7月25日

FilMelange    DIZZ

color       ocher

price       9900-(TAX IN)

SIZE       2    /    3    /    4    /    5    /    6

color       sage

SIZE       2    /    3    /    4    /    5    /    6

暑い暑いという言葉が止まらない、7月最後の日曜日。何度も言いますが毎日本当に暑いですね。
岩手県の高校野球も決勝戦が無事に終わり、そうなると今日からは各地方の戦況が気になる訳で・・・(笑)
この時期の忙しさは相変わらずで、BLOGを書きながら横目で高校野球中継の日々はもう暫く続きそうです。

7月も残り僅かとなりましたが、半袖のTシャツはしっかりと在庫を揃えています。
中でも毎シーズン欠かさずにセレクトしているのが、FilMelangeが提案し続けている定番素材を使ったTシャツ。
カラーバリエーションの豊富さと何年も淡々と作り続けているアイテムで、毎日でも袖を通したくなる様な
当たり前に着たいと思える1枚。今回はポケットを付けないバージョンにして新色を2色セレクト。
定番色とはまた違った雰囲気になるので、マンネリしがちなこれからの夏の着こなしに程良くアクセントと
新鮮な感覚を与えてくれる存在になりそうです。

素材に使用されているコットンはオーガニックコットンの落ち綿とバージンオーガニックを掛け合わせて作製された
「オーガニックラフィー」というブランドオリジナルファブリックで、この生地を使ったアイテムは多数展開。
中肉の生地感に適度な柔らかさがあって、お洗濯を繰り返しても殆ど型崩れせずに且つ着心地の良さは折り紙付き。
数年前に購入して相当着込んだ同素材の長袖をパジャマとして今は着ていますが、不思議な安心感というのか
まだまだへこたれない感じに驚きと価格以上の価値を感じる瞬間が何度も訪れます。
実際にメーカー側も、1軍として少し厳しくなってきたなぁ・・・というタイミングで肌着やパジャマとして
着て貰うのが本望と仰られていたので、最初は罪悪感ではないですが勿体ないかもと思うかもしれませんが
肌が柔らかなコットンに包まれている時間は、それ以上の価値をしっかりと感じて頂けると確信しています。

サイズ展開は2~6までフルサイズをご用意致しました。
一番小さいサイズ2はレディースのM位と思って頂くのが妥当ではないかと。
逆に一番大きなサイズ6はメンズのXL位がイメージになると思います。
シルエットは決して大きく作製されている訳ではありませんので、今まで着ていたサイズが少し窮屈に感じたり
より涼しく着たいという方はワンサイズアップ位を選ぶと身体と生地に空間が出来て幾分涼しさも増すと思います。

半袖のTシャツは他の洋服と比べると直接肌に触れる機会が多く、お洗濯の回数も必然的に増えてくるので
ある程度のタイミングで買い替えが必要になってくるのは仕方のない事。
消耗品と捉えてしまえば、安価なモノで対応して・・・考えるのも当然ではあります。
自分自身の価値観であったり気持ちの良いものを身に着けていたいという欲求など、気持ちを高めるという側面を
含めてFilMelangeのモノ作りは素晴らしいと思いますし、実際に身に着けてみるとその違いは一目瞭然だと思います。
無数に広がる選択肢の中で最高峰のモノ作りに触れたり肌で実際に感じる事で、Tシャツという当たり前に
毎日袖を通すアイテムに対する気持ちや感じ方が変わる良いきっかけになるのかもしれません。
書く言う僕自身も10年以上も前にこのブランドのモノ作りに感銘を受けた一人でもあったので
夏の主役になるような1枚を手にして頂ければ嬉しいです。

FilMelange    HENRI

color       WHITE

price       11550-(TAX IN)

SIZE       3    /    4    /    5    /    6

color       DEEP NAVY

SIZE       3    /    4    /    5    /    6

color       BLACK

SIZE       3    /    4    /    5    /    6

color       MAUVE

SIZE       3    /    4    /    5    /    6 

オーガニックラフィーよりも、よりシルキーなタッチで光沢感のある生地を使用したヘンリーネック”HENRI”
超長綿ならではの高級感ある仕上がりなのですが、ブランドらしさを表現する為にあえてムラ糸を混ぜる事により
綺麗に振り過ぎない絶妙な塩梅に落とし込まれています。
シルエットはDIZZと比較すると、少し身頃が狭く設定されているのでインナーとしての要素も出てくるような作り。
サイズの選び方によって、1枚で着るイメージもしくはインナーライクな使い方と分けて頂くのがベスト。
半袖のTシャツはどうしてもクルーネック中心になってしまうのですが、ヘンリーネックが並ぶ事で着こなしの
バリエーションが生まれますし、やや抜け感のある表情が個人的には好みだったりします。

新色の”MAUVE”は紫ベースに灰色を混ぜたような独特な色目。
鮮やかなパープルなどと比べると着易さを感じますし、軍パンやチノなどのベーシックなパンツには
しっくりとくる色目になると思います。

半袖Tシャツの着こなしに関してあれこれというのはないのですが、今までよりも気持ちゆったりとしたサイズ感を
好んで着る方が増えているのは店頭で接客をしていると良く分かります。性別に関係なく。
FilMelangeのカットソーに関して言えば、サイズ3・サイズ4も女性が選ばれるというのも増えていますし
自由な発想を持って着て頂けるのはとても嬉しい事。固定概念に囚われずに自分がしてみたいと思えるスタイルや
着こなしを見つけられる何らかのお手伝いが出来れば良いなと思ったりしています。
特にサイズ感に関しては、画面上に掲載されている数値だけでは測れない部分もあると思いますので
実際に見て生地に触れたりする事で、よりイメージが膨らむのではないでしょうか。

年々、夏物の洋服を着る期間は長くなる一方で盛岡に来た当初は「お盆を過ぎれば秋風が吹く」と言われ
実際にそういう気候に変化していましたが、現在はお盆を過ぎても熱風が吹き続けているような気がします。
まだまだ気温の高い夏は続きそうですので、焦らずに自分にとって最適な1枚をお選び頂きたいです。

7月16日

FilMelange   ALDERSON

color      COCOA BROWN

price      14300(TAX IN)

SIZE       3    /    4    /    5

完全なる梅雨明けを知らせるかのような今日の盛岡の天気は快晴。
最高気温も33℃と今シーズンで一番暑くなるのではないかという位の予報。
週間天気予報を見ても日中の気温が30℃越えしかなく、いよいよ半袖Tシャツがメインの時期となりました。

FilMelangeから以前のBLOGにグラデーションが綺麗な半袖Tシャツ”ALLISON”というモデルをご紹介しましたが
それと同じボディを使ったソリッドカラー3色(COCOA・WHITE・NAVY)が追加されました。
私も早速手にして着ていますが、今までのブランドイメージとは少し異なる生地のタッチできりっとした質感で表現。
所謂一昔前のアメリカ製のガシッとしたヘヴィーな風合いではあるのですが、粗野な感じは残しつつも繊細さや
現代のファッションの流れに逆らうことなく作製されていて、ハイブリット的な印象を受けます。
生地が自立する位に度詰めされていて、実際に袖を通してみるとボディラインに沿うようなシルエットではなく
身体と生地との間に空間が大きく生まれ、スウェットを纏う様な半袖Tシャツと言うと雰囲気が掴み易いかもしれません。

オーバーサイズなシルエットではなく、身頃はたっぷりとしているのですが着丈はすっきりとしたボックス型。
肩線もややドロップした位置に付き、自然なナチュラルショルダーで半袖Tシャツよりも少しだけ長めの袖感。
首元は窮屈すぎないクルーネックで、癖のない纏まりのあるバランスに仕立てています。
僕自身のように、年齢が40代になって張り切って度詰めの硬く攻撃的な(笑)Tシャツに手が伸びにくいなぁっと
思っている方や型崩れし難い耐久性のカットソーをお探しの方に、丁度良く感じて頂けるのではないでしょうか。

当たり前ですが生地がしっかりと度詰めされているので、当然ながら風の抜けは良くはありません。
ですがシルエットがぴたっとした細身の作りではない為に、それなりに風が身体へは入ってきますので
余程の気温が高い日でなければ問題ないのではと思っていましたが、今日の様な太陽を見てしまうと
怖気づいてしまいそうですね。。。
生地によって長所と短所があるのはある意味で面白味にも繋がる部分。
着るタイミングや着合わせを少しずつ探っていくというのも洋服の醍醐味であり、ご自身のワードローブを
整理しながらこの夏のTシャツ選びをして頂ければ嬉しいです。
個人的に思う部分としては多少マニアックというのか、アメリカ製の野蛮なTシャツを気合いのみで
愛用してきた世代の方に特に響くのではないかと。そういった背景を知り尽くしたブランドが作るだけに
クオリティの高さと、着続けていたいという気持ちなるのは間違いないと思います。

カラーはどの色目も使い勝手が良く着回しするにも適しているので、どれを選んでも即戦力といった所。
COCOA BROWNは茶系ですが、和らかさがあって通常の茶色と比べるとより着易い印象を持ちます。
チノパンにコンバース、ベースボールギャップを合わせて、大人な空気を纏うアメカジスタイルは如何でしょうか。

color      WHITE

SIZE       3    /    4    /    5

color      BLACK NAVY

SIZE       3    /    4    /    5

残りの2色(WHITE・NAVY)は言わずもがなのカラーリング。
着ているTシャツがそろそろ買い替えのタイミングかなと思っている方や、毎シーズン1枚はフレッシュなものを
取り入れていきたいという方に、やはり何枚かを着回すのがベストだと思いますので数ある選択肢の1つとして
FilMelangeが今シーズン力を入れている”ALDERSON”はとてもお勧めです。

7月3日

FilMelange  LANDON

color     SAX

price     17600(TAX IN)

SIZE     4    /    5

今日はどんより雲に覆われた空で、梅雨らしいと言えばそう思えますが、この重たい湿度を感じると
頭までずっしりとし何かに覆われた感覚になり、何をやるにも一呼吸、気合を入れてからというような状態に。
雨はそこまで降っていないものの、しっとりと静かな土曜日になりそうです。

いよいよ僕の中で半袖Tシャツ解禁ではないですが、7月になると何となく気持ちが移り変わります。
Tシャツと言えばFilMelangeのアイテムが真っ先に思い浮かぶのですが、今シーズンはベーシックな部分は
変わらずに展開し、シーズンアイテムも幾つかご用意をしております。
その中の1つ”LANDON”は清涼感を優先して選んだ素材で、ゆったりとした身頃と左胸に付いた大きな
パッチポケットがポイント。リネン糸とコットン糸を交撚糸にしてから度詰めして作製された1枚で
シャリ感のあるドライなタッチとしっとりした質感の両方を感じさせる、カットソーを突き詰めている
メーカーならではの絶妙な落し所。
コットンの配合が34%としっかりとした強さもあるので、お洗濯を繰り返しても直ぐにくたっとならずに
上質な質感をキープし、所謂のTシャツと比べるとクリーンな印象があり、綿ニットとTシャツの丁度間位の
生地感とシルエットをイメージをして頂けると何となくな雰囲気が伝わるのではないでしょうか。

シルエットは今の気分を入れつつも、着丈の長さをすっきりとさせることでメリハリのあるバランスに仕上げています。
根底にあるブランドコンセプトを大きく崩し過ぎることなく、デニムやカーゴパンツなどカジュアルな服装に
マッチする事を前提に作製されている事が袖を通すと良く分かります。流れを完全に無視することは出来ませんが
アメカジらしい着こなしを現代のファッションシーンに良い意味で馴染ませながら、素材への探求心と全体の統一感を
ブラさずにモノ作りをしている点は、いつも素晴らしいなと思ってしまいます。
断面で切り取ってTシャツと思ってしまうとかなり高価に感じてしまいますが、様々な背景を知ったり
一度袖を通してしまうと納得させられますし、例えば今年購入してまた来年もテンションが落ちることなく
着たいと思えるカットソーはそう多くはないなと感じています。
お客様を見ていても結構な頻度で着用をしていても翌年にまた着ている姿を多く目撃しますし、それはそれでお店としては
新しいのを・・・という気持ちにもなりますが・・・(笑)けれど愛用をしてくださっているのが僕にとってはとても
嬉しい事なので、やんわりと新しいものどうですかね・・・とお勧めしています。

年齢を重ねると無条件で明るい爽やかな色目が気になります。
SAXは明るい色が苦手な方にも比較的手に取り易いカラーで、これをきっかけにベーシックな色以外を着られる方も
いらっしゃるのではないかなと思ったり。色は着れないよりも着れる方が着こなしの面白さと深みが出ますので
興味がある方は是非挑戦をして頂きたいです。夏は難しく考え過ぎずにさっぱりと組み合わせられるのが良いですね。

color     SHADOW NAVY

SIZE     4   /    5

何度もBLOGでは書かせて頂いているのですが、半袖のTシャツを格好良く着るのは自分自身の中ではとても難しく
身体に1枚の布を纏っているだけなので、それ以外の身に着けるアイテムも同じ位に大切ではないかというのが持論。
唯一気にする点として、其々に体型が違いますので選ぶサイズ感とそのもののシルエットはとても重要。
今店頭に並んでいる半袖のTシャツは、身頃がゆったりとして肩のラインが落ちる位にリラックスしたムードのモノが
殆どで、身体のラインを拾い過ぎない方がコーディネートした際にも全体の納まり感が良いのではないかと思います。
選ぶ靴とバッグ、季節的なアイテムとしてサングラスや麦藁帽子などを被ったりして、Tシャツの着こなしを
盛り上げていくのがお勧めです。

肩線がやや落ちる位置についていることもあり、袖感もやや長めに設定。
張りきった感じの半袖Tシャツではなく、5分袖位のイメージでしょうか。
袖感が少し伸びるだけでと元気ハツラツ系ではなく急に大人っぽく見えるので
視覚的効果も含めてとてもバランスの良い1枚だと思います。

半袖のTシャツはある程度、1週間を着回せる位の枚数をお持ちの方が多いのではないでしょうか。
夏場は特に汗をかきますし、肌に直接触れるものですと洗濯の回数も必然的に増えてしまうのは当然の事。
くたっとしてからの持ちの良さと、何とも言えない柔らかな着心地もFilMelangeのTシャツの醍醐味ですが
年に一枚・二枚を買い足したり、買い替えたりすることで、外用・家用の極上Tシャツローテーションが
しっかり組むことが出来るのではないかと思います。
毎日でも着たいなと思える最高の1枚を是非探しにいらしてください。

6月12日

FilMelange   ALLISON

color      shadow navy × bk navy

price      17600-(TAX IN)

SIZE      4    /    5 

color      mist grey × azure blue

SIZE      4    /    5

今日は朝5時から球場でスタートの一日。起きるのは3時台。
当然ながら仕事を終えて自宅に帰るとみるみるうちに充電が切れて、立ち上がる事すら億劫になり
ソファで寝てしまうのがルーティン。それでもあの何とも言えない心地良さは他に替えが効かないので仕方ないですね。
岩手山に見守られながら、外野一面に広がる芝生の緑に触れ、グランドは川の側にあるので風がすっと流れ、
ただただ夢中に笑って過ごす時間は、自分なりの心身を健康に保つ為には欠かせないと思っています。

ほんの少し前までは長袖のシャツや羽織物に目が向いていたのですが、いよいよと言えば良いのか
半袖のカットソーが現実的に欲しいなという、気候と気分の両方が高まってきました。
お店をオープンしてから店頭に並べ続けているFilMelangeですが、カットソーに関する物作りにおける背景や
クオリティの高さは最高峰であるのは間違いありません。
毎シーズン新しい取り組みで、カットソーをより深く掘り下げてより良い素材をという姿勢は初めてこのブランドの
カットソーを手に入れた時から変わらぬ姿勢で今も開発し続けています。
今季は殆どというのか全くというのか展開してこなかった、超高密度に度詰めをした天竺生地を提案。
裾からグラデーションになっている色目の変化も興味深く、1枚で着用した際のインパクトある表情と
ここまで度詰めされた生地感はFilMelangeでは私自身も初めてで、身体のラインを拾い過ぎずにTシャツ自体が
立つような感覚があるので、良く見せようと慌てて身体を絞ったりトレーニングなどをする必要は一切ありませんよ。

“ALLISON”の最も目を惹くグラデーションの染色ですが、最新鋭のマシーンなどがあるのかと思いきや
少しずつ時間を変えながらTシャツを染色液の中に落とし込んでいくという、原始的なやり方で染めているとの事。
そうする事で長く時間が使っている部分は濃く染まり、時間が短い部分は薄く染まるという。
色々な染色方法を見たり聞いたりしてきましたが、案外今までには出逢うことのなかった染色方法で、
その色目はとてもクリーンな印象。もっと鋭い雰囲気になるかと思いきやすっと顔にも馴染んで
これTシャツを着るだけで爽やか度は格段にアップしますし、度詰めされた素材は耐久性にも富んでいますし
毛玉にもなりにくく、お洗濯にも強いという条件はカットソー選びではとても重要な要素だったりします。

シルエットは身頃はゆったりと設定し、着丈はすっきり目で全体のバランスも大き過ぎず丁度いい形。
FilMelangeらしいモノ作りとも言えるヴィンテージライクな部分を残しつつも、現代のファッションシーンに
溶け込むようなモダンさを組み合わせているのも着易さに繋がるのではないかと。
肩線が少し落ちる位置に付く事によって、半袖よりもやや長めになる袖感は張り切ったTシャツ感を
適度に控え目にしてくれる効果があるのでとても嬉しい。

フェードした何てことのないリーバイスのデニムや普遍的なカーゴパンツなど、オーセンティックな着合わせが
しっくりときますし、きっと誰にも不思議と馴染み易さがあって無理なく取り入れて頂けるのではないでしょうか。
半袖のTシャツとしてはスペシャルな価格設定ですが、染色の技術や素材の持つパワーバランスなどを考慮すると
それ相応に感じますし、カットソーの着こなしにマンネリして刺激を求めている方に手に取って頂きたい逸品です。

FilMelange   ACTON

color      mist grey × azure blue

price      24200-(TAX IN)

SIZE      5 SOLD

color      shadow navy × bk navy

SIZE      5

同素材を用いた半袖のシャツもサイズ5のみをセレクトしました。
元々のデザインがそこまで大きく作っていませんので、体型は割と幅広くカバー出来るような気がしています。
前開きのシャツに間違いないのですが、着ている感覚としてはシャツというよりもポロシャツにも似ていると
思ったり、中々他には無い服なので着方をご自身で探しながら落とし込んでいくというイメージでしょうか。
襟元はオープンカラーで深く首元が開かずに、素材の特性からしても開放感とも違うニュアンスを持ちます。
単純に一言で表すとマニアックな1枚だなと思っています・・・(笑)
気温としても30℃を超えると流石に暑く感じそうなので、手前の25℃位がベストな温度になりそうですね。

着用している”shadow navy × bk navy”はベースはチャコールグレーのボディに対して、黒に近い色目での
染色を施しています。濃淡で言えばもう1色の”mist grey × azure blue”タイプが分かり易いですが
渋い色目でより通好みな配色に思えます。黒のパンツなどを合わせたら、より洗練されたムードにも振れそうですし
色の好みははっきりと割れそうな気がしています。

FilMelangeでは在りそうで無かった(直営店では過去に展開されていたはず・・・)素材感は、柔らかで身体を
包み込んでくれるものとは違うけれども、別の意味での方向性の良さや幅を出せるという事においてはとても大切。
頑なにやり続けてきた土台があるからこそ、今回の新しい素材は自然と納得させられる素晴らしいファブリックでした。
この生地は他にも無地で白・茶・紺と3色展開でTシャツを並べていますので、スペシャルな染めと見比べながら
夏の装いを楽しんで頂ければ嬉しいです。

5月29日

FilMelange   DAVY

color      SAGE

price      11550-(TAX IN)

SIZE      2    /    3    /    4    /    5    /    6

color      OCHER

SIZE      2    /    3    /    4    /    5    /    6 

color      C.MELANGE

SIZE      3    /    4    /    5    /    6 

color      BLACK

SIZE      3    /    4    /    5    /    6

毎日すくすと大きく育っている庭の野菜と、もう出てこないかなと諦めかけていたミョウガが急に芽を出し
急激に伸び始めているのがとても嬉しい。ハーブ類も種を蒔いたので、夏頃には毎日採りたての新鮮な葉物や
野菜が食卓に並ぶのではないかと思うとニヤけますね。小さな喜びを見つけて過ごすのが何よりも楽しい。
そんな訳で次の休みは、今週辿り着かなかった里芋を植えに畑に行こうと思っています。

夏のカットソーと言えば、rasikuではオープンから今までFilMelangeを中心に展開。
糸から厳選し作製されるオリジナルのファブリックはどれも着心地が抜群。定番商品とシーズンセレクトと
毎シーズン新たな素材を開発したり挑戦したデザインを見て、勝手に刺激を受けている自分達です。
DAVYはここ数シーズン欠かさずに展開してきた七分袖のTシャツ。僕が梅雨時期にとにかく良く着る1枚で
お客様でも愛用して下さっている方が沢山いて、気負わずデイリーに着られるカットソーなのだと思います。
今季は新しい色目を2色(SAGE・OCHER)を加えて、定番色と合わせて4色展開。
サイズ展開も新色に関してはサイズ2という小柄な女性も着れる位の大きさと、サイズ6という一番大きいサイズ感を
セレクトしておりますので、6に関しては普段XLサイズを好んで着る方に気持ち良く袖を通して頂けるはずです。

素材はFilMelangeが作り続けている生地の1つ”オーガニックラフィー”を使用。
ふんわりと身体全体を包み込んでくれるような感覚があり、吊り編み機ならではの空気を多く含んだ生地感は
着れば着る程に良さを実感して頂けると思います。七分袖にする事で、適温としては25度前後ですと1枚で
それ以下ですとカーディガンなどと組み合わせて着るのがお勧めです。
個人的には同素材のカーディガン”DRAGAN”とのアンサンブルとしての着方を強く推していますが、
全く浸透していませんし、これからも・・・と言った感じですが推し続けます(笑)

カットソーに関してはあれこれ言っても、着てみなければ分からない事が多く、生地の好みもあるでしょうし
気に入ったものを探す旅みたいなものかなと思っています。その中でもDAVYは奥行というのか、ヴィンテージ感を
彷彿とさせると言えば分かり易いでしょうか。仄かなワイルドさがあって、その中に繊細な一面も持ち合わせている
そんな表現がしっくるとくるような気がしています。デザインはサイドがラウンドしているので1枚で着用した際に
小さなアクセントとして効いているように思います。
因みに半袖と長袖はラウンドしていませんので、このディテールは七分袖限定です。

新色の”SAGE”
ばきっとした明るい色も良いですが、これくらい落ち着いた色目で、けど明るいというのも抵抗なく取り入れて頂けそう。
SUNSHINE+CLOUDを展開した際に、いきなりピンク!!というのでショック療法的な提案だったような気もしていて
そう考えるとSAGEとかは普段はベーシックな色目を好んで着てくださっている方にも、この色だったら・・・という
気持ちにさせてくれそうな雰囲気を感じます。
色に関しては最初は少し抵抗があるかもしれませんが一度着はじめるととても面白く、今までの自分の感覚が嘘のように
トライ出来るようになるので、無理には言いませんが、案外良いものですよ。色。

もう1つの新色”OCHER”(黄土色)
こちらはナチュラルな色目で、あまり考え過ぎずにさらりと合わせて頂けると思います。
絶妙なシーズンカラーが加わることで、良い意味で飽きずに同じアイテムだとしても違う見え方になって
着こなしに変化を付けられるのが楽しかったりします。この手のカットソーは何枚持っていても着る機会が多いですし
生地が弱ってきたなというタイミングで、また新しい物に変えて気持ちをリフレッシュするのがベストかもしれません。
僕は相当前に購入した長袖(DOLLY)をパジャマにしていますが、それでも全然型崩れせずに着心地を保っているので
その強さと着心地の良さには、驚きと感動を覚えます。

カットソーは気が向いたタイミングで、その時の気分で選んでもらうのがベスト。
色であったり着回しの部分など、その中で色々と試しながら、好みの生地感やシルエット、日々の生活の中で
ローテーションで着たいなと思えるものに出逢えたらそれはラッキーですし、メーカーとしても作り続けられていれば
言う事なしです。僕自身もとにかく試して洗って干してを繰り返して、理想とするカットソーをこれからも探し続けますし
そんな中でも着心地の良さという部分だけは、背景も含めて見極めたうえでご提案したいなと思っています。
今季の新色も良いですし、定番色もまた良しです。梅雨時期に特にお勧めしたいカットソーです。是非。

PageTOP