3月7日


susuri   スーリードレス

color    charcoal

price    45000+TAX

SIZ      1


susuri 2020 s/s collection ”cross the line”
テンポよく入荷も続いていて、何より今季のsusuriは新たな世界を繰り広げていますので
届くもの届くもの何処か異国のムードと新鮮さを纏っていて、そして春や夏を思わせる素材感が
自然と気分を前へと向かわせてくれて、心も晴れやかになるように思います。
近くで遠くでこちらを見て下さっている方や、今あまり外へ出る気が起きない方に向けて少しでも
ウキウキする物をお届けできたら良いなと思い、ちょっと気が早いですがリネンのドレスをご紹介いたします。


控え目ながらもエレガントなVネックラインの重なりが、そのまま胸部からアーチ上に連なる釦へと繋がります。
小さな釦がコロコロと、たくさん並んでいるデザインはsusuriの服の特徴的な仕様の一つですが、
今まで展開されてきたアイテムの中でも一番しっくり馴染んでいるとも思えるのが、このスーリードレス。
肩線や腕周りや腰からヒップのラインなど、チャイナドレスのすっきりコンパクトで妖艶な雰囲気を漂わせつつ、
ストイックになり過ぎないところで抑えて出来るだけシンプルに落とし込むことで、さらりと一枚で気持ち良く
着られるドレスに仕上げています。
スリットの入り方と見え方、そしてアシンメトリーになった裾の重なり具合なども絶妙なのです。
着る人の身長によっても雰囲気が変わりますし、全体的にボリューム感も無いのですっきりと着られる
ワンピースがお好みの方にもお勧めしたいです。


細番手のリネンを使用することで、肌触りはとても滑らか。
一見デザインが強く感じられる方もいるかもしれませんが、いざ着てみると生地の表面にぷつぷつっとした
ネップ感があったり自然とシワが入ったりと、緊張せずにさらさらっと一枚で着て涼やかさを感じる素材感。
サイドにはポケットもあるので、より気兼ねなく、小さなポシェット型バッグなど合わせて、身軽に颯爽と
着て歩いていただけたら嬉しいです。


薄手のレギンスやインナーパンツなどを穿いて足元にはサンダルでカジュアルに着合わせたり
はたまた、タイツと綺麗目な革靴の組み合わせで、綺麗な首元にはネックレスかスカーフを添えてみたり。
大袈裟にはしたくないけれど、日常よりも少し華やかな心持で装いを楽しみたい方にお勧めのsusuriの服。
エキゾチックな匂いを微かに漂わせる服が他にも並んでいます。
どことなく今の気分にもマッチする柄やデザインに、着るのはまだ少し先でも胸は勝手に高鳴りますよ。
今日は気候も良く、少し外を歩くだけでも気分転換になるのではないでしょうか?
お出掛けついでに、ぜひお立ち寄りください。

2月24日


susuri    ペンギンパンツ

color     BEIGE

price     35000+TAX

SIZE      1    /    4


新しい季節のアイテムもゆっくりとですが立ち上がりはじめ、店内も色や柄がところどころに。
susuriの20SSは先行きへの不安を抱えつつも力強く様々な文化を内包し膨らむ湿潤な街「香港」を舞台に、
その街で暮らす男女の出会いから別れまでの脆くも儚い、危うく張りつめた恋の記憶の映画 “花様年華”
映画のイメージと、susuriが目指してきた記憶を辿りつつ、また一歩新たな物作りの展開へと進むような、
良い意味で振り切りと驚きや新鮮さ、そして変わらない繊細な美しさを表現したCOLLECTIONとなっています。
まだ入荷はぽつぽつとですが、中国的な柄や果物・植物などから色合いをヒントにした色遣いと伝統的な仕様に
現代社会の人々の構造を重ね合わせたり、susuriならではの感性と思考が散りばめられたコレクションですので、
この春からそして夏ごろまで、お楽しみにしていただけると嬉しいです。

先ずご紹介するのは、前回シーズンで登場したモデルを生地を変更し継続リリースされた”ペンギンパンツ”
大げさなほどに短く取った股下は、少しだけ前後に張り出したようになっていて、パンツとして見たことの無い
独特な形は、まさによちよちと歩くペンギンの姿をイメージさせます。
広げて置くとより、このパンツの形の独特さが伝わるのではと思ったので、置きの画像を先に並べました。
この形が着用した時にはどんなシルエットに映るのかをご覧いただけたらと思います。


パンツに使われている素材ですが、susuriがブランド独自で開発しているオリジナルのリネン55%・コットン45%の
打ち込みの良いスラブギャバジン。肉感は中肉でベージュの色目が複雑で奥行きを感じさせる素晴らしい色合い。
素材感・厚み・色合いから通年を通して活躍する生地だと思います。
デザインとして最も目を惹くのは、平置きにするとサルエルパンツの様な井出達の股上の深さ。
実際に穿いてみると足を広げても突っ張らないようにしっかりと可動域が確保されていて、
極端に裾幅を細くしない事で、見え方はワイドなパンツを穿いている位の程よいバランスに。
試着をする前には生地の分量とボリュームに負けないか心配になりそうですが、実際に穿いてみると
デザインが過剰に目立ったり、個性が強くなりすぎる様には感じさせない納まりの良さがあると思います。


サイズは1と4で、男女問わず好きな穿き方が出来るように選びました。今回はサイズ4を着用。
股上がとても深いので、穿き方としてはかなりのハイウエストでベルトできゅっと絞って
ゆるゆるっとはしつつも、裾を捲らずに穿ける位置で合わせるのが良いかと。
腰で落として穿いてしまうとルーズな印象が強めに出てしまいますが、サイズ1で裾をくるくるっと捲って
ルーズに穿く分にはバランスは良いかもしません。
susuriのお洋服はコレクションブランドらしい世界観があるのですが、普段から着ているお洋服に合わせても
案外しっくりとくるアイテムが多いので、気負わず自分なりの取り入れ方で楽しんで着てみていただきたいです。
中には繊細な作りのモノもありますが、自分達が着ているsusuriの服も家で普通にお洗濯していて、
どこか異国の服の様に感じても、触れたり着てみるとその距離はぐっと近づいて、日常着の中にほんの少しの緊張感が
入り混じっているの感覚がとても心地良いです。


裾のボリュームもそれなりにあるので、靴はフラットで華奢なイメージのものと組み合わせるとバランスが取り易く
スニーカーも良いですが、個人的には足元で引き締める方がメリハリが合って良いのではと・・・と思います。
ルーズな印象を中和するアイテムを1カ所でも取り入れると、全体が引き締まって見えるので少し意識をするだけで
物の持っている良さを引き立てる事が可能です。


横から見た際のボリューム感が見ているだけでもとても楽しい。
ペンギンパンツという名前もユーモアがあって、穿く度に自然と笑顔になってしまうようなパンツに思えてきます。
普段穿いているベーシックなパンツとは、全く違う着こなしと気分が味わえるのも良いのではないでしょうか。
寒い冬が終わり重たいコートを脱げる春先はパンツの気分が大きく変化するので、ボリュームのあるシルエットは
コーディネートの主役になるくらい雰囲気と存在感が抜群です。


susuriをお取り扱いをしてから展示会に行く度に、製品1つ1つの作り込みの良さと細やかさに圧倒をされてしまい
一通り見終わると甘いものを摂取したくなるくらいエネルギーがいるのですが、その分、洋服の面白さや魅力を改めて
吸収し、可愛らしさやユニークさはいつだって心の栄養になるということを受け取っている気がします。
自分達が提案したいことはあくまでも日常着として、自分らしく着るかを1番に考えてもらいたいなと思っていて、
その中で何処へ行くかとか、誰と逢うなど場面によってあれこれと組み合わせたりしながら、自分の心と身体が
機嫌よくいられる為の服であったら良いなと思います。
ペンギンパンツ・・・穿けばきっとよちよちどころか、軽快に歩きたくなってしまうのではないかと思います。
ぜひ店頭でお試しください。

12月14日

冬にこそスカートを・・・。と書いた先日のBLOGを見て早速反応してくださった方がいたり、
とある日のBLOGでご紹介していたたカーディガンが素敵で着たくなった!と言っていただけたり。
東京からいらして時間が限られた中で寄っていただけたり、いつも遠方から見ていてくださる方から
お問い合わせがあったり。些細なことですが嬉しい出来事に満ち満ちていた日。
なんだか、毎日は小さな積み重ねと前向きな志が大切だと実感する様な一日がありました。
これからも自分達が気持ち良いと思う方法で、やれることをコツコツと当たり前のように地道に
続けていけたら良いなと感じています。

susuri    マナトススカート

color     brown

price     38000+tax

SIZE     1 SOLD  

朝からこの冬一番の本格的な雪が降り続いていた今日は、もう一型スカートをご紹介したいと思います。
美しくそしてちょっと不思議なシルエットに惹かれたそのスカートは、実は海の中に生きるとある生物を
モチーフにデザインした形だったとは。。。
毎シーズン異なるテーマによって構成されるコレクションではありますが、毎回アイテムがガラっと
入れ替わるかというと決してそういう訳でもなく、少しずつ形を変えながらも定番化するモデルもあれば
前回のコレクションから地続きとなっている様なものもあったり。かと思えば、わぁっと意表を突くほど
圧倒的な存在感を放つ熱のこもった服に出逢えたりと、susuriの物作りに触れると層の厚みが年々増して
いっているように感じ、純粋に感動してしまいます。


季節感のあるウールとリネンの二重織の生地を使用した”マナトススカート”
すっきり見えるけれど細すぎず、ゆったりでもない円柱型のシルエットはのんびりと海の中を泳ぐ
マナティーをイメージして。裾もあまり広がらないように意識した形は、見ているとちょっと和みます。
表側がウールなのでいろいろな色糸の表情が微かに浮かび上がって、生地自体の見た目に奥行きがあります。
それこそ同じ素材を使用した紳士的な佇まいのそれはそれは雰囲気の良いコートも入荷してたのですが、
ディスプレイしてポーっと見惚れてている時に、よいタイミングでお客様に選ばれていったのでした。
裏側がリネンな分とても軽やかで、そして柔らかいだけではなく生地にコシがあるように感じますし
だからこそ、膨らみや窄んだりなどの形状をしっかりキープしてくれて、穿いた際にも型崩れせずに
美しいシルエットをそのままに堪能する事ができます。


ウエストデザインは一見個性的にも見えますが、構造はとてもシンプル。
フロントはラップスカートの様にひだを重ねて折り畳み、先に右の内側、そして左外側と順に釦を留めます。
ベルトループなどは無いのですが、釦が二段階で調節出来るようになっているので体型に沿ってであったり
トップスとのバランスを見て、ハイウエストにしたい時や腰で落として穿きたい時によって使い分けも。
前後共に腰位置にダーツを入れる事で、全体を見た時にウエストの綺麗なラインがさり気なく際立ちます。
susuriならではとも言える、コートやワンピースなどに見られるハンガーループのデザインを取り入れた
後姿のアクセントにもなっているループがこちらにも。やや太いしっかり目のループの形状をじいっと見ていると
マナティーの尻尾に見えてきそうな気がしなくもないかも・・・。


ぶわぁっとドレープの波に飲み込まれるようなギャザースカートやフレアスカートは単純に美しくて
穿くだけで気持ちが高ぶると思っていたのですが、こんなにも静かな佇まいながら有無を言わさぬ
優雅で品のあるスカートは中々出逢わないと思いましたし、また違った高揚感を覚えます。


ぱたっと綺麗に折りたたまれ重なり合った柔らかな生地と、アシンメトリーなデザイン。
トップスにブラウスを合わせて、場合によってはインしても良いですし丈とスカートのバランス次第で、
あとは足元をきりっと整えれば、きっとオンスタイルにも着ていただけるのではないかと思います。


良いスカートと出逢えると、シャツやブラウス、カットソーにちょっとだけ丈の長いチュニックなど
トップスとの組み合わせで色んな着合わせが出来ますし、その日の気分でテイストを変えてみたりと
服を着る際に、あれこれ想像する楽しみが何重にも広がる様に感じます。
普段パンツスタイルが多くてスカートは穿かないという方でも、素材感もそうですしシルエット・丈など
ちょっとした部分でスカートの印象は大分変わってきますので、気になった際には色々試して頂くと
あら!っというものに出逢えるかもしれません。
そこまで甘くなくタイトで動きにくいという事もない、広がり少なめなsusuriのマナトススカート。
冬をウキウキに過ごすためのスカートお探しの方に。ぜひ。

11月5日


susuri    ポエータハイネックセーター

color     brown

price     29000+TAX

SIZE     1

color     marine

SIZE     1

color     charcoal

SIZE     1 SOLD

3連休は県内外たくさんのお客様にお出でいただきました。
様々なイベントが開催されていたこともあり、先日の盛岡シティマラソンに続いて街中を歩いて
散策されている方も多く、なんだかとても賑やかな週末だったように思います。
朝のぴりっと冷えた空気をどこか自分も待っていた様に、羽織物や巻物に雪の日に履ける靴などなど
来る本格的な冬に向けての準備に。と探しに来ていただけてとても嬉しかったです。
お気に入りの服や小物のとともに、良い季節をお過ごしいただけたら幸いです。

本日は昨年にリリースされたsusuriのハイネックセーターが今季も登場しましたのでご紹介いたします。
個人的にも間違いなくこのセーターの虜と言って良いほどに、秋から春まで3シーズン大活躍で
衣替えで仕舞う暇もなく、また秋の訪れとともに早速着てしまっている大好きなセーター。
はじめて手にしたシルクのニットの着心地は、まさに肌が生地と触れ合った瞬間に溶け合って一体になるような
ただただ喜びしかない感動そのものでした。
勿論、丁寧に大事に着て頂くことには何の問題もないのですが、シルクだからといって警戒心強めることなく
良いものだからこそ普段使いの一枚として、身近に感じていただけたら良いなと思います。
ぜひこの震える着心地を体感していただきたいです。


凛とした空気を放つニットは、静かにことばを紡いでいく詩人のイメージで製作されました。
身体を包む曲線的な美しさと、素材の良さを生かすために無駄を削ぎ落したシャープな一面の両方を
混在させるように仕上げたミニマルなデザインは、そのまま一枚で着用してもサマになります。
生地の厚さも絶妙で、一枚で着た際も身体を締め付け過ぎずに適度にゆとりのあるフィット感ですし
ワンピースやジャケットなどのインナーとしての着用時にも、ゴワゴワせずに気持ちの良い重ね着が可能。
見た目の暑苦しさも無い分、長い期間手に取り易いという点からも着用頻度は自ずと増えてしまうのです。


身頃の太いリブと、首・裾・袖の細リブと編み方に変化を付けることで、テンションがしなやかで
タートルネック特有の首元の苦しさを感じさせません。だからと言って生地が緩くてくしゅくしゅっと首元に
生地が溜まる事もなく、ぴたりと肌に沿う感覚は一度味わうと忘れられないと思います。
シルクという素材の力を存分に際立たせ、その気持ち良さも繊細もしっかり実感として得られるように
ホールガーメントで編み上げられています。
サイズは1サイズなので着丈などは体型によってお好みの位置で。やや長めですが伸ばしてスッキリ着るも良し
リブで留めて着丈を短くウエストでゆるゆると弛んでいても、だらしなくならないのもポイントです。


カラーはbrown・marine・charcoalと3色の展開。
昨年からどうしても気になるbrownは、チェックやヘリンボーンなどのあえて渋い柄や色と合わせたく。
またcharcoalやmarineといったベーシックなお色は、エレガントな艶やかさも含んでおりますので
お仕事着としても着ていただけるのではないかと思います。
どの色目も甲乙つけ難いカラーですので、お手持ちのお洋服をイメージしながらお選び頂ければと思っております。
色々なニットをこれまでも見てきましたが、使い勝手と着心地の良さがここまで優れているのには中々出逢う事は
ありませんので、肌と気持ちの両方が喜ぶものを身に着けて、この冬を過ごしてみては如何でしょうか。

10月18日


susuri    ラボラトリーガウン

color     ivory

price     46000+TAX

SIZE     1


陽が落ちるのが日に日に早く、散歩から帰ってきた人が纏う外の匂いに少し冬が混ざっていることに
ハッとなって、店内は毎日のように衣替えをしたりしています。ストーブもいよいよ点火。
昨日、今日は遥々遠方からのお客様にお運びいただきました。
それぞれの場所で日々過ごすためのお洋服を選ぶ場所として、少しでもお役に立てたら幸せですし
また日常へ戻り、選んで頂いた服に袖を通して少しでも気持ちが上がったり、気分良く1日の時間を過ごせて
貰えていたら、これ以上嬉しい事はありません。


今季オーダーしていた各ブランドのライトアウターが出揃いましたので、BLOGでスピードを上げながら
お伝え出来ればと思っています。
毎シーズン、コートの完成度とクオリティの高さから外す事の出来ないsusuriから届いたのは”ラボラトリーガウン”
名前の通りコートというジャンルとも一味違うさらっと羽織れるけれど、キリっと真面目な表情のガウンは
研究所のドクターが着る上着をイメージしたもの。しかもそのコートが中東の古いコートだったらな・・・
というところまで想像を巡らせて生まれたコートは、さり気なくエレガントで要所要所に細やかな仕様が施され
着るだけで高まるものがあります。


本格的な冬になる前の、束の間の淡く儚い時間を楽しむための服は個人的には必要不可欠。
カットソーやスウェット、ハイゲージのニット一枚だけでは心許ない時には、何か羽織るかはたまた巻くか。
素材も様々に店内も一番充実しているのも、秋から冬へと季節が移り変わるこの時期だからこそ。
何を着るか迷う時期は、裏を返せば何でも着れるという事なので、だから服が楽しいと思えるのかもしれません。
ラボラトリーガウンは見た目はコート程の重厚感は無いものの、季節の移り変わりの羽織物として丁度良い厚みの生地感で
シャツやワンピースと重ねて軽い羽織として役目を果たてくれます。
毎年必ずやって来る、何を着たら良いのか・・・という季節に間違いなく重宝してくれる1枚です。


前開きでばさっと羽織ったままでも様になるのですが、右胸の内側でぷちっとスナップ釦を留めて
さらに左側にコロコロっと並んだ鈴のようなオリジナルの釦をひとつひとつループに潜らせる。
その1つ1つの仕草も何だか絵になるコートで、釦を全て留めた際のVゾーンの開きも開き過ぎずに絶妙なバランスです。


冬に着るアイボリーや白の色目は、汎用性という面においてはダークトーンに比べると劣ってしまうかもしれませんが
ある程度のお洋服をお持ちの方には、是非挑戦して頂きたいカラー。
秋から冬へと自然と色目が落ちてくる中で気分を変えるのにも打って付けだと思いますし、お手持ちのインナー類の
使いまわしが今以上に広がって新しい着こなしが見えてくると思います。
合わせるパンツは、濃い色のデニムやベージュ系のトラウザーがしっくりくるはずです。

color     black

price     46000+TAX

SIZE     1 SOLD


素材に用いられているのは、表と裏の密度の異なる生地を合わせたコットン100%の二重織りを使用。
展示会で見た際に心を鷲掴みにされた生地の1つで、良く良く見てみると生地の表面に刺し子の様に
細かなステッチが施さているのが分かります。ドビー織という特殊な織機を用いて作製される生地で
特徴として細かな模様が出す事が可能。強くステッチが施されているので表面に凹凸が出来て、
susuriの独創性のあるパターンと折り合わさる事によって、コート全体の立体感のある表情へと変化を
遂げているように感じます。


ウエストの高い位置にはベルトループとアジャストする為の紐が付きますので、シルエットに変化を付けたい時に
写真の様に前で結ぶのも良いですし、後ろ側できゅっと縛ってAラインを強調する着方も◎
クラシックなコートに付随する様なディティールを、見え方が重くなり過ぎずにプラスするのも
susuriらしさだと思っています。
もし必要が無い場合はあえて外して着用するのも良いですし、着る方のイメージに合わせながらイロイロな着方を
お試し頂きたいです。


何シーズンも岩手の四季を過ごしてみて肌で感じた事は、朝と日中の温度の変化が大きいので素材違いや
保温効果の違う何種類かのコートやアウターを準備していないと気持ち良く過ごす事が出来ないという結論に至りました。
その中でも中肉のコットン素材のコートやアウター類は、秋と春にとても重要な役割を果たしてくれて
冬に繋ぐまでの微妙な温度変化にもしっかりと対応してくれると思います。
1枚仕立てで丁度良い厚みの羽織り物というのは、様々なブランドを見ていますがそう多くは出てきませんし
どちらかと言えば秋冬シーズンに出るコート類の方が、春先の寒さにも耐えうる事が出来るので
汎用性などを含めて納得出来るのが見つかる可能性が圧倒的に高いです。
丁度良い厚みのあるコートやアウター類をお探しの方には、自信を持ってお勧め出来る1枚ですので
是非生地感やシルエットを、実際に袖を通して確認をして頂ければと嬉しいです。

PageTOP