定休日のお知らせ

IMG_1474
明日23日(水曜日)は定休日となっております。
どうぞ宜しくお願い致します。

4月23日

IMG_1406
ironari       work is over

color        レッド    /    ブラック

price        20790-

SIZE        S      /      S 
IMG_1409
ironariから届いた、サロペット。
ブランドコンセプトにあるように、その人の色となり普段の暮らしに少しだけ彩りを添える服。
そして、ただ可愛らしいだけでは無く、だらしなくも無く、鉄のような意志のある服。それが人へ。
色遣いや、シルエット・・・ちょっとしたところに想いが込められている様に感じます。
IMG_1321
そのままの見え方だと、盛岡ではもう少しだけ先のアイテムになりますが、
インナー次第では今からでも着用出来ますし、
潔いカラーの赤と黒。はどちらも着ると気が引き締まる気がしますね。
真夏にはサラリと涼しいリネン生地が、風を通す美しいシルエットと合わさる事で暑さと気持ちを和らげます。
まだイメージし難いですが、タンクトップにそのままノースリーーブでのスタイルも良いですし、
フレンチやパフスリーブのTシャツを入れたり、リネンのカーディガンやジャケットを羽織るのも
大人の雰囲気が漂う様に感じます。
つばの広い帽子も似合いそう・・・
IMG_1338

IMG_1341
ウエストはキュッとゴムで絞られていますので、その分、自分なりにウエストの位置の微調整が可能。
やや高めに合わせると、すっきりとしたトップにふわっと緩みが生まれます。
シンプルにそのままで着た時には、良いアクセントになりそうです。
低めの位置で合わせると、そのままトップはスッキリで、ボトムのボリューム感が際立ちます。
足首の見え方にも変化が出るので、その時々で靴も変えてみると楽しめます。
IMG_1352

IMG_1354
やや深めに開いたヘンリーネック
IMG_1359

IMG_1370
一見スカートの様にも見える、ボリューム感のあるパンツには女性らしいヒールのある靴も合いますし
ぺたんこなバレエシューズにプレーントゥの革靴。もしくは白いスニーカーなども似合いそうです。
IMG_1396
いまかいまかと木々の蕾が花開くのを待ち遠しく見守る、今日この頃ですが
去年のゴールデンウィーク辺りが満開だったな・・・と思い出しています。
しかもいきなり暑くなった気も。。
春服・夏服そろそろ出番です。
クローゼットの中、準備はお済みでしょうか?
ぜひ、色々イロトリドリな店内に足をお運びくださいませ。

rasiku sasaki

4月20日

IMG_1304
EEL       カーディガンズ

color      ブラック            レッド              ブルー    

price      17640-

SIZE       S / M / L      S / M / L        S / M / L

IMG_1232
EELより一年振りの入荷となります”カーディガンズ”レディスは紹介済みでしたが、メンズスタイリングで。
一年を通して着られるという汎用性の高さと、今シーズンは色目で少し遊びを持たせつつ
大人なカーディガンの着こなしを楽しんで貰いたいと思います。
IMG_1234
素材には高級綿の1つとされている、エジプト綿”ギザ45″を使用。
シルクのようなしなやかさと生地の強さの両面を併せ持つ素材感は、着ていて身体にストレスを感じませんし
するするとした袖通りの良さもポイントです。コットンとは思えぬような肌触りに納得して頂けると思います。
IMG_1249
Vゾーンは浅目に設定。

IMG_1260
イタリアの老舗グリッティ(Gritti)社のレザー釦を使用。
シンプルなアイテムだけに、こういった部分が見た目のアクセントになります。
IMG_1259

IMG_1254
裾・袖のリブはテンションが程良く強く、カーディガンを良く着る方は分かると思いますが
テンションが強すぎると着用していると徐々に裾が上がってくる事がありますが、
緩くだらっとした感じも無く、腰の位置でそっと丁度良く留まります。
IMG_1267

IMG_1199
新潟出身のEELのデザイナ―お二人が
「新潟県のニット織物産業の高い技術を多くの人に知ってもらいたい」という想いから
生まれたプロダクトでもあります。
IMG_1211
季節的にも、そろそろ出番が多くなるアイテムの一つ”カーディガン”
男性ですと、スウェットパーカーやブルゾンなど着易くてZIPを閉めるだけで良し!・・・
といったアイテムの方が手が伸びやすいと思いますし、実際にその手のモノと比較すると
カーディガンは着難いイメージが強いかもしれません。
ですが、きちんと感やお洒落を楽しみたいという方には、袖を通して頂きたいアイテムです。
シャツに合わせればより雰囲気が増しますし、逆にカットソーなどラフに見えがちなバランスのモノにも良く映えます。
寒い時にはさっと取り出して羽織る、この生地感は夏にでも大丈夫です。
この着心地の良さ、そしてオンオフ問わず着れる使い勝手の良さを、一度体感して頂けたら・・・
きっと良いと思います。

rasiku sasaki

4月19日

IMG_1092
STYLE CRAFT     SB-01

color            taupe    /    black

price            60900-

SIZE            400×380×100 SOLD
IMG_1043
昨日に続きですが、本日も自信を持ってのご紹介です。STYLE CRAFTの新作ショルダーバッグ。
前回コチラでご紹介致しましたモデルの、一回り小さいサイズとなります。
勿論、男性にもお勧めできます。大きいサイズを女性が・・・というのも良いのです。
ぜひ、身体に合わせて見て頂けたら嬉しいです。
IMG_1072

IMG_1049
中を開けば、STYLE CRAFTオリジナルのヘンプ生地が内張りになっています。その為か、持った瞬間に
「見た目より軽い!」と感じる方が多いのです。内ポケットも実は細かい物を入れるにはとても便利。
ハンカチ・ティッシュ・リップ・携帯等々・・・良く使うそういった物を入れてます。
IMG_1110

IMG_1113
オリジナルの真鍮の留め具も。煌びやかに光り過ぎていないこの真鍮色が好きです。
円ではなく、角ばっている訳でも無い四角。と、厚み。ゴツゴツし過ぎていない、この厚みも良いです。
レザーの鞄と言っても今は様々なブランドありますが、留め具・金具もブランドそれぞれ多種多様。
金具一つにも拘っていて、そこも含めてSTYLE CRAFTの鞄として表現している
一切の手抜きの無さは、見ていて分かりますし、そこを伝えたい・・・といつも思うのです。
IMG_1120

IMG_1125
今回使用された”deer nubuck”という鹿革。天然の渋で鞣した後、揉み加工し、表面を起毛させています。
ゴートやバッファローの様な革とはまた異なる、触れたくなるような滑らかな質感はこの素材ならでは。
これからの時期にお使い頂いても、重たく見えません。何てことの無いhomspunのカットソーに
さくっと掛けて、自転車で街を駆け抜けたり・・・気負わず使って頂けたら嬉しく思います。
IMG_1018

IMG_1028
特別な存在感を漂わせながらも、いざ使用してみると日常に寄り添える鞄・・・
それが”STRYLE CRAFT”の最大の魅力だと感じています。
きっと今までに無い感覚に出逢えると思います。

rasiku   sasaki

4月18日

水たまりにぽつぽつと雨粒がおどります。
石割桜の開花宣言があったばかりなのに、待った!を掛ける様な肌寒さです。
夏物までだいぶ揃い始めた店内。じっと・・・じっとその時を待つのみ。
IMG_1105
STYLE CRAFT     FB-03

color            INK BLACK    /    DARK BROWN

price            60900-

SIZE            380×400×130 SOLD
IMG_0998
こちらは私達も待ちに待って遂に届いた、STYLE CRAFT今季新作の”FB-03″
女性らしい、ぽってりと丸み帯びた形状がなんとも愛らしいのですが、
そこにゴートの軽くしなやかな素材が合わさる事で、とても艶やかで上品な美しさに仕上がっています。
IMG_0972
今回、この新しい形。大・中・小と全部で3サイズあったのですが、どのサイズをオーダーするか
とても悩みました。今まで小さな鞄を持つ機会が無かったので、小さいサイズも良いかもしれない・・・
と考えもしましたが、実際にどんなシュチュエーションで使用してほしいかと考えた時に
「普段にも使えて、また、式典にも使える鞄」が欲しいというお声があった事を思い出し、
小さい鞄は可愛いけれど、意外と必要な室内履きや配布物などが入らず結局サブバッグが必要・・・
ならば、A4サイズもしっかり入る大きいサイズをと思い。この大きさを選びました。
IMG_0980
一番大きいサイズではありますが、かなり場所を取るような、そこまでの大きさではありません。
肩や手首にかけても自然な感じで持つことが出来ます。
IMG_0999
ハンドル部分は、やや厚みのある牛革を使用。持ち手が長めの設定な点も使い易さを感じます。
頻繁に持つ部分ですから使い始めは固さを感じますが、使用していく事での経年変化を
存分に感じ取れる部分でもあります。
IMG_1013

IMG_1015
ディティールに関しても特徴が幾つか挙げられます。先ずは開き口にフレームが使用されている事。
それともう一つ、鞄の開き締めがマグネットという点。
今までにはあまり見られなかった仕様なので、それが逆に新鮮にも映ります。
IMG_1006
マグネット自体は、力を入れずに開け閉めが出来るくらいの強さに設定。
IMG_1009
シンプルで閉じている時も、開いた形も美しい、引き算された鞄に仕上がっています。

IMG_0989
ここ数日も、何人かの方が手に取り吟味して頂いたり、遠方から来て下さった方が
運命的に出逢ったかのようにご購入くださったりもしました。
タイミングは人それぞれ、ですが、出逢ってしまったら何とも頭から離れない・・・
それほどの魅力を持っている鞄。
鞄と靴は・・・自分達もまだまだ提案してもし足りない程と思っています。
洋服とは切っても切り離せない、実は重要な部分だとも思っています。
少しずつではありますが、色々とやりたい事沢山です。
そして私達が提案する服には、STYLE CRAFTは大変合う鞄です。
ぜひ、皆様に見て頂けるといいです。

rasiku sasaki

PageTOP