11月8日


SEA SALT     MANT

color       GREY

price       34000+tax

SIZE       2  

立冬。家の周りを囲う小さな庭も、カラフルな落ち葉の絨毯が敷き詰められ。
落ち葉をせっせと集めて土に混ぜておく事で、来年の家庭菜園のための土が良くなりますようにと願いつつ
がらんとした庭がちょっと寂しいなと思ったりしながら、冬支度をぽつぽつとはじめています。

神奈川県の葉山を拠点に展開している”SEA SALT”のお洋服。
凛とした気配を漂わせつつ、海が近くにある事で生まれる雄大で開放的な明るさを併せ持った服。
デザイナー自身がマーガレットハウエルに所属していた事もあって、インポートの良質な生地を用いる事が多いのも特徴。
オーダーをした”MANT”もイタリアで1950年代から続いているファブリックメーカーのモノで、自社で染色・紡績・紡織
全てを行える環境で、その中でも冬物に使われるオーバー生地は特に品質が高いと支持され続けています。
ポンチョ自体はそう珍しくないと思うのですが、着るとどうしても子供っぽくなってしまったり、素材が厚いニットで
作製されていたりで使い勝手がどうかのかな・・・と想像が難しく、あまり展開をしてきませんでした。
一番良いと思えた点はカーディガンの代わりにもなり得る生地の厚みと質、それとインナーとの干渉や肩や袖の可動域を
気にせずに着用が出来る事。ざっくりとしたコートを羽織ってしまえばミドルレイヤーとしても重宝する1枚に感じました。
凄くシンプルな構造ですが作り込みもしっかりとされているので、想像するよりも使い勝手の良い印象があります。


首回りは内側に釦を掛けてから外に出ている釦を留める構造。アシンメトリーな位置に釦が付くのもデザインとして〇
袖を出す部分にもアジャスターが付きますので、空いた穴から袖を出して着る仕様になります。
これがある事によって袖のバタつきが抑えられて、スタイリッシュな印象になります。
布を纏うような感覚はいつもと違った着心地や着こなしが楽しめると思いますし、インナーダウンなどと同じ使い方で
見え方が全く違うものになるので新鮮に映るのではないでしょうか。


切りっぱなしのようなデザインですが、ステッチをかけているのでほつれたりする心配はありません。
ワンピースの上からざっくりと着るのも良いでしょうし、シャツ1枚だけでは季節的にも物足りなくなってきましたので
丸首から襟だけ出して着る事によって、保温性がしっかりと確保出来て着回しの広がりが出てくると思います。


圧縮ウールは中肉でしっかりと目が詰まっていて軽い素材ですので、秋口と春先にはアウターとしても十分に使えますし
そこまで嵩張らないので重ね着にも向いていると思います。
カーディガンとベストの良い部分を足したような使い道の広さと、デザイン的な面白さを着こなしに取り入れて
頂きたいですし、少しマニアックな素材やブランドならではの空気感も感じて貰えたら嬉しいです。

SEA SALT     FULL SILHOUETTE COAT

color       NAVY

price       48000+tax

SIZE       2  

昨年も展開をしましたニットのジャケット的な役割を果たしてくれる”FULL SILHOUETTE COAT”
素晴らしいデザインと素材だったので、今シーズンも引き続きセレクトをしています。

羊の毛の世界的な産地でもあるオーストラリアのジロン地方で作製されているメリノウールは、品質が最も高いと
されていて肌触りはカシミアと間違えるくらいの柔らかでしっとりとしています。
「FULL SILHOUETTE COAT」に用いているウールは、生後6か月以内に採取した子羊の毛のみを使用。
“エクストラファインラムウール”と呼ばれていて、その中でも18.5~19MICのみを厳選して作製する事により
一切のチクチク感のない肌を包み込むようなタッチを実現しています。
実際に触れて頂ければ、品質の良さは他のウールとは明らかに違う事を実感して頂けると思っています。
様々なウールに触れてきましたが、ここまで質の高いものに出逢うのは滅多にありません。


フロントは釦などの付属品が一切ないミニマムな作りに落とし込まれています。
素材の持っている良さをダイレクトに表現したデザインで、ただ着ているだけで生地全体が柔らかく落ちていく感じが
写真からでも伝わるように思います。
しっかりとした肉感があるのですが、見た目程の重さは感じず、アウターニットとして活躍する1枚です。


肩線はドロップした位置に付ける事でストレスのない着心地を実現。
インナーの厚みを気にせずに着用が出来るので、ジャケットライクに着るのも良いでしょうし車移動がメインの方でしたら
コート代わりとしても十分な役割を果たしてくれると思います。


カラーはネイビー1色のみの展開。メーカー自体もこの色のみしか作っていません。
遠目からは単色に映りますが、良く見えると幾つかの色の糸が複雑に入っていて立体感のある美しい色。
ひらっと捲った先に目に留まるのは小さなコインポケット。
何を入れようかとにやりとしてしまう遊び心のあるディティールは実用性があっても無くてもワクワクします。


SEA SALTの服はこれみよがしに上質さを前面に押し出すわけでもなく、何気なく触れたり着てみた時に
“あ、すごく気持ちが良いな”とか”このギャザーの入れ方は細かくて綺麗だな”など気づくようなことが多く、
自分達自身も知れば知る程、素材やデザインの奥深さとそれを感じさせない悠々とした雰囲気の魅力に
染められていくような気持ちでいます。
秋冬はそこまで多くは展開していませんが、少し前にご紹介した”GARTER STITCHED CARDIGUN”も同様に
ウールの良質さと、さらりと気負わずに着られる万能さは確実に重宝する一枚になりますので、
お試しいただければと思います。

10月25日


SEA SALT     GARTER STITCHED CARDIGUN

color       MOSS

price       32000+tax

SIZE       2   

color       ORANGE

SIZE       2   

そういえば、中津川に毎年遡上する鮭の姿はみなさまもう確認されましたか?
私は先週末にちょっとそこまでと橋を渡った際に、何気なく川をのぞいてみたのですが(同様な方がほかにも数名)
ゆら~ゆら~とゆっくりさらに上流へと泳ぎ続ける鮭を一匹この目でキャッチしましたよ。
この時期ならではの街の風物詩とも言える景色、少しずつ紅葉がすすむ銀杏の木も毎日たのしみ。
身近なところで、毎年愛おしく思う秋を感じられてとてもうれしいです。
良いタイミングでいらした客人にも、この景色をお見せできたのも良かった。
またそこかしこで出逢った秋を、おすそ分け気分でこちらに記していこうと思います。

SEA SALTから届いたカーディガンの色味。
羽織るとたちまち秋モードへと気分が高まる、見た目も着心地も暖かな一枚です。 
継続的にSEA SALTが使用しているピュアブリティッシュウールの温もりある糸で丁寧に編み立てられた
ざっくりシルエットのカーディガンは、肌寒さ感じる時にさっと手に取り羽織れるので、気温の変化が激しい
この時期こそ手元にあると重宝するキーアイテムだったりします。
今シーズンのコレクションテーマにも掲げられた、ボヘミアンやフォークロアのエッセンスを適度なバランスで
デザインに取り入れつつも、元々得意とするすっと背筋が伸びる様な美しいシャツなどとスタイリングする事で
柔らかさとエレガントさを巧く中和させた着こなしにもなる、優れものの羽織に仕上がっています。


前は留めずにただたださっと羽織るのみ。素材はウール100%。
脱ぎ着がし易いというだけで、手が伸びる頻度は格段に増えますし、アウターとして着ていても
室内が寒い場合そのまま着用していても違和感なく過ごせるというのもポイントだったりします。
秋物のコート類はこの時期一番選択肢が増えるので、何を優先するかもそうですし一点に絞るのは
非常に悩ましくてお客様と一緒にうぅぅ・・・と唸りながら、色んな事を頭に思い描いて心を決める瞬間に
立ち会っております。
その中でもこういった留め具の無いゆったりとしたデザインのカーディガンは、シャツやワンピースなどに
重ねて着たいという方で、尚且つ職場でも着る事を想定してシンプルでカジュアルになり過ぎないデザイン。
本格的な秋冬のコートで選ばれるというよりは、実用的な面とシチュエーションによって使い分けて着る方が
必要としてくださっている様に感じます。


ボディはガーター編みで、表裏ともに編地が変わらない分見た目の美しさにも繋がっています。
裾には微かにラインが入ったように見えるステッチを。それだけで全体がきゅっと引き締まった印象に。
SEA SALTが得意とするドロップした位置に肩線をつけて、袖丈は8分位の長さに設定。
手首からインナーをちらりと覗かせて、着こなしにアクセントを付けて着れるのも面白かったりします。
シルバーのブレスレットやバングルなどを合わせる事で、一辺倒になりがちな着合わせを解消出来たり
絶妙な軽やかさを表現できるのも、この袖丈ならではだと感じています。


SEA SALTの纏う空気感はrasikuに並べている洋服の中でも、リラックスしたイメージだったり色目に関しても一際目を
惹いたりして、それが店内に心地の良い雰囲気を与えてくれているような気がしています。
物作りはとても真摯で、どちらかと言えばマニアックや素材や珍しいパターンを多用している様に捉えているのですが
細かな蘊蓄などを忘れさせてくれるくらい、ただ袖を通すだけで気持ちの良い洋服だなと感心させられてしまいます。
そろそろウールの羽織物が必須な時期になりますので、暖かな素材に身体を包んで過ごしてみては如何でしょうか。

7月2日


SEA SALT    TUCK BLOUSE

color     WHITE

price     28000+tax

SIZE     2 SOLD

color     INDIGO

SIZE     2 SOLD

color     RED

SIZE     2

少し前にこちらでご紹介したSEA SALTの「FRILL&GATHER BLOUSE」
有難いことに店頭でお選びいただき完売となりましたが、同素材を使用したもう一つのモデル
「TUCK BLOUSE」も7月に入って、この湿度の高さから今がまさに食べ頃ならぬ着頃のように感じたので
ご紹介をしたいなと思います。
生地はFRILL&GATHER BLOUSEと同様に、スイスの老舗ファブリックメーカーの生地を使用しています。
スイスのワイスホルンで製造されるオーガニックコットンを原料に、染め・紡績・紡織までの全ての工程を
自社の工場で行うハウザーマン社が手掛ける生地。
微かに透ける程の細い糸で織りあげた繊細なスイスコットンは、やはり各工程において専門の技術と
多くの経験によって培った職人の技が無ければ生産するのはとても難しいのではないかと思います。
なかなかここまで薄手の生地に出逢う事はなかったですし、繊細だからといって弱いという事ではなく
華奢でありながら強さを含んでいて、精巧に仕上げられたものを良質と言うのだなと体感させられる素材です。


フロントは比翼仕立ての前開き仕様になっています。
TOP釦のみ表に出ていることで、前立ての両サイドに配したプリーツがより際立ち、まるでフリルのように
上品で可憐な表情を見せてくれます。
シルエットはFRILL&GATHER BLOUSEと比較するとスッキリ目にはなりますが、そこまでタイトではなく
ボトムがワイドであったりフレアなスカートなどでも相性良く着ていただけるトップスです。
首元の詰まり具合やネックラインが綺麗で、長袖で肌の露出はせずとも生地の質感で清涼感を与えてくれる
なんとも大人な一枚。
カラッと晴れた日に半袖Tシャツの爽やかな日もあれば、こういった涼し気なブラウスの日があっても
良いなと思います。ボトムが例えば同じデニムだったとしても印象や雰囲気が変わり気分もウキウキしたり
些細な事ですが、ちょっとした変化は生活に彩をあたえてくれます。


肩はセットインになっていて、袖幅に関して太過ぎずスッキリとした設定になっています。
肩がセットインでも袖幅や身頃がゆったり目であったり、ドロップショルダーやドルマンスリーブなど
直線裁ちで落ち感のあるデザインなどが好みでそういった服の展開が多い中、SEA SALTの服に関しては
そういった他のテイストに近いリラックス感や柔らかさを持ち合わせつつも、どこか凛とした姿勢と美しさを
香らせる素材であったりデザインなのが良いなぁと思い、そのちょっとした違いを楽しんでいただけたら嬉しいです。


バックシルエットもタック位置が特徴的で、上品な中にもちゃんと癖があるのがとても良いのです。
ただ繊細で綺麗なだけではなく、日常で着られる親しみやすさも感じられるSEA SALTの服。
夏の気配はもうすぐそこに来ています。昨日も夜中に一瞬外へ出てみたら虫の声は聞こえませんでしたが
猫の激しい鳴き声と、風に乗って夏草の香りに包まれて、自分の中にある夏の記憶が広がりました。
この蒸し暑さと肌寒さが入り混じってどうにも調子が今ひとつ上がらないなという方も、もしくは
このムシムシ感も良い!という夏先取りな方も。少しでも身も心も軽やかに気持ちの良い服を纏い
過ごしていただけたら良いなと思います。

6月11日


SEA SALT    FRILL&GATHER BLOUSE

color      WHITE

price      29000+TAX

SIZE      2 SOLD

color      RED

SIZE      2 SOLD

color      INDIGO

SIZE      2 SOLD

昨日のBLOGで告知させていただきましたが、今週末は由利本荘のみつばちさんへ出張SHOPのため
内丸大手先ビルの店舗はお休みとさせていただきます。
ご来店を予定されていたお客様には大変申し訳ございませんが、もしお時間ある方はぜひ由利本荘まで
下道と高速を使って片道2時間半のみちのりドライブはいかがでしょうか?
土曜日には、自分達もずっと色んな方からお勧めいただいて行きたい・食べたいと思っていた
樫食堂さんのごはんがみつばちさんのお庭でいただけますよー。やったー!
さらには樫食堂さんによる似顔絵デッサンとRelieR plantsさんによるディッキアやアガベなどの
個性的な多肉植物の販売もしていただけるとのことで多種多様で賑やかなイベントになりそうです。
海・山・川と自然に囲まれた由利本荘や周辺にはとても美味しいご飯屋さんもありますし、前回足を運んだ
「鳥海山 木のおもちゃ美術館」もまた行きたいと思う施設でしたし、1時間かからず秋田市にも行けるので
一日たっぷり遊べるのではないかなと思います。週末のご予定にぜひ。そして晴れますように!

そんな海のある街にも川の流れる街、どちらの景色にも似合うSEA SALTの服。
今回も夏に相応しい繊細で涼し気な素材、そして自然の色味にマッチするカラーをご用意いたしましたので、
30℃越えの日も晴れやかな気分で過ごせるような装いを楽しんでいただけたらと思います。


袖と首元の控え目なフリルと首元に寄せられたギャザー、そして華奢なリボン。
それがあると自分は(コロッと)弱いんだよなーという要素が大方揃ってしまっていて
どれか一つでも心擽られてしまうところなのに、それがふんだんにだなんてもう大変で素敵です。
とは言えそれが入っていれば何でも良いかと言うとそうではないのですが、自分がイメージする可愛いは
飾らずに自然体のままでもふわっと漂う柔らかなチャーミングさや、静かな空気を纏う真っすぐな美しさなど
そういったニュアンスを含むものと繋がっています。他にも違う可愛いと感じるものの引き出しもあるのですが、
SEA SALTの服はまさに自然体で仄かな甘さはあるけれど華美になり過ぎないのが良いなと思って見ています。


使用している生地はHAUSAMMANN+MOSSという1811年創業のスイスのファブリックメーカーのもの。
スイスコットンの織物の染めから紡績、紡織までをすべて自社の工場で行う一貫紡の工場で作られる織物は、
その生産過程においてもクオリティを落とさないために、部署同士の連携が常に綿密になされていることや
スイスの良質なお水が生地を作ることにとても良い影響をもたらしていたり、その土地と自社工場ならではの
特性を最大に活かした仕上がりになっています。
繊細で上質な生地に触れると、まるで着ていないかの様に肌当たりは軽やかで優しくて瞬く間に気分は高揚。
夏の暑さの中に加え湿度でジメジメしていたり汗をかいてても、薄手でさらりとした生地は不快感を与えず
むしろ汗をかいても気にならなくなるぐらいで、服を変えることで嫌だなと思う気持ちも良い方向へ転換
されることもあると思うと、装うことに対する捉え方や視野もまたひとつ広がったように感じます。


首元はリボンを結ばずに開けて着るとぐっと大人っぽさが増しますし、あまり肌を見せずに着たい方は
きゅうっとギャザーを寄せる事でフリルが微かに立襟のようになってくれますので、それもまた可愛いです。
カラーREDとINDIGOはそれぞれバラとログウッドを使用した天然染めによる美しい色合いが特徴の生地で、
やや肌が透けます。微かに透けるのがはじめは気になるかもしれませんが、暑い日差しの中で着ていると
むしろ涼し気で季節感を感じられますし、麦藁帽子やサンダルなど夏の小物ともよく似合います。
WHITEはとても薄手の生地なのでかなり透けますが、透ける事を利用してインナーには逆に色味のはっきりした
タンクトップやキャミソールを着たり、もしくは黒やチャコールなどモノトーンな色味でシックな印象に
まとめると、それはそれで大人で素敵な装いに映ります。
引くところは引いて、可愛さはそっと添えるぐらいの気持ちででも見れば確実にぐっと心を掴むディテールが
細部に詰まったブラウスです。
これから迎える夏の予定に合わせて、開放感のある服を取り入れてみてはいかがでしょうか。

5月13日


SEA SALT    DOLMAN SLEEVE COAT DRESS

color        F.BLUE

price        42000+tax 

SIZE        1


まだまだ八重桜や枝垂れ桜が見頃だったり、春っぽさは感じるものの日中の日差しは初夏!
いつも通る道沿いの野草など、今朝の散歩のときにもう腰の高さまできてる!と驚いていたのですが
その後また店まで行くのに同じ道を歩いたら、さらにもう2㎝ぐらい高くなったような気すら・・・笑
それぐらい草や木や花が日々成長して景色が移り変わり、外を歩くのがとても楽しい季節です。

昨年の夏とてもとても大活躍したSEA SALTの夏の服。
昨年がファーストシーズンだったので今年はよりブランドの持ち味を活かして、なかなか出逢うことが
ないであろう引き寄せられるように美しい草木染の服や、上品且つ繊細でうっとりするくらい夏に相応しい
清涼感漂う服を展開したいと思って選んだ数々。少しずつ店頭に並んでいます。
最初にご紹介するのは、ちょうど今時期くらいからインナーは様々変えながら纏っていただけるコートドレス。
民族衣装をイメージしたドレスは、衿元と内側のウエスト位置にリボンが付いている脱ぎ着の楽な羽織タイプ。
コートドレスなので、コートともまた違うジャンルに位置するこのアイテムは着こなしのバリエーションも豊富で
ただ羽織るだけでも気分良く、これから季節が進むにつれどんどん薄着で一枚でさらっとした着こなしばかりに
なってくる分、こういった余白を埋める一枚が在るか無いかで装いは大きく違ってくると思います。


首元のリボンをきゅっーと引っ張って締めるとギャザーが寄って首の開きが詰まるデザイン。
スモックにも似た首元のデザインはその物だけを見ると、なんだか可愛いイメージが勝ってしまう事が
多いのですが、基本的には着方や組み合わせ次第でがらりと全く違った見え方にもなると思っていて
あとは単純に生地感などでも、服の持つ雰囲気や空気感は変わってくると思います。
着こなしの部分で言えば、リボンを締めたり結ばずに前をオープンにして着たり、インナーも首元が
UネックやVネックなど開いているデザインを合わせたり、それだけでも結構印象は変わります。
また素材の部分では、コットンとリネン50%・50%の生地を用いたことにより、縦糸に使用したコットンの
ムラ糸本来のふっくら感やきめ細やかな毛羽立ちと、麻のさらっとした涼やかな風合い。
それらを混ぜ合わせる事で、やわらかくなり過ぎずに着た際にすっと爽やかな風を感じさせるような、
凛とした雰囲気も漂わせる服に仕上がっていると思います。
そういった事も含め、デザインと生地感にプラスして着方の部分で服そのものの印象は変化すると思いますし
それを自分で探したり、発見するのも服の面白さだなぁとつくづく実感するのです。


袖付けはドルマンスリーブなので、横から見るとすっきりとして見えますが脇下部分などは
ゆったり余裕を持たせたデザインになっています。
中に着るものも、中肉カットソーぐらいでしたら袖にも干渉せずに着こむことが出来ますし、
肩幅や身頃も、sizeは1となってはいますが体型も問わずに着ていただけるデザインです。
あまり横に膨らまずに身幅をすっきりとさせたい場合には内側ウエスト部分に付属している
リボンをフロントで結ぶと、ボリューム感も抑える事が出来ます。
コートとしての一面もありますが、完全なアウターというよりは室内で羽織っていても気にならない
カーディガンのような羽織でもあり、そしてワンピースの要素もある。
自由度が高く、その日の気分や感覚で手に取るようなアイテムなので着る頻度も人其々違うと思いますが
ポケットなど最小限の機能性があると不便さは感じないですし、Tシャツ一枚などラフな服装などにさっと
羽織るだけでサマになる軽い羽織はバリエーションがあればあるほど、いざという時活躍します。


このバックシルエットは実際着ていただくと分かりますが、惚れ惚れします。
そしてベーシックな色とも迷いつつ、今回妙にぐっと惹かれてしまった綺麗な色目。
ラベンダーよりももう少し薄くて明るくて、藤色にちょっとだけ紫を足した感じの色。
白とも黒とも相性が良いので、インナーはベーシックな色だったら大体マッチしますし、
服でも小物でも良いと思いますが、綺麗な色同士で組み合わせたりキラキラっとしたアクセサリーを
身に着けたりも、夏ならではの楽しみではないかなと思います。


SEA SALTの服ははじめは見慣れないカラフルな色が目に飛び込んできて、その次にデザインや素材に
触れてリラックス感であったり、力みのない上品さを感じてくださる方が多いのですが、自分たちが
一番思っているのは、こんなにも繊細に作りこまれた服でここまで控え目で慎ましい服は中々無いですし
着ないと分からない部分が多すぎて、とても伝わり難い分、着た人にしか分からない良さが詰まっている。
ということ。誰にでもというよりは着た人が色や素材から何かを感じて、気持ちが元気になったり穏やかに
ハッピーに過ごしてもらえたら、それ以上のことは無いなと思います。
改装して明るくなった窓から差し込む光が、とてもよく似合うSEA SALTの服をぜひ体感してください。

PageTOP