rasiku -official web site-

line

3月9日


STYLE CRAFT     CMWS-01           CMWC-01

color            RAKUDA(BLACK)   

price            28000+TAX          18000+TAX

SIZE            10×10             11×7 

color            BUFFALO(BLACK)   

price            28000+TAX          18000+TAX

春が段々と近づくにつれてお財布を新しいものに変える方が増えてきたように感じています。
自分の生活だったり気持ちの中で、何か新しいはじまりを迎える時、そのタイミングに合わせて、
身の回りの小物や服、その他諸々も新調したくなる気分ってありますよね。
STYLECRAFTのお財布は毎シーズン、同じモデルを革の種類を変えながら展開をしてきましたが、
rasikuでは今季、他のモデルも初めてオーダーしてみました。
2つ折りのコンパクトなモデル″CMWS-01″とカードケース″CMWC-01″です。
現在は希少になりつつあるラクダ革を用いたタイプとバッファローの2種での展開。
ラクダは日中と夜との温度差が大きい砂漠地域に生息しています。
厳しい気象条件から身を守る為に、きめ細かなシボのあるしなやかな皮が体を覆い、その皮は
牛皮よりも耐久性に富んでいると言われています。
もう1つは表面に光沢があり、美しくて強靭な革質を感じていただけるバッファローの2種類をご用意しました。
どちらも見た目においても実際の使用感においても、レザーのしなやか且つタフな部分をしっかりと感じて
いただけると思いますし、すっきりとしたデザインとのバランスも見事です。
色目は汎用性を考慮して″BLACK”で統一していますので、靴や鞄など他の小物とも合わせてお使い頂けたら
良いなと思います。


二つ折りの無駄無く削ぎ落としたデザインは、小銭を入れるメインポケットとお札を収納するスペースで構成されています。
カードを入れる場所が1か所(メインポケットの裏側)にありますが枚数を入れる事は難しいので、別の物とを組み合わせて
持つ事をお勧めします。手にすっぽりと納まるコンパクトなサイズ感なので、パンツのポケットに収納するのも可能ですし
コートやジャケットの内ポケット等にしまうのもありだと思います。お札の出し入れは収納スペースに切り込みが入っているので
1枚1枚の取り出しがスムーズに行えます。CMWS-01はお札を出し入れする際の仕草が格好良いと感じています。


手に持った時の質感と表側に一切何もない正方形のデザインが好みで、沢山の機能をあえて持たせない事で
生れる美という部分において、ただ純粋に持ってみたいという気持ちにさせられるお財布だと思っています。
大人の遊び心とでも言いかえれば良いのでしょうか。1つ1つの動作が美しく感じられると思います。


大きい長財布などがポケットからはみ出して持つ姿は、個人的に窮屈感もあって好みでは無いのですが
このぐらいのサイズ感だと、なんだかスマートな印象に感じます。


もう一回りコンパクトなサイズ感の″CMWC-01″は主にカードケースとして使用するのに適しているモデルだと思います。
名刺入れとして使用するのも良いですし、CMWS-01と組み合わせてクレジットカードやキャッシュカードなどをメインに入れる
ケースとして持ち歩くのもお勧めです。持つ方に其々によって使い方は分かれてくると思います。
STYLE CRAFTの製品は何かを決めつけたりする事は殆ど無く、どちらかと言えば自由度が高くて使う方に
任せられていて、空間を感じる製品だと僕自身は捉えています。機能的な側面を多く求められる方には
使い勝手が良くなく映るのかもしれませんが、自分なりの使い方を見つける楽しみにがあるように感じています。


僕自身が自然に目を奪われるのは靴と鞄、そしてお財布も使っている方の趣味と思考がとても反映されるアイテムの
1つだと思っています。服装と雰囲気に合ったお財布が鞄から出てくると思わず声を掛けてしまう事が多々あります。
金額の高い安いという部分ではなく、大切に使っていたり持ち物に合わせた選択をしているかどうかが重要な
気がしていて、STYLE CRAFTのお財布は主張す過ぎずにそっと使う人に寄り添ってくれる感じがしています。
男性・女性問わずにお持ち頂けると思いますので、何かのタイミングで手に取って貰えたら嬉しいです。

11月18日

img_9600
STYLE CRAFT  DSTO-02(GOAT)

color        INK BLACK

price        74000+TAX

SIZE         44×40×12 SOLD
img_9603

img_9606
これまでSTYLE CRAFTの鞄も、様々なモデルをご紹介してきましたが、やはりこのDSTO-02を見ると、
原点に戻るというか、自分にとっては色々な事を思い出す鞄だったりもします。
ディスプレイした際にも毎回思うのは、鞄があるだけで、その場の空気が変わるなぁということ。
STYLE CRAFTの鞄、それ以外の小物など一つ一つどれもがそうですが、そのモノが放つオーラと存在感は見事です。
艶やかなレザーの美しさも、デザインされた線も、細部のパーツも。繊細さと柔らかさとどこか突き放すような冷たさがあり
その条件が1つに重なり合い生まれる、革ならではの自然な曲線と機能美を併せ持たせた素晴らしい鞄だと思います。
img_9619

img_9612
素材はきめ細かなシボのあるGOAT(山羊革)を用いており、インナーにはネパールのヘンプ生地が張られています。
外側と内側の雰囲気のギャップもSTYLE CRAFTならではだと思いますし、レザーバッグの重厚感を極力無くさずに、
けれど、あくまでも普段使いできる様に考慮された仕様。作品になり過ぎずかといって商品でも無いバランス感。
こういう物です!とはハッキリ言いきれない、隙間の様な所にすっと納まる。そんなSTYLE CRAFTのバッグ。
STYLE CRAFTが表現し続ける為に突き進む道は、とてもシンプルです。
だからこそ簡単には行けない場所だとは思うのですが、淡々と静かにゆっくりとしたペースで完璧に作り続けられる
バッグだからこそ、惹きつけられる人や、大事に使って下さる方が、いつも居て下さるのだと思います。
img_9609

img_9620

img_9623
底はマチもあり、それなりの容量が入る縦長サイズの本体に、弧を描く様に付属した華奢なハンドル。
長さがあるので、肩掛けにしても十分余裕のあるショルダーバッグ。
ハンドルの両端と本体部分底の両端にはそれぞれ真鍮の留め具が付いており、そこをカシャンっと繋ぐと
ハンドルはぎゅっと短くなり、ハンドバッグのサイズ感に様変わりします。
やや潰れた様なカタチになりますが、使用を繰り返すうちに革はきっと柔らかく馴染んでいきますし艶も増します。
持った際にも、よりこなれた感じでその存在感は一層際立ってくると思います。
img_9561

img_9567

img_9572
持ち手を伸ばすと、ぎりぎりショルダーバッグとして斜め掛けも出来ます。
使い始めは物の出し入れはし辛いかもしれませんが、革が馴染めばもう少し使い勝手も良くなります。
img_9577

img_9581
強すぎない光沢。マッドな黒が美しい。
img_9586

img_9590

img_9595
新しく届いた鞄は、洋服と合わせてもまだ初々しい感じがしますね。その使い始めのドキドキ感も堪りません。
店内には時にディスプレイ用だったり、時に撮影用として私物のDSTO-02が、場所をいったりきたりしながら
掛かっているのですが、その鞄を見て一目ぼれして、このモデルを選んで下さった方もいました。
自分が好きで大事にしているモノを、良いと思って頂けるのはとても嬉しい事ですし、選んで下さった方の元で
ワクワクして頂いたり、この鞄持って出掛けよう!っと気分が上がったり、愉しくなったり。
そんな風に大切にされて、活躍していると良いなと、心の中で思います。

久々の入荷になります。ぜひ。

rasiku sasaki

8月22日

IMG_6525
STYLE CRAFT  M-SN-01(CRUMPLE)

color        D.BROWN      /      BLACK

price        10000+TAX

SIZE        11×7 SOLD
IMG_6495
STYLE CRAFTから久しぶりに入荷を致しましたカードケース″M-SN-01″
名刺が訳20枚くらい入る大きさに設定をされていて、手に持った時の質感や雰囲気は抜群に良いです。
素材はSTYLE CRAFTが作り続けている牛革を用いた大胆なシボが特徴の″CLUMPLE”
オイルをたっぷりと含んだレザーは、使う程に表面にオイルが沁み込んできてマットな表情に変化をしてきます。
STYLE CRAFTのレザーは艶っぽくなり過ぎない経年変化が僕自身はとても好みで、自分の着ている洋服にも
すっと馴染むような気がしています。無駄を削ぎ落としているデザインはとてもシンプルで、持ち続けていても
飽きが着難いと思っています。レザーのアイテムに関しては直ぐに買い直したりする事は少ないと思っているので
出来る限り愛着が沸いて大切にしたいと思えるものを選んで頂きたいですね。
IMG_6498

IMG_6500

IMG_6503
名刺入れに関して言えば、社会人になってからその必要性を感じるのではないでしょうか。
僕自身もそうであったように、ある程度年齢を重ねると自分の持っている身の回りの小物にも意識がいくようになって
様々な人と合う際に名刺は欠かす事の出来ないものになってくるはずです。ちょっとした事かもしれませんが
雰囲気の良い名刺入れを持っている方に合うと何だか嬉しくなりますし、勝手に信頼してしまう・・・というのは
表現としては大袈裟かもしれませんが、それくらい気を配っている気がして重要なアイテムの1つだと思っています。
IMG_6511

IMG_6514

IMG_6497

IMG_6516

IMG_6518

IMG_6520
カラーは男性に人気の高い″BLACK”と色の経年変化を楽しめる″D.BROWN”の2色でご用意を致しました。
贈り物にしても喜ばれると思いますし、名刺を相手に渡す際に気持ちの部分でも違いが出るかもしれません。
自分の中で男性は靴・鞄・時計と名刺入れは自然と目がいってしまうくらい・・・大切にしていきたいアイテムで
それがきっかけで仕事に繋がるという事もあるかもしれませんしね。是非手に取って見て頂きたいです。
IMG_6522
STYLE CRAFT  MESH KEY HOOK

color        BROWN      /      BLACK

price        10000+TAX

SIZE        5.5×20
IMG_6543
初めて展開する″MESH KEY HOOK”
綺麗に編み込みをされたレザーの先端にオリジナルの真鍮で作製したフックが5つ付きます。
家の鍵などを付けて持ち歩くのも良いですし、車のキーケース代わりに使用するのもイメージ出来ます。
気の利いた小物を持っている人を見ると、それは何だろうと自然と目を追ってしまいますし
センスの良さを感じるのはきっと僕だけではないはず。
IMG_6536

IMG_6527

IMG_6532

IMG_6531
先端のフックはネジを回して開閉出来るようになっています。
きちんと閉めて頂ければ外れる心配もありませんし、1つ1つのパーツにもしっかりとした強さを感じるのは
STYLE CRAFTのモノ作りの共通項かもしれません。
IMG_6540

IMG_6549

IMG_6547

IMG_6545
カラーは″BLACK″と″BROWN”の2色展開。
BROWNは薄めの色目なので、少しずつ色の変化を楽しんで頂けると思います。
ループの部分に手が入って納まりも良く、そのまま持ち歩いてもサマになるのが◎です。
STYLE CRAFTの繊細なモノ作りを感じて頂けるアイテムだと思います。
毎日使う事が多いので手に取った時のレザーの質感は特別に感じると思いますし、日常にちょっとしたアクセントを
与えてくれる存在になるのかもしれません。ご夫婦で1つを共有するというのもお勧めですし、キーケースでは無い選択肢
としてデザインと素材がマッチしているのは見つかり難いと思いますので、手に取って重厚な作りを確かめて頂きたいです。
IMG_6552
STYLE CRAFT  WM-SN-01(GOAT)

color        BLACK

price        32000+TAX

SIZE        14×10 SOLD
IMG_6560

IMG_6556
rasikuではSTYLE CRAFTをお取り扱いしてから展開をし続けている3つ折り財布″WM-SN-01″
今シーズンはバッグでは頻繁に使用されている″GOAT”(山羊革)をセレクトしました。
内側のヌメ革とのコンビネーションは柔らかな雰囲気を纏っていて、色はブラックですがハードな印象は皆無です。
繊細で細かなシボとしなやかな質感は、手に持った時に心地良さを与えてくれます。
男性・女性問わずに人気のカタチですが、当店では圧倒的に女性の方が選ばれる事が多いお財布です。
IMG_6565

IMG_6568

IMG_6561
長く伸びたフラップとギボシが″WM-SN-01″のアイコンになっています。
機能的にも開け閉めがし易く、女性の手に納まりやすいサイズ感も特徴なのかもしれません。
IMG_6572

IMG_6574
カードホルダーは5つの収納があります。
小銭入れは3つに分かれていて、使い方は其々によって違ってくると思います。
使う側にとって余白があるものは、最初はしっくりこなくても徐々に慣れてくる感覚があって、
時間の経過と共に愛着へと変化していくのかもしれません。
IMG_6578
革小物は、肌身離さず持ち歩いたり使う物ですが、普段目立って見える事があまりないので、
意外と気にしなければとりあえずで済む事かもしれませんが僕は大切にしたい部分だと思っています。
昔も今も変わらずに、それは今まで出逢った自分達が素敵だな、格好良いな、憧れるなと感じる大人の人が、
教えてくれた事。さり気なく出す革小物が、使い込まれているけれどその人の趣味の良さが光るものだと
ついつい気になって質問したりしてしまいます。
STYLE CRAFTのモノ作りは派手さはないかもしれませんが、例え小さなアイテムだとしても存在感があって
おっ!と思わせられる、空気感を持ち合わせています。
さり気ない部分ではありますが、こういった身の回りの小物を新しくしたりする事で、意外と気分が
一新したり、気合が入ったりすることもありますね。タイミングで、ぜひどうぞ。

rasiku sasaki

6月25日

IMG_3880
STYLE CRAFT  BELT

color         NUME BLACK         /       NUME DARK BROWN

price         22000+tax

SIZE         S   /   M   /   L         S   /   M   /   L

IMG_3882
STYLE CRAFTはバッグをメインに展開をしていますが、革小物に関してもラインナップは充実しています。
オリジナルの真鍮素材を用いたバックルとオイルをしっかりと含ませた牛革で作製されたベルトは、見た目以上にしっかりとした
存在感があります。ベルトは頻繁に買い替える物でも無いですし、なんとなく隠れているし・・・でどうしても
後回しになってしまうアイテムではありますが、実際には使う人であればほぼ毎日の様に使うものなので、
自分の目で見て納得できるモノに出逢えたら、その時に手にしておくのも良いと思っています。
ベルトの幅は2.5CMと細すぎず太すぎずで、殆どのベルトループに対応可能。
カラーは汎用性の高い″BLACK″とカジュアルな装いに合う″BROWN”の2色でご用意を致しました。
サイズに関してはベルトの付け根からの長さでS=89 M=97 L=105の3展開でベルト穴は7つあいています。
店頭で接客をしていると女性がするベルトが案外少ないと言われる方が多々あります。、柔らか過ぎる゙ザインやベルトの幅が
極端に細過ぎたりとバランスの良いのが見つかり難いのかもしれません。STYLE CRAFTの製品はユニセックスですし
私達夫婦もベルトを共有して使っていたりしますので、是非お試し頂ければと思っております。
IMG_3887

IMG_3890

IMG_3898

IMG_3900
僕自身が重要視したい部分はメインとなるレザーもさる事ながら、バックルの素材や大きさがデザインにバランス良く
マッチしているかどうかを注視して見ています。ブランドを主張するデザインやバックルが大きくなり過ぎてしまうと
レザーの雰囲気が伝わってこないですし、逆にチープな素材を使用してしまうと見た目が台無しになってしまいます。
ある程度どんなパンツにも合わせても主張が強すぎる事無く、すっと馴染んでプラスαくらいの見え方が丁度良い
バランスだと思っています。そういった条件で探してみると中々しっくりくるのが見つからないのがベルトだったりします。
パーツの1つ1つも拘りぬいて作製するブランドだけにその完成度は折り紙つきで、レザー同様に真鍮の経年変化も
楽しみながら使って頂くと、より愛着も増してそれこそ永く身に付けていたいと思う存在になるのでは。
IMG_3863

IMG_3857

IMG_3862
最近は軍パンにブラウンのベルトの合わせが自分の中でしっくりときて良いなと思っています。
気候・気温とトップスとの兼ね合いもあると思うのですが、重たい見え方になり過ぎない点もよく
今、とても好きな組み合わせです。
この先、秋冬になればツィードのグレーのパンツやフラノのネイビーパンツとの合わせなど、ちょっと早いですが
うっすら思い浮かべたりして楽しみにしているところ。
IMG_3869

IMG_3865

IMG_3870
白いシャツに色の落ちたデニム、足元は黒の革靴。今時期はタックインが断然お勧めです。
若い頃はシャツをタックインする事が殆どなかったというより似合わなかったのですが、年齢を重ねる程にシャツをきちんと
着る事の重要性が少しずつ理解してきたようにも思います。その際にベルトは必需品になりますのでカラー″BLACK”は
全体を引き締める意味においてもとても重要な役割を果たしてくれる存在です。
IMG_3903
STYLE CRAFT  K-DS-01

color         DARK BROWN      /      NAVY      /      INK BLACK

price         12000+tax

SIZE         8×7×5
IMG_3923
※NAVY
IMG_3927
※BLACK
IMG_3905
※DARK BROWN

IMG_3910

IMG_3915
rasikuでは初めての展開するコインケース″K-DS-01″
素材はしなやかでシボが細かな″GOAT”(山羊革)を用いて、巾着の様な立体的な構造に目を奪われます。
コインケースに関しては、お財布で十分という方も多いと思いますし持つ持たないがハッキリと分かれるアイテムではありますが
昔からポケットやバッグから気の利いたデザインのコインケースがさっと出てくる方を見ると、その所作も素敵ですし
その方の心の気持ち良さを感じたりします。
僕自身もコンビニやちょっとお茶を飲みに行く際には、長財布ほど大袈裟にならない小銭入れを持ち歩くように
しています。わざわざ分けるのは手間な部分もありますが、その仕草であったり手間を楽しむ心と時間に余裕を
持たせて過ごす方が、なんだか面白いのではないかと思っています。
カラーは3色展開で、ちょっとした贈り物などにしても喜ばれるのではないでしょうか。
IMG_3916

IMG_3920

IMG_3918

IMG_3977

IMG_3989

IMG_3996
サイズ感としてはそう大きくは無いので、使い易いどうこうという部分はその人の感覚でしかないと思います。
STYLE CRAFTの小物はバッグと同様に美しさを感じるデザインが多く、明らかに使い易く誰にでも合うような機能的な
側面は持ち合わせていないのですが、出来る限り自然に近いカタチを残そうとする部分に魅力を感じています。
1つ1つのモノとしての完成度の高さに加えて、質感や持っていて気持ちの高ぶりもレザーならではだと思います。
洋服が少し落ち着いてきたタイミングに、身に付ける小物類を充実させておくのも色々な広がりが出て
今までとはまた違った着こなしやちょっとした変化が楽しめるのではないでしょうか。

rasiku  sasaki

6月9日

IMG_2883
STYLE CRAFT   SB-01(DEER SKIN)

color          BLACK

price         78000+tax

SIZE         40×38×10 SOLD

IMG_2887

IMG_2890
午後から降り出した雨が、より空気に重みを含んだ様な・・・体全体にもずしっときます。
朝から薄曇りで、今日はのんびり過ごそう等と思いながら店内をうろうろ物色中。
何となく今日のしっとりとした静けさがとても似合うバッグにふと目が留まったので、
STYLE CRAFTの鹿革(DEER SKIN)を使用した″SB-01″をご紹介いたします。
艶やかな光沢と、レザー独特のシボ。墨がかった黒の中にさり気なく光るオリジナルで作られた真鍮のパーツ。
見れば見る程美しく、微かな緊張感を纏った姿は店内でもその場所だけ少し特別な空気を作ります。
ありそうで無い珍しい形もそうですが、持つとどんな質感や重みを感じるのだろうか、自分にどう馴染むのか
・・・と心の奥底の方から沸々と好奇心も湧いてきます。
実際はそうでは無いかもしれないのですが、そっと触れると何処となくヒンヤリとしている気もします。
STYLE CRAFTの鞄が持つ繊細さや、無駄を削ぎ落としたデザインがそう感じさせるのか。
不思議な力に引き寄せられるように、じっくりと見入ってしまうバッグだなぁといつも思います。
IMG_2904

IMG_2906

IMG_2910
レザーバッグは持つとどうしても重厚な印象を抱きがちですが、四角の角を削った様な丸みのある
優しいフォルムや、物を出し入れする部分の蓋が物を入れて持つ事で自然に閉じて袋の様になったりと、
その物だけを見るのとは違って、実際に持った時の見ためには不思議と軽さを感じさせる形でもあります。
物の取り出し口に留め具なども一切ないですが、中が見えたりする事も無く、また鞄から物を取り出す際は
口ががばっと開くので中の物が取りやすくも在り、美しいデザインによって実は機能面も同時に考慮されている。
というのが、STYLE CRAFTというブランドの真骨頂でもあり、決して飽きずにずっと使い続けたくなる理由も
そこにあるのだと思います。ただ削ぎ落としてシンプルにしている訳では無い、適度な使い易さと自分で時間を
かけて埋めていく鞄との程良い距離感はとても心地がいいのです。
IMG_2915
内側にはZIP付のポケットがひとつ。
こちらも必要最低限の機能でありながら、それだけで十分と思える見た目の美しさにうっとりしたり。
涼しげなネパールのヘンプが張られた内側は、外見の凛とした佇まいとのギャップを感じさせる部分でもあり
どこかほっとしたり・・・。また鞄を持った際にそこまでの重さを感じないのもこの仕様だからこそなので、
この内側を見てなるほど・・・といった表情をされる方も多く、レザーバッグに対する苦手意識が微かにでも
解消されたり、レザーバッグが敷居の高いモノというよりは普段使いで持ってみたいなと思って頂けると嬉しいです。
実際は私も使い始めた時、最初は勿論大事にという意味でドキドキしながら持っていたのですが、今では洋服に
合わせてだったり何気ない日常使いから、ちょっとお出掛けの日まで構えず気軽に使っています。
多少天候などは気にしますが、使う事で革の変化を楽しむだけでは無く、自分自身の変化にも気付いたり。
長く付き合うという事は、そういう発見もあるんだなと思います。
IMG_2921

IMG_2939

IMG_2952
肩掛けにしても、斜め掛けにしてもどちらでも持てる様、ベルト部分の長さの調節は幾らかは可能ですが、
元々の設定がそこまで長くない為、斜め掛けするとバッグの本体部分が丁度腰辺りにふわっとフィットします。
全体の大きさから見ても、イメージとしては女性が持って丁度良いサイズ感かなと思います。
とは言っても、そこまで大きなバッグを持たないという男性もいらっしゃると思いますし、
基本的に男女選ばずにお持ち頂けるモデルですので、持つ方の体型とのバランスも見つつ、普段の持ち物の量や
好みのサイズ等と照らし合わせてお選び頂けたら。
IMG_2874

IMG_2876
素材や形はその時の気分でオーダーしています。鹿革のバッグははやり何度触れても感動してしまう・・・
それぐらい気持ちを高ぶらせてくれる素材だと思います。丈夫で長く使えるという点も重要ですが
歳を重ねてそれ以上に身体が気持ち良いと感じる物や、美しいと思う物に心が揺さぶれる様になりました。
このバッグに限らずですが、自分達の選んだものを気に入って選んで下さった方が、それを着たり持つ事で
気持ちが高揚して、その日を楽しく幸せに過ごすことが出来たら・・・。
それが一番嬉しい事だと、心からそう思います。

rasiku sasaki

line

PageTOP