3月9日


STYLE CRAFT WARDROBE  JACKET♯3

color    DARK NAVY

price    54000+TAX

SIZE         /        /    Ⅲ  SOLD

今日の盛岡は、昨日よりも更に暖かさが増して薄手のコートで歩いても十分なくらい「春」を告げる気候。
裏起毛のスウェットを着て出勤してきましたが、お店に着く頃には汗をじんわりと搔いていて
自分の想像を超える暖かさに思わず脱いで涼んでしまいました。
まだまだ寒暖差がある時期なので油断は出来ませんが、暖かいというだけで身体が強張らずに動き
おかげで店内の衣替えも順調に進んできております。

STYLE CRAFT WARDROBEから春物が届き始めています。先ずはジャケットとパンツを同素材、セットアップの提案。
単品でも着るのも良いですが、セットアップで持っていると何だか不思議と安心感も得られます。
ドレスの様な仕立てという訳ではないので、あくまでもカジュアル使いになるのですが、仰々しくならずに
肩の力を抜いて着れるという点で、個人的にも春先から初夏にかけて良く合わせて着ています。
インナーはシャツでも良いですが、襟の大きくないレギュラーカラーか、もしくはバンドカラーで
合わせると納まりが良いと思います。
ジャケットのデザインを活かすのであればラフにクルーネックのカットソーとの合わせが心地良く、
カーディガン感覚で羽織れるのも、このジャケットの大きな特徴かもしれません。


今シーズン選んだ素材は、夏まで着れる事を想定してシャリ感のあるキュプラ57%×コットン43%の混紡素材。
薄手の生地ですが、目がしっかりと詰まっていてハリ感の強さを感じて頂けると思います。
キュプラの割合が半分以上を占めているので、生地の表面に光沢があってエレガントさも併せ持っていて
特にセットアップで着用した際には、生地の風合いも相まって綺麗な印象を与えてくれます。
日常から少し畏まった場まで対応出来る懐の深さもポイントです。


ラペルは好みで出したり、そのままスタンドにして着るのも良し。
インナーのバランスと、気分によって着方を変えてみて頂ければ。


袖口に釦が1つ、両サイドにスリットが入り、フロントには大き目のパッチポケットが左右に付きます。
身頃に絞りは一切なく直線的なパターンで、見た目はカバーオールにも近い感覚があるかもしれません。
仕立ては1枚で袖周りなどはゆったり目に設定しているので袖抜けも良く、半袖のカットソーを合わせたら
ひんやり、そしてさらりとした生地感を肌に感じて頂けると思います。
服が直に肌と触れる事が多くなる季節なので、心地良いと思える素材を手にしていきたいですね。


サイズ選びもSTYLE CRAFT WARDROBEの洋服を着る上では重要な要素。
ジャストサイズではなく、身頃に余裕を持ったサイズを選んで頂きたいです。
少し生地が浮くくらいの印象で着るとストレスがなく、見え方もリラックスしたムードに感じて頂けると思います。
洋服によって解釈や捉え方があると思いますが、こういった自由度の高いものを実際に着てみて感じる事や
物事を正面から見るだけでなく柔軟に考えたり、挑戦していく事の大切さにも気付かされたりもするはずです。
何シーズンも展開を続けているジャケットですが、素材によって服の持つ空気感が全く違ったものに映るので
素材違いで持っていてたくなってしまうくらい完成度の高い1枚です。

STYLE CRAFT WARDROBE  PANTS♯5

color    DARK NAVY

price    34000+TAX

SIZE         /    Ⅱ    /    Ⅲ


独特なパターンで見るのと穿くとでは全く印象の異なるパンツ。
ウエストはゆったりと設定をし、ベルトで絞って穿くことで膨らみのあるシルエットを構築。
膝から裾にかけて極端にテーパードをかけることにより、納まりがすっきりとして上品さも併せ持った魅惑の1本で
スリムでもなくワイドでもない、何にも属すことのないオリジナルのデザインだと思っています。


大き目のパッチポケット、ベルトループも多く付いているのでサイズをアップして穿いた際にもよれが出ないように
秀逸に計算されたシルエットを構築しています。
rasikuでもリピートして下さる方が多いパンツで、独特な穿き心地ですが穿き方が分かってくると洋服の奥深さと
面白さが増してきて、今まで手にしてきたパンツとは良い意味で違った感覚を手にして頂けると思います。
僕自身もこのパンツを穿いてからは、ウエストのサイズが大きなものでも気にせずに穿けるきっかけになりました。
自分の思っているサイズ感や固定概念を変えてくれた1本で、創造力を掻き立てられるのではないでしょうか。


股上は深く設定されていて、ウエストをマークする位置は低い位置ではなくしっかりと高い位置でキープすると
裾にかけてのラインが綺麗に出てきます。着写は裾の処理を施さずに折り込んでいるだけですが、長さをきちんと
調整してステッチを入れるとより良さが出てきます。靴がすっきりと見える長さが合うと思います。


STYLE CRAFT WARDROBEの洋服は洗練された雰囲気に、独自の視点で取り入れられたクセがある所に惹かれます。
ミニマムで削ぎ落した服装をするのも格好良いですが、どこかその人らしさであったり引っ掛かる部分があると
更に良さが引き立てられると感じています。1か所に古着を取り入れたり、サイズ感でバランスを保ってみたりと様々な
工夫やアイデアを持ちながら袖を通して貰うと、その人らしさがプラスされて良さが引き立てられるのではないでしょうか。
朝夕の冷え込みは続きますが、日中の気温が今日くらい高いと薄手の生地の洋服にも気持ちが移行していきそうです。
変わることなく作り続けられているジャケットとパンツ。是非お試しください。

12月17日


STYLE CRAFT WARDROBE  WADDED COAT

color     NAVY

price     68000+tax

SIZE          /      SOLD


昨日の朝はあまりの寒さ(-7℃)に家全体が凍り付いていました。
室内なのに吐く息は白く、縮こまった身体をさすりながらストーブに火を付けてお湯を沸かします。
ふと外を見るとこんな過酷な状況の中、朝6時から颯爽とランニングしている方の姿を見て驚愕。
雪が無いとはいえ、ランナーに気温は関係ないのでしょうか?氷点下の中で朝野球をしてた自分が言うのもなんですが。笑
古い家の生活は、隙間風は当たり前。言わば外とほぼ変わらないくらいの環境で暮らしているので、ここから3カ月は
半分修行のような気持ちで日々を送る事になります・・・。
温かな飲み物と食べ物がより一層美味しく感じられるのと五感が鋭くなるのがメリットなのかもしれません。

STYLE CRAFT WARDROBEから毎シーズンリリースされている中綿入り(化学繊維)のコート。
今まではベストのみ一度だけ展開をした事があったのですが、rasikuでは初めてのロングコートバージョンになります。
ずっと展開をしたいと悩んでいたのですが、他にも良い商品があり過ぎていつもオーダーに至らなかったのですが
自分自身のワードローブにも中綿入りのコートを持ち合わせていないので、素直に着てみたいという気持ちで展開しました。
お尻が隠れるくらいの長さに設定をして、中綿の量もモコモコにならない印象で、ダウン特有のボリューム感を程よく
抑えているのが特徴と言えます。通常のダウンジャケットと比べてミニマムな作りで、どことなく大人な雰囲気が漂う
コートだと思っています。他とは明らかに違う一面を感じて頂けるのはないでしょうか。


表側に釦や釦ホールなどのディティールは一切なく、スナップ釦を採用する事によりフラットな表情を作り出します。
素材はマットな質感で目のしっかりと詰まったポリエステル100%を使用。
化学繊維特有のチープさなどが無く、落ち着いた色目と質感はむしろ品の良さすら感じ取れます。
完全防水ではないですが、冬の冷たい雨や雪を防ぐには十分な生地感で風もしっかりと防いできれますので
特に天候が悪い日などには自然と手が伸びるコートだと思います。
肩のラインはスプリットラグランを採用しフロント側のみに肩線が入ります。可動域は広く袖周りもゆったりなので
インナーに合わせるモノをイメージすると、シャツにベストを合わせたり・中肉のスウェットやセーターくらいが丁度良く
ダウン特有の着膨れを防ぐ為にも、あまり厚手のものとを組み合わせない方が◎です。


衿元は小振りなスタンドカラーで、ストールやマフラーとの組み合わせが抜群。
ポリエステルのつるりとした生地感に天然素材とを合わせると、一見するとアンマッチな雰囲気に感じてしまいそうですが
異素材同士のギャップが出るのが逆に新鮮で良かったりします。巻物はウールは勿論ですが、カシミヤやシルク混などの
高級素材と位置づけされている表面に光沢のあるものを組み合わせるとコート・巻物どちらも良さが更に際立つと思います。
個人的にはタートルネックなどを合わせるのも良いかもしれませんが、首元のデザインを最大限に引き立たせることを
考えると巻物を合わせる事で生まれる雰囲気が抜群に良いと感じています。


前丈と後丈とのバランスを大きく変えているのも”STYLE CRAFT WARDROBE”の作っているコート全般に共通して言える
特徴的なシルエット。車を運転する際にも着丈が長くなり過ぎずにコートを着たままでもストレスが殆ど無く、
前から見た際の印象と後ろ姿に大きなギャップが生まれるのも、他とは違う作りというのを実感して頂けるはずです。
デザインとして全体の収まりに優れている点と洋服としての機能性とのバランスに優れたダウンコートだと感じています。
アウトドアメーカーやスポーティーなブランドのテイストとは全くニュアンスの異なるダウンウェアなので
日々の日常着として違和感なく溶け込んでくれると思います。


袖口には風の侵入を防ぐリブが配してあります。
寒く感じる事の一番の敵は風の侵入で、目に見えない部分への抜かり無い作りだと感じて頂けるはずです。


中綿入りのコートは冬の必須アイテムとして、様々な種類と選択肢が豊富に出そろっているのではないでしょうか。
自分自身の今までの経験を踏まえながらお店で提案をしたいと考えた際に、先ずは冬の着こなしが単調にならずに
長い目で見て飽きずに着れる事が重要で、出来る限りスポーティーではなくクラシックなデザインが良いなと感じました。
着丈がある程度長い方が暖かさという面とインナーのバランスをそこまで意識せずに着れるので、冬のコートとして
最も必要な汎用性の高さという部分で間違いなく活躍してくれる1枚だと思っています。
STYLE CRAFT WARDROBEの作るダウン入りコート。冬の本命コートとして如何でしょうか。

12月7日


STYLE CRAFT WARDROBE   COAT♯22   

color     DESERT

price     58000+tax

SIZE         /     SOLD


秋冬でオーダーをしていた商品が届くのも残り僅かとなりました。
STYLE CRAFT WARDROBEの今シーズンの新型コートは、今までのコートよりも更にすっきりとミニマムな表情に
仕上げたシングルタイプのハーフコート。フロントの釦はやや高めの位置に配して動き易さを重視したバランスに。
素材はイタリア老舗生地メーカーのリモンタ社が作る綾織りのコットン100%の生地を使用。
前回はPANTS♯5でカラー”SLATE”を展開したものと同素材になります。
しっかりとした厚みがあって表面に斜めの畝がうっすらと見えるワイルドな素材感。
春・秋・冬の3シーズンに対応しデザインもシンプルで飽きがきにくいと思いますので、冬に限定をしない汎用性を
求めてコートを探されている方には自信を持ってお勧め出来る1枚です。
サイズはⅢが完売してしまったのでⅡのみのご提案になります。


衿元は写真の様にスタンドにしてもラペルを設けても、どちらにも対応出来るようなデザイン。
後ろ側が立ち上がっていますがすっきりと見える分、冬場はストールやマフラーで保温性をプラスするのがお勧め。
肩はスプリットラグランを採用し、前側に肩線が入り後ろ側はラグランスリーブになる仕様。
STYLE CRSFT WARDROBEのコートの殆どに使われる仕様で、肩から袖にかけてはたっぷりと生地をとっているので
肉厚なインナーを着ても袖抜けが悪くなるという事はありません。
仕立てに関してもキュプラの生地が総裏で張られているので、コットン100%のコートですが風が抜けにくく
余程の寒さでない限りは冬でも十分に着て頂けると思います。


肩回りはゆったりとしているのですが袖口にかけてきつくテーパードをさせているのも特徴的。
単にビックシルエットの様なサイズ感にするのではなく、あくまでもコート全体の纏まりと品の良いバランス感。
STYLE CRSFT WARDROBEの服を着れば着る程、考え抜かれたシルエットやパターンの秀逸さなど着れば着る程に
肌で感じ取って貰えると思っています。それは明らかに着る頻度にも自然と表れてしまうのだと自分だけではなく
ご購入下さったお客様からも感じるのですが、きちんとした身なりとリラックスした着心地があってこそ。
洋服の着方や捉え方についても、今までとは少し違った角度から新しい感覚を与えてくれるのも人気の理由だと思います。
感性を揺さぶられる事も大切な要素になるのは間違いありません。


トップの釦を開けて襟を作るとジャケットの様な見え方へと変わります。
そこまで厚着をしていない秋や春先などは中はシャツ一枚、もしくはカーディガンなどを羽織ってざっくりとした
コートを羽織るのもサマになると思います。
裏地は黒のキュプラの生地との組み合わせ。
自分自身の今現在の生活の中で最も出番の多いコートは、表地が目の詰まったコットン100%で総裏仕立てが
何だかんだと着てしまいます。これからより寒くなればウール等の暖かいコートも着るのですが
ローゲージのニットの日もあればインナーダウンを間に挟む日もあるので、そうなるとつい中に着る服に
左右されずばさっと羽織れるコートが重宝するのは必然。
ただコートというアイテムその物が好きなので、毎年試行錯誤をしながら展開しては自分も必ず何かしら選んでいて
ある程度のバリエーションがあった方が楽しみが増えると思っています。
春先はベージュの色目も合わせ易く、白やブルーのシャツに颯爽と着て頂きたいですね。


前の丈に比べると後ろはやや長めに設定されています。
深いベントが入るのでコートを着たまま車を運転などにも支障が出にくいですし、クラシックなコートの様な重厚感や
見た目の重たさは感じずに着れるのが良いなと感じています。
ベージュの2枚仕立ての素敵なコートを探されている方がいましたら、是非袖を通して頂ければと思います。
サイズはⅡなので、普段SもしくはMサイズくらいを着られている方に気持ち良く着て頂けるはずです。

11月9日


STYLE CRAFT WARDROBE   VEST♯2

color       NAVY NEP

price       29000+tax

SIZE       Ⅰ    /    Ⅱ    /     

最低気温と最高気温が一桁になるような週間天気予報。
昨日は灯油を購入をしたり、自分達の洋服の衣替えをしたりして、一歩ずつ着実に冬への準備を済ませています。
考えずとも暖かな素材のニットや巻物、コート類にも自然と手が伸びる様になってきました。

STYLE CRAFT WARDROBEから昨年は展開の無かったベストですが、今季はラインナップにあったので嬉しく
ウール×コットンの深みのあるネイビーの素材でセレクトをしました。
程好い首元のVゾーンの開きとしっかりと着丈の長さがあるベストは、シャツと組み合わせてもテールの長さを
気にせずに着れるのがポイントでカットソーとも相性が良く、これからの季節はミドルレイヤーとして重宝する1枚。
シンプルなデザインですが、ニ枚仕立てという事もあり保温性も高く存在感が際立つ作りのベストだと思います。
個人的にもベストを良く着ているので好みのモノを探すのですが、着丈のバランスや素材感、クラシックな雰囲気に
振り過ぎて丈が短かったりなど、なかなかイメージに合うと思えるが見つからなかったりします。
先日ご紹介しましたnisicaのもそうですが、シャツと組み合わせた際の全体の納まりの良いものを厳選して選んでいます。


STYLE CRAFT WARDROBEの作るベストは、革靴にスラックスを合わせてもサマになる様な印象を受けます。
素材はウール68%・コットン32%の混紡素材を使用し、裏は黒のキュプラを張り合わせています。
色目は単色のネイビーという訳ではなく、幾つもの複雑な糸がミックスされていて立体的な表情。
フロントの釦は全部で5つで、シャツを合わせた際にはタックインしても良いでしょうし、タックアウトで
ラフな着方をしてもどちらにも違和感なく対応出来ると思います。


ハンドウォーマーポケットとは言いませんが、スリット式のポケットが左右に付きます。
前丈と後丈で長さを変えているのも特徴的。
シャツのテールは後の丈が長いものが殆どなので、このベストを組み合わせた際にレイヤードが綺麗に見えるはずです。
1つ1つのディティールはとてもシンプルですが、計算された作りというものをSTYLE CRAFT WARDROBEの洋服を
着用をすればする程に、感覚的にも視覚的にも理解出来る瞬間が幾つもあって、それが服を着る面白さや自分にとって
様々な刺激になるのは間違いありません。
ベストは春夏に比べて秋冬シーズンの方が圧倒的に活躍する場面が多くあると思いますので、今まで着たことの無い方や
試してみたいと思う方には、良い時期だと思いますのでお手に取っていただけたら。


保温性を保つ為には、そのモノ自体が暖かいというのも重要ですが、空気の層を幾つも作ると保温効果がより高まります。
シャツやカットソーの上からベストを重ねてコートやジャケットを着ると体感温度は大きく変わりますし着こなしに
関しても程よいアクセントが生まれます。ベストを合わせる事で着難かったシャツにも手が伸びる事もあるかもしれませんし
様々な相乗効果が期待出来るのではないでしょうか。

STYLE CRAFT WARDROBE   JAKET♯3

color       NAVY NEP

price       45000+tax

SIZE       Ⅰ    /        /    Ⅲ 


今シーズンは同素材で、定番で作り続けられているJACKET♯3もご用意致しました。
ベストとの2ピースでの着用もイメージが膨らみましたので、素材をウール×コットンに統一しての展開。
ジャケット単体でもベストだけで着用してもどちらも十分な雰囲気があるのですが、たまにはセットアップなど
着方にアレンジを加えるのも洋服の醍醐味だと思っています。
肩肘を張らずにカーディガンの様に羽織る事の出来るジャケットは、身頃に絞りがなくボックス型のシルエット。
程好い緊張感を保ちながらも心地良く袖を通す事が可能で、堅苦しく見えないのと長時間着ていても疲れにくく
何処に行くにも恥ずかしくないジャケットだと感じています。



ラペルは軽く設けていますが、写真の様にスタンドにして着用するのも可能。
個人的にはこれくらいのラペルの方が気軽に手に取り易いと思いますし、日常使いでカジュアルを考えるとインナーとの
合わせもそこまで考える必要がなくなるので、手に取る回数が自然と増えるのではないかと思っています。
仕立ては2枚でベストと同様にキュプラの生地を合わせています。
滑りの良い生地を組み合わせる事によって、ミドルゲージのニットくらまででしたら合わせても問題ないでしょうし
肩や腕周りもゆったりとした設定ですので、インナーとの相性を気にせずに着る事が出来るのもジャケットを選ぶ上での
大きな要素の1つになるのかもしれません。


バックスタイルは控え目にサイドにスリットを入れる事で、ボックス型を崩し過ぎない最小限のディティールに。
ポケットは左右に大きなハンドウォーマーポケットを完備し、内ポケットなどは一切ありません。
袖口はスリットで釦が1つ付きます。もし少し長さを感じる場合は一折して着るのもありだと思います。
ドレススーツのジャケットの作りとは大きく異なりますが、重厚になり過ぎない所が逆に新鮮で良かったりもします。


STYLE CRAFT WARDROBEの作るジャケットは毎日カジュアルな服装をする方にとっては勿論ですが、
普段スーツでお仕事をされたりしている方でも、休日に出掛ける際にもジャケットを羽織りたいと思えくらいの
着心地と汎用性の高さを兼ね備えているのは、袖を通せば実感して頂けると思います。
年齢を重ねれば重ねる程に、ある程度きちんとした服装を心掛けつつも着ている本人が気持ち良く過ごせるのは
とても重要。街歩きにも丁度良いでしょうし車移動が中心の方であれば冬でも対応が出来るのではないでしょうか。
ベストとジャケット、どちらも素晴らしい作りですので冬を心地良く過ごす為の洋服を選んで頂きたいです。

10月28日


STYLE CRAFT WARDROBE  T-SWEATER♯2

color    NAVY

price    20000+tax

SIZE        /        /     SOLD

color    GRAY

SIZE        /        /     SOLD

昨日に引き続きSTYLE CRAFT WARDRROBEの商品をご紹介します。
春夏・秋冬と素材を変えながらリリースされている”T-SWEATER”
ストレスを感じさせない独自のパターンから生まれる絶妙なシルエットと抜群の着心地の良さは、一度着ると
忘れられなくなる感覚があり、rasikuではシーズン毎に素材違いや色違いで買い足して下さる方が多い逸品です。
秋の始めにスーピマコットンのミニ裏毛のタイプを紹介させて頂きましたが、朝夕の冷え込みが厳しくなってきた
絶好のタイミングでウール素材も入荷。昨年までセレクトしてきた生地は、ウールジャージーという伸縮性に
富んでいたものでしたが、今季は雰囲気を変えて表面が少し起毛した圧縮ウールをセレクト。
ジャージーと比べると伸縮性は劣りますがぎゅっと目が詰まっているので保温効果に優れた素材になります。
スウェットと同様の感覚で着れるセーターは日常着として気を使わずに手を伸ばす事が出来、休日にリラックスして
過ごしたい方などに、清潔感があって何処に出掛けてもきちんと見える服装が出来るのは嬉しいのではないでしょうか。


シルエットは身頃がゆったりとしているのに対して、着丈はすっきりとした長さに設定。
最初着たときは大き目な印象を持ちますが、ルーズさとは全く違う、意図的に出されたシルエットですので
時間の経過と共に馴染んでくる感覚があります。
袖口と裾は切り替えの処理が施されています。リブではなく切り替えにする事で、セーター全体に統一感が増して
テンションに窮屈な印象が一切なく、着心地の部分でのプラスαに繋がっているディティールだと思います。


肩はラグランスリーブを採用。
可動域の広さと生地のドレープが綺麗に見える部分で、ラグランスリーブのカットソーやセーターを探すと
なかなか見つかり難く、服装に対して動き易さを重視する方には特にお勧めです。


着心地を最も左右すると言っても良い軽さ。
圧縮のウールを用いているのでとても軽く、長時間着用した際のストレスも殆どないと思います。
軽い重いとは別に、見た目の軽やかさも”STYLE CRAFT WARDROBE”の素材選びとパターンとが相まって
生まれる特徴と言えます。セーターに対する概念や感覚が変わるかもしれない1枚ですので、とてもお勧めです。


カラーは”NAVY”と”GRAY”の2色展開。どちらの色目も深くて渋い色味です。
セーターには様々な種類が存在しますが、気合を入れ過ぎずに袖を通せるのは一番の良さだと感じています。
普段穿きなれている様なお気に入りのデニムやチノパンなどにシンプルにさらりと合わせるだけで十分に良い雰囲気に
なると思いますので、選択肢の中の1つとして如何でしょうか。

PageTOP