10月12日

FilMelange   LIPTON

color      mocha

price      42900-(TAX IN)

SIZE      1

雨が過ぎ去ってまた一気に秋が深まってきました。と同時に気温が急にぐんっと下がって
スウェットを一旦通り越してニットに包まれたくなるほど。さすがに早いのでは?と思うかもしれませんが、
体感的にはこのぐらいが丁度いいと感じてしまうくらい、この季節の変り目は体調を崩し易いので
念のため早めの防寒対策を自分にも、同じようにこの時期に不調になり易い方へ向けてご提案したいです。

重たいセーターはもう着れないかもしれない・・・と感じながら、やっぱりざっくりボリューム感のある
セーターというのは見た目から暖かさが伝わってきて、毛糸が醸し出す趣ある表情は魅力があります。
そして寒さが厳しくなるにつれ、心身を優しく包み込む暖かな存在には救われることも。
見た目・着心地・重量などなどセーターにはいろんな選ぶ基準がありますが、FilMelangeが作り出す
ニットにはその基準をバランス良く備えて、心から満足出来るクオリティのものが間違いなくありますし
毎シーズン、その時の気分でオーダーをしています。
今回心惹かれたのは、カシミヤとラムウールをブレンドした糸と、ローシルク100%のネップ糸を
表側に出すことでニットの奥行きのある表情と、優しい肌触りの両面がどちらも際立つように仕上げた
FilMelange特性ブレンドのレシピで編み立てたニットシリーズ。
同素材でレディス・メンズと数型選びましたので、ひとつずつご紹介していきたいとおもいます。

上半身をすべて覆ってしまうくらい、ゆったりとしたシルエットで仕上げた”LIPTON”は
口元まで隠れるほどのハイネックに、袖・裾のリブもしっかりと長めに設定されていて
とにかくこの一枚があれば、真冬も乗り越えられそうと期待に胸が膨らむこと間違いなしのニット。
見た目がここまで覆われていて、それでいて比較的しっかりとした厚みも感じられるのにも関わらず
着心地はとても柔らかく軽やかで、しっとりとした滑らかさもあって、そこまでの重さを感じません。
ヘヴィーなニットを着ているぐらいの見た目の包容力と、ニットそのもの自体の保温性を兼ね備えながら、
理想のゲージと度目を目指して配合された糸と、そして糸量によってここまで贅沢な着心地に仕上がるのかと
これは着てみないことには想像できないかもしれませんが、その素晴らしさに感動を覚えます。

襟や裾、そして袖先はあえてロックをかけずに、ロールした状態に。
ほんの些細なくるんとした見た目の変化が、ちょっとしたアクセントにもなっていますし
ニットというどこか手強そうなイメージも解してくれているような印象です。
ワンサイズなので小柄な方ですと腰まですっぽりと隠れる着丈になりそうですが、
適度に落ち感があるので、細身のデニムやスカートに合わせていただくとバランスが取り易いかと。
中にあまり着込まずに、ニット一枚で真冬は裏地のついた滑りの良いオーバーコートを羽織って
足元はローファー、スウェードの革靴など少しだけキリっとさせてシンプルに着ていただくと
素敵ではないでしょうか。

カシミアとラムウールの素材の特徴として、特有のぬめりと保湿性と吸湿性にも優れているため
たっぷりとした分量の割には重苦しい見た目になりませんし、そして蒸れにくいというのも
冬場の衣類においては重要なポイントになるかと思います。
天然素材だからこそ、汗をかいても蒸れずに匂いなどもあまり気にならないのもニットの良さですし
お洗濯なども個人的にそこまで頻繁にする必要も無いと思っていますし、ホームクリーニングでも
案外問題なかったりするので(不安な方には信頼できるクリーニング屋さんをお勧めしています)
何事も経験として試してみるのも一つ大事なことですし、上質なカシミヤやウールはきっと季節が
巡る度に取り出すのが楽しみな存在になると思うので、ぜひお気に入りの一着を手にしていただきたいです。

10月7日

FilMelange   CAGE

color      CRAZY

price      26400-(TAX IN)

SIZE      3    /    4    /    5

5月に植えたサツマイモと後を追って慌てて植えた里芋の苗。
昨日の定休日を使ってどちらも無事に収穫を終えました。殆どいうか全くと言って良いほどに手を加えずに
育ってくれる作物のありがたみを感じつつ(笑)
もっとこうしたら良いのかなとか今度はこうしてもみようという意欲も湧いてきて、だからと言って
あまり肩の力を入れ過ぎずに自分達のペースとムード、適度な距離感を保ち続けるのが長く続けられる秘訣かなと
思いつつも大満足の収穫でした。

スウェット好きな私の心を掴んで離さないFilMelange。
前回ご紹介をしました”Rolf”に続いて、よりヴィンテージライクなムラ感のある素材を用いて作製された”CAGE”
カンピオーネ裏毛というブランドオリジナルのファブリックを、クレイジーパターンに組んだクルーネックスウェット。
ふんわりとした柔らかさと肉感の割に軽いというのもこの生地の特徴で、ボックス型の整い過ぎていないシルエットが
段々と心地良く感じるようになってしまい、個人的にも同素材のスウェットを3年連続で手に入れているという
それ位に丁度良い塩梅なんだよなぁっと感心させられる1枚。
スウェットなので気兼ねなくというのは当たり前かもしれないのですが、そんな中にあってもより一層気兼ねなく
着れるというのがポイントで、特にスウェット好きな方には一度袖を通して頂きたい存在です。

メインとなるボディ、パーツとなる袖・首元・リブと其々に色を変えながら作製されていて
色遣いはあるものの、全体としては統一感があって着難いという雰囲気を一切感じさせないのは流石の一言。
クレイジーパターンだからと気張り過ぎずに、紺色のスウェットを着る位の感覚でさらっと
合わせて頂くのがベストの様におもいます。

ヴィンテージライクな作りとして象徴的なディテールとして袖と裾のリブの長さが挙げられます。
如何にもスウェットらしいというと語弊があるかもしれませんが、長リブは特徴的に映るのは間違いありません。
テンションは緩すぎずきつ過ぎずなので長時間着用していてもストレスになりませんし、個人的にはアメカジらしい
普遍的な着こなしをするのが好みです。デニムや軍パンに足元はクタクタになりかけているキャンバスのスニーカー。
プラスして頭にキャップをのせる位でしょうか。誰にでも無理なく出来る服装ですし、その中でサイズ感や
パンツとスニーカーのバランスで自分なりの落し所を探すのが楽しいです。

普通に何気なく袖を通した時に、自分がイメージするよりも気の抜けた感じに見えるのがクレイジーパターンにしか
出す事の出来ない良さだと思います。イメージするのはプリントモノを手に取る位の感覚かもしれません。
それでいて着心地が抜群なので、気を抜くと案外登場する回数が多くなってしまったりして
FilMelangeの奥行というのか、素材とデザインのバランスを追求し続けているブランドだからこその
自然とリピートしたくなる理由が、あちらこちらに見え隠れするような気がします。

FilMelange   CABOT

color      CRAZY

price      28600-(TAX IN)

SIZE      3    /    4    /    5

更にセパレートポケットと首元にハイジップを付けたデザインの”CABOT”もセレクト。
クルーネックの唯一の弱点とも言える、首元の寒さ。これは個人的にも長年苦しめられてきていますが
そんな小さな悩みを一蹴するような、見事なハイネック。
これで寒さという悩みを解消して着られるのと、セーターとかがどうにもこうにも苦手な方にもお勧め。
あと1カ月もすれば首元をしっかりと保護して暖めることは必須条件になるので、巻物をグルグルしたりせずに
コートをがばっと羽織って頂ければ、それで完成するような機能的なハイネックスウェット。

FilMelangeが過去に採用してきたデザインを踏襲しながら、また違う毛色のアプローチでデザインを起こして展開する。
匂いは残しつつも、全然違う雰囲気なのでそれはそれでまた新鮮な気持ちにさせられます。
王道のフードではなく”ZIP付きのハイネック”というのが最も惹かれたポイントです。

今日の盛岡の最高気温は20度に届かない位の予報でした。朝はしっかりと冷え込んで13度前後だったでしょうか。
風もあって、薄着では完全に物足りない気候。
そろそろ本格的なスウェットシーズン到来を思わせる気温だったのを見て、インナーに薄手の長袖を組み合わせ
カンピオーネ裏毛のスウェットを張り切って着てきました。少し肌寒さのある気候にスウェット1枚は丁度良く
ありきたりなという表現が正しいか分かりませんが普通の服装ですが、一番好きなバランスでもあり
着ていてとにかく心地良いです。FilMelangeの洋服に袖を通す度に、1日が何となく幸せな心地にさせられますし
それ位に自分のライフスタイルにとって欠かすことの出来ない存在だと思っています。
季節と秋冬の洋服がマッチしたタイミングで、お気に入りの1枚を探しにいらして頂ければ嬉しいです。

9月18日

FilMelange   ROLF

color      WHITE MELANGE

price      28600-(TAX IN)

SIZE      4    /    5    /    6

まだ着るのには少し早いのですが、FilMelangeの現在展開するスウェットの中で最高峰とも言える裏起毛素材。
リリースされたのは、2シーズン位前だったかと思います。
展示会に並んでいるスウェットの中でも一際存在感というのかオーラを感じたのを今でも鮮明に覚えています。
最初のシーズンに自分用のを手にしてからは着心地の良さと動き易さを重視する出張に着ていく事が多く
セーターの様な暖かみと1日歩き回っても一切のストレスのない洋服というのは本当にありがたいなと思いながら
着用を繰り返しながら3シーズン目に突入。

今季で3シーズン続けての展開となりますが自分自身も含めて、プラスして店頭に来て着て下さるお客様の姿も
ちょくちょくと見かけるので、着心地の良さからついつい手に取り愛用して下さっている事を肌で感じる1枚。
スウェットという当たり前に存在している概念を少しだけ変えてしまうのではないかと思わせる位に贅沢な着心地。
カシミアに近しいタッチと言っても大袈裟ではないと言える位に、素材の段階から厳選し改良を重ねられていて
製品開発をする際にコンセプトとして掲げられた10年後を見据えたモノを作りというのが、過剰な表現ではなく
しっかりと体現されているように思います。
今ではブランドを代表する裏毛素材として定着し、唯一無二の存在として静かに抜群の存在感を放ち続けています。

デザインはとてもシンプル。どちらかというと小細工は一切なしで素材で勝負している印象を受けます。
肩線だけややドロップした位置に付き、首元が少しだけワイドに開いていて、詰まり気味のクルーネックのインナーと
組み合わせるとちらりとだけ覗くのも、何となく好感が持てるのではないかと。
着心地を最も左右する素材ですが、表側にコットンの品種の中で最高峰と位置付けされるシーアイランドコットンと
裏毛にあたる部分には世界各国から集められたオーガニックコットンとの贅沢過ぎるコンビネーション。
釣り編み機でゆっくりと時間をかけて作製されていて、超長綿ならではの張りと柔らかさの2つの特性を持つ事により
着用した際に生地のキックバックが、今まで袖を通してきたスウェット類とは良い意味で違いを感じて頂けると思います。
単純に固くて伸びにくいというものではなく、伸びるけれども復元力があって型崩れを殆ど起こさないといいうのが
この生地の最もな凄味の部分と感じています。

選んだカラーは”WHITE MELANGE”という、白をベースに立体感のある杢調が組み合わさった様な色目。
生成とも違いますし、ただの白とも言えない、糸本来が持つナチュラルな雰囲気がそのまま表現されているように思います。
グレー系の色目と同様に着易いカラーだと思いますし、パンツを選ばない汎用性の高さもポイントです。
サイズ展開は4・5・6の3サイズをご用意しました。
全体的にシルエットはコンパクトに設定されている様な気がしていて、サイズ4=S~M(細身の方)サイズ5=M~L(細身の方) サイズ6=L~XL(細身の方) 位に適したサイズ感になると思います。
本格的に着用するのはきっと10月頃からになると思いますので、本気のスウェットをワードローブに持っておきたい
という方は、是非候補の1つにしてFilMelangeが作る「ROLF」とてもお勧めです。

9月11日

FilMelange   ACE

color      BLUE

price      30800-(TAX IN)

SIZE      34    /    36

店内は秋の洋服に入れ替えたので、それに倣って自分の服装も長袖へシフト。
この微妙な気温をどう過ごすのか。これが年々とても楽しみになっている事に気付かされます。
今年は急にロンTというアイテムに惹かれてしまい、今まで殆ど着たことが無かったことを反省しつつも
とても新鮮に感じながら着こなしをあれこれと考えて自分なりの良い落し所を探しています。
試す前から物事を決めつけすぎるのは良くないなと改めて思い、年齢による意識の変化なのか、
それとも気候変動によるものなのか、理由はどうあれ今まで手にしてこなかったアイテムを着るのは
色々な気づきが沢山あってとても奥深く面白いです。

昨年の秋冬にリリースされ個人的にも直ぐに手にして溺愛中の”ACE”
FilMelangeが久し振りに作製をしたデニムで、一昔前にフィルエムオールズというブランド名でデニムを
数シーズン展開していたのを覚えていますが、恐らくはそれ以来のデニムパンツではないかと推測しています。
穿き始めはもっとブルーがとにかく濃く、穿いているだけで手が青くなる厄介さとその分のパワーを秘めていたのですが
1年間穿いて奥行きのあるブルーに表情が変化をしてきました。
これ位になるとデニムは幾分穿き易さと親しみが湧いてきて、ワードローブの中心選手へと変貌を遂げます。
モノ作りにおける一切妥協のない姿勢と、豊富な知識と経験から生み出されるデニムだけあってヴィンテージにも
負けない位の雰囲気と現代のファッションシーンに合わせたデザインとシルエットは、それとは違う部分での良さと
単純に穿いていて心地良いと感じて頂けるはずです。

このパンツの出発点とも言える素材ですが、目標にしたのはアメリカのヴィンテージのデニム。
それを実現させるために当時の背景などを参考にしながら、素材はオーガニックコットンを使用しているのですが
繊維の長い超長綿をブレンドする事で、当時のムラ感のある表情に近づけるように工夫されています。
デザインはUS ARMYのデニムトラウザーを参考にしながら、そのままを再現するようなレプリカではなく
オリジナルのエッセンスを混ぜながら付かず離れずの適度な距離感を保った各ディテール。
当時の匂いはきちんと残した落し所に。
全体のシルエットのボリュームはしっかりとありますが、ワタリから裾にかけて綺麗にテーパードをさせているので
見た目よりも穿いた方が圧倒的に納まりの良さを実感して頂けると思います。

一時期、ヴィンテージでこの手のパンツを探していましたが価格・コンディション・サイズ感でイメージに
合致するものに出逢えずに諦めていましたが、FilMelangeのACEを手にした事でその欲望は満たされました。
昔ほど古着の方が良いというような発想が無くなった事も大きな理由かもしれませんが・・・(笑)
デッドストックのパンツを下ろしているかのような気持ちで穿けているのも、古着好きな性分を満たしてくれていて
ブランドが一貫して現代のヴィンテージアイテムを作るという趣旨にもブレない最高峰のデニムパンツに
仕上がっているのではないかと。生地はそれなりの厚みがありますので、夏場は流石に厳しいですがそれ以外の季節は
気にせずに穿いて頂けるはずです。

フロントはボタンフライで、ぶりっとした大き目の恐らく本水牛だと思うのですが手触りの良い釦が
ずらりと並びます。生地の強さに負けない位、釦もどっしりとした迫力。
触れる回数が多いだけに高揚感に浸れます。
ウエストにはサイズ感を調整するアジャスター釦も付きますので、閉めることで1インチ位の微調整する事が可能。
とてもシンプルな構造なのですが、この釦を閉めるとシルエットが若干ですが変わるのも個人的にはツボです。

カットソーを中心にトータルでの提案をするFilMelangeは、スウェットやTシャツなどのイメージが強いのは
間違いないのですが、布帛やデニムなどの別素材も巧みに操れる技術や背景を持ち合わせています。
今回のデニムは正直手にするまではどんな感じになるのか、楽しみな部分と予想出来ない感覚があったのですが
自分自身の予想を遥かに超える素晴らしいアイテムになっていると、穿けば穿くほどに思いました。
実際に昨年購入してくださったお客様も穿いている率が高いのを確認すると、何だかとても嬉しくなってしまいますし
じっくりと付き合っていけるお気に入りのデニムがあると、着こなしの軸が出来る事によって外へ出掛けるのが
楽しくなるのではないでしょうか。という事で”ACE”とてもお勧めの1本です。

9月10日

FilMelange   BREANA GL

color      LIGHT BEIGE

price      29700-(TAX IN)

SIZE      1 SOLD

湿度を感じる気候に、夏の季節が逆戻りしてきたような気もしますがトンボが空一面に飛び回っている様子や
自宅に植えてある桜の木の葉が散り始めているのを見ると、やっぱり秋なんだなと思わせてくれます。
秋と夏が、6:4くらいの割合な今日の盛岡。
服装に関してはコットン×リネンの程よく風が抜けて、夏過ぎずかと言って張りきって季節を先取りし過ぎない。
そんな生地感が身体にも心にもしっくりときそうです。

昨日もお客様とのやりとりをする中で、季節の変わり目に体温の調整がし易い羽織物を探されている方が
多くいらっしゃいました。一度気温がぐっと低くなったせいもあると思うのですが、秋に着る服装というのは
着られる素材の選択肢がとても広く自分自身でコントロール出来るからとても楽しい。
外側で温度を調整するのか、内側に着るものである程度の温度を保ってなど、その日の気分だったり天候で
自由な発想で服を選びぬいて、その日の気候と行く場所にぴったりと当てはまった時の高揚感たるや。
FilMelangeの今季のラインナップの中で、今ぐらいの時期を想像してこれだ!と思えた一枚は
カーディガン程、かしこまらずにリラックスしたムードで着用が出来る、BREANA。
デザインとしては作務衣風カーディガン!?の様な、とにかく万能な羽織物という事は間違いありません。

原料はオーガニックコットンと同量のオーガニックコットンの落ち綿を50%を掛け合わせた”オーガニックラフィー”
ブランドオリジナルの配合でメンズでも度々使用され、柔らかさとコシのある贅沢な素材に生まれ変わります。
今回はレディース様に太めの糸に紡績をし、ムラ感を活かした表現方法で生地を編立てました。
肉感としては中肉よりもややしっかりとした厚みがあり、表面に細かな凹凸のある生地感。
カジュアルな服装になるのは間違いないのですが、Vゾーンの見え方やサイドに深く入るスリットなど
女性らしいキリっとした空気を纏う事が出来るのも、カットソーを中心とした物作りを行いながらも
纏った際のトータルのバランスを常に意識するFilMelangeならではの落し所だと思います。

カジュアルに気軽に室内でも羽織れて脱ぎ着も楽に出来そう!というところが、一番の決め手となりましたが
実際に着てみた際の、身体のラインを拾い過ぎない、且つ自然なリラックスシルエットも気持ちが良くて
リブに起こりやすいダレ感も少なく、さり気なく見た目にも気を使っているところがまた素晴らしいです。
そして最初から、シルエットや生地が垂れないような編地で編み立てているというのも、FilMelangeの
強みですし、本当に長く着続けられるのも素材への拘りがあってこそだと着る度に納得してしまいます。
留め具はないので付属の腰紐を使ってガウンのように着ても良いですし、後ろで結んでさらりとTシャツなどに
合わせるだけでも不思議とサマになる、シンプルで綺麗な羽織物です。

サイズはワンサイズですが、先にも書いたボディラインを拾わない編地と釦なしのフロントデザイン。
中にどのくらい着込むかどうかは少し影響しそうですが、ある程度体型問わずに着ていただけるサイズ感。
小柄で細身な方にも、長身の方でもそれぞれの体型のバランスで気持ち良く着ていただけると思いますし
適度な厚みとざっくりとした風合いが、上品さを強調せずそれでいて落ち着いた空気を纏わせてくれます。
ちょっとぼんやりと映る明るいベージュもインナーに濃い色を着れば調和されますし、これから季節が進めば
段々と様々なもののトーンが落ちていくので、少し明るい色目の羽織物はむしろ出番が増えそうな気もします。
白いボトムや、グレーやキャメルなどの近い色でまとめてみるのも、秋の景色とマッチして良いですね。

color      SHADOW NAVY

SIZE      1  

もう一色は紫と青にグレーを混ぜた様な、SHADOW NAVY。
こちらの色目もとてもFilMelangeらしいというか、古着のようなやや色褪せたような雰囲気で
ブランドが得意とする物作りの背景が色にも丁寧に表現されていると感じます。
年齢や環境など様々な条件などを考慮しても、古着でこういった色目のモノを探して着るというのは
ハードルが高くなりそうですが、そんなハードルを下げてくれるというのか無理せずにクリアにしてくれたり
自分の中でこんな風な着たいなというイメージを叶えてくれる魅力溢れるカラーに映ります。

デザイン・色目共にもどちらもニュアンス色が強く出ている”BREANA GL”
曖昧な気候に何を羽織って出掛けようかと迷うタイミングで、気張らずに袖を通せるカーディガンの様な
洋服はワードローブの心強い味方になってくれるのは間違いありません。
どちらもカラーもきりっとし過ぎずに全体を上手く纏め上げてくれる、奥行きのある1枚です。
今週はやや気温が上がり、街行く人の服装の幅も半袖からコートまでとても広くなっています。
そんな時に、焦らず悩まずに過ごせる一枚があるかないかでモチベーションも変わってくるのでは。
半袖にさらっと羽織って、デニムにスニーカーを合わせて涼しい顔で歩くというのは如何でしょうか?
まさに今しか出来ない服装だと思いますよ。

PageTOP