2月22日

MAKU TEXTILES    VELKA

color     DARK NAVY

price     61600(TAX IN)

SIZE     L

今日も朝からの暖かな気温に誘われるように、春物を探しにいらして下さるお客様がいて本当に嬉しい限り。
お店に並びはじめた春物の洋服を見たり触れたりして、自分達もそうですがようやく服装のイメージが出来るようになり
店内も見応え十分の内容ではないかと思いますので、ふらりと足をお運び頂ければ幸いです。

スペシャルピースという位置付けでセレクトしたMAKU TEXTILESのワンピースを2型ご紹介。
これからの時期は本来であれば入学や卒業式などの式典が行われるはずだと思うのですが、そんな時に緊張感のある
スーツとは違った選択肢の服装を提案出来ればと考えていて、いざという時に着れるアイテムを少量ですが
セレクトしています。その場限りで終わってしまう洋服を買うのは何だか気が進まないですし
折角であれば気持ちの高まるモノに袖を通す方が、時間や空間をより楽しめるきっかけにもなるのではないかと。
そんな中でも気合が入り過ぎずに肩肘張らずに心地良く着れるというのが、私達がイメージをしているハレの日の
服装になるのかもしれません。

“VELKA”と名付けられた深くて吸い込まれそうになる位の藍色の布に、ジャムダニ織りでランダムに様々なモチーフが
散りばめられた、遠目からでも生地の持つオーラや凄味を感じさせるロングドレス。
コレクションのテーマである本生譚(ジャータカ)は、仏教でいう前世の物語を指す言葉。
釈迦がインドに生まれる前に人や動物として生を受けていたとされる前世の物語からインスピレーションを湧かして
インドに伝わる伝統的な織り物や染色方法を深く掘り下げ、現代にブラッシュアップをし表現をしています。
贅沢過ぎる位の生地は表地コットン50%×ウール50%、ストライプ地の裏地はコットン50%×シルク50%
上半身の部分にのみ裏地が張られていて、ギャザー部分から下は1枚で構成をされています。

このドレスの顔とも言える首元のVゾーンは和装を彷彿とさせ、見覚えや親しみを感じるデザイン。
開き具合が控え目なので、インナーの見え方が余程首の詰まったものでない限り納まりが良いと思います。
丁度この時期は、まだまだ寒さが厳しくコットン×ウールの生地が心地良く感じて頂けるはずですし
着丈がドレス丈(123cm)あるので、暖かみのあるタイツなどで合わせて頂くのがベター。
着用写真ではSUSURIからリリースされているフルッタ―パンツを組み合わせましたが、アクセントが欲しい場合や
寒さ対策という意味でインナーパンツをプラスするのもお勧めです。
※身長166cmで着丈に余裕がありますが、裾を引きづらずに綺麗に着用するのであれば目安として
150cm後半位の身長の方が良いかもしれません。
丈に関しましてはご希望がありましたら、お直しの相談も承ります。

ウエストから背中にかけて綺麗にボックスプリーツで寄せられていて、インドの縫製技術の高さを感じさせてくれます。
自然光に当てるとジャムダニ織りの模様がはっきりと見えて幻想的な世界観に引き込まれます。
刺繍ではなく織りで表現されている事も、高度な技術と伝統が息づいていることを実感し、岩手で言えばホームスパンにも
似たような感覚があり、別の角度で捉えるとアートとしての要素や意味合いもこのドレスには含まれているように思います。

毎日スペシャルな服装をするのは、余程のライフスタイルでない限りないとは思うのですが、感性が刺激されたり
圧倒的な存在感のものに触れるだけで、今までにない感情が芽生えたりする可能性もあるのではないでしょうか。
MAKU TEXTILESの洋服が届く度に、触れた事のない感覚や卓越した職人技でしか実現出来ない技術などを
目の当たりにしてフワフワとした気持ちにさせられてしまいます。
特別なハレの日の服装にインドで作製されるスペシャルなドレスを纏うのは如何でしょうか。
もう1着スペシャルなドレス届いているのですが、今日は時間切れの為、また明日にご紹介したいと思います。

2月21日

MITTAN   PT-26  亜麻苧麻ワイドパンツ

color     黒

price     26400(TAX IN)

SIZE     1    /    2    /    3

今日は日中がプラスの8度まで上がる予報を見て、お店の窓を全開にして空気を入れ替えて朝の掃除も
いつも以上にテンション高めに出来ました。プラスの気温になるだけで身体の切れ味が全然違います(笑)
今週もう一度氷点下の気温に逆戻りしそうですがもうすぐそこに出口が見え始めているので、油断をし過ぎずに
日々を淡々とフラットな気持ちで過ごしたいですね。

MITTANから楽しみにしていたパンツが届きました。
2種類の麻(リネン・ラミー)を用いて、どっしりとした厚みとヨレっとしない強度を感じる”亜麻苧麻ワイドパンツ”
リネンを使ったパンツは涼しさや独特なドレープ感が良かったりするのですが、生地によっては割と早い段階で
くたっと柔らかくなり過ぎてしまい、その見え方がネックだと感じていました。
割り切って完全に夏用で・・・という穿き方であれば良いのかもしれませんが
真冬以外の通年で穿きたいとなると、それなりの強度やタフさは必要不可欠。
リネンでそういった生地となると極僅か、たまにコートで出逢えるかどうかで殆ど巡り合う事はありませんでした。
以前にも展開していました亜麻苧麻ロングパンツのシルエットを一新したワイドパンツは、個人的にはずばりの
シルエットで、冬から春に向けて季節の狭間のマンネリする服装に心地良く突き刺さる1本ではないでしょうか。

デザインはイージーパンツの仕様で、お尻回り・ワタリ幅はゆったりとした設定。
裾にかけて緩やかにテーパードしたシルエットで、MITTANらしくやり過ぎない程よいバランスに調整。
体型も選びにくく、新たにサイズ3がリリースされたことで、選べる幅が大きく広がったのではないかと。
私にも言えるのですが・・・身体が大きくなくても骨格がしっかりとしている体型の方がイージー系のパンツを
ジャストサイズだとどっちつかずのシルエットになってしまって踏ん切りがつきにくいなと思う事が多々あったので
ゆったり設定されたものをイメージ通り穿けるのではないかと。
亜麻苧麻の生地感で、裾がテーパードしていないパンツがあれば良いなと勝手にイメージしていて
更に言えばサイズももう1つ大きいのがあれば、より挑戦し易くなるなと考えていたのでまさに願ったり叶ったりで
資料に目を通した時に真っ先にオーダーをしようと思ったアイテムでした。
もしかするとデザイナーの三谷さんには僕の心が透けて見えているのではないかと疑いを持ってしまう位に(笑)
気分にぴったりと当てはまりました。

ウエストは総ゴム+内側に調整出来る紐が付きます。
イージーパンツですが、ラフに見え過ぎない綺麗で一手間入れている縫製技術やオリジナルで作製される生地感は
着続けてもテンションが下がらないきめ細やかな工夫を随所に感じて頂けるのではないでしょうか。
個人的にMITTANの洋服は、アメカジライクな服装に合わせたりラフなスニーカーなど、ブランドのイメージとは
多少異なるかもしれませんが、あまり綺麗に纏めたり意識し過ぎずに普段通りに着るのが好みです。
生地にもオーラがありますし、着るだけで雰囲気が出ますのであまり考え過ぎずに袖を通すとコーディネートが
すんなりとはまるような気がしています。

レングスは長過ぎずにジャストレングスに修正されています。
裾にかけてそれなりのボリュームがありますので、ソックスの色が覗く位に少し短くなったとしても格好良いと
思いますし、長過ぎない絶妙な塩梅で穿いて頂きたいです。
※身長178CM 体重 63キロ  着用サイズ 3

生地感としてはそれなりの厚みがあって風が抜けにくく、今の現状では真夏は厳しいのではないかと思います。
穿けなくはないかもしれませんが、夏には夏用の涼しい素材がリリースされていますので春と秋をメインにするのが
良いのではないでしょうか。特に大きく癖がある訳ではないですし、着こなしも幅広く受け止めてくれる守備範囲の
広い1本。デイリーに穿けるデニムやチノにプラスするカタチでローテーションに入る様な存在としてお勧めです。

color     濃緑

price     26400(TAX IN)

SIZE     1    /    2    /    3

色はしっかりと染められた黒と、絶妙な色合いの深緑の2色を選びました。
サイズは1・2・3のサイズでフルサイズでご用意。
春と言えばベタですがボーダーTシャツなんかにも、力が抜けて良い感じに合わせる事が出来ます。
休日に近所へ散歩したり、喫茶店でコーヒーを飲みに行く時など、身体を締め付けずにリラックスして
時間を心地良く過ごせる服装になるのではないでしょうか。これ位の格好で早く外を歩きたいですね・・・

今日は気分が上がらないな・・・服装が難しいなと思う日に、この手のイージーパンツがワードローブにあると
“よし、着替えて行こう!”という気持ちになるのではないかと。洋服で気分を盛り上げるということは
決して飛び切りお洒落な装いをするという事だけではなく、自分のその日の感情や体温や状態にフィットした
服装をすることも含まれると思います。その中でも気楽で自然体でいられる服というのは年々求める様になって、
ストレスの無い穿き心地の良さと着合わせのし易さが亜麻苧麻ワイドパンツをお勧めしたい理由かもしれません。
こんな気持の良いパンツを穿いて旅に行っても良さそうだなぁと、色々と想像は膨らみますが、
先ずはMITTANにしか出来ないオリジナリティ溢れるパンツを是非体感して頂きたいです。

2月20日

CALICO   0カウントカディ スタンドカラーコート

color     生成

price     41800(TAX IN)

SIZE     L

今日からまたいつも通りに、自分達のペースに戻ってBLOGを更新していこうと思います。
CALICOから届いた新しい試みで作製された見るからに雰囲気抜群のスタンドカラータイプのコート。
今まではどちらかと言えば、1枚仕立てのさらりとした洋服をメインに展開していたブランドでしたので
セレクトするのが春夏中心で、寒さから身を守るようなアイテムは殆どありませんでした。
構想から4年の月日をかけて出来上がったコートは、表地に0カウントカディ・裏地に総柄プリントの生地を
贅沢に用いた袖を通すだけで気持ちが上がってしまいそうな位に、しっかりと作り込みがされた1枚。
仕立てが2枚という事で、厳しい寒さが残る春にも相応しく、着る機会が自然と増えるのが想像出来ます。
何事にも共通する部分だと思うのですが、異国の地でトライ&エラーを繰り返しながら着実に1歩ずつ
イメージを実現する為に、コミュニケーションを取りながらお互いの持つ良さを最大限に引き出した
CALICO渾身の素晴らしい作りのコートだと感じました。

フロントは比翼タイプで釦が全て隠れる仕様。
ウエスト部分に切り返しを入れて、ブラウジング出来るように同素材で作製されたベルトが付きます。
肩のラインは身頃に対して直線的な位置に肩線が付きますので、自然とドロップするようなデザイン。
生地を無駄に使わずに作れるパターンでインドやネパールの洋服などに良く見られ、肩回りが窮屈にならずに
しっかりと可動域も確保していますので、インナーに多少厚みのあるものを合わせても全く問題ありません。
私達がコートを選ぶ際に大切にしている部分で、ざっくりとストレスなく脱ぎ着が出来るというのは
長く着続けられるとても重要な要素だと思っています。

表地に用いられている0カウントカディは、ザクザクとワイルドな表情ながらしっとりと柔らかな
肌触りがとても心地良い生地。CALICOでは定番で使用されている生地でもあります。
実は以前お店の改装をする際に、フィッティングルーム用に良い雰囲気の生地を探していて、
その時に選ばせて頂いたのもCALICOの0カウントカディでもあり思い入れのある素材。
太くて均一ではない糸をじっくりと時間を掛けて平織にするのですが所々にムラがあったりして
凹凸のある感じが逆に好みだったりします。
日本の生地やヨーロッパで続いてる老舗の素晴らしいファブリックメーカーは、それはそれで繊細で
着心地も抜群ですが、同様にインドで作製されるカディコットンも負けず劣らず素晴らしいと思っています。
この土地だからこその生命力を含む空気感があるようで、それは文化であったり宗教であったり、
そこに暮らす人が生産性や利便性のみを追求したりし過ぎずに、その土地と人々にとって無くてはならない仕事を
淡々と営みとして続けているからこそではないでしょうか。
いつか自分の目で肌で、カディコットンの生地が生まれる所を見てみたいですね。

ポケットはしっかりと完備。
前を閉めての写真だけになってしまいましたが、カーディガンを羽織る位のイメージで前開きで
インナーの美しいブロックプリントをちらりと覗かせる着方も◎
その際にベルトでサイドのみを留めてきるとメリハリの着こなしになると思います。

バックスタイルもセンターベントが入るので、コートらしさがぐっと増します。
この時期になると何を着て良いのか分からない・・・という方が多くいらっしゃると思うのですが
個人的には絶対条件として仕立ては2枚。素材感はコットンもしくはコットンに化繊を掛け合わせたもの
もしくは化繊でしっかりと風を防げるもの(高機能素材でなくても良い)が間違いないですし、季節感も的外れではなく
日々移り変わる景色や風景にもマッチしていると思います。毎年必ずこの時期は嫌でもやってきますので
冬物ではない春と秋の両季節に兼用出来るコートに、もしビビっとくる出逢いがあれば先を見越して思い切って
選んでみるのも良いのではないでしょうか。きっと季節の狭間をより楽しく過ごせるようになるはずです。

CALICO    ラリーキルトスクエアバッグ

color      A 

price      7590(TAX IN)

SIZE      30×23×4.5 SOLD

color      B HOLD

color      C SOLD

color      D SOLD

個人的にとても楽しみにしていたラリーキルトを用いた大き目のポーチ!?バッグ!?
着古したサリーなどを繋ぎ合わせて作製されるラリーキルトですが、一針一針力強いハンドステッチが魅力的で
日本にも刺し子の文化があって、それともまた違う面白さがあります。
ポーチを店頭に置いておくと何を入れますか??と聞かれる事が多いのですが、想像をし過ぎると手が出難くなるので
持っていると何かしら使う機会があるのでは・・・とお伝えするようにしています。答えになっていませんが。。
自分自身が結構そんな感じで、目的を持たずに購入した袋やポーチが思ってもいなかった場所や活躍をした時に
妙に感動してしまって、そんな感動を味わって頂きたくポーチは好きなカタチや生地があると展開するようにしています。
バッグを持ち歩きたくないという方にもお財布と携帯とリップとハンカチ位を入れて、さっと持ち歩くのにも良さそうで
容量が大きいというのもポイントで小さなものにパンパンに詰め込むよりも、余裕がある方が見た目も美しいです。

ZIPの開閉はL字に開き、全種類同一の裏地が付きます。
手仕事のアイテムはオーラと雰囲気が抜群なので、全体の足し引きとバランスがとても重要。
くどくなり過ぎないように、軽めの服装やバッグインバッグなどにして持つとより良いかもしれません。

毎シーズン、どんな生地や新しい試みがあるのだろうとワクワクするような気持ちにさせてくれるCALICOのプロダクト。
今回のコートは全くイメージしていなかった別次元での製品に感じましたし、インドらしい細かなステッチワークや
染色技術などとは良い意味で一線を画す、シンプルな縫製で純粋に格好良さを感じられるさらりとしたコートに
仕上がっているのではないかと思います。来週位からは春物のコートがようやく本格的に活躍する気温に
なりそうですので、気持ち良く袖を通せる長く着続けられるコートをお探しの方にお勧めです。

2月13日

JUJUDHAU  EAZY COAT

color     CHINO BEIGE

price     31900-(TAX IN)

SIZE     FREE SOLD

気合いを入れずに穏やかな気持ちで外へ出られるというしあわせ・・・
そんな事を思ってしまいたくなる位に、暖かく柔らかな日差しを感じる週末の土曜日。
決して寒くない訳ではないのですが、ホッと出来る時間があるだけで身心が救われる気持ちになります。
ここからまた寒い日・暖かな日を交互に繰り返しながら、待ちにまった春の訪れとなる北東北。
もうあとひと・・ふた踏ん張りといったところでしょうか。

こんな気候ですと外との気候にギャップを感じずに意気揚々と春物のご紹介が出来ます。
JUJUDHAUから、このようなまだ安定しない状況下ですが無事に春夏便が届いております。
定番アイテムとして展開をし続けている、1枚仕立ての気軽に羽織れるコートとジャケット。
rasikuでは今までどちらも相当な枚数を販売してきましたが、お客様がお店に来店される際に着用している方が
多くいらして、そんな姿を見かけてしまうと、日常着として着易く申し分のない作りだなと改めて思います。
やっぱり良いものは良いんだよなぁ・・・という気持ちで色と素材を厳選してセレクト。
シーズン毎に生地の変更はありますし、同じ製品だとしても春夏・秋冬でリリースされる生地感や色目の変化で
着方や使い勝手の印象も変わりますので、素材違いや色違いで着まわしてみるのもお勧めです。

合理的に一切の装飾や飾り気のない削ぎ落された印象を持つ”EAZY COAT”
個人的にはステンカラーコートとカーディガンを組み合わせて出来た様な印象を持っていて、生地の落ち感などを見ると
格好良さをしっかりと持ち合わせた摩訶不思議なコート。この手のコートはどちらかと言うともう少しナチュラルな
空気感が強く出ているのを見る機会が多く、そのちょっとした違いを上手く説明出来ないのですが・・・
ラフな着心地ながら、すっと背筋が伸びる様なコートらしい一面を感じるのは変に着易くとか可愛さという事を
考え過ぎずに作られているからかもしれません。ネパールの職人がパターンを引き、縫製まで全ての工程を
現地で行う事によって生じる他にない空気を醸し出す服は、やっぱり不思議という表現に落ち着いてしまうのです。

首元はスタンドカラーの様な井出達で、肩線はドロップした位置に付きます。
インナーに合わせるとすれば中肉のカットソー位までになると思います。
ポケットはスラッシュの形状で表側に一切何も付かないというのがポイント。
このコートを羽織る時期はまだ風が冷たいはずですので、ウール素材の大判のストールなどを組み合わせながら
季節の狭間の装いを楽しんで頂きたいです。

JUJUDHAUの選ぶチノ素材は、中肉でしっかりとした厚みと張りがあって仕立ては1枚ですが安心感が持てると思います。
きちんとした作りのコートを既にお持ちの方や、メインではなく気分に応じて着れる1枚をお探しの方に特にお勧め。
気兼ねなく汚れたらお洗濯をしてといった具合に、日常着として思う存分着れるのが一番の良さではないかと。
こういった羽織物は何枚ワードローブにあっても困らないですし、選んだベージュは着回しが最も効く色目でもあり
きちんとした印象も与える事が出来ますので、何処に行くにも困らず手に取れるコートではないでしょうか。

JUJUDHAU  POCKET JACKET

color     CHINO BEIGE

price     35200-(TAX IN)

SIZE     FREE

同素材で選んだ、こちらもロングセラーの1つ”POCKET JACKET”
フロントに叩きつけれた大きなポケットが特徴の羽織物。
ミドル丈のジャケットですが、所謂のジャケットではなく、インナーの相性をそこまで考え過ぎずにさらりと
羽織るだけで良いのが、この”POCKET JACKET”の懐の深さでもあり人気の理由だと思います。
カーディガンを着るイメージでも良いですし、ジャケットを羽織る感じでも、どちらの感覚にも当てはまる
他には代えが効かないアイテムになるのではないでしょうか。

肩のラインは”EAZY COAT”と同様に下がった位置に付きます。
袖は身長166cm普通体型で心なしか短く感じる丈感。写真の様にインナーの袖が覗いていても違和感なく
暖かくなってきたら七分袖などのカットソーやワンピースなどに合わせても良いと思います。
この辺りは身長などもあまり気にならない部分だと思います。

洋服には様々な役割や着こなしがあると思うのですが、勿論張り切って服を着る日も無くはないものの
今の日常を大事にすると考えた際に、重要視するのは自分自身が心地好いと思えるかどうか。ここ数年は
そんなイメージを軸にセレクトをするようになりました。
JUJUDHAUの今日ご紹介した2型はそれにぴたりと当てはまる万能さを兼ね備えた洋服で、誰に逢うにも
何処に行くにもリラックス出来、それでいて心が軽く弾むような要素がある服。というのを実現しています。
困った時の1枚ではないですが、頼りになる羽織物でありワードローブを見てもなんだか選べず悩ましい時など
そんな隙間を埋めてくれるのは間違いありません。

EAZY COATもPOCKET JACKETも、自分達も好きで選び続けて実際に着ていて良いなと思えるまさに
「定番」でありお客様からも購入後に万能さを共感していただく機会も本当に多いので、これは満場一致で
「好い服」だと言いきれるなと思っています。
そのシーズンによって選ぶ生地・色も変わりますので、もしどこかのタイミングで気になっていた方だったり
今この瞬間に気になられた方がいらっしゃいましたら、ぜひ足をお運びいただけたら嬉しいです。

2月12日

FUJITO    MOUTAIN PARKA

color     BLACK×BLACK

price     52800-(TAX IN)

SIZE     2    /    3

いよいよ盛岡もプラスの気温に転じて、今現在(12時30分)でプラスの7度。マイナスではなくプラス(笑)
強張っていた身体が解けるような感覚があって、更に週末はなんと二桁に気温が届く予報。
まだ油断は出来ないのですが、それでも肩をすくめることなく過ごせる日があるのは嬉しい限り。
重たいコートをやや軽めのものに変えて、アスファルトが綺麗に見えてストレスなく道を歩ける日まで
あともう少しの我慢かもしれませんね。

タイムリーにこれから着られるアウターの入荷がFUJITOから。
何シーズンか前にも何度か提案したことのあるMOUTAIN PARKA。
見た目はよりすっきりとしたバランスにブラッシュアップしながらも、何処かクラシカルな雰囲気を持たせていて
着丈の長さをお尻がすっぽりと隠れる位にしている点が個人的にはツボだったりします。
ボディはコットン100%の生地と肩から袖の途中までナイロン100%を組み合わせたコンビネーション。
同色で分かり難いのですが生地を切り替える事で、シンプルながらも立体感のある表情に。
裏地は総裏で滑りの良いポリエステル100%の生地が貼られていて、岩手の春の冷たい風をしっかりと
防いでくれますし、インナーもしっかりと着込める点で万能な1枚になるのは間違いありません。

フロントはZIP+スナップ釦の仕様。
スナップ釦がある事によって、着こなしにアレンジが加えられるので好きなディテールの1つ。
上目にある釦を留めてインナーを覗かせる着方は、動きも制限されにくく、アウターの隙間からちらりと
色が見える事によって、全体のバランスが取り易くなると思います。

ハンドウォーマーポケットは、胸下のポケットにしては少し高い位置に。
アウトドアメーカーの良い部分と、街着として着る際に最低限度必要なスペックを掛け合わせされている印象。
さらりと手に取って普段の買い物からちょっとした旅行などにも対応出来、日常使いする分にはオーバースペックに
なり過ぎずに日常着に違和感なく溶け込むというのが、僕自身がマウンテンパーカーに求める条件。
FUJITOの作るマウンテンパーカーは、自分自身でも着用をしていて主張するロゴマークなどがなく
飽きが来難い印象を持っていて、小雨の日や自転車に乗って出掛ける日などにも重宝をしています。

内側には本を収納出来るポケットを完備。
出張や旅先に向かう際などに、このポケットに”ipad”を出し入れしながら持ち歩いています。
見えない部分にブランドの色や特色を取り入れている点は、FUJITOというブランドが貫き通している
軸でもあり、着実にファンを増やしている理由にも繋がると思います。

ここ数シーズンは春のコートやアウター類は、機能性の部分において岩手の春の気候に通用すると思うものに絞って
展開をしています。2枚仕立てのブルゾンは重ね着する際にも袖通りが良くストレスになり難いですし
使い勝手の良い色目は、季節を問わずに秋・冬・春と3シーズンしっかりと使い回して頂けるのではないでしょうか。
気温が10度前後まで上がるとなると、重たいコートから軽快な素材へと自然と切り返したくなるタイミングで
FUJITOのMOUTAIN PARKA、コートやブルゾン候補の1つとして如何でしょうか。

PageTOP