7月4日


trippen    NEPAL

color      ESPRESSO

price      41000+tax

SIZE      35   /   36   /   37   /   38   /   39  

何年かおきにやってくるサンダル欲。
BIRKENSTOCKを履くのとはまたちょっと違って、夏の装いに軽快にサンダルをつっかける姿に
憧れを抱きつつ、なかなか慣れないということで時々無性にやってくるサンダル欲。
この夏は初めてTRIPPENのサンダルを展開してみました。
ビーチサンダルや指先が出ないタイプのものは持っていて、年に・・・数年に一度履くぐらい。
TRIPPENのサンダルも様々なモデルがあるので色々気になっていて、今回やっと一型ご紹介する事が出来ました。
さっと足を入れて気楽に履けるタイプのサンダルでは無いので、恐らく好みは分かれるデザインかもしれません。
このNEPALというモデルはラフな印象になり過ぎず、レザーの上質な素材感とTRIPPENらしい足のフィット感。
そして足の甲や踵のを包む美しいデザイン。
色落ちしたデニムや、涼しげなリネンのスカートやワンピース。変形のサルエルパンツなどなど
夏の装いも一段と楽しめそうなサンダルだと思います。


足を覆う素材は植物タンニン鞣しのカーフレザーで、履きはじめから程よく柔らかい素材。
履き込む事でより柔らか味を帯びていきます。履いていくと多少伸びる革でもあるので、
TRIPPENの様々な素材の中では、足幅がある方でも比較的痛くならずに履ける素材かと思います。
落ち着きのある濃い茶色のESPRESSOカラーは、素足の肌色にも良く馴染みますし
洋服との合わせもあまり難しく考えずに、濃い色・薄い色・鮮やかな色などそれぞれに相性良く
組み合わせて履いて頂けたらと思います。


足首の裏から交差させて前へ持ってきて、ギボシで留めるストラップ。
三段階で調節ができますので、足もしっかり固定され安定感があって良いです。
このストラップがあることで、カジュアルさも若干抑えられるように感じます。
綺麗目とまでは言いませんが、見た目も幼くなり過ぎず、足首がきゅっと見えるデザインが
個人的にはとても気に入っています。
脱ぎ履きに一動作入りますが、それでも履いた時のウキウキ感が上まって決して苦にならないのです。
楽に履ける靴の良さと、デザインで選ぶ靴の良さ、気分や体調に沿った靴の良さ。
靴を選ぶ視点は色々あるのが普通だと思うので、全部を埋める靴との出逢いはなかなか難しいです。
特にサンダルは履く時期の限られる靴ですし、履く頻度もそうそう多くは無いと思うのですが、
ヒール無しで、ペタペタっとラフになり過ぎず、ちょっとばかり大人なデザインで履き心地の良いサンダル。
そんなイメージで選びましたので、雰囲気が合いそうな方にお試し頂けたらと思います。


馬の蹄型のPamirソールは、レディースの靴に用いられるソールで軽快に歩けます。
濡れた地面では少々滑りやすいのですが、ソール交換も可能なので最低限のケアと
数年に一度の補修をきちんと行えば、長くお付き合いいただく事が出来るサンダルです。


その物だけで見るより、洋服と合わせると、より靴のデザインがしっかりと映えるように思います。
東北の夏はとても短いので、その一瞬を楽しむために!と以前は夏物もはりきっていたのですが
無理やり詰め込むのもどうなんだろうかと思う様になり、ここ数年は本当にスポット的に少しだけ
夏めいたもの?や陽気な感じの?服や小物を展開したりしています。
その方が自分達も純粋に着たり身に着けたいと思い、季節を楽しめる様な感じがしたのです。
店内には、そんな様子で夏を彩るあれやこれやが並んでいますので、ぜひ見つけにいらしてくださいね。

5月21日


trippen    PAN

color      BLK-BK

price      43000+tax

SIZE      35   /   36   /   37   /   38   /   39

rasikuで3年前に開催したtrippenの展示が行われた際に、数あるラインナップの中で一目惚れをして購入をした″PAN”
綺麗な服装をしたい時に合わせる靴がない・・・と思っていた所に出逢ってしまったのです。
足の甲から踝まで大胆にカットされているので、夏場はサンダル感覚で素足で合わせてみたり、寒くなるとタイツや
ハイソックスを合わせてパンツと靴の隙間にちらっと覗く柄や色がポイントにもなったりして、
使い勝手の良さを感じています。
″PAN”の特徴として″CUP SOLE″と言われる、前と後ろにソールが分離した珍しい構造でコバがなく
すっきりとした印象を受けます。靴を作る際にソールを分離させる事は構造上は不可能ですが、厚い硬い鉄板を
インソールの下に一枚かませる事によって、形状を保ち穿き易さも追求した作りになっています。
履き心地はスニーカーの様に軽くて手軽に履ける感じがします。CLOSEDコレクションと比較するとソールと地面との距離が
近いので長時間歩き回ると少し疲れを感じる事もありますが、それでもしっかりと歩ける革靴だと思います。


アッパーに用いられている革は、trippenの中では足馴染の良い″ワックスレザー″を使用。
植物タンニン鞣しによるレザーは仕上げにワックス加工をする事で、表面に程良い光沢が生まれます。
履きこむ事によって上品な艶が増して、それでいて柔らかな革の履き心地に愛着も一段と湧いてくることと思います。


足首をホールドするストラップはマジックテープで簡単に脱ぎ履きが出来ます。
夏場は気分的に履き易い靴に手が伸びがちになるので、PANは素足で履いてもソックスで合わせてもどちらにも対応出来る
という点もお勧めしたい理由でもあります。
結婚式の二次会やホテルなどで行われるパーティーなどに行く際に、普段使いの靴からフォーマルな場面にも兼用出来る
靴の選択肢はそうは多くないと思いますので、いざそういった場面にも対応の効く靴として一足持つ・・・
というのもひとつ良いのではないでしょうか。


綺麗につま先まで伸びたトゥと曲線的なシルエットが女性らしさをより惹きたててくれます。
カジュアルな服装をした際に、ブラックの革靴は足元を引き締めてくれる役割を果たしてくれて
コーディネート全体を綺麗にまとめてくれます。
肌が見える事で季節感も出せるというのも大事な要素で、涼しさと軽さを演出出来ます。


CUP SOLEの靴はタフに履くというよりは、気分を変えたい時や服装に合わせてであったり、食事に行く際などに履く。
という履き方が向いていると思います。
メインで履く靴、たまにだけれども必要な靴とを使い分けられるようになると、外に出掛ける事がより一層楽しくなりますし
それによって服装にも広がりも出てくると思っています。
ヒールなどが中々履けないという方にも、ちょっと気分が上がるモデルではないかなとも思いますし、
女性らしい華奢な靴をお探しの方に、是非一度お試し頂きたい1足です。

4月21日


trippen    SEED

color      BLK-BK

price      46000+tax

SIZE      35   /   36   /   37   /   38   /   39 


春夏オーダー分のTRIPPENが揃いました。レディスはちょっといつもと気分を変えてといった感じの3型をセレクト。
そのうちの1足、こちらは今まで展開してきた幾つかの定番モデルの雰囲気にも近い印象がありますが、
初めての展開となる ″SEED″ をご紹介致します。
素材はタンニン鞣しのカーフレザー、染色後にワックス加工を施したのちに、タンブル加工でより柔らかな質感に仕上げています。
個人的にも別のモデルで、同素材の靴を履いていますが、履きはじめから自分の足の幅へのフィット感が良く、
伸びやすい革の為、履いていく内に少し余裕があるぐらいストレスの無い履き心地を感じられます。
外反母趾で硬い革だと足が痛くなってしまう方や、足幅が広めな方などにもお勧めの素材でもあります。
きめ細やかなシボの表情と、柔らかい光沢感。変な黒光りではなく、どことなく優しい印象に映るカラーは
普段のカジュアルな装いにも合いますし、さっさっと軽くブラッシングして埃などが堪らない様に最低限のケアがあれば
ちょっとしたよそ行きの恰好にも、スマートな顔つきで足元を支えてくれる頼りがいのある1足になると思います。


贅沢にも二枚の革で構成された″SEED″は、靴の名前が「種」を意味する見た目の面白さと曲線美に目が奪われます。
大きくカットされた二枚革で作られる事によって足を優しく包み込む様なフィッティングを実現。
アッパーからトゥにかけての湾曲したラインがユニークで面白いデザインです。
フォーマルやドレスシューズに多く見られる内バネ式を採用する事で、カジュアルな中にも凛々しさや凛とした表情をもたらす
trippenらしいバランスに仕上がっていると思います。
ソールは馬の蹄を表すpamirソールで、軽くなめらかな歩き心地を提案しています。
ステッチダウン製法により半永久的にソール交換が出来、ソール自体も全て自社で生産管理している為、
愛着を持って靴と付き合っていただければ、長い時間を過ごせる靴だと思いますし、履けば履く程に
価格以上の価値を実感していただけるはずです。

春めいてきて足元は俄然スニーカー気分といったところではありますが、同時に出張シーズン真っ最中でもあったりで
TRIPPENの着用頻度は落ちる事無く、冬から継続してよく歩く日の友となって日々活躍中です。
出張も旅行もとにかく歩く時はTRIPPENを選びます。自分達にとってはもう欠かす事の出来ない相棒の様な存在。
日帰りでも、長旅の場合でも、その時の服装によって変えられるほど靴箱にはTRIPPENが着実に増えてきました。
使用しているレザー、ソールによってもまた足の裏の感覚や、歩いている時の姿勢や地面の感じ方など、モデルによって
感覚の中で、ですが其々の違いが分かったりして、靴がファッションとしてだけではなく、当然ではありますが、
改めて歩行にとっての靴の重要性と、体にとっても大いに影響があることも感じられるようになりました。


春は色鮮やかで、ときめく程に素敵な柄の靴下もたくさん目に飛び込んできて、ついつい手にしてしまいます。
TRIPPENを履くと自然とモノートーンのソックスを合わせたくもなるのですが、装いがシンプルな時はユニークなデザインに合わせて
エッジの効いた柄なども取り入れたくなるのです。
靴も、靴下も、季節に応じて気分も変わってきますし、足は二本しかないのに、色々履きたくて困りますね。


スニーカーも好きで履きますが、特にコンクリートの地を歩く場合には、慣れた足が気持ち良い革靴はスニーカー以上に
楽に長時間歩くことが出来ると感じています。TRIPPENを一度履いて下さった方で、もう一足欲しい・・・と
いう方は、やはり普段から歩く機会が多かったりする方だったりも。
他の革靴がなかなか履けなくなる・・・と仰っていただけるのが、自分達もとてもよく分かります。
ただ靴が好きなので、色々と履いては何を着て、どういった場所に行くのかや、歩くのか乗り物に乗るのか、
その時によって選ぶものは変わりますが、オンもオフも対応が出来て、且つ自分の足が気持ち良く過ごせる靴は
なかなかそう多くは無いのではないかなと思います。

2月12日


trippen    PAGE

color     BLK-BK  

price     46000+TAX

SIZE      39   /   40   /   41   /   42


雪が降ったり、時折晴れ間が覗いたりで冬と春の2つの季節を感じられる気候になりました。
重たい冬コートを羽織らずに過ごせる日は、もうすぐそこまで来ているのかもしかもしれません。(願)
trippenからソール別注で作製しました″PAGE”が入荷をしてきました。
ブランド自体でも久しぶりに作られたモデルで、trippenにはあまり見かけない内バネタイプの曲線美が際立つデザインが
目を惹きました。僕自身、内バネ式の短靴を持っていなかったという事もあって、畏まり過ぎずにカジュアルに
履けるモデルを見つける事が出来てとても嬉しく、届いて早速ですが連日履いています。
展示会では″BLACK”のカラーサンプルが無かった事もあり、ソール変更でのオーダーだったので仕上がりがどうなるかなという
少し不安もありましたが、実際に商品が届いてみて、丸みを帯びたシルエットに対して凸凹のタンクソールが無骨な印象を
プラスして手前味噌ではありますが、想像していた以上の納得の仕上がりになりました。


素材は履きはじめから馴染みの良いワックスレザーを採用。
植物タンニンで鞣されたカーフレザーは、たっぷりと内側にオイルを含んでいますので時間の経過と共に他種類の革よりも
ぐっと艶が増してきます。日頃軽めのメンテナンス(ブラッシング等)は必要ですが、履きこんでいくうちに革の伸びが出る素材
ですのであまりに過保護になってオイルを塗り過ぎない方が良いです。型崩れの原因にもなってしまいます・・・
タンブル加工(揉み込まれた)を施された革は、表面に無数の細かなシボが出るのが特徴的で履きこんでいくうちに、
シボがより艶をまして履きジワも含めて立体的な表情を生み出します。
革靴は新品の状態では平面的で良さを想像する事が難しい面もありますが、徐々に表情が豊かになっていく変化を
日々楽しむ事が最もの醍醐味になるのかもしれません。


アッパーは切替しで2枚の革で構成をされていて、踵部分には厚みを持たせて硬い芯を入れる事によって靴全体の
型崩れを防ぐ役割を果たしています。ラストは横幅は広めで甲が低く設定。つま先のボリューム感はありますが
甲が低く内バネという条件が相まって、靴全体を見た際にはすっきりとしたフォルムに納まっている様に感じます。
ソールは雪の多い北東北でも安心して履けるように″trippen sole″を採用しましたが、僕自身が履き心地に関しても
程良い硬さがあるのが好みで、足の裏でしっかりと地面を掴んでいる感覚があるというのも理由になります。
シンプルな黒の短靴なので冬に限らずに通年を通して履いて頂ける汎用性の高さと、洋服に合わせた際に
大きく主張し過ぎない、すっと寄り添うように馴染む抑え目なデザインに惹かれています。
trippenの靴を一足目としても、革靴をあまり履かないという方にも自信を持ってお勧め出来るシューズです。
全ての生産工程をドイツとイタリアにある自社工場で生産されているので、細部のパーツに至るまで殆どの箇所が修理可能
よっぽど雑に扱わなければ履き潰しにはなり難くいので、付き合っていける年月を踏まえれば半分は投資くらいの
気持ちを持って選んで頂ければと思います。


足元の選択肢は無数にあって、何を選ぶかはお仕事であったりライフスタイルに直結する部分だと思っています。
trippenは革靴を作っている様々なメーカーの中では、分かり難い表現になるのかもしれませんが真ん中というよりは
変化球的な要素が強いブランドだと捉えています。奇抜で先鋭的なデザインのアイテムも多数存在しますし、どちらかと言えば
シンプルなアイテムが少ないのも事実です。ですがソールも付いていて冬場でも気を使わずに履けることが出来て
カジュアルな服装に程良く力の抜けた雰囲気で合わせる事の出来る革靴は、今現在の僕の生活にはとても合っている靴だと
ここ最近はより強く思うようになりました。
外出する際には靴を履かないと出られらませんし、その時にお気に入りの履きたいと思える靴が在るか無いかで
出掛ける気分が大きく変わってくるはずです。1歩1歩を踏みしめながら「歩く」という事を当り前に大切に考える方に
trippenのシューズはお勧めしたいですし、時間の経過と共にその存在感が増していくと思います。
これから訪れる新しい季節を、新しい靴ではじまりを迎える。というのも何だか良いかもしれません。
ぜひ。

12月8日

img_0519
trippen     CHELSEA

color      BLK-BK

price      52000+TAX

SIZE      35   /   36   /   37   /   38   /   39 

img_0526

img_0528
昨夜から静かに降り続けた雪は、朝にはやんでいましたが外は真っ白な世界へと姿を変えていました。
雪が降るといつも聞こえてくる街の音や、色が変わりますね。
夜も朝もシーンと静かで、それでいて明るく眩しい。
今朝は人や動物の足跡を辿る様に、店までの道をざくざくと歩いてきました。
冬は冬でとても寒いのですが、自分なりの楽しみ方を見つけられると良いですね。
積もった雪は午後には既に解けてしまっていますが、べちゃべちゃの道でも安心なTRIPPENの靴を履いてきたので
どんな道路状況でも怖い物無しです。今季また展開したいなと思っていたサイドゴアブーツのCHELSEAは特に心強い。
自分自身、これぐらいの時期から毎年毎年よく履いています。
今季もお待ち下さっていた方がいたので、やっぱり選んでよかったなと思っている一足です。
img_0533

img_0529

img_0538
シンプルでクラシックなサイドゴアブーツ。毎年の事ながら選ぶのは黒一色のもの。
何だかんだずっとこのカラーを選んでしまいます。素材は比較的厚手でタフなバッファローレザーを使用。
シボ感と光沢のあるレザーの引き締まった表情は、一見ハードで強そうな印象にも思えますが
履いていくうちに少しずつシワが入り柔らかくなり、しなやかな質感へと変化します。
革が少し伸びるので、履きはじめの頃より少しフィッティングにゆとりが生じます。
足首がきゅっと細身のデザインでその分ホールド感があるので、ぶかぶかで脱げそうな感覚は無いのですが
気になる方は多少靴下などでの調整が必要かもしれません。履きなれてくると厚手の靴下を穿いてでも
履けるくらいの余裕があります。
img_0543

img_0552
ぽてっとした丸みのあるアッパーに突き出たコバ。TRIPPENと言えばのそのボリューム感に好みは分かれる
ところですが、足が本来の自然な形で、正しい歩行を行えるように人間工学に基づきデザインされた靴
だからこそ、この形なんだと、それは実際に履いていても実感するのです。
時々少しラストの細い靴を履くと、履きはじめは良くても夕方以降は何処かしらに痛みが生じます。
ソールの薄い靴は、歩くと足がとにかく疲れます。
それでもその靴が履きたい時は履きますし、服に合わせたい靴がそれであれば、勿論合わせます。
疲れる靴や痛くなる靴が決して悪いという訳では無く、自分の足に合う合わないが分かっていれば、
短い時間だけ履く靴にしたり、そこまで歩くことが無い用事の時に履いたり、自分で決めて選択すれば
良いだけの事だと思うのです。
TRIPPENの靴は、デザインに惹かれたのも理由の一つではありますが、たまたま自分の足に合って、
長時間履いていても疲れにくく歩き易い。何より自分の好きな洋服とも相性が良い。ですので提案しています。
勿論TRIPPENの靴その物にも、また物作りの姿勢にも信頼をおいていますが、だからといって誰にでも
合う靴かと言ったらそうではないと思うのです。
それでも試してみたいという方にはご試着頂いて、履いた感じを実際に見て、ご提案させて頂いています。
実物を見て、履いて、足に合って気に入って頂けたら、その後は間違いなく長い付き合いになる靴だと思います。
img_0462
ワンピースやスカートとのコーディネートにも相性のいいCHELSEA。
ボリュームはあるのですが、そぎ落とすところは上手く削っているので、見た目もそこまでカジュアルに
なり過ぎず、スッキリと穿けるところもとても気に入っています。
img_0464

img_0468

img_0470

img_0482

img_0489
着用しているCHELSEAは、三年前ぐらいから実際に履いているものです。
冬場はかなりの着用頻度ではありますが、春夏の時期はお休みさせているという事もあって、
まだまだ綺麗な状態を保っています。(と思いますが、履く前に慌ててお手入れ。)
img_0491

img_0494

img_0497

img_0500

img_0513

img_0515
ウールのパンツや、ややワイドなパンツとの組み合わせも、冬の定番となりつつあります。
足首がきゅっと細身なので、ロールアップしたパンツの裾を重ねてみせるのが好み。
着用しているパンツは裾がきゅっと細くテーパードしたデザインですが、それでももたっとならずに履けました。
流行り廃りの無いデザインだからこそ、洋服との組み合わせ方の幅も広く、きっと履く人によって
印象も変わってくるのではないかと思います。
一時期は問い合わせも多く頂いたモデルですが、そういった盛り上がりを過ぎても尚、静かに淡々と
必要とされ続けるモデル、CHELSEA。
店頭で気になった方は、ぜひお声掛け下さい。

rasiku sasaki

PageTOP