7月12日


TEMBEA    MAP CASE

color       NEON ORANGE  

price       7000+tax 

SIZE       20×26.5

color       NEON GREEN SOLD

color       BLACK

昨日は定休日を利用して、仙台まで。
見たい展示会があったので足を運び、仕事が終わった後に楽天イーグルスの試合観戦をしてきました。
久しぶりの楽天のスタジアムがびっくりするくらい進化をしていて、これぞボールパークといった盛り上がりに
一昔前の球場のイメージからは、随分と一新されているのだなぁと色々感じる事が多くありました。
あとは球団が強くなれば・・・と勝手に思いましたが、その辺はじっと見守る事しか出来ないですね。


そんな今日は、野球観戦にこれを持って行けばよかった!!と後になって思ったTEMBEAの新作バッグ。
TEMBEAとは思えぬメッシュ素材とネオンカラーが目に飛び込んでくるインパクト大のユニークな″MAP CASE”
ナイロンのメッシュ素材とコットンの帆布とを組み合わせたバッグは、メッシュだからこその涼しげな感じが
外遊びにぴったりですし、両手も空くので使う場面がさまざま思い浮かんできそうです。
もし昨日、この″MAP CASE”を持っていたら、チケットや細々した物をいちいちバッグから取り出さずに
済んだのと、雨がパラパラと降っていたので水に濡れても良い素材は野外だと気兼ねなく使えて良いなと思います。


″MAP CASE”という事で、盛岡の個店が沢山掲載されている地図「てくり」の散歩地図を入れてみました(笑)
紙物を持ち歩く方は大分減ってきていると思いますが、僕はスマホの地図を見るとどうしても反対方向に歩いて
行ってしまうので知らない土地に行く際には、大き目の地図をプリントアウトして持ち歩くアナログ派です。
雨の日に傘を持って、パンツのポケットに丸めて入れた地図を出すのが本当に面倒で、さっと取り出せて
尚且つ、小さく折り畳まずに収納できるバッグは自分にとってはまさに優れものだと思いました。
メッシュ素材で軽く、バッグの中に入れても嵩張らないので、出張や旅行の際にも気軽に持ち運べます。
無理に地図を入れる必要はありませんので、飲み物であったり、小銭入れや、汗拭き用のハンドタオルなど
直ぐに手に取り出したいと思う物を持ち歩くのに活用して頂ければと思います。


メッシュ素材を使用しているので、中にいれた荷物が少し透けて見えるようなカタチになります。
紐の長さは調整が可能ですが、最大限伸ばした状態で男性が斜め掛け出来るギリギリの長さに設定。
TOPの部分にはマジックテープが付けられているので簡単に開け閉めが出来、荷物が飛び出してくる心配はありません。
夏場はカットソー1枚など軽装になるので、小さいサイズ感ですが蛍光色はアクセントになりますし
近所に買い物に行く際に、お財布をただ入れて持って歩くだけでもちょっとウキウキしそうな色です。


TEMBEAは帆布を得意とするブランドですが、シーズン毎に異素材を使ったアイテムも展開されています。
ぱっと見ただけではTEMBEAとは思えぬ様な素材を使ったものでも、帆布バッグを作り続けてきたからこその
ブランドの軸がちゃんとあって、イメージを保ちつつ意外性のあるものを生み出すことが出来るのは、
やはり軸の強さが大事だと思いますし、そこに加えての面白がることや柔軟さがあってこそだと思うので、
物だけでは無く、ブランドの姿勢にもとても刺激を受けています。


眩しいくらい爽やかで、シュワシュワという音が似合うような、NEON GREEN
普段選ばないような色や柄でも、不思議と夏の天気が背中を押して挑戦してみたくなります。
洋服で取り入れるよりも、ちょっと気楽で、それでいて、いつもとは気分がガラリと変わるので
服装がマンネリ化した時こそ、小物選びを楽しんでみていただけたらと思います。
蒸したり、雨が降ったり止んだり、忙しない天気が続いていますが、まだ夏は続きます。
Tシャツ一枚、ワンピース一枚にカラフルなバッグを添えてお出掛けしてみては如何でしょうか。

定休日のお知らせ


明日11日(水)は定休日となっております。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

7月10日


TATAMIZE   STAND P/O SHIRTS RELAX

color        Beige

price        22000+tax 

SIZE        S    /     M    /    L

物を選ぶ時の基準はなんだろう・・・と、ふと考える瞬間があります。
人が良いと言ったから、ネットで見て何となく良さそうだから、人に見せて褒められたいから・・・
色々な判断や気持ちがあるので答えは無いと思いますし見つからないですが、自分の目で見て触れて「良い」と
感じ手に取って「選ぶ」という行為をし続けているのには、きっと何かしらの意味や意義があるのかなと感じています。
失敗も含めながら繰り返し繰り返し好きを重ねる事によって、自分らしい表現方法が少しずつ出来上がったり
身についてくるのかもしれませんね。特にこれといった意味はないのですが、今日足を運んで頂いたお客様と接していて
力の抜けた何とも言えない雰囲気に見とれてしまったので、率直に思った事を書いてみました。
TATAMIZEが作るスタンドカラーのシャツは、独特な表情とシャツらしいディティールを組み合わせて作られた1枚。
当然ながら前開きではなくプルオーバータイプ。誰にでも好かれるシャツでは無いと思うのですが
デザイナーの癖であったり、好きな服装が表現されていて、絶妙な落とし所がTATAMIZEらしさだと思います。
素材はリネン55%・レーヨン45%の混紡素材を使用。レーヨンならでは落ち感のある表情が、ゆったりとしたシルエットに
マッチして、夏場に合いそうなリラックスした雰囲気を出しています。
余程気温が高い日でなければ、風が身体を抜ける素材感なので袖口をくるっと捲くって着て頂けると思います。


TATAMIZEの作る製品は、何処か量産されるワークウェアの様な冷たさとデザイナー自身が描くパターンの面白さとが
1つになって、何かを真似たりそのままをリプロダクトした製品などとは全く異なるエッセンスを感じます。
ただ何となく袖を通して格好良くなる洋服と違い、着方であったり、合わせ方や人間味みたいな部分も
少しだけプラス出来ると、徐々に似合ってくる様な気がしています。


首元はバンドカラーではなく、スタンドカラー。きちんとした主張があります。
着丈は前丈と後丈に差をつけて、クラシックな雰囲気に仕上げているので色落ちしたデニムにタックインで
着るのもお勧め。タックインのスタイルは出来ないより出来た方がシャツの着方が圧倒的に上手になるので
し易いシャツを1枚持っておくのも良いのではないでしょうか。


ベージュにベージュのパンツを合わせる。
セットアップではないですが、最近はこういった色合わせが気になります。
何処かで軽さやきちんと感を表現すれば、ムツゴロウさんみたいには見えないはずです。
何を着るかを考える事も大切ですが、持っているアイテムをどう着るかを意識する方が
今迄とも違った洋服の見え方と着方が変わってくるはずです。
僕自身もTATAMIZEの洋服と出逢って、そんな風に考える1つのきっかけになりましたし
無駄に正解を探さなくなりました。
商品名にある通り、リラックスした気持ちで自分らしい合わせ方で楽しん着て貰えたら嬉しいです。

7月9日


veritecoeur    高密度リネンカシュクールワンピース

color        Beige

price        46000+tax 

SIZE        F


日ごとに変わる空模様と気温に見事に喉も鼻も調子を崩してしまい、週末は店にいるふたり共にグズグズ。。
お客様にもご心配をおかけしてしまい申し訳ございません。
差し入れのお野菜やドーナツが効き、お陰さまで回復の兆しですーありがとうございます!
そんな月曜日は何となくほっとして気が緩みがちなので、油断しないように気を付けないとですね。
皆様も睡眠と栄養と水分補給忘れずに、体調崩さぬ様お気を付けくださいね。
ある程度予測して服を着て出るものの、この数週間の気候の移り変わりについていくのは中々難しいですが、
暑くても、急な寒さにも脱ぎ着の楽な薄手の羽織はどちらの場面でも重宝するなぁと感じています。
そういった事も含め、羽織としてもワンピースとしても、バリエーション豊富な着こなしが出来るデザインが好きで
気付くと選んでしまっている事が多い、カシュクールワンピース。
今季はveritecoeurのギャザーたっぷりカシュクールワンピースが生地感も色目もすべてがぐっときてセレクトしました。


首元、肩、袖口、胸下、背中・・・見渡す一面にこれでもかというくらいに細やかなギャザー使いで、
高密度に織られたハリのあるリネン生地だからこそ、ギャザーの陰影がしっかり浮き出る表情に息を飲みます。
デザインの甘さを、可愛らしさは程よく残しつつきりっと引き締めるのには素材の力が重要で。
もっと柔らかな素材であったら、印象も随分と変わっていたのではないかなと思います。
リボンやギャザーといった心躍るデティールと、上品さと大人っぽさを印象付ける質の良いリネンの組み合わせ。
それに加えて、あまり出逢う事の無いピンクベージュの優しい色目に一瞬にして魅了されてしまいました。
どんなイメージで着ようかと、むくむくと妄想は広がります・・・


汗をかいても肌に纏わりつかないシャリっとした涼しげな生地。
シワも何も気にしなくて良いのも嬉しいですし、洗濯頻度が増える時期の服としては速乾性も大事です。
細い糸でぎゅぎゅっと密に織り上げているので、生地自体は薄手。やや透けるぐらいの厚さなので、
着心感も見た目も涼しさを与えてくれる服ですし、実際袖を通しても着ていないみたいにふわっと軽やか。
袖をくるくるっと捲くって手首を覗かせ、夏っぽい素材や色のバングルやアクセサリーで飾るのも素敵です。


後姿にも表情があるワンピース。
ウエストにあるドローコードを引っ張る事で、ギャザーはもっと中心に集まってふっくらと膨らみます。
自分では見えなくても後姿を意識するだけでウキウキしますし、着ている人以外の目に留まった時にも
美しく流れる様な布の姿にはっとなっていただけるのではと思います。それも洋服の醍醐味。


内側と外側で紐を結び、前身頃を着物の様に打ち合わせて着るカシュクールワンピース。
紐をきちっと絞って結ぶか、緩く結ぶか、結び方ひとつでも着こなしは変わってきます。
それでいて着るという事だけでは無く、紐を結ぶ仕草、ギャザーの位置ちょこちょこっと寄せたり集めたり。
歩く度に裾がひらひらと風に揺れるなど、着ている間中に心が弾む要素がたっぷりと詰まっています。
インナーにはノースリーブのブラウスやタンクトップ、Tシャツなどなど、カジュアルに羽織るのも良し、
スカートやワンピースと組み合わせ、ギャザーを活かしてレディライクに着熟すも良しです。
合わせるインナー・ボトムで小物で雰囲気を変えて着ていただくと、より一層楽しくなるワンピースです。
落ち着かない天気に、どうしても心もそわそわしたり、沈んでしまいそうになったりしますが、
少しでも気分が晴れやかになる物に触れて、過ごして頂けたらと思います。

7月8日


SUNSHINE+CLOUD    CAP

color         NAVY(刺繍あり)

price         9000+tax 

SIZE         M


今日も朝からどんよりとした雲が一面に広がって、少し肌寒さを感じる気候が続いております。
明日からは天候と気温も回復しそうなので、また夏らしい服装が楽しめるのではないでしょうか。
昨日に引き続きSUNSHINE+CLOUDから届いている、小物をご紹介したいと思います。
帽子ブランド″KIJIMA TAKAYUKI”に別注をして作製しているベースボールキャップ。
長すぎない絶妙なツバの設定、ライニングにはレザーを用いるなど、本格的なベースボールキャップの作りですが
被り易く見た目も凝り過ぎず軽い感じに仕上げているので、Tシャツとショーツにラフに合わせても良いですし、
襟付きシャツなどを着た際の外しアイテムとしてなど、色んな装いに合わせてもらえたらと思います。
レザーのライニングは被れば被るほどに頭のカタチに馴染んでくるので、被り始めは少し浮く様な違和感があっても
徐々に解消されてくるので、レザーが柔らかくなってゆく経過も併せてお楽しみください。


ネイビーのみ刺繍入りのタイプを1つだけ選んで展開をしています。
フロントは数字の「3」バックに「TOWN」という文字が刺繍されていて、よりベースボールキャップらしい雰囲気が
出ていて且つ遊び心が効いたデザインに思います。アメカジライクなところを、あえて白シャツに合わせるのも
小粋な感じがして良いのではないでしょうか。
サイズはアジャスターである程度の調整が可能で、フリーサイズに近いサイズ感になっています。


ここ数日は太陽が出ていないので、帽子をそこまで必要としていませんが夏の日差しを防ぐ意味においてもキャップは
大いに役立ちます。Tシャツにショーツなどの動き易い服装をした際にも、何処か物足りなさを感じる時にもさらりと
被って貰えると、ちょっとした隙間を埋めてくれる存在になってくれるはずです。


color         NAVY

price         8000+tax 

SIZE         M

color         GREY

SIZE         M

color         BROWN

SIZE         M

刺繍無しのタイプは3色でご用意をしています。
フロントに刺繍が無くなる事で、ワークキャップの様な雰囲気にも映るので無地の方が抵抗なく取り入れて
いただけるのではと思います。
洋服によっては、あまりに土っぽくなりすぎるとぐっと本物の作業員感が増してしまうので、
選ぶ色と洋服のバランスは少しだけ注意が必要です(汗)


″SUNSHINE+CLOUD″は洋服以外にも小物類が充実していて、それぞれの店舗が海や山など自然に近い場所なので
その土地の空気を纏ったかのような楽しげなアイテムは、リラックスした気持ちで身に付ける事が出来ます。
僕自身もTATAMIZEのWORK CAPを被り始めてから、帽子に対する抵抗が少しずつ薄くなり、今ではこの手の
キャップは感覚でさらりと被れるようになりました。
帽子に関して言えば好みは分かれると思いますが、薄着になる季節に小物の身に付け方1つでマンネリする
洋服の見え方が大きく変化しますので、是非挑戦して頂ければと嬉しいです。

PageTOP