10月23日


TATAMIZE   STAND COLLAR JACKET

color       TWEED  

price       50000+tax 

SIZE       S    /    M    /    L


TATAMIZEの新ライン″SIMME″から、取り扱いを始めてから初めてとなる″セットアップ″が届いています。
随分と前に、TATAMIZEがセットアップを作ったらどんな感じになるのだろうと・・・イメージしていた事がありました。
展示会でセットアップを見た際に、ついに・・・と顔が自然とにやけてしまいました。
自分の想像していたものよりもすっきりとしたバランス感で、良い意味で期待を裏切られたという感じがしています。
もっとワークやミリタリーに振ったデザインでくるのではないかと想像していたのですが、思っていたよりも
ずっとプレーンな印象で日常使いでセットで着ても決まり過ぎず畏まり過ぎずで使い勝手は良いと思います。
勿論単品での合わせもお勧めです。
ジャケットを立体的に見せてくれる表情豊かなウールツィードは、それだけで十分な雰囲気を醸し出しますし
3つ並んだウッドボタンがアクセントに効いています。
自然に納まる袖のカーブやジャケットの命とも言えるラペルの形状、左のみに付けられたポケットなど
TATAMIZEらしいエッセンスを十分に感じて頂けると思います。


直線的なラインでぴりっとなる印象というよりも、何処か丸みを帯びていて生地のふっくらとした印象と相まって
肩の力を抜いたような着方が出来ると思います。誰が見ても男らしい洋服とも違っていて、けれど筋が1本しっかりと
通っている様な仕上がりになっています。ただ袖を通しただけでは決まらないもどかしさもあるのかもしれませんが
服と服との組み合わせ方やちょっとした丈の長さなどを意識するだけで、洋服の見え方が全然変わってきますので
是非挑戦して頂きたいです。


ラペルは本体と縫い付けになっていて、ポケットは胸の位置よりも下がり目の位置に1つだけ付きます。
ポケットの位置と大きさが、このジャケットの見た目を大きく左右しているように感じます。
機能を追い求めてしまえば左右に取りつけた方が圧倒的に着易いですし、それをあえてしない事で生れる空気感があって
TATAMIZEの洋服は、その小さな隙間を大切にする事によって確固たる独自の世界観を出し続けているのだと思います。
誰にでも似合うような洋服を自分なりに格好良く着る格好良さと、それとは反対に世界観の強い洋服を自分のものにして
着る恰好良さ、どちら共に、そうなる為には自分なりの着方や考え方で袖を通しているか否かが大切な要素だと思います。


釦は厚みのあるウッドボタン、内側にはコットンの滑りの良いスレーキが貼られています。
単行本が入るくらいの内ポケットを左右に完備しているので、外ポケットが無い分のジャケットとしての機能は
きちんと付け加えられています。


バックスタイルはサイドスリットで、背中からやや膨らみを持たせているのも面白いディティールです。
前から見た時の印象も大事ですが、目を惹かれるのは後姿だったりする事が多くあります。
男は背中で語る・・・という訳ではないのですが、ジャケットを颯爽と羽織って背筋を伸ばして
自分なりの落としどころを見つけて格好良く着熟して貰いたいです。

TATAMIZE   TROUSERS

color       TWEED  

price       28000+tax 

SIZE       S    /    M    /    L


同素材を用いたトラウザーは、ウエストにベルトループがないデザインで釦でアジャストする仕様。
やや緊張感のあるデザインに映りますが、股上も深くとっていて自然なテーパードが掛かっているので
穿き難い印象はありません。穿いた感じウールのチクチク感は思っていたほどありませんが、
僕自身もそうですが、肌が弱い方だと多少気になるかもしれません。
前裏のみにコットンのスレーキが貼られていますので、それでも気になる方はインナーに一枚穿くと
肌あたりも良くなるかと思います。


タックインが苦手な方も、このパンツであれば必然的にし易くなると思います。
出来ないよりも出来た方が着こなしの幅は俄然広がりますし、ウエストはアジャストで2段階調整が可能なので
インする場合としない場合で使い分けて貰えたらと思います。


色々な洋服に袖を通してみて思う事は、作り手の方の癖であったり生き方、考え方が反映されるのは当たり前の事で
それに自分が興味をもって近づいていかない限り、その距離というか隙間というのは埋まらないと思っています。
TATAMIZEの洋服は着易くてどんな人にでもでも合うとは思いませんし、自分から寄っていかないと着熟す事は
難しいなと感じています。だからこそ好きで着たいと思ってくださる方がいるのは、洋服屋として嬉しく思いますし
ブランドの個性よりも、その人自身が着てるTATAMIZEが格好良く見える方の共通項としてフラットな目線で
モノを選んで下さる方が多い様に感じています。
このセットアップに関しても、思いきって挑戦する気持ちで着て貰えたらと思います。

10月14日


TATAMIZE   TRIM WORK JACKET

color        BROWN CORD   

price        24000+tax 

SIZE        S   /   M   /   L   

TATAMIZEはこの2017年秋冬から、TATAMIZEというひとつのブランドを3つのラインに分けました。
あくまでもTATAMIZEの中にある3つのライン。
今まで、そしてこれからもずっと作り続けていきたいと思う″TATAMIZE″
そして、次々と芽吹く様に湧き出てくる感覚的な、新しく楽しい「何か」を提案するライン″SIMME″
それともう1つが、TATAMIZEの帽子もそうであるように、「量産」という背景から落とし込まれたライン”TRIM”
どのラインに関してもデザイナーが変わる訳ではないので、大きく何かが変わるというよりも作り手の想いがより
ダイレクトに伝わるようになったと僕自身は思っています。


″TRIM″は作業着やルームウェア、その他洋服にまつわる小物などを提案するラインとして作製しています。
作業効率を優先し、合理性を求めて考え作られている洋服なので凝った縫製技術などはありませんが
その物として存在感のあるシルエットであったり、偶然にも生まれる絶妙なバランス感が良かったりもします。
袖を通しただけでは身体に添わず何処か浮いたような感覚や野暮ったさが出たり、他人任せでは着熟せない、
悶々としながらもあーでもない、こーでもないと着方を考える楽しさとでも言うのでしょうか、
僕の中では、古着を着る時の様な気持ちでワクワクして、心地良く感じたりもします。
TRIM WORK JACKETはフロントのデザインも特徴的で、釦ではなく紐で結んでシルエットを調整。
簡単に脱ぎ着出来る仕様は、何処の国のものかも分からないような無作為的な作業服に映ります。
ジャケットとカーディガンの間を着る様な、はたまたニットや薄手のジャケットの上に纏う様な。
街着でも部屋着でも、どちらでも使える洋服。
ちょっと肌寒い日や、何を着るのかを考えたくない日に、デニムを穿いてさっと手に取って羽織る。。
くたくたっとさせて、それくらいラフに着てもらうのが合うと思います。


素材はコットン100%の細畝コーディロイで、表面は滑らかな質感で柔らかさを感じます。
春夏・秋冬のシーズンレスな素材感なので、季節の変わり目には特に重宝しそうです。
アームホールもゆったりしていますので、セーターを着込んでも窮屈になる事はありませんし
薄手のカットソーやシャツを着た際にも、程よくあまる空間が面白いシルエットを生み出します。
作り込みがしっかりとされた洋服、雑多な縫製や歪なシルエットだけれども雰囲気の良い洋服、どちらも其々に良さがあって
どちらも分け隔てなくフラットに着れる方が、着こなしの幅は広がりますし着る感覚も磨かれていくと思います。
整った格好良い服とはまた違う、面白味を感じてもらえたら嬉しいです。


衿元はスタンドカラー、ポケットは全部で3つ。
フロントの紐は結んでも、そのまま垂らしてカーディガンの様に着ても良いと思います。
TATAMIZEを代表するWORK CAPにも言える事ですが、幅広い体型をカバーする様なシルエットやサイズ感を
その人がその時の自分なりの気分で着る過程や、年を重ねるとともに生じる変化を楽しんで着てください。
似合う似合わないは勿論在りますが、感性や感覚の部分を打ち消し過ぎるのも物事が面白くなくなって
しまいそうなので、自分の感覚に抗わずに挑戦してみていただけたらなと思います。
同素材のWORK CAPも届いていますので、ユニフォームの様に揃いで着てみるのも如何でしょうか。

2月25日


昨日ご紹介をしましたTEMBEAのrasiku別注「CD TOTE LONG」に続きまして、こちらも5周年という事で
TATAMIZEの八重畑さんにお願いをして特別に作製していただいた3つのアイテム。
過去にも素材別注というカタチでCOATを2着とWORK CAPを1型、作っていただきました。思い返せばどれもこれも
この季節にお願いしていて、周年関係なく春と言えばTATAMIZEのアイテムを身に纏ってはじまる様に思います。
今回はJACKET・WORK CAP・MOUTAIN HATの3型を同素材でお願いをしました。
ジャケットと帽子を同素材で着用したら面白そうだなぁと・・・ずっと頭の片隅でイメージし続けて数年が経ち、
実際に他ブランドの展示会で展開をしているのを見る機会もあったのですが、これだ!という物には出逢えず、
それは自分の技量が足りないという事ももちろんあって、ただジャケットは好みだとしても帽子で躓いたり、
セットでどちらも気に入って着用できるものを見つけるのは、正直難しいというのが実情でした。
いつかジャケットと帽子を対で展開出来るチャンスがあればと思っていたのですが、気に入っている帽子・・・
あるわ!と、ついに閃いてしまい、無理を承知で八重畑さんに相談した所こんな我儘を快く聞いていただき、
今回の5周年に合わせて店頭に並べる事が出来ました。
TATAMIZEのWORK CAPは普段仕事の時に身に付ける事が殆どで、被っていない日は逆に驚かれるくらい
僕自身のアイコンになっています。もう1つMOUTAIN HATは出張や、旅行などに行った際に日除けも兼ねて
身に付けることが多くあり、どちらの帽子も欠かす事が出来ない本当に着用頻度の高いアイテムです。

別注でお願いをした一つ目が″HUNTING JACKET″
今まで着たいと思えるハンティングジャケットに中々巡り逢わなかったというよりは、自分が着るイメージが無くて
食わず嫌いではないですが・・・なかなか手を出せずにいたアイテムの1つ。
2シーズン程前からTATAMIZEでリリースされていた″HUNTING JACKET”ですが、その時は素材がダック、カラーはブラウンで
ハンティングジャケットをストレートに表現をしていたのを覚えています。
昨シーズンにオリーブのコットンパラフィン素材の軽い生地感でリリースされていたのを見て、これは着てみたいと思い初オーダー。
実際に着てみた所、自分のイメージする通りには中々着熟せなていないのですが、それが良い意味でのクセになって、
寒いのを少し我慢しながら、ニットの上に羽織ってこの冬を過ごしていました。
ハンティングジャケットらしく野暮ったさは残しつつも、トップボタンが無理なく閉じれたり綺麗に着られる印象があって
更に厚手のニットを着た上でもストレスを感じない身頃と腕周りの作りなどは、最近はあまり見かけなくなったので
服好きには堪らないツボを突いてくるようなディティールが、ぐっと胸に突き刺さる感覚がありました。
春夏のラインナップに″HUNTING JACKET″が入っていなかったという事もあり、別注というカタチで素材を自分好みのモノに
変更をしてリリースして頂く事になりました。素材自体は3年前の別注コートにも使用しましたコットン80%・リネン20%の混合素材。
程良く厚みのある素材は少し硬さと張りがありますが、徐々に馴染んでいきヘヴィーに着ても耐えうるだけの強さもあって
何年か先に生地が少し擦れてあたりが出てきたくらいが、より雰囲気良く着れると思っています。
柔軟な発想としっかりとした芯の強さを感じる事が出来て、何よりも絶妙なバランス感。
これはTATAMIZEを作る八重畑さんにしか出来ない、出せない色があると感じていて、自分にとってもイメージ通り
しっくりくる仕上がりの一着になったと思います。

TATAMIZE   HUNTING JACKET

color       NAVY  

price       48000+TAX

SIZE       S   /   M   /   L


ハンティングジャケットなので、ポケットの大きさと数が大きな特徴。
左胸に1つと左右に大きなツールポケットが付き、背面に工具箱のような横に長いポケットの合計4つ付きます。
内ポケットも完備しているので、合わせると8つのポケットを完備している事になります。
ポケットを使用するしないは別として、機能的に作られているジャケットですが見た目の野暮ったさを感じさせない事に
機能と美のバランスを崩し過ぎずに両立して作られているアイテムに僕自身は魅力を感じてしまいます。
普段はトップボタンをしっかりと留めて着る着方が好きで、襟のラインがすっきりとシャープに魅せる効果があると思います。
ハンティングジャケットの男らしい雰囲気を釦を留める事によって、良い意味で着こなしを崩せる効果があると感じています。


丁寧に手染めされた素材は時間の短縮出来るタンブラー乾燥ではなく天日干しされ、手作業な故に所々に色ムラもあり
ボディとポケット部分によって若干色のトーンに少しのずれがあるのもありますが、そういった生産背景も含めて
洋服の面白さであり、着る事でより愛着が増していくように思っています。
今日はインナーにシェットランドのニットを挟んで着用していますが、より厚みのあるニットを着ても腕周りなどは十分に余裕の出る
パターンで作られていますので、気温が上がれば十分にアウターとして過ごす事が出来る1枚になると思います。
春と秋のどちらの季節にも対応出来る汎用性の高さもポイントです。


前から見た時の印象とバッグスタイルのギャップが良いです。
ジャケットにバッグを取り付けたかのうようなツールポケットは、フラップの大きさと形状が一癖あってTATAMIZEらしさを
感じられるディティールだったりもします。日常使いで何か物を入れて使用する事などは滅多になさそうですが、
出張や旅行などに行った時には、お財布と携帯、飲み物くらいであれば十分過ぎるくらい収納可能なので
バッグを持ち歩かなくても良いので、意外と使ってしまいそうな気もしています。
ちなみに・・・今日コンビニでちょっと買い物をした際に、いつも袋はもらわないのですが、買った物と財布を
すべてポケットに入れて帰ってきました。思いがけずこんなにすぐ役立つなんて!

TATAMIZE   MOUTAIN HAT

color       NAVY  

price       9000+TAX

SIZE       M   /   L
SOLD


TATAMIZE   WORK CAP

color       NAVY  

price       7000+TAX

SIZE       S   /   M


3ピース!?という訳ではないのですが、ジャケットと帽子、セットで着て貰いたい!というセット販売の押し売り。笑
その着方で着て貰えたらなと言う思いはありますが、アイテムがアイテムなだけにそんな単純にはいかないと思うので、
其々に楽しんでいただくのが一番だと思っています。
より深く突っ込んだ着方を模索されている方はぜひ2ピースで。笑
3年前に作製したコートをお持ちの方は、この機会に帽子を合わせて頂くのも良いのではないでしょうか。。
最近はトップスとパンツを同素材で作製するブランドが増えたように感じていますが、帽子をセットで提案するブランドは
稀というか、なかなか無い機会だとも思いますので、面白がってトライしていただけたら嬉しいです。
着用をして2日目ですが僕はすこぶる気に入っています(笑)
TATAMIZEの作りだすアイテムは着易いという感覚よりも、自分で落とし所を探さなければならないのである意味では
意地悪に見える時もあるのですが、rasikuにおいてある洋服の中では一番個性を惹きたててくれる気がします。
街でTATAMIZEの洋服を格好良く着熟している人を見ると嬉しくなりますし、僕自身より似合う様になりたいなと
掻き立てられますし、共感する気持ちも湧いてきます。
服って簡単ではないけれど、何回も試して着続ける事で、見えてくる服の魅力を感じてもらえると思います。
TATAMIZEのBLOGでもご紹介頂いてます。八重畑さん、改めて素敵なアイテムを有難うございます。
ジャケット・キャップ・ハット、1つ1つどれも素晴らしい仕上がりですので、是非手に取ってお試しください。

12月5日

img_0390
TATAMIZE    DUFFLE COAT

color        GREY

price        72500+TAX

SIZE        M   /   L   /   XL 
img_0394

img_0396

img_0398
rasikuでは冬の風物詩の様な、僕自身にとっては冬を越すのには欠かす事の出来ない道具のひとつ。といった様な
存在で愛着も一入。毎シーズンセレクトをしている、TATAMIZEが作る″DUFFLE COAT”が入荷しています。
今シーズンは定番で展開をしていたカラー″CAMEL”や″NAVY”ではなく、普通と言えば普通の様で、でも在りそうで無い、
″GREY”を選びました。シンプルにデニムに合わせたいというそんなイメージがぱっと浮かんで、洋服のトーンが全体的に
落ち着く時期だからこそ映えるカラーに惹かれて選びましたが、実物が届いてじわっとくる良さを実感しています。
ここ最近は朝夕の厳しい冷え込みに耐えられず、既に3年前に購入したTATAMIZEのダッフルコートを投入して
通勤していますが、純粋にウール地の温もりの重要性を確認していると同時に、毎年少しずつ体が馴染んできて
年々良いなぁと思えるコートだと感じています。
保温性が高い分、重量感もそれなり・・・にありますが、それを差し引いても十分に満足して頂けると思います。
肩にずしんとくるウールの重みは次第に慣れますし、しっかりと目の詰まったメルトンは、着用を繰り返す事で
より柔らかな表情になり、いつしか自分にとって他には変え難いとっておきの1枚に変わってくるはずです。
img_0405

img_0406
TATAMIZEのダッフルコートはスッキリとしたシルエットが特徴。
着丈が長く設定されていないので、コートならではの着ればそれなりに雰囲気が出るものとは違った良さを感じます。
メルトンの厚みから考えても、これ以上丈が長いと足さばきに多少のストレスが掛かりそうですし、身頃も比較的タイトなシルエットで
下から吹いている風も入りにくく、絶妙なバランスで作られている事が着ると良く分かります。
img_0408

img_0411
ダッフルコートのアイコンとも言える麻のロープは、太くてちょっと大袈裟なぐらい迫力のあるものを使用。
使いはじめはロープの穴にトグルを通すのも、やや苦戦するほどにしっかりと力強いロープなのですが、
年数が経つにつれて輪が広がる事を想定してのことなので、馴染めばするっと留められます。

img_0412

img_0414
ポケットは左胸に1つとハンドウォマーポケットの合計3つ。プラスで小さなツールポケットが真ん中に付きます。
TATAMIZEの洋服はポケットの付き方や形状で、ブランドらしさや個性を表現している洋服が沢山あって
決してデザイン性が強いという訳ではないのですが、何処か懐かしさを感じたり不思議な魅力が詰まっています。
自分から近づかないと着熟せないような少し突き放した感じが好きで、TATAMIZEを格好良くしれっと着る人を
見ると何だか嬉しい気持ちと、悔しい気持ちが湧いてきてしまいます(笑)
img_0417

img_0421
フードの形状にも一工夫が施されています。収納が可能で折り畳んでショールカラーの2通りの着方が楽しむ事が出来きます。
パラフィンの生地で切替しているのはオリジナリティを感じる部分で、後姿を見た際にちょっとしたアクセントになります。
img_0424

img_0419

img_0429
コートは洋服の中でも特別な存在になると思います。
その中でも冬に着るコートは洋服を楽しむ事も理由として勿論ありますが、温かみを感じて身体と心を少しでも気持ち良く
過ごす為の手段としても欠かせないものになってくるはずです。一過性のものではないという事は確かな事ですし
思いきって自分に投資するというくらいの気持ちで選択をしてみも良いのでは・・・とも思っています。
軽くて高機能で暖かなコートは世の中に沢山出てきていますが、クラシックなスタイルでじっくりゆっくりと物と向き合いながら
付き合えるコートを僕はお勧めします。
rasiku sasaki

12月2日

img_0350
TATAMIZE    STAND COLLAR JACKET

color        BLACK

price        50000+TAX

SIZE        S   /   M   /   L        
img_0353
TATAMIZEから、ああタタミゼだなぁっとしみじみ思う、新作のジャケットが届いております。
袖を通してみるとすぐにしっくり・・・とはこない感覚。古着などによくある様な、何なんだこれは・・・な、
狙っていないいびつさ。生地の何処かが少し浮いていたりして、そこに思わずにやけてしまう様なジャケット。
鏡の前の自分を自分で見るよりも、客観的に少し離れて見た方が凄く良く見えるなと写真を見て思いました。
襟のラインを表現したかったというデザイナーの言い回しが何ともユニークで、ポケットが左胸に1つだけしか付いていなかったり
着る人にとっては少し不親切なのかもしれないのですが、後々になってきっと好きになるんだろうなと想像してしまいます。
img_0364

img_0367
カタチはボックス型のシルエットで着丈がすっきりとしている分、身頃にやや余裕を感じます。ウエストも殆ど絞っていないので
身体のラインが綺麗に見えたりする訳ではなく、全体的な落ち感を楽しむジャケットになると思います。
両サイドに入ったスリットも深く入っている訳ではないので、クラシックな趣きにならずにどちらかと言えばカバーオールを
羽織っている様なイメージに近く、気軽さという点においてもジャケットを意識せずに着て頂けるはず・・・
ジャケットを着ると休みの日だとしても、心がしゃきっとするし、食事をするにせよ何処かで買い物するにせよ
だらしない服装で行くより良いに決まっている。ある程度着ていかないと慣れてこないし、着方はいつまでも経っても
分からない。どんなジャケットにせよ、服にせよ先ずは着るという事が大切な気がしています。
img_0371

img_0372

img_0375
商品名にもある通りでラペル線などは無くスタンドにして着るのですが、衿の一部を折り畳んでいるのがポイントです。
Vゾーンが無いので、シャツを着てもクルーネックのセーターも良いですし、物足りなさを感じる人はタートルネックセーターを着るのも◎
ちょっとずつ自分なりの落としどころを見つけながら、年齢の変化と共に着こなしを楽しんで貰いたいですね。
自分に見合う着こなしは、いくらインターネットで画像を検索しても出てこないですし、かと言ってファッションオタクになる
必要も全くないので、感性と感覚と直感を信じる事が大切かなと思っています。
そうやって着ていると徐々に、その洋服自体に顔や身体が馴染んで板についてくるから不思議なものです。
img_0377

img_0378

img_0380
袖周りもゆったりとしているので、着ていて動き難さを感じたりストレスになる事はよっぽど厚手のセーターを
着るくらいでしょうか。着込んでいけばより生地も馴染む感覚が分かりますし、頻度によるのかもしれませんが
2年から3年くらい時間が必要なのかもしれません。洋服は板に付いたり慣れるまでの時間の経過がもどかしくもあり
手放してしまおうかな・・・と思ったりで、複雑な心境になる事が僕自身も多々あります。それでも寄せては引いてを
繰り返し、やっとの思いで自分だけのお気に入りになった洋服というのは、何にも変え難い魅力があります。
下手な小細工をしなくても、その人らしい着方であればきっと大切に着てきたというのは何となく伝わるものです。
TATAMIZEのジャケットが、そんな1枚になって貰えたら嬉しいですね。
img_0381

img_0383

img_0385

img_0386

img_0387
着る人の″色″が出せるジャケットに感じていますし、着ていくうちにTATAMIZEらしい様々なディティールに
ふとした時に気付くと思います。
僕も3年前に購入したツィードのジャケットを着て仕事をしていますが、その日は少しだけですが心の持ち方が
変わる気がしています。気がしているだけかもしれませんが。ジャケットって良いなとは思います。
それは着た人にしか分からない事、その人にしか分からないことなので、形としては見えないのですが、
自分が着て、嬉しい・楽しい・気分が良い。ということは大切に持ち続けていきたい部分のひとつです。
サイズもS・M・Lと揃っていますので、是非袖を通しにいらしてください。
rasiku  sasaki

PageTOP