1月8日


Rocky Moutain Featherbed    TD COAT

color       NAVY

price       65000+tax

SIZE       ONE    /    S    /    M    /    L


今シーズンの秋冬で提案をしてみたいと思っていた軽くて温かみのあるアウターやコート類。
Rocky Moutain Featherbedからリリースされている「THIN DOWN」シリーズは、軍物などに用いられることの多い
キルティング素材を中綿ではなくダウンを使って作製するという画期的なプロダクトに挑戦をしています。
素材はコットン20%・ポリエステル80%の混紡素材の高密度タフタを使用。
触るとしっかりとしたタフな生地感ですが表面には光沢があるので、軍物ベースでもどこか洗練された雰囲気が漂います。
軽くて脱ぎ着もし易く、汚れなどを気にせずに着られるので旅行や出張などに行く際にもきっと便利な1枚になるはずです。


ライナーをデザインソースにしているのでコート自体の厚みはそこまでありません。
寒さが厳しい日にはオーバーコートのインナーとしても活躍するでしょうし、保温性の高いニットを合わせて頂ければ
アウターとしての機能も十分に果たしてくれます。クルーネックなので巻物がし易く、首元から見えるインナー次第で
見た目の変化も生まれ、小物がアクセントにもなりそうです。
通常ダウンというと綿毛のふかふかとしたものを想像しますが、そのダウンを潰して1枚のシート状にする事で
薄手ながらも保温性が高く、表面にステッチを施すことが可能になり、ひょうたん柄のキルトを実現しています。
基本的に軍物のライナーは中綿を使っているので、どうしても重さを感じる事が多いのですが、贅沢にダウンを用いる事で
「軽さ」という機能性が大きく向上し、長時間着用してもストレスになり難い作りになっていると思います。


フロントは3つのアジャスターで調整が可能。
アジャスターはアシンメトリーな位置に付くことで、アンバランスなデザインを楽しんで頂きたいです。
ひょうたん柄のキルトは、表情が豊かで見た目の面白さにも繋がってくると思います。
キルティングジャケットと言えばクラシックで王道とも言えるブランドから、その他いろいろとあると思いますが、
このコートの良いなと思ったところは、ややスポーティーさも交えたデザインでインパクトのある形は最初はピンと
こなかったり袖を通すまでイメージがし難いかもしれませんが、着てみるとそのデザインの癖や着心地が
何とも後を引くような、じわじわと着てみたい欲が湧いてくるコートの様な気がしています。
ワードローブのちょうど良い隙間を埋めるような活躍をしてくれるはずです。


大き目に設定されたハンドウォーマーポケット。
袖口はスナップボタンが付きます。


変化球なアイテムではありますが、コートの種類をお持ちの方などには新鮮な表情に映るのではないでしょうか。
僕が住んでいる岩手のような寒い地域では、ある程度の保温性があり風を通しにくいコートは春先にも大いに役立ちます。
素材感に関しても冬っぽい雰囲気にはならずに、インナーの滑りも良くシルエットもゆったりとした設定になっているので
セーターやスウェットなど季節に応じて調整しながら着れるコートになると思います。
東北の冬は4月初旬頃まで続きますので、焦らずに自分に合う洋服を見つけて頂ければ嬉しいです。

1月7日


susuri     エクローグワンピース

color        black

price       38000+tax

SIZE        M SOLD


お正月ムードもすっかり落ち着いて街の景色も人も通常運転な月曜日。
今日から店舗のほうもいつも通り19時までの営業になります。
ぜひ、お仕事帰りの方もふらりとお立ち寄りいただけたら嬉しいです。

susuriのワンピースでご紹介していないものがまだ幾つかあるので、今日はそちらを。
ふかふかな厚みとしっかりとしたハリ感を持つ二重織の生地を使用した”エクローグワンピース”は、
胸元の深いVネックが印象的で、体をすっぽりと覆い隠す立体感と直線的なラインがどこか大人な雰囲気で
シンプルにばさっと被れば、存在感抜群の素敵なオーバーワンピース。
生地の分量・色・シルエットなど、見た目の印象からはどことなく重たいのかなと想像するかもしれませんが
実際着てみると、コットンとウールを縮絨した生地はふんわりととても軽やかで、ゆったりとした着心地ながら
素朴なシルエットが体型も問わずすっきり見せてくれるという、いろいろ嬉しい気持ちで着ていただける一着です。


以前にも展開したことのある、susuriのパストラルワンピースというモデルのデザインを踏襲しつつ若干変更して
今季新たにリリースされたエクローグワンピース。
前のデザインからすごく好きで、どちらかと言えばどこかおっとりとした空気感のあるワンピースでしたが、
着丈が長くなったりVゾーンが深くなったりと、可愛らしいイメージに大人びた雰囲気もプラスされ、
しかもボトムを気にせずに一枚でざっくりと着られるとなれば、ますます好み!と鼻息も荒くなります。
さらに素晴らしいのは、よくよく目を凝らして見ると生地がヘリンボーンなこと。
これでぐっときてしまう方は、きっと数人はいるはずと思います。


胸元のVゾーンが深く、脇も広く開くので着る人の好みにもよりますがインナーがぴったりしたものだと
やや体のラインが見えやすいので、気になる方はシャツだったり少しゆったり目なカットソーやニットを
着られると良いかもしれません。
身頃や肩回りもゆとりがある分、多少厚手なインナーでも干渉せずに着られるのでご自分の好みや気分にあった
レイヤードを楽しんでいただけたらと思います。


普段使いから、ちょっとした集まりの際のきちんと服としても。
あとは家族での行事毎の時などにも着ていただけるのでは?と思っていたところ、実際見てくださる方や前のモデルを
選んで着てくださっている方も、そういった用途でも着てくださる方が多く、ずっと思い出に残る特別な日の装いとして
rasikuに並ぶ洋服を選んでいただけるというのは、とても嬉しいなと思っています。
もし春先にそういった予定が控えている方がいましたら、候補に如何でしょうか。

1月5日


TEMBEA      NERO BAG

color         NEW-BEIGE

price         13800+tax

SIZE         47.5×33

color         GREY


今年の冬は雪が少なくアスファルトの道が覗いていて、街が歩ける。
それだけで何だか嬉しいお正月になりました。
昨日から街も人も動き出した気配があって、仕事始めという方が多かったのではないでしょうか。
僕らもようやく通常モードに戻りつつあるので、また日々コツコツとBLOGを更新していこうと思います。
ちなみに店舗の営業時間は明日まで17:00閉店となっており、7日の月曜日から通常営業に戻ります。
お間違いないよう、よろしくお願いいたします。

TEMBEAからキャンバス×レザーで作製されているロゴシリーズのバッグ。
以前から人気のある″MARCO BAG″と、数シーズン前に展開されていた″NERO BAG″が新たなデザインで
再リリースされました。底のマチが一切ないデザインはA3サイズのスケッチブックやノート、パソコンなどを
持ち運んだりするのに丁度良く、ギリギリで斜め掛けが出来るショルダーの長さも特徴的です。


ショルダーを調整する部分は片方のみになります。
バッグ自体の見た目は大きく感じますが、フラットに作製されているので沢山の荷物を収納する訳ではなく
お財布・ポーチ・スマートフォンの必要最低限の手荷物を持って出掛けるのにも良いと思います。
お仕事などの打ち合わせに行く際にも、手帳や筆記用具だけを入れて持ち歩くという方にも良いのではないでしょうか。
ただ単純に機能性や利便性を追求するのではなく、行く場所や用途に合わせてバッグを作るのがTEMBEAらしさで
特化したデザインだからこそ持った時の面白さであったり、確固たるスタイルがある様に思います。


TEMBEAのバッグはどれも主張が強すぎないので、服装のちょっとしたアクセントにもなります。
僕自身は手ぶらで外に出る事はないので、何かしらのバッグを持つ様にしているのですが幾つかバリエーションがあると
気分転換にもなりますし、洋服以上に趣味や嗜好が出るので組み合わせ方などもセンスが感じられて面白かったりします。
春になれば自転車に乗られる方も増えると思いますので、春コートに合わせ斜め掛けに背負って颯爽と駆け抜ける姿は
きっと良いなと想像を膨らませてしまいます。

TEMBEA      MARCO BAG

color         GREY

price         13800+tax

SIZE         21×31.5×12

color         NEW-BEIGE


パンと牛乳(瓶タイプ)を入れる為に作られた″MARCO BAG”は、コンパクトな大きさながら底のマチの深さと
上部をスナップで簡単に留められる手軽さが人気のバッグです。水筒やペットボトルなどの飲み物とお財布を収納した
ちょい散歩スタイルで持ち歩くのに便利な形で旅行などに行く際にサブバッグとして使うのも良いと思います。
ショルダーの長さは3段階で調節が可能で、男性でも余裕を持って斜め掛けに出来るくらいに設定。
カップルやご夫婦で兼用するのにもお勧めですし、近所に買い物に行くという時などにも重宝するはずです。


インナーポケットなどは一切ないデザインで、底のマチに補強を兼ねて鋲が3つ付いています。
すっきりとした潔さと、レザーを組み合わせる事でより洗練された雰囲気にも感じられて、
ガシガシと使い込むほどにキャンバス・レザーの両方に経年変化が生まれ、味わい深くなっていきます。


カラーは新しく加わったNEW-BEIGEとGREYの2色をご用意しました。
最近はベージュや茶系が気になっているので新色の″NEW-BEIGE”は、同系色の服に合わせて持つのがお勧めです。
鞄には機能性も確かに重要ですが、こうでなくちゃと思いが強すぎると中々理想とするものには出逢えなかったりします。
自分が想いつづけた物に出逢うことも、とても大切なことだと思います。
それと同じくらいその瞬間のインスピレーションで、自分自身がはっとするようなデザインや色、柄などアンテナが
震えるような物と出逢って頂けたら嬉しいです。

12月24日


STYLE CRAFT WARDROBE    CARDIGAN♯4

color       NAVY

price       34000+TAX

SIZE           /    Ⅱ    /     SOLD

どか雪が降ってこのまま根雪になってしまうのかなと思ったのですが、ここ数日の暖かさで雪も溶けてアスファルトの上を
スニーカーで歩けることが何よりも嬉しいなと思いながら過ごしている年の瀬です。

毎シーズン欠かさずに提案をしているSTYLE CRAFT WARDROBEが作るVネックのカーディガン。
カーディガンというととても普遍的なもので、それこそ各メーカーでも展開される事ももちろん多く選択肢が沢山ある
アイテムだと思うのですが、選択肢の幅が広いからこそ自分自身が着たい!と思えるものと出逢うのが難しかったり。。。
シンプルなアイテムだけに誤魔化しが効かない部分があり、王道と言われる様なデザインを踏襲しつつもブランド独自の色を
如何にして出せるかいうのが決め手になると思います。


Vゾーンは浅く設定することで、シャツ・カットソーどちらを合わせた際にも綺麗な首元の納まりに映ります。
肩はラグランスリーブを採用し、肩周りや袖周りはゆったりとしたシルエットを構築。
袖を通す際にインナーとの相性を気にせずに着る事が出来ます。
カーディガンでは珍しく前身頃のみコットン100%の生地が張られていて、2枚仕立てにする事でふっくらと程良い
ボリュームが生まれ、イメージとしてはジャケットの様な感覚で羽織ることが出来ます。
Vネックのカーディガンは、どちらかと言えばシャツなどの上にさらっと羽織ってそのまま過ごす。
といったような、ハイゲージのものを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。
STYLE CRAFT WARDROBEが作るVネックカーディガンはウールの表面に品の良い光沢感があり毛足が短く、
見え方が重くなり過ぎないので、春先や秋のはじまりの頃であればメインの羽織としても重宝するはずです。


素材はウール100%のジャージー素材を使用。
伸縮性に優れた編地で、表面の肌触りもつるりとしていて気持ちの良い素材に感じて頂けると思います。
釦は大き目のナット釦が5つ、ポケットは手がしっかりと隠れるくらい大き目に設定をされています。
カジュアルでもどこか上品で暖かみのあるニットカーディガンは穏やかで優しい印象を与えてくれます。
ジャケット程畏まった装いではなくとも、ちょっと外で食事をしたりする時にきちんとした格好がしたい。
という方などにお勧めします。
日常着を選ぶ際に、カジュアルな服装であってもきちんと清潔感があったり、相手にとっても気持ちが良いと感じる
服装を心掛ける事は、年齢を重ねるにつれ大切だなと思う様になりました。
STYLE CRAFT WARDROBEの洋服は、僕のような30代後半から年上の方が、意気込んで人に見せる服装ではなく
肩の力を抜いて自分の生活環境に合った服装を楽しみたいという方に、とても自然な流れでフィットする洋服に思えます。


全体が少しゆったりと落ちる感じのシルエットが、このカーディガン特有の形状。
ちょっと大きいかな?と感じるぐらいのサイズ感でも、着慣れると心地良くそしてとても身体が楽なので
いつの間にか、このゆったり感が病み付きになっているから不思議です。
袖と裾のリブも細くテンションもきつくないので、身体を締め付ける様な感覚は一切ありません。


ベーシックなアイテムを如何に自分らしく着こなせるかというのは、洋服の一番難しくもあり楽しい部分だと思っています。
これという正解はないですし、パンツとの組み合わせ方やサイズ感、体型や顔の変化などなど、ちょっとした事で見え方に
違いが生まれてくることを感じられるのも、癖の少ないアイテムや普遍的なアイテムならではかもしれません。
中々出逢う事の少ない、自分の中で今これだ!と思うカーディガンです。ぜひ着てみてください。

12月22日


nisica      フードロングブルゾン

color       ブラック

price       50000+tax

SIZE       1    /    2    /    3   

今日は冬至の日。
昨日に続いてnisicaのフードブルゾンですが、もう一型ロングバージョンのタイプもご用意しています。
お尻がすっぽりと隠れる長さですが、足の動きを制限しないようなZIPは短めに設定し切り込みにして可動域をしっかりと
確保した作りになっています。車の運転などをしても着丈は邪魔にならないと思いますし、より安心感のある保温性を
確保出来るので冬を過ごす為の万能なコートになると思います。
ストレッチ性のある素材で動き易く、質感も落ち着いているので服装を選ばずに着ていただけるはずです。
昨年の厳し過ぎる冬の寒さを体感して、身体をしっかりと守ってくれる様な軽くて暖かなコートを展開したいと
思っていたので、展示会で見た時に真っ先にオーダーをしようと決めた1枚でもあります。


フードブルゾンと同様に、薄く中綿が入っています。
素材は表地がリップストップのポリエステル生地、裏地はナイロンとの組み合わせになります。
格子状に作られたリップストップの生地はアメリカ軍がベトナム戦争時に開発した生地で、縦と横方向にストレッチ性に
長けていて裂けにくい特徴があります。カラーはブラックでマットで落ちついた表情に映ります。
余計なポケットや付属品が付いていませんので、大人の雰囲気が漂うフードブルゾンに仕上がっていると思います。
大雪の翌日の日などは朝もバタバタします。雪かきをして車に乗って着いた先(職場)で、またも雪かきをしたり・・・
そんな忙しい朝でも、自分の気に入っているアウターがあるだけで服装もさっと決まりますし、気持ちの面でも多少の
モチベーションになったりするのではないかなと思います。
フード系のブルゾンはアウトドアブランドの物でも選択肢はあると思いますが、そのテイストが強いと私服に合わせた際に
色やロゴの主張が強くされていたりして、全体のバランスに合う物が見つからなかったりします。


フロントのジップはダブルジップを採用。
裾からインナーの色を覗かせて着るのも良いですし、雪が融けて自転車に乗る方なども可動域が確保出来るので
アクティブなスタイルにもマッチすると思います。
見た目がモコモコしないですっきりとしているので、秋が深まった頃から冬場、そして春先の冷たい風が吹く頃まで
3シーズン対応出来るのも化学繊維ならではのメリットです。


アウターやコートの選択肢は様々あるので、ライフスタイルに見合うモノであったり、くたびれたというタイミングで
買い替えをしたり、僕自身も今までは重たいウールのコートと風をしっかりと防いでくれる2枚仕立てのトレンチコートが
良いと思ってきましたが、この年齢になって軽くて暖かなものも素直に良いなと思えるようになりました。
今までは頑なに重たいコートを着てこそ!!(笑)という凝り固まった性格故のセレクトだったようにも思うのですが
今シーズンは中綿や薄手のダウン入りのコートやジャケットを提案したいと思い、展示会を見てアンテナに引っかかった
アイテムを店頭に並べています。自分自身の今までの好きを大切にしながらも、経験した事や、気候の移り変わり
その土地に合うものを少しずつ変化させながら提案をし続けていたいなと、より強く思う様になりました。
軽くて暖かいアウター類を、ご自身のワードローブに加えてみてはいかがでしょうか。

PageTOP