2月27日

holk     BALMACAAN COAT

color     MUSHROOM

price     77000(TAX IN)

SIZE     1    /    2 

毎シーズン、クラシックな井出達ながらも実際に袖を通せばとても軽やかな気持ちで羽織る事が出来る
holkが提案する”BALMACAAN COAT”
年々春のコートのセレクトが悩ましく、大体春夏向けにリリースされるコートは薄手のものが多いため
岩手に住んでいると殆ど着る機会がないのでオーダーしていないのですが、このコートは展示会で見た時に一目惚れ。
MUSHROOMというベージュとグレーの狭間を表すには相応しい名前と、春らしい色目にもやられてしまいました。
このコートの顔でもあり、中々出会わないであろう1枚袖の仕様と、着丈(約120cm)の長さ。
総裏仕立てで表地は強撚のコットン100%と裏地はキュプラ×ポリエステルのストライプ生地のコンビネーション。
生地感と色目からすると圧倒的に春に着る機会が多くなるコートになるのではと想像をしていて、
ある程度コートの選択肢がある方にも、秋冬に展開されるコートとはまた一味違う装いを楽しめると思うので
お試しいただきたいです。

トップ釦のみ剥きだしで、残りの釦は比翼タイプ。首元はチンストラップが付いて保温性を高める仕様。
シルエットは生地のドレープ感も相まって全体がストンと落ちるゆったりとした設定。
インナーの生地は滑りが良いのでジャケットなどを着用した上からでもストレスなく羽織る事が出来ます。
コートらしいコートと僕自身が良く説明するのは本来の着方として、厚手のインナーや前述のようにジャケットを
着ていても違和感なく着られるというのが目的でもあり、機能性として備わっているかどうかというのが
重要だと考えているからです。
そんな条件で探してみると殆ど納得して提案出来るのが少なく、価格の部分でも折り合いをつけて見つかれば
多少無理をしてでもセレクトするように心掛けています。
holkの本格的な作り込みのコートは、今まで選んでくださったの着用率が高く販売後も見れる機会があって
嬉しいのと同時に、とにかく着ている姿(特に後ろの佇まい)が格好良いなと、良さを何度も実感していたりします。
しっかりとした作りのコートは最低でも3年~5年位はワードローブの一軍で活躍して貰いたいので
生地感、デザイン性、着心地と全てのバランスが均一に取れているものを少なくても提案し続けていきたいですね。

大き目の襟の存在感やバランス感の良さもさることながら、やはり一枚袖の肩の落ち具合や野暮ったさから
醸し出されるクラシックな雰囲気は、この仕様だからこそ生まれる特権みたいなもの。
袖の設定はやや長めなので、くるくるっと捲って着るのも良いですし、釦が二か所に付くのできゅっと
袖口を締めて調整して着るのも素敵だと思います。
恐らく着て直ぐはあまり体感することの無い袖幅やゆったりとしたシルエットなどから、大きいかも・・・
と思う方が多いと思うのですが、先にも記したようにコートらしいコートの機能性や佇まいを考えると
とても純粋な作りで、着る程にきっと着始めの違和感もなくなりすっと腑に落ちるのではないでしょうか。

内側を覗けば爽やかな色目と柄の裏地に出逢います。
待ち侘びた春にわーっと気持ちが解放されていくようで・・・表立って見えなくても着る人にとっては
脱ぎ着した際にとても心に響く部分だなと、素敵な裏地を見るといつもそう思います。
まだまだ街歩きを楽しむには寒さが身に染みそうですが、もうあと少しで月も変わって3月。
きっとお気に入りのコートを手にしてしまえば、颯爽と街を歩きたいというエネルギーが内側から
湧いてくるのではないでしょうか。素晴らしいコートです。是非。

2月26日

nisica     ブルゾン

color     ブラック

price     30800(TAX IN)

SIZE     1    /    2    /    3    /    4

太陽の陽射しの暖かさとは裏腹に冷たい風が身体に当たると、まだまだ春は先だよなと感じてしまう今日の盛岡。
まだ油断してはいけないなと思い、鮮やかな色目のシェットランドセーターを着てストーブの横をしっかりと
キープしながらBLOGを書いています。
毎年のことですが、岩手の春への道のりは前進と後退の繰り返しですね。。

nisicaから届いた新型のブルゾン。
今まではフード付きのスポーティーなデザインだったのを一新し、小さな襟に比翼タイプのZIPが付く
何からデザインをイメージして作製されたかは分からないのですが、nisicaにしか出来ない不思議な
バランスの羽織物。気兼ねなく考え過ぎずに着れる良さを持ち合わせていて、それでいて気が利いた洋服。
お洒落をするという考え方も洋服を扱う以上は気にする点ではありますが、それ以上にライフスタイルに
違和感なく溶け込む心地の良い日常着というものを考えると、これが案外簡単そうで難しい。
セレクトする際にはいつも頭を悩ませるのですが、ブランドタグやロゴありきではなく洋服を纏う方の個性を
引き立てくれて、プラスαを見出せるのが理想的です。

素材はしっかりと厚みと張りの強いコットン50%×ナイロン50%のぬめりのあるリップストップ。
良く目を凝らしてみないと格子の柄は見えないのですが、洗い込んでいくうちに表面に浮き出てくると思います。
フロントは比翼のZIP UPの仕様で、パッチポケットが左右に付きます。
カバーオールをすっきりとミニマムに落とし込んだようにも見えなくないかもしれませんね。

肩のラインはややドロップした位置に。
アームは太目で脱ぎ着がし易く、着始めは生地が固いので多少のストレスがあるかもしれませんが
着込んでいくことで直ぐに解消されるはずです。
袖口は釦などの一切付かない筒袖で、程好く作り込みを入れている洋服といった印象。
汚れを気にすることなく行く場所も制限せずに日常使いするのには、これくらいのバランスが◎

このジャケットの隠しディテールとして、両脇下にベンチレーションシステムを採用。
こういった部分の遊び心!?機能性!?に、やられてしまうのは私だけでしょうか・・・
恐らくは殆ど使わないとは思うのですが、意味のないコトやモノに自分なりの意味を見出すのが好きな方に是非(笑)

仕立ては1枚ですが、春の風をしっかりと防いでくれる位の生地感。
肩回りや身頃、袖も広く設定をしていますので、インナーに厚みのあるスウェット位まででしたら着用可能。
首元には大判の色のあるストールをぐるりと巻いて、パンツはデニム、チノ、軍パンと何で合わせても納まりが良いです。
新鮮さはあるものの、どこか懐かしさと愛嬌を感じてしまうのはnisicaのお二人の人柄が滲みでているからでしょうか。
気兼ねなく羽織れるブルゾン。ワードローブの強い味方になってくれるのは間違いありません。
サイズ展開もフルサイズでご用意しましたので、性別に関係なくお選び頂きたいです。

nisica     ダブルボタンベスト

color     ブラック

price     22000(TAX IN)

SIZE     1    /    2    /    3    /    4

もう一型はブランドのアイコンとも言えるフェイクダブルブレスト釦のベスト。
何度も展開してきたデザインですが、nisicaと言えば欠かすことの出来ないディテールだと思い
こちらはフラットな平織のコットン100%のブラックの生地でオーダー。
秋冬であれば保温性を高める意味合いがどちらと言えば濃いのですが、春夏はコーディネートのアクセントに
ベストを用いる事が多い気がしています。ベタにボーダーTシャツでも良いでしょうし、着写の様にチェックシャツ
深く考え過ぎずにさらりと着合わせて頂く方が間違いありません。

着丈もしっかりと長めに設定され、首元も詰まった形状で余程厚地のインナーを合わせない限り
ある程度纏まりあるコーディネートになると思います。
大き目のパッチポケットも目を惹く部分で、スマートフォンなどを入れておくのに便利。
カットソーやシャツ1枚では、何となく体感的に足りないなと心配な時に袖のないベストをプラスするだけで
心もとない感じが解消されて、着こなしにも一癖ある感じが出せて何とも言えず好みです。

ダブルブレストと呼ばれるオーセンティックなデザインを、重くなり過ぎずに軽快に纏えるように転換された
ベストは洋服の知識が幅広いnisicaだからこそ、作ることの出来る一着だと感じています。
白いシャツにさらりと合わせれば全く違う空気に変わりますし、ラー油とお酢を使った味変ではないですが、
その感覚に近い役割と効果を発揮してくれるのではないでしょうか。
例えがちょっと分かり難いかもしれませんが(笑)春夏に着るベストはそんな心持ちで取り入れてもらえたら
良いんじゃないかなと思います。

2月25日

<INFO>
rasikuで初となる書籍の販売をさせて頂く事になりました。
定期的にという訳ではなく、セレクトしているブランドに携わる方がリリースされた場合のみで
今回はCALICOを主宰されている小林さんがインドでの物作りを始めたきっかけから現在に至るまでを纏めた
「CALICOのインド手仕事案内」が出版され、僕自身もまだ全部は読みきれていないのですが、
最初の3ページを読んだだけでも、内容の濃さと小林さんが綴る文章に引き込まれていく素晴らしい内容でした。
僕らも世の中が落ち着いて安心して旅が出来るようになったタイミングで足を運びたい思っている土地”インド”
様々な体験を通して取り組んでいる事やこれからやっていきたい事など、洋服に関係する事の記事が多いのですが
人生観や生きることにも繋がる内容で、こんな風に言葉を伝えられたり紡いでいけたら良いなと感動してしまいました。
異国の地で何かをする事はとてもパワーがいりますし、上手くいかないことも必ずあると思うのですが
創意工夫と他者を想う気持ちが写真と共に描かれています。
読み応え十分だと思いますので、何かを感じたり考えたりするきっかけになりそうですし
僕自身もワクワクする気持ちやCALICOの取り組みを深く改めて知る1冊となりました。
少量ですがご用意がございますので、是非手に取って頂ければ幸いです。
価格¥2530- 

2月25日

MAKU TEXTILES   BAOBAB 

color     DARK NAVY

price     63800(TAX IN)

SIZE     M

前回のBLOGに引き続きMAKUから届いた見惚れるようなスペシャルな一着を。
このロングドレスは”be here”という世界の絶滅危惧種をテーマにしたコレクションで作製され
“BAOBAB”というサバンナなどのアフリカ地域に多く生えている大木の名前がついています。
亜熱帯地域に見られる幹がどしっとした木で、大きいものは高さは30メートル・直径も10メートルを越すものも。
木の幹ががしっとして神がかった印象を受ける”BAOBAB”の木。それに負けず劣らずの魂が宿っているかのような
柔らかさと強さの2つの相反する雰囲気をこのドレスは併せ持っているように感じます。
以前に鎌倉で行われた展示会の際にCALICOを主宰する小林さんが着用されているのを見て、一瞬で目を奪われたのを
今でも鮮明に思い出す事が出来ます。繊細な素材を使用しているので、デイリーウェアの様には着れませんが
先日のBLOGでも書いたように行事や食事会などの、いつもとは雰囲気の異なる服装でお出掛けする際に
袖を通すだけで気持ちが華やぐ1枚になるのではないでしょうか。

ドロップした肩線に膨らみのあるパフスリーブのデザイン、それに対して袖口はぎゅっと絞りをいれて。
このドレスの一番目を惹くディテールでもあり、女性らしい曲線美とメリハリを感じる部分。
ウエストは同生地のベルトでマークをしてラインを変えるのも良いでしょうし、せずにAラインでゆったりと見せるのも◎
表地・裏地ともにコットン50%・シルク50%で手紬の糸で織られていて、透ける位に繊細な生地を用いているのですが
身体全体を優しく包み込んでくれるような柔らかさと高揚感に包まれるのは間違いありません。
BAOBABだけでなく他の製品にも共通するのですが、布の持つパワー、手仕事にしか出せない表現力に
改めて感動を覚えてしまいます。

袖以外の部分は仕立てが2枚でストライプ地の生地を組み合わせていて、たっぷりとボリュームがあるように
思われるかもしれませんが素材がコットンシルクという事もあって、見え方・重量の部分でも重さやストレスは皆無。
手仕事であったりクラフトの製品というのは、それだから良いという見解や捉え方ではなくデザイン・機能性・価格と
世の中の流れにある程度沿っていくことが重要ではないかと思い、フラットな目線で物を選ぶように心掛けています。
其々の分野にスペシャリストを置く事により、洋服で言えば糸を紡いで生地に仕立てる人。その生地を見て想像力を
働かせてデザインをイメージしてカタチに落とし込む人、製品をお店からお客様へと伝え届ける人。
1つの製品に携わる人は多岐に渡る訳ですし、多くの要素の濃度が濃くなればなるほどに、人は惹きつけられたり
魅了をされるのではないかと思っています。

背中と袖に付けられたチラチラっと鈍い輝きを放つ真鍮製の釦。
1つ1つの形も歪で不均一なところも良く、小さなパーツですが生地にも負けない位に存在感があります。
普段使いで着るとすれば、何となく気力が湧かない時などに洋服に元気を分けてもらう事も方法のひとつで
機能と作用のどちらもカバーしてくれる様なとびきりスペシャルな1枚を、ここぞの時の為にワードローブに
備えておくのも良いなと思います。
私達も元気が出ない時は食べること・着るもので気分を変え、温泉などに浸る。そんな風に気持ちの切り替えを
する場合が殆どです。

MAKE TEXTILESの商品は、他にも多数入荷済みで着れる季節は夏に近いシーズンの薄手のものをご用意しています。
丁度式典が近い季節でしたので、スペシャルファブリックのドレスを2型ご紹介をさせて頂きました。
誰にでも気軽にとか、毎日のように着回せるという訳ではないのですが、私達なりのハレの日に着たいと思える
装いの提案で、もしタイミングで探されている方がいましたら、是非一度袖を通して頂きたいと思っています。

定休日のお知らせ

明日24日(水曜日)は定休日となります。
どうぞ宜しくお願い致します。

PageTOP