タイ出張 忘備録

長期間のお休みをいただき、出張から戻ってまいりました。
お陰さまで激しく体調を崩すこともなく、ゆっくりと通常モードへ身体と頭を慣らしているところ。
気が付けばあっという間に月をまたいで3月に突入。
暦の上だけじゃなく、目の前に春の足音が近づいているなという気配がそこかしこに感じられます。

お店を続けていると、時に自分達の予想を超えるような、でもそうなるような予感がしていたような
そんな不思議なご縁に導かれることがあって、するすると事は動きはじめたので、その流れにのって
今回は国内ではなく、東南アジアに位置する経済成長の著しいタイへと旅に出る事にしました。
目的は現地での直接仕入と、自分自身を試すことで視野と感性を広げる。この2つ。

今回タイへはノックスクートというLCCを利用しました。
微笑む黄色い鳥が飛び立つ準備中です。
バンコクのドンムアン空港まで直行便で、約6時間50分のフライト。
チェックインカウンターの行列がすごいとの前情報通り、列に並ぶ事1時間弱。
無事航空券を受け取り、手荷物検査→出国審査までスムーズに終えたもののすでに疲労感。苦笑
時刻通りの出発、機内はほぼ満席。
早速LCCの洗礼を受けて膝が壊れそうになりましたが、自前の映画2本見て気を紛らわしたりしながら
ほぼ一睡もせず、何とか無事にドンムアン空港へ到着。
飛行機を降りた瞬間から、むあっと暑い空気に包まれ、着てきた上着類の役目はここで終わりです。

着いた時間は夜の19時過ぎ。日本との時差は2時間。
先ずは腹ごしらえと、空港内の飲食店で初めての注文を試みます。
それぞれのお弁当に、飲み物と思って、さっぱり目なキウイTEAを頼んだつもりが、出てきたのは
がっつり甘いイチゴミルクTEA・・・ご飯に全く合わない&ぬるい。
氷は気を付けて!という助言もすっかり忘れて氷入り。初っ端からやってしまいました。笑

なんとかお腹も満たされ、空港からホテルへ。
タイの移動手段はバス・電車・タクシーがメインで、時間も遅かったのでタクシーでホテルへ直行することに。
タクシーの初乗りは35バーツ(日本円で約120円くらい)で、日本よりもだいぶ安い。
行き先を伝えると、タクシーは(古いカローラ、色はどピンク)高速道路を130キロくらいで爆走し、
料金所では無言で手を差し出されたので慌てて高速代を払い、30分後に無事にホテル到着。
物凄いスピード感でしたが、料金はきちんとした値段だったので、良い運転手さんで本当に良かった・・・
その日は移動のみで疲れ果てて、すぐに就寝。


宿泊したホテル。プール付き。
朝9時過ぎで既に気温が35℃くらいまで上がるので、プールにも入りたくなる気候。
ホテルはいろいろと悩みましたが、目的のマーケットに近くて程よく綺麗そうなところを選択。
結果・・・とても良かった!
中心部からもちょっと外れた場所だったので、静かで落ち着いた街でした。
何よりホテルのスタッフの方の対応が素晴らしく、部屋も清潔で安心して休めました。

大通りに面した路地のあちこちにいるバイクタクシーの方々。
バンコクは渋滞が酷い街で、車の間をすり抜けていけるバイクタクシーは市民の足として欠かせないもの。
通勤で使う人も当り前。母親とこどもの二人を後ろに乗せたバイクタクシーもよく見ました。

バスは乗る意思を示さないと、停まってくれないそう。
今回は一度も利用しませんでしたが、チャレンジしたかった。
冷房が有る無しで運賃が違います。冷房無しは、乗降口のドアが開いたまま走っています。
バスの外装がレトロ感があって好きな感じでした。

荷台に人を乗せて移動するのは違反ではないらしい・・・結構街中で見かけました。
ノーヘルのバイクも、はじめは気になりましたが、すぐ見慣れてしまいました。
あと横断歩道を渡る際も、車やバイクが関係なく次から次へと来るので、待っていたらきっと一生
渡れ無さそう。はじめは気を付けながらちょっとずつ進んでましたが、3日目ぐらいにはタイミングを
合わせてすっーと渡れるように。

滞在中一番利用したのはBTSと呼ばれるスカイトレイン。はじめはキップを買うのも一苦労でした。
券売機はお札が使えず、その場合は人の居るカウンターで購入。
その為、利用客の多い駅(マーケットの最寄駅)では、必ず窓口に行列ができています。
その混雑を除けば、BTSは渋滞知らずでエアコンも効いていて、とても便利で快適でした。

公園をブラブラと歩いたり、途中で栄養補給を兼ねて搾りたて100%のザクロジュースを飲んだり。
公園の外側では早朝から屋台もやっていて、中に入れば健康器具?筋トレマシーンがたくさんあって、
沢山の人で賑わっています。
木々がたくさん植えてあり、ちゃんと水もまかれて手入れされていて、トイレもお金を払いましたが
想像していたより綺麗。
途中、屋台付近でキャーキャー騒がしいなと思い見ていると、ガサガサっと地を這う生き物が。
なんと、野生の?イグアナでした。驚愕。笑

中心部は建設工事中な場所も多く、とにかく車の排気ガスがすごいので、少し歩いているだけでも
若干息苦しさを感じます。現地の方と話した際にバンコクはこれでも随分と良くなった方で、
地方都市の大気汚染はもっとすごいとのこと。
今まさに発展途上という中で、環境汚染問題に関しては日本同様にこれからという感じがしましたが
ただ街や人からは何とも言えない勢いと言うかエネルギーに満ち溢れている様子はひしひしと感じました。

今回、唯一の観光らしい観光は3大仏教寺院のひとつ「ワット・ポー」のみ。
黄金の巨大な釈迦涅槃仏が有名で、通称・涅槃寺とも言われる寺院は観光客もわんさかいます。
ただ敷地面積がかなり広いため、見所からちょっとズレると、ゆったりとした広場が。
そこにはカラフルなタイルで装飾された美しい仏塔が立ち並んでいて、厳かな場所でありながらも
見た目はPOPで楽し気。空気ものんびり穏やかで、とても居心地が良かったです。

 


ワット・ポーの敷地内にあるタイ古式マッサージ体験の出来る場所。
タイで有数のマッサージスクールと、伝統医学センターとしても知名度の高いワット・ポー。
ここのマッサージは本当に素晴らしかった。値段もリーズナブルですし、おすすめ!!


タイの移動手段の1つ、トゥクトゥク。音の響きが良い。
値段設定は若干高め。それでもやっぱりせっかくだから乗ってみる。
吹き抜ける風が心地よく~と言いたいところですが、気温が35℃くらいあるので熱風が身体を襲います。笑
気分を味わうのには最高の乗り物です。配色も良し!


ご飯は基本屋台で。
屋台のおばちゃんが、これも入れた方が美味しいと言って辛いパウダーと旨味調味料を大量に投入(汗)
美味しかったですが、自分で味を調整して好きな落とし所を探す感じでした。
盛岡で言えばじゃじゃ麺に近いと言えば分かり易いと思います。パクチーと生もやしは食べ放題。


バンコク市内はナイトマーケットと呼ばれる、17時から深夜まで行われているご飯やお酒、洋服から雑貨まで
ありとあらゆる商品が並ぶ市が、週末を中心にあちらこちらで行われています。


その前に腹ごしらえ。
夕方過ぎても30℃近いのでビールが沁みます。
色々なお店がびっしりと在るのですが、僕らが探し求めているような商品を扱うお店はその中でも1つか2つ。
ウロウロ歩き回ってもなかなかここだ!という場所・ものに出逢わなかったのですが、
なんとか目ぼしいお店を発見!したのですが、なんと両替をし忘れていてその日の購入は断念。
明日も来ようと、後ろ髪を惹かれつつも帰宅。翌日に備えます。

翌日は僕らの最大の目的でもある「ウィークエンドマーケット」に足を運びました。
週末の土曜日と日曜日のみの開催で、出展者は何と2万店。想像が付きません。。。
灼熱の35℃の中をひたすらに歩き回ります。
迷路のように複雑になっている会場は、一度見た場所には戻れないと言われる程のマーケットで
飲食・洋服・雑貨・アート・古道具など、いろんな垣根を越えた世界最大規模と言われるフリーマーケットです。
土曜日と日曜日の2日間。このマーケットの中から自分達のアンテナに引っかかった物をピックしていきます。


想像以上の暑さに体力を奪われて、お昼を過ぎた頃にはぐったりするくらい物量と広さに圧倒されてしまいました。
1日目はとにかく見る、見る、見るという感じで、気になった場所をメモしておく。
これはと思う物だけは買う。
2日目には再度気になった場所へ行き、自分達が良いと思えるものをある程度選別して買う事が出来ました。
これだけ沢山のものを見るというのは久々で、自分の目で見て自分の価値観で買うという良い勉強にもなりましたし、
それ以上に、そのお店の方とのコミュニケーションであったり、基本どこに行っても人が大事ということと
自分がひとりの人として外に飛び出してみて見える事の大きさに気付けたことが、本当に良かったです。
最初からうまくいく事のほうが少ないけど、この経験を糧にまた海を渡って、もっと色々な感覚と感性を
磨いていきたいと心の底から思います。
商品はハンドキャリーで日本に持ち帰り並べておりますので、是非ご覧いただければ嬉しいです。

とあるお店の飼い猫。
バンコクはお店に猫や犬が居たりするところが多くてよかった。

7→8


1月29日は「イーフクノヒ」→「良い服(衣服)の日」と勝手に決めてrasikuをオープンしてから
7年が経ちました。
今日までお店を続けられたのも、足を運んでくださるお客様の存在があってこそ。
本当にいつもありがとうございます。
そして様々なご縁で出逢った作り手の方と、その物づくりに携わるたくさんの方々と、
距離にかかわらず各地よりエールを届けてくれる方の存在に、支えられて生かされて
やってこれたと心の底から思うので、とにかく有難いなという気持ちしかありません。

7年の間に自分自身の中でずっと変わらずにいる事と大きく変わった事、どちらも同じくらいあって
こうしてお店をやらなければ、きっと気付けなかった感情に触れていることを実感しています。
昨日まで12日間もの長いお休みをいただきまして、それはとても色んな意味で大変なことではあるのですが
なかなか大きくレイアウト変更を行いました。
今までコツコツと蓄えてきたことを、物にだけでなくより空間に落とし込みたいという気持ちが高まりつつも
なんだかイメージがぼやっとしていて踏ん切りがつかなかったのですが、8年目を迎えるタイミングでもあり
周りの方にもたくさん背中を押してもらい、良いイメージになってきたのが年末ごろで、ここが良い時期かも!
と思い改装を決意しました。

お店をはじめた当初は、明るい内装よりもどちらかと言えば暗いトーンの什器や空間が好みだったのですが、
ここ数年で様々な場所に旅をしたり、景色を見ているうちに自然光が綺麗に差し込む空間に惹かれていくようになりました。
改装の希望としても一番に伝えたのが光が入り、風通しが良く感じられるようにということでした。
新しくなったお店は以前よりも奥行きと明るさを感じられるお店に生まれ変わったと思います。

もう一つ実はオープン時に外を歩く人にディスプレイを見せたいと思い、1枚だけガラスを変えた窓枠があるのですが
ストックに隠れて全く意味をなしていませんでした。
実はこの日の為に付け替えていたのではないかというくらい、お店から外の天候も一目で分かる様になり、
新しいお店の顔にもすっと馴染んでいるのをニヤニヤしながら眺めて過ごしています。

独立をしてrasikuをオープンした時は、ここまで感覚が変わるとは思っていませんでした。
好きな物や事は、そこまで大きく変わる事はないと半分決めつけていたような気もしますが
沢山の物に触れて、作り手の方やお客様と接しているうちに、段々と視野が広がる様になり自分で言うのも変ですが
物事を受け入れられるキャパが大きくなってきた様に感じています。開いて閉じてを繰り返していくうちに
世界観であったり見せ方、言葉や視覚での伝え方の引き出しを増やしていけるんだと、ここ数年でようやく少しですが
手応えと実感が出来る様になりました。8年目は新たな場所と方法で商品の仕入れを取り入れていこうと思います。
挫折や失敗をしながらでも、今までに出逢った事のない感性や感覚を積極的に受け入れて、また違った面白さや刺激を
この場所から発信していきたいと思っています。
この土地の景色や、街の暮らしに似合う装いの提案をしていきたいですし、たくさんではなくても誰かにとって
必要とされる存在になれるように、また今日からコツコツと面白がりながら取り組んでいきたいと思いますので、
ふと思い立った時にでも足を運んでいただけたら幸いです。

8年目のrasikuもよろしくお願いいたします。

                                      rasiku  佐々木 高広

6月19日


FilMelange   JAMES 

price       7000+tax 

SIZE        3    /    4    /    5  

今日は夏の様な日差しと湿気の少ない風が心地良く、梅雨の間の貴重な晴れ間が広がっています。
Filmelangeの定番商品として、ブランド立ち上げ当初から現在に至るまで作り続けられている無駄を一切削ぎ落とした
究極にシンプルな半袖Tシャツ″JAMES”
「ニューリンダ天竺」と言われる″FilMelange″が独自に開発した生地で、特徴として表面は少し品の良い光沢がありますが
あくまでカジュアルに着る事を想定しているので、全体的には適度なムラ感があります。
程良い厚みがあり、ディティールには首元の縫製にタコバインダーと呼ばれている古き良きカットソーに見られる
一手間加えた縫製技術を踏襲しています。自社工場で縫製が出来るメリットを最大限活かしながら手間暇を惜しまずに
1枚のカットソーを作り上げています。素材には世界の三大綿の1つと言われているエジプトのギザコットンを贅沢に使用。
超長綿と言われる1本1本の繊維が長いものを使用している為、洗いこんでいってもキックバックがきちんとあるので
大きく型崩れしないのも嬉しいポイントです。

今回のイベントでディレクターの関口さんからより詳しく教えて頂いたFilMelangeの製品の原料のこと。
原料となるコットンですが″完熟コットン″と言われる、ころころと転がった綿花の写真のように、
花が開いたタイミングで全て″手摘み″で収穫をされています。
普通の工程であればコットンボールが開いているものと、開いていないものも一触くたに機械を使って刈り取り、
そうすることで時間と労力の短縮にはなるのですが、糸にした段階で1本1本に大きくムラが出てしまうのは当然の事。
丁寧に1つ1つ手摘みされたコットンボールをゴミなどの不純物を取り除き紡績し糸にして、その糸を吊り編み機で
じっくりゆっくりと時間を掛けて、空気を含ませながら生地に仕立ていきます。
当然一手間、二手間があるから時間も労力も倍以上に掛かるのですが、それが着た時のふんわりとした空気を感じられる
極上の着心地に繋がっています。
左は価格が2・3000円くらいのカットソーを作る為の綿。右はFilMelangeのJAMESを1枚作るのに使用されている綿。
見た目も全然違うのですが、手に触った時にしっとりとぬめりがあり、そしてぎゅっと詰まった質感は全く異なります。
これが全てだとは思わないですし、これ以外が駄目という考え方ではなく、時間を掛けて作られた良い製品を知る事で
視野や考え方に広がりが生まれるかもしれませんし、自分自身も初めてFilMelangeの製品に袖を通した時の衝撃は
今でも忘れられず、たかが一枚のTシャツだとしても、こんなに違う物があるのだと自分が知るきっかけとなりました。


吊り編み機ならではの丸胴のボディは、ごろつきなどが一切なくストレスフリーな着心地。
丸胴の特徴として着用を繰り返すとボディが斜めに斜行してきますが、それもまた自然なことで
着ていく事の楽しみとして捉えて頂ければと思います。
シルエットは身頃はすっきりとして、着丈は少し長めに設定をしています。
カットソーに関しては自分自身が着たいサイズ感で着るのが良いと思いますので、適正サイズを理解しつつ
そこからぴったりか、ゆったりかのサイズ選びをして頂ければと思っています。
身長178CM 体重63キロ  着用サイズ4になります。


1枚7000円のTシャツを、高いと思うか適正と思うか。それは個人の価値観や考え方によって様々だと思います。
それが高いか安いか云々ではなく、日々の生活をする上で自分の気持ちが上向きになったり、リラックスして気持ちに
一瞬でもゆとりが生まれたり、心地良く時間を過ごす為の手段の1つとして、それが好きな洋服を着る事であれば、
そこには自分で気付かないうちに、値段以上の付加価値が生まれているのではないかと思えたりします。
1枚のシンプルなカットソーかもしれませんが、袖を通さずにはいられない理由がしっかり詰まったカットソーです。
今回はイベントであるからこそのカラーバリエーションとサイズも揃っていますので、
この機会に一枚手にしてみては如何でしょうか。

明日20日(水曜日)は通常は定休日ですが、イベント期間のためオープンいたします。
普段水曜日に都合がつき易い・・というお客様にもお越し頂けたら幸いです。お待ちしております。

FilMelange POP UP STORE 二日目


″FilMelange POP UP STORE″ 週末の2日間は絶好のTシャツ日和!とはなりませんでしたが、
多くのお客様に足をお運び頂きましてありがとうございました。
日曜日は穏やかなスタートではありましたが、気付けば土曜日に続きTシャツをお選び下さり、
自身でプリントを擦って下さる方が多数で、初日を遥かに超えるオリジナルのプリントTが完成しておりました。
自分自身でプリントを擦るという機会はなかなか無い事ですし、だからこそ皆さん真剣にデザインと色と配置に、
悩まれていて、仕上がった時の喜びの表情にこちらまで達成感でいっぱいになりました。笑
プリントを入れるのは所要時間5分ぐらいで出来ますし、やり方もそう難しくありません。
FilMelangeのデザインと、rasikuでご用意した銅版画作家 岩淵さんによる盛岡の景色を切り取ったデザイン、
こういった企画が無ければ、繋がらなかったかもしれない二組のデザインも面白さの一つですし、
何よりボディがFIlMelangeであるということが、一番の魅力だと思います。
自分達が自信をもってお勧めするカットソーなのでこの機会に袖を通してその着心地に触れて頂けたら嬉しいです。
着る喜び+@で、世界に一枚の極上のTシャツを手にしていただけたらと思います。
今回はプリント作業の様子をちらり。


プリントは浸み込みのタイプは6色、ラバーは2色、全部で8色からお選び頂けます。
濃い色のボディ(ネイビーやブラック)にプリントをする場合のみ、ラバー(ホワイト・イエロー)の2色しか
お選び頂けませんのでご了承ください。2日間を終えて一番人気のカラーは、FilMelangeが独自に開発している
オレンジ色とピンク色の間をとったようなオリジナルのカラーで、杢グレーや白のボディに組み合わせる方が多かったです。


共同作業で・・・いざ!

僕自身もプリントTEEを作製するのは初めてで、ちょっと緊張しました。
手の力の入れ方で色の濃さや滲み方が変わってきたりもしますが、想像より簡単に綺麗に入りました!
FilMelangeで販売しているプリントTEEは、基本的には機械を使ってのプリントになるので手刷りの
プリントTEEは、実は希少かもしれません。


記念すべき最初のプリントは
岩手の名峰・・・!


大銀杏の周辺にで飛んでいる姿を見たりします。
幸せを運ぶ鳥、燕。スワローズファンの方も。


四季折々の姿に日々守られている様にも感じる、大銀杏


東京・外苑前にあるFilMelangeの直営店「HOUSE FilMelange」
素敵な外観を岩淵さんが描きました。
大きなFilMelangeのロゴと、直営店のプリントで完成した″着るメランジェ″です。(by 走る広告塔のHolmelange)

シンプルに数字を。

リバーシブルのTシャツにタグのような雰囲気でプリントを入れてみたり・・・


僕らが全く想像をしていなかった位置へのプリントであったり、控えめながらチャレンジャーな発想力に、
FilMelangeの関口さんも、様々な衝撃を受けて東京へと戻られました(笑)
今日も含めまして残り4日間。既に折り返しではありますが、カットソーでは最高峰と言われる極上の生地を使った
自分だけのオリジナルのTシャツを作ってみては如何でしょうか。
他、様々なモデルがずらりと並んでいますので、ぜひお運びくださいませ。

FilMelange POP UP STORE 初日

FilMelange POP UP STORE at rasiku 初日スタートいたしました。
OPENからお客様には足をお運びいただき一日があっという間でした。ありがとうございました。
今日・明日の二日間はFilMelangeのブランドディレクターを務める関口さんと共に店頭おります。
原料である”わた”からはじまり紡績、生地となりFilMelangeの製品が出来るまでの話はとても興味深くて
それでいて果てしなく壮大な物語の様でもあり、自分なりに感じることがたくさんあります。
そういった話がじっくり聞けるのもこういったイベントならではだと思います。





今季の春夏のコレクションのものからアーカイブのものがずらり。
普段なかなかここまでのモデルが並ぶ事は無いので、じっくりご覧いただけたらと思います。
思わぬ出会いがあるかもしれません。


また今回のイベントでは、お選び頂いたFilMelangeの商品にその場でシルクスクリーンによる
ハンドプリントを施す企画もご用意しております。一擦り(一つのデザインにつき)¥1000-となります。
其々違う生地と、プリントの組み合わせ。そしてどの位置に入れるか・・・。
その人だけの一枚が仕上がる様子は見ていても楽しかったです!
岩手バージョンのデザインをお選び下さる方も多かったので、とてもうれしい!
イベントは21日(木曜日)までですので、ぜひ足をお運びください。

PageTOP