3月27日

homspun   ハイカウントウェザー7分袖シャツ 

color     オフ白

price     24200-(TAX IN)

SIZE     F

color     サックス SOLD

昨日からはプロ野球も開幕。日中は春のセンバツ高校野球、家に帰ればプロ野球。とデータ収集などなど
チェックしなければならない項目が増えて、毎日忙しくも楽しそうにしている人がいて何より。
朝方は久々に肌寒さを感じましたが、徐々に気温も上がってきた模様です。
日々の気温差が植物にも影響を与えているのか、芽吹きからの成長がぐんっと早いように感じます。
明日は雨予報なので、今日がお洗濯&お出掛け日和ではないでしょうか?

何だか急に気温が高くなったせいもあり、ちらほらと薄手の洋服を見に来てくださる方がいて
それまではまだまだ先かなとのんびりしていたのですが、昨日慌てて売場へ並べはじめたのはここだけの話。
3月後半から4月中旬頃にかけてはタイムリーに今着る洋服と、先を見据えた薄手の洋服が並ぶ店内。
流石にニット類は仕舞いましたが、裏毛のパーカーやスウェット類は出しておりますので焦らずにご自身の
ワードローブを見直しながら必要なアイテムを選んで頂ければ嬉しいです。

昨年からhomspunが開襟シャツを作製していて、展示会では気になっていたもののその時はセレクトするには
至らなかったのですが、お客様からも置いている??と突っ込まれるなどもあったりして内心ちょっと焦り(笑)
数年前と比較すると気温は高くなる一方で、それなりに暑い日が続くと開放的な服装を求めるのは必然でもあり、
ようやくというか(遅いですが)自信を持ってオーダーしたい気持ちになり、白とサックスの2色を展開しています。
homspunの開襟シャツの特徴として首元の開きが深くないので、この手のシャツの首の開きの深さが得意でない方にも
取り入れやすいデザインだと思いますし、インナーの使い方や着ていて慣れてくるようでしたら更に1つ釦を外して
より涼し気な印象をプラスするのもお勧め。袖は七分袖で着回しや使い勝手の良さを実感して頂けると思います。

素材は綿50%・麻50%の混紡素材を使用。私達が好むしっかりとした張りと強さを感じる生地感で
ある程度年数を着込んでいってもコットンが半分入る事で、柔らかさに歯止めがかかるのが綿麻ならでは。
適度に風を通して、もしかすると真夏の本当に暑い日が厳しいかもしれませんが、それ以外の季節でしたら
ストレスなく過ごせるのではないかと想像をしています。長袖でもなく半袖でもないという部分で生地感と
見事にマッチしているように感じ、今時期でしたらコットンニットカーディガンなどと一緒に合わせると
そろそろ出番が見え始めるのではないでしょうか。

前丈に比べて後ろ丈が約5.5CM長く設定することで、お尻回りを包み込むようなバランスに。
サイドには深くスリットを配し、生地が動きに合わせて前後に綺麗に流れるようなイメージ。
全体的にシルエットもゆったりとして、身体と生地が纏わり付かないよう開襟シャツらしさはしっかりと抑えていて
開放感はありつつも開放的に振り過ぎない塩梅と匙加減がhomspunらしさではないかと捉えています。

着るだけでたちまち爽やかな風が吹くような、夏・先取りの開襟シャツ。
いつでもそこに引っ掛けておいて、洗って乾けばさっと手に取って着たくなるアイテムを作り続ける
homspunならではの安心感だったり、今の気分にフィットするワクワク感だったりがさり気なく感じられる
新しいシャツは、きっとワードローブの中でも懐かしさと新鮮さの両方の顔を見せてくれると思います。
スカートでもパンツでもどちらにも合わせ易くて、足元に合わせる靴で雰囲気も変わりそうなので
先にお勧めをお伝えしますと、これから入荷する予定のTRIPPENの鼻緒のついたサンダル”ZORI”や
素足履きでの”オーロラシューズ”も良いのではと想像しています。

PageTOP