トートーニー靴の受注会③


今日で4日目を迎えたトートーニー靴の受注会。
残り30日(月曜日)1日(火曜日)の2日間となりました。自分の足に合った気持ちの良い履き心地の革靴を
手にする機会は、そう多くはないと思いますので新しい感覚を手にして頂きたいです。

今シーズンから新たに加わったラスト(木型)について、触れておこうと思います。
昨シーズンまではラストが1つだけでの展開でしたが、より良いフィッティングの向上を目指して
特に足のカタチが細く甲の高さが薄い方に向けて、縦の浮きが少しでも改善される事を目的として作製。
ラストを比較したり、靴の形状を見ても違いが殆ど分からないくらいミリ単位での修正を行っています。
現状で展開していたラストに対して、甲の高さを3ミリ高くするだけで履いた時の感覚は全く別世界とも
言えるくらい変化が起こります。
特に内羽式の靴は、フィッティングを調整するシューレ―スを閉める部分に構造上の限界があるので
それを解消する為に甲の高さをミリ単位で調整をする事により、靴の中での動きを制限させてくれます。


トートーニーの靴の心臓部分とも言える土踏まずを支えるフッドベッド。
硬くて厚い牛革を成型してアーチが出来るまで吊り込みを入れます。
アウトソールと組み合わせて接着をして一体化させる事で、足を入れた時に自分の足のカタチに沿うような
絶妙なフィッテングを実現。フッドベッドがある事で歩行をする際の手助けになり、長時間歩いても疲れにくい
理由にも繋がってきます。


今まで採用をしていたゴムソールは、軽くてスニーカーに近いような履き心地になります。
結婚式や入学式、卒業式などのお祝い事の場面や、出張や会議などのビジネスシーンなどハードに使用しない事を
前提に選びたい方にはこちらがお勧めです。
ソールの形状が薄くて柔らかい分、どうしても減り具合が早くなってしまうので、オールソールやメンテナンスの時期が
早くなってしまう傾向にあります。その分の履き心地の良さは抜群で、革靴を履こうという気合を入れずについつい足を
入れたくなってしまうくらいの気持ちになると思います。


今シーズンから新たに加わった”VIBRAM SOLE”は、見て目でも分かる通りで、強さと硬さ、グリップ力に優れたソール。
良く登山用のブールなどに使われているソールで、逆に言ううとプレーンな革靴に合わせるのはとても稀だと思います。
凹凸のあるソールを張り合わせる際に、直接ではなく、もう一層クッション材を入れる事によって、地面から足の裏に
伝わる距離が遠くなり、長時間歩いても疲れにくく、更に冬の地面からくる寒さという面もカバー出来る仕様になります。
新ソールのメリットとしてソールの減りがゆっくりな点と悪条件の路面にもしっかりと対応が出来る事。
デメリットとしては従来使用していたモノに比べると重さが出てしまう点、コバの張り出しが3ミリくらいあるので
見た目を気にされる方は不向きになるのかもしれません。
何を選ぶにもメリットとデメリットは必ずある事なので、ご自身のライフスタイルや履くシーンを想像しながら
選んで頂けたら嬉しいです。

トートーニー 靴の受注会②


今日も開店からトートーニーの靴を今回こそはと目掛けて来ました・・・という沢山のお客様にご来店頂き
神田さんがフィッティングをし、お客様が色々ご質問されたりしている姿を見る事が出来て、とても嬉しい気持ちで
あっという間な一日を過ごしていました。
残り3日間ありますので、今回はオーダーをするという所まで至らなくてもフィッティングだけでも試して頂き
履き心地とデザインを両立させた革靴を体感してもらえたらなと思っています。

今シーズンから新しい取り組みとして「WORK」と名付けられた、新型の底材を備えた革靴がラインナップに加わりました。
よりタフに履く事が出来、路上の条件が多少悪くても気を使わずに歩いたり動ける機能面を重視した革靴を・・・
という思いで作製された1足。1年以上前に、たまたま浅草のアトリエでお逢いした際に「WORK」のファーストサンプル
として見せて頂いた事があったのですが、その時は自分の中では正直ピンときていなかったのがリアルな感想でした。
神田さん自身もアウトソールを付ける事によって機能性は格段にアップするのですが、それと引き換えにすっきりしていた
アッパーとコバの繋ぎ目の見え方が大きく損なわれてしまい、デザイン面での落としどころの難しさを仰っていました。
僕の感想も全く同じで、華奢な革靴に強い厚みのあるソールを取り付ける事でのデメリットの方が大きすぎるのではないかと
感じていて、無理をして取り付ける必要はないのではないかと言ってしまおうかと思ったくらいでした・・・(笑)
それでも、神田さんからは機能とデザインの2つのバランスの良い落とし所を目指して改良していきますと
力強い言葉を聞けたので、新しい「WORK」の仕上がりを僕自身が一番楽しみにしていたのかもしれません。


それから細かな部分の修正を何度も何度も繰り返し行う事で、最初に見た時とは見違える程、コバの張り出しが
ギリギリの最小限の長さに抑え込まれていて、トートーニーの革靴らしさが失われずに”VIBRAM SOLE”の迫力も
すっきりと納まっていて、より汎用性の高い革靴に仕上がっていると感じました。
アッパーの素材は色々と選択肢はあるのですが、強さのある”キップ”とのコンビネーションにする事によって
冬にも対応出来る革靴になりますし、北東北のハンディギャップをカバー出来る1足になるのではないでしょうか。
ビジネスのシーンにも対応出来るように、コバの色はヌメ革からブラックにも変更も可能で
更にソールを繋ぐグレーのクッション材もブラックに統一出来るので、ワントーンの革靴にも仕上げられます。
色を統一する事でよりすっきりとしたフォルムに見えてくるはずです。


ソールに使用されている”VIBRAM SOLE”は、登山用のシューズに良く見かけるソールメーカーの1つで
凹凸がありグリップ力があり、耐久性にも優れているので、タフに長時間履く事を前提に靴を選ぶ方には断然お勧め。
昨日紹介しました今まで展開していたゴムのソールタイプを履いていて、もしソール交換したいと思った際に
今回リリースされた”VIBRAM SOLE”にも変更は可能ですので、ご自身のライフスタイルと靴との付き合い方によって
選択肢の1つとしてお選び頂きたいです。
僕自身も2足目として、冬でもガシガシ履ける革靴が欲しいと思っていた所でしたので、外羽のプレーントゥをベースに
素材はキップで¥、ソールは”VIBRAM SOLE”、コバなどを全て黒でオーダーをしようと考えている所です。
冬場の出張や旅行に行く際に、黒のオールコンフォートシューズを持っていたら洋服との合わせがより良くなるだろうと
色々と想像を膨らませています。

トートーニー  PLAIN TOE (VIBRAM SOLE仕様)

color      BLACK(キップ)

price      69000+TAX      /       74000+TAX

SIZE      21CM~24CM            25CM~28CM


トートーニー  PLAIN TOE BOOTS (VIBRAM SOLE仕様)

color      BLACK(キップ)

price      76000+TAX      /       81000+TAX

SIZE      21CM~24CM            25CM~28CM


トートーニー  STRAIGHT TIP 

color      BLACK(キップ)

price      80000+TAX      /       85000+TAX

SIZE      21CM~24CM            25CM~28CM

価格に関しては通常のゴムソールよりも抑えれることも”VIBRAM SOLE”のメリットの1つ。
僕自身も今年で8年目の冬を迎えるのですが、雪が降り積もる道路状況が良くない地方都市できちんとした見た目で
履き心地の良いレースアップシューズタイプの革靴を探すのは至難の業だと思っています。
特に男性であればカジュアルな服装に合わすことが出来て、且つビジネスの場でもカバー出来るとなれば
ある程度の価格を出したとしても十分に満足して頂ける1足になると思いますし、アフターケアもきちんとして頂ける
作り手さんなので長い目で見て愛着の湧く革靴を手にして頂きたいです。
明日まではデザイナーの神田さんもお店に終日立たれていますので、フィッティングを含めて新しい1歩を踏み出して
みては如何でしょうか。歩くことに対しての意識が変わる革靴です。是非。

トートーニー靴の受注会①


トートーニー  STRAIGHT TIP(内羽根)

color      BLACK(カーフ)

price      90000+TAX      /       95000+TAX

SIZE      21CM~24CM            25CM~28CM


昨日からスタートしましたトートーニーの靴の受注会。
今日で2日目を迎えました。夕方くらいから作り手の神田さんもお店に立たれていて、明日28日(土曜日)
明後日29日(日曜日)までいらっしゃいますので、靴の事で気になる点がありましたら折角の機会ですので
色々と質問をしたり聞いてみてください。

トートーニーの革靴をどのようなカタチでオーダーをしていくのかをざっと説明したいと思います。
店頭にはサイズサンプルとして全サイズをフィッティング出来るように、内羽式のストレートチップ(素材はカーフ)と
外羽式のプレーントゥ(素材はキップ)がハーフサイズ毎に21CMから28CMまで各サイズ並べられています。
フィッティングをして頂く前に、先ずは足の計測をさせて頂きます。右足と左足の長さや甲の高さ、特徴などを
お伝えさせて頂きます。その後、妥当だと思われるサイズをフィッティングをして履き心地を確かめて頂きます。
モデルとサイズが決まりましたら、アッパーの素材・カラーをサンプル内からお選び頂きます。
最後に細かい部分のお色(コバ)などを決めて頂きオーダーは完成となります。
今シーズンから新たな取り組みとして、従来のソールの他に”VIBRAM社”の凹凸のあるタンクソールでの作製も可能に。
足の形状が細くて薄い方へ向けた、新たな木型も今回からオーダーが可能になりました。


個人的に一番の思い入れのある内羽式のストレートチップ。
すっきりとしたフォルムながら、足を入れると見た目では想像も出来ないくらい窮屈さを一切感じさせないフィッティング。
素材に用いられているのは生後6カ月未満のきめが細かいカーフレザーを使用。
革靴特有の硬さが苦手な方にも履き始めから馴染む感覚があり、履き心地を最優先するのであればカーフが断然お勧めです。
内羽式のストレートチップはデザインとして、正装の場に相応しいとされているカタチでスーツスタイルや結婚式などの
お祝いの場などにも間違いなく重宝すると思います。僕自身も昨年に何十年か振りに結婚式に参列した際に、この靴以外の
選択肢はないと思って履いていきましたが、見た目と履き心地も良くて心地良く時間を過ごす事が出来ました。
2次会などで少しカジュアルな服装をする際にも違和感なく溶け込むのもトートーニーの革靴の懐の深さだと思っています。
いざ・・・という時にも勿論良いですが、普段着に合わせて、足元を引き締めたいと思う日に良く履く靴です。


歩行をより良くサポートする為に、中底とインソールを一体型にしたフットベッドを採用。
人間工学に基づいた靴作りとしても有名な”BIRKENSTOCK”や”trippen”などにも使われている仕様で、トートーニーの
靴とは作りは違いますが、目的は一緒で土踏まずの形状に合わせて凹凸を付ける事で、歩き易さを向上させたり
クッション性を高めたりする役割を果たしています。
フッドベットがある事で、歩いた時の感覚は今まで履いていた靴とは全く違う印象になり、長時間歩いたりする際には
よりその効果を実感して頂けるはずです。
アウトソールはクッション性のあるゴムとレザーのコンビネーションで、柔らかさと硬さの2つの感覚を味わえるソールで
ブランドならではのオリジナリティを感じさせるディティールだと思います。

トートーニー  PLAIN TOE

color      BLACK(キップ)

price      79000+TAX      /       84000+TAX

SIZE      21CM~24CM            25CM~28CM


もう一型は、革靴の中では最も使い勝手の良いとされている外羽式のプレーントゥシューズ。
内羽式と比べるとよりフィッティングの調整がし易く、カジュアルな印象が強くなります。
アッパーの素材をキップにする事によってタフに履ける1足に。
写真ではコバが素揚げの状態になっていますが、色をブラックで統一する事によりビジネスのシーンでも
使い易くなりますし、よりすっきりとした見た目に変わります。
明日のBLOGでお伝えする予定ですが、今シーズンから”VIBRAM”のソールを組み合わせる事も可能になりましたので
外羽式のプレーントゥシューズと合わせる事で、強さと汎用性を併せ持った靴に仕上がると思っています。
雪が降って道の状況が悪くなる東北地方の冬道にも対応出来る仕様にもなるので、ビジネスを中心に履く黒の革靴という
選択肢の1つとして良いのかもしれません。


毎シーズン少しずつグレードアップしているトートーニーの革靴。
前回オーダーして下さった方が履き心地の良さに感動して、リピートでもう一足オーダーをして頂いていたりと
僕が感じたフィッティングの良さと見た目のバランスの良さを感じて頂ける姿を見ると、とても嬉しい気持ちになります。
価格だけで判断してしまうと高価な靴に感じてしまうかもしれませんが、「歩くこと」「ファッション」という相反する
2つのバランスを絶妙な落としどころにした素晴らしい革靴だと思っています。
自分の足に合った革靴に出逢える機会は沢山はないと思いますので、一度足を入れてきちんとした背景のある物作りの良さと
デザインに触れてみてください。フィッティングに関しては明日と明後日の週末が特にお勧めです。

トートーニー 靴の受注会のお知らせ


東京の浅草という昔から革の産業が盛んな街で、シンプルながらもどこかユーモラスで側に置きたくなる
革ものと、身体の一部のように足に馴染む、はきもののプロダクトを展開する”トートーニー”
ブランド名にある「トートーニー」の名前の由来は、つま先からひざまでの「toe to knee」から名付けられています。

3年前に盛岡で行われた「entwine」の展示会で、一目見て心を奪われた1足の革靴。
内羽式でつま先にトゥキャップの付いた、程よいボリュームのストレートチップ。
冠婚葬祭などの「いざ」という時にも履けて、どんな場面でも困ることなく足元を装う真摯な革靴。
それでいて、普段着にも違和感がなく馴染むような見た目が強くなり過ぎないフォルム
付け加えれば、長時間履いてもストレスにならずに人の歩行をサポートする事を目的として
医学的な観点からもアプローチをして作られている事。
僕が勝手に理想として思い描いていた革靴の条件を、完璧に満たしてくれる革靴に出逢えた瞬間でした・・・


昨年の5月に初めてrasikuでトートーニーの革靴の受注会を開催をしました。
サンプルとして並べられた内羽式と外羽式のサイズサンプル(21.0~28.0までのハーフサイズ刻み)の中から、
実際に足の計測からご希望に沿って合う形についてフィッティングを試しながらお話させていただき、お客様に
アッパーの革素材や色、アウトソールの素材を選んでいただく靴の受注会になります。
今シーズンから新しい取り組みとして、何度も見た目のバランスと履き心地を調整してようやく完成した「WORK」
凹凸がありグリップ力と耐久性に優れた、Vibramソールとの組み合わせも可能になりました。
木型は今までと同様にゆったりとした履き心地のタイプと、それとは別に細く設定したものと2つからお選び頂けます。
義足装具士と共に開発した足の事を第一優先に考えて作られた木型は、足を入れた瞬間から全体を包み込むような
心地良さがあり、長時間歩いたり履いていても足が疲れにくい構造になっています。

実際に僕自身も東京出張など歩きがメインとなる時に良くこの靴を履いていきますが、洋服の振り幅にも柔軟に合い
長時間履いていても、ストレスになり難い点がとても気に入っています。
今年の一月には親戚の結婚式に出席し、久しぶりに着たスーツにも合わせて履いたりと様々なシーンにおいても
コンフォートシューズとしての役割を果たしてくれるトートーニーの靴。
新しく取り入れたVibramソールは、今まで使用していたソールよりも硬さがある分反り返りが良く
馴染むまで少し時間が掛かりますが、より長時間の歩行や環境が整っていない道でもタフに活躍出来る仕様に。
防水スプレーなどでアッパーをケアをしてあげれば冬の雪道にも対応が可能で、盛岡のような寒くて雪が降り
そして凍ったりする地域にとっては、機能性がアップしたことで履ける期間が今までよりも長くなると思います。
靴の事でお悩みの方にとっても、自分の足に合う靴に出逢える機会にもなるのではないかと思っています。
28日(土曜日)、29日(日曜日)の2日間は作り手の、神田さんにも店頭でフィッティングをして頂きますので
是非色々とお話をしながら、特別な一足を手にしてみてはいかがでしょうか。

受注会のスケジュールは以下の通りになります。
期間 9月26日(木曜日)短縮営業 13:00 OPEN
     27日(金曜日)通常営業
     28日(土曜日)通常営業 デザイナー在廊
     29日(日曜日)通常営業 デザイナー在廊
     30日(月曜日)通常営業
  10月 1日(月曜日)通常営業
      2日(火曜日)短縮営業 17:00 CLOSE

※今回受注を受けた商品のお渡しは2020年の2月~3月頃を予定しております。
 納期に関しましては前後する可能性がありますので、遅れが生じる場合にはこちらから連絡をさせて
 頂きますのでご理解・ご了承ください。

※お支払いに関しましては、オーダーを決められた方には前金として現金2万円をお預かりをさせて頂きます。
 残りのお支払いは靴が届いた際にお願いを致します。残金に関しましてはカード払いも承ります。

SOWBOW


1枚のブルーのシャツとの出逢い。
僕がSOWBOWと出逢ったきっかけは、出張で訪れていた福岡県の太宰府天満宮で行われている
″thought”という九州で物作りをしている方達が集まる合同展示会でした。
その時はお取引のあるブランド以外に、特に何かを目指してということもなく自分の中で引っ掛かるモノに
出逢えたらいいなという想いで足を運んでいました。
展示会をある程度堪能し、そろそろ次の場所へ移動をしようかなと思っていた時に1つのブースで足がとまりました。
手前には古着をリメイクした商品が並べられていて、僕自身が古着好きという事もありさらりとラックを見つつ
こういう商品もあるんだなと思った矢先に、ラック奥の方に何気なく1枚だけ掛かっていたブルーのシャツと
ばちっと目が合いその瞬間に、これだ!!!と感覚的に思いました。
そう思った瞬間に口から、そのシャツ買います!!と食い気味にブースに立っていた方(デザイナーの一人 吉村さん)
に伝えている自分がいました。
そうすると吉村さんから、このシャツはまだ売物ではなくサンプルで作製したもので、これから半年後くらいを目安に
ブランドを立ち上げます。ということを伺いました。そのシャツに完全に一目惚れをしてしまいブランド立ち上がったら
必ずrasikuでお取り扱いをさせて欲しいですと伝えると、吉村さんも快く承諾してくださって、なんとなんとブランドが
立ち上がる以前にお取引の約束をするという、不思議な出逢いとご縁だったと、今振り返っても忘れられない出来事。

SOWBOWは熊本に拠点を構えながら、熊本在住の吉村さんと東京在住の藤田さんの二人が手掛けるブランド。
宣言通り翌年にブランドが立ち上がり、これもまた縁で、盛岡で毎年開催している合同展示会”entwine”に
出展された時に、念願が叶ってようやく自分用のブルーのシャツを購入。
デザイナーの二人にもお店を見て頂き、rasikuにSOWBOWの商品が並ぶようになりました。
アイコンになっているイタリアンカラーのシャツは、春夏・秋冬の季節の狭間に重宝するシャツで
陶器で作られた釦やインディゴ染めを施したものなど、着れば着る程に愛着が増していくのは間違いありません。
何処かのタイミングで盛岡でもイベントをやってみたいとお互いの気持ちが一致しましたので
これからの季節に気持ち良く着れるシャツを、展示販売する機会を設けさせて頂きました。
週末の31日(土曜日)1日(日曜日)は、デザイナーの吉村さんも店舗に立って接客をして頂きますので
この機会にSOWBOWの物作りを堪能して頂きたいです。


Comfortable Clothing
COMFORTABLE CLOTHING とは単に着心地の良い日常着ということではありません。
それは「着流し」の感覚であり、 着ている人と服の間で生まれる空気感、 雰囲気を大切にすることです。
ブランド名 SOWBOW(蒼氓)には人民や民といった意味があります。
SOWBOW の制作する服が、 「特別な誰かの為のものではなく、 人々の日常に寄り添うものであってほしい。」
そんな想いから名付けられたものです。
主に九州地方を生産背景に、 その土地で古くから培われてきた伝統技術 (生地・染め・縫製) を用いて
日本の文化、環境、歴史に適したものをデザインし、積極的に提案します。
※ブランド資料より抜粋

rasikuでは、ブランド立ち上げからお取り扱いをさせて頂いている”SOWBOW”
店頭で接客をしていても、デザイナーである藤田さんと吉村さんの二人の真摯な物作りの姿勢に、1歩ずつ着実に
ファンが増えてきている事を実感しています。
九州に残り続けている伝統的な織物や産業に着目し、古着からモードに至るまでジャンルを問わずに洋服を
フラットな目線で見て着てきたデザイナーだからこそ作られる製品は、唯一無二の存在感があると思います。
量産される工業製品の様なプロダクトとしての一面と、何処か人の手を介した温かみのある相反する2つの
エッセンスが見事に融合されていて、これから先の時代に残り続けて更に進化をし続けて欲しいと素直に思います。
日本各地の地方や地域に大よそ当てはまる事だと思いますが、古くから続く伝統的な産業や工芸品などを
凝り固まった考えや排他的にならずに、時代の変化にカタチを変えながら柔軟に対応して繋げていくか・・・
そういった違う目線や角度から見ても、SOWBOWの物作りや姿勢は小さなブランドですがこれから地方発信の
物作りにおけるモデルケースとして、とても参考になる部分が在るのではないかと思っています。

SOWBOWのイベントの日程は以下の通りです。
明日27日(火曜日)と28日(水曜日)定休日は、イベント準備のため店舗はお休みとさせていただきます。
時間はいつも通り10時30分から19時閉店です。最終日のみ17時閉店になりますのでご注意ください。
8月27日(火曜日)  臨時休業
8月28日(水曜日)  定休日
8月29日(木曜日)  SOWBOWイベント スタート
8月30日(金曜日)  
8月31日(土曜日)  デザイナー在中
9月1日(日曜日)  デザイナー在中
9月2日(月曜日)
9月3日(火曜日)  10:30 - 17:00閉店 

PageTOP