままの服装でコートやニットを着ても正直イメージが
湧きにくいでしょうし、それは僕自身にも同じ事が言えたりします・・・

STYLE CRAFT WARDROBEから毎シーズン欠かさずに提案をしているシャツですが、今シーズンはインディゴの
フランネルに載せかえてオーダーをしています。rasikuでは定着してきた感のあるバンドカラータイプのSHIRTS♯4。
胸ポケットが付かないミニマムなデザインで、リラックスしたムードの中にきちんと感がプラスされています。
昨シーズンあたりから気になっている素材の1つコットンフランネル。温かみのある素材感でウール程に気を使わずに
きちんと保温性を保てるので、冬場にセーターを着たくないなと思う日にインナーとしてとても重宝しました。
インディゴの先染め生地というだけで雰囲気が抜群ですし、即戦力として間違いない1枚。
店内を見渡してもインディゴ系の製品が段々と増えている気がしているのですが、自分自身としては無意識で
オーダーをしてしまっていて、各メーカーから届いてお店に並べるとブルーの比率が多くてびっくりします・・・(笑)
それ位魅惑があって好きな色でもあり、経年変化を楽しみながら着れるのもインディゴのプラスαの部分で
SHIRTS♯4のブルーインディゴもじっくりと時間をかけながらお付き合い出来るシャツになって頂けるのではと。


シルエットは全体的にゆったりと設定し身体を締め付けるような部分は一切ありません。
裾のテールの振れが大きく出て動きのあるシャツで、何かを重ねたりするよりも潔く1枚でさらりと着る方が
バランスを崩し過ぎずにイメージに合うと思います。
カジュアルな生地感ですので、パンツは特に意識をせずに普段合わせているようなもので良いと思いますし
シャツのデザインも完成度が高く、且つインディゴの生地で雰囲気抜群ですので、下手にあれこれせずにすっきりと
着る方がシャツの特性をより活かしてくれると思っています。


同じデザインで生地違いを幾つか持っていますが、それでも毎シーズン買い足したくなってしまうのは
着易さは勿論ですがデザインと機能性、一見すると普通そうに見えて袖を通した時の感覚が全く印象と異なる点が
rasikuでもリピートする方が圧倒的に多い理由になっていると思います。
今シーズン選んだインディゴのフランネルも、新鮮に感じて頂けるとリピートの方も新しく手にしてみたい方にも
どちらにもとてもお勧めです。

STYLE CRAFT WARDROBE   SHIRTS♯5

color     INDIGO

price     25000+TAX

SIZE     Ⅰ    /        /    


もう一型は数年振りにセレクトをしましたSHIRTS♯5
襟型はレギュラーカラーで胸ポケットを付けたデザインで、大ぶりな釦が並びます。
STYLE CRAFT WARDROBEのラインナップの中でレギュラーカラーのシャツは、この他にもSHIRTS♯1というモデルで
展開をされているのですが、それとは全く違う印象。僕のイメージでは無骨なワークシャツをクリーンに
削ぎ落した様な感覚があって、最近の気分としてまた1周して強さを感じるシャツも良いなと思っています。
ストレートに表現しているものは年齢を重ねるにつれて手に取り難くなっているのも事実。
着用した際のトータルでのバランス感や前面にディティールやパーツ、縫製の仕方などが押し出され過ぎないのに
惹かれてしまいます。選んだ素材は同じフランネルを使用していますが、深くて濃紺な色目で男性好みな色合いに
感じて頂けるのではないでしょうか。


SHIRTS♯4と同様にテールの振れが大きく出るデザインで、生地の厚みも相まってシャツジャケットの様な
役割も果たしてくれると思います。シャツとしても羽織物としても、どちらにも適応出来る懐の深さと
濃紺のインディゴならではの真っ直ぐに気持ちを揺さぶってくる感じがとても好みです。
本当はシャツを買うつもりが一切無かった・・・という方が手に取って下さったりと(笑)
実物を見てしまうと引き込まれるオーラがありますね。他のデザインでもオーダーをしたかったのですが
他にも魅力的なアイテムが沢山あったので、ぐっと堪えてシャツ2型に絞ってのご提案になります。
SHIRTS♯5は、STYLE CRAFT WARDROBEのシャツの中では少し違った印象を持って頂けるのはないかと
思いますので、これはこれでとてもお勧め1枚です。


洋服が好きな方にとっては、分かっているけれど止められない魅惑のインディゴシリーズ。
湿度のない秋風の様に爽やかなシャツは、これを着て何処に出掛けたいかを考えてしまいますし
身体を包み込んでくれるような優しいフランネルの着心地は一度着てみると病みつきになるのは間違いありません。
STYLE CRAFT WARDROBEが提案するインディゴフランネルのシャツ。この秋の本命シャツとして如何でしょうか。

PageTOP