9月12日

homspun   パッチワークプリント七分袖OP

color     ベージュ

price     35200-

SIZE     F SOLD

昨日の十六夜の月も綺麗で、お月見しながらの晩ごはんが美味しかった。
週末は午前中から閉店まで、ご来店くださったみなさま、ありがとうございました!
季節のもののお裾分けや、出店スタイルのお買い得なお品物と店内の少し先の品々のお買い物と
今になって私たちが、夏と秋の両方をいっぺんに満喫させてもらえているような、そんな時間でした。
SALEは明日まで、Tシャツやソックスが追加されましたので、どうぞお立ち寄りくださいませ。

今日も風は涼しく、遊歩道にはコスモスが咲き始めていたりと、ますます秋!となっているものの
動いたり歩くとじわっと汗が滲む感覚に、未だ半袖は半袖のまま着て出勤。
なので?着方は涼しげになっていますが、出番はこれからな届いたばかりのワンピースをご紹介します。
homspunのお洋服、その時の気分だったり自分たちが着たいと思うものを作り続けていらっしゃるので
オリジナルのプリントアイテムをリリースする時もシーズンによって小花だったり、幾何学柄だったりと
ほとんど同じ柄は無く、その発想や表現、デザインも含めいつも見るのが楽しみだったりします。
今回のパッチワークプリントも、実は見た瞬間は素敵だと思うと同じくらいインパクトも大きかったのですが、
時間を経て、今手元に届いたものを見て、ますます素敵だな〜と思うのだから、本当に素晴らしいブランドです。
今季のブランドビジュアルのメインにもなっている、パッチワークプリントをぜひ実際にご覧いただけたらと思います。

すこしだけ開きの広いVネックの首元と、胸元はビブのような切り替え。
袖幅や身頃もゆとりのあるサイズ感ですが、要所要所に細かなタックを入れることで
ゆったりだけれどメリハリのあるシルエットと、リラックス感のある着心地の両方を備えたワンピース。
Vネックも開きが気になる方もいらっしゃると思いますが、詰まったネックラインのインナーを合わせても
見え方には全く違和感がないので、気温に合わせて素材や形、色もワンピースのお色味と合わせたり外したりと
様々なインナーを組み合わせて、お楽しみいただけたらと思います。

この袖が、すこぶるいいです。
ポケットに手を入れた際の、絶妙なふっくら感とタックと袖先の窄まり。
七分袖なところもいいです。

着丈は110cmなので、長すぎず短すぎずの普通丈。
一枚でそのまま着られる方は、薄手のタートルやクルーネックのカットソーの上にバサッと被って
革靴も似合いますが、秋はあえてスニーカーでカジュアルに着ていただくのも良いと思います。
ボトム合わせの場合は、ズドンと太いボトムにぺたんこなシューズでフォークロアなスタイルで合わせるのも、
とても可愛いですし、格好いいのではとイメージしています。
このパッチワークプリントの元となっているのが、homspunのスタッフの方が作られたパッチワークキルトで
それが、とても素敵なのです。色々な切り口で楽しませてくれる懐の深さとモノ作りへの探求心。
柄・色物は一目惚れが一番だと思っているので、そんな風に思って頂ける方がいらしたら嬉しいです。

8月27日

homspun    高密度ウェポンひもワイドPT

color      ベージュ      /      グリーン

price      24200-

size      F SOLD

そういえば・・・
先日木曜の夜に、猫が布団の中に入れて〜ときたので、超個人的な秋の認定がされました(喜)
ただ足の間に丸まって寝言を言った矢先に、暑さに耐えれず飛び出していってしまいます(悲)
猫との暮らしも今月で丸二年が経ちましたが、この「布団に入ってくる」行動には毎回すごいなぁと感動しています。
みなさまの秋到来のサインは何でしょうか?


さてさて前回のBLOGからの続きになりますが、ボーダーTシャツに組合わせて、さり気なくアピール強めだったパンツ。
高密度ウエポンと言えばhomspunが長らく提案し続けている生地で、私たちにとっても思い入れの強いアイテム。
このパンツも時代の変化に合わせて生地感や、デザインなどなど大小様々な変化を重ねてきました。
ここ最近はウエストの形状を紐とゴムでイージーに、けれど見た目は綺麗なワイドシルエットという
とてつもなく穿き易くて動きも楽で、オンオフに対応する万能さが増して、前回登場した際も好評だったので
何となくボトムをお探しの方にはお見逃しなく!な一本です。

ウエストサイズには余裕がありますが、しっかり目のゴムと同布の強い紐で調節をしていただきます。
ヒップとワタリにはゆとりを持たせつつ、シルエットはあまり丸みを帯びずに、直線的なラインですっきりとした形状に。
間違いなくワイドな部分は感じますが、裾先まで緩やかにテーパードもしているため、何というかボリューム感が
とてつもなく絶妙な匙加減というのが、見た目からも伝わるのではないでしょうか。

裾は1、2回まではロールアップしても良いと思いますし、普段履かれる靴のイメージに合わせて
キリッと裾を詰めていただくのも良いです。
グリーンの着用画像に履いている靴がフラットで、足首で留めたり外したりするストラップシューズなので
もう少し裾の長さが短くても良いかもという気持ち。
とても些細な部分ですが、裾のバランスで全体の印象も違いますので、どの様な場面で着用したいかなども
想像して裾を合わせていただくと、より実際に着た時のテンションも上がると思います。

グリーンとベージュ、どちらもThe・ベーシックカラーですので使い勝手?合わせ易さ?という点においては
間違いなく五分五分と言えます。
色のトーンで選ぶのも一つですし、現在のお手持ちのボトムラインナップと照らし合わせてお選びください。
ウエポンの特性としては、細い糸をギュッと高密度に織り上げることでガシガシと穿けるタフさを備えつつ
生地はとても上品な光沢感を纏っていて、また着用を重ねていった後の風合いも良いというところもポイント。
耐久性があってへなへなっとなり難く長く愛用できるのは、嬉しいことですね。

今の気分で個人的に良いなぁと思ったのが、このベージュパンツと暗めゆるやかボーダーとの組み合わせ。
TRIPPENのグレーのhalf yenの足元も何だかこれまでで一番ピタッときて、何年も見て良さも分かっていても
そこをまた超えて、良い!と思う瞬間があるというのが、服や靴に限らず自分を形成する全てにおいてもかもしれませんが、
人の感覚の面白いところだなと感じました。まだまだ知らないことが沢山あり、良い発見を重ねていきたいですね。
店内も毎日ちょっとずつ入れ替えをして、変化していますので、どうぞお立ち寄りいただければ幸いです。

8月26日

homspun    40/2 天竺ボーダー ハイネック半袖PO

color      オフホワイト×ブラック    /    グレー×ブラック

price      8800-

size      F

スカッと気持ちよく晴れたかと思ったら、またまた雨続きの空模様。
半袖Tシャツが快適〜と感じた次の日には、肌寒くってブルブルしていたり。
何だかもうっ・・・となる気持ちを払拭するために、一先ずこの秋冬シーズン届きたての服に袖を通してみました〜。
これは自分達には効き目がありました。いつだって新しいものを纏ったり使いはじめる瞬間って良いですね。
温度だけで見るとまだ過ごしやすいので、夏と秋そして秋と冬の間を、心身ともにウキウキとさせてくれる
お気に入りを見つけにいらしてくださいませ。

そんなわけで、こちらはhomspunから届いた秋のはじまりの服。
一つは半袖なのですが、このハイネックタイプの半袖POは実は毎年あっという間に完売となる人気の形。
Tシャツというものは、シンプルが故にどうしてもそれだけでは心許なくなってしまう時期があったりもします。
そんなお声が多い中でも、このhomspunの半袖Tシャツだけは別格のようです。
ボートネックのようなゆるやかなハイネックと、さり気なく膨らむ袖と袖のリブ。袖の長さも良い塩梅です。
一枚でさらっと様になる優れものなので、普通のTシャツがピンとこない方にもぜひお試しいただきたい半袖Tです。

元々無地での展開があったのですが、そちらはやや薄手の春夏向けの素材感で作られていました。
今回のボーダーはもう少しだけ生地がしっかりとしていますし、配色もどことなく今の季節に馴染みます。
半袖なのでもちろん真夏に着ても一切問題はないですし、残暑が長いとも言われている今夏ですのでまだ楽しめますよ。
今からだと着る時期が短い・・・と思わずに、ぜひこのデザインに惹かれる方は手にしていただければと思います。

立ち襟と袖の切り替えがはっきりしている、オフホワイト×ブラック。
ボトムにホワイトもしくはブラックのスカートや変形パンツなど、モノトーンで組合わせても良さそうです。
反対に襟・袖の切り替えが目立たず、ボーダーの配色も落ち着きのある色目でまとめたグレー×ブラックは
全体のトーンを合わせても良いですが、グリーンやベージュ、マスタードなどちょっと秋の香りがするカラーを取り入れて
コーディネートするのも良いなぁと思います。
とにかく使える!万能!とお色違いでお持ちの方も大変多い、ハイネックの半袖プルオーバー。
homspunなので着心地は間違いなく、しっとりとしっかりが絶妙なタッチですのでTシャツのヨレ感も気にならずに、
シャキッとした気分で、そのままでも重ね着でもお楽しみいただけると思います。

homspun    40/2 天竺ボーダー 七分袖PO

color      オフホワイト×ブラック    /    グレー×ブラック

price      12100-

size      F SOLD

同じ生地で形違いの七分袖バージョンも一緒に届いています。
デザインもですがシルエットもご覧の通り全く違うので、これまたとっても悩ましいそれぞれ。
緩やかながらもコンパクトにまとまる半袖に対して、より身体のラインを拾わずにリラックスした着心地なのが七分袖で
着比べてみると、何となく自分の今の感覚が心地良いとフィットする方があるように思います。
どちらもワンサイズとなっておりますが、肩幅や身幅などシルエット的にゆとりがあるのは七分袖なので
引き締め感無しで、動きやすさ重視の方には、こちらのタイプをお勧めいたします。

両サイドは深くスリットが入る形状。
肩のラインもラグランスリーブで、袖幅の太さもとても良い。
ラフなのに、だらっとしない文句の付け所のない気の利かせ方が素晴らしいなと思います。

8月末から9月末頃の服装はとても悩ましく、日中との気温差も頭に入れながら服を選ばないといけません。
ボーダーTシャツは今までもさんざん着てきて、もう一生分あるなと思いつつ、なのにまた気になってしまう存在。
少しデザイン性があって、それもまたhomspunの可愛らしさがプラスされているのが堪らないなと思ってしまいます。
タンスの中にあるボーダーTシャツを横目に、これ以上ボーダーTシャツを増やすのは。。。と思ったことのある方、
それはもう一種の現象だと思って、受け入れましょう。ボーダーは何枚あってもいいのです。
そんなボーダーTシャツに合わせたパンツを明日にご紹介したいと思います。
これもまたhomspunのものですが、本当にこちらも素晴らしいパンツです。どうぞお楽しみに。

8月7日

homspun   NEWギンガム ギャザーBL

color     マスタード

price     20900-(TAX IN)

size     F SOLD

お祭りのあとだからでしょうか、それともあれほど暑い暑いと言って扇風機の数を増やした矢先に
急に涼しい風が吹くようになったからなのか、何だかいつも以上に静かで穏やかな、それでいて
ちょっと寂しさすら感じてしまうような週末。立秋がやけにしっくりと感じる今日です。
湿度はありますが、気候はこのくらいがとても過ごしやすくて良いですー
ご試着も気兼ねなくしていただけると思うので、買い替えたり買い足したりしたい夏の衣服がありましたら
ぜひぜひお立ち寄りいただけたらと思います。(まだほんの少しですが秋の服もはじまっています)

まだ蒸し蒸しっとした感じは続きそうなので、このあたりのブラウスなども良いのではと思います。
今季のhomspunの中でもとびきりユニークで、ほとんどの方が不思議そうに眺めてくださった驚きなアイテム。
首元のギャザーが特徴的なデザインで、着てみないと首や肩がどのような印象になるのか分からないのも
面白いですし、実際に着てみると想像以上に形の可愛さとバランスの良さを感じられる服です。
homspunのギンガムシリーズは変化しながら時にお休みをしながらも、ずっと展開を続けてくださっていて
自分たちにとってもhomspunと言えば!な感覚がありますし、ずっと好きでお選び下さっているお客様にとっても
全く同じ生地ではなくても、このギンガムチェックに愛着のある方が多くいらっしゃるのでは無いかと思います。

ボトルネックのようなボートネックのような襟形状。
首のギャザー部分にはゴムが入っていますので、伸縮性がきちんとあって襟元が大きく開いて肩が見えたり
と言う心配もありません。このギャザーの部分ポイントでこのままウエストまで落としてスカートのように
着ていただくことも可能な2WAY?仕様のブラウスなんです。
不思議そうにご覧になっている方も頭の中ではトップスだと感じながらも、スカート?にも見えてどっちなんだろう
という表情です。(笑)質問の答えとしては、どちらにも。ということでお伝えしていますし、
見えた方の着方で好きなように合わせて着ていただいて良いと思います。
薄手のスカートやワンピースなどのペチコートの様に重ねていただくのも有りと言う情報も〜

肩幅や身幅は広くたっぷりなサイズ感で、袖の長さも五から六分袖ぐらいのイメージ。
肩線からそのまま身幅に繋がる直線的なパターンですので、着る人の身体に沿って形が決まるブラウスです。
裾の両サイドにはスリットが入るので、ボトムスとのバランスを見ながらブラウスの裾をタックインしたり
ストンとさせたり、軽くクシャッとさせたりお好みでアレンジもお試しください。

今季のhomspunは、服と服のより様々な組み合わせが楽しめるようにと考えられていてデザインの面白さや
色合わせの妙が一段と感じられるものが多いです。
このブラウスも他のお色は完売してしまったのですが、インナーなどの合わせ方でもちょっと人それぞれに
違いが出せそうですし、意外性も含めて楽しく着ていただけたら嬉しいです。
ほぼ同じかたちですが、生地が変わることで似て非なるなTシャツもございますので一緒にご覧ください。

homspun   60/2 天竺 ギャザーPO

color     サラシ

price     9350-(TAX IN)

size     F

color     レッド

size     F SOLD

ブラウス同様に首元にギャザーが寄せられ、ゴムでぎゅっと詰まったデザインのプルオーバー。
生地は柔らかくて肌あたりも優しい天竺なので、まだまだ連日のように暑い日が続く地域にお住まいの方や
いや盛岡でもまだTシャツは手放せませんという方、普通のTシャツでは物足りないなーという方などなど
どの皆様のお目に留まれば幸いです。
このレッドが醸し出す何とも攻略し甲斐のある空気感が堪りません。
ハリのあるパンツや柄物のスカートと組み合わせても良さそうと、想像が膨らみます。

ブラウスの方が襟元の立ちがしっかりしていて、天竺は首に沿うようでボートネックな感じです。
このゆるゆるとした佇まいを活かすのは、合わせるボトム次第だなと。
先に書いたようにハリや光沢のあるパンツですとバランスが取れて、ゆるさが落ち着きますし
白やオフホワイトのボトムや、明るいシャンブレーや色落ちしたデニムなどですと赤が映えますね。
そんな風に自分なりのイメージを広げていくと、何だか苦手意識のあった色目でも、どんな形の服でも
面白く見えてくるものです。実際に試してみて、その時の気分とはちょっと違う場合もありますが
決して合わないということでも無いのかなと思ったり。数年後に衝撃的に好きになったりすることもあるのが
服の面白いところなので、気になった方にはぜひお試しいただきたいです。

こちらもお色が欠けて、サラシ・レッドと縁起の良さそうなお色のみとなっております。
天竺のTシャツ類は定番と、シーズンのものと、涼しさ=袖の短さということでノースリーブなど
BLOGにまだ載せきれていないお品物も、店頭には並んでいます。
夏の必須アイテム、お探しにいらしてください。お待ちしております。

7月29日

homspun   バルキーシーチングノーカラーBL    /    ダブルポケットギャザーSK

color     オリーブ

price     19800-(TAX IN)                24200-(TAX IN)

SIZE     M SOLD                    M SOLD

color     サックス

price     19800-(TAX IN)                24200-(TAX IN)

SIZE     M SOLD                        M

color     WHITE

price     24200-(TAX IN)

SIZE     M 

何をしても暑いですし、何をせずとも暑いですねー。
毎朝ラジオでチェックする天気と気温。今日は34℃と聞こえた瞬間にクラッとしました・・・
産直でもとうもろこしを見ると迷わず買ってしまうくらい、体が欲するものも本格的な夏到来です。
(そろそろ枝豆も。。。)
珍しく食欲が落ちていた数日でしたが、先日のお休みにとても美味しいカレーをいただいたり
差し入れにいただいたお汁粉が沁みたり、やっぱり食べることは大事だと実感。パワーの源ですね。
どうぞ皆さまもしっかり食べて、7月も残すところ僅ですが元気でいましょう。

homspunのバルキーシーチングシリーズ。
やっぱりrasikuでは同素材のギャザーパンツが圧倒的に人気で、どのタイミングでご紹介しようかと
考えているうちにパンツはほぼ完売となり、あるのはWHITEのみ。
今季は継続して展開しているスカートと、もう一型ブラウスもご用意しています。
それぞれでも良いですが、セットアップで着るのもとてもお勧めなので合わせて着用してみました。
素材自体は高密度なコットンですので、30度を超える気候にはちょっと手に取るのは躊躇する生地ですが
半袖でノーカラーのブラウスは、Tシャツとシャツの間くらいの塩梅なので、気張らずでもラフ過ぎないという
絶妙なバランスが、実はとても頼もしかったりするのではと思える一枚です。
詰まったクルーネックにはいつもの太番手ステッチがアクセントになり、袖は二の腕が隠れるくらいの5分袖。
一見シンプルなデザインですが、スッキリとゆったりの見せ方であったり、正面と後ろの印象の違いだったり
ボトムを合わせた時のシルエットなどなど、着るとこれは巧妙に仕組まれたブラウスだと感じると思います。

首裏にキラッと光るシェルの釦。
1箇所だけをループで留めて着る、プルオーバータイプのブラウスです。
肩は少しだけキュッと内側に入りますが、そこまでタイトな感覚は無いですし
その分アームホールと袖幅がゆとりを持たせた幅広の設定になっているので、着心地も楽です。
身幅は脇下にダーツを入れることで、裾にかけて極微かにシェイプしています。
着丈が少しだけ長いのですが、スッキリとしたラインにスリットをプラスすることで
タックイン・アウトどちらの着方も出来ますし、ボトムにボリュームがある組み合わせの際も
上下のバランスが整いやすくなっています。
なので同じ生地のギャザースカート・パンツとの着合わせがとても良いのも頷けます。

そしてこちらが何度目かの展開になりますが、変わらずに重なりポケットが素敵なスカート。
色展開では、着用のサックスが新色となっています。
バルキーシーチングは薄手ですが高密度でハリのある生地。タフな質感で透ける心配もなく
お洗濯も心置きなくご自宅で出来る安心感もありますし、通年で着用いただけます。
その分、真夏は暑いかな・・・と思っていたのですが、スカートですと風が抜けてくれるので
想像よりもずっと涼やか!でした。涼しい素材のパンツばかりに気持ちが向いていましたが
スカートやワンピースを一枚でさらっと着るのが、実は快適なのかもしれません。

ダブルポケットギャザースカートに限らず、homspunのギャザースカートの良さは何といってもシルエット。
生地によっても違いますが、この生地のようにハリがあると膨らみがどうしても気になってしまいます。
ですがhomspunのギャザースカートは、ウエストが太いゴムでキュッと締まって腰の位置は適度にふんわりと、
そして裾にかけて流れるようで、ボリュームを気にせずに穿けるというのがとても嬉しいポイントですし
Tシャツに合わせても、それだけで様になるような、ポケットだったりステッチだったり小技が効いているという点も
間違いなく人気の理由ですね。ついつい色違いで、丈の長さ違いで、素材違いで・・・と増えていくのも自然なことかと。

普段タックインすることがほぼ無いのですが、裾がスッキリしているブラウスはインした時にも
腰回りがもたつくことも無いので、意外とあっさり着られそうです。
セパレートですがワンピースのようにも見えて、上下それぞれの使い勝手も間違いなく良いので
私服でお仕事されている方にも、バリエーションが増えるという点でもセットアップがお勧めです。
もちろんスカート、ブラウスどちらかだけでのお求めも大丈夫です。
新しい服を着ると気分が幾らかフレッシュにもなるので、暑いですがぜひお試しにいらしてください。

PageTOP