7月20日


SOWBOW   蒼氓シャツS/S(ONE PIECE COLLAR)

color      WHITE

price      19000+TAX

SIZE      1   /   2   /   3

今日は朝からすでに汗がにじむ程の快晴で、真夏日を予感させる日差しの強さにくらっとなりつつも
やはりスカっと晴れた空と太陽の光を全身に浴びると心も体も元気になります。
夏の高校野球も中盤から後半戦に差し掛かるところで、各県の試合の経過をチェックしたりと
こちらも熱戦が続いていて、忙しい日々です。

今日の様な夏らしい気候であれば″SOWBOW″から届いた新型の半袖シャツが重宝しそうです。
昨シーズンまでは長袖シャツのみの展開だったのですが、気温の高さに半袖のシャツが在れば良いな・・・
と想像して展示会に向かった所、ONE PIECE COLLARの半袖バージョンがハンガーに吊るされているのを見て
直ぐに展開を決めました。
ブランドのアイコンとも言えるイタリアンカラーのシャツは、開襟シャツにも似た大き目の襟元が特徴。
コットン88%・シルク12%の柔らかで肌当たりの良い生地は、表面に光沢があり品の良さを感じさせてくれます。
カジュアルなシャツですが、何処に着て行っても恥ずかしくないバランスの取れた作りで、写真の様にショーツに
サンダルを合わせてリラックスした着合わせも良いですし、トラウザーなどを合わせてきりっとした服装にも対応出来ます。
デザイナーの洋服に対する知識量と着こなしの振り幅の大きさが、そのままシャツに表現されているように感じます。


1つ1つのディティールには面白さがあります。
ドレスシャツなどに用いられる″フレンチフロント″と呼ばれる、前立てにステッチが入らない仕様を採用。
すっきりとしてミニマムな表情を作り出すのですが、大きく設定された襟元と陶器で作られた釦を組み合わせる事で
シャツ自体に存在感があって、シンプルになりがちな装いにも程よくアクセントを与えてくれます。


個人差はあると思いますが、着方としてはジャストサイズでの着用よりも、ゆったりとしたシルエットを選ぶ方が
ドレープするコットンシルクの生地感や、半袖よりも少し長めにとった袖の長さを活かした着こなしが出来ると思います。
シャツの生地と身体が密着してしまうと、風が抜けにくく折角の半袖シャツの涼しさが大きく半減してしまうので
身頃に余裕を持たせた着方が断然お勧めです。一辺倒な着方に拘り過ぎずに、季節によってサイズ感を変えてみるのも
見慣れない部分も正直あるとは思いますが、洋服の着こなしをする上では重要な要素だと思っています。


僕自身がこのシャツを着ていて一番気に入っている所が、両サイドに深く入ったスリット。
シャツのテールをラウンドさせずにボックス型に仕上げているので、スリットを深めに設定する事によって
見た目全体の重さを軽減しています。着方の1つとしてジャケットの様なイメージで羽織った着方がサマになるのも
両サイドのスリットが″ベント″と同様の役割を果たしているからだと思います。


SOWBOW独自のオリジナリティがあって、それが決して奇をてらうようなデザインではない所に良さを感じます。
まだブランドを立ち上げて数年なので、型数こそ多くはありませんが1つ1つの製品の完成度がどれも高くて
真摯に物作りに向き合っている姿勢がひしひしと伝わってきます。
年月が経過してもすたれない雰囲気を持っていて、特に一番最初に作られた″ONE PIECE COLLAR″はブランドを
代表するシャツだと思いますし、これからも変わらない温度で作り続けて欲しいと思える素晴らしい1枚です。
暑い夏を少しでも快適に過ごせる洋服を手にしてみては如何でしょうか。

6月14日


SOWBOW   REGULAR COLLAR A

color      LT INDIGO

price      25000+TAX

SIZE      0    /    1    /    2    /    3 

color      DK INDIGO

SIZE      0    /    1    /    2    /    3 

今朝の5時頃は曇り空が広がっていましたが、次第に日差しもつよくなり気温もあがってきました。
晴れた日に着たくなるSOWBOWのシャツは、マニアックな一面と普段着として気兼ねなく着れる部分とを
どちらかに振り過ぎる事なくバランス良く仕立てられていて、rasikuでも着実にファンを増やしています。
今シーズン選んだモデルはレギュラーカラーのタイプで、襟の大きさや両サイドに深く入ったスリットなど
洋服好きの心を揺さぶる大胆な仕様が施されています。クラシックなイメージでもなくトレンド感のあるものとも
一線を画す、様々なジャンルの洋服に幅広く携わってきたデザイナーだからこそのデザインだと思います。
ある意味個性的とも言えるシャツですが、選ばれる方の世代も性別も様々なので枠にとらわれずに、ただ純粋に
着てみたいと思わせる空気を纏うシャツだと思います。


素材に使用されている生地はコットン88%・シルク12%の混紡素材で、シルクが入る事で表面にうっすらと光沢があり
カジュアルな中に上品さをプラスした素材と言えます。インディゴ染料を用いて極力ムラが出ないようにしっかりと
製品染めを施して深い色合いに仕上げています。
インディゴは色落ちや移染がし易いイメージがありますが、逆に色落ちがしないように染め上げられている点もポイント。
九州という地域で物作りをしている職人が近くにいるからこそで、意思疎通と連携によって製品の完成度を高めています。
染物はどちらかと言えばクラフト感や手仕事などのイメージが強く押し出されがちですが、そういった事を良い意味で
感じさせない、プロダクトの冷たさを持った染め上がりになっていると思います。


レギュラーカラーの襟は大き目に設定。トップ釦を締めても窮屈にならないようにしています。
1枚で着た際の存在感が抜群で何かを重ねたりするよりも、シンプルにすっきりと着て頂くのがベストだと思います。
釦も生地の雰囲気に負けないように有田焼で作られた陶器の釦を組み合わせていて、釦自体もブランドのアイコンとして
大きな役割を果たしています。職人の手によって1つ1つ丁寧に作られて色付けされた釦は、ふと触れた瞬間だったり
何気なく目に留まった際に、ささやかですが気持ちがふわっと上がる気がします。


大胆に深く入ったスリットは、シャツに動きを与えて見た目の面白さを生み出しています。
インナーをちらりと覗かせるも良いですし、ゆったりとしたサイズ感を活かしてシャツの上からシャツを合わせるのも
SOWBOWのシャツであれば大いに在りだと思います。さらりとした生地なので、夏場の余程気温の高い日でなければ
着用が可能で、東北地方ならではの夕方に涼しい風が吹く日などはカーディガン替わりではないですが羽織物として
バッグに入れて持ち歩いておくのもお勧めです。


毎シーズン、着実に進化を続けているSOWBOWの物作り。
型数は多くないのですが選ぶ生地の面白さと独自の発想から生まれるパターンやシルエットは他では真似できない
オリジナルのエッセンスを強く感じていて、大きな刺激を受けているブランドの1つ。
沢山の人に向けてというよりも、どちらかと言えばマイノリティな洋服という認識でいますが袖を通すと伝わってくる
SOWBOWにしか出せない色というのか匂いであったりリズムがある洋服。
それは単純ではないことの面白さや、時間を掛けて自分のものにしていく感覚や小手先ではない着こなしの術を学べる
1枚になるとも思っています。ジャンルに囚われる事なく、自由な発想を持って着ていただきいです。
サイズも現在フルサイズで揃えていますので、ご自身のイメージに合わせて選んで頂ければ嬉しいです。


明日15日(土曜日)と16日(日曜日)の2日間、秋田県由利本荘市にあるみつばちさんで出張SHOPに
出掛けておりますので、店舗はお休みになりますのでお間違えの無いようにお願いいたします。
また17日(月曜日)はオープン時間を12時からとさせていただきます。
よろしくお願いいたします。

5月27日


SOWBOW   傘麦藁帽

color      NATURAL

price      8000+TAX

SIZE      57    /    59    /     61


中津川沿いの青草が刈り取られて、乾いた草の匂いを嗅ぎながら出勤出来るのは本当に心地よいです。
5月でこんなに暑いことがあるのかなと思いながら、今日も更に気温上昇。
年々日差しも強く感じるようになってくると、ファッションとしての要素ではなくとても単純な理由で
サングラスや帽子など日除け用のアイテムが欠かせなくなってきました。
その中でも笠の広い帽子が、もうちょっと手軽に買えたら良いなと思って展示会を回っていた時・・・
SOWBOWの展示会で真っ先に目に飛び込んできた麦藁帽子。
傘の円の大きさが広くスタイリッシュになり過ぎていない、これぞ麦藁帽子というデザイン。手に取り易い価格帯。
淵のパイピングを黒のテープだけ施した機能性を重視した麦藁帽子と出会うことが出来ました。
夏のレジャーや草刈り、庭仕事。中津川での魚釣りなど、メインは野外活動時にぴったりの帽子だと思っていますが
もちろんさらりと涼しいシャツにイージーパンツなど日常のラフな装いに組み合わせても良いなと思いますので
夏を楽しむ為の道具の1つとしてお勧めしたいです。


帽子の内側と外側に施したパイピングが良いアクセントになります。
麦藁帽子の職人によって1つ1つ丁寧に作られていて、だからこそ全て同じという訳ではなく個体差もありますが
そんな見た目の違いも、素朴な佇まいも良さだと感じています。
機能性を重視すれば軽くて撥水性があったりするアウトドアメーカーなどのハットも選択肢に入るのですが、
天然素材ならではの何とも言えない間や、味わい深さに僕自身はとても惹かれてしまいます。
実際に被ってみると似合う似合わないはあると思うのですが、麦藁帽子に関して言えばそういった事は二の次で
日差しを防ぐ事に重点を置いているので、機能性を一番に感じていただければ嬉しいです。
何となく探せば見つかるとは思いますが、意外と買えそうで買えないアイテムのようにも感じます。
サイズは57CM 59CM に加えて、特別に61CMまで作って頂きましたので、サイズ選びが難しいという
方にも、すんなりと被っていただけるはずです。


ツバの長さが約13CMあるので、首の裏まですっぽりと覆ってくれて安心感があります。
クラッシュして小さく持ち運んだりは出来ないので旅行などに持ち歩いたするのには不向きですが
日常生活の中で、まさにこれからの季節はちょっと外へ出掛ける際などあると便利だと思うのです。
夏らしく涼し気なシャツや明るい色のカットソーと組み合わせると、麦藁の持っている雰囲気がより良く映ると
思いますし、見た目の清涼感がぐっとアップしますよ。


もしかすると女性の方がこの手の帽子は被り慣れているかもしれません。
日焼けに対して敏感だと思いますし、暑い日差しの中を歩いて出掛けなければならない日などには重宝するはずです。
お洒落をする気持ちと、洋服に機能性を重視する、どちらも必要で求める気持ちは誰にでもあると思います。
SOWBOWの物づくりは2つの希望をバランス良く上手に取り入れながら、繋がりを活かした九州の地場産業と
密接に関わって生産を可能にしている点も魅力のひとつ。
沢山の人には伝わり難いかもしれませんが、痒い所に手が届くというような、何か良いなと思える製品が
少しずつ増えている気がしています。

SOWBOW   鐘型麦藁帽

color      NATURAL

price      6800+TAX

SIZE      57    /    59    /     61


もう1型は日差しを防ぐ為というよりは、単純に面白さと懐かしさを感じてセレクトしています。
90年代に流行した帽子ブランドのデザインを踏襲。素材を麦藁で作製するというデザイナーの遊び心が
詰まっていて、癖の強さに最初はひるんでしまうかもしれませんが、時間の経過と共に気になってしまう
帽子だと思っています。車の運転なども邪魔しないですし、頭にちょこんとのせてみた時のシルエット感は
どこかキュンとする感じもあって、徐々にはまっていく気がしています。
ある意味上級者向けかもしれませんが、サマになりたいと思わせる不思議な魅力が詰まっています。


こちらも同様に内側にパイピングが施されていて、ツバの長さは約4CMです。


普通の帽子では物足りないという方や、そこまで日差しを防がなくても軽い日除け用の帽子をお探しの方にも
ぜひお試しいただけたらと思います。
僕自身も何度か展示会で見ていた帽子なのですが、何だか少しずつ気になってしまい今回オーダーをしました。
もう既に何人かの方にお選びいただき、とても嬉しい気持ちです。
気分を変えたり、装いのアクセントとしては帽子のような小物などは取り入れやすいと思いますし、
今日みたいな夏の様な気温、日差しに直面すると機能性もより意識したり、涼しい素材を自然と欲するので
ぜひこの機会に麦藁帽子にチャレンジしてみてはいかがでしょう?
自分達もこれから通勤するときにはこの麦藁と共に、川沿いをてくてく歩いてきたいと思います。

11月11日


SOWBOW    蒼氓シャツC

color        DK INDIGO  

price        25000+TAX

SIZE         1   /   2   /   3 SOLD 

今シーズンからお取扱がスタートした″SOWBOW”
春夏はイタリアンカラーとレギュラーカラーの前開きシャツを2型展開していましたが、秋冬の新作として
リリースされたモデルは、ざっくりとした表情が特徴のプルオーバータイプのシャツ。
最初にサンプルを見た時にはお世辞にも着易いとは言えないデザインだなという印象でしたが、翌日になっても
なんとなくずっと頭の片隅に残像が残っていて、これは着ていくうちに良くなると思えてセレクトしました。
今時期に重ね着するのに丁度良い肉感のコットンネルを使用。元々は生成の生地ですがSOWBOWの得意とする
インディゴ染めでじっくりと時間を掛けて製品染めを施しています。
ネル素材はブロードやオックスなどと比較すると、染料が生地に入り難く通常の5倍くらい時間をかけて染め上げる事で
色ムラなど一切無く綺麗にインディゴの深いブルーが生地に定着しています。
インディゴと言えば色落ちや経年変化を期待してしまいますが、SOWBOWが作りだす製品はあえて色落ちがし難い
染色方法を選ぶ事によって、量産されるプロダクトの様な冷たい雰囲気を纏っている様に思います。
どちらが良いとか悪いではなく、ブランドとしてのポリシーが何よりも大切で、お客様にどう着て貰いたいか・・・を
しっかりと製品に落とし込んでいると思います。


デザインはプルオーバータイプで、首元はスタンドカラーとも違う深く大きく開いたスキッパータイプ。
基本は開けて着るの方が自然だと思いますが、女性が着る場合には首が細いので釦が留められるかもしれません。
肩線はドロップした位置で、腕から袖にかけてもゆったりとした設定。
袖口はぎゅっと絞って綺麗に細かくギャザーを寄せて処理しています。
身頃がゆったりとしているので、インナーにシャツを着ていても着る際のストレスは全くありません。
生地も柔らかく着心地抜群で、保温性も確保出来る1枚になると思います。
特に今時期はシャツの上に何かを羽織りたいと思うのですが、シャツにシャツを上から重ねるという新しい着方が
とても新鮮でしっくりときています。良い意味で自分自身の固定概念を覆してくれた様に思います。
何かのデザインソースがある訳ではなく、SOWBOWが考え出す独特のパターンは自然と惹きこまれてしまう
不思議な魅力を放っていて、それでいて普段着として成立する絶妙な落とし所が選ぶ理由かもしれません。


大きく深く入ったサイドスリット。
釦は有田焼で作製されていて、九州での物作りを掲げるだけにブランドのアイコンの1つにもなっています。
単純に着易いシャツではないのですが、それなりに癖があってもすんなりと入ってくるような感覚は
洋服を幅広く深く熟知したデザイナーだからこそ生み出す事の出来る、デザインの妙だと思っています。
僕自身も早速1枚手にしてみましたが、インナーはバンドカラーのシャツとの組み合わが今の所はしっくりときていますが
もう少し季節が進んだ時にはハイゲージのセーターを合わせてみようかと想像を膨らませています。
サイズ感などを含めて着方の自由度が高いシャツなので、少しずつ距離を詰めながら自分なりの落とし所を見つける
楽しみがあるのではないでしょうか。こういうアイテムは時間の経過と共に着れば着る程に好きになってくると思います。


バックのスタイルもアシンメトリーな切り替えが珍しいデザイン。
なかなか気付き難い部分にも、きちんとギミックを加えている作り込みの高さにも感心させられます。
SOWBOWというブランドの匂いや癖がしっかりと服にも漂い、デザインと素材感との組み合わせも良い塩梅な1枚。
世代も性別も問わずアンテナに引っ掛かった方は、ぜひ袖を通して頂きたいです。おすすめです。

3月22日


″COMFORTABLE CLOTHING″

COMFORTABLE CLOTHINGとは単に着心地の良い日常着ということではありません。
それは「着流し」の感覚であり、着ている人と服の間に生まれる空気感、雰囲気を大切にすることです。
ブランド名″SOWBOW(蒼氓)″には人民や民といった意味があります。
特別な誰かの為のものではなく、人々の日常に寄り添うものであって欲しい・・・
そんな想いから名付けられたものです。

sowbow     蒼氓シャツ ONE PIECE COLLAR

color       久留米絣  

price       30000+TAX  

SIZE       0    /    1    /   2   /    3 SOLD
※身長178CM 体重63キロ 着用サイズ2 


今シーズンから新しくブランドが立ちあがった九州地方を生産背景に物作りをするブランド″SOWBOW”
福岡で行われた合同展示会で、奥の方に1枚だけ鮮やかな目を惹くブルーのシャツがラックに掛かっていて、
気になって声を掛けると、まだブランドとして動いている訳ではなく、これから少しずつ進めていく予定との事でした。
その時は別のブランドを紹介する為にブースにいたSOWBOWの吉村さんと、そこに掛けられていた一枚のシャツ。
偶然で奇跡の様な出逢いから約1年半、とても心待ちにしていた″SOWBOW”のシャツがrasikuに並ぶ日がきました。
僕がその時に出逢ったブルーのタイプは、また後日に入荷予定になりますのでお楽しみに・・・
九州の地で培われた伝統技法を用いた物作りとあって、素材には福岡県久留米市で作られている伝統的な織り物
″久留米絣″を。ふっくらとして厚地の生地感は他では味わえないような着心地と経年変化を期待させます。
大きめの迫力のある白い釦は、佐賀県で作られている有田焼。陶器ならではのクラフト感のある釦を組み合わせて
久留米絣にも負けない存在感とコントラストが生まれています。
生地は厚みがしっかりとあるので、丁度今時期からシャツの上に羽織るジャケットの様な着方が出来ると思います。
モックネックのカットソーや薄手のタートルネックを重ねて着るのも良いですし、シャツと捉えすぎずに
自分なりの発想を持ってきて頂きたい1枚です。


フロントのデザインはフレンチフロントを採用し、表側にステッチが入らないミニマムなデザインに作られています。
サイズ感はボックス型で身頃や袖周りなどはゆったりとしていて、身体とシャツの間に空間が生まれるシルエット。
そしてリラックス感のある着心地。
トップ釦を閉めても窮屈な感じはないので、インナーとのバランスで留めたり開けたりしながら頂きたいです。
襟だけ見ても通常のオープンカラーシャツとも違う雰囲気で、SOWBOWならではのオリジナリティを感じます。
自分自身も今まで色々なシャツを着てきたつもりでいましたが、他の何かに当てはまるような物が思いつきませんでした。
洋服に少しマンネリを感じている方などには是非袖を通して頂きたいです。。
いつもの見慣れたサイズ感やフィッティングとは一味違って、ざっくりとしたフィッティングによりシャツとの間に生まれる
ちょっとした空間が、もどかしくもあり時間の経過と共に自分のものにしていく感じが面白さに繋がってくると思います。
洋服の着方やサイズ感なども、洋服によってイメージによって変えられると引き出しがきっと増えるはずですし、
それが直感で選べるようになると、また色々と腑に落ちる部分が出てくるのではないでしょうか。
自分自身も、より柔軟な発想を持って服を楽しめたら良いなとSOWBOWのシャツを着て改めて思いました。


基本を知っているからこその応用があると僕は考えるのですが、基本が無くこのカタチを作ろうとすると何処か狙った部分が
透けて見えたり分かり易さが出てしまいがちですが、そういった部分を全く感じない所に惹かれました。
こういう物が作りたい。という気持ちがしっかりとあるからこそ、モノとしての完成度に繋がっていると思いますし、
ハンガーに吊ってただ置いておくだけでも服から意志を感じる様な、そんな雰囲気を纏っています。


背中のヨークは折り布背縫いを用いて、アシンメトリーなバランスでダーツを1つだけ入れています。
決して奇をてらうような縫製やデザインではないのですが、些細な部分がちょっと不思議です。
一見分からないような、気にも留めない部分かもしれませんが、洋服はそういう細かな事の積み重ねが、
袖を通した際の、フィッティングや心地良さなど、身体が受け取る情報に自然と繋がってくるのは確かだと思います。


着方としてはジャストサイズで合わせるのも良いですし、サイズアップで生地の落ち感を楽しむのも良さそうです。
サイズ0は作られていなかったのですが、女性にも着ていただきたいと思いお願いをして作製して頂きました。
こういったシャツを女性がさらりとデニムに合わせて格好良く着るのも良いのではないでしょうか。
サイズ0から3までの4サイズのフルサイズでの展開になります。


SOWBOWは博多織と小倉織の缶バッチも作製しています。
大きさは2種類。ジャケットやシャツに付けても良いですしキャンバスのバッグなどにアクセントとしても良さそうです。
まだ立ち上がったブランドなので、型数は多くありませんが、その分、1つ1つ独特なユーモアの詰まった服や小物。
その完成度の高さは自信を持ってお勧め出来ます。
是非店頭で実際に袖を通してみてください。きっと新しい発見がありますよ!!

PageTOP