3月26日


nisica     ガンジーネックカットソー

color     ネイビー

price     10000+tax

SIZE     1     /     2      /     3     /     4 

color     ブルー

SIZE     1     /     2      /     3     /     4 

昨日は久しぶりにゆっくりとした休日を過ごしていました。
きっとお昼くらいに起きてだらだらと過ごしてしまうと思い、自分にムチを入れ早起きも兼ねて神子田の朝市へ買い出しに。
手作りのブルーベリーのジャム・ばっけ味噌・ゴボウ・サツマイモを買い込んで大満足。
朝はまだまだ寒い(マイナス1度)のですが、朝市の緩やかな活気は身も心も元気にさせてくれる素晴らしい場でした。
お昼くらいまでに細かな事務仕事やらを済ませて、午後は自宅に友人を呼んでお昼ご飯を食べたり、ゆっくりとコーヒーを
入れて飲んだり、雑誌を眺めたりしながら予定を詰め込み過ぎない1日を楽しみました。
少し体調を崩していたうさぎもリラックスしたのか、いびきをかきながら寝ていたりして・・・いい一日でした。

nisicaから長年に渡ってアイコンになっているガンジーネックカットソーとフェイクダブルのカーディガンが届きました。
イギリスのガンジー諸島で伝統的に作製されている、首元がせり上がったセーターを元にデザインされたカットソー。
シンプルながらもインパクトがあり、何処か力の抜けた雰囲気と癖のある感じがnisicaらしさだと思っています。
最初はデザインに抵抗があったとしても着ていくうちに徐々に馴染んでいく感覚が面白いです。
rasikuでもリピートして色違い・素材違いを購入して下さる方が多くいて、定番アイテムとしての地位を築いています。


昨シーズンから生地が今までよりも薄いものに変更をされていて、以前のSAINT JAMESのOUESSANTの様な厚地の
素材感からさらりとした天竺に生まれ変わっています。
好みは人それぞれにあると思いますが、春夏に関して言えばこれ位の生地感が肌馴染みも良く手に取り易いのではないかと
想像をしています。長年に渡り同じものを変わらずに作り続けているブランドだけに、その時の気分によって素材感を
変えるのは必然に感じますし、年齢を重ねるにつれて優しい素材に惹かれるてしまうのは私だけではないはずです(笑)
色は定番色のネイビーと春らしい色目が気になったので「ブルー」を選びました。
水色よりもターコイズブルーに近い色目は単品で見るよりもコーディネートして着てみると、案外すんなり馴染み
顔周りが明るくなるので、ぜひ挑戦して頂きたいです。


nisicaのガンジーネックカットソーを最初に手にしたのが、24歳とか25歳くらいだったはずなので
何だかんだもう10年以上前の話。その当時は今よりもかなり痩せていたのでサイズ3をゆったりと着ていましたが
現在はサイズ4で丁度良い感じ。同じアイテムを選んでも、体型というのか体つきが変化しているのでそれに合わせて
サイズや着方も変わらなそうで変わっている。そんな事も含めてnisicaのガンジーネックカットソーは思い入れがあります。
インナーにオックスのBDシャツやブロードのチェックシャツを合わせてセーターの様に着ていた時期もありましたが
今はシンプルに1枚で着るのが好みですね。


着ているだけで自然と目を惹くデザインで、決して奇をてらうような雰囲気で作製している訳ではありませんし
当たり前の日常着としてお洗濯も気を使わずにある程度タフに着る事が出来るのもnisicaらしさだと思います。
ユニフォームではないですが、色違いや素材違いを集めてローテーションを組んで着こなす事も同じものを
作り続けられているからこそ可能です。今季の新色でリリースされた「ブルー」は、袖を通しただけで気持ちが
前向きになりそうですし、春の柔らかな陽射しが似合う色目だと思います。
いつも穿いているデニムやチノパンなどに合わせて、足元はキャンバス素材のローテクスニーカーや
ビルケンシュトックなどのサンダルが気分的にもしっくりとくるのではないでしょうか。

nisica     ダブルボタンカットソー

color     ネイビー

price     15000+tax

SIZE     1     /     2      /     3     /     4 

胸についた2つのフェイクボタンと小振りな襟の形状、このユニークなカタチもnisicaの得意とするデザインの1つ。
選んだ生地はガンジーネックカットソーと同素材で、インナー使いも出来るのですが春のコートを脱げそうなタイミングで
丁度良い羽織物としても重宝しそうです。カットソーと比べると腕周りと身頃のシルエットは少し余裕を持たせているので
シャツ合わせで着るのもお勧めです。


アシンメトリーな位置に取り付けられた釦。大き目のパッチポケットが左右に付きます。
カーディガン・・・シャツジャケット・・・、捉えどころがなくて、はっきりと断言出来ないのもnisicaが作る洋服の
特徴になるのかもしれません。僕の中ではカーディガンジャケットという認識です。


布帛ではなくカットソー素材というのがポイントで、動きが制限されにくく着易さに繋がります。
汚れが気になったらお洗濯も用意ですし、気を使わずに着れる羽織物はワードローブの力強い1枚になってくれるはずです。
色目は汎用性の高さを重視してネイビーをセレクトしました。インナーは白や生成などの明るい色目が好相性で
rasikuで提案をしているohh!のカットソーと合わせると着心地も含めて、病みつきになるのは間違いありません。


着る人の個性を少し引き出すような感覚のnisicaの洋服。
分かりやすくお洒落に見えたりする訳ではなく、あくまでもさり気なく、けれども趣味の良い洋服だなと思わせてくれる
控え目に主張してくれる所が好きです。今日も私服でnisicaのベストを着ていますが、程よくアクセントを与えて
くれていて、普通だけれども引っ掛かりがあるというのか・・・
段々と渋いオーラが出てきているような方に、着て貰えたらとても似合うだろうし格好良いだろうと想像をしています。
どちらもフルサイズ(1~4)までご用意を致しましたので、是非お試し頂きたいです。

1月12日


ohh nisica  B.D SHIRTS

color     ストライプ

price     18000+tax

SIZE     1    /    2    /    3    /    4 

color     ネイビーチェック

price     19000+tax

SIZE     2    /    3    /    4

今朝は庭に生えている桜の木のつぼみを確認。
急に目が合ったような気がしたので、もしかすると眠りから覚めたのかもしれません。
自然界のみなさんはカレンダーを見ずともきちんと必ず巡ってくる「春」に照準を合わせて
力を蓄えているのだと思ってしまいました。
景色は冬ですが、身の回りの小さな景色の移り変わりを見つけていくのが嬉しいですね。

ohh nisicaから季節毎に素材を変えながら定番アイテムとしてリリースされているボタンダウンシャツ。
今シーズンはコットンフランネルのチェック地とブロードのストライプの2種類でオーダー。
フランネルチェックは、生地感だけではなく色目も温かみと明るさを感じるような色だったのでセレクトしました。
もう一方のストライプは気温が低い時期は袖を通すイメージが湧きにくいかもしれませんが、プロードのロンストは
インナーとしても1枚着どちらにも対応出来る万能タイプのシャツになるはずですので、こちらもとてもお勧めです。


ohh nisicaのボタンダウンのシャツの大きな特徴として釦の配列が全体的に上目に付き裾の振れ大きい点。
特にテールの振れは印象的に映り、昔ながらのワークシャツを感じさせる雰囲気があります。
それでも古臭さを一切感じさせないモダンな仕上がりに。
作り込んだシャツではなく、あくまでも軽やかに日常を楽しむ為の洋服という事が自然と伝わってきます。
普通だけだけれど、どこか気の利いた服装を心掛けるのは僕自身は大切だと感じていますし、かと言って
力いっぱいお洒落をするというのも気力が必要だったりしてしまうので、肩の力を抜いて極力自然体で
さり気なくきちんとした雰囲気に見える日常着を作る、nisica/ohh nisicaの洋服は心地良い安心感があります。


先日ご紹介しましたSUNSHINE+CLOUDのシャツもそうでしたが、フランネルチェックのシャツがとても気になります。
自分が想像するよりも保温性が高く、コットン100%なので洗濯にも気を使わずに着れるのが良いですね。
毛足が少し長めなので経年変化が気になる方はひっくり返してネットに入れると、この風合いをより持続出来るはず。
どんどん生地が馴染んでいくと思いますので、クタクタになるくらいまで着て貰えたら嬉しいです。


着丈は長めに設定されていますが、深めにスリットを入れている事でバランスを保っています。
王道と呼ばれるデザインのボタンダウンとは少し違った印象に映りますし、ガシッとした作りの男らしいシャツとは
着方を含めて使い分けが出来るのではないでしょうか。柔軟な発想と自由度を持って袖を通して頂きたい1枚。

まだまだ寒く日が暮れるのが早い時期が続きますが、少しずつ身体も心も春に向けて準備をして、新しい季節を思う存分に
楽しめるようにしたいと思っています。
そう考えるとこの寒さも、雪景色も今しか味わえないからしっかり堪能しようと思える・・・かも??
3連休最終日の明日は、成人の日。人生の中でもひとつ節目と言うか、色濃く記憶に残る瞬間ですね。
あの頃の僕は何も考えていなかったなぁ。髪型をどうしたら格好良くなるのかくらいしか頭の中になかったはず(笑)
そんな僕でも今年で40歳(成人の倍の人生を歩んでこれた)のだから、それだけで十分過ぎるくらい素晴らしい。
明日成人になる方にとって、晴れやかな佳い一日となりますように。

1月5日


ohh nisica   フーデットコート   

color     グレー

price     50000+tax

SIZE     2    /    3    /    4


今季初、水抜き。今朝の冷え込みはグッときましたね。。。
寒さに滅法弱い体質なので、どうしても暖かな日差しのことを待ち遠しいと思ってしまいますが
やっと家の前にも白鳥の姿を見る事ができ、朝晩の激しい話し声に笑ったりしながらなんとか冬を乗り越えたいと思います。
秋頃にnisicaに初めての別注ベストを作製して頂いたのですが、同素材を用いたゆったりとしたデザインのフードパーカー。
確認をした訳ではないですが、特徴的なデザインから恐らくはスウェーデン軍のスノーパーカーをモチーフにしたのではと
想像する、釦の配列と大きなマチ付きのハンドウォーマーポケット。
ohh nisicaらしく軽快な遊び心があり、そして何とも言えぬマニアックな雰囲気漂う感じがとても良いです。
素材もテックツィードと呼ばれる化学繊維100%で出来たガングラフチェックは、自分が今まで触れてきた化学繊維の
イメージを覆すくらいの完成度の高さと面白味を感じさせます。
天然素材が好きなことに変わりはないのですが、洋服を取り扱う仕事をする以上はこうした新しい素材に触れるのも
大切な事だと実感。保温性はウールに比べると劣りますが、現在はインナーダウンなどの進化が著しいですし
真冬に限定せずに春先まで着れるコートですので、季節を断定し過ぎない事でワードローブの隙間を埋めるような
存在になるのではないでしょうか。


フロントのデザインに一工夫があります。
大振りの釦とスナップ釦を交互に付けていて、ちょっとしたアクセントをプラス。
身頃と肩回り、袖にかけての全体のシルエットがゆったりと設定されているので、インナーに厚手のセーターなどを
着こんだとしても着膨れしたり動きが制限される事もなく、ストレスなく着用していただけると思います。
僕がコートに求める、最低限の機能的な条件もしっかりと満たしてくれている作りです。


首元をすっぽりと覆うフードと、ジップではなく釦での開け閉め。
アウトドアやスポーティーなフードジャケットとは違う、何処か野暮ったくて渋い見え方が好みです。
クラシカルな印象の強いガングラフチェックも、フードがある事で柔らい印象が生まれるのではないでしょうか。
足元にスニーカーなど組み合わせると、適度に軽やかさ加わったりと小物やインナーの組み合わせ方次第で
その人らしい着こなしが表現出来るのではないかと想像を膨らませています。
今日の寒さを体感するとまだ遠い先の様にも思いますが、もう少し暖かくなれば白やブルーのシャツにさらりと
このフードコートを羽織って上の釦のみを留めて、ちらっとシャツの色を出して着たりなど。
考えるだけでほんの少し気持ちが温まってきます・・・。


お尻がすっぽりと隠れる着丈の長さも重要な要素の1つ。
シャツのテールが微妙に出る長さですと着合わせを考える必要性が出てくるので、あれこれ考え過ぎずにがばっと
羽織れて完成するのが理想的です。


nisica・ohh nisicaの洋服は、どちらにも共通している点として頑張り過ぎずにありのままの姿を映し出すような
ほっとするような感覚。ファッションという作り出す世界観は勿論抜きには出来ないのですが、洋服はあくまでも生活の中の
一部であるというのを良い意味で再確認させてくれる存在。自分自身感じる事は一昔前よりもこういった力の抜けた服が
きちんと着られるようになってきたように思いますし、自然体で居られるのが何よりも大切ではないかと。
このコート自体には保温性が備わっていない為、今はまだ全然寒いので暖かいセーターもしくはインナーダウンを合わせて
着るのがお勧めで、一枚では何ともならない時期の少しの面倒臭さは、いずれ着こなしの楽しさや自分なりの工夫だったり
どう着ようかといった探求心に繋がるのではないかと思っています。
サイズは2・3・4で、その中でもサイズ4はかなりゆったりなので、普段サイズ感が合わないという方にもお勧め。
是非店頭でお試し頂ければ幸いです。


明日からの営業時間は2月の最終日まで 10:30-18:00 とさせていただきます。
どうぞお間違いないよう、ご確認よろしくお願いいたします。

10月26日


nisica    ダブルボタンベスト(別注)

color    チェック

price    26000+tax

SIZE    1    /    2    /    3    /    4   

明日は盛岡で初めてとなるマラソン大会「盛岡シティマラソン」が行われます。
時間帯別でランナーが走るコースは交通規がありますので、もしご来店を予定されている方は
何処かで回り道が必要になる可能性がありますのでご注意ください。
ちょうどオープン前に市役所前を通過するみたいなので、見届けてからお店を開けようと思います。
天候は何とか大丈夫そうなので、綺麗な川が流れる心地良い町並みを無理せずに颯爽と駆け抜けて頂きたいです。

個人的にとても楽しみにしていたベストがnisicaから届きました。
nisicaと言えば・・・ベーシッな井出達ながら個性的なディティールが光る代表的なアイテムが幾つかありますが
その中の1つでダブルブレストの要素を取り入れつつフェイク釦を使い、実際はシングルで仕立てたカーディガンや
ベストは毎シーズン人気で、rasikuでも何度か展開していますが直ぐに完売してしまいます。
今シーズンはベストでリリース。カラー展開はソリッドのみ2色(ネイビーとチャコール)でした。
それはそれでとても良くてネイビーは展開することを決めたのですが、あともう1色を無地以外で出来ないかと想像を
膨らませていました。ジャケットやコートを着た際に、柄物もしくは色物をちらりと覗かせる着方が昨年くらいから
自分の中にブームになっていて、今まで着てこなかった色目などにも挑戦し始めたところでした。
派手過ぎない色目の良いチェック地が他のアイテムに使われていたのを、デザイナーと相談をしてわがままを聞いて頂き
別注というカタチで生地を載せ替えて作製して頂きました。


展示会で見た時はウールのガングラフチェックかなと思っていた素材でしたが、送られてきた生地スワッチを見ると
ポリエステル100%と書かれていて衝撃を受けました。化学繊維でここまで重厚な生地は今までに触れたことが
無かったので、ある意味で自分自身の素材に対する知識や感覚を見直す良いきっかけにもなりました。
ブラック・ブラウン・グレーの3色で構成されていて、立体的で秋冬らしい渋い色目に感じて頂けると思います。
着合わせもあまり深く考え過ぎずに、いつも着ている様なシンプルなシャツやカットソーに合わせて頂ければ
それだけで良いアクセントになってくれるはずです。僕自身もここ数日の心地の良い気候にベストがぴたりと当てはまり
数日間着続けていますが、癖もなく手に取り易い印象でシャツ以外にもスウェットに合わせても着用をしています。


フェイクボタンがある事で、前開きの位置から少しずれたアシンメトリーの位置に付くのもデザインとしての特徴。
それと左右に付いた大き目のポケットは大きさ・カタチ・取付位置が丁度良く、お財布がストレス無く入るので
機能性にもおいても申し分ない仕上がりだと思います。


ベストを着たり選ぶ際に一番気になる部分が着丈の長さ。
シャツを合わせた際に中途半端にテールが出てしまう見え方が苦手で、これまでも色々なメーカーのモノを購入してみて
好きなバランスが何かというのに辿り着いたように思います。
お尻が隠れるくらいの長さに設定をされているので、ある程度着丈の長いものに合わせてもバランスが崩れ過ぎずに
インナーとしてもアウターとしてもどちらにも違和感が無く服装に溶け込んでくれる1枚です。
着こなしに物足りなさを感じる日や寒いのか暑いのか中途半端な気候で何を着ようかと迷う日に、羽織物とは別の
選択肢としてベストが良い繋ぎ役としてアクセントを与えてくれることは間違いありません。
今までベストをあまり手にしてこなかったという方にも、自信を持ってお勧めしたいです。

color    ネイビー

price    25000+tax

SIZE    1    /    2    /    3    /    4  SOLD


もう1色セレクトしたカラーはレギュラー展開されている”ネイビー”
ウール90%・ナイロン10%の中肉でしっかりと目の詰まった迫力のある素材感。
チェック地と比べると若干ですが、ウール地の方が重さを感じるかもしれません。
その分の保温性が抜群に高いので、真冬の時期などにコートの下に一枚挟むだけで温度の感じ方は大きく変わるはずです。
nisicaらしい日常着としての汎用性の高さとユニークなデザインとかマッチした1枚に仕上がっていると思います。


rasikuでは初めてとなるnisicaへの別注品として依頼したダブルボタンベスト。
僕自身が日ごろから様々なベストを愛用していますが、今まで着てきたものとは別の違った角度からアプローチをして
想像以上に素晴らしい製品が出来上がったと思っています。
別注したから良い商品という訳ではなく、自分自身のライフスタイルに溶け込むような存在になりそうな予感がしていて
特に出張や旅に出かける事が多くあるので、ミドルレイヤーで着れる洋服は気温差を埋めてくれるのに本当に重宝します。
それがインナーダウンや、シェットランドウールのベストであったり、様々な種類があるのですが、脱ぎ着のし易さや
カジュアルな服装に雰囲気をプラス出来る絶妙なバランスとアプローチはnisicaが最も得意な部分だと思っています。
サイズは1から4までのフルサイズで展開をしていますので、性別に関係なく挑戦して頂きたいです。
チェックも無地もどちらもお勧めです。是非。

7月14日


nisica    ガンジーネックシャツ半袖

color    ブルー

price    15000+TAX

SIZE    1    /    2    /    3    /    4

nisicaのアイコンとも呼べるディテールの1つ。
首元がスタンドの形状のカタチをした″ガンジーネック″と呼ばれている、英国のガンジー諸島で作られている
伝統的なフィッシャーマンセーターからデザインを踏襲したもの。
ガンジーセーター自体は男らしいクラシックな佇まいですが、nisicaが作るガンジーネックのアイテムは
何処か抜け感のある表情が好みで、着る人の個性をそっと引き立たせてくれる存在に感じています。
前回は長袖を紹介しましたが、素材とブルーの色目がとても気に入ったので半袖バージョンもセレクトしました。
半袖のシャツは今まではあまり展開してこなかったのですが、ここ数年のあまりの暑さに必要不可欠に感じ
インナーにタンクトップやノースリーブを合わせると、風が身体を心地良く抜けてより涼しく着られるので
種類は多くないですが、気に入ったものが見つかれば提案をしていきたいと思っています。


デザインの一番の特徴と言える″ガンジーネック″は、ワイドに開いた首元にスタンドになった衿元が
オリジナリティに溢れる表情を生み出します。見た目はどちらかと言えば柔らかな雰囲気に映るので
パンツはあえて土臭い軍パンやチノなど男らしいものと組み合わせると、シャツとのバランスが取り易いと思います。
足元はビルケンシュトックのサンダルやキャンバス素材のスニーカーなどの力の抜けた靴との相性が◎


夏場は″ブルー″が特に映える季節で、1枚で着た際のシンプルになり過ぎない所が気に入っています。
ブルーといっても青が強く主張していない、ちょっと変わったくすんだ色目がなんとも″nisica″らしい所。
色のあるものを少しでも取り入れると新鮮な感覚になりますし、ベーシックなアイテムの着方も変わってくるはずです。
最近は色のはっきりとしたアイテムも展開しているのですが、取り入れ易さでいうと落ちつきのあるブルーは
ワードローブにすんなりと受け入れてもらえるのではないでしょうか。


特別な雰囲気や非日常に着るのではなく、あくまでも日常着として、ベーシックな雰囲気を持ちつつも
デザイナーの癖やイメージがきちんと洋服に表現されている事が良いなと思っています。
毎シーズン素材を変えながら同じものを変わらない温度で作り続けている姿勢も今では希少な存在に感じます。
気に入ったアイテムをシーズン毎に提案し続けられるというのも、時代の変化やスピードに流され続けずに
自分達のペースでやれるという安心感にも繋がります。

ohh nisica  ヘンリーネックシャツ半袖

color     ブラック

price     14000+TAX

SIZE     2    /    3    /    4 SOLD

もう一型ご紹介。ohh nisicaから布帛素材を用いたヘンリーネックシャツ。
コットン80%・シルク20%を掛け合わせた着心地抜群の素材で、ゆったりとしたシルエットの
ヘンリーネックシャツに仕立てています。
カットソーではない所がポイントで、夏場の単調になりがちな着こなしにアクセントになる1枚。
ワイドシルエットのパンツやショーツに合わせて、ざっくりと着て頂くのがベストです。


釦は全部で3つ。
ネック周りを白でパイピングし、アクセントを持たせています。
細い糸を使い透けるくらいの生地感なので、風が心地よく抜けていきます。
シルクが20%入る事で、生地の表面にうっすらと光沢が出てカジュアルな中にも上質な雰囲気をプラス。
リラックスした着心地ですが、布帛で仕立てる事で崩し過ぎない半袖シャツに仕上がっています。
シャツとカットソーとの丁度間を取ったようなアイテムは、コーディネートの隙間を埋めてくれるような
いぶし銀な活躍をしてくれると思います。


年齢を重ねるにつれて、夏の服装にも引き出しが増え、以前よりもずっと夏という季節がより楽しく
感じられるようになってきました。
特に今暮らしている土地では夏がとても短いからこそ、その一瞬をどう過ごすかをより考えるようになって
その時の気候と街の景色、今の自分が気になったり好きだなと感じるものを、素直に身に着けて毎日を
楽しく過ごしたいという気持ちが大きくなりました。
今までは長袖を捲っていれば良いかなという気持ちでいたのですが、半袖のシャツを着てみると涼しさの感じ方が
別物だという事に気付かされて、それから少しずつ夏らしいアイテムを増やすようにしています。
これから梅雨が明ければ夏本番です。
季節に合った服装を心掛ける事で、毎年来る″夏″がより楽しくなるかもしれません。
ぜひ涼しい服装で短い夏を過ごしてみては如何でしょうか。

PageTOP