10月15日

MITTAN    PT-38 ウールコットンワイド

color      黒

price      29700-(TAX IN)

SIZE      1    /    2    /    3

いよいよ岩手にも冬という文字がちらつきそうな今週末。
お店の衣替えは大分進んでいるのですが、自分たちの洋服は冬モードへの切り替えがなかなか出来ず。。。
インナーを温かいものへ切り替えて何とか乗り切ろうと思っていたのですが、来週以降の最低気温を見て
戦々恐々としています。身体が寒さに慣れていないので、自分が想像するよりも暖かな服装で過ごす位で
きっと丁度良いのかなと思ったりしています。

MITTANから届いたパンツは、これからがベストシーズンになるウールコットン素材のイージーパンツ。
別のパンツに使われていた素材がとても気になってしまい、デザインを置き換えて頂いた別注企画。
太さがあるのにも関わらず何処か洗練された印象のある”亜麻苧麻ワイドパンツ”のシルエットに落とし込んで頂きました。
今回別注した理由として、生地の見え方がウールに寄り過ぎないことがとても気に入った点。
プラスしてこれから先にレギンスなどを穿いた際にも、ワイドシルエットはストレスなく合わせられて
冬の入り口から寒さの厳しい春先まで穿き回せる事をイメージしていたので、ウール×コットンというのは
自分の中では最も理に適った素材。
黒は表面がつるりとしているのに対して、紺は微起毛している点でも穿いた時の雰囲気と印象が全く異なるので
其々にライフスタイルとシチュエーションに合わせて、2色をお選びいただきたいと思っています。

先ずは黒の素材から。
ウール60%・コットン40%を使用し、経糸にウール・緯糸がコットンの斜めに走る畝がしっかりと表現された素材。
表面にうっすらと光沢が出ていて、品の良さが伺えるという点でも普段使いからトップスと靴の合わせ方によっては
お仕事用にしても大丈夫と言う方もいらっしゃるのではないか・・・という想像が膨らんで、守備範囲が広くて
多少背筋が伸びる様なきりっとした印象を持たせてくれます。

ウエストは総ゴム+アジャスターなので、完全なイージー仕様という点である事も、このパンツの穿き易さに繋がるのは
言うまでもありません。僕自身も岩手に長く住んでいるので、冬場の着こなしは出来る限りストレスが少なく
きちんとした保温性があって、プラスαとしてだらしなくなり過ぎないバランスというのが求める条件。
非の打ちどころが無いと言えば大袈裟な表現に感じるかもしれませんが、素材も打ち込みが強く見るからにタフな印象。
お洗濯なども気を使い過ぎずにご自宅で簡単に出来る点。
総合的に判断して万能さに長けたパンツに仕上がっているのではないかと思います。
冬らしいウール100%の保温効果の高いパンツも魅力的ですが、毎日でも穿きたくなる様な雰囲気を持ち合わせていて
デニムやチノなどのベーシックなパンツと同様に、秋冬~春先にかけてのメインに穿ける1本としてとてもお勧めです。

シルエットはお尻周りから太腿にかけてはゆったりとした設定。
裾にかけて緩やかなテーパードで全体を心地良いワイドシルエットに纏め上げます。
丈の設定もそこまで長くしていませんので、靴と合わせた時の印象も分かり易く革靴でもラフなスニーカーでも
相性良くマッチします。あれこれ考え過ぎずにぱっと穿けて、すんなりと腑に落ちる感覚があるのが素直に嬉しい。
サイズは1・2・3の3サイズ展開。ウエストは紐で縛られるので、ワタリ幅のバランスで決めるのが良いかもしれません。
身長178CM 体重64キロ 着用サイズ3。

MITTAN    PT-39  ウールデニムワイド

color      紺

price      29700-(TAX IN)

SIZE      1    /    2    /    3

同じデザインで、こちらの生地はコットン52%・ウール48%で経糸にコットン・緯糸にウールを用いて作製。
ウール混デニムというと分かり易い表現になると思います。
冬場にデニムを穿くのは寒さという敵を目の前にして進んで手に取るタイミングが難しくなるので
保温効果の高いデニムとなると、話はがらりと変わるのではないかと。
表面に少しだけ起毛感があって、奥行きのあるブルーと迫力のあるワイドシルエットはコーディネートの主役に
躍り出る位に存在感のある井出達。黒とは全く異なる印象で、カジュアルな装いに抜群の力を発揮してくれます。

肌当たりに関してですが、僕は極度の敏感肌なので何かを挟まないと肌に負担が掛かってしまいそうです。
これ位であれば全然大丈夫という方もいらっしゃると思いますので、この辺りの感覚は人其々で実際に触れて頂いて
判断して頂ければと思います。

まだ急激な寒さがそこまで来ていないので、ウールの気分になりそうでならない日々が続いていますが
今週末から一転して穿きたくなりそうな雰囲気。寒さは苦手というか身体に全く馴染んでこないのですが(笑)
ウールという響きは洋服屋である以上一番の盛り上がりになりますし、服装における選択肢の幅が大きく出せる事も
楽しさに繋がります。早く穿きたいというワクワクする気持ちと、寒さに身構える自分自身の心模様の複雑さもまた
冬の訪れの醍醐味なのかもしれませんね。
少しでも心躍る様な服装で日々を過ごしていければ、いくらか心持ちも変わるのではないでしょうか。

MITTANにお願いをして作製して頂いた冬を越して春まで届くイージーワイドパンツ。
頭の中に描いていたイメージするものがこうして目の前に出来上がると、季節を楽しめる要素が1つ積み上がって
今度はこういうのがあったら良いのではないか・・・と、住んでいる街との距離感を考えながらセレクトするのが
より具体的にリアリティになっていければ良いなと思っています。
黒と紺、どちらも甲乙つけがたい位に素晴らしい仕上がりになっていると思います。
是非冬のメインになるパンツを手にして頂ければ嬉しいです。

9月28日

MITTAN   JK-03 ガラ紡ロングジャケット

color     黒

price      56100-(TAX IN)

SIZE      3    /    4 

今日の朝は相当に冷え込んでいましたね。起きて直ぐにストーブを点火してしまうくらいに寒かった。
こうなってくると布団の温もりに打ち勝てるかが、これからの季節の一番の悩みになるかもしれません。
いよいよ本格的に保温効果のある秋の羽織物も視野に入るタイミングで、MITTANの優れものジャケットをご紹介。

ブランドが立ち上って間もない頃から定番で作り続けられているコットン×シルクを用いたガラ紡ジャケット。
季節の狭間にざっくりとしたイメージのカーディガンとして、もしくは冬に入るまでのコートの代用品としても
その機能を大きく果たしてくれるオールマイティな存在。
素材の持つ変幻自在な保温効果と、ある程度厚みのあるインナーを着用しても肩回りが窮屈になり難くく
先ずは長袖のカットソーあたりからスタートして、気温が徐々に低下するのに合わせて厚みのあるものへと
シフトして最終的には中肉のセーターまで合わせられる懐の深さと着合わせのし易さに心を奪われています。
タフな生地感も手伝って普段使いは勿論ですが、旅行や出張に行く際にも汚れなどを気にせずに着用出来るので
事ある毎に着て出掛けたりしているので、私達自身のライフスタイルにしっかりと溶け込んでいる頼りになる羽織物です。

今季選んだのはショートとロングがあるのですが、ロングジャケットのタイプで色は”黒”
黒は恐らく初めての展開になると思います。昨年の8月に行いましたMITTANのイベントの際に黒は
店頭に並んでいましたが実際にセレクトするのは恐らく初めて。
こうだからという明確な理由はないのですが、ここ数シーズンは濃藍を中心に展開をしてきたこともあって
その反動かどうか分かりませんが、きりっとした色目を打ち出してみたいなと思いました。
迫力のある生地に黒を落とし込むことで、捉え方によっては鋭い印象にも感じたり映ったりもしますが
僕はブランドの持つ印象をストレートに表現するよりも、ちょっと拍子抜けした着方に惹かれてしまいます。

リバーシブルで着用が可能で、片面に大きなハンドウォーマーポケットが付きます。
肩の作りはラグランスリーブを採用。
首元はショールカラーの様な襟の形状で保温効果を高める役割も果たします。
フロントに釦や紐などは一切付かずに、動きのあるジャケットですがパターンの特性で前が綺麗に閉じる
仕組みというのもMITTANが得意とする機能と美を両立したデザインに思います。

MITTANのCOLLECTIONの中では春夏・秋冬とどちらのシーズンにも登場するガラ紡シリーズ。
何度かBLOGでご紹介してきているので、いつかは着てみたいなと思わせるジャケットではないでしょうか。
これさえあれば良いというような洋服は存在しないと思うのですが、万能な素材のジャケットが1枚手元にあるだけで
移り変わる季節や気温の上下に対してのストレスが大きく軽減されるのは間違いありません。
昨年のイベントでガラ紡シリーズはとても人気で手にした方がお店に来て、その良さを語りつくして下さる姿を見ていて
純粋に嬉しかったですし、僕だけではなく万能な素材でありデザインというのを裏付けてくれたような気になりました。
目先に囚われ過ぎずに、着続けたいと思うジャケットやコートをお探しの方に是非一度袖を通して頂きたい
長年に渡って今現在もブランドを代表するアイテムの1つです。

9月20日

MITTAN    JK-39DC SNチャルカコットンブルゾン

color      濃藍

price      48400-(TAX IN)

SIZE      1    /    2    /    3

こんなにも秋晴れらしい秋晴れが続くとは。良い気候に誘われて心なしか人出も多く感じられます。
今日は岩手県高校野球 秋季大会の決勝戦と3位決定戦が行われていて、選手にとってもじんわり汗をかく
絶好の野球日和になるだろうなと思いながら、慌ただしく速報をチェックする連休最終日です。

MITTANの秋冬にオーダーした商品も勢いよく店頭に届いています。
毎シーズンリピートして色展開を変えながらセレクトしているアイテムと、新作とをまんべんなく偏らないように
取りたいなと思っているのですが、そんな中でブランドのイメージを一新するような攻撃的なブルゾン。
これを見た時に、今まで見てきたフライトジャケットやスウィングトップなどのフロントがZIP UPタイプの
スポーティーな印象はありつつも、頭の中にあるイメージが邪魔をしてどうにも違和感を感じる空気。
その理由は、春夏に新しくリリースされた新素材SNチャルカコットンの生地を2枚仕立てに使用しているという事。
コットンや化繊のフラットな生地を用いて機能性を追い求めることの多いブルゾンの常識を、撥水性などの機能を
持たないざっくりとどっしりとした手紬の生地を前面に押し出す事によって生まれる強烈な違和感。
仕立てを2枚にする事によってアウター要素としての機能性が成立しナチュラルな一面とデザインとして攻撃的な
攻めの姿勢との2つの異なる接点を、華麗に結び付けたような羽織物に仕上がっています。

素材は前述でも書きましたが、品種改良がされていない原種のコットンを家庭用のポータブル紡ぎ機を使って
ゆっくりと時間をかけながら糸として紡がれて、ランダムでムラのある糸を手織り機で生地に仕立てられています。
所々にネップのような凹凸のある素材感で、柔らかさと固さの2つの異なる特性を持ち合わせた生地と言えます。
特別な生地感という事で、色展開はrasikuではお馴染みになりつつある濃藍は外せないなと。
価格もその分はどうしても高価になってしまいますが、着用していくことの面白味と変化を味わうのには
最も適したカラーではないかと思っています。

肩のラインは前側がセットインスリーブ、後ろ側はラグランスリーブの仕様。
袖と裾はゴム入れて処理をしています。
フロントのZIPはダブルジップを用いる事で、着方に変化を付けられるのも良かったりします。
インナーの合わせですが、シャツであればフロンのジップを閉めずにカーディガンの様に。
ロンT位が丁度良さそうですが、サイズの合わせ方によっては中肉のスウェット位までは着用が出来そうです。

個人的にはインナーを薄手にしてブルゾンをミドルレイヤー代わりに、上からざっくりとしたコートを羽織る着方も
この素材であれば面白いのではないかと。生地に空気を多く含む素材なので軽さもポイントで、着こなしや着心地の面も
含めて新しい感覚と、丁度良い季節や気候を探る自分なりに探る楽しさも出てくる1枚になると思います。

MITTAN    JK-39C SNチャルカコットンブルゾン

color      胡桃

price      44000-(TAX IN)

SIZE      1    /    2    /    3 

もう1色はとても悩んだのですが、やや強気なデザインに対して柔らかい印象を持つベージュ(胡桃染め)を。
頭に浮かんだ着こなしとしてワンピースなどの長めの丈感のものにブルゾンの合わせ。
雑誌などでもレザーのダブルのライダースをワンピースなどに格好良く合わせている方を目にしますが
それよりも難易度が高くなく、じゃぶじゃぶと自宅で気軽に洗えるというのもコットン素材の特性かもしれません。

サイズは1・2・3の3サイズ展開。
1=レディースのM~L 2=メンズMサイズ位 3=メンズL位が大よその目安になると思います。
着用しているモデルはメンズはサイズ3 レディースはサイズ2を着ています。

MITTANの今まで展開をされてきたラインナップからすると、新しい風を吹き込んでくれるようなブルゾン。
私達が選択肢を幅広く出していきたいと思っている、気温の差が大きくて何を着ようか迷うタイミングに気兼ねなく
着用を出来る羽織物というのにもぴったりと当てはまりますし、天然素材の持つ機能美を肌で感じて頂きたいです。

7月13日

MITTAN    大麻パンツ(薄) PT-24

color      灰

price      26400-(TAX IN)

SIZE       2    /    3 

今日は朝からチェックする事項(主に野球関連ですが・・・)が沢山あって、忙しい一日になりそうな予感。
個人的な事を言うと夏は少し前まではそこまで好きな季節では無かったのですが、年齢を重ねる毎に好きな気持ちが
上がってきていて、服装の面でも涼しい素材の洋服を取り扱えるようになった事も要因になるのかもしれません。

MITTANがリリースした今シーズンの新素材”大麻薄”という、昨年までの大麻素材とは別に作製されたもの。
今まで展開されていた大麻生地よりも、更に細い糸を用いてより高密度に編みたてたオリジナルファブリック。
特徴として、より強さと張りに加えて表面に艶が出ている高級感のある素材。
肌当たりもつるんとして冷たさがあるのも大麻ならでは。纏っているだけで肌が喜ぶであろう贅沢な生地感は
これからやってくる暑い夏の主軸になるパンツになる事は間違いないと思います。

デザインはMITTANが得意とするパターンの1つで、モンペやたっつけから連想したお尻周りからワタリにかけて
ゆったりとさせているのに対して裾をぎゅっと絞り、独特なバランスですが実際に穿いてみると案外すんなりと
受け入れて頂ける気がします。店頭で接客をしていても、ハンガーに掛かっている状態ではイメージが付きにくい
のですが、試着をされるとストレスのない穿き心地と生地の圧倒的な涼しさに納得される方が殆どです。

今季からサイズ展開も2サイズになった事で、シルエット・レングスの長さに自由度が高くなった気がします。
全体的なボリューム感であったり、身長が高い方であればレングスの長さがもう少しあれば・・・と諦めていた方に
とっては選択肢が出た気がしますし、かくいう私もサイズ2だと少し物足りなさを感じていたので素直に嬉しい。
ウエストは総ゴム+アジャスターが付く仕様なので、そこまで気にせずにサイズ選びをして頂けるのではないでしょうか。

バッグポケットは後ろ側にパッチポケットが左右に付きます。
今回選んだ”灰”という色目はグレーに近い発色で、デニムの様に色落ちをしながら淡い色へと変化。
今まで展開をしてこなかったカラーなので、着合わせが難しいかなとも思っていたのですが
トップスに黒や紺などの定番色を組み合わせると、とても納まりが良いなと感じました。
ある程度の洋服をお持ちの方には、新鮮に見える色目ではないかと思いますし手持ちの洋服に
新しい感覚が加わるのかもしれません。

MITTAN    大麻パンツ(薄) PT-24 DC

color      濃藍

price      35200-(TAX IN)

SIZE       2    /    3 

今シーズンは店内を見渡す限り”濃藍染め”の商品がずらりと鎮座。
凄く意識していた訳ではないのですが、商品が次々と届いて並べていると真っ青なラックがあちらこちらに。
どうしてもその分の価格は上乗せされてしまうのですが、穿いているうちに段々と納得させられるのも確かな事実。
夏にとっておきの1本、一張羅ではないですが涼しい素材のパンツをデイリーに穿き込んでみたいという方に
特にお勧めさせて頂きたいです。生地もしっかりとしていて、ウエストもフリーサイズの様な感覚がありますので
多少体型が変化しても受け止めてくれるのも嬉しいポイントです。

身長178CMが着用をして8.5~9分丈位のレングスの長さになるでしょうか。
この位の長さになるとコーディネートをした際にバランスが取り易いですし、これからの季節はサンダルが
活躍するのですっきりとした足元の合わせがしっくりとくると思います。

九州の方から梅雨明け宣言がされ始めて、東北地方は来週頃になるのでしょうか。
ここからは、容赦のない暑さとの戦いです。
例年以上に涼しさという視点に絞った商品を多くセレクトしていますので、夏本番を前にご自身のワードローブに
必要なアイテムを手にして頂ければ嬉しいです。

7月2日

MITTAN   kalaコットンパンツ PT-23

color     黒

price     19800(TAX IN)

SIZE     2    /    3

color     濃藍

price     28600(TAX IN)

SIZE     2    /    3

とにもかくにも暑い夏が迫ってきています。
涼しいパンツのリクエストが多い中で、一番リラックスしたムードで穿けるのではないかと思ってオーダーをした
今季のMITTANの新たな提案”kalaコットンパンツ”
柔らかで表情豊かな素材感とモンペやタッツケからイメージをして、しっかりと柔軟な動きに対応出来るように
運動量を確保したパターンを採用し、素材にはインドの品種改良がされていない原種のコットンを手織りされた生地。
しっとりした質感に触れただけで肌が喜びそうな、それ位に心地良さのある生地感。
休日のリラックスウェアとしても良さそうですし、普段着と家着との2つの境界線を行ったり来たりするのにもお勧め。
夏場で緊張感を持った服装をするのは、近年の気温の上昇を考えると無理をし過ぎなくても良いのではと思っていて
自分自身が心地良さを感じるものを身に着けて過ごすのが、健康的ですし素敵に見えるのではないかと。

ウエストは総ゴム+アジャスターが付く仕様。
股上は深く、ワタリから裾口にかけて急激にテーパードをさせる事でゆったりとスッキリの2面性を持たせた
面白さと攻略のし甲斐があるシルエット。
気になるのは丈感ですが、7分から8分丈位といった所でしょうか。
着用しているサイズは3で、ギリギリ8分丈位のイメージになります。
ウエストは紐でアジャスト可能なので、丈感とシルエットでサイズ選びをするのが良いかもしれません。

※着用しているモデルは身長178CMになります。

カラーは私の大好物でもあり、夏の装いによりマッチする”濃藍”と落ち着いたバランスで着用出来る”黒”の2色。
休日はこのパンツにSUNSHINE+CLOUDのロゴTシャツを着て、足元はビーチサンダルで麦藁帽子を被ったりして
真夏らしいスタイルを楽しんだり、そのままの服装で夕涼みをしながらお酒を飲んだら最高ではないかと
想像を膨らませてみたり。。。普段ショーツを殆ど穿かない自分にとっては、その代用ではないですが
近い感覚で穿ける1本になりそうです。

男性も良いですが、どちらかと言えばこの手のパンツは女性の方が穿き慣れている感じがあると思います。
身体を包み込むようなシルエットで、レングスの長さもソックスで楽しむ素足で開放感を感じるのもどちらも◎
張りのないとろんとした生地感なので、見た目の部分で好みは分かれそうですが日常着としてどう落とし込めるかを
勝手に問われている気もしますし、曖昧さと危うさのあるニュアンスを其々の解釈で導き出すのも洋服の醍醐味。
ブランドの持つ世界観をそのまま表現するも良いでしょうし、自分だけのオリジナルな組み合わせ方や着こなしで
予想もしなかったコーディネートに辿り着く可能性もこのパンツはあると思います。

ここ最近は気付くとMITTANの洋服に自然と手が伸びることが増えています。
今日も打合せなどは一切無しで、夫婦二人で同じ大麻シャツを着ていました。。。
亜熱帯地域化している気候に対しても、100%を服装でカバーするのは正直難しいですし限界があるのですが
天然素材の肌当たりの良さや身体を気持ち良く抜ける風を感じたりすると、少し気持ちが和みますし
機能と作用の2つのバランスをどちらにも寄せ過ぎずに作製された洋服は、時間が経つほどに其々の効果を実感して
より愛着が増してくると思っています。
しつこいようですが、今季は涼しい素材のパンツが充実していますので、是非快適に過ごせる1本を手にして頂きたいです。

PageTOP