2月11日


STYLE CRAFT   FBD-01

color         BLACK(RAKUDA)

price         72000+tax 

SIZE         36×31×7 SOLD


STYLE CRAFTのアイコンともなりつつあるFBシリーズ。スタイルを問わずにON・OFFに持つ事が出来る汎用性の高さと
大きく開いて荷物の出し入れが見やすくてスムーズな、がま口のフレームデザインが特徴。
今シーズンは数ある素材の中から″RAKUDA″のブラックをセレクトしました。
表面のきめ細かなシボ、程よい艶としなやかさと強さを感じる質感。
それら全ては寒暖差の大きい砂漠地帯で生息するラクダにとって必然的に備わったもの。
いつまでも触れていたくなるような手から伝わってくるレザーの滑らかな質感と、
そこに置いておくだけでも絵になる様な雰囲気に魅了されて、じっと見入ってしまうくらい
素晴らしい仕上がりのバッグです。


プロダクトか工芸品か。どちらとも言い難いSTYLE CRAFTの製品は、真鍮のパーツやインナーに使われる生地まで
ブランド独自で作製し、見た目の完成度の高さは勿論ですが使い心地も含めて妥協の無い物作りを一貫して続けています。
象徴する様なロゴマークなどは無く、力強さが際立つような如何にもレザーというような質感と言うよりも
どちらかと言えば自然に近く無駄な力を抜いた様な質感で、持つ人、合わせる洋服にもすっと溶け込む・・・
そんな雰囲気を持ち合わせていると思っています。
レザーのバッグはその物に存在感があるので、バッグが主役にもなり得るのですが、あくまでも人が主役で
プラスαを引き出してくれる存在になるのではないでしょうか。


バッグの内側はワイルドヘンプで作製された生地をインナーで使用。
内ポケットにはZIP付きのポケットが1つ付きます。
荷物を取り出す際には両方の内側にマグネットが入っているので、バッグを開く事でパチンと簡単に開け閉めが可能です。
見た目の大きさはそれなりに感じますが、マチの大きさがそこまでないのでお財布・携帯・手帳とポーチくらいで
丁度良い容量になると思います。レザーのバッグにぎっしり荷物をいれると見た目が悪くなるので、容量に余裕を持たせて
持ち歩くのが理想かもしれません。


角のない曲線美とがま口というカタチから、女性が持つとバッグの良さがより惹きたてられると思っています。
少し畏まった場所に持って行くのにもお勧めですし、デニムに白のシャツを合わせてレザーのバッグを持つ。
そんな装いも春の暖かな日差しが差し込む頃には良いのではないでしょうか。
日々の生活が、ほんの少しだけ思いきって、取り入れてみるだけで大きな変化を与えてくれる存在だと、
STYLE CRAFTのバッグが届く度に思います。
身の回りの些細な変化で、途端にその先の時間や空間が華やかになったり、楽しく感じたりもします。
″RAKUDA″の柔らかく強さを感じる質感を肌で感じとって頂ければと思います。

12月24日


STYLE CRAFT   DK-03 

color         GOAT GOOSE GREY

price         42000+tax 

SIZE         26×26×8 SOLD


何かを包み込むようなレザー特有の柔らかい曲線が美しいバッグ″DK-03″
今までは一番小さいサイズと真ん中のサイズを何度か展開をしてきましたが、女性だけではなく男性もこの巾着を
引っさげていたら素敵ではないだろうかと思い、今回は一番大きなサイズをセレクトしてみました。
お財布(長財布も入ります)と携帯、その他小さなものを少しだけを持ち歩くという時に便利な大きさで、
普段バッグを持たずに出掛けるという方にも、バッグの様な袋の様な、不思議な可愛らしい入れ物なら、
なんだか持ってみようかな・・なんて。そんな気分にはならないでしょうか。
いつもの装いにレザーを取り入れる事によって、服装だけでは無く気分的にもメリハリが出ますし、
カジュアルな服装の時でも程良い緊張感が生まれます。
如何にも男らしく強さを感じるレザーというよりも、ふと目に留まる雰囲気を纏ったSTYLE CRAFTのバッグ。
カラーは洋服を惹きたててくれそうな落ちついた色目の″GOOSE GREY”を選んでみました。


素材はきめ細かなシボとしなやかな質感の(GOAT)山羊革を使用。
正方形の袋にしたカタチの上部だけをぎゅっと紐で閉じたデザインで、丸みを帯びた三角形の様にも見えるシンプルな
構造だけれども究極に削ぎ落とされたバッグ。ロープは伸ばして斜め掛けにショルダーにしても良いですし、
二重にして肩に掛けて持つ事も可能。STYLE CRAFTをお取扱いをした当初はrasikuでは展開をしていない商品だったのですが
時間の経過と共に、必要最低限なパーツでバッグとして一切の無駄がないミニマムな作りに心を惹かれる様になりました。


インナーはワイルドヘンプの生地が貼られています。
ポケットなどは付かずに、ただシンプルに物を入れる事だけに特化した作りになります。


ロープはあまり重たい物を入れてしまうと肩への負荷が大きくなるので、出し入れの頻度が高い軽めなものを
入れておくと取り出し易く使い勝手が良いと思います。旅行などで大きなバッグを1つと、その他にさっと財布を
出し入れするサブバックとして持つのもお勧めです。


今時期はウール素材のコートなどに合わせて、春先は白いシャツなどのシンプルな装いにちょっとしたアクセントとして。
この手のバッグは機能性を追い求めると選択肢は様々出てきそうですが、納得するデザインやスタイルを考えると
案外見つからなかったりします。素材がレザーなので価格もそれなりになりますが、時間の経過と共に手に馴染んでいく
質感は他には味わえない良さがあると思っています。出掛ける楽しみが増えるアイテムになるのではないでしょうか。

12月2日


STYLE CRAFT    SNS-02

color          CRUMPLE BLACK 

price          54000+tax 

SIZE          36×33×10 SOLD


STYLE CRAFTから以前に何度か展開をした事のある中型のショルダーバッグ″SNS-02″
ここ数シーズンは生産背景の理由から作製されていませんでしたが、久しぶりにラインナップに加えられていたので
カラー″CRUMPLE BLACK″のみですが、店頭に並んでいます。
厚みがしっかりとある牛革を揉み込んで表面にシボを出したCLUMPLEは、ブランドが立ち上げられてから使い続けている
レザーの種類で、肉厚で重厚な雰囲気ですが硬すぎずにしなやかさな質感が何とも言えず好みです。
大きさはA4がすんなりと入る設定、日常使いから仕事用としても使って頂ける汎用性の高いバッグだと思います。
大きさに関しては、男性・女性のどちらが持っても大き過ぎずにバランスが取り易いと思いますので
レザーバッグは気に入ったものを先ず1つ手にして使ってみるというのも良いのではないでしょうか。


メインポケットの裏側にZIP付きのサブポケットが付きます。
中のメインポケットとは別れているので、取り出しの多い小物類を入れておくと便利だと思います。


内側はメインポケットにキボシで開け閉め出来るサブポケットが付きます。
インナーはワイルドヘンプの生地を組み合わせて、軽さと使い易さを重視した作りにしています。
真鍮の小さなパーツ1つ1つもオリジナルで作製していて、見えない部分までしっかりとした作り込みが
されている点もSTYLE CRAFTの満足度を高めている理由でもあると思います。


底のマチ部分を広めに設定をしているので、見ため以上に荷物が入ると思います。
ショルダー部分も肩への負担が掛かり難い、太いストラップが付くのもポイントです。


レザーのバッグは持つだけで存在感だけが際立ってしまう事があるのですが、STYLE CRAFTのレザーバッグは
存在感を放つというよりも、人が持った時の佇まいや、身体や服にそっと静かに馴染む様な感覚があります。
決して特別な日だけのものではなく、あくまでも日常使いを目的として作られていて、良い意味でプロダクトとしての
冷たさを感じられる点も良さでもあり、それが物としての奥深さにも繋がっていると思います。
冬だけにとは限らずですが、ウールのコートとレザーのバッグの組み合わせは何年経ってもグッときます。
特に男性にこの組み合わせお勧めしたい。ぜひ、店頭で質感などを確かめて頂けれ嬉しいです。

11月7日


STYLE CRAFT    KEY HOLDER

color          INK BLACK

price          16000+tax

SIZE          11×7 SOLD   

″small goods″というSTYLE CRAFTの中でも革小物に特化したラインがあります。
平面的な構造と、手に持った時の薄さと、軽やかさ。従来のラインよりもより削ぎ落とされ、
洗練されたデザインは、持ち易さ・気軽さ・触れやすさを感じさせるプロダクトとなっています。
small goodsの小物は、シンプルでありながらも革の質はそのままに一つ一つの形であったり色目、納まりなど
物としての美しさにも惹かれますし、さっと出してさっと仕舞う。その一連の動作すらも美しく感じさせるような
スマートな佇まいがとても素敵だなと感じています。


素材はきめ細やかなシボの凹凸が美しい、ヌメの山羊革。
薄くてもしっかりとした革の質感を感じられるしなやかさと光沢は、レザーに特化したブランドだからこそで
必要最低限に削ぎ落としたデザインであっても圧倒的な存在感を放ちます。
軽さや持ち運び易さに特化したラインですが、妥協の無い確かな物作りが基盤にあるからこその振り幅だと思います。
二つ折りで二箇所のフラップ釦を外すと、四つのリングが付いた金属パーツが顔を覗かせます。
デザインを削ぎ落とした場合のパーツ選びのセンスも重要なポイントになりますね。


あまりガチャガチャと沢山鍵を付けるようなイメージでは無く、普段使うメインの鍵のみをさくっと
持ち歩きたいという方にお勧めです。
色目はINK BLACKで強くなり過ぎない墨黒なので、男女問わずお使いいただけます。
rasikuでもキーホルダーは、今までもSTYLE CRAFTや他のブランドの物だったり様々選んできましたが
ご家族や、大切な方の使っている物がそういえば・・・とプレゼントのタイミングで選ばれる方も増えてきています。
ギフトにも喜ばれるアイテムでは無いかと思います。

STYLE CRAFT    CARD HOLDER

color          INK BLACK

price          15000+tax

SIZE          11×7 SOLD


″KEY HOLDER″と同じ素材と色目で揃えた″CARD HOLDER″
名刺入れでも、ポイントカード類をまとめて持ち歩く様にでも、またカードでの支払いがメインという
スタイルのかたであれば、クレジットカードとお札数枚をしのばせて・・・という使い方も出来そうです。
収納はフラップを開けて手前側に二つと、反対側に一つ。合計三つのポケットがあります。
真新しい状態の、ふっくらとした丸いフォルムは何だか可愛げがありますが、カードを入れたり使用を
繰り返していくうちに革も柔らかさを帯び、自分の手やポケットにも納まるサイズに馴染んでくると思います。


以前にご紹介したWALLETやもう一回り小さいPURSEと組み合わせて、持つのも良いかと思います。
革小物の革の素材を統一したという方であったり、カード入れにお札入れ、またそこに小銭入れと
全て分けて使い分けたい方には、形を自由に組み合わせて、お使いいただけたらなと思います。
視点を変えたり、使う人の工夫次第では、新しい革小物との付き合い方が出来る様にも思います。

STYLE CRAFT    PEN CASE

color          INK BLACK

price          12000+tax

SIZE          8×15


small goodsシリーズ 同素材同色三つ目のモデルは″PEN CASE″
上部にフラップが付き、縦長の中央部分だけが微かに膨らんだ、リコーダーケースを想像する様な形。
鞄、もしくはスーツのポケットにもスッと嵩張らずに持ち歩けるデザインは、沢山本数は入らないので、
使い慣れたペンが2,3本あれば十分という方にぜひ。
しなやかな山羊革に、ステッチと曲線の美さが光るとともに、シンプルさとユニークさが良い塩梅の
在りそうで無い、シンプルなペンケースです。


STYLE CRAFT従来のシリーズと、small goodsシリーズ
大きな差がある訳では無く、どっちが今の気分で生活や仕事、生き方に合っているかの違いかなと思います。
自分の感覚の中で、その時に心地良いと思えるかどうかは日々変化し続けるものだと思います。
軽やかに、一つに決めずが好きだという人も、何か一つこれだという物に出逢いたいという人もいます。
毎日、一ヵ月、半年、一年、どのくらいのサイクルでかは分かりませんが、自分と身の回りの物と
向き合ってみる時間があると良いのかもしれません。
あの時見たあれ・・・使ってみたいなとふと思いだしてもらえたら嬉しいです。

9月26日


STYLE CRAFT    KITCHEN SHOES

color          OIL SUEDE BLACK

price          38000+tax

SIZE          25   /   26   /   27 

STYLE CRAFTは革の鞄を軸にして財布や小物を展開しているブランドですが、実は靴も種類も充実していて
以前レディスで展開した事がありました。
ラストからオリジナルで製作し、プレーンな表情の中にもオリジナリティのある革靴を生み出しています。
KITCHEN SHOESは商品名にある通り、厨房で良く履かれている靴をデザインに用いたスリッポンタイプのシューズ。
甲が長く足全体を覆うように伸びているのが特徴的で、独特のシルエットを生み出しています。


今回オーダーしたレザーは毛足の短いきめ細かなオイルスウェードを用いています。
時間の経過と共に内側からオイルが染み出してきて、表面全体に程良い光沢感が生まれてくる素材。
革の質に関しては一切妥協を許さないブランドだからこその、経年変化を楽しめる1足になると思います。
数か月前に自分用にオーダーをして履いていますが、今まで履いてきた革靴とも違った良さを感じています。
かちっとした革靴も勿論好きですが、それとは全く違うアプローチで服装を選ばずに合わせられる良さがあって
ソールはクレープソールを採用しているので、革靴とスニーカーを足したような履き心地も面白いです。


ラストは甲が低く設定をされていて、横幅はすっきりとしたバランスに仕上げています。
甲の内側にゴムが付いていますので、履いているうちにある程度広がりが出ますので余程幅広の足の方でなければ
履いて頂けると思います。私も履き始めは少しワイズが窮屈に感じていましたが、1か月くらいで足に馴染んできましたので
紐での調整が出来ない分、やや小さ目のフィッティングで選ぶ方が良いかもしれません。


実際に履いてみると、かちっとし過ぎない程良く抜け感のある表情が印象的です。
休日に手入れの届いた革靴を履くのも格好良いと思いますが、自分自身のライフスタイルと照らし合わせると
そういう綺麗な革靴を履く機会は以前と比べると、ぐっと減った様に感じています。
今の生活に合わせたモノを選びたいという気持ちがあって、STYLE CRAFTのシューズはクレープソールの履き心地や
如何にもというような・・・恰好良く決まり過ぎない感じがとても心地良く感じています。
其々に価値観はあると違うので、全ての人に当てはまるという訳ではないと思いますが年齢や生き方にあったモノ選びを
するというのもセンスを磨いていくうえでも大切な要素ではないかなと思っています。


ぱっと見でどこの靴か良く分からない、そんな不思議な感じも好みな点かもしれません。
今回はテーパードの効いたパンツと合わせましたが、太いパンツとの相性も抜群です。
古着のストレートで野暮ったいボトムとも好相性ですし、スニーカーだとカジュアル過ぎるなと感じる日に
案外出番が増えると思います。足元の選択肢がマンネリしている方にお勧めしたいスリッポンシューズです。

PageTOP