10月16日

JUJUDHAU  SHIRTS DRESS

color     WOOL LINEN BLACK

price      33000-(TAX IN)

SIZE      F

今季のjujudhauは柄物の生地のご紹介が続いていましたが、無地でも良い出会いがありました。
WOOL50%LINEN50%の素材は昨年も展開されていたのですが、今回は質感がまた一味違っています。
リネンのザラリと乾いた素材感が表面には強めに感じられ、着るとウールの粘り気のような滑らかさも
含んでいて、冬と言うよりは秋と春に着る機会が多くありそうな生地です。
薄すぎずそれなりに厚みもあるので、シャツ型のドレスという名目ですが実際にはコートとしての
着方が一番しっくりきそうな感じがします。
今週の天気の様に暑いと寒いが急に入れ替わって、体も服装も待って待ってと戸惑うような時には
とにかく何か羽織れるものを一枚着るなり、持ち歩いておけば安心です。
この冬は特に今時期からもう少し先まで着られそうな羽織を多くセレクトしています。
素材と仕立ての違いと厚みなどなど、なるべく選択肢を広くして様々な生活スタイルに合うような
季節の変り目の服を提案出来ればと思いますので、今着るものが無い!とお困りの方には良いものが
見つかるのではないかなぁと店内を見渡しながら思っておりますので、ぜひお立ち寄りくださいね。

立てても寝かせてもどちらでも大丈夫なように、わざと曖昧な大きさ?にしている襟と
肩線から身頃へ直線で繋げて、生地が身体に沿って流れ落ちるゆるやかなシルエット。
袖だけは少し細く設定されていますが、このモデルに関してはブラウスやチュニックよりは
ゆとりが感じられるので、よっぽどの厚手のものじゃなければ中に着込むことが出来ます。
前開きだからこその良さは、着方にバリエーションが出せるところ。
しっかりと釦をTOPまで留めてストールやマフラーを組み合わせても、ばさっと軽く羽織ってみても
どちらにしてもザクザクとした独特な生地の空気感が、どこかシックでそれでいて少し個性的な印象に
映してくれるように思います。

この生地に関しては元々BLACK一色だけの展開でしたが、もし色違い(生成など)があったとしたら
迷わずに選んでしまうだろうなぁと思うぐらいに、何というか北国の秋・春にあっている素材感なのです。
ウール×リネンというところがポイントで、仕立ては一枚ですがしっかりとしたハリ感と滑らかさがあって
見た目がウールっぽくないので中に着るものを変えていくことで、期間もある程度長く着られます。
一日の中でも気温差が激しかったり室内と室外でも同様に温度差があったりするので、保温性や防寒性は
もちろん必要不可欠なのですが、通気性や蒸れないというところも案外重要だったりします。
とは言え、同じ北国でも住んでいる地域で寒さも雪の量も全く違うので一括りには出来ないのですが
中間着がある事で、季節の変り目に慌てたり・悩んだりが少しは解消されますし、体調管理にも役立ちます。
それ以上に、外に出て街を歩くには一番いい季節いい気候だと思うので、これから一気に寒さが加速する前に
お気に入りの服を着て、佳い時間を過ごしていただけたらと思います。

9月27日

JUJUDHAU  STAND COLLAR SHIRTS

color     NAVY GINGHAM

price      22000-(TAX IN)

SIZE      F SOLD

きのう帰り道の途中にある荒物屋さんの前を通ると、店頭にざるに入ったりんご・梨・栗が並んでいて
思わず目が釘付けに。梨を品種がちがうのを二種類と、栗も大きめの粒が美味しそうだったので勢いで
買ってしまいました。もう一人が少し前に栗を買って、もう握力がない~と叫びながら初めて渋皮煮を作り
おやつタイムがほくほくなので、今回は栗あんにしてみようかとおもっています。
思いがけず色々はじめての経験をもたらしてくれる実りに感謝しながら、食欲の秋を楽しみたいですね。

JUJUDHAUの今シーズン展開された生地の中から、先日はリネンコットンのストライプをご紹介しましたが
今回は起毛感のあるコットンネル素材を使用した、ネイビーのギンガムチェックでオーダーした3型を。
全て同素材なのでチェックが並びすぎてしましますが、形の違いをぜひご覧いただけたらと思います。

一型目は、新作の”STAND COLLAR SHIRTS”になります。
襟無しのきゅっと詰まった丸首で、あとはとてもベーシックでまとまりのあるシャツなので
これまでにも既にあったのではないかと思うくらいの慣れ親しんだ佇まいですが、間違いなく新型。
肩幅・身幅共にゆったりとしたサイズ感で、袖だけは普通というかすっきりとさせたシルエットは
JUJUDHAUならではの何とも言えない素朴さと、身体をうまく包み込んで柔らかな表情を作ると同時に
どこかメリハリもしっかりと感じさせる形。という印象を強く持っています。
形についてはそう思っていますが、選ぶ生地によってそこからまた見た目の雰囲気は違ってくるので
その決まった枠に納まらない点と、着るとなんだか感じが良いなというところを知っていただけたら
嬉しく思います。

肩は落してありますがカフスやヨークなどなどその他のディテールはシャツの作りになっていて、
比較的ゆったり目のスタンドカラーシャツというイメージ。
着合わせもそこまで難しくなくチノパンやデニムなどベーシックなスタイルが似合うと思います。

前開きなので羽織っても良いのですが、所謂のシャツ地ではなくネル素材なのでインナーとの
生地の相性によっては、若干滑りが悪い場合もあるかもしれません。薄手のカットソーぐらい
でしたら気にせずパッと羽織って着ることも出来ると思いますが、重ね着をする際にはシャツの上に
ゆったりとしたカーディガンやベスト、ジャケットコートなどを羽織るのがベスト。
今まで在りそうで無かったシンプルな形のシャツを、JUJUDHAUらしいなと思う生地で選びましたので
いつもの包容力たっぷりなワンピースなどとはまた少し違って、ややすっきり気分な形をお求めの方に
お勧めしたい一着です。

JUJUDHAU  FLY FRONT LONG

color     NAVY GINGHAM

price      27500-(TAX IN)

SIZE      F SOLD

こちらは前回のストライプ生地から続いて、同型でオーダーしましたFLY FRONT LONG。
それこそ軽くコート感覚で羽織っていただける、ミドル丈の前開きロングシャツですので
夕暮れ時には涼しいから、すこし肌寒さを感じるような気候になってきた今日この頃には
すぐにでも出番が訪れそうです。
もう少し気温がさがるとさらに薄手の上着が必要になったり、大判のストールを肩にかけたりと
これから先、冬の長い時間を防寒スタイルで過ごす事を思うと、色んな素材を着合わせで楽しんだり
薄いインナーに少し暖かい素材を重ねたりという、自分だけにしか分からないような味わいを
この短い良い時期にいろいろ試したいなと、そんな事ばかり考えてしまいます。

フロントが比翼になる事で、デザインとしての面白さが生まれると思います。
いつでも着たいと思わせる生地感でもあり、ハンガーラックに掛かっていたら服装をあれこれと考え過ぎずに
着られるのがJUJUDHAUの洋服の一番の魅力でもあり、自分自身の日常に欠かすことの出来ない存在にもなっています。
今回選んだコットンのフランネルは肌当たりも良く、チェックの色目・柄の大きさどちらも癖がないので
さらりと羽織るだけでも納まり良く感じていただけるはずです。

JUJUDHAU  FLY FRONT SHIRTS

color     NAVY GINGHAM

price      20900-(TAX IN)

SIZE      F SOLD

最後はrasikuではお馴染みのデザイン”FLY FRONT SHIRTS”も迷わずにオーダー。
何度もBLOGで紹介してきましたが、それだけ好きなカタチの1つ。
生地が変わると雰囲気が違って見えて、NAVY GINGHAMもきっと万能なシャツになると思いオーダー。
身頃のゆったりとした雰囲気に対して、さっぱりとした丈感が癖になります。
所謂ボックス型と言われるシルエットですが、腕周りを細く設定する事によりメリハリのある表情が特徴的。
何を着ようか迷った際に、主役と脇役のどちらにも振り幅のある着こなしを楽しんで頂けると思います。

前の丈よりも後ろのテールがやや長めに設定し、お尻がしっかりと隠れるのも絶妙な塩梅に感じます。
1つ1つのディテールがわざとらしくなり過ぎないのも、現地の方がパターンを引き・縫製まで全ての工程を
ネパールで一貫して行うからこそ、自然発生的に生まれるモノ作りの妙があるのではないかと思うのです。

今回ご紹介しました”NAVY GINGHAM”以外にも、しっかりとしたウール素材のアイテムなども届き始めております。
先ずは即戦力になる1枚を頭に思い浮かべている方にご紹介した3型はどれも甲乙つけ難くお勧めです。
形が同じでも素材が変われば、全く似て非なるものとなるJUJUDHAUの魅力に是非触れてみては如何でしょうか。

9月13日

JUJUDHAU  FLY FRONT SHIRTS

color      LINEN COTTON STRIPE

price      20900-(TAX IN)

SIZE      F SOLD

前回のjujudhauをご紹介したBLOGを書いたのは、ほんの一カ月ちょっとまえの事。
そこまで時間が経った訳ではないですが、その時とはずいぶん気分が変わっている様に思います。
それはきっと雲や空や風、虫の鳴き声も、食べたくなる物も日一日と変わってくことと同じで
いくら気温が高くなっても、着たい服も服の着方もちょっとずつ秋へと移っているのだなと実感しました。
それはお客様も同じだったのか、昨日は日中30℃近い気温の中にも関わらず、たくさんの方にお運びいただき
ありがとうございました。お選びいただいたものが、少しでもその日一日を気分良く過ごすために
お役にたてていたら嬉しく思います。

今季はjujudhauの入荷のタイミングが早く、現在もそれなりの見応えがあるボリューム感。
とても好みの生地が幾つかあって、今回もその選抜した生地でいろんな形をオーダーしました。
その中から、先ずは素材感的にも今から着られそうなリネン×コットンの生地で、ありそうでない
さり気ないストライプ柄で選んだ、お馴染みの二型をご紹介致します。

FLY FRONT SHIRTSは、ここ数年ずっと欠かさず展開し続けている前開きタイプのシャツ。
シャツと言ってもあまりピンと来ないところが一番の良さで、それこそブラウスのような感覚もあり
時には釦を留めずに羽織って着ることもあったり、着こなしの幅が想像以上に広くて重宝するなど
やはり実際に着る機会の多い服は、何度だってお勧めしたくなってしまいます。
そして何よりもjujudhauの服の不思議な包容力と言うか、何にも捉われない属さない淡々とした感じは
どんな気分の時にも無理なく着ることが出来るので、本当に有難いなと思うと同時にすごく面白いです。
この形に関しても似た様なものは沢山ありそうな気もするのですが、それでもやっぱり他には無くて
袖・身頃・着丈などそれぞれを組み合わせた全体のバランス感が普通ではなく、独特なんだと思います。

首元から肩回りはそこまでゆったりという訳でもないのですが、肩線はドロップしているので
着心地も窮屈さなどは感じず、中にもいくらか着込めるようなサイズ感。若干袖幅が細く感じるのはご愛敬。
横から見ると前後の着丈の違いが大きいのが特徴的で、広めに設定された身幅が微かにふわりと浮くような
柔らかいシルエットを作り上げています。
後ろ丈が長いので着丈があるように見えるのですが、実際には小柄な方が着ても大きいなとは感じない絶妙な
長さになっていて、さらに細身の方ですとより気兼ねなく自由に羽織ったりたふっとゆとりを持って着られて
骨格がしっかりして背が高い私が着るのとは違った、そのゆるやかな感じもとても可愛いなと思って見ています。

リネン50%×コットン50%の生地は春夏にも展開しますが、触り心地はまた全然違っています。
素材の配合は同じでも、今回の生地はどちらかと言えばコットンの風合いが強く感じますし
起毛感もありつつ、撫でるとサラサラとした感触も確かに合って不思議な生地感です。
厚さは中肉ぐらいなので、まさに今時期からインナーにタンクトップなどの上に一枚シャツのように
着ていただくと適温ではないかと。そこから少しずつ中に着るものを変えて冬のはじまりまで。
比翼釦のスッキリとした前身頃と、肩ヨークにギャザーが入った後ろ身頃の表情にはギャップがあり
そんな些細な部分に、着た時の何気なく良いなと感じる要素が隠れている様にも思います。

JUJUDHAU  FLY FRONT LONG

color      LINEN COTTON STRIPE

price      27500-(TAX IN)

SIZE      F

FLY FRONT SHIRTSとほぼセットのように展開してきましたが、実は意外とBLOGでご紹介することが
なかったFLY FRONT LONG。
膝に掛かるか掛からないか位のミドルの丈感で、この時期の中途半端な気温にうまく対応し
ざっくりと羽織ることもできて、思いがけない力を発揮するお勧めの1枚。
気を使わずに着られる日常着としてのしっかりとしたクオリティと気持ちがあがるデザインと
ネパールならではの素朴な空気感はこのブランドにしか出せない特色でもあります。

コットン×リネンのストライプ生地以外にも、この2型はセレクトをしていますので
また追って順にご紹介していきます。すでにこの形がお好きな方や、気になっていらした方は
ぜひ早めに、それぞれの生地で見比べてみてお選びいただけたらと思います。
どれもこれも自信を持ってお勧めしたい、jujudhauらしい良い柄・生地ですよ~。

8月9日

JUJUDHAU  TUCK PANTS

color      LINEN COTTON BLACK

price      27500-(TAX IN)

SIZE      F

昨日の閉店間際に降ったにわか雨。溜めに溜めていた熱が冷まされて流されていくような心落ち着く雨は
お店を出る頃には降り止んでいて、独特な雨の匂いに包まれる帰り道がなんだか別世界のような空気が漂い
リセットされた感もあり、まさに新月な一日のおわりでした。
今日は幾分涼しい一日ですが、湿度も高く天気は不安定なのでどうぞお出掛けの際は水分補給など忘れずに。
店内涼しくしていますので、お近くにお越しの際はお立ち寄り頂けたらうれしいです。

この春夏に届いた服や靴、そのほか小物類のご紹介も大よそ終了となりそうです。(と言ってもまだあるかも)
JUJUDHAUの夏に最強なコットンリネン生地を使用したアイテムは、今回いつもより多く展開しましたが
おかげさまで色んな方にお選びいただきました。
ボトムに関しては実は別注でオーダーしたものがありまして、嬉しい事にご紹介する前にほとんど旅立ち
あと一点となったのがTUCK PANTSのコットンリネンブラック。
好きな形を、夏快適に過ごせる気持ちのいい生地でと思ってオーダーさせていただきました。
まだあと一カ月ぐらいは間違いなく出番はあると思いますので、ぜひぜひ心強い夏ボトムを
ワードローブに増やしていただけたら。

JUJUDHAUのボトムのラインナップの中でも一番クセがなくてバランスの良いシルエットのTUCK PANTS。
ウエストから太腿あたりは適度にゆったりで気楽さ全開。フロントにタックが入る事で立体感が生まれ
曲線的で美しいラインが気楽さを上手に包み隠してくれますし、組み合わせ方によっては綺麗目なパンツにも
見せてくれるのは、どうして?と思ってしまう程に良い形。
その絶妙さを知ってしまって以来、このTUCK PANTSは毎回素材を変えて展開を続けていますので
ぜひ、季節ごとに気にしてみていただけたら嬉しいです。

ウエストはゴムと内側に紐が付く仕様になっていて、体型は選ばず丈の長さに関しても小柄な方から
長身の方まで、幅広く対応の効くパンツでもあります。
裾先までゆるやかなテーパードが効いたパンツは、トップスに合わせる服もTシャツからワンピースまで
何を持ってきてもよっぽどの事が無ければ着合わせに戸惑うような事は無さそうですし、何を着ればいいのか
困ったなぁという時には間違いなく出番の多くなるユーティリティー性のある1本。
殆どの工程をネパールでお願いしているのですが、生地・パターン・シルエットに至るまでどうしてこんなにも
絶妙な落し所に納まるのかを聞いてみたくなる位に、私達の心をグッと掴んで離しません。

きゅっと紐を締めることで、ウエスト位置を好きなところで固定。
この紐がある事でタックインスタイルなどにも挑戦し易く、パンツの汎用性をより高めてくれるように思います。
まだまだ湿度が高い日が当分の間は続きますので、風通しが良く肌当たりも良いパンツをお探しの方には
とてもお勧めですし、ワードローブに無くてはならない頼れる存在になってくれるのは間違いありません。

JUJUDHAU  GATHER SKIRT

color      LINEN COTTON BLACK

price      22000-(TAX IN)

SIZE      F

こちらも毎シーズン少量のみですが展開をし続けている”GATHER SKIRT”
着丈の長さと広がり過ぎないシルエットが特徴で、こちらも汎用性の高さと”TUCK PANTS”と同じく
コットン50%・リネン50%のブランドオリジナルファブリックを用いています。
うだるような暑さの時に通気性に優れたスカートは、その機能性を大いに発揮してくれますし
サンダルで合わせた際の印象と、涼しくなるタイミングで革靴を合わせたりした時に
2つの異なる表情を見せてくれるので、シチュエーションによって着こなし方を変えてみたりと
長くお楽しみいただける一着になってくれると思います。

今はどちらかと言えば涼を求めてスカートを穿くというのが、理由として当てはまりそうです。
trippenのゴージャスなカラーの鼻緒サンダルを合わせてみましたが、黒とゴールドの合わせが気持ち良く
夏の黒を盛り上げてくれる大人なコーディネートも楽しめたりもするので、一過性のバランスではなく
意外性と長期的な目線で見るとより、このスカートの魅力がじわじわと湧いてくるのではないでしょうか。

何度もお伝えしてしまいますが、このコットンリネンの生地の魅力は柔らかさとハリのバランス。
あまりに生地がくったりしてしまうと、もう少し空気感というか雰囲気も変わってくると思うのですが
コットンのタフさが加わることで、穿き心地や肌当たりもサラッとしていて爽快ですし軽やかに感じます。
夏場の黒は確かに暑くはありますが、何となくイメージする見た目の重さだったりはこの生地に関しては
そこまで感じさせずに、とても快適に過ごせますしお洗濯してすぐ乾くところもポイントです。

こちらもパンツ同様にウエストは総ゴム+内側に紐が付き調節が出来る仕様に。
着丈はやや長めの設定ではあるので、ハイウエストで穿いていただいたり好みの長さに合わせて
お試しいただければと思います。
季節が移ればまた足元の装いも変わっていくと思うので、シンプルなギャザースカートこそ
トップス・靴下・靴など他の部分を、時に大胆にはたまたシックに。色々な着合わせに挑戦してみてください。

7月4日

JUJUDHAU  POCKET DRESS

color     L/C WHITE

price     34100-

SIZE     F SOLD

今日から中津川の鮎釣りが解禁され、待ち侘びた方達がフル装備で各ポジションを陣取っていました。
毎年この光景を見るのが楽しみで、夏本番のスタートを告げる景色の1つではないかと思ったりしています。
たまにおとりの鮎が勢い余って隣の陣地に行ってしまい、大人同士が揉めているところを目撃したり(笑)
遊びですが本気でもあるので、この時期の中津川はいつもの穏やかともちがう、静かな熱気に包まれている
イベント会場の様にも見えるのです。

私達が愛して止まないコットン50%×リネン50%のオリジナル素材で作製されているワンピースをご紹介。
何を着るか困った際や出張や旅行に行く時に先ず頭に浮かぶのが、JUJUDHAUのこの生地を使った洋服。
室内にいる時間と外を歩いたりしなければならない時に、温度調整がし易く風もしっかりと抜けるので
身体に熱がこもり難く、環境の変化に対してとても効果を発揮する理に適った素晴らしい素材。
プラスしてお洗濯にも強いという利点があって、あまり気を使い過ぎずに洗濯機でがらがらと洗えるのも
日常着として求めるポイントなので、そういった意味においてもとても心強くついつい頼りにしてしまい
逆に着過ぎてしまうのが唯一のデメリットかもしれませんね(笑)

以前にも一度ご紹介をしました”POCKET DRESS”
着丈の長さが115cmあるので、身長が160cm前後位の方であればパンツなどを合わせずに1枚で雰囲気
良く着る事も可能で、特に夏場は出来る限り涼しく重ねずに開放感のある着方も素敵だと思います。
袖の長さは5分丈位でしょうか。肘が隠れる長さであれこれを気にせずに抵抗なく着て頂ける設定。
首元のスリットのバランスも絶妙で、パターンを引いているネパールの職人の方はどうしてこんなにも
心をがっちりと掴むような匙加減で作製出来るのかなと関心してしまいます。

肩線はお馴染みのラインで身頃に対して直線的な位置に付ける事で、ナチュラルなシルエットを描きます。
肩回りも可動域がしっかりとあって、且つ袖周りがゆったりなのも嬉しい。
夏場は風が心地良く抜ける洋服に自然と手が伸びてしまうので、無理無駄なく着用出来るワンピースは心強い味方。
そして私のように身長が165cm以上と高い方にも、着丈が足りないなという感覚が無くしっくりとくる丈感を
喜んで頂けると思います。白の服、なかでも面積が大きいワンピースは汚れが目立ったり、膨張して見えるから
という理由で苦手意識を持つ方もいますが、適度な張り感と落ち感がある生地はそこまで大きく見えないですし、
白にしか出せない清潔感や清々しさはデメリットを飛び越える良さがあるのではないかと。
今は洗剤も生地に負荷を掛けずに、汚れを落としてくれるものも沢山出ていますし、汚れるのは当たり前という
心持ちで着て頂けたら、見た目と着心地の両方がきっと癖になる1枚だと思っています。

そして商品名にもある通り両サイドに大きなパッチポケットが2つ。
JUJUDHAUらしくシンプルだけれども、どこか目を惹くポイントがあってそれが奇をてらわずに
ちょっとクスリと笑えるところに、なんとも言えず心を擽られてしまいます。
着る人の個性を引き出してくれるような、素朴さと大らかに全てを包み込んでくれる服は
気付くとワードローブには無くてはならない存在になってくれるはずです。

JUJUDHAU   BOX LONG DRESS

color      L/C WHITE

price      30800- 

SIZE      F SOLD

同素材でもう一型。
首元はしっかりと詰まったクルーネックに、ウエストに切り返しが入り、袖の仕様は長袖の”BOX LONG DRESS”
余程の暑さの日でなければ夏場でも着用が可能で、シルエットも適度な落ち感がありつつもラフになり過ぎないのは
きっと袖口に向けてぎゅっと細く設定された作りと首の詰まり具合によるものだと思っています。
袖の長さがある分、着用が出来る期間の幅も広く”POCKET DRESS”に負けず劣らずの使い勝手の良さを
実感して頂けるのではないでしょうか。

長袖なので、半袖のタイプと比べると若干暑くは感じるのですが、冷房の効いた室内で過ごす時間が
長かったり、涼しい風が吹くような日でしたら、風の通りは良い生地なので快適に過ごせますし
さらに季節が進むと、長袖が功を奏して秋から冬の入り口ぐらいまで、長く着用いただけるアイテム。
きゅっと詰まった首元と、釦など装飾が無いシンプルで静かな井出達も好みで、帽子やアクセサリーなど
小物をプラスした際にも綺麗に映ります。

袖や身頃にユニークな切り替えが入る事で、ボリューム感たっぷりのワンピースでも
ただふんわりとするのではなく、要所要所でしっかりとメリハリが生まれて、格好良く着られます。
真っ白のワンピースは顔のトーンも一段明るくなるような気がしますし、インナーやボトムや足元に
カラフルな色や柄を差し込んでみたり、同系色やモノトーンでまとめてみたりと、気分によってコロコロと
自由に変えられるところも良さでは無いでしょうか。

PageTOP