4月6日


LOCALLY   cotton rayon silk stole 天然染め

color     藍

price     21500+TAX

SIZE      110×190

color     泥

これまでは秋冬シーズンに展開のボリュームをもたせていたLOCCALYのストール。
毛織物業を得意とする地域で作り上げるストールですので、いつもウールにばかり気を取られていましたが
今季は他の生地を用いたストールのラインナップがどれも素晴らしく、心そそられるものが沢山あります。
「布を着る」というコンセプトに忠実に、肌に触れて気持ちが良く、手持ちの服と合わせると楽しい。
そんなイメージで春夏だけにとは限りませんが、きっと手元にあると重宝するストールを幾つか選びました。
一枚の服を選ぶように、その日のコーディネートに取り入れていただけたら嬉しいです。

今日の様に目を疑うような吹雪からの雨、そして時々晴れ、そして気温低い・・・こんな日は特に首と言う首は
しっかり覆って冷えないようにしたいですし、うっかり薄手のコートで出掛けてしまっても大判のストールを
一枚手に持てば、ひざ掛けにもショールにもなってくれて色んな場面で活躍してくれることと思います。
その中でも、大判ながらも嵩張らずに軽やかでしっとりとした質感のストールは、男性女性問わずに
あまり目立つ色ではなく、肌触りや手触りを重要視される方にお勧めしたい一枚です。


肩に掛けると上半身は余裕で布に覆われてしまうくらいの大判サイズ。
110×190の長方形は、普通に巻くのも良いですがコートやワンピースの上にさっと重ねることで
保温性が増すのは勿論の事、生地の織りの風合いや色の表情がよりはっきりと伝わってきますし
大判ならではの迫力と言うか雰囲気の良さが際立ちます。


コットン48%・レーヨン47%・シルク5%を掛け合わせた生地は、高密度に織られているのですがとても滑らかで
肩の周辺に集まった生地のドレープが綺麗に映し出されます。
厚みがそこまで無いので、サイズは大きいのですが実際に羽織ってみると重さがストレスに感じる事もなく
使わない時はくるくるっと丸めてバッグの中にしまえるくらいコンパクトになるので、カーディガンや
薄いアウターを持ち歩くような感覚でお使いいただけると、大判ストールの万能さをより感じると思います。


色の展開はどちらも天然染料を用いた藍と泥の二色になります。
藍染はやや濃いめの鮮やかなブルーで、着用写真で巻いた色はグレーと茶を掛け合わせた様な渋い色味で
奄美大島で泥染めしたもの。とても珍しい色目に映りますが、独特だからこそ引き込まれてしまう色です。
白やベージュなどトーンの近い色合わせも良いですし、反対にグレーや黒などに合わせても馴染みよく
コーディネートも意外とし易いと思います。全体のバランスを整えてくれる役割も果たしてくれそうです。


服装の主役にもなってくれる”LOCALLY”の大判ストール。
「布を着る」というテーマに、毎シーズン地の利を活かして独自の生地開発をし唯一無二の存在感を示し続けています。
今シーズンの天然染めシリーズは、使い込む事でより豊かな表情に変化を遂げ、肌馴染みが良く通年を通して欠かす事の
出来ない存在になってくれると思っています。1枚の布が持つ奥深さと心地良さを実感して頂ければ嬉しいです。

4月5日


FilMelange    JHON

color       MELANGE×BLACK NAVY

price       5000+tax

SIZE       3    /    4    /    5

color       BLACK NAVY

SIZE       3    /    4    /    5


年齢を重ねる毎に、毎日身に着ける肌着という物に対しての意識が変わってきたように思います。
恐らく肌着=消耗品という捉え方が一般的な考え方もしれません。
かくいう私自身も以前は3枚1000円そこそこのものを身に着けていましたし、実際にそれで満足をしていました。
いつしか肌に直接触れる時間が一番長くて毎日必ず着用をするもの・・・と考える様になり、自分が好きな肌着は
どんな素材や形で、折角であれば最高峰のアンダーウェアを身に着けてみたいなとあれこれ探し、直ぐに行動へ。
FilMelangeの直営店に足を運び、先ずは試しにとその当時販売されていた「JOY」と呼ばれるボクサータイプの
アンダーウェアを2枚を購入しました。

その2枚をきっかけに、肌着に対する価値観と今まで洋服を扱う仕事をしてきたのにも関わらず目に見え易い部分への
拘りばかり持っていた自分自身の視野の狭さに気付かされました。
今では毎日FilMelangeとohh!の肌着を愛用をしているのですが、優しく肌に当たる穿き心地の良さは勿論ですが、
お洗濯を重ねても型崩れがし難く、耐久性を考えると決して安価ではないですが十分に元は取れると思っています。
アンダーウェアに対しての価格だけで判断をすると、正直物怖じしそうになる気持ちも理解出来るのですが
毎日肌に触れるものだからこそクオリティの高いものを身に着けてみるというのも、今までと違う新しい感覚を
手に出来るきっかけになるのではないでしょうか。


素材はオーガニックコットンをブレンドし、低速の編み機でフライスに仕立てた極上の生地を使用。
縫製は全てフラットシーマで肌が当たる面に負荷を掛けない様に仕立てています。
以前はタグが付いて肌当たりが若干気になっていたのですが、リニューアルされ背面にプリント表記に変更。
タグが無くなる事で、一切ストレスの無い着心地を実現しています。
サイズ展開は3・4・5の3サイズで、大まかな目安は30インチ・32インチ・34インチ位が適正だと思います。
お洗濯方法ですが、手洗いするのも良いですが力の入れ加減で生地に負荷が掛かってしまう恐れもありますので
個人的な見解ですがネットに入れて洗濯機で洗う方が、生地に負担が掛かり難く長持ちするのではないかと。
実際に穿いて頂ければ分かると思うのですが、自分が想像しているよりも耐久性がに富んでいますので
洋服と同様に肌着やインナー類に興味がある方には、是非お試し頂きたいです。

ohh!    SuperFine Cotton Boxer Trunks

color    チャコール

price    4200+tax

SIZE    M    /    L

肌着に特化した物作りで着実にファンを増やしているOhh!からも新型のボクサーブリーフがリリースされました。
超長綿の繊維のみを使った贅沢なアンダーウェアは、通常のボクサータイプよりも太腿に余裕を持たせた作り。
ボクサーとトランクスを足して割ったような雰囲気で、全体に締め付けを少なくしたフィッティング。
アンダーウェアは其々に好みがあると思いますので、普段トランクスタイプを愛用している方も、逆にボクサータイプを
好んで穿かれている方にも、どちらにも取り入れて頂けるのではないかと思っています。

color    ネイビー

SIZE    M    /    L


デザインの特徴としてはマチを大きくとって可動域を広く設定をしています。
超長綿を用いる事で生地のキックバッグがあり、型崩れを防止すると共に肌当たりの良さを実感して頂けると思います。
カラーはチャコールとパープルに近いネイビーの2色をご用意しました。
サイズはMとLの2サイズ展開。あくまでも主観的な判断ですがMサイズで31~33インチくらい Lで33~35インチ
くらいが気持ち良く穿いて頂けるのではないでしょうか。
ソックス・アンダーウェアというようなアイテムを新調するのには新年度という事もあり、清めるという意味でも
今時期が良いタイミングに思います。
自分自身にしか感じる事の出来ない「肌着」の心地良さと素晴らしさを実感して頂ければ嬉しいです。

4月5日


TEMBEA     MAIL BAG

color       BLACK

price       13500+tax

SIZE       25×22.5×12.5 


TEMBEAから新型としてリリースされた、”MAIL BAG”
その名の通り、郵便配達の方が持つようなショルダーバッグは、過去にも展開したこともあるのですが
今の気分で新たにアップデートしたモデルになります。
らしさを表すフラップのデザインに、ころんと丸いフォルム。また、小さすぎず大きすぎずのサイズ感もよく、
ここ最近は小さいバッグの展開が続いていたので新鮮さも感じますし、前と全く同じ仕様にしない所もまた
TEMBEAならではの物作りに対する姿勢が感じられます。
マチがしっかりあるタイプなので、最低限の貴重品に文庫本や手帳、小さ目のカメラなどプラスαの持ち物が入り
普段の荷物が多い人でも少ない人でも、どちらにも無理なく対応の利くようなバッグです。


蓋を開けた際に、袋の口ががばっと広がらないようにするために、スナップ釦が付属しています。
しかも二段階で調節出来るようにしてありますので、荷物の容量に合わせて広げたり狭めたり出来ますし
中の荷物ががさーっと飛び出すことも無く・・はないかもしれませんが緩和され、安心して物が入れられます。
ショルダー部分に関しても、以前のタイプは調整が利かなかったのですがアジャスターが付き長さ調節が可能。
中にはポケットなどは一切ないので、細かな物はポーチなどを使って仕分けをすることで使いやすさが増します。
必要最低限の機能性を持たせて、デザインとのバランスを重要視するTEMBEAらしいミニマムな作りです。


個人的にはこのサイズの大きさは女性に人気があるように思います。
お財布・スマートフォン・小さなポーチを収納して丁度良く感じる大きさで、曲線的なデザインも持ち易さに
繋がるのではないでしょうか。ブラックは洋服のコーディネートを引き締めてくれる役割もありますし
着合わせや行く場所などを限定せずに使って頂けるユーティリティな存在になってくれるはずです。

TEMBEA     SCOUT PACK

color       BLACK

price       17000+tax

SIZE       32×43×13 


こちらも新作でリリースされたフラップのデザインが目を惹く”SCOUT PACK”
ハンティングなどで使用されている様な無骨なバックパックをイメージしつつも、TEMBEAらしいどこか抜け感のある表情。
大きなフラップを開け閉めする事でメインポケットにアクセスが可能で、シルバーのスナップ釦2つとギボシ×レザーの
ストラップがバッグ全体を引き締める役割を果たしていて、ブラックという色目も相まって洗練された雰囲気にも映ります。
容量は大よそですがデイパックよりも少し大きいくらいで、A4のファイルなどはスムーズに出し入れが可能。
カジュアルな服装に合わせて、ビジネス用として使うのも良いのかもしれません。


内側の作りは1つ吊りポケットを完備。
リュックのストラップ部分が細く設定されているのも見た目の良さに繋がるディティールで、両サイドにアジャスターが
付くので、背負う際の位置と長さの調整は簡単に可能。
クラシックに振り過ぎずに、かと言ってハイテクな雰囲気でもない、絶妙な塩梅の落しどころは性別や服装なども選ばずに
背負って頂ける懐の深さも感じて頂けるはずです。


帆布のバッグは使い始めは表面に蝋引きをしているせいもあり固くて角がありますが、使い込むうちに全体が丸みを
帯びたシルエットに徐々に変化をしていきます。ばりっとした表情も良いのですが、クタクタになるくらい使い込まれた
TEMBEAのバッグはとても格好良いし型崩れを起こさない所にも魅力を感じています。
コーマ糸という短い繊維を抜いた糸を素材に使用する事により、ある程度使って年数が経った後でも凛とした佇まいを
キープし続けます。実際に手にして頂ければ、そのクオリティの高さとデザインの妙に納得して頂けるはず。


古き良き時代のアイテムを知り尽くしたデザイナーが作り出す、現代の生活にすっと馴染むプロダクト。
帆布に特化をしたブランドではありますが、その枠を超えた創造力と気持ちを高ぶらせてくれるアイテムが
毎シーズンリリースされていて、日常生活に小さな「彩」を与える役割をきっと担ってくれるはずです。
今季はtricot COMME des GARCONS×TEMBEAや、ASEEDONCLOUDとのコラボレーションなど、様々なブランドとの
繋がりから、多彩な物作りにも積極的に取り組んでいてジャンルを超えたプロダクトに変化をし続けています。
MAIL BAG・SCOUT PACK、どちらも汎用性の高さと使い勝手の良さに、お出掛けの際の相棒のような存在に
なってくれると思います。是非店頭でご覧になってみてください。

4月3日


SAINT JAMES   OUESSANT

color       NEIGE

price       10800+tax

SIZE       3    /    4    /    5    /    6    /    7

color       NOIR

SIZE       3    /    4    /    5    /    6    /    7 

color       SABLE

SIZE       3    /    4    /    5    /    6    /    7

春と秋、季節の変り目になると、ついつい手に取ってしまうカットソーの1つがSAINT JAMESの作るOUESSANT。
空紡糸を使った肉厚のしっかりとした生地に、首元が高くなったボートネックのデザインがアイコン。
デザインを極端に細身にしたり、着易いカタチに変える事なく一貫した姿勢でモノ作りを続けているフランスを
代表するインポートブランド。

シーズン毎にリリースされるカラーと、欠かさずに定番で作り続けられているカラーが存在し其々に良さがあるので
少しずつ色のバリエーションを増やしていき、さらにはサイズも2サイズぐらいを分けて持っておくと気分によって
着こなしを自由にコントロール出来るようになってきます。
今シーズンからサイズ展開をT7までご用意を致しました。ゆったりとリラックスした雰囲気で着たいという方が
年々増えて着ている中で、作られたサイズになります。
今の気分で考えるとT3はレディースの小柄な方にも対応が可能。
T4からは T4=メンズS レディースL T5=メンズM T6=メンズL T7=メンズXL
くらいのイメージになると思っています。
これはあくまでも僕の勝手な解釈になりますので、実際に店頭で袖を通して確認を頂ければと思います。
T7サイズは今までOUESSANTを着たくても窮屈に感じていた方にとっては嬉しいサイズ展開になるのではないでしょうか。


身体に沿うようなシルエットではなく、直線的にざっくりとしたデザインで良い意味で野暮ったさがあるように感じます。
年齢を重ねれば重ねる程に味わい深い着こなしが出来るカットソーで、究極に削ぎ落されたアイテムだけに
全体のバランスや着てきた服の数や失敗など、古い考え方なのかもしれませんが色々な要素が複雑に絡み合って
格好良さが増すのではないでしょうか。定番アイテムと呼ばれるものは往々にしてそういう空気感だと思っています。
未だに頭の中に残っているのは、札幌時代のオーナーがたまたま着ていた着こなしでOUESSANTの紺×生成に色の落ちた
リーバイスのデニム、足元はアディダスのタバコ(キャメル)を合わせて雑誌に掲載された姿を鮮明に覚えています。
価格の高いものや希少性のあるものを身に着けている訳ではなく、手を伸ばせば誰でも手に入る様なアイテムを
力を抜いて自分なりに着ていた姿は究極の理想に映ったのかもしれません。


自分自身も少し前まではT5を愛用していましたが、今の感覚ではT6でジャストもしくはT7をざっくり合わせるのがベスト。
ボトムスがゆったりとしたシルエットなので、それに合わせてトップスも身体と洋服との間に少し空間がある方が
全体のバランスが良く見えると思っています。年齢や身体の変化に合わせて、例え同じ製品を着ていたとしても
サイズや色などを気持ちの変化に合わせていく事が、自然で違和感がなく心地良く感じられるでのはないでしょうか。
頑なに自分のサイズを守り続けるのも良いですが、柔軟な発想と姿勢で洋服を着る事の方が僕は格好良いと思っています。


ソリッドカラーの他にもボーダーは定番色を中心にサイズを揃えて取り揃えています。
時代が進み様々な物事が変化を続けている中でも、変わらずに同じものを作り続けているのにはブランドのポリシーと
生み続けられる背景がそこにはあるからこそだと思います。
普段は挑戦しない色を取り入れてみたり、定番色の着こなしをより深く追求をしたりと、楽しめる幅はまだまだあると
思いますし、初めての方にも枚数をお持ちの方にも、何度でもお勧めしたくなる1枚です。
是非サイズと色目が揃っているタイミングで選んで頂きたいです。

4月2日


JUJUDHAU  FRY FRONT SHIRTS

color     DENIM

price     19000+tax

SIZE     FREE SOLD

昨日の雨で川幅が一気に広がり、水量もたぷたぷに。なので今日も遊歩道は途中までで迂回通勤。
3月が比較的あたたかく過ごせた分、この春の雨はどこかひんやりと感じてしまいます。
新年度となり、新しい生活がはじまった方も、色々あってこれからという方にも、こういう時だからこそ
誰かにとって一日や週の中で緊張がほぐれる時間や、好きなものに心が動く場所になれたらなと思います。
状況次第で臨機応変にとなりますが、今のところは毎日しっかり掃除と換気をしてお店を開けておりますので、
ふっと気が向いた時にお立ち寄りください。

ネパールを訪れることが出来たのが、なんだかもうだいぶ前の日のことの様にも感じますが
あの数日の間に触れたや匂いや人の暮らしなどの景色は、とても良い経験として記憶に残っています。
そんなネパールから届けられるのが”JUJUDHAU”の服。
春から特に夏の暑い日まで間違いなく出番が多いのがJUJUDHAUなのですが、その中でも個人的に着用率が
激しく高い一枚がFRY FRONT SHIRTSです。
シャツと言うよりはブラウスに近く、また一枚でさらっと着る以外にもカーディガンの様な重ね着もできる
その汎用性の高さが良いのですが、結局はフロントは留めて一枚でラフに着るのが一番しっくりくるシャツ。
春夏ではコットンリネンの薄くて涼しい生地のものを選ぶことが多く、今回は薄地ではあるものの透ける程ではない
柔らかいデニム生地に惹かれ、この形にこの生地はきっと相性が良さそうだなと思って選びました。


首元はしっかりと詰まっていて、インナーに何を着ても表に響かないのもうれしい。
TOP釦を留めずに中に薄手のタートルを合わせても良いですし、肌触りの良いクルーネックカットソーは
あえて釦を留めずにぱさっと羽織って着てみるのもいいなと思います。
肩は程よくドロップしていて、肩や腕を動かしたり重ね着をするのにも余裕があります。
何より着ていて窮屈さが無いのは気持ち的に楽なので、自然と着用頻度にも表れてしまうものです。
正面の釦は比翼型になっているので、身幅がゆったりしている割に印象としてはすっきりとしていて
着方によってきちんと見えたり、ラフにもなるしで、色んなボトムと着合わせが出来て万能さが際立ちます。


シャツなので袖にはカフスがあり、両サイドにはガゼットが付いています。
前後の着丈のアンバランスさも好きなのです。後ろの丈がお尻に掛かるぐらいちょっとだけ長め。
JUJUDHAUのちょっと抜けている様な、でもしっかりしている様な、掴み切れないニュアンスなのが楽しい。
着用したどちらかと言えばガーリーなデザインのスカートに、靴はカジュアルなスニーカーという組み合わせも、
また袖をぐるぐるっと捲って太いワークパンツを合わせて足元には可愛いフラットシューズというような、
アンバランスな組み合わせでも、すんなり馴染んで違和感を感じないのも、JUJUDHAUの服に漂う自由な空気感が
全てを包み込むからではないかと思います。
ふんわりとしている中にも、ちゃんと決まりや考えがあるので、柔らかくなり過ぎないのもすごく好きです。


表の表情等はまた変わって、背中には細やかなギャザーがあり、微かに甘さを感じられる部分。
身体と生地の間にもちょっと余白があるので、ふわっとした雰囲気や生地の柔らかさがより鮮明に
伝わるようにも思います。
薄いデニムのブルーは春の陽射しにも良く似合いますし、JUJUDHAUの服の良さは何より旅に向いていて
多少シワになっても気にならず、窮屈さが無く、そして着回しが利くなど良いこと尽くしなのです。
今はなかなか遠くへ出掛けるのは難しい状況ですが家にいる時でも、近所の散歩やちょっと買い出し行く時でも、
自分の心弾むような服に袖を通すだけで、多少気は晴れることもあるのではと思います。
物事の良し悪しはいつも隣り合わせ。
いずれ必ず、気ままに鼻歌でも歌いながら春をめいっぱい感じられる日がくると祈りつつ。

PageTOP