7月25日

FilMelange    DIZZ

color       ocher

price       9900-(TAX IN)

SIZE       2    /    3    /    4    /    5    /    6

color       sage

SIZE       2    /    3    /    4    /    5    /    6

暑い暑いという言葉が止まらない、7月最後の日曜日。何度も言いますが毎日本当に暑いですね。
岩手県の高校野球も決勝戦が無事に終わり、そうなると今日からは各地方の戦況が気になる訳で・・・(笑)
この時期の忙しさは相変わらずで、BLOGを書きながら横目で高校野球中継の日々はもう暫く続きそうです。

7月も残り僅かとなりましたが、半袖のTシャツはしっかりと在庫を揃えています。
中でも毎シーズン欠かさずにセレクトしているのが、FilMelangeが提案し続けている定番素材を使ったTシャツ。
カラーバリエーションの豊富さと何年も淡々と作り続けているアイテムで、毎日でも袖を通したくなる様な
当たり前に着たいと思える1枚。今回はポケットを付けないバージョンにして新色を2色セレクト。
定番色とはまた違った雰囲気になるので、マンネリしがちなこれからの夏の着こなしに程良くアクセントと
新鮮な感覚を与えてくれる存在になりそうです。

素材に使用されているコットンはオーガニックコットンの落ち綿とバージンオーガニックを掛け合わせて作製された
「オーガニックラフィー」というブランドオリジナルファブリックで、この生地を使ったアイテムは多数展開。
中肉の生地感に適度な柔らかさがあって、お洗濯を繰り返しても殆ど型崩れせずに且つ着心地の良さは折り紙付き。
数年前に購入して相当着込んだ同素材の長袖をパジャマとして今は着ていますが、不思議な安心感というのか
まだまだへこたれない感じに驚きと価格以上の価値を感じる瞬間が何度も訪れます。
実際にメーカー側も、1軍として少し厳しくなってきたなぁ・・・というタイミングで肌着やパジャマとして
着て貰うのが本望と仰られていたので、最初は罪悪感ではないですが勿体ないかもと思うかもしれませんが
肌が柔らかなコットンに包まれている時間は、それ以上の価値をしっかりと感じて頂けると確信しています。

サイズ展開は2~6までフルサイズをご用意致しました。
一番小さいサイズ2はレディースのM位と思って頂くのが妥当ではないかと。
逆に一番大きなサイズ6はメンズのXL位がイメージになると思います。
シルエットは決して大きく作製されている訳ではありませんので、今まで着ていたサイズが少し窮屈に感じたり
より涼しく着たいという方はワンサイズアップ位を選ぶと身体と生地に空間が出来て幾分涼しさも増すと思います。

半袖のTシャツは他の洋服と比べると直接肌に触れる機会が多く、お洗濯の回数も必然的に増えてくるので
ある程度のタイミングで買い替えが必要になってくるのは仕方のない事。
消耗品と捉えてしまえば、安価なモノで対応して・・・考えるのも当然ではあります。
自分自身の価値観であったり気持ちの良いものを身に着けていたいという欲求など、気持ちを高めるという側面を
含めてFilMelangeのモノ作りは素晴らしいと思いますし、実際に身に着けてみるとその違いは一目瞭然だと思います。
無数に広がる選択肢の中で最高峰のモノ作りに触れたり肌で実際に感じる事で、Tシャツという当たり前に
毎日袖を通すアイテムに対する気持ちや感じ方が変わる良いきっかけになるのかもしれません。
書く言う僕自身も10年以上も前にこのブランドのモノ作りに感銘を受けた一人でもあったので
夏の主役になるような1枚を手にして頂ければ嬉しいです。

FilMelange    HENRI

color       WHITE

price       11550-(TAX IN)

SIZE       3    /    4    /    5    /    6

color       DEEP NAVY

SIZE       3    /    4    /    5    /    6

color       BLACK

SIZE       3    /    4    /    5    /    6

color       MAUVE

SIZE       3    /    4    /    5    /    6 

オーガニックラフィーよりも、よりシルキーなタッチで光沢感のある生地を使用したヘンリーネック”HENRI”
超長綿ならではの高級感ある仕上がりなのですが、ブランドらしさを表現する為にあえてムラ糸を混ぜる事により
綺麗に振り過ぎない絶妙な塩梅に落とし込まれています。
シルエットはDIZZと比較すると、少し身頃が狭く設定されているのでインナーとしての要素も出てくるような作り。
サイズの選び方によって、1枚で着るイメージもしくはインナーライクな使い方と分けて頂くのがベスト。
半袖のTシャツはどうしてもクルーネック中心になってしまうのですが、ヘンリーネックが並ぶ事で着こなしの
バリエーションが生まれますし、やや抜け感のある表情が個人的には好みだったりします。

新色の”MAUVE”は紫ベースに灰色を混ぜたような独特な色目。
鮮やかなパープルなどと比べると着易さを感じますし、軍パンやチノなどのベーシックなパンツには
しっくりとくる色目になると思います。

半袖Tシャツの着こなしに関してあれこれというのはないのですが、今までよりも気持ちゆったりとしたサイズ感を
好んで着る方が増えているのは店頭で接客をしていると良く分かります。性別に関係なく。
FilMelangeのカットソーに関して言えば、サイズ3・サイズ4も女性が選ばれるというのも増えていますし
自由な発想を持って着て頂けるのはとても嬉しい事。固定概念に囚われずに自分がしてみたいと思えるスタイルや
着こなしを見つけられる何らかのお手伝いが出来れば良いなと思ったりしています。
特にサイズ感に関しては、画面上に掲載されている数値だけでは測れない部分もあると思いますので
実際に見て生地に触れたりする事で、よりイメージが膨らむのではないでしょうか。

年々、夏物の洋服を着る期間は長くなる一方で盛岡に来た当初は「お盆を過ぎれば秋風が吹く」と言われ
実際にそういう気候に変化していましたが、現在はお盆を過ぎても熱風が吹き続けているような気がします。
まだまだ気温の高い夏は続きそうですので、焦らずに自分にとって最適な1枚をお選び頂きたいです。

7月24日

MAKU TEXTILES   APUS

color       インディゴ

price       60500(TAX IN)

SIZE       F

臨時休業をいただきましてすっかり曜日感覚もずれてしまってますが、昨日より通常営業しております。
お休みの間に熱を冷ますような雨も降り、そのお陰でほんの少しだけ息がし易くなったような気もします。
おかげさまで良いリフレッシュの時間を過ごすことができました。
世は4連休の真下、暑い中をお運びいただきありがとうございます。適度に外の空気を吸ってゆっくり吐いて
しばし喧騒から離れるなど、カラッとした心持ちで過ごしたいですね。

今季入荷したmaku textilesのお洋服のご紹介も、あと数着となってきました。
インドで作られた圧倒的な存在感を放つmakuの服は、やはり実際に生地に触れて気に入ってくださった方が
お選びになることが殆どなので、出来ればどれも袖を通してお選びいただきたいなと思いますし
全ては伝わらなくても、画面上で少しでも惚れ惚れする様な繊細さや、羽の様な軽やかさなどが
伝わって想像を掻き立てていただけたら嬉しいなと思います。

さり気ない立ち襟から、綺麗に流れるギャザーの波。
刺し子のようにステッチの入った別布を脇下にはぎ合わせたデザインがどこか印象的でもあり
胸元に小さく添えられた真鍮の釦は、鈍く静かに輝く一粒の星のようです。
ちなみにこの服の名前にもなっている”APUS”は、南天に輝く風鳥座を意味します。
南の島に住む極楽鳥を表す小さな星座は、日本からは見ることが出来ないようなのですが
静かな夜明けの色を映したかのような深く美しい藍で染められたジャムダニの生地を纏うことで
どうぞ南天の空のうつろぐ様子を、想像し楽しんでいただけたらなと思います。

素材はシルク50%コットン50%で構成された生地を藍で染め上げた深く艶やかな生地。
半袖だからという涼しさもあるのですが、それだけではなく肌に触れる生地の感触であったり
頭を通した際に感じるはずの重量がとにかく軽くて、まるで空気に触れているかのような感覚。
どれだけ暑くて汗をかいても、この生地だったら不快さはまったく無いのでは?と思います。
何を着ても暑く感じられる今。
あまり考えられなくなるのと、汗をかくのでとにかく気兼ねなく洗える服の出番が多いのが現実として
ありますが、だからこそここぞのタイミングでは自分の心が跳ねるような服に身を包むことで
身も心もシャキッと目覚めますし、パワーも漲る様な気がしています。

着丈に関しては約110cmとだいたい平均的な長さなので、160cm前後の身長の方でしたらワンピースで
着られるぐらいの丈感になります。インナーパンツやボトムとの組み合わせでも全く違和感はないので
ぜひボトム~シューズの流れで気分で雰囲気を変えて着こなしを楽しんでいただきたいです。
あまり何も考えずに着合わせした着用画像では、たまたまブルーのグラデーションになっていて
思いがけず良かったですし、個人的には何てことの無いスニーカーのバランスがとても気に入っています。
スペシャルな生地だけに価格はどうしても高価になってしまう訳ですが、洋服を着るという当たり前の行為が
機能的な側面以上の作用の部分にも繋がる、モノとしての価値観を震わせる一枚になるのは間違いありません。
格好良さ可愛らしさを兼ね備えた、インドの手仕事の力を夏の装いに加えてみては如何でしょうか。

INFO

先日のBLOGでもお伝えさせて頂きましたが、明日20日(火)から22日(木)までの3日間は
臨時休業とさせていただきます。
打合せなどを含め、来シーズンの構想を練ったり自分の中のイメージをまとめたりと
有意義な時間にしようと思います。
23日(金)からご来店をお待ち致しております。
以下スケジュールになります。

20日(火曜日) 臨時休業
21日(水曜日) 定休日
22日(木曜日) 臨時休業
23日(金曜日) 通常営業 10時30分~18時迄

7月19日

ohh! nisica   バックルパンツ ONI-176

color      ネイビー

price      20900-(TAX IN)

SIZE      2    /    3    /    4

昨日は外に出て歩くの危険では?と思う位に、太陽の陽射しが容赦なく照り付ける1日でした。
家に帰ってもクーラーをつけていなかった部屋はサウナ状態。
本当に厳しい夏となりそうで、お客様ともこの気温はいつまで続くのだろうかという話に。
北海道と東北の方が最高気温が南の地方よりも3度から4℃位高かったのも・・・ビックリです。
今日も今日とて相当に気温が高くなる予報ですので、涼しくなる時間帯の活動をお勧めします。

ohh! nisicaから秋冬にも展開しましたバックルバックの付いたワイドシルエットのパンツ。
ワタリから裾まで殆どテーパードをさせずに、そのまま裾まで落ちるのですが素材の落ち感も相まって
程好い緩さとリネンならではの清涼感のある仕上がりに。
フレンチワークパーツをデザインソースに作製していますが、ヴィンテージライクな印象は殆どなく
さっぱりとした雰囲気で背景などを意識せずに穿いて頂けると思います。
当たり前に気兼ねなく着る日常着として、いつも着ているTシャツやシャツにさらりと合わせて頂きたいです。

先ずは素材ですが、夏でも涼しく穿けるリネン100%。厚みは中肉よりもやや薄手といった所でしょうか。
これ位の気温が続くと、生地にもよりますが流石に綿100%のパンツは厳しくなってきているなと。
ショーツという選択肢も勿論ありだと思うのですが、私自身が殆どショーツを穿かない為に
フルレングスや8分丈位までのイメージで風の抜けが良く肌当たりの良い素材のパンツを選ぶようにしています。
店頭で接客をしていても涼しいパンツをご試着した際に全然違う・・・という声が漏れてきているのを聞くと
それだけで嬉しくなってしまいます。盛岡の冬を過ごすのに中途半端な暖かさの服装では過ごせないのと同じ原理で
夏場も風がしっかりと身体を抜けていく素材のモノを身に着けて頂きたいと思っています。

お尻周りは複雑なカッティングにしていますが、シルエットは直線的でストンと落ちるイメージで
身体のラインに沿うというよりも、パンツとの間に一定の距離があるのがとても心地良い。
凄く履きやすいという視点で作られているパンツではないので、最初の見た目にはピンとこない場合も
ありますが、そんなパンツの方が案外長く履き続けたりもしてしまうので、洋服と言うのはとても奥深く
面白いなと思ったりもします。
着用の写真は一折して撮影をしましたが、生地が柔らかいので動くと元の長さに戻ってしまうので
すっきりとした長さにカットをして着るのがお勧めです。

色目はネイビーに近いブルー。
夏の装いとしては使い勝手も良く、トップスをあれこれ悩まずに組み合わせて頂けるのではないでしょうか。
nisicaらしく作り込み過ぎずに、けれども品の良く見えるバランスに落とし込んでいるのは
このブランドの真骨頂とも言える部分ではないかと思います。

サイズ展開は2・3・4の3サイズをご用意致しました。
夏なので少しゆったり目のサイズを選ぶのも良いでしょうし、この生地感と色目であれば秋口まで違和感なく
コーディネートを楽しんで頂けるのではないでしょうか。
涼しい素材のパンツ、まだまだ店頭にございますので是非お気に入りの1本を見つけにいらしてください。

7月18日

TEMBEA   BAGUETTE TOTE HIMAA DOG

color     PRINCESS BLUE

price     14300-(TAX IN)

SIZE     24.5×39×13

昨日、そして今日と危険を感じるレベルの暑さとなっている盛岡。
炎天下の中では動けそうも無いので、早起きをして畑のパトロールに行ってきましたが
野菜たちは心配をよそに、伸び放題の雑草に覆われて朝露から保水してぐんぐん育っていました。
通勤途中でも太陽が背中から首のあたりをじりじり焼き付けてくるような暑さの中、川に入って水浴びを
楽しむワンコがいて、その姿や表情に癒されました!
植物や生き物の逞しさに感心しつつ、ヒトはなるべく無理せず過ごそうと思う一日のはじまりです。。。

本日はTEMBEAから届いたユニークな犬と猫をモチーフにしたバッグと巾着のご紹介。
毎シーズン、様々な分野で活躍しているイラストレーターやアーティストなどとタッグを組んでリリースされる
TEMBEAのアイテムですが、今回は3回目のコラボレーションとなる平山 昌尚氏(HIMAA)の犬と猫のイラストを
思い切って、どどんとど真ん中に据えたユーモアたっぷりのアイテム。
用いられる素材も11号の軽い帆布を使用していて、いつもは裏側に撥水性を高めるコーディングを施すのですが
そのコーティングを無くすことで、より見た目と使い心地をライトな仕上がりにしています。

お馴染みのBAGUETTE TOEの袋口が巾着になっているタイプは、元々TEMBEAでは展開されていたのですが
当店でははじめましての初登場。巾着の部分があることで、バッグの中身が見えなくて安心なのはひとつ
良さとして挙げられますし、ラフな素材感やシュールなイラストがこの形にとても良く合っているように感じます。
今回はさらに嬉しい”おまけ”付き。
バッグに描かれた動物と同じイラストの、どこか懐かしさ漂うクリアキーホルダーが一個ついてくるという。
キーホルダー好きとしては見逃せないニクイ演出に心を打たれますし、おまけって響きも良いですよね。

プリンセスブルーというビビッドな色味に、ぼーっとしているのかそれともびっくりしているのか
ちょっと読み取り難い表情をしている犬。シンプルな線で描かれているからこそ、動物モチーフでありながら
可愛いともまた一味ちがった独特な空気を放っているので、こういったバッグこそ面白がって気楽に持って
いただけたらと思います。
無地のTシャツにイージーなパンツ、足元はサンダルのまさに夏の装いにもしっくりと合うバッグ。
これだけ暑いと場合によっては、最低限の貴重品の他にも、飲み物だったり着替えやタオルなどなど
持ち物が増えるような時も無きにしも非ず。また薄手の生地のパンツですと、ポケットに財布や携帯や鍵を
入れるのは負荷が掛かり過ぎてちょっと心配だったりもするので、普段バッグを持たないという方にも
せっかくならインパクトがあって、持っているとつい動物と目を合わせてしまいそうなユニークなアイテムを
取り入れてみるのも、夏っぽくて良いのではと思ったりします。

TEMBEA   巾着 HIMAA CAT

color     SAKURA

price     7700-(TAX IN)

SIZE     30×35 SOLD

※BLOG掲載後に完売となりました。ありがとうございました。

まだまだ続く巾着ブーム。そろそろじわじわと浸透してきそうな予感もありながら、じっとその時を
待ち侘びている店内の巾着バッグの数々。(笑)
こちらは若干厳しめの表情の猫をモチーフに、本体のカラーは可愛らしいサクラ色を組み合わせた
ギャップに惹かれてしまう巾着バッグ。
これ位の気温が何日も続くと、出来る限り薄くて軽い素材を本能的に持ちたくなりますし
軽快な印象がある巾着は、服装の良いアクセントになるのでとてもお勧めです。

TEMBEAのモノ作りのチャンネルは幾つもあって、クラシックできりっとしたバランスのモノから
こういった遊び心満点のモノまで帆布をメインに扱うブランドとしては素材や切り口がとにかく幅広く驚かされます。
プロダクトとしての完成度が高いからこそ、こういったモチーフモノのアイテムも良く見えてきますし
夏場のさっぱりとした服装に持つだけで、気分が上がりそうです。
犬派・猫派・動物全般、HIMAAさん好きな方、絵柄にびびっときてしまった方、
残り少なくなってしまっていますが手に取って頂けると嬉しいです。

PageTOP