rasiku -official web site-

line

定休日のお知らせ


明日3月1日(水曜日)は定休日となっております。
どうぞ宜しくお願い致します。

2月28日


DOEK     BUSKET

color      ECRU     

price      12000+TAX

SIZE      22   /   23   /   24   /   25   /   26   /   27   /   28  

もうすぐそこまでスニーカーを気持ち良く履ける季節が近づいてきました。
アッパーに久留米絣の厚手のキャンバス生地を使用し、インソールにコルクを敷き詰めた履き心地の良さと古き良き時代の
クラシックな見た目のスニーカーを追求しているブランド″DOEK″
オールスター型をモチーフにした″BUSKET”とテニスシューズ型をデザインに用いた″COURT”
サイズ22CM~28CMまで7サイズが全て揃って入荷をしています。


見た目のシンプルさと洋服との合わせがし易いローテクスニーカーは、履く人が其々に″個々の色″を出せる点が好みで
お気に入りの物を履き潰して、全く同じ物を新しい状態から履きはじめるサイクルが出来上がるのが理想だと思っています。
職人の手作業を幾つもの工程で必要とされる″ヴァルガナイズド製法″でスニーカーを作れる工場が日本には3つあり
その中の1つ福岡県の久留米市にある「MOON STAR」で生産をされています。
rasikuでは今回で3回目の再入荷になりますが、シンプルなキャンバススニーカーは何度見ても飽きがきませんし
履く時期や気候によっても見え方は変わってくると思います。冬の重たい足元から軽快なスニーカーに変えるだけでも
良い気分転換になるのではないでしょうか。


″BUSKET”というモデルは″DOEK”のラインナップの中では、ややゆったりとしたラストを使用しています。
トゥにボリュームがあり、スニーカーをぐるりと1周したテープが少しアッパーに食い込んだ感じなどはヴィンテージのスニーカーを
踏襲したデザインと作り、僕の世代からちょっと上の世代の方で、洋服にハマっていた方には特にぐっとくる
ディティールになるのではないかなぁと感じています。
アッパーに使用される久留米絣ですが、糸を生成する段階で薬品を使わずに天然の色をそのまま使用しているので
糸が痩せる事無く、太くてしっかりと強さのあるキャンバス素材を作り上げています。
また色に関しても、ほんのりと日焼けをした名品のトレーニングシューズを彷彿とさせます。


キャンバススニーカーは少し大きめのサイズを選んで、紐をぎゅっと縛って履くのが格好良いと相変わらず思ってしまいます。
昔していた様な、躓くほどのデカ履きはさすがにもうしませんが、太いパンツを穿いた際に足元のボリューム感を合わせる
意味でも、特に男性には体型や服装とのバランスを見て少し大きめサイズをお勧めしています。
ほんのちょっとの差で、特に誰に気付かれることもないかもしれませんが、自分なりのスタイルで履く。という事が
ローテクスニーカーの粋だと、勝手にそんな気がしています。
ただ何となくで知ったふりをするよりも、自分自身でこう履きたい・こんな服に合わせたい・・・とスタイルを描いて
何気ないスニーカーでも想像を膨らませて履いている姿は言葉にせずとも自然と素敵に見えますし、伝わってきます。
そんな事も含めて、ローテクスニーカーは本当に奥深いと履く度に思わされますし、だからこそずっと好きでいられるのだと
思っています。理想はデニムにスニーカーでただそれだけで格好良い人になりたいですが、道のりは遠いです。。

DOEK     COURT

color      ECRU     

price      12000+TAX

SIZE      22   /   23   /   24   /   25   /   26   /   27   /   28 


DOEK     COURT

color      NAVY     

price      12000+TAX

SIZE      22   /   23   /   24   /   25   /   26   /   27   /   28


もう一型の″COURT”はテニスシューズをモチーフに作られたモデルで、BUSKETと比べるとやや細身のラストを用いています。
見た目がよりすっきりとした印象があり、僕自身は春夏により履きたくなくモデルでもあります。
カラーは″ECRU”と″NAVY”の2色での展開。
足元を″NAVY”にするだけで季節感がぐっと増すので、海などをイメージする着こなしには間違いなくはまります。
インディゴで染められた生地は色落ちもするので苦手な方もいらっしゃるかもしれませんが、履きこんだ後の
くたっとなる雰囲気と所々に色抜けしているのも天然染料ならでは。
季節がぐっと進んで、装いも軽やかになった時に出番の多い一足です。


  


岩手は四季がはっきりしていて、冬はしっかり冬ならではの気候になるので年中スニーカーを履ける土地ではありません。
今年も昨年も、そこまで雪が多くなくなんとかスニーカーも履けたのですが、底冷えが堪えるのでやはり頻度は減ります。
その反動で雪が溶けアスファルトが綺麗に見え始めると、そわそわして無意識にキャンバスのスニーカーを手に取ってしまいます。
それだけで心が躍りますし、足元の選択肢が広がったりびしっと決まると洋服選びも、一段と楽しくなります。
そして、着こなしの幅も大きく広がります。
比較的手が伸びやすいキャンバスのスニーカーは、汚れたら洗って、ある程度履いてソールが減って履けなくなったら、
また新しいものに新調する。ある意味、生活に欠かせない日用品の様な感覚に近いのかもしれません。
年齢を重ねることでスニーカーの捉え方は多少変わってくる部分もある気がしていますし、それに応じて着こなしも
より力が抜けて、大人っぽく履けてくるから不思議なものです。
ただ歴史があるという生産背景に捉われる事なく、今の時代に一石を投じるモノ作りをしているという点に意味が
あると感じています。何度見ても素晴らしいプロダクトだと思います。サイズが揃っているうちに是非お試しください。

2月25日


昨日ご紹介をしましたTEMBEAのrasiku別注「CD TOTE LONG」に続きまして、こちらも5周年という事で
TATAMIZEの八重畑さんにお願いをして特別に作製していただいた3つのアイテム。
過去にも素材別注というカタチでCOATを2着とWORK CAPを1型、作っていただきました。思い返せばどれもこれも
この季節にお願いしていて、周年関係なく春と言えばTATAMIZEのアイテムを身に纏ってはじまる様に思います。
今回はJACKET・WORK CAP・MOUTAIN HATの3型を同素材でお願いをしました。
ジャケットと帽子を同素材で着用したら面白そうだなぁと・・・ずっと頭の片隅でイメージし続けて数年が経ち、
実際に他ブランドの展示会で展開をしているのを見る機会もあったのですが、これだ!という物には出逢えず、
それは自分の技量が足りないという事ももちろんあって、ただジャケットは好みだとしても帽子で躓いたり、
セットでどちらも気に入って着用できるものを見つけるのは、正直難しいというのが実情でした。
いつかジャケットと帽子を対で展開出来るチャンスがあればと思っていたのですが、気に入っている帽子・・・
あるわ!と、ついに閃いてしまい、無理を承知で八重畑さんに相談した所こんな我儘を快く聞いていただき、
今回の5周年に合わせて店頭に並べる事が出来ました。
TATAMIZEのWORK CAPは普段仕事の時に身に付ける事が殆どで、被っていない日は逆に驚かれるくらい
僕自身のアイコンになっています。もう1つMOUTAIN HATは出張や、旅行などに行った際に日除けも兼ねて
身に付けることが多くあり、どちらの帽子も欠かす事が出来ない本当に着用頻度の高いアイテムです。

別注でお願いをした一つ目が″HUNTING JACKET″
今まで着たいと思えるハンティングジャケットに中々巡り逢わなかったというよりは、自分が着るイメージが無くて
食わず嫌いではないですが・・・なかなか手を出せずにいたアイテムの1つ。
2シーズン程前からTATAMIZEでリリースされていた″HUNTING JACKET”ですが、その時は素材がダック、カラーはブラウンで
ハンティングジャケットをストレートに表現をしていたのを覚えています。
昨シーズンにオリーブのコットンパラフィン素材の軽い生地感でリリースされていたのを見て、これは着てみたいと思い初オーダー。
実際に着てみた所、自分のイメージする通りには中々着熟せなていないのですが、それが良い意味でのクセになって、
寒いのを少し我慢しながら、ニットの上に羽織ってこの冬を過ごしていました。
ハンティングジャケットらしく野暮ったさは残しつつも、トップボタンが無理なく閉じれたり綺麗に着られる印象があって
更に厚手のニットを着た上でもストレスを感じない身頃と腕周りの作りなどは、最近はあまり見かけなくなったので
服好きには堪らないツボを突いてくるようなディティールが、ぐっと胸に突き刺さる感覚がありました。
春夏のラインナップに″HUNTING JACKET″が入っていなかったという事もあり、別注というカタチで素材を自分好みのモノに
変更をしてリリースして頂く事になりました。素材自体は3年前の別注コートにも使用しましたコットン80%・リネン20%の混合素材。
程良く厚みのある素材は少し硬さと張りがありますが、徐々に馴染んでいきヘヴィーに着ても耐えうるだけの強さもあって
何年か先に生地が少し擦れてあたりが出てきたくらいが、より雰囲気良く着れると思っています。
柔軟な発想としっかりとした芯の強さを感じる事が出来て、何よりも絶妙なバランス感。
これはTATAMIZEを作る八重畑さんにしか出来ない、出せない色があると感じていて、自分にとってもイメージ通り
しっくりくる仕上がりの一着になったと思います。

TATAMIZE   HUNTING JACKET

color       NAVY  

price       48000+TAX

SIZE       S   /   M   /   L


ハンティングジャケットなので、ポケットの大きさと数が大きな特徴。
左胸に1つと左右に大きなツールポケットが付き、背面に工具箱のような横に長いポケットの合計4つ付きます。
内ポケットも完備しているので、合わせると8つのポケットを完備している事になります。
ポケットを使用するしないは別として、機能的に作られているジャケットですが見た目の野暮ったさを感じさせない事に
機能と美のバランスを崩し過ぎずに両立して作られているアイテムに僕自身は魅力を感じてしまいます。
普段はトップボタンをしっかりと留めて着る着方が好きで、襟のラインがすっきりとシャープに魅せる効果があると思います。
ハンティングジャケットの男らしい雰囲気を釦を留める事によって、良い意味で着こなしを崩せる効果があると感じています。


丁寧に手染めされた素材は時間の短縮出来るタンブラー乾燥ではなく天日干しされ、手作業な故に所々に色ムラもあり
ボディとポケット部分によって若干色のトーンに少しのずれがあるのもありますが、そういった生産背景も含めて
洋服の面白さであり、着る事でより愛着が増していくように思っています。
今日はインナーにシェットランドのニットを挟んで着用していますが、より厚みのあるニットを着ても腕周りなどは十分に余裕の出る
パターンで作られていますので、気温が上がれば十分にアウターとして過ごす事が出来る1枚になると思います。
春と秋のどちらの季節にも対応出来る汎用性の高さもポイントです。


前から見た時の印象とバッグスタイルのギャップが良いです。
ジャケットにバッグを取り付けたかのうようなツールポケットは、フラップの大きさと形状が一癖あってTATAMIZEらしさを
感じられるディティールだったりもします。日常使いで何か物を入れて使用する事などは滅多になさそうですが、
出張や旅行などに行った時には、お財布と携帯、飲み物くらいであれば十分過ぎるくらい収納可能なので
バッグを持ち歩かなくても良いので、意外と使ってしまいそうな気もしています。
ちなみに・・・今日コンビニでちょっと買い物をした際に、いつも袋はもらわないのですが、買った物と財布を
すべてポケットに入れて帰ってきました。思いがけずこんなにすぐ役立つなんて!

TATAMIZE   MOUTAIN HAT

color       NAVY  

price       9000+TAX

SIZE       M   /   L


TATAMIZE   WORK CAP

color       NAVY  

price       8000+TAX

SIZE       S   /   M


3ピース!?という訳ではないのですが、ジャケットと帽子、セットで着て貰いたい!というセット販売の押し売り。笑
その着方で着て貰えたらなと言う思いはありますが、アイテムがアイテムなだけにそんな単純にはいかないと思うので、
其々に楽しんでいただくのが一番だと思っています。
より深く突っ込んだ着方を模索されている方はぜひ2ピースで。笑
3年前に作製したコートをお持ちの方は、この機会に帽子を合わせて頂くのも良いのではないでしょうか。。
最近はトップスとパンツを同素材で作製するブランドが増えたように感じていますが、帽子をセットで提案するブランドは
稀というか、なかなか無い機会だとも思いますので、面白がってトライしていただけたら嬉しいです。
着用をして2日目ですが僕はすこぶる気に入っています(笑)
TATAMIZEの作りだすアイテムは着易いという感覚よりも、自分で落とし所を探さなければならないのである意味では
意地悪に見える時もあるのですが、rasikuにおいてある洋服の中では一番個性を惹きたててくれる気がします。
街でTATAMIZEの洋服を格好良く着熟している人を見ると嬉しくなりますし、僕自身より似合う様になりたいなと
掻き立てられますし、共感する気持ちも湧いてきます。
服って簡単ではないけれど、何回も試して着続ける事で、見えてくる服の魅力を感じてもらえると思います。
TATAMIZEのBLOGでもご紹介頂いてます。八重畑さん、改めて素敵なアイテムを有難うございます。
ジャケット・キャップ・ハット、1つ1つどれも素晴らしい仕上がりですので、是非手に取ってお試しください。

2月24日

すーっと冷たい空気の中に、ふわりと混ざり込んだ春の匂いを、確かに感じたはずだったのに。
もうその匂いもすっかりリセットされてしまって、再び目の前に現れたのは真っ白な銀世界。
言葉を無くすも、きっとこの雪もすぐに雨に変わり、夜にはツルツルの道路を作るのだろうなと思ったのが
昨日のこと。やはり本日見事にツルツルの路面が完成、外出の際はご注意くださいね。
この不安定な気候に幾度となく滅入りそうになる中、なんとか気分を盛り立ててくれるもの。
それは何と言っても各方面から届く春の新しい品々。それを心待ちにしていらして下さるお客様。
これに尽きるなぁと心身に染み渡るように実感しています。
一月末に5年の節目を迎えるという事も微かに頭の片隅に置きつつ、春夏のオーダーを考えていた時に
思い浮かんだバッグがありました。イベントなどはするつもりは無かったのですが、何かほんの少しでも
思い出に残る物をお届けできたらいいな・・・と、楽しみにしていたそれが、届いています。

TEMBEA    CD TOTE LONG

color       NATURAL × NAVY  

price       10800+TAX

SIZE       32×19×14

color       GREY × DK NAVY SOLD

color       NAVY × LT GREEN

color       BLACK × BLACK

color       NATURAL × NATURAL SOLD


TEMBEAの「CD TOTE LONG」
3年程前になるでしょうか。あまり見ない横長の形で取り出し口にはZIPが付き、中の物も見やすく、
出し入れもし易い、実用性も備えたバッグは、個人的にとても好きで、何度か店頭に並んだモデル。
その後TEMBEAでは展開されなくなったのと同時に、お客様から、あの形はもう入荷しないのですか?と
お問い合わせ頂く機会が何度かあり、その時はまた作られたらオーダーしようと思っていましたが、
その機会はなかなか訪れず、何となく聞いてみると、現状では再生産する予定はないですかねぇ・・・
という事で、ならば!と思い立って、このひっそり5周年に託けて、rasiku別注として生産をお願いしました。
快く対応して下さったTEMBEAの皆様、いつも有難うございます。


CDが綺麗に収まるサイズのバッグとして、現在も展開のあるCD TOTEの横長バージョン。
蓋にZIPが付くという点も、TEMBEAの数あるモデルの中では意外と珍しく数えるぐらいだったりもしますし、
高さもそこまで無いように見せて、本体よりも少し高さが出せるようになっているため、
使って下さる方から、意外と容量がある!とお墨付きいただいたこのバッグ。
自分たちが良いと思って選んだものを、良いと思って選んで下さった方が、また改めて直接声にして
届けていただけることは、いつだって嬉しいですし、力になります。
その声に背中を押してもらい、今回特別に作ってもらう事を決めたバッグでもあります。


その名目通りにCDを入れて、お部屋や車の中に積んでおいても良いなと思いますし
ちょっとした道具入れなどにも活用出来そうな気もします。
何と言うか、バッグではあるけれど、何か物を収納するのに何とも丁度良いサイズ感なんです。
よく分からないかもしれませんが、見ると何となく分かっていただける。かもしれません。
お弁当用のバッグにしても良いと思います。横長のお弁当も、少し高さのあるお弁当も入ります。
おやつを入れるぐらいの余裕もありますし。
持ち手が少しだけ長い設定なのも良くて、以前展開した際には女性の方が選ばれることが多かったのですが
今回は5色の色目も含めて、女性だけでは無く男性が使っても良いように選びました。
形自体も、大き過ぎず小さ過ぎずなので、男女問わずにお選びいただけると嬉しいです。


TEMBEAでもここ数シーズン定番では作っていないカラーですが、リリースされると人気の高い″NATURAL×NATURAL″
色の主張がなくフラットな見た目は、持つ人によってイメージが変わるため、選ぶ方の服装も雰囲気も様々です。
冬のキラキラと澄んだ白さの中でも、春の陽の光が柔らかに照らす景色の中でも、どちらの季節にも似合う
白に近い生成色のバッグ。


白以外ですと割とくすんだ色の服が好きで、普段はっきりした色や柄のものを持つ事は多くなく、
唯一靴下だけは抵抗なく色々冒険できるアイテムでした。バッグに関しては、TEMBEAのPRINTシリーズは
展開してますが、ベーシックラインでは定番の配色を選ぶ事が殆どでした。
今回一色ぐらいは挿し色が欲しいなと思っていたので、NAVY × LT GREEN をチョイスしました。
自分のワードローブに無かった色が増えるというのは、初めはすこし緊張しますが、とても楽しい。
服と人と組み合わさる事で、見方も変わるのだなぁっと素直に思いました。


こちらも定番色ではなくシーズンカラーですが、出ると決まって毎回オーダーする、GREY × DK NAVY
いつ見ても良い配色です。地味に効いてくる良い色。
実はこの配色を見ると、ぱっと浮かぶ方がいるのですが、色も不思議とテーマカラーの様にふと記憶に残って、
誰かやある風景や場面を思い出したり、時には元気にしてくれる色だったり、落ち着く色だったり、
様々な効果を与えてくれたりもしますね。お気に入りの香りの様に。
このバッグが私達にとっては特別に作っていただいたバッグとなった様に、選んで下さった方にとって
良い記憶の欠片となる様な、普段使いから旅などにも気に入って持って貰える様な欠かす事の出来ない
存在になって貰えたら嬉しいなと思います。

定休日のお知らせ


明日22日(水曜日)は定休日になります。
どうぞ宜しくお願い致します。

line

PageTOP