5月12日


susuri    マーシーパンツ

color     NAVY

price     29000+TAX

SIZE     1   /   4


昨日ご紹介しました、susuriのラインブラウスに合わせて穿いていた”マーシーパンツ”
ウエストはゴムと紐で、身軽に動けるイージーなパンツは昨年から続いてリリースされており、
2019SSではサーカス団の練習着から着想したパンツでしたが、ワタリの太さやウエストの仕様などを
変えまして、2020SSでは雑技団モデルとして新たな展開を見せております。
また、愛知県の尾州で作製される刺し子調に織られたドビーコットンのオリジナルの生地がとても好きで、
この一見すると道着の様な佇まいのシリーズは、susuriのイメージからは離れているようにも思うのに
コレクションの背景に想いを巡らせるととても合っているという、自分でも書いていて若干意味が分からなく
なりそうな、そんなところも選ばずにはいられない理由の一つかと思います。
今回はサイズも2サイズの展開としました。すっきりとさせても、たっぷりゆったり穿いても良いですし
性別も体型も問いませんので、ラフだけど砕け過ぎないパンツの選択肢としてぜひご覧ください。


着用サイズは4で、ハイウエスト気味の位置で腰紐をきゅっと絞って穿いています。
身長がある女性の方でしたら、だふっと緩く大きいサイズをあえて選ぶのも良いと思います。
ゆったり目なワイドシルエットですが、膝上より少し上の位置で切り替えを入れる事で
裾までのラインを緩やかにすっきりとさせて、穿きやすくトップスとのバランスも組み合わせ易い
綺麗な形に仕上げています。
凹凸のあるさらりとしたカジュアルな生地ですが、綺麗目なブラウスとのコーディネートも違和感なく
むしろそういった着用機会を見極めすぎて出番を待ちわびている服を、普段着として着られるように
良い塩梅でカジュアルダウンしてくれる役割も果たしてくれるパンツです。
見えないところのポイントとして、上にアップでの物撮りも掲載はしていますがウエストを締める腰紐が
“黒のラメ”という攻めた姿勢も素敵です。という事も、念のためここに記させていただきます。


ドビー織ならではのハリと柔らかさがあって、着用を重ねる事での生地の変化も楽しめます。
足元も気分に合わせてスニーカーから革靴まで、色々合わせたくなってしまいます。
生地感から想像すると、真夏の燃える様な暑さの日や冷房の効かない室内などでは、さすがに少し
暑いと思いますが、肌当たりはサラッと軽いので夏でも足元から冷えたりするのが気になる方には
夏場でもお楽しみいただけるのではないでしょうか。
肌にぴたっと密着し過ぎないワイドシルエットは風が抜けて心地良いですし、脱ぎ着が楽なところも最高です。
今朝は歩いていても、暑さの中にスッと涼しさがあってここ最近でも格別に気持ち良く感じる気候。
春から夏へ、季節は少しずつ動き始めています。
ご自身がリラックスをして、心地良いと感じる服装を見つけに来て頂ければと幸いです。

5月11日


susuri    ラインブラウス

color     BLACK

price     32000+TAX

SIZE     1


店内もしっかり春から夏にかけての服がずらりと並んだことで、改めて今シーズンも各ブランドの
素晴らしいラインナップに先陣をきって物欲が抑えきれなくなりそうです。
今季春夏のオーダー分も残すところ僅かとなってきました。
こうして少し前の自分達が、展示会で興奮したり唸りながら選んだものを、やっぱり良いよねーと
また楽しめているのも、其々の場所で考え工夫し変わらずに働いている方がいてこそですね。
しっかりと自分達の表現方法で、お客様へと届けたいなと思います。
気持いい風が吹き、みどりも生き生きとしています。服も一際、美しく映える、そんな気候です。

着るととにかく気持ちが高揚し、知らない街や場所へといそいそと出掛けたくなるようなsusuriの服。
今日はなんだかリラックス気分でというよりも、気持ちを奮い立たせたいという意味を込めて?
今季のラインナップの中でも、一番ぐっときたプルオーバーのブラウスをご紹介したいなと思います。
遠目ではかなりシンプルな見た目に感じられますが、こんなにも細部まで思考が行き届いているのかと
震えてしまうぐらいエレガントでもありクールでもあるという、所謂ツンとデレが素晴らしいブラウスです。


無地かと思いきやの生地の正体は、光が当たると薄っすらと浮き出るシャドウチェック。
細番手のコットンを小さく細かなギンガム状にして、重なりの濃いところと薄いところの
陰影が織り成す格子柄はぼんやりと、でも見れば見る程に整然とした様子を表現した美しい生地。
コットンのパリッとした強さを肌に感じつつ、一本一本の糸の細さにより服地の中から手をかざすと
微かに透けて見えるほどの繊細さが一緒になっているということに感動すら覚えます。
生地に負けず劣らず、デザインに関しても前後左右どこを見ても各所に胸が高鳴る要素が備わっていて
にも拘わらず奇抜さを感じさせないというか、静けさを纏っているのが堪らないです。
正面の中心部には、黒がシックに華やぐピンタックが並び、肩線はほんの僅かきゅっと内側に入ることで
袖が丸みを帯び、また袖口もやや窄ませているため可愛さを控え目にした上品なシルエットとなっています。
美しいだけではなく、私の様にしっかり肩があっても、また小柄で華奢な人の肩にも自然と身体に沿って
動き難さも感じさせないで着られるところも、間違いなく魅力の一つに感じます。


着丈は、お尻まで隠れるセミロング丈。
絶妙な丈感ですが、個人的にはボトムにパンツもスカートも合わせられて、何ならワンピースの
上にばさっと被ってみたりも出来て、考え込むよりは着てみたら案外何にでも!な形だと思います。
また黒ではありますが、光が射しこんで陰影が揺らめき、また深いスリットが入ることで動きだけではなく
見た目にも軽やかさを演出してくれますので、どうぞ思い切って様々なレイヤードをお楽しみください。


着脱をする際に触れるのは、首の後ろにキラッと光るシェル釦ひとつのみ。
釦から下にも少し広めのスリットを設けているので、プルオーバータイプの服で敬遠されがちな
脱ぎ着の面倒くささ問題も難なくクリアです。
後ろ姿はとてもすっきりとしていて、どことなくフロントのデザインともギャップがありますが
だからこそどちらのデザインも印象的に映り、且つ冷静さを取り戻させる。そんな心配りを感じます。
コットンの生地ですが清々しく着られるプルオーバータイプのラインブラウス。
夏に着る「黒」という色が少し前から気になり始めて、ようやく自分達にしっくりとくるようになりました。
皆様にもお楽しみ頂ければと思います。

4月12日


susuri    キグナスドレス

color     DARK NAVY

price     50000+TAX

SIZE     1


今日も風はスーッと澄んでいてとても清々しく、朝から部屋の空気を全て入れ替えてすっきりと。
お店に着いてからも、窓を全開で掃除を入念にしてからの一息ついた際に飲む温かな飲み物は別格に美味しい。
このまま順調に気温が上がって装いも気持ちも軽やかになれば良いなと思いながら、いつも通りオープンしました。

susuriから見るからに雰囲気抜群の、縦にずらりと並んだ釦が特徴的なシャツワンピース、キグナスドレス。
時期を遡れば卒業・入学などの式典行事や、フォーマルな場面でも着られるイメージでセレクトした一着。
展示会で見た際にあまりに綺麗な艶なので化学繊維もしくはシルク糸などの混紡素材かなと思ったのですが、
実際はコットン100%の生地でした。
表面に光沢があり日常着としてはやや緊張感のある素材だと思うのですが、月夜のような静けさと美しさがあり
デザインを見ればドレスという程、そこまで大袈裟に振り過ぎない絶妙な塩梅が素晴らしい。
着方や合わせ方によっては、十分に普段着としても取り入れられる懐の深さを感じて頂けると思います。
個人的には、いざという時に着る様の洋服という括りで、激しく着過ぎずにワードローブの良い場所にセットし
もし急に予定が入った時なども、安心できるなと思います。
普段そういった機会が多くないので、自分のイメージする綺麗目の洋服を探すのは案外難しかったりします。
先行投資ではないですが、持っていて心強いカジュアルからフォーマルにも対応の利く1枚ではないでしょうか。


susuriの洋服に用いられる生地は100%ではないのですが、毎シーズン殆どがオリジナルで作製したもの。
キグナスドレスに使用されているコットン生地は、糸の段階でフシを毛焼きする事により表面のつるりとした
質感を実現し、強撚糸にすることでドレープ感の美しさと強さを持ち合わせたファブリックを下支えしています。
またドビー生地を作る際に用いる織機を使い、ヤブレ組織という特殊な織り方で圧倒的な存在感を放つ
生地を作り上げています。洋服において生地が全てとは思っていませんが、良い生地を使って仕立てられた洋服は
純粋に見た目のオーラであったり、ハンガーにかけてディスプレイしておくだけでも佇まいが違うように感じます。
素材の良し悪しは愛着を持って長く着続ける理由の1つにもなるでしょうし、高揚感もプラスされるはず・・・


デザイナーの発想として「新しいクラシックを模索したカタチ」という言葉がぴったりと当てはまるように
古臭いイメージは一切ないのですが、首元のデザインや肩回りの作りなど新旧が織り交ざって新しいカタチへと
落とし込まれているのが良く分かります。
時代の流れにも独自の舵の切り方で突き進みつつ行う丁寧な物作りで、その中でブランドの核となるイメージを
曲げずに、且つ柔軟に表現しているのがsusuriの洋服からはいつも感じます。
デイリーウェアとは少し異なる洋服と捉えていますが、けれど重なる部分もあるのが良さだと思っています。


着合わせはあえて、普段から良く穿いている黒のパンツに靴はコンバースのスニーカー。
ストレートに世界観を表現するのであれば黒の革靴などを合わせてパリッとした印象で着たいですが
クタクタのスニーカーに組み合わせても違和感はそれ程なくて、イメージに囚われ過ぎない自分がこうしたいと思う
自由な着こなしも良いのではないかと思っています。


肩の作りは比較的コンパクトですが、動きを制限されないように背中に細かくダーツを入れて可動域を確保。
ブランドのアイコンにもなっている背中のループもアクセントになります。
特に背中のデザインは美しさが際立っていて、惚れ惚れします。
お洗濯も気にせずタフにがしがし着れるデイリーウェアと、カジュアルな中でもすっと背筋が伸びるような洋服。
どちらも外せない2つの要素と組み合わせが服装の幅を広げてくれますし、天気や気温、逢う人や行く場所によって
自分なりに選択肢がもてる様になると、洋服を着る楽しさは格段にアップします。
どんな服装が落ち着くかや、少しだけ緊張感があった方が何かと捗るなど、服による効果も場面や人によって様々です。
しなやかな強さと、揺れ動く可憐さを合わせたドレス、ぜひご堪能下さい。

3月7日


susuri   スーリードレス

color    charcoal

price    45000+TAX

SIZ      1


susuri 2020 s/s collection ”cross the line”
テンポよく入荷も続いていて、何より今季のsusuriは新たな世界を繰り広げていますので
届くもの届くもの何処か異国のムードと新鮮さを纏っていて、そして春や夏を思わせる素材感が
自然と気分を前へと向かわせてくれて、心も晴れやかになるように思います。
近くで遠くでこちらを見て下さっている方や、今あまり外へ出る気が起きない方に向けて少しでも
ウキウキする物をお届けできたら良いなと思い、ちょっと気が早いですがリネンのドレスをご紹介いたします。


控え目ながらもエレガントなVネックラインの重なりが、そのまま胸部からアーチ上に連なる釦へと繋がります。
小さな釦がコロコロと、たくさん並んでいるデザインはsusuriの服の特徴的な仕様の一つですが、
今まで展開されてきたアイテムの中でも一番しっくり馴染んでいるとも思えるのが、このスーリードレス。
肩線や腕周りや腰からヒップのラインなど、チャイナドレスのすっきりコンパクトで妖艶な雰囲気を漂わせつつ、
ストイックになり過ぎないところで抑えて出来るだけシンプルに落とし込むことで、さらりと一枚で気持ち良く
着られるドレスに仕上げています。
スリットの入り方と見え方、そしてアシンメトリーになった裾の重なり具合なども絶妙なのです。
着る人の身長によっても雰囲気が変わりますし、全体的にボリューム感も無いのですっきりと着られる
ワンピースがお好みの方にもお勧めしたいです。


細番手のリネンを使用することで、肌触りはとても滑らか。
一見デザインが強く感じられる方もいるかもしれませんが、いざ着てみると生地の表面にぷつぷつっとした
ネップ感があったり自然とシワが入ったりと、緊張せずにさらさらっと一枚で着て涼やかさを感じる素材感。
サイドにはポケットもあるので、より気兼ねなく、小さなポシェット型バッグなど合わせて、身軽に颯爽と
着て歩いていただけたら嬉しいです。


薄手のレギンスやインナーパンツなどを穿いて足元にはサンダルでカジュアルに着合わせたり
はたまた、タイツと綺麗目な革靴の組み合わせで、綺麗な首元にはネックレスかスカーフを添えてみたり。
大袈裟にはしたくないけれど、日常よりも少し華やかな心持で装いを楽しみたい方にお勧めのsusuriの服。
エキゾチックな匂いを微かに漂わせる服が他にも並んでいます。
どことなく今の気分にもマッチする柄やデザインに、着るのはまだ少し先でも胸は勝手に高鳴りますよ。
今日は気候も良く、少し外を歩くだけでも気分転換になるのではないでしょうか?
お出掛けついでに、ぜひお立ち寄りください。

2月24日


susuri    ペンギンパンツ

color     BEIGE

price     35000+TAX

SIZE      1    /    4


新しい季節のアイテムもゆっくりとですが立ち上がりはじめ、店内も色や柄がところどころに。
susuriの20SSは先行きへの不安を抱えつつも力強く様々な文化を内包し膨らむ湿潤な街「香港」を舞台に、
その街で暮らす男女の出会いから別れまでの脆くも儚い、危うく張りつめた恋の記憶の映画 “花様年華”
映画のイメージと、susuriが目指してきた記憶を辿りつつ、また一歩新たな物作りの展開へと進むような、
良い意味で振り切りと驚きや新鮮さ、そして変わらない繊細な美しさを表現したCOLLECTIONとなっています。
まだ入荷はぽつぽつとですが、中国的な柄や果物・植物などから色合いをヒントにした色遣いと伝統的な仕様に
現代社会の人々の構造を重ね合わせたり、susuriならではの感性と思考が散りばめられたコレクションですので、
この春からそして夏ごろまで、お楽しみにしていただけると嬉しいです。

先ずご紹介するのは、前回シーズンで登場したモデルを生地を変更し継続リリースされた”ペンギンパンツ”
大げさなほどに短く取った股下は、少しだけ前後に張り出したようになっていて、パンツとして見たことの無い
独特な形は、まさによちよちと歩くペンギンの姿をイメージさせます。
広げて置くとより、このパンツの形の独特さが伝わるのではと思ったので、置きの画像を先に並べました。
この形が着用した時にはどんなシルエットに映るのかをご覧いただけたらと思います。


パンツに使われている素材ですが、susuriがブランド独自で開発しているオリジナルのリネン55%・コットン45%の
打ち込みの良いスラブギャバジン。肉感は中肉でベージュの色目が複雑で奥行きを感じさせる素晴らしい色合い。
素材感・厚み・色合いから通年を通して活躍する生地だと思います。
デザインとして最も目を惹くのは、平置きにするとサルエルパンツの様な井出達の股上の深さ。
実際に穿いてみると足を広げても突っ張らないようにしっかりと可動域が確保されていて、
極端に裾幅を細くしない事で、見え方はワイドなパンツを穿いている位の程よいバランスに。
試着をする前には生地の分量とボリュームに負けないか心配になりそうですが、実際に穿いてみると
デザインが過剰に目立ったり、個性が強くなりすぎる様には感じさせない納まりの良さがあると思います。


サイズは1と4で、男女問わず好きな穿き方が出来るように選びました。今回はサイズ4を着用。
股上がとても深いので、穿き方としてはかなりのハイウエストでベルトできゅっと絞って
ゆるゆるっとはしつつも、裾を捲らずに穿ける位置で合わせるのが良いかと。
腰で落として穿いてしまうとルーズな印象が強めに出てしまいますが、サイズ1で裾をくるくるっと捲って
ルーズに穿く分にはバランスは良いかもしません。
susuriのお洋服はコレクションブランドらしい世界観があるのですが、普段から着ているお洋服に合わせても
案外しっくりとくるアイテムが多いので、気負わず自分なりの取り入れ方で楽しんで着てみていただきたいです。
中には繊細な作りのモノもありますが、自分達が着ているsusuriの服も家で普通にお洗濯していて、
どこか異国の服の様に感じても、触れたり着てみるとその距離はぐっと近づいて、日常着の中にほんの少しの緊張感が
入り混じっているの感覚がとても心地良いです。


裾のボリュームもそれなりにあるので、靴はフラットで華奢なイメージのものと組み合わせるとバランスが取り易く
スニーカーも良いですが、個人的には足元で引き締める方がメリハリが合って良いのではと・・・と思います。
ルーズな印象を中和するアイテムを1カ所でも取り入れると、全体が引き締まって見えるので少し意識をするだけで
物の持っている良さを引き立てる事が可能です。


横から見た際のボリューム感が見ているだけでもとても楽しい。
ペンギンパンツという名前もユーモアがあって、穿く度に自然と笑顔になってしまうようなパンツに思えてきます。
普段穿いているベーシックなパンツとは、全く違う着こなしと気分が味わえるのも良いのではないでしょうか。
寒い冬が終わり重たいコートを脱げる春先はパンツの気分が大きく変化するので、ボリュームのあるシルエットは
コーディネートの主役になるくらい雰囲気と存在感が抜群です。


susuriをお取り扱いをしてから展示会に行く度に、製品1つ1つの作り込みの良さと細やかさに圧倒をされてしまい
一通り見終わると甘いものを摂取したくなるくらいエネルギーがいるのですが、その分、洋服の面白さや魅力を改めて
吸収し、可愛らしさやユニークさはいつだって心の栄養になるということを受け取っている気がします。
自分達が提案したいことはあくまでも日常着として、自分らしく着るかを1番に考えてもらいたいなと思っていて、
その中で何処へ行くかとか、誰と逢うなど場面によってあれこれと組み合わせたりしながら、自分の心と身体が
機嫌よくいられる為の服であったら良いなと思います。
ペンギンパンツ・・・穿けばきっとよちよちどころか、軽快に歩きたくなってしまうのではないかと思います。
ぜひ店頭でお試しください。

PageTOP