7月17日

trippen    ZORI

color     GOLD-SFT

price     26400-(TAX IN)

SIZE     35    /    36    /    37    /    38    /    39

週間天気予報をみると天気マークがずらりと並んで、つい先日まで続いていたじめじめとした気候が嘘のよう。
じめじめに比べると爽快感があって良いなと思うのですが、日中に外出するのは正直気が引ける位に燦燦とした太陽。
無理をせず、先ずはしっかり水分補給と体調管理を一番に考えて、まさに夏!!な季節を楽しみたいものです。

お店では初展開となるtrippenの”ZORI”
日本の草履から連想をして作製されたクラシックな井出達に、選んだのはゴールドの配色を組み合わせた
ややエッジの効いた鼻緒サンダル。
地面をしっかりと掴みながら歩く感覚は履き始めは正直なかなかに疲れますが、歩行をしながらふくらはぎの筋肉を
鍛えるという側面を持ち合わせていて、機能と美の両面からアプローチをし続けるブランドのポリシーを
感じさせる部分でもあります。服装のハズシとしてもゴールドが良いアクセントになるのではないかと。
これは最近自分達の中でも新たに意識している事なのですが、履いていて長時間歩いたりしても楽な靴というのは
勿論あって、それはそれの良さがあるなと思っています。それとは別に、足に多少の負担は掛かるのだけれども
必要な筋肉を刺激することを目的とした靴も良いのではないかという考えに至り、今はどちらも半分半分位のペースで
意識をして履くようにしています。そうすると今まで選ぶことのなかった靴が良く見えてきたりして、これはこれで
また新たな感覚を手にしたような気分になっております。
という事もあって、今季は思い切って”ZORI”をセレクトしています。

インソールはtrippenのお馴染みのコルクを組み合わせた硬さのあるモノを使用。
クッション性というよりは、素肌に当たるコルクのサラリとした質感が気持ちのいいインソールと
どちらかと言えばやや硬さがあって革靴を履く感覚に近い履き心地のアウトソールが特徴的。
ソールのクッション材はブランドのロゴが刻まれたオリジナルソールを採用。ここまで出来るのは
靴に関わる全ての工程を自社工場で作製しているからこそ。
メンテナンスやアフターフォローも含めて、信頼出来る数少ないシューズブランドだと思います。

鼻緒の部分がすっきりとしているので、洋服と組み合わせた際にとてもシャープな印象を受けます。
華奢なイメージではなく、無骨さと上品さの2つの要素を感じるサンダル。
ビーチサンダル程崩し過ぎずに、BIRKENSTOCKよりも洗練されたムードを持ち合わせていて、きらりと光る
お色の部分でも、素足と組み合わせた際のラインなど、色気と余白を持っているように感じています。
服装の守備範囲は案外広いように感じていて、先ずは足が靴に慣れるまで(鍛える事もありき)の時間の方が
多少は必要になるのかもしれません。
現にいま自分達でも購入して試し履きをしている途中。最初は鼻緒の部分が相当に窮屈に感じたり、単純に指の
可動域が狭すぎて指の間で鼻緒を挟むのにも苦戦していましたが、段々と履く時間が伸びてきています。
先ずは近所のお散歩や買い物位から慣らし始めるのがベストかもしれません。

そして裸足以外にもお勧めの履き方として、タビ用のソックスとのコンビネーションが自分達の中だけで勝手に
盛り上がっています・・・(笑)最近はなぜか?タビ型のソックスを作るメーカーさんが増えていて、毎シーズン
着実にタビソックスの展開数が増えてきました。
鼻緒タイプのサンダルに合わせても面白いのではないかという事で、派手な色や透けるタイプをコーディネートに
取り入れながら夏のシンプルになる装いに一癖入れています。
素足でサンダルを履くのに抵抗がある方や靴擦れの軽減になったりもするので、タビ用のソックスと共にお勧めです。
ぜひこの暑い夏の足元は、きらりと光るZORIで過ごしてみては如何でしょうか。

4月5日

trippen    FRINGE

color     BLACK

price     49500-(TAX IN)

SIZE     35     /     36     /    37    /    38    /    39

店頭では継続して展開していますが、BLOGでTRIPPENをご紹介するのは久しぶり。
まだ暖かさと肌寒さを行き来して悩みはするものの、やっと服装も冬に比べて随分と軽やかになり
日によってはちょっと暑いなと思ったりもして、色々と選べる服も増えてきたように思います。
そうなると楽しくなってくるのは服以上に、足元のコーディネートだと思うのです。
冬の間は(特に今年は!)雪も降りますし、何より恐ろしいくらいに凍るので、靴の選択肢は限られ
足元のコーディネートという概念は、どこかに置き忘れてしまったかと思う程です。。。
その分、春夏で目一杯楽しみたく今季も展開したことの無かったモデルをオーダーしました。
まだ届いていない靴もありますので、第一便として”FRING”というモデルをご紹介致します。

爪先と踵は隠れて、両サイドが大きく開いたバレエシューズをイメージしたFRINGE。
くるぶし辺りをぐるりと一周するベルクロストラップで、足首がホールドされるので履き心地も良く
Closedコレクションならではの、歩行の際の安定性や疲れ難さも確保されて長時間でも歩けます。
たくさん歩く人にお勧めとよく書きますが、その理由はアウトソールにあります。
お馴染みのTRIPPEN SOLEはどうしても重さが出てしまうため、現在は使用されるモデルも限られていて
新たなClosedシリーズのソールには、シンプルな仕様ですが柔軟性を備えたスティックソールを採用。
並列するバーと間の溝が衝撃を吸収し、関節などへの負担も軽減します。
健やかな歩行と、靴本来の優れた履き心地と耐久性を追求するTRIPPENの靴は、気軽に買える価格とは
なかなか言い難いですが、自社の工場のみで製造のすべてを行える生産体制と、実際に手を動かす職人が
いるからこそ出来ることがあるのだと思います。
TRIPPENに出会ってからは10年以上経ちますが、自分達自身もお客様にも長く履いてくださっている方が
多くいてくださいますが、修理やソールの交換もしながら履いている靴がそう多くはない事に不意に気付いて
時々ハッとなるのです。

ストラップシューズは、今までにも同じClosedの”GIRLY”やCup Soleの”PAN”などの展開がありますが
丁度その間ぐらいの可愛らしくて、且つキリっとした印象になるようなイメージだったので、より大人っぽく
パンツでもスカートでも気兼ねなく、それでいて靴下の色や柄など楽しみながら履いていただけたらなと思います。
とくに夏は簡単に履ける靴が良いなと、ポコっとした突っ掛けるタイプの靴の出番が増えがちなのですが
やはり好きなお店で夜ご飯を食べる時などは、自分の気持ちの部分で服装はラフでも足元はちゃんとしたいなと
革靴を履きたくなるので、そんな時に足首をキュッと綺麗に見せてくれるストラップシューズは万能です。
素足だと抵抗がある方もいらっしゃるので、そんな時はシースルーの靴下や指先など部分的にカバーする靴下も
あると思うので、色々と試しながら足元のベストコーディネートを見つけるのは如何でしょうか。

TRIPPENはモデルや使用している革によってもフィッティングが異なり、履き始めと時間が経過した際の変化も
比較的大きいので、出来れば必ずご試着をして頂き、さらには履く時期とその時に合わせる靴下の厚みなども
ある程度イメージしながらのサイズ選びをお勧めします。
FLINGEに使用している革は植物タンニンなめしのカーフレザーで、加工により柔らかに仕上げられています。
形は甲全体を包むというよりは、足の指の骨部分をカバーするようなイメージで、幅がすこし細い印象です。
革が柔らかいので履いているうちに足先の幅に合わせて伸びるとは思いますが、多少ですが足型によっての
合う合わないが生じる靴かもしれません。それも試して見なければ何とも言えないので、もしこのデザインが
気になる!という方は、先ずは一度ご来店いただければと思います。

6月23日


trippen    DRIFT

color     BLACK

price     43000+TAX

SIZE     35     /     36     /    37    /    38    /    39


窓を開けていると、朝晩は涼しいをちょっと超えて肌寒さを感じますね。
時折強く風が吹きますが、今のところは梅雨ってことを忘れてしまいそうな爽やかな空。
雨はこれから移動してくるのでしょうか?
このまま穏やかな気候が続いたら良いのにな~と思うお休み前日です。。。

履いている方の姿が可愛くて再び選んだ「SPOON」と、この春のフォーマルな装いにも合わせてと思い
はじめて展開した「SAFE」それぞれに選びましたが、どちらにも共通しているのはスッと脱ぎ履き出来ること。
今季のtrippenはさらにもう一足ご用意しています。
夏には靴下を穿くのも面倒・・・もとい、暑いので素足で履ける靴が良いな!と、服だけにとどまらずに
夏の靴選びの視点も少し変わりつつもあったので、今まで選んでこなかったモデルをセレクトしました。
「DRIFT」を選んだ理由は完全に見た目の雰囲気なのですが、想像以上に夏らしい柔らかで涼し気な服装と
組み合わせた時のバランスがとても良いなと思います。
履き心地も快適且つ気楽ですし、けれど大人っぽさがちゃんと含まれているので見た目がラフになり過ぎない。
さすがtrippen!と思わずにはいられない、上品なレザーサンダル。


最も特徴的なアッパー部分には加工工程の異なる二種類のレザーを用いています。
肌が直接当たる甲の部分は、しっかりとした二本の太いストラップで支えられる様になっていて、
その上にとてもソフトなカーフレザーがくしゃくしゃっと重なり合い、表情豊かに美しく構成されたサンダル。
素足で履いても照れくささなんて一瞬で消え去ってしまうような、品の良さと安心感の両方が備わっていて
これまで展開したtrippenのサンダルの雰囲気ともまた一味違い、ラフな格好例えばTシャツにデニムな
シンプルさにもワンピース一枚の潔さにでも、どちらの雰囲気にも合わせながら、足元でばちっと引き締める。
そんな合わせ方をお楽しみいただけたら良いなと思います。
靴を素足で履く日が増えてから、やろうと思いつついつも忘れていたフットネイルもやっと。
色付くと、サンダルを穿く楽しみがより広がりますね。


trippenの真骨頂でもあり、職人泣かせな曲線を多く用いた立体的なシルエット。
足裏に吸いつくような履き心地の良さと一捻りを加えたデザイン、機能と美をバランス良く見事に融合をさせた
数少ないシューズメーカーの1つで、服装のジャンルや性別を問わない守備範囲の広さと汎用性の高さにも驚かされます。
私達はカジュアルな日常着に合わせて提案をしていますが、エッジの効いたモードファッションや先鋭的な
提案をしているお店でも置かれているのを目にすると、どこを切り取るかで見せる表情が全く異なりますが
それら全てを包み込むような不思議なバランス感と色がキラリと光る数々のコレクションは唯一無二だと思います。
長時間歩いても疲れにくく、丈夫な作りというのも長きに渡り支持される理由の1つ。
デザインに振り過ぎる事なく人間工学に基づきながらアプローチし、歩行する為の靴という基本の概念が
しっかりあるからこそドイツを代表するブランドとして成長をし続けているのだと思います。
靴作りにおける全ての工程、パーツやソールを自社の工場で100%作製。
修理にもしっかりと対応出来る事も信頼をおける要素でもあったりするのではないでしょうか。
履き潰しのスニーカーとは異なる点ですし、愛着を持って履いて頂ければしっかりと応えてくれる1足になると思います。


毎シーズン、どんな靴を提案をしようかとても悩ましいのですが・・・気候変動が大きい中でサンダルを
履く機会と期間が少しずつ伸びてきている事と、今まで選んできたtrippenはどちらかと言えば王道であったり
プレーンなものを中心にしてきましたが、デザイン性があるものを一度履いてみたい気持ちになりました。
デザインに対して色は「黒」にする事で服装を選ばずに、ある程度柔軟に対応して頂けるのではないでしょうか。
ワンストラップのタイプですので、足入れはスムーズですし、薄手の肌が透ける様なソックスを組み合わせても
踵と爪先から柄と色が覗くのでコーディネートにアクセントとして感じて頂けるはずです。
明後日ぐらいから徐々に雲行きが怪しくなってくるようで、梅雨明けから本格的なサンダルシーズンになると
思いますので、その前に候補の1つとしてtrippenのサンダルをお勧めします。
川遊び用と、きちんとしたサンダルを1足ずつ持っているだけで、何となく心が落ち着くと思いませんか?(笑)

5月14日


trippen    SPOON

color     BLACK

price     43000+TAX

SIZE     36     /    37    /    38    /    39


昨日の定休日は早朝(4時起き)からスタートし夕方(18時頃)まで、やろうと思っていた事を全て遂行し
21時には布団の中へ。郊外の方へも用があって久々に行ってきましたが、大きい館の営業再開もあって
車の流れも多い様に感じました。立ち寄った産直で開催していた『夏の苗祭』では既に活気がありましたよ。
こうして一人一人にとっての健やかな生活が、安心して送れるような方向へと進みますように。
そんな中、10年前に購入した一眼レフカメラの調子がいよいよ悪くなり、不安げなシャッター音と
ピントが合わない事が増えて、今日は何とかぎりぎり無事に撮影が出来たのですがいつどうなるか・・
という事で、買い替えました。新調したカメラが届くのが17日頃になりそうなので、もしBLOGの更新が
続けて無くなった場合にはカメラ事情という事をご理解いただければ幸いです。
初代一眼レフカメラは本当に良く頑張ってくれたなと心から思います。

気温の上昇と共に洋服もそうですが、足元も軽くて履きやすい靴が欲しくなる季節。
「SPOON」は数シーズン前に一度展開をした事のあるモデルで、たまたま街中で履いている方を見た際に
改めて良い靴だと感じ再提案をしたいと思っていました。
踵がないスリッポンタイプはサンダルの様な捉え方をして靴下で合わせても良いですし、素足で合わせるのもお勧め。
1枚革なので足馴染みも良いですし、上品な井出達とフォルムから夏場でも崩し過ぎないスタイルをするのに重宝します。
春夏のシーズンは重ね着などをするのが段々と難しくなってくるので、どうしてもラフになりがちですが
足元にきりっとした黒のレザーシューズを合わせるだけで、全体の印象が引き締まって見えるのでマンネリしがちな
服装と気持ちのメリハリを付けるのにも良いかもしれません。
肌が透ける様な生地の白シャツやワンピースに麦藁帽子を合わせて。もしくはラフにTシャツに色の落ちたデニムという
カジュアルな服装。服装の幅を広げても、どちらにも違和感なく合わせられるのが「spoon」の懐の深さだと感じます。


trippenのアイコンとも言えるディテールとして、コバを2本の太いステッチでソールを繋ぎ合わせたものを想像しがち
ですが、CUP-SOLEと呼ばれているコバがすっきりとしたフォルムの靴も春夏シーズンは人気があります。
通常ではありえない2つに分離をさせたソールを、硬い鉄板を中央部分に入れる事で構造上の不可能な部分をクリア。
スニーカーの様な感覚で軽くて、足馴染みの良いフィッティングを実現させています。
アッパーに使用されているワックスレザーは、牛革を植物タンニンで鞣されていて表面に程良いシボが入るのが特徴で
良く揉んでいる革なので、履き始めからでも足馴染みが良く数日歩いて頂ければ自分の足型にフィットしてきます。
革靴があまり得意でない方にも、気持ち良く足入れをして頂ける1足だと思っています。


商品名の通りのスプーンをモチーフにしたデザインは、女性らしい曲線的な一面を持ちつつもトゥのシャープな印象など
ナチュラルな雰囲気に寄り過ぎない、程好く緊張感を保っているバランスが好みです。
甲全体を包み込むようなフィッティングですので、全力疾走とまではいかなくても小走りくらいは対応可能。
玄関先に置いてあると、ついつい足を入れてしまいたくなる靴になるのではないでしょうか。


靴を選ぶ際に、デザインとしての一面と履き心地、服装との合わせ易さ、そして価格と考えると4つの条件が
揃っている靴というのは中々選択肢が少なかったりします。ではtrippenはと考えた際に価格の部分については
手軽にという感覚ではないかもしれませんが、革靴というジャンルの中で見ると決して手が届かない靴ではないはず・・・
ちょっと癖があるのに洋服に合わせるとそこが映えて、且つ全体が引き締まります。日常使いにも適していて、
思わずガシガシ履いても許されるドイツらしい質実剛健な作りも良さだと感じています。
自分達のセレクトの基準になる盛岡の街、更に言えば中津川沿いを散歩した時に風景に合うものをという所にも
しっかりと当てはまると靴になると思います。


シンプルな構造ですが、センターシームや甲から踵へと流れる様なラインも美しく、
脱ぎ履きの気軽さは一緒ですが、スニーカーのスリッポンとはまた違った気持ちの盛り上がりを
感じるのは間違いありません。小さいお子様がいて手が離せず、時間短縮ですぽっと履きたい方にも!
素足でも気持ち良いのですが、個人的なお勧めは夏だからこそなシースルーやラメ、眩し目な蛍光色や
お茶目な柄ものソックスで、さらに足元が楽しくなるような装いもこの機会に試していただけたら嬉しいです。
服を買えば靴が気になり、靴を買えば服が欲しくなる無限ループですが、今季trippenはもう一型サンダルを
オーダーしていますので、この夏サンダル気分な方にご覧いただけたらと思います。

3月30日


trippen    YEN

color     BLACK(VST)

price     47000+tax

SIZE     39    /    40    /    41


“trippen”の立ち上がりから最初の1足目に作製されたのが紐のないコロンとしたスリッポン型の「YEN」
rasikuでもメンズ・レディースどちらも定番という位置づけで展開してきたモデルの1つ。
今までお店で提案してきたのは、ボックスカーフという表面がつるりとした牛革でしたが
今回オーダーしたものは、表面に細かなシボのある”VST”と呼ばれるソフトな肌触りのものを選びました。
フィッティングがより柔らかく、履き始めからでも足に直ぐに馴染むような感覚のあるレザーで
質感に関しても光沢が少なく、しっとりとしたマットな印象を受けます。
スリッポンタイプなので脱ぎ履きがし易く、長時間歩いても疲れにくいのがtrippenの靴の特徴の1つで
人間工学に基づき、土踏まずをサポートし歩行を助ける目的で作られたインソールやオリジナルのソールなど
靴を履きながら健康にも繋がるアプローチをするのはドイツのメーカーならではだと思っています。
ファッションシーンにも違和感なくすっと溶け込む見た目の格好良さと、少し癖のあるフォルムは
歩いて街を散歩するのが楽しくなる存在になってくれるはず。
新年度を迎える季節の変り目に、新しい革靴を履き最初の1歩を踏み出す。験担ぎではないですが、
真新しい靴は気持ち良さと少しの気恥ずかしさがあって何だかんだ言って良いものです。


足を入れた時には履き口が窮屈に感じる事もありますが、内側に付いたゴムが伸びるとぐっと中に入っていきます。
紐など足を固定するものが一切ないので、フィッティングは余裕を持たせ過ぎないジャストサイズがお勧め。
コバが大きく突き出したデザインも特徴的なディティール。ステッチダウン製法を用いてアッパーとソールを
2本のウェルトで固定をする事で、水などが入り難くなり機能性がプラスされる仕様です。
登山靴を作る際にも良く見られる製法の1つで、見た目の迫力が増してボリュームのある仕上がりに。
革靴なのでザーザーぶりの雨の日にはお勧めしませんが、アッパーに防水スプレーをふって貰えたら多少の
雨や水くらいでしたら問題なく履いて頂けます。気を使い過ぎずに日常使い出来るのがtrippenの良さだと思っています。


内側は総ライニングで、足全体をぎゅっと包み込むようなフィッティング。
靴全体にシワなどが入ったらより雰囲気が増してきますし、普段着るようなカジュアルな装いにマッチします。
ソールは凹凸のあるtrippen soleの組み合わせで、丸みを帯びたフォルムに強いソールのギャップが好みです。
オールソール交換が可能で、rasikuでメンテナンスの為にお預かりする靴で最も頻度が高いのが「YEN」です。
お客様を見ていても良く履かれている印象があり、紐を結ばずに履ける楽さと服装を選ばない汎用性の高さから
ついついすっと足を入れてしまう革靴になっているのではないでしょうか。
グリップ力が高く、雪の積もった冬道でも通用するので、足元の選択肢が難しい東北の地でも1年を通して活躍します。


コバのボリュームに負けないくらい、裾の太いパンツとの合わせが抜群に感じます。
僕自身は軍パンに合わせて履くことが殆どで、強さのある直線的なシルエットのパンツに対して曲線的な
革の柔らかさを感じるtrippenが、コーディネートを程よく中和してくれる印象があります。
ドレスやオールコンフォートシューズと呼ばれているような革靴とは、良い意味で全く違うジャンルの靴になりますので
日常着に合わせる革靴のバリエーションを増やすという意味でもとてもお勧めです。


久し振りにセレクトをしたメンズサイズのtrippen。やはり何度見ても完成された素晴らしい革靴です。
デザイン性のある革靴は、履く人の個性を少し引き出してくれるような存在になるのではないかと思っています。
街歩きが心地良くなる季節です。自分が歩きたいと思える靴を履いて、心地の良い空気を吸って穏やかで健康的な
時間を過ごしてみては如何でしょうか。
そんな時間が今は叶わない方には、静かに過ごす時のちょっとした気晴らしにBLOGをお楽しみいただけたらなと
思い、コツコツお店に並ぶモノの事を綴っていますのでお暇な時にでも覗いて貰えたら。

PageTOP