9月12日


TEMBEA   DELIVERY TOTE

color     BLACK×BLACK

price     16000+TAX

SIZE      21×31.5×21


毎シーズン、的確なツボを押さえてくるTEMBEAのオリジナルのプリントシリーズとはまた別の、
様々なアーティストの方とのコラボレーションにより作製されるプリントシリーズ。
過去にもHIMAAさんやNoritakeさんといったアーティストの方によってユーモラスに描かれた柄は
普段のTEMBEAの空気感とも当然違ったエッセンスが含まれていて、それでいてぴたっと其々の呼吸が
合っているので、TEMBEAっぽく無さとTEMBEAっぽさの塩梅の良さに毎回巧いなぁと引き込まれてしまうのです。

今回のコラボレーションアイテムのグラフィティを描いたアーティストは「MOGNO.6」の内田洋一郎さん。
内田さんは福岡で原種の蘭を中心に扱うお店「PLACER WORKSHOP」のオーナーでもあって、福岡に行った際に
お店に足を運んだこともあり、rasikuに並ぶ他のブランドとのコラボレーションアイテムを作られていたりと
多岐に活躍されている方なので、展示会場でぱっと目に入った見覚えのある「TEMBEA」の字体とTEMBEAのバッグ。
あまりの組み合わせの良さに、今回もまた一瞬にしてオーダーが決まってしまったのは言うまでもありませんね。

color     GREY×WHITE


今回展開されたモデルは二型のみで、その一つが安定して女性に人気の”DELIVERY TOTE”
短いレザーの持ち手と帆布とのコンビ。見た目に反して意外としっかりと容量もあるので
普段の持ち物を制限せずに持ち歩くことが出来るのも、DELIVERY TOTEが選ばれ続けている理由です。
rasikuでは女性の方にお選びいただく機会が多いですが、形自体はシンプルなトートバッグなので
男性が持つのにも、そこまで大きいサイズは必要ないという方にでしたら使い易いのでお勧めです。
マチがしっかりあるのでお弁当や水筒を入れたりするのにも丁度良い大きさだったり、これだけ暑いと
ハンカチでは足りずタオルを持ち歩いたり、秋冬にはストールを入れておいたりと、ほんの少しだけ
荷物が増えた際にも対応の利く、適度に収納力があるバッグ。


お色は、持ち手のレザー・帆布・プリントの色まで全て統一してワントーンに抑えることで
総柄でもクールな印象のBLACK×BLACKと、配色の組み合わせが洋服にも合わせ易く、グラフィティの
プリントがコーディネートのアクセントにもなってくれるGREY×WHITEの二色。
どちらも甲乙つけがたい万能カラーなので迷いますが、実際に洋服に合わせて持った際の印象の違いが
はっきりしているので、ぜひご自身のワードローブを思い浮かべながらお選びいただけたらと思います。

一枚で着られる期間が短いふわふわの気持ち良いグレーのスウェットに、形の良いチノパン。
GREY×WHITEのトートバッグの色に合わせて、足元も生成かグレーのスニーカーを。
爽やかな風が吹く秋晴れの日の服装。

TEMBEA   BAGUETTE TOTE LOGO

color     GREY×WHITE

price     15000+TAX

SIZE      23×37×14


もう一つのモデルが”BAGUETTE TOTE LOGO”
このモデルも何度か展開したことがありますが、TEMBEAの代表作でもあるBAGUETTE TOTEは
BASICシリーズの方を選ぶことが多いので、レザーハンドルのこの形は久しぶりに並んだ気もします。
バゲットを入れる為のバッグとしてデザインされたワンハンドルの肩掛けバッグ。
ハンドルが中心ではなくほんの少しずらした位置に設定する事で、肩に背負った際の持ち手と脇の間に
バッグの口の部分がぽふっと収まる感覚は、なんとも表現しがたいのですが、持ち易いという感覚とも違い
凄く安定感があります。そしてバッグを持った人を客観的に見た時に佇まいの良さを感じます。
何度もここにも書いていたり、店頭でもお話しするのがTEMBEAは店頭で見てもとても良いバッグなんですが
実際に使っている人の姿を見て、なんか良い雰囲気だなと思う事が本当に多いのです。

color     BLACK×BLACK


BAGUETTE TOTEに関しては、実際に自分達も夫婦で兼用で使えるので、サイズ違いや色違いなどなど
いつの間にか増えていて、普段使いから旅行の際のサブバッグとしてなど色んな場面で活躍しています。
TEMBEAのバッグのラインナップは実に幅広く、素材に関しても帆布以外も多く展開しているのですが
どこを切り取っても一貫しているのが程よい距離感で、遠すぎず近すぎずなでいつの間にか使う人の
生活に馴染んでいる様なところがあるので、気付けば身の回りにTEMBEAが増えていた!なんて事も。
素材に関しても、繊維が長く均一なコーマ糸を使用することでするりとした質感と光沢を纏った生地は
使い続けてもくたくたっと柔らかくなり過ぎず、しっかりと自立する耐久性も備えています。
TEMBEAの引き出しの多さは、先ず帆布そのもののクオリティがしっかりしているからこそ成り立っていて
デザインがより良く見える理由もそこにあるのではないかなと思います。


描かれている文字を見ると「TEMBEA TOKYO」の羅列かと思いきや「TEMBEA KYOTO」の文字も。
全国に2店舗ある直営店の場所が描かれていて、軽い宣伝にもなっていたりするのかもしれませんね・・・(笑)
自分達は服装がベーシックでシンプルなものを好んで着てしまうので、何か足りないと思う部分をバッグや靴など
小物でアクセントを入れるスタイルが定着をしていて、ロゴの入ったバッグはガツンと刺激を与えてくれるはず。
これから秋冬のシーズンになると、服装のトーンが落ち着いてきますのでアクセントになるバッグは
コーディネートに良いスパイスを与えてくれるのではないでしょうか。
どちらの形も其々に良さがあります。是非ご覧頂きたいです。

7月15日


TEMBEA   PARK TOTE MESH

color     NEON GREEN

price     10500+TAX

SIZE     32.5×35×14 SOLD


今日は一面に青空が広がり、少しつよい風がすくすくと伸びたみどりを気持ちよく揺らしています。
ジジジジと、遊歩道を歩いているとあちこちから聞こえてくる虫の音を聞いていると夏休みの記憶を
思い出すような、そんな朝の通勤時間。
カラッと晴れた日は爽やかな服にテンションのあがるバッグを持って出掛けたいなと思って、この数年は
特にTEMBEAのPRINTシリーズの「スイカ」バッグを愛用しているのですが、もう一つお気に入りが増えました。
昨年に続き今年も展開しているMESHシリーズがとても良いです。
鮮やかなネオンカラーのメッシュ素材、恐らくぱっと見てTEMBEAのバッグだとは思わずに気付かない方が
多いのではないかとも思うのですが、今季はそんな小さな不安はかき消されるほど、この見た目と素材感を
気に入って選んで下さる方が多く、カラフルな色のバリエーションも僅かとなってきました。
メッシュ素材ならではの軽やかさと、見た目の涼しさは夏のさっぱりとした装いにもマッチしますし、
白いシャツやワンピースに合わせるとバキッと目立ち、良いアクセントにもなります。
カラフルな色目は持つだけで内にも外にもハッピーな気を飛ばしてくれる気がします。


メインの取り出し口は、開け閉めが気軽なマジックテープになっています。
素材とデザイン、どういったシーンで使うかのイメージによってパーツなど細かな部分もちゃんと
バランスよく構成されているTEMBEAのバッグ。だからこそ持った時にバッグだけが浮く事も無く、
持つ人にしっくり馴染むのだろうなと思います。
メッシュの涼し気で陽気な感じに、マジックテープのベリベリ音が良く似合います。


メッシュシリーズで一番容量のある″PARK TOTE″は、ワンショルダーとハンドルが付いてアクティブに
遊んだり、動きたい日にぴったりのバッグ。
海の日にちなんで!という訳ではなかったのですが、これから夏休みに入って海や川、プールに行ったり
公園で水遊びなど、家族や親せきで出掛けたりする機会などがある方もいるのでは。
実際に毎年家族で夏は海に行くんです。というお客様が選んで下さったり、濡れても気にせず使えるので
タオルと着替えを詰め込んで、貴重品はポーチなどで小分けにして意気揚々と出掛けていただきたいです。


キャンバス素材に比べて、コンパクトにまとまるので旅行用のサブバッグなどでお使いいただくのも◎
両手が空くショルダーバッグは、一つバッグに忍ばせてけば街をふらりと散策するときなどにも便利ですし
荷物が増えてしまった時にも役立ちます。
メインでもサブでも、どちらにしても使い道は使おうと思えばいくらでもあります。定番のモデルとは別で
こういった季節感のある小物は、取り入れるだけで気分が変わります。楽しくなります。
自分に似合うかに合わないか、今の生活で使うか使わないかもモノを選ぶ大事な基準のひとつだと思いますが
直感的に気になってしまった方にはぜひ迷わずに使っていただけたら嬉しいです。
銭湯に行くときに使いたいと選んで下さった方もいました。その使い方も最高!と思いました。

TEMBEA    MAP CASE

color      NEON ORENGE×DAIDAI     /     BLACK×ECRU

price      7000+TAX

SIZE      20×26.5


同じMESHシリーズで、昨年も好評だった″MAP CASE″もご紹介します。
こちらはより身軽に、必要最低限の貴重品だけをまとめてパパっと出掛ける際に便利なサコッシュタイプ。
MAP CASEという名前が、先にも書きましたが旅先の時のサブバッグとして使うのにもぴったりで
その土地のオリジナルの地図を手に入れて、街歩きをするのにも良さそうです。
こちらも開け閉めはマジックテープで。
メッシュなのでそこまではっきり中が見えるわけではないですが気になる方は、小さなポーチの中に
鍵や細々したものを分けて入れるなどして、工夫して使うのが良いと思います。
TEMBEAのプリント柄は可愛くてユニークなので、あえてちらちらっと覗かせるのもお勧めですよ。


素材自体が軽いのでバッグを持っている感覚が殆どありません。
通年と言うよりは今の季節ならではのバッグだと思いますが、お出掛けに限らずライブやイベントなど
色んなシーンでお使いいただける身軽なバッグです。
普段からあまり物を持たない、重いバッグは苦手という方にも使いやすいのではないでしょうか。

7月9日


TEMBEA    BAGUETTE TOTE

color      PINK 

price      16500+tax

SIZE      24.5×42×13 SOLD

TEMBEAのSUMMERコレクションが続々と入荷中です。
本当にいつも絶妙なタイミングで届けてくださるので、明るい色や賑やかで楽しいプリントのアイテムが
すこし減ってぽっかりと穴が開いた気持ちでいたところに、新作のプリントや染めシリーズが並ぶことで
再び陽気で明るい空間が生まれます。
ここ数シーズンはインディゴ染めのみを展開していましが、展示会で見た時にふと目に留まった柔らかな
薄いピンク色のバケットトート。ラックダイと呼ばれる昔から染色に用いられてきた天然染料で
綺麗な赤系の色に染め上げる事が出来ます。ピンクと一言でいっても今回のものは淡い色なので、
洋服と合わせた際に邪魔をすることなくすっと溶け込む印象を受けます。
これからカットソーやシャツ1枚など、シンプルな装いになる季節にTEMBEAの染色したバッグは持っているだけで
アクセントになりますし、使い込んだ後の風合いは他にはない味わい深いものへと変化するのは間違いありません。


デザインはフランスパンを入れる為に作られたカタチで、TEMBEAのアイコンとも言える存在の″BAGUETTE TOTE″
縦長のバケツ型で、センターにハンドルを付けずに少しずれた位置に付けることで中の荷物を見られずに持つ事が可能。
僕自身も色違い・大きさ違いで3つ程所有していますが、気温が上がって服装が軽装になるとより持ちたくなるバッグで
肩に掛けた時の佇まいが何とも言えず好みです。
使い込んでいった後でもバッグ自体が自立しているのもポイントで、使用されている帆布は短い繊維を全て取り除いた
コーマ糸と呼ばれるしなやかさと強さを併せ持った素材を贅沢に使っている事も表面上には見えない部分ですが
とても大切な要素でもあります。色々と帆布のバッグは使ってきましたが、最初はパラフィン加工(蝋引き)が
されているので使い心地は然程変わらないのですが、水洗いを繰り返してクタクタになった時に本来の姿が
見えてくるので、TEMBEAのものは全てきりっとした表情を見せてくれるのがとても嬉しいです。


インナーポケットなどは一切付かない潔い作り。
モノを気にせずに入れて、もし必要であればポーチなどで小分けして使う仕様になります。
機能性をどこまでプラスするかは大事な要素ではありますが、何もない空間をどう使っていくか・・・
一度使ってみると、想像以上に使い勝手が良く、機能性は必要最低限でも良いという事にも気付かされた
バッグでもあります。「機能」と「美」とのバランスはTEMBEAのバッグにも言える事で、一切の無駄を無くし
どちらにも偏り過ぎる事なく2つの側面を兼ね備えていると思います。


荷物を上部にまで入れてしまうと持ちずらくなってしまうので、程ほどにいれるのがベスト。
スーパーなどへ買い物に行く際にはめいいっぱい入れても良いと思いますが・・・(笑)
特にネギやゴボウなど縦長の野菜は本当に入れ易く、持ってあるいているとちょっとだけお洒落な
気がするのは僕だけでしょうか。。

TEMBEA    CLUB TOTE MEDIUM

color      PINK

price      19500+tax

SIZE      37×35.5×17 SOLD


もう一型、こちらも継続してオーダー・展開しているモデルになります。
習い事やジムなど、クラブに通うためのバッグとして作製された″CLUB TOTE MEDIUM″
短めのハンドルとワンショルダーで斜め掛けが出来る2WAY仕様。サイズも一泊分ぐらいの荷物は余裕で入る
たっぷり容量のバッグは、まさにどんなシーンにも合わせて持ちたくなるバッグです。
内側はBAGUETTE TOTE同様にインナーポケットなどはありませんが、外側には携帯や小銭入れハンカチなど
サッと取り出したいものが入れられるぐらいのポケットが在り、このポケットひとつあるだけでも十分に機能性が
感じられるのが、TEMBEAのバッグの良いところでもあると思います。
マチもしっかりあるので、少し幅があって嵩張る物もすっぽり入りますし、ファイル等の書類や雑誌・本なども
割とたくさん持ち運んだりが出来ます。
ショルダーだと両手が開くので、マザーズバッグとして選ばれる方もいらっしゃいます。
綺麗な色目はお祝いのギフトとしてお選びいただくのも良いのではないでしょうか。


サイズはMEDIUMのみで、ショルダーの長さの調整が出来ないため体型に合う合わないの好みはありますが、
ショルダーの長さもそこまで長くないので、持った時のバランス感でしっくりくる方にお選びいただけると嬉しいです。
TEMBEAのバッグは勿論展示会で見て良いなと思ってオーダーしているのですが、数か月たって入荷した際に改めて
染めや柄、配色に「おおー、良い!」と思う事が多く、さらには実際に買ってくださった方が持ったり背負ったりして
身体の一部・装いの一部として取り入れてくださってる姿が一番良いなと思います。
基本的にはバッグに合わせて自分なりの使い方を見出していくことで、徐々に使いやすくなって馴染んでいく
デザインが多いので、時間を重ねるごとにバッグそのものも良い表情に変化していくそんなバッグだと思います。
淡い優しいピンクは少し珍しい色目ですが、服装にも気分的にも少し色が加わることで明るさがプラスされたり
気分が華やいだりしますので、ぜひTEMBEAびバッグで普段の生活にちょっとした色を取り入れてみてください。

7月7日


TEMBEA    SDG CAP

color      KHAKI

price      5500+tax

SIZE      2 SOLD

color      GREEN

color      OXFORD BLUE SOLD


今日から中津川の鮎釣りが解禁され、朝から沢山の釣り人が竿を垂らす姿を見て感じる盛岡の「夏」。
天気が良い日はふらっと店を離れ一息つきに上の橋まで散歩をします。橋の上から目を凝らすと川の中を
鮎が群れで泳ぐ姿を見る事ができるのですが、それを日課のようにして見つけるのが楽しく心まで癒されます。
川が流れる街はいいですね。
今日の様に日差しが強い中、外へ出掛ける際に欠かすことの出来ない帽子。
TEMBEAから毎シーズンリリースされているCAPを気に入っているので展開し続けています。
今シーズンはがしっとした質感のコットンと細畝のコーデュロイの2種類をご用意しました。
展開をする理由としては、カタチに癖がなく気負わずに被れる点。
主張が強すぎずに服装に寄り添ってくれる感覚がとても好みです。
僕自身も休日の服装はリラックス出来るカットソーにTEMBEAのくたくたになったCAPを被って出掛ける事が多く
気を使わずにすっと手に取りたくなってしまう雰囲気が良いなと思っています。


SDG CAP(硬い生地感)のタイプは、帽子のツバが真っすぐの仕様になっています。
今までは曲線的なシルエットだったので、少しの違いですが見た目の印象は大きく変わってくると思います。
サイズ展開は2のみで、後ろにアジャスターが付いていますのである程度のサイズ調整は可能。
目安として58CMから61CM位までは対応が可能だと思います。


カタチは所謂ベースボールキャップですが、ツバが長くし過ぎていない所がポイント。
ワークキャップとベースボールキャップの丁度中間をとったようなデザイン。
普段は帽子を殆ど被らないという方にも手に取って頂く事が多くあるのは、TEMBEAならではの絶妙な塩梅に
仕上がっているからだと思います。rasikuで展開しているのは通常はフロントに刺繍が入るのをあえて外すことで
プレーンな表情になり洋服の着合わせを気にせずに、より汎用性が広がると良いなと思いそうしました。

TEMBEA    TORSO CAP

color      GREY

price      5500+tax

SIZE      2 SOLD

color      NATURAL


柔らかな細畝のコーデュロイを用いたタイプもご用意しました。
こちらはツバが曲線的なシルエット。GREY・NATURAL共に柔らかい色目になるので服装の軽さを出す際にも
バッグや帽子などの小物類は取り入れ易く、いつもとは少し違った印象になるのではないでしょうか。


季節に合わせた色を取り入れるのも洋服を着る楽しさの1つだと思っています。
帽子は被る・被らないがくっきりと分かれるアイテムですが、夏場であればより太陽の直射日光から身体を守るという
機能的な側面も含めて、取り入れられる方が気持ちよく過ごせるのではないかと感じています。
僕自身も20代では帽子を被るのが嫌だったので、被らない方の気持ちも理解出来ますし似合わないという
先入観が先にきてしまい、手が伸びなくなるのも頷けます。ちょっとした買い物などに出掛ける際に
髪の毛をいちいちセットするのが面倒だなと思う時などに、さっと被って出ていく位から取り入れ始めると
徐々に自分の顔に馴染む感じが出てくるのでお勧めです。
特にTEMBEAのCAPは今まで手にしてきたキャップの中でも被り易く、手に取り易い価格帯でもあると思うので
気軽な気持ちでお試し頂ければ嬉しいです。

5月21日


TEMBEA    MAP CASE

color      NATURAL

price      20500+tax 

SIZE      20×23

color      BROWN

color      BLACK

昨日の夜から嵐のような天候に変わり、今日の夕方くらいまで雨は続きそうです。
先週位までは天気がずっと良かっただけに、帳尻合わせをしているような気がしてしまいます。
少し前に自宅の庭に植えた野菜の苗にとっては、貴重な恵の雨になっているに違いありません・・・
rasikuでは初めて展開する、型数は少ないですがTEMBEAでもオールレザーのバッグを作製しています。
春夏シーズンでも気軽に持てそうな、見た目の印象が重くなり過ぎない″MAP CASE”をセレクト。
お財布と携帯だけ持って出掛けたい時に便利な大きさで、内ポケットや蓋などが付かない削ぎ落された
シンプルなデザインがTEMBEAらしさでもあり、年月が経過しても飽きずに使い続けられる理由でもあります。
カラーは″NATURAL” ″BROWN” ″BLACK” の3色をご用意致しました。


底にマチがないフラットな形状で、最低限の荷物を入れて持ち歩く際のバッグとして重宝します。
革は厚地の1枚革で、内側に可愛らしく″TEMBEA”のロゴマークが入ります。
普段はバッグを持たずにパンツのポケットにお財布と携帯を入れているという方に特にお勧めしたいバッグ。
レザーが一部分でも入る事で洋服全体を引き締める効果もありますし、革の質感を触れているだけで
高揚感が沸いてくると思います。
TEMBEAが得意とするキャンバス素材も同様ですが、レザーはそれ以上に使い込むことで手に馴染む感覚が
出てきますし、クタッとした表情や質感はまた別物の表情になっているはず。
普段のちょっとしたお使いから、旅行や出張先でサブバックとして持ち歩くのもどちらにもお勧めです。


ショルダーの長さを調整するようなアジャスターは付いていません。
斜め掛けをして丁度手に取り易い位置にくるくらいの長さに設定されているので
物の出し入れもスムーズに出来ると思います。
これからの季節は服装がどんどん薄着になってきますので、コーディネートの一部としてバッグを
取り入れるのも良いのではないでしょうか。


レザーを使っているのにも関わらず、軽さが出せる点が不思議な魅力でもあります。
デザインや大きさ、用いている革の質感など、どれも程よいバランスに納まっていて
素材の中ではレザーはハードルが高く感じられている方も多いと思いますが、
気兼ねなく日常使いで取り入れて頂けると思います。
NATURALやBROWN系の色は経年変化が手に取るように分かるので、日々持ち歩くことでの楽しみも
増してくるでしょうし、日常の生活にちょっとした彩りを加えてみるのも良いのではないでしょうか。
TEMBEAが作るレザーバッグもとてもお勧めです。

PageTOP