rasiku -official web site-

line

3月29日

IMG_8561
INDIVIDUALIZED SHIRTS    NEW STANDARD FIT(MIDDLE BAND B.D)

color       REGATTA OXFORD    

price       24000+tax              

SIZE       14H  /  15  /  15H 

IMG_8563
rasikuでは様々なブランドからリリースされる白いシャツを展開していますが、数ある中でも一番シャツらしいと思うシャツが
現在もアメリカでの生産をし続けている″INDIVIDUALIZED SHIRTS″
普遍的なオックスフォードのボタンダウンシャツはワードローブに欠かす事の出来ない一枚ですし、その一枚がその人の
洋服の軸にもなり得るくらい重要で、不可欠な要素。それぐらい自分達にとっても大事なのが白いシャツです。
質実剛健な作りと、シャツメーカーならではの細部への拘りは袖をとおす事で実感して頂けると思います。
真新しいシャツは気分も一新しますし、春の装いには欠かす事の出来ない主役の1枚ですので
ご自身が納得できるものを選んで頂きたいです。
IMG_8565

IMG_8567
今シーズンは新たに″NEW STANDARD FIT”という、身頃の絞りをやや抑えたモデルが登場しました。
従来の″STANDARD FIT”と比べるとウエストの絞りを2inch(約5CM)程、無くしてボックスに近いシルエットを構築しています。
襟のカタチも″MIDDLE BAND″と言われる少し低めの衿型に設定をして、インディビらしい凛とした雰囲気は残しつつ
現代の着こなしによりフィットするように細部を少しずつ昇華をさせています。
普段からインディビのシャツを着られている方であれば、袖を通しての些細な変化も新鮮に感じて頂けるのでは
ないかなと思いますし、殆ど目には見えないこういったちょっとした部分の違いを着てみて知るというのも、
洋服を楽しむ要素の1つになると思っています。
IMG_8571

IMG_8578

IMG_8572
着方はタックイン・タックアウトどちらで着て頂いても良いと思います。
色の落ちたデニムに足元はロファー、こんなスタイルもそろそろ頭の片隅に浮かんでくる頃です。(やっと!)
インディビのシャツは1枚で着ても存在感がしっかりとありますので、着こなしは潔くシンプルに着るのがお勧め。
新たな環境で人との出逢いも生まれる時期、気持ちの良いシャツに身を包むと自然と背筋もしゃんとします。
TPOに合わせた装いとしてもスタンダードなシャツが一枚あると心強いです。
IMG_8593
INDIVIDUALIZED SHIRTS    STANDARD FIT(GOLF COLLAR)

color       REGATTA OXFORD    

price       23000+tax              

SIZE       14H  /  15  /  15H SOLD 

IMG_8601
もう一型は、こちらは通常の″STANDARD FIT”に衿型を丸衿に変更をしたモデル。
襟方も低く設定されていて、よりカジュアルな表情に仕上がっています。
インディビらしい衿元の高くて美しいロールも魅力ですが、あえて柔らかな表情のモノを選んでみました。
今までは率先して選ばなかったはずの襟型も、ここ最近では違和感無くむしろ好んで着られる様に
なってきました。、そういった発見であったり気持ちの変化が起こり得るので、色んな服を着てみる
ことはとても面白いですし、僕自身が出来るだけ自由で柔らかな目線で服を着ていたいなと思います。
話がズレましたが、丸襟にあえてジャケットスタイルというのも意外としっくりきますので、同じ白いシャツでも
また違った見え方のものが欲しい方にはとてもお勧めです。
IMG_8603

IMG_8606

IMG_8595
インディビのシャツは90%の完成度でお客様が実際に着る事で100%(完成する)になる。
その言葉が物語る様に、インディビのシャツは未洗いで納品をされ、試着をしただけでは伝わらない部分が
多くあるように感じています。今まで購入した自分のインディビのシャツを見てみても、歳を重ねるにつれて
より良く感じる物が殆どで自分の想像よりも、遥かに上回る価値を時間をかけて気付かさせてくれる
素晴らしいシャツメーカーだと思っています。真っ直ぐなシャツだからこそ、永く付き合っていきたいと思えます。
白いシャツをお探しの方、ぜひどうぞ。

rasiku sasaki

2月19日

IMG_6563
INDIVIDUALIZED SHIRTS  STANDARD FIT

color         GRAPH CHECK(WHITE×BLUE) 

price         23000+TAX

SIZE         14H  /  15  /  15H
IMG_6498
INDIVIDUALIZED SHIRTSの数ある生地の中から、今シーズンは新色でリリースされた2種類をご用意しました。
1つ目は細かいブルーの格子柄で、カジュアルなシャツよりはドレスシャツなどに多く用いられている柄だと思います。
オン・オフ問わない汎用性の高さが特徴の1枚で、デニムやチノなどのデイリーに履くボトムスとも相性が良く洗いざらしのまま
ラフに合わせるのがお勧めです。近くで見るとはっきりと柄が表れてきますが、光の当たり方や遠目からですと
無地にも見えるので、ジャケットなどを羽織った時にはシャツの柄を主張させない絶妙なバランスで着て頂けると思います。

IMG_6502

IMG_6503

IMG_6505
日本人体型に合わせた″STANDARD FIT”を採用。タックイン・タックアウトのどちらでも対応出来る着丈の長さに設定を
していますので、その時々のスタイルに合わせて着こなしを変えて頂ければと思っています。
一時期はタックインしてこそ″インディビ″といった固定概念がありましたが・・・今は合わせるボトムスとジャケットの着丈によって
使い分けながら着ています。その方が圧倒的に着こなしの幅は広がりますし、自分への変なプレッシャーも感じずに!?
リラックスした気持ちで着て頂けると思います。僕自身も様々なシャツを持っていますし、お店でも展開してますが
着丈が長く設定されていて綺麗にタックイン出来るシャツというのは意外と限られてしまいます。
そういった意味でも希少なブランドの1つだと思いますし、アメリカのシャツブランドらしい質実剛健の作りで肩ひじ張らずに
着られる点がINDIVIDUALIZED SHIRTSの良さであり、素材違いでリピートする方が多いのも頷けます。  
IMG_6510

IMG_6506

IMG_6508
LEVI’SのデニムにINDIVIDUALIZED SHIRTSをさらっと合わせて着るのが、ここ最近のお気に入りのスタイル。
アメリカブランド同士の組み合わせですが、靴をSHOES LIKE POTTERYのスニーカーを履いたりTEMBEAのバッグを持つ事で
シャツの存在感が際立ちすぎずに、力の抜けた表情になるのが僕は好みです。
如何にもといった着こなしよりも、様々なアイテムをフラットに見ながら組み合わせる事でよりシャツが引き立つと思います。  
IMG_6512

IMG_6513

IMG_6515

IMG_6555
INDIVIDUALIZED SHIRTS  STANDARD FIT

color         GINGHAM CHECK(NAVY) 

price         25000+TAX

SIZE         14H  /  15  /  15H
IMG_6525

IMG_6529
もう1色は″GINGHAM CHECK″の新色。
鮮やかなブルーベースの細かなチェック地でしっかりとした張りのある生地感です。
毎シーズンギンガムチェックは欠かさずに展開していますが、はっきりとしたブルーは1枚で着た際に存在感が際立って
ミリタリーベースのボトムと合わせると、より一層鮮やかな色目が引き立つと思います。
スタンダードな柄ですがシャツ専門ブランドが作る1枚となると、お手持ちのモノとはまた違った良さを感じて頂けるはずですし
春先にクルーネックのスウェットやコットンニットのインナーに合わせても、衿の見え方が美しく着こなしの幅が出てくると思います。
INDIVIDUALIZED SHIRTSを初めて購入するという方にもお勧めしたい柄です。
IMG_6534

IMG_6536

IMG_6539
フランス軍のタック入りのチノパンを合わせたコーディネート。
年代が古くてにおいのある軍パンなどと綺麗なアイテムとを組み合わせる事で、トップスとボトムスとのギャップが出るのが
好きな合わせの1つで、こういった時にベストなどを羽織るとより一層雰囲気が増します。
IMG_6545

IMG_6551

IMG_6549

IMG_6546

IMG_6542
基本に忠実なシャツらしい作りのシャツをしっかり着こなせるようになると、様々なブランドからリリースされるシャツを
着こなせる幅が大きく広がってくる様に思います。全てのスタイルに合うという訳ではないのですが、基礎となる部分をINDIVIDUALIZED SHIRTSを着てみて感じましたし、これからも変わる事のない僕にとって無くてはならない存在です。
どちらも通年で着て頂ける素材感ですので、春の着こなしを想像しながら是非店頭でご覧になってみて下さい。
rasiku sasaki

10月31日

IMG_0792
INDIVIDUALIZED SHIRTS     STANDARD FIT   

color       Regatta Stripe Beige     /     Ecru Grund Gingham navy

price       26000+TAX

SIZE        14H  /  15  /  15H         14H  /  15  /  15H
IMG_0711
アメリカの古き良き時代のシャツ作りを今も続けているテーラーメイドファクトリー″INDIVIDUALIZED SHIRTS″
秋冬シーズンは着こなしのメインとなるニットやウール素材のベストといったアイテムに合いそうなシャツをイメージして
オーダーをしました。1つ目はワードローブには欠かす事の出来ないストライプ地。
今までもストライプ地は何度かオーダーをしてきましたが、合わせ易さや汎用性の高さを優先してピッチの細い
タイプを選んできました。今回はインナーで着用をした時の見え方にちょっとしたアクセントが欲しいと思い
数あるストライプの中でもピッチの太いタイプを選びました。今時期はニットのインナーとしてシャツを着用する機会が
増えると思いますので、柄がハッキリと見える事で着こなしのアクセントになりますし、コーディネートの幅も
ぐっと広がると思います。僕自身は冬になると紺色のシェットランドセーターやセーラーセーターを着用する頻度が
圧倒的に増えるので、それに合わせる色目をイメージした際にちらりと覗く明るい″BEIGE″も差し色
として面白いのでは・・・という想いでセレクトしました。
IMG_0720

IMG_0722
モデルは日本人体型に合わせて作られている″STANDARD FIT”を採用。
身頃に適度なゆとりがあり、イン・アウトどちらでもバランス良く着れる長さに設定をされています。
生地に用いられている″Regatta Stripe″は、適度な厚さと張りの強い生地感で洗いざらしで着ても
プレスをしっかりかけて少し緊張感を持たせて着るのも良いかと思います。
ジャケットスタイルのインナーとしても映えそうですし、洗いざらしで軍パンなどの土っぽいボトムスに合わせても
良さそうです。
見た目は綺麗な印象を受けますが、そこまで畏まらずにカジュアルに落とし込むのもお勧めです。
IMG_0712

IMG_0718

IMG_0725
″INDIVIDUALIZED SHIRTS″の代名詞とも言われる衿のロールの美しさは、ミリ単位の調整とバランスから
成り立っていて、新品の状態よりも着用を繰り返す事でより洗練された表情に変化していきます。
ブランドポリシーにもある「私たちのシャツの完成度は90%で、人が着ることで100%になる」その通りの言葉で
袖を通す事によって何か違いであったりシャツブランドならではの作りの良さを実感して頂けると思います。

IMG_0726

IMG_0729

IMG_0731

IMG_0735

IMG_0740

IMG_0743

IMG_0744
SAINT JAMESの肩釦ニットにボトムスはペインターパンツのカジュアルな合わせに、インナーに作りのしっかりとしたシャツを
1枚挟む事でラフになり過ぎずに適度なバランス感で着ることが出来ます。僕自身も肩肘張るような服装は
普段は殆どしないので、色落ちしたデニムや軍パンなど着こなしがラフに見えすぎる時や、
ちょっとだけ緊張感を出したい時にINDIVIDUALIZED SHIRTS はとても重宝します。
手軽に着れてタフであり、尚且つ縫製技術も折り紙つきなので必然的にワードローブに長く残り続ける
大切な1枚になると思います。
IMG_0753

IMG_0757

IMG_0767
もう一色の細かなギンガムチェックは白との組み合わせではなく、生成とネイビーの合わせで深みのある色合いに
惹かれました。今まではこれよりも大きな柄のギンガムチェックを展開してきましたが、1枚で着た際には
良いのですがインナーとして着用した時に柄のインパクトが強すぎてしまって合わせ難さを感じていました。
コーディネートにすっと馴染むギンガムチェックをイメージしていたので″Ecru Grund Gingham″は重ね着をした際に
名脇役としてピッタリの印象を持ちました。目を惹くような派手さであったりインパクトは殆どありませんが、
飽きずに長く付き合っていける1枚になると思っています。
IMG_0770

IMG_0778

IMG_0779
″INDIVIDUALIZED SHIRTS″はタグであったり入荷してくる時の箱が如何にもインポートらしい雰囲気で
いつも心が躍ってしまいます。洗いもかかっていない状態で納品されるので、シャツに水を通す楽しみも
ありますし洋服の醍醐味を感じられる数少ないメーカーの1つだと思っています。
クラシックなシャツメーカーなのでよっぽどない限りモデルチェンジなどはありませんが、それだけ完成されたデザイン
というのを裏付けているのではないでしょうか。何度見ても良いシャツだと実感させてくれる1枚です。
rasiku sasaki

INDIVIDUALIZED SHIRTS TRUNK SHOW 二日目

昨日よりSTART致しました、INDIVIDUALIZED SHIRTS TRUNK SHOW
この機会に!と足をお運び頂いたお客様、ありがとうございました!
初めは悩まれながらも、少しずつ形が決まっていくと楽しくなっていく様子が
伝わってきて、一日目にして既に開催する事が出来良かったと思えました。
特に既製品とは異なるオーダーならではの、自分の身体に合わせたシャツが着れるというのは、
思っている以上に気持ち良くて、嬉しい事だなと自分達も感じました。
IMG_3518

IMG_3520

IMG_3523
rasikuではデニムやヘリンボーン素材を見る方が多いです。
IMG_3528

IMG_3532

IMG_3533

IMG_3534

IMG_3536
本日もMEIDEN COMPANYスタッフの梁瀬さんと共に、店頭にてお待ちしておりますので
ぜひ、足をお運び頂けたらとおもいます。
お待ちしております!

INDIVIDUALIZED SHIRTS TRUNK SHOW at rasiku

IMG_2583
rasikuでは2年目の春からお取扱いがスタートしたアメリカを代表するシャツメーカー″INDIVIDUALIZED SHIRTS″
僕自身もかれこれ10年前程に、初めて手にした″INDIVIDUALIZED SHIRTS″
柄は″ロンドンストライプ″ カラーは″ブルー″で、カタチは″SLIM FIT″(当時はSTANDARD FITが無かった)の1枚が
いまだにワードローブに残っています。20代前半でまだ洋服の事を何も分かっていなかったので
単純にこの長い名前は何なんだろうという疑問と、店頭で他のシャツと比較した際に分からないながらに
インポートブランドならではの雰囲気の良さ惹かれて、購入したのを今でも鮮明に覚えています。
それが34歳の「今」になっても手元に残っているとは当時の自分は全く想像もしていなかった事です。
袖口などは少し生地にほつれが出てきているので、着用頻度は当時と比べれば減っていますが
何だかんだと手放す事がなかなか出来ない不思議な「縁」をこのシャツには感じています。
当時の″INDIVIDUALIZED SHIRTS″は、裾のテール部分のカッティングがアメリカシャツ特有のお世辞にも
着易いとは言えないモノでしたが、僕なりの解釈でそれが着こなせて一人前(笑)みたいな変なテンションと
洋服魂に火がついてどうにか格好良く着こなせるように着ていた様に思います。
勿論、今のカッティングの方が数倍着易いという事実に気が付いたのは20代後半の事ですが・・・(笑)
今はJHON SMEDREYのニットを着る際に、合わせるインナーとして着用する事が多い1枚です。
2
そんな事で、僕自身はかれこれ10年くらい愛用している″INDIVIDUALIZED SHIRTS″ですが
今回はメーカー様のご厚意もあり、6月5日(金曜日)~7日(日曜日)までの3日間!!
待望の「TRUNK SHOW」をrasikuで行う事になりました。
僕自身オーダーメイドのシャツを作った事がないので、楽しみにしているのは本人が一番かもしれません(笑)
メンズが中心になりますが、女性もシャツとワンピースのサンプルをご用意しております。
今まで着てみたかったけれど、サイズが合わなかった方には是非足をお運び頂ければと思います。
生地からパーツの細部や仕様を選ぶのは楽しい反面、相当な頭とエネルギーを使うと思いますが
出来上がって手元に届いたシャツは、これから一緒に時間を重ねていける思い出深い1枚になっていくものと
僕は想像しています。自分で決める醍醐味を是非ご堪能して頂ければと思います。
少しでもご興味のある方は、以下に日程詳細とオーダー条件、そしてオーダーまでの流れを
記載しましたので、ご一読頂ければと思います。

以下日程と営業時間になります。
・日程 6月5日(金曜日)12:00~20:00
     6日(土曜日) 10:30~20:00
     7日(日曜日) 10:30~19:00
・価格と条件 
   ※1枚あたり¥22000(税抜)~お選び頂く生地と仕様に異なります。
   ※お一人様同サイズを2枚からのオーダーとさせて頂きます。
   ※お支払に関してはトランクショー当日にオーダーをされました1枚分をお支払頂きます。
    もう一枚分は4か月後のお渡しの際にお願いを致します。 
・お届けの日程 オーダーより約4か月後の10月頃を予定しております。

オーダーの流れ
①ベースとなるカタチを選びます。
先ずはベースとなるサンプルをご試着頂き自分に合うモデルを決めます。
※STANDARD FIT・・・現在アメリカでも定番になりつつあるシャツ型で、クラシックとスリムの中間に位置する
           絶妙なサイズバランスです。日本でも最も人気があり、カジュアルなシャツスタイルや
           ジャケットスタイルにもフィットします。

※SLIM FIT・・・60年代のアメリカで当時、フィット感のあるスタイルがアイビーリーガーの中で流行しました。
         スリムフィットは当時のINDIVIDUALIZED SHIRTS社で人気を博したトリムスリーブ
         (腕・腕回り絞り)が原型となったフィット感のあるスタイルです。
※CLASSIC FIT・・・東海岸アイビースタイルの原型であり、当社保存の最も古い基本パターン。
          某アメリカ紳士服店のカウタムメイド用の基本サイズで胸・腕回りに少しゆとりがある
          アメリカンテイラーメイド・トラッド・そしてアイビースタイルのアーカイヒブの1つです。
※ATHLETIC FIT・・・ゆったりとしたボックスシルエットが特徴の80年代に誕生したスタイル

ベースとなるカタチが決定しましたら、細かな部分のサイズ調整を行います。
採寸箇所はチェスト・ウエスト・着丈・袖丈・肩幅・カフス・首回りとなります。
IMG_2568

②次に300種類ある生地スワッチの中からお好きな生地を選びます。
 生地は春夏素材から秋冬素材まで多種ご用意がございますので、じっくりお選び下さい。

③前立てを選びます。
※REGULAR FRONT ※FRENCH FRONT ※PULLOVER の3種からお選び頂けます。
IMG_2572

④バックプリーツを選びます。
※BOX PLEATS ※SHOULDER PLEATS ※プリーツ無し の3種からお選び頂けます。

IMG_2574

⑤芯地を4種類の中からお選びます。
※LIGHT LINING・・・サンプルに使われている芯地
※NO LINING・・・芯地なし 
※REGULAR LINING・・・少し硬めの芯地  
※FUSE LINING・・・硬い芯地 

⑥襟を約30種類ある中からお好きな衿を選びます。
※クレリックタイプにも変更可能です(追加料金プラス1000円)

⑦刺繍を選びます。
お好みの刺繍を3文字まで入れる事が出来ます。

⑧ポケットを9種類の中からお好きなポケットを選びます。
※左右に付ける事も可能です。(同じ形状のものであれば追加料金プラス1000円)

⑨カフスを10種類ある中からお好きなカフスをお選び頂けます。
襟と同様にクレリックタイプにも変更可能です(追加料金プラス1000円)

⑩ボタンを3種類から選びます。
※WHITE  ※HORN  ※SMOKE

オーダーシャツを作製する流れとして大まかな目安は以上の様になります。
お一人様に付き約30分~1時間くらいのお時間が掛かるかと思いますので、じっくりと選べる場所を
店内に設けますが、ある程度どんなシャツを作りたいかをイメージされてくるとスムーズに出来ると思います。
期間は3日間と短いですが、ご自身の気に入った素材・カタチでオーダー出来る機会ですので
世界で1枚しかない自分だけのINDIVIDUALIZED SHIRTSを手にしてみては如何でしょうか。
IMG_2588

line

PageTOP