11月5日


susuri    ポエータハイネックセーター

color     brown

price     29000+TAX

SIZE     1

color     marine

SIZE     1

color     charcoal

SIZE     1

3連休は県内外たくさんのお客様にお出でいただきました。
様々なイベントが開催されていたこともあり、先日の盛岡シティマラソンに続いて街中を歩いて
散策されている方も多く、なんだかとても賑やかな週末だったように思います。
朝のぴりっと冷えた空気をどこか自分も待っていた様に、羽織物や巻物に雪の日に履ける靴などなど
来る本格的な冬に向けての準備に。と探しに来ていただけてとても嬉しかったです。
お気に入りの服や小物のとともに、良い季節をお過ごしいただけたら幸いです。

本日は昨年にリリースされたsusuriのハイネックセーターが今季も登場しましたのでご紹介いたします。
個人的にも間違いなくこのセーターの虜と言って良いほどに、秋から春まで3シーズン大活躍で
衣替えで仕舞う暇もなく、また秋の訪れとともに早速着てしまっている大好きなセーター。
はじめて手にしたシルクのニット着心地は、まさに肌が生地とが触れ合った瞬間に溶け合って一体になるような
ただただ喜びしかない感動そのものでした。
勿論、丁寧に大事に着て頂くことには何の問題もないのですが、シルクだからといって警戒心強めることなく
良いものだからこそ普段使いの一枚として、身近に感じていただけたら良いなと思います。
ぜひこの震える着心地を体感していただきたいです。


凛とした空気を放つニットは、静かにことばを紡いでいく詩人のイメージで製作されました。
身体を包む曲線的な美しさと、素材の良さを生かすために無駄を削ぎ落したシャープな一面の両方を
混在させるように仕上げたミニマルなデザインは、そのまま一枚で着用してもサマになります。
生地の厚さも絶妙で、一枚で着た際も身体を締め付け過ぎずに適度にゆとりのあるフィット感ですし
ワンピースやジャケットなどのインナーとしての着用時にも、ゴワゴワせずに気持ちの良い重ね着が可能。
見た目の暑苦しさも無い分、長い期間手に取り易いという点からも着用頻度は自ずと増えてしまうのです。


身頃の太いリブと、首・裾・袖の細リブと編み方に変化を付けることで、テンションがしなやかで
タートルネック特有の首元の苦しさを感じさせません。だからと言って生地が緩くてくしゅくしゅっと首元に
生地が溜まる事もなく、ぴたりと肌に沿う感覚は一度味わうと忘れられないと思います。
シルクという素材の力を存分に際立たせ、その気持ち良さも繊細もしっかり実感として得られるように
ホールガーメントで編み上げられています。
サイズは1サイズなので着丈などは体型によってお好みの位置で。やや長めですが伸ばしてスッキリ着るも良し
リブで留めて着丈を短くウエストでゆるゆると弛んでいても、だらしなくならないのもポイントです。


カラーはbrown・marine・charcoalと3色の展開。
昨年からどうしても気になるbrownは、チェックやヘリンボーンなどのあえて渋い柄や色と合わせたく。
またcharcoalやmarineといったベーシックなお色は、エレガントな艶やかさも含んでおりますので
お仕事着としても着ていただけるのではないかと思います。
どの色目も甲乙つけ難いカラーですので、お手持ちのお洋服をイメージしながらお選び頂ければと思っております。
色々なニットをこれまでも見てきましたが、使い勝手と着心地の良さがここまで優れているのには中々出逢う事は
ありませんので、肌と気持ちの両方が喜ぶものを身に着けて、この冬を過ごしてみては如何でしょうか。

10月18日


susuri    ラボラトリーガウン

color     ivory

price     46000+TAX

SIZE     1


陽が落ちるのが日に日に早く、散歩から帰ってきた人が纏う外の匂いに少し冬が混ざっていることに
ハッとなって、店内は毎日のように衣替えをしたりしています。ストーブもいよいよ点火。
昨日、今日は遥々遠方からのお客様にお運びいただきました。
それぞれの場所で日々過ごすためのお洋服を選ぶ場所として、少しでもお役に立てたら幸せですし
また日常へ戻り、選んで頂いた服に袖を通して少しでも気持ちが上がったり、気分良く1日の時間を過ごせて
貰えていたら、これ以上嬉しい事はありません。


今季オーダーしていた各ブランドのライトアウターが出揃いましたので、BLOGでスピードを上げながら
お伝え出来ればと思っています。
毎シーズン、コートの完成度とクオリティの高さから外す事の出来ないsusuriから届いたのは”ラボラトリーガウン”
名前の通りコートというジャンルとも一味違うさらっと羽織れるけれど、キリっと真面目な表情のガウンは
研究所のドクターが着る上着をイメージしたもの。しかもそのコートが中東の古いコートだったらな・・・
というところまで想像を巡らせて生まれたコートは、さり気なくエレガントで要所要所に細やかな仕様が施され
着るだけで高まるものがあります。


本格的な冬になる前の、束の間の淡く儚い時間を楽しむための服は個人的には必要不可欠。
カットソーやスウェット、ハイゲージのニット一枚だけでは心許ない時には、何か羽織るかはたまた巻くか。
素材も様々に店内も一番充実しているのも、秋から冬へと季節が移り変わるこの時期だからこそ。
何を着るか迷う時期は、裏を返せば何でも着れるという事なので、だから服が楽しいと思えるのかもしれません。
ラボラトリーガウンは見た目はコート程の重厚感は無いものの、季節の移り変わりの羽織物として丁度良い厚みの生地感で
シャツやワンピースと重ねて軽い羽織として役目を果たてくれます。
毎年必ずやって来る、何を着たら良いのか・・・という季節に間違いなく重宝してくれる1枚です。


前開きでばさっと羽織ったままでも様になるのですが、右胸の内側でぷちっとスナップ釦を留めて
さらに左側にコロコロっと並んだ鈴のようなオリジナルの釦をひとつひとつループに潜らせる。
その1つ1つの仕草も何だか絵になるコートで、釦を全て留めた際のVゾーンの開きも開き過ぎずに絶妙なバランスです。


冬に着るアイボリーや白の色目は、汎用性という面においてはダークトーンに比べると劣ってしまうかもしれませんが
ある程度のお洋服をお持ちの方には、是非挑戦して頂きたいカラー。
秋から冬へと自然と色目が落ちてくる中で気分を変えるのにも打って付けだと思いますし、お手持ちのインナー類の
使いまわしが今以上に広がって新しい着こなしが見えてくると思います。
合わせるパンツは、濃い色のデニムやベージュ系のトラウザーがしっくりくるはずです。

color     black

price     46000+TAX

SIZE     1 SOLD


素材に用いられているのは、表と裏の密度の異なる生地を合わせたコットン100%の二重織りを使用。
展示会で見た際に心を鷲掴みにされた生地の1つで、良く良く見てみると生地の表面に刺し子の様に
細かなステッチが施さているのが分かります。ドビー織という特殊な織機を用いて作製される生地で
特徴として細かな模様が出す事が可能。強くステッチが施されているので表面に凹凸が出来て、
susuriの独創性のあるパターンと折り合わさる事によって、コート全体の立体感のある表情へと変化を
遂げているように感じます。


ウエストの高い位置にはベルトループとアジャストする為の紐が付きますので、シルエットに変化を付けたい時に
写真の様に前で結ぶのも良いですし、後ろ側できゅっと縛ってAラインを強調する着方も◎
クラシックなコートに付随する様なディティールを、見え方が重くなり過ぎずにプラスするのも
susuriらしさだと思っています。
もし必要が無い場合はあえて外して着用するのも良いですし、着る方のイメージに合わせながらイロイロな着方を
お試し頂きたいです。


何シーズンも岩手の四季を過ごしてみて肌で感じた事は、朝と日中の温度の変化が大きいので素材違いや
保温効果の違う何種類かのコートやアウターを準備していないと気持ち良く過ごす事が出来ないという結論に至りました。
その中でも中肉のコットン素材のコートやアウター類は、秋と春にとても重要な役割を果たしてくれて
冬に繋ぐまでの微妙な温度変化にもしっかりと対応してくれると思います。
1枚仕立てで丁度良い厚みの羽織り物というのは、様々なブランドを見ていますがそう多くは出てきませんし
どちらかと言えば秋冬シーズンに出るコート類の方が、春先の寒さにも耐えうる事が出来るので
汎用性などを含めて納得出来るのが見つかる可能性が圧倒的に高いです。
丁度良い厚みのあるコートやアウター類をお探しの方には、自信を持ってお勧め出来る1枚ですので
是非生地感やシルエットを、実際に袖を通して確認をして頂ければと嬉しいです。

10月4日


susuri    ゼリーフィッシュブラウス

color     IVORY

price     28000+TAX

SIZE     1

susuriの服をご紹介した前回のBLOGが7月で、その時にすでに秋冬のお洋服が届き始めていますとも
記されていて、それから3か月。ちょっと間があいてしまいましたが、そろそろ届いた秋冬アイテムたちが
頃合いを迎えておりますので、どうぞお楽しみいただけたらと思います。
susuriの服で個人的によく着ているのはワンピースが多く、お店に展開するモノもその時にもよりますが
ワンピースの割合が比較的多めだったのですが、今季のAW COLLECTIONではブラウスとスカート、
シャツとパンツなどのセパレートスタイルが気になって、特にトップスをバリエーション豊富に選びました。
スカートやパンツどちらに合わせても綺麗なのに、少しだけユニークだったりするsusuriらしいデザインが
光るブラウスをぜひご覧ください。


首元の形や丸みのある肩線から袖口までのライン。曲線的なシルエットに組み合わせたギャザーの揺らぎ。
海の中をゆらーりゆらーりと優雅に漂うクラゲのイメージで作製されたゼリーフィッシュブラウスは
コンパクトなサイズ感に見えるのですが、いざ袖を通すと丸く落ちる肩線に沿って腕がするすると滑らかな
袖通りで進んで行き、あっという間に身体を包み込むので、見た目とは裏腹にとても余白があるような着心地。
ゆったりしている訳でもなく、勿論オーバーサイズでもないのに、立体的で且つ曲線を描く人間の身体のラインを
キツさを感じさせずに、キュッと美しく包み込む見事なパターンワークは、本当に魔法の様だと思います。
勿論アイテムによっては、生地とデザインのバランスであえてシェイプさせたり、スーッと鋭さを演出したりなど
あったりもするのですが、どれもこれもやっぱりパターンが秀逸なのは変わらずなので、ぜひ気になられたならば
そして可能でしたら、実際に見て触れてお試しいただきたい。切実にそう思うsusuriの服です。


前と後ろで寄せているギャザーの位置が違っていたり、分量も変えているので、正面・横・斜め・後ろ・・・と
見る角度によって印象にも違いを与えています。ギャザーに光が当たって浮き出る陰影が個人的には興奮ポイント。
着丈は短くボックス型で、裾は真っすぐスクエアなラインが、程よくひらひらと微かに揺れます。

写真の様にシンプルなギャザースカートとの組み合わせは、靴下やタイツの色を何にしようかなとかが
ワクワクしますし、またハイウエストでタックの入ったコーデュロイパンツなどとも相性が良いでしょう。
オリジナルカラーのアイボリーの色味には、ブラウンやベージュなどのボトムが気分的にもマッチします。

color     CHARCOAL

price     28000+TAX

SIZE     1

同型のもう一色はチャコール。
黒ではなく黒に近いチャコールに白い釦が凛とした表情で連なります。白ではないアイボリーには反対に黒い釦を。
白黒ほどはっきりとしない、けれど対照的なバランス感はどこか新鮮さと色の奥行も感じさせる一枚。
その理由は生地にあります。
高級綿のひとつと言われるスーピマコットンをそれぞれ経と緯で、番手と拠りが異なる糸で高密度に織り上げる事で
濃淡の色の差を作り出し、それが色の深みとなり生地に現れます。
さらにその織り上げた生地に、ガス焼き・ワッシャー加工・タンブラー加工などの様々な加工を経て最終的に
しっとりとした肌触りに艶やかさと、微かな起毛感を感じる生地に仕上げています。
専門的なことは見ただけでは分からないかもしれませんが、私たちは店頭ではよく服が浮き出て見える。という表現を
使いますが、平面的ではなく立体的にだったり時にはオーラのように、服が力強く存在感を放って見えるのです。
勿論良い生地だけが全てとも言いませんが、susuriの服が進化し続ける理由は確かにそこにあると思っています。


数日前は半袖の方もまだ多くいらっしゃったり、秋の気配が薄まってしまっていましたが、また一雨降って少しずつ
涼しさが戻り、秋の色や匂いが深くなっていくのかなと思います。
今時期ですと一枚でちょうど気持ち良く過ごせそうな生地感で、気温が下がってきましたらインナーに薄手のカットソーを
着込んだりしても良いですし、嵩張らない程度のハイゲージのタートルなどの上に重ねても良いなと思います。
しなやかで光沢感のある生地なので、少し畏まった場面にもボトムと靴との組み合わせ方次第では着ていける
真冬手前までの色んな場面で重宝する一着です。


シャツですと他のブランドでもバリエーション豊富に、特に定番のアイテムは欠かさずに展開を続けています。
なのでsusuriのラインナップの中でブラウスよりも、他にはないデザインが美しいワンピースを多く展開してきたのですが
今シーズンは不思議と目に留まったsusuriのトップス。
ウールやツイードなどの秋冬ならではの生地のスカートやパンツに、着丈のすっきり目なブラウスやシャツを合わせた
セパレートスタイルがとにかく気分として提案していきたいと思っていました。
特別な日の装いと日常着としての着こなしに、どちらにも対応出来るふり幅のあるシャツだと思いますので
ワードローブに欠かせない1枚になってくれるはずです。

7月18日


susuri     カルモワンピース

color     chambray blue

price     35000+TAX

SIZE     1 SOLD


湿気たっぷりの空気と厚い曇り空。かと思えば瞬く間にカラッとした晴れ間に出逢えたり。
天気や気温の変化に合わせるように体調までコロコロ変わって中々完全回復に辿り着かないこの頃です。
唯一元気なのは、家の庭のちいさな菜園の野菜たち。今までで一番伸び伸び育って実っています。
人はぐったりでも庭の植物にとっては雨と光のバランスが丁度良かったのでしょう。
そう思うと良いこともそうでないことも、常に同じ場所にあるんだなという事を感じずにはいられません。
むしろ野菜は美味しくいただいてるので、やっぱり少しだけ良いことが多いですね。

お店の方はというと今週に入ってから2019AW COLLECTIONがほんの一部ですが届き始めました。
とても早いような気もしていましたが、確認してみたら例年通り。秋冬とは言っても夏から秋に着られる
服や定番のモデルからはじまりますので、ぜひとも春夏のお洋服と合わせて一緒にお楽しみください。
こちらのBLOGでもマイペースに自分たちの気分に従って、今お届けしたいなと思うお洋服をゆっくりと
ご紹介していこうと思います。


淡いシャンブレーブルーの生地が見ているだけでも清々しさを与える、susuriのカルモワンピース。
浅くきりりっとした鋭角のネックラインが格好良くもありながら、前後左右にたっぷりのフレアーが
優美で女性らしい雰囲気を漂わせ、控え目なデザインだからこそスカーフやジュエリーなど小物が映える
汎用性の高い一枚に仕上がっています。
デザインソースにはコレクションの背景に広がるフェデリコ・フェリーニ監督作品の映画「道」より、
作品に登場する人物のイメージを反映しています。
波乱万丈な毎日を送る旅芸人を常に優しく支えるピエロの日常着を思い描いたワンピースは、動きやすさと
のんびりとした緩やかな日々の空気を含ませつつ、それでいて細やかなディティールからは彼に寄り添い見守る
純粋な女性の気持ちを丁寧に表現しているようにも感じられます。


肩回りから袖幅、アームホールにかけては、気持ちゆったりとした余裕のあるシルエットですが
決して全体を大きく見せない為の切り替えしや、フレアの広がり方などなど身体のラインが美しく見える
susuriの服の秀逸なパターンワークには魅了され続けています。
それがドレッシーになりすぎると、より出番は限られてしまうと思うのですがsusuriの服の場合は
畏まった場所に着ていく服というよりも、普段着の中でも二段階ぐらい自分の気分が上がる服という感じで
日常と非日常との境目のないバランスの良さにも惹かれますし、その分着る頻度もとても多くなります。
実際に購入して下さった女性の方も、8月の暑い時期に行われる同窓会に着ていくとのお話を聞いて
思わず納得してしまいました。あまり気合を入れ過ぎず、それでもきちんとした服装を心掛けるという場所に
最適なワンピースだと思いました。


オリジナルで作製された鉛の釦も、小さいですが存在感が際立ちます。
毎回釦を留める度に、コロンとしてずっしりとした手触りに自然と笑顔になってしまいそうです・・・
BLOGを書いている途中に、素敵なお客様の元へと旅に出てしまいましたのでSOLDとなります。
首に巻いていたスカーフも新しい商品なのでご紹介します。

susuri     フィギュールスカーフ

color     red

price     4300+TAX

SIZE     52.5 × 55 SOLD

color     navy SOLD


フィギュールスカーフは、コットン80%・シルク20%を掛け合わせた柔らかさと滑らかさを併せ持った素材。
susuriの展示会の案内状のイラストなど以前から素敵だなぁと思っていましたが、そのイラストを担当された
イラストレーターの星野ちいこさんが水彩で描いたドット柄が印象的なテキスタイルになった1枚です。
にじんだりかすれていたり、丸の形も様々に配置もバラバラの光の粒のようなドットが輝く素敵なスカーフは
色もレッドとネイビーの二色で、とても大人な仕上がりになっています。
susuriのシンプルながら物語の一部を紡いだ洋服に、程よいアクセントを与える役割を果たしてくれそうな
スカーフはオーソドックスに首元に巻いたり、はたまた頭に巻いたりして個性を引き立たせてくれる存在に
なるのではないでしょうか。
スカーフをはじめ巻物が好きで、少しずつ集めていますがスカーフの巻き方はいまだ特訓中。
一枚自分用にと新調したので、これからTシャツ一枚で過ごすようになったらたくさん巻こうと思います!
ぜひ素敵な巻き方お教えていただけたら嬉しいです。

6月29日


susuri    ピーテルワンピース

color     grey

price     35000+tax

SIZE     1

color     black


susuriから届いた″ピーテルワンピース″は16世紀の農民画家が着ているスモックをイメージしたモデル。
前回の秋冬ではリネンとウールの素材で黒に白がぼんやりと混ざったような色味のギンガムチェックで仕上げた
同じデザインのものがあって、それはそれは素敵な生地で一目で気に入って着用していました。
ポワンッと膨らむ袖の形や、首元の開き具合とリボンで印象を変えられる所なども、生地の優しい雰囲気と
デザインがマッチしていて、暖かくなるギリギリまでここぞの時にたくさん着ていたお気に入り。
そんな大好きな形のスモックワンピースですが、今季の春夏では生地を変えて登場して下さりとても嬉しい気持ち。
しかも、今回の生地というのが昨年の夏にも展開された細番手のローンにチッチッチと静かな光のようなラメを
走らせた大人なラメ使いが際立つ風通しの良い生地で、好きな形に好きな生地が組み合わさったという完璧な
一枚ではないかと個人的には、ラックに並ぶ姿を見るだけでニヤリとしてしまうワンピースだったりします。


素朴なシルエットは緩さとリラックスした空気を含みつつ、繊細な生地のドレープ感が揺ら揺らと身体の動きに
合わせて美しい表情を見せたりと、緩さがだらっとならない所はsusuri特有のバランス感だなぁと思います。
首元の開きはリボンで調節が可能なので、その日の気候やインナーの具合、合わせるボトムやアクセサリーなど
自分の好みで変化させて着ていただけます。
ボリュームたっぷりの袖も、薄く柔らかな生地のためにそこまで強調されないのですが、ふわっとした袖の形が
お好きな方は画像の様に、軽く袖を捲り上げていただくと腕の部分がたふっと膨らんでほんのりと可愛い袖の形に。
袖口はゴムでやや強く絞っていて捲った時にはキュッと止まりますし、普通に下したままの姿でも袖の形がどこか
印象に残る様なデザインなのが、susuriが手掛ける服の魅力の一つでもあると思っていて、袖の形ひとつとっても
こんなにもバリエーションがあって、色んな表情をするのだなぁといつも密かに感動しています。


色は二色展開。
白みの強い明るくて優しいグレーと、陽に当たると静かな透け感にキラキラっとラメが光る黒。
どちらも微かに透ける生地なので、インナーに合わせるアンダーウェアやボトムは多少配慮が必要ですが
カジュアルなリラックス感のあるスタイルにも、綺麗目素材のパンツとヒールのパンプスもしくは革靴などの
パキっとしたスタイルにも合うので、オンとオフの間を行き来しつつ、涼しく過ごしたい日の一枚として
今時期から夏の終わりまで活躍してくれるワンピースになると思います。
薄手で柔らかな生地は畳んでも嵩張らないので、夏の旅先で着る服として持ち運びも便利なうえに、
締め付けや窮屈さが一切なく、ふわっと体を包み込むシルエットのワンピースはノンストレスでお勧めです。

susuri    フルッタ-パンツ

color     black

price     19000+tax

SIZE     1 SOLD


同じ生地で作られた、こちらでも何度かご紹介してきました素晴らしく万能なペチコートパンツ。
susuriでも継続して展開しているフルッタ―パンツですが、今までお選びいただいたお客様殆どの方から
「買って良かった!」という声をいただく折り紙付きのパンツです。
何が良いかというと、実際に探してみると完全にインナーとして見せないで穿くペチコートパンツは
あったりするのですが、ワンピースやスカートなどの裾の下から見え隠れして、むしろ少しだけ見えるように
着合わせたくなる素敵なペチコートパンツってなかなか見当たらないのです。
特に今時期は薄手で透ける素材の涼し気な服が多く並びますし、そんな時にあったら良いなぁという想いが
まさに形になったアイテムだと思います。
こちらも二色での展開でしたが、現在店頭には黒のみご用意しています。


また別のsusuriのワンピース(こちらもとても良い!)と合わせてみました。当然ながら良いバランス。
着丈の長いワンピースで裾がほとんど見えなかったとしても、中に一枚穿いてるだけで安心感がありますし
何より気軽にレイヤードが楽しくなる良さもあって、それが気分が上がる一番の要素ではないかなと思います。
ストライプのラメ糸は、透明な糸と撚り合わせる事でくっきりはっきり線が出ないようにしています。
また規則的ではなくランダムな感覚で線を配することで、その物にしかないリズムが生まれています。
目立ち過ぎないストライプなので、柄物にも合わせられるというのも嬉しいです。
気になられている方には迷いなくぜひ!とお勧めしたいフルッターパンツです。

PageTOP