INFO


トートーニーの靴の受注会に伴い、臨時休業と営業時間の変更をお知らせさせて頂きます。
明日23日(月曜日)祝日は営業時間を17時までとなります。
明後日24日(火曜日)はイベントの準備に伴い臨時休業とさせて頂きます。
今後のスケジュールは以下の通りです。
     23日(月曜日)短縮営業 17:00 CLOSE
     24日(火曜日)臨時休業
     25日(水曜日)定休日
     26日(木曜日)短縮営業 13:00 OPEN
     27日(金曜日)通常営業
     28日(土曜日)通常営業 デザイナー在廊
     29日(日曜日)通常営業 デザイナー在廊
     30日(月曜日)通常営業
  10月 1日(月曜日)通常営業
      2日(火曜日)短縮営業 17:00 CLOSE

9月22日

店内は靴下祭!!と謳っても良いのではないかというくらい、各種豊富に取り揃えている2019・秋冬。
自分達でもいつの間にこんなに増えたの?(正しくは、増やした)と思うのですが、靴下が好きな性分なので
仕方ないなと割り切って、今シーズン新たに入荷したモノを試したりと、足元がほくほくしています。
季節が進むと、先ず手始めに新調したくなる靴下。スニーカーやサンダルに合わせる靴下も徐々にマンネリ化し
流石に素足履きも寒そうに見えるなぁと思うと、むくむくと靴下欲が湧いてきます。
色や柄・素材に関しても、ちょっと秋めいた色だったり素材がウール混のものだったりも気になってきますね。
既に、お客様の中には早い段階で今年のテーマカラーを決めてお選びになって下さる方も。
ぜひ、色や柄そしてサイズと種類があるうちに悩みながらお選びいただけたらなと思います。

MARCOMONDEのCOLLECTIONはひとつの国をテーマに、その土地に根付く独自の文化や街を彩る建物や景色、
旅先で出会う人々との触れ合い、そして発見や経験など。訪れた場所での様々な物事から得たインスピレーションを元に
ブランド独自のスタイルを構成しています。最近ではベーシックラインの”ONMM”やアパレルのラインナップも
充実していたりと、世界観をより色濃く鮮やかに映し出すラインナップはとても魅力的だったりします。
rasikuでは靴下の展開がメインですが、MARCOMONDEの靴下を通じてより洋服を着ることが楽しくなる様な
提案が出来たら良いなと思っています。
rasikuで展開をはじめて15シーズン目となった今回のCOLLECTION テーマは”MONGOLIA”
広大な大地に、そこで生活をともにする遊牧民の文化や動物たちを想像してデザインした靴下をぜひお楽しみください。

size    1

price   3200+TAX 

size    1

price   3200+TAX

色と質感、秋の気分にぴたりと寄り添う感じが良いなと思って選んだ二つのモデル。
それぞれコーデュロイ調とベルベット調の糸を使用し、ふかふかそして滑らかな履き心地。


size    1

price   2600+TAX

size    1

price   2800+TAX

size    1

price   2400+TAX

ラメの新作は、キラキラ具合が程よく抑えられてカラー展開も落ち着いた色目に。
昨年も好評だった足首をぐるりと一周、モケモケっとしたケモノ靴下。
ファーのようですが、モヘア混の糸を使用しています。履いてパンツとシューズの隙間からちらりと見えると
予想を越える可愛さに出逢えます。
モンゴルの動物からイメージした、フリンジの部分が鳥の羽の様に見える靴下は、配色がどれも良すぎて全色展開。
ストラップシューズと組み合わせて柄を見せて穿きたいです。

size    1

price   2600+TAX

size    1

price   2600+TAX

シンプルな装いのスパイスとして必ず欲しくなってしまうのが、幾何学的な模様のアイテム。
厚みもありウール80%の生地は足元を温かく彩ってくれます。
パンツスタイルだけではなく、ワンピース・スカートとも相性が良く継続して人気のあるデザインです。
上記は一部のご紹介で、まだまだ他にも色トリドリご用意していますので、ぜひ靴下や靴など足元から
季節の変化を感じていただけたら嬉しいです。

9月21日


holk     TOOL SHIRT

color     NAVY

price     26000+TAX

SIZE      1    /    2    /    3 SOLD

朝起きるとひんやりとした空気に包まれて、部屋の中では靴下を穿いていないと床の冷たさに足先が冷える位の
気候に移り変わってきました。日中は太陽の日差しがとても心地良く、吹く風も湿気がすっかり無くなり
身体にとっては負担の掛からない1年で最も良い季節ではないかなと思いながら、毎日川沿いをウロウロしています。
暖かな素材の洋服をいよいよ着れそうなタイミングで、holkの秋冬でオーダーした商品が幾つか届きました。
個人的にもとても楽しみにしていたフランネルのポケット付きのシャツと、グルカタイプのパンツ。
グルカパンツは生地を織る織機の不具合で残念ながら減産になってしまい、展開出来るサイズがワンサイズのみ
となってしましたが、迫力のある生地と後染めで出しているグレーの色合いが本当に素晴らしいです。
通好みの作りとデザインが多いholkですが、着用して数年が経過した頃からが本当の良さが滲み出てくるような
物作りをされているので、じっくりと時間を掛けて付き合える洋服をお探しの方に一度袖を通して頂きたいです。


今シーズン、個人的に気になっていた生地はコットン100%のフランネル。
ウール程気を使わずにお洗濯が出来て、保温性も高く、肌当たりが良く、着用を繰り返す程に馴染んでくる感覚がある素材。
holkが独自で開発している生地は、中肉で生地の目がしっかりと詰まっているので保温効果が抜群。
表面が微起毛していて、左右に付いたツールポケットのデザインも相まってラフに着れる日常着として活躍するのは
間違いありません。首元はスタンドカラーで、インナーにモックネックなどのカットソーを組み合わせて着るのも
イメージし易いのではないでしょうか。
ウールの肌触りがあまり得意でない方には、暖かさをプラス出来るフランネルの素材は比較的ワードローブに取り入れ易く
暖かさを活かして冬場にはインナーとしても重宝するので、ざっくりとしたシルエットのベージュ系のステンカラーコート
などを組み合わせると好相性だと思いますので、先の季節をイメージしながら着て頂きたいです。


大き目のポケットを配したシャツは、デザイン的な面白さと実際に使用するのにも便利なディティール。
スマートフォンやお財布などを入れるのに十分な大きさですし、ハンドウォーマーポケットとしても使い勝手が良く
普段バッグを持ち歩かない方には機能的なシャツに映るのではないでしょうか。
僕は出張に行く度に”ipad mini”を片手に持ちながら目的地まで歩くことが多いので、このくらい大きなポケットが
シャツに付いていると、画面の大きい機械をいちいち出し入れするストレスが大きく軽減されるなと想像しています。
最初からスマートフォンにすれば何の問題もないとは思うのですが・・・(笑)
ちょっとした面倒臭さを洋服で補う事によって、それが綺麗にハマった時の瞬間は何事にも変えられない喜びがあると
完全な自己満足で思っています。


シルエットはボックス型で身頃がゆったりと設定し、着丈はすっきりとしています。
ワークシャツの様に捉えて頂ければ着こなしのイメージは湧きやすいと思いますし、パンツなどもこれといって選ばずに
着合わせの難易度はそれほど高くないシャツだと思っています。
デイリーに履くようなジーンズ・チノ・軍パンなどは間違いなく合わせ易いですし、綺麗目なトラウザーと組み合わせても
シャツのカジュアルさが軽減されてしっくるくる感覚があると思います。

holk     GURKHA PANTS

color     GRAY

price     38000+TAX

SIZE      2 SOLD


レギュラー、ヴィンテージ問わず古着に精通するデザイナーだけに、グルカパンツの完成度も必然的に高くなります。
グルカパンツは各ブランドがリプロダクトしてリリースする人気のアイテムの1つ。
ヴィンテージ市場でも人気が衰えないアイテムの1つで、当時のイギリス軍がネパール人の兵士(山岳民族の部隊)に
提供していたパンツ。オリジナルの数が少ない上にコンディションとサイズも揃わない事も人気の理由です。
デザインとしての特徴が、ウエストのサイズを調整する為にウエストベルトが一体型になったアジャスター。
左右に釦が付いていて、ベルトを使わずに好みに合わせたサイズ感で穿くことが可能です。


オリジナルはチノクロスを使ったベージュの生地ですが、holkは限界まで打ち込みした平織の生地を使用。
仕上がった製品を、後染めでグレーに染色。サンプルの段階では生地の打ち込みが強すぎて染料が生地に染み込まずに
あちらこちらにムラがあったのですが、本生産では綺麗なグレーに染め上がっています。
シルエットは軍物らしくゆったりとしたバランスで、膝から裾にかけて綺麗にテーパードしたラインを描きます。
ウエストの調整は本水牛の迫力のあるボタンが2つ。所々でオリジナルとは違うディティールを織り交ぜながら
ブランドらしさを表現し、ただ単純にリプロダクトとしたモノとは違った良さを感じさせてくれると思います。


rasikuで展開するパンツの中では価格帯も正直高価な部類になりますが、生地の風合いやディテールを1つ1つ
見て頂ければ価値を見出して頂けると思っています。
サイズ2で大よそ31インチ位から33インチくらいまで方には対応出来ると思いますので、シャツなどをタックインして
着るスタイルなどにも挑戦して頂ければ嬉しいです。


holkの一番の強みでもある愛知県尾州地区の地場産業と連携して作られる物作りは、生地の開発からパターン
デザインへの落とし込みまで、地元にある工場と密にコミュニケーションを取りながら作製されています。
イメージをダイレクトに具現化出来る環境がすぐそばにある事が、1つ1つの完成度の高さや出来上がった製品が
放つ雰囲気の良さやオーラみたいな目には見えないものに繋がっていると思います。
どちらの製品もユニセックスで着れるアイテムですので、生地やデザインに引っ掛かった方に是非袖を通して頂きたいです。

トートーニー 靴の受注会のお知らせ


東京の浅草という昔から革の産業が盛んな街で、シンプルながらもどこかユーモラスで側に置きたくなる
革ものと、身体の一部のように足に馴染む、はきもののプロダクトを展開する”トートーニー”
ブランド名にある「トートーニー」の名前の由来は、つま先からひざまでの「toe to knee」から名付けられています。

3年前に盛岡で行われた「entwine」の展示会で、一目見て心を奪われた1足の革靴。
内羽式でつま先にトゥキャップの付いた、程よいボリュームのストレートチップ。
冠婚葬祭などの「いざ」という時にも履けて、どんな場面でも困ることなく足元を装う真摯な革靴。
それでいて、普段着にも違和感がなく馴染むような見た目が強くなり過ぎないフォルム
付け加えれば、長時間履いてもストレスにならずに人の歩行をサポートする事を目的として
医学的な観点からもアプローチをして作られている事。
僕が勝手に理想として思い描いていた革靴の条件を、完璧に満たしてくれる革靴に出逢えた瞬間でした・・・


昨年の5月に初めてrasikuでトートーニーの革靴の受注会を開催をしました。
サンプルとして並べられた内羽式と外羽式のサイズサンプル(21.0~28.0までのハーフサイズ刻み)の中から、
実際に足の計測からご希望に沿って合う形についてフィッティングを試しながらお話させていただき、お客様に
アッパーの革素材や色、アウトソールの素材を選んでいただく靴の受注会になります。
今シーズンから新しい取り組みとして、何度も見た目のバランスと履き心地を調整してようやく完成した「WORK」
凹凸がありグリップ力と耐久性に優れた、Vibramソールとの組み合わせも可能になりました。
木型は今までと同様にゆったりとした履き心地のタイプと、それとは別に細く設定したものと2つからお選び頂けます。
義足装具士と共に開発した足の事を第一優先に考えて作られた木型は、足を入れた瞬間から全体を包み込むような
心地良さがあり、長時間歩いたり履いていても足が疲れにくい構造になっています。

実際に僕自身も東京出張など歩きがメインとなる時に良くこの靴を履いていきますが、洋服の振り幅にも柔軟に合い
長時間履いていても、ストレスになり難い点がとても気に入っています。
今年の一月には親戚の結婚式に出席し、久しぶりに着たスーツにも合わせて履いたりと様々なシーンにおいても
コンフォートシューズとしての役割を果たしてくれるトートーニーの靴。
新しく取り入れたVibramソールは、今まで使用していたソールよりも硬さがある分反り返りが良く
馴染むまで少し時間が掛かりますが、より長時間の歩行や環境が整っていない道でもタフに活躍出来る仕様に。
防水スプレーなどでアッパーをケアをしてあげれば冬の雪道にも対応が可能で、盛岡のような寒くて雪が降り
そして凍ったりする地域にとっては、機能性がアップしたことで履ける期間が今までよりも長くなると思います。
靴の事でお悩みの方にとっても、自分の足に合う靴に出逢える機会にもなるのではないかと思っています。
28日(土曜日)、29日(日曜日)の2日間は作り手の、神田さんにも店頭でフィッティングをして頂きますので
是非色々とお話をしながら、特別な一足を手にしてみてはいかがでしょうか。

受注会のスケジュールは以下の通りになります。
期間 9月26日(木曜日)短縮営業 13:00 OPEN
     27日(金曜日)通常営業
     28日(土曜日)通常営業 デザイナー在廊
     29日(日曜日)通常営業 デザイナー在廊
     30日(月曜日)通常営業
  10月 1日(月曜日)通常営業
      2日(火曜日)短縮営業 17:00 CLOSE

※今回受注を受けた商品のお渡しは2020年の2月~3月頃を予定しております。
 納期に関しましては前後する可能性がありますので、遅れが生じる場合にはこちらから連絡をさせて
 頂きますのでご理解・ご了承ください。

※お支払いに関しましては、オーダーを決められた方には前金として現金2万円をお預かりをさせて頂きます。
 残りのお支払いは靴が届いた際にお願いを致します。残金に関しましてはカード払いも承ります。

9月19日


homspun   フラワー顔料プリント ローウエストタックOP

color     アイアンブルー

price     42000+TAX

SIZE      F


昨日は東京出張へ。
しっかり現地の気温をチェックして着るものを考えて行ったのですが、着いた先の天気はまさかの雨で
普段持ち歩いてるはずの折り畳み傘もこんな日に限って忘れてしまい、泣く泣くビニール傘を購入するなど
気温だけ見て、天気をまったく気にしていなかったことにびっくりでした・・・。
歩いて回るのは大変でしたが、そこまで暑くなくてよかった!
そして来年の春夏も、素敵な服がお披露目できると思いますので、楽しみにしていただけたら♩

盛岡は秋晴れの中、サワサワ~っと良い風が吹き抜けています。
日差しが強い時間もほんの一瞬で、長袖の服も気持ち良く着られる気候になってきました。
フライングでちらっと載せてしまいましたが、このhomspunの花柄ワンピースもそろそろお披露目を。
届いた瞬間から、これはちょっと高い位置にディスプレイしたら存在感もあって店内でも映えるなぁと思い
窓際の光が綺麗に差し込む場所に掛けていましたが、立ち止まって見て下さる方も多く嬉しいです。
毎シーズン、オリジナルで花柄だったり幾何学的な模様だったり総柄のプリントアイテムは展開されていて
今までにも何度かセレクトしたりもしましたが、今回の花柄もそしてワンピースの形も個人的にとても好きで
着れば着る程、胸が高鳴る一枚でした。


しっかりと目の詰まったコットン100%の生地は、顔料プリントの効果もあってか薄手ながらもパリパリっと密度が高く
ちょっとくらいの風なら気にせず一枚で過ごせそうな、見た目の柄の可愛さに対して何とも頼もしい生地感。
フロントに連なる釦のサイズ感も相まって、羽織ではないけれどコートの様な雰囲気も纏ったワンピースです。
ローウェストな切り替えもデザインによっては幼く見えがちなところを、ウエストの両端に同布のリボンが在る事で
きゅっとラインを絞って着る事が出来たりと生地感やhomspunならではのデザインでしっかりとカバーされている点も
流石だなぁっと感動してしまいます。
生地アップの写真で見てもらうと柄はしっかり分かりますが、遠目から見ると細やかに配置された小さな柄は
キリっとしたアイアンブルーに細い白の線で所々擦れたように描かれていて、雪の結晶の様にも見えたり。。
鮮やかな色とりどりの花柄も好きですが、レトロな印象と色の静けさがとても大人っぽくて、年を重ねてもずっと
着続けたいと思える柄です。


きゅっと詰まった丸首にTOPは小さなループで留める釦。
先にも書きましたが、フロントの釦は途中まででフルオープンでは無くばさっと被る仕様になっています。
胸下の位置に並んだパッチポケット。これは手を入れると若干不自然な体勢になるので、ハンカチやリップ
おやつに飴?など小物入れには良いかもしれません。
ポケットの脇にはヒラヒラっとしているのがリボンになります。そのまま垂らしていても良いですし、
キュッと後ろで結ぶと、後ろ姿がエプロンをしている様で可愛いく映り、ギャザーの広がりが綺麗に見えます。
ユニークなデザインで在りながらも、ワンピースとポケットの柄がなるべく違和感の無いようになっていて
とても綺麗に配置されているところも素晴らしいなと思うのです。


後ろ姿はとてもすっきり。
両サイドからきゅっと紐を結ぶことで自然と生地が集まって、背中部分にもギャザーが寄せられたりと
シンプルながら、思いがけず生まれたシルエットの美しさを惚れ惚れします。
サイズはフリーで肩はセットインになっていますが、脇下に曲線的な切り替えがあったりと
動きの多いところの可動域を広く設けた作りになっていますので、着ていてストレスは感じません。
身頃もゆったり目で小柄な方にとっては大きく感じるかもしれませんが、腰のリボンがある事で着る人の
体型や好みでシルエットを変える事が出来たりするので、もし大きいそうだなと感じても躊躇せずに
試していただけたらと思います。
いつもの通勤路には露草や朝顔そして秋桜など夏とはまた違った顔が並び、楽しみを運んでくれています。
涼しくなって、秋のイベントも盛沢山な季節になりました。
世の中は色々複雑になったり変わろうとしていますが、暑さが和らぎせっかく気持ちの良い季節がやってきます。
自分達もお気に入りの服を着て、お出掛けしたいなとそわそわしています。
店内も充実していますので、ぜひ見にいらしてくださいね。

PageTOP