5月15日

MITTAN    SH-30C 大麻ロングシャツ

color      胡桃

price       28600-(TAX IN)

SIZE       4

昨日は夕方にかけて一気に気温が下がり、二人ともシャツ1枚しか着てこなかったのもあって
満月になりかけの月を横目に震えながら家路へと急ぎました。
今日はしっかりと寒さに対応出来るように、1枚多く羽織り万全な体勢を整えてきましたが
思っていたよりも遥かに気候が良いですね。川の流れも吹く風も抜群のコンディションです。

MITTANから梅雨時期には最適な素材、速乾性と蒸れにくい特性を持つ大麻を用いたロングシャツ。
以前にも一度展開したことのあるモデルですが、期間を空けて久し振りにセレクトをしました。
シャツのデザインをそのままにテールを伸ばして、両サイドに深くスリットを配した潔いディテールに
貝釦がずらりと並びます。ロングシャツというやや曖昧なニュアンスが着る人の創造力であったり
装いに対する意識を解したり、掻き立てたりするようなところもありますし、寄り添い過ぎない適度な
距離感に慣れてきた頃には、これまでの服装からのちょっとした変化なども感じられるのではと思います。

デザインは定番でリリースされている大麻シャツをそのまま活かしているので、首元はスタンドカラー
肩幅や身頃もそこまで大きく設定はされていません。僕たちの提案としては羽織の要素がある方が使い勝手が
良いと思い大き目のサイズをあえてセレクトしています。着用サイズは4。
その分、袖丈が長く感じてしまう方もいらっしゃると思いますが、くるっと捲ってしまっても生地が薄い分
もたつきが少なく、それでも気になるという場合には気持ち良い長さにお直しで対応するのも選択肢の1つです。
身体の全てに綺麗にアジャストする洋服というのは稀ですし、不安定な要素をプラスに捉える方法と
奇麗にお直しをして自分に合わせていく、どちらも洋服を楽しむ上では大切なアプローチだと考えています。

色は2色を選びました。
先ずは胡桃染め。ベージュ系の柔らかい色目で天然染料ならではの空気感が漂います。
自分自身も同じ大麻の素材で胡桃染めのアイテムを着ていますが、定着し易い染料と比べると少し色が抜けやすい
印象を持っています。抜けた色目も個人的には気に入っていて、これからの季節はどうしても洗濯回数が増えて
いきますので、その辺の感じが気になる方は優しく手洗いで洗浄力の強くない洗剤で対応されると色の持ちが
安定すると思っています。体感してみると気付くことが沢山あって、そういった経験を重ねる事で洋服との
付き合い方や感覚的な部分が段々と研ぎ澄まされてくるのではないでしょうか。

MITTAN    SH-30 大麻ロングシャツ

color      濃紺

price       24200-(TAX IN)

SIZE       3    /    4

もう一色は化学染料でムラのない綺麗な染め上がりの”濃紺”
生地に対して染料の定着度が高くて、安定した発色も魅力的。MITTANの作る製品は天然染料・化学染料どちらも
同じ位に好きで、その時の気分に応じて提案するカラーを変えています。
最近気に入っている黒と紺色との組み合わせ。何処となく先練された空気があって、色があまり得意では無い方に
雰囲気良く組み合わせて頂ける間違いない配色だと思っています。

客観的な視点で見て男性よりも女性の方には、この丈感に慣れている印象があるのですが、固定観念で物事を
決めつけすぎずに常にフラットな視線と柔軟な頭の中の考え方が大切ではと改めて思う所があります。
釦を全て閉じずに開けて着ると、サイドに配したスリットの効果も相まって生地の揺らぎが出て無国籍な空気が纏えますし
MITTANのブランドコンセプトでもある現代の民族服というニュアンスにぴったりなアイテムではないでしょうか。

5月5日

MITTAN    PT-31 大麻ワイド 高密度

color      濃紺

price       33000-(TAX IN)

SIZE      2    /    3

color      墨黒

price       33000-(TAX IN)

SIZE      2    /    3

color      黒

price       33000-(TAX IN)

SIZE      2    /    3

昨日の休日は朝から活動的にと思って、まずは早朝4時50分グランド集合にて朝野球。
うっすらと雪化粧をした岩手山を見ながらの野球で一汗かいて、気持ちも身体もリフレッシュ。
一度家に帰り、洗濯と掃除をいつも以上に丁寧に。床拭きまでして気の流れが良くなった部屋でごろり。
と気付いたら寝落ち(笑)やることが目白押しなので奮起して買い出しその他諸々をすませて2度目の帰宅。
そこから本日のメインイベントとなる少し離れた場所にある畑へ。目を覆いたくなるほどの雑草が一面びっしりと。
約2時間、畑仲間とひたすらにクワを振り上げて雑草を抜き、何とか畑としての姿に戻すことが出来ました。(笑)
いや~本当に長い一日でした。クタクタの脱力状態で布団に入ると気付かないうちに目を閉じておりました。。。
収穫は秋の予定ですので、タイミングが良ければ収穫物をお配り致しますので楽しみにしていてください。

今日の盛岡は最高気温が26度予報。お店は割とひんやりしていますが外に出ると太陽の日差しがぎらりと照り付けて
その気温までしっかりと上がりそうな気配がします。そうなると必然的に涼しいパンツを手が伸びてきます。
MITTANは今シーズンからフルレングスの涼しいパンツを提案していて、個人的にはとても嬉しい限り。
昨シーズンまでは丈がすっきりしたアイテム中心でしたので、自分で丈の調整が出来るということになり
自由度が高まった印象を持っています。
糸の番手を細くし高密度に織られた大麻の生地を贅沢に使用したウエストがイージー仕様のワイドパンツ。
ワタリから裾にかけてストンとテーパードを最小限に抑えたシルエットは、トップスの比重が軽くなるタイミングで
パンツで全体のボリューム感を整えるには最適な太さだと感じました。

先ずは素材から。
昨シーズンに登場しました大麻高密度と呼ばれる素材。
最初に展開をしていた大麻素材を基に、糸の番手を細くして高密度に織りあげられたMITTANが得意とするファブリック。
ばりっとした生地の強さとハリが特徴的で、当然ながら清涼感も抜群。
身体と生地との間に空間が生まれるシルエットなので、肌に密着し過ぎずに適度な距離を保てると思います。
お洗濯しても次の日にはからっと乾く速乾性も大麻の持つ機能的な一面を垣間見ることが出来
旅行などに行かれる際に、手荷物を少しでも軽くするために穿いた日にお洗濯して次の日にも着れる
そんな事も可能にしてくれる嬉しい素材です。

ウエストは総ゴム+ベルトループ・内側にアジャストする際の紐が付きます。
お尻周りは割とすっきりとさせているのですが、ワタリから裾にかけてボリュームを持たせることで
野暮ったい印象を薄れさせるワイドパンツに仕上げています。
今シーズン選んだ色目は化学染料を中心で、濃紺・黒に加えて新色の”墨黒”が仲間入り。
“墨黒”が良い仕事をしてくれるのではないかと勝手に思っています。
特に黒のパンツが苦手な方に、墨黒は中和されたニュアンスがありお勧めしたいカラーです。

着丈の長さですが身長178CM 体重63キロで着用しているサイズ3 で踝が隠れるフルレングス丈と言った所。
好みに合わせて少し短くカットしても良さそうですし、丈の長さを好みのバランスに変えられる点も
今季のMITTANが提案する夏素材パンツの小さな変革かもしれません。
因みに昨年も展開していました大麻パンツも店頭に並べておりますので、丈感やシルエットなどを比較して頂くと
其々の良さを感じれて、その中でご自身のライフスタイルとイメージに合うものをお選び頂ければ嬉しいです。

夏の暑い季節に着る黒は、すっと背筋が伸びるような感覚を纏えるカラー。
濃紺・墨黒と比べると好みがはっきりと分かれる気もしますが、好きになる色や身に着けていたいというカラーは
時間の経過と共に変化すたりもするので、夏の黒の魅力にも触れて頂きたいなと思っています。

年々暑さが増しているのは盛岡に住んでいても実感しますし、全国どこにいても変わらない気温になるのは仕方のない事。
寒さに対する洋服の選択肢というのは多く存在するように思いますが、暑さとなると、選択肢は増えているものの
自分達が納得してという素材などに巡り合うことはそう多くはありません。
MITTANの夏素材に対する取り組みは毎シーズン目を見張るものがありますし、実際に自分達で着ていても着心地・涼しさ
デザインを含めたトータルでのバランスは素晴らしいなと思っています。
暑さを凌ぐのに限界はありますが、着用していて気持ちの良い素材というのは自然と手にとってしまいますし
前向きな気持ちにさせてくれる洋服が手元にあるだけで、暑さに対してのモチベーションや出掛ける際の理由にも
なりそうですし、5月5日の今日は暦でいう「立夏」にあたるので、大麻ワイドで少しでも快適な夏時間を
お過ごし頂ければ嬉しいです。

4月15日

MITTAN   PT-28 竹パンツ2

color     濃紺

price      26400-(TAX IN)

size      2    /    3 

自分は花粉症ではないと思い込んで3年位は経過したでしょうか。
ここ数日の花粉量が多いと聞いてから、自分も身体のあちこちが痛いと感じる位に何かに反応していたのですが、
雨が降って気温がぐっと下がり症状が一気に改善。暖かくなるのはシンプルに身体の負担は減って嬉しいのです。
ただそうなるとそうなったでまた違った様々な反応や変化があるので、自分の心身をうまくチューニングして
日々なるべく健やかな状態でいられたらなぁとおもいます。
今日は本当に寒の戻りなので無理せずに1日を過ごしましょう。

MITTANから春夏の定番素材”竹55%×綿45%を掛け合わせた生地を使った、新作パンツがリリースされました。
この素材では元々お尻からワタリにかけてゆったりとしたシルエットのパンツを作っていたのですが、
それとは打って変わって今回の新型はすっきりとしたフォルムに。
綺麗なバランスにウエストのイージー仕様の組み合わせが癖になりそうな1本です。
僕がセレクトするパンツは偏りがあって全体的に裾幅が広くワタリもゆったりしたものが中心ですが、
たまにこの手のシルエットも穿いてみると、トップスとの組み合わせ方や足元の見え方が変わるので新鮮に映ります。
穿く季節で言えばちょうど今ぐらいからスタートして、真夏まで穿ける生地感になるのではないかと。
涼しさだけを求めていくと、生地がどうしても弱くなりがちで丁度良い塩梅というのが難しく
竹×コットンは強い特性があるので、くたっとなり過ぎない生地感が好みの方に特にお勧めです。

お尻周りからワタリにかけては窮屈になり過ぎずに、身体と生地に程よい距離感を保ちつつ膝から裾にかけて
テーパードをさせて納まり良く整えています。丈は比較的長めに設定されているので丈詰めして綺麗に整えると
パンツの良さがより引き立つのではないかなと。涼しくて生地も強くトップスとの相性をそこまで気にせずに
さくっと手に取って頂ける、春夏の主力的な存在になってくれそうなパンツです。

MITTANが作るパンツの特性としてイージーパンツというカテゴリーに属しながらも、シルエットに立体感を持たせて
縫製も一手間入れることによって、全体の仕上がりもそうですが穿いた時の印象がラフさを強く感じさせない点も
セレクトし続けている理由だったりします。特にこれから気温と湿度が高まってくると、洋服を着るのがやや億劫になる
タイミングがあり、身体にストレス少なく、ラフになり過ぎないというのが僕が理想とする初夏から夏にかけての
服装かもしれません。ワードローブを見渡しても特に夏場はMITTANの洋服の着用頻度が多くなってしまいますね。。。

そして色のバリエーションが豊かなのもブランドとしての特徴。
今季はどちらかと言えば化学染料を中心にセレクトしていて、竹パンツ2で選んだ濃紺はまさに濃紺といった深い色に
染め上げらています。生地によって色の入り方も異なるのですが、しっかりとした濃紺と言って良いと思います。
サイズは2と3の2サイズ展開。サイズ2でユニセックスのS~M サイズ3でM~L位で間違いないです。
□身長178CM 体重63キロ 着用サイズ3 

ウエストは総ゴム+アジャストする紐が付き、更にベルトループまで付随する優し過ぎる仕様。

ワイドなシルエットに挑戦してみたいけれど、なかなか難しいなと感じられている方や
春夏の主力となるパンツをとお考えの方など、時間の経過と共に信頼感を寄せられる存在になっていくはずです。
ゴールデンウィーク位からきっと気持ち良く穿いて頂けると思いますので、この先のパンツ候補の1つとして
ご覧頂ければ嬉しいです。

3月27日

MITTAN   PT-26 亜麻苧麻ワイド

color     紺

price      26400-(TAX IN)

size      3

color    墨黒

price     26400-(TAX IN)

size     3 SOLD

昨日は臨時休業となり失礼いたしました。
曇り空からのどしゃ降りで、中津川の水嵩もぐっと増えて今朝は遊歩道も途中通行止めでした。
体の低気圧アンテナもしっかりと作動していましたが、今日は幾分良い方向に転じていると思います。
気温も二桁になる予報で、お店のストーブも2台から1台に減らして営業しています。
ちょっとした変化でも嬉しいものですね。灯油の買い出しもあと1回位で終わると良いな。。。

MITTANから昨シーズンに引き続き亜麻苧麻ワイドパンツをセレクトしています。
サイズの展開が残り3のみになってしまいましたが、イメージに合う方がいらっしゃいましたら嬉しく思います。
今シーズンから新色として化学染料を使った”墨黒”が新たに加わり、定番色の黒と炭との良いとこどりの様な
気がしていて、しっかりと生地に色が定着しているので色落ちも気にし過ぎずに着用出来るのもポイント。
染料に関しましては何を使うにせよメリットとデメリットがある訳で、その時の気分によって着たいと思う色や
色落ちを楽しみたいなど、あまり固定観念を持ち過ぎずに揺らぎの中で決めて頂く位がベストかなと。
昨年の春夏シーズンは濃藍を中心に展開していたので、今季は黒・紺・墨黒の化学染料を中心に選んでいます。

しっかりというよりも、どっしりとした質感の2種類の麻を織り交ぜたMITTANオリジナルの生地。
特有のシャリ感とドレープするような落ち感を持ち合わせていて、穿き込んだ際にも生地がへたっと行き過ぎずに
一定のラインで留まる強さが特徴的。厚みはそれなりなので、穿ける期間は真夏までいかない時期と真冬になる手前まで。
と感じていますが、それなりの肉厚な生地なのでお住いの地域によって時期は広がると思います。
季節を問わずに所謂通年素材と位置付けされる丁度良い生地感のパンツを探している方に合う素材かなと思います。

シルエットはお尻周りからワタリにかけてはゆったりとした設定。
裾にかけてテーパードしていますが裾のボリュームはしっかりとキープ。
癖が強くなくバランスがしっかりと保たれている印象を受けます。縫製に関しても簡素にせずに巻き縫いなどを
採用する事でイージーパンツのラフさを軽減し、お尻周りも立体感を持たせ作り込みをしっかりとしている印象。
それは穿いた際のシルエットを見て頂ければ一目瞭然だと思います。

ウエストは総ゴム+アジャスト+ベルトループという贅沢な仕様。
休日にリラックスした空気で普段着を着たいという方にもお勧めですし、日常着としてラフなパンツを探している
という方にも条件を満たしてくれる存在になると思います。

MITTAN   BA-11C レイヤードバッグ中

color     藍×胡桃

price      31900-(TAX IN)

size      25×33×25 SOLD

MITTANというブランドのアイコンとも言える存在になったレイヤードバッグ。
薄くて丈夫なペルーコットンを箇所箇所によって枚数を変えながら強度を持たせて、運針の細かなステッチで
縫い合わせた手に触れているだけで気持ちの高ぶりを感じさせるバッグ。
購入されたお客様がお店に持ってきてくれる方が多いのを見ていると、使い勝手の良さとペルーコットンの
滑らかな肌当たりと、見た目以上に荷物が入る容量とのバランスがとても良いだと推測しています。
今回オーダーしたのは中サイズで、持ち手がワンハンドルタイプのもの。
色は相当に悩ましいのですが久し振りに”藍×胡桃”をセレクトしました。

冬が明けてこれからの季節は服装も軽快になってくるタイミングで、ハンドル部分が肩にも掛けやすくなり
使う頻度がより高まりそうな気配。Tシャツ1枚になった時などに、バッグで服装のバランスを整えるというのも
僕らが提案したいスタイルの1つ。ですので、お店の規模感に対してバッグが多いというのはそういう理由も
あったりします。純粋に僕たちがバッグが好きなだけかもしれませんが・・・(笑)

重たい服装からようやく解き放たれて、寒さを気にせずに自由に洋服を選べるようになるまであと少し。
産直に並ぶ野菜も根菜から青々とした葉物が並ぶようになるのと同じように、洋服も軽い素材のものや
色が段々と明るくグラデーションが出てきました。自然の流れにある程度身を任せながら服装も軽やかに
心地が良いと感じるものを手に取って頂ければ嬉しいです。

12月13日

MITTAN   PT-36 ウールブランケットパンツ

color     灰

price      29700-(TAX IN)

SIZE     1    /    2

昨日の夜からニュースを見て覚悟していましたが、やっぱり寒かったですね。
目が覚めて早々に4台ある家のストーブに火を灯し、冷え切った身体にはお風呂が一番と思い湯に浸かり
ようやく正気を取り戻しました。これが盛岡が誇る冬の感覚です。間違いありません(笑)
今までが少し優し過ぎた!?訳ではないと思うのですが、この痺れる寒さ。暖かな服装を心掛けましょう。

こうなると服装も完全に真冬仕様。上も下もウールで固め、ホッカイロを背中に貼り、完全防備。
MITTANのウールパンツは今シーズンも続けてセレクトしています。
別注でお願いさせて頂いたウールコットンワイドも先週頃から急にお客様に手に取って貰う機会が増えて嬉しい限り。
素材感的には冬から春先(3月下旬4月頭頃)までで、今日ご紹介するウールブランケットパンツは今時期から
2月末頃までの真冬をメインにするイメージ。
インナーパンツ(スパッツ)を冬は毎日履くので、ウエストがイージー仕様で身体の締め付けがなく
ワイドシルエットのモノが何だかんだと一番手に取り易いのではないかと思っています。
そして、純粋にその製品自体が暖かいというのは無条件に嬉しい。MITTANが手掛けるウールパンツは間違いありません。

ウールブランケットパンツの一番の特性は、やはりこの独特なシルエット。
お尻周りからワタリにかけてのゆったりと設定されたバランスに対して、裾口にかけてのテーパード具合に
最初は驚かされます。ですが、時間の経過と共にこのシルエットが癖になってしまうのだから不思議なものです。
飛び込む勇気さえあれば、自分が想像するよりも遥かに穿き易いパンツになると思っています。
パンツの主張(素材感と切り返し)がそれなりに強いので、パンツをメインにコーディネートするのもお勧め。
トップスはスウェットなどラフなアイテムで合わせると、MITTANの独特な空気が程よく中和されて
無国籍な雰囲気に包まれるのではないかと。。。そのブランドらしさを表現するのも格好良いのですが
少しお茶目というのか隙がある方が、話しかけやすさが生まれるのではないかと思っています・・・が
どっちに振っても面白いので、見た目以上に振り幅のあるパンツに感じて頂けるのではないでしょうか。

素材は混ぜ物はなしでウール100%。
オーストラリア産のラムウール、SUPER100を縮絨させた柔らかさと暖かみが抜群の素材。
MITTANのアトリエがある京都も盆地で底冷えする地域だとお話を聞いた事があるので、中途半端なウールでは
きっと寒さに耐えられないのではないかと。だからこそ、身体の芯から暖かみを感じられる素材を生み出し
それが現代のライフスタイルに直結するようにデザインまで落とし込まれています。
ブランドのアイデンティティは入れつつも強く違和感を持たせ過ぎずに、都会の雑踏や田舎街の景色のどちらにも
溶け込むような機能性と美の両立をバランス良く取り入れているように思います。

サイズ展開は1と2の2サイズ。
イージーパンツでざっくりとしたシルエットで、ウエストも総ゴム+アジャスターで調整が可能。
ワタリの幅とお尻の弛み具合がどれ位欲しいかで選んで頂くのが良いと思います。
穿いた際の着丈の長さも変わるので、その辺りもサイズ選びの基準するのも良いかもしれません。
※身長178CM 着用しているサイズ2

color     茶

price      29700-(TAX IN)

SIZE      1    /    2

色の展開は深みのあるグレー”灰”と、少し明るい印象のある”茶”もご用意しました。
MITTANの製品は殆どが性別に関係なく着用が出来ますので、心の赴くままにお試し頂ければ嬉しいです。

女性の場合にはトップスにワンピースなどの着丈のあるモノを組み合わせて。。。というのも裾の納まりが良いので
全体の統一感が出やすいパターンになるかと思います。
※身長166CM 着用サイズ1 裾の長さは9分丈位のイメージです。

ウールパンツと一言で言っても、暖かさやシルエットなど種類は様々。
岩手の冬を過ごす上で一番重要な事は、とにかくストレスがない穿き心地とマイナスの温度に耐えられる保温力。
更に言えば、あまりに機能性に特化し過ぎない服装として見た場合の服と人との距離感。
冬を少しでも気持ちを前向きにさせてくれる、そんなパンツになって頂ければ嬉しいです。

PageTOP