rasiku -official web site-

line

2月9日


FilMelange    ANDY

color        melange           /           navy  

price        17000+TAX

SIZE        3  /  4  /  5             3  /  4  /  5

前回のシーズンからFilMelangeの新定番としてリリースされている、オーガニックコットンを贅沢に使用した裏起毛のスウェットシリーズ。
見た目は何の変哲もなく感じますが、要所要所にしっかりとポイントを押さえた作りになっています。
FilMelangeと言えば、その極上の着心地に秀でた物作りで定評がありますが、このシリーズに関しては
どこか1つに特化したというよりは、素材・シルエット・着心地3つのトータルバランスに優れているイメージで
ワードローブの中心になり得るような汎用性と、普遍的な価値を感じさせてくれます。
素材ですが、空紡糸という空気の力を利用して紡ぐ方法を用いて作製されています。
着心地はややふんわりとしていて編目は詰まっているので、柔らかさと硬さの2つの表情を持ち合わせています。
紡績する段階であえて古く生産効率の劣る機械を用いる事で、ヴィンテージアイテムや古き良き時代の物作りに対して
限りなく近い表情で合ったり着心地に仕上げられていますし、現代の物作りに於いてそれ以上のものを作りたい
というカットソーブランドならではの探求心を沸々と感じます。


首元はしっかりと詰まったクルーネック。
身頃はスウェット特有の縦方向に伸びてしまうのを極力抑える工夫で、生地の字の目を横方向に使用しています。
洗濯をしたりある程度ヘヴィーに着用したとしても、カタチが極端に大きく崩れるのを防ぐと共に見た目においても
ヴィンテージのディティールを踏襲することでクラシックな雰囲気に仕上がります。


シルエットに関しては身頃はゆったりと設定されていますが、着丈は割とすっきりとした印象を受けます。
スウェットはサイズ感とシルエットの選び方がとても重要で、あまり大きく着過ぎるとだらしなく見えてしまいますし
着方によって清潔感をどう出すかという点も、大切な要素だと思っています。
とは言えこう着なきゃいけないという事がある訳では無いので、どう着たいかが大事です。
インナーにサマールや白いTシャツなどを着て、少し裾から覗かせる事でバランスを楽しむのも良さそうですし
見た目がとにかくシンプルなので、ちょっとした部分に自分なりのポイントを入れるのがお勧めです。


ここ最近はクルーネックの着合わせを考える際に、自分のイメージに近いカタチで着れる事が増えてきたように感じています。
少し前まではクルーネックですと首がすっきりとした感じになり物足りなさがあって殆ど着てこなかったのですが、
好きな物や事は変化していくものだとスウェットを着る度に思ってしまいます。
食わず嫌いにならない方が何事も楽しめるのかもしれませんね。。
パンツはもっぱら古着の軍パンやチノを合わせる事が殆どですが、トップスにFilMelangeのようにカタチが整ったアイテムに対して
野暮ったさのあるパンツを合わせる事によって、両者が程よく中和されて肩の力が抜けた様な自然な雰囲気が出せるので
肌触りの良さ着心地も含めてとても落ち着く感じがしますね。

FilMelange   ANNAKIN

color       navy  

price       19000+TAX

SIZE       3   /   4   /   5

プルオーバータイプのフードは久しぶりに店頭に並びました。
最近はずっとクルーネック押しだったので、フードに関してはフルジップアップタイプを中心に展開をしていましたが
そろそろ気分転換ではないのですがプルオーバータイプが目に留まりました。
素材は″ANDY″と同様で、フードがしっかりと綺麗に立体的に立ち上がる点は特筆すべき作りだと思います。
基本に忠実なオーソドックスなカタチでなので、素材感とシルエットで良さを実感して頂けるはずです。
春になったら一枚でさらりと着て頂きたいイメージで、色落ちの良いデニムや雰囲気の良いペインターパンツなどと
合わせるのは如何でしょうか。


汎用性を考えてしまうとフルジップタイプが断然に使い勝手が良いですが、被りのタイプはプルオーバーにしか出せない
魅力があるように感じてしまいます。ベストなどを合わせると前の合わせが綺麗にすっきりと納まりますし
ディティールとしてカンガルーポケットがある事で抜け感のある表情もポイントになります。
一度着てしまうと脱ぎ着の面倒な点もありますが、着こなしのバリエーションとして持っていても良いアイテムだと思います。


FilMelangeの定番アイテムの魅力は吊り裏毛を用いたふんわりとした着心地を追求したものでしたが、それとはまた違った
ニュアンスで作製された新定番の空紡裏毛シリーズも負けず劣らずの素晴らしいアイテムだと感じています。
スウェットと一言で言っても、素材感やシルエットなどラインナップは幅広く存在しますし実際に肌に触れてサイズ感や着心地などを
試してもらうのが良いと思っているので、カットソーの選択肢はこれからも提案をし続けていきたいと思っています。
新たな定番を是非店頭でお試しください。

1月20日

IMG_2018
FilMelange    PARKER3

color       lt.melange  

price       20000+TAX

SIZE       2   /   3   /   4
IMG_2023
FilMelangeのアイコンとして作り続けられているプルオーバータイプのスウェットパーカー″PARKER”
現在の″PARKER3″になるまで何度かリニューアルを繰り返しながら、10年以上に渡り提案し続けられているモデルで
何処か愛嬌を感じる見た目と、ヴィンテージライクなディティールを絶妙なさじ加減で取り入れたFilMelangeらしいバランス感の1枚。
rasikuでもオープン時からオーダーをしていましたが、少し時間を空けてまたこうして改めて展開をしてみると
新鮮な感じもしますし、やっぱり良いなと思わせてくれる魅力が詰まったスウェットだと感じています。
着合わせはベタかもしれませんが、やっぱりダウンベストが好きですね・・・これはずっと変わらない部分かもしれません。
IMG_2048

IMG_2049

IMG_2052
フロントに付いたハーフジップ。
オリジナルで作製されたジップは「FM」の刻印入りで、細部にもしっかりと力を入れるブランドらしさが出ています。
ポケットは左右にセパーレートするカタチで張り付けれていて、50年代のヴィンテージスウェットをモチーフに作製。
インナーにボタンダウンシャツを合わせるのも良いですが、今の気分はクルーのサーマルがしっくりとくる感じがします。
生地が柔らかく伸びが出る事を想定して、いつもより少しタイトなサイズ感で合わせるのがお勧めで
着ていくうちにハーフサイズくらいは大きくなりますので、少しクタッとした感じをイメージしながら着て貰えたらと思います。
IMG_2033

IMG_2055
生地感は厚すぎず薄すぎずの中肉の裏起毛素材。
表地には超長綿を作る過程でふるい落された良質なコットンとトルファン綿を組み合わせた素材を、裏地はオーガニックコットンを
用いてじっくりゆっくりと吊り編み機で編みたてられています。
空気を纏うように柔らかく包みこむ様な着心地を実現。
素材本来が持っているポテンシャルを最大限引き出した、FilMelangeというカットソーに特化したブランドらしさを
肌が直感的に感じて頂ける素材になっていると思います。
IMG_2054

IMG_2053

IMG_2057

IMG_2037
まだまだ北東北の冬は長いのでセーターが手放せませんが、着こなしに変化が欲しい時に裏毛素材のスウェットは
保温性もある程度確保出来て、気持ち的にも冬から少しだけ解放される感じが僕自身はあります。
フードも大きく立体的で重ね着をした際にもしっかりと存在感のある後姿になるのも好みです。
見た目は至ってシンプルで何の変哲もなさそうな面構えですが、見た目・着心地・サイズ感などどれをとっても
偏らずにバランス良く作らているので、着る人にそっと寄り添ってくれるような1枚になるのではないでしょうか。
普遍的な価値観を提案し続けてくれるFilMelangeの原点でもあり傑作でもあると思います。
是非一度袖を通してみては如何でしょうか。
rasiku sasaki

11月3日

img_0034
FilMelange    BUSH 

color       MELANGE

price       40000+TAX

SIZE       1(LADY’S)  /   3   /   4
img_0039

img_0041
FilMelageが秋冬シーズンに定番で作り続けている素材の1つ、最高級のメリノウール100%を贅沢に用いたフリース素材。
見た目からも化学繊維のフリースとは明らかに違う、ふわふわとした気持ち良さそうな質感を感じて頂けると思います。
防縮した糸と未防縮の糸を掛け合わせる事で手触りはさらりとしながらも、糸1本ずつの質感をはっきりと感じれ、
着心地に徹底的に拘るブランドだからこそ出来る、天然素材100%のオリジナルフリース生地を作り出しています。
ファッションシーンでは勿論ですが、機能的に見ても化学繊維よりも断然に優れているので、アウトドアや旅行などにも
シーンを選ばずに幅広く力を発揮してくれるはずです。軽くて暖かな素材、そして何よりも天然素材という所に
惹かれて毎シーズン欠かさずにオーダーをしているアイテムの1つになります。
img_0044

img_0045
何型かデザインはあるのですが、今シーズンは前開きのフルジップタイプを選びました。
昨シーズンはプルオーバーをセレクトしましたが、機能的な側面と着易さを考慮するとこのフルジップがベストに感じました。
季節的に考えるとインナーはニットやスウェットがベターだと思います。フードの合わせもなしではないのですが、
首元がスタンドですので、デザインを活かすのであればクルーネックとの合わせが好相性かもしれません。
今時期はZIPを閉めて着るとアウター代わりとしても十分活用出来ますし、気温が更に低くなってきた際には
コートのインナーとして着るのも良さそうです。身頃に厚みが出ますのでコートを着る際にはゆったりとした
オーバーサイズのコートを羽織るのがお勧めです。
img_0048

img_0049

img_0051
脇、裾はネイビーのパイピングの処理で統一。
首元のリブの切り替えしと共に、ネイビーが入る事によって全体を引き締める効果がありますしアクセントにもなります。
縫製はカットソーブランドらしくフラットシーマを用いて、ポケットにあたる部分を上手に組み合わせています。
目には見えにくい縫製技術の高さもFilMelangeの製品に共通している部分だと思います。
img_0047

img_0054
ZIPは別注の「F M」が刻印されたオリジナルジッパーを使用。
裏地は肌辺りの良いコットンの別生地が貼られていています。裏地選びは意外と重要で着用する度に心地良さを
感じさせてくれる洋服と言うのは気が付くと手が伸びますし、季節が巡る度により大切に着ようと思えるはずです。
贅沢な素材を用いている為に誰もが手にし易い価格設定ではありませんが、着るという事に喜びを実感できる1枚に
なると思いますし、見ると着るとでは全く感覚が変わるベストだと思いますので、一度店頭でお試し頂けたら嬉しいです。
img_0056
FilMelange    BYRD3 

color       LT.MELANGE

price       18000+TAX

SIZE       1(LADY’S)  /   2   /   3   /   4
img_0059

img_0061
インナーで着用していたスウェットも同ブランドのロングセラーアイテム″BYRD3″
細かなモデルチェンジを繰り返しながら作り続けられているアイテムで、下目に付いたパッチポケットがアクセントになっています。
何てこと無さそうな井出達ですが、袖を通すと着心地の良さは勿論の事、やり過ぎていない絶妙なグレーの霜降り具合に
目が奪われます。何色か展開をしているのですが、rasikuでは毎シーズン″LT MELANGE”のみをセレクトしています。
img_0063

img_0064

img_0065
素材は超長綿を作る過程で振い落された良質な繊維を集めて作ったリサイクルコットンを表面のみに使用。
裏面にはオーガニックコットンを用いて、吊り編み機でじっくりゆっくりと時間を掛けてオリジナル裏毛を作製しています。
FilMelangeのラインナップの中でも、一番柔らかで一緒に空気を纏うような感覚を感じて頂ける1枚だと思います。
唯一の注意点としてお洗濯をガンガンしてハンガー干しをしてしまうと折角の風合いが損なわれてしまったり、
型崩れしてしまいますので、優しく手洗いをして風通しの良い所に平干しするのがお勧めです。
どんな素材にもメリット・デメリットが必ずありますので、少しずつでも理解を深めて上手に付き合っていくと当然ながら
長持ちもしますし洋服をより好きになる1つのきっかけにもなると思います。
img_0068

img_0067

img_0066
肩は可動域が大きいラグランスリーブを採用。ポケットは左胸のやや下目の位置に付きます。
袖・裾共に強すぎない絶妙なテンションですので、着ていて裾が上がってくることも殆どありません。
こういった普通なアイテム程奥が深く、デザインやシルエットを足したり引いたりしてブランド色を強く出そうとするのですが
BYRD3に関しては、ブランドの色を殆ど感じさせない極力シンプルに削ぎ落とした″普通さ″が良かったりします。
img_0069

img_0070
贅沢な素材を用いていますが、デイリーに気兼ねなく着れるというのがFilMelangeの良さだと思っています。
良い素材を使った洋服は時間が経過した後も雰囲気が良く、より身体に馴染んでいくのが実感できると思いますし
ボロボロになるまで着続けるという事が多いような気がしています。何年か何十年後か分からないですが、
ヴィンテージと言われる洋服になり得るくらい素晴らしいプロダクトだと思っていますし、僕自身は作り続けられている限りは
ずっと着ていたいと思わせてくれる希少なカットソーブランドです。ベスト・スウェットどちらもお勧めの逸品ですので是非。

rasiku sasaki

10月15日

img_9067
FilMelange    DEWEY

color       navy  

price       32000+TAX

SIZE        3  /  4
img_9074
朝晩の冷え込みで布団からなかなか出らくなってきている日が続いていますが、少しずつ秋らしい服装の方を
街中でも見かけるようになってきました。いよいよジャケットやコートの出番が必然的に増えてくるのですが、重ね着をする際
ちょっとした変化を与えられるベストは、カットソーやシャツ1枚では物足りなさを感じる時にコートを着込まずとも温度調整がし易く
とても理にかなったアイテムだと思っています。
僕自身も最近はスウェットにベストの組み合わせて着る事が多く、日中はベストが要らなくても夜はぐっと冷え込んでくるので
着て来て良かったなと感じる事が多くなりました。ベストの利点としてコートを上から羽織った際にも腕周りがごろつかずに
重ね着が出来るという事と、何より機能的で動き易い上に、体幹が温められるので寒くなるとより手に取ってしまう。
着れば着る程良い事づくしなアイテムだと思っています。
img_9083

img_9084
素材はウール56%・綿44%のオリジナルで開発したムートンの様な上品な質感の混合素材を使用。
超高密度で弾力性に富んだ素材で、着心地も軽くストレスの無いフィルメランジェらしい仕上がりになっています。
機能性だけを求めればナイロンなどの化学繊維も良いのですが、天然素材だからこその着心地の良さがあります。
肉感も厚すぎず薄すぎずでアウターとしても活躍しますし、冬場はニットやスウェットと組み合わせてコートの下のインナーとして
きっと重宝すると思います。
ベストはいつ着るのか・・・という事を店頭で接客をしていると聞かれる事がありますが、手元に持っていると
寒すぎず暑すぎずの丁度良い気候の日が案外あって、そういった日に着るベストは格別だと僕は思っています(笑)
食べ物にも旬があるように着る物にも旬があって、ちょっとした心の贅沢を味わえるのがベストというアイテムなのかも
しれません。暑い・寒いなど分かり易い気候になれば、必然的に着る物は限られてしまいますが曖昧な季節だからこそ
自分なりに工夫してなんとかその時その時を楽しむ事が出来るのが洋服の醍醐味であり、四季がある事の良さだと
思っています。ベストは洋服を着る上で心の余裕とも言うべきなのでしょうか・・・(笑)
粋な心を大切にしていきたいものです。

img_9082

img_9087
フロントに付いたZIPはとにかく大きさに圧倒されます。
フィルメランジェらしいファッションを楽しむという遊び心と実用性を兼ねた作りは、着る度に気持ちが上がりそうですし
古き良きモノを熟知しているブランドだけに、それが嫌味に見えないあたりのバランス感が素晴らしいです。
付け消しのスライダーは手に持った時の重厚感と気持ち良く開け閉めできるので、細部に至るまでのパーツ使い1つ1つも
大切だなと改めて気づかされる点でもあります。
img_9075

img_9085
ハンドウォーマーポケットはポケット内にも肌触りの良い裏地がきっちりと貼られています。
″MADE IN NIHON″を掲げるブランドらしく、日本人ならではの繊細さや着る人の事を一番に考えた妥協のないモノ作りは
1つ1つの製品へのプライドや身に纏う事の大切さを感じて頂けるのではないでしょうか。
img_9089

img_9079
着丈も長すぎず短すぎずでインナーとの相性は良いと思います。
ベストは着丈が意外と重要で、長すぎたり短すぎたりすると汎用性が無くなってしまい結局着ないという事があるので
選ぶポイントとして着丈の長さがどれくらいかは重要視しています。
カラーも使い勝手の良さを考えて″NAVY”をセレクトしましたので、インナーの相性を気にせずに着て頂けると思いますので
是非店頭でお試し頂ければ嬉しいです。
※身長178CM 体重63キロ 着用サイズ4
img_9090
FilMelange    IAN

color       champion melange  

price       24000+TAX

SIZE        3  /  4 SOLD
img_9094

img_9095
インナーに着用していたスウェットも同ブランドの今期シーズンの新作″IAN”
素材に繊維の長いオーガニックコットンを贅沢に使用。ディティールはヴィンテージライクな仕様を各所に施した今シーズンのフィルメランジェ
のラインナップの中でも抜群にクオリティの高いスウェットだと思います。杢のグレーの色目もわざとらしくなく、
生地の弾力性と伸縮性を持合わせた素材は、袖を通した瞬間に肌で違いを感じとって頂けるはずです。
素材が贅沢なたげにそれなりの価格はしますが、それを凌駕するくらいの間違い無い1枚だと思いますし
生地が良い感じに痩せてボロボロになるまで愛着を持って着て貰えたら・・・
何年先になるか分かりませんが、きっと自分だけのマイヴィンテージになっているはずです。
img_9093

img_9099
最近はヴィンテージやレギュラーに関係なくリーバイスのデニムにフィルメランジェのトップスを合わせて着る事が心地良くて
特に何かを狙ってという訳ではないのですが、古い物と現代のプロダクトを肩の力を抜いて自然に取り入れられる
ようになった気がしています。足元はアメリカ製のコンバースを合わせるのが年齢的にもまだ粋だと思い込んでいますが(笑)
そこはもう無理をせずに、現代でも素晴らしい靴を作っているブランドがあるので″SHOES LIKE POTTERY″や
″DOEK”のローテクスニーカーで良いかなと思っています。
アメカジっぽい雰囲気を毛嫌いした時期も多少ありましたが、今はこのスタイルが心地よくて好きになっているのだから
好きと嫌いは本当に紙一重だなと痛感しております・・・年齢を重ねる方がこういったスタイルにも説得力が増して
いくのは必然なのかもしれませんね。
img_9098

img_9097
スウェットに色落ちしたデニム。
普遍的なスタイルですが、だからこそ奥が深くて着る人によって色々な表情をみせてくれるのだと思います。
フィルメランジェの作りだす製品は、見ただけでは伝わりきらない素材へのあくなき探求心とファッション(洋服を楽しむ)
としての遊び心。どちらの要素も製品1つ1つに必ず入っている事が人を魅了し続けている理由なのかもしれません。
″DEWEY″と″IAN″袖を通して頂ければ、気持ちと肌のどちらもきっと満足して頂けるはずです。
rasiku sasaki

9月15日

img_7833
FilMelange    DOLLY

color       Black Melange  

price       10000+TAX

SIZE        3   /   4   /   5
img_7835
color      Navy Melange  

SIZE        3   /   4   /   5

img_7839
color      Champion Melange  

SIZE        3   /   4   /   5

img_7805
盛岡の秋祭りが終わると同時に、季節は秋へとぐっと深まっていきます。
FilMelangeの長袖Tシャツ″DOLLY”が今シーズンも入荷しました。rasikuではオープンをした当初からずっと
展開し続けているアイテムの1つで、着心地・厚み・シルエット・価格となんともバランスの良くとれた、
万能というのはこういう物を言うのだと素直に思う、本当に着る機会の多い、素晴らしいカットソーです。
長袖のTシャツを選ぶ際に、1枚で着てもサマになるかどうか・・・というのが僕自身が一番気に掛ける部分です。
生地が薄すぎると肌が透けたり身体のラインが強調されてしまうのと、インナーなのか1枚着なのかはっきりしないのは
着る機会が殆どなくなってしまいます。
袖のリブも重要なディティールで、見た目がすっきりとしますし袖口のもたつきが無くてジャケットやアウターとの相性も
抜群に良くなります。季節が移り変わる今くらいが、丁度このカットソーが気持ち良くさらりと着れる時期で
秋物の本格的なシーズンを迎えるまでの繋ぎとして、SAINT JAMESのOUESSANTと同様に無くてはならない
カットソーの1つです。
img_7808

img_7812
素材は良質なオーガニックコットン50%とリサイクルコットン50%を掛け合わせて、FilMelangeオリジナルレシピでじっくりと時間を掛けて
作られた″オーガニックラフィー″を採用。ヴィンテージライクな杢調の風合いと柔らかな肌触りは、一度袖を通すと忘れられない
病み付きになる着心地です。贅沢な素材をふんだんに使い、品質の高い良いモノを提供するというブランドの
ポリシーをしっかりと感じて頂けると思いますし、耐久性に関しても十分に満足して頂けるはずです。
目の詰まった厚手で型崩れのしない生地感も好みですが、それとは対照的な柔らかでしなやかな着心地のカットソーは
単純に洋服を着るという喜びを体感させてくれる希少なカットソーブランドだと思っています。
img_7814

img_7816

img_7817
首元は少しだけ開いたクルーネックで、着ていて苦しさであったり窮屈さを感じることは皆無です。
某ブランドをオマージュしたタグが左腕に付きます。この辺りはブランドの遊び心を感じてしまいます。
袖リブのテンションや、着丈のバランスなど絶妙なバランスで作られていて体型も選ばずに着て頂けると思います。
今シーズンはサイズ展開を5まで伸ばしていますので、ゆったり着たいという方にお勧めです。
※サイズ3=S~M  サイズ4=M~L  サイズ5=L~XL 大よその目安になります。
img_7845
FilMelange     DUOMO

color         Ozone White  

price         11000+TAX

SIZE         3   /   4
img_7846
color          Champion Melange  

SIZE          3   /   4

img_7842
color          Navy Melange  

SIZE          3   /   4
img_7841
color          Black Melange  

SIZE          3   /   4
img_7822
同素材を用いたモックネックタイプ″DUOMO”
首元のデザインが特徴的で、着こなしのアクセントとしてジャケットのインナーとして着るのもお勧めです。
やや下目に付いたパッチポケットやボックスタイプのシルエットなど、ワードローブに加えると今までとはまた違った着こなしが
楽しめる印象を受けます。僕自身も″DUOMO”を愛用していますが、生地が柔らかくて伸縮性もあるので
首元が窮屈に感じる事はありませんし、保温性という部分に関してもクルーネックと比べると大きく変わってきます。
店頭で接客をしていると首元があるのが苦手という男性の方が多くいる印象を受けますが、
素材がコットンで肌触りも良いので着てみると案外良かった・・・という事もあるかと思いますので
食わず嫌いにならずに挑戦して頂きたいです。
img_7824

img_7826
季節の変わり目に着る洋服の選択肢はある程度持っている方が、気候と気温に対応出来て選ぶ楽しさが増します。
その中でも自分自身の″定番″のような1枚があると心強いですし、何を着ようか迷った際には本当に重宝します。
僕自身も困った時に着る洋服が何枚かありますが、FilMelangeの″DOLLY”と″DUOMO”は毎シーズン色違いで
買い足したくなるワードローブの心強い味方になってくれると思います。
img_7829

img_7830

img_7831

img_7827

img_7828
何てことの無いカットソーに見えるのですが、お気に入りのカットソーを1枚見つけるのは案外苦労しますし
同じ物が作り続けられるのも今では希少な気がしています。僕自身はずっと同じ物を提案し続けていたい・・
という気持ちがあるので、こういったアイテムがあるのは、とても嬉しい。
多少のディティールやシルエット変更などはあれど大きく変わり映えする事はないのですが、自分自身の着こなしの変化や気分に
よってもまた見え方が大きく変わってきたりもすると思いますので、お気に入りの洋服が増えて貰えたら嬉しいです。
カーディガンタイプも入荷をしていますので、それはまた後日に紹介致します。

rasiku  sasaki

line

PageTOP