11月16日


JUJUDHAU     SHIRTS JACKET

color          BROWN TWEED

price          26000+tax 

SIZE          F HOLD  


color          H.B.LIGHT GRAY

price          26000+tax 


color          TWILL DARK GREY

price          26000+tax SOLD

ほんの数日前のこと、盛岡市内を運転中に夕暮れ間近の上空を、綺麗な逆Vの字で隊列を組んで飛ぶ
白鳥の群れとすれ違いました!あのご一行はどちらへお帰りになるのだろうか・・・
日に日に寒さは厳しさを増していきますが、冬を感じる景色や味や匂いなどに出逢うとそれはそれで
嬉しかったり、楽しかったり。自然も人も互いに交換しあっているのだなぁと思います。

jujudhauの入荷もあと僅かになりますが、今季新しくリリースされた″SHIRTS JACKET″が届きました。
シャツジャケットと言うだけあってシャツとジャケットどちらの要素も含みつつ、どちらでも無い。という
ふわっとした位置付けが丁度良い羽織り物。相変わらずフロントに留め具は一つも無く、ラペルも衿もありません。
Vネックで前開きのシャツジャケットは、やや厚地のカーディガン感覚でカットソーやニット、またはシャツの上など
組み合わせ自由にさくっと気楽に羽織ってみてください。


素材はウール60%・アクリル40%の混合素材。
ウール混なのでウール特有のチクチク感も適度に抑えられ、体に負荷のかかる様な重さもありません。
目がぎゅっと詰まった織りの強さがしっかりと感じられる生地は程良い厚みで、秋のはじまりの頃には
すぐ脱げる様な軽いアウターとして、また季節が進んで今時期の着方としてはアウターの中に一枚挟んで
保温性を高めるミドルアウターとして長い期間着用いただけますし隙間を埋める存在として重宝すると思います。


首元のVゾーンはやや深めな印象ですが、フロントが開いているということもあって、
視覚的にもそこまで気にならなずに着ていただけると思います。なのでインナーに何を着ようとなっても
クルーネック・ボートネックは勿論、タートルもしくは襟付きのシャツでも大体しっくり合うと思います。
肩幅と身幅は余裕があり、袖は先に向かってやや細く着丈も短く、裾のラインはすっきりとしたスクエア型に。
ただ大きく作っているのともまた違って、削ぎ落としている部分があることで全体の見え方としてもそうですし、
ボトムとのバランスの取り易さに繋がっていると思います。
袖と裾のサイドにはスリットが入ることで、袖を通した際にシルエットにも自然と動きが生まれます。
単純にきゅっと締め付けられるような事が無いので、後ろから包まれてしまっているような着心地は
ある意味(良すぎて)危険だなとも思うのですが、思う存分に頼って欲しいなという気持ちでもいます。


jujudhauの洋服は全てネパールの職人の方々の手によって作られていて、生地もパターンも縫製も全ての
工程が現地の工場で行われています。着てみると分かるのですが、とても柔らかい雰囲気を纏ってはいますが
その柔らかさの質が日本の服ともまた少し違って感じられたりもしますし、大胆で気ままな自由さもあって
そこを濃く表現している服では無いのですが、ふとしたところに感じられて面白いなぁと思います。
シンプルにゆったりとしたデザインを楽しんだり、生地の色目や織の模様などをポイントに着合わせを組み立てたり、
そう言えばjujudhauを好きで着て下さる方の、共通点としては洋服を選ぶ目線はとてもフラット。
そして楽しんで服を着ている方が多く、それが自分達としてもとても嬉しいと感じる部分でもあります。
さらりと着れる羽織りは素材やカタチ違い何枚持っていても損はありませんし、強い生地感でカーディガンの
代わりになるのは、今時期の即戦力になるのではないでしょうか。
3色共に甲乙付け難いカラーです。是非。

9月11日


JUJUDHAU     WIDE PANTS

color         CHINO GREY

price         24500+tax 

SIZE         F SOLD

color        CHINO KHAKI SOLD


昨日の最高気温17℃・・雨の冷たさもプラスされ、今にもストーブを出したくなるくらいの寒さでしたが
今日は一変して清々しい秋晴れ!!空気も雨に洗われて透き通っているように感じます。
22~24℃くらいの気温って本当に最高です。
店内は、気候の変化に合わせて毎日の様に衣替えなどをしておりますが、その中でも今季のjujudhauは
比較的入荷のタイミングが早かったこともあり、何を着れば良いのか悩む今の時期に丁度対応できる
シャツワンピースやチュニック、スカート、羽織など早速手に取って下さる方も多く嬉しい限りです。
今シーズンもビビッとくる好きな生地に出逢えたので、同じ生地で何型かを展開しています。
本日はその中から、今までも何度か展開している″WIDE PANTS″をご紹介致します。
がっしりと厚手のコットンのチノ素材は表面がうっすらと起毛していて、頼もしいけれどどこか優しく、
起毛感とくすんだ色との雰囲気も、今の気分にもぴたっとマッチしています。


個人的にも何年も前に購入したjujudhauのWIDE PANTSを、今もほぼ通年愛用しています。
穿いていると「そういう感じの太いパンツ欲しいです。ありますか?」と聞かれる事も何度か。
お尻・太腿から、そのまま真っ直ぐにどかんと幅の太さはありますが、穿くとそこまで太く見えない。
ウエストはゴムで、前は幅広目のタックと後ろは細かなタックが入っていて、立体的に膨らみが出て
そのシルエットのふっくらした感じも穿きやすさに繋がっていると思います。
jujudhauでは、他にも″MONPE PANTS″だったり、″DUMPY PANTS″だったり定番で欠かさずに
オーダーしているパンツもあるので、そこまで沢山の本数は展開出来ていないのですが、
ある時は数種類並んでいますので、ぜひ、それぞれの形を穿き比べてみて欲しいです。
ちょっとした仕様の違いで、一見同じようにな形でも穿くとまた、全然違って見えるので、
そこがとっても面白いなと思います。その中で自分の好みに合うのを見つける過程も楽しいですよ。


穿いているのは、CHINO KHAKI
写真では焦げ茶っぽい色目に映っていますが、実際はもう少し緑がかった感じの色になります。
身長166cmできっちりウエストで穿いて、やや足首が覗くぐらいの丈になっています。
明るい色や柄の可愛い靴下を見せるのも良いですし、ミドルカットのブーツを合わせても良いです。
服だけでは無く、靴や靴下など足元も穿きたい物が変わってきている感覚があるので、お手持ちの靴を見直して
その靴に合わせてボトムを選ぶのも、秋の装いに切り替わるきっかけになるかもしれません。


決して物凄く何かに特化した服という事でも無く、ただネパールという土地でネパールの職人によって
地道に作られ、海を渡って届けられるjujudhauの服。
そこに何か大きな意味を込める事も無く、いつも淡々としていて、揺るがない芯のある服。
プロダクトとしての量産される製品としての冷たさと、どこか手の仕事を感じる暖かみ。
だからなのかは分かりませんが、その適温具合が心地よく、jujudhauの服は着ていてもそのままの意味で
自分らしく自然体でいられる気がします。
日常着として、毎日でも袖を通したい。洗って乾いたらすぐ着たい。と思える服というのは
洋服本来の在るべき姿を示してくれているような気持ちさえしてきます。
今シーズンはチノクロスを使った羽織やパンツを色違いで多く揃えていますので、ぜひお気に入りの1枚を
見つけにいらしてください。

7月5日


JUJUDHAU    BALLOON PANTS

color         LINEN H.B.BLACK

price         19000+tax 

SIZE         F SOLD

color         LINEN CHECK

price         18500+tax 

SIZE         F


雨が降ったことで少し暑さが和らぎました。昨日よりも涼しく感じる盛岡。
曇り空でちょっと蒸してはいますが、気温的にはとても過ごしやすくて何より体が楽ですね。
そんな本日は、高温多湿な気候には最適な穿き心地のjujudhauのボトムを二型ご紹介したいと思います。
一型目は初めての展開となる新型″BALLOON PANTS″
今まで様々展開してきた他の定番モデルとも似ている様でちょっと違う型です。
見た目はウエストに寄せられたギャザーからふっくらと丸みがあって、腰からヒップ、ワタリまで余裕たっぷり。
ですが穿くと意外とすっきりと見えるjujudhauらしい、気取らずユニークなシルエットが特徴的なパンツです。
肌に纏わりつくことなく、足全体をふんわりと覆う様な形なのでさーっと裾から風が抜けてとても涼しく過ごせます。
今シーズン数ある生地の中で目に留まった″LINEN CHECK″は生成と黒のはっきりし過ぎない優しい配色が特に好みで、
色目が素材の雰囲気ともマッチしていて、他にも幾つか違う型を同生地でオーダーしています。
色違いの″LINEN H.B BLACK″は、同じくリネン100%ではありますが、こちらの方はやや厚地で生地感も異なります。
黒なのでそこまで目立ちませんが、じっくり見ますとヘリンボーンツイルの織成す表情も堪りません。


平置きした際には全体的に大きく見えますが、穿くと腰回りもそこまで広がらずに程よくワイドなシルエット。
ヒップからワタリ、そして裾までほぼ同じ太さの様に見えて、微かに裾は緩やかにテーパードしています。
正面からだと分かり難いですが、横から見た際には膝下からほんの少し窄まっていっているのが分かります。
絶妙に膨らみ、そして絶妙にすっきり。
裾はやや短い設定で、足首がちらっと覗くと涼しく軽やか。つい素足でサンダルが履きたくなります。


両サイドと、後ろ左右の合わせて4つポケットが付きます。
シンプルながらも日常着として着るには十分な、最低限の機能性。
サラリと速乾性に優れた生地は、特に梅雨時期には重宝しますし、個人的にも出張や旅行で暑いところへ
行く時には、長時間の移動でもシワも気にせず、くるくるっとコンパクトにバッグに納まるjujudhauを
ついつい選んでしまいます。夏のリラックス着としても、旅のお供としてもお勧めな一枚です。
便利と言うのとも少し違って、その汎用性だったりすとんと身体に馴染む肌触りや着心地が、何処にいても
ほっと心を落ち着かせてくれるようにも思いますし、色んな意味で包容力のある服だとしみじみ感じています。

JUJUDHAU    DIAPER PANTS

color         LINEN CHECK

price         18000+tax 

SIZE         F

color         LINEN H.B.BLACK

price         18500+tax 

SIZE         F


もう一型選んだのは、久しぶりにオーダーしました″DIAPER PANTS″
赤ちゃんのおむつ・おしめを意味する名前の通り、股上が驚く程深く、穿くとおしりにぷくっと
生地の膨らみが生まれるのと、腰回りの空間がとにかく広く、最初は不思議な感覚と穿き心地に
若干そわそわするかと思います。笑
何回か穿いてくうちに、その独特な穿き心地やシルエットが不思議と癖になりますし、いつもの装いにも
変形パンツを合わせる事で、ちょっとしたスパイスの様に、普段とはまた違う一面を見せてくれるので、
洋服はやはり着てみないと分からなくて、面白いなと思います。
紐で調整する大きなウエストに対して、裾は細く丈も短めですっきりしているのでワンピースやチュニック、
着丈の短いブラウスとも相性良く着られます。


H.B.BLACKはざくざくっと力強さの感じるリネンで、ハリもあるので容姿も崩れず緩く見せません。
同じ型でも生地によって全く違った印象に感じるので、jujudhauの服は気に入ったものに出逢うと
つい生地違いで選びたくなることも少なくありません。
どこかエスニックな雰囲気を纏いつつも、決してそっちに寄りすぎずに着られるのも嬉しいところで、
モノトーンで着合わせてみたり、女性らしい柔らかい雰囲気でまとめてみたり、着る人のイメージで
如何様にも着こなしが変えられるのも、jujudhauがじっくりと長くお選びいただける理由の一つかと思います。


今年の春夏は季節の移り変わりが早かったり、かと思えばまた戻ってしまったり。
自分達もなかなか上手く衣替えが出来ずに、ずるずるとそのままにしてしまっている物が多いのですが
jujudhauの服は、全てがそうという訳では無いのですが素材と形によっては春から秋まで、インナー次第で
長くて冬の入り口までと、シーズン通じて着られるものが多いなと自分自身のワードローブを見てもそう感じます。
それでいて、雨の多い土地柄ならではの生地や、無駄を極力出さない事を考えてのパターンなど、
ファッションよりも暮らしに近い目線で作られる物だからこそ、着ていても気持ちが穏やかだったり、
どこかほっとしたり、何年経っても廃らずに着続けていたい、届けたいと思うのです。
他にもシャツなど色々届いていますので、いつでも見にいらして下さい。お待ちしています。

12月4日


JUJUDHAU  TOGGLE COAT

color       WOOL COTTON BLACK

price       39500+tax 

SIZE        F SOLD   


jujudhauの新型コートが届きました。
ざくざくとした野性味のある力強い織の生地。
生地感はほぼウールに近い感覚ですが、ウールとコットンの混合素材になります。
さむい。さむい。と口に出さない日は無いくらい、もうすでに本格的に寒いですが、まだ12月の頭。
真冬の一歩手前と言っても良い頃ではあるのですが、早々にダウンや厚手のコートを着ているという方、
繋ぎのコートを着る機会を逃した方も多いのではと思います。
冬服に衣替えしきれていない私は、あれやこれやと手に取ったもので何とか過ごしていますが、
今のところ「中肉のニット、中間の羽織り、薄手アウター」の組み合わせが温度調節も出来て過ごし易いです。
このコートも、コートだけでの防寒は難しいですが重ね着することで、保温性は高める事が出来るので
厚手の物でむくむくになるのはまだちょっと・・・という方には、お勧めいたします。

留め具はひとつ。
小ぶりな動物の角か骨を使用したトグルが、ポイントに効いています。
滑々っとしたトグルは、釦としての役割と言うよりは、ちょっとしたブローチやお守りみたいな感覚で
つい気付くと手で触れてしまうような存在。

裏地はBanboo 100% 光沢がありするすると柔らかな生地で総裏になっています。


気軽にばさっと羽織れるコートですので、重ね着と言えどそこまで難しく考えずに、ただただ羽織る。
肩も身頃もたっぷりめですが、生地の重みで落ち感が出て、変に膨らんで見えないのも良いです。
余裕のある身頃に比べて、袖はやや細めの設定ですが、中にシェットランドニット一枚挟んでもキツくなく
まだ少し厚手の物を着た上からでも羽織れそうです。
今だけの物。と言うことでも無いので、何となく何を着て良いのか困ったり、天候が安定しない時などには
この手の羽織は大変重宝します。
何よりも、このがしっとワイルドな生地感とさり気ないトグルの装飾と、穏やかで自由なデザイン。
着用時の頼もしさと包容感を、体感して頂けたらと思います。

JUJUDHAU  POCKET JACKET

color       WOOL COTTON BLACK

price       35500+tax 

SIZE        F SOLD  


そして同素材を用いたPOCKET JACKETは今までにどれだけの方の元へと旅立っただろうかと思う程、
何度も展開してきているモデルですが、それというのも春夏・秋冬の季節毎に素材が変わるので、
出番の多い服。と分かっている方でしたら、同じ形でも素材違いで手にしてしまうというのがよく分かります。
直線的なパターンは、体型を問わずにすっぽりと体を包み、その人に添うように優しくシルエットを整えます。
小柄な方でも、肩幅がある方でも、まったく体型は違っても、それぞれが納まりの良さを感じるのが不思議で、
大袈裟な物は何もなく、シンプルでただ羽織るだけで、それとなく様になるのもまた不思議。
言葉では無い、着た人だけが感じる「あ、何か良い」がある服なんだと思います。


やや腰に掛かるぐらいの着丈なので、ワンピースでもニット+スカートでも、パンツスタイルでも
バランスが取り易いので、何を着ても意外と合ってしまうという適応力の高さも持ち合わせています。
羽織り物のバリエーションは幾つあっても足りないくらい、その日の気分によって着たい雰囲気やスタイルが
変わるので、ある程度の幅を広げて持っていると、それはそれは間違いなく服選びが楽しくなると思います。
盛岡の気候ですと、この生地感の羽織は桜の咲く4月末くらいまでは対応できると思いますので、
ご自身のワードローブを想像しながら、長い目で見て選んで頂けたら嬉しいです。

10月20日


JUJUDHAU   POKECT DRESS

color        DENIM   

price        27500+tax 

SIZE         F


春夏にも展開したJUJUDHAUのデニム地のワンピースがとても好みで、今季もあったらいいなと思っていた秋冬。
デニム生地のワンピースありました。やや濃い色目の厚い生地で、綿100%ですが中に保温性の高いインナーを
着込めば真冬でも十分に着られそうな、しっかりと密度の高い生地です。
手で触れた感触はガシッとゴワっと硬さがあって、試着してみるとガサガサガサッと生地の擦れる音がする。
なんて生地で作ったんだろうかと、ちょっと驚きますが、あまりの生地感に面白くて、笑ってしまいます。
写真ではそこまで伝わらないですが、着始めは特に上半身の動きは決してスムーズにはいきません。
どうぞ覚悟して、というか期待してご試着ください。


首元は少しだけ横に広く開いた、すっきりとしたネックライン。
シンプルなデザインは、インナーにタートルを合わせたりシャツを着たり、アクセサリーや巻き物も
合わせ易く着合わせが楽しめますが、そのままでも十分に綺麗だな思います。
生地の存在感が強いので、あれこれ悩まずワンピースにタイツ、足元は革靴できちんと。
そんな着方も恰好良いのではないかと思います。、
あくまでも日常着として、ガシガシ着たいという方も勿論、レギンスやボトムを合わせてスニーカーや
編み上げブーツなどカジュアルな物と合わせれば、メンズライクな装いに。
ワンピースでも可愛らしくなるのはちょっと苦手という方にも試し易い一着ではないかなと思います。


全てがネパールで現地の職人達によって作られるJUJUDHAUの洋服は、日本の繊細で計算された美しい洋服とは
また違った感覚を与えてくれる洋服です。作る物が雑と言う事では無いのですが、あっけらかんとしていて、
こうした方が楽で良いと思ったから、そうする。感性の働くままに作られる服は人間くさくて良いと思います。
今回のデニム生地は着始めは楽とは言えないかもしれませんが、時折垣間見えるそんな大胆で自由な発想に、
驚いたり楽しくなったり。
どうもあれこれ難しく考えてしまう自分にとっては、心の持ち様が軽やかになる服でもあるなと思います。


ゆったりとした肩幅や身幅は着る人を選ばず、着るとその人の身体に沿ってシルエットが出るようなパターン。
身頃に対して、袖はやや細く設定されていて、全体的に大きくなり過ぎない様にバランスを取っています。
真夏以外の季節はインナーやアウターで温度調節することで、長く着られるワンピースだと思います。
多少重さがありますので、タフさのある生地感が好みの方には、堪らないと思います。

JUJUDHAU   EASY COAT

color        DENIM   

price        26500+tax 

SIZE         F SOLD


フロントに釦などの装飾が一切ない″EAZY COAT”は、毎シーズンrasikuで展開しているカタチの1つ。
しっかりと目の詰まったデニム生地はずっしりとした重量があって、インナーに保温性の高いセーターを合わせて
貰えたら、冬のコートまでの繋ぎの羽織物として重宝すると思います。
ドロップした肩のラインと、生地の重さも手伝ってすとんと落ちるシルエットは見た目が大きくなり過ぎずに
この手のコートにありがちなバランス感とも違った良さを感じて頂けるはずです。


着丈は膝が隠れるくらいの丈感で、ワンピースなどの丈の長いアイテムを合わせる着方も良いですが
個人的にはすっきりとしたインナーとの組み合わせて、格好良く着て貰えたら嬉しいです。


首元はスタンドカラーで、JUJUDHAUが得意とするカタチで巻き物との相性も◎です。
デイリーウェアなので、着たいと思う日に手に取ってざっくりと羽織って貰うコートなので
気を使いすぎずに着れてご自宅でガラガラと洗濯できるのも良さだと感じています。
私達もJUJUDHAUのコートは季節の変わり目に本当に良く着ているので、お試しいただければ嬉しいです。

JUJUDHAU   POKECT JACKET

color        DENIM   

price        25500+tax 

SIZE         F SOLD

同素材シリーズ3つ目は、ボックス型のシルエットが特徴の″POCKET JACKET”
大きめに設定されたハンドウォーマーポケット、こちらも釦などがない削ぎ落としたデザインの羽織物です。
″EAZY COAT”よりも身頃がゆったりとしているので、着用時のストレスがより一層軽減されると思います。
袖丈がやや短いので、インナーの色をちらりと覗かせると良いアクセントになります。
フロントも自分でピンなどを用意して着るのもお勧めです。


首元はゆったりとした空き具合で、着丈はお尻が隠れるくらいの長さに設定をされています。
肩のラインは共通でドロップショルダーになります。
旅行や出張などに行った際に、インナーの厚みを気にせずに着れる羽織り物はとても重宝するので
勿論普段使いが中心になると思うのですが、旅先や出張などの際に気軽に着れる1枚としてもお勧めです。


展示会で、このデニム生地を見た時にここまで厚手の生地はなかなか出逢わないと感じました。
多少の重みを感じるのですが、生地が少しずつ擦れたりして薄くなってきた頃に新品の状態を思い出すのも
洋服の楽しさの1つだったりするので、汚れなどをあまり気にせずにタフに着て貰えたらと思っています。
朝と夕の気温の変化があって、何を着ようか迷ってしまう日にきっと重宝するはずです。
何度も展開しているアイテムですが、やっぱり良いと思えるアイテムです。

PageTOP