3月16日


the last flower of the afternoon   驟雨のsmock dress   

color        カーキ(別注素材)

price        48000+tax 

SIZE        F  


少し前にご紹介した、the last flwoer of the afternoonの『翠雨のrain coat
嬉しい事に素敵な方の元へとお届けする事が出来たのですが、その際に今時期のコートについて話しをすると、
やはり同じ様に、ウールもダウンも脱ぎたいけど、まだ雪も降ったり、雨になったり、風も冷たいしで、
なかなか春のコートの選択肢が無いなと思っていたという事。
正に昨日、雪国に春がやってきたと喜び小躍りしていたというのに、今日は一転して薄曇り・小雨・一瞬、雪。
冬と春をいったりきたりするこの時期ならではの気候に、″翠雨のrain coat″の生地感は肉感も丁度良いなと思い、
それならばと、その生地を使用して特別にお願いしてもう一型作製していただきました。
″驟雨のsmock dress″
ベースとなるのはフロントにリボンが4つ並んだ″the last flower of the afternoon″を代表する定番のモデル
″smock dress”で、今回は着丈が更に伸びてリリースされていたので、ハリのある生地に載せ替える事で、
ドレスというよりもコートと呼べるくらい、格好良く雰囲気の良い一着に仕上げていただきました。
脱ぎ着もし易く、コートとしてもワンピースとしても着方次第で幅が出せる1枚はワードローブに欠かせない
存在になってくれるのではないでしょうか。


素材は超高密度に織られた馬布に表地をピーチ加工する事で、独特のヌメリがあってオイルドクロスにも似た質感です。
撥水効果もある生地は、この服についた名前の様に驟雨に降られても慌てることも無いですし、あえて雨の日に、
レインコートの代わりとして着る。というのも、なんだか粋ですし、素敵な服の楽しみ方に思います。
肩線は身頃に対して直線の位置につける事で、自然なドロップショルダーになり、更に可動域を確保する為に
マチを付ける事で動き難さを軽減させています。
機能性や効率を重視したワークウェアのデティールは、計算されたシルエットの良い服ともまた違って
着た瞬間はどこかぼわっと膨らんでいたり、身体に服が落ち着かない感じもあるのですが、時間が経つにつれ
服の癖を掴むような感覚になり、着始めの頃よりも似合ってる自分になるのが不思議で面白かったりします。


肩や袖にたっぷりと入ったギャザーと、きゅっと細くそして少しだけ短く設定した袖口。
膨らんだり、くしゃっとなったり表情豊かなスモックドレスは、使う生地によってもまた雰囲気が違うので
色んな生地で見てみたくなりますし、着てみたくなります。
コートでも、迷わず選んだカーキですが、やっぱり良い色です。タフな生地との相性も抜群ですので、
きっと色褪せずに、長く着て頂ける一着になると思います。

the last flower of the afternoon   

color        ネイビー(別注素材)

price        48000+tax 

SIZE        F  


同生地の色違いでネイビーも。
こちらは綺麗なシャツとレースのスカートに羽織って、スモックドレス風に着合わせてみました。
前のリボンを結ばずに垂らしたままも、また少し印象が変わりますし、前後どちらでも着れるので
着る人によって、また全然違った服の様に見えるのではないかなと思います。
シャツやカットソーにさらりとデニムやチノと合わせて、シンプルに着て頂くのも良いですし、
ワンピースやスカート、上のコーディネートにある様に裾にちょっとデザインのあるものや柄を合わせて、
ちらりと覗かせたりも、楽しいなぁと思います。


横から見た際の袖の形と表情が堪りません。
大胆かつ繊細なギャザーは、可愛いと思う反面、すごく格好良いなと感じます。
その分、着る時も気合いがいるというか、着るぞ!と自分から寄っていかないと中々着ない服でもあります。
だからこそ、着た人にしか得られない高揚感や喜びがあるのも確かなので、ベーシックな洋服を沢山お持ちの方や、
今の服装や内面にすこしの変化が欲しいという方に、袖を通して頂ければと思っています。
私達も″the last flower of the afternoon″の洋服には、良い意味で魔法をかけられるような不思議な感覚に
なりますし、洋服の醍醐味を感じられるブランドでもあるなと思っています。
ぜひその独特な世界観を体感して頂きたいです。  


別注という形も含め、毎シーズン生地を載せ替えて展開している″smock dress″
今回も本当に素晴らしい仕上がりになっていると思います。ブランドのイメージを崩さずにデザインと素材とが上手く
マッチした″驟雨のsmock dress″ 雪や雨が降る今時期から、桜の舞う時期まで着て頂けますので
ぜひ、店頭でご覧ください。お待ちしております。    

2月27日


the last flower of the afternoon  翠雨のrain coat

color      カーキ   

price      49500+tax 

SIZE      FREE SOLD


3月にもなると、真冬のコートはそろそろ脱ぎたいなという気持ちが自然と湧いてきます。
気温だけ見れば、まだまだ早い気もするかもしれませんが、春の装いに手を伸ばす事で、
それでけでちょっと、この先訪れる季節が楽しみになるように思います。
the tast flower of the afternoonから届いた、一枚仕立ての馬布コート。
超高密度に織られた馬布に加工を施し、風を通さず軽い撥水性を備えたコートは、タフな素材とは裏腹に
上品なAラインシルエットと、可愛らしいフラットカラー、ぽすんと落ちた肩から花開く様に膨らんだ袖の
ぐっと女心を掴むデザイン。
春コートと言えど、3月4月の盛岡の気候を想像した時に、僅かにショートな袖の長さが一瞬気に掛かったものの
それはすぐに打ち消され、生地とデザインのバランス感が何とも言えず好みだったのでオーダーしました。


ヴィンテージのダスターコートやレインコートをデザインソースに作製されたコートは、店頭にディスプレイした
瞬間から、生地がワシワシっと風格のある表情をしていて、時間の経過を感じる古着の様な佇まい。
深く濃い緑色が落ち着いた印象で、生地・デザイン・色目のバランス感が絶妙なコートだと思います。
冷たい風もしっかり防いでくれる生地なので、中にニットタートルや中肉のセーター、カットソーにカーディガン等
少し暖かい装いをした上から羽織って頂ければ、今からでも着用可能だと思います。
袖口もニットのアームウォーマーを合わせたら可愛いだろうなとか、帽子も色々な形を合わせたりを想像して、
ついつい小物まで欲しくなってしまいます。


脱ぎ着する際に触れる度、にやりとしてしまいそうな釦は水牛のボーン釦。
艶っと光を放ち、釦その物も目に留まりますが、コートの雰囲気を崩さずにむしろ惹き立てる様な
パーツ選びが、毎回楽しみでもある、the last flower of the afternoonのお洋服。


気になる袖の長さは・・・
よっぽど手が長い人じゃなければ六分袖から七分袖ぐらいのイメージでしょうか。
肩幅も袖幅も比較的ゆったりと余裕を持たせているので、少々厚地の物の上からでも羽織れるサイズ感。
ワンピースなどの上に重ねて袖口を見せるのも良いと思いますし、先にも言いましたが、アームウォーマーや
バングルなど小物をワンポイントに装いを愉しめる丈の長さ!と思って着て頂けたら嬉しいです。


肩や背中のさり気ないギャザー。
力強い生地の中に、くど過ぎずふわっと軽やかに甘さが出る様なシルエットに仕上げています。
ですので、メンズライクなスタイルにも違和感無く合いますよ。
春の羽織は少しずつ動き始めました。
シャツを新調したり、持っていない色や柄を足したりされる方も少しずつ。
寒さには油断は禁物ですが、気分は開放的に春を先取りをしてみてはいかがでしょうか。
定休日を挟んで、木曜日よりお待ちしております。

1月12日


the last flower of the afternoon   かげろふwracp skirt

color      ブラック

price      39000+TAX

SIZE      F SOLD

起きて布団から出る前に、鼻先が冷たく吐く息が白いことで、その日の冷え込みっぷりが分かる我が家。
予想通り、水抜きはしたけれど洗面所はお湯が出なかったです。
そんな感じで、盛岡も今日はとても冷えていますが、空は澄んでいて、そして陽が随分と長くなりました。
厳しさの中にもふとしたところに喜びがあって、日々一喜一憂して。
そんな事の繰り返しだなぁなんて思います。
しばらく寒さは厳しいようなので、皆様、暖かくしてお過ごしください。

本日ご紹介するスカートも、ウール素材でふっくらとした厚みのある生地が暖かいです。
季節は限られますが、ニットやコートだけでは無くボトムでもその時期に相応しい物を取り入れてみると
不思議と気分が落ち着いたり、心地良さの違いに気付きます。


美しい光沢と、とろんとした滑らかな肌触りが気持ち良いラップスカート。
艶やかで柔らか味のある黒なので、オンオフどちらにでも着ていただけると思います。
巻きスカートではあるのですが、生地を折り畳みつつ巻く。と言った様なイメージで穿くスカートです。


かっちりと綺麗目になり過ぎない、けれど上品な小奇麗さがあって、それでいて少し不思議な世界観もある。
生地の重みでゆったりと揺れ動くドレープや、裾に見える生地の重なり。
スカートを穿くときに留める釦の仕様。左右非対称に入ったタック。
ただ綺麗なだけでは無い、美しくてどこか儚さも感じられる、スカートのゆらめきがとても印象的な一着。

ウエストは左内側に二つ釦があり、サイズ調整が可能。
左手側から重なる生地を右手方向に巻きつけて、もう一か所釦で留めます。
更に上からベルトできゅっと絞る事ができるので、細身な方にも穿いていただけます。
※ウエストサイズ、誤差は在りますが、約74cm~78cm


内側はキュプラ100%の裏地も付きます。
生地が重なって層になっているので、その分、暖かい様な気がしていますが、気のせいでしょうか?
これだけ寒いと少しでも暖かい物に、身を包みたくなってしまいます。
生地の分量はたっぷりですが、いざ穿くとボリュームは出過ぎず、とろんと落ち感があって膨らまずに
シルエットが綺麗なAラインなのも嬉しいです。
スカートを穿くと、自然と浮足立つ感じがあります。先ずは足元から、靴は何を合わせようかと考えて
上品なスカートにスニーカーでカジュアルに・・・。というのも良いですし、ブーツでも可愛らしい。
プレーンな革靴に、トップスもさらりと一枚、質の良いニットを合わせて。
あれこれ着飾らずに、肌に気持ちの良い服をシンプルに着る。そんな楽しみ方も出来る様になると、
大人って良いなと思ったりします。


文章では中々説明が難しい、巻きスカート。
小さなパーツ一つとっても、細やかな心配りが届いた服なので、着るのが楽しいです。
ハンガーに掛かっている姿よりも、身体と合わさった時の方が格段に良く見えますので
ぜひ、スカートをお探しの方には、お試しいただけたらなと思います。


the last flower of the afternoonの服は、決して綺麗目な服という括りでも無く、
カジュアルな中に、上品さだったり、凛とした美しさであったり、大人の恰好良い部分であったり、
更にはワークウェア的な一面もあったり、絶妙なバランスで其々の要素が含まれています。
誰と逢うか・何処へ行くか、場合によっては綺麗な装いが必要な時。
ふと、いつもと少し気分を変えたくなった時。きゅっと背筋を伸ばしたい時。
誰にでも不意に訪れる、その時に、さり気なく寄り添ってくれる様な、そんな服だなと思います。

10月16日


the last flower of the afternoon   更待のsmock dress

color      ブラック

price      35500+TAX

SIZE      S     /     M


家を出て川沿いの道を歩き、ある橋の手前で階段を上り、橋の上真ん中まで辿りついたところで
にゅっと橋から頭を出して川を見下ろし、目を凝らす。ここ数日は決まってこのルートで店へと向かう。
橋の上で同じようにしている人が、隣に二、三人いる時もあるのですが、お互い何をしているか分かってる。
今朝はいよいよストーブが必要だと思って、灯油を買いに車で出かけたのですが、自分が立ち止まる箇所より
もう一つ先、下流の橋を渡ったところで、両端に川を見下ろす人、人人。
傍から見ると自分もこう見えるのかと思うと同時に、なんだか朝から和む光景に心があったまる。
鮭が溯上する季節。灯油を買う日々がはじまる。
そして一段と空が澄んで、星が綺麗に見える季節がこれからやってくる。


2018AW 「冬と銀河ステーション」
the last flower of the afternoonより、今季オーダー分すべて届いています。
以前は美しいインディゴと柔らかでさらりとしたガーゼ素材でご紹介した、定番のSmock dressを
今回、別のアイテムで使用していた生地に惹かれ、その素材で作って頂きました。
更にサイズは、SとMの2サイズ展開で。
生地感が変われば、また着た際の身体に伝わる情報も、見た目の印象も全く違って見えます。
フロント部分は四か所、紐で結んで留める仕様。
可愛らしいデザインともとれますが、作業をする時に衣服が汚れても良いようにさらに上に着る、
言わば、上っ張りの様なものがデザインソースとなっています。
ちょっと土っぽさの感じるデザインを素材のイメージに合わせて綺麗に着てみたり、もしくはより
デザインを際立たせるように、デニムやチノでカジュアルに着てみたり。
″衣服に物語を・・・″ そんな素敵なブランドコンセプトの元生まれた服に身を包むのですから、
思いきり創造力を働かせて、自分の好きな着方を楽しんでいただけたらなと思います。


ふっくらと起毛した生地はコットン100%で、厚さは程よく厚みがあって今時期のアウターとしても、
活躍すると思います。肌触りも良く、ほんの少し硬さも感じる生地は、見た目よりも頼もしく感じます。
しっかりとした生地が表現する独特な膨らみやギャザーのシワ、紐を結んだリボンのカタチもはっきりと。
袖口カフスがきゅっと細めなのですが、それ故の袖の形が特に好きです。
ドロップした肩線から入るギャザーも良くて、横から見たり後ろから見たりと、うっとりです。


一気に風が冷たくなり、綿素材のものでは若干冷えるようになってきましたが、セーターはまだ早い?
と悩む今日この頃。起毛した綿は軽くて温かくて今、まさに丁度良いです。
あとは首回りをちょっと温めて。そうすれば、冬の手前までは快適に過ごせると思います。
今日の気分でスカートも靴も黒でまとめましたが、きりっとした黒には、インナーでも小物でも
ちょっと色や柄を入れてみたりするの好きです。普段からそこまで色遣いは多くないのですが
どこかちょっとアクセントになるように、分からない程度にそっと色を添えると気分が良いです。
暗めの色が自然と多くなってきた店内も、どこか色があるとぐっと華やぎます。
ちょっと個性的で、でも機能性のあるスモックドレス。ぜひお試しください。

5月26日


the last flower of the afternoon   宵闇のback gather dress

color      ブラック

price      27000+TAX

SIZE      F SOLD

the last flower of the afternoon
はじめてご紹介したインディゴのスモックドレスの他にも届いていたインディゴシリーズは、
お陰様で素敵なお客様の元へと。
後ろ身頃や肩・袖へと贅沢に寄せられたギャザーや、紐をリボン結びしたり垂らしたり。
可愛いは可愛い。けれど可愛いというだけでもなく、うまく伝えられないですが奥底から湧き上がる様な気持ち。
服は着ていただいてこそだなぁ。という事をとても実感しています。
自分が良いと思っていれば別にそれで良いかな。と思う事もしばしばあるのですが、それではいけないですね。
なにかを繋ぐ役目として、自分達が良いと思って選んだものに、共感して下さる方がいて、それでいて着たい!と
思っていただけるのは、嬉しいのは勿論ですが、それ以外に自分達だけに留まらず、色んないい事が循環する
大事なことでもありますね。なので、どんどん繋げて着ていただけるよう日々精進です。


インディゴシリーズはどこかアンティークドレスの様な佇まいであったり、ワークウェアの様な捉え方で個人的にも
古着のボトムに、きりっとした黒の革靴で合わせたりするのが良いなと思って選びました。
今回ご紹介する宵闇のback garther dressや他に届いてる幾つかのモデルに関しては、先に挙げた視点とはまた違って
カジュアルからもう一歩二歩、小奇麗な装いとして取り入れていただける生地感やデザインで、
そこがrasikuのラインナップには若干足りない、在ると良いなと感じていて、そこを無理せずに大きく触れすぎずに
提案出来る服だと思い選びました。
あくまでも日常着の服で、フォーマルなシーンに対応しきれるかというと、そこはとても難しいですが
着方によって、また組み合わせる靴やアクセサリーなどで印象を変える事の出来る服としてバランスの良さを感じます。


写真の着方で前身頃となっているのは、実は後ろ。
前後どちらでも着用可能とするデザインも、the last flower of the afternoonの特徴のひとつ。
光沢のある滑らかな生地に、やや薄手のチャコールグレーにも見える柔らかなガーゼで切り替えて、
そこにたっぷりの見頃を紐できゅっと寄せると、波のようなギャザーが生まれます。
広く空いた首元には、印象的なブラウスを合わせて。
こちらもthe last flower of the afternoonのもの。


本来一応、前身頃となる部分を後ろに着た姿。
見た目はとてもシンプルですが、その分裾に向けての美しい広がりや、生地の柔らかい雰囲気が感じられて、
其々違った良さもあり、がらりと印象が変わり過ぎず、どちらでもお楽しみいただけるのではないかなと思います。
リボンとギャザーを正面で着て、ガーゼ部分は段々にもなっているので、黒のボトムに足元はZurich。
甘さをくどくなく、ふわっと調和する組み合わせ。


前後正しく着ると、こうなります。
やはり後姿にギャザーが揺れ動くのが堪らなく好きです。
とても使い勝手の良いフリルのインナーパンツが大活躍。
一枚ではちょっと短い・・・と言う時に着丈をもう少し伸ばしてくれて、透けるのも防いでくれる。
夏のワンピースを着る際に一枚あると便利だなと思いますし、色を統一させれば甘さもそれほど気になりません。
最終的にきちんとを仕上げてくれるのは、足元だなと思ったりもします。


ブラウスとヒールで小奇麗にも。インナーにカットソーを合わせて足元はスニーカー。
オンでもオフでも、その人の生活に合わせた着こなし方で様変わりするドレス。
夜の海の波の様に揺れ動く滑らかな生地に身を包むと、ちょっとお洒落して食事にでも出掛けたくなったりも。
本格的な夏がやってきても、涼しく着ていただけるちょっと特別なハレの日の服です。
ぜひ、ご覧ください。

PageTOP