9月26日


STYLE CRAFT    KITCHEN SHOES

color          OIL SUEDE BLACK

price          38000+tax

SIZE          25   /   26   /   27 

STYLE CRAFTは革の鞄を軸にして財布や小物を展開しているブランドですが、実は靴も種類も充実していて
以前レディスで展開した事がありました。
ラストからオリジナルで製作し、プレーンな表情の中にもオリジナリティのある革靴を生み出しています。
KITCHEN SHOESは商品名にある通り、厨房で良く履かれている靴をデザインに用いたスリッポンタイプのシューズ。
甲が長く足全体を覆うように伸びているのが特徴的で、独特のシルエットを生み出しています。


今回オーダーしたレザーは毛足の短いきめ細かなオイルスウェードを用いています。
時間の経過と共に内側からオイルが染み出してきて、表面全体に程良い光沢感が生まれてくる素材。
革の質に関しては一切妥協を許さないブランドだからこその、経年変化を楽しめる1足になると思います。
数か月前に自分用にオーダーをして履いていますが、今まで履いてきた革靴とも違った良さを感じています。
かちっとした革靴も勿論好きですが、それとは全く違うアプローチで服装を選ばずに合わせられる良さがあって
ソールはクレープソールを採用しているので、革靴とスニーカーを足したような履き心地も面白いです。


ラストは甲が低く設定をされていて、横幅はすっきりとしたバランスに仕上げています。
甲の内側にゴムが付いていますので、履いているうちにある程度広がりが出ますので余程幅広の足の方でなければ
履いて頂けると思います。私も履き始めは少しワイズが窮屈に感じていましたが、1か月くらいで足に馴染んできましたので
紐での調整が出来ない分、やや小さ目のフィッティングで選ぶ方が良いかもしれません。


実際に履いてみると、かちっとし過ぎない程良く抜け感のある表情が印象的です。
休日に手入れの届いた革靴を履くのも格好良いと思いますが、自分自身のライフスタイルと照らし合わせると
そういう綺麗な革靴を履く機会は以前と比べると、ぐっと減った様に感じています。
今の生活に合わせたモノを選びたいという気持ちがあって、STYLE CRAFTのシューズはクレープソールの履き心地や
如何にもというような・・・恰好良く決まり過ぎない感じがとても心地良く感じています。
其々に価値観はあると違うので、全ての人に当てはまるという訳ではないと思いますが年齢や生き方にあったモノ選びを
するというのもセンスを磨いていくうえでも大切な要素ではないかなと思っています。


ぱっと見でどこの靴か良く分からない、そんな不思議な感じも好みな点かもしれません。
今回はテーパードの効いたパンツと合わせましたが、太いパンツとの相性も抜群です。
古着のストレートで野暮ったいボトムとも好相性ですし、スニーカーだとカジュアル過ぎるなと感じる日に
案外出番が増えると思います。足元の選択肢がマンネリしている方にお勧めしたいスリッポンシューズです。

9月17日


STYLE CRAFT   T-01(DEER SKIN)

color         BLACK

price         62000+tax

SIZE         36×38×5 SOLD   


一切の無駄を省いたワンストラップタイプのトートバッグ″T-01″
ここ最近はとても好きで季節問わずに続けて選んでいるモデルです。
今シーズン選んだ革は柔らかさと柔軟性を持ち合わせた″DEER″(鹿革)。
マチがそれほど大きく設定されていないので、お財布、携帯、小さなポーチなどの必要最低限の荷物を入れて
持つのに良いサイズ感です。お食事に出掛ける際や、さっと街歩きなどの普段使いにお勧めしたいバッグです。
STYLE CRAFTが拘り抜いて選んでいる″鹿革”はブランドが立ち上がってからずっと提案し続けている革の1つで、
近年は良い状態の革が減少してしまい同じ質感を保つのがとても難しい状況にあるそうです。
未使用の状態でも表面に程良い光沢があって、手に触れた時の質感がとにかく素晴らしいです。
鞣しの段階でオイルをたっぷりと含ませている革なので、使用しているうちに内側からオイルが染み出てきて
重厚な雰囲気と凛とした美しさが際立ち、それでいて温かみのある両方を持合わせた佇まいに変化をしてきます。


ハンドルの長さは必要最低限に短く設定をして、外側に何もないシンプルでミニマムな見た目がSTYLE CRAFTの特徴。
インナーはワイルドヘンプで作られたオリジナル生地を使用し、ZIP付きのインナーポケットが1つ付きます。
レザーバッグとは思えない程に軽さと、レザーの質感をしっかりと感じて頂けるはずです。


ぎりぎり肩に掛かるぐらいの持ち手。
最初は短いかも・・・と思う事もあるのですが使っているうちに絶妙なバランス感が癖になってくると思います。
計算し尽くされた持ち手の長さや大きさなど、ただ単純に見ただけでは分からない奥深さがバッグに詰まっています。


気分を上げてよそ行きの素敵なワンピースに合わせて持ったりもきっと合うでしょうし、良いなと思いますが
そんな特別な場面だけでは無く、好きな喫茶店に珈琲を飲みにの時でも良いですし、美味しいご飯屋さんへ
行く時にでも良いですし、自分の中の良い日にのバッグを持って出掛けたいという風に持っていただけたら
嬉しいなと思います。靴やバッグは新調するとついつい浮かれて出歩きたくなってしまいます。
何よりも使えば使う程に、素材の風合いはぐっと良くなりますので、とてつもなく愛着のわく鞄のひとつに
なってくれることと思います。
久々に届いたDEERの質感にもうっとりしています。ぜひ実際にご覧いただきたいです。

8月27日


STYLE CRAFT   MESH BELT

color         NUME BLACK

price         24000+tax

SIZE         S    /    L

STYLE CRAFTからぎっしりと編み込まれた見るからに強さを感じる″MESH BELT″が入荷しています。
以前にも一度オーダーをしていましたが、今回のタイプからより編み目をきつくして耐久性を増した作りに
変更されています。最初は編み目がきつくてピンが入り難いかもしれませんが、次第に良く使う部分の穴が
広がってきますので慣れるまでは少しだけ時間が必要かもしれません。
ベルトは頻繁に買い換えるものではないですし、自分が納得出来るものが1~2個くらいあれば十分だと
思いますので、デザイン、質の高いベルトをお探しの方にお勧めです。

素材はオイルをたっぷりと浸み込ませた牛革を使用。
新品の状態でも表面に光沢がありますが、使っていくうちに革の内側からオイルが染み出て美しい艶に変化をします。
オリジナルで作製している真鍮素材のバックルも、見た目はとてもシンプルながらも存在感が際立つのですが
パーツ1つ1つにまでしっかりと作り込んでいる小物というのは、全体で見た際に仕上がりが大きく違ってきます。
ベルトはレザー部分がメインになるのですが、僕自身はバックルの素材を含めたデザインと機能性が重要だと感じています。
STYLE CRAFTの製品に関しては、レザーは勿論の事、付属しているパーツの完成度の高さも目を見張るものがあります。
時間が経てば経つほどに愛着であったり物の良さを実感出来るはずですので、手にした方は価格以上の満足が
得られると思っています。


サイズ展開はSサイズとLサイズの2サイズで、金具の部分を含まずに97CMと105CMになります。
使用していくうちに多少の伸びが出てきますので、長さ次第では垂らして使うのも良いと思います。


洋服・靴・バッグに比べて後回しにしがちなベルトですが、小物の身に付け方は案外重要だと僕は思っています。
特に男性であればベルトに限らず、自分自身が普段身に付ける物や持って歩く物など主張す過ぎずにシンプルだけども
その人に合ったセンスが良いなと思うものを持っていると、自然と目で追ってしまいます。
気の使い方ではないのですが、小物の選び方は物に対する価値観が見え隠れする気がしています。
頻繁に買い換えるアイテムでは無いと思いますので、自分自身が納得できるものを手にしてみては如何でしょうか。

6月15日


STYLE CRAFT    wallet

color         navy  

price         28000+TAX

SIZE         18×10

color         ink black

color         goose gray

今シーズンのSTYLE CRAFTの新たなラインとしてスタートしました″small goods″という小物中心のラインナップ。
今まで展開をしてきた小物類は厚みのある1枚革で作製されていたのですが、small goodsで作製されたものは
薄手の革を2枚張り合わせる事によって、従来の小物と比較するとコンパクトに収納する事が出来るようになりました。
WL-SN-01などの長財布はボリュームがあるので、バッグなどに収納する事しか出来なかったのですが
サイズ感がコンパクトになった分、男性ならではかもしれませんがパンツポケットにお財布をしまう事が可能になりました。
素材は薄手ですが、STYLE CRAFTらしいしっかりとした存在感と見た目の美しさは継承されています。
カジュアルな雰囲気にも使えますし、スーツなどでお仕事をされる方にも内ポケットを使って収納も出来るので
使える範囲が今までよりも広がるお財布に仕上がっています。


素材はヌメの山羊革を張り合わせていて、表面のシボはキメが細かく耐久性に優れていて水にも強い特徴があります。
収納はメインポケットとカード入れ(2か所)とお札などを入れる為のポケットが1つで合計3つ。
反対側にも収納スペースが付くので、全部で4つの収納スペースで構成されています。
使う人に寄り添うというイメージというよりは、どう使いたいかという気持ちで接していく事の方が良いかもしれません。
手にした時に100%満足するよりも、時間をかけてじっくりゆっくりと少しずつ道具と寄り添っていく事の方が
使う楽しみもあって、今までとは違った視点で新たな発見を感じられたり気付けたりするのではないでしょうか。


新品の状態ですと革が立っているので、手に持った時のボリューム感があるように感じるのですが
使っていくことで、革がフラットな形状に変化してポケットなどへの収納がし易くなってくると思います。
控えめに刻印されたロゴもSTYLE CRAFTらしさを表現している事の1つで、革の質感や経年変化であったり
デザインの面を重要視した作りなので、何かを大きく強調するような分かり易いアプローチは一切ありません。
クラフトとプロダクトとのどちらにも適さない、冷たさと温かみのどちらも感じられるのがSTYLE CRAFTの物作りの良さで
人と物との絶妙なバランス感と距離感が僕は好みで、これからもずっと使い続けていきたいと思う物が沢山あります。

 


お財布に関しては、機能を一番に考えるのか、それよりも見た目を重視するのかによって選ぶものが大きく変わってきます。
どちらにも優れているというのは、なかなか出逢えないと思いますし、完成されたデザインというのは共通項として
ちょっとした隙間があるように感じています。使う人によって表情を変えたり、物足りなさを感じる事もあるのですが
それが良い意味で癖になったり、人を魅了し続ける理由なのかもしれません。
STYLE CRAFTの”small goods”も、ちょとずつ使い方が分かってくるような感覚だと思っていますので
そんな風に物とお付き合いしていきたいという方に、手に取って貰えたら嬉しいです。
見れば見る程、虜になってしまいそうな雰囲気です。是非。

5月9日


STYLE CRAFT   DK-02(GOAT)

color          INK BLACK     /     GOOSE GRAY

price         32000+tax

SIZE         20×20×6 SOLD

すっきりと爽やかな青空がどこまでも広がって、気分も晴れやかな一日。
連休が明けて、ふっと深呼吸できる時間が戻ってくると心にも余裕がうまれるのか、
道端の草がぐんぐん伸びていたり、鳥の声が耳に気持ち良く響いてきたり、ささいなことに反応している自分がいて
体中のアンテナがぴんっと張り巡らされて細胞がフル活動している気分です。
何にせよ、新緑の良い季節がやってきました。
連休明けから、店内に並ぶ服も少しだけ入れ替えをしたりもしました。
春を抜けて、初夏の空気を感じられるような。そうでもないような。笑
BLOGもゆっくりペースでしたので、またの様子を少しずつお伝えできればと思います。


STYLE CRAFTの巾着型のバッグ、DK-02が入荷しています。
力強くてしなやかなレザーがくしゃっと口をしぼませて、丸みを帯びた小さな袋になり、
太くて丈夫な麻紐で肩から吊り下げた際の、その姿かたちの可愛さたるや。
正直、物が入る入らないは二の次で、ただただ惹かれる存在という理由でオーダーしています。
ずっと前からあるモデルではあるんですが、何度見ても、ときめきが色褪せないというのは、
素直にすごいことだなと感じています。


中もすっきりシンプル。ポケットなども何もない、袋です。
見た目に惹かれたのもそうですが、自分だったら何を入れるかな。
どういう服装に合わせようか、どんな人が持つのかな・・・。
ただ想像を膨らませる時間すらも、とてつもなくワクワクさせられる存在。
型にはまらない自由さと、持つ人によってその可能性が広げられていくバッグだと思います。

今回は3サイズあるうちの、真ん中のサイズのみを二色でご用意しております。
よく使うもの、大事なもの。必要最小限のものだけを、さっと入れて。
お出掛けの際のサブバッグとしてお持ち頂くのも良いと思います。
貴重品だけ持ってぶらぶらとしたい時なども、肩掛けが出来るので両手も空きますし、
置き忘れる心配も無くて、良いなと思います。


きりっとした雰囲気のレザーが、なんだか面白可笑しい気を漂わせているところに
可愛さを感じてしまいます。そして、どことなくふわっと間のある感じも良いのです。
大事な事ではあるのですが、実用性や機能性をあまり強く考えずに、直感的にこのバッグから何か感じ取った方に
お選びいただけたらなと思います。


紐の長さを調節して、持ち手を短くして持っていただく事も出来ます。
長さが変わり、持ち方に変化を付けるだけで、ちょっと小奇麗な装いにも似合いそうな印象に。
STYLE CRAFTのバッグだったり小物だったり共通して言える事は、身に付けたり使ったりする自分を想像した時に、
気持ちが高揚するかどうかが選ぶ際に一番重要な気がしています。
決して気軽にぽんぽん買える物でも無いですし、手にするのにうーんと悩むのは当然です。
そこを飛び越える何かが自分の中に沸くかどうかは、実際に見て触れて感じていただけたらと思います。

PageTOP