7月12日


TEMBEA    MAP CASE

color       NEON ORANGE  

price       7000+tax 

SIZE       20×26.5

color       NEON GREEN SOLD

color       BLACK

昨日は定休日を利用して、仙台まで。
見たい展示会があったので足を運び、仕事が終わった後に楽天イーグルスの試合観戦をしてきました。
久しぶりの楽天のスタジアムがびっくりするくらい進化をしていて、これぞボールパークといった盛り上がりに
一昔前の球場のイメージからは、随分と一新されているのだなぁと色々感じる事が多くありました。
あとは球団が強くなれば・・・と勝手に思いましたが、その辺はじっと見守る事しか出来ないですね。


そんな今日は、野球観戦にこれを持って行けばよかった!!と後になって思ったTEMBEAの新作バッグ。
TEMBEAとは思えぬメッシュ素材とネオンカラーが目に飛び込んでくるインパクト大のユニークな″MAP CASE”
ナイロンのメッシュ素材とコットンの帆布とを組み合わせたバッグは、メッシュだからこその涼しげな感じが
外遊びにぴったりですし、両手も空くので使う場面がさまざま思い浮かんできそうです。
もし昨日、この″MAP CASE”を持っていたら、チケットや細々した物をいちいちバッグから取り出さずに
済んだのと、雨がパラパラと降っていたので水に濡れても良い素材は野外だと気兼ねなく使えて良いなと思います。


″MAP CASE”という事で、盛岡の個店が沢山掲載されている地図「てくり」の散歩地図を入れてみました(笑)
紙物を持ち歩く方は大分減ってきていると思いますが、僕はスマホの地図を見るとどうしても反対方向に歩いて
行ってしまうので知らない土地に行く際には、大き目の地図をプリントアウトして持ち歩くアナログ派です。
雨の日に傘を持って、パンツのポケットに丸めて入れた地図を出すのが本当に面倒で、さっと取り出せて
尚且つ、小さく折り畳まずに収納できるバッグは自分にとってはまさに優れものだと思いました。
メッシュ素材で軽く、バッグの中に入れても嵩張らないので、出張や旅行の際にも気軽に持ち運べます。
無理に地図を入れる必要はありませんので、飲み物であったり、小銭入れや、汗拭き用のハンドタオルなど
直ぐに手に取り出したいと思う物を持ち歩くのに活用して頂ければと思います。


メッシュ素材を使用しているので、中にいれた荷物が少し透けて見えるようなカタチになります。
紐の長さは調整が可能ですが、最大限伸ばした状態で男性が斜め掛け出来るギリギリの長さに設定。
TOPの部分にはマジックテープが付けられているので簡単に開け閉めが出来、荷物が飛び出してくる心配はありません。
夏場はカットソー1枚など軽装になるので、小さいサイズ感ですが蛍光色はアクセントになりますし
近所に買い物に行く際に、お財布をただ入れて持って歩くだけでもちょっとウキウキしそうな色です。


TEMBEAは帆布を得意とするブランドですが、シーズン毎に異素材を使ったアイテムも展開されています。
ぱっと見ただけではTEMBEAとは思えぬ様な素材を使ったものでも、帆布バッグを作り続けてきたからこその
ブランドの軸がちゃんとあって、イメージを保ちつつ意外性のあるものを生み出すことが出来るのは、
やはり軸の強さが大事だと思いますし、そこに加えての面白がることや柔軟さがあってこそだと思うので、
物だけでは無く、ブランドの姿勢にもとても刺激を受けています。


眩しいくらい爽やかで、シュワシュワという音が似合うような、NEON GREEN
普段選ばないような色や柄でも、不思議と夏の天気が背中を押して挑戦してみたくなります。
洋服で取り入れるよりも、ちょっと気楽で、それでいて、いつもとは気分がガラリと変わるので
服装がマンネリ化した時こそ、小物選びを楽しんでみていただけたらと思います。
蒸したり、雨が降ったり止んだり、忙しない天気が続いていますが、まだ夏は続きます。
Tシャツ一枚、ワンピース一枚にカラフルなバッグを添えてお出掛けしてみては如何でしょうか。

5月5日


TEMBEA    BAGUETTE TOTE LOGO

color       MID INDIGO  

price       15500+tax 

SIZE       23×37×14 SOLD

TEMBEAから色鮮やかなインディゴブルーのバッグが3型入荷をしています。
キャンバスにレザーの組み合わせと言えば、TEMBEAのロゴがPRINTされるロゴシリーズ。
今シーズンは目にも鮮やかなインディゴを用いてリリースをされています。(ロゴは無し)
インディゴを使ったバッグは僕らが好きなアイテムで毎シーズン欠かさずに展開をしてきましたが、
持ち手にレザーが入ることによって、より洗練された大人な雰囲気がぐっと増した様に思います。
色目に関しても″MID INDIGO”というカラーで、濃すぎず薄すぎずの丁度良いブルーの塩梅に仕上げています。
キャンバス素材のバッグは通年を通して持つ事が出来るのですが、使う頻度であったり洋服との相性で言えば
春夏シーズンの方が断然使い勝手が良いと感じますし、軽装になればなるほどに存在感が増してきます。
″BAGUETTE TOTE″のこのサイズは見た目の大きさと、軽く肩に掛けて背負った時の雰囲気が特に良くて、
お財布などの貴重品と飲み物だけ入れて持ち歩くのに便利なバッグだと思います。


生地の耳を使ったデザイン、持ち手を真ん中ではなく少し横にずらして取り付けている点、インナーポケットなどは一切ない
とてもシンプルな構造ですが街中で持っている方を見かけると、ついつい目で追ってしまいたくなるよう不思議な魅力が
このバッグにはあるように思います。デザインだけではなく素材に用いられるコーマ糸は、短い繊維や不純物を取り除いた
ムラのない糸で構成されています。程良く光沢があって使用していくにうちにクタッとはなりますが、
きちんとバッグ自体が自立する点もTEMBEAの魅力だと思っています。
帆布のバッグは購入する際にはパラフィン加工(蠟引き)されているので、どれも生地が強そうに感じるのですが、
時間の経過と共に大きく善し悪しが分かれてしまいます。
自分達も色々と試した中でTEMBEAの帆布の素晴らしさに気付かされました。
素材が良いから良いという訳ではないのですが、物としての要素の1つとして納得させれる部分はあるかと思います。


インディゴ染料で後染めをしているので、衣服などへの衣染は気候や着ている服との相性によっては起こらないとは
言い切れませんが、TEMBEAのインディゴはそこまで激しい色落ちはしないと使っていて思います。
季節を考えるとやはり白いシャツやカットソーに合わせて持ちたいですね。
インディゴは外の景色の中でも映えますし、人を惹きつけるオーラがあるように思います。
強く、柔らかく、そして温かみと、どこか落ち着きを覚える不思議な色です。

TEMBEA    DELIVERY TOTE

color       MID INDIGO  

price       16500+tax 

SIZE       27×31.5×27 SOLD


底が円形のカタチをした″DELIVERY TOTE″は牛乳瓶など買い出しした物を運ぶ為のバッグ。
マチが広く見た目よりも容量のある形は、それこそ普段の買い出しから休みの日のお出掛けまで、
幅広い場面でお使いいただけるサイズ感になります。
トートバッグでは案外珍しい円形の底は独特なフォルムを生みますし、物を入れても安定感があります。
お弁当と水筒を入れて、近くの公園でピクニック気分を味わったり。そんな風にして持ちたくなる形。


短い持ち手や丸い底のデザインなど、どちらかと言えば女性にお選びいただくことが多いバッグでしたが
すっきりと晴れた空の様に爽やかなインディゴと経年変化が楽しいレザーのコンビになると、どんな形でも
男女問わずにお持ちいただくイメージが湧いてきます。
兼用のバッグとしてお選びいただくのも良いですし、夏のギフトとしても喜んで頂けそうなバッグです。

TEMBEA    GAME POUCH

color       MID INDIGO  

price       13500+tax 

SIZE       20×28×20 SOLD


持ち方にバリエーションが出せる長いロープとレザーのタッセルがポイントの″GAME POUCH″
コンパクトながら、DELIVERY TOTE同様にマチがある分、意外と物が入り持つのも気軽な万能バッグです。
ロープは長くすると斜め掛けも出来、二重にするとプラプラとハンドバッグタイプに変わります。
お財布と携帯、その他頻繁に取り出す物を入れておいて、ちょっとそこまで出掛けるという時に頼りになります。
僕らは出張の際には必ず持ち歩くバッグで、無くてはならない存在です。
見た目よりも容量があって、500MLのペットボトルも立てにすっきりと納まります。


TEMBEAのインディゴシリーズ。
今までリリースされたモデル、今回の新しい3型も含め何度見ても素晴らしいと思えるバッグです。
僕らには欠かす事の出来ない、作り続けられる限り提案をし続けていきたいです。


みどりが一段と濃く鮮やかで、風がさわさわと木々を揺らす気持ちの良い5月は、連休後も各地でイベントが目白押しです。
新たにバッグを新調して、外へ出掛ける理由を作るのも良いのではないでしょうか。
きっと気持ちも変わり、盛岡の景色の色も更に良く見えてくると思いますよ。

4月16日


TEMBEA    SACOCHE MEDIUM

color       スイカ SOLD

price       8500+tax 

SIZE       20×26.5  

color       DOG SOLD

color       アイス SOLD

color       ペンキ

color       WOODLAND SOLD


TEMBEAより今季自分達の中で一番楽しみ・一押しのバッグ ″SACOCHE″が届きました。
TEMBEAが手掛けるサコッシュなので、勿論素材はキャンバスです。ハイテク素材や機能的かどうかは二の次で、
″いつも、どこにでも持ち歩いてもらいたい″というTEMBEAのコンセプトそのままに、ユニークで遊び心満載のバッグは、
ディスプレイの最中でも、服はあれでこのバッグ持って・・・と、持ち歩くイメージが勝手に仕上がってきます。
細い肩紐は、長さの調節も可能です。少し短めに設定し、身体のやや高い位置に添うようにすると納まりが良いです。
取り出し口はZIPで開閉します。
中にポケットなどは一切なく、マチもそこまで無いのであまり詰め込まず、必要最低限の貴重品類を入れるイメージで、
旅先などではサブバッグとして、財布とその他諸々を持ち歩くのに重宝するのではと思います。


シャカシャカしない、キャンバスならではの手触りや空気感、使用していくと分かる素材の変化など。
どこか落ち着く要素も含まれているなと思いますし、スイカ・アイス・DOGなどなどバラエティに富んだ柄が
そろっていますので、お出掛けのシチュエーションに合わせてバッグを選ぶのも楽しいと思います。
あっという間に4月も半ば。今週は気温もぐぐっと上がる予報ですし、桜の開花も一気に進みそうな気配ですよ。
お花見やお出掛けに、もしくはちょっとそこまでのお散歩に。
嵩張らずコンパクトに納まる、そして軽いバッグは貴重品をさっと入れて持ち歩くのにとても便利です。
気持ち良く外歩きが出来る季節、今月4月21日スタートの、こちらのイベントにも最適な気がしますね。
(※公式サイトは現在準備中)


普段バッグを持ち歩かない手ぶら派の方にも、大袈裟にならない薄型のバッグなら持ち易いのではないでしょうか。
携帯、財布もしくは小銭入れ。鍵やリップなどなど。細々したものだと特にポケットのあちこちを探したり、
いざ必要な時に見つからなかったり、そういった事の解消にもなると思います。
洋服との組み合わせを考えた時にも、気軽に取り入れ易いWOODLANDは、男性女性関係なく使えると思うので
ちょっとしたギフトにもお勧めです。


アイスに見えるか見えないか・・・のアイス柄。密かにこれからじわじわ来そうな予感のしている柄。
ちょっと素っ気ないくらいの、さっぱりとしたアイスが数種類描かれたバッグは、ナチュラル×ピンクの色も可愛い。
白いTシャツや、シャンブレーのワンピースなど、柄と同じく爽やかな服装に合わせて持ち歩きたいです。
バッグ単体で見るよりも、人が持って、人と服とバッグが組み合わさった姿を見るとより良さを実感するTEMBEAのBAG。
軽快で、楽しくて、持つ人だけじゃなく見る人をも良い気分にさせてくれる。そんなバッグだなといつも思います。
他にも今季の新作も含め、色々と届きましたので、ぜひ店頭まで足をお運びくださいませ。

2月17日


TEMBEA     BAGUETTE TOTE MINI

color        GREY×CHARCOAL      /      NATURAL×BLUE GREY

price        7500+tax 

SIZE        15×25×9

color        NEW RED×RED        /        NAVY×INDIGO

color       NEW BEIGE×NATURAL SOLD


帆布のバッグは季節に関係なく通年で持てるアイテムですが、雪が解け始め梅が咲き始める春先から夏頃までが、
服装との相性も含めて、一番しっくりとくる時期かなと感じています。
TEMBEAの代名詞とも言える、バケットを入れる為に作られらた縦長のトートバッグ″BAGUETTE TOTE″
今までの展開は″SMALL″が一番小さいサイズでしたが、更に一回り小さいサイズ″MINI”がリリースされました。
小さ目よりもさらに小さなサイズ感は中に入れる物も限られますが、小振りながらも存在感があります。
ちょっと近所に買い出しに行く際にも重宝しそうですし、旅先などでバッグインバッグとして持ち歩くのもお勧めです。
圧倒的に女性の目に留まる、″MINI″というサイズ感と響きの可愛らしさが人気の理由です。


BAGUETTE TOTEの大きな特徴としてハンドルが中央からずれた位置に取り付けられています。
TEMBEAというブランドを知るきっかけになったのも、自分達が初めて購入したのも、この″BAGUETTE TOTE″でした。
オープンなトートバッグはどうしても冬時期に持つ事は少くなってしまいますが、春になるとやっとまた出番が来た!
と、持つ時にウキウキしてしまうバッグの1つです。
横長のトートバッグとも違っていて、この独特の形状は在りそうで無い、TEMBEAを代表する形だと思いますし
肩に掛けて時のフィット感とバッグと装いひっくるめての雰囲気が抜群です。
今店頭に並ぶのは、ちょっと明るい春らしいカラーと落ち着いた色目と5色展開になります。


インナーにポケットなどは一切付かない潔い作り。
別でポーチも様々在りますので、ポーチに細かな物を小分けにしてバッグに入れるのがお勧めです。


バッグ自体は物を入れて持ち運ぶ為の道具だと思ですが、洋服と合わせた時の色のアクセントや見え方に変化が出せるので
少しの物足りなさを埋めてくれるという意味でも大切です。女性はお財布をポケットに入れる方が少ないので、大なり小なり
バッグを持つ方が圧倒的に多く感じます。帆布のバッグは大きさとカタチ、用途を決めて使ったり、季節に合わせた色を
取り入れてみたりする事で、その日の気分も大きく変わると思うので、数を持っていても良いアイテムではないでしょうか。

TEMBEA     CLUB TOTE MEDIUM

color        NATURAL×BLACK

price        12800+tax 

SIZE        37×35.5×17

color        NATURAL×COFFEE

color        NEW BEIGE×NATURAL

color        NAVY×SMOKE BLUE

color        BLACK×BLACK

color        GREY×CHARCOAL


クラブ活動をする際に持つバッグを想定して作られたハンドルとショルダー使いが出来る2WAY型のトートバッグ
″CLUB TOTE″ 大きさは3種類ある中で一番大きな″MEDIUM″
ハンドルとショルダーの二通りで持てる使い勝手の良さと、容量の大きさ的に男性に好まれ易い印象を受けます。
最近では小さいお子様がいるご家庭では、マザーズバッグとしてお選びいただく機会もありました。
トップの開け閉めがないので荷物の出し入れがスムーズで、荷物が多い方にとっても容量が丁度良い点と、
カジュアルな服装にも合わせ易く、汚れたら洗濯機でガラガラと丸洗い出来るのも嬉しいと聞いて納得でした。
パラフィン加工(蠟引き)された状態もぱりっとして良いですが、水を一度通して帆布が身体のラインにそって
くったりと馴染んだ状態もとても好みです。あまり神経質にならずデイリーに使えるのが帆布ならではだと思います。


トップと外ポケットに生地の耳を取り入れる事で、ステッチを使う部分が減りバッグ全体がすっきりと仕上がります。
大きさの割に軽快な印象があり、デザインとしても一役かっています。
古くから残る織機を使って作られる生地だからこそ出来るディティールでもあり、全てでは無いのですが、
ふと目にした時に自分の中でここが良いなぁと思えるポイントがあると、


ショルダーは長さの調節は出来ませんが、長すぎず・短すぎずの長さに設定されています。
男性はショルダーやリュックなどの、手が自由になるバッグを好む方が多いので″CLUB TOTE″はお勧めです。
実際に部活動や習い事へ行ったりする際の道具や着替え入れとして使うのも勿論ですし、たっぷり容量のバッグは
書類や本・雑誌なども余裕で入りますので、お仕事であったり色んな場面で活用していただけたらと思います。
色展開は、男性にも持っていただけたらということを想像して、春へ向かう時ですがあえて渋い配色を選びました。
とは言え、デザインはユニセックスですのでお好みの色がありましたら、ぜひ迎え入れてください。
今日の天候と気温を見る限りは、春の装いをするのにはもうしばらく時間が必要ですが・・・(笑)
寒さに持っていかれそうな気持ちを、少しでも奮い立ててくれる物や服に触れてみては如何でしょう。

12月21日


TEMBEA   BOOK TOTE 

color      NATURAL×NAVY 

price      9800+tax 

SIZE      33×25×25


日頃からTEMBEAのバッグやポーチを数多く愛用していますが、それ以外にも魅力的なアイテムが沢山あります。
その中でもBOOK TOTEは長年作り続けている定番アイテムの1つで、商品名にある通り本を収納して置くのは
勿論の事、本に限らず、物を持ち運んだり、お子様のおもちゃを片付けるのに利用したりと、ライフスタイルによって
様々な使い方や用途が見えてくると思います。自宅では本を収納するのに使っていますが、それ以外にも
私が監督として活動をしている野球チームでは、ノックや打撃練習の際のボール入れとして使用しています。
ちなみに野球チームのバッグもTEMBEAに別注で作って頂いたのを使っています。
(贅沢な道具を使っていますがプレーは・・・)
持ち手があるのがとても便利で、使わない時は折り畳んで少しの隙間にすっと収納出来るのも良いです。
出張ショップへ行く際にも、細々とした備品類をを入れて持ち運ぶのに必ず持って行き、そのままディスプレイや
在庫を収納しておくのにも使いますし、空間に溶け込むビジュアルの良さもとても気に入っています。


サイズは2サイズ展開をしていますが、rasikuでセレクトしているのは大きいサイズのみになります。
プラスチックや鉄や真鍮などの素材感で収納BOXを作っているのは良く目にしますが、帆布で作っているというのは
案外出逢う事が少ないのではないでしょうか。TEMBEAで使用している帆布は6OZで厚すぎず薄すぎずの素材を使用。
パラフィン加工がされているので伝わり難いですが、短い繊維を取り除き、長い繊維のみを用いる事で
ある程度使い込んで生地がこなれた雰囲気になってきてからでも型崩れが少なく、割と高さのあるBOOK TOTEも
しっかりと自立し続けます。


雑誌で大よそ25冊~30冊くらいは収納が可能。
軟式ボールで大よそ・・・恐らくそういった使い方はしないと思うので割愛。
部屋のインテリアとして置くのもお勧めです。男性と女性に限らず箱が好きな方は案外多いと思いますので
同じ色を何個か揃えて並べると統一感も出て綺麗ですし、見た目も圧巻です。
何を入れるか考える楽しみもあるので、BOOK TOTEではありますが、その時々で使い方を変える。
そのぐらい柔軟にぽんっと置いておくと、ふとした時に想像以上の使い勝手の良さを感じて頂けるはずです。

   NATURAL×NAVY     /    NATURAL×MID GREY   /   NATURAL×BLACK

   BEIGE×CHARCOAL     /     BEIGE×UGUISU    /     NATURAL×OLIVE


シーズンカラーも含めて6色での展開。
NATURALベースは、何処に置いても空間に馴染む万能なカラーで、BEIGEベースは渋さが特徴で置いた時の存在感が
より増すようなカラーだと思います。クリスマスが間近なので、プレゼントとしても喜ばれると思いますし
家に1つ置いてみると、本の収納や細々した小物が綺麗にすっきりと片付くかもしれません。
楽しく時間と空間を過ごす為に機能的な面だけではなく、気持ちが豊かになるアイテムとしてお勧めです。

PageTOP