4月20日


MITTAN   0カウントカディロングシャツ

color      藍

price      28000+tax

SIZE      2    /   3


暖かな太陽の日差しと帽子が吹き飛んでしまいそうな冷たい風。
中津川は流れ込む雪解け水で勢いが増していますが、色は透明でとても澄んでいて盛岡の春の景色に
ここ数日忙しなかった自分の気持ちもちょっと解されるようで、いつの間にかそこにいる植物や動物を
ゆっくりと観察しながら歩いてきました。
春とは言え、朝晩は羽織物が欠かせない日がまだしばらくは続くと思います。
MITTANから新作としてリリースされた羽織物は、ざっくりとした風合いの0カウントカディと呼ばれる生地を用いて作製。
厚すぎず薄すぎずの中肉の生地感は、シャツやカットソーだけでは物足りないと思う日に重宝するはずです。
岩手の様に、日中と朝晩の気温差が激しい地域に住んでいると生地や仕立ての違う羽織物は何枚持っていても損はないですし
日々変わる気温に合わせながら3~4枚くらいを使い分けて着るのがベストだと思います。


MITTANが得意とする着物をモチーフにしたパターンで、釦などの付属品は付かずに自然とフロントが閉じる仕組み。
肩はラグランスリーブを採用し、シルエット自体は身頃がゆったりとしてリラックスした雰囲気に感じます。
お尻がすっぽりと隠れる長さで、車を運転する際にも裾の長さが干渉しにくい丈感なので余計な事を気にせずに
羽織って頂けると思います。0カウントカディという素材は太番手の糸を使用しているので、柔らかさと強さの
どちらも併せ持った素材でお洗濯にも強く着れば着るほどに雰囲気が増し、よりふんわりとした風合いに変化してきます。
藍ならではの天然染料の深い色合いも、このジャケットにはマッチしていてクラフト感のある表情と何処か冷たさのある
プロダクトとしての一面と両方を併せ持っているように感じます。


カーディガン、ジャケット、コートとも微妙にニュアンスが異なっていて、洋服を選ぶ際の隙間を埋めてくれるような
存在になってくれると思います。ある程度きちんとした服装をする方にとっても、カジュアルな服装を好んでする方にも
どちらにも自然と馴染むような感覚がある洋服で、袖を通すと現代の民族服というコンセプトが何となくでも理解出来る
気がしています。洋服を着る際にある程度ジャンル分けして着る方が簡単で楽な部分もあると思うのですが
良い意味でジャンルを問わないフラットな目線で洋服を着るきっかけになるのかもしれません。
MITTANの洋服は自分たちにとっても、洋服の着方や考え方にちょっとしたスパイスを与えてくれるような存在で
独特な空気感を放っているのに意外とどんな服装にも馴染んだり、自分の想像をいい意味で裏切られる感覚が楽しくて
ついつい手に取ってしまう事が多いです。
人によって捉え方や考え方は様々ですが、答えを求め過ぎずに自分なりの落とし所を探しながら着て頂けたら嬉しいです。


サイズは2と3の2サイズをご用意しました。
メンズ・レディースに関係なく着用可能ですので、この手の羽織物はrasikuでは圧倒的に女性に人気ですが
男性にも挑戦して頂ければと思っています。あれこれ考えずに普通に着れて、一度着るとクセになると思います。

MITTAN   レイヤードバッグ

color      胡桃

price      25000+tax

SIZE      42×35×13


color      藍×胡桃


少し前のBLOGでもご紹介しましたレイヤードバッグですが、今回の入荷分は天然染料を用いて染めた2色になります。
柔らかさのある色目″胡桃″と藍染を施した後に胡桃染めを施した″藍×胡桃″
ペルー原産のタイプライターの生地を幾重にも重ね合わせて作られるトートバッグは、普通のバッグには出せない独特な
表情と気持ちを高ぶらせる雰囲気を併せ持っているように感じます。
ボディの正面と横は4枚の生地を使用し、底面には8枚、ハンドルは16枚の生地を組み合わせて構成。
1人の職人の手によって1枚1枚丁寧に縫製されています。
特にハンドル部分の縫製は見事で、手に持った時の心地よさは他では感じる事が出来ないと思っています。


内側には片方に大きな吊りポケットが1つと、逆サイドにセパレートポケットが1つ付きます。
機能性に関しても申し分ない作りで、ハンドルの長さや生地の雰囲気を考えると春夏の洋服が薄着の時期に
より持ちたくなると思っています。大きさ的には男性でも十分に満足出来ると思いますのでカップルや
ご夫婦で兼用されるのもお勧めです。


この他にも新しくリリースされたベンガラ染めを用いた羽織物やシャツなども届いています。
日中であれば薄手の洋服も気持ちよく着れる気候になってきましたので、この時期ならではの服装を楽しみながら
街歩きをしていただければと思います。
店頭も軽い羽織物からインナーウェアまで日に日に充実度が増してきていますので、ぜひお近くにお越しの際は
ちらりとお立ち寄りください。

4月18日


JUJUDHAU  TUCK DRESS

color      BLUE STRIPE

price      31000+tax

SIZE      F


少しお休みをいただき、店頭はすっかり春物・そして初夏にいいのではというものもちらほらと並びました。
あらためて先週木曜日より開催しましたASEEDONCLOUD 19AW COLLECTION 展示・受注会に足をお運びいただいた
みなさま、ありがとうございました。
会期中は毎日、お客様の楽しくて真剣!な表情を見ることが出来たのが嬉しかったです。
週末在店してくださったデザイナー玉井さんとお客様が、並ぶ服のことから生地やデザインに関すること
かなり突っ込んだ内容をお話してくださっている様子が、とても感慨深く、洋服の面白さや奥深さを改めて感じれる
4日間となりました。オーダー頂いたお客様には、お届けまでのすこしの間、時折思い出したり楽しみにして
頂ければと思います。

良いお天気が続き、家の庭にも道のわきにも花が咲きはじめ、目に映る景色が日に日にカラフルに!
近くの公園は梅の花が見ごろで、ほのかに漂う花の香りにやっと春だね~と思わず話しかけたくなります。
陽にあたりながら草花や木々の力強さや美しさに触れているだけで、身体の隅々にいい気が巡っていくような
そんな気持ちです。
日中は歩くとコート要らずなほど気温も上がり、そろそろちゃんと春物が着られるのが嬉しいですね。
月末には大型連休も控えているところですし、ご予定のある方はお出掛けが一層楽しみになるような服を
探しにいらしてください。
今日はずっと出番を待ちわびていた、jujudhauの爽やかなリネンアイテムをご紹介いたします。


以前にも一度選んだことのあった涼し気なブルーストライプのリネン素材。
爽やかだけれど、ハッキリと濃く出過ぎないストライプのブルーの色味が好きでシャリシャリとした生地感が
絶妙にマッチしていて、きっとこの夏は気付けば着てるぐらい出番が多くなるんだろうなという予感がする生地と柄。
予感と言っても、大体夏場の湿度が高い日に自分がjujudhauを着てることがとても多いので、そう思うだけなのですが
jujudhauのストライプは、他の服でよく見るようなシャツ地のストライプともまたちょっとニュアンスが違うので
そこまで柄を意識せずに着られるというか、柔らかい印象で着られて実はさり気なくストライプ・・みたいな雰囲気が
良いのではないかなと思い選びました。


きゅっと詰まり気味なボートネックが特徴のTUCK DRESS。
ボートネックがどことなく新鮮な気分だったり、着た時にもさっぱりとした清々しい印象を感じさせるので
首元のデザインひとつで雰囲気が変わったり、自分の思い描くイメージを表現できる大事な要素かもしれません。
少しだけ横に開きがあるので、気になる方はタンクトップなどのインナーや薄手の羽織でカバーすると良いと思います。
脇下からの切り替えと大きめのタックで、服を持っただけでも生地分量が多いのが分かるのですが、胸の下から裾までの
生地のボリューム感はかなりしっかりたっぷりです。
こういったデザインがとても好きな反面、タックの入り方や生地によってはとても大きく見えてしまう事があるので
着てみないと分からないという所もあったりしますが、でも大体は着ていれば気にならなくなってそのぶわっと大胆な
ボリューム感もそれはそれで素敵だなと思えてくるので、ぜひ見た目で躊躇わずに試してみたいただけると嬉しいです。


ゆったり身幅に対して、袖は太過ぎず細すぎずの設定で、手首がのぞく七分袖。
着丈も膝に掛かるぐらいなので、そこまで長くはありません。
一枚で着用するには個人的にはもう少し丈があった方が安心ですが、小柄な方にはワンピースとして着るのに
ちょうどいいバランスで着られる丈かなと思います。
贅沢な生地分量以外は、他に大胆さや目立つようなものもなくて、むしろ素っ気ないぐらいのシンプルなデザイン。
だからかというの分かりませんが、着ていて気負いがないというか、ちょっとほっとするような気楽さがあり、
後から、この生地の風合いが好きだなぁとか、デザインがちょっと面白いなという事に気付くので
やっぱりjujudhauの服のイメージは、ちょっと不思議だけど凄くいい距離感の服という言葉が思い浮かぶのです。

JUJUDHAU   PUFF SLEEVE SHIRTS

color      BLUE STRIPE

price      19000+tax

SIZE      F HOLD

同素材の″PUFF SLEEVE SHIRTS″です。
このモデルはここ2・3年ぐらい?継続して展開しているモデルで、ユニークで可愛い袖の形が好きで
rasikuでも生地を変えながらオーダーしています。
今時期よりも、もう少し季節がすすんで初夏から真夏に入ったぐらいに、Tシャツ感覚でさらりと着ていただくのが
気持ち良いのではないかと思いますが、自分も含め買ったら出来るだけすぐ着たい!タイプの方には、
袖の形を活かして上に何か羽織るというよりはインナーに薄手のカットソーなどを合わせて、カーディガンの様に
羽織ったりするのも、良いかなと思います。


リネンのくしゃっとした表情にプラスして、衿元にはさり気なく細かなギャザーが入ることで
正面からの見た目も、すっきりとしたTUCK DRESSとはまた違った映り方になります。
″衿″とも言い難い、でもほんの少しだけ首元を縁取るようなデザインのネックラインはどこかエスニックな
空気感も纏っていてリラックス感もあって、jujudhauらしさが感じられるところ。
肘が隠れる長さのパフスリーブも、その名前からイメージするそれよりもはるかに控え目で、一見気付かないかも?
ぐらいのさり気ないふわっと感なので、普段カジュアルな服装の方でも、変に意識せずに着ていただけるかなと思います。
ちょっと袖口が窄まってるかな~ぐらいの感覚で。


ゆったり身幅とすっきり着丈のボックス型で、比較的どんなボトムでも合いやすいシルエットなので
着心地の良さに加えてコーディネートし易さまで兼ね備えているとなれば、出番が増えないはずは無いです。
じっとり汗をかいても湿度高めでも、さらりと肌に触れる生地は不快感が一切なく、むしろ汗だくでも清々しいと
感じるほどに、着用を繰り返すにつれて肌触りが良くなっていくjujudhauのリネン素材。
ただくったりと馴染むだけではなく、ハリ感が程よく残るところにその気持ちよさの秘密があるように思います。
ワイドなチノやオンスの軽いデニムに、レザーのサンダル。かごバッグか少し遊び心を効かせたバッグをアクセントに。
長期連休の予定はがお決まりの方も、まだの方も。
jujudhauの服は移動や畳んでバッグにしまって出来るシワも気にならず、洗濯しても乾きが早いので旅先にもおすすめです。
他にも違う生地でリネンアイテムも揃ってますので、ぜひ見にいらしてください。

今週の営業日程について


ASEEDONCLOUD  workpermit 20 mogamibana 展示・受注会は本日19時までとなります。
木・金の平日・土曜日と足をお運びいただいたみなさま、ありがとうございました。
デザイナーの玉井さんも昨日から店頭に立ってくださっています。
自分たちも知らなかったことが、お客様と玉井さんの会話から聞けたりしてなんとも楽しく
いつまでも聞いていたくなるような良い時間です。

本日の夕方ごろまでは店頭にいらっしゃいますので、ぜひ足をお運びくださいませ。



明日15日(月曜日)、16日(火曜日)は撤収とレイアウト変更のため店舗の営業は
お休みとさせていただきます。
また17日(水曜日)は定休日となりますので、三日間の連休とさせていただきます。
木曜日より通常営業いたします。
イレギュラーな営業となりますが、どうぞご理解いただけますよう、どうぞよろしくお願いいたします。
 
◎以下営業日程になります
4月15日(月)臨時休業
4月16日(火)臨時休業
4月17日(水)定休日
4月18日(木)通常営業 10時30分~19時00分

ASEEDONCLOUD workpermit 20 mogamibana


本日4月11日(木曜日)から14日(に曜日)までの4日間、ASEEDONCLOUDの秋冬コレクション
″mogamibana″の展示・受注会を行っております。
無事に昨日、設置を終えてサンプルのコレクションがずらりと並んだ空間は、いつもと違う空気が流れていて
今日お店のドアを開けた瞬間に目にする景色が新鮮で、僕たちも色々と試着をしながら1日を過ごしています。
なかなかない機会ですのであれこれと試着をしながらお気に入りの1枚を見つけて頂ければ嬉しいです。
週末の2日間はデザイナーの玉井さんにも店頭に立って頂き、商品の説明や接客などもして頂く予定ですので
お時間がある方は是非足をお運び頂ければと思っております。
COLLECTION・HANDWERKER、2つの異なる世界観。玉井さんの空想から生まれる製品と現実の世界で実際に
ユニフォームの様な役割を果たす洋服、全く違う印象ですが不思議とマッチしてしまうのが感覚的に面白いです。
特にHANDWERKERはユニフォーム的な着こなしが柔らかさもありつつ、でも着れば意外と個性が光る面もあり、
独特だけど何か良いんだよね。という挑戦心も込みで、ある意味フラットな目線で洋服を選べるきっかけにも
なると思いますので、こういった機会にぜひ挑戦して頂きたいです。


ASEEDONCLOUDのブランド名の由来となった玉井さんが幼稚園の時に描いた「くもにのったたね」の絵本も展示。
読んでみると改めて色彩の感覚であったり、ストーリーから感じる創造性など、ASEEDONCLOUDのデザインの面白さや
遊び心を感じる洋服のルーツとなっている事を実感させられます。

 

 


心くすぐるニットアイテムや素敵なスカーフ
定番の靴下に、オリジナルで作ったハンガーや靴ベラといったツールも。

 


ぜひ、お時間合いましたらお運びください。
お待ちしております。

4月9日

workpermit 19 = oycotoen = [ 老異苑 ]

貴族たちをお客に珍品を販売する男がいた

男は世界中をまわり  時には墓を掘り起こす

珍品を探すためなら何でもする

多額の報酬を貰えるが金には無頓着で報酬は全て貧しいものへ与える

そんな「善と悪」が入り交じった変わり者のお話


ASEEDONCLOUD  OYKOTOEN ONE PIECE

color      グレーグリーン

price      36000+TAX

SIZE      FREE


11日(木曜日)からはじまる2019AWコレクションの展示・受注会を控えた″ASEEDONCLOUD″ですが
一昨日のBLOGでご紹介した”HANDWERKER”に並び、今季の春夏コレクションラインも続々と入荷していますので
ぜひそちらも今回のタイミングでご覧になっていただけたらと思います。

″古く異なったものが集まる場所″というキーワードから「老異苑 (オイコトエン)」が今回のコレクションテーマに。
″Kunstkammer″という15世紀から18世紀にかけて、実際にあったヨーロッパの有力貴族や学者・文人の間で作られた
世界の珍品、それも分野問わずに多岐にわたる品々を集めてコレクションされていた博物陳列室。
実在したその博物展示室は驚異の部屋という呼び名で、イタリアからはじまりドイツ語圏へと伝わっていきました。
現在の博物館の前身とも言われるその部屋を元に、「老異苑」のストーリーは構築されていったのです。
さらに掘り進めると、話はデザイナーの玉井さんが上海の街から感じ取ったイメージとアニメ AKIRAの世界観へと
続いていくのですが、この先の話など聞きたい方はぜひ店頭へ。よりしっかり聞きたい方は、ぜひこの週末に。
コレクションが一つの形となるまでに、デザイナーさんがどういった事をしたり見たり、日々を過ごすのかは
私たちも興味深く思っていますが、なかなかゆっくり聞くことが無かったのでこの機会に質問してみたいと思います。


ASEEDONCLOUDの服の面白さだと感じることのひとつは、物語の中に登場する主人公と、
その主人公に関わり合う人々にも生活があって職業があって、それぞれのスタイルやクセだったりが
服装によって表現されていたり、デザインに落とし込まれているところ。
この″Oycotoen one-piece″も、変わり者とされる主人公が収集したものを売る相手となる貴族が着る服を
イメージしたもので、そう聞いてピンとくる・こないは人それぞれ自由に受け取って良い思うのですが、
自分の中に新たな人物像が生まれて動き出すような感覚があって、同時にその服を着た自分が変身できるような
洋服の純粋な醍醐味がそこにあるような気がして、とてもワクワクするのです。


首元はシャツカラーできりっと感を出しつつ、深いネックラインにすることによって
紐で結んだ時と、外した時とで印象も違いますしメリハリが生まれて良いなと思いました。
取り外し可能な紐の細さも、可愛くなり過ぎずさり気なくてどことなく品を感じさせます。
首元のアレンジだけではなく、紐が通してある菊穴にコサージュやピン、襟下にスカーフなど
小物をプラスした着こなしも素敵ではないかなと、イメージが湧いてきます。


全体を通して丸みのある好みのカタチ、シルエットでもあり、要所要所の細かな作りもゾクゾクするのですが
特に気に入っているのは余白満載なボリュームのある袖から、徐々に窄まって少しだけ膨らみを帯びた袖先までの流れ。
この袖の形がとっても良いです。
素材がHEMP×COTTONを使用したシャリシャリっとした涼し気な肌触りなので、インナーはタンクトップ一枚に
ばさりと被って着ていただけたら、夏場も気持ちが良いだろうなと思いますし、生地感にマッチした草木染による
淡いグレーグリーンの珍しい色目も素敵です。
両サイドには深いスリットが入るので、小柄な方であればワンピースとして着ていただけますが
パンツやスカート、ショーツやアウトでも着用できるインナーショーツなどとの重ね着も楽しい一枚です。


襟の後ろ中心部には、釦付きのハンガーループ。
ここに柄や色の綺麗なスカーフなどを通してみたりも良さそうです。顔周りが華やぎます。
また後ろの着丈の方がやや長めの設定になっているので、横から見た際の前後非対称の感じや
スリットから覗くボトムの色・ボリューム感などによってもそれぞれ違った印象に映ると思います。
今シーズンのASEEDONCLOUDのプリントスカートやレーススカートなども入荷しているのですが
それを組み合わせるのも、とても良いな・・・絶対合うと思っています。
気になる方は、ぜひ木曜日からはじまる2019年秋冬コレクション展示・受注会へお運びくださいませ。
コレクションをフルラインナップで見れるというのも、普段なかなか無い機会だと思いますので
ぜひASEEDONCLOUDの世界観を堪能しにいらしてください。

イベントの詳細はこちらのBLOGをご覧くださいませ。→

PageTOP