5月14日


TEMBEA   MESSENGER BAG LOGO

color        BLACK

price       15800+tax

SIZE       31.5×44×14.5 SOLD  


rasikuでは久しぶりにセレクトしました″MESSENGER BAG″
自転車が気持ち良く乗れる時期になりましたので、必然的にリュックやショルダーバッグの出番が増える頃ではないでしょうか。
LOGOシリーズのメッセンジャータイプは2WAY仕様で、レザーの持ち手が付くというのがポイントです。
キャンバス×レザーのコンビはTEMBEAの中ではより洗練されたイメージで、マチも広めに設定をしているので容量も大きく
色目に関しても″生成″と″黒″の落ち着きのある2色をご用意しました。背中に斜めがけをした感じは、やはり男性に持って頂きたい鞄です。


バッグの上部を折り込めるようなティティールで、蓋のような役割で中の荷物が見えなくなります。
そのまま折り込まずに使用するのも良いですし、折り込んでコンパクトにしても、不自然なカタチにはなりませんので
荷物の量やご自身の好みな持ち方で持って頂けたと思います。


ショルダーの長さですが、金具が付きますので好みの部分で調整が可能。
ハンドルで持つ際にはショルダーを垂らしてしまっても良いですし、バッグの内側に収納してすっきりした形で持つのもお勧めです。
外側にお財布や小物類を分けて入れる事が出来る大き目のポケットが付きますので、簡単に取り出したい物と分けて収納が出来ます。

color        WHITE


もう一色の″WHITE”はハンドルの持ち手との色のコンビネーションが際立ちます。
生地の耳を使用する事も特徴的で、切りっぱなしの様に見えるバッグの上部分に用いる事によってデザインが重たくならずに
独特のバランス感に仕上げる事が出来ます。
バッグの中は至ってシンプルな構造。小分けするポーチなどを活用しながら荷物を整理して頂ければと思います。
使っていくと不思議な感じもするのですが、仕切りがない良さを徐々に実感して頂けるはずです。


新品の状態なので身体とバッグに隙間があってまだ馴染んでいませんが、帆布が柔らかくなってショルダーの長さがしっかり決まると
身体にしっかりと吸い付く様な感覚が出てくると思います。
硬さが残る感じも良いですし、柔らかさが出てくるとまた違った良さを感じとって頂けるはずです。
これから更に季節が進んで、カットソー1枚で過ごせる頃にはバッグや小物でアクセントを入れると物足りなさを埋めてくれますし
少しくたっとなったキャンバスは、洋服をより惹きたててくれると思います。
夏の季節に似合うバッグになるのではないでしょうか。

3月13日


TEMBEA    PAPER TOTE LOGO

color       BLACK/BLACK  

price       10800+TAX

SIZE       29×35.5×11


color       NATURAL  


TEMBEAのLOGOシリーズより新たにリリースされた″PAPER TOTE″が並んでいます。
お店でお買い物をした際に商品を入れてお渡しする手提げ袋を、イメージさせるバッグ。
紙袋の様ですが、素材は帆布。素材感と形のギャップというか、今まで展開した事のあるLOGOシリーズの
モデルとは、また少し異なる空気感を持ったバッグの様にも感じています。
というのも、TEMBEAのアイテムは使う目的や、入れる物が決まっている事が前提に合って、そこからオリジナルで
デザインを考えて作られているものが殆どなので、今回のPAPER TOTEの様に元々既製品としてある形を、
デザインソースにしているものというのがあなり無いからこそ、見慣れたカタチなのに、なんだか真新しくも感じて、
不思議な感覚になるのです。馴染みある物だけれど、でもやっぱりなんだか別物。という違和感。
底のデザインもきちんと張り合わせたような仕様になっています。こういう細かな部分がより想像を
掻き立てる要素にもなりますし、細やかさで遊び心を感じさせるのがTEMBEAのニクイところだと思います。


縦長サイズは、ノートや雑誌、チラシなどなどが、すっぽり入る万能サイズ。
持ち手は華奢な牛革で、内側でくるんと結んでいるところも、まさに紙袋仕様。
畳むと底のマチも、両端もぺたんっと薄くなるので、使わない時にも場所を取らずに収納できます。
サブバッグとして、さっと持って出掛けられるようにデスク周りに引っ掛けておいたりしても良さそうです。


LOGOシリーズに関しては、底や全体の形が丸みを帯びたものを今まではよく展開していて、
どこか柔らかな印象のものが多かったので、かくかくっとした形は持った時の印象もシャープになりますね。
服のデザインや色のイメージと組み合わせて、持って頂くと形の面白さも際立つかと思います。


大きな変化ではなく、小さな変化をし続ける事で毎回見る人を飽きさせないTEMBEAの物作りには
発想の柔軟さやユーモアセンスを感じずにはいられませんし、人と物とがとても気持ち良くいられる距離感を
保ちながら、進化し続けている様に感じています。遠すぎず近すぎず。
手が届くか届かないか、適度にドキドキもする範囲内にいてくれる感じがします。
それは自分達にとっても良い刺激を与え続けてくれていますし、自分達もセレクトする際に店内の様子や
足を運んで下さる方の事を想い浮かべながら、その時の気分で選んでいるので、毎回並べる時も新鮮で
楽しみながら提案出来るので、それが手にする方にも共感して頂けたら嬉しいなと思っています。

TEMBEA    MARCO BAG

color       NATURAL  

price       13800+TAX

SIZE       21×31.5×12


color       BLACK/BLACK SOLD

color       GREY SOLD


もう一型は、毎回店内に並ぶとその形・サイズに良い反応をいただく機会が多いMARCO BAG。
今回は、ナチュラル・ブラック・グレーの三色が揃っています。
ショルダータイプで三段階の長さ調整も可能となっていますので、男女問わずお持ち頂けるモデルです。


″牛乳とパンをいれるためのバッグ″
というだけあって、お出掛けに必要な最低限の荷物がしっかり入る容量があるのが良いです。
ZIPではなくスナップボタンでの開け閉めなのも、もちろん好みはそれぞれ分かれるかもしれませんが
丸見えでは無い安心感と、比較的すぐ中の物も取り出せる便利さ。
がっちりではなく、適度な機能性が使い易かったりもしますね。


あと一段階ショルダーの長さを伸ばせますが、男性でも斜め掛け可能です。
さらっとカットソー、シャツ一枚で過ごせる様な季節になったら、バッグも軽やかにしてみては如何でしょう。
近づく春の足音に耳を傾けたり、もう少し先の爽やかな新緑の季節をイメージしてみたり。
やっと店内も春を感じる服や小物が充実してきましたし、少し前に感じたまだ早いかな・・・という気分は
漸く無くなり、並ぶ品々を見てると自然とウキウキワクワクしてくるので、季節と気分が近づいてきた証拠です。
昨日ご来店くださったお客様からも、そんな空気を感じ取りました。
は、忘れていましたが、明日はホワイトデーですね。ギフトにもお勧めのバッグです。
ホワイトデー抜きにしても、男女関係なくお使いいただけるバッグですので、ぜひ。

2月24日

すーっと冷たい空気の中に、ふわりと混ざり込んだ春の匂いを、確かに感じたはずだったのに。
もうその匂いもすっかりリセットされてしまって、再び目の前に現れたのは真っ白な銀世界。
言葉を無くすも、きっとこの雪もすぐに雨に変わり、夜にはツルツルの道路を作るのだろうなと思ったのが
昨日のこと。やはり本日見事にツルツルの路面が完成、外出の際はご注意くださいね。
この不安定な気候に幾度となく滅入りそうになる中、なんとか気分を盛り立ててくれるもの。
それは何と言っても各方面から届く春の新しい品々。それを心待ちにしていらして下さるお客様。
これに尽きるなぁと心身に染み渡るように実感しています。
一月末に5年の節目を迎えるという事も微かに頭の片隅に置きつつ、春夏のオーダーを考えていた時に
思い浮かんだバッグがありました。イベントなどはするつもりは無かったのですが、何かほんの少しでも
思い出に残る物をお届けできたらいいな・・・と、楽しみにしていたそれが、届いています。

TEMBEA    CD TOTE LONG

color       NATURAL × NAVY  

price       10800+TAX

SIZE       32×19×14

color       GREY × DK NAVY SOLD

color       NAVY × LT GREEN

color       BLACK × BLACK

color       NATURAL × NATURAL SOLD


TEMBEAの「CD TOTE LONG」
3年程前になるでしょうか。あまり見ない横長の形で取り出し口にはZIPが付き、中の物も見やすく、
出し入れもし易い、実用性も備えたバッグは、個人的にとても好きで、何度か店頭に並んだモデル。
その後TEMBEAでは展開されなくなったのと同時に、お客様から、あの形はもう入荷しないのですか?と
お問い合わせ頂く機会が何度かあり、その時はまた作られたらオーダーしようと思っていましたが、
その機会はなかなか訪れず、何となく聞いてみると、現状では再生産する予定はないですかねぇ・・・
という事で、ならば!と思い立って、このひっそり5周年に託けて、rasiku別注として生産をお願いしました。
快く対応して下さったTEMBEAの皆様、いつも有難うございます。


CDが綺麗に収まるサイズのバッグとして、現在も展開のあるCD TOTEの横長バージョン。
蓋にZIPが付くという点も、TEMBEAの数あるモデルの中では意外と珍しく数えるぐらいだったりもしますし、
高さもそこまで無いように見せて、本体よりも少し高さが出せるようになっているため、
使って下さる方から、意外と容量がある!とお墨付きいただいたこのバッグ。
自分たちが良いと思って選んだものを、良いと思って選んで下さった方が、また改めて直接声にして
届けていただけることは、いつだって嬉しいですし、力になります。
その声に背中を押してもらい、今回特別に作ってもらう事を決めたバッグでもあります。


その名目通りにCDを入れて、お部屋や車の中に積んでおいても良いなと思いますし
ちょっとした道具入れなどにも活用出来そうな気もします。
何と言うか、バッグではあるけれど、何か物を収納するのに何とも丁度良いサイズ感なんです。
よく分からないかもしれませんが、見ると何となく分かっていただける。かもしれません。
お弁当用のバッグにしても良いと思います。横長のお弁当も、少し高さのあるお弁当も入ります。
おやつを入れるぐらいの余裕もありますし。
持ち手が少しだけ長い設定なのも良くて、以前展開した際には女性の方が選ばれることが多かったのですが
今回は5色の色目も含めて、女性だけでは無く男性が使っても良いように選びました。
形自体も、大き過ぎず小さ過ぎずなので、男女問わずにお選びいただけると嬉しいです。


TEMBEAでもここ数シーズン定番では作っていないカラーですが、リリースされると人気の高い″NATURAL×NATURAL″
色の主張がなくフラットな見た目は、持つ人によってイメージが変わるため、選ぶ方の服装も雰囲気も様々です。
冬のキラキラと澄んだ白さの中でも、春の陽の光が柔らかに照らす景色の中でも、どちらの季節にも似合う
白に近い生成色のバッグ。


白以外ですと割とくすんだ色の服が好きで、普段はっきりした色や柄のものを持つ事は多くなく、
唯一靴下だけは抵抗なく色々冒険できるアイテムでした。バッグに関しては、TEMBEAのPRINTシリーズは
展開してますが、ベーシックラインでは定番の配色を選ぶ事が殆どでした。
今回一色ぐらいは挿し色が欲しいなと思っていたので、NAVY × LT GREEN をチョイスしました。
自分のワードローブに無かった色が増えるというのは、初めはすこし緊張しますが、とても楽しい。
服と人と組み合わさる事で、見方も変わるのだなぁっと素直に思いました。


こちらも定番色ではなくシーズンカラーですが、出ると決まって毎回オーダーする、GREY × DK NAVY
いつ見ても良い配色です。地味に効いてくる良い色。
実はこの配色を見ると、ぱっと浮かぶ方がいるのですが、色も不思議とテーマカラーの様にふと記憶に残って、
誰かやある風景や場面を思い出したり、時には元気にしてくれる色だったり、落ち着く色だったり、
様々な効果を与えてくれたりもしますね。お気に入りの香りの様に。
このバッグが私達にとっては特別に作っていただいたバッグとなった様に、選んで下さった方にとって
良い記憶の欠片となる様な、普段使いから旅などにも気に入って持って貰える様な欠かす事の出来ない
存在になって貰えたら嬉しいなと思います。

1月24日

IMG_2330
TEMBEA    CLUB TOTE XS LOGO

color       NATURAL     /     BLACK  

price       15800+TAX

SIZE       23×30×12
IMG_2336

IMG_2334
rasikuでも定期的に展開しているTEMBEAのLOGOシリーズより ″CLUB TOTE″
新たに小振りなサイズのX-SMALLが新作としてリリースされました。
CLUB TOTEというモデルに関しては、ベーシックラインや天然染めラインの方で何度も展開していますし、
個人的にも愛用しているモデルでもありますが、キャンバス×レザーのコンビにさり気ないけれどポイントのTEMBEAのロゴ。
根っこは一緒でもまったく違ったバッグの印象に変わる分、心擽られてしまうのも仕方ないなと思います。
TEMBEAの物作りの巧さはこういった軽やかで繊細な視野の広げ方にも表れているなと、いつも感じます。
IMG_2331

IMG_2356
レザーのハンドルと取り外しも出来るショルダー。
2way仕様な点は他のCLUB TOTEも一緒ですが、ショルダーの取り外しが出来るのはこのLOGOシリーズだけですので
CLUB TOTEを持っていても、LOGOシリーズの別のモデルを持っていても、欲しくなってしまうのがニクイです。
IMG_2344

IMG_2338
サイズ的には女性が持ち易いと思います。
ショルダーの長さ調整は出来ず、長さもそこまで長くないので襷がけはギリギリ出来るかどうか。
小柄な方であれば問題ないかもしれませんが、肩に掛けるかハンドルを持つかのどちらかになると思います。
沢山の荷物が入る大きさでは無いのですが、バッグは小振りなのが良くても、財布が大き目・・・
貴重品にプラス@で、文庫本や手帳をぽんっと忍ばせたい・・・なんていう方に良いサイズ感かなと想像します。
お色は優しい印象のNATURALにヌメのレザーと、ロゴが目立たずシャープな印象になるBLACKにブラックレザーのワントーン。
お洋服との組み合わせも困らずに、さっと服に馴染む二色を展開しています。
IMG_2250

IMG_2252

IMG_2258
TEMBEA特有のデザインや纏う空気はあるものの、いざそのバッグがその人のスタイルの一部になると
強い主張をしないのがTEMBEAの良さであると思います。
持つ人の色になり、持つ人の雰囲気にそっと寄り添うような。
ですので、良さを惹き出すのも自分達次第なのだなとも思わせられるバッグだったりもします。
IMG_2271

IMG_2272

IMG_2268
寒い日が続くので、春物が届きましたといっても装いを軽やかにとはまだいかない北国の冬。
雪の降る日以外は靴をスニーカーにしたりで、何となく気分的にも軽快になれるようにと変化を
自分でも無意識にどこかに取り入れている様です。
キャンバスのバッグはほぼ年中無休で使っています。構造上蓋が締まらない(無い)ので、雪の日は
ちょっと気になるかもしれませんが、重たい着こなしに一呼吸付きたい日などは、
バッグを変えてみるのはお勧めです。
特にLOGOシリーズは女性にお選びいただく機会が多いので、さらっと贈物にも如何でしょうか。
IMG_2361
TEMBEA    MARCO BAG

color       BLACK/black  

price       13800+TAX

SIZE       21×31.5×12 SOLD

IMG_2362

IMG_2364
もう一型ご紹介するのは、あのバッグと言ってしまっても良いぐらい、何度目かの展開となる
″MARCO BAG″ パンと牛乳を持ち運ぶ為のバッグ・・・というTEMBEAならではの遊び心が詰まったバッグ。
サイズ感としてはほぼほぼ先にご紹介した、CLUB TOTE XS と変わらない大きさになりますが
蓋がスナップ釦で閉じる仕様になっているので、釦を留める場合は入れる荷物も限られてくる様に思います。
IMG_2368

IMG_2371
両サイドで長さの調節が可能なので、襷がけも難なく・・・と言いたいところですが、
ショルダーにしてもそこまで長くは設定していないので、こちらも女性が持つ方が多いモデルになります。
もちろん男性がお選び頂いても良いですし、家の壁に引っ掛けてちょっとディスプレイの様に
お使い頂くのも素敵かなと思います。
IMG_2379

IMG_2382
レザーもキャンバスも使っていくと風合いが増していく経年変化の楽しみな素材です。
どちらも使いはじめの時よりも、くったりと馴染んできた頃の方が持った時もサマになる様な気がします。
TEMBEAのバッグを初めて使った時から変わらずに思う事は、柔らかさの中にもしっかりと頑丈さを
兼ね備えているというところ。デザインに偏ることなく、耐久性に関してもある程度馴染んできた頃が
スタートで、そこからの状態の良さというのか、型崩れせずに、雰囲気の良さが継続する点だったり、
決してそこを全面的にアピールする訳でも無いけれど、使うと分かる良さ。
それだけが全てでは無いですが、長く変わらずに選ばれ続け、愛されるモノに共通することでもある。
という事を、改めて実感するプロダクトだと思います。
IMG_2283

IMG_2293

IMG_2300

IMG_2304

IMG_2311

IMG_2312
MARCO BAGは現在残すところ一色で、BLACK/blackのみとなっております。
メンズライクな装いが多い方にも印象を変えずに、ほんの少し柔らかさを添えてくれる様な気もします。
ぴょこんと跳ねたレザー部分が、ちょっと可愛らしくもあり、ふと大人っぽくさも感じたり。
どのモデルにも言える事ですが、近すぎず遠すぎず、強弱も丁度良い加減で付き合えるバッグ。
そんな距離感だからこそ、世代も性別も問わずにお選び頂けるのだと思います。
新作と定番、どちらもおすすめです。

rasiku sasaki

1月9日

img_1514
TEMBEA    PARK CAP アジャスター

color       BEIGE  

price       5800+TAX

SIZE       F
img_1512
color      OLIVE SOLD
img_1520
TEMBEAから遊び心を感じるCAPが2型入荷しています。
TEMBEAは帆布を用いたバッグをメインに展開していますが、毎シーズン気の利いた帽子や小物を作っていて
特に帽子に関しては僕自身も毎シーズン購入して、TATAMIZEのワークキャップと共にほぼ毎日愛用しています。
今シーズンは程良い厚みのコットンパラフィンを用いた6枚剥ぎのBASEBALL CAPが目に留まり、
くすんだ色目が好みだったので″ベージュ・オリーブ″の2色を展開しています。
クラシックなスタイルの一か所にハズシで合わせるのも良いですし、スポーティーなブルゾンやジャケットなどずばりと言った
服装と組み合わせて被るのもお勧めです。
帽子の後ろ側にアジャスターが付きますので、頭のサイズも然程関係なく、幅広く被って頂けると思います。
新品のぱりっとした状態も良いですが、何度か洗って生地が馴染んでくるとより雰囲気は良くなって
その頃には自分なりの被り方やコツがきっと掴めているはずです。
img_1524

img_1522
帽子を被った際の深さは浅すぎずで、ツバの長さが絶妙に感じます。
被る角度を浅目にすると野暮ったく見え過ぎずに、顔がすっきりと見える印象を受けます。
img_1526

img_1530
帽子の裏側は綺麗にパイピングされており、ツバの裏側はネイビーで色が切り替えられています。
アジャスターは金具で簡単に調整が可能です。
img_1481

img_1484

img_1494

img_1493
帽子は被り慣れれば、その人のアイコンにもなったりするので面白いアイテムだなと思っているのですが
普段被らない人や抵抗がある方からすると、試着も抵抗が在ったりするかもしれません。
何かきっかけであったり、トライしてみようかなと思ってもらえたらなと、帽子は色々と展開しています。
僕自身も学生時代に帽子を毎日嫌という程被っていたので、数年前までは一切被り物をしていなかったのですが、
TATAMIZEのワークキャップに出会い、1つの帽子がどうしても似合う様になりたいと思って被り始めてからは、少しずつ
他の帽子も被れるようになってきました。
勿論合う合わないはあると思いますが、TEMBEAの作る帽子は表情が硬くなり過ぎずに柔軟さがあって
比較的馴染みやすいと思って展開をしています。幾つかTEMBEAの帽子を持っていますが、何度か被って洗ってを
繰り返していくうちに生地が馴染んでしっくりくる物が多い様に感じます。
最近は少し浸透してきたのか、一度購入された方がリピートして下さることも増えてきました。
被っていて、なんか良かったから・・・と言って頂けると、僕等も嬉しくなりますね。
img_1542
TEMBEA    PARK CAP ゴム

color       CHARCOAL  

price       6500+TAX

SIZE       F

img_1544
color       NAVY×CHARCOAL SOLD
img_1546
color       CHARCOAL×GREY
img_1548

img_1550
昨シーズンも展開していたモデル″PARK CAP”ですが、カタチ自体は殆ど変えずにゴムのアジャスターを付ける事によって
今までよりも更に被り心地の良いフィッティングを実現しています。
素材は目がしっかりと詰まったWOOL100%。単色とツバで切替した2TONEを展開しています。
アジャストする為のゴムが付きましたので、サイズ感に関しては大よそですが頭周りが58CMくらいから60CMくらいの方が
ストレス無く心地よく被って頂けると思います。ウール素材なので当然ですが保温性も高く、暖かな見た目もアクセントになるので
男性・女性に関係なく試して頂きたいです。小物で季節感を出すのも洋服を楽しむ為の1つの方法だと思います。
img_1552

img_1554

img_1556
内側はコットンパラフィン同様にコットンに生地で綺麗にパイピング処理されています。
カタチはクセがなくプレーンなイメージですが、被る人にとっての空白というか自分自身で何とかしなければならない
帽子だと思っています。被って直ぐには馴染まないと言うのか・・・被り方や合わせ方をイメージして身に付ける、
その遠回り感が好みで、ブランドロゴや分かり易い何かがある訳ではない部分に惹かれています。
帽子がウールなのでコートやジャケットをコットン素材で組み合わせてみるのも変化が付けられますし、自分なりのイメージを持って
楽しみながら被って頂けたらと思っています。
img_1496

img_1500

img_1503

img_1509
帽子は本人が被りたいと思わない限り、似合ってくる事も板に付く事もないと思っています。
rasikuではワークキャップを中心に展開をしていますが、購入された方を見ていると少しずつですが時間を掛けて
自分なりの落としどころを見つけているように感じています。顔に近いアイテムということもあって髪型なども
影響しますし、見慣れるまでの時間も洋服以上に必要だと思います。
それでも、いつしか被らずにはいられない・・・となるくらい好きになってしまう可能性も
あるのだから、人ってどこで変わるか分からないですし、そこが面白いですね。
やっぱり良いなと思わせてくれるTEMBEAの帽子。少量での入荷ですので、是非店頭でお試しください。
rasiku  sasaki

PageTOP