11月28日


nisica     ベスト

color      BLACK

price      26000+TAX

SIZE      1    /    2    /    3    /    4  

とうとう街中にも正真正銘の雪が、一瞬でしたが積もりましたね。
冬のスタートを感じさせる朝でした。
数年前までは寒くても心と身体にムチを入れて色々と動き回っていた気がしたのですが、ここ最近は余程の事でない限り
無理をし過ぎずに、日常を極力浮き沈みのないようにフラットな気持ちでお店を開け続ける事を優先するようになりました。
忙しさや何かに追われないという事が案外大切で、小さな心掛けを意識していると心の余裕が生まれてくるのでは
ないかと最近になってようやく気付かされました。

nisicaのお二人が作りづけている洋服は、時代の流れを完全に無視するのは難しいですが
自分達の軸を崩さずに独自の空気をしっかりと纏わせながらマイペースでやり続けている事に感銘を受けます。
今シーズンは定番アイテム以外に、新作としてリリースされた商品が多くラインナップされていたのですが
その中でも新しい感覚のあったベストと、以前から得意とするデザインのコート2型をセレクト。
どちらのアイテムも共通の素材(ウール90%・ナイロン10%)で作製をされています。
※コートは明日ご紹介致します。


今シーズンのnisicaを象徴するデザインで、ハンティングやフィッシングと言ったような機能的なポケットを配して
見た目にはややオーバースペック気味なベストが、妙に惹かれるのは私だけではないはず。
見るからに重たいしっかりと目の詰まったメルトンは中肉よりもやや厚みがあって、
着始めは若干ですが固さを感じる生地感。
その分の暖かみは抜群でインナーにしても良いですし、サイズを上げてシェル系のアウターを着用した上に
重ねる着方も、このベストであれば中々サマになるのでは無いかと想像します◎
それ以外にも何やら色んな着こなしの想像を掻き立てられる1枚だなと感じます。


トップ釦のみ剥きだしで、残りの釦は比翼になり隠れるデザイン。
Vゾーンは浅く設定する事により、カットソーは勿論ですが個人的にはシャツとの合わせが抜群に感じます。
インナーダウンなどの軽量で暖かな素材感も良いですが、クラシックなウールの雰囲気漂う生地感も負けず劣らずで
着用した際のがしっとした雰囲気は重厚さがプラスされます。
機能性に傾き過ぎると着合わせがさっぱりとし過ぎますし、かと言って重厚な生地感ばかりを着ていると
疲れてしまったりするので、その日の気分によって素材を使い分けられるようになると洋服の着こなしに
奥行と異素材同士を組み合わせる面白さが出てくるはずです。


今までのnisicaのイメージからすると、少し指向を変えたように映るベスト。
どちらかと言えばオーセンティックなアイテムをありのままを崩し過ぎずに、けれども抜け感というか軽さも
持ち合わせているのが流石と思わせてくれる絶妙な匙加減。
気合を入れ過ぎずに袖を通せるのは着易さにも繋がり、日常着として違和感なく景色にも溶け込む理由かもしれません。
らしさを感じながらも、いつもとは明らかに雰囲気の異なるベスト。是非お試しください。

11月12日


nisica    シンサレートパーカ

color     ブラック

price     28000+TAX

SIZE     2    /    3    /    4

今日の朝の冷え込みは本当にびっくりでした。
意を決して起きたのは良いのですが、氷点下3度まで下がっているとは知らなかったので身体が全く動かず。
ストーブの前から動けずに20分位、暖を十分にとってから朝の準備に取り掛かりました。
毎年思っている事なのですが、盛岡での生活を始めて9年目になりますがやっぱり寒いですね(笑)

nisicaから暖かな素材の洋服が丁度良いタイミングで全て出揃いました。
先ずは毎シーズン人気の高いフードが一体型のジップアップタイプのブルゾン。
シンプルな見た目で表側にロゴマークなどが一切入らないのがポイントで、スポーツ系やハイスペックな
アウトドアブランドともまた違った良さを感じさせてくれる点が好みでセレクトをしています。
着膨れしない程度に薄くですがシンサレートの中綿を入れていて、単純に軽くて暖かく着易いというのが
シンサレートパーカーの一番の持ち味。気を使わずに毎日でも袖を通したくなる日常着は季節毎に必要不可欠で
近所に出掛ける時や車移動の際に、この手のブルゾンはとても重宝するはずですし服装も幅広く受け入れてくれる
懐の深さもポイントです。


肩はラグランスリーブを採用し、羽織る際の袖抜けの良さと可動域が広いのが特徴。
裏地も滑りやすい生地を組み合わせているので、ニット類を中に着ても脱ぎ着する際に全くストレスになりません。
ポケットはハンドウォマーのみのシンプルなデザインで、何か説明をする方が野暮に感じてしまうくらいの
ミニマムな作りなので、こうしてBLOGにUPするのがかなり難しいアイテム(笑)
雨の日や雪の日などにも気を使わずに着れて、普段着としてオーバースペックになり過ぎない所もnisicaらしさで
凄く普通な感じなのですが、案外こういうのを本気で探すとイメージに合うのが見つからなかったりします。
袖を通すと丁度良い感じに納まるのが日常着としてはとても重要で、考え過ぎずにぱさっと手に取って着て頂きたいです。


首元はすっぽりと覆うような高さのあるデザイン。
このディティールはnisicaの作るフードブルゾンのアイコンにもなっていて機能性は勿論の事、
見た目にも遊び心があって、保温効果も抜群ですので冬場でも自転車に乗って行動する方にもとてもお勧めです。
パンツは統一してスポーティーな合わせも良いでしょうが、個人的には古着のこなれた雰囲気のものを合わせて
トップスとのギャップを楽しむのが好みで、プラスしてウールのベースボールギャップを被るのは如何でしょうか。


何を着て出掛けようか迷った時や動き易さを重視したい時。
シンプルだけれども気張り過ぎず、だらしなく見えない服装を心掛けたい時。
nisicaはとても不思議なのですが、洋服単体で見ると(いい意味で)何てことなさそうな雰囲気なのに
いざ袖を通すとすごく絶妙に雰囲気が良く見えたり、思いがけず個性的で存在感を放ったりして
静かに着る人の感覚を揺さぶってくれる服のように思います。。。
この他にもぎゅっと目の詰まったウール素材のベストとコート、ウールチェック地のパンツなども入荷済みです。
寒さが本気を出してきましたので、少しでも暖かな洋服に身を纏って街歩きを楽しんで頂ければと思っております。
デザインを大きく変える事はなのですが、シーズン毎に進化を遂げるnisicaのフードブルゾン。
気を使わずにさらっと着れるアウターをお探しの方にとてもお勧めです。

10月30日


nisica     切り替えカットソー

color     ブラック×グレー

price     18000+TAX

SIZE     1    /    2    /    3    /    4 


どうやら寒気が降りてきているようで、BLOGを書く手もかじかんできました。
アラジンストーブがメンテナンス中で、明日には復帰するとの連絡を受けたので、いよいよ灯油生活が
スタートしそうな気配・・・何か冬の楽しみというのか、冬にしか出来ない事を見つけて日々を過ごしたいなと。

nisicaからオーダーした秋冬の製品が届き始めています。
ゆっくりとマイペースに続けているブランドなので、納品のタイミングなども洋服業界の常識に囚われ過ぎずに
自分達の時間で動いているお二人が逆に良いなと僕自身は思っています。
少し前のシーズンから展開されていました、身頃に対して袖はシャツ地で切り替えして構成されているカットソー。
何処か先鋭的でモードな雰囲気も感じられる不思議なバランス感。
身頃はぎゅっと目の詰まったフェルトの様な生地感のウール100%に対して、袖はコットン100%のシャツ地。
シャツのディティールをそのまま組み合わせていますので、勿論袖口にはカフスが付きます。
自由度の高いアイテムなので着合わせは頭で考え過ぎず、そのうちに見えてくる・・・。
そんな事をこの切り替えカットソーに言われているような気がしています。
最近はこういった答えの無い想像力を要する洋服もやっぱり良いなと思い、自分ならどう着るだろうかと、
あれこれと想像を膨らませる時間が楽しかったりします。


サイズ感はややゆったりめの設定で、首元にZIPが付いているので脱ぎ着もスムーズに。
セーターよりも気軽で保温性も確保出来、袖がシャツ地というメリットを活かしてジャケット類を重ね着する際に
腕周りがストレスになり難く、1枚着としても羽織のインナーとしてもどちらにも対応出来る存在になりそうです。
店頭で接客をしていても特に男性でセーターが苦手という方がいらっしゃいますので、切り替えカットソーであれば
セーターを着ずに、ウール素材を取り入れられるので新しい感覚を手に入れられるかもしれません。


nisicaはプレーンなアイテムも存在するのは確かですが、イメージに反して?何処かに一癖あったりして
個人的にはそこが心地良く後を引くなと思っています。着る人の個性を引き立たせるとも言うのでしょうか。
何となく目に留まるというか、デザイン性が強調し過ぎずにけれどきちんと際立つという2つの相反する表現が
1つの洋服にバランス良く取り入れられているのが面白さでもあり、支持をされ続けている理由だとも思っています。
サイズは1~4までのフルサイズでご用意していますので、ご自身のイメージに合うサイズ感でお選び頂きたいです。


着る人と洋服とが適度な距離感を保ちながら、日常の生活に少しの彩りであったり楽しさを見出せるのが僕は好きで
何処か人間味であったり、その人のクセが現われる位が良いなと感じます。
洋服とファッションの関係性は切り離す事は出来ませんが、ファッションという意味合いよりも
その人らしさであったり、ライフスタイルにかけ離れ過ぎない自然体の服装をすることの方が
格好良さに繋がるのではないかと思っています。

nisica     カーゴパンツ

color     カーキ

price     17000+TAX

SIZE     2    /    3    


nisicaが作るパンツも毎シーズン、型数は少ないのですが表情が面白くセレクトをしています。
上目に着いたカーゴポケットが特徴的なその名も”カーゴパンツ”(笑)
ポケットはこの2つのみでバックポケットなどは付かない潔いバランス。
アメリカ軍のヴィンテージパンツを踏襲した様なデザインで、古着好きなデザイナーの意図がちらちらと
見え隠れするのもnisicaの洋服のアイデンティティを感じる部分だったりします。


素材は厚すぎず薄すぎずの中肉のダック地で、通年を通して穿き込める素材感。
所謂のワークウエアやハンティングジャケットなどに用いられる生地感よりもライトな印象。
穿き込んで味わい深くなるのは変わりないですし、デイリーな1本としてお勧めです。
シルエットも全体的には癖が少なく、お尻回りも立体的に膨らませているのである程度の体型をカバー出来る様な
パターンですし、裾にかけても綺麗にテーパードをさせていますので納まり良く感じて頂けるはずです。


フロントの仕様はZIP UPでバックルバックが付いているのでウエストの調整が少しですが可能。
オーソドックスなカーゴパンツとは違う雰囲気ですが、生地感やシルエットなどを含めて日常着として履くには
間違いなく重宝するパンツになると思います。
サイズは2(大よそ31インチ位)と3(33インチ位)の2サイズをご用意しました。
ミリタリー系のアイテムを土っぽい生地で作製すると、更に重たい面構えになると思っていたのですが
自分が想像をしていたよりも遥かに軽快な仕上がりになって、久し振りにこの手のパンツを穿きたくなりました。
作業着にも良さそうですし、何も気にせず穿けるパンツはワードローブに何本かあると心強いですよね。


今シーズンのnsiicaは新しいデザインが多くリリースされ、変わらないスタンスで進化を続けるブランドの
また違う一面を感じて頂けると思っています。この他にも中綿入りのフルジップアップパーカーやベスト
新型のコートなども入荷を予定していますので、そちらも楽しみにしてお待ちいただければ嬉しいです。

5月26日


nisica   ガンジーネックカットソー7分袖

color   ブルー

price   10000+tax

SIZ    1    /    2    /    3    /    4

color   ブラック

SIZ    1    /    2    /    3    /    4

color   ネイビー

SIZ    1    /    2    /    3    /    4

中津川の遊歩道を囲うように、両側に生える雑草の高さがいよいよ僕の身長を越えました。
さらに上へ上へとグングンと背を伸ばしている姿は、エネルギーに満ちていて元気を貰える光景。
この生い茂った草が刈られると、ぶわっとみどりの良い匂いが立ち込めてくるのが堪らなく好きで、
草刈り部隊が出動してくれる日を今か今かと待ち侘びています。
1つでも2つでも自分の中で幸せに感じることや楽しみを見つけられると、それが日課になって
また新しい楽しい事に繋がっていくのではないかと思って過ごしています。

nisicaから、いつもと変わらない温度で作り続けられているガンジーネックタイプのカットソー。
春先に長袖をご紹介しましたが、使い勝手の良さから同じ色目で七分袖のタイプもセレクトをしました。
これから梅雨時期にかけて、あとは季節が入れ替わるタイミングであったり、七分袖のカットソーは1枚あると
何かと重宝するアイテム。生地はガシッとした素材から、さらりとした薄手の天竺に変更をされているのも
着易さに繋がっている点だと感じますし、掴みどころのない独特な空気がこのカットソーからは感じられます。
ブランドを象徴する立ち襟型のデザインは、シンプルではありますが一癖あって存在感とユーモアが詰まっていて
半信半疑ではないですが・・・恐る恐る手に取って下さった方のリピート率が高いアイテム(笑)
毎シーズン必ずリリースをされている事もあり、色違いや袖の長さを変えて選んで頂ける方もいて下さったり、
何を着て出掛けようかと迷った時の切り札として便利です。


素材は中肉よりもやや薄い天竺素材で、しっかりと目が詰まっているので型崩れなどもし難く、
日常着として着るのには申し分のない耐久性と安定感を感じて頂けると思います。
お休みの日にリラックスした服装で出掛けたい時などに気を使わずに手に取れる洋服で、合わせるパンツも
ほぼ悩まず着られると思います。僕自身は細身よりもゆったりとした合わせの方がしっくりきます。
nisicaのデザイナーさんも、展示会でお逢いする度に太い軍パンにニューバランスもしくはサンダルをラフに
穿いている姿が印象的で、肩の力を抜いて自分の好きなスタイルをするという方にお勧めです。


シルエットなどにはクセがなく、サイズ感も大き過ぎずの標準的な作りだと思います。
size1=レディースSもしくはM位、size2=レディースL メンズS位 size3=メンズM位 size4=メンズL位
インナーはクルーネックのカットソーなどを合わせても良いですが、首元から見えてしまうので
個人的にはタンクトップが相性が良いと思います。
洗いが掛かっている状態ですので、生地が大きく縮んだりすることはありません。
生地と身体に空間が生まれる位の、少しゆったりとしたサイズ感で着ると風が抜けて気持ちが良く
それに合わせてパンツもワイドなものを選ぶと、全体のバランスが納まり良く感じて頂けるのではないでしょうか。 


何てことの無いシンプルなカットソーを本当の意味で1枚で格好良く着れるようになるには、
それなりの時間をかけて、様々な洋服に袖を通してきた経験があってこそ見えてくる感覚や醸し出す空気が
あるのではないかと思います。自分自身(の好みやイメージ)に合うサイズ感とシルエット、パンツの丈感
ソックスと靴、身に着ける小物のセンスなど、トータルバランスで見た際に良さが滲み出てくるのではないでしょうか。
そんな風に考えるとカットソーはとても奥が深いですし、無数にある種類の中からお気に入りのデザインや素材を
探すのも案外難しい事だと感じています。僕の中でnisicaのガンジーネックカットソーは気が利いていて、
迷った時に考えずに袖を通してもきちんとした印象がそれとなく表現出来ますし、それこそ1枚で着て成立する
カットソーの選択肢は案外多くないのではと思います。

nisica   リップストップパンツ

color   ネイビー

price   17000+tax

SIZ    1    /    2    /    3    


nisicaはトップスの印象が強いアイテムが幾つかありますが、パンツも型数は多くありませんが潔いズドンとした
シルエットのものがリリースされていて、夏に穿ける素材と思って選んだのがネイビーのリップストップ生地。
リップストップ自体はアメリカ軍がベトナム戦争時に亜熱帯地域で戦う兵士の為に開発されたコットン生地で
表面は格子状になっていて破れにくく耐久性に優れていて、速乾性にも優れているというメリットがあります。
勿論リネンなどの素材と比較すれば涼しさは落ちますが、コットンという括りの中では機能素材としてとてもお勧め。
僕のようにパンツの膝が直ぐ出てしまう方は、柔らかい素材ですと直ぐにダメにしてしまう事が多々ありますので
ある程度の強度がある方が安心感にも繋がります。


股上が深くウエストは立体的に作られていて、合わせ方としてはしっかりとウエストの位置に引っ掛けて穿くのが理想。
その分、ウエストは小さ目に設定をされています。ワタリから裾口までズトンと迫力のあるシルエットを構築。
ここまで太いパンツを作られると、セレクトする側はとしてはとても好みで嬉しいのですが、普通に考えて
ウケが良いかというと、それはまた別問題。でもやっぱり好きですし僕が穿きたいと思うものを選びます。
裾の長さを調節して頂けると軽さも出せるので、着用写真程は野暮ったい見え方にはならないはずです。
夏はトップスが必然的に軽くなりますので、パンツでボリュームを出すと単純に合わせ易いと思います。


デザインはベイカーパンツをnisicaなりにアレンジして、バックポケットを片方のみにした仕様。
最初は張りの強い生地感ですが、馴染んできて表面の格子が見える位になると雰囲気も格段にアップします。
通年というよりは春夏に適したパンツで、デイリーに通年履けるパンツと差別化に繋がるのでお勧めです。


ここ数日も涼しい素材のパンツを探されている方が何人もいらっしゃいました。
薄い素材は涼しさで言えばメリットは大きいのですが、動きが大きく負荷が掛かりやすいという事を考慮すると
ある程度の耐久性さという側面も必要で、そういった様々な条件をクリアしたパンツになると思っています。
単純に太さがあると、生地と肌とが触れにくく空間の風の抜けも良く感じて頂けるのではないでしょうか。
sizeはフルサイズで1から3の3サイズ展開。
このパンツに関しては、シルエット自体がとてもワイドな設定ですので、ウエストのサイズ感がしっくりとくるもので
選んで頂くのが良いはず。新品の状態ですと、イメージ着難いかもしれませんが穿き込んで良さが増してくるので
その仕上がりまでの時間を楽しんで頂ければ嬉しいです。

4月7日


ohh nisica   ボタンダウンシャツ

color     タッタソール

price     18000+TAX

SIZE      2     /    3    /    4

color     ブラウンチェック

SIZE     2    /    3    /    4

nisicaとは異なるアプローチで、毎シーズン面白い洋服をリリースし続けている「ohh nisica」
その中でも定番でリリースされているBDシャツですが、今までよりも更にゆったりとしたシルエットに変更。
上目に振ったボタンの位置は変わらずで、クラシックなシャツの一面と現代的にアップデートされた側面と
2つの顔を持つシャツに仕上げられています。デザインを担当している大西さんらしい柔軟なモノの見方と
古き良き時代のモノとを知る豊富な知識と経験値がミックスされたボタンダウンシャツではないでしょうか。
個人的に最近はBDシャツを着たいと思う気分ではなかったのですが、チェックで選んだ2つの生地も通常であれば
ドレスシャツに用いられても良いようなものに洗いを掛けてシワを付けて着易く仕上げている点も好みでした。
あえてぴりっとしたジャケットを合わせるのも良さそうですし、リラックスした休日のスタイルで取り入れるのにも
どちらのスタイルにも振る事の出来る汎用性の高い1枚になりそうです。


このシャツの一番の特徴と言えるディティールが、釦の位置を上目にすることで裾の振れが大きいところ。
ラウンドした独特なカッティングは、最初は着難さを感じるかもしれませんがヴィンテージのシャツなどにも
よく見る作りで、タックインをして着るのも良いでしょうしタックアウトしてボリュームをそのまま楽しむのも◎
自分なりの落しどころを見つけ、余白を其々の着方の味付けにしてきたいです。
今まで袖を通してきたシャツとは、ニュアンスの異なるフィッティングになると思いますので
はじめの違和感も込みで柔軟に受け止め、少しずつ距離を詰めていくイメージが良いと思っています。


身体とシャツとの間に空間が生まれますが、今シーズン選んだ生地は綺麗にドレープするので生地分量が多い割に
見え方が重くなり過ぎずに逆に軽やかな印象に映ります。所謂ビックシルエットというニュアンスとも異なる
不思議な作りで、それはしっかりとしたブランドの背景と作り込みがなされているのも理由の1つではないでしょうか。
洋服に限らずに何事にも共通して言えることですが、「バランス感覚」はとても重要。口や言葉では説明出来ない
絶妙な感覚とかセンスが混じり合わさっているからこそ、着た時の心地良さと感動があるのだと思います。
シャツが1枚で気持ち良く着れる時期に、インナーは白もしくはグレーのタンクトップや半袖のTシャツを合わせて
さらりとしたスーピマコットンの質感を肌で実感して頂きたいです。風が心地良く身体を抜けていくと思いますよ。


同じものを作り続ける事、それを少しずつアップデートして、より良い物へと進化をさせる姿勢。
時代の流れ・年齢を重ねる事・様々な経験によって、着たいと思える洋服、心地良いと感じるモノは変化をしていきます。
自分自身が今の気分で素直に着たいと思えるシャツに感じました。
サイズは3でジャストで合わせるも良し、4でゆったりとリラックスフィットで着るのもどちらもありですね。
※身長178CM 体重63キロ 着用サイズ4


選んだチェック生地も、大人っぽい柄で主張する訳ではなくさり気なく品の良さをプラスしてくれるはずです。
普段柄物を取り入れない方にもお勧め出来るチェック地ですし、綺麗な生地を洗いざらしのまま着るのも新鮮で良いです。
モデルチェンジをした「ohh nisica」のボタンダウンシャツ。
春の心地良い日差しを感じられる日に袖を通して頂きたい1枚です。

PageTOP