10月29日


SEA SALT    FULL SILHOUETTE COAT

color        NAVY

price        48000+tax 

SIZE        2 SOLD


葉山発信のブランド″SEA SALT″より、こっくりとした色合いと艶が上品さを物語るラムウールを使用した
前開きのコートが届いています。
先週の水曜日展示会で訪れたばかりの葉山は、10月も後半だというのに「夏!」と感じるほどの気候で
太陽はキラキラというかジリジリ・・・。この土地に冬は来るのだろうかと思ってしまう程の暑さでしたが、
スタッフの方によれば「昨日まではずいぶん寒かったんですよ。」とのことでちょっと安心?しました。
ほんの数分ですが、ほぼ貸切に近い海にも立ち寄って波の音を聞いたり、身体を伸ばしたりして色々解放!
毎回行く度に人と土地の空気や景色から元気を分けてもらえる、そんな場所だなーと感じています。
自分達がSEA SALTの服に魅力を感じたのも、シンプルだけどきちんと丁寧にデザインが成されていて、
野暮ったくならずに肩の力を抜いてリラックスして着れる大人の服が、在りそうで無いなと思っていたのと
街の中でも自然の中でも違和感無く溶け込むイメージがしっかり湧いたからです。
今季の冬物は多くの展開は無いのですが、少しずつ知っていただいて、色んな方の生活の中に馴染んでいく
そんな服になったら良いなと思っています。


フロントは留め具が一切付かない前開きタイプで、秋から冬の入り口まで着れるコートでもあり
さっと羽織って脱ぎ着も楽なカーディガンとしても着ていただけるアウターニットです。
厚みは程よく中肉で室内で着ていたとしても、そこまで大袈裟に見えないコートだと思います。
華美な装飾は無いですが、だからこそ何色かのブルーが混ざり合った深い糸の色目と艶やかさが際立ちます。
素朴で控えめな羽織ですが、シャツやブラウス・ワンピースなど見た目にも気候の面でも一枚ではちょっと
心もとない時に、こういった何気ないけれど着ると存在感を放つ羽織は一着あるととても頼りになります。


肩や身頃は着る人の身体に柔らかに添うようなデザインで、ゆったりめのサイズ感ですが
生地がとろんと滑らかなので、自然なAラインで裾まで流れるようなシルエットになります。
その分袖口は極端に細い訳では無いですが、バランスを整えるためにすっきりさせてますので
中に厚手の物をどんっと着るというよりは、インナーに薄手のタトールやシャツにニットベストなどなど
薄手で且つ保温性のある物を、何枚か重ねる事でより保温性を高めたりするような着方をイメージして
コーディネートしていただけると着る機会や頻度は長く多くなるのではないかと思います。


素材に使用しているラムウールは、産地としても有名なオーストラリアの中でも特に高品質と評価される
ジロン地方で産出されるメリノ種の生後6ヶ月以内に採取した子羊の毛です。
「エキストラファインラムウール」と呼ばれ、使用しているのはその原料の中でも18、5~19micと厳選したもの。
きめ細やかで繊細、そして何よりも軽く、保温性と保湿性に優れたウールの肌触りは、纏った瞬間ぞくぞくっと
震えるほどしっとり気持ち良く、着ているだけで気分が高揚するかもしくはよしっ!と気合が入るか。
上質な素材による特別な着心地は気分だけでは無く、着る人の空気までも変える様な気もします。
色んな驚きを体感していただけたらなと思います。


今まではベーシックなアイテムを生地や色で変化をつけながら継続して展開してきたSEA SALTですが、
この秋冬からは、継続型に加えてよりデザイン性を意識したコレクションを作りました。そのコレクションでは
ギャザーやリボンなどの「チャーミング」なエッセンスを加える事で、思いもよらなかった新たな発見になったり
今までの服が新鮮に思えたり、より楽しく着られる様なブランドへと進化している様に感じました。
自分達がこれから先を思い描く理想像と素敵だなと憧れに思う人の姿のイメージと、どこか通じ合う部分があって
だからこそ今、手繰り寄せられる様にSEA SALTの服に惹かれていったのかもしれません。
もし店頭で目に留まりましたら、ぜひ袖を通してみてください。

6月29日


SEA SALT    SLIPOVERDRESS

color        WHITE

price        36000+tax 

SIZE        2 SOLD

color        BLUE

SIZE        2 SOLD

color        F.BLUE

SIZE        2 SOLD


昨夜も結構しっかり雨が降った様で、今日は朝から家の中もジメジメして歩くとスリッパがペタペタ鳴るなど
如何にも梅雨らしい気候だったので、この身体に纏わりつく不快感を和らげるには、これ!と手に取った服。
今季から店頭に並んでいる ″SEA SALT″より、前回初めてご紹介した″SLIPOVER DRESS″というモデルの素材違い。
より薄手で肌あたりも優しくて軽やか、そして何より目にも楽しい美しい色合いが特徴のSLIPOVER DRESSは、
COTTON 70% SILK 30%を使用した生地で、まさにこれから突入するじっとり汗ばむ陽気でも、清々しく快適に
それでいてふっと心穏やかに過ごしていただける一枚になるのではと思います。


着用しているのは個人的に購入して既に着用し、何度か洗濯もしたもの。
洗いざらしで着ると多少シワ感はありますが、カジュアルに着る分にはそこまで気にならない程度のシワ。
綺麗に着たい気分の日は、一瞬でもさっとアイロンを掛けてあげると良いと思います。
フロントは比翼のヘンリーネックの様なデザインで、正面から見た際もとてもすっきりとシンプルなので
首元にアクセントとしてアクセサリーなどがあっても映えると思いますし、釦をひとつ、ふたつ外して
少し肌を見せて涼しげな印象を与える着方もお勧めです。


“SEA SALT”の洋服は天然染料を使った染めを施しています。
今回選んだ3色のうち、BLUEはラピスラズリと言われるバラから抽出した染料を使用。
L.BLUEはヤグルマギクと言われるキク科の植物から染料を抽出しています。
どちらの色も柔らかな色目で、肌が薄く透ける様な繊細な糸の風合いを楽しむ事が出来ます。
シルクが70%入っているのでガシガシ洗うお洋服ではないのですが、ネットに入れて頂き優しく洗って頂ければ
普通に日常着として着て頂けるので、決して取扱いが難しい素材ではありません。
インナーはキャミソールやタンクトップで、シルク×コットンの風の抜ける素材感を実感して頂きたいです。
直射日光から肌を守り、夏特有のベタつきが苦手な方にもお勧めします。


膝より少し上の腿が半分隠れるぐらいの着丈は、ワンピースとチュニックの間ぐらいの感覚。
細身のボトムとサンダルを合わせて、肩の力を抜きつつも上品な装いにも振る事の出来る素材感です。
涼しく過ごしたいという方にはワイドパンツやキュロット・スカートで、エレガントさと恰好良さを
表現すると自然に納まりが良く見えると思います。
SEA SALTの洋服は決め込んだお洒落をするというイメージというよりも、自然な表現が難しい色目に
上質な素材感とそれを活かしたプレーンなシルエットを楽しんで貰えたら嬉しいです。
関東は梅雨明けしたとのこと。これから盛岡もぐっと気温が上がると思います。
夏を気持ち良く、且つ楽しく過ごす為の一枚をお勧めします!

3月27日


今シーズンよりrasikuに並ぶ、SEA SALTの服。
海やリゾートが思い浮かぶようなリラックスしたエッセンスを取り入れながら、素材にはインポートファブリックと
ボタニカルダイなどを用いた鮮やかなカラーリングの布帛アイテムを中心に展開しています。
型数は然程多くありませんが、定番で作られているアイテムを素材を変えながらスタンスを変えずに作り続けている事も
魅力に感じていますし、世の中に合わせずに自分達が良いと思った物を作り続けているブランドは希少にも思います。
素材の持っている雰囲気を最大限に活かす為、シンプルに無理無駄を削ぎ落としたデザインが特徴的で
rasikuではメンズライクなボトムスに合わせて、格好良い女性をイメージしたスタイルをでお勧めしていきたいです。

SEA SALT    SLIPOVERDRESS

color        O.WHITE

price        26000+tax 

SIZE        2 SOLD


フロントのヘンリーネックの様なデザインが目を惹く″SLIPOVERDRESS″
素材は様々選択肢がある中で、生成のシーチングの生地でオーダーをした1枚。
打ち込みが強くて張りがしっかりとある生地感は、1枚で着用した時の存在感と柔らかな色目が春らしく
デニムなども勿論良いですが、あえて同系色のパンツで合わせるのもお勧めです。
膝が隠れるかどうかの丈感で、チュニックとワンピースの丁度間くらいのイメージだと思います。


肩線は身頃に対して直線的な位置に設定をしているので、自然なドロップショルダーになります。
今までrasikuで展開してきたブランドはもう少しゆったりとしたサイズ感とバランスのアイテムが多かったですが、
どちらかと言えばコンパクトなパターンで、すっきりと恰好良く見えるのが″SEA SALT″らしさだと感じています。


何かを象徴するようなディティールなどは一切無く、ミニマムに作られている印象を受けます。
袖口を生地の耳などで使用するなど、細かな部分を見ると拘りを感じるのですが、出来る限りプレーンな仕上がりにする事で
その洋服が持っている表裏のない素朴な良さが引き出されていると思っています。
ルックブックなどがあり世界観が見えたり、圧倒するくらいの作り込みがあるというブランドではなく、良くも悪くも言えば
普通さがポイントで、純粋にどう着るのかを問いかけられているような洋服に感じています。
シンプルという言葉が当てはまりそうですが、自分なりの解釈やサイズ感着方があってこそ格好良く着熟せると思いますし
小物や靴などの合わせ方やバリエーションも重要になってくるかもしれません。


ある意味ごまかしが効かない洋服になってしまうかもしれませんが、素材感であったりシルエットやパターンをダイレクトに
純粋に感じて頂けると思っています。何となくぼんやりとした合わせ方やふんわりした部分はないので、あれこれ足さずに
「素材」そのものを楽しむ服。と言えば分かり易い表現になるのではないでしょうか。
良い意味でまた違った、ストレートで潔い伝わり方のする洋服だと感じています。
他にもインポートファブリックを用いたシャツが届いていますので、是非ご覧頂ければと思っています。

PageTOP