5月22日

STUFF   bucket tote No.1     /     bucket tote no.2

color    dark navy

price    19800-(TAX IN)          24200-(TAX IN)

SIZE    28×32×18             36×40×20 SOLD

STYLE CRAFTが提案する革とは違う切り口と視点で作製されている”STUFF”のバッグシリーズ。
1つの”袋”をテーマに、素材やデザインを少しずつ変化をさせつつ定番になり得る使い勝手とデザイン性を両立した
日常生活により適し、それでもSTYLE CRAFTの持つ普遍的なニュアンスはしっかりと踏襲したバッグ。
キャンバス・ナイロンとリリースされて、今季は新しい素材が加わりました。
素材にスーピマのコットン×リネンを用いて、夏のうだるような暑さに対し軽さと、一切毛羽のないさらりとした質感で
バッグを持って出掛けようという気持ちにさせられる軽快な素材感が特徴。
デザインは立体的な構造を得意とするバケツ型、蓋が無駄の無い自然美で閉じる様に設計された独自のバランス感覚と
シンプルながらも実際に実物を見てしまうと残像に残る様な、完成度の高さに目を奪われるバッグです。

サイズは3サイズでご用意していますが、一番大きいサイズはまた後日にご紹介します。
今日は一番小さいサイズと真ん中の大きさ。
真ん中でも底のマチが広く設定されているので、それなりの容量が入ります。
A4ファイルが奇麗に納まる位と思って頂ければイメージが湧きやすいかもしれません。
何気ない普段使いというのであれば、小さ過ぎず大き過ぎずで真ん中のサイズがベストに思います。
肩にかけても窮屈さはありませんし、これから服装がより軽くなった際にバッグでバランスを保つのも
夏の服装としてお勧めしたいスタイルでもあります。

中に入る荷物が少なければ、底のマチがもう少し潰れてすっきとしたバランスで持つ事が可能。
内側には吊りポケットが1つ付き、折り畳んでバッグの中に忍ばせて旅先や出張先で使うのも良いかもしれません。
STUFFのナイロンシリーズは個人的にも数年前から愛用していますが、バッグ自体の軽さ、見た目の印象も同様に
軽快な空気感というのは、年齢を重ねる毎に惹かれてしまう要素になっています。
今回選んだコットン×リネンもそういった理由が大きく、プラスで天然素材というのも肌の露出が広くなる季節だからこそ
肌当たりの面でもプラスに働くのではないでしょうか。

STUFF   bucket tote No.1     /     bucket tote no.2

color    white

price    19800-(TAX IN)          24200-(TAX IN)

SIZE    28×32×18             36×40×20

白は当然ながら汚れが目立つ色ではあるのですが、多少の汚れもまた1つの完成形として捉えて頂けると
勇気が湧いてくるカラー。使っている方は気になっていたとしても、傍から見ると案外誰も気にしていなかったり
することが殆どなので、思い切りと大胆さがあると白に対する抵抗は少しずつ和らいでくると思っています。

必要最低限の手荷物を入れるのにベストな大きさ。
小さいサイズ感になると、持った時の印象ががらりと変わるのがバッグの面白さでもあります。

日常使いに適した素材選び、使う人との適度な距離感を保ちながらレザーとは違うアプローチ方法でも
高揚感を感じさせてくれるのは、デザインの妙があるからこそ。
レザーは興味があるけれど手が出せないという方もいらっしゃると思いますので、STUFFのアイテムから
試してみるというのも、ステップアップではないですが1つの方法として面白いかもしれません。
一番大きいサイズはまた後日に改めてご紹介させて頂きます。

3月28日

STUFF    leaf spring shoulder No.1

color     olive

price     17600-(TAX IN)

SIZE     28×20×7

color     black

color     mossgray SOLD

3月最後の日曜日。予想通りの一面の曇り空で、今にも雨粒が落ちてきそうな気配。
その分と引き換えにと言えばいいのか、気温も低くなく湿度があって、過ごし易さという部分では
毎日1歩ずつ前進している事を実感します。
今日の中津川にはフライング気味で見覚えのあるファミリーがルアーを投げ入れている姿を見れたりして、
これから盛岡で一番良い季節がやってくるなとワクワクしてしまう、朝の良い光景でした。

STYLE CRAFTが提案する革製品とは違う、よりミニマムでプロダクトらしい表情を見せるバッグや小物類。
STUFFは天然素材と化学繊維を用いた、多様な事柄を包み込み新しい定番になり得るような”袋”をテーマにし
シンプルなデザインながらも何処か目を惹くような他とは違う視点の製品を生み出しています。
お財布とスマートフォン、細々とした身の回りのモノをを収納するのに丁度良い大きさの”leaf spring shoulder No.1″
収納力やデザインのイメージとしては、所謂ウエストポーチの様な役割を果たしてくれるショルダータイプのバッグ。
僕自身はどんな時も何処にいくにも必ず大なり小なりのバッグを持ち歩くのですが、お財布やスマートフォンなどを
パンツポケットに仕舞うと、肌に当たるぼこぼこする感覚が苦手なのが大きな理由。
それともう1つ、季節を問わず必ずリップを持ち歩かないと不安になってしまうタイプなので(笑)
ポケットに入れて持ち歩くとドロドロに溶けたり出し忘れて洗濯機にそのまま入ってしまう事があり
そういったちょっとしたストレスから解放される為にもバッグは必ず持ち歩きたい派なのです。

STUFFのナイロンバッグの共通項として内側にアクセスする際の上部のパーツがスプリング状の板のようなものに
スナップ釦が付いている点。このパーツがとてもユニークで、初めてバッグを触る方は見たことが無い形状に
驚かれる事が殆どです。開け閉めは簡単でスナップ釦をパチンと外すだけなので機能性と見た目のどちらも兼ね備えた仕様。
ナイロン素材もとても軽く、如何にも機能素材という訳ではなく落ち着いた雰囲気を感じて頂けるのではないでしょうか。
普段の服装と合わせる事をイメージした際に、アウトドアブランドなども合理的な作りで良いなと思うのですが
素材感がなんだか大袈裟過ぎたり、ロゴの主張が強すぎたりして街で使うには違和感に思う事が僕はあったので
そういった事をなんとなく思ったり感じてらっしゃる方に、選択肢の1つとしてお勧めです。

両サイドにショルダーの長さを調整する為の金具と、メインポケットの他に外ポケットが1つ付きます。
立体的な作りで、見た目よりも容量が大きく荷物が想像以上に入るので使い勝手の良さを感じて頂けるのではないかと。
展開している色目も、新色として渋くて深みのある”mossgray”が新たに加わり、セレクトした3色ともにどれも
間違いないカラーなので、イメージを膨らませてじっくりと吟味して頂ければ嬉しいです。

STUFFのナイロンバッグは服装に対してプラスαの効果として、ナイロン素材ならではのシャープさがポイントになり
全体を纏めてくれるような役割も果たしてくれると思います。
気温がぐんぐん高くなってきて服装はシンプルになる一方ですので、例えばですが麻素材のシャツなんかに
きりっとした素材のバッグなど合わせると素敵ではないかなぁっとぼんやりと思い浮かべたりしています。
必然的に天然繊維の洋服を手にする機会が増えるのは間違いありませんので、異素材を取り入れてると
雰囲気が変わるのも面白さではないかと思っています。

ショルダーストラップの絶妙な細さであったり、紐の長さを調整をした際にわざと弛ませて持つようなところ等
他にはないデザインの発想は、創る人に柔軟で且つ合理的な考え方があるからこそ。奇をてらうのではなく、
あくまでもデザインとして見せる部分と機能性とが交差する点で出来上がったSTUFFのショルダーバッグ。
バッグを持たずにポケットに入れていた細々としていたモノを、小さくも存在感のある”袋”に詰め込んで
持ち歩いてみては如何でしょうか。
意外と服のポケットに入れるよりも身軽になるような気もしますし、服とのバッグの組み合わせ方次第でも
気持ちの変化が生まれる事もあったりします。楽しんで頂けたら嬉しいです。

3月7日

STUFF    FRAP TOTE NO.1       /       FRAP TOTE NO.2

color     WASH BLACK(LINEN PARAFFIN CANVAS)

price     36300(TAX IN)               41800(TAX IN)

SIZE     35×38×10                   44×41×13

春の温かな陽気に誘われて、昨日はたくさんのお客様に足をお運び頂きました。
春物の洋服を探しに来られている方も多かった印象ですが、この時期はバッグを新調される方も多い季節。
STYLE CRAFTが全く別の切り口で提案しているプロダクト、STUFFから届いた上部にフラップの付いた上品な印象を
受けるトートバッグ。素材を度詰めした黒のリネンキャンバスに載せる事によって仕事用のバッグとしても
付き合っていけるのではないかと思いセレクトしたバッグ。
キャンバス素材のバッグはどうしてもカジュアルな印象が強く出てしまいますが、デザインが洗練される事により
そういった印象が大きく軽減され、普段スーツを着てお仕事をされている方にはさすがに不向きですが
服装がある程度自由な方にはA4ファイルなどもスムーズにストレスなく入るので、使い勝手も良く感じて頂けるはずです。
底のマチが大きいので容量も見た目以上で、新年度に向けてタイミング良く入荷しましたので、気持ちを切り替える意味でも
新しいバッグを新調する際の候補の1つとして如何でしょうか。

ポケットは外ポケットが1つと、メインポケットの中にZIP付き・2つに分かれたセパレートポケットと
合計4つのポケットを完備。STUFFのバッグの特徴でもある機能美という部分を感じて頂けるのではないかと。
素材に使われているリネンキャンバスは、オリジナル素材でぎゅっと目の詰まった生地感で経年変化も素晴らしく
ヴィンテージに見間違えてしまうのではないか・・・という位の雰囲気を漂わせます。
他にも幾つか生地が選べるのですが、バッグとして見た際のオーラはLINEN PARAFFIN CANVASが別格。
生地が柔らかくなってもコシの強さが保たれて、使い続けたいという気持ちが自然と芽生えると思います。

先ずは大きい方のサイズ。
ハンドル部分は厚手のコートを着てしまうとギリギリの長さですが、春コート位まででしたら問題なく肩掛け可能。
通年素材ではありますが、岩手は冬に雪が降るので季節によって機能素材を取り入れてたりしながら使い分ける方が
土地の四季を楽しむことにも繋がると思っています。僕のイメージでは春・夏・秋の3シーズンがベストではないかと。
撥水加工がされていますが自然と抜けていきますので、もし撥水性が欲しい方には防水スプレーなどを使いながら
ご自身のライフスタイルに合わせて頂きたいです。
上部にフラップが付きますので中の荷物が濡れたりを防いだり、防犯面においても安心感があります。
外側に付くポケットには頻繁に出し入れする小物類などを入れるのに便利で、機能性をプラスする為だけにパッチで
付けたという感じではないのが、このバッグの心をぐっと掴まれるポイントではないでしょうか。

普段着でも普通に持つ事が出来て、更に言えば打合せなの際などにも違和感なく溶け込むバッグはあまり選択肢が
多くなく、当たり前ですが用途によってどちらかに偏ってしまいます。STUFFの作るバッグは選ぶ素材によってですが
全体的にビジネスと普段使いのどちらの顔も持ち合わせているものが多くあり、価格もこなれているので
購入された方が、仕事帰りや休みの日のどちらにもお店に持ってくるのを良く見かけ勝手に嬉しくなっています(笑)
セレクトする際に基準にしている、無理なく気長に気楽につきあえる服装にも、日常にも自然とマッチするような
そんなバッグではないかと思っています。

服装が多少ラフだとしても、このバッグを持つだけで何だか凛として見えるのは私だけでしょうか。
何事もバランスが大切で、小物・靴・バッグで上手に足し引き出来るようになると洋服の広がりもより一層出てきて
肩肘を張り過ぎずに服装を選ぶことが出来るようになると思っています。
STUFFが作るLINEN PARAFFIN CANVASのバッグを、是非ワードローブに加えてみては如何でしょうか。
何度見ても素晴らしい素材だと感心してしまいますし、これだけの素材をカタチにするあたりが
やはりブランドとしての心意気のようなものを感じてなりません。

7月18日


STUFF    BASIC TOTE NO.2

color     DARK NAVY TWILL

price     34000+TAX

SIZE     43×32×14 SOLD


今日もずっしりと重たい空気が身体に纏わり付きます。いつもよりも意識的に深呼吸して出来る限り
身体をリラックスした状態にしておかなければと思う訳です。
何回も言うようですが、こんなに曇り空が続く事ってあったかな。梅雨明けするのかな。。
この日照時間が少ない天候の中で、今を楽しむ術を1つでも見つけなければと、現在模索中。
雨が落ちていないので岩手県高校野球も行われるでしょう。今日でベスト8が出揃うので誰もいない時間帯は
ネット中継から目が離せない1日になりそうです・・・(笑)

太陽が燦燦と降り注ぐ夏の到来を前に、少しずつですが秋冬にオーダーをした商品が届き始めています。
STYLE CRAFTが提案するキャンバス・ナイロン素材を用いて袋をテーマに作製されるプロダクト「STUFF」。
ここ数シーズンはナイロン素材を中心に提案をしていましたが、再度、キャンバス素材のバッグが気分的に良いのでは
ないかと思い幾つかセレクトをしています。今までrasikuでは展開した事のなかった大きさの「BASIC TOTE NO.2」は
斜めに畝の入るCOTTON×JUTEのネイビーで、日常使いに適したサイズ感に感じて頂けるのではないでしょうか。


デザインはSTYLE CRAFTらしいすっきりとしたフォルムで、プレーンで服装を選ばずに持ち歩いて頂けます。
バッグには機能性もしっかりあって、外側にZIP付きのポケットと、内側には吊りポケットが両サイド完備。
細々とした荷物を整理し易く、トップにも持ち手付きのZIPが走るので防犯面においても安心感を感じて頂けるはず。
素材もしっかりとした厚みのあるツイル地で存在感がありますし、オリジナルで作製されている生地の雰囲気も
経年変化も抜群に良いので、ある程度の容量が入り且つきちんとしたバッグをお探しの方にお勧めです。


僕は荷物が日頃から多いので、それは出張や旅行にも同じことが言えてこの大きさでは入りきらないのですが
そこまで荷物を持たない方には1泊位の旅などには丁度良く感じて頂けるかもしれません。
ミドルサイズとでも言えば良いのでしょうか、大は小を兼ねるという勝手な解釈で大き目のバッグは店頭に並べる事は
多いのですが、このサイズ感はあまり並べる事が少ないので新鮮に感じて頂けると思っています。
店頭でお話をしていた際に、この一回り小さいサイズであれば欲しいのに・・・という意見を度々聞いていますので
今回はその気持ちに少しだけお応えしたつもりでいます(笑)
肩に掛ける事を想定すると男性も良いですが、女性の方がしっくり丁度良い大きさに感じて頂けるのではないでしょうか。


新しいバッグを手にすると、何処かに出掛けたくなるのは私だけではないはず。
旅に行こうとすると、先ずはどのバッグを持って行くかを真っ先に頭の中で考えてしまいます。
もし適したものがないと判断すると新しいものを買おうという事になり、旅に出る回数が増えれば増える程に
自然とバッグが増えていく訳です・・・服装と同じで、季節や逢う人、用途によってある程度の選択肢は持っていても
良いと思いますし気分を変えたい時に、リュックを持ったりトートバッグにしたりと、楽しめる幅があるのが理想です。
お仕事用としてもPCやファイルなどがストレスなく入るので、キャンバス地ですがそれなりに緊張感も出せますし
旅行用に持っておくというのも、モチベーションを上げる為にもとてもお勧めですので選択肢の中の1つとして
トートバッグも良いのではないでしょうか。
STUFFは「BASIC TOTE NO.2」以外にもショルダーバッグと人気の高いハンドルポーチも入荷していますので
そちらも併せてご覧いただければ幸いです。

4月27日


STUFF    travel suck No.1

color     OLIVE

price     16000+TAX

SIZE     21×34×19

color     BLACK


ネパールに行ってから、より好きになったもののひとつ 『チャイ』
ガイドさんに連れて行って頂いた地元のチャ屋(チャはインドで言うチャイ、味はミルクティー)
旅フィルターが掛かっているとはいえ、今まで飲んだものとは明らかに違う感覚の飲み物でした。
ネパールの紙幣を使いきれずに空港まで持っていたのが幸いして、たまたま空港で購入したチャイ用の茶葉。
家に戻って見様見真似で作り始めて飲んだら、日に日に近い味が出て以来、僕のチャイライフがスタート。
先日ついに茶葉を切らしてしまい不安な日が続きましたが(笑)昨日新しいものが届いて一安心です。
この状況下でも毎日荷物を届けてくれる配送業者の方にも感謝の気持ちをしっかり伝えました。
一日の中にチャイを飲む時間があることよって、毎日元気でいられる。と書くとなかなか大袈裟ですが、
僕にとってのエナジードリンクです。あと緑茶も毎日飲んでいます。(何の話?)

数年前までナイロン素材のバッグを展開したい気持ちはあったのですが、自分が自信を持ってお勧め出来るものが
見つからずに殆ど展開をしていませんでした。STUFFが年々進化を続ける中でナイロン素材のモノづくりを
スタートしたのをきっかけに店内には常にナイロン素材のバッグを置き続ける事が出来ています。
rasikuではレザー・キャンバス・ナイロンという性質の異なる3つの素材のバッグを展開。
行く場所やその日の気分や天候によって使い分けながら使って頂ければという想いがあり、個人で経営をしている
セレクトショップの中でもバッグの割合が多い洋服屋だと思います。
自分自身のライフスタイルでも、バッグを持たずに出掛ける事は皆無で出張や旅に出掛ける事も多々あるので
その都度使い勝手の良さそうなものをピックして、バッグに荷物を積める作業も楽しみの1つとして捉えています。
今日ご紹介する「travel suck」は、商品名にある通り、大きい方のサイズであればメインバッグとして出張や旅に
持って行くのに重宝しそうですし、小さいサイズはナイロン素材の特徴を活かして折り畳んでバッグの中に忍ばせて
サブバッグとして使うというのも良いかもしれません。使い勝手の良さと見た目の格好良さの2つのバランスが
見事に融合をしたショルダーバッグに仕上げています。


デザインはSTYLE CRAFTが得意とする、トップの部分が自然と折りたたんだ形状で綺麗な曲線美を描きます。
底面が広く設定をされているので、見た目以上に荷物が収納可能。小さい方のサイズでもA4のファイルが
ストレスなくスムーズに出し入れが出来ます。ナイロン素材は見た目のスタイリッシュな側面を活かして
ビジネス用としても使う事が出来ますし、如何にもというデザインではないのが逆に良いかもしれません。


メインポケットへのアクセスはトップに付いたスナップ釦を外す事で可能。
防犯面からも、中の荷物が見えずにスナップ釦で閉めるのは安心感に繋がります。
インナーの釣ポケットは両サイドに其々違う形状の機能ポケットを完備しているので、使い勝手の良さも
申し分ない作りに感じて頂けると思います。


背負っているのは小さい方のサイズになります。
ショルダーを一番伸ばした状態で、薄着ではあればギリギリの長さで斜め掛けが可能。
コート類を着ると、少しストレスに感じる方もいらっしゃるのかもしれません。


一番短くした状態で、ハンドルバッグの様な形状にして持つのも素敵です。
身体のラインに沿うような雰囲気で、自然素材の洋服を着たときにアクセントとして異素材を組み合わせてみるのも
見た目の雰囲気が変わるので、とてもお勧めです。ベタなのも良いですがちょっとした意外性が面白いと思います。

STUFF    travel suck No.2

color     BLACK

price     18000+TAX

SIZE     26×43×22

color     OLIVE


大きい方のサイズは日常使いから、1泊、荷物が少ない方であれば2泊くらいまで重宝する容量になると思います。
ショルダーの長さはある程度自由な長さまで調整が出来ますので、斜め掛けするのにストレスはありません。
バッグはサイズ感が大きくなればなるほどに、バッグ自体の重さも気になりはじめますので、ナイロン素材の軽さは
持って歩いたり動いたりする事を考えると、一番の特徴になると思っています。
色やデザインに関しても、表には何もないシンプル且つひと目を引く構造で服装も選ばずに持てる汎用性の高さや
ショルダーの長さを最大限短くして、持った時の雰囲気を変えられる点も見逃せません。


本来であればお出掛けシーズンが到来と言いたい所ではありますが、少しの期間は我慢が必要になりそうです。
僕自身は新しいバッグを手にすると、どこかへ出掛ける口実になると思っているので(笑)先手・先手で
旅への気分を盛り上げています。遠くではなくても、近場でも、行く先を想像したときに持ちたいと思える
お気に入りのバッグがあるかどうかは、時に、装いの中でもとても重要な要素だと感じています。
店内はSTUFFのナイロンバッグをはじめ、多種多様なバッグを豊富に揃えていますので、お出掛けに備えて
今からムードを盛り上げて貰えたら嬉しいです。

PageTOP