rasiku -official web site-

line

1月13日

IMG_1688
JUJUDHAU   HAND KNIT SWEATER

color       BLACK  

price       26000+TAX

SIZE       F SOLD
IMG_1692
color       NAVY  
IMG_1623

IMG_1629

IMG_1632
真冬日到来。
身体に勝手に力が入ってしまい、いつの間にかバキバキに凝っていたり、なんだか全体的に思う様に動かない、
動かせられない様な気がするのも、どれもこれも、お久しぶりな感じです。
とても寒いけれど、今までの冬が暖かかったのだなぁと良い方に捉えると、気持ちが楽ですし、
もっと気温の低い所や雪が壁の様に積もっている所に住んでいる方に比べたら・・・まだまだ生活し易いです。
とは言え、やはり寒いので、暖かい物に触れたり食べたくなりますね。
東北の冬はまだまだ続くと強く実感したところで、まだご紹介していなかったセーターなどを。
大胆で潔くて、なんとも可愛らしい形と感じる、jujudhauのHAND KNIT SWEATERは
昨年はタートルネックで展開していたのですが、ざくざくとした太めの編地がとても好みで、
サイズ感もゆったりたっぷりとしていて、袖が長くて何とも言えぬ大雑把さが最高だったのです。
今回のセーターは、昨年のそれとはまた全く印象も変わりますが、とても綺麗に編まれた一目一目の雰囲気が
非常に良くて、ハンドニットの魅力に一層惹きこまれてしまいます。
IMG_1638

IMG_1640

IMG_1642
見るからに、胴体に袖が付きました。と言った感じのT字型セーターの素朴さが憎めない。
袖付けの部分が若干ゴロつく感じもしますが、その感覚も新鮮で面白いなと思います。
もしかすると気になる方は気になる部分かもしれませんし、着心地の面だけを見れば他にお勧め出来る
セーターがあります。ブランド名や他の人の評価で選ぶのでは無くて、自分はその服のどこに魅力を感じるかが重要で、
その素直な気持ちで選んだものはきっと、着る度にあっ、と何かを思い出させてくれるような気がします。
IMG_1646

IMG_1647
真っ直ぐ一直線の首元や短めの袖丈。
インナーにタートルを合わせるのも良いですし、シャツやシャツワンピースと重ねあわせても良さそうです。
ボトムはスカートや、太めのパンツ。変形のパンツも、ちょっと綺麗なトラウザーも合いそうです。
IMG_1654

IMG_1658

IMG_1652
クセが有りそうで、無さそうな。無さそうで、有りそうな。不思議なバランスを感じるのは身頃の広さと
丈の短さかによるものでしょうか?jujudhauらしい、自由で柔らかな雰囲気の一着に仕上がっています。
見た目より、着ると結構普通なんだね。って思って頂けるのではないかと思います。
まだここからが冬本番と言っても良い北国では、春物の入荷は?と聞かれますが、それよりもニットでは?
と勧めてしまいたくなるぐらい、まだしっかりと冬物が活躍する時期だと思います。
春という響きにはワクワクせずにはいられないですけれど。
様々なニットアイテム、ご用意ございますので、暖かいものお探しの方はぜひ試しにいらして下さい。
IMG_1697
JUJUDHAU   GATHER SKIRT

color       SILK TWEED  

price       21500+TAX

SIZE       F
IMG_1661

IMG_1680

IMG_1686
ぴんっと冷たい空気勢いに乗って、もう一型。
こちらは素材に惹かれワンピースとシャツのモデルをオーダーしていたのですが、この素材のスカートを穿かれた方を見て、
追加オーダーしました。実際に人が着ていると、おおっと目に飛び込んでくる、何だろう?と気になる良さが
jujudhauの服にはあります。
あまり馴染の無い、様々な色が混ざり合っていたり、質感であったり。
独特な空気感漂う生地だったりを用いている事も多く、綺麗過ぎない良さがあるなと思います。
IMG_1667

IMG_1676
素材はSILK100%ですが、想像する繊細なシルクのイメージとは一味違うざっくりプツプツとした質感。
あまり見かけないというか、触れた事のないような不思議な素材感です。
勿論シルクなのでコットンのように雑多に扱う事は出来ませんが、厚みがしっかりとあって生地も詰まっているので
日常使いして頂いて問題ありません。
IMG_1671

IMG_1670
形はとてつもなくシンプルで、ウエストもゴムなので、体型問わずで穿いて頂けます。
ギャザーの入り方と生地の重さで、シルエットが広がったり膨らんで見えるか、それともしっとりすっきり
見えるかに影響してきます。その点も選ぶ基準のひとつにしているのですが、程よい厚みで下へと流れる
落ち感がとても良いです。どこかクラシックな一面と力強さの感じられるスカート。
きゅっと気持ちが引き締まる革靴との相性も良く、ついつい手が伸びる一着となる気がしています。
週末は一段と気温が低くなりそうですので、お出掛けの際はくれぐれも足元・運転等もお気をつけて。
店内も模様替えしましたので、ぜひゆっくりご覧にいらして下さいませ。

rasiku sasaki

12月15日

img_0845
JUJUDHAU   TUCK DRESS 

color       BROWN CHECK    

price       30500+TAX

SIZE       F
img_0850

img_0855
たっぷりと生地を遣い、胸下の腰よりもやや高い位置に施された大き目なタックが印象的な
jujudhauのTUCK DRESS。今までも様々な生地を用いて、デザインも少しずつ変化を加えながら
展開し続けられているワンピースですが、タックによる美しく立体的なシルエットと裾へと揺れて流れる生地の動き。
優美であり、すーっと背筋が伸びる様な、それでいてどこか優しい空気を纏ったワンピースです。
ぐっと気温も下がり、少し水分量大目な大粒の雪がちらちらと降り続いた盛岡。
急な冷え込みに体調を崩さぬ様、暖かい服装で過ごして頂きたいです。
ざっくりゆったりのワンピースですと重ね着も出来ますし、中にアレコレ重ねて着てもこっそり隠せますので、
寒がりの方にも、オススメだったりします。厚手のタイツなどシンプルな合わせも良いですね。
img_0859

img_0861
今回選んだ生地は、ウール100%のやや厚みのあるBROWN CHECK。
ざっくりとした生地の重み(着る分にはそこまででは無いです。)で、自然と落ちるシルエットのため、
ボリューム感はあるものの、そこまで身幅も広がらずに着られます。
実際に袖を通して見るとわかりますが、想像以上に生地の分量が多いのです。
くるくると周りたくなる程に。
img_0863
首のデザインはシンプル。
ボートネックなので、今時期はやはりタートルネックとの合わせが多くなりますが、シャツやクルーネックなどでも問題なく。
グレー、チャコール、ブラック、ホワイト。ブラウン地との相性はどれも良くて、色で気分を変えてみたり、またストールやネックレス
といった小物も映えるのがボートネックの良さでもあると思います。
img_0892

img_0895

img_0876
肩線の無い、前身頃と後ろ身頃をくっつけて縫い合わせたパターン。
ゆったりと幅広な身頃に対して、少し細めに設定された袖幅によって上半身がコンパクトにまとまります。
タック部分からやや膨らみが生まれるので、上から薄手のショールやカーディガンなどを重ね合わせると、
その広がりは気にならなくなりますが、基本的にサイズというものに捉われずに、そのままの形を自分の体型に
合わせて着られる方に、合うワンピースだと思います。
img_0882

img_0885

img_0889
jujudhauの服に触れると、その自由さにとても心が和らぐというか、その服から漂う魅力を感じて
なんだか分からないけれど好きだから、着ます。と、直感で選んで下さる方が多いので、自分達にとっても
服の楽しみ方は人其々あって良いと思いますが、その中でもとても自然と言うか、健康的でシンプルな提案が
出来る服だなと感じています。
良い意味でちょっと雑味が合って、いつ仕上がるかも分からない不自由さもあるけれど、それでも
遠いネパールから、やっとやっと届いた服に出逢う時はいつもワクワクします。
そんな気持ちでお選び頂けたら、嬉しいです。

rasiku  sasaki

10月28日

img_9573
JUJUDHAU   POCKET JACKET 

color       TWILL GRAY   

price       35500+TAX

SIZE       F SOLD
img_9577

img_9581

img_9583
先日の休みは東京出張でした。寒いと思い色々と考えて、コート(薄手)とニット(薄手)ストール(厚手)を駆使し、
家を出る時、新幹線の車内と温度調節していました。そして、いざ!と降り立った東京の暑さと言ったら!!
半袖の人もいます。まるで夏の様・・・汗
たまたまその日がぐんっと気温が上がったみたいでしたが、それにしてもニットではなかった・・・。最終的に
暑すぎて、服を買う。という、旅先あるある。(旅では無いけれど)良いんです、欲しかったのが買えたから。
そんな時に、ふと、あぁきっとあれが丁度良いのだろうなと頭を過ったのが、このPOCKET JACKET。
近所のちょっとした買い物やお出掛けから、上記の様な出張や旅行まで。
生地の厚さ、重さ、脱ぎ着の楽さ、重ね着のし易さ・・・など、暑いと寒いの狭間をこれほど
自由に行き来できる服が、いざという時手元にあると本当に頼もしく思えます。
jujudhauならではの、型にはまらない独特の空気感と、着る人の身体に添うようなデザインが
そう感じさせるのだと思いますし、実際にそういう服は自然と手に取る頻度も増えるのだと思います。
img_9585

img_9588
以前より、継続的に作られているこのモデル。
そのシーズン毎に良いと思った生地があると欠かさずオーダーしています。夏はぱりっとしたリネンやコットン。
キャンバス地でごわっとしたタフな素材も。今季はぎゅっと詰まったウールとアクリル混合のツイル地。
どの素材の時も毎回毎回、良いねぇと思って選びます。結局はこの形が好きなんです。
ざっくりたっぷりとしていて、包容力のあるシルエット。
フロントは留め具などは一切無く、パタパタと開いたり閉じたり。中に色のある服を入れてちらりと覗かすのも
愉しいですし、単純にさっと羽織れるという所も良いなと思っています。
勿論、前が閉じた方が好きという方はお好きなボタンとループを付けても良いですし、ピンで留めても。
その辺は自由にどうぞといった距離感も自分にとっては心地良いのかもしれません。
img_9589
良い位置にある大きなポケット。
img_9594

img_9598

img_9601
身頃と肩周りまではゆったりですが、肘辺りから袖は少しだけきゅっとしています。
直線的なパターンは、その人の身体にすっと馴染むので、着る人の分表情も変わって見ていて楽しいです。
中に多少肉感のあるニットやカットソ-、シャツやワンピースの上からカーディガン・ベストなどを挟むぐらいの余裕はあって、
それでいて肩がストンと落ちているので、重ね着していても、もこもこしない。
着丈も腰付近がすっぽり隠れるぐらいなので、ボトムはパンツでもスカートでも合わせ易いのも良い。
img_9603

img_9604

img_9610
すっきりとした首元には大判の巻物をぐるぐるぐるっと合わせると、一層暖かくなりますし
肩からふわっと掛けるだけでも、また印象が変わってきます。小物遣いも楽しくなる羽織り物です。
今夜から週末は雨が降る予報だそうです。
雨が降ると、その次の日の朝外へ出た瞬間にすっと通り抜ける空気も風も温度も変わっていて、
その度に、あ、また冬が近づいてきた。と思います。
まだ寒くなって欲しくないなぁという気持ちと、透き通った空気の気持ちよさに心がきゅっとなる。
季節の美しい移ろいを、健やかに肌で感じて、暖かな衣服を身に纏い楽しく過ごせたらいいなと思います。
どうぞみなさま、風邪などひかれませぬ様、お気をつけてお過ごしください。

rasiku  sasaki

10月25日

img_9522
JUJUDHAU   STAND COLLAR COAT

color       H.B DARK GRAY   

price       36500+TAX

SIZE       F

img_9526

img_9528
白鳥はいつ家の前に現れるだろうか・・・という事をBLOGに書いた、その日の夜。
家の目の前(川)に白鳥家族がきているよー!との連絡をもらい、心躍らせる。
その日は暗闇の中動く白い生き物は確認できた。次の日確認した時には既に出掛けてしまった様子で、
その家族には出逢ずでしたが、別の場所で別の二世帯に遭遇することが出来ました。
家の前ではまだちゃんと白鳥を見れていないけれど、この数日夕方は店にいる時、朝は目覚める時に、
独特のなんとも気の抜けた鳴き声が聞こえてきて、一日のはじまりとおわりにふっと気持ちが和らぎ、
嬉しくなります。毎年のこの季節のたのしみ。
白鳥が来たということは、気温も低くなった。様に感じます。
もうそろそろ上着の一枚は持って家を出た方が良いかと思うのですが、薄着な方も結構いらっしゃいますね。
軽く羽織れて、嵩張らないカーディガンの様なコートがjujudhauから届いています。
img_9532

img_9533

img_9536

img_9557
大好きなヘリンボーン。きりっとした小さ目のスタンドカラーも凄く好みでした。
ヘリンボーンとDARK GRAYの色合いもマッチしていて、秋そして冬のすんっとした気配にも似合うような、
ぐっと落ち着いた印象に仕上がっています。
裏地は総裏で、薄くて柔らかなバンブーが張られています。
全体的にすとんと落ち感のあるシルエットと生地感。ドロップした肩。
肩に力を入れない・・・というよりは入らない・・・いえ、入れなくても良んだなーと思わせられる
なんだか包まれたようにゆったりと、大らかな着心地に、思わず脱力してしまうのです。
楽に着られると言っても、見た目がどうでも良いという訳では無いので、やはり生地の雰囲気だったり、
袖が裾にかけてきゅっと細めになっていたり、着た際にきちんと見えるという事は大切だと思っています。
インナーにシャツを合わせたり、カットソーを合わせたり、ニットのタートルだったり、ワンピースだったり。
畏まった装いでは無く、その日その日の気分に合わせて、組み合わせる物でメリハリを付けてみる。
そんな中、一枚羽織るだけで、ちょっと空気が変わる服だと思います。
img_9539
jujudhauっぽい細やかなと言うよりは豪快なといった方が正しい、大きなボーン釦が三つ並ぶフロント。
すべっとしていて、でも野性味あふれる釦が、なんだか良くて、よく触っている。
img_9543

img_9547

img_9551

img_9552

img_9559

img_9561
前を開けてさっと羽織るぐらいで、ちょうど良い気温かなと思います。朝夕は閉じて巻き物でもくるっと巻けば、
結構ぽかぽかと暖かいですし、車で通勤される方には脱ぎ着が楽で、もこもこし過ぎないなコートは重宝するのでは。
と思います。
いつも殆どが定番の形、生地は変われどずっと変わらない形を、作り続けているjujudhauですが
今シーズンは、本当に少しですが新型も登場していて、これもまた一癖あって良いものばかりでした。
癖と捉えるか、面白いと捉えるのか、普通と思うかは、見る方着る方の感じ方次第だとは思いますが。
私はとても素敵だと思いました。どさどさーっとしたワンピースや、簡単には着れないコートなど。
暖かい服、諸々届いています。
気になった方は、ぜひ足をお運びくださいませ。

rasiku  sasaki

8月26日

IMG_6703
JUJUDHAU   SHIRTS TUNIC

color       LINEN COTTON WHITE   

price       20500+TAX

SIZE       F

IMG_6714
昨日のjujudhauのボトム二型に引き続き、本日はこちらの二型をご紹介です。
昨日はなんとか降らずにすんだ雨でしたが、今日はOPEN頃から強まったり弱まったりしながら
ずっと降り続いています。雷も鳴ったり、かと思えば突然空が明るくなったり、と変な天気です。
まだ湿度が高くて、こういう時に最適なのが薄手でパリッとした生地の服。ベタベタしないのが良いです。
jujudhauの今季春夏にリリースされたアイテム達、素材はLINEN50% × COTTON50% 
薄手ですがしっかりとした目の詰まった生地は風合いも良く、まさに今が着るにはベストシーズンではないかと。
一枚で主役になる白ですが、それだけじゃなく着方次第ではシーズン問わず着て頂けるアイテムです。
IMG_6716

IMG_6720
まだ半袖も手に取ってしまいますが、夕方はちょっぴり涼しくなってきましたし、室内にいると意外と
腕や足が冷えていたりして、温度調整がうまくいかずに身体がぐったりしてしまう事もありました。
Tシャツの上からも羽織れる前開きのシャツチュニックは、真夏だけではなく今時期からまだまだ着る機会があります。
すーっと風が通り抜ける通気性の良さと、肌が少しでも覆われる事で日差しや冷たい風が直接当たるのを
防いでくれて、袖があると暑そうに感じられるかもしれませんが、着ると反対にとても涼しくて、
それでいて爽やかな潔い白が、一層気持ち良さを感じさせてくれる一着だと思います。
IMG_6710

IMG_6712

IMG_6734
正面はすっきりとシンプルな作りで、前開きの仕様。
肩周りや身頃は少しゆとりがありますが、シルエットに関してはそこまで大きく見えないと思います。
見頃に対して細身な袖は、七分袖ぐらいでスリットが入っています。ぴたっとしたインナーであれば
中に着てもそこまで嵩張らずに着れるサイズ感です。
IMG_6732

IMG_6730

IMG_6724

IMG_6728
正面からと、そして横から見た感じはあっさりとした佇まいで、その何ていう事の無さが良いのですが
後ろにはギャザーが入っていて、ほんの少し表情が出るというか、生地に動きがあって、そのこっそり加減も
また好きです。あまり可愛い感じならない方が好みという方にも、シルエットもそこまでふんわりしないので
お勧めですし、写真で穿いている様なすっきりとしたラインのボトムを合わせるとシックな印象にもなります。
他にもシンプルにデニムやチノと合わせて、少し秋めいてきたら上からベストを合わせて・・・などなど想像すると
やはり秋が待ち遠しくて、わくわくします。
IMG_6738
JUJUDHAU   SHIRTS DRESS

color       LINEN COTTON WHITE   

price       25500+TAX

SIZE       F

IMG_6745

IMG_6752
もう一型は、同素材を使用したシャツドレス。
上のシャツチュニックよりも着丈が長く、よりコート感もあり、一枚でしっかりワンピースとして着て頂けるモデル。
フロントは比翼になっていて見た目は何だかコートの様。前を開けて羽織としても着て頂けますし、
ちょっと分かり辛いですが、着用写真では上の釦を3.4つだけ留めて、あとは開けて着ています。
インナーや、ボトムのトーンを落ち着かせると、ふわっと先の季節を想像させる装いになりますね。
またワンピースをもう一枚下に重ねたり、キュロットを合わせたり、色や柄を差し込んだりで印象も変わります。
遊びの色が映えるのも白の良さです。
秋冬になると小物も充実してきますし、そういったものをプラスするのも楽しいですね。
IMG_6754

IMG_6758

IMG_6761
どことなくクラシックな印象の、首元の形も好みです。
ざっくりとした巻き物なども、似合いそう。
IMG_6764

IMG_6774

IMG_6792

IMG_6793
素材も、作りも、雰囲気も。ざっくりと大らかで言ってしまえば無駄の無い簡素な作り。
でもどこか力強くて、ふっと手に触れたくなる存在感のある服。
jujudhauが作られるネパールの環境は、地震などの影響もあり、今もまだ決して良いとは言えません。
そういった状況下でも現地で洋服を作って下さる方々がいて、海を越えてこうしてお店まで届く事は
いつも、とてもうれしくて、有難い事だなと思いますし、自分達が良いと思うこのjujudhauの服を
たくさんの方に見て頂き、良いと思って選んで頂けることも、とても嬉しい事だと感じています。
久しぶりにたくさん届いたので、なんだか改めて。まだ他にも届いていますので、気になる方は
ぜひ、見にいらしてくださいね。

rasiku sasaki

line

PageTOP