5月1日

homspun   コットンウェザーPT(W調整タブ付き)

color      ネイビー

price       20900-(TAX IN)

SIZE      M    /    L

color      ベージュ

price       20900-(TAX IN)

SIZE      M    /    L

ゴールデンウィークいつもの方も遠方から遥々久しぶりにいらした方も、お運びいただきありがとうございます。
隣県も、昨日の朝は”雪と新緑”という起きて早々驚きの景色だったそうですが、そのおかげ?か高速道路も混まずに
雪もなくスムーズに来れたと仰っていて、何よりでした。
連休だと月の切り替わりもどこか曖昧に感じますが、5月のはじまりは雨模様ですが店内はカラッと晴れやかに。
どうぞ初夏から夏をイメージしながら、お洋服をお選びいただけたらとおもいます。


スカートのご紹介が多かったhomspunから久々にパンツのご紹介です。
高密度なパリッとした丈夫な生地、コットンウェザーを使用したパンツは程よい太さで見た目も履き心地も軽快。
正面から見るとストンと平面的なシルエットですが、腰回り切り替えで履き心地が良いなと感じたり、サイドとバックに
配置されたウエストのアジャストの仕様がユニークだったり、久しぶりにhomspunのエッセンスが濃いデザインのパンツを
オーダーしたように思います。カジュアルですがラフになり過ぎず、スッキリとした印象の夏のパンツです。

フロントはトップ釦とZIPでの開け閉め。ポケットは両サイドと後ろ側にも左右に一つずつ用意。
先にも書いたように横と後のベルトをする位置に釦がダブルで付き、タブでウエストを絞れるというデザイン。
細かく書くと横に2箇所、後ろ2箇所の計4箇所に釦とタブが配され、絞る前のウエストのサイズがおおよそ76cm。
全部の調節タブを絞った状態ですとウエストサイズがおおよそ68cmなので、8cmサイズの可動があります。
タブひとつにつき、2cmという感じでしょうか。
元々サイズ展開はS・M・Lで、カラー展開も4色とバリエーション豊富なパンツですが、タブ調節が出来る分
サイズも絞ってオーダーしました。色はベーシックなネイビーとベージュで。
さらにMサイズは完売となっておりますので、各色Lサイズのみとなります。

ここ最近、夏場は特に、選ぶボトムといえばウエストがゴムや紐のイージーパンツに頼りきりになっていて
穿いた瞬間になんだかとても懐かしいというか、もろもろキュッと引き締まる感覚になったコットンウェザーのパンツ。
ウェザーはスプリングコートなどにも仕様されたりもする平織の詰まった生地なので、薄くて軽やかでそしてタフ。
ゆるやかで気楽な履き心地とはまた違った、なんとも爽やかなハリ感がクールで心地良く感じられる素材です。
ウエストに余裕がある方はトップスをタックインしたり、ちょっと着丈の短めなTシャツやスウェットなどを
合わせてみたり、さり気なくウエストのデザインがアクセントになるような気合わせもお楽しみください

ワンピースやスカートも好きですが、実は個人的にも圧倒的に多いのはパンツスタイルだったりして
ただ気に入ったデザインのものを生地違いで購入して、ほぼ同じものばかり穿いていることに気付きました。
好きなものは好きなのでそれでも良いと思いながらも、久しぶりにシルエットだったり見た目の雰囲気も変わる
ボトムスを穿いたことで、これからはもうちょっと色んなタイプのパンツを試してみたいなという気持ちに。
その時の気分や体型で着る物が変わるのは当然のことながら、着る物によって感覚が蘇ったり心が動かされることも
あると思うので、ぜひ気になった時は色々お試しになっていただけたら嬉しいです。

4月8日

hompun    コットンラチネ 長袖比翼BL

color     アイアンブルー

price      23100-(TAX IN)

size      S   /   M  SOLD

color     ネイビー

size      S   /   M  SOLD

連休をいただきまして有難うございました。
雨に濡れた空気がキラキラしていて川沿いを歩くのが一段と気持ちの良い朝でした。
(白鳥7羽はまだ滞在中で、中に1羽毛がグレーの子がいて最近はみんなで飛行訓練をしています)
各地より桜満開~散り始めの様子が届いたり聞こえたりして、やぁぁきれいだなぁ~っと見ていたら
こちらも近くの公園の梅がぽんぽんっと咲いていましたよ。
ゆっくりと、でも勢いよく咲き誇る花の見頃がとても楽しみ。

homspunより先月ご紹介したタックワンピース
そのワンピースと同素材の万能ブラウスと、裾へのラインが綺麗なスカートを合わせてご紹介します。
先ずは長袖のブラウスから。

ノーカラーでフロントが比翼になったブラウスは、少しずつ形を変えて展開されていますが、
今回のシルエットとサイズ感により、シンプルな見た目ながらも着方に広がりが出させる一枚。
釦を留めると顔周りもスッキリとした表情で、襟元に光る小さな釦と、太0番手のステッチが
さり気ないアクセントになっています。
肩線は無く、肩から袖まで優しくゆとりを持ったドルマンスリーブ。
今まで展開のあった比翼ブラウスと比べても、形自体も違いますが肩や胸周りのサイズ感が
とてもゆったりとして、着心地がよりリラックスしたものになったと思います。
かと言ってダボダボッとしたようなゆったり感ではなく、着丈や裾にかけてのラインや後ろ側に
スリットが入っていたり、ブラウスの綺麗さが損なわれない様に全体のバランスが整えられていて
着こなしに関しても、ワンピース同様により一層色々な合わせが楽しめる形に仕上がっています。

コットンラチネのしなやかで艶々やかな質感が気に入って、この様にもれなく3型のオーダーに。
着心地も生地感も軽くて日常使いに適しているなと思うのに、ほんのりとさり気なく品が合って
ワンピースもブラウスも着合わせと小物の組み合わせ方で、人に会う時やちょっと畏まった場面にも
気兼ねなく着ていただけるのではないかと思います。

脇下から裾に掛けて逆三角形ほど急激にではないですが、緩やかに窄ませています。
その為、腰回りはそこまで幅は広くないのですが、後ろのスリットが上手く調整してくれていて
タイトな感覚は一切無く、見た目もスッキリです。
サイズはMを着用しています。
着合わせ万能なネイビーをあえてシンプルに一枚で着るのも、落ち着きと清々しさが合わさり良いです。
オリーブやベージュどんなカラーのボトムでも合いますし、明るい生成パンツとの相性もばっちりです。

もう一色のアイアンブルーはセットアップで合わせたので、ブラウスからスカートの順でご紹介。
インナーには赤のチェックシャツを挟んで、太陽が出ている日中ならコート無しでも過ごせる様な
いろいろ浮足立つ組み合わせ。これからはもっと明るい色のTシャツなどもイメージ出来ますね。

釦を留めずに羽織るだけなら、中に中肉のスウェットやハイゲージのニットぐらいまでは着込めます。
同じくドルマンスリーブのチュニックやワンピースにも問題なく重ねられるところもポイント。
ジャケットのようにサッと羽織れるブラウスは、一枚でもあると本当に毎日着たくなるくらい便利なので
今時期、なんだか手元に着るものが無い・・・。という状況の方にとってもおすすめです。

春のあたたかさをしっかりと感じはじめると、やっぱり求める服にも変化が現われます。
先日お運びくださった方の中にも、日中は上着要らないねーと軽い装いでいらっしゃったり
素材も綿・綿麻・麻のさらっとした生地感を欲している方が、わーっと増えた感じがして
“あたたかい”ことの偉大さを実感しています。
とは言えまだバリバリ朝は一桁なので、アウター無しで出掛けるのはちょっと気が引けますが(笑)
所謂のアウターでは無く、中間着としても一枚着としてもラフにもきっちりにも羽織れるという
何役も担ってくれるブラウスは重宝すること間違いなしですし、一着お持ちいただくと心強いですよ。

hompun    コットンラチネ フレアSK

color     ネイビー

price      24200-(TAX IN)

size      M

color     アイアンブルー

size      M 

セットアップで合わせた同じ素材コットンラチネのフレアスカート。
こちらはサイズを長さのあるMサイズのみオーダーしています。
ウエストが釦やベルトループなどは無く、ぎゅっと紐で絞って穿く仕様ですので
長さの好みはあると思いますが、そこまで体型問わずに綺麗なシルエットで穿いていただけます。
フレアスカート特有の、身体の動きに合わせてゆったりと優雅に揺れ動く様が心地良くて
ついつい回ってフワッとさせてしまうのも、スカートが素敵なので仕方ないですね。

写真では見え難くなってしまっていますが、ウエストから腰の部分にかけてややマチがあって
腰の切り替え位置から裾へ向かって広がる綺麗なシルエットが完璧。
生地のしなやかさも相まって、広がり過ぎないけれど波の様にドレープはしっかりと浮き出て、
ギャザースカートとも違った高揚感を感じて頂けるはずです。

ワンピース・ブラウス・スカートとどれもおすすめの形で、ネイビーもアイアンブルーどちらの色も
ともに着合わせ易く、季節も選ばずに着られるので悩んでしまいます。
中に何を合わせたいか、可愛らしいシャツなのかシンプルなTシャツなのか。
はたまた薄手のニットなどにも重ねても良いですし。寒暖差がある分、その日の行動予定に合わせて
色々な着こなしを楽しんでいただけたら嬉しいです。

3月24日

hompun    コットンラチネ 八分袖タックOP

color     ネイビー

price      34100-(TAX IN)

size      S(110cm)   /   M(120cm)

color     アイアンブルー

size      S(110cm)   /   M(120cm)

homspunから届いたコットンラチネシリーズより、まずこれは外せないと選んだタックワンピースをご紹介です。
ラチネと呼ばれる糸を用いた生地は、薄すぎず厚すぎずちょうど良い厚みと、しっとり滑らかな感触が特徴的。
低めのウエスト位置からのたっぷりタックに、八分袖。絶妙な塩梅で垣間見える可愛さが春の物欲を刺激します。
風の冷たさと日差しの暖かさが混ざり合い、季節が進んでは戻ってを繰り返す時期ですが、ここ数日の間にも
微かに暖かさが優勢になった感じがして、それだけでも気持ちが上向きになり手に取る服も変わりますね。
このワンピースや、同じ生地のスカートやブラウスは、個人的にもとても好きな生地とデザインだったので
珍しく?入荷してすぐに目に留まりやすい所にディスプレイして、さり気なくアピールしていました。笑
ただ雪景色のなかで春の装いを想像するのはまぁまぁ至難の業ですよね。。
そんな中でも春服をお選び頂くことは本当に有難いなと、そして風邪引かぬように!と思っていましたが
やっとやっと気候とのギャップも縮まってきた頃ですので、どしどしお試しになっていただきたいです。

ワンピースは全体的にゆったりと、特に切り替え位置より下のタックスカート部分には分量と重さを感じます。
その分大きく膨らまずに、やや下に重心があるような落ち感のある柔らかな表情がポイント。
キュッと詰まった首元は、ループで留めるトップ釦から下は比翼釦になっています。
袖丈や上半身をスッキリとした見え方にすることで、可愛さや膨らみが際立ってしまいがちなタックワンピースを
なるべくあっさり目に、でも楽しく日常で着られる様に仕上げているところがhomspunだなぁと改めて思います。

これまで首元(特に首裏)を覆わないとと、インナーにタートルが必須だったので
こんなふうにシンプルなカットソーできっちり釦もして潔く着られるのが、それだけでも嬉しい。
もちろん、首元が物足りない時は、インナーにタートルでも襟付きのシャツブラウスでも良いと思います。
胸や腕周りにもゆとりがあるので、中に合わせる服もいろいろ選べそうです。
気温によって中に着るもの、もしくは上に羽織るものを変えていただければ、意外ともう少し早くからでも
出番はありそう!と思いましたが、気持ちがノルかどうかも大事ですからね。

両サイドのポケットの位置。
無意識的にはなかなか手が入れ難いのですが、何だか妙に落ち着くポケットです。
SサイズとMサイズの2サイズ展開。サイズによって、着丈が10cm変わります。
着用サイズはMサイズです。(着用スタッフ身長166cm)
ワンピース一枚でさらっとの着こなしも出来る着丈は無条件で選んでしまいますね。

ネイビーもアイアンブルーもどちらも甲乙つけ難いお色ですが、今の気分としては少しでも明るい色を
体が欲しているのかアイアンブルーに引き寄せられます・・・が、ネイビーのワンピースに足元に黄色や赤を
持ってくるのも良いですね。
今季のhomspunは組み合わせが楽しくなる服が多いので、ぜひ春のイメージをむくむくと膨らませて
お越しいただけたらなと思います。同素材のブラウス・スカートもまたご紹介いたします。

3月14日

hompun    C/W ハンドカバー付き七分袖CD

color     チャコール

price      17600-(TAX IN)

SIZE      F SOLD

color     TOPグレー

SIZE      F SOLD

昨日の雨と雪代が混ざり合って水嵩が増した中津川。いつもの場所に待機中の白鳥はついに4羽に。
毎日の様に次から次へと白鳥の群れが旅立つのを見て、分かってはいたのですが・・・
漂う寂しさをぶんぶんと振り切るように、水溜りを飛び越えて足早に店へと向かった月曜日。
3月が半分を過ぎようとしているのは現実ですか?


homspunから春夏の立ち上がりに届いたコットンウールのカーディガンは、すごく可愛いけれど
まだ手が出ないな~と眺めていましたが、いよいよやっと、生地のウエイトとデザインと気温のバランスが
取れたように感じて、着るタイミングは今ですよーと猛プッシュの一着。
クルーネックの七分袖に同生地のハンドカバーが付いて、寒い時には長袖or指ぬき手袋?にもなります。
ハンドカバー無しでインナーに長袖を着て袖先を覗かせたりなど、気候に合わせた着合わせが出来ますし
中に合わせる服によって見た目の変化も楽しめるところが良いです。

TOP釦のみループで留める仕様になっています。
釦をぴちっと留めても、シルエットも生地も適度に柔らかく、窮屈さを感じません。
ウール30%コットン70%の配合で、見た目もそこまでウール感が出ていないので
気分はぐいぐい春へ向かっているけど、服装は油断はできない・・・でも軽やかなものが着たい!
という今時期の気分にもぴったり。
胸下の切り替え部分のデザインと、袖口とハンドカバーが重なり合ったところとが写真で見ると
リンクした感じにもなっていて、このハンドカバーが実はものすごく可能性を秘めているのでは?
と思ってしまいました。
畳んだカーディガンと一緒に並べてると結構な確率で???という反応ですが、身につけると
なんだか今まで体験したことのない感覚でワクワクしてきます。

インナーは薄手のカットソーを合わせました。
明るい色のタートルやクルーネックのボーダーTEE、他にもシャツやワンピースに重ねるのも良いです。
身頃も比較的ゆったりで着丈もそこまで長くないので、ボトムもパンツ・スカートどちらに合わせても
体型問わずバランスが取り易いかたちです。

三寒四温を感じて、そこから春の勢いって物凄いですよね。急に距離がぐいっと縮まっていて
いつも気付いたら山菜シーズンにINしてます。(笑)
そして桜の時期は年々少しずつ早くなって、急激に暑くなってみたり、雨が続いて肌寒かったりと
翻弄されながらも季節は進んでいきます。
羽織物がどれだけあっても良いと思うのは、そんな季節に翻弄されながらも自分がその日一日を出来るだけ
気分よく快適に、無理なく過ごせるかがとても大事だと思うからかもしれません。
シンプルだからこそ季節も長く羽織っていただけて、組み合わせを考えて着るのが楽しいカーディガンです。

homspun   コーミングマット ギャザーSK

color     ブルー

price      26400-(TAX IN)

SIZE      M SOLD

color     ブラック

SIZE      S    /    M  SOLD

カーディガンに合わせたボトムはこちらでご紹介したコートと同素材のギャザースカート。
セットアップでも素敵ですよと書いたので、それが可能なうちにと思って。まだコートもございます◎
二重になったポケットがアイコンのスカート。生地を変えたり、シルエットやサイズ展開を変えたりしながら
どのシーズンのものもとても好評で、今回もお色とサイズが限られたもののみになってしまいますが
生地がとても良くて、春・秋・冬(環境次第)とタフにお使いいただけると思うのでご紹介いたします。

一見シンプルなギャザースカートも、ポケットの形一つでこんなにも特別な存在になるのかと
思ってしまうのですが、言い換えればそれがhomspunの最大の魅力でもありますよね。
何か特別な生地を用いたり(する時もありますが)ではなく、選ぶ生地とデザインの妙で
人の心を掴んで離さないブランドは、そこまで多くは存在しないのではないかと思ったりします。
定番のカットソーとカーディガンとスカート。普遍的なアイテムで構成したスタイリングも
homspunだと普通だけど普通じゃない感じがします。ちょっとお茶目というかチャーミングなんです。

ブラックのみサイズがS・Mご用意がありますが、丈の長さの違いになります。
Sサイズ 73cm Mサイズ 81cm (スタッフ着用サイズM)
生地によってもシルエットなども変わってきますが、今回の生地はコートにも使用しているくらい
目が詰まってハリがあるので、風の冷たさがしばらく続く盛岡の春にはこのぐらい肉厚が嬉しいっ!と
思いましたし、スカートでもアクティブに動けそうな生地感は、歩ける街にとても似合います。
近くの公園の雪もほぼ消えてなくなり、芝が顔を覗かせています。
コンクリートが乾いたら足元はスニーカーに切り替えて、軽快にスカートと合わせていただきたいです。

2月20日

hompun    コーミングマット ラグランコート

color     ブラック

price      42900-(TAX IN)

SIZE      F

静かな雨降りの朝。まさに”雨水”の季節を迎えたことを知らせる様な潤いを与える雨ですね。
白鳥たちの様子もじっとするのではなく、のびのびと各自過ごしたい場所で気持ち良さそうにしています。
まだ御守りホッカイロは手放せないのですが、来て下さるお客様のお買い物欲が徐々に高まっていて
ムードは確実に春物に向かっていることが嬉しくもありますし、感化されて自分の新しい服を買ってます。(笑)
素材は暖かくて、でも見た目は春を感じさせるお洋服に、ちょっとずつ移行したい今日この頃です。

homspunの袖幅・身幅ゆったりたっぷりのラグランコート。
ハリのあるコットン100%の生地感は、もうそろそろ出番がありそうですね。
裏無しの一枚仕立てでコート自体には保温性はあまり無いので、もうしばらくインナーには暖かなものを。
軽やかな生地ですがしっかりと目が詰まっていて、固さとぬめり感が混ざった少しマットな質感も良いです。
春の冷たい風にも耐えられるようなコートをいざ春先に探そうとすると案外難しいので、一枚でもこのぐらい
パリッとした生地感で、尚且つ着込んでもOKな緩やかなシルエットのコートは、今この時期だからこそお勧め。
突然春の陽気は訪れるので、そんな時にいつも悩んでしまうという方にお選び頂けたらと思います。

襟元の形状がちょっとユニーク。見たとおりに襟はあるのですが、折り返した襟先の角だけ
かんぬき止めのように縫い留められているので、襟がひらひらっともせずぴしっとしています。
外側にストールを巻くだけではなく、襟元の内側にスカーフなどを合わせるのも良さそうな襟元。
シャツやタートル、クルーネックとインナーとのバランスによって見え方が変わるのも面白いです。
肩はラグランスリーブで、身幅の広さに加えて袖の太さもとても好みです。

所謂オーバーコートとして中にしっかりと着込んでも余裕がありながら、次第に薄着になってきても
大袈裟にならずにさっとシャツコートのようにも羽織れるという、ふり幅がある服はとにかく大活躍。
homspunの服に備わっている包容力や想像力、そして”これ”があるから堪らないよねという方もいる
アイコンとも言える0番手のステッチワーク。このステッチが在ると無いとではきっと服の見え方も
がらっと変わるのではないかと思いますし、今回はポケットのフラップ部分が特に印象的。
ハリのある生地だからこそ、馴染んできた頃にステッチ部分のアタリも出てきて、ブラックのカラーが
一段と際立つような風合いになっているのではと想像します。

同じ生地を使用したスカートも同色でご用意していますので、セットアップでの着合わせも素敵です。
フォーマルとしてではなく、普段着にセットアップというのは目下チャレンジしていきたい装いのひとつ。
そんな密かな憧れのスタイルを自然にされている方がいらっしゃるとドキドキしますしリラックスして着る
セットアップにはまた一味違う魅力がありますし、大人のたしなみのようにも思います。
先ほどホントに一瞬だけ、嘘の様な猛吹雪が。
春は近くて遠いですが、ぜひ春の服を探しにいらしてください。

PageTOP