1月10日


TEMBEA   BAGUETTE TOTE

color     藍渋 

price     18500+tax

SIZE     24.5×42×13 SOLD


TEMBEAの染めシリーズのバッグは、お取り扱いをはじめてから毎シーズン欠かさずに展開をしてきました。
染めシリーズと言ってもずっと同じものを展開している訳ではなく、その時々でラインナップが変わったりも
しているのですが、いつもどういう訳か気にならずにはいられない。必ず良い!と思うものに出逢ってしまいます。
今シーズン新たに新色としてリリースされたのが「藍渋」
通常のインディゴ染めに比べると一層深みのある色合いで、店頭に並べているだけでもその明るいとも暗いとも
言えない、不思議な色は一際存在感を放っています。
染め上げる前のイメージとして「エメラルドグリーン」という色を表現する為に、先ずはインディゴでしっかりと
紺色に染め上げます。そこから更に柿渋染めを施す事で、奥行きと渋みが増したブルーへと変化を遂げています。
今時期からでも活躍するバッグですが、もう少し気温が上がって白のシャツが気持ち良く着れる時期などに
合わせて持ったら素敵だろうと想像を掻き立てられるカラー。


光の当たり方によって、色の見え方も違う。青が強いときもあれば、柿渋の茶色がはっきり見えるときも。
染めているから惹かれるという訳でもないのですが、帆布のフレンドリーな印象だったりカジュアルな雰囲気が
染色されることによって知らなかった帆布の顔に気付く・・・のが好きなのかもしれません。


TEMBEAの代表格とも言える、BAGUETTE TOTEは唯一無二の形だなと、今までもこれからも手に取る度に
そして使うたびに感嘆の声を漏らすのだろうと思います。
真ん中より少しずれた位置に設けられたワンハンドル。
はじめて見る方はなぜ?と不思議そうにされますが、実際に肩に掛けていただくと、身体とバッグの納まり具合や
持ち方までもが自然にすっと使っていたバッグかのように馴染むというのを実感できます。


自分達もサイズ違いで幾つか使っていますが、季節が進み服装が軽やかになればなる程合わせたくなるバッグで、
シャツやカットソー1枚で出掛けられる様な時には無意識で選んでしまっていたりします。
蓋やZIPなども付かないシンプルな佇まいだからこそ、気兼ねなくどんな場所へも持ち歩きたくなり
目的もなくプラプラ歩くのにも軽やかで良いですし、途中で野菜など見つけて買ったりしても容量はばっちり。
ポケットもつかないので、必要な方はポーチで中のものを小分けしたり、お気に入りのハンカチや手拭で
目隠ししたりと好きに工夫していただけたら。
機能性が最低限でも、持つ人の考え方と使い方次第で、その物がより素敵に活き活きと見えたりしますし
日常生活の中で道具の様な役割を果たしてくれる存在になって貰えたら嬉しいですね。

TEMBEA   CLUB TOTE MEDIUM

color     藍渋

price     24500+tax

SIZE     37×35.5×17 SOLD


同じ色目でもう一型オーダーしたのは、より容量の大きな2WAY仕様の”CLUB TOTE MEDIUM”
こちらもrasikuでは欠かさずに展開し続けているモデルです。
ZIPなどのパーツは使用せずに、シンプルかつミニマムに設計をされたハンドル・トートバッグ。
肩に斜め掛けした時の長さが絶妙で、アジャスターはあえて付けずに全体の納まりを優先した作りになっています。
外ポケットは1つ付きますが、インナーなどに吊りポケット類は一切なく、モノを入れて運ぶという事に特化していて
もしかすると使い始めは少し不便かなとも思う方もいらっしゃるかもしれません。
機能的なバッグはそれはそれで良さがあるのですが、それとは逆にシンプルな作りのバッグは自分自身で中を埋める楽しさを
感じて頂けるはずです。どちらに偏るでもなく、その都度使い分けが出来るのがベストだと思います。


ハンドルの長さはコートを着て持つと、肩に掛けるのは難しいです。
Tシャツやシャツ1枚でしたら問題なく肩掛けが可能。
見た目の大きさはありますが、あまりに荷物を入れ過ぎてしまうと上部に蓋がある訳ではないので防犯面で気になって
しまうかもしれませんので、程ほどに入れて使う事をお勧めします。


バッグ自体だけみると存在感抜群ですが、洋服と合わせてみると、また少し違った印象に映るのではないでしょうか。
rasikuでも染物シリーズは人気の高いアイテムで、モノとしての美しさに惹かれる方が多いように思います。
プロダクトとして量産される冷たさと、人の手を介して染められるバッグの交差する部分に僕自身も魅力を感じますし
TEMBEAのバッグは使い続ける事でより一層風合いも増しますし、更に良さが際立ってくるのではないでしょうか。
春先が似合うと散々書きましたが、案外、冬の寒い時期に持つ帆布のバッグも良いものです。ぜひ。

1月4日


TEMBEA   DAILY PACK

color     RED

price     16500+tax

SIZE     35×40×15

color     DK-KHAKI

color     LT-GREEN


街はいつになく穏やかで静かな様子ではありますが、お運びいただきありがとうございます。
今日からまたマイペースにBLOGを書き留めていこうと思います。
お店に並ぶ服やバッグ・靴などのことから、盛岡の街のこと、自分達がここで過ごし日々感じていること
旅の思い出など自由気ままに記していますが、もし見てくださった方にとって何かを感じたり、思い思いに
イメージが広がる様なことなどがあれば嬉しく思います。お時間がある時にご覧くださいませ。
TEMBEAの新作でリリースされたバックパックは、日常使いに適したデザインと通常よりも軽い帆布素材(11号)を
用いる事により全体の仕上がりがとても軽やか。内側に撥水性を持たせたPVCを組み合わせる事で、帆布の唯一の弱点とも
言える水の侵入を防いでくれる役割を果たし天然素材に機能性を融合したハイブリットなリュックに仕上げています。
ハイスペックで高機能な素材はそれはそれで素敵ですし、それとはまた違うTEMBEAらしいローテクの匂いが漂う作りが
好みで日常生活に寄り添ってくれる様な雰囲気が良いなと感じています。
色目も鮮やかな色を中心に選びましたので、ダークトーンになりがちな今の季節にはっきりした色を取り入れるもよし。
また今から待ち焦がれる「春」へ向けて、少しずつ少しずつ気分を高めていくのは如何でしょうか。


メインポケットとサブポケットの2つの収納のみで、内側に吊りポケットなどは配さず最小限の機能に抑えた作り。
ジップは2つの取手が付くので、カバッと大きく口を開けて中の荷物の出し入れがスムーズなのが特徴。
様々なブランドからこの手のデイパックはリリースされますが、それだけ完成されたデザインなのだと思いますし、
その分どういったところで差別化するかが鍵となるので、色々見比べるのも面白いのではないかと思います。
TEMBEAでは過去に何度かリリースしていましたが、定番で作り続けているという訳ではないので、久し振りに
ラインナップに加わりました。
素材を一新することでバッグ自体の軽さと雨や雪の日にも躊躇せずに持てる事が、より使い勝手の良さにも繋がり、
まさにデイリーに気兼ねなく使えるバッグとして色や素材感も、今の気分にぴったりだったのでオーダーしました。


王道とも言えるデザインのリュックをセレクトした理由として”カラーリング”に惹かれました。
その中でもこの”LT-GREEN”の目が覚める様な発色。気がつくとこのカラーに目が留まっている自分がいます。
この色を取り入れるだけで元気が出そうな雰囲気があります。
洋服に明るい色を取り入れるのは難しいという方にも、バッグや小物類であれば多少ハードルは低くなるはず。
定番色の合わせ易さも勿論理解できますが、色を取り入れたコーディネートも試してみると、今まで自分では
気付かなかった意外な一面が見えてくるかもしれませんし、一つの方向や考え方に偏り過ぎないのも大切かなと
思うようになりましたし、自分でも想像が出来ないような物ほど案外時間が経つとしっくりきたりするものです。


リュックの一番のメリットとして、両手が空くので旅をしたり自転車に乗ったりするのには最も適したアイテムで
個人的にも昔から好きで様々な素材とデザインを集めていて、行く場所や泊数などに応じて大きさを使い分けています。
その中でもデイパック型と呼ばれるデザインは飽きがき難いなと改めて実感していますし、無理と無駄の無い究極に
ミニマムな作りが使っていても身に沁みますし、間違いなく長く付き合えるバッグになってくれるはずです。


発色の良い”RED”も気になるカラー。
男性・女性に関係なくどちらが持っても大きすぎず・小さすぎずで丁度良い大きさに思います。
写真では少し暗く映っていますが、実際はもっとはっきりとした色目です。


盛岡の春はまだまだ先の先。
季節を問わないアイテムはいつ手にしても良いと思うのですが、店内はしっかりと暖かな素材の冬物が並ぶ中にも
さり気なく届きたての服や小物も展開したりしておりますので、ゆっくりと見て頂けたらと思います。
気候変動しているなかで、正しい時期にしっかりとその季節ならではの衣類の展開が出来ているようにも感じます。
焦らずにご自身のワードローブに足してゆきたいものをお探しの方に足をお運び頂ければと思っています。
TEMBEAのバッグも、冬物の衣類もどちらも同じくらいにお勧めです。
明日5日(日曜日)までは17時閉店となりますので、お間違いの無いようにご来店をお待ち致しております。

12月3日


TEMBEA   BAGUETTE TOTE MINI

color     SHEEP

price     9000+tax

SIZE     15×25×9 SOLD

思いのほか九州の旅BLOGが長編になってしまい、気付けばなんと師走に突入してるではないですか。
九州に行った日から一週間。もうそんなに経ったのかと春のようだった気候を思い出しながらも、
そろそろ頭も身体も盛岡モードに切り替えないと風邪も引きそうな寒さなので、色々シャキッと引き締めて。
12月はきっと一瞬で目の前を駆け抜けてゆくのだろうと思います。
今シーズンの入荷はほぼほぼ完納してはいますが、イレギュラーにちょろちょろと届くものもあったりなかったり。
時折覗いていただけると、面白いかと思います。
毎年の事ながらクリスマスギフト向けに何かというのは、あまり無いお店ですが、TEMBEAのプリントシリーズの
新しいプリント”SHEEP”や人気の柄の”DOG”と”CAT”はちょっとした贈り物に喜んでいただけるのではと思います。


見るからに暖かそうなモフモフのウールに身を包んだ様々な種類の羊達の群れ。
子羊を連れた親子の羊もいますし、じっくり見ると羊ではなく、羊を追う牧羊犬も紛れていますね。
TEMBEAのプリントに描かれた動物はキャラクター色が強くなく、SHEEPに関して言えばモノトーンで
図鑑のような印象だったり、表情もどこか覇気がないというのかlowで静かな感じなのも良いなと思います。
なのでダークトーンの服に合わせて持つとプリントも主張しすぎず、案外遠めだと柄も分からないぐらいです。
控えめながらも、ふと目を向けるとそこには絶妙にツボを押さえた動物がいる・・・という所がポイント。
プリントシリーズをはじめTEMBEAのバッグの良さは、選んで下さる方が、それぞれどんなタイミングやシーンで
持ちたいかなどがしっかりとあって、そういったエピソードを時折聞けたりするのも嬉しいことだったりします。

color     DOG


color     CAT

定期的に店頭に並ぶDOGとCAT。リリースされる時期が異なるので両方揃っているのは珍しいかもしれません。
リニューアル前はSHEEP同様にモノトーンでしたが、犬と猫らしい動きが加わりそれぞれのイメージを表すような
色が足されると、それはそれで可愛さが増して見ているだけでも堪らなくなります。
この二柄は圧倒的にどちらかを飼われている方が選ばれることが多いですが、動物好きな方へのギフトとしても
TEMBEAのバッグの気の利いたデザインも併せて喜んでいただけるとのことで、お世話になった方への贈り物の
選択肢のひとつとしてお選びいただくのは如何でしょうか。


代表的なモデルでもあるBAGUETTE TOTEの一番小さなサイズは、肩に掛ける事は出来ないですが
最小限の荷物を持って出歩くのに丁度良いミニ具合。貴重品だけを入れてさっと買い物に行ったり
歯医者や病院など待ち時間が長い時に、お財布と本だけ入れて持って行ったりなどなど。
小さいですが、持ち歩き用に限らず細々したモノを収納して部屋のフックに掛けてディスプレイしたり
何かと様々な場面に活用できる万能バッグになるのではと思います。

TEMBEA   POCHETTE LARGE

color     SHEEP

price     8500+tax

SIZE     20×17.5×10

color     SKI


新型のPOCHETTE LARGEは、従来のモデル”POCHETTE”のサイズを一回り大きくしたモデル。
TEMBEAがリリースしている長財布などが入るような小さ目ながらも少し容量増えました!な仕様になっています。
ショルダーの調整は出来ないですが、TEMBEAのショルダーバッグはそこまで長い設定ではなくやや短めなので
掛けた時にも、そこまで長さを気にせずにお持ちいただけると思います。
取り出し口はZIPが付きます。さらに細い持ち手も付いたので、よりバッグとしての見た目と機能性が
強くなったポシェット。そしてサイズが大きくなった分、物の出し入れもし易くなったと思いますので、
お使いの財布のサイズや手荷物の量などで小さいサイズのバッグが合わない・・・となっていた方には、
POCHETTE LARGEをお試しになっていただけたら。


柄は”SHEEP”と、何度かこの季節に展開したことのある”SKI”が配色を変えて再登場です。
本体の色がネイビーで相変わらずのグラグラ、転倒、ハの字型ほのぼのスキーヤー達は白一色に。
色の雰囲気ががらりと変わったので、既にお持ちの方にも形違いでついお勧めしたくなるほど
今回のSKI柄も見れば見る程に、気が抜けてて良いなぁと思う次第です。
どうぞ新しいTEMBEAのプリントシリーズをお見逃しなく!

9月12日


TEMBEA   DELIVERY TOTE

color     BLACK×BLACK

price     16000+TAX

SIZE      21×31.5×21


毎シーズン、的確なツボを押さえてくるTEMBEAのオリジナルのプリントシリーズとはまた別の、
様々なアーティストの方とのコラボレーションにより作製されるプリントシリーズ。
過去にもHIMAAさんやNoritakeさんといったアーティストの方によってユーモラスに描かれた柄は
普段のTEMBEAの空気感とも当然違ったエッセンスが含まれていて、それでいてぴたっと其々の呼吸が
合っているので、TEMBEAっぽく無さとTEMBEAっぽさの塩梅の良さに毎回巧いなぁと引き込まれてしまうのです。

今回のコラボレーションアイテムのグラフィティを描いたアーティストは「MOGNO.6」の内田洋一郎さん。
内田さんは福岡で原種の蘭を中心に扱うお店「PLACER WORKSHOP」のオーナーでもあって、福岡に行った際に
お店に足を運んだこともあり、rasikuに並ぶ他のブランドとのコラボレーションアイテムを作られていたりと
多岐に活躍されている方なので、展示会場でぱっと目に入った見覚えのある「TEMBEA」の字体とTEMBEAのバッグ。
あまりの組み合わせの良さに、今回もまた一瞬にしてオーダーが決まってしまったのは言うまでもありませんね。

color     GREY×WHITE


今回展開されたモデルは二型のみで、その一つが安定して女性に人気の”DELIVERY TOTE”
短いレザーの持ち手と帆布とのコンビ。見た目に反して意外としっかりと容量もあるので
普段の持ち物を制限せずに持ち歩くことが出来るのも、DELIVERY TOTEが選ばれ続けている理由です。
rasikuでは女性の方にお選びいただく機会が多いですが、形自体はシンプルなトートバッグなので
男性が持つのにも、そこまで大きいサイズは必要ないという方にでしたら使い易いのでお勧めです。
マチがしっかりあるのでお弁当や水筒を入れたりするのにも丁度良い大きさだったり、これだけ暑いと
ハンカチでは足りずタオルを持ち歩いたり、秋冬にはストールを入れておいたりと、ほんの少しだけ
荷物が増えた際にも対応の利く、適度に収納力があるバッグ。


お色は、持ち手のレザー・帆布・プリントの色まで全て統一してワントーンに抑えることで
総柄でもクールな印象のBLACK×BLACKと、配色の組み合わせが洋服にも合わせ易く、グラフィティの
プリントがコーディネートのアクセントにもなってくれるGREY×WHITEの二色。
どちらも甲乙つけがたい万能カラーなので迷いますが、実際に洋服に合わせて持った際の印象の違いが
はっきりしているので、ぜひご自身のワードローブを思い浮かべながらお選びいただけたらと思います。

一枚で着られる期間が短いふわふわの気持ち良いグレーのスウェットに、形の良いチノパン。
GREY×WHITEのトートバッグの色に合わせて、足元も生成かグレーのスニーカーを。
爽やかな風が吹く秋晴れの日の服装。

TEMBEA   BAGUETTE TOTE LOGO

color     GREY×WHITE

price     15000+TAX

SIZE      23×37×14


もう一つのモデルが”BAGUETTE TOTE LOGO”
このモデルも何度か展開したことがありますが、TEMBEAの代表作でもあるBAGUETTE TOTEは
BASICシリーズの方を選ぶことが多いので、レザーハンドルのこの形は久しぶりに並んだ気もします。
バゲットを入れる為のバッグとしてデザインされたワンハンドルの肩掛けバッグ。
ハンドルが中心ではなくほんの少しずらした位置に設定する事で、肩に背負った際の持ち手と脇の間に
バッグの口の部分がぽふっと収まる感覚は、なんとも表現しがたいのですが、持ち易いという感覚とも違い
凄く安定感があります。そしてバッグを持った人を客観的に見た時に佇まいの良さを感じます。
何度もここにも書いていたり、店頭でもお話しするのがTEMBEAは店頭で見てもとても良いバッグなんですが
実際に使っている人の姿を見て、なんか良い雰囲気だなと思う事が本当に多いのです。

color     BLACK×BLACK


BAGUETTE TOTEに関しては、実際に自分達も夫婦で兼用で使えるので、サイズ違いや色違いなどなど
いつの間にか増えていて、普段使いから旅行の際のサブバッグとしてなど色んな場面で活躍しています。
TEMBEAのバッグのラインナップは実に幅広く、素材に関しても帆布以外も多く展開しているのですが
どこを切り取っても一貫しているのが程よい距離感で、遠すぎず近すぎずなでいつの間にか使う人の
生活に馴染んでいる様なところがあるので、気付けば身の回りにTEMBEAが増えていた!なんて事も。
素材に関しても、繊維が長く均一なコーマ糸を使用することでするりとした質感と光沢を纏った生地は
使い続けてもくたくたっと柔らかくなり過ぎず、しっかりと自立する耐久性も備えています。
TEMBEAの引き出しの多さは、先ず帆布そのもののクオリティがしっかりしているからこそ成り立っていて
デザインがより良く見える理由もそこにあるのではないかなと思います。


描かれている文字を見ると「TEMBEA TOKYO」の羅列かと思いきや「TEMBEA KYOTO」の文字も。
全国に2店舗ある直営店の場所が描かれていて、軽い宣伝にもなっていたりするのかもしれませんね・・・(笑)
自分達は服装がベーシックでシンプルなものを好んで着てしまうので、何か足りないと思う部分をバッグや靴など
小物でアクセントを入れるスタイルが定着をしていて、ロゴの入ったバッグはガツンと刺激を与えてくれるはず。
これから秋冬のシーズンになると、服装のトーンが落ち着いてきますのでアクセントになるバッグは
コーディネートに良いスパイスを与えてくれるのではないでしょうか。
どちらの形も其々に良さがあります。是非ご覧頂きたいです。

7月15日


TEMBEA   PARK TOTE MESH

color     NEON GREEN

price     10500+TAX

SIZE     32.5×35×14 SOLD


今日は一面に青空が広がり、少しつよい風がすくすくと伸びたみどりを気持ちよく揺らしています。
ジジジジと、遊歩道を歩いているとあちこちから聞こえてくる虫の音を聞いていると夏休みの記憶を
思い出すような、そんな朝の通勤時間。
カラッと晴れた日は爽やかな服にテンションのあがるバッグを持って出掛けたいなと思って、この数年は
特にTEMBEAのPRINTシリーズの「スイカ」バッグを愛用しているのですが、もう一つお気に入りが増えました。
昨年に続き今年も展開しているMESHシリーズがとても良いです。
鮮やかなネオンカラーのメッシュ素材、恐らくぱっと見てTEMBEAのバッグだとは思わずに気付かない方が
多いのではないかとも思うのですが、今季はそんな小さな不安はかき消されるほど、この見た目と素材感を
気に入って選んで下さる方が多く、カラフルな色のバリエーションも僅かとなってきました。
メッシュ素材ならではの軽やかさと、見た目の涼しさは夏のさっぱりとした装いにもマッチしますし、
白いシャツやワンピースに合わせるとバキッと目立ち、良いアクセントにもなります。
カラフルな色目は持つだけで内にも外にもハッピーな気を飛ばしてくれる気がします。


メインの取り出し口は、開け閉めが気軽なマジックテープになっています。
素材とデザイン、どういったシーンで使うかのイメージによってパーツなど細かな部分もちゃんと
バランスよく構成されているTEMBEAのバッグ。だからこそ持った時にバッグだけが浮く事も無く、
持つ人にしっくり馴染むのだろうなと思います。
メッシュの涼し気で陽気な感じに、マジックテープのベリベリ音が良く似合います。


メッシュシリーズで一番容量のある″PARK TOTE″は、ワンショルダーとハンドルが付いてアクティブに
遊んだり、動きたい日にぴったりのバッグ。
海の日にちなんで!という訳ではなかったのですが、これから夏休みに入って海や川、プールに行ったり
公園で水遊びなど、家族や親せきで出掛けたりする機会などがある方もいるのでは。
実際に毎年家族で夏は海に行くんです。というお客様が選んで下さったり、濡れても気にせず使えるので
タオルと着替えを詰め込んで、貴重品はポーチなどで小分けにして意気揚々と出掛けていただきたいです。


キャンバス素材に比べて、コンパクトにまとまるので旅行用のサブバッグなどでお使いいただくのも◎
両手が空くショルダーバッグは、一つバッグに忍ばせてけば街をふらりと散策するときなどにも便利ですし
荷物が増えてしまった時にも役立ちます。
メインでもサブでも、どちらにしても使い道は使おうと思えばいくらでもあります。定番のモデルとは別で
こういった季節感のある小物は、取り入れるだけで気分が変わります。楽しくなります。
自分に似合うかに合わないか、今の生活で使うか使わないかもモノを選ぶ大事な基準のひとつだと思いますが
直感的に気になってしまった方にはぜひ迷わずに使っていただけたら嬉しいです。
銭湯に行くときに使いたいと選んで下さった方もいました。その使い方も最高!と思いました。

TEMBEA    MAP CASE

color      NEON ORENGE×DAIDAI     /     BLACK×ECRU

price      7000+TAX

SIZE      20×26.5


同じMESHシリーズで、昨年も好評だった″MAP CASE″もご紹介します。
こちらはより身軽に、必要最低限の貴重品だけをまとめてパパっと出掛ける際に便利なサコッシュタイプ。
MAP CASEという名前が、先にも書きましたが旅先の時のサブバッグとして使うのにもぴったりで
その土地のオリジナルの地図を手に入れて、街歩きをするのにも良さそうです。
こちらも開け閉めはマジックテープで。
メッシュなのでそこまではっきり中が見えるわけではないですが気になる方は、小さなポーチの中に
鍵や細々したものを分けて入れるなどして、工夫して使うのが良いと思います。
TEMBEAのプリント柄は可愛くてユニークなので、あえてちらちらっと覗かせるのもお勧めですよ。


素材自体が軽いのでバッグを持っている感覚が殆どありません。
通年と言うよりは今の季節ならではのバッグだと思いますが、お出掛けに限らずライブやイベントなど
色んなシーンでお使いいただける身軽なバッグです。
普段からあまり物を持たない、重いバッグは苦手という方にも使いやすいのではないでしょうか。

PageTOP