10月26日


susuri     ピーテルワンピース

color       black

price       47000+tax 

SIZE        M


毎年、イベント&出張が集中する10月ではありますが、あっという間にあと残り数日になりました。
毎日が早送りの様で、なんだか日にちと曜日感覚が無くなりかけていたましたが、久しぶりに川沿いを
てくてく歩いてきたら、鉛の様だった体がすーっと軽くなったように感じて気分もすっきりです。
鮭の姿もやっと自分の目で確認出来ましたし、大銀杏の頭の色もちょっとずつオシャレになりつつあります。
忙しい時こそゆっくりと景色を見渡して深呼吸してみると、自分のペースというか感覚が正常に戻って
ふつふつと色んな欲求が湧いてきたりもしますね。
あの時オーダーして待ちわびていた靴もついに届いたので、今すぐにでも履いてお出掛けしたいです!

そうこうしていると年末の話から来年の話も耳にするようになったり・・・。
そろそろ年末にかけてイベントや飲み会、お出掛けの予定が決り始めている方もいると思います。
日常着と特別な日の装いのちょうど間、カジュアルにほんのりと古典的な美しさを上からまぶした様な、
独特な空気を纏うsusuriの服から、今シーズン惚れ込んだ生地の一つを使用した″ピーテルワンピース″
画家が着ていた様なスモックをイメージしたというワンピースは、生地の分量に対していざ袖を通すと
驚く程ふんわりと軽く柔らかく、袖口はたっぷりと丸みのあるシルエットが特徴的ですが、全体としては
そこまで大きく広がる訳でも無く、susuriらしい大胆さと潔さが随所に堪能できる一着に仕上がっています。

素材にはウールとリネンを使用していて、離れて見える大柄も近くで見るととても繊細で表情豊かな生地。
ウールの産地でも知られる尾州で織り上げられた物になります。
スモック型でデザインとしては一見可愛く映る反面、異素材のブロッキングにより素材の特性を活かした
凹凸のあるシャドーチェックの様な柄と、ふたつの素材の起毛感の違いからは、ただ可愛さや柔らかさという
表現がしっくりくるかと言うとまた少し違って、研ぎ澄まされた静けさの様な一面が交差して見えるのです。


両肩や前後の襟ぐりであったり、きゅっと絞った袖口には切り替えとパイピングで細やかな変化を付ける事で
黒に薄らと白が混じった優しい色目と少しふんわりとした空気を、その小さな変化により引き締める効果が
生まれているのだなと思うと、デザインの妙と言うか奥深さと複雑さを感じずにはいられません。


首元は紐で開き加減を調節できる仕様なので、気分によって開きを変えてみてください。
タートルを合わせてきゅっとすぼめてリボン結びは、まさに画家になったような気分ですし
開きを大きくして、インナーも開きゆったり目なものを合わせてうなじや鎖骨を見せると、
また印象が随分違います。袖口もゴムなので手首など肌をほんの少し見せてアクセサリーを添えてみたり
足元は靴下・タイツそして靴で色を足したり、バランスを調節したりするとより楽しく着られます。


ワンピースの中にはワンピースよりもやや短い丈の裏地が付きます。
裏地の無い裾の方、リネンの部分はちょっと透けて見えて生地のポコポコした柔らかい感じと
リネンのさら~と涼しげな感じのアンバランスさもとても良いなと思って生地に見入ってしまいます。
今回はインナーにモックネックのカットソーを着て、ワンピースの下には普段から良く履いている
墨黒のボトムを合わせてカジュアルに着てみました。(偶然ですが、ボトムの生地も愛知で織られたもの。)
ワンピース単体で見ると着て行く機会はあるかな・・・ともやもや考え始めてしまいそうですが、
個人的にはsusuriの服は、自分が着たい時やふつうに街の中の好きな場所に出掛ける時に着たい服ですし
着方や組み合わせやを変えることで、上品で淑やかな雰囲気で着る事も出来る服だと思っています。
あとsusuriの服を着るだけでふっと自分の中で何か切り替わったり、落ち着いたりもしますし
服を着替えることって見た目だけでは無く、内面にもずごく効果があるものなんだなと思って、
それを実感させれることが多いです。
何より秋の装いは冬よりも可能性が広がってますから、ただただ楽しんでいただけたらなと思います。

9月22日


susuri     ポエータハイネックセーター

color       ecru

price       28000+tax 

SIZE        M

color      dark navy

SIZE        M SOLD

color      khaki

SIZE        M SOLD

susuriから新作のシルクを使ったハイネックセーターが届いています。
ちょっと気が早い様に思うかもしれませんが、先日一度ぐっと雨で気温が下がった時に着用してみて
久々に身震いする様な素晴らしいセーターに出逢えた!と思うセーターですので、さっそくお披露目を。
旅する詩人をイメージして作られたセーターは、ネックの高さ、首・袖・裾の細リブ、そして身頃の太リブ、
絶妙なテンションによる心地良いフィット感。素肌に着てもチクチクしない、とろける様な生地感。
一枚で着てもサマになり、ワンピースやジャケットなどのインナーでも重宝するであろうシルエット・・・などなど、
良い所を挙げたらきりがないくらい、着ればたちまち幸福感いっぱいに包まれるセーターなのです。


色は全三色展開で、こちらはチャコールグレーにも近い″dark navy″
質の良いニットが欲しいなという方で、まず一枚目を選ばれる際には迷わずお薦めする万能色です。
美しく且つ控えめに艶感を纏っているので、フォーマルな装いにも合わせていただけると思いますし、
ワイドなデニム、ベージュやオリーブの土っぽさのあるボトム、ジャンパースカートやチェックのワンピース・・・
普段着ているカジュアルな服にも、ちょっとお出掛けの際のよそ行き服にも。
どう合わせてもしっくりとくるので、着た時のイメージも自然と浮かぶのではないかと思います。


リブの太さを変える事で、身体にストレスのかからないふんわりとした優しいテンションを保ちつつ、
袖や裾など、優しくきゅっと押さえて欲しい部分は肌にぴたっと添ってくれるという、その加減も素晴らしく。
フリーサイズなので設定としては、袖と裾のどちらの丈もやや長めになっていると思うのですが、
そのリブのテンションのお陰で、丈の位置は自分の好みで変えられますし、袖は捲くってもくしゃっとさせても
どちらでも落ち着きますし、ゆったりと余裕はあれど、決してだらしなく見せない点がsusuriらしいなと思いますし
適度に服に緊張感を持たせてくれるのも、着ていて清々しい気持ちにもさせてくれます。


もう一色、着用してみたのでご参考に。
開きが深めなVネックのカジュアルなジャンパースカートのインナーに、柔らかな色目のecru。
真っ白までいかない淡い色目なので、茶やベージュなどと組み合わせて色のトーンを合わせた
着合わせも良いですし、季節柄、黒やグレー、紺と言ったトーンの落ち着いた色目が増える中に
白や生成が一色入る事で、表情も華やぎます。


シルクと聞くと、高級素材で扱いが難しいのではないかと思われがちですが、
自分達が選ぶ物は、勿論使用頻度や洗濯方法は多少気を使いながらも、出来る限り日常使いで
親しんで着れる物を基準に選んでいます。
素材の持つ心地良さや、機能性を直接肌で感じながら、着る人の心まで満たしてくれる洋服を
手にしてみるというのも、今までとまた違った服との接点が生まれるきっかけになるかもしれません。
ぜひ一度袖を通してみて欲しい。そう思わずにはいられない、素晴らしい一着です。

8月31日


susuri     フルッターパンツ

color      black (cotton 100%)

price       19000+tax 

SIZE        F

color      beige (linen 100%)

price       21000+tax 

SIZE        F SOLD

前回ご紹介した際に、BLOGを見て気になって・・・と嬉しい反応が多かったsusuriの万能フルッターパンツ。
ワンピースやチュニック、スカートなど薄手の素材の透け防止に一枚重ねて頂いたり、着丈が微妙に短く感じたり
ちょっと一癖欲しいなと思った時に、サッと穿くだけで心を満たしてくれる&ちら見せプリーツが至高の一着。
前回は繊細な綿ローンを用いた薄地のタイプに、金糸がキラキラ光のように差し込んだデザインのものでしたが
今回秋冬のコレクションでは、素材違いでベージュとブラックの二型でリリースされました。
ブラックの真っ黒さは静かで暗く冷たい気配を感じさせますが、実際に触れた生地はネップ感のある柔らかな素材。
もう一方のベージュもつぶつぶとしたネップとシボのある表情がどこか切なくも映る、淡く滑らかなリネン素材。
インナーとして穿く事を考えると、どちらの生地も通年活用出来そうな気もしますし、リネンとコットン二つの
素材を同時に見てしまうとどちらも甲乙付け難く、春夏で展開したより薄地のものを着用している身としては、
その使い勝手も知ってしまっている分、二本目・三本目と持っていてもいいんじゃなかろうかと・・・
何処からともなく囁く声が聞こえてきます。それぐらい優秀で万能で、何よりもこの甘さを抑えつつも幅しっかりで
大人が楽しく重ね着できる裾プリーツのデザインが大好きです。


ウエストはゴムでサイズもフリーですが、腰回りワタリ幅などもある程度余裕はあるものの
スカートやワンピースがたっぷり膨らんだり、ゴワついたり、変に広がったりはしない、
すっきりとしたシルエットです。
ワンピースやチュニックと重ね合わせた際に、揺れ動く裾から覗いたヒラヒラの裾が、
どちらも一緒になって繋がっている様にも見えたりと、主役を惹き立てるアイテムでありながら
インナーパンツその物も主役の一部を担うという働きっぷりが素晴らしいのです。

合わせているスモックワンピースも届いたばかりのsusuriのものです。
小さくリボン、チェックに見える凸凹の生地、袖口と袖の膨らみ、ネックラインなど、叫びたくなるくらい素敵です。
ワンピースの詳細はまた少し季節が進んだらお伝えします。気になる方は店頭まで。


ブラウンやカーキ、そしてグレーや黒。
季節が進めば、自然と気分も移ろいで、気になったり手に取る服の色目が変わってきます。
柔らかなベージュも、凛としたブラックも、どちらも秋や冬の静かに落ち着きのある色合いとの
相性が良さそうですし、お手持ちの服の印象をほんのりと変えてくれるパンツでもあるので
ちょっとした見た目の変化が、見慣れた服に新鮮さを与えてもくれます。
一枚あれば良いなと思うニッチなアイテムですが、一度穿いて頂くと生地違いで欲しくなってしまう理由が
きっと分かると思います。先ずは、ぜひ一度お試しください!

8月10日


susuri     モーンドレス

color      black

price       45000+tax 

SIZE       M SOLD


台風はゆっくりと北上しながら東へ反れたようで、少しむあっとした空気を残して過ぎ去りました。
夜はやっぱりすでに秋のような風が吹いていて、やけに虫たちが部屋の中に入ってきたのは涼しすぎて?でしょうか。
各方面からも、続々と2018AWでオーダーした服が届き始めています。
まだ夏も感じていたいと思いながら、この荷物が届いて蓋を空けた瞬間ばかりは秋へとぐいっと気持ちが引っ張られますね。
店内は昨日のBLOGでも書いていましたが、夏と秋・半袖と長袖が入り混じった良い空間になっていますので
夏のおわりと秋のはじまり、どちらの季節もお楽しみいただけると嬉しく思います。
そんな訳でBLOGも今時期はどのシーズンの物というのは意識せずにご紹介していますので、気になった時には
ぜひ店頭まで、足をお運びいただけたら幸いです。


susuriから届いた、「密やかに辛抱強く生きる人」をイメージしデザインされたモーンドレス。
凛とした立ち姿にも映える様な、きゅっと詰まったネックラインや、余分に広がらずにすらりとした袖の形。
一見素朴で、よく見ると複雑そうな衿元の切り替えと、胸のやや下あたりに配されたタックにより生まれるドレープ。
静かな優美さが身体を動かした時のみ表れる様にしたという、着た人が誰よりも心躍るようなシルエットは
とにかく素敵でうっとりで、それに加えて絶妙なツボを突いた植物と花のオリジナルプリントの生地となれば
もう言葉は必要ないのだろうと思います。このドレスにときめいて下さった方に着ていただきたいです。


susuriらしいなと思うのは、袖を通した瞬間に姿勢を正して視線を真っ直ぐ前へと向けたくなるパターンなところ。
仄かに灯る緊張感は気分を上げてくれますし、細やかで繊細な仕事によって作り上げられた見た目も着心地も美しい服は
時にモチベーションの一つにもなったり、ここぞという場面で勇気を与えてくれたり、ただ着るという物だけではなく
それ以上の効能があるように思うのです。


生地はコットンリネンで微かに肌が透けるぐらいの厚さなので、正にこれから涼しさが感じられる様になったら
サラサラとした肌あたりが気持ち良くもあり、長袖が快適に丁度良い温度で着ていただけると思います。
うっすらと透ける素材には、今季大活躍のsusuriのフルッターパンツを重ねて。
ちらりと覗く裾のフリルは、シンプルなワンピースにちょっとした華やかさを添えてもくれますし
例え裾が見えなくても、一枚インナーパンツを挟むだけでも安心し、落ち着いて動く事が出来ます。
秋冬シーズンも生地は異なりますが、同型のパンツをご用意していますのでお試しいただけたらと思います。


泉や川などの不思議な表情を素朴に表した子供向けた詩集の一遍 ″LOOKING-GLASS RIVER″をテーマにした
susuriの春と夏の服。
水のある辺りの独特な空気の流れや、音や光。そういった景色から色や柄、素材のイメージを膨らませた中で
今回仕上げられたオリジナルのプリントは、森や沼の辺りに生えるカサカサとした植物を表現しています。
通勤路でもある中津川に沿った道でも、この柄に似た植物の姿を見かけるので一層気持ちは引き寄せられ。
強すぎず柔らかな印象にするための、あえてぼんやりとした色のコントラストも揺れる穂と小さな花に良く合っています。
視覚でも楽しめて、また着た際のシルエットであったり、釦一つとっても気持ちが高揚するような服。
これから秋にむけて、夏とはまた違った温度のイベントや楽しみの場があると思いますので、
そんな方に向けてとっておきの一枚として、お薦めしたいドレスです。ぜひ。

7月2日


susuri     フルッターパンツ

color      goldlinc white

price       19000+tax 

SIZE       F SOLD


盛岡の夏はとても短いと毎年思いますが、短いけれど暑い日は当たり前に暑くて、
そんな短い夏に着たい服は何だろうと、あれこれ試行錯誤しながら、7回目の夏を迎えています。
7年前と今とでは、ブランド構成が大きく変わった訳ではないのですが、自分達の感覚や大事にしたいと思う事や物が
変化するのは自然な事で、そういった面で並ぶ物が多少変わってきたのは確かだと思います。
細く繊細な表情の麻や綿の糸を高密度に織り込んだ上質な生地、シルクと綿の艶やかさと芯に強さを兼ね備えた生地。
など、特にレディスではワンピースやスカートでも選ぶ物によっては生地の特性を活かして薄くて透け感のある服も、
並ぶようになりました。
そんな時にちょっと困るのがインナーに何を合わせるか。
透けるので当然一枚では着れないので、デニムなどのボトムやレギンスなどを合わせるでも良いと思うのですが、
なんとなく着たいイメージと違ったり、同じ様な着合わせに飽きてしまったり・・・

color       goldlinc brack

SIZE        F SOLD


susuriの前回の秋冬のシーズンで初めて展開された素敵なペチパンツ。
今シーズンも出逢えたら!と思っていましたら、嬉しい事に生地を夏仕様に変更して継続でリリースされました。
薄手ながらハリコシと柔らかさを感じさせる繊細な綿ローンに、ゴールドのラメ糸が縦にかけられた今季の生地。
よくよく見ると、お!っとなる生地は、国内の機屋さんと作り上げたsusuriのオリジナルの生地になります。
エレガントに見えがちなラメ糸は、くっきりと入らず遠目では分からないくらいに所々細かな点が線を描き、
更には不規則なピッチで縦に入った線は、まるで儚くキラキラと水面に差し込む光の様にも感じさせます。
ただのインナーパンツとしてだけではなく、裾にあしらわれたプリーツがヒラヒラと見え隠れするあたりも
ニクイ演出ですし、プリーツ部分の長さがあるので、着丈が少し短いなと思っていたワンピースも
気にせず着られるなど、この一枚が在ることでメインの洋服の着こなしが何倍も楽しくなる様な名脇役的存在。


白いワンピースやスカートは、夏の特に太陽が眩しいくらい晴れた日にこそ着たくなります。
うっとりとする様な繊細な糸で織り上げた上品な生地に、デニムやラフなボトムでカジュアルダウンして
着るのも良いと思いますが、時と場合によっては繊細さを存分に活かして心の中でうふふっとなる様な、
装いを堪能してみるのも良いのではないでしょうか。
裾は見えても見えなくても、ちょっとした時に裾からちらりと覗くぐらいでもテンションは上がります。
透け防止にもなりますし、インナーに一枚穿くだけで安心感もあります。それでいてサラッとした生地は
汗を掻いた時のベタつきも軽減してくれて、色んな面で心地良さを与えてくれるのも穿いて実感しています。


こういった、在ったら良いなと思うようなインナーアイテムは出逢った時が買い時だなと思います。
いざ必要となった時に探しだすと、中々出逢うことができないですし、インナーパンツという狭いジャンルの中で、
自分の好みのものと出逢うのは、それこそ出逢いだなぁと思うのです。
今回は一目見てこの生地に惚れ込み、同素材で展開しているブリューゲルワンピースもオーダーしております。
ペチパンツと組み合わせて着ていただくのも、お薦めです。
ぜひ店頭へ見にいらして下さいませ。

PageTOP