6月25日


trippen     SCOTCH

color       BLACK-BK  

price       42000+tax 

SIZE       35    /    36    /    37    /    38    /    39


夏のサンダル素足履きの気持ち良さを知ってしまったここ数年。
さて今シーズンのTRIPPENではどんなモデルを展開したいかなと考えた際に、サンダルの様に季節感が出せて
けれどサンダルほどラフにならない井出達のシューズが良いなと思いました。
以前、展示会に居合わせた方が履いているその足元を見て、良いなと記憶の片隅にずっと残っていた靴。
素足でもソックス合わせでもどちらにも相性の良いギリータイプのシューズ ″SCOTCH”
舌革がなく、甲部に設けた鳩目の一種に紐を通し、交差をさせて紐を留める見るからに特徴的なデザイン。
長い紐は編み上げて足首の裏で交差させて踝あたりで結んだり、足裏で交差させて甲の部分で結んだり。
パッと見で可愛らしい印象を抱く様な靴ではありますが、このデザイン実はとても古い歴史を持ち
ギリーシューズ、ギリーオックスフォードとも呼ばれ、英国の伝統的な靴のひとつとされています。
モデル名の″SCOTCH″(スコットランドの)も、そこから由来してのこと。
元々は、ケルト民族が狩猟用に履いていたものが、次第に舞踏靴として変化して用いられたもので、
濡れてもすぐに乾くことや、フィッテイングが容易であることなど、可愛らしさと感じる一面には、
歴史的な背景と暮らしの変化などが詰め込まれた靴でもあったのです。


アッパーにはWAXと言われる、牛革にオイルをたっぷりと浸み込ませたシボのある揉み革を使用。
足を入れた時から革馴染が良く、すぐに自分の足の形状にフィットする為、素足履きが一段と気持ち良く感じます。
ソールは″CUP SOLE″と言われる2つに分離したソールを採用。中に硬い鉄板が入る事で分離したソールを実現しています。
靴全体が軽量化されているので、気分的にはスニーカーを履く感覚で足の運びもスムーズですし、元々が活動的な場で
用いられたということもあり、紐できゅっと引き締め足首で留めることでホールド感もあり、足を覆う面は少ないながら
不思議と足の包み込む安心感があるようにも感じます。

フィッテイングが容易という点で考えると、足型も幅がある方から細い方。
甲の高い低いにも比較的万能に対応してくれる形だと思います。
どうしても足の形によって見た目の面では変化が生じるのは当然ですが、キツさや痛みなどが無いというのは
やはり足にとっては嬉しいデザインだと思います。
それでいて可愛らしいというのは、洋服と組み合わせる楽しみが一層膨らみますし、履くだけでウキウキします。
なんというか、やはり靴は大事。


バルーンの形状がユニークなパンツにも合いますし、色落ちしたデニムとラフなトップスに足元かっちりなのも良いです。
今時期の畏まった席の装いに、ヒールとは別の選択肢として薄手のタイツや靴下と合わせたりもきっと素敵だと思います。
紐の結ぶ位置も大切に。
以前見かけて気になっていたというのは、実は同じモデルでも赤い色の物で・・・だったのですが、
今回は服装も幅広く合わせていただけるように、黒を選びました。いずれはあの赤い靴も展開してみたいと
密かに心の奥で想い続けています。
私達が一目惚れした靴に、はっと心ときめいて下さる方が、いてくださったら嬉しいです。

4月29日


trippen    SPOON

color      BLK-BK   

price      43000+tax 

SIZE      35   /   36   /   37   /   38   /   39


今季の春夏TRIPPENは、昨年からの名残で素足や薄い靴下でかぽっと履けるモデルを展開したいと思い
革靴でありながらスニーカーに近いくらい軽快な履き心地の、「CUP」COLLECTIONから2型選びました。
そのうちのひとつが、この踵の無いシンプルなスリッポンタイプの ″SPOON″
つま先から甲にかけての一本のセンターシーム。
アッパーは足の甲を半分くらい覆い隠して、綺麗なV字曲線が踵へすっと流れる。
無駄の無い美しいデザインは、素足でラフに履いた際にも、またカジュアルなTシャツに合わせても
エレガントな雰囲気と、凛とした空気をそっと足元に残しておいてくれるように感じます。


足を入れると革が、きゅっと足の甲に張り付く様なフィット感で、足の形にもよるとは思いますが、
かほっと浮いたり脱げたりするような感覚はありません。
歩く際にも甲に触れるアッパー部分はとても柔軟で、密着感と革の柔らかい質感がなんとも心地良いです。
「素足で歩く感覚を反映させる」というアイデアのもとに生まれた、CUP COLLECTIONのシューズは
2つに分離したシェル状のソールが特徴的。履き始めこそ、体感した事の無いような独特なクッション感に
不思議な気分かもしれませんが、足がインソールに馴染んでくると、まさに靴と足が一体化しているような
感覚になってくるのです。この素足感覚の気持ち良さを知ってしまうと、靴下ですら煩わしくなります。笑
長時間の歩行には、正直向いているとは言えませんが、サンダルとしての履き心地で言ったら極上そのもの。
夏の開放的な景色や気分に合う、服や靴があることでより一層その季節が楽しく過ごせたらいいなと思います。


見た目は幅も細く見えますが、柔らかなカーフレザーは、一日履いただけでも革が足型に伸びて馴染みます。
TRIPPEN特有のコバも無く、見た目も履き心地もシャープなので足が小さ目の方にも穿き易い形です。
コロンとした可愛らしいソールも、かかとと親指・小指の関節部分を保護する役割を果たしています。
想像力を掻き立てられるデザインとネーミング。そして靴本来の機能としての履き心地や品質管理。
そのどちらをも両立させ継続し続けられるということは、決して簡単な事では無いと思うのですが、
ずっと変わらずにそのスタイルを貫く姿勢には感心させられますし、安心してお客様に提案出来る事は
とても有難い事だと思います。


今日は暑いくらいですが、良いお天気の中、連休がはじまりましたね。
昨日も今日もたくさんの方にお出でいただき、久しぶりにお逢いできた方もいたり、良い日でした。
春の服も充実していますし、Tシャツ類も少しずつ並び始めています。
今週の営業は、通常通り2日(水曜日)は定休日とさせていただきます。
ぜひ、お近くにお越しの際はお立ち寄りくださいませ。

2月26日


trippen    SEED

color      BLK-BK   

price      46000+tax 

SIZE      35   /   36   /   37   /   38   /   39


以前一度、展開したことのあるモデル″SEED″
ちょうど一年前の春夏でオーダーしていた靴ですが、優しいフォルムと柔らかい革質が穿き易く、
見ため以上に履いた際にデザインが主張し過ぎず、足元がとても綺麗に映るのが印象的でした。
シンプルな中にもさり気なくTRIPPENらしい曲線美が光る靴は、洋服に合わせてカジュアルにも綺麗目にも
履いて頂けるのが良いなと思い、今回欠けていたサイズをフルサイズご用意致しました。
素材は足への馴染みも早い、タンニン鞣しのカーフレザーを使用しています。
タンブル加工を施す事でより柔らかく、履いていて少し余裕が出るくらいまで伸びのある革ですので、
幅広や外反母趾などで普段中々足に合う靴が無かったり、仕方なく大きいサイズを選んでいるという方にも、
極力足が靴の中で正しい位置に納まり、気持ち良く歩くために、お薦めできる素材です。


アッパーには、革の織り目で作られた一本線がゆらりと曲がって入っています。
独創的でありながらエレガントな印象も与えるTRIPPENのデザイン。
そのモデルにもよりますが、自分達としては選ぶ基準としているのが、洋服と組み合わせる事で
全体をきゅっと引き締める役割であったり、服の一部の様に面白味として履けるという事。
なので全てのcollectionの中で見れば、比較的ベーシックで色目も黒が多く偏ってはいますが、
その分、長くそして色んな服装に合わせて、色んな場所へ履いて出掛けて頂けるのではと思います。
踝から踵にかけても、すっきりと緩やかなラインが続きます。
スカートやワンピース、丈の短めのパンツを穿いた時など、足首から靴の境目がとても綺麗に見えます。
冬場はどうしてもミドルカットの靴の出番が多く、靴下も隠れてしまっていたのですが、
靴が変わり靴下が見えてくれると、俄然靴下熱も高まります。
足元のお洒落が楽しくなるのは正にこれからですね。

足へのフィット感がとても良いので、心なしか足の動きも軽やかになる様な気が・・・。
ソールのデザインによっても感覚は違ってきます。
靴紐や、ソール交換、インソールの交換など、自社の工場で一足一足職人が作り上げる靴だからこそ
可能なアフターケア。メンテナンスをする事で、靴は活き活きと長く履き続けられます。
勿論、普段の履き方なども影響する部分はありますが、選んで下さった方がついつい高い頻度で
履いて下さるのは、とても嬉しい事です。
極力長く使用していただける様に、自分達も職人さんとお客様を繋ぐ役割の一端を担えたらと思います。


ウールの綺麗なパンツに、内羽式のスマートな靴は似合います。
トップスにはカジュアルなスウェットを合わせたり、ボーダーカットソーにベストやパーカを合わせたり。
普段着に合わせる場合は、足元と服装のバランスをどこで崩すか考えるのが好きです。
勿論、大事な食事の席や集まりの際には、シャツとジャケットに華やかさでブローチを添えたりして
そんな装いにも合う靴だと思います。


あっという間に過ぎ去ろうとしている2月。そして迎える、3月はどんな月になるでしょうか。
日差しが強まって、日中は道路の雪が融けて、水たまりが跳ねる音が聞こえてきます。
硬く氷の塊になったところを、カンカンと削る音。
人通りの少ない静かな冬とはまた違う、動きを感じる音や光があることで季節が進んでいると感じます。
明日で2月の営業はおしまいです。ぜひお立ち寄りください。

11月24日

trippenのclosed collectionより、rasikuでは常時展開しているモデルが三つあります。
サイズが欠けてしまっていたのですが、今回フルラインナップ、サイズも揃いましたので
ぜひ、気になってくださっていた方は試しにいらしてください。
欲しいと思った靴を実際に見て、フィッティングするというのがどれだけ大切な事かを
自分達も靴を扱ってみて、より強く実感する様になりました。
沢山の型数は扱えませんが、自分達が良いと思った靴はなるべく、いつでもお勧め出来る様に
しておきたいと思っています。

trippen    CHELSEA

color      BLK-BK   

price      52000+tax 

SIZE      35   /   36   /   37   /   38   /   39


サイドゴアブーツのCHELSEAは、見た目がごつくなり過ぎず、美形なところが気に入っています。
足首がきゅっとスマートなので、ワンピースやスカートにタイツとの相性も良く、太めのパンツで
裾をロールアップしたのを、靴にちょっと掛かるぐらい被せて。という組み合わせも気に入っています。
バッファローレザーが馴染むまでは脱ぎ履きの際に、履き口の狭さに毎回足が吊りそうになっていましたが(笑)
ちょっと慣れてきてコツを掴むと、悠々と履けますので。という事はよく最初のご試着の時にお伝えしています。
雪の降る日は特にですが、雨の日も履いてしまいますし、何となく年中手が届く場所には置いておきたい、
と思ってしまう、万能サイドゴアブーツです。

trippen    HAFERL

color      BLK-BK   

price      46000+tax 

SIZE      35   /   36   /   37   /   38   /   39


ドイツの伝統的な木靴をモデルにデザインされた、1994年最初のclosed collectionの一足でもある
″HAFERL″は、trippenを代表するモデルでもあります。
オイルを十分に含んだタフなレザーにやや尖った印象のデザインも、足を入れると不思議と個性派!と
言うよりもどことなくクラシックな佇まいなので、きちんとした装いにも合わせる事が出来ます。
横から見た際の、V字のアンクル部分が美しく、靴下を何を合わせようか考えるのも楽しい靴です。
trippen一足目、を考えてる方に先ずお勧めしたいのが、このHAFERLです。

trippen    YEN

color      BLK-BK   

price      45000+tax 

SIZE      35   /   36   /   37   /   38   /   39


そして三つ目が諸々良すぎて、つい連日履いてしまうので困る。という良いのか悪いのか分からないのが、
closed collectionのファーストモデルでもあるスリッポン型の″YEN″
革靴でありながら、紐の結ぶ手間も無く気楽に履けて、それでいてラフに見えない。という点が、
男性にも女性にも、年代も広く支持される理由だと思います。
装飾の無いプレーンなデザインは、洋服もジャンル問わず合わせられます。
上記の3型、定期的にサイズを揃えているのですが、やはりこれから雪道になることも考えると、
冬に履く一足としてお選びいただくのも良いと思いますので、お悩みの方はぜひお早めに試しにいらして下さい。

11月13日


trippen    EXIT

color      BLK-BK   

price      63000+tax 

SIZE      35   /   36   /   37   /   38   /   39


夜中うとうとしている頃に聞こえた、遠くから段々近づいてくる白鳥の声と、氷点下で目覚める朝。
ストーブを付けてから、もう一度布団にもぐりこむのも、冬のはじまり。
きりっと冷えたこの機会に、今季はこれだ!と迷いなくオーダーしたTRIPPENをご紹介致します。
秋冬はサイドゴアの″CHELSEA″やサイドZIPの″DEER″、ロングブーツの″TOWER″などセレクトしてきました。
雪が降る土地なのでブーツは必ず展開したいなと思い、先の季節を想いつつ伺った展示会で出逢ったのは、
新型としてリリースされた ″EXIT″ というモデルでした。
カジュアルでユニセックスな見た目のミドルカットブーツは、内側甲の部分とインソールにムートンが
使用されています。見た目がそれっぽくないところがとても良いなと思うのですが、足を入れた瞬間の
気持ち良さと温もりは、穿いてしまったらもう脱げなくなるのではという気持ちにすらなりそうです。。。
TRIPPENのモデルの中に幾つかある、「ついこればかり穿いてしまって困る」シリーズに確実に
仲間入りするだろうと思います。


靴本体の素材は植物タンニン鞣しのカーフレザー。履き始めから柔らかく足の馴染も早い革なので
足のお悩みがある方にも痛みがそこまで出なかったり、穿いて下さる事が多い素材です。
ワックスコーティングを施した後、タンブル加工といってよく揉んでシボを出すことで柔らかくなり
革の雰囲気がより艶やかで美しく、そして凛々しくなります。
中のムートンが初めはしっかり立っているので、通常のサイズで選んでも中がぎゅっと詰まっている
感覚になるのですが、穿いているうちに段々と毛が寝てくるのでその感覚も薄れると思います。
足の外側にループになった持ち手は履くときに掴んで足を入れると穿きやすく、それだけではなく
デザインとしての一面も持ち合わせています。
ループからラインは続き足の甲を通って、ゆるやかに内側へとカーブを描きます。
穿き口のデザインもそうですが、シンプルな中に曲線美が際立ち、足を揃えて正面から見た時や
横からの角度の足と靴の境目の魅せ方などは、TRIPPENの巧みなデザイン力ならではだと思います。

取り外し可能な、コルクのインソール。
ムートン仕様のこのインソールも、コルクが沈んでしまったり、欠けたりボロボロになったりした場合は
新しいものに交換可能です。(別途料金かかります。)

そして今回も、ソールに関しては別のソールだったのを″TRIPPEN SOLE″でオーダーしました。
この凸凹であっても滑る可能性が無くなる訳では無いのですが、やはり雪道・凍った道を歩くのに
少しでもグリップの効くソールであったほうが良いなと思うのと、他のソールと比べても重心が
しっかり真ん中にある感覚があり、歩く時の安定感が違うような気がするのです。
歩行をサポートするという事に於いても優れた機能を備えた靴だからこそ、私達がTRIPPENを
長く履き続けたいと思う理由でもありますし、歩く事が楽しくなるとその靴を履いて出掛ける事や
靴に合わせて洋服を選ぶ事まで楽しくなったりするのではないかなとも思うのです。


ふわふわの感触は足を入れただけで気分が幸せになりますね。
ミドルブーツはスカートやキュロットでタイツと合わせると、柔らかさにちょっとスパイスが効いて
甘くなり過ぎないのが良いです。履いてみると、思っていたよりボリュームも出ず見た目もすっきり。
パンツスタイルが多い方は、やや太めのボトムと合わせて裾を上から被せて履くと素敵です。
長靴ほどラフになりすぎず、ロングブーツほど畏まらず。日常使いで履いていただける形だと思います。


初めてのムートンブーツに不思議な高揚感を感じています。
外見が女性らしいよりは、ちょっとメンズライクなところもとても気に入っていて、
凍りつく様な寒さが訪れようと、この靴があれることでなんだか楽しく暖かい冬を迎えられそうです。
北国の冬の靴はぐっと選択肢が狭まり、また気候や道路状況の事を考えるとファッション性はどうしても
後回しになっていきます。そこをどうにか自分たちなりに洋服と靴を切り離さず、その季節や景色に沿った
気持ちの良い靴の提案が出来るかと考えた時に、実際に履いて過ごして選んだのがTRIPPENの靴でした。
脱ぎたくなくなってしまうかもしれないですが、ぜひ試しにいらしてくださいませ。

PageTOP