9月15日


FilMelange   HANNA

color     BLACK

price     25000+TAX

SIZE      1 SOLD

三連休の中日。やっとやっと再び秋らしい涼しさが戻ってきてほっと胸を撫でおろしています。
大銀杏の木陰の下がとても気持ち良くて一休みしていると、金色の葉がヒラヒラと舞い落ちてきました。
お~こちらもそろそろ黄金アフロヘアーになる準備中ですね!と、またひとつ秋の訪れを感じたひと時。
そういえば、中津川に鮭が上ってきたという報せも届きましたね!じわりじわり、秋。

着実に季節は進み始めているので、長袖のものどしどしご紹介します。
FilMelangeのレディースアイテムも揃っていますよ。秋冬はニットを展開することが多かったのですが
今季は真冬のアイテムよりも、秋から冬の間を埋める様な生地感だったりさくっと着られる一枚だったり、
季節をそこまで限らずに着られる服が気になりました。


FilMelangeより今季新たに展開されたHavy Cord Knit。
生地の表情と適度な厚みが、丁度いま時期ぐらいの移り変わりの季節に着る一枚着としては相応しい生地感で
インナーに一枚カットソーを挟める余裕のあるシルエットも手にする頻度が増え重宝する一枚です。
着た際に一番のポイントになるのは、ここ数年では馴染みのある方も多いボトルネックのデザイン。
正面から見ても、やはり首元を包み込む衿の形状は際立ちますが、肌にぴたりとくっ付いたり締め付けたりする感覚は
一切無くてむしろ優しい肌触りに、着ているうちに全く気にならなくなるのが不思議なこの形。
シンプルなプルオーバーに見えますが、やはりFilMelangeが得意とする生地に注目すると表面に微かな凹凸が。
コーデュロイの様な表情に編み立てる為に、特殊な編み機を改良し縦の目が強調されるように仕上げたという生地は
見ると畝が編目で表現されているという、その見ただけでは分かりづらい拘りもFilMelangeならではといった所。
だからこそ着心地には絶対の信頼が在り、袖を通した際の絶妙な張りとしなやかさ、肌に心地よい柔らかさには
一瞬にして虜になって脱ぎたくなくなってしまうと言うのは大袈裟ではないと思います。


そして実はプルオーバーかと思いきや、背後には釦が並び後ろ開きになる仕様。
バックスタイルが印象的になり、また釦の開け方によって着方にも色々と広がりが生まれそうなデザイン。
着る際に釦を全て後ろ手で留めるのは中々大変だったりするので、ある程度ボタンを留めて被って着るのが
良いのかなと思います。
肩周りや袖幅、身頃にも適度なゆとりがあり、着丈がそこまで長くないボックスシルエットなので、
ワイドなボトムや裾ギリギリくらいのロングスカートなどを合わせて足元にはカラフルな靴下と綺麗目な革靴。
ボトルネックの首元からちらっとスカーフなどを覗かせても素敵ですね。
前後どちらの着用も可能なパターンの様にも思うので、釦を前にして着た場合のコーディネートを
続いて下に載せてみました。

color     HARITAGE BLUE

SIZE      1 SOLD


前後を逆にして着てみても、首回り・肩・袖・背中など違和感を感じたりはありませんでした。
釦を留めずにカーディガンの様に羽織って着るのも良さそうですが、せっかくの襟のデザインを活かして
トップ釦とその下一つか二つぐらいを留めて、裾はヒラヒラっとさせて着るのが好みな感じです。
選んだ色は、先にご紹介したベーシックな黒と、もう一色はくすんだ青が独特な雰囲気のHARITAGE BLUE.
そのはっきりとしないややくすんだブルーが個人的にはとても好きな色だったこともあり迷いなく選んだ二色。


シルエットの綺麗なチノパンやワイドデニムなど、メンズライクなパンツスタイルやスポーティなテイストとも
相性の良いFilMelangeの服ですが、レディスアイテムにはカジュアルな中にもエレガントで凛とした空気感が
漂っていて、だからこそスカートだったりヒールのある女性らしい靴などと組み合わせても調和が生まれます。
素材への拘りや作り込みはどこまでも職人気質。
FilMelangeの上質な素材は決して着ていてだらしなさを感じさせないというのも、何よりの強みだと感じています。
これから更に朝夕と日中との気温差が大きくなる季節になりますので、着心地が抜群の丁度良い肉感の羽織物は
何枚持っていても重宝するはずです。是非ご覧になってみてください。

7月6日


FilMelange   OUDNEY

color      melange

price      17000+tax

SIZE      3    /    4    /    5

color      black navy

SIZE      3    /    4    /    5

FilMelangeが毎シーズン提案をしている鹿の子シリーズ。
王道のデザインにロゴマークが一切入らないシンプルなカタチのポロシャツ。
カジュアルな服装は勿論ですが、クールビズなどのオンスタイルにも幅広く着られる1枚で
質の良いものを着て過ごす時間は、当たり前の日常に彩を与えてくれる存在になってくれると思います。
今シーズンは、タンザニアで育てられたオーガニックコットンの糸を2本撚りにしてニットの専門の編み機で
じっくりと時間を掛けて網目の詰まったしっかりとした質感に仕上げています。
普遍的なアイテムだけに、デザインを大きく変えたり奇をてらう事は難しいと思うのでFilMelangeならではの
「質」を重要視する方に手に取って頂ければ嬉しいです。


スポーティーなで爽やかな一面とクラシカルな表情とか入り混じった″OUDNEY″は、綺麗なジャケットなどの
インナーに合わせても良いですし、あえて土臭い軍パンやチノと合わせる事でバランスを崩して着るのもお勧めです。
シャツともカットソーとも違う、絶妙なニュアンスを表現できるアイテムで着方次第で様々な表情を見せてくれる
懐の深い日常着になってくれると思います。


鹿の子編みは表面に凹凸のある生地感が特徴的で、機能的な側面を持っている事でも有名です。
風が抜けやすく凹凸のある生地によって肌に直接触れる面積が少なくなりべたつきが抑えられて
テニスやゴルフなどのスポーツのユニフォームとして使われたりもします。
ファッションとしての側面と機能性を併せ持っている点も鹿の子のポロシャツの面白さで
夏の暑い季節を過ごすには理に適った素材と言えます。
素材にとことん拘りを持っているFilMelangeが作った鹿の子となれば、着心地は折り紙付きです。


シンプルで普遍的なアイテム程、良質で自分自身が納得出来るものを身に着けていたいと思っています。
見た目には一切の派手さやアイコンになるようなロゴマークなどは入らないのですが、それでもどっしりとした
佇まいは、誤魔化しも無くだただストレートな物作りによる存在感を放っているように感じます。
その場しのぎで消耗品に近い感覚ではなく、毎シーズン夏が来るたびに箪笥から引っ張り出して色が褪せてきても
着たくなるくらい愛着が湧く存在になっていれば良いなと思っています。
FilMelangeが作るポロシャツ。ご自身のスタンダードな1枚に加えてみては如何でしょうか。

6月4日


FilMelange   RODERICK

color      melange

price      14000+tax 

SIZE      3    /    4    /    5

color      navy black

SIZE      3    /    4    /    5

ここ数日はカラッとした暑さで日差しは強いですが湿度がない分、過ごし易い気候だと感じています。
日中であれば半袖を気持ち良く着れますが、夕方になると涼しい風が吹いて羽織物が1枚あると安心して
外に出掛けられると思います。羽織物を持って出掛けるのが面倒であったり温度調整するのが苦手な方に
お勧めしたいのが7分袖のカットソーです。更に言うと薄手ではなく中肉から厚手くらいがお勧め。
FilMelangeが定番で作り続けているヴィンテージライクな天竺生地のタイプと、今シーズン新たに開発された
表面に凹凸のある厚地のワッフル素材と、異なる2種類の生地でご用意をしました。
上質なカットソーは袖を通すだけで何とも言えぬしあわせな気持ちに包まれますし、肌に直接触れるものであれば
より心地が良いと感じるものを手にしたくなるのは、本能というか自然な事だと感じています。
一度手にして体感していただければ、心地良さ以外にも優れた物づくりが詰まっている事が分かるのですが、
それ相応の価格なのも確かです。
でもその価格も納得させるだけのクオリティではあると自信を持って提案できますので長い目で見て
自分が気持ちよくいられるカットソーを着たいと思う方にお勧めしたい1枚です。


良質な超長綿糸の製造工程でふるい落とされたコットンを集めて、トルファン綿とを掛け合わせる事で
上質でヘヴィーなウエイトのワッフル生地を作製。超長綿の特徴として肌当たりの滑らかさとキックバックが
あるので型崩れがし難く着る程に素材の持っている良さが引き出されていく印象です。
厚みはそこそこありますが、生地の中に空気の分量が多く含まれていて見た目程の重さを感じずにさらりと
着られるカットソーに仕上げています。
表面に程よく光沢感があって、どちらかと言えばアメカジ色の強いワッフル生地もどこか色気を感じる様な
大人っぽい印象に映ると思います。
カットソー1枚だと子供っぽく見えたりして苦手意識がある方もいらっしゃると思いますが
首元と袖口の細かな刺繍なども含めて、だらしなく見えないような工夫がされています。


肩のラインはラグランスリーブを採用。
可動域をしっかりと確保した仕様で、裾の処理は曲線的なラウンドした形状になります。
一癖ある仕様が着用した際の存在感に繋がり、カットソーを1枚で着ても雰囲気良く見える理由に
繋がっているのだろうと思います。


肌寒さを感じる時には薄手の羽織物をさらりと合わせて頂きたいです。
ジャングルファティーグのジャケットなどを組み合わせると、コテコテになり過ぎないアメカジライクな
着合わせが出来るのでお勧め。物足りなさを感じる時にはベースボールキャップや小さめの色のある
バッグなどを取り入れるとアクセントが生まれて着こなしにまとまりが出るはずです。
カットソー1枚をさらりと格好良く着こなすのは実は簡単ではないのですが、サイズの選び方や小物などの
合わせ次第で見え方を変える事が出来ますし、年齢を重ねる事でその人自身の醸し出すオーラであったり
哀愁?のようなものが良いスパイスとなって、カットソーを着た時に若いときとはまた一味違った空気感を
纏う事が出来るのではないかと勝手に分析しています。

FilMelange   DAVY

color      campione melange

price      10000+tax 

SIZE      3    /    4    /    5

color      black

SIZE      3    /    4    /    5

昨年のFilMelangeのイベントが行われた際に、自分自身が購入して気に入って着ていたTシャツが七分袖の
″DAVY”カラーは″BLACK”でした。
今までは夏に着る黒は重たいかなと思って手を出していなかったのですが、軍パンやデニムに合わせると
見た目のちょっとした重たさが逆に癖になってしまい、来年は必ず店頭で提案をしてみたいと思っていました。
春夏のシーズンは気温が上がるにつれて必然的に軽快な色目を手にしがちですが、シックな着こなしをしたいと
思う日があって、今まではネイビーに頼りがちだったのをブラックにする事でよりすっきりとした印象に。
食わず嫌いではないのですが、自分の感覚になかったものを手にした感覚がありました。
メーカー自体も杢調のブラックをメインに展開していたのですが、すっきりとした単色のブラックも定番色として
展開を続けているので、rasikuでも徐々に浸透していけばと良いなと思っています。


オーガニックコットンの落ち綿を掛け合わせて作られるオーガニックラフィーは、FilMelangeが作り続けている生地で
程よく肉厚で型崩れが殆どなくふんわりとした着心地が病みつきになってしまいます。
長袖・モックネック・七分袖・半袖・カーディガンなど様々なデザインに用いられていて、僕自身もお店が
オープンした7年前に購入した半袖Tシャツは今でも現役で着ています。
勿論着用頻度やお洗濯の仕方によっても異なりますが、数年前にお客様に購入して頂いたものを着ている姿を見ていても
長持ちするカットソーだと感じる事があり、嬉しい気持ちにもなります。


″DAVY″も″RODERICK″同様に裾のカッティングをラウンドした形状。
細身のパンツも良いと思いますが、ワイドパンツやショーツと組み合わせるのが格好良いと思います。
時期的にもショーツの出番が増えるので、少し大き目のサイズ感で夏らしくゆったりと合わせて頂きたいです。


ずっと着続けていたいと思えるカットソーに出逢えるのはなかなか難しいのですが、FilMelangeの作り出すアイテムは
実際に自分自身で着ていて、どれも本当に良いと感じられるものが多いなと思います。
良質な素材を探し出し糸から開発をして、オリジナルの生地に落とし込み、縫製する事を一貫して全てのアイテムに
注ぎ込んでいる労力や時間は嘘を尽きませんし、着る喜びを感じさせる数少ない洋服の1つであることは間違いありません。
ご自身のワードローブに七分袖のTシャツを1つ加えてみては如何でしょうか。

5月19日


FilMelange   DOMINIC2

color      DEEP NAVY 

price      16000+tax 

SIZE      3    /    4    /    5  SOLD

ここ数日は透き通る様な青空と、日中は少し汗ばむらいの身体にとっては心地良く感じる気候が続いています。
服装はシャツ1枚で過ごしたり、半袖のTシャツを選んでジャケットを羽織ったりベストを組み合わせたりと
気分によって使い分けながら、この時期ならではの着こなしを楽しんでいます。
夕方から夜になると気温もぐっと下がり、半袖のカットソーでは物足りなさを感じるので、羽織物は常に
バッグの中に入れて持ち歩くようにしています。そんな日々がこれから梅雨時期くらいまで続くのを考えると
素材の厚さと薄さ、デザイン違いの羽織物があると出掛ける際に安心感が持てますし、洋服が直接肌に触れる事が
増えてくる季節なので、自然と着心地が良いものを手に取りたくなります。


FilMelangeが毎シーズン定番で展開している″DOMINIC2″は、アップデートを繰り返しながら10年以上
作り続けているカットソー素材のVカーディガン。ニューリンダ天竺と呼ばれているギザコットン(エジプト綿)
を用いて、オリジナルのレシピで開発した生地を贅沢に使用。程よく肉厚で強さを併せ持った素晴らしい素材。
カットソーの中で名品と呼ぶに相応しいポケットTシャツ″SUNNY″などにも同素材を使用。
袖を通すとすっとした滑らかで柔らかな肌当たりに驚かされます。男性女性問わずにネイビーの
Vネックカーディガンはワードローブに一枚はあって困らないアイテムだと思います。
微妙な温度調整をする為の羽織物としてお勧めです。


Vネックカーディガンの気になるデザインとして、Vゾーンの深さがあります。
個人的にはVゾーンが深く開き過ぎているのが苦手なので″DOMINIC2″は、開き過ぎず丁度良いバランスに
仕上げられていると思います。インナーはクルーネックのカットソーとの相性は言うまでもなく
衿の小さいシャツやバンドカラーのシャツと組み合わせても良さそうです。
袖と裾のリブのテンションも程よく、身体に一切のストレスのない着心地を実現しています。
カーディガンを着たことがない方やお持ちでない方にとっては、ニットではなくカットソーなので
お洗濯の心配や型崩れなど気を使う必要がありませんので、使い勝手の良さとストレスのない着心地を
実感して頂けると思います。


シンプルなアイテムほど奥が深くて誤魔化しが利かないと思っています。
Vネックのカーディガンは作っているメーカーや物の数としては選択肢は多くあるのですが
納得して着続けたいと思うものとなると探すのが難しくもあります。
素材の選び方、紡績方法、テンションの強さなど、ブランド独自で開発し続けている生地のクオリティの高さは
折り紙付きで、袖を通す度に心地良さを感じられる洋服はワードローブに残り続けていくだろうと思います。


見た目の派手さはないのですが、痒いところに手が届くような感覚の存在になってくれると思います。
気温の変化の大きい季節に持っているだけで、じわじわと良さを実感して頂けるはずですし
涼しい素材の洋服に手が伸びてしまいそうな気候ですが、長い目で見て選んで頂ければ嬉しいです。

2月11日


FilMelange    GEOFF

color        GINGER

price        23000+tax

SIZE        3    /    4    /    5

朝家を出て、中津川の遊歩道を歩いていると、肌で感じる温度はいつも通り冬なのですが草の青っぽいほ仄かな匂いを
感じる事が出来ました。毎日同じような風景でも少しずつ変化があって、五感を研ぎ澄ましていると小さな喜びや感動が
あちらこちらに転がっているんだなと感じる散歩道でした。2月も何だかあっという間に過ぎ去りそうな予感です。
FilMelangeから、今時期からでも即戦力になり得るコットン素材のニットベストが届いています。
展示会で手に触れた時はシャリ感があって麻を使っているのかなと思ったのですが、素材は綿100%で作製。
麻素材を使用すると、どうしてもニット全体の重みが増してしまい着用を繰り返しているうちに伸びが出てしまいます。
麻特有のシャリ感を表現する為に「蒟蒻」を使ってコットンの糸にコーティングする事で、麻に似た風合いを出す事が
出来る上に、糸自体が強くなるので伸びも出ずに型崩れがし難いニットに仕上げる事が出来ます。


表面は凹凸のある畦編みを用いて、裾には「矢振り」と言われる切替しのデザインを入れる事で繊細且つ立体的な
表情を生みだしています。昨年もニットベストを展開していたのですが、今季の″GEOFF”はシルエットを大きく変更。
ゆったりとした身幅に着丈が伸びて、リラックスした着心地になっています。
※178CM 体重63キロ  着用サイズ4 


インナーにはカットソー・シャツどちらでも納まりが良く、ニットならではの伸縮性のある着心地は
肌寒さを感じる日や、コーディネートに少し物足りなさを感じた時などに持っていると重宝すると思います。
カラーは汎用性の高い″NAVY″と、アクセントとしてお勧めしたい″GINGER”の2色を選びました。
僕自身は色に対して抵抗が年々薄くなっていて、特に明るい色目は気分を大きく変えてくれるので
似合う似合わないと先入観で決めつけすぎずに挑戦して頂けたら嬉しいです。
特に春先は冬の重たい空気を入れ替える為にも″GINGER”の様な目を惹く色を取り入れると気持ちが明るくなりますし
ネイビーやブラックのコートやジャケットからちらりと色を覗かせるのもお勧めです。


FilMelange自体はカットソーを得意とするブランドですが、ニットの完成度も毎シーズン素晴らしいと思っています。
今シーズンはニットの産地として有名な山形県にある熟練したニッターさんにお願いをして作製。
カットソーとの一番の違いは、カットソーは平面的な見た目に対してニットは立体的で動きのある美しい表現が可能。
″MEDE IN NIHON″に拘り続けるブランドとしての姿勢と物作りを感じて頂けるのではないでしょうか。
ベストに関しては、提案するブランドが限られている事もあり沢山の選択肢は出す事が出来ませんが
それでも展開数は多い方だと思いますので、ぜひ多種多様なベストを探しにいらしてください。
FilMelangeのベストに関しては何といっても素材感が際立ちます。
袖を通すと簡単にはへこたれない編地の強さ、それに対して切替し部分のデザインとしての美しさの
全く異なる2つの感覚を味わって頂ければと思います。

color        NAVY

SIZE        3    /    4    /    5 SOLD


汎用性を考えるとネイビーのニットベストはワードローブに1枚は持っていても良いアイテム。
春と秋のシャツ1枚では肌寒さを感じる季節に、がぼっと重ねるだけで体幹の温かさが別物になりますし
コットン素材であれば季節を問わないので使い勝手が広がるのではないでしょうか。
ニット素材のベストとカーディガンは、本当に良いと思えるモノは案外少ないので感覚が合うなと感じた際には
少しだけ無理をしてでも手に入れておいて良いと思います。
気候と気温が不安定な季節(特に春先の様な気温差が大きい時期)に着れるアイテムは持っていて損はしません。


痒い所に手が届くという表現がぴったりで、一度着ると病み付きになるベストは手放す事の出来ない存在になるはず。
重ねるだけでだらしなさが軽減されるというのも良さだと感じていますし、ニットならではの上品に見える雰囲気を活かして
畏まった場所や食事に着て行くのもお勧めです。まだまだ厚手のコートやアウターが手放せませんが、内側から少しずつ
春の装いを意識した着こなしをし始めるの良いのではないでしょうか。

PageTOP