5月25日


trippen     Orinoco

color       GREY

price       30000+tax

SIZE       35    /    36    /    37    /    38    /     39


今朝の散歩中に花火の音が。市内の小学校で運動会というところも多いようですね。
天気は文句のつけようのない絶好のコンディションで、気温もがつっと上がりそうなので日除けの帽子や
水分補給も欠かさずに、良い週末となりますように。
お店の中も、夏をイメージして半袖のTシャツやシャツ類を惜しみなく出せる季節になりました。
リネンのシャツが心地よく感じ、足元も軽めのスニーカーやサンダルが履きたくなる気分です。
rasikuでは初めて展開をするtrippenが作る夏のサンダル。ヒールの高いウッドソールにレザーを組み合わせた
見た目が涼し気で履き心地にも優れた1足。数年前から展開をしようかどうかを迷っていたサンダルなのですが
盛岡の夏を7年間過ごしていて、年を追うごとにサンダルは必需品という感覚になったので″Orinoco”と
呼ばれる足首をしっかりとホールド出来るモデルをセレクトしました。


デザインはオープントゥで、足首にストラップをくるりと回してキボシでアジャストする仕様。
ヒールの高さは前側は大よそ3CMで後側は6CMで、女性らしいエレガントな表情を生み出します。
アッパーはワックス仕上げのシボのある牛革を使用し、履きはじめからでも足馴染みの良さを
実感して頂ける素材だと思います。


アッパーとソールの繋ぎ目は鋲を使って固定をして、凸凹のグリップ力のあるソールを組み合わせています。
スリッポン感覚で履けるサンダルも履きやすくて良いのですが、足首をしっかりと固定出来るので走れるくらいの
機能性を持ち合わせていて、素足履きでも薄手のソックスを合わせてもどちらにも馴染むサンダルだと思います。
綺麗目の服装も良いですが、rasikuではいつも通りのカジュアルな服装に″orinoco″を合わせるのがお勧めで
足元を変えるだけでイメージが全く異なる雰囲気を楽しんで頂きたいです。
ヒールの高い靴が苦手という方もいらっしゃると思いますが、歩くことを前提に作られているので高さの割に
しっかりとした安定感があって、今までの固定概念を変える1足になるかもしれません。
正直、少し前の自分達であればヒールのあるサンダルを展開すると思っていなかったのですが、純粋に履いてみたい
という気持ちと、今まで知らなかった事や物を取り入れられるワクワクするような感覚も必要だと感じました。


ウッドソールに薄手のソックスを合わせるのも、今までした事のなかった組み合わせなのでとても新鮮に感じます。
ヒールが6CMある分、見ている景色が少し変わって自然と背筋が伸びるサンダルで歩く姿もスニーカーなどと違って
程よい緊張感を楽しむことが出来ます。夏場はどうしても服装や気持ちがルーズになりがちなので、
靴でメリハリをつけるのも良いのではないでしょうか。素足で履く場合には爪に色を入れたくなりますね。


年々、夏という季節が少しずつ伸びてきているように感じ、今日は盛岡で30℃まで気温が上がる予報です。
涼しい服装をする機会がこれからより増えてきそうな気がしていて、足元の選択肢も軽さや心地よさを感じられる
サンダルの必要性がより高まるとともに、シーンや服装に合わせたカジュアルになりすぎない、おとなの夏靴の
バリエーションが少しでも広がったらいいなと思います。
今まで展開をしてきたtrippenの靴とはギャップがあるかもしれませんが、食べ物にも旬があるように服装にも
旬を取り入れてみるのも、また新しい発見や驚きが見つかるかもしれません。
フルサイズで取り揃えていますので、是非店頭でお試し頂ければと思います。

3月29日


trippen     Half-YEN

color       GREY

price       46000+tax

SIZE       35    /    36    /    37    /    38    /   39

昨日も風が強くて冷たくて・・・ご来店くださったみなさま、ありがとうございました。
まだストーブもフル稼働の中でご紹介するのも、こんな事を云うのもミスマッチな感じですが・・・
ここ2年ぐらい続いているのが、夏のサンダルブームです。
trippenも他のシューズブランドでも、春夏に何気なく目が留まるのは素足で(もちろん靴下穿いても)履いたら
可愛いだろうなと想像する靴ばかりで、今まで全くと言っていい程気にならなかった様な物が気になってくるのだから
好みは変わるものだなぁと思います。おそらく気分的なことや気候に左右されている部分も影響していると思いますが、
変わらない好きも大事にしつつ、その時々で自分が変化しようとしていることには出来るだけ柔軟に流れに乗ってみると
装いは日々楽しく感じられるのではないかなと感じています。
そんなサンダルブームが続く中で選んだのは、定番モデル″YEN″のかかと部分を無くした″Half-Yen″
昨年リリースされてから、秋冬にも関わらずYEN同様、好評なモデルになります。


サンダルと言っても思い浮かべる靴は様々だと思いますが、ビーチなどで履くものとはまた別で
もうちょっと街履きが出来るような、つま先や甲が覆われたサボっぽい形が好みです。
昨年も春夏のTRIPPENはSPOONSCOTCHCOMMONそれぞれ、涼し気だったり軽やかに見えて
装いに合わせて気楽に履けるような形ばかりを選んでいました。
Half-Yenも、出掛ける時には軽快にすぽっと一瞬で履く事ができる靴。
小さなお子様がいて玄関でも中々手が離せないお母様や、職場で靴を履き変えてお仕事されている方など
この「脱ぎ履きのスムーズな靴」で、尚且つカジュアルだったりスポーティな見え方にならない。という事を
重要視される方も意外と多くいらっしゃるので、そういった面で必要とされる方にもとても良いのではと思います。
アッパーの面積が広く、靴下や肌が正面からはほぼ見える事も無く、ホールド感もあるので安心して履けます。


アッパーは甲の高い部分まで隠れるので、甲高の方には履き始め足がやや足が入り難く感じられると思います。
革自体もとてもソフトなカーフレザーを使用しているので、足の馴染みも早くさらに内側のゴムが多少広がり、
インソールにも沈みが出た頃に、より履き易さとフィット感を実感していただけるはずです。
素材に関しては、rasikuでオーダーするのははじめてのvstという素材で二度のなめしの工程を経た革になります。
柔らかく、それでいてしなやかな質感。目立ちすぎ無いきめ細やかなシボが特徴的です。
今回は色も珍しくGREYを選択。
以前にも何度かGREYの靴を展開したことがあるのですが、そんな気分が数年に一度やっぱり訪れるのですね。
メイン履きの靴とちょっと差別化できたり気分が変わる様な二足目、三足目のイメージで選びました。

「Closed」と呼ばれるコレクションの最初期のソールは、ボコボコとした凹凸が特徴のトリッペンソール。
rasikuでもセレクトする際は、可能な限りほとんどそのソールでオーダーしているのですが、
今回は、新たにClosedコレクションのソールとして開発された、板が並列したようなデザインの
スティックソールをそのまま採用。足に掛かる負担をより軽減させる為に開発された形状で
trippenらしいユニークなデザインと機能とを併せ持ったソールになります。
個人的には春夏の軽いイメージを出すのに、見た目のバランスも履き心地も良いソールだと思っています。


踵がないデザインですが、靴らしさは失わずにすっきりとした佇まいが”YEN”との違いになると思います。
グレーというカラーもそこまで変化球な訳でもなく、ベーシックな黒や茶とはまた違った選択肢として
取り入れてみていただけたらと思います。
ネイビー・オリーブ・ベージュ、ブラックやチャコールといったボトム、他にもワンピースやスカートなど、
グレーの靴があると、服との組み合わせがより楽しく、広がりが生まれそうだなと思います。


上着などが薄手で軽やかになってくると、足元が革靴でちょっとボリュームがあるとどうしても見え方的に
重たくなってしまいます。それがうまくバランスがとれる場合もありますが、なんとなくイメージと合わない・・・
そんな時に、程よく軽やかさがあって砕け過ぎない雰囲気のある靴となると、そう沢山は無いと思うのです。
脱ぎ履きのし易さも含め、履ける場面というか許容範囲はあるかもしれませんが、その中でオンスタイルでも
しっかりオフな日でも気持ちよく過ごすための一足として活躍するモデルだと思います。


ぽてっとしたフォルムですが、どことなく緊張感が漂うのはtrippenだからこそ。
意味のあるデザインと、革の表情から縫い目のひとつひとつには真摯な物づくりが織り成す美しさが
しっかりと備わっています。一度足が知ってしまうと、なかなかその履き心地に勝る靴には出会えない・・・
そう断言しても良いくらいtrippenの靴は歩き易く、そして疲れ難い。
もちろん他にもいろんな靴を服に合わせて履きますし、色んな「良さ」があるので順不同ではあるのですが
今の自分達の生活の中で、欠かせない存在であることは確かです。
もう履いたことがある方も、はじめての方も、季節だけではなく皆それぞれの新たなはじまりを迎える時期を
新しい靴で一歩、踏み出してみる。というのも良いのではないでしょうか。ぜひ見にいらしてくださいね。

11月15日


trippen     PLEATS

color       BLACK

price       53000+tax

SIZE       35    /    36    /    37    /    38    /     39


庭の紅葉はまだ見頃真っ最中ですが、家の目の前の草っぱらに薄らと白く霜が降りていた朝。
今朝の盛岡は最低気温0℃を表示していました。
こうなってくるといよいよ本格的な冬支度もはじめないとな・・・と思わされます。
衣替えに灯油や薪などストーブ・暖房器具の準備(アラジン修理しないと・・)タイヤ交換などあれやこれや。
どうか風邪などひかずに、身の回りを出来るだけ万全にあたたかくして冬を迎えたいものです。

雪が積もったり、ツルツルに凍ったり、かと思えばまったく雪も降らずコンクリートが見えていたり。
北国でも特に盛岡の街中では毎年冬場の道路状況が異なり、靴選びも難しいなと思いながら過ごしていましたが、
そんな中でもやはり昨冬は例年より遥かに寒くて道も凍って辛かったな・・という記憶が強く残っています。
そんな年に、たまたまタイミング良く初めて内側にボアのあるミドルブーツを展開していて、その靴がとても好評だったので
今シーズンはTRIPPENソールの別注だけではなく、インソールもボア付きのソールに別注させていただいて
完全に雪国仕様なTRIPPENをご用意しました。選んだのはrasikuでもはじめて展開する″PLEATS″というモデル。


ミドルまでいかない足首が隠れる高さのアンクルブーツ。
足の甲に入ったシワは既に何年も履き込んで馴染ませた様に見える程、表情豊かで独創的なデザインがとても
TRIPPENらしいなと思える一足です。
内側にZIPが付くので脱ぎ履きが楽なのと、ボトムもスカート・パンツのどちらにも組み合わせし易い足首の幅。
デザインはややハードに見えるかもしれませんが、洋服と組み合わせると強さというよりは美しさを感じる曲線が
柔らかで女性らしい印象を与えてくれる様にも感じます。
アッパーはバッファロレザーを使用。雨や雪に強いレザーの1つできちんとアフターケアを施して頂ければ
冬の強い味方になってくれるはずです。


インソールはムートンの仕様にしていますが、通常のタイプ(別売り)と交換する事で季節を限定せずに
履いていただく事も可能。昨年の厳しい冬の寒さを経験して、足元の選択肢(保温性の高いもの)を
少しでも増やしたいと思っていましたので、インソールとソールの別注に至りました。
外側がモコモコとしたブーツはそれ自体は保温性が高いと思うのですが、靴自体のボリュームと服装との相性に関して
合う合わないがはっきりしてしまうので、あくまでも自分達が着たい服や提案している洋服に寄り添う靴で探しました。
ソールは凹凸がありグリップ力に富んだ″trippen sole″に変更。
trippenの柔らかな曲線美に対して、ゴツゴツとしたソールの無骨さが垣間見えるのが好きなのです。
見た目だけでは無く機能性に関しても雪の多い地域においては一番力を発揮してくれるソールだと思います。


履き口は広くも無く細すぎることもなく、ボリューム感も丁度良いのでパンツの裾を無理やりインせずとも上から
被せる事が出来ますし、細身のデニムなどを穿かれる方であれば裾をインすることも可能だと思います。
イメージするのは、スカートやワンピースなどちょっと長めの丈で靴の履き口に裾が掛かるかどうかぐらいのを
合わせて、もこもこの靴下の柄などがちらっと見えたりしたら、なんとも可愛いなと思います。
ポテッとしたシルエットの靴なので、あえてトップスは綺麗目なセーターやニットタートルだったり、
もしくはすっきりとしたジャケットを羽織ってみたり。
カジュアルから程よくきちんとした装いまで合わせられるのは、履き心地や構造と同じくらいかそれ以上に
デザイン性を重視した靴であるからこそ。見た時よりも、きっと履いた時の方が驚きや発見が多いのも
TRIPPENの靴の良さだと言えます。


昨年展開した内側ムートン仕様のブーツにはじめて足を入れた際、なんと暖かい事かと感激しました。
これを知ってしまったら、冬に他の靴が履けなくなってしまいそう・・・と不安にもなりました。笑
今回はインソールだけふかふかなので程ほどの加減で?ぜひ足元暖かくして冬をお過ごしください。
秋冬オーダー分の入荷も最終便が届き始め、ずらりと並んだ冬の服の数々に包まれています。
暖かい服を探しに、お立ち寄りください。お待ちしております。

9月18日


trippen     BEUTEL

color       BROWN

price       45000+tax 

SIZE       35    /    36    /    37    /    38    /    39


秋祭りと三連休が終わり、あっという間に9月も半分を過ぎていましたね。このまま涼しさは冬へと加速していくのかと
思うと、ふいに寂しい気持ちになったりもします。岩手は四季がはっきりとしているので、日々の何気ない景色や
ちょっとした気配の移ろいを感じながら、毎日を健やかに過ごしていきたいなと思っています。
個人的には近所の荒物屋さんで、ざるに「林檎」が並び始めているのを見ると季節を感じて嬉しくなります。

これからの季節が一番活躍するtrippenから、今シーズンセレクトした″BEUTEL″が届いております。
″BEUTEL”はドイツ語で袋を意味する言葉で、フィッティングを調整する為のベロクロとアッパーの前後でレザーを切替した
デザインが特徴的で、定番で展開をしているスリッポンタイプの″YEN”とはまた違う良さを感じる1足です。
切り替えしの前側はエルク(鹿科)、後側はボックスカーフ(牛)と、それぞれに異なるレザーを組み合わせていて
エルクはしなやかでとても柔らかい質感で、履き始めからでもすんなりと足に馴染む感覚があります。
後側の明るいブラウンの切り替えしが、服装のちょっとしたアクセントになりますし履き込んでいって2つの革が
馴染んだ頃には、より一体感が生まれるであろうと思います。


アッパーに使用されているエルクは揉み革で表面に細かなシボが入ります。色はパッと見た感じは黒に近いですが
自然光に充てると少しだけブラウンの色味も混じったような色合いになります。
黒よりも柔らかさがあり、素材自体もカジュアルな服装に向いていると思うので普段着にとても合わせ易い靴だと思います。
紐を結ばずに穿き口のベロクロで踵の浮きなどを調整出来る点も″BEUTEL″の特徴と言えます。


内側はライニングなしの1枚革で、足を包み込んでくれるようなフィッティングを実現しています。
踵部分はボックスカーフとライニングの2枚仕立てになりますので、型崩れの心配は一切ありません。
ソールは何度もrasikuで別注というカタチでお願いをしている凹凸のある”trippen sole”に付け替えをお願いしています。
アッパー自体が1枚革で構成されているので、雨や雪などに強いとまでは言い切れませんが、
よっぽど酷い気候でなければ、日常使いの範囲で突然の雨や、雪道くらいでしたら履いて頂けると思います。
trippen靴の本質的な部分は、雨や雪用の為に作られた靴。と言う訳ではありません。
ただし僕達が今まで日常で履いている中では、東北の冬でもある程度対応できる革靴の1つと思っています。
その感じ方や捉え方は個人によって異なるものと考えていますが、無数に選択肢がある中で、服装との相性や
靴の製法、穿き心地、アフターケアを含めたメンテナンスなどを総合的に捉えて良い靴だと判断しています。


今時期は薄手のソックスとの合わせがお勧め。
もう少し気温が低くなれば、ウールのタイツなどともイメージし易くなるのではないでしょうか。
コバに2本のステッチが入る靴は、レディースでは見る機会がそう多くはないのではと思います。
足元全体にボリュームが出るので太いパンツなどはボリューム負けせずに好相性に感じます。
一足一足きちんとデザインされた靴は、自分達が提案する様な日常着から、もう少しエッジの効いたモードや
コレクション系の洋服との組み合わせにもしっくりくるのが、trippenの靴の面白さや奥深さでもあり、
デザインの落としどころが絶妙なんだと感じています。


サイズは一番小さい35(約22.5CM)~39(訳25.0CM)までの5サイズ全て揃えております。
人間工学に基づき、足にとって良い環境であることや健康的な歩行を目的として作られたシューズは、
気に入ったものに巡り逢えると、とにかく靴を履いて出掛ける事が楽しくなりますし、靴を変える事によって
服装にも様々な影響をもたらし、自分の中に変化が起きる可能性もあるかと思います。
何やら壮大な感じに聞こえますが、とってもシンプルで素敵な事です。
お洒落は足元から・・・といつも考えるのですが、自分に合った靴を一足でもワードローブに持っていて
そこから洋服を選ぶ事がより一層楽しくなって頂ければ、嬉しいことです。
今シーズンはブーツも1型入荷を予定しておりますので、そちらも是非楽しみにしていてください。

8月25日


trippen     COMMON

color       BROWN

price       45000+tax 

SIZE       35    /    36    /    37    /    38    /    39

TRIPPENから今季の春夏でオーダーしたモデル ″COMMON″
TRIPPENの数あるラインナップの中には、スリッポンタイプのモデルは幾つかあるのですが
その中でもrasikuでも常時展開している Closedコレクションの″YEN″は、ブランドがスタートした
初期の頃に作られた代表的なモデルで、TRIPPENと聞いてこの靴をイメージする方も多いのではないかと思います。
YENの履き心地の良さを知ってしまうと、ついついシーズン問わずフル出場させたくなるのですが、
見た目のぽってり感やコバの重厚さ加減など、もう少し春夏はすっきり履けて見た目も重さも軽やかな形の
スリッポンを展開したいと思って選んだのが、COMMONというモデルでした。
正面から見た感じはコロンとしたシンプルなスリッポンといった印象ですが、外側・内側・後ろ、そしてソールと
ぐるりと全体を見てみた時に、実はとてもユニークで特徴的な形なのだという事に気が付きます。
じっくり見ると実は変わっているのに、いざ履くとそれをあまり感じさせないという不思議。
そしてもう一つ、これはとても個人的な感想ですが、靴その物だったり自分が履いた靴を直接見るよりも、
こうして着用写真であったり、誰かが履いている姿であったり、客観的に見た時の方がよりこの靴が可愛く見える・・!
というのは私だけかもしれませんが、そんな何とも不思議な印象を抱かせる靴だったりするので、
もし気になる方は見ているだけでは無く、ぜひ履いて試していただきたいなと強く思います。


履き口からアッパーは縫い目のないすっきりとしたデザイン。コバも無い分見た目もコンパクトです。
サイド外側の下部分から後方にむかって、革の継ぎ目が特徴的なモカシンシューズの様なデザインが現れます。
そして内側部分にはゴムの仕様。
物静かな雰囲気にカジュアルな一面がプラスされて、洋服を合わせて全体で見た時にも、さり気なく「お!」と
なるようなポイントになっていて、前後の印象の違いも履けば履く程に、じわじわと良さが込み上げてきます。
足を優しくすっぽりと包み込むのは、足に馴染みやすい柔らかなカーフレザー。
最初は若干、履き口が狭く感じるのですが、後ろ側のベロを持って後ろにゴムを広げる様に引っ張りながら
ゆっくり足をいれていくと、足と靴の間には隙間が無いくらいぴたりと張り付く様な感覚で納まります。
履き始めは本当にジャストフィットと言った様な感じか、むしろ少し小さいのでは?と思う位のサイズ感です。
あまり馴染の無い感覚というか、慣れないフィッティングにサイズに迷う方もいるかもしれません。
素材自体が比較的伸びやすく、柔らかいカーフレザーを使用していますので履いて少し時間が経てば、
すぐに自分の足型に革が馴染みます。
初めが少し履き心地が窮屈な為に、大き目を選びたくなってしまうかもしれませんが、履く人によっては
素足に近い環境で履きたかったり、靴下が厚めだったり色々異なると思うので、そういった事も考慮して
サイズを選ぶのが良いかもしれません。

COMMONは「Penna」ソールというソールを用いたコレクション。
くぼみのあるデザインは衝撃吸収性にも優れていて、歩くと柔らかくも弾力のあるソールが
ふわふわっと「羽が生えた様に軽い」履き心地を実現します。
自社でソールまで開発するTRIPPENだからこそ、可能にする他にない足裏の感覚。
デザインに偏り過ぎず、デザイン以上に靴と足の環境が、いかに人の歩行にとって大事かと言うことを
履いて実感する事が出来るTRIPPENの靴は、ただ足が気持ち良いが良いだけではなく、靴を選ぶ事はもちろん
靴に合わせて服を選ぶ事・靴を履いて出掛ける事など、楽しいが様々な方面に派生していくように思います。


春、夏、秋と3シーズンはその季節の服に合わせて履いて頂けると思います。
暑さが戻ってきてはいますが、不思議と足元はサンダルよりも革靴が履きたくなって
今日は久しぶりに二人とも揃って、TRIPPENを選んで履いてきていました。
久しぶりに履いて思う事は、一年目よりも二年目、二年目よりも三年目と年々靴が良く見えてくるという事。
服やそれ以外のことも、少しずつ趣味や趣向が変わっていく中で、オールコンフォートシューズらしく
どんな場面でも柔軟に適応してくれる、懐の深さがあるTRIPPENのシューズ。
その魅力をぜひ体感し、知っていただけたらなと思います。

PageTOP