5月6日

JUJUDHAU  POCKET DRESS

color     NAVY

price     33550-(TAX IN)

SIZE      F

世の中的にはゴールデンウィーク最終日で、定休日だった昨日。
用事ついでに、気になっていた産直まで足を伸ばして庭の畑の苗を買ってきました。
今は野菜の販売コーナーよりも、苗売場の方が賑わっています。
来ている人も色々計画を立てているのか、種や苗を選びながらどこか嬉しそうな雰囲気なのが良いです。
目当ての苗が並ぶのははまだもう少し先との事だったので、また次の機会を楽しみにしたいと思います。

季節は移ろい立夏を迎え、今日はまさに初夏をおもわせる爽やかな空が一面に広がります。
今日が休みだったらなぁとつい心の声も漏れてしまう程に、最高な気温と天気。
日中はアウターを羽織らずに過ごせそうだったので、自分達も着替えている時の選択肢の広がりに
心躍る気分でした。寒さを心配せずに服を手に取れるのってこんなにも嬉しいものなんですね。
きっと店頭でも服を見た際に、どんな服を着たいかなどのイメージがし易いのではないでしょうか。
そんな爽やかな日には、いつでもさらりと着られるワンピースたちをご紹介いたします。

定番と言ってもいいくらいにお馴染みの形はあるものの、少しずつ形に変化も加わっているので間違いなく毎年あります!
とは言いきれず。そう多くはないラインナップの中にそんなお馴染みと新作が顔を並べて、オリジナルの生地と
そのシーズンでセレクトしている生地の合わせて大体10種類ぐらいの生地の中から自分達の気分やイメージに
合うものを悩みに悩んで選んだ後にオーダーする。なのでお店によって並ぶ服もきっと様々に違っていたりもする。
ネパールですべての生産工程を手掛けるJUJUDHAUの服は上に書いたように、定番があるとも言えるしないとも言える。
しっかりと確率されたブランドではあるけれど、どこにでもある訳では無くてゆらゆらと掴みどころがないのが
逆に根強く好きでい続けられる理由なのかもしれません。

大きなパッチポケットに首元の深いスリット、袖丈はおおよそ5分くらいでしょうか。
これから更に気温が上がってくると、身体のラインを拾い過ぎないざっくりとしたシルエットのワンピース1枚で
過ごしたくなる日は自ずと増えてくるはず。風が心地良く身体を抜けていく感覚は、この時期ならでは。
生地の分量は贅沢に取っているのですが、変にだらしなく見えないのがJUJUDHAUならではのバランスだと思います。
選んだ素材はコットン80%・ポリエステル20%を掛け合わせた混紡素材。
手に触れた感覚としてはコットン100%かな・・・いや少し麻が混じっているかな?などと想像をしていたのですが
しっかりとした強さとサラリとした肌当たりに納得。最近は何だか化学繊維にも興味が湧いてきています。
自然光に当ててみると向こう側が見える位にやや透ける生地なので、風も抜けて快適に過ごせそう。
思い返してみると・・・JUJUDHAUで濃紺の生地は今まで在りそうでそこまで多く展開されてこなかったので、
逆に新鮮にも思えてきます。

肩線はドロップして身体を締め付ける様な部分は一切ありません。
生地がゆるやかにドレープして、リラックス感たっぷりなのに何処となく綺麗な雰囲気なのも好きなところです。
ボトムにパンツを合わせたスタイリングですが、インナーショーツなどを組み合わせて足元は素足にサンダルなど
開放的で夏らしい着合わせもイメージし易いのではないでしょうか。
ちなみに着丈は120cmありますので、特に身長の高い方にもこの着丈はきっと嬉しく感じて頂けるのでは。

JUJUDHAU  FRY FRONT LONG

color     NAVY

price     25850-(TAX IN)

SIZE      F

同素材でもう1型オーダー。
JUJUDHAUの大好きなデザインで、フロントが全て比翼になった前開きのシャツワンピース。
通常のシャツタイプもとても人気で、私自身も生地が溶けて無くなってしまうのではないか?というくらいまで
とにかくヘビーに着てしまって、同じものを新調したいと思っているほどに着る1枚。
こちらは袖丈が6分から7分丈といったところでしょうか。半袖のカットソーの上に羽織物としても使えますし
釦を全部閉めてワンピースのような着方の両方が出来る懐の深さが恐らく癖になると思います。
岩手は朝夕の冷え込みと梅雨時期は湿度は高いですが、羽織物がないと若干心もとない感じがしますので
こういった絶妙な隙間を埋めてくれる存在は何枚持っていても着る場面や機会があると思います。

比翼釦なので正面から見るとデザインは控え目で、さらに釦をトップまで留めると首元もきゅっと詰まっていて、
ラフに羽織った時とはまたイメージが変わって、程好くきちんと落ち着きのある雰囲気にも映ります。
シャツがベースになっているので袖にカフスがあったりと、そこまでゆったりとせずに引き締める部分があると
それだけで着用した際の気持ちにも違いが生まれて、同じ生地なのに面白いですね。
普段ワンピースはあまり着ないけど、ちょっと長い丈も気になるという方にも、この膝が隠れるかどうかぐらいの
着丈ですと動きにもそこまで響かず試し易いと思うので、ぜひトライしていただけたら。

肩回りや袖幅はワンピースと比較すると、そこまでゆったりとしたサイズ設定にはなっていませんが
ギャザーが寄せられていて可動域はしっかりと確保されているので、窮屈さは殆ど無いと思います。
現地のネパール方との信頼関係を長年に渡って築きあげてきたからこそ、こういった縫製技術の高さも
JUJUDHAUらしさでもあり、着続けたいと思わせる理由にも繋がります。
日中はこの位のワンピースで過ごせる日が多くなりそうですので、ぜひ気持ちの高まる1枚を見つけて頂ければ・・・

4月13日

JUJUDHAU   BIB TUNIC

color      L/C BLACK 

price      26400-(TAX IN)

SIZE      F SOLD

color      LINEN CHECK 

price      27500-(TAX IN)

SIZE      F SOLD

color      LINEN HOUNDSTOOTH 

price      27500-(TAX IN)

SIZE      F

いよいよ市内街中の桜も満開宣言!
いつもよりは大分早い開花だと思うのですが、厳しかった冬の寒さのことを思うとやっぱり
心から待ちに待った桜の季節という感じですね。家の庭の桜もゆっくりペースですが咲いてきました!
そんな満開の桜を一斉に吹き飛ばしそうな勢いの、暴風が吹き荒れている今日の盛岡。
時折、窓ガラスもガタガタっと鳴り、隙間風にディスプレイのバッグが揺れ動くくらいの強い風。
きっと咲きたての花も街行く人も、はかはかしているのではないでしょうか。

風の強さの割に気温はそこまで低くなくほっとします。
週末からそして昨日も足をお運びくださったお客様は、既にどこかほんのりと春めいた装いで
店頭でも明るい色や、柄の服を選んで下さる方が多くいらっしゃいました。
やっと気分に合う服と気温との差が無くなって、純粋に服を楽しめる様になってきましたので、
ぜひぜひマイペースBLOGでは追いついていない、充実した店頭へ足をお運びいただけたらと思います。
そんな本日は、昨年の春夏から継続してリリースされているJUJUDHAUのBIB TUNICをご紹介いたします。

昨年の春夏に入荷した際は、BLOGに載せる間もなく完売となったBIB TUNIC。
秋冬では袖の形状だけ変わって長袖バージョンが登場しまして、そちらも生地感含めとても好評でした!
個人的に昨年よりももっと前に展開されていたBIB TUNICをずっと好きで着続けていて、どうしても見ると
オーダーせずにはいられないという気持ちもありますが、それを抜きにしても、絶妙にゆるりと可愛らしくて
袖や着丈などのバランス感も程よくて、小柄な方でも、背が高い方にもそれぞれの体型に寄り添って馴染むので
着る人や合わせ方によっても印象が変わる。また生地が変われば雰囲気も変わる。そんなところもお勧めしたく
今回は同じ形を三種類の生地でご用意いたしました。

赤ちゃんのよだれ掛けや胸当て、チーム分けなどに用いるゼッケンなどを意味する”ビブ”の形状を
デザインとして落とし込んだチュニックは、先ほども書きましたがJUJUDHAUでは何度か形を変えて
展開されていて、その都度心惹かれてオーダーしてきました。
着丈がもう少し長かったり、釦の数によってプルオーバーだったりフルオープンだったり。
その中でも釦を留めた際の見え方に特徴があって、どことなくガーリーな印象を与えてくれるのが
今の形かなと思います。
BIBの真ん中にスリットが入り、留める釦は首元のTOP釦一つのみなので胸の上部分に少しだけ隙間が生まれます。
どうしても開きが気になる方もいるかと思いますが、ここ数年夏は特に涼しさを意識して薄手のシャツや
首元が開くシャツやワンピースが多くなっていたので、それに合わせてインナー用のキャミソール・タンクトップも
しっかり充実させていますので、安心して着ていただけたらと思います。

ドロップしたショルダーラインに、カフス付きの五分袖。
夏は暑くても気持ち的に腕周りを露出したくないという方にも、安心して着て頂けると思いますし
袖幅は太過ぎずに少しだけゆったりとした設定なので、風通りも良く快適な着心地を感じていただけます。
見た目に涼しさを出したい時は、そのまま袖をぐいっと腕の方へ引き上げたり、袖捲りして着て頂くと、
またちょっとした見え方の変化も生まれますので、ぜひ試してみてください。
JUJUDHAUの服はパターンから縫製まで全てネパールの現地の職人さんが携わっているのですが、どうしてこんなにも
私達の暮らしにフィットしたり、日々を快適に過ごしたいという気持ちを汲み取ってくれているのだろう・・・と
不思議に思える位に、気遣いを感じてしまう袖のバランスだと思います。

前後で着丈を変えていて、後ろはお尻がしっかり隠れるくらいの長さ。
サイドにスリットが入っていたり、裾のラインがスクエアなので、身頃や着丈がゆったり目でも
シルエットは横へ広がらずに、ストンと落ちてすっきりしています。
所々のギャザーが可愛らしく感じますが、全体で見ると上手く中和されていて、合わせるボトムも
スカート・キュロット、ワイドからテーパードした細身のパンツまで、幅広くお楽しみいただけると思います。
生地は無地の黒だけコットン50%×リネン50%の定番素材、他のチェック柄二種類はシーズンの生地でリネン100%。
どれもシャリっと涼しい生地ではありますが、肌当たりはそれぞれに少し違うので着比べていただけたら。

3月30日

JUJUDHAU   TUCK PANTS

color      NAVY CHAMBRAY     /     BLACK CHAMBRAY

price      27500-(TAX IN)

SIZE      F

冬の厳しさの反動か、いきなり気温がぐっと上がって県内でも夏日に近いところもあったと聞いて驚き。
自分達も今朝は服装に悩みながらコートを着ずに家を出てきましたが、そこはやや早まった感がありました。
川沿いということもありますが、顔をなぞったり鼻に吸い込む風はまだひんやりとしています。
夕方の帰り道を考えると巻物ぐらいは忍ばせておいた方が良さそうです。

春から夏にかけて気持ち良く穿けるだろうなと想像する、JUJUDHAUのPANTSを二型ご紹介いたします。
シャリっとしたシャンブレー生地は、以前にもBLOGに載せたこちらのコートと同素材。
厚手過ぎず、それでいて程好いハリが感じられるコットン50%・リネン50%は強さと涼しさの両面を兼ね備えていて
ボトムスに落とし込む事で、これからの時期に最適な素材になるのではないかと。
“TUCK PANTS”はお尻回りからワタリに掛けてはゆったりとした設定。膝から裾にかけて綺麗なテーパードシルエットで
メリハリの利いたバランスが心地良く、素材感も含めて困った時の1本として穿いて頂けると思います。

ウエストは総ゴム+内側にアジャスターの紐が付くようになり、よりフィッティングの調整がし易くなりました。
フロントに寄せられたタックが特徴的で、ルーズシルエットながらも何処か愛嬌を感じさせてくれる表情が
何とも言えず好みな点です。日常着の中でも手に取る回数が自然と高くなるような雰囲気で、全体的なムードは
緩くても良いですが、足元やバッグなどで引き締める効果を持つアイテムと組み合わせるのがお勧めです。

身体のラインを一切拾わずに包み込んでくれるところに、ついつい甘えたくなってしまう懐の広い着心地。
これから気温が高くなるにつれて、肌に密着する様な洋服はどうしても着る回数が減ってくると思いますし、
風が心地良く抜けるくらい涼しさを含んだボトムは、気候の変化もあってか暑い夏の時期で重宝します。
ただ薄いだけですと強い負荷がかかるボトムとしては頼りなく感じますが、JUJUDHAUのコットンリネンは
しっかりとしたタフさも兼ね備えていて、また穿き込んでいくとハリと柔らかさのバランスが丁度良い塩梅の
風合いに変化していくので、異なる質感のそれぞれの心地好さを体感していただけたらと思います。

ゆとりがあるが故のお尻回りの生地のもたつき具合や空間が、最初はすこし気になるかもしれませんが
生地が馴染んでくればもっと自然なフォルムになりますし、股下の空間もすぐに慣れると思います。
JUJUDHAUのボトムのラインナップの中では、太さやシルエットなど一番クセが無く合わせ易い形ですので
先ず一本試してみたいという方にもTUCK PANTSはお勧めです。

JUJUDHAU   MONPE PANTS

color      NAVY CHAMBRAY     /     BLACK CHAMBRAY

price      25300-(TAX IN)

SIZE      F

一見すると見分けがつかず、似たようなパンツのようですが穿くと全く印象の違う”MONPE PANTS”
rasikuでは春夏・秋冬シーズンと素材を変えながら提案をし続けているパンツで、不思議と納まりの良いバランスに
魅了され続けてしまっています。着丈の長いワンピースや中途半端な丈のトップスにもレギンスを穿くのも一つですが
テーパードの効いたパンツを合わせる事で全体に統一感が出て、スタイルとしても格好良いのではないかと思い
欠かさずにセレクトをしています。TUCK PANTS同様に、ウエストは総ゴム+アジャスターが付く仕様なので
基本的にはどんな体型もカバーしてくれますし、幅広い世代の方に難なく穿いて頂けます。

MONPE PANTSのシルエットの特徴は、お尻回りはゆったりとしていますがワタリから裾にかけて
ぎゅっと強めに窄ませた納まりの良さと、どんな着丈のトップスにもある程度合わせられる綺麗なライン。
汎用性が高いのでフルに活躍してくれるパンツだと思います。
穿き心地にストレスの無い、それでいて痒いところに手が届くような感覚のあるボトムは持っていると
トップスと靴を変えるだけで良いなと思って、ついついそればかり穿いてしまうのですが、ある意味で
ユニフォームのような感じで、どんっと支えてくれるような存在になってくれるはずです。
一度穿いて頂けると素材違いなどでリピートして下さる方が多い1本でもあります。

私達にとってJUJUDHAUの2大看板とも言えるパンツ。
一昨年あたりから夏に気持ち良く穿けるパンツのリクエストを沢山頂いていて、盛岡に住んでいても年々夏の暑さが
厳しいなというのは実感していました。上物には何となく限界があるなぁと感じていたのですが、ボトムスはまだ
改善の余地というか気持ち良く過ごせるアイテムがあるのではないかと思っていて、いつも以上に涼しい素材のパンツを
多くセレクトしています。今日ご紹介したアイテム以外にも幾つか既に届いておりますので、夏が待ちきれないという
スタートダッシュの早い方がいましたら、是非ご相談頂ければ幸いです。

3月11日

JUJUDHAU   ROUD NECK COAT

color      NAVY CHAMBRAY     /     BLACK CHAMBRAY

price      38500-(TAX IN)

SIZE      F

ふんわりとした太陽の光の暖かさと、まだ肌が引き締まる様な風の冷たさの混ざり具合が
ちょうど半分ずつぐらいの気候っていいですよね。外で温かい飲み物が飲みたくなるような。。
毎年今日という日のイメージはどうしても薄曇りで寒くて、一日中小雪舞う景色が頭に浮かぶので、
今日は光があって空気も澄んで虫も飛んでいて、何となく胸を撫でおろすような気持ちでいます。
10年が経っても、続く日々が決して当たり前ではないという事を、そして感謝を心に灯して。


入荷のペースもあがってきて春の服のご紹介が続いていますが、まだまだ実際はニットが大活躍の日々。
例年この辺りでは、ニットにも飽きてしまっていて何を着ても気分が重たくなっていたのですが
なんだか今年は一味ちがって、すぐに春物を手にするのではなく、秋冬からずーっと気になっていた
ベストだったり羽織物、そしてボトムを新調したことにより、ここにきてニット気分が再燃しています。
防寒のためという意識が弱まって、快適に着られる今こそニットに心が躍るというのは新発見でした。
そんな訳で?本日はJUJUDHAUのかなり薄手の初夏ぐらいに着たくなる羽織物をご紹介するのですが
春物と冬物をうまく組み合わせたりしながら、急がず無理せずに気候と気持ちに合った装いを
楽しんでいただきたいと思っております。

“ROUDNECK COAT”はJUJUDHAUが展開するコート類の中で、ここ数シーズンで定着してきた安定感のあるデザイン。
飾りっ気のないシンプルで井出達ながらも、絶妙なバランス感覚で生地が綺麗に落ちて全体の納まり具合がとても良い。
選んだ素材は、より春らしさを意識したコットン50%・リネン50%の綿麻のシャンブレー。
風の冷たさが緩やかになる頃に、カットソーの上からさらりと羽織りたくなる位の生地感。
この位のコートを羽織れる位の季節は、日中はそれなりに気温があがるのですが寒暖差が大きくて服装の調節が
とても難しく、多少汗などをかいたとしても気を使わずにじゃぶじゃぶとお洗濯出来る素材のコートはありがたく
もしプラスするとすれば、首元をストールなどで調整するのがベストです。

色目はそこまで青味が強くないブルーに近いネイビーと、柔らかさのあるブラックシャンブレーの2色。
よくよく見比べると・・・という感じの色の差なので、解り難いかもしれませんが着用はネイビーです。
コットンリネンで打ち込みの良い生地感ですので、着始めはパリッとした爽やかな着心地があって
時間の経過と共にゆっくりと生地が身体に馴染んでいく感覚があると思います。
肩線は身頃に対して直線的な位置に付きますので、ナチュラルなドロップショルダーに。
そこまでアームは太くない為、SAINT JAMESのOUESSANTなどの中肉位のカットソーが脱ぎ着する際にも
ストレスがなく、コート自体の雰囲気とも相まって春から夏にかけて重宝する一着となるのでは。

後ろの裾にはスリットが入りますが、見え方もとても大袈裟な感じがしないのでコートでも
前を開けてカーディガンのようにして着ていても違和感なく過ごせると思います。
ある程度着込んでもきちんと張りの残る生地感は、日常着として頼りになる存在になってくれるはずです。
見た目にも、肌触り的にもとても爽快感のあるシャンブレー素材を使用したアイテム。
もうちょっと強く太陽の陽射しと暖かさを感じられるようになったら、よりピントが合ってくるのではないでしょうか。
ざっくりと羽織って、中津川沿いの気持ち良い風を感じながら散歩して頂きたいですね。
同じくこのコットンリネンのシャンブレー素材では、パンツも数型届いていますので合わせてご覧頂ければ幸いです。

2月13日

JUJUDHAU  EAZY COAT

color     CHINO BEIGE

price     31900-(TAX IN)

SIZE     FREE SOLD

気合いを入れずに穏やかな気持ちで外へ出られるというしあわせ・・・
そんな事を思ってしまいたくなる位に、暖かく柔らかな日差しを感じる週末の土曜日。
決して寒くない訳ではないのですが、ホッと出来る時間があるだけで身心が救われる気持ちになります。
ここからまた寒い日・暖かな日を交互に繰り返しながら、待ちにまった春の訪れとなる北東北。
もうあとひと・・ふた踏ん張りといったところでしょうか。

こんな気候ですと外との気候にギャップを感じずに意気揚々と春物のご紹介が出来ます。
JUJUDHAUから、このようなまだ安定しない状況下ですが無事に春夏便が届いております。
定番アイテムとして展開をし続けている、1枚仕立ての気軽に羽織れるコートとジャケット。
rasikuでは今までどちらも相当な枚数を販売してきましたが、お客様がお店に来店される際に着用している方が
多くいらして、そんな姿を見かけてしまうと、日常着として着易く申し分のない作りだなと改めて思います。
やっぱり良いものは良いんだよなぁ・・・という気持ちで色と素材を厳選してセレクト。
シーズン毎に生地の変更はありますし、同じ製品だとしても春夏・秋冬でリリースされる生地感や色目の変化で
着方や使い勝手の印象も変わりますので、素材違いや色違いで着まわしてみるのもお勧めです。

合理的に一切の装飾や飾り気のない削ぎ落された印象を持つ”EAZY COAT”
個人的にはステンカラーコートとカーディガンを組み合わせて出来た様な印象を持っていて、生地の落ち感などを見ると
格好良さをしっかりと持ち合わせた摩訶不思議なコート。この手のコートはどちらかと言うともう少しナチュラルな
空気感が強く出ているのを見る機会が多く、そのちょっとした違いを上手く説明出来ないのですが・・・
ラフな着心地ながら、すっと背筋が伸びる様なコートらしい一面を感じるのは変に着易くとか可愛さという事を
考え過ぎずに作られているからかもしれません。ネパールの職人がパターンを引き、縫製まで全ての工程を
現地で行う事によって生じる他にない空気を醸し出す服は、やっぱり不思議という表現に落ち着いてしまうのです。

首元はスタンドカラーの様な井出達で、肩線はドロップした位置に付きます。
インナーに合わせるとすれば中肉のカットソー位までになると思います。
ポケットはスラッシュの形状で表側に一切何も付かないというのがポイント。
このコートを羽織る時期はまだ風が冷たいはずですので、ウール素材の大判のストールなどを組み合わせながら
季節の狭間の装いを楽しんで頂きたいです。

JUJUDHAUの選ぶチノ素材は、中肉でしっかりとした厚みと張りがあって仕立ては1枚ですが安心感が持てると思います。
きちんとした作りのコートを既にお持ちの方や、メインではなく気分に応じて着れる1枚をお探しの方に特にお勧め。
気兼ねなく汚れたらお洗濯をしてといった具合に、日常着として思う存分着れるのが一番の良さではないかと。
こういった羽織物は何枚ワードローブにあっても困らないですし、選んだベージュは着回しが最も効く色目でもあり
きちんとした印象も与える事が出来ますので、何処に行くにも困らず手に取れるコートではないでしょうか。

JUJUDHAU  POCKET JACKET

color     CHINO BEIGE

price     35200-(TAX IN)

SIZE     FREE SOLD

同素材で選んだ、こちらもロングセラーの1つ”POCKET JACKET”
フロントに叩きつけれた大きなポケットが特徴の羽織物。
ミドル丈のジャケットですが、所謂のジャケットではなく、インナーの相性をそこまで考え過ぎずにさらりと
羽織るだけで良いのが、この”POCKET JACKET”の懐の深さでもあり人気の理由だと思います。
カーディガンを着るイメージでも良いですし、ジャケットを羽織る感じでも、どちらの感覚にも当てはまる
他には代えが効かないアイテムになるのではないでしょうか。

肩のラインは”EAZY COAT”と同様に下がった位置に付きます。
袖は身長166cm普通体型で心なしか短く感じる丈感。写真の様にインナーの袖が覗いていても違和感なく
暖かくなってきたら七分袖などのカットソーやワンピースなどに合わせても良いと思います。
この辺りは身長などもあまり気にならない部分だと思います。

洋服には様々な役割や着こなしがあると思うのですが、勿論張り切って服を着る日も無くはないものの
今の日常を大事にすると考えた際に、重要視するのは自分自身が心地好いと思えるかどうか。ここ数年は
そんなイメージを軸にセレクトをするようになりました。
JUJUDHAUの今日ご紹介した2型はそれにぴたりと当てはまる万能さを兼ね備えた洋服で、誰に逢うにも
何処に行くにもリラックス出来、それでいて心が軽く弾むような要素がある服。というのを実現しています。
困った時の1枚ではないですが、頼りになる羽織物でありワードローブを見てもなんだか選べず悩ましい時など
そんな隙間を埋めてくれるのは間違いありません。

EAZY COATもPOCKET JACKETも、自分達も好きで選び続けて実際に着ていて良いなと思えるまさに
「定番」でありお客様からも購入後に万能さを共感していただく機会も本当に多いので、これは満場一致で
「好い服」だと言いきれるなと思っています。
そのシーズンによって選ぶ生地・色も変わりますので、もしどこかのタイミングで気になっていた方だったり
今この瞬間に気になられた方がいらっしゃいましたら、ぜひ足をお運びいただけたら嬉しいです。

PageTOP