9月26日

SUSURI   フルートシャツ

color    beige

price    36300-

size    4

全身筋肉痛で迎えた月曜日の朝。
昨晩のナイターで人数が足りず、泣く泣く捕手を請け負ったが為にどこもかしこもがとにかく痛い。
それでもグランドに集まって、みんなが笑顔でノックをうけたり、打球を追いかけたり、励ましあったり(笑)
からだはボロボロな分、脳は何だか逆にすっきりとしていて集中力が高まりそうです。

SUSURIはレディース中心のセレクトですが、少しずつ男性のお客様に手に取って頂ける機会が
増えてきていて嬉しい限り。サイズ4はデザイナーの齋藤さんが気持ち良く袖を通せる大きさで
ワンサイズのみの展開。そうなると誰にでもという訳にはいかないのですが、身体と生地との間に空間が
大きく取られているものが多いので、生地の落ち感だったりイメージしていたバランスに思いがけず
フィットしたりして、いつもとはまた違う世界観が広がる、そんなシャツになって頂ければ嬉しいです。

素材は昨日ご紹介したピッコロブラウスと同様にシルキータッチなコットン100%。実際はサテン。
生地の揺らぎが大きく優雅な印象。お店にセレクトをしているシャツのタッチとは微妙に異なる雰囲気に。
当たり前ですが、作り手が変われば、それが1つのモノとして形になった時に、その人に見えてくる。
SUSURIのシャツは何処にも属さないというのか、クラシックでもなく、今の時代の流れに沿っているという印象も
そこまで受けず、変な言い方をするとシャツらしくないシャツの様な存在に感じています。

くったりとしたデニムに合わせたりするのも意外性があって面白いかなと思ってみたり。
自由業というと上手く伝わるかどうか不安ですが、イメージを膨らませ人に伝えたりすることや
何かを創造したりすることを生業としている方など、控えめだけれど主張があるシャツは、
きっと着る人の個性を引き立ててくれて、そして心を穏やかに保つ様な存在になってくれる気がします。
どこか謎めいていて影があったり、自分の好きなことや世界に没頭するのが得意な人にしっくりときそう。

テールのデザインはとても特徴的。
生地がふわりゆらりと自然なカタチで振れが大きく出て、上に羽織るのはかちっとした生地よりも
柔らかなニットカーディガンとかが似合いそう。そういうニュアンス的な部分が先行してしまいますが
きっと組み合わせたら格好いだろうなと、けっこう確信を持てるぐらいその合わせをお勧めしたいです。
生地も強い部類には入らないので、アクティブに!ですとか、質実剛健のようなイメージとは異なる、
トロッとした質感や鈍い陰影を心地良く感じて頂きたい。そんなシャツです。

color    ivory

size    4

肌の色が透ける繊細なタッチだと分かる”ivory”は、より透明感を出せるカラー。
少しだけ難しさもあるのかなと思いつつも、上に組み合わせる羽織物次第で装いがクリアになる感覚があるかと。
足元はフラットな革靴が相性が良い様に思います。

旅の中で感じたことや街の景色、その場所の空気などからイメージを膨らませながら
時には、映画や本などの物語の中に描かれる、人間関係や複雑な感情をキーワードに作製される洋服。
お二人が感じた揺れ動く感情や気持ちが、そのまま洋服としてカタチになり、袖を通すときっと不思議と
行きたい場所や風景が思い浮かんでくるような気がしています。
同素材で定番でリリースされているフルッタ―パンツも入荷済みですので、またそちらは後日にご紹介を致します。

9月25日

SUSURI   ピッコロブラウス

color    beige

price    35200-

size    1

朝から陽の光がたっぷりと部屋に降り注ぎ、この日光チャンスは逃すまいと
家の全窓を開放して埃を掃き出し、空気の入れ替えが出来たので、それだけで今日は花マル。
ねこも早々に良い場所を探して、ぽかぽかを貯めていました。
一気に洗濯物を干したり、衣替えをするにも良さそうですし、散歩、ドライブにも絶好のお天気ですね。
お休みの方も、お仕事の方も良い日曜日をお過ごしください〜

肌寒さと雨と湿気な日が続いていたこともあって、店内ではカーディガンやベストなどの
さっと足せる一枚をお求めになる方も多いです。ウールのご試着も少しずつ。
今日は思わず半袖を着たとしても、着るもの以外にも、食べたり聴いたりなどの感覚が
しっかりと秋をキャッチしはじめているように、自分自身も感じます。
SUSURIの今季のコレクションも、いつも楽しみにしてくださっている方がいらっしゃって
早々に定番のかたちや、新しいかたち、どちらもお楽しみいただけるのがとても嬉しいです。
本日は、これは良い生地だ・・・と唸って、同じ生地で展開された三型がどれもよくて選んだので
他のアイテムも混ぜながら、数日に分けてご紹介していきたいと思います。

見るからに服の表面にとろみを感じるような、コットンサテンを用いたクラシカルなブラウス。
袖を通すと、肌が溶けるのでは?と、一瞬自分の感覚に戸惑うほどのしっとりとした滑らかさで
良い生地という表現ではチープに聞こえてしまいそうですが、素晴らしくもあり気持ちの良い生地でもあります。
アイキャッチにもなる、フロントの四角い釦がとても可愛らしい。
着られる際はちょっと時間がいりますが、釦に集中する手や、掛け違えてしまってあっ・・・となる瞬間も
想像するだけで、それさえも愛おしく感じてしまう。
小ぶりな立ち襟の凛とした印象を崩さずに、少しだけ空気を和らげる様な大事なパーツ。

襟元の詰まりや、内側に入る肩線や短めの着丈など、すっきりしていて小さめサイズにも見えますが
袖幅や身頃は、膨らみと緩やかな曲線で包み込んで、気付けば体が綺麗におさまっているのです。
魔法の様でもありますが、これは美しく尚且つ丁寧に考えられた繊細なパターンであるからこそ。
特に袖の大胆な膨らみは、生地分量があるものの着ていてもそこまで大袈裟に見えません。
たふっとした袖先には細かなギャザーが寄せられ、袖口は釦ではなくゴムで軽く絞っています。
少しだけ袖をたくし上げると、ボリュームの塩梅やかたちも変わるので、その時々で着方に小さな
変化を付けつつ、楽しんでいただけたらと思います。

バックスタイルはスッと背中の真ん中で接ぎ合わせ、静かな印象に見せつつも、その剥ぎの縫製や
裾の縫製には、こっそりと配色のステッチで遊びを効かせていますので、じっくりご覧ください。
お色はbeigeとivoryの二色をご用意していましたが、こちらのブラウスは現在beigeのみ。
他二型ゆったりサイズのシャツとペチパンツでは、まだ両方のお色をご覧いただけます。
何かと何かを組み合わせる服。何かの中に別の要素の何かを内包する服。
様々な”対比”をキーワードに取り組んだ、SUSURIの今季のコレクション。
真面目にそしてお茶目に、一着の中に含まれたその”対比”を、それぞれに思うままにこっそりと
感じていただけたら嬉しいです。

9月3日

SUSURI   レイキスシャツドレス

color    azalea

price    49500-

size    1

涼しさと湿度が交互に、時に絡まって体を包み、不思議な体感温度の日が続きます。
朝は雨がけっこう降っていて低気圧でズンとしていましたが、今はやんでサッパリとした空気!
この秋の雨上がりの空気や匂いに触れるたび、一雨一度という言葉が思い浮かびます。
今日のはじまりの音楽は、みどり で。

店前の露店のようなスタイルで開催中のSALEにも、沢山お運びいただき嬉しいです。
今のところ半分以上の方がTシャツをお求めくださって、気候の変化や様々な影響も感じますね。
涼しくなったら、その時はまた内容も変えていきたいと思います。
13日(火曜日)で続きますので、どうぞお立ち寄りくださいませ。
BLOGではゆっくりと少し先の装いをお届けしてまいります。

秋冬の深く濃く落ち着いたカラーラインナップが増える中で、そこだけパッと花が咲いたように明るく
周りの色味との対比で、よりピンクが際立って映し出されるSUSURIのレイキスシャツドレス。
色名がアザリアなところも素敵ですしね。
襟のない適度な開きのVネックラインは、首や鎖骨の見え方を綺麗にカバーしてくれているので
インナーを気にすることなく、さらりと着ていただけます。
シルエットほどよく緩やかでタイトな感覚も無いのですが、肩からバスト辺りはわずかに削ぎ落としてすっきりと
見せることで、より前後の印象が静かに、でも強く感じられる、そんなかたち。
なので、潔くそのまま着るのも良いですし、気温の変化に合わせて釦を一つ二つ外してインナーを重ねたり
前を開けて、薄手のニットやタートルに羽織るようにも着ていただけます。

生地はそこまで厚地ではなく、ハリとコシを含む滑らかさと微かな毛羽を感じる綿100%。
しっとりでもあるし、直接肌に触れるとどこか乾いたようなタッチでもあり、表情のある生地です。
綿100%で詰まった生地は比較的扱いもし易いので、緊張せず着ていただきたいです。
日常を送る日々のリズムに緩急をつけたい時や、自分にとって大事な場所で過ごすひととき。
誰かと美味しいごはんを食べる時。などなど。
そんなささやかでも大切なシーンに、服装も演出の一つとして気分を盛り上げるための要素が多大にあって
欠かせないものだと思っています。
SUSURIのコレクションには日常と非日常のグラデーションがあって、一つの服でも着方によってエレガントにも
カジュアルにもなる異なる要素を持ち合わせたデザインだったりと、様々な感情を布の中に繊細に表します。
寄り添いもするし、何よりも自分を高めてくれる服の素晴らしさをデザインや生地、技巧から感じられるはず。
個人的にもSUSURIを着た日は靴下や靴も何にしよう〜とワクワクしますし、着飾ったりせずラフに組み合わせても
良い気分で過ごせます。特に楽さと涼しさを最優先に過ごした夏のあとの、この物欲も湧いてくるタイミングでは
可愛い服、きれいな生地の服に袖を通すだけで、奥底から何かが湧き上がる感覚があります。

前との違いを出した、後ろ身頃の十字と絞りとタック。
凹凸を加えることで、ただエレガントというだけではなく、立止まっている時と動いている時の
動作によってもその時々で違う表情を見せてくれるドレスです。
秋冬だからこそコートは落ち着いた色目で、中に明るい色の服を着るのも良いなぁと思いますし
ネイビーやグレーの上品なウールのざっくりとしたカーディガンも合いそうです!
素材感としては秋だけと言わず、春にも着られる生地なので季節長くお楽しみいただけます。
その他SUSURIの秋冬も順々に入荷してまいりますので、お近くにお越しの際には覗いてみてください。

7月8日

SUSURI    フルッタ―パンツ

color      cloudy

price      25300-(TAX IN)

SIZE      1    /    2 SOLD

サイズ1=約80CM サイズ2=約90CM  

今日から夏の高校野球岩手大会が開幕。日曜日には参院選。
様々な熱戦が今、そしてこれからとしばし続きそうですが、本当にこの暑さ、侮るなかれ。。。
時折サラ〜っと風が吹いて気持ちよく感じる瞬間もあるのですが、長時間外にいて陽にあたっていたり
何かに意識が集中していると、自分でも気づかないうちに軽い熱中症になりかけていたりもしますので
室内外に関わらず、どうぞ気をつけてお過ごしいただけたらと思います。
そうこうしているうちに、あっという間に夏が駆け抜けていくのだなぁと七夕を過ぎて実感しています。

SUSURIより継続して展開されているフルッターパンツは、今年も生地を変えてリリース。
ヒラヒラと揺れる裾がポイントのペチパンツは、着丈がちょっと短いワンピースに合わせたり
シンプルなデザインのワンピースに華やかさをプラスしてくれたり、あとは今時期やっぱり涼しい!と思う
透けるくらい薄手の生地のチュニックやワンピースを着る際にも存在感が光ります。
今シーズンのフルッターパンツの素材は細番手の双糸を強撚にして、シャリシャリな質感が特徴のボイル生地。
見た目にも涼感がありますし、実際に着てみると風の抜け方が格段に違うので、重ね着しても暑さの心配がありません。
とにかく涼しく、そして軽やかな服装を!という方にお勧めの、あると便利なインナーパンツです。

これまでにも薄手で繊細な生地を用いたフルッターパンツはありましたが、その都度生地の風合いや色目に
変化を加えていて、同じかたちでもコレクションテーマに沿って作製しているためニュアンスが異なります。
全く見せないインナーショーツとも違っていて、裾先の揺れるプリーツ・・・これがあることで服の振り幅というか
何気ないワンピースでもさり気なく華やかな印象を添えてくれるので、本当にちょっとした集まりの時にでも
サッと合わせられる気軽さで、そして可愛いところがポイントなんです。

ワンピースも光があたると透けるくらい薄手のものと組み合わせてみました。
どちらも単体ですと透けるのが気になりますが、重ねると元からセットだったかのような塩梅に。
裾先がわりとしっかり見えても良いですし、反対にほとんど隠れた状態でも気にせずに合わせて大丈夫です。
スカートやワンピースの下に一枚挟んでいることの安心感もありますし、動きに合わせて揺れ動くプリーツが
チラチラと見えるたび、ウキウキしていただけると思います。
良いインナーアイテムがあれば着られるのになぁというお洋服が、結構お手元にあるのではないでしょうか。
シーズンによって素材もお色も変わるので、気になったときが買い時ですよ。

5月26日

SUSURI    レリックドレス

color      sun set

price       58300-(TAX IN)

SIZE      1

天気が良くて良くて、良過ぎました〜な定休日。
もともと遠出の予定だったのが急遽なくなり、それならばと朝早くから始動開始。
お昼過ぎにはようやく苗祭りにも行けたのですが、その前にだいぶ動き過ぎて何だか苗を選ぶ気力が出ず(笑)
家の畑用にハーブをいくつか購入し家の周りの草取りや畑をしたら力尽き、もう一つの畑まで辿り着かなくて
こんな陽射しの強い中で、さつまいもの苗や仲間が植えた花はどうしているだろうかと気になりながらも
明日の雨までなんとか乗り越えて〜と、エールを送るだけののびのび農法3年目・・・
天気が良いお休みはいろいろ動いてしまう分、しっかり食べて、寝て体を休ませるのも同じくらい大事ですね。
今日も高温予報なので水分補給をお忘れなく。

夏日の訪れに合わせて、開放的な気分を一層掻き立てられるようなオリエンタルな柄が素敵なドレスを。
オレンジの濃淡が華やかで、キラキラ輝くラメを散らし奥行きを出したジャガードはSUSURIのオリジナル柄です。
以前にも中国の古い磁器を図案を参考にして作製された生地があり、柄も配色も良くて鮮明に覚えていますが
今回の柄と色の組み合わせもまた良い。。
素材には経糸に細いナイロンを、緯糸には工程の異なる二種類のコットンを用いています。
薄地ながら滑らかさとハリがあり、ちょっと独特な質感の生地はとても軽くて着るだけもう涼やかに感じます。
若干透けるので、インナーには一枚パンツやスカートを合わせていただくのをお勧めします。
今回はドレスとしての雰囲気で着たかったので、チラッとだけ見えるか見えないかの丈でリネンのスカートを
合わせてみました。

襟元は少しだけ大胆に縦に長く開いたVネックに、光沢のあるコットンシルクのリボンで装飾を。
Vネックはインナーとのバランスを気にする必要があって、またネックラインの好みは人によって様々。
私自身もVネックアイテムはほとんど持っていなくて、特に開きの広いタイプはあまり選ばなかったのですが
近年の暑さもあって、着心地も見た目も涼しさを重視するとVネックの見方も変わってきたのでした。
中でもSUSURIの場合は、首から襟、そして肩のラインまでの作りがとてもすっきりしていて、余計なゆとりが無い分
適度に体にフィットして、とても健やかな印象に映ります。
身頃の切り替えや袖などは、四角い長方形のパーツをつなぎ合わせたような民族衣装のイメージで
特に袖の太さと袖先に向かうほど広がるシルエットが、よりそのイメージを鮮明にさせますね。

両脇、実際には腰よりもやや高い位置で、ちょうど体の両側の肋を挟み込むようにギャザーの装飾を加えて、
全体の縦のシルエットにボリュームをプラスすることで、様々な表情や動きが出てきます。
キリッとした肩にもさり気なくタックを忍ばせて。
着る前は生地の魅力に引き寄せられて意識も生地に向きがちなのですが、SUSURIの服はいざ着てみると大変なことに
その生地の魅力を最大限に引き出すような、デザインだったりシルエットだったりが色んな感覚を刺激してくるのです。
選んでくださる方も、実際に試着された時の方が高揚感がより伝わってきますし、多くの方が「着てどこ行こう〜!」と
困ったような嬉しいような叫びを。。
徐々にお出掛けの範囲も広がりつつありますし、少しずつ各地でもイベント開催のお知らせも増えてきました。
気力そのものが湧かなかった方もいらっしゃると思いますが、新しい服を手にすることでちょっと外へ出ようかなという
気持ちにもなっていただければ嬉しいなと思います。

強い陽射しの後に訪れるのは、空一面を柔らかなオレンジが包みこみそしてやがてゆっくりと沈む夕暮れ時。
まさにsun setな色を表現した、珍しくも新鮮でもあるけれどSUSURIらしい表現で、過去と現在を混ぜて咀嚼して
つくり出した美しい色とかたちのドレスだと思います。
このジャガードの生地のアイテムの展開は他にブラウスとスリーブレスのドレスもありますが、rasikuに並ぶのは
レリッドレスのみとなっておりますので、お色や柄にハッとなった方は華やかに纏っていただけたらと思います。

PageTOP