2月10日


FUJITO    B.B CAP

color     NAVY

price     11000+tax

SIZE     FREE


昨日から3連休という事で、寒波襲来で気温が低い中、わざわざ改装をした店舗を見に来てくださるお客様が沢山いて
僕らにとってはとても嬉しい1日になりました。毎日、ちょっとずつですがレイアウトやディスプレイなどを微修正しながら
空間と商品と人とが気持ち良くマッチするお店を目指していきたいと思います。
春物もスローペースですが、徐々に届き始めております。FUJITOが定番でリリースし続けているアイテムの1つ″B.B.CAP″ 
シーズン毎に生地を変えながら展開、いつも展示会で見る度に悩んでいたのですが他のブランドの帽子との兼ね合いで
セレクトを断念していた事もあり、rasikuでは今回が初めての展開になります。
展開したいと思ったキッカケは、岩手に住んでいてもゴールデンウィークくらいから夏場までの時期に太陽の日差しが
強く感じる事が増えていて、ファッション的な要素の他にも日差しを防ぐ為に必要不可欠だと思う様になりました。
日差しを防ぐにはツバが長い方がより効果を発揮してくれますし、だからと言って子供っぽく見えてしまう
ベースボールキャップは被りたくないので、FUJITOが作る″B.B CAP″は僕が理想とする機能とファッション性を
両立したデザインという条件に当てはまりました。
今シーズンは、オリジナルファブリック(綿100%)で2色、涼しげな印象のコードレーンの3色を選んでいます。

color     STRIPE


コードレーンは時期的には、まだまだ早い印象がありますがシャツやカットソー1枚で外を歩けるようになる季節には
きっと重宝するだろうと想像しています。色落ちしたデニムにビルケンのサンダルを履いてさらりと合わせて頂きたいです。

color     BEIGE


FUJITOは今シーズンから新しい試みとして、自社での生地開発にも力を入れています。
柔らかくてコシがしっかりと感じられる素材は、着用を繰り返した際の経年変化や風合いをより引立ててくれるはずです。


作りは8枚剥ぎで裏地はシーチング生地が貼られてます。
表側もそうですが裏側の生地使いや縫製の処理がとにかく美しく、洋服と同様に小物もしっかりとエッセンスが
浸透している様に感じていただけるはずです。長く愛用できる物は限られてしまう事が多いのですが、
こうした目には見え難い部分にまで神経が行き届いているものは、愛着もより一層湧いてくると思います。
サイズ展開はFREEでレザーのストラップを調整する事により、大よそ61CMくらいまでは対応可能。
個人的に締め付けがある帽子は長時間被っていると、どうしてもストレスになる事が多いので
ゆったりと被る事が出来る帽子は、出掛ける時に無意識的に手に取ってしまいます。


帽子に関しては、店頭で販売をしていると被る人と被らない人と両極端に分かれるアイテム。
無理に被る必要はないと思いますし、当然ながら似合う似合わないも出てくると思います。
僕自身もrasikuをオープンする前までは全くと言って良い程に帽子を被らなかったのですが、被ってみたいなと思えるモノが
見つかり被り続けていたら、今現在ではワークキャップとベースボールキャップは無くてはならない存在にまでなりました。
何かのキッカケがあれば受け入れる事が出来るかもしれませんし、服装の幅を広げるという意味においても
被れないよりも被れる事の方が、ハズシになりスパイスを与えるのにも効果がある様に思います。
あとはその人のアイコンになって顔を覚えて貰う理由にもなるので、思わぬ所で帽子が縁を繋いだりなんてことも。
普段被り慣れていない方は違和感があると思いますが、ちょっとした違和感を楽しむということが最近は大事だなと
感じていて、それがすぐには理解できなくても自分が新しい感覚をつかむ為の道だったりするのかもしれません。
CAP類、気になっていたりお探しの方は是非店頭でお試しいただければ嬉しいです。

PageTOP