rasiku -official web site-

line

臨時休業のお知らせ


3月16日(木曜日)は、展示会出張の為、臨時休業とさせていただきます。
15日(水曜日)は定休日ですので、二連休となります。
お客様にはご迷惑お掛けいたしますが、どうぞお間違いないよう宜しくお願いいたします。

3月13日


TEMBEA    PAPER TOTE LOGO

color       BLACK/black  

price       10800+TAX

SIZE       29×35.5×11


color       NATURAL  


TEMBEAのLOGOシリーズより新たにリリースされた″PAPER TOTE″が並んでいます。
お店でお買い物をした際に商品を入れてお渡しする手提げ袋を、イメージさせるバッグ。
紙袋の様ですが、素材は帆布。素材感と形のギャップというか、今まで展開した事のあるLOGOシリーズの
モデルとは、また少し異なる空気感を持ったバッグの様にも感じています。
というのも、TEMBEAのアイテムは使う目的や、入れる物が決まっている事が前提に合って、そこからオリジナルで
デザインを考えて作られているものが殆どなので、今回のPAPER TOTEの様に元々既製品としてある形を、
デザインソースにしているものというのがあなり無いからこそ、見慣れたカタチなのに、なんだか真新しくも感じて、
不思議な感覚になるのです。馴染みある物だけれど、でもやっぱりなんだか別物。という違和感。
底のデザインもきちんと張り合わせたような仕様になっています。こういう細かな部分がより想像を
掻き立てる要素にもなりますし、細やかさで遊び心を感じさせるのがTEMBEAのニクイところだと思います。


縦長サイズは、ノートや雑誌、チラシなどなどが、すっぽり入る万能サイズ。
持ち手は華奢な牛革で、内側でくるんと結んでいるところも、まさに紙袋仕様。
畳むと底のマチも、両端もぺたんっと薄くなるので、使わない時にも場所を取らずに収納できます。
サブバッグとして、さっと持って出掛けられるようにデスク周りに引っ掛けておいたりしても良さそうです。


LOGOシリーズに関しては、底や全体の形が丸みを帯びたものを今まではよく展開していて、
どこか柔らかな印象のものが多かったので、かくかくっとした形は持った時の印象もシャープになりますね。
服のデザインや色のイメージと組み合わせて、持って頂くと形の面白さも際立つかと思います。


大きな変化ではなく、小さな変化をし続ける事で毎回見る人を飽きさせないTEMBEAの物作りには
発想の柔軟さやユーモアセンスを感じずにはいられませんし、人と物とがとても気持ち良くいられる距離感を
保ちながら、進化し続けている様に感じています。遠すぎず近すぎず。
手が届くか届かないか、適度にドキドキもする範囲内にいてくれる感じがします。
それは自分達にとっても良い刺激を与え続けてくれていますし、自分達もセレクトする際に店内の様子や
足を運んで下さる方の事を想い浮かべながら、その時の気分で選んでいるので、毎回並べる時も新鮮で
楽しみながら提案出来るので、それが手にする方にも共感して頂けたら嬉しいなと思っています。

TEMBEA    MARCO BAG

color       NATURAL  

price       13800+TAX

SIZE       21×31.5×12


color       BLACK/black

color       GREY


もう一型は、毎回店内に並ぶとその形・サイズに良い反応をいただく機会が多いMARCO BAG。
今回は、ナチュラル・ブラック・グレーの三色が揃っています。
ショルダータイプで三段階の長さ調整も可能となっていますので、男女問わずお持ち頂けるモデルです。


″牛乳とパンをいれるためのバッグ″
というだけあって、お出掛けに必要な最低限の荷物がしっかり入る容量があるのが良いです。
ZIPではなくスナップボタンでの開け閉めなのも、もちろん好みはそれぞれ分かれるかもしれませんが
丸見えでは無い安心感と、比較的すぐ中の物も取り出せる便利さ。
がっちりではなく、適度な機能性が使い易かったりもしますね。


あと一段階ショルダーの長さを伸ばせますが、男性でも斜め掛け可能です。
さらっとカットソー、シャツ一枚で過ごせる様な季節になったら、バッグも軽やかにしてみては如何でしょう。
近づく春の足音に耳を傾けたり、もう少し先の爽やかな新緑の季節をイメージしてみたり。
やっと店内も春を感じる服や小物が充実してきましたし、少し前に感じたまだ早いかな・・・という気分は
漸く無くなり、並ぶ品々を見てると自然とウキウキワクワクしてくるので、季節と気分が近づいてきた証拠です。
昨日ご来店くださったお客様からも、そんな空気を感じ取りました。
は、忘れていましたが、明日はホワイトデーですね。ギフトにもお勧めのバッグです。
ホワイトデー抜きにしても、男女関係なくお使いいただけるバッグですので、ぜひ。

3月11日


TOOLS    MILITARY UNDERWEAR KNIT

color     NAVY   

price     11800+TAX

SIZE     3   /   4   /   5


今シーズンより店頭に並んでいます″TOOLS″
ブランドコンセプトは「暮らしのための道具」
「毎日ラフに使えるもの」「素朴だけど上質なもの」「生活に溶け込むもの」暮らしを楽しむ為の、
何気ない道具をメインに提案していますが、自分達からみたTOOLSの物作りは、ありそうで無い、
小さな小さな隙間をしっかりと捉えていて、その目線で提案されるプロダクトに面白味を感じました。
rasikuでは、ウェアやバッグを中心にその時目にした”これは!”という物を選び、展開していきます。
スウェット程厚みがなく、Tシャツよりは肉厚なミドルゲージのカットソー″MILITARY UNDERWEAR KNIT″
展示会で見た際に一番気になったアイテムで、お取扱いをさせて頂く前に自分自身で購入して半年間着用を繰り返して
いたのですが、見ため以上に着心地や耐久性の高さを実感したカットソーでもあります。
首元はしっかりと詰まったクルーネックなので、そのまま1枚で着用するのも良いですしコットンニットを着るようなイメージで
着用写真の様にインナーにシャツを組み合わせても相性が良いです。
rasikuで展開をしているSAINT JAMESやFilMelangeのカットソーともまた違ったアプローチで作られていて、
良いところを突くなぁと面白さを感じています。カラーは″NAVY”と薄い″GREY”の2色展開です。


素材はコットン100%で縦方向の細かな畦編みで形成されています。
ストレッチ素材が入っている訳ではないのですが、伸縮性に富んだ素材感で動き易いうえにシルエットも程良くゆったりと
していますので着用した際のストレスを殆ど感じません。見え方としてスウェット程ラフになり過ぎず、畦編みを採用した事に
よる凹凸が縦のラインを強調してみせてくれるので、上品な雰囲気も映ります。
分かり易く言うとスウェットとTシャツの丁度真ん中をとったようなバランス感で生地の厚みが程良く、インナーに着用した際にも
肩・腕周りが窮屈になりにくいので、主役としても、インナーとしても、どちらにも対応出来る事が
MILITARY UNDERWEAR KNITの秀逸な点だと感じています。


肩・袖・裾を切替しで処理をしています。
袖と裾に関して言えばリブで処理をする事で、見た目がすっきりとおさまる点と洗濯を繰り返した際に
ほつれ難くなり、耐久性においてもカタチが崩れず長持ちし、このディティールがあるだけで安心感と、
ぐっとくるものがある様に思います。


color     GREY

SIZE     3   /   4   /   5


カラー″GREY”は切替しの部分がはっきりとしてアクセントになります。
ワードローブの隙間を埋めてくれるような存在で、作業したり動いたりという事が多い日などに着たり
インナーにシャツを入れて、少しだけ緊張感を持たせてみたりとふり幅が出せるカットソーは案外重宝すると思います。
これから気温が上がって何を着ようか迷う事が多くなる季節に、こういったアイテムが手元にあると
ついつい手を伸ばしてしまいたくなる、いつの間にか頼りになる存在に変わっているはずです。


ネイビーはLサイズでゆったりと着用し、グレーはMサイズでジャストサイズで着用しましたが身体のラインが気になる方は
今からでも遅くないので少しずつでも身体を鍛えるとより格好良く着熟せるはずです・・・(笑)


古着などにも詳しく、また様々な経験を経て今このブランドに携わるデザイナーだからこそ、とても客観的に
それでいて面白がりながら、世の中に出回っている物ではなく痒い所に手が届くような独特のアプローチで
物作りをしている点にも共感しましたし、製品と価格とのバランスもとても良く感じています。
見た目に派手さは一切ありませんので(笑)さらっとした存在感は気付かれにくいのですが、じわじわと
後になって気になってくるようなブランドだと僕自身は思っています。
少しずつの展開ですが、じっくりゆっくりと手に取ってもらい浸透していけば良いなと思います。
もう一型、ずっと探し求めていたインナー用のTシャツで素晴らしいのが見つかりましたので、それはまた後日に。

3月10日


nisica    フードブルゾン

color     ブラック   

price     30000+TAX

SIZE     1   /   2  /   3   /   4 


朝起きて冬、お昼くらいから春の匂い、夜になってふたたび冬。
一日で季節がいったりきたり目まぐるしく、着たいと思う洋服を取るか暖かさのある洋服を取るか。
どちらを優先すべきか葛藤する日が続いています。
昨シーズンからお取扱いを始めましたnisicaですが、春物の第一弾が店頭に入荷をしてきました。
毎日でも袖を通したくなるようなコットンや麻素材を用いた洋服のイメージが強いかもしれませんが、ナイロン素材を用いた
スポーティーなアイテムも毎シーズン何型か提案をしていて密かに人気があります。
大きめのフードが一体型になったジップアップタイプのブルゾンは、パッカブルにもなって持ち運びが簡単に出来るのと
nisicaらしいアプローチを感じるディティールが幾つもあってアウトドアブランドやスポーツブランドが作るそれとはまた違った
良さを感じて頂ける1枚です。春の冷たい風を遮ってくれますので今時期はインナーにセーターを着て着るのも良いですし
暖かくなればシャツやカットソーの上に着て、日中の暖かい時間はコンパクトにしてバッグに忍ばせて置くと良いと思います。


素材は光沢の無いナイロン100%。光沢が無い分マットで落ち着いた印象があります。
サイジングもゆったりとしているので、ある程度インナーに着込んだ状態でもストレス無く着用出来る点も◎です。
デザイナーが歳を重ねるとこういう洋服が着易くて良いんだよね・・・(笑)と言っていたのが印象的でした。
rasikuではここ数シーズンは僕の気分もあって、アウトドアやスポーティーなブルゾンは展開していませんでしたが
久しぶりにアンテナに引っ掛かる良いアイテムに出逢えた気がしています。
無理無駄のないサイジングと綺麗に立ち上がるフードの大きさとバランスが秀逸です。
外側に一切のロゴやブランドを主張するものが無いのも好みな点です。


ポケットは胸ポケットと背面に1つと左右のハンドウォマーポケットで合計4つ。
ハンドウォマーポケットも大きく設定されているので非常に機能的で、背面のポケットは使う使わないは別としてディティールとして
面白いですしパッカブルでコンパクトにする際に役立ちます。nisicaらしい遊び心と機能を持たせたブルゾンは、日常着として
洋服を着る事の楽しさを感じさせてくれますし、少し用を足しに外出する際などにもぱっと手に取ってジップを閉めて
着る事が出来るので重宝する1枚になってくれると思います。
急な天候で雨にあたったり汚れてもすぐに洗えるという点もナイロンの強みなので、旅行や出張などに着て出掛けるのも
イメージ出来ますし、ブラックという色目も活躍する機会が増えるのではないでしょうか。


5年間盛岡に住んで気付いた事は、気持ちは春に向かっているのに気温と気候がマッチしない期間は自分が思っている
以上に長く感じています。正直ウールのセーターはまだまだ当分の間手放せませんし、かと言って重たいコートを羽織るのは
流石に疲れてきたように思います。風を通しにくい軽めのコートやジャケットを着て、インナーで温度を調整して過ごすのが
暦とのバランスもとれて客観的にみても素敵に映ると思います。洋服は季節を表す表現方法の1つだとも思いますので
野菜や果物、植物にも旬があるのと同じ感覚で着る物を選んでいけるようになるとより洋服が楽しめるはずです。
nisicaの作るフードブルゾン。何周かしてまた良いと思えるものに出逢えました。お勧めです。是非。

3月9日


STYLE CRAFT     CMWS-01           CMWC-01

color            RAKUDA(BLACK)   

price            28000+TAX          18000+TAX

SIZE            10×10             11×7 

color            BUFFALO(BLACK)   

price            28000+TAX          18000+TAX

春が段々と近づくにつれてお財布を新しいものに変える方が増えてきたように感じています。
自分の生活だったり気持ちの中で、何か新しいはじまりを迎える時、そのタイミングに合わせて、
身の回りの小物や服、その他諸々も新調したくなる気分ってありますよね。
STYLECRAFTのお財布は毎シーズン、同じモデルを革の種類を変えながら展開をしてきましたが、
rasikuでは今季、他のモデルも初めてオーダーしてみました。
2つ折りのコンパクトなモデル″CMWS-01″とカードケース″CMWC-01″です。
現在は希少になりつつあるラクダ革を用いたタイプとバッファローの2種での展開。
ラクダは日中と夜との温度差が大きい砂漠地域に生息しています。
厳しい気象条件から身を守る為に、きめ細かなシボのあるしなやかな皮が体を覆い、その皮は
牛皮よりも耐久性に富んでいると言われています。
もう1つは表面に光沢があり、美しくて強靭な革質を感じていただけるバッファローの2種類をご用意しました。
どちらも見た目においても実際の使用感においても、レザーのしなやか且つタフな部分をしっかりと感じて
いただけると思いますし、すっきりとしたデザインとのバランスも見事です。
色目は汎用性を考慮して″BLACK”で統一していますので、靴や鞄など他の小物とも合わせてお使い頂けたら
良いなと思います。


二つ折りの無駄無く削ぎ落としたデザインは、小銭を入れるメインポケットとお札を収納するスペースで構成されています。
カードを入れる場所が1か所(メインポケットの裏側)にありますが枚数を入れる事は難しいので、別の物とを組み合わせて
持つ事をお勧めします。手にすっぽりと納まるコンパクトなサイズ感なので、パンツのポケットに収納するのも可能ですし
コートやジャケットの内ポケット等にしまうのもありだと思います。お札の出し入れは収納スペースに切り込みが入っているので
1枚1枚の取り出しがスムーズに行えます。CMWS-01はお札を出し入れする際の仕草が格好良いと感じています。


手に持った時の質感と表側に一切何もない正方形のデザインが好みで、沢山の機能をあえて持たせない事で
生れる美という部分において、ただ純粋に持ってみたいという気持ちにさせられるお財布だと思っています。
大人の遊び心とでも言いかえれば良いのでしょうか。1つ1つの動作が美しく感じられると思います。


大きい長財布などがポケットからはみ出して持つ姿は、個人的に窮屈感もあって好みでは無いのですが
このぐらいのサイズ感だと、なんだかスマートな印象に感じます。


もう一回りコンパクトなサイズ感の″CMWC-01″は主にカードケースとして使用するのに適しているモデルだと思います。
名刺入れとして使用するのも良いですし、CMWS-01と組み合わせてクレジットカードやキャッシュカードなどをメインに入れる
ケースとして持ち歩くのもお勧めです。持つ方に其々によって使い方は分かれてくると思います。
STYLE CRAFTの製品は何かを決めつけたりする事は殆ど無く、どちらかと言えば自由度が高くて使う方に
任せられていて、空間を感じる製品だと僕自身は捉えています。機能的な側面を多く求められる方には
使い勝手が良くなく映るのかもしれませんが、自分なりの使い方を見つける楽しみにがあるように感じています。


僕自身が自然に目を奪われるのは靴と鞄、そしてお財布も使っている方の趣味と思考がとても反映されるアイテムの
1つだと思っています。服装と雰囲気に合ったお財布が鞄から出てくると思わず声を掛けてしまう事が多々あります。
金額の高い安いという部分ではなく、大切に使っていたり持ち物に合わせた選択をしているかどうかが重要な
気がしていて、STYLE CRAFTのお財布は主張す過ぎずにそっと使う人に寄り添ってくれる感じがしています。
男性・女性問わずにお持ち頂けると思いますので、何かのタイミングで手に取って貰えたら嬉しいです。

line

PageTOP