定休日のお知らせ


明日19日(水曜日)は定休日となっております。
どうぞ宜しくお願い致します。

4月18日

ASEEDONCLOUD 
2017SS workpermit 15 – ajisai – 雨司祭
/
催花雨を求め植物のために雨乞いをする踊り子の集団が主人公の物語

ASEEDONCLOUD  workman’s coat

color      グリーン

price      46000+tax

SIZE      S 


春を知らせる花が順々に花開き、あともうすこしで桜の見頃を迎える盛岡です。
もりもりと隙間なく圧倒的な存在感を放ち、咲き誇る桜も見応え十分ですが、
いつもの道の脇に、さり気なくしれっと顔を覗かせた花々にぐっときてしまいます。
まだ春とは言えない寒さ厳しい中でも、ちょっと気温が上がると一瞬でぐんぐん伸びて、
気付けばあっという間に花を咲かせている。
自然の強さと逞しさを感じずにはいられないその姿に、パワーをもらうような気持で道すがら眺めています。
昨夜の雨でまた一段と花が開いた様な気もします。
そんな春に降る、早く咲いてと、開花をうながすような雨のことをさす ″催花雨″ 
美しい言葉とともに届いた、今季のASEEDONCLOUDのコレクションテーマ ″AJISAI″ が一面に映し出された服が
店頭に並んだのは、まだぶるぶるっと寒さに震える様な頃でした。一際目を惹くその服に気付いた方は、
わぁと何かにちょっと驚きつつ(?)ぱっと表情が明るくなるような、そんな気がして、まるで本当に
店内に花が咲いたようにも感じるのでした。


実際にキャンバスにアクリル絵の具で描いた紫陽花の絵を、スキャンしてプリントにした生地は原画そのもので、
色の滲み具合であったりグラデーションや、くっきりとしていない淡い色目からも、よく見る花柄とはまた違った
印象を覚える、空気感のある服に仕上がっています。
同じ生地を用いた服は他にも届いているのですが、初めにご紹介するのは軽やかな羽織として着られる
workman’s coat
パリッとした薄いコットン地は、夏の暑い日に着ると心地良く過ごせそうな微かに透ける素材で
タンクトップやキャミソール、ノースリーブワンピースの上にさっと羽織って、色落ちしたデニムやリネンの柔らかなボトムなど
アロハシャツのようなイメージで着ていただくと、見た目も涼しげで良いのではと思っています。
どう着るかと考えて着るのも大事ですが、こういった服は勢いとインスピレーション優先で着ていただきたい。 

釦を留めると気付く、ユニークな衿から首元にかけてのデザインがとても素敵でインナーの色を変えたり
アクセサリーを覗かせたり、楽しみ方が広がります。


プリントの生地なので、どの部分を使用するかによって一枚一枚の柄の出方が異なるというところもポイントです。
紫陽花がしっかり映し出されている部分があれば、白や薄い水色、ピンクから紫など花の色の見え方の違いや
反対に葉の緑色がメインに出ていたりと、自分のお気に入りの絵柄を探すのも面白かったりします。


店内にそう多くは無い柄物が並んだ時に、自分達は素直にお店の中が楽しくなって嬉しく思いました。
ぱっと入った時に意外と思う方もいらっしゃるのですが、そう感じて下さると良いなと思って選んでいます。
無理に何かを変えようとはしませんが、自分達の目で直接見て触って、今の気分であったり心がワクワクしたり、
楽しい・良いと感じることは良いスパイスとして積極的に取り入れていこうと思うのです。
少し季節がすすみ、緑が生い茂り、より沢山の花が咲いて、恵みの雨が降り、街の景色に彩りと光が溢れる頃。
着ている人もそれを見た通りすがりの人も、晴れでも雨でも、きっと楽しくなる様な一着だと思います。

color      インディゴ

price      39000+tax

SIZE      S   /   M


ゆったりとした身頃に太い袖。同じ形でもそれはまるで別物となります。
ハリのあるコットン地は、着始めはやや硬さもり形がぴしっとしていて、まるで半被を纏った気分になります。
決して綺麗で整った着易い形とは言え無いのですが、いざ着てしまうとなんだかしっくりとくるから面白い。
ゆったりのシルエットが心地良い様な、それでいて懐かしい気分と新鮮さが入り混じった、不思議な気持ち。
少しずつ生地が馴染んできて、無骨なシルエットが自分の身体に寄り添うようになる頃には、きっと自分だけの
オリジナリティ溢れる着方を見つけているはずです。


ASEEDONCLOUDの醍醐味!(だと思っている)着丈の違いを出して重ね着を楽しむ、装い。
このジャケット(紫陽花・インディゴ)それぞれをどう着たら良さが出るかなと、ちょっと悩んだのですが
いつものデニムを穿いてワンピース、その上にざさっと合わせてみた所、意外と・・・というよりも
自分達が想像していた以上に、しっくりきたのでそのまま採用してみました。
頭で考える事も大切ですが、洋服は直感をもっと信じても良いのかなと思って見たり。。。
半袖のジャケットようなカタチはなかなか見ないアイテムだと思いますが、夏でも夜には涼しくなる盛岡には
一枚この手の羽織はあると便利だと思っています。


毎回はっとさせられたり、目が輝いたり、その場で頭の処理が出来なくなる事もしばしばあるのですが
実際にお店に届いてから見ても、生地やデザインに興奮が冷めないASEEDONCLOUDの服。
少しずつ男性にもお選びいただく機会があったりで、とても嬉しく思います。
こちらのジャケットも、男性にも着ていただけますので気になった方はぜひ袖を通しにいらして下さい。
他にも今季のコレクションが様々届いていますので、お近くにいらした際にはお立ち寄りください。

4月16日


TOOLS   BIG DAYPACK

color      KHAKI

price      17800+tax

SIZE     42×36×16 

color      NAVY

color      BEIGE


今シーズンよりお取扱いをさせて頂いているTOOLSから、デイパックよりも一回り大きいリュックが入荷致しました。
個人的にもデイパックは何個か持っているのですが、商品名にある通りで一日分の荷物を入れる為のバッグなので
出張などに行って帰ってくるとパンパンになってしまい、容量と荷物のバランスが良くないなと感じていました。
アウトドアメーカーが出すようなハイスペックなものではなく、あくまでも日常使いに適したタフな素材でデイパックよりも容量の
大きいリュックを探していた所、たまたま目に付いたのが″BIG DAYPACK″でした。
素材はナイロン100%で、塩縮加工という特殊な加工でナイロン生地を限界まで圧縮して強さと厚みを持たせた生地を使用。
60/40クロスなどとはまた違った良さを感じる素材感です。空っぽの状態で地面においてもしっかりと自立しますし
雨や雪にも強く汚れなどを気にせずに気軽に使えるというのが最大のメリットです。


女性は手にバッグを持つという習慣があるせいかトートバックの人気が高いのですが、男性は手があくショルダーやリュックを
愛用されている方が圧倒的多数だと思います。日頃から荷物の量が多くて、日帰り出張が多くある僕のライフスタイルには
リュックは必需品で、タフに扱う事が出来て着ている洋服にもすんなり溶け込むデザインと色目も気に入っているポイントです。
3色展開ですが、どの色も素材がナイロン100%に関わらず表面の光沢などが一切なくマットで落ち着いた雰囲気で
唯一のアクセントにZIPの持ち手とハンドル部分にヌメ革のレザーを使用しています。


出し入れの多い小物類は外ポケットを利用するのも良いと思います。マチが広く設定をされているので長財布がすっぽりと
入る大きさで、出張中は財布の出し入れが多く便利で助かっています。
メインとなる収納部分には吊りポケットなどは一切設けずに、ざっくりと荷物を入れて背負う男性好みな作りだと感じています。
細々した荷物がある場合はポーチなどを使うと、よりすっきりと持つ事が出来ると思います。


デザインがクラシックなので、ナイロン素材を用いたマウンテンパーカーやフードのコートなどのアクティブなスタイルとも相性が良く
素材感なども含めて季節を問わない汎用性の高さもポイントです。
用途に応じたバッグ選びは重要だと感じていますが、日常生活を送るうえで軸となるバッグを1つ持っておくと
どのバッグで持って行こうかと迷った際に、頼りになる存在になってくると思います。


リュックを背負った際に、デイパックの場合は背中の面積に対して小ささを感じる事があったのですが、一回りサイズ感が
大きくなった事で、後ろから見た姿がバランス良く見えます。この辺りの感覚には体型などにもよっての個人差が
あると思うのですが、冬物のコートであったり羽織り物の上に背負る際には後姿がより格好良く映ると感じています。


男性に限らず女性が大きめのリュックを背負う姿も◎
ご夫婦で1つをシェアするのも良いと思いますし、1~2泊くらいの旅行に行く際にも重宝すると思います。


TOOLSのブランドコンセプトである″暮らしの為の道具″が、まさに表現された日常使いに相応しいバッグです。
店内には様々な素材や種類のバッグを並べていますが、今までとはまた一味違った目的と用途を問わない
守備範囲の広いバッグになるのではないでしょうか。
これから行楽シーズンが近づいてきますので、是非旅のお供にして頂ければ嬉しいです。

4月15日


STYLE CRAFT WARDROBE SHIRTS♯4

color      L.BLUE

price      24000+tax

SIZE      Ⅰ   /   Ⅱ   /   Ⅲ

テレビで流れる天気予報や新幹線で東京へ向かう車内から景色を見て、東北地方にも桜前線が近づいているのが
よく分かります。お隣の仙台はもう満開だという事で、心身ともに気持ち良く過ごせる日がもうすぐそこまで
来ているなと実感しながら日々を過ごしています。
毎シーズン生地を変えながらオーダーをし続けているSTYLE CRAFT WARDROBEが作るバンドカラーシャツ″SHIRTS♯4″
今シーズンは夏にブルー系のシャツが着たいという想いがありました。イメージに合う生地が無地とストライプ同時に2種類
見つかりましたのでどちらもオーダーをして展開しています。見た目はゆったりとしたサイズ感ですが
決してオーバーサイズや緩いという表現ではなく、絶妙な足し引きで程良い緊張感を持たせたシャツに仕上がっています。
素材はコットン66%・リネン34%のぱりっとした張り感のある生地を用いて、これから更に気温が上がり湿気で蒸し暑くなる
夏場にも風が心地よく抜けて、自然と袖を通したくなる1枚になると思います。


全体が程よく落ちるシルエットで、ジャストサイズでぴったりと着るよりはリラックス出来るサイズで合わせる方が素材や
シャツのパターンをより活かせると思います。トップスのバランスに合わせてパンツはスリムよりもワイドなシルエットで組み合わせる方が
肩の力が抜けて自然な見え方になるのかもしれません。
何を着るかも大切ですが、どう着るかをより意識する事で着ている服がより一層馴染んで素敵に見えてくると思います。
僕自身もSTYLE CRAFTの洋服を着る際には、″どう着るのか″をより意識しますし、まだ着熟せるまでに至って
いないと痛感するのですが、袖を通す事によって勉強になりますし洋服の面白さと奥深さも感じて頂けるはずです。


テールは大胆なカッティングで、動きに合わせてゆらゆらとなびきます。
風が心地よく感じる季節に合うシャツだと思っています。


カフスは細めの設定。カフスが細いと腕まくりがし易く、このディティールのシャツがあるとセレクトせずにはいられません(笑)
シャツらしいシャツとはまた違った良さを感じますし、色々と着る事で好みが少しずつ見えてくるのかもしれません。


空気を纏ったようなリラックス感とだらしなさを一切感じさせない後姿も何とも言えず好みです。
何かを重ねたりするよりも1枚で潔く着る方が″SHIRTS♯4″には向いているように思います。
私の中で白とブルーのシャツは男性であれば何枚持っていても良いと思いますし、季節に応じて素材感や衿の形状
シルエットなどを変えながら何種類かを着回すのが理想ではないでしょうか。

color      BLUE STRIPE

price      24000+tax

SIZE      Ⅰ   /      /   Ⅲ

もう一色は遠目からですと無地にも見える白のピンストライプの入ったカラー″BLUE STRIPE”
素材は上記と同じくコットン66%・リネン34%の混合素材を使用。縦のラインが入る分、L.BLUEよりもシャープな印象に映ります。
色目も柔らかく、軍パン・デニム・チノなどのデイリーに穿かれるパンツとの相性も抜群です。
ストライプ自体は何処か綺麗で洗練された印象が出せますの色の落ちたデニムに黒の革靴の合わせや、穿きこんだ軍パンに
白のキャンバススニーカーで力を抜いて着合わせるのもお勧めです。


STYLE CRAFT WARDROBEは、洋服らしい洋服というと分かり難いかもしれませんが、着る人にとって沢山の隙間が
与えられた洋服だと僕自身は捉えています。袖を通した瞬間に完成するものではなく、袖を通してから少しずつ
距離を詰めて自分のイメージに近づける感覚で、直ぐには馴染まない所が着る側にとって楽しい時間と思うのです。
桜が満開の頃にはシャツ1枚で気持ち良く歩けると思いますので、風を感じながらシャツを楽しんでみては如何でしょうか。

4月14日

昨日は朝目覚めると一面が真っ白で、ぼーっとしつつも思わず目をぱちぱち。。。
そして夢を見ていたかのように、一瞬で雪は解けてしまいました。(ほっ。)
近くの公園の梅の花が少しずつ開きはじめ、白や紅の彩りで一層春めいた景色を見て
昨日の雪は、長い厳しい冬の終わりを告げにきたのかな・・・そんな気持ちになりました。
それでもまだいつ降るかもわからない・・・と密かに思ってはいるのですが。

STYLE CRAFT   FB-01(GOAT)

color          INK BLACK

price         52000+tax

SIZE         25×28×9


こちらでご紹介するのは、しばらく間が空いていたようにも思いますが、STYLE CRAFTのがま口バッグ。
FBシリーズより一番小さなサイズのFB-01が入荷致しました。
ぽてんとした可愛らしいフォルムと、レザーの凛とした格好良さが気持ち良く程良いバランスで組み合わさっていて、
普段使い兼、フォーマルな場面にもと幅広く、スタイル選ばず持ちたい方にお選びいただく機会の多いINK BLACKは
毎回必ずオーダーするカラーです。
レザーの鞄というだけで、ちょっとした憧れを抱きつつも、普段使いにはなかなか出来ないイメージがあり
足踏みしてしまう方もいると思いますが、シンプルで煌びやかになりすぎず柔らかな艶を持つこのバッグは
自分達の思う以上に、普段にも持ちたい!何もない日で持ちたい!と単純に良いから欲しいと言って下さる方が
多いのです。持つ事で自分の気分もぱっと晴れやかになったり、どこかへ行く楽しみが出来たり。
何か物を選ぶ時にそれ以上の理由は無いなぁと、自分達も買い物をすると時々はっと気付かされます。
本当に有難い事だなと思いますし、その気持ちを大切にいたいと思います。


小さいバッグはその姿・存在だけでも可愛らしく見えますが、やはり必要最低限の物が入るスペースが欲しいな。と
実用性を求めるとなかなかこれという物に出逢えなかったりもします。
個人的にもフォーマルな席でも持てるバッグを探していたタイミングで、出逢えたFB-01だったので
初めてリリースされた際は、やっと見つけた・・・という想いがありました。
フレームの入った淵がマグネットでぱかっと開く感じも良く、口の開きが大きいので中の物も見やすいですし
ある程度大きさのある長財布も入ります。更には内側にZIP付のポケットがあるので紛失しやすい鍵だったり
細々としたモノは分けて収納できます。
大袈裟にせず無駄の無いデザインの中に、さりげなく添えられた機能性にも美しさを感じます。
持つ時や使う時の姿勢だったり仕草まで、きりっと緊張感があって丁寧にしたくなるはずです。

color       GOOSE GRAY


毎シーズンは″INK BLACK″以外でもう一色、展示会の時に一目見て選んたカラー″GOOSE GREY”
今回はカジュアルにも綺麗目にも合わせが効く″GOOSE GRAY″ INK BLACK同様に綺麗な装いにも似合いそうな
凛とした空気感と黒よりも軽やかで優しい印象を持ち合わせた色。
白、ネイビー、チェックなど、これからの季節に着る機会の増えそうな色目にもすっきりと合わせて貰えると思います。


BLACK・GRAYどちらのカラーも細やかなシボと光沢が美しく、しなやかでいて強さを感じる″GOAT″山羊革を使用。
内側には麻の生地を用いているので持った際の軽さも特徴のひとつだと思います。


お気に入りのワンピースとお気に入りのバッグ、そして靴があれば。
それだけで、どこまででも行けちゃいそうな気分です。一気に力が漲ってきますね。笑


少し過ぎてしまいましたが、卒業・入学シーズンにお選び頂いたり。
自分の中での記念や、頑張ったご褒美に・・・にとプレゼントされたり。
お選びいただく理由はそれぞれですが、その方にとって思い出に残るお買い物をして頂けることは
私達にとっても心に残る出来事になります。バッグ以外のお買い物でも言える事ですが、出逢って頂いた物が
ささやかでも笑顔になったり活力になったり、洋服を着るという当たり前の事が少しでも楽しいと思える事が
一番だと思っています。何かのタイミングでSTYLE CRAFTのバッグにも出逢って頂ければ嬉しいです。

PageTOP