8月22日


SUNSHINE+CLOUD   NEW STANDA

color    COTTON LINEN MATT

price    20000+TAX

SIZE    0    /    1    /    2    /    3 

いよいよ夏の甲子園も大詰めを迎えました。
スーパーに並ぶ野菜や果物も徐々に秋めいてきていて、お盆を過ぎれば秋風が吹くという言葉は盛岡では
まだギリギリですが説得力があるように思います。日中は半袖でも気持ち良く過ごせますが
朝と夜は少し物足りなさを感じてしまい自然と長袖のシャツを手に取るようになってきました。
SUNSHINE+CLOUDが提案するシャツはレギュラーカラーのプルオーバータイプと前開きタイプがアイコンとして
支持され続けていますが、それにプラスして新たにスタンドカラーの前開きタイプ″NEW STANDA″がリリースされました。
衿元がすっきりとした印象のバンドカラーではなく、小さな立ち襟のスタンドカラーというディティールがポイント。
シャツ自体のシルエットはゆったりとして、今までと同様にリラックスしたムードが漂います。
気持ち良く袖を通せるので、今まで袖を通してきたシャツとは良い意味で差別化が出来、着れば着る程に癖になってしまう
絶妙なバランスに保たれている点が着ていて面白いです。


今回選んだ生地はコットン50%×リネン50%の混紡素材。色は潔く白。
展示会で見た時に一目惚れをした素材で適度な張りがあり、風もさらりと抜けて通年着られる万能な素材で
アイロンをかけて着るよりもリネンの特性を活かして洗いざらしでざっくりと着るのが◎
リラックスした着心地ですが、きちんとした雰囲気も併せ持っているのはコットンリネンの生地の特徴と言えます。
白いシャツは生地やシルエット違いで何枚持っていても良いアイテム。
その中でもSUNSHINE+CLOUDのシャツは、休日にストレスなくシャツを着て出掛けたいと思う方にうってつけの1枚で
生地と身体が密着せずに空間が確保されている点が、長時間着ていても心地良く着続けられる理由だと思います。


ポケットは左胸に、厚手の貝釦が良いアクセントになります。
これからの季節を想定するとシャツをインナーとして着る場合に、個人的にはVネックのカーディガンの合わせがお勧め。
Vネックが首元をすっきりと見せてくれるので、スタンドカラーをより一層活かした着こなしが出来ると思います。


シンプルな井出達ですが袖を通すとアームの太さであったり首元の形状など、ブランド独自のユーモアを
感じさせる作りで、僕にとってはシャツの概念を変えるきっかけになった1枚でもあります。
ただ単純に袖を通したら格好良く見える訳ではなく、自分自身で空白を埋めていく感覚や着こなしのバランスを
意識しながら、葉山という土地だからこそ生まれたスタイルを少しでも肌で感じて頂けたら嬉しいです。


ウールのストールやジャケット類などもちらほらと届き始めていますが、まだまだお店に出すのは先になるので
それまでの繋ぎの時期は通年で着られるアイテムを新調するのに良い時期だと思います。
基本となるアイテムを上手に着こなせるようになると、洋服の着こなしの幅は大きく広がりますし着方の奥行きも
出てくるはずです。お気に入りのデニムに白いシャツ、サイズ感や色の落ち具合を変えるだけで見え方がそれだけで
変わりますし、当たり前の着こなしが上手になると、どんな洋服を着てもサマになるのは間違いありません。
真っ新な白いシャツを颯爽と羽織って、新しい季節を迎えてみてはいかがでしょうか。

7月29日


SUNSHINE+CLOUD   NEW WEST S/S

color    BRICK

price    18000+TAX

SIZE    0    /    1    /    2    /    3

週末はご来店されたお客様の第一声がおおよそ「す、涼しい・・」だったことからも、外の暑さというか
熱気が伝わってくるぐらい気温が高かった盛岡。そんな中遥々お越しいただきありがとうございました。
7月も残すところ数日となったところで、この気温上昇と照り付ける日差しに後押しされて?夏らしい明るい服が
心身共にぴたりとくる今日この頃です。
夏らしい装いと言えばやはりこのブランド。
SUNSHINE+CLOUDのシャツで昨年は展開しなかった半袖シャツを今季は一型セレクトしてみました。
風が通り抜ける涼しいリネンの生地と、ブリックという名前の柔らかなオレンジ。
南の島の柑橘を思わせる様な元気な色は、ベーシックな服と組み合わせると程よい差し色となって
視覚的にも爽やかさを感じさせてくれるので、半袖のシャツとも相性ぴったりの一枚だと思います。


形はSUNSHINE+CLOUDの定番でもあるNEW WESTの半袖バージョン。
衿形状はボタンダウンですが、独特な緩さを含んでいてかちっとし過ぎていないので気兼ねなく着れる印象。
フロントは前開きタイプで、インナーにタンクトップやTシャツを着て羽織って着ても良さそう!と思えるのは
SUNSHINE+CLOUDが纏う穏やかで爽快な空気が自然とそう思わせるのかもしれません。
他のシャツだと、前を開けて羽織って着ようという風に思う事はあまり無いのです。(ゼロではないですが。)
そういった今まではこうだと思っていたことや、少しネガティブな見方をしていた物がくるりとひっくり返って
いつの間にか肯定的に受け入れられることが、何だかとても不思議でもあり心地よく感じられます。
見れば見る程に何とも気になる存在感と、着れば着る程にじんわりと良いシャツだと自分自身でも着用を
繰り返す度に思っていて、ファッションとは良い意味で違う独自のスタイルを貫き通していることも
好きな理由になるのかもしれません。


SUNSHINE+CLOUDの洋服を纏うようになってから、色に対する抵抗が全くと言ってよいほどになくなりました。
ベーシックな色目は勿論好きで着ていますが、明るい色や差し色を取り入れる事で気持ちも幾分明るくなった様な
気がしていますし、夏の着こなしは少し派手に映るくらいで丁度良いと思っています。
色の落ちたジーンズに麦藁帽子を被ってビーチサンダル、夏らしいリラックスした着こなしが似合うはず・・・
僕が思う素敵な人は季節に応じた「旬」なものを取り入れることが上手で、それをわざとらしくなく当たり前に
日常にさらりと溶け込んでいる姿は羨ましくもあります。最初は照れたり抵抗があるかもしれませんが
繰り返し続ける事によって仕草や着方が板についてくるはずです。


日本製のリネンはシャリ感があって生地の厚さも丁度良く、着ていて心地良く風が身体を抜けていきます。
大き目のチェックは1枚で着た際の存在感があり、マンネリしがちな着こなしのアクセントになるのは間違いありません。
半袖のシャツは枚数は要らないかもしれませんが、カットソー以外の選択肢として襟の付いたものを着用したい日に
気張らずに着れますし、きらりと光る太陽を見ると明るい色目についつい手が伸びてしまうのではないでしょうか。

SUNSHINE+CLOUD   NEW WEST

color    PINK

price    17000+TAX

SIZE    0    /    1    /    2    /    4


同型の長袖バージョンで綺麗なマドラスチェックに惹かれました。
昨シーズンも展開を考えていたのですが、無地とギンガムチェックを中心に展開をしていたので
今季は必ず提案をしていたいと思っていた柄でした。
柔らかな色が幾重にも交差するマドラスチェックは夏を代表する生地の1つ。
選んだ生地はリネン100%でオレンジ・ブルー・ピンクが鮮やかに織りなす爽やかさと落ち着きがあって
チェック柄や色物が苦手な方にも手が出し易い色目だと思います。
もし着こなしのアドバイスがあるとすれば少し日焼けした肌に着ていたら、もうそれ以上の着こなしのスパイスは
要らないと思ってしまうくらい柄の表情が素敵なシャツです・・・(笑)
あれこれと考え過ぎずに、肩の力を抜いてさらりと袖を通すくらいで丁度良く感じると思います。


アームホールはゆったりとしているので、インナーはタンクトップもしくはノースリーブがベスト。
袖口はダーツを多く入れて細く設定しているので、2回~3回くるりと腕まくりして着るとラフさが出て
バランスが取り易いと思います。


これから夏のレジャーや旅行など楽しい時間が待っている方が沢山いらしゃっると思います。
何処かに行こうと思った時に、その場所をイメージした服装を心掛けるとより過ごす時間が楽しくなるはずです。
SUNSHINE+CLOUDのシャツを見る度に気持ちがワクワクしたり高揚するのは、土地が持っている空気や雰囲気を
少なからず纏っているからだと思います。日常でも非日常に行った際にも、どちらの空間にもきっと似合うシャツ
になってくれるはずですので、夏の本番にお試し頂きたい逸品です。

5月12日


SUNSHINE+CLOUD   NEW WEST

color    CHARCOAL

price    19000+TAX

SIZE    1    /    2    /    3

今日も朝から気持ち良すぎるくらいの快晴。
まだもう少しだけ寝ていたい・・という身体に鞭を打って朝散歩をしつつ岩手公園でラジオ体操を。
小一時間だけでも早起きしてみると良い事ばかり。朝の空気は淀みなく透き通っていて大きく深呼吸して
体の隅々まで酸素が行き届く感じがとにかく気持ち良いです。
戻ってからの朝ごはんも一層美味しく感じますし、朝の時間にも余裕が生まれてゆっくり色々出来るので、
なんとか布団の誘惑に負けずに続けていきたいと思います。
SUNSHINE+CLOUDを代表するシャツの1つ、NEW WESTは前開きタイプのボタンダウンシャツ。
シンプルに無駄なものを取り除いたミニマムなデザインは定番や名品と呼ばれるアイテムに共通していて
自分なりの見解ですが、おおよそ7~8割ぐらいの完璧すぎない完成度で、残りの空白は自分なりの着こなしで
時間と共に埋めていくような感覚にさせられるシャツだと思います。


SUNSHINE+CLOUDはお店の立地などから、ハッとさせられる様な明るめのカラーを得意とするブランドですが
今シーズンはあえてトーンを落としたブラック、チャコール、グレーなどをリリース。
夏に着る暗めのカラーは、それだけを見ていると暑そうに見えたり取り入れるのが難しそうにも感じますが
実際に街などで着ている人を見ると何処か落ち着いた印象であったり洗練された雰囲気に映ります。
太陽が照り付けて暖かな気候になると無意識的に自然と明るい色目を手にしたくなりますが、
着こなしの雰囲気をがらりと変えたい日などはダークトーンも気になり手に取り易くなるように思います。
素材はイタリアのカンクリーニ社の薄手のリネン100%の生地を使用。
肌が透けるくらいの薄さの生地ですが、製品染めを施す事で透け感も殆ど気にならないと思います。
しっかりとした張りがあって、弱さなどは感じずにリネン特有のチクチクする感じも一切ありませんし
袖を通して頂ければ滑らかで上質な素材感を肌で感じて頂けると思います。
風が吹くと身体を心地良く抜けて、ジメジメとする夏場でも快適にストレス少なく過ごせるはずです。
盛岡には海はないですが、綺麗な川は流れている街なので街歩きや散歩する際にさらりと羽織って頂けたら
それだけで素敵に映ると思います。


シルエットは身頃と袖周りがゆったりとして、シャツと身体との間に空間が生まれるデザイン。
衿型も特徴的で小さく前下がりのボタンダウンは、トップ釦を留めて着るのもお勧めです。
きちんとしたシャツを着るという感覚よりも、カットソーを着るくらいのリラックスした気持ちで袖を通せて
身体を締め付ける部分が殆どないので、僕自身は夏場にTシャツでいるよりも涼しく太陽の日差しも
防いでくれるので、ライフスタイルの一部として無くてはならない存在です。
豊富なカラーバリエーションがあるので、毎シーズン何だかんだと理由を受けて買い足しています・・・(笑)


年齢を重ねる事によって″SUNSHINE+CLOUD″のシャツが味わい深く着れるようになるのは間違いありません。
お洒落をしたりファッションを追いかけたりするのは洋服において重要な要素の1つですが、またそれとは
違った良さや奥深さがこのシャツには詰まっていると思っています。
ただ袖を通しただけでは格好良く見え過ぎない、ある意味では不格好にも捉えられてしまいそうな隙間を
時間を掛けながら自分なりの着こなしを見出していく楽しさがあります。
人間味が最後のスパイスになって完成するシャツだと思います。
是非、完成されたデザインのシャツに袖を通してみてください。

2月17日


SUNSHINE+CLOUD   CLIMBING PANTS

color        OLIVE

price        17000+tax

SIZE        0    /     1     /    2    /    3


昨日の朝方に積もった雪は帰る頃には殆ど残っていない状況で、同じ雪でも春の訪れを感じられるとほっとして
よし頑張ろうという気持ちにさせてくれます。冬の出口までは着実に近づいてきています。
暖かくなり日差しが差し込んでくると、自然と手にとって着たくなるのが″SUNSHINE+CLOUD″の洋服。
葉山・奄美大島・代官山に店舗を構えいて、その土地から受けるインスピレーションや自然との関わりから
生み出される製品はファッションという枠に捉われる事無く、独自の路線を貫き通している数少ないブランドだと思います。
程良く力が抜けていて自然体で居られるような感覚があり、リラックスして休日を過ごしたい人や何も考えたくない日など
心身共に気持ち良く時間を過ごしたい時に、自然と袖を通したくなるような気がしています。


SUNSHINE+CLOUDには定番として作り続けられているパンツが何型か存在するのですが、その中の1つをセレクト。
ベイカーパンツをモチーフに作製された″CLIMBING PANTS″は、癖の無いパターンとシルエットにミリタリー要素を
きちんと残しつつ、軽さが感じられるようなオリジナルのデザインで作製されたパンツ。
素材に使用されている打ち込みの良いバックサテンは穿き始めから雰囲気抜群で、着古した風合いがきちんと表現されていて
男性・女性に関係なくワードローブの中心になり得るパンツだと思います。
ワタリとお尻周りは程よくゆとりがあり、膝から下にかけて綺麗にテーパードしているので裾の納まりが良く
スニーカー・革靴、どちらにも対応出来る懐の深さもポイントです。


ベイカーパンツ自体は、古着などが詳しい方であれば直ぐに思い浮かべる代表的なパンツが存在します。
僕自身も軍物のオリジナルから様々なブランドが作るベイカーパンツを穿いてきましたが
rasikuでは殆ど展開をしてきませんでした。色々と理由があったのですが、単純に気分が1周して久しぶりに穿きたい
気持ちになり、その中でSUNSHINE+CLOUDが作る遊び心のあるデザインに惹かれました。
バックポケットの大きさと形状をオリジナルとは変更し、より機能的にすっきりとした印象に変えています。
ある意味で完成されたパンツだけに、崩し過ぎずレプリカではない程良く気の利いた落とし所だと思いますし
軍パンなどを穿かれない方にもお勧め出来る1本です。春はスニーカーにSAINT JAMESのカットソー、もしくは
白やチェックのシャツを合わせて、先ずは王道と呼べる組み合わせを楽しんで頂きたいです。


こういった普遍的なデザインのアイテムを、如何にして自分の物に出来るかが洋服を知ったり着熟す上では
基礎となり重要な部分だと再確認出来ました。繰り返し着る事でいつもと違った着方や奥深さに気付けるかもしれませんし
コンバースのスニーカーにグレーのパーカーというありきたりなスタイルも、また改めて良いなと思いました。
基本のスタイルという訳ではないのですが、デニム・チノ・オリーブのパンツ・グレーのスラックスの4本を
自分なりに着熟す事が出来れば、あれこれと迷わずにしっかりとした軸が出来ると思いますので
オリーブ系のパンツの1つの候補としてSUNSHINE+CLOUDが作るベイカーパンツはお勧めです。

SUNSHINE+CLOUD   SLIP ON

color        OLIVE

price        17000+tax

SIZE         1     /    2    /    3    /     4

SUNSHI+CLOUDのアイコンとも言えるプルオーバーシャツ”SLIP ON”
昨年はリネン素材を展開しましたが、選んだ生地はタイプライター(コットン100%)の薄手で張りのある素材。
東炊きと呼ばれる江戸時代から続く染色方法を用いて、オリーブ色に染め上げています。
身頃・袖周りがゆったりと設定されて、独特のシルエットを生み出す”SLIP ON”は袖を通した瞬間はアンバランスに
感じるかもしれませんが、時間の経過と共に癖になる魅惑のシャツだと思っています。


プルオーバータイプなので、何かを重ねて着るというよりも1枚ですっきり着るのがベター。
4月中旬ごろからはシャツ1枚で着れる日が出てくると思いますので、日差しが心地良いと感じる日に着て頂きたいです。
何かを重ねる事で良く見えるシャツもあれば、1枚で着るとサマになるシャツ、それぞれに特徴があって
そういった事を理解したうえで洋服が選べるようになってくると、着こなしに無理がなく素敵に映ると思います。


改装に伴ってバックヤードに溜め込んでいた古い雑誌を持ち帰ったのですが、1冊1冊仕分けしていると
今になってお店を経営されている方や物作りをしている方などが、SUNSHINE+CLOUDのシャツを愛用されている事に
気付きました。だから良いものという訳ではないのですが、沢山の物を見たり食べたりしてきた方が選ぶものの1つ
という事はそれなりの理由があるはずですし、僕自身もこの年齢になってようやく、本当の意味での良さに気付き
始めた気がしています。当たり前の日常着として、さらりと肩の力を抜いて着こなせるようになりたいものです。


どちらの商品も定番という位置付けて作り続けられてきている商品で、試着して直ぐにとか購入して直ぐには
良さに気付き難いかもしれませんが、時間の経過と共に無くてはならない存在になってくれると思っています。
段々と自分と物との距離を縮めていく感覚を感じて頂ければ嬉しいです。
どちらもユニセックスのアイテムですので、男性・女性に関わらずお試し頂ければと思います。

12月17日

SUNSHINE+CLOUD   LOOSE KNIT CREW

color          NAVY

price          34000+tax

SIZE       0   /   1   /   2   /   3

張りつめた空気がじんわりと解けていくかのように、太陽の日差しが柔らかく感じた月曜日の朝。
白鳥の姿を見かけたのはあの日だけで、代わりに姿を隠していた鳥たちが賑やかに木々を飛び回っていたり
川の流れがキラキラしている様子はまるで春のよう。うっかり薄着で出掛けてしまいそうな陽気に嬉しくもあり、
いつまたがくっと気温が下がり、雪がどさっと降るかと思うと油断できませんね・・・

店内はすっかり暖かい物に囲まれていますが、みなさま冬支度は整っておりますでしょうか?
冬の楽しみの一つとも言えるぐらい、これまでも様々なニットを展開してきました。
秋冬のオーダーについて考える時には一番にどんなニットが着たいかを想像したりして、この土地で暮らし
洋服を提案する自分達にとっては必要不可欠ですし、好きな衣服のひとつだと言えると思います。
見るからに暖かそうなニットが着たいと思う日もあれば、滑らかで軽くてさりげなく上質な大人なニットに
袖を通したいと思う日もあります。。
今季SUNSHINE+CLOUDで見つけたニットは、まさに後者の方。触れるだけでどきっとします。

カシミア100%の毛糸で編みたてられた、とてもシンプルで清潔感のあるニット。
見た目はとてもラフで、ニットというよりはどこかスウェットに近い感覚で気軽に袖を通してしまいそうですが
そこはカシミアなのでガシガシハードに着るというよりも、休日をとにかく気持ち良く過ごしたい人の甘やかし服
としてであったり、静かに落ち着いて仕事をしたり、本を読む・お茶をするといった時のリラックス着としてなど、
週に1、2回程度のルーティーンで着ていただくのがベストではないかと思う、そんなニットです。

今までメリノウールを用いたハイゲージのニットなどは展開してきましたが、カシミヤ100%のニットは
セレクトした事がありませんでした。触り心地は、ツルツル滑らかというよりはふんわりと柔らかいという印象。
重くなく、かといって繊細すぎる訳でもない、程よく軽く優しくフィットする感覚は一度肌で体感してしまうと
きっと忘れられないと思います。それは自分の意志と言うよりも、勝手に肌が記憶してしまうものなので仕方ないと
半ば諦めつつ、近年は自分達の手が届く範囲で少しずつこういったニットを選ぶ様になりました。

袖や裾にはリブなどテンションの掛かるものが無い分、着心地も見た目にも一切力みを感じずに
リラックスムードが前面に漂うニットに仕上がっています。
裾や首裏にちらりと覗くカラーステッチからはSUNSHINE+CLOUDらしい遊び心が感じられ
インナーにシャツなどを挟むといよりも、薄手のカットソーにさらりと着るイメージで着ていただけたら。
サーマルなど空気の層が生まれるインナーを着る事で、さらに保温性を高めらることも可能ですが
カシミアの醍醐味としては、天然素材が持つ柔らかさや滑らかさを感じ取れる着こなしがおすすめです。

サイズ展開は、0~3までのフルサイズ。
初めてのオーダーなので、先ずはクセの無いシルエットに合うベーシックカラーのネイビーを選びました。
ジャストサイズかもしくは、1サイズアップで袖丈や着丈ちょっと長めでゆるーりとした着方は
女性には良いかもしれません。
正統派なニットが多い中で、また一味違う空気感を纏うニットは新鮮に映るのではないかと思います。
心も身体も気持ち良く過ごせる、冬のアイテムをぜひワードローブにプラスしてみては如何でしょうか。

PageTOP