1月6日

homspun   細コールギャザースカート

color     BEIGE

price     24200-(TAX IN) 

size     S    /    M

ついこの間温泉納めをしたばかりではありますが、定休日に温泉初めでざぶっと身を清めてきました。
大好きな温泉、今年もきっとたくさんおせわになります♨︎
街も人もなんとなく昨日ぐらいから通常モードで動き出した感じでしょうか。
休み明けまだエンジンが掛からない・・・という方も多いかもしれませんが
またすぐ連休もありますしね(いいな。笑)一月後半ぐらいから波に乗るぐらいの気持ちで
無理せず焦らず、自分のリズムをつくっていってくださいね。
お店の方は、来週4日間お休みを頂戴いたします。またお知らせもさせていただきますが
ご来店予定のお客様や、通信販売をご利用のお客様はご確認いただけますと幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。

12月があまりに寒かったので、1、2月の真冬に着るあたたかさ重視の服がフル稼働していて
スカートを穿こうという気持ちがなかなか湧いてきませんでした。
寒いは寒いのですが、雪がなく路面が見えていて歩きやすいからか?気分がちょっと変わって
ずっとずっと可愛いね!と思っていたこちらのスカートをご紹介です。

以前、BLOGでご紹介した細コールのパンツと同素材のギャザースカート。
昨年もこういった細畝の生地でスカートとワンピースの展開があって、とても好みだったのですが
今年もやっぱり目に留まったので、相当好きなんだなと自覚しました。
ギャザースカートですが広がりがあまりなくて、シルエットはすっきり大人しめなのも良いですね。
ポケットは隠れてしまっていますが、homspunの遊び心が伝わるダブルのポケットです。

冬は必ずレギンスかタイツ、重ねてハイソックスの足元になることが多いですし
ミドルブーツ、レースアップブーツも似合うスカートを穿くにはぴったりな季節だというのに。
先日購入したお気に入りのハイソックスも相まって、俄然スカート熱が燃え上がってきました。
homspunのスカートは丈のバランスも良くて、これまではロング丈が全体的に多かったですが
ここ最近はSとMの2サイズの展開になり、長すぎず短すぎずふくらはぎのちょうど良い位置に裾がきて
身長に合わせて選べるのも、着合わせもし易いのもすごく良いな嬉しいなと思うスカートです。
着用はMサイズになります。トップスと靴とのバランスを見て、少しだけ腰の位置下げて穿いています。

バックスタイルもシンプルですし、横の広がり・ボリューム感も控えめなので
上に肉厚のニットやスウェットを合わせても、むくむくっとした感じに見えません。
細いコーデュロイの生地は、春先と、もしかしたら涼しい夏の入り口ぐらいまで着用できそうな
あまり厚みも無く、触った感じもカサっとドライな質感で、ロンTとスニーカーなどと組み合わせても
軽やかで良さそうだなとイメージしています。
冬から春、春から初夏と、素材はもちろんのこと色合いや組み合わせる小物で、そのシーズンに合わせて
長い季節をお楽しみいただけたら良いなと思います。

大小の重なり合うポケットがアイコン。
左右合わせて全部で4箇所ポケットがあるので、あれこれ入れたくなる気持ちになりますが
あんまり詰め込むとスカートが重くなってしまいますし、どこに何を入れたかあたふたするので
デザインと思って、適度にお使いになってくださいね。
ウエストもゴムなので、穿き心地も窮屈さは一切なく気楽です。
スカート気分を上げて、ぜひ試しにいらしてくださいませ。

11月17日

homspun   ロービングフード付きPO

color     オフホワイト 

price      24200-(TAX IN)

SIZE      F 

color     チャコール 

price      24200-(TAX IN)

SIZE      F SOLD

color     ナチュラル 

price      24200-(TAX IN)

SIZE      F SOLD

定休日の昨日は、久しぶりに街中で打ち合わせをしたり細々とした用事を済ませたりの日。
お昼ごろ、通り雨が降ったあとに急に風が冷たくなり、雪のようなものを視界に捉えたらしいのですが
雪・・・降りましたか?? (誰に聞いているのだろうか)
まさに季節の変わり目というような、コロコロと変わる空模様の日は日差しの有る・無しでも体感温度が
ぐっと違ってきますので、お出かけの際には防寒出来るものをバッグにしのばせてくださいね。
そして冬支度を、少しずつ進めて参りましょうー。


homspunの今季のニットアイテムで、これはとっても可愛いでしょう〜というものを
二型オーダーしたのですが、そのうちの一つがこちらのフード付きプルオーバー。
スウェット生地のフードを着る機会がここ最近減ってきたところではあったのですが、
このかたちには瞬時に反応してしまったような気がします。
素材がニットだからか、それとも確かに「付き」という感じのフードのサイズがいいのか、
首元の立ち衿の具合が、さり気なく綺麗な印象に見せてくれるからか。
そんな理由が思い浮かぶものの、選ぶ決め手はほぼ直感!なので、お客様にも実際に見たり
ご試着いただいて、どんな着合わせが可愛いかなどを一緒に妄想出来たら良いなと思っています。

厚みは薄すぎず厚すぎずのミドルゲージで、ほんのり肌寒さを感じるようになった秋の入り口から
早々に一枚着として出番が訪れそうなニットです。
実際に着てみると、思っていたよりも首元がしっかりと覆われます。着用写真ではほぼ見えませんが
インナーにもやや首が隠れるかたちのものを着ているのですが、それがきれいに隠れるくらいの立ち衿。
肩もラグランスリーブなので、顔まわりと胸より上のラインがスッキリと見えますし、生地の厚みも程良く
ニットの上からカーディガンやベストを羽織ったりが楽に出来そうなところもポイントです。

柔らかで弾力のあるニットは、編み上げることで強度も保温性も増すロービングヤーンを使用。
そこまでたっぷりとしたシルエットでも無いですが、窮屈な感じもせずに適度に体にフィットするので
中に一枚薄手のインナーを着て、ニットの上にもう一枚重ねれば、ニットそのものの保温性とそれぞれの
生地の間にも空気の層が出来て、ある程度しっかりと温もりを感じられる装いになるのではと思います。
ウールの質そのもので保温性を感じられるニットもあれば、重ね着で工夫をしながら長い期間を着られる
ニットなど、好みの着方や体質によっても選び方は様々でhomspunの良さはなんと言ってもデザイン!
フード付きですが、飾りに近いフードだと思っていただいて(笑)シンプルに一枚でも、重ね着でも
またボトムもスカートだったり、デニムやチノパンなどなど、色々組み合わせてお楽しみくださいね。

homspun  細コール ひもPT

color     ベージュ

price      25300-(TAX IN)

SIZE      M   /   L 

一緒に合わせたコーデュロイのパンツもhomspunの今季のお気に入り。
細畝の柔らかな生地と、ポケットから繋がる様に膝下までの継ぎ当てのデザインもユニークで
裾下まですとんとしたワイドシルエットから、どこかフォークロアな雰囲気が漂うのも良いです。
ここ数年は、毎年秋冬でコーデュロイのボトムの展開を続けていて、個人的にもよく穿いています。
秋冬に限定するわけでは無いのですが、やっぱり気分に合うのは今の季節だなぁと感じています。
畝の幅や、生地のタッチもブランドそれぞれで違うので、今年ももう一本追加したいなと思っているところ。

立体的では無く平面的なパターンで構成されているので、横幅はありますが穿いた時に
見た目にもスッキリとして映ります。その分デザインが特徴的でも、そこまで激しく感じないのは
全体を通しての足し算と引き算の匙加減の巧さがあってこそだと思います。
膝の部分ですがステッチだけではなく裏側にちゃんと当て布が貼られているのです。
パンツの膝が出るのが気になる。。という方や、動作でよく膝を付くという接客業の方・・・
ここをポイントにされる方はそう多くは無いかもしれませんが、何だか妙な高揚感を感じるのは
私たちだけでしょうか?笑

ややゆったり目な設定のウエストは紐とZIPとTOP釦で構成。
白い紐が案外アクセントになっているので、シャツをタックインして穿くのも良さそうです。
フロントには大きなパッチポケットがあり、後ろには四角いフラップポケットが配置。
ざっくりとした着丈も袖も長いニットを合わせたら可愛いだろうなぁと想像していましたが
このポケットを見ると、短い丈のベストやスウェットも相性が良いだろうな。。
生地はそれほど厚く無いので、春まで十分楽しめる細畝コーデュロイ。
同素材でスカートもご用意しています。ぜひ合わせてご覧になってください。

10月13日

homspun    ウールタータン ギャザーPT

color      グレー×レッド

price      26400-(TAX IN)

size       M    /    L SOLD

宣言通り?昨日のお休みは、畑へ行ってきました。
午前中にお肉やお野菜などの食材を家で下準備して、お米もといでいざ出発。
途中で薪を買い、畑に着いてまず向かったのは、畑ではなく近くのとある場所。
仲間と合流してすぐに、焚き火とグリルの二カ所で火を起こして、お米を炊きます。
フライパンで炊くのは慣れているけど火加減ができないので、苦戦しつつも何とか良い具合へ。
炊き上がりが待ちきれず、網で豚肉をジュッと焼いてみる。んまあぁぁ・・・より、ごはんが欲しくなりますね。
蒸らしタイムになったら、いよいよ鉄板でラム肉とキャベツ・玉ねぎ・なす・ピーマン・もやしを続々のせます。
そうです、今日のもう一つの目的は焚き火でジンギスカンパーティー。
ウィンナーやホルモンも炭火や焚き火で焼くと別格に美味しくなりますよね。
永遠に食べれそうでしたが、気持ちだけで、みんな早々にお腹もいっぱいになりました。
食後には淹れてきてくれたコーヒーとおやつで、締めまで完璧。何も思い残すことはありません!
というくらいに、本来の目的を忘れてました(笑)
さつまいもも収穫してきましたので結果の方は、お店でご確認くださいませ〜。

そんな休みの日の出来事を長々と書いてしまいましたが、今日からBLOGでの商品紹介も再開!
homspunから届いたチェックパンツ。昨年はBLOGに載せる前に店頭で完売したウールタータンの新色です。
前回はワンサイズのみの展開でしたが、今回は同じサイズをMとして、ひとつ大きいLサイズまで広がりました。
ウエストゴムの、楽ちんシルエットのギャザーパンツ。柄物でも、タータンチェックなら!という方も
いらっしゃると思いますし、タータンチェックを身に纏うと一気に秋冬のムードに切り替わる印象。
季節が限られている訳ではないのに、不思議ですね。ぜひ秋冬の装いに取り入れてみてください。

ウエスト、ヒップ、ワタリまで全体にたっぷりと幅をとり、股上も深めに設定されているので
どこも締め付けられることなく、リラックス感のある穿き心地。
幅は確かにドカンと太いのですが、生地が柔らかいので裾先までそのまま落ちるようなシルエット。
なので、見るよりも実際に穿いた方が、太さに関してはそこまで気にならないのではと思います。
身長166cmでLサイズを穿いていますが、長さも十分。
前回のワンサイズの時は、少しだけ丈が短くて、あえてその短めで穿くのも良かったのですが、
今回はMとLで好きなバランスで選ぶことができて嬉しいです。身長がある方にもLサイズは
ウエストの位置で調整して、短めだったり10分丈にしたりで穿いていただけると思います。

O番手ステッチで囲うように配された、サイドのポケット。
このグレー×レッドのチェック地もそうですが、前回よりもちょっと尖った雰囲気というか
可愛いと格好いいがミックスされて、homspun節が一段と効いているような感じがしています。
もこもこニットの合わせも良いですが、その前に各メーカーのスウェットが豊富に並ぶ店内ですので、
スウェットとパンツの色や柄・デザインで遊ぶように、いろいろと組み合わせていただきたいです。

ウエストからのギャザーが入ることで、太めシルエットでもラインを綺麗に見せてくれます。
ポケットは手を入れると前後に空間があるかたち。裾先にも0番手の太いステッチワーク。
また裾の見返し(内側)には、釦ホールがあってゴムや紐を通せる仕様になっています。
ボトムの幅の太さが気になってなかなか出番のない服、裾を絞ったら穿けそうなんだけど・・・という
相談?話をつい最近聞いたばかりだったので、このhomspunのアイデアを見て、これだ!!となりました。
BLOGを見てくださるかな? 

homspun    ウールフラノ ギャザーPT

color      パープルネイビー

price      28600-(TAX IN)

size       M    /    L SOLD

同じかたちの生地違い。チェックと無地ですと、ほぼ別物になりますね。
柔らかくて軽く、そして暖かさもしっかりと感じられるウールフラノを用いたギャザーパンツは
それこそ冬のお供にしたいくらい、きっと重宝すること間違いなしの一本。
濃くて少しだけ明るみを放つ色と、生地の程よいハリもあって、シルエットもよりすっきり見えます。
ウールタータンは装いにアクセントをもたらすアイテムとして、ウールフラノはお仕事用にしても
良いなと思える上品さで、また違った要素がそれぞれ光っていて、選ぶ楽しみにもなっています。

さり気なくポイントになっている太いステッチ。
こちらも裾の見返しに釦ホールがあります。
裾上げをする時に、どうしてもこのステッチ部分が勿体無いよね・・・と思ってくださる方も多いので
ゴムや紐を通せることで、裾はそのままの状態でも大丈夫となれば、嬉しいだろうなと思います。
ユニークで表には見えないささやかな心配りで、どんな方にも選択肢が持てるようになっているデザインの工夫。
私たちも出来る限り、そんな提案をしていけたら良いなと思いました。

トップスもパンツも、どちらも軽くて暖かくて肌触りの良いウールに身を包んでしまったら
もうこのまま冬に向かっても良いなと、一瞬思ってしまいましたが、先へ行くのはまだ気が早いですね。
今週は気温がまだ高い方ですので、ウールも良いですが、その手前の中間着といいますか
季節を繋ぐアイテムが揃っていますので、ぜひぜひ店頭でお確かめください。

9月12日

homspun   パッチワークプリント七分袖OP

color     ベージュ

price     35200-

SIZE     F SOLD

昨日の十六夜の月も綺麗で、お月見しながらの晩ごはんが美味しかった。
週末は午前中から閉店まで、ご来店くださったみなさま、ありがとうございました!
季節のもののお裾分けや、出店スタイルのお買い得なお品物と店内の少し先の品々のお買い物と
今になって私たちが、夏と秋の両方をいっぺんに満喫させてもらえているような、そんな時間でした。
SALEは明日まで、Tシャツやソックスが追加されましたので、どうぞお立ち寄りくださいませ。

今日も風は涼しく、遊歩道にはコスモスが咲き始めていたりと、ますます秋!となっているものの
動いたり歩くとじわっと汗が滲む感覚に、未だ半袖は半袖のまま着て出勤。
なので?着方は涼しげになっていますが、出番はこれからな届いたばかりのワンピースをご紹介します。
homspunのお洋服、その時の気分だったり自分たちが着たいと思うものを作り続けていらっしゃるので
オリジナルのプリントアイテムをリリースする時もシーズンによって小花だったり、幾何学柄だったりと
ほとんど同じ柄は無く、その発想や表現、デザインも含めいつも見るのが楽しみだったりします。
今回のパッチワークプリントも、実は見た瞬間は素敵だと思うと同じくらいインパクトも大きかったのですが、
時間を経て、今手元に届いたものを見て、ますます素敵だな〜と思うのだから、本当に素晴らしいブランドです。
今季のブランドビジュアルのメインにもなっている、パッチワークプリントをぜひ実際にご覧いただけたらと思います。

すこしだけ開きの広いVネックの首元と、胸元はビブのような切り替え。
袖幅や身頃もゆとりのあるサイズ感ですが、要所要所に細かなタックを入れることで
ゆったりだけれどメリハリのあるシルエットと、リラックス感のある着心地の両方を備えたワンピース。
Vネックも開きが気になる方もいらっしゃると思いますが、詰まったネックラインのインナーを合わせても
見え方には全く違和感がないので、気温に合わせて素材や形、色もワンピースのお色味と合わせたり外したりと
様々なインナーを組み合わせて、お楽しみいただけたらと思います。

この袖が、すこぶるいいです。
ポケットに手を入れた際の、絶妙なふっくら感とタックと袖先の窄まり。
七分袖なところもいいです。

着丈は110cmなので、長すぎず短すぎずの普通丈。
一枚でそのまま着られる方は、薄手のタートルやクルーネックのカットソーの上にバサッと被って
革靴も似合いますが、秋はあえてスニーカーでカジュアルに着ていただくのも良いと思います。
ボトム合わせの場合は、ズドンと太いボトムにぺたんこなシューズでフォークロアなスタイルで合わせるのも、
とても可愛いですし、格好いいのではとイメージしています。
このパッチワークプリントの元となっているのが、homspunのスタッフの方が作られたパッチワークキルトで
それが、とても素敵なのです。色々な切り口で楽しませてくれる懐の深さとモノ作りへの探求心。
柄・色物は一目惚れが一番だと思っているので、そんな風に思って頂ける方がいらしたら嬉しいです。

8月27日

homspun    高密度ウェポンひもワイドPT

color      ベージュ      /      グリーン

price      24200-

size      F SOLD

そういえば・・・
先日木曜の夜に、猫が布団の中に入れて〜ときたので、超個人的な秋の認定がされました(喜)
ただ足の間に丸まって寝言を言った矢先に、暑さに耐えれず飛び出していってしまいます(悲)
猫との暮らしも今月で丸二年が経ちましたが、この「布団に入ってくる」行動には毎回すごいなぁと感動しています。
みなさまの秋到来のサインは何でしょうか?


さてさて前回のBLOGからの続きになりますが、ボーダーTシャツに組合わせて、さり気なくアピール強めだったパンツ。
高密度ウエポンと言えばhomspunが長らく提案し続けている生地で、私たちにとっても思い入れの強いアイテム。
このパンツも時代の変化に合わせて生地感や、デザインなどなど大小様々な変化を重ねてきました。
ここ最近はウエストの形状を紐とゴムでイージーに、けれど見た目は綺麗なワイドシルエットという
とてつもなく穿き易くて動きも楽で、オンオフに対応する万能さが増して、前回登場した際も好評だったので
何となくボトムをお探しの方にはお見逃しなく!な一本です。

ウエストサイズには余裕がありますが、しっかり目のゴムと同布の強い紐で調節をしていただきます。
ヒップとワタリにはゆとりを持たせつつ、シルエットはあまり丸みを帯びずに、直線的なラインですっきりとした形状に。
間違いなくワイドな部分は感じますが、裾先まで緩やかにテーパードもしているため、何というかボリューム感が
とてつもなく絶妙な匙加減というのが、見た目からも伝わるのではないでしょうか。

裾は1、2回まではロールアップしても良いと思いますし、普段履かれる靴のイメージに合わせて
キリッと裾を詰めていただくのも良いです。
グリーンの着用画像に履いている靴がフラットで、足首で留めたり外したりするストラップシューズなので
もう少し裾の長さが短くても良いかもという気持ち。
とても些細な部分ですが、裾のバランスで全体の印象も違いますので、どの様な場面で着用したいかなども
想像して裾を合わせていただくと、より実際に着た時のテンションも上がると思います。

グリーンとベージュ、どちらもThe・ベーシックカラーですので使い勝手?合わせ易さ?という点においては
間違いなく五分五分と言えます。
色のトーンで選ぶのも一つですし、現在のお手持ちのボトムラインナップと照らし合わせてお選びください。
ウエポンの特性としては、細い糸をギュッと高密度に織り上げることでガシガシと穿けるタフさを備えつつ
生地はとても上品な光沢感を纏っていて、また着用を重ねていった後の風合いも良いというところもポイント。
耐久性があってへなへなっとなり難く長く愛用できるのは、嬉しいことですね。

今の気分で個人的に良いなぁと思ったのが、このベージュパンツと暗めゆるやかボーダーとの組み合わせ。
TRIPPENのグレーのhalf yenの足元も何だかこれまでで一番ピタッときて、何年も見て良さも分かっていても
そこをまた超えて、良い!と思う瞬間があるというのが、服や靴に限らず自分を形成する全てにおいてもかもしれませんが、
人の感覚の面白いところだなと感じました。まだまだ知らないことが沢山あり、良い発見を重ねていきたいですね。
店内も毎日ちょっとずつ入れ替えをして、変化していますので、どうぞお立ち寄りいただければ幸いです。

PageTOP