11月23日


MITTAN    ウールシルクリバーコート 

color         紺杢

price         46000+tax 

SIZE         1   /   2


小雪が時折ちらついていた今日の盛岡。
朝のぴりっと張りつめた冷たい空気に震えながらも微かな心地良さも抱きつつ、如何にも東北の冬らしい気候に
いよいよ冬のコートに手が伸び、活躍する季節となりました。
MITTANから今シーズンの新作になるリバーシブルタイプのコートが届いています。
MITTANらしい方法で現代に生きる人が着る新たな民族服は、世界に遺る服や生地などの歴史をもとに
デザイナー自身が編集・再構成し職人の方々と共に作り上げています。
身体の動きに合わせた無理と無駄のない直線的パターンからは想像できないくらい、袖を通すと立体的な表情を生み、
とても贅沢な生地使いで人々を魅了し続けています。
展示会で見た時に、一瞬で心を奪われた″ウールシルクリバーコート″
ウール×ナイロン×シルクの3つが掛け合わさった、リバーシブル素材で軽さと奥行きのある色目が特徴。
ゆったりとしたシルエットは、肩から袖周りを太く設定する事でインナーの厚みを全く気にせずに着用が可能です。
生地全体がドレープするので、ジャストサイズで着てもサイズアップでゆったり着るのも其々に醸し出す雰囲気が異なり
きっちりとサイズを合わせなくも、着る人を包み込んでしまうのがMITTANの洋服の面白さだと思っています。


着物の上に羽織る上着を思わせるような大きな衿と、衿とフロントが合わせになっているという所も
どこか和の印象を感じさせるデザインにもなっていると思います。
ただ和の印象が強調される事も無く、着てみるとリバーシブル素材だからこその表情の違いを活かした
大胆且つ上品な佇まいが、とても格好良いなと感じるコートです。
デザインと生地とパターンと縫製のバランス感覚がとにかく素晴らしい。だからこそカジュアルに着ても
エレガントに着ても其々の雰囲気にすっと顔を変えられる振り幅があるのだと思います。
前後の身頃と袖は繋げて裁断してるのでシームは最小限に、生地を贅沢に使用したパターン。
服を着ているというよりは布を纏っているという表現が合うコートは、まさに毛布にくるまれている時と同じ感覚で
うっかりそのまま眠ってしまうのではないかと、1人で勝手にドキドキしています。
サイズは1と2でご用意していますが、基本的には自分が着たいと思うシルエットで選んでいただくのが
ベストだと思います。
(166cm・サイズ2着用)


合わせを留めるのはスナップ釦。
前合わせはダブルの仕様ですが、釦が表に出ない仕様なので野暮ったさを全く感じさせません。
内側にもポケットが付きますが、リバーシブルに作られているので裏返すと外ポケットの役割を果たしてくれます。
内ポケットにお財布を忍ばせておくと、取り出す際の仕草が素敵だったりします。
洋服を着熟すというのは、ただその洋服を着るという行為だけではなく、自分なりの解釈や着方とその人の
価値観や生き方が合わさって、さらに時間を経た先にあるものだと思います。
少しずつゆっくりと距離を縮めていっていただきたいコートです。


着丈は身長の高さにもよりますが、大よそで膝が隠れるかどうか位になると思います。
身長が高くない方でもロング丈のコートをさらりと羽織っている姿を見かけると純粋に素敵だなと感じます。
勿論好みはあると思いますが、カタチの決められていない洋服は自由に着れる余白が多いので
体型や性別などを気にせずに自分なりのアプローチで着て頂きたいなと思っています。
いよいよ冬本番です。身も心も温かくなる1枚を是非探しにいらして下さい。

PageTOP