9月11日


trippen    SPACE

color      BLK-BK   

price      47000+tax 

SIZE      39   /   40   /   41   /   42


通年を通して履けるtrippenの靴ですが、秋冬に合わせたくなるのがミドルカットのシューズ。
東北の冬を想定した際に雪が積もり濡れた道など歩く場合も、ミドルカットの靴は重宝するので
レインシューズなどの機能性に特化した靴以外の、冬に履く靴の選択肢としてお勧めをしています。
勿論、レインシューズなどとは違って水などにジャブジャブ浸かるのはダメージを与えてしまうので良くないですが
多少の雨や雪くらいであれば、僕は日常使いでtrippenのシューズを履いてしまいます。
トゥにボリュームが出る靴ですのでパンツの裾をロールアップさせて、ソックスが見えるか見えないかくらいの
丈感で履くのが僕自身は好みです。靴自体はデザイン性は強いと思うのですが、洋服と合わせると不思議と馴染む感覚があり
見た目以上に汎用性が高く、人間工学に基づき作られているので長時間歩いても疲れにくい1足になってくれるはずです。


日本の折り紙をイメージしてデザインをされた特徴的なトゥの形状は、内側に折り込み縫い合わされていて
綺麗に伸びるトゥの形状と折り込みを入れたデザインが靴全体の程よいアクセントになっています。
ミドルカットのシューズなので、甲は比較的高めに設定しワイズもゆったりと作られているので
甲高で幅広で靴の選択肢の少ない方にも″SPACE”のフィッティングは比較的合い易くなると思っています。
革靴の選択肢は無数にありますが、歩く事を一番の目的として革靴をお探しの方には一度試して頂きたい靴です。


外羽と内羽をステッチで留める珍しい仕様。
アイレットは2つしかありませんが、足首のホールド感が強いのは外羽と内羽が一体化しているからかもしれません。
今回もSOLEは別注をして″trippen sole″を採用。
一番重さを感じるソールではありますが、コンクリートをグリップする力であったり雪道にも強いという事もあって
盛岡の土地に一番合っているものを選んでいます。trippenの柔らかで曲線的なシルエットに凹凸のあるソールの
組み合わせも好みだったりします。


僕は太いパンツに合わせるスタイルが一番しっくりきます。
裾の太さに負けないくらい靴のボリュームがあるので、バランスが取りやすくカジュアルな服装ながらも
足元を黒の革靴で引き締める事で、すっきりと見せてくれる効果があると思います。
trippenは洋服と組み合わせると、色々な表情を見せてくれるので履いて頂ければ懐の深い靴だと感じて頂けるはずです。


季節の変わり目は、気分的に新しい靴を履きたくなってしまいます。
盛岡のように雪がしっかりと降る街は年中スニーカーを履く訳にはいかないので、冬に自分自身が納得出来る靴を
1つ持っているだけで出掛けるきっかけになるかもしれませんし、歩き易い靴であれば尚更の事。
trippenのシューズを販売していて、お客様から修理を承る事も多くなってきたのは実際に実用的な革靴として
様々なシーンで履いて頂けているからだと思っています。
自分の気に入った洋服を着て、歩く事が楽しくなる革靴を履いて貰えたら嬉しいです。
サイズが揃っているうちに是非お試しください。

8月29日


trippen    SIMPLE

color      CUOIO

price      46000+tax

SIZE      35   /   36   /   37   /   38   /   39


今季オーダーしたtrippenの第一便がメンズとレディスで一足ずつ届いています。
レディスで今年の秋冬にと選んだ一足は、rasikuでは初めての展開となるSIMPLEというモデル。
名前の通り、靴全体をぐるっと見渡しても手でなぞってもするんとした無駄の無いシンプルな形。
目に留まるのは正面足首から甲の部分の凹んだ様なデザインと、内側斜めに入るZIPがアクセントになっていて、
際立つ様な派手さはないものの、シンプルな中にもやはりどこかtrippenらしい曲線的なデザインが見られます。
今店頭に並ぶtrippenは、ほぼ黒がメインとなっています。汎用性や着合わせの事を考えると必然的に黒ばかりを
選んでしまうのですが、今季はなんとなく茶系の靴を一足選びたいと思っていて、カジュアルにパンツにも
スカートにも合わせられて、普段使いで穿き易そうなミドルカットのこのモデルでオーダーしました。


素材は柔らかさと力強さの両方を兼ね備えたバッファローレザー。
独特なシワと凸凹が特徴的な革は、履く前からその表情に惹きこまれる様な雰囲気がありますが、
オイルを含む革が、それぞれの履き方や履かれる環境と時間の経過によってまた異なる変化を見せてくれます。
色はほぼBROWNに近い色ですが、実際の色目は写真よりもほんの少し明るい色目で、cuoioというカラー。
「自然な革の色」という意味を持つ色で、ここから履いていく事で少しずつ色が艶と濃さで深みを増して
ぐっと落ち着いた印象になっていくのではないだろうかと想像しています。


内側ZIPは、比較的脱ぎ履きもし易い様に思います。
ZIPを下げてもかかと部分は固定されていて、甲側の部分がぴらっと捲れるといった感じなので、
穿き口が大きく開くという訳では無いのですが、それでも紐靴よりは楽に履ける印象です。
甲から足首にかけても動きがあってホールド感がないので、甲高の方にも履き易いのではないかと思います。
履き始めは足首の緩い感覚が少しだけ不思議に感じるのですが、しっかりとシワが入って踵が付いてくると
足に馴染んでくると思います。
お馴染みTRIPPEN SOLEは今回もrasiku別注でお願いしてこのソールにしました。
冬の雪や凍った道にも滑りにくく、がしっ安定感のあるTRIPPEN SOLEが好きですし、
盛岡での生活や、良く歩く場面で履く事を考えると、このSOLEがやはり良いなと思うのです。
革のカラーにも合った、茶色いソールの色目も気に入っています。


OLIVEのパンツに合わせたいなと思った、この靴。
ちょっとした隙間から覗くソックスも可愛いらしく、タイツなどを合わせても良いかなと色々と想像してしまいます。


trippenを取扱いを始めて3年が経過しました。
最近はソールの交換であったり、パーツの修理などを承る事が増えてきました。
全てを自社のドイツとイタリアの工場で一貫生産しているブランドだけにメンテナンスやアフターケアの環境が
きちんと整っているのもtrippenの特徴と言えるのではないでしょうか。
足元が決まると街歩きや外に出るきっかけになると思いますので、秋の装いをイメージしながら足元のお洒落を
楽しんで頂けければ嬉しいです。

7月4日


trippen    NEPAL

color      ESPRESSO

price      41000+tax

SIZE      35   /   36   /   37   /   38   /   39  

何年かおきにやってくるサンダル欲。
BIRKENSTOCKを履くのとはまたちょっと違って、夏の装いに軽快にサンダルをつっかける姿に
憧れを抱きつつ、なかなか慣れないということで時々無性にやってくるサンダル欲。
この夏は初めてTRIPPENのサンダルを展開してみました。
ビーチサンダルや指先が出ないタイプのものは持っていて、年に・・・数年に一度履くぐらい。
TRIPPENのサンダルも様々なモデルがあるので色々気になっていて、今回やっと一型ご紹介する事が出来ました。
さっと足を入れて気楽に履けるタイプのサンダルでは無いので、恐らく好みは分かれるデザインかもしれません。
このNEPALというモデルはラフな印象になり過ぎず、レザーの上質な素材感とTRIPPENらしい足のフィット感。
そして足の甲や踵のを包む美しいデザイン。
色落ちしたデニムや、涼しげなリネンのスカートやワンピース。変形のサルエルパンツなどなど
夏の装いも一段と楽しめそうなサンダルだと思います。


足を覆う素材は植物タンニン鞣しのカーフレザーで、履きはじめから程よく柔らかい素材。
履き込む事でより柔らか味を帯びていきます。履いていくと多少伸びる革でもあるので、
TRIPPENの様々な素材の中では、足幅がある方でも比較的痛くならずに履ける素材かと思います。
落ち着きのある濃い茶色のESPRESSOカラーは、素足の肌色にも良く馴染みますし
洋服との合わせもあまり難しく考えずに、濃い色・薄い色・鮮やかな色などそれぞれに相性良く
組み合わせて履いて頂けたらと思います。


足首の裏から交差させて前へ持ってきて、ギボシで留めるストラップ。
三段階で調節ができますので、足もしっかり固定され安定感があって良いです。
このストラップがあることで、カジュアルさも若干抑えられるように感じます。
綺麗目とまでは言いませんが、見た目も幼くなり過ぎず、足首がきゅっと見えるデザインが
個人的にはとても気に入っています。
脱ぎ履きに一動作入りますが、それでも履いた時のウキウキ感が上まって決して苦にならないのです。
楽に履ける靴の良さと、デザインで選ぶ靴の良さ、気分や体調に沿った靴の良さ。
靴を選ぶ視点は色々あるのが普通だと思うので、全部を埋める靴との出逢いはなかなか難しいです。
特にサンダルは履く時期の限られる靴ですし、履く頻度もそうそう多くは無いと思うのですが、
ヒール無しで、ペタペタっとラフになり過ぎず、ちょっとばかり大人なデザインで履き心地の良いサンダル。
そんなイメージで選びましたので、雰囲気が合いそうな方にお試し頂けたらと思います。


馬の蹄型のPamirソールは、レディースの靴に用いられるソールで軽快に歩けます。
濡れた地面では少々滑りやすいのですが、ソール交換も可能なので最低限のケアと
数年に一度の補修をきちんと行えば、長くお付き合いいただく事が出来るサンダルです。


その物だけで見るより、洋服と合わせると、より靴のデザインがしっかりと映えるように思います。
東北の夏はとても短いので、その一瞬を楽しむために!と以前は夏物もはりきっていたのですが
無理やり詰め込むのもどうなんだろうかと思う様になり、ここ数年は本当にスポット的に少しだけ
夏めいたもの?や陽気な感じの?服や小物を展開したりしています。
その方が自分達も純粋に着たり身に着けたいと思い、季節を楽しめる様な感じがしたのです。
店内には、そんな様子で夏を彩るあれやこれやが並んでいますので、ぜひ見つけにいらしてくださいね。

5月21日


trippen    PAN

color      BLK-BK

price      43000+tax

SIZE      35   /   36   /   37   /   38   /   39

rasikuで3年前に開催したtrippenの展示が行われた際に、数あるラインナップの中で一目惚れをして購入をした″PAN”
綺麗な服装をしたい時に合わせる靴がない・・・と思っていた所に出逢ってしまったのです。
足の甲から踝まで大胆にカットされているので、夏場はサンダル感覚で素足で合わせてみたり、寒くなるとタイツや
ハイソックスを合わせてパンツと靴の隙間にちらっと覗く柄や色がポイントにもなったりして、
使い勝手の良さを感じています。
″PAN”の特徴として″CUP SOLE″と言われる、前と後ろにソールが分離した珍しい構造でコバがなく
すっきりとした印象を受けます。靴を作る際にソールを分離させる事は構造上は不可能ですが、厚い硬い鉄板を
インソールの下に一枚かませる事によって、形状を保ち穿き易さも追求した作りになっています。
履き心地はスニーカーの様に軽くて手軽に履ける感じがします。CLOSEDコレクションと比較するとソールと地面との距離が
近いので長時間歩き回ると少し疲れを感じる事もありますが、それでもしっかりと歩ける革靴だと思います。


アッパーに用いられている革は、trippenの中では足馴染の良い″ワックスレザー″を使用。
植物タンニン鞣しによるレザーは仕上げにワックス加工をする事で、表面に程良い光沢が生まれます。
履きこむ事によって上品な艶が増して、それでいて柔らかな革の履き心地に愛着も一段と湧いてくることと思います。


足首をホールドするストラップはマジックテープで簡単に脱ぎ履きが出来ます。
夏場は気分的に履き易い靴に手が伸びがちになるので、PANは素足で履いてもソックスで合わせてもどちらにも対応出来る
という点もお勧めしたい理由でもあります。
結婚式の二次会やホテルなどで行われるパーティーなどに行く際に、普段使いの靴からフォーマルな場面にも兼用出来る
靴の選択肢はそうは多くないと思いますので、いざそういった場面にも対応の効く靴として一足持つ・・・
というのもひとつ良いのではないでしょうか。


綺麗につま先まで伸びたトゥと曲線的なシルエットが女性らしさをより惹きたててくれます。
カジュアルな服装をした際に、ブラックの革靴は足元を引き締めてくれる役割を果たしてくれて
コーディネート全体を綺麗にまとめてくれます。
肌が見える事で季節感も出せるというのも大事な要素で、涼しさと軽さを演出出来ます。


CUP SOLEの靴はタフに履くというよりは、気分を変えたい時や服装に合わせてであったり、食事に行く際などに履く。
という履き方が向いていると思います。
メインで履く靴、たまにだけれども必要な靴とを使い分けられるようになると、外に出掛ける事がより一層楽しくなりますし
それによって服装にも広がりも出てくると思っています。
ヒールなどが中々履けないという方にも、ちょっと気分が上がるモデルではないかなとも思いますし、
女性らしい華奢な靴をお探しの方に、是非一度お試し頂きたい1足です。

4月21日


trippen    SEED

color      BLK-BK

price      46000+tax

SIZE      35   /   36   /   37   /   38   /   39 


春夏オーダー分のTRIPPENが揃いました。レディスはちょっといつもと気分を変えてといった感じの3型をセレクト。
そのうちの1足、こちらは今まで展開してきた幾つかの定番モデルの雰囲気にも近い印象がありますが、
初めての展開となる ″SEED″ をご紹介致します。
素材はタンニン鞣しのカーフレザー、染色後にワックス加工を施したのちに、タンブル加工でより柔らかな質感に仕上げています。
個人的にも別のモデルで、同素材の靴を履いていますが、履きはじめから自分の足の幅へのフィット感が良く、
伸びやすい革の為、履いていく内に少し余裕があるぐらいストレスの無い履き心地を感じられます。
外反母趾で硬い革だと足が痛くなってしまう方や、足幅が広めな方などにもお勧めの素材でもあります。
きめ細やかなシボの表情と、柔らかい光沢感。変な黒光りではなく、どことなく優しい印象に映るカラーは
普段のカジュアルな装いにも合いますし、さっさっと軽くブラッシングして埃などが堪らない様に最低限のケアがあれば
ちょっとしたよそ行きの恰好にも、スマートな顔つきで足元を支えてくれる頼りがいのある1足になると思います。


贅沢にも二枚の革で構成された″SEED″は、靴の名前が「種」を意味する見た目の面白さと曲線美に目が奪われます。
大きくカットされた二枚革で作られる事によって足を優しく包み込む様なフィッティングを実現。
アッパーからトゥにかけての湾曲したラインがユニークで面白いデザインです。
フォーマルやドレスシューズに多く見られる内バネ式を採用する事で、カジュアルな中にも凛々しさや凛とした表情をもたらす
trippenらしいバランスに仕上がっていると思います。
ソールは馬の蹄を表すpamirソールで、軽くなめらかな歩き心地を提案しています。
ステッチダウン製法により半永久的にソール交換が出来、ソール自体も全て自社で生産管理している為、
愛着を持って靴と付き合っていただければ、長い時間を過ごせる靴だと思いますし、履けば履く程に
価格以上の価値を実感していただけるはずです。

春めいてきて足元は俄然スニーカー気分といったところではありますが、同時に出張シーズン真っ最中でもあったりで
TRIPPENの着用頻度は落ちる事無く、冬から継続してよく歩く日の友となって日々活躍中です。
出張も旅行もとにかく歩く時はTRIPPENを選びます。自分達にとってはもう欠かす事の出来ない相棒の様な存在。
日帰りでも、長旅の場合でも、その時の服装によって変えられるほど靴箱にはTRIPPENが着実に増えてきました。
使用しているレザー、ソールによってもまた足の裏の感覚や、歩いている時の姿勢や地面の感じ方など、モデルによって
感覚の中で、ですが其々の違いが分かったりして、靴がファッションとしてだけではなく、当然ではありますが、
改めて歩行にとっての靴の重要性と、体にとっても大いに影響があることも感じられるようになりました。


春は色鮮やかで、ときめく程に素敵な柄の靴下もたくさん目に飛び込んできて、ついつい手にしてしまいます。
TRIPPENを履くと自然とモノートーンのソックスを合わせたくもなるのですが、装いがシンプルな時はユニークなデザインに合わせて
エッジの効いた柄なども取り入れたくなるのです。
靴も、靴下も、季節に応じて気分も変わってきますし、足は二本しかないのに、色々履きたくて困りますね。


スニーカーも好きで履きますが、特にコンクリートの地を歩く場合には、慣れた足が気持ち良い革靴はスニーカー以上に
楽に長時間歩くことが出来ると感じています。TRIPPENを一度履いて下さった方で、もう一足欲しい・・・と
いう方は、やはり普段から歩く機会が多かったりする方だったりも。
他の革靴がなかなか履けなくなる・・・と仰っていただけるのが、自分達もとてもよく分かります。
ただ靴が好きなので、色々と履いては何を着て、どういった場所に行くのかや、歩くのか乗り物に乗るのか、
その時によって選ぶものは変わりますが、オンもオフも対応が出来て、且つ自分の足が気持ち良く過ごせる靴は
なかなかそう多くは無いのではないかなと思います。

PageTOP