5月3日

JUJUDHAU   STAND COLLAR SHIRTS

color      BROWN GINGHAM

price       23100-(TAX IN)

SIZE      F SOLD

太陽の強さと風のひんやり具合が、ちょうどいい日。澄んだ空気のおいしいこと!
カラッと掃除をすませてから近所の神社までいくと、じゃじゃ麺のお店の前には行列が。
桜山や岩手公園の周辺も散策している方でにぎわっており、連休・祝日を感じた朝でした。
気温は思うほど高く無いので羽織物を持って、ぜひぜひお出掛けください~
今日も中津川沿い大銀杏の下がおすすめポイントです。(今ならミニミニ銀杏も見れます)

ビビットカラーに釘付けだった今季のJUJUDHAU
気候の変化に合わせて店内には、定番でオリジナルのコットンリネンの生地(BLACK・WHITE)と
シーズン限定の涼しいリネン素材(CHECK柄)のものも並びはじめました。
様々な素材で織られた生地と、似ている様で異なるデザインで、シャツ・チュニック・ワンピースなどなど
今とっても見応えもあり、選ぶのが楽しいタイミングのような気がします。

パリパリっとしたリネン100%の生地でオーダーした”STAND COLLAR SHIRTS”
茶と黒のビッグギンガムチェックの落ち着いたトーンと涼しげなリネン素材との組み合わせが
なんだか新鮮でもあり、夏の暑さをクールダウンしてくれそうな印象の配色に惹かれました。
さり気ない襟元の形や裾のラインも直線でどことなくスッとした、静けさを纏ったデザイン。
前開きなので、真夏はボタンを留めずノースリーブやTシャツなどの上に軽やかに羽織っても良さそうです。

肩周りと身頃は比較的ゆったりとしたシルエットですが、肩線より下から袖先まではやや細めです。
インナーは薄手な物でしたら一枚は中に挟めそうですが、あまり着込まずタンクトップやキャミソールで
サラっとした涼しい素材を肌に感じていただくのがベストだと思います。
首元のボタンをしっかり上まで留めると見た目もキリリなスタンドカラーなので、詰まった襟の形がお好きな方や
ラフさとちゃんとのバランスが絶妙に混ざりあっていて気兼ねなく着られるシャツをお探しの方におすすめの形。

肩は軽くドロップしていて、前後で差を付けた丈が着た際にゆらっと動きを見せるシャツです。
名称はシャツですが堅苦しさはなく、リラックスムードとエスニックな香りと素朴さがミックスされた
その独特さがクセになってしまうのだろうなと、ご紹介する度に思うのです。
春夏は一段と明るい色に思考が傾きがちで、ブラウンのチェックというのはちょっと渋いのかななどと
思うようにまでなっていましたが、生成りやベージュはたまたデニムなどのボトムスとの相性も良くて
素材感もあってか決して暗い感じにもなりません。
これから夏から夏の終わり、そして秋口ぐらいまで気分に合わせて着回しが出来る、そんなシャツです。

JUJUDHAU   STAND COLLAR SHIRTS

color      NAVY

price       22000-(TAX IN)

SIZE      F

同じかたちでも、生地が変わると全く違う着心地・シルエットに感じるのが面白いです。
単色ネイビーの生地は、素材にコットン(80%)とポリエステル(20%)を用いたもの。
リネンとも違うサラサラ感と鈍い光沢感があって落ち着いた雰囲気。
そこまで生地に厚みがある訳ではないので、着心地はリネンにも近い軽やかさを感じますし
光沢とほんのりしなやかさを含むことで生まれるエレガントな雰囲気もこの生地の魅力。
JUJUDHAUのラインナップでは何となく珍しい感じもする無地のネイビーを、昨年に続いて
今回はこのモデルでオーダーしてみました。

袖部分はギンガムチェック同様にすっきりとしています。
なのですが、生地の柔らかさ?なのかネイビーの方が気持ち着心地がゆるやかな感じもしますし
襟元から顔周りの印象も、柄と生地で変わってくるので面白いですね。
しなやかさとハリ感が奇麗なネイビーの色目とも相まって、よりシックで且つ優しい雰囲気に。

JUJUDHAUは一つの型に対して、10数種類の生地から選ぶことが出来ます。
数ある組み合わせの中から、私たちが選んだものをお作り頂いているので世の中にも同じものが
多く出回っている訳ではありません。ですので、ご覧いただいたお品物がハッと気になりましたら
ぜひ実際にお試しいただいたり、お問い合わせいただけますと幸いです。
リネンのギンガムシリーズはもう一色、黄色のミニギンガムチェックをオーダーしました。
そちらは明るい色目で夏にお勧めです。これから少しずつご紹介していきたいと思います。

4月4日

JUJUDHAU  TUCK PANTS

color    CANVAS NATURAL

price     26400-(TAX IN)

SIZE     F 

週末は日中のポカポカ陽気が最高で、営業中にちょっくら川沿いまで抜け出しては
陽を浴びながら川から届く心地いい風の音川の音に浸っていました。
川沿いの枯れていた芝生にも草や花がにょきっと顔を出し始めて、それだけで嬉しくなります。
先週に家の畑の土起こしをしたので、さぁこれから何を植えようかとそちらも計画中。
4月に入ると急にあれもこれも!と動き出したくて、自分達もですが何だか周囲からも
ソワソワッとした空気を感じますよね。みんな一斉に目覚めるような(笑)
急にエンジン全開になり過ぎない様に、ゆーっくり呼吸を整えながら春を楽しみたいです。

今シーズンのJUJUDHAUは思ったよりも入荷が早く、今店内には丈夫で味のあるコットンキャンバスに
ビビッドなお色のコットンチノのコットン100%アイテムから、シャリっと風通りが良く涼し気な
コットンリネン・リネン素材のアイテムまで、勢ぞろいしています。
気候や気分に合わせてタイミングを見てご紹介しようと思いきや、ちょっと間が空いてしまいました。
本日は定番TUCK PUNTSを、それぞれ素材が異なるコットン100%の明るい二色をご覧ください。
穿いた際にぶるっとしなかったので、やっとこういったパンツも気兼ねなく合わせていただけそうです。

白いボトムは様々な理由から穿かない・もしくは穿けないという方もいらっしゃるかもしれませんが
JUJUDHAUの、CANVAS NATURALでしたら穿けますよ~!と自信を持って言える、お勧めの白パン。
まず生地がCANVASなので、しっかりとしたハリと程よい厚みで透けない安心感。
同じCANVAS地のパンツを二本持っていて長らく穿いていますが、ある程度馴染みはするものの
そこまで柔らかくもなり過ぎず、タフで味のある表情になるところもとても気に入っています。
真っ白ではなく生成で、さらにぷつぷつと要所にネップも混ざった雰囲気の良い色味。
冬の間の素材も色も重たくなりがちだった装いに、程よく明るさが入ると気分も軽くなる感じがします。

TUCK PANTSのデザインの特徴は、フロントのタックによって生まれる立体的で安定感のあるシルエット。
ウエストからヒップ、ワタリまでは広くゆったりと、一切締め付けないノンストレスな穿き心地。
ヒザ下から裾にかけて若干テーパードになっていますが、緩やかでほぼストンなワイドパンツです。
ウエストの仕様はゴム+内側に絞れる紐が付きます。
ただ生地の硬さに対して紐の強度が少し弱いので、細身な方だと紐を絞ってもウエストが緩く感じて
しまうかもしれません。その場合には紐、もしくはゴムの部分を調整したり、また丈のお直しなども
承りますのでお気軽にご相談ください。
また締め付けが苦手だったり身体の負荷になる方には、この気楽な穿き心地はとても気持ち良く感じ
NATURALの柔らかで落ち着きある色合いも気分にフィットしてくれるのではないかと思います。

color    PINK

price     26400-(TAX IN)

SIZE     F SOLD

同じくTUCK PUNTSですが、がらりと雰囲気変わってのカラーPINK。
思わずうわ、可愛い!と声に出てしまったぐらい、見ているよりも穿いた方が俄然可愛いです。
春っぽい淡い桜色のピンクではなく、もっと濃くて力強い桃の花やダリアに見るようなパッションピンク。
ピンクはこのTUCK PUNTSのみのオーダーになるのですが、もう少し他の形でも展開したかったなと
攻めきれなかった部分を若干悔やんでいます。。。でもイエローも可愛いので良い!
とにかく色鮮やかなラインナップだった今季のJUJUDHAUは、個人的にとても新鮮に感じる部分と
お互い其々にいろいろあった期間を経て、久し振りにお伺いした展示会の空間がとても明るくて鮮やかで
それがとても嬉しくて、これからはより自分達が楽しいと思うことを選んでいこうと思ったのでした。

入荷したての頃や試着する前までは、前面にピンクが見えると刺激が強いかもしれない・・・と
着丈の長いワンピースなどと合わせるのが良いかなとイメージしていましたが、
季節がちょっとずつ進んだおかげか、ピンクの面積が多い方が可愛い!ということに気付き
他の色のトーンを揃えることで、より綺麗な色が際立つような着合わせも全く違和感なく出来ました。
羽織っているのは、先にご紹介したTUCK PUNTSの生地と同じコットンキャンバスのPOKECT JACKET。
生地のタッチもそれぞれ違って、ピンクの生地は着始めから柔らかくしっとりとした質感のCHINO素材で
同じ形のパンツでもちょっとした落ち感やシルエット、見た目の印象も微妙に違ってきますね。
ちなみにチノ素材はこちらのジャケットのイエロー・ベージュと同じ素材になります。

きっと今まで着たことが無い色だなぁと感じられる方が多いと思いますが、だからこそまだ見ぬ
いつもとは違う自分に出逢える可能性もある色だという風に思っています。
色に限らず、服でも何でもいつもは選ばないものを選んでみたり、行ったことの無い場所や景色に触れてみる。
冬に比べるとこれからの季節はそういったことがし易い環境が整ってくると思います。
身近な些細な事からでも、色んな変化を楽しんでいきたいです。
先ずは畑に育てたことの無い野菜を植えてみようと思います~

3月3日

JUJUDHAU  STAND COLLAR JACKET

color     YELLOW

price      36300-(TAX IN)

SIZE      F

color     CHINO BEIGE

price      36300-(TAX IN)

SIZE      F

color     CANVAS NATURAL

price      36300-(TAX IN)

SIZE      F SOLD

昨日のあの、太陽の煌きと春との距離がぐっと縮まった気配はどこへ?
遊歩道を歩く人の姿勢には厳しさが戻り、頭にも傘にも、白鳥にも雪が積もっていましたよ~。
でも雪の粒が大きくて水分が多めなのは、冬の雪とも少し違うところで、すぐに融けます。
ここまでくればもうあと一息か二息・・・?自然とペースを合わせながらゆっくり春を待とうとおもいます。


3月にはいったので、HPのTOP画像も変更しました。ここは一押しのYELLOWで。
JUJUDHAUのSTAND COLLAR JACKETは今季の新しい型で、これまでにもコート丈での展開なども
ありましたが、春先の羽織物としてはイン・アウトの両方の着方が出来、色んな場面で重宝しそうな
カジュアルでさり気なく気の利いたジャケットに仕上がっています。
YELLOWとBEIGEはチノ素材、ナチュラルはコットンキャンバスの生地違いで3色ご用意しました。
吹雪いたり晴れたりの気まぐれに移ろう季節には、ちょっとでも気分が上向くような素材やカラーと
異素材の重ね着で、元気に過ごせる装いを楽しんでいただけたらと思います。(薄着は禁物!)

小さく立ち上がった衿元と、肩や腕周りと身頃に余裕を持たせたボックスシルエットのジャケット。
キャンバスの生地は、最初だけ硬さとハリがあるので若干動きがぎこちないですが、次第に馴染んで
動作も楽になると思います。
フロントは大き目の釦が5つ並び、両サイドに玉縁のポケットが付きます。
インナーも春めかしくいこうかと思ったのですが、あまりに景色とのギャップがあったので
ハイゲージのタートルにしました。厚手のセーターやスウェットですと恐らくキツく感じられそうで
中肉から薄地のカットソーやシャツが、着心地も見た目も軽やかで過ごしやすいのではと思います。
インナーの形や雰囲気に合わせてジャケットの釦を全部留めたり・開けたり。首元にストールを添えたり。
大きな変化ではなくても些細な部分で、自分なりに着こなしのポイントやバランス感を楽しめたら良いですね。

キャンバスの生地自体は、ハリが強くてガシガシとした粗さが良い雰囲気だったりもしますが
質感としてはどうしても強くて硬い分、色々と馴染むまでほんの少しだけ時間が必要かもしれません。
とは言え、怖気づいてしまうような感じでは無いので安心してください。
このタフな生地が好きでボトムでも愛用しているので、せっかくならとセットアップで合わせてみました。
柔らかなナチュラルカラーだと面積が広くても眩しくなくて気恥ずかしさも無いですし、普段着としても
問題なく通用するのでは、と個人的にはすごく気に入っています。
あとは靴下や靴・バッグなど小物で好きな方向へ付き進むだけ。スニーカーとリュックでも良いですし、
気温が上がってきたら、スリッポンに巾着とか籠とかを手にぽろっと持つのも良いな~。

JUJUDHAUの羽織と言えば、毎シーズン欠かさずなのがEAZY COATとPOCKET JACKETで
その二型はざっくり羽織れる留め具が無いタイプなので、前が閉まる羽織物が出ると反射的に
「おっ!」という気持ちで選んでしまいます。
チノ素材に関してもそこまで防寒性は高くないものの、特にベージュは春先になると毎回いち早く
完売してしまうので、ふわっと微起毛の柔らかさが今時期の気分にマッチするのかな?と思ったり。
YELLOWはキーカラーなので太陽の日差しがもうちょっとキリっとしてきたら、ピンポイントで似合う方が
現れる予感がしています。

2月18日

JUJUDHAU  POCKET JACKET

color     YELLOW

price      35200-(TAX IN)

SIZE      F

自分達が提案したいなと思う洋服は、ベーシックで毎日でも着たくなる言い換えれば”普遍的な色や形”が
メインではありますが、同じくらいの気持ちでパッと心が華やいだり解放されたり、元気を貰えるような
明るい色や柄を取り入れていきたいと、ここ数年は色について考えるのが面白いです。
洋服でも何でもそうかもしれませんが、ある一定の揺らぎの中であっちに行ってみたり戻ったりの繰り返しで、
色も少しずつ好奇心とチャレンジ精神に促されるままに、その時の気持ちにマッチするものを身に纏う事で、
自分の中の固定観念が薄らいでいくのもとても面白い。
JUJUDHAUが今シーズン選んだ素材の中で特に目を惹いたのがカラフルなピンク・イエロー・オレンジでした。
世の中の流れなども多少はあるのかなと思ったのですが、きりっとした色目は見ているだけでパワーが漲りますし
3色どれも捨てがたいな~と思いつつ、春の雪代が川に流れはじめて緑が芽吹く頃の景色を頭の中でイメージして
イエローを中心にセレクトをしました。

先ずはお馴染みの2型から。
POCKET JACKETはフロントに留め具のないカーディガン感覚で羽織れる優秀なライトアウター。
季節毎に素材を変えながらリリースされていて、春夏は中肉で柔らかさのあるチノ素材を。
適度な厚みがあることでアウターとしての心強さもありますし、生地のぬめり感が着始めからでも
心地好くて、気軽に袖を通して頂けると思います。

フロントに叩きつけれたパッチポケットとすっきりと見える丸首がポイント。
シルエットは身頃はゆったりと羽織れるように幅を広くしていますが、袖周りはあまり太過ぎずの設定。
インナーに合わせるのは、あまり肉感のあるスウェット類ですと少し窮屈な印象です。
例えばSAINT JAMESのOUESSANT位の中肉素材のカットソーが気持ち良く袖を通せると思います。
季節がもう少し進んでくると着こなしのイメージがより明確に湧いてくるのではないでしょうか。

JUJUDHAUの中でも色・素材違いでリピートして購入して下さるお客様が断トツに多いのが
この”POCKET JACKET”ではないかと思います。
ラフな井出達の中にもジャケットとしての羽織る事できりっとなる一面も持ち合わせていて、
それでいて力まずに着られる、親しみ易さと身体への納まりの良さがポイント。
異国の空気を確かに含みながらも、決してエスニックな雰囲気にもなり過ぎないですし
こんなにも日本の風土にも馴染むバランスは、ネパールという国の持つ穏やかさや無骨さなど
どこか似た空気感があるからなのかもしれません。

JUJUDHAU  EAZY COAT

color     YELLOW

price      37400-(TAX IN)

SIZE      F

こちらもブランドのアイコン的な立ち位置でロングセラーになっている”EAZY COAT”
直線的に流れるようなシルエットと”POCKET JACKET”と同様にフロントに留め具が付かない
ミニマムなデザインは、ざっくりと羽織れる良さ。というのはある程度想像が出来ると思うのですが、
中がどんなに素っ気無かったとしても、このコートを羽織るだけで思っている以上に雰囲気が良くなり
それとなくキマるというのが素晴らしい1枚仕立てのコート。

首元には小さな襟が付き、両サイドのポケット以外はすっきりとしたフォルムで何もかも包み込んでしまうような
気楽さが強みのコートなので、本格的で重厚な作りのコートの横にあるとあれこれ便利だなと感じさせる1枚。
着丈もしっかりとした長さ(約115cm)あるのも、自分が想像するよりも使い勝手が良く人気の理由です。
120cmぐらいあると小柄な方にとっては少し長いと感じられることが多いのですが、115cmですとそこまで
長さを意識せずに着用出来るので、どんな背格好の方にも納まり良く感じて頂けるのではないかと。
私たちは店頭でお客様の気になる部分があればお直しをしたり(例えば袖を詰めたり)着る方にとって
気持ちが良いと思う形に可能な範囲内で出来ることはして、お気に入りの1枚を少しでも増やして
いただきたいなと思っています。

最後は色についてです。
明るい色目、その中でも特に淡い色や植物の色ではなく彩度の高いものを展開すると驚かれたり
突っ込まれる事が多いのですが・・・(笑)
色に対する感覚も勿論個人個人で異なる部分が大きいなと思いつつ、土地に根付く文化なのかもしれないなと。
実際に数年前までは自分達自身も明るい色の服を取り入れることはそう多くは無かったですし、
それを着ないからといって特別困った事もありませんでした。
たまたまご縁があって、色鮮やかな洋服を主体に展開するブランドと出逢ったことがきっかけで少しずつ
色に対する抵抗が無くなり、今ではベーシックな色も明るく発色の良い色も同じ位好きになりました。
結局のところ、そういう機会に巡り合えていないだけだったというのが色に対しての持論です。
明るい色を身に纏うと自分の心が照らされるような気持ちになりますし、それだけではなく綺麗な色を
見た相手のリアクションもいつもより大きくて明るい気がするのです。
人の心理とか感覚と言うのは面白いものだなと感じますし、今回選んだYELLOWもそんな風にプラスの効果で
ハッピーのお裾分けのように思っていただけたら良いなと密かに思っています。
まだまだ今シーズンはYELLOW COLLECTIONをセレクトしていますので、またご紹介致します。

2月11日

JUJUDHAU   P.O HENRY TUNIC

color      WOOL RINEN BLACK

price       30800-(TAX IN)

SIZE      F

晴れやかな祝日。あまりの陽射しの暖かさと気持ちよさに朝からエンジンが掛かって家の中の空気を入れ替えたり
洗濯物もガンガン干したり、動けるって良いことですね。
家と店のちょうど間くらいに位置する橋の下が、今年の白鳥たち(おおよそ20羽前後と例年に比べると大所帯)の寝床に
なっているのですが、ここ数日の様子だとなんだか旅立ちの準備や計画をし始めたかな?という雰囲気。
まだ今は冬の厳しさと和らぎの両方を行き来する日々ですが、確かに感じられる小さな移ろいと先の楽しみを糧に
2月特有の静けさを乗り越えようと思います。
明日は冷えそうなので、ぜひオリンピック観戦してからの午後にでもお散歩ついでにお立ち寄りくださいませ


JUJUDHAUからの最終便の中身はもう全てご紹介したと思いきや、まだあと一着だけ残っていたことに気づきました!
うっかり・・・ではありますが、実際には今からの方が着るだろうなと思っていたモデルなので大丈夫です!?
秋冬のお気に入りの生地の中の一つとして昨年のうちに手に取って下さった方も多い、リネン×ウールの無地ブラック。
厚地すぎず、リネンのドライな質感とウールのほのかな柔らかさが混ざり合った独特な質感が特徴的。
真冬ですと少し重ね着が必要かもしれませんが、快適な室内で過ごす分には暑くなりすぎず、何度も脱ぎ着しなくていい
嵩張らない装いというのは、素直に気持ちが楽ですね。
着心地も見た目も重たくならないというのも、この素材のポイントではないでしょうか。

デザインは詰まった首元からフロントは比翼仕立てになってます。
TOP釦のみ剥き出しで比翼の部分がけっこう長めに設定されていますが、隠れている釦はふたつだけ。
釦と釦の間隔がとてもゆったりなところが個人的には新鮮でした。
なんとなくJUJUDHAUのお洋服は釦が密集しているイメージがあったので、少ない釦に戸惑いつつ(笑)
頭を通す部分が広く開くので脱ぎ着がとてもスムーズなところも、プルオーバーの服のデメリットと
されがちな部分が、無理なく解消されている様に思いました。
袖幅は着用画像からも伝わると思いますが、けっこうピタッとくるぐらい細めの設定に。
薄手のコットンのインナーを挟んでの状態なので、生地の相性なども多少影響している部分もありますが
この中に着込むということは無いと言っても良さそうです。
ただ、生地に適度な弾力というかしなやかさがあって、不思議と圧迫感は感じません。着用を繰り返して
もう少し馴染みが出たら、着心地も変わってくるのではないかと思います。

肩はドロップしていて、肩回りはそうでもないですが二の腕あたりからスッキリという感じです。
両サイドにポケット有り。着丈の前後の差もボトムとの境目の見え方にささやかなアクセントをプラスします。
袖口はカフスではなくスリットの仕様になっていて、少し開くような袖先が開放的で可愛らしくもあり、
こういったJUJUDHAUならではのニュアンスが着た時に面白さや、違和感として感覚を刺激したりして
着た時に楽しい気分だったり、何だかリラックス出来たりに繋がっているのだろうなと感じます。

前後ともにあまり凹凸や膨らみだったり、立体感も少ないシンプルなデザイン。
バックに小さく首元から入ったタックが表情を生みますが、なんともさり気なくて良いです。
その分、ボトムや足元で遊んでみたりするのがお勧めです。
これから並ぶアイテムは自然と色や柄が増えてきますし、ボトムに抵抗があっても靴下などに
派手目な柄をチラッとさせたりが、きっと楽しいはずです。
光がもたらす開放感や歓びを、服装でも表現出来たら良いなと思います。

PageTOP