9月12日


FilMelange   JEFFREY 2

color      lt.melange

price       24000+tax

SIZE        0   /   1   


今季待ち焦がれていたナイターの試合が雨のため、あえなく中止となってしまった昨日。。。
それまでは連日ずっと晴れていたのに、とがっくり残念な気持ちで雨の音を聞いていました。
あっという間にやってくる冬の前に、あと何回試合が出来るかな。
雨が降ってまたひとつ秋に近づいて、と思うのですが、涼しくなりそうで、ならない。湿度にもやもや。
なんだか安定しない気候が続いていますが、そんな中でも少しずつ体が求める物から季節の変化を感じます。
食べ物も着る物も、その季節になると欲する物、があります。
今までに何度もご紹介してきた、FilMelangeのふわふわのパーカ ″JEFFREY″ も春秋必ず手に取りたくなる
物のひとつではないかと感じています。


一度袖を通してしまうと肌がその極上の質感を覚えてしまい、脱ぐのが嫌になる程の気持ち良さ。
大袈裟に聞こえるかもしれませんが、今までも袖を通して下さった方の反応を見れば、FilMelangeの服は
言葉で説明するより直接肌で感じてもらうのが、何よりも説得力があると思わずにいられません。
それぐらい自信を持ってお勧めできるのも、FilMelangeの物作りは原料の「わた」の段階からはじまり、
糸・生地・縫製に至るまで徹底して自社での開発を行い続けているからです。
ふっくらと柔らかく、何よりも気持ち良く編みたてられた生地は、日本の職人の成せる業といっても良いと思います。
何気ない日常着だからこそ、着ていて自分が気持ち良く過ごせるものを。
そんな想いをFilMelangeの洋服から感じて頂けたら嬉しいです。

特徴的な杢の色目を表現したオリジナルのZIPには、「FM」の刻印が入っています。
普遍的なアイテムだからこそ変にオリジナリティを出そうとせずに、けれど細部には気の利いたデザインが
きちんと含まれている点も、素材に劣らぬ良さを感じる部分でもあります。


袖付けはラグランスリーブになっていて、気持ち良さに動き易さもプラスされます。
遊びに出掛けたり、動き回ったりカジュアルな装いとして着る場面が多いと思うのですが、
ふっくらとした美しい生地や形の良いフードは、ラフに着ていてもどこかだらしなくなり過ぎない
印象をもたらせてくれます。
個人的にはワンピースの上に羽織ったり、スカートと組み合わせるのが、好みです。

表地は製造工程の中でふるい落とされた良質な繊維を集めてつくったリサイクルコットン。
裏地はオーガニックコットンを用いています。
空気を含ませながらゆっくりと編みたてた生地は、どちらかと言えばデリケートな素材になるので、
家庭でのお洗濯や扱いは多少の気遣いは必要になります。
水を含んだ状態でのハンガー干しは、生地の重みで型崩れの原因になりますので平干しがお勧めです。
何年も着用を繰り返して、裏毛が無くなった頃にはヴィンテージに近い風合いに変化していると思いますし
よれっとしたスウェットもそれはそれで味わいがあって洋服の醍醐味を感じて頂けるはずです。
メンズサイズも入荷済みですので、是非袖を通しにいらしてください。

9月11日


trippen    SPACE

color      BLK-BK   

price      47000+tax 

SIZE      39   /   40   /   41   /   42


通年を通して履けるtrippenの靴ですが、秋冬に合わせたくなるのがミドルカットのシューズ。
東北の冬を想定した際に雪が積もり濡れた道など歩く場合も、ミドルカットの靴は重宝するので
レインシューズなどの機能性に特化した靴以外の、冬に履く靴の選択肢としてお勧めをしています。
勿論、レインシューズなどとは違って水などにジャブジャブ浸かるのはダメージを与えてしまうので良くないですが
多少の雨や雪くらいであれば、僕は日常使いでtrippenのシューズを履いてしまいます。
トゥにボリュームが出る靴ですのでパンツの裾をロールアップさせて、ソックスが見えるか見えないかくらいの
丈感で履くのが僕自身は好みです。靴自体はデザイン性は強いと思うのですが、洋服と合わせると不思議と馴染む感覚があり
見た目以上に汎用性が高く、人間工学に基づき作られているので長時間歩いても疲れにくい1足になってくれるはずです。


日本の折り紙をイメージしてデザインをされた特徴的なトゥの形状は、内側に折り込み縫い合わされていて
綺麗に伸びるトゥの形状と折り込みを入れたデザインが靴全体の程よいアクセントになっています。
ミドルカットのシューズなので、甲は比較的高めに設定しワイズもゆったりと作られているので
甲高で幅広で靴の選択肢の少ない方にも″SPACE”のフィッティングは比較的合い易くなると思っています。
革靴の選択肢は無数にありますが、歩く事を一番の目的として革靴をお探しの方には一度試して頂きたい靴です。


外羽と内羽をステッチで留める珍しい仕様。
アイレットは2つしかありませんが、足首のホールド感が強いのは外羽と内羽が一体化しているからかもしれません。
今回もSOLEは別注をして″trippen sole″を採用。
一番重さを感じるソールではありますが、コンクリートをグリップする力であったり雪道にも強いという事もあって
盛岡の土地に一番合っているものを選んでいます。trippenの柔らかで曲線的なシルエットに凹凸のあるソールの
組み合わせも好みだったりします。


僕は太いパンツに合わせるスタイルが一番しっくりきます。
裾の太さに負けないくらい靴のボリュームがあるので、バランスが取りやすくカジュアルな服装ながらも
足元を黒の革靴で引き締める事で、すっきりと見せてくれる効果があると思います。
trippenは洋服と組み合わせると、色々な表情を見せてくれるので履いて頂ければ懐の深い靴だと感じて頂けるはずです。


季節の変わり目は、気分的に新しい靴を履きたくなってしまいます。
盛岡のように雪がしっかりと降る街は年中スニーカーを履く訳にはいかないので、冬に自分自身が納得出来る靴を
1つ持っているだけで出掛けるきっかけになるかもしれませんし、歩き易い靴であれば尚更の事。
trippenのシューズを販売していて、お客様から修理を承る事も多くなってきたのは実際に実用的な革靴として
様々なシーンで履いて頂けているからだと思っています。
自分の気に入った洋服を着て、歩く事が楽しくなる革靴を履いて貰えたら嬉しいです。
サイズが揃っているうちに是非お試しください。

INFO


明日11日(月曜日)は私用のため18時閉店とさせて頂きます。
どうぞ宜しくお願い致します。

9月9日


MITTAN    高密度シャツ

color      濃黒   

price      19000+tax 

SIZE      2   /   3   /   4

今日も朝から快晴でシャツやカットソーを1枚で気持ち良く過ごせる季節。
盛岡でこの服装が出来るのは期間がとても短いですが、だからこそ自分のお気に入りを着て街を散歩したり
食事に行ったりする事で、気持ちも身体もリラックスして良い一日が過ごせるような気がしています。
MITTANが静岡県浜松市でオリジナルで生地から作製している高密度シャツは、肉厚でしっかりと
目の詰まったコットン100%の生地を使用。
オリジナルファブリックだからこそ表現出来る、がしっとした質感を感じて頂けると思います。
風を通しにくく保温性にも優れているので、秋の涼しい風が吹いた頃に着るには最適な素材だと言えます。
カラーは、ここ数シーズン気になっている濃黒を選んでみました。白、シャンブレー、ギンガムなどベーシックな
色目をお持ちの方には新鮮に映りそうな黒のシャツ。カジュアルな印象というよりは何処か落ち着きを感じる色目なので、
シャツの着こなしがマンネリしがちな方には、良い変化を与えてくれたり気分転換にもなりそうです。
これからの季節は、足元も革靴が履きやすくなると思いますので、黒のプレーンな革靴と合わせるのがお勧めです。


MITTANのシャツの特徴として、衿の大きさがコンパクトで首回りの設定がゆったりと作られています。
一番上の釦が閉められるのできちんと感が演出出来ます。
袖のカフスも細く作っているので見た目における主張が強すぎず、袖を捲くる際にもさっと出来るのも好みな仕様。
襟が大きくカフスがしっかりと作られているシャツらしいシャツとはまた一味違った良さを感じて頂けるはずです。
釦はラクダの骨を削り出して作られているボーン釦を採用。厚手の生地に負けないくらいのボリュームで付け心地も◎
作り込みの良いシャツですが、見た目はあくまでもプレーンで漂々とした佇まいがMITTANらしさだと感じます。
着ていても強く何かを主張する訳ではなく、あくまでも着る人が主役であり洋服はプラスαの存在で惹きたてる役割を
しっかりと果たしてくれるシャツだと思います。


シルエットは癖がなく、すとんと落ちる様な型なので、ある程度体型もカバー出来ると思います。
サイズ展開は2でS~M 3でM~L 4でL~XLが目安になります。
※身長178CM 体重64キロ 着用サイズ4 ややゆとりを持たせたサイズ感になります。


少し前までは黒い洋服に袖を通す事は少なかったのですが、年齢のせいか気分なのか黒がしっくりくるようになりました。
最近は自分自身の感覚に、より素直になる事で服を選ぶ幅であったり、着こなし方が以前よりもより楽しめるように
なってきているように感じます。いつもの感じも良いですが、例え同じ洋服を着るにしても色使いや小物で違った
アクセントを入れてみたりする事で洋服の広がりを感じる事もあるのではないでしょうか。
黒のシャツはただハンガーに掛かっている状態では重たいイメージに映るかもしれませんが、どう着るかで面白味が増す
アイテムでアイスブルーの色の薄まったデニムを引っ張り出して合わせてみたり、変わらない様で変わっていく
自分なりのスタイルを見つけて貰えたら嬉しいです。

定休日のお知らせ


明日6日(水曜日)は、定休日となっております。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

PageTOP