7月5日


SOWBOW   蒼氓シャツA(半袖)

color      WHITE

price      19000+TAX

SIZE        1    /    2    /    3 

color      LT.INDIGO

price      23000+TAX

SIZE       0    /    1

今日も重たいグレーの空模様ですが、中津川の鮎釣りが解禁になり朝早くからこの日を待ち詫びていていた
釣り人の姿からその活気が伝わってくるようでした。
おとり鮎を付けた長い釣り竿を垂らす光景は盛岡に夏がきたことを感じさせる景色の1つで、街中にも関わらず
透き通った清流の川ならではで個人的にはとても好きな光景。
ずっとこの景色に触れて来た方にとってはもしかすると当たり前の日常かもしれませんが、毎日この川沿いを
歩く度にとても贅沢な気持ちになりますだし、生きている感じがします。

大好きな中津川の透明度にも似通った雰囲気を放つ、SOWBOWが作る澄んだブルーのシャツ。
素材にコットン×シルクの生地を用いて、さらりとしたシルク混ならではの質感とイタリアンカラーと呼ばれる
大振りな襟のデザイン。襟の迫力に負けない位に存在感のある有田焼で作製された釦を贅沢に使用しています。
潔い白と製品染めで鮮やかに染められたブルー。他に替えが効かないオリジナリティを強く感じるデザインであり
クラフトとプロダクトとのバランスが見事に融合したシャツに仕立てられています。
今までは長袖を中心にセレクトをしていましたが、夏の暑さを考えた際に半袖のシャツも必要になるのでは・・・
と思い、少量のみですが提案をしています。


襟の形状に特徴を感じるイタリアンカラーですが、イメージとしてはオープンカラーのような雰囲気で
夏場であれば釦を1つ開けてタンクトップなどのインナーを見せて着るのもお勧め。
前立てはフレンチフロントを採用し、表面にステッチが入らないミニマムですっきりとした表情を生み出し
縫製に関してもドレスシャツを縫える工場で作製する事で運針が細かく、カジュアルながらもどこか凛とした
背筋がすっと伸びる様な佇まいに感じられます。


シルエットは全体的にリラックスしたムードがあり、生地と身体に程よい距離(空間)が出るので風が心地良く抜けて
コットンシルクの柔らかな生地も相まってストレスを感じさせない夏にぴったりの1枚になると思います。
半袖のシャツは長袖のシャツに比べると着る時期とタイミングが限られるので、圧倒的に需要が少ないと思いますが
陽射しがガンガン照り付ける様な日は日焼けも心配になってしまうので、今日のように曇り空の日や室内にいる事が
多い方など、お気に入りの半袖シャツを1枚か2枚位は忍ばせていると、案外重宝する日があるのではないでしょうか。


SOWBOWというブランドが立ち上げられて最初に作製されたイタリアンカラーのシャツ。
九州という土地から生まれる地の利を活かし、伝統的かつ大胆不敵な素材を用いてみたり、地元ならではの人脈を
活かして作製されているシャツは、デザインする二人の人柄と洋服に対する熱意が伝わってくるような気がします。
温故知新ではないですが、昔から在り続けるような部分と現代の空気をどちらも欠けることなく取り込んで
生み出されているプロダクトであり、今後に残り続けていくであろう考え抜かれた逸品に僕自身は感じています。
ふとした時に手にしたくなる半袖のシャツ。
毎年来る夏の暑い季節に変わらずに着続けたいと思える1枚を是非手にして頂ければ。

6月14日


SOWBOW  SHIRTS C(MANDARIN COLLAR PULLOVER)

color     筑後織 YUZURIHA

price     24000+TAX

SIZE     1    /    2   /    3

東北地方にも梅雨のシーズンが一歩一歩近づいてきているようです。
今日は朝からカラッと晴れた気候で、折角の晴れ間なので夕方の雨の前に乾くでしょう!と洗濯を干し、
プラスして庭の土いじりと最近始めたぬか床をかき混ぜるのが、朝のライフワークになってきています。
昔の人の知恵ではないですが、身体と手をどんどん動かす事で色々な気付きや自然との関わり方が学べて
毎日が忙しくそして充実した日々を送ることが出来ています。

一見一癖ありそうなもの作りながら、袖を通すと不思議と腑に落ちるような感覚のあるSOWBOWのシャツ。
夏をイメージした際に、布が肌に纏わり付かずにざっくりと着れるプルオーバータイプのシャツがワードローブに
あっても良いのではないかと思い、中国の人民服から着想を得て作製された「SHIRTS C」をセレクト
生地に関しても定番で作っているコットン×シルクも良かったのですが、より涼し気な印象のある「YUZURIHA」
と呼ばれる表面に凹凸のある生地でオーダーしました。
九州での物作りに特化するブランドらしく筑後織という福岡県久留米地方で織られているものを使用。
特徴として表面に少しだけ柄の様な模様が入ります。
遠目からみると無地の様に見えるのですが、近くで見ると立体感があって面白い生地感です。
「YUZURIHA」は仁平を想像して頂けると分かりやすいかもしれません。さらりとして風の抜けが心地良いので
夏の暑い日でもリラックスして着れる機能素材。
コットン100%で汗の吸収も良く、見た目も曇りのない潔い白で涼し気な印象がプラスされます。
展示会でこの生地を見た時に、普通に洋服に仕立ててしまうと正直パジャマ感があるなぁっと思ったのですが
SOWBOWのシャツに載せ替えると、和のテイストと作り込まれたデザインとがギリギリのラインでマッチしているなと。
インナーは半袖のカットソーでも良いのですが、素材の良さを引き出すのであればタンクトップやノースリーブで
合せて頂けると一段と心地良さが上がると思います。


首元は深くスリットが入り釦が1つだけ付きます。
シルエットは全体的にゆったりとした設定で汗をかいても脱ぎ着がし易く、プルオーバーシャツの唯一の難点を
しっかりと克服。釦を留めて着る事も可能ですが、個人的には開けて首元を見せて着る方が季節感も出て良いのでは
ないかと思っています。
サイズは1・2・3のフルサイズ展開で、おおよそですが1=S~M サイズ2=M~L サイズ3=L~XL
とイメージしていただければ問題無いと思います。


サイドのスリットも深く入れる事で、着丈の重たさを軽減すると共にパンツポケットへのアクセスも自由に。
SOWBOWのシャツは贅沢な生地使いをしているのですが、見た目が野暮ったくなり過ぎずに納まりが良く
動きに対するストレスも全くないので、ついつい手を伸ばして着てしまいたくなってしまいます。
プレーンなデザインではないですし、どちらかと言えばエッジが効いたシャツだと思うのですが
着ているとそんな事を忘れてしまう位に着心地の良さと、デザインとの妙を感じて頂けるはずです。
相当数の洋服を見て実際に着てきた藤田さんと、販売・生産・企画と洋服のイロハに携わってきた吉村さんの
お互いが其々に得意とする分野に特化した二人だからこそ実現出来る物作りであり、唯一無二の存在だと感じています。
着れば着る程に虜になっていくシャツだと思いますので、存在感に怖がらずに挑戦して頂きたいです(笑)


これから梅雨の季節に突入するので、半袖のTシャツだと若干心許ない日が続いていくと思います。
自分自身でも様々な素材の洋服を着る中で、特に湿度と気温の高い日は着ている生地が風を抜けるかどうかが
その日一日をストレスなく過ごせるかどうかが決まっています。
室内の冷房が効いた部屋や移動中の車内にももってこいの素材感とストレスのない着心地のシャツですので、
SOWBOWならではの一癖を楽しみながら、生地の涼やかさを感じていただけると嬉しいです。

5月9日


SOWBOW   蒼氓シャツ TYPE D(MANDARIN COLLAR)

color      DK.INDIGO

price      35000+TAX

SIZE      0    /    1    /    2    /    3 

朝9時前の通勤路で、カモシカとばったり出逢う盛岡の街。
改めて街と自然との距離の近さを感じましたし、人生ではじめてしかもかなりの至近距離でしたので
とにかく貴重な体験をしたなと、興奮を抑えきれずにお店に辿り着きました。
あまりにも嬉しくてお客様にも動画を見せると、大体の方が瞬時に”あ、カモシカ”と認識するぐらい
メジャーな存在なのかと思うと、益々この土地の奥深さを実感せずにはいられません。

何だか連休を休んだせいか曜日感覚が無くなっていて、今日が週末の土曜日という事を
完全に忘れてしまっていたのですが、少なくとも人の気配を感じられるのはやっぱり嬉しいですね。
そんな本日は、rasikuでは着実にその魅力がじわりじわりと浸透しつつある”SOWBOW”の一着を。
展示会に行く度に独自の色の濃さが増しつつある物作りは、地場産業をダイレクトに表現するのではなく
デザインを加えて現代の空気感にマッチさせる事で良さを最大限に引き立たせているように感じています。
デザイナーの藤田さんの洋服に対する豊富な知識と経験、それを製品へと落とし込む吉村さんの同じく
物作りの経験と地の利を活かしたフットワークと人柄。どちらが欠けても成立しない、二人だからこその
バランス感で表現される服には不思議な魅力が詰まっています。

昨年リリースされた4型目のシャツとなる「TYPE D」は、衿元のデザインに特徴がありシャツとジャケットの
両方の役割を担う羽織物として、個人的にもチェック型・コットンフランネルの二枚を着用するぐらい好きな形。
春夏の展示会に行った際に、いつものコットン×シルクの素材でTYPE Dがリリースされるであろうと思い込んで
資料に目を通したのですが、まさかの見当たらず・・・!?
あれっ自分が思ったより人気が無かったのかなとか・・・余計な心配をしたり。色々と考えていたのですが、
まぁ無いものはないしこればかりは仕方ない。ただ、どうしても春夏に提案したいと思っていたことを
吉村さんに相談をしてみました。本当に我儘を申してすみませんという気持ちですが、好きだからこそ!
という事で今回は、別注というカタチでAURICOさんが染めを手掛けているDK.INDIGO・LT.INDIGOの2色を
特別に展開をさせて頂きました。
rasikuではSOWBOWの製品を女性の方にも手に取って頂けることが多いので、本来は展開されていない
「サイズ0」もご用意。気温が20度位から30度に届かない位までの気候にコットンシルクの生地の肌触りと
着心地は抜群に良いので、是非お試し頂きたいです。


MANDARIN COLLARと呼ばれている中国の人民服からヒントを得て作製されたスタンドカラー。
自然に綺麗に立ち上がる襟の形状で、今まで展開をしてきた素材はしっかりとした生地ばかりでしたので
コットンシルクの柔らかな素材に置き換えた際にどうなるか気になっていましたが、想像以上の仕上がりに。
3つのパッチポケットが叩きつけられているので、カバーオールの様なワークウエアに在りがちな雰囲気にも
感じられますが、袖を通して頂くとそれとは全く逆のイメージや印象に変わると思います。
あくまでもシャツの延長線上にある作りで、羽織った時の軽くて窮屈さを一切感じさせないフィッティングは
癖になりますし、インディゴ染めされた生地も自然と袖を通したくなるのではないでしょうか。


SOWBOWが作るシャツの特徴として、ゆったりと贅沢に生地を使うのですがサイドに大きくスリットを入れる事により
着た時の野暮ったさを大きく軽減させる効果があります。見え方の部分もそうですが、動きの面でも効果を実感して
いただけるはずです。コットンシルクの生地は、シルクならではの上質な生地感が相まって風になびく様も
絵になるだろうと想像をしています。


今まで展開してきた生地であればシャツの上から羽織るのも良いと思っていましたが、軽快な素材に置き換えた事と
これから気温がぐんぐん上昇してくるので、長袖・七分・半袖のカットソーとの組み合わせがベスト。
その日の気温に応じて、袖の長さで調整しながら着て頂くのがコットンシルクの良さを発揮出来ると思いますし
身体とシャツとの間に空間が生まれますので、風邪が心地良く抜けていくと思います。

color      LT.INDIGO

price      35000+TAX

SIZE      0    /    1    /    2    /    3

毎シーズン洋服を色々と試しながら提案をしたいと思えるものを探す日々を過ごしていますが
SOWBOWのTYPE Dのシャツは、個人的には羽織物という幅広いジャンルにおいて今の気分に最もしっくりきている1枚。
フィッティングの気持ち良さやは勿論ですが、軍物やワークウエアなどのデザインソースではなく
ブランドのオリジナリティをしっかりと表現し、奇をてらい過ぎない実用着としてのバランスの良い落としどころに
心地良さを感じています。今までに様々な服に袖を通してきましたが、見た事も着たことのない、捉えどころのない
感性を揺さぶられる素晴らしい1枚に出逢えたと思っています。


どちらの色目も合わせ難さもないですし、パンツなども特に形を選ばずに着て頂けるのではないかと。
僕自身の感覚では布帛素材のカーディガンを着る様な感覚で、他には代えがきかない唯一無二の存在だと思っています。
一度袖を通して頂ければ、自然と納得していただけるのではないでしょうか。
新緑が映える今の時期から、じりじりっとした本格的な夏が来る手前までの繋ぎの季節羽織として、
今、まさにお勧めの一枚です。

1月24日


SOWBOW   蒼氓シャツ MANDARIN COLLAR

color      DK INDIGO

price      33000+tax

SIZE      1    /    2    /    3

大寒を過ぎて朝日の角度が少しずつ変化をしてきているのを日々実感しながら過ごしています。
中津川の白鳥も昨日は14羽いたのが、今日は2羽増えて16羽の集団になっていて、楽しそうにお喋りしている姿は
自然豊かな盛岡の景色の中でも格別だと思える景色の1つ。痺れるくらいの寒さと綺麗な川と自然が残っているからこそ
毎年この地を目指してやってくるのだろうと思いました。

気候も少しずつ移り変わっていくなかで、素材感・厚み・色とぴったりのシャツがSOWBOWから届いています。
少しマニアックな作りと、着こなすまでに時間の掛かりそうな一筋縄ではいかないオーラを放つSOWBOWの洋服。
時代の空気をしっかりと感じつつも、自分達が作りたい・着たいと思えるアイテムのみを作製するという芯のある
モノづくりでrasikuでも着実にファンを増やしているブランド。ジャンルを問わずに洋服をフラットな目線で
見続けてきたデザイナーだかこその奇をてらい過ぎない絶妙なバランス感に心を打たれます。
中国の人民服からイメージを湧かせて作られた新型のシャツは、マオカラーと呼ばれる立ち襟が特徴的な1枚。
3パッチポケットでカバーオールの様な井出達ですが、着心地を含めてシャツの延長線上にあるので、もっと気軽に
雰囲気良く着ていただけると思っています。着方としてシャツとしてインナー使いするのもありですし、
シャツの上からジャケットライクに合わせるのもお勧め。ゆったりとしたシルエットなので、窮屈にならないですし
冬から春と秋から冬への季節の狭間にあったら確実に着るなと思える羽織になるのではないでしょうか。


素材は中肉のコットンフランネルを使用。程好く温かみのある素材で、冬のウール素材から春の装いに切り替える
タイミングで季節感を問わずにコーディネートに馴染んでくれる汎用性と機能を併せ持った縁の下の力持ちになる素材。
特に春の風が冷たい北東北地方では、薄い素材感を着るのはかなり勇気がいるので、服装も身体も徐々に慣らして
いくという意味においても、気持ち良く袖を通して頂けるはずです。
昨年は同素材でプルオーバータイプで提案をしましたが、今シーズン前開きのデザインに落とし込む事によって
着回しという部分がよりクリアになるので、あれこれと着こなしを考え過ぎずに手が伸ばし易くなると思います。


通常では製品染めに適さないコットンフランネルをインディゴ染料で丁寧に染め上げる事で、深くて鮮やかなブルーを表現。
釦も1つ1つ有田焼のものに色を塗る事でボディの色との一体感を出しています。
プロダクトらしい量産されるモノの冷たさにプラスしてクラフトの要素も感じさせる仕上がりで、ハンガーに吊るして
おくだけでも自然と吸い寄せられるようなオーラを放っていて、実際に肌で触れて確かめてみたくなる感覚があります。


身頃や袖周りなどはゆったりと設定しているので、着た時の多少の野暮ったさがあるのは間違いないのですが
サイドスリットを深めに入れる事により、前身頃と後ろ身頃に生地が逃がされて重さを軽減。
歩くと綺麗に生地が揺れるので、春の温かな日差しを感じながら散歩をすればブルーの色も相まって爽快感がプラス。
シャツ生地なので鞄に丸めて入れておくのにも便利で、気温差の大きい日に活躍するのは間違いありません。
寒くもなく暑くもなくという中途半端な気温に対応出来る羽織物は、素材違いや厚み違いで何枚所持をしていても
着る機会はやってくるので、四季の移り変わりに応じた服装で自分自身が心地良く気持ちが満足して頂けたら嬉しいですね。


毎シーズンその速度はゆっくりながらも自分達ならではの切り口で、新しいモノを生み出している「SOWBOW」
決して一過性ではなく大切に残り続けていくようなモノ作りの姿勢を感じさせてくれますし、独自の発想力は他では
真似する事が出来ないオリジナリティとアイデンティティを感じて頂けると思っています。
サイズ展開は1・2・3の3サイズ。今まで展開していたSOWBOWのシャツと比べてゆったりと作られていますので
インナーとのバランスで適正なサイズ感を選んで頂きたいです。袖を通すと自然と笑顔に気持ちが上がるシャツ。
是非店頭で触れて確かめて頂きたいです。

9月2日


SOWBOW   蒼氓シャツ ONE PIECE COLLAR

color      WHITE

price      21000+TAX

SIZE       0    /    1    /    2    /    3 SOLD

color      DK INDIGO

price      25000+TAX

SIZE       0    /    1    /    2    /    3 SOLD

8月29日よりスタートしましたSOWBOWのイベント。
週末は、遠方からわざわざ足を運んで下さったりでとても楽しく嬉しい時間を過ごす事が出来ました。
主宰の吉村さんは、元々は他のメーカーで販売員をされていた時期もあったのでトークの引き出しの多いこと!
僕自身も接客に関して見習う点が沢山あるなぁと横に居ながら関心しつつ、ふたり掛かりでお客様に熱弁してしまう
シーンなどもあり・・・いつもとは違う接客スタイルは自分にとっても新鮮で良い時間でした(笑)
SOWBOWの服をこの機会にとお選びいただいたお客様、本当にありがとうございました!
残りあと二日となりましたが、吉村さんからも色々教えていただいた生産背景のことなど自分なりの言葉で
お伝え出来ればと思っています。
ブランド設立時から作られているコットン×シルク生地の他にも、久留米絣・筑後織・小倉織と九州の伝統的な織り物を
使った製品が並んでいますので、SOWBOWの物作りの面白さに触れて頂く良い機会になるのではないでしょうか。


ブランドのアイコンになっている1枚が、迫力のある襟の大きさとイタリアンカラーで作製されたシャツ。
前立てにステッチなどが入らないプレーンな表情ですが、何気なくハンガーに吊るしておくだけでも存在感が際立ちます。
身体にストレスの掛からないゆったりとしたシルエットですが、それが決してオーバーサイズという訳ではなく
きちんとした品のある見え方になる事が、SOWBOWの作るシャツの特徴だと思っています。
染色を施していない”WHITE”はシルク混の生地ならではの表面に光沢があり、インディゴ染料で理想の色目まで
製品染めをした”DK INDIGO”は鮮やかなブルーの色目が自然と人を惹きつけるオーラを纏っています。


袖を通すと肩線・身頃などは全体的に落ち感が出て、シャツと身体の間には程よい空間が生まれます。
数種類ある生地の中でも「コットン×シルク」の生地は柔らかさがあるので、歩いたり作業をしていたりすると
ふわりとドレープする生地の感じが何とも言えず好みです。
まだ暑さの残る時期はインナーにタンクトップなどを合わせて着ていると、柔らかい生地が肌に触れているだけでも
気持ちが良く、それにプラスして汗の吸収性も良く蒸れにくいので、天然素材ならではの機能性を実感して頂きたいです。


僕自身も今までに色々なシャツに袖を通してきましたが、趣味や嗜好、年齢によって着たいと思えるものが
自然と変化をしてきました。ファッション性や格好良さも大切ですが、袖を通した1日が心地良く過ごせるかどうかが
重要になってきていて、SOWBOWのシャツは着心地の良さデザインの面白さも含めてワードローブに欠かすことの
出来ない存在になっています。今まで着たことのないようなフィッティングに始めは違和感を感じるかもしれませんが
じっくりと時間をかけて自分なりの着方に落とし込めるようなシャツになってくれると思います。
新しい感覚を手に出来る素晴らしいシャツですので、是非店頭で袖を通しにいらしてください。

PageTOP