8月15日


今シーズンから新たにお取り扱いを始めたソックスブランド″hakne”は、厳選した上質な素材を用いて
シンプルで耐久性の高いソックスを展開しているブランド。
サイズ展開はレディースのみで、殆どの製品は定番という位置付けで同じモノを毎シーズン作り続けています。
色展開にしても目を引くような色目というよりはどの色も洋服に合わせ易く、毎日でも足を通したくなるような
雰囲気を持っています。もし気に入ったソックスが見つかり履き潰してしまい買い変えたいと思った時に
同じ製品を買い足せるメリットがあり、色展開もベーシックな色目が多いのでついつい買い足してしまいそうです。
洋服で言えば最上級と言える素材を惜しみなく使っているのですが、プライスは手に取り易い価格を実現させていて
工場がメーカーを通さずに直接ブランドをやる事のメリットを最大限に発揮しているように思います。

″hakne″は暮らしに寄り添うソックスブランド。
当たり前のようなシンプルでプレーンなソックスを、自分達が本当に良いと思う天然素材を使って
最上のものづくりをしています。
一見普通のようでいて、繊細さと上質さを感じられるどこにもない定番の靴下です。
※ブランド資料より抜粋

hakne    シルクスムースソックス

color    オフホワイト     /     オートミール

price    1900+TAX

SIZE    23CM~25CM

color    モカブラウン     /     ブラック


シルクスムースソックスは、繰り返し履いても品質が維持される″ウォッシャブルシルク″を用いて作製。
シルク70%・ナイロン30%の混紡素材は、表面に程よい光沢があり品の良さを感じて頂けるはずです。
プレーンな革靴やパンプスなど、やや緊張感のある靴と合わせる事で綺麗目な表情がより活きてくると思いますし
吸湿性にも優れた素材なので、湿気のある時期などには天然素材ならではの機能がより効果を発揮して
心地よく過ごして頂けると思います。特に夏場はソックス1つで1日の疲れ方が大きく変わってくるので
素材に特化したモノを選ぶというのもお勧めです。

hakne    アメリカンシーアイランドコットンソックス

color    オフホワイト     /     アイボリー

price    2200+TAX

SIZE    23CM~25CM

color    杢グレー      /     ブラック


2つめはアメリカ産の″シーアイランドコットン″を用いたソックス。
シルクと比べるとよりしっかりとした厚みがあって、カジュアルな雰囲気が漂います。
シーアイランドコットンは、様々なコットンの種類がある中でトップに位置する″コットンの宝石″とも呼ばれる位の
高級な素材で、繊維の長さが他よりも長く短い繊維が入っていない為、着心地・見た目・耐久性どれをとっても
申し分のない素材と言えます。その素材を贅沢に使用したソックスは言うまでもなく履き心地に優れていて
手に取るだけで気持ちが上がるソックスになるのではないでしょうか。


昨日あたりからお盆で帰省された方が、ちらほらと忙しい合間を見つけてお店に足を運んで下さっていて
半年でも1年に一回でも、短い時間でもこうして顔を合わせて色々なお話を聞けるだけで嬉しさや励みになります。
毎日が当たり前に過ぎていく中で、ふと立ち止まって振り返ったり思い返してみたり、お盆や正月は自分達にとって
たくさんのご縁によって今ここに存在していることを感謝する、大切な時間になっている事は間違いありません。
岩手ではお盆を過ぎると秋風が吹くと言われていて、冷房を消して寝られる日がやってきたと思ったところでしたが
今日は再びくらっとくるような暑さに包まれています。
台風の被害もどうかこれ以上大きくならないようにと、静かに願うばかりです。
店内を見ても少しずつですが秋物も届き始めていて、今日からBLOGでコツコツとご紹介を続けていこうと
気を引き締めている所なので、どうぞお付き合いいただけると嬉しいです。

4月1日


今シーズンから新しくrasikuで展開をスタートする″NISHIGUCHI KUTSUSHITA″
たまたま出張先で立ち寄ったとあるお店でウール混の雰囲気の良いソックスを購入したのがきっかけ。
その時はまだブランドのことは全く知らずに、ただただ何となく良さそうだなと思い買ってみましたが
盛岡の冬にも対応出来る保温性の高さと、付け加えるのではなくシンプルにそぎ落とされたデザイン、
値ごろ感のあるプライス設定なのに、それ以上の価値を感じられる良い靴下だと感じました。
価格が高いとか安いとか、ブランドの認知度がどうとかではなく、物が醸し出す雰囲気であったり
ただ純粋に良質なソックスを穿いて貰いたいという、作り手の心意気が伝わってくる様にも思いました。

NISHIGUCHI KUTSUSHITAは靴下の一大産地である奈良県で1950年創業。
現在に至るまで70年近い歴史を持ち、素材やデザイン、編み方、価格、「全ては穿く人の為に」という
コンセプトを掲げています。ソックスに足を通した瞬間から気持ち良く1日が過ごせるソックスの全てを自社で開発し提供。
″ファクトリーブランド″としてデザインを重視するというよりもベーシックなデザインで天然素材に拘り
新旧の技術を組み合わせながら、時代に捉われない本物の定番になる製品を生み出しています。  

NISHIGUCHI KUTUSUSHITA   エジプトコットンリブソックス

color         レッド    /    ネイビー

price         1400+TAX

SIZE         25-27(MEN’S)

color         オフホワイト    /    ライトグレー


春夏シーズンという事で、先ずはコットンやシルクを使ったソックスを中心に提案していきたいと思います。
展示会で見た時に、一番始めに目に留まったエジプトコットンを使った綺麗目なスタイルのソックス。
素材はコットン94%・ポリエステル5%・ポリウレタン1%の混紡素材。
世界の3大コットンと呼ばれているエジプト原産のギザコットンを贅沢に使用。
見た目からも、表面に光沢があって短い繊維を取り除いた超長綿ならではの品の良さが伝わってきます。
穿き心地は柔らかく、テンションも程良いので長時間穿いていても疲れにくいと思います。
長めに設定されたレングスも好みな点です。足を組んだ時に肌が出ない長さのソックスは案外見つかり難いので
僕自身がイメージしている誰が見ても良い印象を与えてくれるソックスだと思います。
靴は黒の革靴にすっきりとしたパンツのレングスの足首から赤がちらりと覗くのが格好良いはずです。
カラーは4色展開。

NISHIGUCHI KUTUSUSHITA   エジプトストライプソックス

color       カーキ      /     ネイビー      /      ブラック

price       1400+TAX

SIZE       25-27(MEN’S)


同じくエジプトコットンを使った、薄手のストライプソックス。
ネイビーとブラックに関してはスーツスタイルにも適応可能で、糸番手も細くなっているので綺麗目な印象です。
素材はコットン77%・ナイロン23%の混紡素材を使用。
あえて色落ちしたジーンズにカーキの綺麗なソックスを合わせるのが良いなと、暖かくなった時を想像して。
靴もキャンバスのちょっと古ぼけた味わいのあるスニーカーで組み合わせると面白そうです。
カラーは3色展開。

NISHIGUCHI KUTUSUSHITA   シルクコットン天竺ソックス

color      ライトグレー     /      青墨      /      レッド

price      1200+TAX

SIZE      25-27(MEN’S)


エコシルクを使ったざっくりとした表情の″シルクコットン天竺ソックス″
選んだ中では一番カジュアルな印象で、シルクが持っている吸湿性の高さにコットンを掛け合わせる事で強さをプラスし
天然素材ならではの機能性に富んだソックスに仕上げています。
梳毛せずにネップ感のある表情を活かしていて、重たい靴を合わせるよりもスニーカーやサンダル類との合わせが
しっくりくると思います。個人的にはビルケンシュトックのボストンとの合わせがお勧めです。

NISHIGUCHI KUTUSUSHITA   エジプトコットンリブソックス

color         オフホワイト    /    ライトグレー

price         1400+TAX

SIZE         23-25

color         カフェオレ    /    ブラック

NISHIGUCHI KUTUSUSHITA   シルクコットン天竺ソックス

color         ライトグレー     /     アマゾン    /     レッド

price         1200+TAX

SIZE         23-25

メンズと同素材でレディースサイズもご用意しております。
若干色の展開が異なりますので、お好きなカラーをお選び頂ければと思っております。

ソックスは洋服と比べると消耗が激しくある程度の期間で買い替えが必要になると思います。
rasikuで現在展開しているソックスの中でも、よりベーシックなデザインで洋服にも溶け込みや易いはずです。
メーカー自体も定番商品を出来る限り作り続けるという一貫したスタイルも好感を持ちました。
今日から新年度。新たな環境でチャレンジする人も、大切な場所で変わらずに大切な日々を重ねていく人も、
新しい靴下を穿いて気持ちも装いも引き締めて、気持ちよく歩みを進めるというのは如何でしょうか。

PageTOP