10月31日

hompun    ウールトロピカルクロス NS BL

color     ネイビー

price      20900-(TAX IN)

SIZE     F SOLD

月日の流れはとにかく早いもので、今日で10月もおしまい。
帰宅する時間帯は外はすっかり暗くなっていて、昨日は星空がきれいだったので
家に入る前に光のないところでしばらく身体を解しながら眺めていたら、すごくゆっくりな流れ星が。
願い事はし損ねましたが、明日(今日)がよい一日になったら良いなぁと心の中で思いました。
今朝は朝一番で投票を済ませて、いつも通りに窓全開の掃除からスタート。
空気はスッとして気持ち良いですが、どうぞ暖かくしてお出掛けくださいね。

homspunからご紹介するのは、気持の良い滑らかなウール素材を使用したブラウス&スカート。
同素材なのでセットアップで着用するのも可能。
お仕事や行事などの正装が必要な場面にも向いていると思いますし、それぞれがとても万能なデザインなので
お手持ちのトップスやパンツに組み合わせてオン・オフ問わずに着ていただける、上下のバランスがなんとも
優秀なアイテムです。

先ずはブラウスから。
袖のないプルオーバータイプのブラウスなのでインナー次第で雰囲気が変わる楽しみもあって。
今回は同じくhomspunの襟の形が可愛くて堪らないシャツと合わせましたが、他にもタートルや
スタンドカラーのシャツなど色々とイメージが膨らみます。
襟ぐりや袖周りもぎゅっとし過ぎずに、ゆとりを持たせたサイズ感なのでミドルゲージのニットぐらいまでは
重ね着も出来そうです。あまりたくさん着込むのも生地だったりデザインとのバランスもありますし
寒さとの兼ね合いも考えたりしないといけないので大変ですが、光沢感のある上品な生地は春先頃まで
出番があると想定して、無理なく楽しく着て頂けたら良いなと思います。

フロントからサイドまでは、釦やポケットなどの装飾も無くシンプルですっきり整った井出達。
首の後ろ側に釦ループと小さな釦が付いていて、脱ぎ着も簡単な仕様なところも良いですね。
肩のラインから身幅まで、ざっくりとしたボックスシルエットなのでゆるやかなサイズ感が
体型を選びませんし、スカート・パンツどちらにも合わせ易い着丈に感じます。
インナーに着たシャツの裾をわざと出したので、カジュアルな印象になってしまいましたが
タックインするとより畏まった感じが出せます。
続くスカートのご紹介のところではシャツの裾を仕舞っているので、参考にしていただければ。
お好みでお試しくださいね。

hompun    ウールトロピカルクロス ギャザーSK

color     ネイビー

price      26400-(TAX IN)

SIZE     M    /    L  

同生地のギャザースカートは、丈の長さが異なるMとLの2サイズ展開。
個人的にはhomspunのギャザースカートは生地分量とシルエット、丈の長さまで完璧で
特にシルエットに関しては、どんな生地を使用していても着た際に腰回りがボワっと広がり過ぎず
奇麗な落ち感があって、見た目も着心地もソワソワせずに落ち着いていられる感覚があります。
最近はスカートが2サイズで展開されるようになったことで、今まで丈詰めをして穿いてくださっていた
小柄な方にも迷わずお勧めし易くなったのも嬉しいですし、またLサイズでも身長問わず好みで選んでくださったり
本当に自由に着こなしを楽しんでもらえるのが良いなと感じています。
今回はネイビーのみのご用意になりますが、あまりスカートを穿かないという方にも一着あるだけで
足元がスニーカーで、トップスはスウェットなどカジュアルな服装でも印象ががらっと変わると思うので
試してみていただけたらなと思います。

ウール100%ですが毛羽立ちのないサラリとした肌当たりのトロピカルクロスは、
実際に着用出来る季節が長いのも確か。春頃と言っても盛岡の気候ですと5月頃まで着られそう・・・。
艶やかでしっとりした滑らかさと高密度でハリがあるという、良い生地の特徴とも言える
柔らかさと硬さを兼ね備えた生地は、ウールに対する苦手意識も無くなるくらいにタフですし
自宅でのお洗濯もドライクリーニングで対応出来ます。
心配であれば自分達がよくお願いしている、クリーニングのお店をご案内したりもしています。
この生地に関してはそこまで不安になることは無いですが、自分たちとしてはウールがこれほどにも
本気で着られて、似合う街はなかなか無いなと思うので、怖がらずにニットを着て頂けるように
これからも積極的にニットを推していきたいと思っています。
特に今シーズンはカシミヤが充実しているので、ぜひ店頭でご覧頂きたいです。

行事毎やお仕事などで、スーツまではカチッとしすぎない綺麗目な装いが必要な方にも
このような生地感ですときっと安心して着て頂けると思いますし、デザインが大袈裟ではない分
アクセサリーをプラスすると明るさがより表現されて、華やかさが際立ちます。
そういえばアクセサリーと言えば11月にイベントを行う予定なので、そちらも楽しみにして頂ければ。。。
自分達のスタイルとしてはあまり綺麗な服装はしないのですが、いざという時にセットアップであれば
重宝するなと思うものは出来る限りセレクトするように心掛けています。
其々に着る場面や回数は限られると思うのですが、ワードローブに置いておくだけでも安心感が持てますし
いちいち焦らずに服装を決めてば、その場の空気も思う存分楽しめるきっかけにもなるのではないでしょうか。

10月9日

homspun    ハイカットメルトン ポケットCO

color      ライトグレー

price      57200-(TAX IN)

SIZE      F

先日収穫した里芋を煮っころがしにしてたべています。
ちゃんと味も粘り気もしっかり里芋で、それが自分たちで育てた(というよりも育ってくれた)
と思うとよりうれしいですし、よりしあわせな気分になりますね。
さつまいもは甘くなるまで、しばしお休み中。
そんな収穫祭の日に畑を貸してくださっている方の家に栗の木があって、どうぞ~と言うお言葉に甘えて
栗拾いをしました。棒でばっしばし木の枝を揺らすので、頭上から栗が降ってくるのはスリリングでしたが
栗って拾うのが一番たのしいんですね。こどもの頃以来の体験に、畑仲間でわーっと盛り上がりました。
その後、3回目の栗仕事を終えてみて、しみじみ拾った分の大変さと美味しさに浸っている今日この頃です。

秋晴れが広がるなか、日中外を歩く方の中にはまだ半袖もちらほらと見かけますが、お店には秋の一着に
羽織物が欲しいなという方が多いようです。
homspunのメルトンのコートと言えば、厚手でしっかりと目の詰まった真冬の寒さにも動じないコートを
お取り扱いはじめから継続して展開してきましたが、今シーズンは厚さを抑えたメルトンが秋と冬の間に
重宝しそうな、ポケット好きにも堪らないコートをオーダーしました。
本格的な冬のコートとは別に、重厚感や如何にも防寒という雰囲気ではなく気負わずに楽な気持ちで羽織れて
コートというよりもカーディガンやジャケットのような感覚で着られます。
ふだん車移動が多い方には、むしろ冬でもこのぐらいの生地感の方が、着易く必要に感じて頂けるのではないでしょうか。

メルトンですがドロップショルダーなのは、homspunのコートの特徴でもあります。
厚さが控え目な分、着はじめからストレスのない穏やかな着心地に安心します。
がしっと硬い生地のコートを着た時の腕が下がらず脇が開いてしまう感じと、次第に柔らかみを帯びていく
時間をかける事の良さも知っているので、それぞれの良いところを、その時々の自分の感覚や住む土地の気候などと
じっくり照らし合わせながら、選んでいただけたらなと思っています。
フロントには同じメルトン生地で大小四つのパッチポケットが配され、左胸のポケットの下に素材を変えて
おまけのフラップポケットも付いています。
このポケットの並びだけでとても目立ちそうな雰囲気ですが、なぜか不思議とやりすぎ感もなくて
ただただ平然と、さらに言えばチャーミングさが潜んでいるように映るのもhomspunならでは。

着丈はそこまで長くなく、小柄な方でも膝に掛かるかどうかぐらいの長さになります。
シルエットに関しても身幅もあまり広い設定にはしていないので、釦を留めた場合は全体的に
とてもスッキリ見えますしコートを着た時特有の、もっさり感も重厚さも殆ど感じません。
実際に着た感覚としては、インナーは薄手のカットソーやシャツぐらいに留めておいて
コットン・リネンとウールの素材の組み合わせなどを楽しみつつ、ポケットに何をいれようかを
考えたり考えなかったりしながら、まだ本格的に寒くなる前から着るのがワクワク出来て良さそうだなぁ
と感じました。真冬は寒さを凌ぐことで頭がいっぱいになってしまうので、ぜひその前に!

color      ネイビー

price      57200-(TAX IN)

SIZE      F SOLD

お色はライトグレーとネイビーの二色で並んでいます。
秋冬の服は全体的にトーンが落ち着くと言いながらも、なぜか中に着る服や小物は明るいものに
目がいきがちに。実際に今シーズンのストールは色と柄が多めでした・・・。
アウターに選ぶ色が黒や紺やグレーが多いので、無意識的に色を添えたくなるのでしょうか。
ノーカラーなので襟や首元にアクセントが付けやすく、特にギンガムシャツだったり丸襟をちらっと
見せたりがし易い上に、相性が良いのでぜひ試していただきたいです。
そこもまだちょっと抵抗があるという方には、シンプルにボーダーのカットソーや無地のタートルに
プラスしてマフラーやストールなどに色や柄のあるものを合わせるのも可愛いですね。
先ずは付けたり外したり出来るところから試しつつ、いろいろとお試しになってみては如何でしょうか。

トップはスナップ釦と、衿元のパイピングにそっと添えられた小さな釦をループで留める仕様。
他はむき出しの釦が並びますが、開けていても閉じて着てもそれとなくきちんとした印象に映ります。
私服でOKだけどそれとなく気を遣う装いが必要な場面に、フォーマルとまでは言いませんが
シャツとパンツの上に、ベーシックなカーディガンやジャケット代わりに羽織るのも良いですし
ハイゲージのちょっと上質なニットとスカートに合わせても、そこまで砕けた感じにならず
かと言って地味でもなく、個性がそっと引き立つような装いに映るのではないでしょうか。

裏地はつかない一枚仕立てなので、中に着るものの素材や厚さなどにもよりますが
気温が20℃まで届かなくなったぐらいから、手が伸び始めるのではないかと想像します。
なんだか気温が微妙に高くて、陽にあたりながら歩くとじんわり汗もかくような気候なので
そのぐらいの気温がいつ頃になるのだろうかと考えてしまいますが、それでも確実に日は短くなり
秋のおわりも冬のはじまりもやってくるので、出来るだけ楽しいことをイメージしながら
その時を心待ちにして過ごしていきたいです。
入荷も着々と届いていまして、ストックの環境を整えたり、状況を見ながら入れ替えをしたり
そして次の季節のことも考えたりと、例年通りこの時期は若干バタバタしていますが
日々コツコツとご紹介していこうと思いますので、近くの方にも遠くの方にも色んな景色が
目の前にあると思いますが、同じ季節の空気や匂いを共有していただけたら嬉しいです。

9月19日

homspun    リネンバイオ厚手 チャイナOP

color      BLACK

price      39600-(TAX IN)

SIZE      M(着丈97CM) SOLD

雨あがりの空から太陽の光が差し込み、それが丁度中津川の銀杏の木を照らしていつもとはまた違う表情を見せて
くれた昨日の夕方の景色でした。街中であっても自然が豊かだなと感じることのできる盛岡だからこそ、
ふだん当たり前のように見えてるものに目を向けてみると、思いがけずハッとする様な景色や出来事に
遭遇できるのかもしれません。今日も川沿いに佇む鷺を横目に、たっぷり深呼吸しながら歩いてきましたよ。

homspunから定番でリリースされている厚手のリネン生地を用いたシリーズ。
バイオ加工という特殊な加工を生地に施すことで、着古したような雰囲気の仕上がりになります。
今季のデザインはチャイナ釦をポイントに、着丈が異なる3サイズでリリースされていまして
着丈が変わるだけで全く雰囲気も違ってくるので、どんな形で提案しようかとても悩みながらオーダー。
真ん中の着丈Mサイズは体型問わずボトムとのバランスも取り易いので、色や素材の組み合わせなどを
楽しんでいただけたらと思います。
ほかに色の展開もあったのですが、こちらも既に店頭でお選びいただきましてBLACKのみとなっております。

ハリのあるバイオリネンは夏には気持ち暑く感じるので、ほんのり涼しくなってからの方が手に取り易く
ちょうど今時期くらいにタンクトップなどにバサッと着ていただくと、肌当たりも快適でとてもいいです。
気温が低くなるのに合わせて、インナーを長袖やニット素材に変化させていくと、ある程度長く着用できて
本気の冬の手前ぐらいまでは、モコモコせずに装いに取り入れられるのではとおもいます。
チャイナ釦は留めると首元まできっちり閉まりますが、上の釦を一つ二つ外してインナーをちらりと
見せて着るような感じもおすすめです。
黄色とか赤やピンク系のクルーネックTシャツなどよさそうです。
袖周りや身頃もゆとりを持たせたシルエットなので、ハイゲージのニットタートルぐらいまでなら
問題なく重ね着できます。寒くなってきて着る物をどうしようと思う時に、ウールにリネンという
素材のちがう組み合わせを楽しめたりすることが出来たら、それだけでちょっと嬉しいなと思います。

ドロップショルダーで長袖。
前回ご紹介した小花プリントのチャイナワンピースともまた形は変わっています。
Mサイズの着丈は97cmで、身長166cmが着て大体太ももが隠れて、膝上ぐらいの長さになります。
ゆったりとしたシルエットに加えてサイドに小さくスリットが入るので、動きの制限なども一切なく
それでいてふわっと横に大きく広がるようなこともないので、見た目はすっきりとした印象に。
万能な黒なので、思い切って柄のスカートやキュロットを合わせてみても、そこまで大袈裟な感じに
ならないで、意外とチャイナ釦のデザインともマッチして良いのではないかとイメージしています。

バイオリネンシリーズは着込んでいった先に出合う、ハリとしっとりなめらかが共存する生地感も好きで
シーズン通して欠かすことなく展開をしています。ただ変わらずに生地が好きだということの他に、
毎回良いなと思ってしまうようなデザイン。homspunのモノ作りに対する姿勢や考え方などが詰まっているようにも
思いますし、着続けて一旦仕舞って、また違う感覚と着こなしで袖を通してみたいと思うような
そんな1枚になるのではないでしょうか。色のトーンや身に着ける素材感を徐々に移行するのが
無理なく自然と楽しめる季節になりましたので、秋冬の入り口にお勧めしたい心地良く感じさせる素材です。

9月7日

homspun    小花プリント チャイナOP

color      パープル

price      30800-(TAX IN)

SIZE      F SOLD

明け方5時に目が覚めて、9月にしてはちょっと早いのではないか?と思う肌寒さを感じながら
もう一回しっかり羽毛の布団に包まると、寒さと温もり加減がちょうど適温で最高の二度寝日和。
天気も良く涼しくてぽかぽかだと、お昼寝にもよさそうですね~。
一気に涼しさが加速してしんみりとした気持ちにもなりますが、それより今楽しめることや出来ることに
集中して過ごすほうが心が健やかな気がするので、こういう時だからこそより自分なりに今の季節とともに
感じたことを大切にしたいなと思います。

手に取るだけでもウキウキする秋冬の服がhomspunからも届いています。
さっそくお選びくださったりと、新しい服で少しでも気分を盛り上げていただけたらうれしいです。
今日は厚手の半袖でも、薄手の長袖でもどちらもいけるナイスな気候なので、こういったワンピースも
早速着られるのではないかなぁと思いながら、ほんの少しだけ秋に寄せたイメージで撮影しました。

薄手ながらもしっかりと張りのある気持の良いコットンの生地に散りばめられた小花柄のワンピース。
フロントはチャイナ釦でアクセントを出しつつ、たっぷりとした身幅が自然と身体に沿ってくれるように
直線的なパターンで作製された、きりっとした潔さも感じさせる素敵なワンピースです。
これまでにもhomspunのプリントアイテムは展開したことがありますが、花柄だったり幾何学模様だったり
その時々で変わりはするものの、柄と配色のどちらにもブレない芯があるように感じます。
そして当たり前ですが、作っている方々の”好き”が詰まっているのが伝わってくるのです。
だからこそどれだけ時間が経っても色褪せないですし、最初の頃の印象よりも確実に顔に馴染むというか
慣れ親しんだ気持ちで着続けられるところも、homspunの変わらない魅力のひとつと言えます。

袖先から身頃へと直線裁ちになっているため、広げて見るよりも手を下ろすと意外と袖が
ちゃんとかかって見えます。大体五~七分袖ぐらいの長さになる印象。
半袖のままでも問題なく着ていただけますが、脇下が少しだけ開くのでインナーだけ見えても
大丈夫なように気に掛けていただくと安心かと思います。
ゆったりシルエットの分、中に着るものは薄手のカットソーからしっかり暖かさ重視のニットまで
幅広く組み合わせることが出来るので、ある程度長い期間を着続けられるところも良いですね。

ワンピースとして一枚で着られる方は、ぜひタイツなどを合わせて一枚で。
ボトムもパンツの色合わせの他、靴下と靴のバランスなどなど、柄物だからこそ表現できる振り幅を
少しずつ探りながら、着ていただけたら良いなと思います。
着丈は大よそ110cmと、比較的どんな身長の方にも合わせやすい長さとなっています。
今回はすでに一色のみとなっていますが、淡いパープルをベースに黄色が可愛い小花柄は
着た際のインパクトもそこまで激しくないので、ぜひ柄物があまり手元にないなという方にも
試してみてほしいです。気持ちが明るくなること間違いなしの一着です。

8月14日

homspun    バルキーシーチング キャミソール

color      ブラック

price      15400-(TAX IN)

SIZE      F SOLD

color      オリーブ SOLD

昨日は最高気温20℃までいかなかったようで、シトシトと雨も降っていたため夜もそして朝方も
とても肌寒くて、布団からなかなか出られませんでしたー・・・
体感としてはこの感じ、10月後半ぐらいの気候では?
熱中症云々の話をしていたのはつい先週なのに、なんだかここまで極端だとからだの調子も狂いますね。
とにかく気温差で体調を崩さないようゆっくり休みつつ、穏やかなお盆をお過ごしくださいませ~。
お盆もお店は変わらず通常営業しております。

春夏のオーダーですが、これは涼しくなってからのほうが着るタイミングがありそう!と思っていた
homspunのキャミソールタイプのベスト。
生地はパンツ・スカートと好評いただいたバルキーシーチングを使用していて、オーダーする時には
これはセットアップにしても、きっと可愛いだろうなぁとイメージして同色で揃えてみました。
単品での組み合わせも間違いなくコーディネートが楽しくなるアイテムですが、
先にボトムをお持ちの方でも、時間が経ってじわじわとセットアップが頭の片隅に浮かぶことがあれば
ぜひお試しいただければと思います。

トップスがカットソーやTシャツ一枚でも全然平気!という方もいれば、反対に抵抗が・・という方もいます。
個人的にはTシャツでもそこまで気にはなりませんが、ちょっと心許ないなという気分の日があるのも確かで
何か一枚羽織っているか、それこそベストを組み合わせたりという方が好きで、多いかもしれません。
そんな時のプラスワンアイテムになればと思って選んだのですが、この夏のTシャツで過ごすような日は
暑さが尋常ではなく、とてもプラスして着ている場合ではないなと。
ちょうど気温が下がってきて、半袖にもう一枚足したい気分が高まってきたところで、きっとこのベストが
これからしばらく出番も増えて輝きそうな予感です。
サイズ感は、胸周りから身幅も大き過ぎずに着丈もすっきりとしたコンパクトなシルエット。
homspunの定番Tシャツとの相性は抜群ですし、Tシャツに限らず丸襟・立ち襟シャツにも合いますし、
薄手ニットタートルなどにも個性的なベストがアクセントになってくれると思います。

前後で異なる裾のカッティングや、両肩二本ずつの肩紐のデザイン。
0番手ステッチ以外にも、homspunならではのキュートさと斬新さが凝縮されたようなベストは
誰にでも受け入れられる服とは言い難いかもしれませんが、ボトムやインナーとの組み合わせを
想像したり、着方によってはジャンパースカートやオールインワンのような見え方になったりと
着る度に選んでくれ方の心を弾ませるような作用があるのではないかと思います。
時期的にもちょっと着こなしに飽きてくるようなところに、良いスパイスとして変化を与えてくれる
キャミソールは、ベーシックな服が多い方にこそ大きな気分転換にもなり得ると思いますし
いざ探そうと思っても出会う可能性はそう多くないので、この機会にチャレンジしてみては如何でしょうか。

homspun    30/3 オックス BAG

color      DKネイビー

price      12100-(TAX IN)

SIZE      S SOLD

もう一つhomspunからは珍しく?ユニークな形のBAGが入荷していましたのでご紹介。
店頭に出すなり早々にその日に旅立っていったお色もありまして、残り一つとなりましたが
このバッグは持ち手の長さ違いでSサイズ(60cm)とMサイズ(80cm)と2サイズ展開になっていて
お店にあるのは、紐の長さが短いSサイズの方になります。
短いと言っても十分肩に掛けられるよゆうがあるので、長さとしては丁度いい具合かとおもいます。
このバッグ構造が変わっています。一見、両方の外側にポケットがあるような雰囲気ですが、
このポケットに物を入れたかと思うと、中は本体の部分と一体になっていて仕分けはされません。
その反面?持ち手と繋がる形で内側にベロ状の袋がふたつ配されていて、それがポケットの役割をします。
ベロのようになった袋は、そのまま内側にしまっておいても良いですし、外側にだすこともできます。
言葉での説明がとてつもなく難しいのですが、なんとなくイメージをしながら下の写真をご覧いただけたら
伝わるでしょうか?

ポケット(ベロ)中にしまっています。

ポケット(ベロ)外に出しています。
こんな遊び心がhomspunらしさでもあり、しっかりとした生地の質感と0番手のステッチが心地良くアクセントに。
バッグはバッグを専門にしているブランドのアイテムを中心に選んでいますが、このバランスは他にはないと
思いましたし、大きさと使い勝手の良さも◎です。

homspunの変わり種のアイテム2つ。
どちらも共通する部分として、いつもの着こなしに小さな変化を与えてくれそうな存在になりそうです。
夏と秋とをいったりきたりする季節を、これはこれで薄着一辺倒にならずに済みますので長袖やら半袖やらを
引っ張り出しながら服装を楽しみながら過ごせると良いですね。

PageTOP