4月15日

nisica    ダブルボタンカットソー

color     グレー

price     16500-(TAX IN)

SIZE     1    /    2    /    3    /    4

今日から朝の部活動がスタートしました。
3時台に起きて準備を済ませて外へ出るとキーンと張りつめた岩手らしい空気。それもそのはず気温は-1℃。
それでも少しずつ身体を動かし始めると汗がじわっと出る位まで温まり、心身ともにリフレッシュしました。
岩手県の県鳥でもあるキジの”ケーンケーン”という独特の鳴き声が四方八方から届くのも良いんです。
キジも、まさかこんなに朝早く人が来るとは思わずに、油断していたのではないでしょうか(笑)

今日はどんな服装で外へ出掛けようか・・・と最低気温と最高気温を見て10度以上ある気温差に頭を抱えつつ
とりあえず温度を調節出来る羽織物もしくはベストを一枚間に挟んで過ごしています。
nisicaではお馴染みのデザインのダブルブレスト風(実際はシングル仕立て)のカーディガン。
春夏は主にカットソー素材・秋冬はウールなどの暖かみのある素材を用いながら作られ続けているアイテム。
不思議なバランス感覚と愛嬌のある表情から、ブランドのアイコンとも言える存在ではないでしょうか。
今まではネイビーやブラックといったダークトーンの色目でセレクトしていましたが、グレーのパーカーを着る感覚で
羽織れるのではないかと思い、いつもとは違う色での展開をしました。
汎用性という部分においては、ダークトーンの色目とそこまで大差はないのではないかと思っています。

ダブルボタンカットソーの最も特徴的なディテールとして、アシンメトリーな位置に付いた5つの釦。
その横に2つ(フェイク)の釦が付きます。小さく設定された襟と左右に叩きつけられた大きなツールポケット。
1つ1つを切り取ってみると何となく纏まりが無さそうに感じるのですが、集約されると違和感から生まれる
心地好さがあって、それが着る人の個性を引き立ててくれるから不思議なものです。
良く店頭で聞かれるのはこれはカーディガンですか??とかカットソーとして着るのですか??と質問をされる事が
多いのですが、正直どちらにもなり得るので、言葉を濁しています。。
何シーズンか前に購入して頂いた方の傾向とパターンで言いますと、ウールは完全にカーディガンで羽織りとして
(素材の特性上として必然かもしれません)コットンタイプは何となく分かれる気がしています。
シャツの上からカーディガン感覚でばさっと羽織っている方も、Tシャツに長袖カットソーを重ねて着る様なイメージで
変幻自在なところも人気の理由ではないでしょうか。

肩はセットインスリーブ、袖口は筒袖で付属品は付かずのスッキリとしたバランスに。
生地は中肉の目の詰まった天竺素材。お洗濯の事や細かな部分をあれこれ気にせずにデイリーに着られるのが
nisicaらしい生地選びだと思いますし、癖のあるデザインが徐々に慣れてくる感覚が良かったりするのではないかと。
インナーにSAINT JAMESのOUESSANTを合わせてみましたが、窮屈な印象はなかったので中肉のカットソー位であれば
ストレスなく袖を通して頂けるはずです。首元の出方が写真だとイマイチに感じますのでボートネックと合わせる際には
釦を1つ外す方が余裕があって素敵かもしれません。
※身長178CM 体重62キロ 着用サイズ4

サイズ展開はいつも通りフルサイズで1・2・3・4の4サイズ。
レディースM メンズS~M M~L L~XL が大よその目安。
20代の頃にnisicaの洋服に出逢って袖を通し、30代前半で一度離れて30代中盤からお取引をさせて頂き
自分自身が40代を迎えて、今までとはまた違った角度で新しい着こなしが出来るようになっているのではないかと
勝手に手応えを感じ始めています。
洋服の面白い所は、体験した事や気分によって全然違う意識や感覚が出てくる所。そういう意味ではnisicaの洋服は
お店に現在並べているブランドの中では、昔から着用をしてきていて年齢を重ねても尚、魅了され続けています。
ふっと気を抜いた服装をしたい時に何かを埋めてくれるような存在、きちんと個性を引き立ててくれる所が
僕自身の歪に偏ったワードローブの隙間をカバーしてくれているのだと思います。
という事で季節があっちにいったりこっちにきたりな日々ですが、丁度良い羽織物をお探しの方に候補の1つとして
見て頂けると嬉しいですし、普通そうで普通ではない所に魅力を感じて頂きたいです。

2月26日

nisica     ブルゾン

color     ブラック

price     30800(TAX IN)

SIZE     1    /    2    /    3    /    4

太陽の陽射しの暖かさとは裏腹に冷たい風が身体に当たると、まだまだ春は先だよなと感じてしまう今日の盛岡。
まだ油断してはいけないなと思い、鮮やかな色目のシェットランドセーターを着てストーブの横をしっかりと
キープしながらBLOGを書いています。
毎年のことですが、岩手の春への道のりは前進と後退の繰り返しですね。。

nisicaから届いた新型のブルゾン。
今まではフード付きのスポーティーなデザインだったのを一新し、小さな襟に比翼タイプのZIPが付く
何からデザインをイメージして作製されたかは分からないのですが、nisicaにしか出来ない不思議な
バランスの羽織物。気兼ねなく考え過ぎずに着れる良さを持ち合わせていて、それでいて気が利いた洋服。
お洒落をするという考え方も洋服を扱う以上は気にする点ではありますが、それ以上にライフスタイルに
違和感なく溶け込む心地の良い日常着というものを考えると、これが案外簡単そうで難しい。
セレクトする際にはいつも頭を悩ませるのですが、ブランドタグやロゴありきではなく洋服を纏う方の個性を
引き立てくれて、プラスαを見出せるのが理想的です。

素材はしっかりと厚みと張りの強いコットン50%×ナイロン50%のぬめりのあるリップストップ。
良く目を凝らしてみないと格子の柄は見えないのですが、洗い込んでいくうちに表面に浮き出てくると思います。
フロントは比翼のZIP UPの仕様で、パッチポケットが左右に付きます。
カバーオールをすっきりとミニマムに落とし込んだようにも見えなくないかもしれませんね。

肩のラインはややドロップした位置に。
アームは太目で脱ぎ着がし易く、着始めは生地が固いので多少のストレスがあるかもしれませんが
着込んでいくことで直ぐに解消されるはずです。
袖口は釦などの一切付かない筒袖で、程好く作り込みを入れている洋服といった印象。
汚れを気にすることなく行く場所も制限せずに日常使いするのには、これくらいのバランスが◎

このジャケットの隠しディテールとして、両脇下にベンチレーションシステムを採用。
こういった部分の遊び心!?機能性!?に、やられてしまうのは私だけでしょうか・・・
恐らくは殆ど使わないとは思うのですが、意味のないコトやモノに自分なりの意味を見出すのが好きな方に是非(笑)

仕立ては1枚ですが、春の風をしっかりと防いでくれる位の生地感。
肩回りや身頃、袖も広く設定をしていますので、インナーに厚みのあるスウェット位まででしたら着用可能。
首元には大判の色のあるストールをぐるりと巻いて、パンツはデニム、チノ、軍パンと何で合わせても納まりが良いです。
新鮮さはあるものの、どこか懐かしさと愛嬌を感じてしまうのはnisicaのお二人の人柄が滲みでているからでしょうか。
気兼ねなく羽織れるブルゾン。ワードローブの強い味方になってくれるのは間違いありません。
サイズ展開もフルサイズでご用意しましたので、性別に関係なくお選び頂きたいです。

nisica     ダブルボタンベスト

color     ブラック

price     22000(TAX IN)

SIZE     1    /    2    /    3    /    4 

もう一型はブランドのアイコンとも言えるフェイクダブルブレスト釦のベスト。
何度も展開してきたデザインですが、nisicaと言えば欠かすことの出来ないディテールだと思い
こちらはフラットな平織のコットン100%のブラックの生地でオーダー。
秋冬であれば保温性を高める意味合いがどちらと言えば濃いのですが、春夏はコーディネートのアクセントに
ベストを用いる事が多い気がしています。ベタにボーダーTシャツでも良いでしょうし、着写の様にチェックシャツ
深く考え過ぎずにさらりと着合わせて頂く方が間違いありません。

着丈もしっかりと長めに設定され、首元も詰まった形状で余程厚地のインナーを合わせない限り
ある程度纏まりあるコーディネートになると思います。
大き目のパッチポケットも目を惹く部分で、スマートフォンなどを入れておくのに便利。
カットソーやシャツ1枚では、何となく体感的に足りないなと心配な時に袖のないベストをプラスするだけで
心もとない感じが解消されて、着こなしにも一癖ある感じが出せて何とも言えず好みです。

ダブルブレストと呼ばれるオーセンティックなデザインを、重くなり過ぎずに軽快に纏えるように転換された
ベストは洋服の知識が幅広いnisicaだからこそ、作ることの出来る一着だと感じています。
白いシャツにさらりと合わせれば全く違う空気に変わりますし、ラー油とお酢を使った味変ではないですが、
その感覚に近い役割と効果を発揮してくれるのではないでしょうか。
例えがちょっと分かり難いかもしれませんが(笑)春夏に着るベストはそんな心持ちで取り入れてもらえたら
良いんじゃないかなと思います。

12月17日


Ohh! nisica  尾錠付きワークパンツ

color     ブラウンチェック  

price     20000+TAX

SIZE     1    /    2    /    3    /    4


今日も変わらずに冷凍庫!?の様な気候の盛岡。
毎年恒例になっている自宅の洗面台の水道が水抜きをしているのにも関わらず見事に凍結。
歯磨き&洗顔などが場所を変えないと出来ずに一苦労で、朝の準備に倍くらい時間が掛かって
それだけで体力気力を消耗しているような気がしています。何か心に栄養を与えたいです。

Ohh! nisicaからデザインを担当している大西さんのチャーミングな一面を覗かせる大胆なウールのチェック地を
使ったワイドパンツ。メインに穿くというよりも、冬の服装にマンネリ化しているなと感じるタイミングで
気分を変えるのに適していて、ワードローブの幅を広げる役割を果たしてくれると思います。
ワタリから裾に掛けて緩やかにテーパードはしていますが、生地の落ち感も相まって全体がストンと落ちるような
シルエットで裾口のボリューム感が堪りません。太いパンツがお好きな方にとっては大振りなチェック地も含めて
感度を刺激されるバランスではないかと。デイリーに穿けるパンツをある程度お持ちで、冬の着こなしにぴりっとした
アクセントが欲しい方には攻略のし甲斐がある1本になるのではないでしょうか。


素材はウール70%・ポリエステル30%を組み合わせていて、中肉で柔らかな質感。
グリーンとブラウンが複雑に混ざり合い奥行きを感じるチェックで、トップスにチェック地を取り入れるのは
難しくなくてもパンツとなると、着こなしのイメージが少し湧き難くなるのかもしれません。
かく言う私自身もチェック地のパンツは何本も持っている訳ではないのですが、nisicaのお二人と大西さんの
選ぶ柄がとても絶妙で、毎シーズン心を揺さぶられてセレクトをしています。
当たり前ですがチェックパンツなので、チェックの柄と素材感がとても重要です。


シルエットは見ての通りでお尻回りもゆったりとしたラインで、ワタリ幅もしっかりとボリュームがあります。
着こなしのイメージはアメカジライクにトップスはスウェットに足元はキャンバスのスニーカー、いつもであれば
デニムで合わせるような所をあえてウールのパンツで雰囲気を変えるのは如何でしょうか。
沢山穿いてしまうとウールなので当たり前ですが生地の減りも早くなりますし、ヨレが出てしまい易くなりますので
先発ローテーションで言えば5番手位、左のサイドハンド・・・ではなく、メインの穴埋めをする位の役割が
最も適しているのではないでしょうか。ウール70%の生地感ですので暖かみという部分も勿論あります。


nisicaよりも、やや癖があるのがOhh! nisicaの特徴でもあり大西さんのユーモアとセンスの賜物。
サイズ感もゆったりとしたものが多くあり、リラックスしたイメージが強く製品に反映されていると思います。
僕自身も年齢が40代に突入して、身体にストレスのかかる洋服は手に取り難くなってきているので
ohh!nisicaのバランスはとても好みだったりします。


ウール特有の肌触りを軽減するために太腿まで裏地を付けた仕様で、気の利いた洋服だと感じさせてくれます。
バックルバッグでウエストも調整可能で、ヴィンテージのフレンチワークパンツからイメージを湧かせて作製された
というディティールやシルエットが所々に覗かせます。
たまにいつもとは少し違った遊び心のある服装をしたいなと思う日があるので、こういったパンツは主役として
穿くことが出来ますし、良い気分転換になるのではないでしょうか。
冬場に気持ちを盛り上げてくれるパンツ、、お勧めです。

11月29日


nisica     ダブルボタンコート

color      BLACK(WOOL)

price      40000+TAX

SIZE      2    /    3    /    4  SOLD


昨日のベストに引き続き、しっかりと目の詰まったメルトン素材(ウール90%・ナイロン10%)を用いたハーフコート。
nisicaが得意とするアシンメトリーな位置に釦を配したシングルの仕立てですが、フェイクボタンが良いアクセントに。
作りは裏地無しの1枚仕立て。ですが余程の寒さが厳しい日でなければここ最近の盛岡の冬でも通用する位の
保温性を確保していると思っています。
僕自身のイメージとしては普段車移動が多い方や、真冬用の本格的なコートを既にお持ちの方で、もう少し気楽に
着られるアウターが欲しいななど・・・砕け過ぎず丁度良い塩梅で着れるのではないかと想像しています。


肩はラグランスリーブを採用し、ゆったりとしたアームの広さを確保しているので脱ぎ着する際にストレスに
なり難くインナーも中肉のスウェット位であれば問題ありません。
ぎゅっと目の詰まったメルトンなので、着始めこそ動き難さは若干あるかもしれませんが年々身体に馴染む感覚が出て
少し生地が柔らかくなった頃にはシワが入って表情豊かなウールに変化をしていると思います。
経年変化を謳う訳ではないですが、メルトン素材特有の惹きつけられるオーラがあるのは間違いありません。


大きなハンドウォーマーポケットは手を入れると中に肌触りの良い裏地もしっかりと付いています。
また一枚仕立てではありますが、裏側を見てもパイピングで綺麗に処理をされているので、脱ぎ着した際の
ふとした時の見え方などにも気の利いたコートであることを実感出来る部分があります。
店頭で接客をしていてもnisicaの洋服を説明するのは正直難しいなと、以前に勤めていたお店の頃から今現在に
至るまでずっと思っていたのですが、フラットそうに見えて一癖あるのが袖を通した時に個性に変わると言えば
良いでしょうか。デザインを主張し過ぎずに、けれど印象に残る洋服は案外少ないのではと思っています。
日常着としての良さは勿論ですが、例えば普段着でお仕事をされる方で人に逢って打合せをする事が多いなど
さり気なくセンスの良さを伝える部分が服装にはあると思うので、第一印象はとても重要ではないかと。
着飾っているお洒落も良いですが、肩の力を抜いた普通だけれどもきちんとした服装をするのは簡単そうで
難しく選択肢もそう多くはないので、その穴を埋めてくれるような存在になってくれると思います。


見た目の印象が柔らかくなり過ぎずに着れる、フェイクダブルブレストのコート。
nisicaのブランドを象徴するデザインでもあり、ダブルブレストという難しくもあり重たく見えがちなアイテムを
ブランド独自の解釈で全く違う印象へと落とし込まれているのが好きな理由でもあります。
個人的な見解ですが、年齢を重ねてファッションではなくご自身のライフスタイルに合わせて着楽な気持ちで
着たいと思う方がさらりと羽織ったら格好良いだろうなと想像をしています。
インナーはくたびれているオックスのボタンダウンシャツなどを着にせずに組み合わせて。
そんな勝手なイメージは如何でしょうか。

11月28日


nisica     ベスト

color      BLACK

price      26000+TAX

SIZE      1    /    2    /    3    /    4  

とうとう街中にも正真正銘の雪が、一瞬でしたが積もりましたね。
冬のスタートを感じさせる朝でした。
数年前までは寒くても心と身体にムチを入れて色々と動き回っていた気がしたのですが、ここ最近は余程の事でない限り
無理をし過ぎずに、日常を極力浮き沈みのないようにフラットな気持ちでお店を開け続ける事を優先するようになりました。
忙しさや何かに追われないという事が案外大切で、小さな心掛けを意識していると心の余裕が生まれてくるのでは
ないかと最近になってようやく気付かされました。

nisicaのお二人が作りづけている洋服は、時代の流れを完全に無視するのは難しいですが
自分達の軸を崩さずに独自の空気をしっかりと纏わせながらマイペースでやり続けている事に感銘を受けます。
今シーズンは定番アイテム以外に、新作としてリリースされた商品が多くラインナップされていたのですが
その中でも新しい感覚のあったベストと、以前から得意とするデザインのコート2型をセレクト。
どちらのアイテムも共通の素材(ウール90%・ナイロン10%)で作製をされています。
※コートは明日ご紹介致します。


今シーズンのnisicaを象徴するデザインで、ハンティングやフィッシングと言ったような機能的なポケットを配して
見た目にはややオーバースペック気味なベストが、妙に惹かれるのは私だけではないはず。
見るからに重たいしっかりと目の詰まったメルトンは中肉よりもやや厚みがあって、
着始めは若干ですが固さを感じる生地感。
その分の暖かみは抜群でインナーにしても良いですし、サイズを上げてシェル系のアウターを着用した上に
重ねる着方も、このベストであれば中々サマになるのでは無いかと想像します◎
それ以外にも何やら色んな着こなしの想像を掻き立てられる1枚だなと感じます。


トップ釦のみ剥きだしで、残りの釦は比翼になり隠れるデザイン。
Vゾーンは浅く設定する事により、カットソーは勿論ですが個人的にはシャツとの合わせが抜群に感じます。
インナーダウンなどの軽量で暖かな素材感も良いですが、クラシックなウールの雰囲気漂う生地感も負けず劣らずで
着用した際のがしっとした雰囲気は重厚さがプラスされます。
機能性に傾き過ぎると着合わせがさっぱりとし過ぎますし、かと言って重厚な生地感ばかりを着ていると
疲れてしまったりするので、その日の気分によって素材を使い分けられるようになると洋服の着こなしに
奥行と異素材同士を組み合わせる面白さが出てくるはずです。


今までのnisicaのイメージからすると、少し指向を変えたように映るベスト。
どちらかと言えばオーセンティックなアイテムをありのままを崩し過ぎずに、けれども抜け感というか軽さも
持ち合わせているのが流石と思わせてくれる絶妙な匙加減。
気合を入れ過ぎずに袖を通せるのは着易さにも繋がり、日常着として違和感なく景色にも溶け込む理由かもしれません。
らしさを感じながらも、いつもとは明らかに雰囲気の異なるベスト。是非お試しください。

PageTOP