11月14日


STYLE CRAFT  DSM-01

color      NAVY BLACK(GOAT NUBACK) 

price      64000+TAX

SIZE      45×30×10


今日は幾分寒さも和らいで、陽が射す時間も。
朝目覚めた時に、鼻先が冷やっとする感覚が無かったのが嬉しかったですし、ほっとしました。
良く眠れて目覚めも少しだけ良かったような。。。

1年の中でも丁度今時期位のタイミングで、レザーバッグを持ち歩きたい気分になります。
アウターをはじめ諸々ウール素材に手が伸び始めて、それに合わせるバッグを考えた際にレザーは相性が良く
冬だからこその重厚なスタイルをより一層盛り上げてくれる存在と言えば良いでしょうか。
沢山は持たないにしろ、自分が本当に気に入って使えるものは1つは手元に置いておいても良いなと思いますし
手に触れている時の高揚感や質感は他の素材では代えが効かないのは言うまでもありません。
レザーと一言で言っても無数にブランドは存在しますし、機能性と革の質感や種類、更にデザイン性という部分も
含めると気に入るものを探すのはとても難しく、一目惚れではないですが気に入ったものがあれば少し無理をしてでも
手にしてみる勇気が必要になるのかもしれません。
数ある選択肢の中から、僕らはデザイン、機能性、革の質、3つの要素が見事に融合したSTYLE CRAFTが生み出す
プロダクトを提案し続けています。


STYLE CRAFTが長年に渡り作り続けているショルダーバッグの1つ”DSMシリーズ”
僕自身が以前に勤めていたお店で取り扱いがあったのが出逢いで、いつか欲しいなと思って狙っていたのですが
当時はとても人気が高くお客様の手に渡るばかりで結局購入を断念せざるを得ませんでした。
それから独立を決意して直接大阪のお店に行った際に、山羊革で茶色の一番大きいサイズ(DSM-04)を
手にして興奮して帰路に着いたのを鮮明に思い出すことが出来ます。
もうかれこれ10年以上前の話なので、それから変わらずにずっと同じものを作り続けている事になります。
トップを折り畳むようにしてギボシを留めて・・・というのがDSMの特徴で、外側に機能的なポケットが1つ付くのも
比較的珍しく使い勝手の良さを実感して頂けるのではないかと。
日常使いに適したデザインでもあり大きさなので、性別や年代を問わずに持って頂けるのですが
特に男性が持ち易く感じるのではないかと思っています。


素材は同素材で2種類選んだのですが、1つ目は山羊革の表面を削ったヌバック。
カラーはDARK NAVYという深みのある色目で、質感としては通常の表革と比べるとしっとりとしていて
使い込んでくるとよりマットで光沢のある質感に変化を遂げるので、革の変化を楽しむのにはお勧めの素材。
サイズは真ん中の”DSM-01″というタイプで、見た目のボリュームも程好い大きさで底が広いので荷物の収納力もあり
日常使いとして適したサイズ感になるのではないでしょうか。


段々と時間を掛けて使い込んでいくと、斜め掛けをした際にレザーが身体の曲線にぴたりとくっ付くような感覚が
出てきてより愛着が増してきますし、年月を重ねる毎に良さが増す事を実感して頂けるのが革の持つ最大の魅力であり
天然素材にしか出す事の出来ない素晴らしさだと思っています。

STYLE CRAFT  DSM-04         /        DSM-01

color      BLACK(GOAT)     /        BLACK(GOAT)

price      78000+TAX        /        64000+TAX

SIZE      49×34×12        /        45×30×10


背負っているサイズは一番大きいサイズのDSM-04。
レザーは山羊革の表革を使用したもので、きめ細かなシボと表面のうっすらとした光沢が特徴。
一回り大きくなるとより迫力が増して、より格好良さと存在感が際立ちます。
普段カジュアルな服装でお仕事をされている方は、ビジネス用のバッグとして使用するのも良さそうですし
例えば打合せなどの時にもきりっとした表情のレザーバッグを持っていくというのも素敵に映るのではないでしょうか。
実際に先日購入された男性のお客様は仕事用で使いたいと仰られていたので、服装にもよると思いますが
選択肢の中の1つとして、大き目のショルダーバッグはお勧めです。


表側のタイプは真ん中のサイズ感にあたる”DSM-04″もご用意しております。
出掛ける際にレザーのバッグを持って外に出ると気持ちのメリハリも付けられますし、何よりも雰囲気と佇まいで
気分を盛り上げる理由になるのは間違いありません。
STYLE CRAFT のレザーバッグは店頭の在庫が充実した内容となっておりますので、その場の気分だけでなく
少し長い目で商品を見て頂き、気に入って使い続けられるものを手にして頂ければと思います。

10月3日


STYLE CRAFT   SLIP ON

color      COFFEE(OIL SUEDE)

price      48000+TAX

SIZE      22H    /    23    /    23H    /    24   /    24H
        27(足の大きさが28CM位の方に)


STYLE CRAFTから久しぶりにシューズを提案したいと思い2型セレクトしました。
今日は先に届いたスリッポンタイプをご紹介致します。
このシューズは相当前に一度だけ展開した事があったのですが、今回はソールをクレープソールに変える事で
降雪量は年々少なくなりつつある盛岡の冬でも履いて頂けるのではないかと。
アッパーに使用されている革は牛革のOIL SUEDEで、毛足を短くカットしているのでスウェードの粗雑な素材感を
感じさせないのもポイントで、カジュアルな井出達ならも上品さをプラスした仕上がり。
履き込んでいくと内側からオイルが染み出してきますので、表情はぐんぐん変化を遂げていきます。
最初のイメージとは全く違う印象になるのもSTYLE CRAFTのオイルをたっぷりと含ませたレザーならでは。
バッグや小物のイメージが強いと思いますが、オリジナルのラストを使用したシューズも抜群の雰囲気と
履き心地ですので、これから秋冬に向けて足元から変えてみては如何でしょうか。


内張はアンライニングの1枚革の仕様で、踵には芯が入らない作り。
自分が想像する以上に革の伸びがありますので、普段は合わせているサイズよりもハーフサイズもしくは
1CM小さいサイズで合わせると丁度良いと思います。もちろんしっかりフィッティングしていただくのが
ベストですが、最初に少し窮屈かな・・・と感じる位のフィッティングで履き込んで丁度良くなるイメージ。
今回はソールを相当に悩んだのですが、歩行性を優先しクレープソールでオーダー。クッション性に富んだソールなので
長時間歩いても疲れにくく、エッジの部分をブラックに色を入れて貰う事ですっきりとしたフォルムに仕上がりました。
自分用にと思ってオーダーした27CMが想像よりも大きく履くのを断念。普段BIRKENSTOCKなどがサイズ43
スニーカーのサイズが28CM位の方に丁度良いと思いますので、大きな足の方がいましたら是非お勧めします。
僕のは次回のオーダーで手に入れます・・・(笑)
SLIP ONタイプは女性をメインにサイズを絞ってオーダーをしています。
足の小さい男性でも勿論履いて頂けますので、25CMとか25.5CM位の方まででしたらご案内可能です。


コバのないすっきりとしたシルエット、つま先にかけての程よいボリュームとシェイプはパンツを選ばずに
合わせ易さを感じて頂けるはずです。革も柔らかく靴擦れになったりする心配も殆どありませんし
革靴があまり得意でない方にも挑戦し易い靴になるのではないかと。スニーカーだとラフに見え過ぎてしまい
本格的な革靴を履く気分ではない時に、丁度良い感覚で合わせて頂ける所が良いなと感じています。
スリッポンタイプならではの脱ぎ履きのし易さも、履く靴の頻度に比例する部分だと自分自身でもSTYLE CRAFTの
シューズを愛用していて思い当たる点の1つです。表革はスウェードですので防水スプレーなどで防水性を
高めて頂ければ余程の雨でなければ普通に履いて頂けますし、グリップ力のあるクレープソールは出先で急な雨などに
打たれた場合でも機能性を発揮してくれると思います。


僕自身も今まで色々な靴を履いてきましたが、今のライフスタイルを考えてきりっとした革靴の出番は相当に減っていて
リラックスしたカジュアルな装いに合う革靴を好むようになってきました。洋服を格好良く着こなしても足元の合わせが
アンマッチであったり無頓着だと何だか残念というか勿体ないなという気持ちにならなくて良いのに・・なります(笑)
足元はやっぱり大切ですし重要です。それに合わせるソックスも選ぶのが楽しくなりますし、そうするとパンツの丈の
長さも気になってきます。そういう小さな事が案外重要で、そういった細かな部分を提案出来るお店でありたいと。
少し話が脱線して強引な繋げ方になってしまいますが、STYLE CRAFTのシューズはとてもお勧めですし、余程の雪が
降らなければ冬でも対応出来る仕様にしていますので、この秋冬の革靴の候補として如何でしょうか。

9月27日


STYLE CRAFT  GT-03

color      GOAT NUBUCK BLACK

price      68000+TAX

SIZE      46×48×16 SOLD


気温の低下と共に洋服は勿論ですが、バッグも衣替えというのか気分を変えたくなる季節。
夏場はレザーのバッグは重たく見えてしまうので頻度は落ち気味ですが、寒くなるとレザーに対する意欲が
ふつふつと湧いてきます。STYLE CRAFTから久しぶりにリリースされたGT-03とGT-01。
3年か4年位までは定番でリリースされていたデザインだったのですが、ここ数シーズンは作られていませんでした。
個人的にも気になっていたカタチで、rasikuでは初めての展開。
大きさは2種類(大)と(小)レザーはGOAT(山羊革)の表面を削ったNUBUCKを選びました。
普段使いは勿論ですが、大きさを活かしてビジネスのシーンでもお持ち頂けるのではないでしょうか。

color      GOAT NUBUCK COCOA

price      68000+TAX

SIZE      46×48×16 SOLD


GTの特徴として内側に付いているストラップを留めると、両サイドが内側に絞られてデザインが全く違う見え方になる点。
機能性と美を持ち合わせて作られるSTYLE CRAFTの真骨頂とも言える部分で、その日の気分であったり
荷物の容量によって使い分けて頂きたいです。
底のマチがしっかりと確保されていますので、荷物をある程度入れて持ち歩ていもデザイン性は損なわれにくいですし
この大きさの割にバッグ自体の軽さもレザーバッグを選ぶ上でとても重要な要素です。


インナーはネパールで作製されているワイルドヘンプで作製された生地とのコンビネーション。
ZIP付きのポケットとレザーポケットの2つのインナーポケットを完備しています。
NUBUCKは表革の表面を削っている革で、毛足が短くぬめりのある質感でスウェードとはまた違う魅力があります。
STYLE CRAFTのレザーはオイルをたっぷりと含ませているので、何もせずに使っているだけで表面にオイルが滲み出て
それがやがて美しい光沢へと変化を遂げていきます。わざとらしいというと語弊があるかもしれませんが
ぎらっとした雰囲気ではなく、革本来が持っているナチュラルな魅力を思う存分に味わって頂けると思います。


大きさがある分、存在感はありますが持つ人に寄り添うというのか溶け込むのがSTYLE CRAFTの良さでもあります。
ブランドを主張する様なロゴであったりアイコンを付けずに、素材が持っている良さを最大限に引き出すデザインを追求し
無理無駄をなくしたミニマム且つ自然美は、このブランド以外にはないと言いきれる位に完成度の高さを感じて頂けるはず。
畏まり過ぎたり、日常使いとしてはあまりに非現実的だったり、そういうデザイン・物作りではなく
気を使い過ぎずに日常生活にレザーバッグを取り入れるのに、とてもお勧めです。
数は多く持つ必要はないと思っているのですが、1つか2つ位は自分自身の納得が出来るレザーバッグを時間を掛けながら
経年変化を楽しみ馴染ませて使うのも経験値として良いのではないでしょうか。


GT-03の大きいタイプは冬物のジャケットなどを着た上からでも、ストレスなく肩に掛ける事が可能。
レザーが馴染めばより身体に寄り添うようなシルエットに変化をするでしょうし、特に大きいサイズは男性が
出張であったり日常使いするのには使い勝手の良い大きさに感じて頂けるのではないでしょうか。
軽い素材のバッグが主流になりつつある流れの中で、どっしりとした存在感のあるレザーバッグを持つのも
粋な感じがするのは僕だけでしょうか・・・(笑)STYLE CRAFTのバッグはこれに限らずですが
佇まいや持った際の高揚感は格別だと思っています。

STYLE CRAFT  GT-01

color      GOAT NUBUCK BLACK

price      52000+TAX

SIZE      36×34×10 SOLD


一回り小さいサイズは黒のみをセレクトしました。
容量はそれなりにありますので、個人的には女性がより使い易く感じる大きさではないかと。
薄手の服装であれば肩掛けは可能。厚地のコート類を着ると肩掛けは難しくなってしまいます。
トートバッグの特徴として物の出し入れがスムーズに出来るので、お仕事用として考えるのもお勧めで
A4のファイル類はスムーズに入りますし、気持ちが上がるバッグを日々手に触れて持ち歩く事によって
当たり前の日常にちょっとした良いリズムであったり、感性を刺激する様な効果もあると思っています。
STYLE CRAFTのバッグはアートとプロダクトの丁度中間に位置する様な、機能と作用の2つの側面を
持ち合わせている唯一無二の存在だと確信しています。


当たり前ですが、雨の日や雪の日など水には革なので推奨しませんが防水スプレーであったり使いながら
自分なりの落し所というのか、モノとの距離を縮めていくのが良いのだと僕自身は考えています。
実際に使ってみて学ぶことがありますし、その中での付き合い方や使い方を感じて頂ければと思っています。
店頭に並んでいるSTYLE CRAFTのバッグの中では最も容量があり、汎用性という部分では荷物を出し入れなどを
考慮しても持ち歩き易いデザインになるのではないかと。
初めて手にする方にもとてもお勧めですし、容量の大きいレザーバッグをお探しの方にも数ある候補の中の1つとして
いかがでしょうか。個人的にはお仕事用としてぴりっとしたムードのレザーバッグを使うのは気持ちのメリハリも
生まれて良いのではと思っています。手触りや質感などを直に体感して頂きたいです。

4月18日


STYLE CRAFT  NARROW BELT

color       DARK BROWN    /    GOODE GRAY    /    INK BLACK

price       16000+TAX

SIZE       2×114  


昨日の太陽が燦燦と降り注いだ暖かな気候から、今日はしとしとと冷たい雨が降り続いています。
満開の石割桜と春の紅雨。とても乙な組み合わせですが、もうちょっとだけ満開を楽しみたい気も。。
家の庭の桜の木も、現在7分咲きぐらいでしょうか。枝を数本分けいただいてお店と家の中に飾って
せっかくなら好きなお店でテイクアウトしたご飯とともに、家でお花見というのも楽しいですね!
今目の前で起こっている事には冷静に、そして身近で大きな支えとなってくれている方々や環境に感謝し、
新たに出来る事を考えたり楽しむ姿勢や心構えも、こういうタイミングだからこそ出来るのではと思っています。

昨年にも一度展開をしました「STYLE CRAFT SMALL GOODS」からリリースされている細身のベルト。
素材は程よい厚みの山羊革を用いて、オリジナルの真鍮のパーツを組み合わせて作製。
サイズ展開がなくベルトを固定する為の穴を11個開けているのが特徴的。ウエストのサイズはぐるりで
大よそ73CMから対応が可能で、一番端の穴を使った場合には103CMまで広げる事が出来ます。
どの位置で留めるかで見え方は大きく変わってきますが、ウエストが細身の方であれば少し垂らして
付けてみるのも良いでしょうし、其々の使い方によって変化する特徴があります。
STYLE CRAFTらしさが際立つギボシを使いフックをさせるデザイン。細身なベルトですが存在感は抜群です。
春先はシャツなどをタックインをして着る機会も増えてきますので、コーディネートする上では必要不可欠。
あまり見えない部分だからと言って後回しにしがちなベルトですが、大きなサイズでウエストが緩いパンツを
穿いたりする際や、ちょっとしたアクセントとしてもお気に入りのものが1つでもあれば十分補えると思います。
色はブラウン・グレー・ブラックの3色をご用意致しました。写真では分かり難いかもしれませんがグレーは
黒に近い色目なので、合わせ易さは黒と同等くらいに感じて頂けるのではないでしょうか。


シャツをタックインをして着る機会は以前と比べると、ほとんどしなくなったのですがベルト自体は
昔から気になるというか好きなアイテムで、その日の気分でデザインと色の違う5本を使い分けしています。
太さが欲しいのでウエストの大きなパンツを穿くため、必然的にベルトは欠かせないアイテムなのですが
デザイン的な要素も勿論ありますが、ブランドによって其々にフィッティングした時の感覚が大きく変わりますし、
穴があるものとないものとで違いを感じたり、好みを知るのも面白いです。
最近は気持ちゆったりとしたフィッティングのパンツをお選びいただく機会も増えてきましたので、
ベルトが必要と言うお客様もちらほらと増えつつあります。半ば強制的に?という訳ではありませんが(笑)
ちゃんとしたベルトはあれば困ることはないと思いますし、フィッティングの調整も利く幅が広いベルトですと
多少ウエストのサイズに変化があっても対応出来るのもメリットに感じています。
バックル部分をブランドオリジナルで作製しているベルトは見え方が断然格好良いですし、
皮と真鍮の経年変化もどちらも感じながら使って頂けると思います。
季節の変り目に新しい小物を1つずつ買い揃えてみるのも良いのではないでしょうか。
魅せられる、素晴らしいベルトです。


現在の営業についてのお知らせとなりますが、様々な状況に随時対応しつつという事を前提に
今のところ営業時間は 10:30-18:00 定休日は水曜日のみさせていただきます。
営業日程や時間に変更のある場合は、その都度BLOGでお知らせさせていただきます。

店内では、常時換気と動線スペースの広さを保ち、またお客様に穏やかにご覧いただけるように
ビル内には手洗い・うがいスペースもございますので、ご来店の際にお声がけさせていただきます。
自身の体調管理ももちろん徹底しておりますが、無理はいたしません。
お客様におきましても、どうぞ心身ともに万全の状態でのご来店をお願い致しますとともに
少しでも春や夏の空気を纏う軽やかな洋服で、気持ちが明るくなっていただけたら嬉しいです。
どうぞよろしくお願いいたします。

3月3日


STYLE CRAFT  DSTO-02

color      INK BLACK (DEER)

price      89000+TAX

SIZE       44×40×12

color      GOOSE GRAY (DEER)


店頭でも、こちらのBLOGでもゆっくりペースですが、ご紹介を重ねてきた”DSTO-02″が入荷いたしました。
ブランドがスタートしてから今季20年を迎えるSTYLE CRAFTが今まで製作してきた革製品の中でも、
比較的初期のころから変わらずに作り続けている、まるで大御所俳優のような存在感と色気とオーラを持つこの鞄。
中でも今回オーダーしたディアスキンを使用したDSTO-02は、私が初めて手にしたSTYLE CRAFTの革小物でもあり
今も大切に使い続けている鞄の一つで想い入れも一入。
実は様々な理由から、STYLE CRAFTでは今までと同様のディアスキンを用いた製品の作製が難しくなってしまった為、
この春夏シーズンの入荷分で展開は一先ず最後になるという事を伺っています。
常日頃から目の前に並ぶ物やそれ以外の全ては、決して無限なものではないという心持でいるようにしていても
様々なところで耳や目にする、古くから続く工場や職人の方の仕事を存続していくことの大変さははかり知れません。
微力ながらも、毎回ではなくお休みを挟みながらでも、きちんと提案を続けていくことが自分達が出来る事と思い
今回もDSTOをはじめ素晴らしい鞄が揃っていますので、ぜひその質感に触れて惚れこんでいただけたら嬉しいです。


DSTO-02のデザインの特徴は、二本の華奢な持ち手の長さを可動式で変える事が出来
ショルダーバッグとして斜め掛けしたり肩に掛けたりの持ち方と、持ち手を短くしハンドバッグとしての持ち方の
二通りを気分や服装によって使い分けられること。
その使用が機能性や汎用性という部分にも勿論繋がっていると思うのですが、個人的にとても魅了されるのは
ハンドルの長さ調節をする時の様というか、その時にツーっと動かす紐や、カチャッと引っ掛ける真鍮のパーツ。
それらの動きも、触り心地も、形の納まり方もどれもが美しく感じられて、ぐっときます。

インナーにはネパールのワイルドヘンプを用いた生地が張られています。
片側のみですが、ZIPで開閉できる大き目の収納ポケットも一つ完備。
傍から見た印象は、角ばってはいませんがすっきりとした長方形にロゴなども一切外に付かず煩さの無い
重厚感がしっかりと感じられるデザインですが、インナーの生地感や持った際の軽さなど緊張感を適度に
解してくれる要素があり、そのバランス配分が巧妙が故に普段使いもし易く感じられるのです。
レザー自体も動物が付けた傷跡などを極力そのままの状態で使用し、革本来の傷やムラの表情を活かした
物作りをしているので、ハレの日だけにというよりもオンもオフも問わずに使い続ける事で、革の持つ味わいが
一層強く深まっていく事と思います。


ハンドルを短くした状態。
中に入れる荷物の加減にもよりますが、中身が少なければ革はとても柔らかいので
もっとくしゃっとコンパクトにもなりますし、持ち手の調整次第で鞄の形も表情も変わってきます。
元々のサイズ感が大きめなので、容量もそれなりにしっかりと確保されています。
式典だったりの行事毎の際に、自前の履物が必要だったりプリント類が配布されたりなど、
案外持ち物が増えたりサブバッグが必要だったりということも聞いたりしますので、行事毎に限らずですが
ある程度の収納力と強度を備えたレザーバッグをお探しの方には、お勧めしたいモデルです。


ハンドルを伸ばしてショルダーバッグとして使用の斜め掛けバージョン。
最大限に伸ばしても、そこまで紐が長くないので厚手のアウターの場合は斜め掛けは難しいかもしれません。
予め丁度腰の位置辺りにふわっと鞄がフィットするような長さに肩ひもを設定しているのも、
STYLE CRAFTの製品に共通する部分で、初めは短いようにも思うるのですが実際に使用していると身体と鞄の間に
隙間が無く優しく手を添えている様な馴染みの良さがあります。
目に見える美しさだけではなく、見えないところまで繊細に思考されたレザーバッグは唯一無二の存在に感じて
頂けると思います。もし鹿革でDSTO-02をお探しの方がいましたら、手に取って頂きたい逸品です。

PageTOP