10月2日

SUSURI    レヴーズドレス

color     beige

price     64900-(TAX IN)

SIZE     1 SOLD

-WHITE NIGHT-
ロマンティックな妄想を重ねた日々。
をテーマに今季のSUSURIの2021 A/W COLLECTIONが作製されました。
その中でも特段に気分が高揚し、素晴らしくうっとりとした気分をもたらしてくれる服がありました。
しばらくの間、空想だけでどこか心の奥底の方に仕舞ってあった感情がやっと湧き上がってきたような
そんな夢見心地な感覚や彩を与えてくれる、とてもすてきなドレスをご紹介したいと思います。

レヴーズドレスは古いナイトウェアをイメージした形。
袖のボリューム感の加減と、袖先に向かって柔らかくもエレガントに弧を描くようなシルエットは
もう完璧!と言いたくなるほど、一目で心を鷲掴みにされました。
また、今シーズンの春夏に展開された、古い壁紙のような蔦の図案をその時と同様に顔料プリントで
今回はざっくりと太くしなやかなリネンの生地にのせています。
同じプリントでも生地が変わるだけでも、やはり受ける印象は大きく変わってきますし、
やはり今回はテーマにもあるように、ロマンティックな空想と希望、非日常を体験し続け起伏する感情を
SUSURIらしく大胆に、そして繊細に表現されていて、なんだか心にぐっとくる一着に感じています。

きりっとさせた衿元や胸元。
そして肩線から直ぐではなく切り替えしからギャザーを入れて、たぁふっと膨らませた袖。
ここが本当にポイントというか、ただ袖がたっぷりだと上半身全体が大きく見えてしまうのですが
肩回りはとてもスッキリしていて、袖だけにボリュームを持たせていることでバランスも良いですし
クラシックで上品な印象へと変化していきます。
そして両方の脇下にもギャザーを入れることで、ふっくらと横にシルエットを作っているのですが
甘さとリラックスした雰囲気と生地の落ち感がうまくミックスされていて、非日常に寄り過ぎずに
いつもよりちょっと気分よく出掛けたい日の服として、普段使いにお選びいただけるのではないかと思います。

横から見るとギャザーによる縦にすーっと流れる落ちる様なラインと袖の曲線が綺麗に映りますし、
正面から見たときとはまた違う、どちらかと言えばシャープな印象を抱きます。
思いがけず。な位置ですが、ちゃんとポケットも配されていて、大袈裟に出す部分と削ぎ落す部分や
必要最低限の機能性だったりを絶妙な配分で落とし込まれていることが、自然と着易さや心地よさに
繋がっていて、ついつい着てしまう服というのはそんなちょっとした事が真摯に見え隠れしているなと
つくづく素晴らしい作りに感心してしまいます。

リネンですが、イメージする涼し気なというよりはコシが合ってしなやかなリネンなので
寒々しくありませんし、たっぷりの袖に合わせてベストや袖幅ゆったりの羽織物を重ねても
見た目にも楽しい着合わせが出来ますよ。
リネンの優しいベージュに植物の柄の擦れや滲みの具合も大人っぽく。
ハレの日の装いから、リラックスした日常まで、人によって異なる様々な大切な場面に
手に取りたくなるドレスだと思います。

9月17日

SUSURI    セーズシャツドレス

color     latte

price     61600-(TAX IN)

SIZE     1

遊歩道の途中では、秋桜の群生がちょうどいま見ごろを迎えています。
白・ピンク・赤紫など鮮やかな色の花が、風に揺らぐ姿がとてもきれいで朝から良い気をもらっています。
自然のカラフルに誘われてか、今日は気付けば靴下がピンクでした~。
どこかしんみり感が漂う秋ですが、身の回りに目を向けて見れば色鮮やかで美しく、楽しいこともたくさん。
自分の切り取り方次第で、世界の見え方や彩りは変わるのものということに気付かされますね。

SUSURIの今シーズンも穏やかにはじまっています。
前のシーズンの時から気になっていたブロードを、今回ついにオーダーしてしまいました。
秋の気配にきっと似合うであろう、澱みの無い深くて濃いお色味にも惹かれましたし
こういった畏まった雰囲気の服を着る機会も、なかなか気持ちも動き難かった日々を過ごして来て
改めて、エレガントでシャンとなるような生地や色の服への欲求も高鳴りつつあります。
そんな浮き沈みもありながら、踊りたくなるような気分には、きっとこのブロードのしなやかさや
ギュッと詰まってでもふっくらとした肌触り、思わずしっくりとくるのではないかと思うのです。

小さな丸襟と、いい距離感で並ぶボタン、そして肩から胸下まできれいに並んだピンタック。
キリリと引き締まった印象を持たせつつ、リラックスした着心地を実現させるために襟ぐりや
袖など、ゆったりと広がりのある形となっています。
クラシカルなシャツブラウスの品の良さを感じながら、シルエットには今の気分を取り込んでいるので
着た際には、心地良い高揚感と思いがけないのびやかさの両方を感じて頂けるはずです。

フロントのピンタックから途中でギャザーに切り替わって、優しくふんわりとしたシルエットになる
ロマンティックな仕様に心を掴まれたのですが、バックシルエットも同様に少し低めの腰の位置に
ギャザーが寄せられていて、横から見えた前後のささやかな違いや立体感がとてもきれいに表現されています。

SUSURI    セーズシャツドレス

color     rouge

price     61600-(TAX IN)

SIZE     1

クリーミーなlatteと奥行きのあるrouge。
赤は赤でも鮮やかで明るさがあって、それでいて上質な光沢感によって陰影まで美しく魅せる赤色。
季節が夏から秋へと移行する中で、元気な色彩からトーンの落ち着いた色目への誘惑を掻き立てられる
そんな印象を抱きました。
素材に使われているブロードはスイスに本拠地を置くALUMO社のしなやかなさと光沢のあるファブリック。
SUSURIの巧みなパターンと融合する事により、平面的になりがちなブロード生地を立体的に見せていて
ドレスシャツならではの優雅さを大いに引き立てているように感じます。
きちんと上質なブロードだからこそ、着用写真の様にデニムなどの日常着と組み合わせても違和感はないですし
地続きにある日常の中でも特別なシーンのときにも、候補にあがる1枚になると思います。

生地のボリュームを贅沢に使用しているので、動いたりする際にもブロードのしなやかさがポイントに。
見ている側も着ている側もどちらも魅了されるような雰囲気と、あまりに畏まり過ぎないというのも
私達がセレクトする際の1つの基準にもなっています。

最もシンプルな素材を使いながら、仕立てられたクラシックなシャツワンピース。
ブロードはシンプルが故に伝わり難くて、自分達の中でも憧れと手強さのある素材という印象だったのですが、
こういった素晴らしい生地を、美しい形に仕上げてくださっているつくり手の真っ直ぐな姿勢を受けて
提案してみたいと思って、オーダーしました。
素材の変化というよりは、変わらずに凛とし続ける佇まいを感じ取っていただけたら嬉しいです。

6月21日

SUSURI    フルッタ―パンツ

color     off

price     23100-(TAX IN)

SIZE     1   /   2 SOLD

夏至。
昨日の閉店後、所用で街中の方まで行った後に、そのままさくっとご飯を食べてから帰ったのですが
19時を過ぎてもまだまだ空が明るくて、しばらくキャッチボールをしたりなんかして夕暮れを堪能しました。
日が長いと、それだけでも何だか最高で泣けてしまいそうになるのは、北国にいるからでしょうか。
そんな気持ちが高まったなと思えば、今日は夏至。またゆっくりとこれから季節が進んでいくのですね。
日々大きな・小さな様々な変化の中に居る事を想うのですが、自分達が行うことはとてもシンプル。
今日も目の前のことをコツコツと、楽しみながら出来たらなと思います。

SUSURIが生地やサイズ・丈感など変化を加えながら、継続して作っている”フルッタ―パンツ”
どんな素材でも季節を限らず一年通してフルで重宝しているくらい、今では自分のワードローブにも
欠かすことのできない、優秀なペチコートパンツです。
数シーズン前よりサイズ展開が1と2に広がりました。ウエストはゴム仕様で長さがしっかり異なります。
身長・体型で選ぶのもひとつですが、合わせる服によっても短めが良かったり、長い丈の方をパンツの様に
穿く方がバランス良く見えたり、ワンピースやスカート、薄手でやや透けるような生地感の服などなど
お手持ちの服でも何でも、組み合わせをイメージしてお選びいただくのも楽しいのではと思います。

今季の素材はcotton100%
細番手の単糸をしっかりと詰めて織り上げる事で、薄手で繊細ながらも柔らかさと張りの両方を
感じさせる肌当たりの良い生地。
朝霧のようなふわりとした淡い白のoffは、一枚では下着が透けるぐらいの薄さなので重ね着は必須。
黒や紺のトップスに合わせると、足元に明るさが照らされてメリハリも生まれるので、プリーツ部分から
もう少し上まで覗かせても良い塩梅です。足元にゴールドやシルバーなどバカンス要素のある夏らしい靴も
似合いますし、ローヒールのサンダルやパンプス、キリっと見えるレースアップの革靴などとの相性も抜群です。
(モデル身長166cm 着用size 2 )

SUSURI    フルッタ―パンツ

color     black

price     23100-(TAX IN)

SIZE     1   /   2

もう一色のblackは、offに比べるとそこまで透ける様子はありませんが、生地感的にも太腿から
膝のあたりまでは何かに覆われていた方が安心感があります。
裾の幅を広くとったプリーツは可愛らしい印象というよりも、ヒラヒラせずに整然とした雰囲気で
はっきりとした黒との相性の良さを感じさせます。
身長があることで生じる悩みの一つは、ワンピースなどはよっぽどの事が無いと殆どが短くもなければ
長くもない中途半端な着丈になってしまうこと。最近ではサイズが増えたり、流れとしてロング丈が増えたり
選択肢も沢山あるので有難いなと思いますが、とは言え普段は大体下にボトムを合わせたりしているので
どうしてもカジュアルな装いになります。そんな時にフルッタ―パンツがあるとぐっと気分が華やぐというか
絶妙にドレッシーさがプラスされて、同じワンピースでも別の物を着ているような感覚になります。
生地や色の違いでさらにバリエーションを広げたくなってしまうという巧妙さもまた魅力。

あまりに暑い日だと極力薄くて軽やかな服をと思う一方で、インナーに何を着ようかと迷います。
涼しい素材のパンツもお勧めですが、穿き心地も見た目もイージーな印象が強くなるのも確か。
そういったパンツとはまた違った角度で重宝するのが、SUSURIのフルッタ―パンツ。
服装の幅を広げると共に、ワードローブにねむらせているワンピースや手強い洋服を丸め込んでくれるような
不思議な力を持ったインナー以上、アウター未満のパンツ。
穿くとそれだけで説得力があって、自然と頷いてしまう位に隙間を綺麗に埋めてくれる力強い存在になってくれるはずです。
サンダルが気持ち良く履ける季節に、コーディネートで楽しんで頂ければ嬉しいです。

5月27日

SUSURI    ペコラパンツ

color     black

price     35200-(TAX IN)

SIZE     0   /   1

本日は久し振りにSUSURIのボトムのご紹介です。
いつもワンピースやブラウス、そしてシャツなどのトップスアイテムにオーダーが寄ってしまいがちですが
実はSUSURIのボトムに関しては、個人的な着用頻度で言いますとTOP1・2に入るくらい頻繁に穿いていて
先ず生地の肌触りがとても気持ち良くて、そしてしっかりしているところ。そしてシルエットが秀逸で
何とも表現し難いのですが、不思議さと柔らかさが混ざり合ったようなバランスは穿くと牧歌的な雰囲気。
形は何処か非日常感を漂わせつつ、生地は日常使いにもきちんと適応してくれるというのは、それでけで
自然と手に取ってしまいますし、穿いた際のテンションにも確実に良い影響をもたらします。
ゆったりとしているけれど、綺麗に。可愛らしいけれど、キリリと。クラシカルだけれど、現代に。
そんな異なる印象の違いを、一つの形の中で表現するSUSURIの服の面白さ。
幅広くは展開出来ていませんが、シーズン毎に一型か二型はトップスと組み合わせられるような、
パンツもしくはスカートを選んでいますので、ぜひ時折気にして頂けましたら嬉しいです。

表にむき出しになった釦と、その下には比翼釦がつらつらと並ぶ、少しゆったりとしたウエストは
やや高めの位置で穿いて、元から付いているロープの様に長いベルトできゅっと絞ってサイズを好みで調整。
ベルトを締めても確実に長さはあまるので、それはわざとサイドに垂らすもグルグルッと二周するも良し。
筒状の胴回りを紐でただ縛るだけの簡素な作りの古いパンツをイメージした、ユニークな仕様です。
何年も前に展開された、ワンショルダーの肩紐が付いたパンツは肩紐は片側に掛けたり、斜め掛けにしたり。
垂らしても良いし外してベルトにもなるというデザインが、とても斬新で面白い上に格好良くてお気に入り。
今回のペコラパンツとはまた全然違いますが、創造力を掻き立てるという部分は共通しているように思います。
自分の中でイメージした人物像を思い浮かべて、コーディネートしたくなるようなパンツ。
サイズは0(レディスXS~Sサイズぐらい)と1(レディスM~Lぐらい)の2サイズ。
色はグレーにも近いブラックでご用意致しました。
質の良い綺麗なカットソーとラフに合わせたり、エレガントなブラウスで足元も足首が見えるのでヒールのある靴にしたり。
ぜひ色々な装いを試して頂けたらなと思います。

ハイウエストでキュッとベルトで締めて、その後ほんの少しだけ位置を下げた状態です。
ワイドシルエットからなだらかにテーパードさせた裾は短めの設定で、足首がちらっと見えることで
そこまで見た目に重さを感じさせずに、むしろ体感としてはとても涼しくて気楽に穿けます。
生地自体もしなやかなキュプラと、リネン・コットンを撚り合わてオリジナルカラーに染めた糸を
しっかりと打ち込むことで薄手ながらも強くて、そしてサラリとした軽さも感じられる夏向きな生地なので
薄手のワンピースや長さが半端なチュニック、着丈の短いブラウスなどとの相性も良さそうです。

正面や後ろから見た時と、横から見た時のシルエット。
ホワンとした雰囲気かと思えば、裾へと流れるような綺麗なラインを描いているという二面性。
こうしたギャップに弱いのと、気分によってボーイッシュにもガーリーにも振れる懐の広さがあると
洋服の楽しみは何倍にも広がったりもしますし、また数年後には新しい感覚で今までには無い着合わせが
出来たりと、長く着続けられることにも繋がります。
多少時間が掛かっても、この釦とベルトの仕様や、キュッと絞ったハイウエストの塩梅が好みな方には、
ぜひぜひ自由気ままに穿いていただけたらなと思います。

5月2日

SUSURI    コクスンドレス

color     prussian blue

price     47300-(TAX IN)

SIZE      1 SOLD

動きはじめる、5月。
昨日は夕方からの雨予報だったので、カラッと晴れている朝のうちに家も店も窓全開で風を通して
隅々まで掃除をして好い空気の中、気分よくほっと一息ついてから、BLOGの撮影をしていたところに
地震の警報と大きな揺れがありました。
店内は幸い何事もなくて安心しましたが、あの音にはどうしても心がザワッとしてしまいますね。
みなさまの周りはご無事でしたか? そんなスタートの中、ご来店いただきありがとうございました。
今日は一日雨模様ですのでお出掛けの際も無理せずに、どうぞ平穏な一日を。

少しずつ通勤路の至るところで”みどり”がにょきにょきと増えてきた今日この頃。
20℃を越えるまでは、まだ肌寒さが残っているので羽織物も必要かなーと思うのですが、新緑のシャキッとした
気分に合う様な素材の服たちも、ゆっくりと手に取ってみていただけたらなという意味合いも込めて
SUSURIから届いた、清涼な服地で作られたマリンな雰囲気漂うドレスをご紹介いたします。

胸元の深いVゾーンからはじまり、すっきりとした肩回りと胸下にかけて綺麗にシェイプしたライン。
微かな緊張感を漂わせながら、いざ身体が服の中に納まると不思議と適度なフィット感に包まれて
緩急の効いた曲線が体型を美しく見せてくれる、エレガントなコクーンシルエット。
同じ服でも見える位置によってギャップが生じて、そしてクラシカルな印象をモダンに昇華させるというのが
SUSURIの特技というか、もはや秘技と言っても良いのではないかと思うのですが、実際に私達自身も服を見て
そしていざ着てみた時の、印象の違いによる驚きは何度も体験していますし、店頭で同様の気持ちを抱かれた
お客様も多いのではと感じています。
今回のCOLLECTIONは記憶をテーマに、これまで覚えてきた感情や言葉の記憶を消滅させることなくたぐり寄せて、
今の気分を探って想像して、それらを組み合わせたものを表現しています。
このコクスンドレスの形自体は、前回のシーズンより継続して作られたモデルで、イメージは波にもまれながら
ウネウネと航海する船から。何もかもを吸い込んでしまうような、深く濃い夜の海を思わせる青とセーラーカラー。
どこかの浜辺でバカンスの、軽さや明るさや。リラックスした空気も一緒に感じて頂けたらなと思います。

デザインと素材の組み合わせ妙も、気分を盛り上げる要素のひとつ。
生地は綿100%の梨地織で、シャリっとしたドライな感触とマットな質感は落ち着きがありながら
サラサラと涼しい肌当たりは、まさに春の終わりから初夏へと移り変わる今にぴったりの素材。
長袖ですが通気性もよく、きれいなドレープ感も相まって見た目に重さを感じさせません。
曲線と直線をバランス良くデザインに組み込んでいることで、爽やかだけれど引き締まった表情のドレスは
春から夏にかけて暑さと共にラフな装いが加速していく中で、ピリッと緊張感ある場にも着ていける一着として
いざという時にも役立ってくれるのではないでしょうか。
深目のVネックが気になるという方は、着用画像よりももう少し詰まったクルーネックやボートネックタイプの
インナーを合わせて頂くと見え方も変わり、きちんとした印象が増しますので試していただけたら。

細かいパターンによる立体的な美しいシルエット。日常と非日常の合間をゆらゆら漂うような服。
独特な生地の質感と色の出し方、縫製に至るまで全ての工程に関わる方々との関係性があってこその
SUSURIのものづくりなんだなぁという事が、服からもひしひしと伝わってきます。
関係がないようで、全ては地続きになっている私達の日々の暮らし、生活。
着る、装うということに対しても、今は人それぞれ多種多様な価値観があると思いますが、
自分たちなりに探求心や想像することを忘れずに、素晴らしいものづくりを人へと届ける場所として
出来る事を続けていけたらなと思います。

PageTOP