5月13日

SUSURI    モラスクブラウス

color      off white

price       36300-(TAX IN)

SIZE      1

夏の扉が開く音が聞こえたかと思えば、突然梅雨の最中にいるかのような低気圧と湿度。
朝から乾き切らない洗濯物と奮闘してしまいました!汗
春になったと思ったらどさっと雪が降ったり、急激な冷え込みに慌ててストーブ・エアコン付けたりの日々は
もうすっかり過去の記憶と思っていましたが、それも実はつい先月のこと。
まだまだこの不思議な季節感に翻弄され続けるのだろうか・・・と湿気に包まれて若干気分も湿っていますが
そんな時は立ち止まるのも大事と思って、無理せずお茶タイムを多めに取ろうと思います。

ご紹介するお洋服は、湿度も気にせず軽くて涼しげなものをと思ってこちら選びました。
ひらひらユラユラ、力を抜いて気持ちよく着られるSUSURIのモラスクブラウス。
袖の広がりや、丸みを帯びるようにふわっとさせたシルエット。
絣のように仕上げる特殊紡績のコットンと細番手のリネンを縦横に少しだけ打ち込みを甘くして織った
清涼感の漂う生地は、見た目も着心地もさらりと軽くて柔らかさとハリのバランスがとても心地良いです。

Vに開いた首元はボタンではなくリボンで留める仕様。
SUSURIのこの首元リボンタイプの服が、気づけば私のワードローブには着々と増えていて
自分でもそこを意識して選んでいた訳ではないので、後から好きなんだなぁと気付きました。(笑)
ポイントになるようにキュッと結んでもゆるく結んでも、もしくは結ばずにそのまま垂らしても。
どことなく可愛らしさと大人っぽさが混ざり合うディティールのように感じていて、そこも好きな理由です。

ふわっと被って頭を出すと、体を優しく包むように前後ともに丸みを持たせたかたち。
着丈が短く、袖が長くて先に向かってひらりと広がるようになっているのがアンバランスの様だけれど
一つの形としてとてもまとまっていて、着た際にもとてもユニークだなとも思ってしまう。
そして袖先に目を移すと細やかなハシゴ刺繍が施されていて、微かな隙間とそこを渡る微配色の糸の美しさに
見惚れると同時に、ぼんやりとしたチェックにもメリハリが生まれます。

背中の真ん中で剥ぎ合わせて、首裏には細やかなギャザー。
後ろ側からの見え方が一番ふわりとしているようにも感じますが、写真で見るほどボーリューム感のある
広がり方をするわけではなく、滑らかにゆらゆらと軽やかに体の動きに合わせて揺らぐような服。
かたちのイメージは無脊椎動物の動きとしているところも、着てみると妙に納得してしまったので
気になられた方には、ぜひお試しになっていただいて、この感覚を共有できましたら嬉しいです。

SUSURI    フィジシアンシャツ

color      off white

price       37400-(TAX IN)

SIZE      1   /   4

今年は季節感が難しいと言いましたが、それは今にはじまったことではなくて
毎年春と夏の服のセレクトには頭から煙が出るくらい悩んでいるので、実はだいぶ慣れたもの。
そんな経験から、着られる期間も長くて柔らかさの中にもハリがある綿麻の素材がとても好きになりました。
このはっきりとしないチェックの涼やかな表面の生地に触れ、今回はこれだーと思ったのです。
同じ素材を使用したアイテムを3型選びまして、ブラウスに続いてシャツもご紹介します。
サイズ展開は1と4の2サイズ。印象はパリッとしていて、ゆとりを持たせたサイズ感になっています。
レディス・メンズと区切ることもないので、お好きなサイズでお選びになってみてください。

モデル身長は178cmで着用サイズは4。
いつもシャツを選ぶ際に細身ですが肩幅があるため、トップ釦が留まらないことも多いのですが
フィジシアンシャツの襟ぐりは広く設定してあって、首元も苦しくなく釦が留まります。
左胸のポケットにハシゴの刺繍を。胸ポケットのあるシャツが案外レディスでは多くないので
ポケットと刺繍のダブルで嬉しい小さなポイント。

肩幅、胸幅にもゆとりを持たせて、身頃にも膨らみを出すことでゆらりとリラックス感のあるシャツに。
背の高い細身の方にも合いますが、袖の設定を見ても腕が長い方にもしっくりとくるのではないでしょうか。
無地でもなく、そこまではっきりとした柄ではなく、むしろちょっとぼんやりとした掠れたようなチェック地は
派手さはないものの、爽やかさとクラシックな要素が適度に混ざり合っていて、気張らないきちんと感が素敵です。
前後の丈の違いやサイドの深いスリットも、ゆったりとしたシャツだからこその動きも着てみると楽しいですよ。

SUSURIが作るシャツやコートのアイコンにもなっている背裏に配されたループ。
ループのぴろっと余った部分に重なるようにタックが入って、視線が縦に流れるようなデザイン。
ゆったりとした余裕のあるサイズ感になっていますが、所々にスクエアでスッキリと見えるような
工夫も丁寧になされているので、見た目の大きさだけに捉われずに袖を通してみていただけたらと思います。

4月29日

SUSURI    タピールパンツ

color      NAVY

price       42900-(TAX IN)

SIZE      1

color      KHAKI

price       42900-(TAX IN)

SIZE      1

昨日の朝も相当に冷え込んだ感じがありましたが、明日は最低気温が3℃前後。これは冬ですね。
あまりに急に暖かいを通り越して暑くなるのも、洋服屋を営む一個人としては困ったなぁっと思う訳で
心地良い気候をもう少しだけ楽しませて頂きたい。そんな気持ちでおります。

秋冬シーズンにも展開をした”タピールパンツ”をサイズを絞ってセレクトをしています。
ずどんとワイドなシルエットに対して、綺麗なドレープが表現出来るアイリッシュリネンの生地感。
この手の素材は自分達の今の気分だったりお店に並ぶイメージが浮かばず、数シーズン手が伸びなかったのですが
触れた瞬間に抜群の生地感というのが伝わり、パンツ・ベスト・オールインワンと3つの異なるデザインを
其々にセレクトをしました。気温を見てもそろそろリネン素材のパンツは穿きたい気分が高まっていて
前開きベストは、寒暖差の大きい日の温度調整としてもリアルに着れる気候になってきたように思えます。

春夏に穿くパンツは必然的にリラックスしたムードが高くなりがちですが、そのニュアンスを含みつつ
トラウザーの様な感覚をミックス。曖昧な境界線に対して良い落し所を考えながら穿ける印象を持ちます。
股上が深くウエストの高い位置で付属のベルトをぎゅっと絞ってシルエットを調整。
レングスはすっきり合わせることで、リネンの持つ柔らかな表情を最大限に発揮出来ると思います。

ややオリエンタルな素材をバランス良く着る為に足元を黒で引き締めると、リネンの柔らかさに心地良い
緊張感が生まれます。何事も一辺倒になり過ぎずに、素材感や色での組み合わせを楽しめるようになると
選ぶ洋服にも幅が生まれて、今まで手にしてこなかったようなアイテムも視野に入ってくるのも面白さだと思います。
シルエットに大きな癖はなく股上が深く設定されていますが、ウエストをいつもより少し高い位置で留めて
穿いていただくと、深さや太さなども全く気にならないほどに心地良く感じていただけるのではないでしょうか。

どんな素材にも共通する事項ですが、天然素材だからといってどんな洗い方をしても大丈夫という訳ではありません。
上質なリネンを用いているので、出来る限り優しく丁寧なお洗濯をして頂けると風合いが損なわれずに
愛用して頂けると思います。上質なウールを扱うようなイメージと言えば良いでしょうか。
自分達が提案している毎日でも穿きたくなるようなデイリーウェアとは、また違った視点で、質の高い肌当たりと
光沢あるリネンのしなやかさを感じて頂けるはずですし、オンとオフとのスイッチを入れる服装というニュアンスも
タピールパンツには含まれているように思います。

SUSURI    ディグベスト

color      NAVY

price       36300-(TAX IN)

SIZE      4

color      KHAKI

price       36300-(TAX IN)

SIZE      4

レディース中心に展開をしているSUSURIですが、メンズでの提案も自分の中で試していきたいと思いつつあります。
アシンメトリーなデザインの前開きベスト。ブランドの世界観を前面に出す着方よりも、当たり前に着ている日常着に
プラスαの効果とニュアンスを変える意味合いでも面白い存在になればと思っています。
脇下のスクエアにカットされたデザインと、しっかりと首の詰まったクルーネック。
Tシャツの上にラフに羽織るだけで、いつもの服装にメリハリが生まれそうですし、温度を調整したり服装の物足りなさを
埋めてくれるような、決して分かり易いアイテムではないですが、思いも寄らない組み合わせが出せそうな予感が漂います。

サイズ展開はデザイナーが自分用に着るイメージで作製されているので4のみ。
普通で言えばM~Lサイズの方が着ると、納まりが良く感じて頂けるのではないでしょうか。
ベストを着る際に最も気になる脇下の開きがしっかりと確保されているので、動きを制限せずに
インナーとの相性も気にせずに重ねることが可能。シャツを合わせる際にはブロードの様な綺麗な生地感から
リネンのくたっとしたものまで、相乗効果を期待させる存在に。

四角の面のつながりで構成するイメージで形になったベストは、特に腕周りが四角くゆったりとしていて
それがわざとそうしてある事によって、男性が着ても女性が着てもどちらでも違和感なく重ね着が出来る
形に仕上がっているように感じます。
特に袖口が広いTシャツだったり、バルーンのように膨らんだデザインのブラウスやワンピースなどにも
合うのではないでしょうか。

ボトムとベストのセットアップも可能なように選びました。
ボトムスは3サイズあるうちの真ん中のサイズで、ウエストは約83cm。
どこでベルトを絞るかにもよるのですが、しっとり気持ちのいいリネンをゆるやかに
且つサラッと纏ってみていただけたら嬉しいです。
天候は生憎の雨模様となりましたが、爽やかな服をご用意してお待ちしております。

3月31日

SUSURI   レヴーズブラウス

color    custard

price     41800-(TAX IN)

SIZE     1

はっきり目覚める前のぼんやりとした意識の向こう側で耳にする雨音と、お風呂に浸かりながら聞く雨音は格別。
大概そんな雨の朝は気持ちよくて二度寝してしまうのですが、今日は珍しくシャキッと起きれました。(驚)
思ったより気温が高かったからでしょうか。
でも起きて一番にすることはいつものようにストーブをつけて、やかんを乗せること。
日々の気温さが激しいので焦らずゆっくり体を慣らしていきましょう。

去年展開したレヴーズドレス
小花プリントのざっくりリネン生地も好みでしたが、このかたちが好きで好きで・・・。
その時はドレスのみのオーダーだったので、春夏ではこのフワッとギャザーのドレス・ブラウスで
陽気な春を過ごしていただきたく、それぞれ二型二色をご用意してみました。
生地のタッチやお色との相性で、着た際の雰囲気・シルエットにも変化が見られるのもまた良いですね。
ドレスに関しましては、現在店頭に並んでいるお色が”custard”のみとなっておりますので
ぜひご覧になりたい方には、実際にお試しいただければと思います。

小さいながらもきりっとな印象を作る立襟。
ボリュームを持たせた袖とはちょっと対照的に、スッキリと縦のラインを意識したフロントの仕様。
シンプルなようで華やか。華やかなようでシンプル。
リラックス感のある古いナイトウェアを思い浮かべて作られたかたちは、見た目以上に軽やかで
生地のコシとしなやかさも際立ち、動き難さや窮屈さなども感じられません。
たっぷりの部分はあえて誇張させながらも、それが心地良くてや純粋に可愛いなと思えるのは
その分の匙加減がしっかりと細部に行き届いているから。

アームホールからではなく、落とした位置で切り替えた袖に細やかなギャザー。
袖口もきゅっと窄まっているので、たっぷりとした袖が存分に楽しめますし
カフスの釦を外してくるっと捲ったり、きゅっと肘下あたりまで袖を引き上げたり動きを出すと、
さらに違った一面が見えてくるのではないかなと思います。
また昨年も今年もお客様とコーディネートで盛り上がったのは、ベストとの組み合わせでした。
SUSURIがつくるベストとの相性はもちろん完璧で、そのままでも十分ポイントになる袖の膨らみが
一際輝いて見えるのでした。

前丈と比べて、長めに設定している後ろ丈。
かっちりと着るのも素敵ですが、前開きの仕様を活かして釦を留めずにパサッと羽織るなど
あえてラフに纏ってしまうのも良いのかもしれません。
エレガントな印象を残しつつ、クリアで清潔感のあるリネンの生地を気持ち良く日常の中に
落とし込んでいただけたらと思います。

動いている時や止まっている時、それぞれの見る角度によっても印象の違いを生んだりもします。
そういった小さな違和感や違いをネガティブにではなくて、驚きや面白味と捉えれば物の見方は
とても楽しいものになると思いますし、相互作用でお互いを引き立て合っているブラウスを着ると
自然と楽しくなってしまうのでは?と、そんなことをほわほわっと想わせてくれるような一着。

color    slate

price     41800-(TAX IN)

SIZE     1

custardとslateの二つのお色。どちらの色も柔らかで、淡くてはっきりとした発色が美しい。
slateは鈍い光沢感がより大人っぽい印象に見えます。
明るい色目を欲する季節ですが、なんとなくこのブラウスにはブラックのボトムを合わせたくなり
パンツでも良いなと思いながら、ふと目に留まったボリュームのあるスカートを。
たっぷり同士でもそれぞれ縦にスッと落ち感がある作りだと、納まりも良く綺麗にまとまります。
着丈がすっきりしているので、どんな身長の方でも合わせるボトムはそこまで選ばずに
スカート・パンツどちらの組み合わせも楽しめると思います。

まだ少し肌寒かったのでインナーには薄手の長袖カットソーを着ています。
首のラインなどがくっきり透けてしまうようだったら脱ごうっ、と思って撮影しましたが
slateは分からないぐらいでした。(custardは薄っすらと、でもそこまで気にならない)
生地は触った感じですとそこまで厚みがある感覚ではないのですが、それは生地の艶っぽさや
しなやかな肌触りがそう感じさせるのかもしれませんし、発色の良さも合わさり変に透けないのかなと。
なのでインナーがノースリーブになっても安心して着ていただけますし、一枚で着られる時期になったら
素肌にあたる生地の潤いや、風抜けの心地好さを堪能していただきたいです。

卒業シーズンが一段落して、今はこれからはじまる新生活や新学期に向けての準備だったり
忙しくされている方もきっと多い時期ですね。
新しい環境に進む方も、同じ場所で新年度がはじまる方も、無意識のうちに身体が強張ったり
緊張が解れて自分のリズムを掴むまでには、それぞれにある程度の時間が必要だと思います。
そんな時こそ自分なりに緊張をほぐせるような、食べ物でも着るものでも人でも何でも良いので
パワーチャージできるものを持っていると力強い味方になってくれるのは間違いないと思います。
因みに私たちのパワーの源は、これまではじっくりストーブで煮込んだ大根の煮物やスパイスカレー
だったんですが、最近は産直に葉物が出てきたのでウサギの様にムシャムシャ葉っぱを食べています。
あと生命力を感じるような、ちょっといい卵でTKGを。
そんな風に洋服でも力の源になるような一枚をお選びいただけたら嬉しいです。

3月11日

SUSURI   フォッシルドレス

color    BAIGE

price     77000-(TAX IN)

SIZE     Ⅰ

薄曇りだった空から陽射しがふり注いで、仄かに暖かく穏やかな時間が流れています。
あたたかい、というのは良いですね。
今日もいつものようにお店を開けて過ごすことができました。それだけで佳い日。
多くの方の心にあたたかな光が灯り、心からそう思える様な世界になることを願います。

昨年の春夏に展開された際にも、目に留まらない訳がない華やかさと、人の手しごとによる表現の果てしなさが圧巻で
その時はすぐに反応できず、記憶だけがしっかりと残り続けていたモチーフを纏ったドレス。
今シーズンも形を変えてリリースしてくださったので、喜びと、型抜きの花びら一針一針の刺繍に想いを馳せて
届くのを心待ちにしていました。
フォッシルドレスのイメージの元になっているのは、古い写真の中にあるような質素で素朴なかたち。
現在の感覚では、どちらかといえば華やかな印象に映るのかもしれませんが、煌びやかさやキラキラ眩しいのとも違って
生地の接ぎの多さによって作られるシルエットの美しさ、エレガントなムードを感じていただけたらとおもいます。
結婚式やパーティ、式典など特別な日のフォーマルな装いにお勧めしたいなと思ってはいるのですが、個人的には贅沢にも
普段の日常の中で自分にとって大切な場所や人と過ごすときに着たり、カジュアルに組み合わせて着るというのも良くて
そんな風に手に取ってお楽しみいただけたら、嬉しいです。

肩はセットインで、全体のシルエットから見ると上半身はとてもスッキリさせていてますが、いざ袖を通してみると
内側にこんなに広い空間があったのかと、建物の中に入ったかのような感想を持ってしまうぐらい、身体と布の間に
余白が感じられます。とは言えゆったりという表現は合わなくて、適度な距離を保ったドレスの形に自分の体や姿勢が
フィットしていく感覚です。
前と後にぽわんと膨らみを持たせることでより立体的なシルエットが生まれ、上から下への曲線的なライン
特にバックシルエットが美しく見えるように感じました。その分背中や首もシャキッとしたくなりますが。。。

ポケットは最初ある事に気付かなかったほど、さり気なくちゃんと存在しています。
エレガントな雰囲気を崩さない様に、脇下の切り替えの位置をスーッとなぞっていくと
自然と手が入るポケット。

カラーは昨年から続くBEIGEと新色のBLACKが増えて二色の展開に。
ベージュを着た際の印象の柔らかさが、鳥足の刺繍で紡いだモチーフの素朴な雰囲気とも相まって
華やかさもありつつ、その場の空気が和むような印象を抱きました。
刺繍や黒のパイピングが良いアクセントにもなっているので、シンプルにカーディガンを羽織ったり
ボトムやインナーパンツを穿くと気張った感じにもならず、そこまでカジュアルにも寄り過ぎません。
どちらかと言えば、自分が好きな素材感やデザインの服で特別な日を迎えたいという方のための服で
フォーマルに限らずとも、着て気分が上がるのは間違いないと思います。

color    BLACK

price     77000-(TAX IN)

SIZE     Ⅰ

新しいお色のブラックはよりシックな印象が強くなりますが、コットンリネンの生地のハリ感や艶、
また刺繍された花の模様が静かに浮き出てて、息を飲むような魅力を放ちます。
ベージュにはボトムを合わせたので伝わり難かったのですが、ブラックだと見て取れるように
生地に光があたると微かに透けるぐらいの生地の厚さです。そこまで薄地では無いのですが着心地は軽やか。
一枚で着られる際には、ペチコートやインナーショーツを穿いて頂くと安心です。

首元はやや深めに開いているように見えるのですが、釦を留めると肌はそこまで見えません。
こういったドレスを着る時にはインナーの見え方が気になるところかなと思いますが、
鎖骨よりちょっと下が見えるぐらい開きが広めのぴったりとしたタンクトップやキャミソールは
問題なく(見えずに)合うと思います。ただ今時期はタンクトップにドレスだけでは寒いと思うので
長袖や七分袖を合わせたいという場合は、出来るだけ滑りの良い表に響かない生地感のインナーで
Uネックぐらいの開きであれば、そこまで気にならずに合わせていただけます。

何気ない仕草や動き、見える角度によって、うっとりとしたりハッとなったりもするドレス。
SUSURIのお洋服を何着かお選びくださった方が、見るのも良いけど着るともっと良いよね、
すごく自分が素敵に見える!と、明るくサラッと言われたのがとても嬉しく心の中に残っています。
自分達も展示会に足を運ぶ度に、今までに無い感覚が刺激されたり、過去の経験が結びついて
新しい感覚が生まれたり。SUSURIの洋服を通して自分達がそういった瞬間に出逢えていることにも
いつも喜びを感じています。
このドレスも着る人によって様々な感覚が生まれる一着ですので、ぜひお試しいただけたら。

2月28日

SUSURI   ディグカバーオール

color     khaki

price     62700-(TAX IN)

SIZE     1

毎年のことと分かって、年々加速しているかのようにこの2か月は足早に過ぎていきますね。
あまりに早いので、すでに記憶が1月と混ざり合ってしまっています・・・
そんな2月最後の週末も、足をお運びいただき嬉しい時間をありがとうございました。
考え込んでしまったり、やるせなさが心を覆う様な出来事ばかりですが、笑う事も忘れずに。
ちょっとでも心が和らぐような時間を持つ事を意識して、何より来て下さった方には気持ち良く
楽しい時間を過ごして頂けたらなと思います。


SUSURIの新しい季節の立ち上がりは美しいリネンを使用したカバーオールからご紹介。
2月納品のリネンアイテムは、この土地の気温を考えると正直躊躇してしまうことが多いのですが
このリネンに触れた時の、むしろ触れる前から服に滲み出ていた(よい生地です)という表情と
これぞまさにしっとり・・・な心地良い肌触りに、躊躇する心は何処かへ飛んでいってしまいました。
柔らかいだけじゃなくリラックス感だけじゃなく、ちゃんとコシがあって上品さを感じさせるところも
SUSURIならではという生地ですし、展開された3色ともに柔らかくて深みのある色でよかったのですが
その中でもこのカバーオールの雰囲気に合うなぁと感じたkhakiを選びました。

デザインには古い時代の素朴なドレスを土台とすることで、クラシックな雰囲気を纏っています。
しっかりと詰まった首元とやや内側に入った肩線。狭い感覚でみちっと並ぶ釦は手間取りますが可愛いです。
上半身はややコンパクトかなと思うのですが、釦を下から留めていくとなんとも不思議で身体がすっぽりと
納まって、生地のコシと柔らかさと、何より秀逸なパターンのお陰か窮屈さを感じさせません。
ドレスを想わせるのは腰よりも少し高い位置の切り替えと、そこに寄せられた細やかなギャザー、
そして裾先までゆらゆらと綺麗に流れる生地のドレープから。
ゆったりとしたシルエットのパンツは、足をパッと広げるまでは案外気付かれないかもしれません。
静と動の対比、そのどちらの瞬間の姿も美しく見栄える様に狙い定めたデザインに、着ている自分が
その時々でハッとする、まさにツボを突かれる感覚のドレスのようなカバーオールです。

横からの見え方も、上に記したように止まった立ち姿はエレガントなドレスを纏っている様で
一歩足を前に出せば、滑らかな生地が動きに合わせて心地好くはためきます。
パンツ部分には両サイドにポケット。
袖は少し短く設定していて手首が見えると軽やかさを感じますし、何よりも涼し気。というか涼しい。
インナーを着込まずに気持ち良く一枚でさらっと着られるのは、イメージとしては5月頃でしょうか。
そこまで薄い生地ではないので、少しでも早く着たい方インナーにシャツや薄手のタートルなど重ねたり
さらに上に羽織物を組み合わせることで、季節感もミックスされて良いと思います。
ワイドパンツは風抜けが良いので、冷えない様にタイツやレギンスでカバーしつつ。
足元もこれからもっと路面の状況も良くなって、少しずつ履ける靴の選択肢も広がってきそうです。
ペタンコのバレエシューズやローファーも合いそうですし、春色のソックスやスニーカーなども良さそう。
もうあれこれと想像するだけでも、明るい兆しのように感じます。

今回は同じ素材で作られた、ゆったりベストとパンツのセットアップもご用意しています。
そちらはkhakiとnavyの二色で、また別の機会にご紹介いたしますね。
春夏の、どちらかと言えば初夏の方まで近づいた新緑がわさわさっと茂った頃が似合いそうですが
リラックスしつつもちょっと気取った装いを、揃いの生地でというのもなんだか素敵ではないでしょうか。
3月という響きに誘われて、ぜひ店頭へ足をお運びいただけたら嬉しいです。

PageTOP