8月28日

AULICO    LONG SLEEVE TEE SHIRTS

color      WHITE

price      18700-

size      S    /    M    /    L 

ここまで雨って降っていましたかね。。。という位にずっと曇り→雨→曇り→雨でたまに見る太陽が本当にありがたく
洗濯物の乾きも全く違うなと思いながら過ごしています。特に朝活をした日は必然的に洗濯物が増えてしまうので
太陽光の素晴らしさを感じずにはいられません。

そしてそして、太陽光がとても似合いそうなTEE SHIRTSが、宮崎県都城市から届きました。
AULICOの生み出すプロダクトはシンプルで着易いというのは何となく頭では理解しつつも、プラスαの部分として
何処かエレガントで色気があって着ていてとにかく着心地が良い。
たまたま、それが今の僕の気分に合っていると言ってしまえばそれまでなのですが、夏にご紹介したTEE-SHIRTS
素材を変更したのと、シルエットも若干ですが微調整をして長袖になって登場しました。
昨日も手に取って下さったお客様の言葉が、自分が伝えたいなと思っていることをそのまま仰って下さり
モノ自体が語る何かがあるんだなぁと感心してしまった良い土曜日でした。

先ずは素材から。リネン64%・キュプラ36%を掛け合わせた、さらっとした質感の布帛Tシャツ。
丁度、夏の終わりが近づいたタイミングで湿度が高い状態に何を着るか、手に取るか迷う時期に打ってつけの素材感。
汗をかいても肌当たりがさらっとしていますし、身体からも生地との間に空間が出来るので直ぐに心地良い状態に
戻してくれる、機能的な素材とシルエットを構築。
力が入り過ぎていない適度なリラックス感もこのTシャツの特徴で、コットン100%の所謂のロンTでは出せない
空気感がとても良いなと思っています。少し寒くなったタイミングで、ニットのカーディガンとか羽織ったら
きっと身も心も穏やかに過ごせると思ってしまうのは私だけでしょうか。。。

最小限の縫製のみで成型されていて、特に肩のラインが奇麗にドロップするのがとても心地良い。
どちらかと言えばやや不確定な要素も含みつつ、洋服としてこうですと言いきらないニュアンスがAULICOらしさだと
僕は思っています。そういった要素が服装としての面白さと奥行を自然と感じ、サイズの選び方1つとっても
こうだと頭の中で決めつけすぎずに、ご自身の感性と感覚を大切にしながら選んで頂きたいなと思っています。

ネックラインも微妙な開き具合のクルーネック。
詰まり過ぎていない事で生まれる、色気の正体はこの辺のバランス感にあるようにも思います。
軍物のスリーピングシャツとかをイメージすると全体のニュアンスや着こなしの大枠は伝わりそうですが、
全体に丸みがあり、袖を通す前と後の感覚とでは別物であることを実感させられます。
頭の中で導き出すイメージと、不思議と腑に落ちるよう緻密に計算されたバランス感。
洋服は経験に基づく判断を大いにしがちで、何となく分かったような気分にさせられることが多々あるのですが
新しい扉を開いてくれる、着こなしをあれこれと想像するのが楽しくなる1枚になるのではないでしょうか。

8月9日

AULICO   TEE-SHIRTS

color     SAX              /              DARK SAX

price     10450-(TAX IN)

size     S    /    M    /    L        S    /    M    /    L

つい先日BLOGでご紹介しました、揺れる生地感と染色による見ているだけで涼し気な印象を与えてくれる
AULICOからリリースされた新型のTEE-SHIRTS
ご紹介した時にはサイズLのみになっておりましたが、お盆前にしてS・M・Lとフルサイズで揃えることが出来ました。
今季はこちらが最後の追加になりますので、もしサイズやカラーが無く断念していた方がいらっしゃいましたら
どうぞお手に取っていただければ幸いです。
はっ!気付くと今日も着てしまっている。。。湿度の高い日には本当に便利な1枚です。
着る度に実感している、もわもわと湿度感じる盛岡の午後。

7月30日

AULICO   TEE-SHIRTS

color     SAX

price     10450-(TAX IN)

SIZE     S    /    M    /    L

今日も相当に気温が上がっている様子の盛岡。
昨日はあまりの暑さに保冷剤を購入し、一日中、頭や首を冷やし続けていました。
昨シーズン頃までは涼しい素材のパンツありますか。。。というリクエストを多く頂き、ようやくというのか
ある程度のバランスでお応えすることが出来てきたのかなと思った矢先、最近は半袖の涼しいシャツありますか。。。
という数多くのリクエスト。え~っとと苦笑いしつつ、これしかありません!!とお勧めしているAULICOの新作Tシャツ。
そして有難いことに二回目のリピートも残りLサイズのみとなりました。
涼しい素材の長袖シャツを捲れば何とかなっていたような気がしていたのですが、もうそれでは凌げないかもと
いよいよ僕自身も感じはじめたころで、来年こそは半袖の涼しいシャツを”それなり”に揃えていきたいと思います。

AULICOの生み出すプロダクトは、どこか色気があって性別に関係なく選んで頂けているのが嬉しい。
展示会がある訳ではないので不定期に届くのですが、どれも1つ1つ完成度がとても高いと思っています。
新しいTシャツは、ポリエステル75%・リネン25%を掛け合わせた何とも不思議な質感。
太陽光に当たると肌が透けるような生地感で、その辺りも含めて色気というのかコットン素材のカットソーでは
この絶妙な塩梅は表現しきれない部分になるのではないでしょうか。

縫製を極力入れないミニマムに作成されたTシャツ。
簡素に仕立てているのにも関わらず何処か洗練された雰囲気にも映り、染色による透き通るような”SAX”と
シャンブレーの様な”DARK SAX”の2色展開。
袖も素材の影響を受けて綺麗に落ちて、肘が隠れる5分袖位までの長さまでくるので妙な安心感を覚えます。

前丈に比べると後ろ丈が少しだけ長めに設定。
ポリエステル×リネンという、あまり見かけない素材の特性から、生地がさらさらとしているのも手伝って
身体から離れて風が抜けていくので涼しさに繋がる要素。インナーのタンクトップは同ブランドの布帛素材を
組み合わせるとより機能的な側面を感じて頂けると思います。

color     DARK SAX

price     10450-(TAX IN)

SIZE     S    /    M    /    L

着易さで言うと”DARK SAX”の方がやや優勢な印象を持ちます。
ベーシックなパンツ類(デニムやチノ)に合わせた時にしっくりくる印象があるからではないかと推測。
もう1色の”SAX”はパンツに黒とか張りのある素材を組み合わせて頂けると、ナードなエッセンスがプラスされて
なんとなく怪しさもあってそこが個人的には好きなスタイル。
どちらも其々にふとした瞬間に個性が見える場面があるので、着比べて頂くのがベストだと思います。

サイズは既にLのみのご紹介ですが、普段Mサイズ位を着られる方にも、このパターンであればまた違う良さを感じて
頂けるはずです。涼しいトップスをお探しの方がいましたら、シャツ・カットソーともニュアンスの異なる
AULICOのTシャツをお試し頂ければ嬉しいです。ようやく僕も自分用に1枚手にする事が出来ました。嬉しい。

2月15日

AULICO    POTTERY BUTTON SHIRT

color     WHITE×PURPLE

price      30800-(TAX IN)

SIZE      F

一面を覆う曇り空からの、予報通りのチラチラと雪。(午後14時半現在 激しく雪。。。)
寝起きの身体がいつもよりも重く感じると、低気圧が少しずつ近づいている合図。
この重たい身体や頭痛を緩和させる方法や、そんな日の過ごし方を年齢を重ねる毎に理解出来たり、
色々な仕組みが分かると、どよんとした曇り空も嫌いでは無くなってきます。
不調な日も調子のいい日も、どんな状態の日でも出来る限りフラットな心持ちで過ごしたいものです。

AULICOの製品をお店でお取り扱いするようになってから、どの製品にも共通項があるものだと思っていたら
全く違うアプローチのアイテムがあったりして、その都度自分達の心は大きく揺さぶられてしまいます。
AULICO平原さんの様々な経験に基づく研ぎ澄まされた感覚と、研究心と発想力。
最も得意とする製品に洗いを施すという行為が、素材の持つ本質的な揺らぎの部分を浮き彫りにする事によって
肌に触れる布地の心地良さと、生地本来の姿をありのままに感じて頂けると思っています。

これでもかというくらいに目が詰まったコットンの生地を用いたプルオーバータイプのシャツ。
とにかく一度触れていただきたい!と思うのですが、とにかくぎゅっと詰まった生地感に対して
どこかしっとりとした柔軟性も感じられるというのがポイント。
着はじめこそ、生地のしっかり感や型崩れしそうにないタフさや頑丈さの方が前面に感じられたり
身体のラインに馴染まず、しっくりくるまで少し我慢が必要かもしれませんが、ただ強いだけではない
着用を繰り返したその先に何かあるのではないかと想像をさせてくれる1枚。

凛とした表情の襟と、繊細なギャザーが後ろまでぐるりと綺麗に寄せられた襟元。
肩線はやや落ちた位置に、袖口をぎゅっと細く設定する事で生まれるラインもまた秀逸。
イメージはグランパシャツなどが思い浮かびますが、それとは良い意味で全く違う存在になりそうです。

フロント・袖口に付く釦は陶器で作製されたもの。色は薄いグレーのような淡いパープル。
見た目以上に袖を通した瞬間に圧倒的存在感に包まれるような素材に対して、
小ぶりながらも艶やかで生地に劣らぬ雰囲気を放つ釦が、また魅力的です。
しっかりしている。強い。とついつい生地の張りの強調ばかりしてしまうものの、実際にはそれだけじゃなく
何処か表情に静かな光沢と柔らかみがあって、その相反する質感が同時に脳や肌に情報として飛び込んでくる為
「???えっ???」ともなりますが、それで良いんだと思います。
とにかくざぱっと被れる質の良いシャツに飛び込んでみたいという方に、ぜひ試していただきたいです。

color     NAVY×BROWN

price      30800-(TAX IN)

SIZE      F SOLD

製品染めを施したNAVYは、あまりに綺麗に生地が染まっているために先染めと勘違いしてしまうくらいに
吸い込まれそうなブルーです。まさにAULICOカラーとも言えるような美しい色です。
まだ風は冷たいけれど太陽の陽射しがぽかぽかとあたたかな春の日に、ちょっとフライング気味かなと
思いながらもシャツ一枚で、ストールだけバッグにいれて出掛けたいです。
きっとこのシャツと自然光と抜群の相性を感じて頂けると思います。

プロダクトらしい量産されるモノの冷たさと、そうではない人の手を介することで生まれる穏やかさ。
2つのバランスが上手く融合して、この掴み処のないオリエンタルな空気が放たれているのではないかと。
なのでカジュアルとも言いきるのが難しいですが、釦も上まで全部きちっと留めずに一つ二つ開けて
ボトムもベーシックなチノやデニム、柔らかな素材のイージーパンツなどリラックス感のあるものと合わせて
気楽に着ていただく方が、無理なく日常着として落とし込めるのではないでしょうか。
スタイルとしてもう少し綺麗目に組み合わせたい方でも、細身のパンツやヒールなども相性良いと思います。
生地の厚みが他のシャツと比較しても倍以上あるので、着られる時期が暑くなる手前までと考えると
今からでも遅くないですし、冬から春へと季節の移り変わるタイミングがベストシーズンな気がします。

染色に対する考え方や意味を改めて考えるきっかけにもなりましたAULICOとの出逢い。
染めているから付加価値が付いてくるという当たり前に感じる常識や概念を、洗うという作業と同じ目線と考え方で
取り組んでいる姿勢は、理解出来るようになってくるととてもシンプルに思えるから不思議なものです。
春への衣替えの気分が段々と盛り上がってくる中で、その繋ぎ役として毎シーズン自然と手が伸びる1枚に
なるのではないでしょうか。
とても遠いように感じますが、行こうと思えば花巻空港発で約6時間の宮崎県都城市。
そんな場所で作製される洋服の空気を岩手で纏って頂ければ嬉しいです。

9月30日

PLOTOTYPE  CREW NECK

color      WHITE

price       55000-(TAX IN)

SIZE       S    /    M    /    L

はやいもので9月の最終日。
朝からなんだか身体が重く頭痛もなかなか酷いので、これは台風の仕業か?と曇り空を眺めています。
今日の様な日はハーブティを飲んだりしながら、1日を穏やかに過ごしたいと思います。
10月を前に店内の商品をまた少しだけ入れ替えたり、並べ替えたりしました。ゆっくりゆっくりと
生地の色や厚み、素材などを、気温や景色の移り変わりと同じように移行させていきます。
季節はいったりきたりしますので、何か気に留めるものがありましたら足をお運びくださいね。


ちょうど3年前くらいからでしょうか。カシミアという魅惑の素材に興味を抱くようになったのは。
それまで重くて硬くてしっかりとしたウールが最高だと自負して揺るがない自信をちらつかせていたのですが(笑)
軽くて暖かく、そして肌触りも柔らかというような魔法の素材に一度触れてしまうと、ちょっと前までの自分は
何だったのか・・・と思ってしまうくらいに急激過ぎる方向転換をしてしまう訳です。
未知なる素材を知ることの出来る楽しさや、価格はそれなりに高価ではあるけれど、その分喜びや機能的な一面を
感じてしまうと、価値観を大きく揺さぶられてお店でも少しずつでもお伝えしていければという気持ちにさせられます。
AULICOの新たなる試みで生まれた”PLOTOTYPE”の最初にリリースされたアイテムはカシミアという余韻のある響きや
一般的に頭に思い浮かべる概念を、良い意味で裏切るようなカシミア100%のセーター。

既に店頭に並べて数日が立ちましたが、接客をさせて頂いたお客様が皆一同に驚かれるのが素材感。
僕自身もこの製品が出来た時に風の噂は耳にはしていたのですが、実際に触れた時のカシミア!?
というような驚きの質感。
この素材の一番の特性として、ふんわりとした柔らかで如何にも高級感のあるウールというのを連想するのが一般的。
“PLOTOTYPE”のセーターは大胆にもカシミア糸をあえて強撚糸にして作製されたセーター。
強撚糸にするということは糸の分量もそれなりに使用しますし、普通に見るとコットンセーターだよなぁという様な
ずしっとした井出達。ですが正真正銘カシミア100%。
着ているうちに段々と強撚の糸が解れてきて表面が微起毛してくると、カシミアの顔が徐々浮かび上がるというモノ。
洋服好きの心をがっちりと鷲掴みにされたのは言うまでもなく、これから自分自身が着てみたいというセーターの
可能性とモノ作りの奥行を実感させてくれた、興味深く新しいアプローチの1枚です。

硬いからと言って、イメージする様なヘヴィ系のセーターとは全く異なるずっしり感と心地良さ。
この不思議な感覚は他にはありません。
ミドルゲージのクルーネックセーターで、デザインはコンサバティブな雰囲気に落とし込まれています。
ほっこりもしないですし、かと言ってファッショナブルでもなく、自分自身の着こなしと選ぶサイズにも
比重が置かれたモノと人とに良い距離感を求める方に適したセーターではないかと思っています。

サイズ展開はS・M・Lの3サイズ。決して大き目の作りではありません。
普遍的なアメリカ製のデニムにスウェットを着る所にあえてカシミアセーターなんて着てしまったら
それだけで粋なスタイルになるのではないでしょうか。心のゆとりではないですが、価格の部分も含めて
自身への探求心と素材の化学変化のような、経過観察も含めて永く付き合って頂きたいアイテムです。

color      BLACK

price       55000-(TAX IN)

SIZE       S    /    M    /    L 

色展開は2色で”BLACK”もまた魅力のある色目。
素材の特性で黒の印象がとても柔らかく見えるという点で、着こなしの幅が広がる気がします。
例えば足元に黒の革靴を持ってきたとしても、きりっとした空気になり過ぎずに何処か頼りなさそうな
隙が生まれるトーンや全体のバランスもきっと素敵なはず。

裾と袖のテンションも緩やかに窮屈な印象は全くありません。
カシミアを着ていて思う事は、僕のように肌が敏感な方でもセーターを躊躇なく着ていただけるという事。
つい最近は半袖のTシャツに合わせて着ていて、そんな着方も出来るのが素材の持つ特性でもあったりします。
起毛を殆どしないタッチであれば、岩手のように春がすこぶる寒い地域でも季節に囚われ過ぎずに着用が出来
機能性としてはシルクに近い感覚があって、着ていると勝手にというと語弊がありますが適温になるような感覚があり
天然素材の持つ魅力にもどっぷりと浸かってしまっています。
質の良いセーターは一度袖を通してしまうと、もう元には後戻りできない位に着心地の部分で雲泥の差があって
誰にでもという素材ではないですが、いつかは・・・と思っている方には是非お勧めしたい逸品です。

AULICOの製品にも共通する実験的であとからじわじわと押し寄せる納得感。
その場を見過ぎずに、遠すぎない未来を見越してのモノ作りをする姿勢とちょっとした遊び心とセンス。
ニットという編み物と組み合わさる事で、また違った可能性と面白味が後を追うようにやってきて
感覚の揺らぎを感じて頂ければと思ってセレクトをしました。
もう目の前に迫ってきたニット本番の季節。そろそろご自身のライフスタイルと興味心を擽るとっておきの
1枚を手にしてみては如何でしょうか。

PageTOP