rasiku -official web site-

line

2月28日


DOEK     BUSKET

color      ECRU     

price      12000+TAX

SIZE      22   /   23   /   24   /   25   /   26   /   27   /   28  

もうすぐそこまでスニーカーを気持ち良く履ける季節が近づいてきました。
アッパーに久留米絣の厚手のキャンバス生地を使用し、インソールにコルクを敷き詰めた履き心地の良さと古き良き時代の
クラシックな見た目のスニーカーを追求しているブランド″DOEK″
オールスター型をモチーフにした″BUSKET”とテニスシューズ型をデザインに用いた″COURT”
サイズ22CM~28CMまで7サイズが全て揃って入荷をしています。


見た目のシンプルさと洋服との合わせがし易いローテクスニーカーは、履く人が其々に″個々の色″を出せる点が好みで
お気に入りの物を履き潰して、全く同じ物を新しい状態から履きはじめるサイクルが出来上がるのが理想だと思っています。
職人の手作業を幾つもの工程で必要とされる″ヴァルガナイズド製法″でスニーカーを作れる工場が日本には3つあり
その中の1つ福岡県の久留米市にある「MOON STAR」で生産をされています。
rasikuでは今回で3回目の再入荷になりますが、シンプルなキャンバススニーカーは何度見ても飽きがきませんし
履く時期や気候によっても見え方は変わってくると思います。冬の重たい足元から軽快なスニーカーに変えるだけでも
良い気分転換になるのではないでしょうか。


″BUSKET”というモデルは″DOEK”のラインナップの中では、ややゆったりとしたラストを使用しています。
トゥにボリュームがあり、スニーカーをぐるりと1周したテープが少しアッパーに食い込んだ感じなどはヴィンテージのスニーカーを
踏襲したデザインと作り、僕の世代からちょっと上の世代の方で、洋服にハマっていた方には特にぐっとくる
ディティールになるのではないかなぁと感じています。
アッパーに使用される久留米絣ですが、糸を生成する段階で薬品を使わずに天然の色をそのまま使用しているので
糸が痩せる事無く、太くてしっかりと強さのあるキャンバス素材を作り上げています。
また色に関しても、ほんのりと日焼けをした名品のトレーニングシューズを彷彿とさせます。


キャンバススニーカーは少し大きめのサイズを選んで、紐をぎゅっと縛って履くのが格好良いと相変わらず思ってしまいます。
昔していた様な、躓くほどのデカ履きはさすがにもうしませんが、太いパンツを穿いた際に足元のボリューム感を合わせる
意味でも、特に男性には体型や服装とのバランスを見て少し大きめサイズをお勧めしています。
ほんのちょっとの差で、特に誰に気付かれることもないかもしれませんが、自分なりのスタイルで履く。という事が
ローテクスニーカーの粋だと、勝手にそんな気がしています。
ただ何となくで知ったふりをするよりも、自分自身でこう履きたい・こんな服に合わせたい・・・とスタイルを描いて
何気ないスニーカーでも想像を膨らませて履いている姿は言葉にせずとも自然と素敵に見えますし、伝わってきます。
そんな事も含めて、ローテクスニーカーは本当に奥深いと履く度に思わされますし、だからこそずっと好きでいられるのだと
思っています。理想はデニムにスニーカーでただそれだけで格好良い人になりたいですが、道のりは遠いです。。

DOEK     COURT

color      ECRU     

price      12000+TAX

SIZE      22   /   23   /   24   /   25   /   26   /   27   /   28 


DOEK     COURT

color      NAVY     

price      12000+TAX

SIZE      22   /   23   /   24   /   25   /   26   /   27   /   28


もう一型の″COURT”はテニスシューズをモチーフに作られたモデルで、BUSKETと比べるとやや細身のラストを用いています。
見た目がよりすっきりとした印象があり、僕自身は春夏により履きたくなくモデルでもあります。
カラーは″ECRU”と″NAVY”の2色での展開。
足元を″NAVY”にするだけで季節感がぐっと増すので、海などをイメージする着こなしには間違いなくはまります。
インディゴで染められた生地は色落ちもするので苦手な方もいらっしゃるかもしれませんが、履きこんだ後の
くたっとなる雰囲気と所々に色抜けしているのも天然染料ならでは。
季節がぐっと進んで、装いも軽やかになった時に出番の多い一足です。


  


岩手は四季がはっきりしていて、冬はしっかり冬ならではの気候になるので年中スニーカーを履ける土地ではありません。
今年も昨年も、そこまで雪が多くなくなんとかスニーカーも履けたのですが、底冷えが堪えるのでやはり頻度は減ります。
その反動で雪が溶けアスファルトが綺麗に見え始めると、そわそわして無意識にキャンバスのスニーカーを手に取ってしまいます。
それだけで心が躍りますし、足元の選択肢が広がったりびしっと決まると洋服選びも、一段と楽しくなります。
そして、着こなしの幅も大きく広がります。
比較的手が伸びやすいキャンバスのスニーカーは、汚れたら洗って、ある程度履いてソールが減って履けなくなったら、
また新しいものに新調する。ある意味、生活に欠かせない日用品の様な感覚に近いのかもしれません。
年齢を重ねることでスニーカーの捉え方は多少変わってくる部分もある気がしていますし、それに応じて着こなしも
より力が抜けて、大人っぽく履けてくるから不思議なものです。
ただ歴史があるという生産背景に捉われる事なく、今の時代に一石を投じるモノ作りをしているという点に意味が
あると感じています。何度見ても素晴らしいプロダクトだと思います。サイズが揃っているうちに是非お試しください。

3月17日

IMG_8189
DOEK      BASKET

color       ECRU  

price       12000+TAX

SIZE       22  /  23  /  24  /  25  /  26  /  27  /  28
IMG_8193

IMG_8197
DOEKから今シーズンの新作″BASKET”が入荷しました。
アッパーに使用されている生地は福岡県の久留米市で200年以上続いている織物″久留米絣″を用いています。
しっかりとした太い糸で打ち込みされた素材は、タフさを求められる靴にはうってつけの素材です。
長年に渡り作り続けられ受け継がれていくモノは、手に触れた時に何らかの違いや雰囲気の良さをしっかりと
感じて頂けると思います。どことなく懐かしさを感じる佇まいは福岡県にある100年以上スニーカーを作り続いている
″ムーンスター″の工場で、現代では希少になりつつあるヴァルカナイズド製法によって生産されています。
僕自身は必至でアメリカ製のスニーカーを探し回っていた頃のものと同じような感覚や匂いを″DOEK”からは感じています。
現代のプロダクトではありますが、伝統として残る職人の技とデザインを上手く融合させる事によって、
旧くて希少価値のあるヴィンテージとも異なる、新たな価値観と視点で人を感動させるブランドになっているのでは
ないかと思っています。
IMG_8210

IMG_8212
靴の周りをぐるりと巻かれたテープはやや太めに設定をされています。
写真では伝わり難いのですが、アッパーに対して巻かれているテープのバランス感が何とも言えず好みです。
IMG_8201
インソールは天然素材のコルクを敷き詰めて通気性と履き心地を高めています。
スニーカーでここまでのクオリティを出しているモノはなかなか見た事がありません。
IMG_8221
ソールはグリップ力があり、落ち着いたカラーリングも見事にマッチしています。
IMG_8119

IMG_8124

IMG_8129
ジャングルファティーグに白いローテクスニーカー合わせて。これが春から夏にかけて良くする装いです。
何という事の無い普遍的なスタイルですが、こういったスタイルがすとんと馴染むように着れていたら
良いなと思います。個性が無いようで個性がある。
丈の合わせ方やサイズ感、ソックスの見せ方によってその人なりの色を出せる点がシンプルなローテクスニーカーの
醍醐味でもあると思っています。
IMG_8137

IMG_8142

IMG_8147
くたびれた軍パンに新しい白のスニーカー。
ロゴやブランドを象徴するようなラインなどは一切ありませんが、シンプルで潔いスニーカーをどう履きこなすかを
考えたり試行錯誤する事が楽しくて、お客様にも少しでもそういった事が伝わればと思っています。
こういった服装でも、足元が新しく雰囲気の良いモノを合わせるだけでたちまち良く見えてくるから
洋服と靴の関係は不思議で面白いなと思ってしまいます。
IMG_8225
DOEK      COURT

color       ECRU  

price       12000+TAX

SIZE       22  /  23  /  24  /  25  /  26  /  27  /  28
IMG_8228

IMG_8230

IMG_8232
DOEKのファーストモデルでもある″COURT”も再入荷してきております。
外羽式のクラシックなテニスシューズをデザインに用いたこのモデルは、すっきりとしたシルエットが特徴。
このタイプは秋冬より春夏の方がより映えるデザインだと僕自身は思って展開をしています。
夏にはショーツなどの短い丈のボトムスに合わせて、女性は柄のワンピースやスカートなど軽くて柔らかな素材との組み合わせが
スニーカーのイメージに合い易いのではないでしょうか。
IMG_8235
DOEK      COURT

color       NAVY  

price       12000+TAX

SIZE       22  /  23  /  24  /  25  /  26  /  27  /  28

IMG_8237

IMG_8238

IMG_8246

IMG_8248

IMG_8244
色違いの″NAVY”はインディゴを用いている為、天然染料ならではの深みのある色合いが特徴。
少しずつあたりが出て色が抜けていく感じも、スニーカーを履く楽しさに繋がってきます。

IMG_8153

IMG_8156

IMG_8167

IMG_8175

IMG_8184
懐かしさと新しさの両面を感じる事の出来る″DOEK”のモノ作りは、世代を問わずに履ける新しいスタンダードに
なり得ると思っています。たとえ履き潰れたとしてもまた同じデザインのモノを買う事が出来るというのは
スピード感があって流行り廃りが早い世の中では、簡単そうに見えて実は難しい事でもあると感じています。
これがずっと無くならないという事は断言できませんが、好きでしょうがない。やっぱりこれが良い!と思って
選んで頂ける物があるっていうのは単純に嬉しいですし、自分達も長く提案して居たいなと思います。
僕自身も″DOEK”のスニーカーは今や欠かす事の出来ないアイテムの1つになっています。
数ある選択肢の中から、普遍的な価値を見出せるスニーカーをぜひ選んで頂ければ嬉しいです。

rasiku sasaki

5月2日

IMG_1680
DOEKは久留米に140年続く履物メーカーでスニーカーを作製しています。
「 DOEK (ドゥック) 」という名前は、日本語の「ズック」の語源となったオランダ語。
元々は「織物」という意味があります。
同じく久留米に200年前から根付く織物に「久留米絣」があります。
私たちはこれまでもこの久留米絣を使った商品を作ってきました。
そんな私たちがスニーカーを作るときの考えは至ってシンプルです。
“魅力的な生地を作り、またはそれを探し良質なスニーカーを作る”。
※HP資料抜粋
IMG_1576
今回入荷したアイテムは2型
脱ぎ履ぎがし易いスリッポンタイプとデッキシューズタイプでどちらも”WHITE”と”NAVY”の2色展開です。
サイズは22CM~29CMまでのフルサイズでご用意しております。
これからの季節は特に出番の多くなりそうなスニーカーですので、サイズが揃っているうちに
是非店頭でご覧になってみて下さい。
旧き良きものを彷彿とさせる、今後後世に受け継がれていって欲しいと思わせるくらいの
他とは一線を画す素晴らしいプロダクトだと改めて実感しております。
IMG_1579
DOEK    SLIP-ON

color     WHITE 

price     12000+TAX

SIZE    22  / 23  / 24  / 25  / 26  / 27  / 28  / 29

IMG_1590

IMG_1587
スニーカー選び際の基準は人其々で違うと思いますが、見た目・履き心地・価格・機能性など
どこを優先するかによって選ぶ靴が変わってくると思います。
僕自身が一番重要視するのは見た目です。20代前半の頃にヴィンテージスニーカーを見て履いてから
何とも言えない雰囲気の良さに魅了され、その当時はビルケンシュトックとヴィンテージスニーカー以外は
履かないくらい偏った靴選びだったと思います。
年齢を重ねるにつれて、これというスニーカーに中々巡り会わなかった時期が長く続いていたのですが
日本製の「SHOES LIKE POTTERY」「DOEK」に出逢い、作り続けてもらえる間は
消耗して壊れてしまったとしても、また同じものを購入し続けるであろうと思っています。

IMG_1582

IMG_1592

IMG_1585

IMG_1598

IMG_1602
DOEK    SLIP-ON

color     NAVY 

price     12000+TAX

SIZE    22  / 23  / 24  / 25  / 26  / 27  / 28  / 29
IMG_1605

IMG_1610

IMG_1612

IMG_1614

IMG_1619

IMG_1623
DOEK    OXFORD

color     WHITE 

price     12000+TAX

SIZE    22  / 23  / 24  / 25  / 26  / 27  / 28  / 29

IMG_1641

IMG_1638

IMG_1629

IMG_1647

IMG_1649

IMG_1634

IMG_1651

IMG_1655
DOEK    OXFORD

color     NAVY 

price     12000+TAX

SIZE    22  / 23  / 24  / 25  / 26  / 27  / 28  / 29
IMG_1658

IMG_1660
大きなブランドロゴなどがないアイテムだけに、履く方によって様々な表情を見せてくれる”DOEK”のスニーカー
僕はこういった履く人、着る人次第なモノ。
完璧ではなく、余白を与えてくれるモノが好みです。
言い方を変えれば少しだけですが履く人のセンスを問われるアイテムだとも思っています。

そんなこんな早速購入して履いていますが、単純に白いボトムスにネイビーのスニーカーはしっくりきますね。
先ずはそこから、徐々に自分なりの「色」を出せる履き方にしたいと思っています。
今回は少量の入荷ですので、是非店頭でご覧になってみて下さい。

rasiku sasaki

5月1日

久しぶりの雨・・・のような気がします。
しっとりした5月の始まり。
店内には新顔のスニーカーが仲間入りし、シューズコーナーも益々充実してきました。

IMG_6800
今回入荷した”DOEK”は福岡の久留米にて140年もの間続いてきた履物メーカーで製作されたスニーカー。
DOEK (ドゥック)という名前は、日本語の「ズック」の語源ともなったオランダ語からきています。
元々は「織物」という意味があり、この織物こそがこのスニーカーに込められた想いを
表現している部分ではないのだろうかと思います。
同じく久留米には200年前から根付く織物、久留米絣(くるめがすり)があります。
このスニーカーを手掛けているGOOD WEAVERは兼ねてからこの久留米絣を使った作品を
創ってきました。このスニーカーを創造するにあたって、心掛けた事は極々シンプルな想いただ一つ。
” 魅力的な生地を作り、またはそれを探し良質なスニーカーを作る”
だからこそ、新品でありながらも昔からあったような雰囲気を纏い、現代の物作りとは
また一線を画す存在感が、それにはあると感じます。

※GOOD WEAVER HP資料参考
IMG_6726
DOEK    DECK COURT

color     ECRU 

price     12600+tax  

SIZE     22    23    24    25    26    27    28
IMG_6731
アッパーに使用されている生地は、目の粗いキャンバス地を使用。
デザインは外羽式のテニスシューズをデザインソースに用いて作製されています。
シンプルで無駄のないデザインは見た目の派手さこそ無いものの、往年の名品と謳われるスニーカーとは
また異なる洗練された佇まいに映ります。今だからこそまた単純に履いてみたいと思える
わくわくさせる不思議な魅力がDOEKにはあり、これから歳を重ねていっても履きたいと
思えるスニーカーに出逢えた事が、嬉しく思います。
IMG_6740

IMG_6738

IMG_6758
アッパーの内側には通気性を高める為に二箇所の換気孔があり、元々はテニスやバドミントンといったスポーツの
シーンにおいて実際に履かれていたというルーツをそのままに再現しています。
インソールは天然の通気性を持った素材、コルクを採用。
出来る限り自然に近く、且つ身体にとっても良質なものを1つのスニーカーに集約している点からも、
真摯な物作りの姿勢を見て感じ取って頂けると思います。
IMG_6756

IMG_6746

IMG_6764
アイレットの数は全部で6つ、ソールはアッパーと同様にECRU(同系色)で統一。
プレーンなトゥの上に更に、細かな凹凸のあるトゥが覆いかぶさる様な段差のある形状になっており、
名品と呼ばれる”ジャックパーセル”にも用いられている、見た目においてもアイコンとなるデティールの一つ。
IMG_6849

IMG_6854

IMG_6856

IMG_6769
DOEK    DECK COURT

color     NAVY

price     12600+tax  

SIZE     22    23    24    25    26    27    28

IMG_6774
もう一色の”NAVY”は深く染められた藍色が特徴で、これから夏に向けてより気分的にも履きたくなるカラー。
実際に履いてみましたが、色落ちはあります。特にシューレースの結ぶ際の摩擦による色落ちがあります。
ですが、そういった事を含めても”インディゴ”はいつの時代にも色褪せない魅力的なカラーであり
この自然が成せる色合いを気に入って下さる方も少なくは無いはずです。
またNAVYの靴をお探しの方にも、自信を持ってお薦めできる一足です。
IMG_6792

IMG_6776

IMG_6798

IMG_6796
ローテクスニーカーの弱点とも言える”踵”ですが、大抵の場合ここの部分から破れたりほつれたりしてしまいます。
そういった事を解消する為に、厚手の生地が貼り付けられています。
こういった繊細な気配りが日本の物作りの良さでもあります。受け継がれてきた良い部分は継承しながらも
改善すべき点はより良い物へと進化し、これからの世代へと受け継がれていく逸品として
私達自身も大切に、お客様の元へと繋いでいきたい思います。
IMG_6807

IMG_6811

IMG_6815

私達の提案する洋服と組み合わるとするならば、ぜひ春夏にこそ履いて頂きたい・・・。
スニーカーですので勿論履き方も自由ですし、その人の着こなしで差が付くものだと思っています。
より暖かい季節・・・というよりは夏になったらショーツやロールアップした太めのボトムスに
素足で履くのが僕自身は好みです。足元で軽快さを出したい時には打って付けなスニーカー。
スニーカーに関して言えば何足持っていても困る事はないですし、ハードに履いてしまえば何時かは
買い替えが必要になってくるものです。永く履きたい場合は、数足を履きまわす事をお勧めします。
ずっとお店に置き続けたいスニーカーに出逢えた事に感謝し、スニーカーの選択肢の一つとして
お客様にも楽しんで頂けたら嬉しいですし、靴のバリエーションが増える事で
洋服が一層楽しくなってくれたらいいなと思っています。

rasiku sasaki

line

PageTOP