7月5日


SOWBOW   蒼氓シャツA(半袖)

color      WHITE

price      19000+TAX

SIZE        1    /    2    /    3 

color      LT.INDIGO

price      23000+TAX

SIZE       0    /    1

今日も重たいグレーの空模様ですが、中津川の鮎釣りが解禁になり朝早くからこの日を待ち詫びていていた
釣り人の姿からその活気が伝わってくるようでした。
おとり鮎を付けた長い釣り竿を垂らす光景は盛岡に夏がきたことを感じさせる景色の1つで、街中にも関わらず
透き通った清流の川ならではで個人的にはとても好きな光景。
ずっとこの景色に触れて来た方にとってはもしかすると当たり前の日常かもしれませんが、毎日この川沿いを
歩く度にとても贅沢な気持ちになりますだし、生きている感じがします。

大好きな中津川の透明度にも似通った雰囲気を放つ、SOWBOWが作る澄んだブルーのシャツ。
素材にコットン×シルクの生地を用いて、さらりとしたシルク混ならではの質感とイタリアンカラーと呼ばれる
大振りな襟のデザイン。襟の迫力に負けない位に存在感のある有田焼で作製された釦を贅沢に使用しています。
潔い白と製品染めで鮮やかに染められたブルー。他に替えが効かないオリジナリティを強く感じるデザインであり
クラフトとプロダクトとのバランスが見事に融合したシャツに仕立てられています。
今までは長袖を中心にセレクトをしていましたが、夏の暑さを考えた際に半袖のシャツも必要になるのでは・・・
と思い、少量のみですが提案をしています。


襟の形状に特徴を感じるイタリアンカラーですが、イメージとしてはオープンカラーのような雰囲気で
夏場であれば釦を1つ開けてタンクトップなどのインナーを見せて着るのもお勧め。
前立てはフレンチフロントを採用し、表面にステッチが入らないミニマムですっきりとした表情を生み出し
縫製に関してもドレスシャツを縫える工場で作製する事で運針が細かく、カジュアルながらもどこか凛とした
背筋がすっと伸びる様な佇まいに感じられます。


シルエットは全体的にリラックスしたムードがあり、生地と身体に程よい距離(空間)が出るので風が心地良く抜けて
コットンシルクの柔らかな生地も相まってストレスを感じさせない夏にぴったりの1枚になると思います。
半袖のシャツは長袖のシャツに比べると着る時期とタイミングが限られるので、圧倒的に需要が少ないと思いますが
陽射しがガンガン照り付ける様な日は日焼けも心配になってしまうので、今日のように曇り空の日や室内にいる事が
多い方など、お気に入りの半袖シャツを1枚か2枚位は忍ばせていると、案外重宝する日があるのではないでしょうか。


SOWBOWというブランドが立ち上げられて最初に作製されたイタリアンカラーのシャツ。
九州という土地から生まれる地の利を活かし、伝統的かつ大胆不敵な素材を用いてみたり、地元ならではの人脈を
活かして作製されているシャツは、デザインする二人の人柄と洋服に対する熱意が伝わってくるような気がします。
温故知新ではないですが、昔から在り続けるような部分と現代の空気をどちらも欠けることなく取り込んで
生み出されているプロダクトであり、今後に残り続けていくであろう考え抜かれた逸品に僕自身は感じています。
ふとした時に手にしたくなる半袖のシャツ。
毎年来る夏の暑い季節に変わらずに着続けたいと思える1枚を是非手にして頂ければ。

7月4日


MITTAN   カディワイドシャツ(補強)

color    ベンガラ白

price    25000+TAX

SIZE     2


昨日の30℃近くまで上がった気温とスカッと爽やかな晴天が嘘のように、
今日は朝からどんよりした雲が空一面を覆って、1日中シトシトと雨が降り続きそうな気配。
身体も心もじめっとした空気に重たくなりがちですが、そんな時は温かな飲み物を飲みながら
ゆっくり雨の音と過ごす。温度調節し易い服装で。そんな一日の過ごし方も良いかもしれませんね。

今日の様な不安定な気候の日に進んで手にしたくなるようなMITTANのシャツとパンツをご紹介したいと思います。
インドで手紬・手織りで作製されたカディコットンを用いたシャツは、ゆったりとした身頃と長めに設定された
着丈など、生地が肌に纏わり付きにくいパターンになっているので風が身体を心地良く抜けていく1枚。
前立て・袖口・裾にステッチを施して立体感と手仕事ならではの風合いの良さをプラス。
染色はベンガラ染めで、少しだけくすんだような白を表現しています。
何年か前にも一度展開をした事のあるモデルでしたが、月日が経って改めて見ると着こなしのイメージであったり
羽織物としての使い勝手の良さを改めて知るきっかけにもなりました。
個人的にはシャツの要素も含んでいますが、ネック周りの詰まり過ぎていないカットソーをインナーにして
カーディガンのような着方をするのも良いなと思っています。


全体的に落ち感のあるシルエットで、着用した感覚ではLサイズ~XLサイズ位の方までカバー出来る位の作りですが
着方としては、ジャストサイズではなくある程度の余裕を持って着る方が生地の雰囲気を活かせるように思います。
女性の方がゆったりと羽織るのもイメージ出来ますし、この手のシルエットには慣れがあるかもしれません。
フロントは小振りなシェル釦が5つ並び、裾の深いスリットで前と後ろで長さを変えているのでクラシックな
シャツの様に振れが大きく出る作りで、そのスリットのお陰でパンツポケットへのアクセスが容易になったりして
ディティールとしての面白さと機能性の2つの側面を感じて頂けたりするのではないでしょうか。


袖のカフスは釦などの装飾はなくカットソーのように筒状に仕上げています。殆ど見かける事のない作りで
ユーモアを感じますし、捲ったりするのにもストレスなく直ぐに馴染んで頂けると思います。
素材に使われているカディコットンですが、個人的にも大好きな素材の1つで同素材を用いたシャツを
色違いで2枚愛用中。
クラフト感を感じさせる不均一な表情と、ボディに用いられている素材もそうですが縫製している糸も綿糸を使って
シャツの完成度を高めている点もとてもマニアックな視点ですが、MITTANらしい拘りが随所に詰まっています。
製品染めをした際に、ポリエステルの混ざった糸ですと全てが染まり切らない部分も出てくるのですが
コットン100%の糸を用いる事によって全てが染まり切るのと同時に、統一感が生まれると思っています。


今日のように梅雨時期のじめっとした気候や室内で冷房の強い空間など、温度調整が難しい季節にカディコットンの
生地は柔らかい着心地と共に汗の吸収が良く蒸れにくいので、羽織にもなったりシャツとしても着れたりと
縁の下の力持ちではないですがワードローブにこういったアイテムがあると力強い味方になってくれるはずです。
ある程度お洋服の種類をお持ちの方などには、新鮮且つ興味がそそられる1枚になるのではないでしょうか。

MITTAN   大麻パンツ

color    藍

price    22000+TAX

SIZE     2


夏の酷暑を乗り切る為に涼しさを追求して、昨シーズンからリリースをしている素材が大麻を用いた生地。
薄手ですが、とても強い繊維で涼しさに加えて生地のひんやりとした肌当たりも大きな特徴。
ウエストは総ゴム+ジャスト出来るので、ストレスの一切ない着心地のパンツに感じて頂けると思っています。
シルエットはお尻回りとワタリ幅はゆったりとして、裾にかけて極端にテーパードをさせて納まるの良いバランス。
モンペやたっつけを参考にして作製されていて、動きに耐えうる可動域をしっかりと確保した作りになっています。
※身長178CM ウエスト履きをして8分から9分丈位のレングスの長さに設定をされています。


選んだ色目は天然染料を用いた「藍」で、柔らかな色目のブルーと言った所でしょうか。
夏の装いをするのには最も汎用性の高い色目で、裾の綺麗なラインを活かして丈の長いワンピースなどを組み合わせて
穿くのにもお勧めです。rasikuに展開しているパンツの中では群を抜いて涼しい素材で、夏を少しでも快適に
汗をかいても速乾性があり、天然素材の持つクオリティの高さを実感して頂けると思います。


MITTANの洋服に袖を通すと、天然素材を中心として日本の四季の気候に無理なく寄り添っていけるような感覚があって
目まぐるしく移り変わりの激しいファッションという世界とは、良い意味で違った気付きや発見をさせてくれる
物作りでありブランドだと思っています。今日はご紹介も含めて上下でMITTANの組み合わせをしましたが
普段のお洋服に合わせるだけで良いハズシになる事もありますし、世界観をそのまま表現する必要はありません。
自分が心地良いと感じるスタイルや服装を探して、その中の選択肢として選んで頂ければ嬉しいです。

7月3日


SAINT JAMES   PIRIAC

color    CACAO

price    6800+TAX

SIZE     T3    /    T4    /    T5    /    T6    /    T7

color    VOYAGE

SIZE     T3    /    T4    /    T5    /    T6    /    T7

今日は朝から快晴で湿度も高くなく心も身体も負担が少なく穏やかに過ごせそうな1日。
自宅で飼っているウサギも畳みの上で気持ち良さそうにびろーんと足を伸ばして寛いでいる姿を見て
人も動物も同じ気持ちになるんだなと思わずニヤリとしてしまいました。

SAINT JAMESのアイコンと言えば肉厚で型崩れがし難い「OUESSANT」やパネルボーダー「NAVAL」などの
イメージが先行しがちですが、夏の薄手の素材を用いたTシャツも人気の高いアイテム。
rasikuでは2年目か3年目頃に同素材を用いた七分袖の「MORLAIX」を展開した事があったのですが
半袖タイプの「PIRIAC」は初めてのセレクトとなります。
半袖と言っても肘に掛かる掛からないかの長さで、通常の半袖Tシャツよりも気持ち長めに設定し
素材は薄手ながらも高密度に編まれたコットン100%の天竺素材を使用。
未洗いでの納品になりますので、お洗濯をするとぎっちりと縮みがある事を想定したサイズ選びが重要なカットソー。
シルエットに関しては「OUESSANT」と同様に、直線的でざっくりとした作りです。
色は渋い色目の「CACAO」と夏の装いを盛り上げてくれそうな「VOYAGE」の2色を選びました。


説明する所がない位にシンプルなデザインで、首元のボートネックが唯一目を惹くのではないでしょうか。
さらりとした質感で、肌当たりが良く袖を通すと滑らかさが伝わってくる1枚。
rasikuではあまり展開をしてこなかった生地感だったのですが、これだけ夏の暑さが厳しいと単純に薄くて
気持の良いカットソーに手が伸びるのではないかと思いセレクトをしました。
サイズ感も自分が想像するよりもワンサイズアップ位のイメージで着る方が、生地が身体に纏わり付かずに
風が抜けていきますし、T7というサイズが新たに展開されているのもそういう理由からだと思います。


普遍的なスタイルでチノパンや軍パンにBIRKENSTOCKのサンダルを合わせる。
ありきたりなスタイルかもしれませんが、気取らない着こなしが何より映えるカットソーだと思ってしまいます。
唯一変えるとする点があるすれば、サイズ選び位ではないでしょうか。
着用写真では今まで通りで「T6」を着ましたが、自分の感覚では「T7」にサイズを上げても良いかなと
思える位のフィッティングとバランスでした。個人差はありますので、是非店頭でご相談頂きたいです。
T3、T4、最近ではT5位までは女性がゆったりと着るのにお勧めですので、固定概念に縛られ過ぎずに
ご自身の思い描く着方に近いサイズを手に取って頂きたいです。


元々そこまで大きな作りではありません(特に身頃)ので、ジャストサイズで合わせると身体のラインがびしっと
出てしまうのも良いと捉えるか、それとも・・・と捉えるかは個人差がありますが、僕は見せ過ぎない方がスマート
ではないかと勝手に思っています。細いからと言って細いシルエットを着るという事が正解ではないですし、逆も然りで
自分にしかない感覚を洋服を着る事で表現出来れば面白さが更にアップしていくはずです。
そういう意味ではSAINT JAMESのカットソーは、整えられている部分がとても少なく洋服の奥深さや醍醐味、更には
センスを磨く上で必要不可欠!?な通り道だと勝手に思い続けています・・・(笑)
猛暑以上の!?暑さが予測されているこの夏のカットソー候補に如何でしょうか。

7月2日


holk    dress

color    navy

price    23000+TAX

SIZE     0


ムシムシな湿気と、スコールのような夕立でスタートした7月。
天気はイマイチでしたが、久し振りに近所のお店でお買い物をしたり、ごはん・コーヒーをいただいたり
近況をお話したりできて、よい時間に心が満たされた一日でした。
また今日から、コツコツとはじめようとおもいます。

昨年の夏の経験を踏まえて、今季は特に「涼しい・強い日差しから肌を守る」を意識して夏服を選びました。
昨日のようなスチームサウナ的気候でも、さすがに汗はかきますが、肌当たりの軽い涼しい服を纏えば
不快感は幾らか少なく、気持ちも穏やかに過ごせるなぁと身をもって実感。
ただ、いつもリラックス&気楽さ重視の格好をしていると、あまりの自分の緩さにはたと気付くことがあります。
無理に意気込まなくても良いとは思いますが、やはり時々はお腹の奥に力が入り姿勢がすっと正されるような服に
身を包むのは大事。と思ったりもしています。
そんな気持ちから、今季唯一フォーマルなシーンをイメージしてオーダーしたセットアップをご紹介いたします。


holkは”身近な人々のための服の在り方”をコンセプトに、尾州と言う地域の地場産業を活かし機織りから縫製まで
地元の職人の方の熟練した技術を後世に繋ぐ、そんな物作りに真っすぐに取り組むブランド。
holkとして活動される前のブランドからお付き合いさせていただいていて、その物作りへの熱と実際に生まれる
プロダクトの魅力は重々に理解していると思っていましたが、毎シーズンそんな自分達の期待を越える様な
洋服の面白さと格好良さと美しさとその他諸々を、毎回パワーアップしながら表現していて自分達もまさに虜。
そんなholkが今回手掛けたレディスのセットアップに用いた生地は、キュプラとナイロンの混紡素材で
どこか新鮮味も感じながら、手に触れた瞬間のあまりのスルンっと滑り落ちる様な感触に不思議な胸の高鳴りを
覚えました。綺麗なVネックラインと胸から裾へ、また背中に映るドレープ感が何よりも美しいのですが
生地の柔らか故、どうしても身体に沿うようなところはあるので、その部分は好みが分かれるかと思います。
それでもめちゃくちゃタイトな訳でもなく、服を着てる感覚が薄いような気もしたりと、繊細な生地とも違う
はじめての質感にドキドキしてしまいますが、だからこそ今まで自分では気づかなかったことに気付いたり。
大きくは変わらなくても、少し視線を横にずらして見たり決めつけずに触れてみることは、自分の中での
変化があってとても良いなと思います。


着丈もそこまで短すぎないので、一枚でも着て頂けますが後にご紹介する同素材のスカートに重ねて
セットアップでの着用もとてもお勧めです。
今回はnavyともう一色、blackもご用意があったのですが、ちょうど今時期に着られるきりっと引き締まる
お仕事用の服をお探しの方に良いタイミングで選んで頂きました。
絶妙な光沢感と、シンプルな中にも首元や袖丈など控え目に上品な雰囲気も纏ったワンピースは、
丁度いい塩梅で、身を引き締めつつ包み込んでくれます。
畏まった装いが必要な場面に限らず、ボトムの合わせ方や足元の選択によってはカジュアルダウンして
着るのも素敵ですので、臨機応変にお楽しみいただけたら嬉しいです。

holk    gather skirt

color    navy

price    21000+TAX

SIZE     0 SOLD


こちらが同素材のギャザースカート。色もdressと同じくnavyとなっています。
スルスルっと滑り落ちる生地の特性と、細やかなギャザーによって穿いた際のシルエットも
スッキリとして綺麗に見えます。
ウエストはゴム+紐で気楽ではあるのですが、どこまでも広がる!といったような緩さが感じられる事なく
良い意味で甘えさせない雰囲気もあるので、その辺も踏まえてぜひお試しいただけたら。
細身の方にはウエストサイズを気にせずに穿けるので、丈のバランスにもよりますが小奇麗なスカートを
お探しの方には良いかもしれません。


昨年から力を入れている夏の洋服。
透ける様な生地は着ていて風が抜けて心地良いのですが、その透け感が逆に気になるという声も耳にします。
こういったスカートをインナーに持っていると、手持ちのワンピースなどの着こなしを広げてくれそうですし
Tシャツ一枚でもサマになります。そんな風にそれぞれの発想で着てお楽しみ頂きたいです。
キュプラのさらりとした質感は、湿気を物ともせず癖になるのではないでしょうか。
近年の気候変動には大きな災害に繋がったりとどうしても敏感になってしまう部分もありますが、
日常生活においては極力柔軟な発想で切り替えて、その気候にも寄り添いながら外に出掛けたくなる洋服を
ご提案出来れば良いなと思っています。ワンピース・スカート共に新しい風が抜けていくような気がしています。

6月29日


TEMBEA   BRANCH TOTE

color     BROWN×LT GREEN

price     12000+TAX

SIZE     34×36.5×15 SOLD


昨日は早起きをして久しぶりに神子田の朝市へ買い出しへ。
季節的にも丁度良いタイミングで、野菜・山菜・苗・鈴虫など多種多様の品物が並び賑わってました。
見たことのない食べ物なども販売していて、朝5時にも関わらず妙にテンションが上がってしまい
気付けば両手に荷物いっぱいの状態で帰宅。買ってきたお餅やトウキビなどを食べて元気いっぱいになりました。
天気も時折太陽が顔を出したりして、梅雨の貴重な晴れ間になりそうですね。

TEMBEAから届いた新作とリリースされた「BRANCH TOTE」
ブランドのアイコンとなっている「BAGUETTE TOTE」を少し横長にして、それに合わせてショルダーの長さも伸ばし
斜め掛けが可能になったトートバッグ。拾った枝を集めるために作られたユニークな用途のバッグは、
容量もたっぷりと大きく日常使いは勿論ですが日帰り~1泊位までの旅行や出張にも対応してくれる
ミニマムなデザインと必要最低限の機能性を持ったバッグに仕上げています。
展示会で見た時に真っ先にオーダーをしようと思ったモデルで、斜め掛けが出来る事によって両手が自由になるので
自転車に乗る方や、小さなお子様がいらっしゃる方にも使い勝手の良さを感じていただけるのではとおもいます。

color     NEW-BEIGE×NATURAL SOLD


インナーなどにはポケットが付かず、シンプルに削ぎ落されたデザイン。
TEMBEAではサイズ違いのポーチや、バッグの持ち手に括りつけることのできるポケット代わりのポーチなどが
充実しているので、それらを使っても良いですし、決められた便利さよりも好きに使って欲しいという意図もあり
ある意味で自由度の高いバッグで、時間を掛けながら自分なりの使い方を探していく楽しみがあります。
機能性のあるものとないもの、どちらにも同等の良さがあるのですがTEMBEAのバッグは使い始めよりも
時間が経ってからが本当の良さや意味を見出せるものが多いなと感じています。
とてもシンプルではあるのですが、身体に自然にフィットしたり物を入れて背負ってみると蓋が勝手に
閉じたり、そのままでも物の出し入れがし易かったりと、使っているうちに実は物凄く理に適った形だと
気付かされるのです。


肩紐の長さの調整は出来ませんが、やや短めの設定であることで背中と腰の丁度間ぐらいに落ち着く長さ。
はじめて見る方にはショルダーが短いように感じられることも多々あるのですがに、実際に背負ってみると
意外とどんな背格好の方にも、おぉ、なるほど。と納まる感覚があるので、きっと長い短いはそこまで気にせず
お使いいただけると思います。
このBRANCH TOTEに関しては、一番気になる部分としてはサイズ感でしょうか。
TEMBEAのコットンキャンバス地にはパラフィン加工が施してあり、使い始めが一番生地も硬くハリがあります。
そのため持った際の印象はより大きく感じられるのですが、パラフィンが次第に落ち生地も柔らかくなった頃には
その印象も大分変って、使う方の身体と生活にしっくりと馴染んだ状態になります。
元々のサイズ感で言えば、大き目のバッグに分類されるとは思いますが、パソコンや書類や雑誌などなどが
余裕を持って詰め込めますし、ある程度の物を持ち運びたい際に安定感もあって便利なバッグだと思います。


この片側だけに一本の持ち手が付く一見アンバランスの様なデザインは、TEMBEAに代表される形で
片方に寄っていると持ち難く感じませんかと質問される事が多いのですが、むしろ片側に寄っている事で
肩からズレ落ち難かったり、このモデルに関してはショルダータイプなので荷物の出し入れがし易く、
逆に中身を見られたくない場合には、持ち手とは反対側を身体に寄せて持てばそういう心配もありません。
装飾などは一切ありませんが使ってみると考え抜かれたデザインというのを実感して頂けるはずです。

TEMBEA   BAGUETTE TOTE LARGE

color     NEW-BEIGE×NATURAL

price     12000+TAX

SIZE     29×49.5×15.5


color     BROWN×LT-GREEN

こちらはTEMBEAの顔ともいえる位、rasikuでもお取り扱いを始めさせて頂いてからロングセラーの1つの
「BAGUETTE TOTE」ですが、定番とも違い時折展開される特大サイズの”LARGE”をセレクト。
元々はフランスパンを入れる為に作製された背景などもあり、縦に高さのあるバッグなのでそれが特大ともなれば、
なかなかに迫力を感じます。
バッグの大きさを過信して荷物を入れ過ぎてしまうと、その積み重なった分下の方の荷物が取り出し難くなるのが
唯一の注意点です。縦長の物を収納する分には完璧です。(笑)

width=
TEMBEAのバッグを選ぶ際に、デザイン・大きさ、それに加えて色選びをとても悩むのですが
今シーズンは落ち着いて渋めながらもハッとさせるような色目を2色選びました。
特にBROWN×LT-GREENは、グリーンのラインがきらりと光る配色で個人的にとても気に入ってセレクトをしました。
服装がシンプルになる季節にグリーンの色が効いて、コーディネートを上手くまとめてくれる役割を果たして
くれそうですし、ベーシックな色のTシャツにさらりと持つだけでも、目を惹きそうな配色。
どちらのモデルも通年で使える色と形だと思いますので、日常使いでちょっと大き目なバッグをお探しの方に
ぜひお勧めしたいなと思います。

PageTOP