9月11日


JUJUDHAU     WIDE PANTS

color         CHINO GREY

price         24500+tax 

SIZE         F SOLD

color        CHINO KHAKI SOLD


昨日の最高気温17℃・・雨の冷たさもプラスされ、今にもストーブを出したくなるくらいの寒さでしたが
今日は一変して清々しい秋晴れ!!空気も雨に洗われて透き通っているように感じます。
22~24℃くらいの気温って本当に最高です。
店内は、気候の変化に合わせて毎日の様に衣替えなどをしておりますが、その中でも今季のjujudhauは
比較的入荷のタイミングが早かったこともあり、何を着れば良いのか悩む今の時期に丁度対応できる
シャツワンピースやチュニック、スカート、羽織など早速手に取って下さる方も多く嬉しい限りです。
今シーズンもビビッとくる好きな生地に出逢えたので、同じ生地で何型かを展開しています。
本日はその中から、今までも何度か展開している″WIDE PANTS″をご紹介致します。
がっしりと厚手のコットンのチノ素材は表面がうっすらと起毛していて、頼もしいけれどどこか優しく、
起毛感とくすんだ色との雰囲気も、今の気分にもぴたっとマッチしています。


個人的にも何年も前に購入したjujudhauのWIDE PANTSを、今もほぼ通年愛用しています。
穿いていると「そういう感じの太いパンツ欲しいです。ありますか?」と聞かれる事も何度か。
お尻・太腿から、そのまま真っ直ぐにどかんと幅の太さはありますが、穿くとそこまで太く見えない。
ウエストはゴムで、前は幅広目のタックと後ろは細かなタックが入っていて、立体的に膨らみが出て
そのシルエットのふっくらした感じも穿きやすさに繋がっていると思います。
jujudhauでは、他にも″MONPE PANTS″だったり、″DUMPY PANTS″だったり定番で欠かさずに
オーダーしているパンツもあるので、そこまで沢山の本数は展開出来ていないのですが、
ある時は数種類並んでいますので、ぜひ、それぞれの形を穿き比べてみて欲しいです。
ちょっとした仕様の違いで、一見同じようにな形でも穿くとまた、全然違って見えるので、
そこがとっても面白いなと思います。その中で自分の好みに合うのを見つける過程も楽しいですよ。


穿いているのは、CHINO KHAKI
写真では焦げ茶っぽい色目に映っていますが、実際はもう少し緑がかった感じの色になります。
身長166cmできっちりウエストで穿いて、やや足首が覗くぐらいの丈になっています。
明るい色や柄の可愛い靴下を見せるのも良いですし、ミドルカットのブーツを合わせても良いです。
服だけでは無く、靴や靴下など足元も穿きたい物が変わってきている感覚があるので、お手持ちの靴を見直して
その靴に合わせてボトムを選ぶのも、秋の装いに切り替わるきっかけになるかもしれません。


決して物凄く何かに特化した服という事でも無く、ただネパールという土地でネパールの職人によって
地道に作られ、海を渡って届けられるjujudhauの服。
そこに何か大きな意味を込める事も無く、いつも淡々としていて、揺るがない芯のある服。
プロダクトとしての量産される製品としての冷たさと、どこか手の仕事を感じる暖かみ。
だからなのかは分かりませんが、その適温具合が心地よく、jujudhauの服は着ていてもそのままの意味で
自分らしく自然体でいられる気がします。
日常着として、毎日でも袖を通したい。洗って乾いたらすぐ着たい。と思える服というのは
洋服本来の在るべき姿を示してくれているような気持ちさえしてきます。
今シーズンはチノクロスを使った羽織やパンツを色違いで多く揃えていますので、ぜひお気に入りの1枚を
見つけにいらしてください。

9月9日


TEMBEA     BAGUETTE TOTE MINI

color        PIZZA

price        8500+tax 

SIZE        15×25×9


TEMBEAから今シーズンの新たなプリント柄″PIZZA”のアイテムが其々入荷をしています。
シーズン毎に帆布とは違う異素材を用いてみたり、思いもよらぬプリントに、毎回心を鷲掴みにされているのですが
今回プリントになったのは”ピザ″。単純にピザそのものを描くのではなく、デリバリーするバイクにまたがった
スタッフや何枚もピザを重ねてよろけてしまっている人など、いたって真面目なのにふざけている様にも見える
イラストは見れば見る程にくすっと笑ってしまう。ユーモア満載の仕上がりになっていると思います。
rasikuで選んだ商品は全部で4つ。
BAGUETTE TOTE MINIはTEMBEAのアイコンにもなっているバケットトートの一番小さいサイズになります。
お財布・スマートフォン・小さなポーチ。最低限の持ち物を入れて、ちょっとそこまで迎えに行ったり、
スーパーに買い物に行ったり、近い所へ出掛けるという場面で案外このサイズ感は重宝すると思います。
女性に圧倒的に人気な形で、miniサイズとなるだけで一気に可愛らしさが増すのが何とも不思議ですね。

TEMBEA     TOILETRY BAG MEDIUM

color        PIZZA

price        4500+tax 

SIZE        18.5×13.5×6.5


TOILETRY BAG MEDIUMはポーチの中では丁度真ん中のサイズになります。
大き過ぎず・小さ過ぎずのサイズ感で、ハンドクリームやいつも持ち歩く薬などを入れたり、旅行の際には充電器の
コード類をまとめて入れたりするのにもお勧めです。自分でも使っていて用途の幅がとても広いと感じています。
バッグからポーチを出し入れする際に、無地のタイプも良いですがプリントだと気持ちが穏やか・楽になるのは
きっと自分だけではないはず・・・(笑)
こういったプリントものはさじ加減と意外性が重要だと思います。
インスピレーションを働かせて、遊び心で使ったり持ったりしていだたら良いなと思っています。

TEMBEA     PAPER BAG

color        PIZZA

price        12800+tax 

SIZE      29×35.5×11


持ち手のハンドル部分が細く設定をされたトート型のバッグ″PAPER BAG″
底のマチが広めに設定をされていて、内ポケットが付くのもTEMBEAには珍しい仕様です。
A4サイズがすっぽりと入る大きさなので、パソコンやタブレットなどを持ち歩くのにも良さそうですし
入り口が広く荷物の出し入れがし易いのもトートバッグの特徴かもしれません。
ハンドルは短いので肩掛けは出来ませんが、手に持つバッグの良さをようやく理解出来たように思います。
機能性も大切な要素の1つですが、見た目のバランスであったり、その仕様だからこその利点や可愛らしさや
恰好良さがあると思います。個人的には習い事や、図書館、そういった場面に持って歩きたいかなと想像しました。


TEMBEA     SACOCHE

color        PIZZA

price        8500+tax 

SIZE        20×26.5


最後は、ここ最近続けて展開している″SACOCHE″
バッグを普段持ち歩かないという方やイベント用に両手は空けてコンパクトなバッグを持ちたいう方に
お勧めしているバッグで、貴重品だけ忍ばせて持ち歩くのには丁度良い大きさです。
斜め掛けにしたまま車の運転をしても邪魔になりにくい点も小さいバッグならではのメリットだと思います。
プリントがあると服装のちょっとしたアクセントになりますし、シンプルな装いの時にこそ合わせて頂きたいです。


面白いと思った物や事を素直に受け止めてみる。
どうしても機能性や使い勝手、付加価値などを優先的に考えてしまいがちですが、何かを選ぶ時には
まず自分自身の直感を信じてみる。というのがやっぱり後々後悔せずにいられて良いなと最近は思ったりしています。
日常にちょっとした笑いであったり嬉しさがあると、それだけで1日が充実したようにも感じられるはずです。
TEMBEAの物作りを見ていると人を楽しませようという気持ちと、くすっと笑える要素、きちんとしたプロダクトとしての
生産背景があるからこそ、遊び心も含めてじんわりと人の生活の中に浸透していくのだと思っています。

9月8日


ASEEDONCLOUD  Csangos Dress

color           beige  

price           36000+tax 

SIZE           F


出張から戻った翌日から、続々と届く秋冬を彩る服の数々。(特にレディス!)
心なしか涼しさも増してきたように感じられるのと、東京が想像以上に暑かったこともあり
気候が気分と相まって、物欲急上昇です。店頭に出す度に「良い!欲しい!」と言っています。
今季、ASEEDONCLOUDよりリリースされた″Csangos Dress″を生地別注と言う形でオーダーさせて貰い、
コート色が強めな、上品さと恰好良さがバランス良く混ざり合ったワンピースに仕上げていただきました。
毎シーズン、様々な職業のライフスタイルからインスピレーションを得て、その職業の人、時には人とも言えない
何者かが着ている作業着や部屋着など、生活の匂いもスパイスとして香らせて、表現されるASEEDONCLOUDの服。
いつも思うことは、この圧倒的な世界観や服の可能性や面白さを、どう自分達に落とし込み提案するか。
難しさも感じますが、そこを考えるのが楽しくもあります。


ASEEDONCLOUDが得意とする、古い時代の作業着に含まれるシンプルな美しさをデザインに落とし込んだ
ワンピースは、前後どちらでも着られる仕様になっていて、見た目の印象も大胆に変化するところや、
自然と着方のバリエーションを考えたくなるディテールは、毎回見応えがありますし、素直に着るのが楽しいです。
自分で想像を膨らませて・・・と言うと、ちょっと着るのは難しいかも?と躊躇してしまうかもしれませんが、
ASEEDONCLOUDの服は、決して押しつけがましい感じでもなくて「もし前後逆に着たくなった時は着れます。」
ぐらいの立ち位置で居てくれるので、無理しないところで着方を遊べる点も嬉しいなと思います。


医療用ユニフォームなどに見られるちょっと癖のある衿の形。きゅっと詰まっている訳では無いので、
苦しさなどは無く、見た目にも凛とした印象を与えてくれます。
肩や袖には細かくギャザーが施されていて、ふっくらとした女性らしいシルエットが生まれます。
ボタンを留める留めないでも、袖の見え方が少し違ってくるので気分次第で。


横と後ろから見た時、すっきりさせる所と楽にする所、あとは丸みを出す所。
表情豊かで綺麗なシルエットは着ていて気持ちが良いですし、デザインが多少個性的でも
それが目立つというよりは、人を惹き立てるという感覚があります。
大きめなボタンが三つ。右下にポケットがひとつ。背中で紐を交差させフロントで結びます。
後姿はよりユニフォーム的な要素が色濃く出ていて、デニムや軍パンなどのメンズライクなボトムとも
相性が良いので、カジュアルに着たい気分の日にも合わせられます。
素材はコットン100%で生地にはハリと程良い光沢感があります。
生地感はやや強めですが、光沢によってエレガントな雰囲気もあるワンピースですので、
ふり幅も広く、足元を変えたり、色々な組み合わせで着こなしを楽しんでいただければと思います。


前後を逆にして羽織って見た所。立ち襟が凛々しいです。
釦が高めに位置するので、下の方がスリットの様になっています。
インにスカートやキュロットを合わせて、色や柄を覗かせるのも素敵です。
勿論かちっと釦を留めベルトを通して後ろで結ぶも良し。さらには内側には隠し?ベルトループが
あったりして、紐を中にしまっておくことが出来たりと、他にも秘密の仕様があるのでは?と
探したくなってしまうような服。


デザイン性は強く感じるのに、着ると不思議とそこまで個性的過ぎずに馴染んでしまうのは、
本来洋服の元ともなる作業服や職業服などをインスピレーションとして要所要所に落とし込まれているからこそ。
今回別注した素材も、気兼ねなく日常使いでタフに着る事をイメージしています。
洗ってシワがあっても気にせずに着て頂きたいですし、秋と春の一重のコート代わりにもお使い頂けますので
ご自身のライフスタイルに合わせた着方を楽しんで頂ければと思っております。
コレクションブランドらしいファッショナブルな一面と日常着としての役割との両面をバランス良く取り入れた
一着に仕上がりました。どうぞお試しください。

定休日と臨時休業のお知らせ


明日5日(水曜日)は定休日となっております。
また翌日の6日(木曜日)は出張のため、臨時休業とさせていただきます。
どうぞよろしくお願いいたします。

9月4日


STYLE CRAFT WARDROBE    T-SWEATER♯2

color         NAVY BLACK

price         16000+tax 

SIZE             /    Ⅱ    /    Ⅲ

color         GRAY 

SIZE         Ⅰ    /    Ⅱ    /    Ⅲ

まだ雨は降っていないものの、どんよりとした厚い雲が空一面を覆ってきました。
何だか心も身体もじっとりとした重さを感じる一日になりそうです。
空気の中にしっかりと湿度を感じるので、張り切って長袖を手にしようとは思えないのですが、
秋の入り口にお勧めしたい長袖が届いています。
STYLE CRAFT WARDROBEが毎シーズン素材を変えながら作り続けている″T-SWEATER”
今シーズン選んだ素材はアメリカの高級コットンと位置付けされているスーピマコットンを使用した1枚。
生地表面に品の良い光沢があり、ゆったりとしたシルエットながらもラフになり過ぎずに大人がきちんと着れる
絶妙な落としどころのカットソーに仕上げています。
自分自身も含めてですがリピートして買い足して下さる方が多く、一度袖を通すと素材の着心地の良さは勿論の事
カットソーの概念を覆すくらいのストレスを一切感じない独自のパターンに気付いて頂けるはずです。


首元はすっかりと詰まったクルーネック。
肩はラグランスリーブを採用し、袖と裾に切り替えしの細めのリブが付きます。
身頃がゆったりとしていますが、決してオーバーサイズという作りな訳ではありません。
カットソーを着ているのですが、少し背筋が伸びる様な感覚さえあります。
無理・無駄を最大限に取り除き、それでいてブランドらしさをきちんと表現した素晴らしいアイテムだと思います。


裾と袖に付いたリブのテンションが程よく設定されていて、少し腕まくりが出来るくらいのゆとりを持たせています。
カットソーに関しては、ちょっとした事で着心地の良さなどに直結する事が多く、実際に着てみて分かる事も多いのですが
T-SWEATERは、生地の選び方や1つ1つのディティールが絶妙なバランスで作製されています。
シンプルなアイテムですが、着ているとカットソーの奥深さに気付けたり着方を考えたりする事のきっかけになるくらい
色々な事にはっとさせられる要素が詰まっています。
サイズの選び方に関しては、今までの固定概念を無くしてどれくらいの余裕を持たせて着たいかというシルエットを重視した
選び方がお勧めです。


お気に入りのカットソーを見つけるのは、簡単そうに見えて案外見つからないと思っています。
例え気に入ったものが見つかったとしても、色違いや同じ商品を買い換えたいと思ったとしても作り手の側が
同じ製品を作り続けるかどうかも分かりませんし、巡り合わせや時の運とも言えば良いのでしょうか・・・
カットソーに関しては、そういった事を強く思ってしまいます。
STYLE CRAFT WARDROBEのT-SWEATERは、細かなディティールをアップデートしながら作り続けれていて
シーズン毎に素材違いなどもリリースされるので、rasikuでは提案をし続けたいと思うアイテムの1つです。
カットソーの種類をある程度お持ちの方には、新鮮に感じて頂けると思いますし、1枚でサマになるので
季節の変わり目にとても重宝するはずです。
是非サイズが揃っているうちにお試し頂ければと思います。

PageTOP