7月14日


homspun   ノーカラーBIG OP

color     ブラック

price     28000+TAX

SIZE     M SOLD


週末の雨で、遊歩道には未だ水が溜まっているところもあるので今日も迂回通勤。
ランナーや犬のお散歩の方など、朝のいつもの光景が無かったりするだけで体内リズムも狂うのか??
今朝はまったく起きれずすっかり寝坊してしまいました。
まだしばらくは曇り空が続きそうですし、気温の上がり下がりも激しいので体調も不安定になりがち。
ただでさえ気を張る生活が続いてる方もいっらしゃると思うと、心にも身体にも栄養とほっと安らげる時間が
少しでも多く取れますようにと願うばかりです。。。

季節は気付けば自分が思うよりも先へと進んでいて、早くも次の秋冬シーズンの便りが届きはじめています。
秋冬と言っても、盛夏から晩夏の服だったりなのですが、もうそんな時期かとハッとしてしまいますね。
まだそんなに沢山は届いていませんので、ご紹介はこれからゆっくりしていこうと思います。
そんな中homspunのコットンリネン素材のワンピースは直ぐにでも出番がありそうなので、いち早くお届けします。
同素材のスカートも入荷していますので、そちらはどうぞ店頭でお待ちしております。


ゆったりたっぷりなノーカラーのワンピース。すっきりな袖は適度に腕を隠す五分袖、大きなポケット付き。
こんなにも着心地も着易さも程よくて、生地も柔らかさとハリが良い塩梅なのが大好きなコットンリネンで
諸々のさじ加減が素晴らしく、丁度良いワンピースはオーダーするに決まってました。
首元は釦を留めればぴっちりと詰まったクルーネック。暑い時はひとつふたつ釦をはずして開けて着て、
少し涼しくなってきたらインナーに薄手の長袖やタートルのカットソーを合わせて着るのも良いですね。
直線的なパターンで作られるワンピースは、今でこそデザインとしてよく見受けられますが、時代を遡ると
和服から洋服へと人々の装いが変化してく中で生活の知恵と工夫と、お洒落を楽しみたいという率直な感情から
生まれた衣服の形という側面を考えると、色んな気持ちが込み上げてきてしまいます。

ちょっと逸れてしまいましたが、肩・身頃どこにも締め付け感やストレスが無く、
体と生地の間には空間がありながらも、着る人の身体に沿って生地がすとんと流れ落ちる感覚も
同時にあるという、直線裁ちの服の特徴を存分に感じていただけたら嬉しいです。


着丈はMサイズで115cmと、ほんの少しだけ長めの設定ではありますが、小柄な方でも足首が隠れる
踝に掛かるぐらいの長さで一枚で着ていただくのには、安心感のある着丈かと思います。
(展開はSサイズ 105cmもありますが、当店はMサイズのみです。)
homspunのコットンリネンシリーズは春夏もご好評いただき、毎回同じことを書いてしまいますが
とにかく着ていくほどにしっかりとした生地に柔らかみが加わり、それでいて型崩れもし難いという
悪いところが見当たらない素材で、そして何よりシンプルな中にもちゃんとデザインによって可愛さや
格好良さを含ませて届けてくれるところに、毎回惚れ惚れしてしまうのでした。
夏はまだ続きますが、新作もちょこちょこ届き始めますので、お近くにいらした際にはそういえば・・・と
気にしていただけたら嬉しいです。

6月19日


homspun   ウエストゴムPT

color     ブルー

price     19000+TAX

SIZE     F SOLD


雨の後にさわやかな気候が続き、至る場所のみどりがわさわさと嬉しそうです。
岩手山も少しだけ残る雪の跡と、濃い山のみどりが太陽に照らされて輝いていますし、
一昨日行った一週間ぶりの畑は、野菜もですがその周りの雑草もしっかり成長していました。
畑をやっている仲間とは中々一緒のタイミングで行けないので、各自よい時にという感じで
行く度に新たに野菜や花が植えられていたりして、気配だけを感じる。それもなんだか面白いのです。
そんな感じでお休みは心赴くまま土と緑に触れてましたが、日に当たり過ぎて後半はグダグダでした。笑

良い気候が続いているうちに、こんな日に穿きたくなるイージーなリラックスパンツをご紹介。
今季は各ブランドから其々の良さが光る涼しいパンツが多く展開されていたので、rasikuでも昨年より
型数多めにオーダーしています。その甲斐もあってか今年は夏素材のボトムの動きも早いです。
そんなラインナップの中でも楽な履き心地が前面に出過ぎることなく、デザインも程よく効いている
homspunのウエストゴムパンツは魅惑のパンツではないかと思います。


暑くなればなるほど、肌に纏わり付いて蒸れる様なタイプのボトムは回避したくなると思いますが、
かと言って薄手で涼しい穿き着心地重視で、尚且つある程度きちんと見えるものを探すとなると、
結構難しいですよね。そこで問われるのはやはり生地感ではないかとおもいます。
バルキーシーチングのピンっと張りのある生地は、仄かに光沢感もあり表情がぼやけない感じがします。
着用画像ではサンダルに素足なので、どうしてもリラックス感が優位に立ってしまっていますが
上に合わせる服と足元の組み合わせ次第で、もう少しオンスタイルに寄った着合わせも可能になります。
無理にお仕事着にとは言いませんし、homspunの物作りは洗いざらしでぱっと手に取って着られる服。
自分たちが着たいと思う服。なので、着て気持ち良く過ごせることが何より大事なこと。
そういう視点から、オンでもオフでも、着た人がその日を気分よく過ごせるそんなパンツだと思います。


ウエストは総ゴムで、ヒップ・ワタリ幅のゆったり加減はノンストレスで最高の穿き心地。
どかんと太いままではなく、裾にかけて緩やかにテーパードしています。
全体のシルエットも丈の長さのバランスも、体型問わずに合う様にシンプルに仕上げています。
ただそれだけでは終わらせないのがhomspun。どこかしらに可愛くて、くすっと楽しくなる仕様が
必ず在ります。今回はポケットの形とその回りを囲うあのステッチがそんなポイントに当たるのでは。
ぜひ着た際にポケットに手を入れてみて欲しいなと思います。

color     ブラック

price     19000+TAX

SIZE     F SOLD


お色は、青の色味の中でも群青色に近いような紫がかったブルーとブラックの二色を選びました。
ネイビーともまた一味違ったブルーも穿くと新鮮に映りますし、とても綺麗な落ち着いた色目なので
ベーシックなお色から少しだけ横にズレて色を取り入れてみると、色の明るさにハッとなるかもしれません。
そうするとどんどん色が気になって、明るい色が着たくなるのでは?という目論みもあったりなかったり。
正直そこまでは考えていませんでしたが、ブルーもブラックもそこまで着合わせが難しくない色ですので
シャツ・ブラウス・ワンピースにTシャツと、これからの夏本番に向けて通気性の良い涼やかな装いで
乗り越える対策をしていただければと思います。


ボトムの生地感がシャンとしていると、トップスがくったりしていたり柔らかな素材のモノを着ていても
見た目には、どことなくきちんとした佇まいに映る様に思います。
肌触りにメリハリがある事で、気持ち的にもだらっとしないような指令が出ているのかもしれません。
とことんリラックスな服装も好んでしてしまいますが、だからこそhomspunの服に共通している気持が良くて、
それでいて心地良い緊張感もある服が同じくらい好きなのです。
今シーズンオーダーした春夏商品は全てのブランドの商品が届きましたので、暑い暑い夏を少しでも快適に
心と身体のどちらも気持ち良く感じる洋服を見つけにいらしてください。

5月19日


homspun   ヨーク切替七分袖OP

color     ネイビー

price     32000+tax

SIZE     M SOLD


雨の一日。
弱まったり時々強くなったりする雨に合わせて、窓を開けたり、ちょっと閉めたり。
今日は窓際に椅子を寄せて、雨音に耳を澄ませながら気を静めてBLOGを書こうと思います。

homspunが展開する生地の中でも、コットンリネンとバイオリネン素材は特に好きなので
いつも春夏のオーダーの際は悩みに悩んで、結局選びきれずどちらも選んでしまうことを続けて8年。
デザインはシーズン毎に続く事もありますし、少しだけ変化が加わったり、数年経って復活したりなど
その時々の形となって、たくさんの方にお選びいただきながら展開を続けています。
今回は以前にも展開のあった胸元のヨークが印象的な七分袖のワンピースがリリースされました。
どこかユニフォームっぽさが漂うようにも見えるワンピースのヨークのシルエットがとても好きなデザインで、
すっきり綺麗な印象の前側と、きゅんとくる後ろ側、それぞれに心撃ち抜かれる一着です。


きゅっと詰まった首元。ヨークと繋がる少し内側に入った肩線。そしてヨークの中心に配したタック。
どこもキツくは無いのだけれど着ると心身ともに引き締まる感覚があって、リラックスやゆったりとも
また違った気持ち良さと清々しさを与えてくれるところが、homspunの服の魅力だなと着て改めて実感します。
そこまで厚すぎないコットンリネンウェザーの生地感は、柔らかさと同時にシャリ感があって肌当たりは
サラリと快適です。それでいてしっかりと目が詰まっている事での仄かな光沢感が、見た目においても
さり気なく自然な形で凛とした姿に映してくれるようにも思います。


背中の四角いヨーク部分に、3つの包み釦。
ヨーク下にはギャザーがたっぷり寄せられて、タックとはまた違った愛らしい表情に胸が高鳴ります。
ギャザーの位置を腰より少し高いところに設定している事で、ウエストラインも少し絞った様に見えますし、
ヨークからギャザーそして裾にかけての連なりが、甘すぎない大人の甘さでなんとも美しいなと思います。
カジュアルな日常着としても、またほんの少しよそ行き感を出したい気分の日にも、足元やバッグ等小物の
組み合わせ次第で幅広い場面で活躍するワンピースは、先ず季節ごとに一枚あると心強いです。
その中でも間違いなく優秀なネイビーは最強です。ここ最近カラフルや柄に心を寄せていた私ではありますが、
袖を通した瞬間に地元に戻ってきた様な、なんとも落ち着く感覚に包まれました。笑

※サイズは着丈の長さの違いでS・Mがあり、着丈が長い方のMサイズ(120cm)でご用意しています。

color     ブルーグレー

SIZE     M SOLD


色違いでご用意したのは、Tシャツでもバッグでもこの色があると響きで選んでしまうブルーグレー。
晴れた日の空と曇り空を混ぜた様な、何とも表現し難いくすんだ色合いは、不思議と惹かれます。
ふんわりと空間のあるワンピースなので、さらっと夏素材のデニムを合わせても良いですし、
一枚だとちょっと気になる白系のワイドパンツやキュロットなども似合うと思います。
気温が上がればさらっとワンピース一枚で足元は素足にサンダルなど、爽やかな着こなしも良いですね。
そんな時に、ワンピースの下がスース―するのが気になる!という方にお勧めな、インナー用キュロットや
フリルパンツも今季も少しご用意してありますので、この機会にお買い逃しなく。


時代の変化に無理に合わせる事なく、自分達らしさを貫き続けているhomspunならではのスタイルには
いつも刺激を受けますし、時間が経って着るとまたそれが逆に良かったりしてワードローブに残り続けてくれる
アイテムが私自身はとても多い様に感じています。毎日の日常に気取らずに彩を与えてくれるような存在で
気持ちを前向きに、そして可愛い、楽しいという気持ちが溢れてきて元気になる洋服。
何年か先にクローゼットを見返した際に、やっぱり良いなと思える1枚になってくれると思います。

5月8日


RECTANGLE  Bucket basket (インバッグ付き)

color     グリーン

price     15000+TAX

SIZE     W28×D30×H27 SOLD

color     ブルー SOLD

color     ブラック SOLD


この夏ついに、自分が持ちたいなと思うかごバッグを店内に並べる事が出来ました!
個人的に欲しいなと思うかごバッグは沢山あるのですが、自分のお店で展開するとしたら?と考えると
あまりピンとくるものが無く、ぼんやりとしているうちに夏が過ぎ去ってしまっていました。
イメージは重厚感のあるものよりは、Tシャツ+デニムもしくはスカートにサクッと合わせたくなる様な
気軽さのあるかごバッグ。水筒や日傘を入れたり出来るくらい高さのある形で・・・と言った感じで
本当にぼんやりと、そこまで具体的に探してもいなかったのですが、何処かで見つけられたらいいなー
ぐらいでいましたら、ナイスなかごバッグに出逢えちゃいました◎
持ち手にはhomspunのアーカイブ・ファブリックをくるくるっと巻いてあるというspecialな仕様。
縦型のたっぷり物も入るサイズ感も、色の軽やかさも、持ちたいと思える理想のかごバッグです。


バスケットの素材は水辺に自生している葦の繊維を使用しています。
という事は雨の日や、中に入れる物で濡れたりなんだがあってもそこまで気を使わずに持ち歩けます。
生産はチュニジア製で、ひとつひとつ手編みで作られているため個体差があります。
形で選ぶも良し、持ち手のお色で選ぶも良しです。
また、かごの中には持ち物が丸見えになるのを防ぐインバッグが付属してあるのも嬉しいポイント。
インバッグのベースとなっているのは80年代フランス軍デッドストックのランドリーバッグをリメイクし、
持ち手を付けることで単体でも使えるバッグに。
インバッグが在る事も嬉しいのですが、何というか其々の組み合わせ方にバランスの妙を感じさせる、
可愛げもあり大人な顔のかごバッグだな惚れ惚れしてしました。


高さは約27cmと、ある程度しっかり収納力を備えた実用的な大きさです。
縦型のバッグは実際に使用していると、細々したモノを入れてしまうと積み重なって取り出し難いという
デメリットもあるのですが、縦長の物を入れて持ち運ぶにはとても理に適った形で重宝するのです。
先にも書いたように、これから暑い日が増えると水分補給は必須になります。お気に入りのタンブラーを
ちらっと覗かせ、直射日光を防ぐ日傘も常備。小振りのバッグですと、この二つを入れただけで中が
半分以上埋まってしまったりしますが、このぐらいのたっぷりサイズですとまだ余裕があります。
私はお休みの日に、このバッグ片手に朝市に行って夏のピチピチ野菜を買ってきたり、水筒とお握りを
詰め込んで畑へ出掛けたいなと今から目論んでいるところ。


インナーで付属しているバッグに関しては中に入れているだけですので、取り出しも自由。
ご自身でお持ちの布製のバッグ類を変わりに入れて使うのも良いですし、好きな生地を見つけて
巾着袋を自作してINするのも良いなと思います◎
特に夏場はカラフルに柄物のインバッグや風呂敷などを合わせても素敵ですね。


山菜を取りに行った帰りにスーパーにも寄れるありがたい仕様(笑)
メインのかごには取った野菜や山菜などを入れて、付属のバッグをスーパーなどの買い物用として使う。
朝市などに行く時も、これを持って行くだけで気分が上がりそうですし盛岡と言えば神子田の朝市が有名です。
毎年の楽しみはトマトを山盛に買うと、お店のおばあちゃんが同じくらいの量をおまけしてくれたりして、
朝からほんわかと心が温まる触れ合いをして、その生トマトでたっぷり作るソースが最高に美味しいのです。
私達が想像をするようなデイリーに気張らずに持つ事が出来て、日常生活に寄り添ってくれるかごバッグ。
オープンからお取り扱いを続けさせて頂いているhomspunのアーカイブ生地使用というところにも
ぐっと心を惹かれました。夏の装いを盛り上げるプラスアイテムとして、お楽しみください。

4月23日


homspun   ワイドスリーブギャザーOP

color     ブラック

price     29000+tax

SIZE     M SOLD


雨が降ったりやんだり一瞬晴れたり、なんだか移り気でパッとしない天気が続いている盛岡ですが
玄関を出て一呼吸目、はぁっと吐いた息が白いのだけは、もうそろそろ終わりにしたい。
一歩踏み出してすぐにポキッと心が折れる音が聞こえるくらい、寒いのは今、心身ともに堪えます・・・。
みなさまもご自身の体調に耳を傾けて、どうぞ無理せずにクローゼットからウールの服や巻物、
厚手のもの取り出して暖かくしてお過ごしくださいね。(まだまったく衣替えも出来ていません)

袖と両サイドの腰の位置に、何やらヒラヒラパタパタとはためく・・・。
見た目はちょっと不思議でありユニークでもあるのですが、着たときにその不思議だった部分が
ぱっと可愛さとなって花開くようなイメージのギャザーたっぷりのワンピース。
ラックに掛かっているだけでは全貌は掴み切れず、いざ着てみると成る程~と思わず声にでるほど
homspunらしいパターンの秀逸さと、デザインの妙が光る一枚です。


フロント、特にバストより上には釦やタック、切り替えもなくすっきりシンプルな井出達。
首はやや詰まったクルーネックで、手を広げると肩から袖まで直線的なラインを描きます。
幅の広い袖の脇下はスリットになっているため、腕の可動域は広くなります。
手を下ろすと二の腕が隠れるくらいの袖の長さになるので、見た目的にも一枚で着ても安心ですが
動作によっては脇下が覗くので、アンダーウェアに+何か一枚インナーを着て頂くのが良いです。
ギャザーがたっぷり寄せられたウエストはゴム仕様になっていて、着方はお好みでアレンジ可能。
ハイウエストにして胸や背中部分にちょっと膨らみを持たせて着るのも良いですし、小柄な方にも
着丈の調整が出来て、長い丈でもほんのり着易くなるかと思います。


素材はハリ感のあるコットン100%のブロードで、薄手ながらもしっかりと存在感があります。
強さと同時にしなやかさもあり、横から見た際にボリュームのある袖や
袖と同様にスクエア型にデザインされたポケットも、それぞれが自由にドレープしたり
パタリと折り畳まれたりと、その都度見える表情が違うのではないかと好奇心までも掻き立てられる
デザインのユニークさに、とにかく魅了されてしまいます。
先にも書いたように、着丈はMサイズが125cmと長めの設定になっています。(Sサイズが115cm)
着用写真ではウエストは落して着ているので、ハイウエストにすると膝よりもう少し下から
スネの真ん中あたりまでの長さになると思います。


首の後ろに小さなループ釦が一粒きらりと、黒いワンピースにアクセントとして光ります。
釦の下は結構大きくスリットが入っているので、やはりキャミソールやタンクトップなどの
透けずに見えてもOKなインナーが必要になるかもしれません。
もちろん中に合わせるのは長袖のカットソーや、薄手のタートルなどでも袖も嵩張らずに着れますし
あえてボーダーなど柄物で、ボトムにはデニムや軽めのイージーパンツを合わせるのも良いですね。
足元とアクセサリーなどの組み合わせ方次第では、綺麗目な装いとしても重宝するはずです。
春から夏の移り変わりの時期は、気温によって服の素材にも悩みますが
パリッと光沢感を纏った生地はきちんと見えますし、そして何よりお洗濯などの扱いも気兼ねなく
ご自宅で出来るので頼りがいも十分です。

color     ブルー

price     29000+tax

SIZE     M SOLD


今回はブラックとブルーの二色をセレクト。
どちらもきりりっと真っすぐなお色で、それがデザインにもマッチしていて素敵です。
ブルーは少し光が当たって鮮やかな色に映っていますが、もう少し黒味が入ったような濃い青色が
実際の色の印象かなと思います。
さらさらっとした不快感の無い肌触りと潔いブルーのワンピースは着るだけで爽やかな気持ちに。
出来る事なら、晴れた空の下で清々しい風と新緑の匂いに包まれながら陸を自由に歩き回りたい!
そんな日を思って、お家の中で過ごす時間が長い分、何といっても部屋着でいるのが楽ですが、
服装を変えることで気分転換にもなると思うので、気分だけでもスカッとしていただけたら嬉しいです。


homspunらしい大胆かつ計算し尽されたパターンを用いて、女性らしい曲線的なラインを描くワンピース。
袖を通すだけで様々な部分にはっとさせられるディティールが満載で、1つ1つ動きを確かめながら自分なりの
着方を考える楽しみがあるのではないでしょうか。
今日も1日ストーブ付けっぱなしの凍えるような寒さで、春服を想像するのは私でも難しかったのですが、
なんとか暖かな春の日差しを想像をしながら、心はぽかぽかさせて過ごしていきたいと思います。

PageTOP