2月8日

SUSURI    ヘムレンシャツ

color     predawn blue

price     25000+TAX

SIZE     1   /   4

晴れているのに今日の気温は一日ずっと氷点下・・・。室内もなかなか暖まりません。
なぜ?と聞きたくなってしまいますが、それが岩手・盛岡なのです。。。
それでも店内には光が入り明るいので、シャツをご紹介したいなと思いました。
昨秋にも展開させて頂き大変ご好評いた、SUSURIが変わらずに作り続けているヘムレンシャツ。
自分達も一着を共有して着ていたのですが、個人的にはサイズが大きくゆったりなこともあって
こんなに身体が楽に動けて心地好いシャツは久しぶりというか、はじめての感覚で驚きました。
片やもう一人は、いつもとは少し纏う雰囲気が変わるのかお客様からの反応が良かったり。
サイズ1とサイズ4の全く異なる2つのサイズ感ですが、あえて大きいサイズを選んで着てもオーバーな
雰囲気になり難い点で、このシャツの秘めているポテンシャルの高さを感じて頂きたいです。

ヘムレンシャツを語る上でポイントになるのは、表面にステッチが殆ど出ていない点。
両脇部分やカフスなどほんの僅かにステッチが走る以外は、織り伏せ縫いを多用し高級なドレスシャツに
匹敵する縫製技術を駆使しながらも、生地の選び方と染色で程良く肩の力を抜いた雰囲気に落とし込んでいます。
今シーズン選んだ”predawn blue”は、ネイビーとパープルを混ぜ合わせたかのようなオリジナルカラー。
少しずつ日の出時間も早まってきてはいますが、6時でもまだ外は暗く。そんな夜明け前の静寂な青さを
イメージした色は、太陽の陽射しが気持ち良く感じられる季節には自然光でより深みが映えるように思います。

もう一つ大きな特徴として、背中にかけて膨らみのある立体的なシルエットを構築している点。
背中の曲がったおじいさんをイメージして意図的に作られていて、実際に着用をするとより膨らみを感じて頂けるはずです。
生地の分量を多く使ったシャツですが、足し引きがとても上手で決してオーバーサイズで作られている訳ではありません。
ワークウェアなどに見られるような作る工程を単純化する為にざっくりと生地を使った洋服と、ミリ単位で緻密に計算され
着地をイメージしながら生まれる洋服、どちらも其々に良さがありますがヘムレンシャツは生地を贅沢に使用しながらも
何処か洗練されていて、且つ着る人の気持ちを軽やかにしてくれる作用をプラスするシャツだと思っています。

ヨークには細かく寄せられたギャザーとブランドのアイコンにもなっているループ。
日常使いの中でも、気持ちを上げていきたい時や特別な時間を過ごしたい時などにドレスアップしなくても
気分を高めてくれる存在になるのは間違いありません。私たちがSUSURIの洋服をお勧めするのには
そういった理由もあって、心のメリハリをご自身で付けられるのも良さだと感じています。

着用サイズは4になります。背が高かったり体格の大きい方でも着用して頂けます。
イメージはメンズのM/Lサイズぐらいでしょうか。サイズ1を着ると着丈がすっきり見えてジャストよりも
ややコンパクトな着心地に感じるのでレディスのM/Lになります。前回もBLOGに記載しましたが
サイズ1を小柄な方が着ると、着用画像のようなお尻に掛かるぐらいの着丈・袖の余り感になります。
どんなシーンで着るかにもよりますが、肩や袖がぴったりと合うシャツとはまた別に、その時の自分の気分に
しっくりと来るようなシルエットやサイズ感のシャツの良さというのもあるので、春に向けてシャツの新調を
考えている方にぜひお試しいただけたら嬉しいです。

12月1日


SUSURI    ブランシーハーフコート

color     LIGHT BROWN

price     64000+TAX

SIZE     1   /   4


2020年もラスト一カ月になりました。
たくさん色々とありましたし、まだ継続中とも言える状況ではありますが。
割とマイペースにひと月ひと月を踏みしめてきたこの一年でも、いざ十二月という数字を前にすると
「えっ!!」とほんの少し気が焦るような、そんな心境になるものですね。
十二月もどうぞみなさま、心身ともに健やかに過ごしていけますように。
引き続き、変わらずにコツコツ営業して参りますのでよろしくお願いします。

昨年の秋冬で展開したとても素敵だったなと記憶しているSUSURIのとあるコート。
毎シーズン素晴らしいコートをつくられるので、次はどんな形で生地でというワクワク感もありつつ
その中でも、出来ればまた出逢いたいなと思う形もあったりします。
そんな想いが届いたかどうかは分かりませんが(笑)その昨年出てはすぐに旅立っていたコートが
丈のアレンジとその他にも全体的な調整を加えて、再登場してくれました◎
昨年のとは生地や色の違いでまた別物感もありますが、良いコートは着るだけで高揚感に包まれますし
何着あってもいいな、なんて思わせられるので危険ですが、こちらも素晴らしい一着に仕上がっています。


顔周りがすっきりと見える控え目な立ち襟がポイントのハーフ丈コート。
ついつい個人的な好みでコートはロング丈を選んでしまいがちなので、丈が少し短くなるだけでも
すごく新鮮に映りますし、極端にショートな丈では無くて腰やお尻が隠れるハーフ丈に安心感も抱きます。
首元の立ち襟の表情はどこかクラシカルで、ノーカラーとも少し違って、小ぶりでも襟という存在がある事で
不思議とほのかに真面目な雰囲気になるという面白さ。寒さが増すとマフラーなどで隠れてしまう部分ですが
中にキリっとしたバンドカラーのシャツを合わせたくなります。
うしろからバフっと布が覆い被さるようなパターンで作っているので、肩周りや袖などはゆったりとして
一切の着難さを感じさせないところも、SUSURIのコートの特徴でもあり着用頻度に確実に繋がる部分だと
私達も身を以て実感しています。


肩線はなく、曲線を描き綺麗に落ちる袖のライン。
多少肉厚なインナーを着用したとしてもストレスになり難いというのは、コートを選ぶ上での必須条件。
素材はリネン55%×ウール38%×ナイロン7%を掛け合わせたオリジナルファブリック。
尾州地区で織り上げられた、ふんわりとを空気を纏うような軽さと表情豊かな素材を贅沢に使用しています。
裏地もコットン50%×キュプラ50%の生地を張り合わせているので、しっかりと冬を越せる暖かさを確保し
またインナーにニットや少し厚手の物を着ても、スルスルと袖抜けの良さを感じて頂けると思います。
特に普段の生活が車移動中心の方などは、お尻がギリギリ隠れる位の丈感のコートは重宝するのではないでしょうか。


どうしても冬物アウターとなると大きなお買い物になるので、ベーシックな色を選んでしまいがち。
ラインナップにもネイビーやベージュと言ったカラー展開が多いので、自ずとそういったお色が増えますが、
SUSURIがリリースするコートの色味はここ数年ちょっと他には無い感じの、何色かが混ざり合ったような
奥行きのある色や、触れた事の無い生地など感性を揺さぶるものが多くラインナップされています。
今までとこれからをグラデーションに、新たな表現の幅を追求し続けるデザイナーの気持ちが、しっかりと
物作りに関わる方々から製品へとのせられて、届けられているように思います。


サイズは1と4の2サイズの展開。
それぞれレディス・メンズと区切らずに、お好みのサイジングで選んでいただけたらと思います。
最近は店頭で接客をしていてもサイズ感に関して、ジャストサイズではなくても今はこういうイメージで
着てみたいですという方だったり、袖だけ詰めてみたりなど、自分なりに目の前の服との落し所を見つけて
着たいと思って下さる方も多く、提案する側としてもとても嬉しく、些細な事ですがお店があることの意味を
感じたりしています。
大体ですがサイズ1でレディスのM~L位、サイズ4でメンズのM~L位と言えば良いでしょうか。
モデル着用サイズは4になりますが、1をすっきりと綺麗に着るのも勿論お勧め。
身長の高い方や手が長い方ですと、4のゆったり感もサマになり素敵に着こなして頂けると思います。
ご自身の心地良いと思えるものを選んで頂ければ嬉しいです。

11月1日


SUSURI    ピザントパンツ

color     SMOKY BROWN

price     44000+TAX

SIZE     1 SOLD

家の庭に生えている結構大きな桜の木。
毎シーズンこの時期になると紅葉した葉が落ちて、それを箒で集めるのが日課の1つ。
庭で小さな畑をはじめてからは、集めた落ち葉を発酵させで土と混ぜて腐葉土を作るのが何だか楽しくて
土の状態も年々良い感じになっている気がします。
夏野菜の出来が良かったのも、あの時の落ち葉のおかげかなと想像をしてみたり。
庭や家の冬支度をしたりしながら、冬籠りまではもう少し時間があるので楽しく日々過ごしたいなと思います。

今シーズンオーダーしましたSUSURIの商品は全てお店に並びました。
日常と非日常とを行き来するようなSUSURIの洋服。
2020AWのコレクションを作製するにあたって、ブランドが掲げ続けてきたテーマでもある”日々の旅”を、
再度見つめなおすきっかけともなったのは、ポルトガルの旅で出逢った”Joan Jonas”の展覧会でした。
国内外問わず、そんな風にデザイナー自身が実際に旅先で見たり触れたりしたもの、日々揺れ動く感覚と感性を
大切にしながらコレクションの骨組みを形成しています。
SUSURIの洋服を購入したお客様を見ていると、コンサートや舞台、食事などその人にとって特別な日に着ていたり、
そうかと思えば何気なくスニーカーなどにラフに合わせていたりと、其々の着方によって表情を変えるのが面白く
選んだ人がどう着るかによって、オンもオフもどちらにも辿り着く。その自由さがとても良いなと思うのでした。


なんとなく珍しさもあり、クラシックな雰囲気だけれどちゃんと今の気分で穿けるワイドキュロット。
SUSURIらしい細かな縫製技術で、前方のタックでカジュアルな仕上がりにプラス緊張感を持たせたパンツ。
ウールにシルクを掛け合わせた複雑な織りの生地は、とても軽やかで動きに合わせて綺麗にドレープする所や
ツイードのように奥行きのある美しい色合いもとても素敵で、見る程にうっとりしてしまいます。
足元にもブーツからフラットなシューズまで変幻自裁に対応出来るシルエット・長さだとも思います。
デザインソースは農業従事者が穿いていたような素朴な空気感を残しつつ、古臭くならないようにタック使いや
高級な素材をパンツにあえて贅沢に使うことによって、主役にもなり得る存在感と格好良さをさらりと表現。
穿くだけで高揚感を感じると思いますし、冬の主力のパンツとしても活躍するのではないでしょうか。


SUSURIらしいと感じる特徴として、大きく大胆に見せる箇所と小さくぎゅっと引き締める二面性。
両者を目立つようにでは無く密やかに巧みに使い分けてシルエットを構築する。
ピザントパンツで言えば、前後のイメージがだいぶ変わって見えるところが伝わると良いのですが
メリハリを持たせる事で、着た際の心地良い緊張感であったり見え方の部分でボリュームはあるけれども
すっきりとした表情に感じたり、そこが着ていてハッとなったり面白味に繋っているのだろうと思います。


前身頃はサーマルのカットソーや茶系のニットを合わせたくなるような少年っぽさを感じますが、
後ろ身頃は見えない部分になりますが、お尻のちょっと上にヨークがあってそこからギャザーが
ふわーっと広がってエレガントさが際立つ仕様。
足を動かす度にギャザーと裾がゆらゆらと揺れ動く様に、思ずテンションが上がってしまいます。
前後のギャップがあることで、組み合わせるトップスもコートも様々幅が広がりますね。


ウエストはボタンフライの仕様で、ポケットもしっかりと完備。
後側に釦でウエストを調整する釦が付き、ベルトレスでも着用をして頂けるのは案外良かったりします。
タイツであったりハイソックスを合わせて保温性を高めて頂ければ、生地の温かみから北東北の厳しい冬の
寒さでも十分に対応可能です。


いよいよ北東北は冬の気配がより濃くなってきたタイミングでコートやニット類など温かみのある洋服に目が
移りがちですが、迫力のあるウールパンツはマンネリしがちな真冬のスタイルにスパイスとなってくれますし
ニットや、シャツ+カーディガンなどシンプル且つ普遍的な装いでも、気分を変えて楽しめます。
オンオフ問わずに、色んなシーンでのコーディネートを頭の中で膨らませて、合わせて頂けたら嬉しいです。
11月のはじまり。あたたかくして良い季節を楽しみましょう。

10月13日


SUSURI   グリナ―ドレス

color     navy

price     42000+TAX

SIZE     1 SOLD


昨日・今日は朝の出勤時間の気候はまるで春の様にふんわりと穏やかで、心なしか木々の緑も道沿いの植物も
活き活きして見えました。
秋桜と朝顔はわんさか咲いていましたし、並んで柿の実も色づきはじめていましたよ。
歩いて来る途中は首の裏が焼けそうなくらい暑かったのですが、やっぱり陽が出ていると川面がキラキラしたり
花や葉の色が鮮やかに映るので気持ちも華やぎます。もうしばらくこんな日が続いてくれたら嬉しいですね。

日中のお出掛けでしたら、羽織も持たずに過ごせそうな陽気でしたので今日は一枚でサマになるワンピースを。
SUSURIの服は日常と非日常の間をゆらゆらと漂うようなイメージで、お選びくださる方も普通にいつでも着ます!
という方と、実はこういう場があって・・とほんの少しフォーマル寄りな服が必要な方と、まさに半々な感じ。
着る人の気持ちひとつで、どちらにもほどほどの距離で着る事のできる、SUSURI特有の雰囲気やデザインは
なんとも言い難い魅力を放ちます。
その中でも個人的に普段からガシガシ着たいなと思って選んだのが、こちらのドレスでした。
古い農民の絵に描かれているようなドレスの、質素で無駄の無い印象。カーブや膨らみなど独特な立体感を
実際にパターンで構成し表現しています。
ぽわんとした丸みのユニークさと、同時に微かにきゅっと引き締めることで際立つ美しさ。
その両面と、生地の陰影などなど、シンプルで物静かな佇まいでずがじわじわと気になるドレスだと思います。


生地はコットンウールと太いリネンの糸を高密度に、にわかに陰影が浮き出るように織り上げています。
しっかりと目の詰まった強さも感じつつ、ふっくらソフトな感触もある二重織の生地は程よく厚みもあるので
秋の涼しい風が吹きはじめた頃から、インナーを暖かくして羽織も重ねて冬、そして春までとシーズンも長く
着続けられそうです。
同じ生地で二つのかたちで展開されていたドレスですが、今回は重ね着のし易さを考えて袖の無いタイプを
選びました。すっきりと大きく開き過ぎないVネックに肩はややドロップしたデザイン。
なのでインナーに組み合わせるものは、シャツでもカットソーでもどちらでも合いますし、多少厚みのある
例えばハイゲージのタートルなども相性良いですし、さらにもうちょっと暖かくしたい時は上にさらりと一枚
羽織ものを重ねれば、恐らく真冬でもよっぽどの環境下でなければ過ごせると思います。
ノースリーブやベストなどのアイテムは、袖がない事でどうしてもイメージ的に寒そうと思う方もいますが
着ていると実はとても機能性に優れていて、アウターを重ねた時に袖のもたつきを気にしなくて逆に良かったり。
保温性を上げたい時も、ジャケットやカーディガンまたはストールなどミドルレイヤーを活用することで
空気の層が生まれて、細かな温度調節が出来ます。これが高機能な素材だと急激に暑くなり過ぎたり、
そして脱げば寒かったりして案外難しいのです。
ドレスなので脱ぎ着することは出来ませんが、他のプラス一枚や小物との組み合わせで暖かく過ごせて、
尚且つ装いも楽しめるということで、スリーブレスアイテムの良さを少しでも感じていただけたら嬉しいです。


後ろに釦が並んだオーバードレス。デザインのイメージはポワンと膨らんだエプロンからきています。
そこに上がくっ付いた様なというと、何だか着ると確かにと頷いてしまいます。
スカート部分にあたるカーブと広がり方はとても特徴的。
腰から上は狭かったりキツい訳ではないのですが、ちょっと窄まっていて微かに身体に沿うようなフィット感。
一枚の服の中に、一見正反対かとも思える印象の違いや、異なる線で描いたシルエットを共存させたり。
それが良い意味での意外性として表現するには、見えないところまで細やかな匙加減が必要だと思います。
SUSURIらしいギミックとオリジナルファブリックが融合したカジュアルドレス。
この位の匙加減の洋服は案外選択肢が多くないので1枚ワードローブに入れておくと、いざという時に焦らずに
自分らしく服装で出掛ける事が出来ると思います。

9月19日


SUSURI    ピサントコート

color     SMOKY BROWN

price     70000+TAX

SIZE     1    /    4


今日も最高気温が25度を越えそうな盛岡ですが、良いものがどしどし届いております故、
前のめりでSUSURIから届いたウール×シルクを贅沢に用いた新型のコートと、ストレスを一切感じさせない
とろりとしたシルク素材のミドルネックのセーターをご紹介します。
秋冬シーズンのコート選びは、お客様も勿論そうでしょうが、私達自身も毎シーズンうんうんと悩んで
自分達が本当に提案したいもの、着たいと思うものを厳選してセレクトしています。
SUSURIはデザイナーさん自身もコートが好きという事もあって、春夏・秋冬どちらにおいても素晴らしい完成度の高さ。
使用する素材も殆どがオリジナルファブリックを用いられていて、唯一無二の素材感でもあり気合を感じてしまいます。
ご夫婦で世界を旅しながら、またその瞬間の繊細な感情に素直に耳や目を傾け表現される世界観は、
その旅先で触れた土地の空気を纏うような、また物語や映画を見ているような疑似体験をさせてくれる。
そんなお洋服に、自分達も含めSUSURIの服を選んで下さる方々は魅了されているのではないかと思います。

展示会に見た際に真っ先にオーダーを決めたダブルブレストのピサントコート。
ダブルブレストは見え方的にも着方的にも、どうしても重たさを感じるデザインだと思っているのですが
素材感・デザインにしても、凝り固まった概念を吹き飛ばしてくれる位に袖通りが良く重さを感じませんでした。
クラシックなコートらしい趣はきちんと残しつつも、何処に着ていっても恥ずかしくない汎用性と実用性。
きちんとした仕立ての良いコートをお探しの方にお勧めしたいと思って選んだ1枚です。
サイズはレディースサイズと男性でも着用出来る大き目のサイズ4もセレクトしました。
あえて女性がオーバーサイズでゆったりと着るのも素敵だと思いますので、サイズ感も含めてご自身の思い描くシルエット
着方に合うものをお選び頂きたいですし、折角であれば長く付き合えるコートを手ににして頂きたいです。


デザインのイメージは農業従事者などの飾り気のない実直な雰囲気を落とし込んだコート。
生地の色目は幾重にも複雑に織り上げられた深くて立体感のある表情が特徴。
見た目は重たさがあるのかなと思っていたのですが、経糸にシルク49%・緯糸にウール46%・ナイロン6%の配合で
ドレープ感ととろみのある、軽くて動きを制限させない軽快なバランスに仕立てあげています。
着丈の長さは膝がしっかりと隠れる位に設定し、見た目にも暖かみを感じさせます。
小柄な方で脛の真ん中から足首よりちょっと上ぐらいの着丈になりますが、裾が軽くフレアに
なっていますので、そこまで動き難さを感じることも無いのではないかと思います。


首元はノーカラーのクルーネックにする事でよりすっきりとさせていて、先にも記したようにダブルブレストに
ありがちな見た目の重さの部分を、巧く緩和するようなバランス。また巻物なども映えますね。
釦は上目に5つ並び、肩線は前側には付けずに後ろのみのスピリットラグランの様な仕様。
動きを制限することなく可動域をしっかりと確保。
裏地は滑りの良いコットン生地が貼られていますので袖通りも抜群で手に取ってスムーズにストレスなく
着用出来るというのは、中に着込むことを考えてしまう土地には必須条件。
そんな個人的な希望も、美しい裏地つきのピサントコートはしっかりと満たされる作りと言えます。


ポケットは玉縁タイプでフラップなどの装飾は付きません。
生地の分量はしっかりと取っているのですが、横に広がり過ぎずにダブルブレスとシングルコートの丁度間を
とったようなバランス感で、日常使いから畏まった装いにも似合う心強い一着。


コートは背中で語る・・・と言えるくらい、生地・パターン・仕立ての3つの要素が見事に組み合わさり
着易さまでプラスされた1枚は、ディスプレイしている側から凛とした雰囲気が伝わってきて、着るだけでも
高揚感を感じて頂けるはずです。
外出したい気持ちも高まりますし、寒い季節の醍醐味とも言えるコートで、先ず迷いなく着れてお気に入りの
一着がワードローブにあると、その季節が近づいてきてもやもやと悩ましく思うことも無くなると思っています。
冬を越せるかどうか・・・という事を気にされる方も多くいらっしゃると思いますし、寒い地域に暮らしていれば
それは外せない事だと感じていますが、現在は肌着のインナーも進化しインナーダウンなどのミドルレイヤー系の
アイテムも選択肢が豊富に出ていますので、組み合わせ次第では真冬にも対応出来るのではないでしょうか。
多少の肉感のあるものをインナーで着た際に、袖周りや身頃の大きさがとても重要になってきますので
コート自体の暖かさも当然頭に入れているのですが、それ以上に動き易さやレイヤードが可能かどうかなど
コート選びは様々な角度から見て、その時「これだ!」と思う物をセレクトをしています。
ただ暖かい・寒いという感覚だけでなく、総合的に判断をして自信を持ってお勧め出来る1枚です。

SUSURI    ポエータハイネック

color     OFF

price     29000+TAX

SIZE     1 SOLD   

color     BLACK

price     29000+TAX

SIZE     1 SOLD   

SUSURIの秋冬の定番アイテムとして定着してきた感のあるシルクを贅沢に用いたポエータハイネック。
インナー使いとメインとしても、どちらにも対応出来る万能なシルクセーターで、着心地の良さは言わずもがな。
ハイゲージセーターの気になる点として気にかかるのはシルエットだと思うのですが、ある程度身体のラインは
拾いながらも程よく余裕があるようなイメージで、見ると着るでは良い意味で大きな感覚の差があると思っています。
セレクトをして3シーズン目になりますが、毎シーズン色目を変えながらリリースされていて今秋冬は最も汎用性の
高さを感じる”生成”と”黒”が展開されていましたので迷わずにこの2色を選びました。
この手のニットは質の良さが売りなので、目立ちにくい存在ではあるのですが着る服を際立たせてくれると共に
ストレスの無い肌触りと心地良さが、値段相応もしくはそれ以上の価値観を感じさせてくれるSUSURIの中での
隠れ名品だと勝手に思っています。当たり前ですが良いニットにはそれ相応の理由がありますね。


リブは袖口、裾、共に長めに設定。首元はミドルネックで締め付ける感覚や窮屈さは殆ど感じさせない作りです。
シルクと聞くとお洗濯方法なども気になる点になると思いますが、2年間着用した感覚としては気を使えば手洗いで
生地に負荷の掛からないようにするのがベストで、干す際にはハンガー干しさえしなければ問題無いかと。
当たり前ですが繊細な生地、強い生地どちらにも、メリットデメリットがあるのは当然ですので
上手く付き合いながら自分なりの着方であったりお洗濯方法を探るのも洋服の醍醐味の1つだと感じています。
かく言う私自身も以前までは固くて丈夫な生地ばかりを好んで着ていましたが、ここ最近は柔らかくて繊細な
素材にも良さを感じるようになってきました。着てみて学ぶことが沢山ありますし、失敗も勿論あります。
体験と経験する事で見えてくる事が沢山あると思いますので、あまり見かける事の少ないシルクのセーター
是非挑戦をして頂きたいと思っています。


毎シーズン展示会に足を運ぶ度に、感性を大きく揺さぶられ刺激をたっぷりと頂けるSUSURIの洋服。
日常と非日常を行き交うようなコレクションですが、着方によってONとOFFのどちらにも着合わせが無理なく落とし込める
という点で、私たちのライフスタイルの中には欠かすことの出来ない洋服だと思っています。
デザイナーが頭の中で描いている世界観を1つ1つ丁寧に表現出来る凄味や熱量を、何度も足を運ぶ度に感じてきました。
洋服はそれが全てではないですが、背景とストーリーのある洋服はハンガーに吊るしておくだけでも、吸い込まれていく様な
不思議な感覚があると思っていて、気持ちが沈んだ時や大切な人に会う際などにも大いに役立ってくれるのではと。
他にもコートと同素材のパンツなども入荷済みですので、SUSURIの物作りに触れて何かを感じて頂ければ嬉しいです。

PageTOP