5月11日


susuri    ラインブラウス

color     BLACK

price     32000+TAX

SIZE     1


店内もしっかり春から夏にかけての服がずらりと並んだことで、改めて今シーズンも各ブランドの
素晴らしいラインナップに先陣をきって物欲が抑えきれなくなりそうです。
今季春夏のオーダー分も残すところ僅かとなってきました。
こうして少し前の自分達が、展示会で興奮したり唸りながら選んだものを、やっぱり良いよねーと
また楽しめているのも、其々の場所で考え工夫し変わらずに働いている方がいてこそですね。
しっかりと自分達の表現方法で、お客様へと届けたいなと思います。
気持いい風が吹き、みどりも生き生きとしています。服も一際、美しく映える、そんな気候です。

着るととにかく気持ちが高揚し、知らない街や場所へといそいそと出掛けたくなるようなsusuriの服。
今日はなんだかリラックス気分でというよりも、気持ちを奮い立たせたいという意味を込めて?
今季のラインナップの中でも、一番ぐっときたプルオーバーのブラウスをご紹介したいなと思います。
遠目ではかなりシンプルな見た目に感じられますが、こんなにも細部まで思考が行き届いているのかと
震えてしまうぐらいエレガントでもありクールでもあるという、所謂ツンとデレが素晴らしいブラウスです。


無地かと思いきやの生地の正体は、光が当たると薄っすらと浮き出るシャドウチェック。
細番手のコットンを小さく細かなギンガム状にして、重なりの濃いところと薄いところの
陰影が織り成す格子柄はぼんやりと、でも見れば見る程に整然とした様子を表現した美しい生地。
コットンのパリッとした強さを肌に感じつつ、一本一本の糸の細さにより服地の中から手をかざすと
微かに透けて見えるほどの繊細さが一緒になっているということに感動すら覚えます。
生地に負けず劣らず、デザインに関しても前後左右どこを見ても各所に胸が高鳴る要素が備わっていて
にも拘わらず奇抜さを感じさせないというか、静けさを纏っているのが堪らないです。
正面の中心部には、黒がシックに華やぐピンタックが並び、肩線はほんの僅かきゅっと内側に入ることで
袖が丸みを帯び、また袖口もやや窄ませているため可愛さを控え目にした上品なシルエットとなっています。
美しいだけではなく、私の様にしっかり肩があっても、また小柄で華奢な人の肩にも自然と身体に沿って
動き難さも感じさせないで着られるところも、間違いなく魅力の一つに感じます。


着丈は、お尻まで隠れるセミロング丈。
絶妙な丈感ですが、個人的にはボトムにパンツもスカートも合わせられて、何ならワンピースの
上にばさっと被ってみたりも出来て、考え込むよりは着てみたら案外何にでも!な形だと思います。
また黒ではありますが、光が射しこんで陰影が揺らめき、また深いスリットが入ることで動きだけではなく
見た目にも軽やかさを演出してくれますので、どうぞ思い切って様々なレイヤードをお楽しみください。


着脱をする際に触れるのは、首の後ろにキラッと光るシェル釦ひとつのみ。
釦から下にも少し広めのスリットを設けているので、プルオーバータイプの服で敬遠されがちな
脱ぎ着の面倒くささ問題も難なくクリアです。
後ろ姿はとてもすっきりとしていて、どことなくフロントのデザインともギャップがありますが
だからこそどちらのデザインも印象的に映り、且つ冷静さを取り戻させる。そんな心配りを感じます。
コットンの生地ですが清々しく着られるプルオーバータイプのラインブラウス。
夏に着る「黒」という色が少し前から気になり始めて、ようやく自分達にしっくりとくるようになりました。
皆様にもお楽しみ頂ければと思います。

PageTOP