rasiku -official web site-

line

2月20日


A VONTADE   TYPE 45 CHINO TROUSERS

color         INDIGO    

price         18000+TAX              

SIZE         S   /   M   /   L


昨シーズンから展開しているA VONTADEのワイドトラウザー″TYPE 45 CHINO TROUSERS″
ヴィンテージなどがお好きな方には馴染深いアメリカ軍が採用していたチノトラウザー通称「45カーキ」をベースに作製されたモデル。
オリジナルを忠実に再現するのではなく、ブランドのエッセンスを散りばめながらもオーセンティックな面構えになり過ぎない
現代のファッションシーンにもしっくりとくるワイドパンツに仕上げています。
着用しているのは9OZの薄手ながらもしっかりと張りと強さを感じるセルヴィッチデニム。
縫製に巻き縫いを使用せずに作られているので、裾を折り返した際に外側にデニムの耳が出るのが特徴。
巻き縫いにする事で縫製に強さが出るのと生地のあたりが出て雰囲気が増すというのも良さではありますが
あえてそうしない事によって、見た目がよりプレーンになりすっきりと着用出来ると思います。
まだ気温が低い日には、生地が薄いので風が抜けてすーすーして穿くのを躊躇してしまいそうですが、
暖かな日差しを感じる頃には気持ち良く主役の1本として重宝すると思います。
デニム素材に関して言えば、真新しい状態よりもある程度生地を馴染ませておくと、いざ春服が気持ち良く
着られる時期に良い仕上がり具合で穿けるので、春に穿きたいパンツをお探しの方はそろそろ一本
準備しておくのことも、お勧めいたします。


シルエットはワイドですが″A VONTADE″が得意としているお尻周りなどを立体的なパターンで作っているので
変にもたつく箇所がなく秀逸なシルエットを構築しています。
普段太めのパンツを穿かない方や苦手だけど試してみたいという方に挑戦して頂きたいです。
太いパンツはトップスのボリュームがなくなる季節の方がよりシルエットのバランスが取り入れ易いので、春から夏にかけて
徐々に軽くなる服装の方がより馴染み易いと思います。
早速デニムタイプを購入して穿きはじめましたが、裾を短めにカットしてほんの数センチ折り返してセルヴィッチを見せています。
少し裾から覗く耳がアクセントで効いていてデニムという事でトップスも合わせ易く、最近は寒いのを我慢して良く穿いています。


もうすぐキャンバスのスニーカーを迷わずに履ける季節になりますので、ベタな合わせですが白のスニーカーにデニムの
組み合わせは鉄板ですし外せないスタイルです。パンツ選びに関して言えばあえてサイズを大きくしてみたり、ジャストサイズで
綺麗に見せるのも良いですし、丈の長さ1つで見え方が変わるので頭でっかちにならずに色々と試して頂きたいです。

A VONTADE   TYPE 45 CHINO TROUSERS

color         BEIGE    

price         18000+TAX              

SIZE         2XS   /   XS   /   S   /   M   /   L  


カラー″BEIGE”は長年に渡り定番で作り続けられているA VONTADEオリジナル素材で、張りと腰のある生地に
天然樹脂加工を施し、肌馴染も良く寒さの厳しい季節以外であれば気持ち良く穿いて頂けると思います。
オリジナルやヴィンテージには時間の経過とその当時の時代背景を感じる事が出来ますが、現代のプロダクトには
それとはまた違った良さを感じる事が出来ます。どっちが良いとか上とか下ということはなく自分自身の雰囲気や
着こなし、スタイルに合うものを取って貰えたら嬉しいです。
チノタイプは女性にも履いて頂きたいと思いましたので、サイズ展開を2XSから5サイズご用意しました。


季節が移り変わってくる時期は、足元(靴とパンツ)を新調するとトップス選びも楽しくなるかなと思います。
デニム・チノ・軍パンのデイリーに穿ける3つの選択肢があると、洋服選びの軸と基準が定まり着合わせに困る事が
少なくなるはずです。変わる事のない普遍的なアイテムを如何に格好良く着るのか・・・これは年齢を重ねても
未だになかなか満足する事が出来ない課題でもあり、楽しさの部分でもあります。
A VONTADEの新たな定番″TYPE 45 CHINO TROUSERS″是非、春のパンツの軸にしてみてはいかがでしょうか。

12月11日

img_0621
A VONTADE  WRINCLE MAC COAT

color       STEEL GRAY

price       43000+TAX

SIZE       S   /   M   /   L
img_0639

img_0645

img_0646
A VONTADEでは先日紹介をしました″OLD POTTER JACKET″と共に定番アイテムとして作り続けられている
コートがあります。3シーズン対応可能な″WRINCLE MAC COAT”は、高密度で撥水性の高い生地を表地に使用し
裏地はコットンのスレーキを組み合わせた、見た目がややふっくらとした印象が特徴のコートです。
今までrasikuでもA vontadeのコートは様々展開していましたが、WRINKLE MAC COATに関しては
MENSでは展開をした事の無いコートだったのですが、今シーズンは表地に用いられる生地とパターンが修正された事もあり、
僕がイメージするコートの条件によりぴったりだったのでセレクトしました。
冬場に厚手のニットを着た上からでもさっとストレスなく着れるというのが理想的で、身頃と袖周りが以前よりも
格段にゆったりした作りになった事で良い意味でコートらしいコートに仕上がっていると思います。
丈の長さもお尻が隠れるくらいに設定をしていますので、車で移動される事が多い方には座席にコートが
干渉せずに済みますので、バリエーションの1つとして選択肢に加えてみてはいかがでしょうか。
img_0652

img_0653
表地はコットン×ポリエステル×ナイロンの混合糸を超高密度に織り上げたポプリンを使用。
表面が微起毛させていてラバーライクな肌触りを実現しています。少しの雨や雪の水気は弾いてくれますし
2枚仕立てなので表地と裏地の間に空気の層が出来ますので、冷たい風などは殆どシャットアウトしてくれます。
冬場は組み合わせとして暖かいセーターを着たり、フリースやインナーダウンなどの高機能な素材を1枚挟んで頂ければ
冬の寒さにも十分に対応可能だと思います。ウールのコートやダウンジャケットなどと比較すれば保温性は劣りますが
アウターで、はたまたインナーでと保温性を何で上げるかは個々によって全く違いますし、単純に見た目だけで寒いと
判断するのではなく、ご自身の洋服との付き合い方や過ごし方に出来るだけ見合ったものを、その都度
提案出来ればと思っています。
img_0655

img_0656

img_0658

img_0659

img_0661
フロントは比翼になり、トップボタンだけが剥き出しになる仕様。
釦は存在感が際立つ本水牛釦を贅沢に使用し、レザーの力釦で補強をしています。
しっかりと作り込みがされているA VONTADEの洋服は、見た目に派手さは無いので何気ない感じなのですが
長年に渡って培われてきた縫製技術の高さと、身体にラインに沿うような無理のないパターンは着ていて心地が良く
デイリーウェアとしての基本がしっかりと詰め込まれた洋服なんだと常々思っています。
デザインがシンプルでクセがないものが殆どなので、歪なカタチの古着やデザインの強い洋服と合わせてもしっくりくる事が
多々あり、全体をすっきりまとめてくれたり、主役と脇役を行き来出来る懐の深さが一番の良さだと
僕自身も思っています。世代を問わずに支持されているというのも何だか頷けます。
img_0667

img_0662

img_0664

img_0665
縮率の違う生地を張り合わせて製品洗いをする事で生じる″吊った″状態の雰囲気も″MAC COAT″の顔のひとつ。
お気に入りのデニムや軍パン、真新しいのよりも痩せて可愛い毛玉が出来たセーターを着て肩の力を抜いて着て頂けたら
なんて格好良いだろうと想像してしまいます。(完全に個人的な好みですが。)
首元には素材の良いマフラーを巻いて。素材感の捉え方次第ではスポーティーな合わせでバックパックを背負うのも良いですし
クラシックな雰囲気に落とし込んで革靴を選ぶのもいいと思います。
手に触れた時の直感や感覚を大切にしながらイメージを膨らませて、自分自身にしか出来ない着方を楽しんで
貰いたいコートだと思っています。

rasiku sasaki

11月22日

img_9830
A VONTADE    OLD POTTER JACKET

color         CHARCOAL

price         44000+TAX

SIZE         S   /   M 
img_9839
rasikuでは久しぶりのオーダーになりましたA VONTADEを代表するジャケット″OLD POTTER JACKET″
細かなディティールやシルエットの修正を重ねながら、毎シーズンリリースされるジャケットは、僕自身出逢ったのがかれこれ7年前。
未洗いの裏地と洗いの掛かった表地を張り合わせた後に、製品洗いをかけてわざと吊ったように魅せる表情の豊かさと
ラペルなどを自由に変化をさせられる点など、ジャケットでありながらも着方に自由度がある事も、長年に渡り支持され
続けている理由ではないかと感じています。
1920年代の陶器職人が着ていたとされるクラシカルなジャケットをベースに、ヴィンテージをそのままリプロダクトするのではなく
古い物の雰囲気を壊さず、現代的な解釈も織り交ぜつつきちんと落とし込みされています。
このジャケットの、よそよそしくなり過ぎず、人と洋服とが適度な距離感で流行り廃りなく付き合っていける部分に
共感して下さる方が多くいらっしゃると思っています。
秋冬にリリースされるウール60%・コットン40%のオリジナルツィードで作製された1枚は、季節が深くなるにつれてより良く見えますし
打ち込みの良い生地は何年も着込んだ時により良い表情を見せてくれると思います。
img_9842

img_9843
シルエットは肩の傾斜がきつく身頃を少し絞っています。
所謂Aラインと言われるシルエットで、袖付けを前方に大きくふっている為に後ろの可動域は幾分狭くなります。
着ていくうちに生地も馴染んで動き易くはなりますが、袖を前にふっているパターンというのはクラシックジャケットの
大きな特徴と言えるかもしれません。
ラペルは設けていませんが、ご自分で折り返して作って着ても良いですし、写真のようにスタンドで着ても良い。
スタンドにすると見た目としてはジャケットとブルゾンの中間くらいの雰囲気で、インナーはシャツも勿論相性が良いですが
個人的にはカットソーや薄手のニットを着合わせるのが、今はしっくりきています。
img_9840

img_9846

img_9858

img_9856
ポケットは外側に、胸ポケット、チェンジポケットと合わせて4つ付きます。
力釦や内ポケットなども完備し、質実剛健なモノ作りはA VONTADEのブレることのない強みだと、このジャケットも含め
洋服に袖を通すたびに感じさせてくれます。
img_9851

img_9854
たまの休日にジャケットを着て出掛けるという男性がどれくらいいるか想像出来ませんが、然程多くないと思っています。
普段スーツの方は、休日はやはりリラックスした格好がしたいと思います。何処へ行くかも関わってきますが、
何も無ければある程度動き易くて、見た目がそれなりに整っていればそれで良し。という方が普通だと思います。
僕自身もジャケットを着る日は週に1回あれば十分で、それ以外の日は動き易い服装を好んでしてしまいますし
これからもそんな頻繁にではないですが、ジャケットはふとした時に着たいなと思うのです。
気分的に、今日着たい!と思う日もありますし、大切な人と出歩く日。
ちょっとした食事の場に行く際などに手元に安心できるジャケットが1枚あると心強くもあり、出掛ける事がより
楽しくなるのかもしれません。今時期は、着心地の良いさらりとしたセーターをインナーに合わせてさっと羽織る。
決してがちっとキメ込まなくてもそれだけで十分だと思いますし、足元はピカピカに磨かれた革靴でなくとも、
スニーカーを合わせて着るのでも様になると思います。あくまでも普段使いの場での着方ではありますが。
img_9862
A VONTADE    OLD POTTER JACKET

color         DEEP NAVY

price         38000+TAX

SIZE         S   /   M 
img_9865
超高密度に打ち込みされたコットン100%生地にウォータープルーフ加工を施し撥水性と防風性に優れた機能性を併せ持つ
A VONTADEが独自で開発したオリジナル素材。″OLD POTTER JACKET″に限らず、定番で作られている
″MAC COAT”などにも頻繁に使用されています。この素材に関して言えば春夏・秋冬のどちらのシーズンにもリリース
されるだけあって素材に対する絶対的な自信と、深い色目のネイビーは季節を問わずに着られてパンツとの相性も
然程気にせずに受け止めてくれる懐の深さも、支持され続けている理由だと思います。
img_9874

img_9877
インナーにスウェットを着れば柔らかな印象になりますし、ハイゲージのタートルを着ると少しの緊張感が生まれます。
どちらの素材にも其々の良さがあって、秋冬になると外側に着るコートやジャケット類とインナーに着合わせる素材と
どう組み合わせるかの幅も広がり、それが楽しみの一つでもあります。
そこをちょっと意識するだけで、ワードローブに眠ってしまっている洋服が活きてくる事もあったりします。
軍パンにジャケットを羽織るスタイルは、綺麗さと土っぽさを合わせる事で難しくならずにさっと着れる良さがあります。
足元はスニーカー、革靴、季節的な部分を入れるのであればスウェード素材のマッドガードやデザートブーツも相性良さそうです。
img_9879

img_9891

img_9886

img_9880
ここ何シーズンかは展開してこなかったアイテムですが、またこうして展示会で気になって店頭に並べてみると
改めて良いなと思いました。着方に関しても今まではインナーにシャツを合わせる事が多かったのですが
カットソーやニットなどで首元のバランスをすっきりと着るのが今の気分に合っているなと・・・僕自身は感じています。
同じアイテムを売り続けるのは作り手も販売する側もそう簡単な事ではないのですが、こうして自分達がまた新鮮に
思えたジャケットを見て、男性がジャケットを着て外に出たいなと思って頂けたら嬉しいな・・・なんて思っています。
rasiku  sasaki

10月22日

img_9431
A VONTADE   MOTORCYCLIST OVERCOAT

color        OLIVE

price        44000+TAX 

SIZE        M  /  L
img_9435

img_9436

img_9441
A VONTADEから新型のオーバーコートが入荷をしています。
ヴィンテージのモーターサイクルコートをデザインソースに、軽やかな素材感のダブルブレストのコート。A VONTADEらしくすっきりと
なだらかなAラインのモダンなシルエットは、見た目の重さや窮屈さを一切感じさせない絶妙なフィッティングに仕立てられています。
素材はコットン70%・ナイロン30%の撥水性を持たせた張りとやや艶のあるポプリン生地を用いています。
雨や雪の日にレインコートの代わりとしても代用出来ますし、スーツやジャケット、厚手のニットの上からでも十分ゆとりを持って
着られる設定にしているので汎用性に富んでいて着回しも十分に効く1枚です。
あまりに腕周りや身頃を細く設定してしまうと、インナーとの相性を考えてしまって段々と着る機会が少なくなって
しまうので、何も気にせず、ぱっと手に取ってざっくりとと羽織れる事が、普段着用コートの条件だと思っています。
img_9446

img_9449
今までフロントがダブルになったデザインのコートを展開してきませんでしたが、″MOTORCYCLIST OVERCOAT″は
展示会で見た際に純粋に着てみたいと思えるデザインとシルエットで、真っ先にオーダーを決めた商品でもあります。
フロントがダブルですがクラシックに振り過ぎず、かと言ってあまりに着易く作っているという訳ではないというのが
A VONTADEらしいモノ作りの良さでもあり、古き良きモノを尊重しながらも絶妙な落としどころに持っていくバランス感が
幅広い年代から支持をされている理由でもあると思っています。
裏地も着心地を重視して同生地を使うなど、目に見えない部分への贅沢な生地使いにも目を奪われました。
手にして直ぐに「着熟す」という所までは難しいと思っていますが、年齢を重ねるにつれて次第に説得力が
増してくるはずですし、いつかはダブルを・・・と頭の片隅で考えていた方にも着て貰えたらと思っています。
カラー″オリーブ″を選んだのも全体のイメージが重くなり過ぎず気負わずに着れると思えたからで
お気に入りのデニムやチノに質の良いニットを着て靴はくたっとなったスニーカー、もしくはきちんとメンテナンスされた革靴。
シンプルな服装にコートをばさっと羽織るだけで様になる・・・そんな何気ないけど何か良い空気を纏った大人に
なりたいものだと、そんな事を思いつつ、コートを選んで貰えたらと思っています。
img_9444

img_9456
首元はチンストラップ付で冬の冷たい風をしっかり防いでくれます。
使用しない時は衿元に収納が可能なので、シチュエーションに合わせた使い方をして頂ければと思います。
僕自身は最近になってようやく巻物をするようになってきたので、コートに付いたチンストラップと巻物を気分によって
併用するようになりましたが、巻き物が苦手な方にとっては首元のディティールはコート選びの際の重要なポイントになると
思いますし、首を温めるだけで保温効果も大きく変わってくるはずです。
img_9461

img_9457

img_9458
着丈の長さから考えても車移動の方よりも街を良く歩く方の方が向いているコートだと思います。
着る方其々のライフスタイルによって使い方や着方はあるかと思いますが、純粋にこのコートを着て何処に行きたいとか
雨や雪の日に気持ちを上げる為に着てみたい・・・などのシンプルな理由で選んで頂けたら嬉しいです。
着回しであったり似合う似合わないは、着ていくうちに感覚的に分かってくる事のような気がしています。
頭でイメージするのは大切ですが情報を入れ過ぎたり考え過ぎると、洋服を純粋に楽しむという事から少しずつ
遠ざかってしまいそうで、シンプルに直感的にこのコートを選んで貰えたらと思っています。
img_9463
A VONTADE   SEAMANS SWEATER

color         INK 

price         34000+TAX 

SIZE         M  /  L
img_9465

img_9466
インナーで着用をしていましたアイテムも同ブランドの今シーズンのニット。
US NAVYのボートネックセーターをデザインソースに用いています。
如何にも軍モノらしいタフさと、それだけではなく素材にも拘った見た目にも美しい純国産のニットです。
素材はオーストラリア産の梳毛とメリノウールをブレンドさせたオリジナル糸を作製。手動式横編み機でじっくりと時間をかけながら
度詰めにして表面に凹凸のある畦編みで作成されています。手にした時の目のしっかりと詰まった質感と
畦編みならではの伸縮性を兼ね備えたニットで、見た目の重厚さの割に重さを然程感じないので長時間着用しても
ストレスになり難いと思います。気兼ねなくデイリーに活躍する1枚になると思いますし、首元がクルーネックではなくボートネックに
なっている点も着こなしを考えるうえでのポイントになる部分ではないでしょうか。
img_9468

img_9469
サイズ感はややコンパクトな仕上がり。身長178CM 体重63キロでLサイズでジャストといった感じです。
インナーの合わせはカットソーも良いですが、首元のディティールを活かしてシャツとの組み合わせもお勧め出来ますし
身体のラインに沿うようなパターンにしてあるので、ごろつきが少なくしっかりと可動域が確保されています。
しっかりとしたボリュームがあって保温性にも優れたニットですので、冬の盛岡の寒さにも対応出来るはず。
カラーは汎用性の高い″ネイビー″を選びましたので、長く付き合っていける1枚になると思います。
img_9470

img_9471

img_9472
袖や裾のリブなどの切り替えしは日本製のニットらしく繊細さと見た目の美しさが際立ちます。
モノを選ぶ基準として、そのモノ自体が醸し出す雰囲気も重要な要素の1つだと僕自身は思っています。
着用をしていて″ふとした瞬間″に気持ちが高揚したり穏やかになったりする心の作用を感じる事があれば、
身に付けるという事以上の価値が洋服から得られているのだと思いますし、それが全てではないのですが
洋服をより楽しめるきっかけの1つになると信じています。
コートとニットどちらも見た目の派手さはないですが、ワードローブの中心になる得るアイテムだと思いますので
是非、店頭で手に取ってご覧頂ければ嬉しいです。
rasiku  sasaki

9月26日

img_8167
A VONTADE  CREW NECK SWEAT

color         INK

price        16000+TAX

SIZE         S  /  M  /  L
img_8184
9月も下旬に差し掛かっているのですがなかなか気温が下がらず、湿度も若干高め。
スウェットを着る気分になるのはもう少し先になのかもれません。
入荷は続々き店内の方が足早に季節を進めているかのようで、ここ数日は、この秋冬何を着ようかなと
妄想を繰り返しています。まず今シーズン、rasikuで展開するスウェットアイテムはクルーネックが多く並びます。
A VONTADEは毎シーズンスウェットを展開しているのですがヴィンテージライクなディティールとシルエットが目に留まり、
明るい色目のWHITEと、何色かの色が混ざったかのような落ち着きのある″INK″の2色をセレクトしました。
オリジナルで作製した裏起毛素材は、肉厚な生地感としっかりと目が詰まっているので手に取った時の安心感があります。
シルエットは身頃と腕周りがゆったりとしていて、着用時の窮屈さなどは一切感じさせず、ストレスフリーな着心地を
実現しています。着用を繰り返して裏起毛がなくなってきたくらいが雰囲気良く着れそうなスウェットです。
img_8237

img_8231
身頃の編み目を横に使用し、脇下で切替をして型崩れを防ぐ″リバースウィーブ″の仕様。
この仕様にすることによるメリットとして、スウェットに良く起こりがちな縦への伸びを大きく防いでくれます。
デザインとしてもちょっとしたアクセントになりますし、ヴィンテージに共通するディティールはその部分にぐっとくる
という方も少なくないのではないでしょうか。A VONTADEの服の良さは、決して古い物をそのまま忠実に
再現するということではなく、古い物に含まれる良さと新しい感覚とを本当に絶妙なバランス感で表現し、
男臭くなりすぎず、男らしい。だからこそ年齢も着こなしも様々な男性、そして女性にも提案出来る点も
このブランドの落としどころの巧さがあって成せることだと思います。
img_8211

img_8228

img_8215
首元は開き過ぎず詰まり過ぎずで、裾・袖のリブは長めに設定されています。
シルエットの適度な野暮ったさと、デザインの素っ気なさ、またバルキッシュで光沢のある生地とが相まって
気楽に着られるアイテムですが、そこまで砕け過ぎない印象です。
img_8200

img_8210
首元がすっきりとする分の物足りなさを感じる人もいるかもしれませんが、ジャケットやコートなどを重ねる場合に
インナーとアウターの相性をあまり気にしせずに着れる点がクルーネックのメリットです。少し前まではスウェットに関しては
僕自身フード一辺倒でしたが、クルーネックの着易さと組み合わせ易さに魅了されてしまい、これからの季節は
ニットを着るまでの繋ぎとして着る機会も多く、僕自身もとても重宝しています。
img_8240
color         STONE WHITE

price        16000+TAX

SIZE         S  /  M  /  L
img_8246
カラー″STONE WHITE″は、色目が暗くなりがちな冬の季節に明るい色を差すのは意外と楽しい事。
雪の景色とも相性が良いなと思っていて、男性が着る白もお勧めです。
白系の洋服は汚れが気になるかもしれませんが、汚れたら洗うくらいの割り切りが必要です。
″白″にしか出せない清潔感と潔さがプレーンなデザインとが相まって、どう着熟すかを楽しめる1枚だと感じています。
綺麗なパンツと合わせても良いですし、土っぽい軍パンやチノなども間違いない合わせだと思います。
グレーやネイビーといった着回しの効くカラーのスウェットをお持ちの方にも、是非挑戦をして頂けたらと思っています。
img_8254

img_8248

img_8250

img_8256

img_8263

img_8267
シンプルなアイテム程奥が深く、自分が思う様に着こなすという所までは、なかなか届かないなと日々思うのですが、
年齢を重ねていくうちに少しずつ板についてくる感覚がクルーネックのスウェットにはある気がしています。
ただ単純に「着る」というのと「着こなす」とは大きく違っていて、着る人そのもの雰囲気や人間味も
ひとつの味わいとしてプラスされる事で、それが格好良く着る為のエッセンスになったりするのかもしれません。
良い大人の男性に格好良く着て頂きたい1枚ですし、女性のだほっと着る感じも、試しにぜひどうぞ。
サイズもS・M・Lと3サイズでご用意していますので、袖を通してイメージに合うサイズを選んで頂けたら嬉しいです。

rasiku sasaki

line

PageTOP