2月13日

JUJUDHAU  EAZY COAT

color     CHINO BEIGE

price     31900-(TAX IN)

SIZE     FREE SOLD

気合いを入れずに穏やかな気持ちで外へ出られるというしあわせ・・・
そんな事を思ってしまいたくなる位に、暖かく柔らかな日差しを感じる週末の土曜日。
決して寒くない訳ではないのですが、ホッと出来る時間があるだけで身心が救われる気持ちになります。
ここからまた寒い日・暖かな日を交互に繰り返しながら、待ちにまった春の訪れとなる北東北。
もうあとひと・・ふた踏ん張りといったところでしょうか。

こんな気候ですと外との気候にギャップを感じずに意気揚々と春物のご紹介が出来ます。
JUJUDHAUから、このようなまだ安定しない状況下ですが無事に春夏便が届いております。
定番アイテムとして展開をし続けている、1枚仕立ての気軽に羽織れるコートとジャケット。
rasikuでは今までどちらも相当な枚数を販売してきましたが、お客様がお店に来店される際に着用している方が
多くいらして、そんな姿を見かけてしまうと、日常着として着易く申し分のない作りだなと改めて思います。
やっぱり良いものは良いんだよなぁ・・・という気持ちで色と素材を厳選してセレクト。
シーズン毎に生地の変更はありますし、同じ製品だとしても春夏・秋冬でリリースされる生地感や色目の変化で
着方や使い勝手の印象も変わりますので、素材違いや色違いで着まわしてみるのもお勧めです。

合理的に一切の装飾や飾り気のない削ぎ落された印象を持つ”EAZY COAT”
個人的にはステンカラーコートとカーディガンを組み合わせて出来た様な印象を持っていて、生地の落ち感などを見ると
格好良さをしっかりと持ち合わせた摩訶不思議なコート。この手のコートはどちらかと言うともう少しナチュラルな
空気感が強く出ているのを見る機会が多く、そのちょっとした違いを上手く説明出来ないのですが・・・
ラフな着心地ながら、すっと背筋が伸びる様なコートらしい一面を感じるのは変に着易くとか可愛さという事を
考え過ぎずに作られているからかもしれません。ネパールの職人がパターンを引き、縫製まで全ての工程を
現地で行う事によって生じる他にない空気を醸し出す服は、やっぱり不思議という表現に落ち着いてしまうのです。

首元はスタンドカラーの様な井出達で、肩線はドロップした位置に付きます。
インナーに合わせるとすれば中肉のカットソー位までになると思います。
ポケットはスラッシュの形状で表側に一切何も付かないというのがポイント。
このコートを羽織る時期はまだ風が冷たいはずですので、ウール素材の大判のストールなどを組み合わせながら
季節の狭間の装いを楽しんで頂きたいです。

JUJUDHAUの選ぶチノ素材は、中肉でしっかりとした厚みと張りがあって仕立ては1枚ですが安心感が持てると思います。
きちんとした作りのコートを既にお持ちの方や、メインではなく気分に応じて着れる1枚をお探しの方に特にお勧め。
気兼ねなく汚れたらお洗濯をしてといった具合に、日常着として思う存分着れるのが一番の良さではないかと。
こういった羽織物は何枚ワードローブにあっても困らないですし、選んだベージュは着回しが最も効く色目でもあり
きちんとした印象も与える事が出来ますので、何処に行くにも困らず手に取れるコートではないでしょうか。

JUJUDHAU  POCKET JACKET

color     CHINO BEIGE

price     35200-(TAX IN)

SIZE     FREE

同素材で選んだ、こちらもロングセラーの1つ”POCKET JACKET”
フロントに叩きつけれた大きなポケットが特徴の羽織物。
ミドル丈のジャケットですが、所謂のジャケットではなく、インナーの相性をそこまで考え過ぎずにさらりと
羽織るだけで良いのが、この”POCKET JACKET”の懐の深さでもあり人気の理由だと思います。
カーディガンを着るイメージでも良いですし、ジャケットを羽織る感じでも、どちらの感覚にも当てはまる
他には代えが効かないアイテムになるのではないでしょうか。

肩のラインは”EAZY COAT”と同様に下がった位置に付きます。
袖は身長166cm普通体型で心なしか短く感じる丈感。写真の様にインナーの袖が覗いていても違和感なく
暖かくなってきたら七分袖などのカットソーやワンピースなどに合わせても良いと思います。
この辺りは身長などもあまり気にならない部分だと思います。

洋服には様々な役割や着こなしがあると思うのですが、勿論張り切って服を着る日も無くはないものの
今の日常を大事にすると考えた際に、重要視するのは自分自身が心地好いと思えるかどうか。ここ数年は
そんなイメージを軸にセレクトをするようになりました。
JUJUDHAUの今日ご紹介した2型はそれにぴたりと当てはまる万能さを兼ね備えた洋服で、誰に逢うにも
何処に行くにもリラックス出来、それでいて心が軽く弾むような要素がある服。というのを実現しています。
困った時の1枚ではないですが、頼りになる羽織物でありワードローブを見てもなんだか選べず悩ましい時など
そんな隙間を埋めてくれるのは間違いありません。

EAZY COATもPOCKET JACKETも、自分達も好きで選び続けて実際に着ていて良いなと思えるまさに
「定番」でありお客様からも購入後に万能さを共感していただく機会も本当に多いので、これは満場一致で
「好い服」だと言いきれるなと思っています。
そのシーズンによって選ぶ生地・色も変わりますので、もしどこかのタイミングで気になっていた方だったり
今この瞬間に気になられた方がいらっしゃいましたら、ぜひ足をお運びいただけたら嬉しいです。

1月11日


JUJUDHAU  TUCK PANTS

color     DENIM

price     25000+TAX

SIZE      F SOLD


昨日に引き続きJUJUDHAUの商品をご紹介したいと思います。
ずどんと迫力を感じるお尻回りからワタリにかけてのシルエットとは対照的に、裾にかけて綺麗なテーパードした
ラインが癖になる、ここ数シーズン展開をし続けているお気に入りのパンツ”TUCK PANTS”
写真で見る限り柔らかそうな雰囲気も漂いますが、パンツハンガーに掛けていて、厚みと重さでハンガーから落下して
しまっているのを見ると、重量感であったり、これだけの生地を良く縫えているなぁっと感心さえしてしまいます。
勿論デニムなので穿き込んでいけば柔らかさは出てきますし、秋冬に穿くことを想定するとこれ位の厚みがある方が
逆に寒さにも強く安心感があるのではと思っています。
ウエストは総ゴム+紐でアジャストする仕様なので、体型を選ばずに幅広く対応出来るのではないかと。
デイリー且つタフに汚れなどを気にせずにアクティブに穿けるパンツをお探しの方にお勧めの1本です。


フロントには2タックが入るデザインで、イージーパンツですが生地の強さも相まってだらしなく見え過ぎないのも
パンツを選ぶ際に大切にしている部分。不思議と納まりの良いバランスに仕上げるのがJUJUDHAUの魅力でもあります。
ディテールとしてはサイドのスラッシュポケットのみで至ってシンプルな構造。
裾のテーパードしている綺麗なラインを活かして、着丈の長いワンピースなどを組み合わせて着るのも◎
春先は足元をより軽く軽快なシューズで、トップスは白や発色の良い色を載せて春らしい着こなしにも
しっかりと順応してくれるはずです。


作り込んだパンツとはまた違って、どこか気の抜けた部分が在る方が気が楽な時もありますね。
JUJUDHAUでは幾つか継続して作り続けているパンツがありますが、その中でもTUCK PANTSは
良い意味で一番普通のパンツらしい佇まいをしています。エスニックな香りが強いという訳ではないのですが
それでも何処か異国の空気感もあり、この絶妙な落し所はこのブランドならではの物作りではないかと思うのです。
シーズン毎に生地が大きく変わるので、一度気に入ってしまうと素材違いで集めたくなる魅惑のパンツ。
今回選んだデニム地はしっかりと厚みがあるので気持ち良く穿けるのは4月中旬頃まで重宝するのではないでしょうか。


何処にも締め付ける部分がないストレスのない穿き心地。
考え過ぎずにパッと穿けて近所へ散歩や買い物へ行ったり、旅行などで長時間移動する場合などリラックスした
気持ちで穿けるパンツはより良い時間を過ごす為の味方になってくれると思いますし、困った時は頼もしい存在に。
変形のデザインのあるパンツですが、使い勝手の良さや穿き心地は見ると穿くとでは全く違う印象になると思います。
JUJUDHAUの新たな定番”TUCK PANTS”、是非お試しください。

1月10日


JUJUDHAU  ROUND NECK COAT

color     CHINO BLACK

price     35000+TAX

SIZE      F


昨夜、携帯に表示された「明日の寒暖差に注意・今日よりも7℃高い予報」に一瞬、お!となったものの
いやいや、最高気温まだマイナスですから!!と正気に戻って、しっかり水抜きをしました。
そして洗面所は年末からずっと凍結したまま。陽射しを待つしかありませんね。
身体が強張る寒さ、そして大変な積雪量と心休まりませんが、どうぞ温かな飲み物でも飲みながら
ほっと出来る時間を過ごしていただきたいです。

春夏のことにはまだ到底気分が追いつかないので、昨年から続き秋冬物のご紹介をゆったり続けようと思います。
ロックダウンが継続する中、なんとか出来る限りの製品の製作・発送を行ってくれたJUJUDHAUより
継続して展開している”ROUND NECK COAT”を。
素材はガシッとタフな強さを感じるチノ素材で単衣なのでイメージは秋と春のアウターになるでしょうか。
今シーズンよりリサイズして、かなり肩や袖周りがゆったりになったので、厚手のセーターも中に着込めます。
となれば、今時期の寒さの底のような時期に冬コートの下に挟んで室内着としても重宝しそうな感じです。


ノーカラーのコートが気になるのは、巻物をしたりハイネックアイテムが欠かせないからでしょうか。
クルーネックとも少し雰囲気の異なる、ほんの少し立つ感じの襟型が、密やかにツボを押してきます。
インナーにローゲージニットを着こんでいますが、袖もするっと通りましたし釦もしっかり留められます。
この手の仕立てのコートを選ぶ際に、中にある程度着込んだ状態での可動域であったり袖抜けがどうかが
気になるのですが、最初に作製された時よりもパターンが修正されて、より着心地がアップしている思います。
カーディガン感覚で着られるコートなので、春先・秋口の温度調整が難しい季節に何を羽織ったら良いのか・・・
というタイミングで出番が多くなるのは間違いありません。
以前に同型のコートを購入してくださった方が、着用している姿をよく見かけているので自分達の中では
それは使い勝手の良さを表しているのだなぁと感じて、勝手に嬉しく思っています。


肩線から身頃につながる直線的なパターンで、身幅の広さがありながらもシルエット的には落ち感があって
スッキリ見えるというところがJUJUDHAUの服の特徴とも言えるかと思います。
両サイドにはスラッシュポケットも完備しています。機能面においても先ずポケットがあると安心する。
という方も少なくないと思いますので、その点に関してもしっかりクリアしているコート。


バックスタイルはセンターシームでスリットが入るシンプルなデザイン。
女性的なシルエットではあるのですが、だからと言って曲線的で生地のボリュームをたっぷりと言ったような
柔らかさが全面に出ている訳ではないのがJUJUDHAUの洋服の好きな所。メンズの洋服にも共通するような部分を
感じられて、それは生地の選び方であったりパターンだと思うのですが格好良さも感じられる点も見て頂きたいです。
所謂の春コートは前回のSTYLE CRAFT WARDROBEのCOAT♯17のBLOGでも書かせて頂きたましたが、殆どセレクトを
していませんので、秋冬に通用するコート類を春の装いに活かしながら、岩手の冷たい春の風をコートとともに纏って
街歩きを楽しむのをお勧めします。ROUND NECK COATに合わせたJUJUDHAUのデニムパンツは明日ご紹介致します。

12月10日


JUJUDHAU  LONG CARDIGAN

color     FELT CHARCOAL   /   FELT BLACK

price     29000+TAX

SIZE      F SOLD


来週の週間天気予報に「-9℃」という数字が見え、既にプルプルと震えてしまいそうです。
とにかく着る物、食べ物その他諸々、心身が温まるものや自分を甘やかすものを投入したり
のんびりと流れに身を任せて過ごそうと思います。
そんな事なので、昨日のお休みはお客様にお勧めして頂いた洋菓子屋さんを巡ってきました。
各お店のスウィーツを選んでほくほくして帰ってきましたので、これで一週間は乗り切れそうです。
来週は氷点下+積雪もありそうなので、みなさまも冬支度万全にしてお過ごしくださいね。

本格的な冬コートの需要は勿論ある中で、ここ数年同じくらい力をいれて探すのが冬コートの下に挟む
中肉ぐらいで室内着にもなるようなカーディガン要素の強い羽織物。
JUJUDHAUの今季新しくリリースされた”LONG CARDIGAN”も、様々なシチュエーションで着られそうな
生地感と厚み、そして何よりも着合わせもそこまで気にせずに羽織れる気楽さが魅力。
これは着てしまう・・・とJUJUDHAUの服を見ると口癖のように声が漏れてしまうのですが、このカーディガンも
また同様に、秋から春にかけて着方を変えて時期も長く着続けられる。そんな一枚になってくれると思います。


留め具は無く、シンプルにただ羽織るだけのVネックロングカーディガン。
ドロップショルダーだったり身頃のゆったり感だったり、中に着る物との相性は多少はあるものの
着難さなんて事はほぼ感じずに、ササっと羽織って室内外どちらでも過ごせるミドルアウターは
正直どれだけあっても困らないのではと、気温差が激しい時期は特にそんな事を思ってしまいます。
生地はコットン100%なので真冬にこの一枚で過ごすのは難しいとは思いますが、秋や春の涼しい時期でしたら
メインのアウターとしても重宝するかと思います。


シルエットも見頃に対して袖はすっきり目なので、全体的に大きく広がることなく整って見えます。
中に着る服も、そこまで厚地なものでなければ嵩張らず重ね着出来ると思いますし、冬でもそこまで
厚着をしたくないという方には、スウェットやシャツに羽織るぐらいで丁度快適に過ごせるのではないでしょうか。
表地は柔らかなスウェットのような生地感で、裏がフェルト地になっているのでほんわかと暖かいです。


今までJUJUDHAUのカットソー素材のアイテムは殆ど展開してこなかったですが、今シーズンの生地は
しっかりと目が詰まっていて型崩れであったり、強さという部分で申し分のない作りだったのでセレクトしました。
今日はさらりとした服装で出掛けたいという日などに間違いなく重宝する羽織物。
気の利いたカーディガンはメンズ・レディース共に選択肢がそう多くはないので、素材・デザイン・シルエットなど
総合的な観点から見てもとてもお勧めですし、素材感・保温効果と着心地の違う幾つかの羽織は気温差が大きい
土地においては間違いなく必須アイテムだと感じています。
丁度良い感じの羽織物・・・をお探しの方に、ぜひ袖を通して頂きたいです。
これは着てしまう・・手にしてきっとそう思っていただける一枚だと思います。

11月16日


JUJUDHAU  POCKET DRESS

color     LINEN WOOL H.B

price     34000+TAX

SIZE      F SOLD


強い雨の音でふいに目が覚めるも、時計を見るとまだ深夜2時半。
早すぎたと思って寝なおしたのに、ウトウトしてはすぐに目が覚めてをずっと繰り返して朝を迎えたので
ぼんやりとした頭で月曜日がスタート。今は気付かないうちに気が張っていたり、心身に負荷が掛かって
いたりもするので、どうぞ無理し過ぎない様にいきましょう。
天気も降ったり止んだり曇ったり晴れたりコロコロ変わって、気温もちょっと変な感じですね。
昨日お知らせをしましたが、明日から19日(木曜日)まで三日間お休みとさせていただきます。
今週ご来店を予定されているお客様は、営業日程のご確認をどうぞよろしくお願い致します。こちら→

JUJUDHAUの2020AWのオーダー分、第一便のご紹介以降は有難い事にほとんど店頭でお選びいただいており
BLOGに載せる機会が無いまま、未到着のアイテムも残すところあと僅かとなってきました。
今シーズンはあまり冬用のアウターを選ばずに、見た目の雰囲気と生地の厚みや質感がとても好みだった
リネンウール素材を使用したアイテムを多くセレクトしました。
その中のひとつ、POCKET DRESSは長めの着丈も良く、また生地の分量による落ち感がとても魅力的。
相変わらず何とも言えない丁度良さと巧さを感じさせるJUJUDHAUのワンピースをどうぞご覧ください。


首元は深めのスキッパー。この様な型はどうしてもインナーとのバランスが気になってしまうのですが
このPOCKET DRESSの場合は、首元のスリットは深めなのですが下の部分が重なり合う形状になっている為
開き幅がそこまで広くなく、スタンドカラーのシャツのTOP釦を外して着た様なニュアンスにも見えます。
どこか格好良い印象にも映りますし、どうしてもインナーは見えてしまうのですが合わせはそこまで難しく考えず
クルーネックかスクエアのタンクトップやキャミソールが合いますし、今時期からはタートルのインナーも相性良く
着て頂けます。
肩はドロップしていて、肩線からそのまま身頃につながるパターンはもうお馴染みといった感じですね。
お馴染みと言えばもう一点、肩や身頃に関してはゆったりのシルエットでサイズは完全にフリーですが、
袖幅はやや細めに設定されています。
その分見た目がすっきりするのは間違いなく、上からコートを羽織ったりする際にも袖が干渉しないので
重ね着もし易くなります。この辺のバランス感が絶妙だったりします。


ギャザーや(タックがフロントに一筋のみ)その他装飾などもほぼ入れずに、流れるような裾までのラインが
シンプル且つ綺麗なドレス。
フロントには両サイドに大き目なポケットが配されています。
POCKET DRESSという名前だけあって、唯一のポイントにもなっていますし何より位置が良いです。
手を下ろせば何も意識しなくてもポケットにすぽっと納まる感覚が、なんだか心も落ち着かせてくれます。


細身の袖先には小さくスリットが入ります。
遠目ですと無地の様ですが、近くで見るとヘリンボーンの織りの表情がしっかり見えてきます。
インナーもしくは巻物やアクセサリーやバッグなどの小物に色を挿してもきっと素敵ですね。
リネンウールの柔らかいけれどほんの少しだけボソボソッと粗っぽさが混ざり込んだ生地の質感と
ヘリンボーンの織りの組み合わせがとても良く、同素材でシャツや羽織が入荷したのですが、
あっという間に旅立ちました。同じように気に入って下さってとても嬉しい限り。
私の様に背が高くても、一枚で成立する丈の長さのドレスはとても貴重だなと思いますが
JUJUDHAUは小柄な方がリピートして下さる方も多いので、ぜひ躊躇せずにバサッと着て頂きたいです。

PageTOP