rasiku -official web site-

line

3月7日


susuri     ブリュ-ゲルティアード

color      black

price      50000+TAX

SIZE      M   


ほわっと春めいたかと思えば、翌日には隙間なくふり続ける雪の日
まさに三寒四温 春と冬が交互にやってきて景色だけは忙しい毎日がつづいています。

susuri 2017S/S collection ″peep″ 
今季コレクションが本格的にスタートしてから既に数週間ですが、毎シーズン少しずつ少しずつ、susuriのお洋服を
心待ちにして下さる方も増えて、春を先取りして・・・と手に取っていただける事がとても嬉しく思います。
一度着ると、その世界観と確かな物作りにきっと魅了されてしまうsusuriのお洋服。
日々移り変わる答えの出せない曖昧な気分を、在る時在場所で見た景色や、様々な時代の映画や本や物語に
重ねて生み出していく。そんなシーズンテーマの元、製作される一着一着は、どれも興味深くてドキドキする・・
のと同時に、はっとさせられような事も多くて、その中から自分達もその時に思い描くテーマや気分に沿って
何を選び、どう表現しようかと考える時間はとても悩ましくもあり、そして、とても楽しみでもあります。


展示会場で見たときに、一瞬にして心を奪われるも、すぐに近寄ってはいけないような気がして
気になるけれど、遠くから見つめている様な感覚だった今季のブリューゲル。
本当に大袈裟ではなく、身震いするほど素敵だと思った手仕事を組み込んだその服は、いつものsusuri
ともまた違った印象を与える、新たな試みとも言える一枚に仕上がっていました。
間違いなく着る人に喜びを与えてくれるであろうと、興奮が冷めぬうちに迷わずに選びました。
本体はコットンリネンで、カサカサッと肌にあたる生地がとても涼やかに感じられます。
生地を光にあてよくよく覗いてみると、ドビー織によって浮き出てくる格子状の模様。
遠目は無地ですが、織によって生まれる表情がとても上品で美しい。


袖を通す瞬間はすこしだけ緊張して、そして頭・身体・腕と順に何かを確かめるようにそっと優しく着る。
細かな部分をきちっと正して、やっと、いつもの呼吸を取り戻す。その後にやってくる喜びと高揚感。
特別な日に着たいと思う気持ちもあるものの、個人的にsusuriのお洋服は決して何があるという訳でも無い
いつもの日常にも着ていたいと思う事の方が多く、この一着に関しても同様に、カジュアルなボトムだったり
古着だったり、あえてスニーカーを合わせたりする事で、気張らずさらっと着るのも良いなと思えたのです。
それがいつもの自分達らしい着方でもあり、rasikuらしいsusuriの提案でもあると思っています。


ニット作家さんによって編み上げられたニット生地をカットして継ぎ接ぎにしています。
ニットの編地の変化による凹凸も、この洋服の持つ雰囲気を一層際立たせるような、特別感がある仕様だと
思いますし、だからこそ自分を奮い立たせるような、勝負服になってくれる様にも思います。
それは着る人それぞれの日常着としてでも、非日常を彩る服としてでも、どちらでも良く。


ゆったりとしたシルエットなので、インナーの組み合わせ方次第で季節を問わずに着て頂ける生地感。
程良い厚みを持ちつつ、うっすらと透ける素材を活かして、初夏の肌寒い日や梅雨時期に、
ノースリーブのアイテムと着合わせたら、心地良くて肌も喜ぶのではないかと思います。
美しくてそれでいて、真ん中に筋がすっと通っている様な格好良さ。
そんな印象の服です。ぜひ実物をごらんください。

11月29日

img_0196
susuri     プラウパンツ

color      BLACK              /           BEIGE

price      29000+TAX

SIZE      M   /   MM                  M   /   MM
img_0199
とても穿き易くて、シルエットがとにかく綺麗、そして毎回素晴らしい仕上がりの生地。
susuriの作るパンツの形が好きで、ワードローブに少しずつ増えていき、今ではほぼ一年中スタメンで活躍中。
サイズが多少緩くても、腰に突っかかりさえすれば、たるんとしたシルエットも一つの表情・穿き方となり、
サイズで選ぶと言うよりは自分の穿きたいイメージで選ぶ事の方が多いパンツだと思います。
時には夫婦二人で兼用する事も多く、枠にはまらず、かといって極端にデザインに寄り過ぎていないsusuriの
パンツは女性だけでは無く、男性にもぜひお試し頂きたいなと思います。
今季オーダーしたプラウパンツは、M / MM 2サイズ、BLACKとBEIGEの2色展開となっております。 
img_0202
プラウパンツは近代の農耕作業者の姿をイメージしてデザインされたパンツ。
フロントはボタンフライでこの仕様も女性にとっては好みが分かれるところでもありますが、フロント部分の釦のみ
優しい手触りの包釦になっていて、なんだかそれだけでもちょっと気遣いが感じられて嬉しかったりします。
ウエスト・ヒップ・ワタリはややゆったり目の設定になっています。ウエストにはサスペンダー用の釦が付くので、セーターもしくは
シャツにボトムをサスペンダーで吊ってハイウエスト丈短めで、足元はウールのソックスにミドルカットのブーツなど。
少しだけクラシックなワークウェアのイメージに寄せた着こなしも良いなと思います。
反対にゆったりサイズをそのまま腰で落として裾にわざともたつきを出して穿くのも良い。
裾にかけてラインがすっきりしていて見た目は綺麗な印象のパンツを、少々野暮ったく見せる。
正統派も天邪鬼も、好きな様に着る事が出来る、不思議な幅を持ち合わせたパンツです。
img_0204

img_0208
表地は、しっとりと柔らかくやや毛羽立ちのある生地。
素朴なツイル地を時間をかけて染め上げたものを使用しています。
いつも思うsusuriらしい、なんとも表現し難い、優しく深みのある色目と生地感。
内側には表地と異なるコットン100%の生地を張っているので、ウールパンツを穿いた時の様なふわっとした
暖かみもあり、それでいて滑々とストレスの無い肌触りは、本当に言葉が出なくなる程に気持ちが良い。
寒くなってくるとコットン100%のパンツはすーすーして身体にも堪えます。中にタイツを穿いたりレギンスを重ねたり
あれこれ工夫をすれば寒さもしのげますが、それでもやはりウールのパンツなど穿くと、その違いにはっとします。
ウールのパンツ程まではいかずとも、裏地が付くだけでもぐっと保温性は上がりますし、季節的にも今から真冬・春・・・
きっと真夏以外は穿けると思います。
ウールのパンツ程、季節が限定されないので、きっと重宝するのではないかなと思います。
img_0111

img_0116

img_0117

img_0119

img_0124
ジャンルとかブランドを気にせずにフラットな着方を最近は好んでしてしまいます。
力を抜くというのは中々難しいかもしれませんが、単純にお洒落なイメージというよりは何だか分からないけれど
雰囲気が良く見えるような、そんな服装を少しずつでも提案していきたいですね。
img_0130

img_0131

img_0132

img_0133

img_0136
ゆったりですが、すっきりして見えます。履き心地も同様にゆったりなのにすっきりなんです。
susuriのパターンの巧さは、コートやワンピースでも良く感じられるのですがパンツも同様に巧さを実感します。
出すところは出して、引くところは引く。といった感じで、絶妙。
きっと男性には新鮮に感じて頂けると思いますし、そんなに多くの方に好まれるタイプの洋服では
無いとしても、穿いてみると案外何という事なく、普通に感じる方もいるのではないかと思います。
デイリーに穿くボトム、プラスアルファの部分で手にしてみては如何でしょうか。
img_0145

img_0150

img_0161

img_0165

img_0168
綺麗な色のセーターが、より一層映えるベージュのパンツ。
シャツをタックインしてサスペンダー無し有り、どちらでも。ジャケットやベストを重ねて、マニッシュな装いも合うパンツですし、
裾にかけて細くすっきりしているのでチュニックや着丈の長いシャツなどとも相性が良いです。
裾は捲くると配色の裏地が色を覗かせてアクセントにもなります。
ざっくりとしたシンプルなセーターに、パンツの丈を短めにして可愛い柄の靴下をちらり、足元は恰好良い革靴で。
冬は冬で寒いけれど、やはり小物遣いを考えると楽しいです。
img_0172

img_0181

img_0183
susuriのパンツを男性モデルでご紹介したのは初めてかもしれません。
いつもスカートやキュロットなどオーダーが女性モノがメインだった事もありますが、今季はコートに続きボトムもサイズ展開を
広げています。男女関係なく着て頂きたいなと、今回は特にそう思ったコレクションかもしれません。
susuriらしい世界観を、ぜひ洋服から感じて頂けたらなと思います。

rasiku sasaki

11月5日

img_0077
susuri    ブリューゲルワンピース 

color     check

price     29000+TAX

SIZE     M SOLD
img_0078

img_0085
susuri立ち上がりシーズンから続くブリューゲルシリーズ。
ある時はコートの形で、またある時はチュニックとして、その時の気分だったり時代や物語のイメージに沿って変化し続ける
susuriのアイコンとも言える服。今シーズンはワンピースとなってその姿を現しました。
袖を通すと、身体と生地の間にはふわっとした空間が生まれ、触れたり触れなかったりする生地との余白を
ただサイズカが大きいと捉えるのか、その部分も含めてこの服だと捉えるかによって見方も変わるワンピース。
かくかくっと四角いシルエットも、だぶっとした長い袖も、誰かに合わせたサイズ感という事ではなく、
誰にでも合う自由さを持った服。誰にでも合う・・・というのも、ちょっと違うのかもしれません。
基本や軸とする部分はあれど、好きなら細かなことは気にしない!そんな風にざっくりと服を着られる方は、
着ていて自由に楽しめる服だと思います。
img_0089

img_0092

img_0100
ワンピースとして一枚で、ばさっと着るのも雰囲気あって良いですし、写真の様に色々なボトムを組み合わせて
チュニックとして着る楽しみもあります。
チェックの柄とも絶妙にマッチしている直線的なシルエット。
肩幅も身頃も、たっぷり。袖幅もそして袖の長さもゆったり。
袖はくるくるっと捲くっても良くて、また袖口がきゅっとしているので釦を留めて、わざとゆったりと
もたつかせた袖の形も、とても良かったりします。
ぴたりとジャストサイズで着る洋服は当然しっくりと馴染みますし何より気持ちが良いものです。
それも勿論洋服の醍醐味なのですが、そういう理想の服に出逢う事はなかなか難しい。
そんな理想の服に出逢うまでの寄り道が楽しいという事、そして合わない(と思っている)サイズや形を
自分の体型に合わせて着るという事の面白さ。特にこういったサイズがあって無いような服に出逢うと、
どんな方が試されてもその都度新鮮で、同じ印象にはならないので本当に面白いですし、自分で決めつけて
選択肢を狭めてしまうのは勿体ないなぁ。と、そんな事を想わせてくれます。
img_0104
垂らしても結んでも、良い紐。
ブリューゲルシリーズの目印のような、ディテール。
img_0105

img_0108

img_0116

img_0117
背中の中心にきゅっと寄せられたギャザー。フロントには両サイド低い位置に大きなポケットが二つ。
柔らかくて優しい印象のオフホワイトの生地にのせられた、近くで見るとはっとする様な細やかなチェック柄。
可愛らしいとも思いますが、ただそれだけでは無く、繊細でとても力強い芯の強さを感じられる服です。
デザインも生地感も、画像を見るだけでは伝えきれない事の方が多いsusuriの服。
寒くなって暗めの服の出番も必然的に増える頃ですので、コートの下からちらりと覗かせて見ては如何でしょうか。
img_0126
susuri    クアードロギャザーロングシャツ

color     check

price     28000+TAX

SIZE     MM
img_0128

img_0136
もう一型は、同じ素材を使用した前開きのロングシャツ。
こちらはサイズMMと、一番大きいサイズのみの展開で男女問わず、着て頂く事の出来るシャツです。
スタンドカラーのすっきりとした首元。
マフラーやストールを合わせたり、ベストやショール、ロングカーディガンを纏ったりと、小物遣いや重ね着もし易い
スタンドカラー。この衿の形の良い所は、どこか雰囲気が和らぐというかキマり過ぎずにふわっと中和されるので
そのどちらにも寄りすぎずの曖昧な所の良さを求めて下さる方には、お勧めしたいです。
img_0138

img_0144

img_0146

img_0148

img_0150
裾まで真っ直ぐすとんと落ちる美しい縦のライン。
先に紹介したワンピースと、確かに似ているけれど形が変わると気分がまたがらりと変わる。
サイズ感は同じようにゆったりで、やはり余白は感じるものの、些細な部分がきちっとする事で
背筋がすっと伸びる様になる。シャツというのは凄い。サイドのスリット、ガゼット、こういう部分もきっと
気付かない所で、身体や心に影響している。
img_0153

img_0158

img_0161
近づいてよく見ると、また更に心が震えるのはこのチェックの存在があるから。
程良い厚みと強さのある生地も、このぽこぽことしたジャガードのチェックによって温かみを感じさせます。
美しすぎる縫製に一瞬見落としてしまいそうですが、フロントの中心部と、型には四角い切替を入れていたり。
見れば見る程、その生地の良さに感動してしまう。
susuriの服はデザインに惹かれるのは勿論ですが、同じくらい目の前に現れた瞬間、布にときめく。
というのも、もう毎回の事なのです。
オリジナルで作られる生地は、本当に職人さんの技術も含め、関わった全ての人の力を感じさせられますし、
そこを決して言葉に出さずとも肌に触れたり、実際に着用を繰り返すことでの経年変化を自分達も身を以て
体感しているので、自信を持ってお薦め出来ます。当たり前の事ですが、当たり前では無いのだと思うので
そう思える服と出逢えて、自分達もとても嬉しい。
img_0164

img_0166
susuriは基本的にユニセックスのブランドですが、rasikuでの展開は今の所レディースが多めです。
ですが、モデルによってはMMサイズをオーダーする事もあり、人知れず密かにメンズのラックに並んでいる事も。
今季はコートもMMサイズをセレクトしていたりしますので、ぜひ気になった方は女性も男性もどちらでも
お試し頂けると良いなと思います。

rasiku  sasaki

10月14日

少しだけぱたぱたと駆け抜けた日々から、またゆったりとした日常へと戻って来ました。
気付けば、岩手山の頂上にはうっすらと白く雪が降り、またひとつきゅっと冷たくなった空気を感じて、
気持ち良いのと、寒いのと・・・複雑な思いの中、既にストーブ稼働中。
薄手の羽織が一枚着て丁度良いぐらいの気候はとってもうれしいですし、過ごし易さを感じますが、
それは同時に冬のはじまりに近づいているという事。店内にも少しずつニットも並び始めています。
秋の装いと、冬支度。どちらも楽しめるのが、まさに今ですよー。(と皆様に向けて)
img_8981
susuri      トリンセアコート

color       beige  

price       56000+TAX

SIZE        M   /   MM
img_8984

img_8999
季節が変わるごとに、少しずつ形を変えてきたコート。
rasikuでも毎回展開していましたsusuriのダンケルクコートをベースとして、今季新たに並んだ素敵なトレンチコート。
カチッとしている部分と、軽やかな遊びの部分のバランス感覚の鋭さは、susuriの服を着て下さっている方には
恐らく感じて頂けているのではないかと思います。
カジュアルに日常着としても勿論、場面によってという事はあると思いますがお仕事の場に着て下さる方も多いのは
そのバランスの良さがあってこその事だと思います。
正統派なトレンチコートは、一度は着てみたいと憧れを持つアイテムのひとつだったりしますが、物としての格好良さが
際立ってしっくりこない。なんていう事もあったりします。好きだから着たいという気持ちは勿論尊重しますが
仕事着は何か?や、自分の生活スタイルと合うかどうかも、自分の洋服を選ぶ時も重要視しますし、お客様に提案する際も
大切にしたいなと思う事です。
前置きが長くなりましたが、susuriが作るトレンチコートは硬さを上手く解した状態で、ふわっと優雅に羽織れる
コートだと思います。秋そして春にも着て頂けるぐらいハリがあり、また裏地には滑りの良いキュプラが張ってあるので
ニットなどもすんなりと着込めます。生地感抜群のコートなので、狭間の時期の羽織お探しの方にぜひお勧めしたい。
img_9006

img_9008

img_9011
身頃や袖など全体的にゆったりでありながらも、着膨れせず綺麗なAラインを描くシルエットの良さ。
サイズはMを着用していますが、中にニットを着た上から羽織っても動き辛さも無く、軽快に着られます。
冬でも外に出る時間が短い方なら、インナーをしっかり暖かくすれば着られるかもしれません。
個人的にはコートの場合もっとだぼっとしていても良いと思うので、MMサイズの方が好きなサイズ感でした。
背がある方や、中に着込みたいという方、でしたら女性でもMMサイズもOKだと思います。
何より、ザ・トレンチらしいうんと長めに設定した丈の長さは凄く好み。
Mサイズ・MMサイズでまた雰囲気が変わるので、ぜひ両方試しに着てみて下さい。
img_9022
首元をすっぽり包み込むフード。
このコートの見た目を軽やかにしているのは、このフードがあってこそ。ですし、男女関係なく着て頂ける
デザインでもあり、susuriの服のちょっと愉しい。を感じさせる部分でもあるなぁと思います。
そして何より首元が覆われると、とっても温かい。重要です。
img_9019

img_9025
トレンチコートのデティールとしても欠かせないストームフラップ。
ある種飾りとして設けられたフラップですが、その内側には秘密があったのです。
フラップを捲ると、そこには家族の写真だったり、方位磁石または時計など大切な物を収める為のポケット。
トリンセア(塹壕)で、そっと自分だけの大切な物を。
img_9030

img_9032

img_9038

img_9039
格段に動き易いラグランスリーブ、また袖だけストライプ地という粋な仕様の裏地。
表地はワッシャー加工を施した、さり気ない光沢を纏った生地。
すごく綺麗なのですが、風や埃や、寒さから身を守るコートですから。と納得させられる頼もしさもあります。
思うような理想のコートとの出逢いは、なかなか無い物。着とけばよかったな・・・とならぬ様、先ずは袖を通して
見て頂けたらうれしいです。
img_9044
color       khaki  

price       56000+TAX

SIZE        M   /   MM SOLD
img_9046

img_9049
基本的にsusuriのアイテムは、レディスでの展開が今はどうしても多いのですが、このコートに関しては
ぜひメンズでも着て頂ける方が居たら、もうそれは全力でお願いしたくなるくらい。
本心は、着て歩いている方を見てみたい・・という個人的な願望なのですが、それは抜きにしても
この何とも言えぬ、さらさらっとした空気感、シルエット、丈感はきっと他に類を見ないコートだと思います。
モデル身長178cmが着て、膝下ぐらいまでの着丈があります。
img_9052

img_9055

img_9056

img_9065
土っぽくなったり重厚感が強くなってしまうカーキも、生地に光沢がある分上品さを漂わせますし
肩の力をぬいて着て頂ける軽さが、実際着てみての重さもそうですが、見た目からも感じられます。
一瞬マントの様にも思わせる、ふわっと広がりのあるコート。
細やかで美しい縫製と裏側まで気の利いた丁寧な作りの服ですから、きっと纏ってみるとまた
今までに無い感覚と共に、洋服の面白味に触れて頂けるのではないかと思います。
img_9060

img_9061

img_9063

img_9064
秋のコートを着る間もなく、冬になるのでは・・・という不安の声もありますが、そんなはずは・・・。
仮にそうだったとしても、秋のコートの生地感は岩手の春に丁度良い。
春物になると、殆ど薄手のものになってしまうので、岩手の4月にはまだ寒いのです。
まず、それはそれで夏に着れたりして使えるのです(笑)コートに関しては今だけと思わず、長い目で見て
いつ着るコートが必要か・・を考えながらじっくりお選び頂けたらなと。
コートや羽織はあればあっただけ、数年後に今が着る時!が分かってきてあぁあって良かった!と思う物。
そんな事を想いつつ、皆様のお越しをお待ちしております。

rasiku sasaki

9月13日

img_7749
susuri      ガースキュロット

color       BEIGE  

price       34000+TAX

SIZE        M SOLD
img_7751

img_7753
パンツでも無くスカートでも無い、どちらでも無くてどちらとも受け取れるsusuriの″ガースキュロット″
調節の効く肩紐が付き、腹帯(=ガース・girth)の下にはギャザーたっぷりのボトムがゆらりと広がる。
着用した際の独特な立体感のあるシルエットもそうですが、服そのものが放つ存在感に息を飲み込みます。
その佇まいは悔しいくらいに可愛くて、格好良くて、早く着れる日が来ないかと・・・待つ事二ヶ月。
ただただ勝手に待っていただけなのですが、空の高さや、雲の形、肌に触れる風と草の刈った後の匂い。
ようやくこのボトムが似合う季節がやってきたんだと思うと、とても、うれしい。
しっとりと滑らかで、素朴な温かみのあるコットンツイルの生地も、程よい厚みがあり、少し前までは
トップスをTシャツにすれば着れる・・と思うも、どうしても着たい気持ちより暑さが勝ってしまって手が伸びず。
それが今日突然、その生地の重さも厚みも全てが心地良くなって、いま、丁度季節の移り変わる
″あいだ″にいるんだと、どこかほっとした感覚の中で秋の訪れを感じたのです。
img_7761

img_7766
susuriでは今までにも、肩紐が特徴的なボトムが展開されていて、少しずつ姿を変えてリリースされています。
それも毎回とても愉しみなのですが、今回のギャザーキュロットに関しても、この肩紐に惹かれた・・・。
と言って良いぐらい、このデザインが好きです。どこか懐かしい様な感じもしますし、作業着っぽさが
感じられる点も好きな理由だと思います。箒で枯葉を掃いていそうな。
4段階でボタンでの調節が可能な分、留める位置によって腹帯の位置もぐっと胸下辺りまで上がったり、
もしくは少し低めに設定すると、丈が踝ぐらいまで下がったり。見た目の印象も随分と変わってきます。
普通のボトムよりも、脱ぎ着にも時間が掛かりますが、そんなちょっと手の掛かる部分であったり、
きっと本気で着たいと思えないと手に負えない様な、突っ張った感じも魅力的だと思うのです。
img_7769

img_7771

img_7773
見る人の殆どがスカートかと思いましたと仰る程、ボリューム感のあるキュロット。
細やかなギャザーによってふわりとした広がりと、生地の重みでくったりと下へと流れる縦のライン。
前から見た姿、横姿、後姿、歩く姿も、美しいなと思います。
何も考えずさっと手に取ってOK!となる服ともまた違って、着る時によしっと気合の入る服ではありますが、
その分着る事で気持ちがぐっと高揚する服だと思います。
デイリーにいつでも手に取って着たい服もあれば、ここぞという時に着たい服もあって、
ゆるゆるとしたワンピースの気分の日があれば、シャツとボトムできちっとしたい日もあります。
日々移り変わる気分や、感情、思考。人はいつでもそのはざまにいて、その時に触れた事や物
場所や人に、影響されながらあっちへいったりこっちへいったりしている。
susuriの服は、そのなんとも曖昧で表現し難い感覚に、そっと寄り添う服のように思います。
img_7776
肩紐は背中でクロスさせるのも良いですし、クロスさせると肩から紐がずれ落ちなくなります。
ウエストからワタリまで、かなり余裕があるデザインとなりますが、幾分かは腰裏のシンチバックで絞る事もできますし、
余裕がある分、厚手のニットなどを着た際でも腰回りのだぼつきも気にならずきゅっとイン出来ます。
img_7785

img_7788

img_7796
susuriの今シーズンのテーマは ″interval″
先シーズンは、行ったり来たりを繰り返す日常と非日常をテーマにした”serve”に続き、
時間や場所の間隔、 共通感覚のすき間、イメージの隔たりなど、色々な”あいだ”の感覚を
一枚の服に落とし込んだコレクションとなっています。
ワインのような深みのあるボルドーを挿し色に、土や壁のイメージのブラウン、ベージュに、冬の木々や大地のカーキ。
どこか切なげで、でも力強い、色と形。そして素材で、そんな様々な″間″をsusuriは表現しています。
ぜひ、堪能して頂けたら。

rasiku sasaki

line

PageTOP