1月10日


JUJUDHAU  ROUND NECK COAT

color     CHINO BLACK

price     35000+TAX

SIZE      F


昨夜、携帯に表示された「明日の寒暖差に注意・今日よりも7℃高い予報」に一瞬、お!となったものの
いやいや、最高気温まだマイナスですから!!と正気に戻って、しっかり水抜きをしました。
そして洗面所は年末からずっと凍結したまま。陽射しを待つしかありませんね。
身体が強張る寒さ、そして大変な積雪量と心休まりませんが、どうぞ温かな飲み物でも飲みながら
ほっと出来る時間を過ごしていただきたいです。

春夏のことにはまだ到底気分が追いつかないので、昨年から続き秋冬物のご紹介をゆったり続けようと思います。
ロックダウンが継続する中、なんとか出来る限りの製品の製作・発送を行ってくれたJUJUDHAUより
継続して展開している”ROUND NECK COAT”を。
素材はガシッとタフな強さを感じるチノ素材で単衣なのでイメージは秋と春のアウターになるでしょうか。
今シーズンよりリサイズして、かなり肩や袖周りがゆったりになったので、厚手のセーターも中に着込めます。
となれば、今時期の寒さの底のような時期に冬コートの下に挟んで室内着としても重宝しそうな感じです。


ノーカラーのコートが気になるのは、巻物をしたりハイネックアイテムが欠かせないからでしょうか。
クルーネックとも少し雰囲気の異なる、ほんの少し立つ感じの襟型が、密やかにツボを押してきます。
インナーにローゲージニットを着こんでいますが、袖もするっと通りましたし釦もしっかり留められます。
この手の仕立てのコートを選ぶ際に、中にある程度着込んだ状態での可動域であったり袖抜けがどうかが
気になるのですが、最初に作製された時よりもパターンが修正されて、より着心地がアップしている思います。
カーディガン感覚で着られるコートなので、春先・秋口の温度調整が難しい季節に何を羽織ったら良いのか・・・
というタイミングで出番が多くなるのは間違いありません。
以前に同型のコートを購入してくださった方が、着用している姿をよく見かけているので自分達の中では
それは使い勝手の良さを表しているのだなぁと感じて、勝手に嬉しく思っています。


肩線から身頃につながる直線的なパターンで、身幅の広さがありながらもシルエット的には落ち感があって
スッキリ見えるというところがJUJUDHAUの服の特徴とも言えるかと思います。
両サイドにはスラッシュポケットも完備しています。機能面においても先ずポケットがあると安心する。
という方も少なくないと思いますので、その点に関してもしっかりクリアしているコート。


バックスタイルはセンターシームでスリットが入るシンプルなデザイン。
女性的なシルエットではあるのですが、だからと言って曲線的で生地のボリュームをたっぷりと言ったような
柔らかさが全面に出ている訳ではないのがJUJUDHAUの洋服の好きな所。メンズの洋服にも共通するような部分を
感じられて、それは生地の選び方であったりパターンだと思うのですが格好良さも感じられる点も見て頂きたいです。
所謂の春コートは前回のSTYLE CRAFT WARDROBEのCOAT♯17のBLOGでも書かせて頂きたましたが、殆どセレクトを
していませんので、秋冬に通用するコート類を春の装いに活かしながら、岩手の冷たい春の風をコートとともに纏って
街歩きを楽しむのをお勧めします。ROUND NECK COATに合わせたJUJUDHAUのデニムパンツは明日ご紹介致します。

PageTOP