12月7日


STYLE CRAFT WARDROBE   COAT♯22   

color     DESERT

price     58000+tax

SIZE     Ⅱ    /    


秋冬でオーダーをしていた商品が届くのも残り僅かとなりました。
STYLE CRAFT WARDROBEの今シーズンの新型コートは、今までのコートよりも更にすっきりとミニマムな表情に
仕上げたシングルタイプのハーフコート。フロントの釦はやや高めの位置に配して動き易さを重視したバランスに。
素材はイタリア老舗生地メーカーのリモンタ社が作る綾織りのコットン100%の生地を使用。
前回はPANTS♯5でカラー”SLATE”を展開したものと同素材になります。
しっかりとした厚みがあって表面に斜めの畝がうっすらと見えるワイルドな素材感。
春・秋・冬の3シーズンに対応しデザインもシンプルで飽きがきにくいと思いますので、冬に限定をしない汎用性を
求めてコートを探されている方には自信を持ってお勧め出来る1枚です。
サイズはⅢが完売してしまったのでⅡのみのご提案になります。


衿元は写真の様にスタンドにしてもラペルを設けても、どちらにも対応出来るようなデザイン。
後ろ側が立ち上がっていますがすっきりと見える分、冬場はストールやマフラーで保温性をプラスするのがお勧め。
肩はスプリットラグランを採用し、前側に肩線が入り後ろ側はラグランスリーブになる仕様。
STYLE CRSFT WARDROBEのコートの殆どに使われる仕様で、肩から袖にかけてはたっぷりと生地をとっているので
肉厚なインナーを着ても袖抜けが悪くなるという事はありません。
仕立てに関してもキュプラの生地が総裏で張られているので、コットン100%のコートですが風が抜けにくく
余程の寒さでない限りは冬でも十分に着て頂けると思います。


肩回りはゆったりとしているのですが袖口にかけてきつくテーパードをさせているのも特徴的。
単にビックシルエットの様なサイズ感にするのではなく、あくまでもコート全体の纏まりと品の良いバランス感。
STYLE CRSFT WARDROBEの服を着れば着る程、考え抜かれたシルエットやパターンの秀逸さなど着れば着る程に
肌で感じ取って貰えると思っています。それは明らかに着る頻度にも自然と表れてしまうのだと自分だけではなく
ご購入下さったお客様からも感じるのですが、きちんとした身なりとリラックスした着心地があってこそ。
洋服の着方や捉え方についても、今までとは少し違った角度から新しい感覚を与えてくれるのも人気の理由だと思います。
感性を揺さぶられる事も大切な要素になるのは間違いありません。


トップの釦を開けて襟を作るとジャケットの様な見え方へと変わります。
そこまで厚着をしていない秋や春先などは中はシャツ一枚、もしくはカーディガンなどを羽織ってざっくりとした
コートを羽織るのもサマになると思います。
裏地は黒のキュプラの生地との組み合わせ。
自分自身の今現在の生活の中で最も出番の多いコートは、表地が目の詰まったコットン100%で総裏仕立てが
何だかんだと着てしまいます。これからより寒くなればウール等の暖かいコートも着るのですが
ローゲージのニットの日もあればインナーダウンを間に挟む日もあるので、そうなるとつい中に着る服に
左右されずばさっと羽織れるコートが重宝するのは必然。
ただコートというアイテムその物が好きなので、毎年試行錯誤をしながら展開しては自分も必ず何かしら選んでいて
ある程度のバリエーションがあった方が楽しみが増えると思っています。
春先はベージュの色目も合わせ易く、白やブルーのシャツに颯爽と着て頂きたいですね。


前の丈に比べると後ろはやや長めに設定されています。
深いベントが入るのでコートを着たまま車を運転などにも支障が出にくいですし、クラシックなコートの様な重厚感や
見た目の重たさは感じずに着れるのが良いなと感じています。
ベージュの2枚仕立ての素敵なコートを探されている方がいましたら、是非袖を通して頂ければと思います。
サイズはⅡなので、普段SもしくはMサイズくらいを着られている方に気持ち良く着て頂けるはずです。

12月6日


MITTAN   丹前コート

color     灰茶

price     46000+tax

SIZE     2    /    3 


目が覚めると静けさにはっとして外を見ればうっすら積もった一面の雪景色。
眠りもより深くなってやっぱり早起きが出来ない朝でした。道路は解けましたが細かい雪が降ったりやんだりで、
時折ちらっと顔を出す青空が何だかすでに恋しかったりします。
本格的な冬の訪れと共に暖かな素材のコートを探されている方が多くなってきました。

MITTANから届いたコートは、2年前に一度rasikuでも提案をした事のある中綿入りの丹前コート。
洋服の中でダウンコートは冬の代名詞とも言える存在で各ブランドから毎シーズンリリースされていますが
如何にもMITTANらしいアプローチでブランドのコンセプトを崩さずに作製される中綿入りの1枚は
インナーとの組み合わせがし易いデザインなので、毎冬に飽きずに付き合っていけそうな気がしています。


丹前のルーツは江戸時代まで遡るのですが、男性が寒い冬に着る防寒着として作られたと言われています。
主に浴衣の上から羽織る仕様で、着るだけではなく寝る時に掛けて暖を取る物でもありました。
着物と同様にフロントが自然と閉じる様なパターンで作製。歩いたり動いたりすると自然と開くような仕組みで
フロントには釦などの装飾品は一切ありませんが、付属で腰紐が着きますのでウエスト付近できゅっと縛って
冷たい風が入らないように着る事も可能。決して高機能な洋服ではないのですが、着ると身のこなしにまで
意識が向くようなところもあり、気持ちにメリハリが生まれるのも良いなと思っています。


素材は表地がウール50%・コットン50%を掛け合わせた平織生地で表面がほんの少しだけ起毛しています。
裏地はコットン100%でどちらも共通でブラックのスレーキとのコンビネーション。
中綿の素材はコットン100%で、最初は生地の膨らみがありますが着用を繰り返す事によって段々と綿が潰れて
着易さが増してくると思います。年月が経つにつれて身体にしっくりとフィットする感覚が生まれてくるコートで
着方に関しても最初はあまり目にすることが少ないデザインなので戸惑う事もあるかもしれませんが、
何処となく袖を通しているうちに落ち着く・・と思うと同時に、カジュアルな仕立てに落とし込まれた丹前を
どう普段着として落とし込んでいくか、という過程も一緒に楽しんで頂きたいです。


MITTANの洋服は普段良く穿いているデニムにクルーネックのスウェットやあえてフードなど、当たり前に着ている
日常着に合わせるだけで良い意味でのギャップが生まれて不思議とまとまりのある印象になると思います。
全身を同じブランドで統一させたり似たテイストを合わせるのも良いですが、個人的にはちょっとした意外性や
その人自身の趣味や癖が出る合わせ方や着方をしている方に逢うと興味がそそられてしまいます。
見方によっては個性的なコートに映るかもしれませんが、単に袖を通せば個性が出せるという物ではないと思っています。
はじめはイマイチ上手く着こなせなかったり、どうなんだろうと答えが見つからない事の方が多いと思います。
ただ、僕自身の経験としてはそういった洋服の方が自分なりに考えたり工夫したりを繰り返したり、
時間を掛けたりして案外長く付き合っていけると思っていますので、丹前コートはそういった時間も含めて
挑戦して頂きたいコートです。

color    濃紺

SIZE    2   /    3 


フロントに釦のないロングカーディガンの様なデザインは女性ですと着慣れている方が多くいらっしゃると思います。
素材感がぎしっと詰まっているので一見するとヘヴィーなイメージがあるかもしれませんが、天然素材ならではの
柔らかい一面も持ち合わせているので、袖を通して頂ければすんなりと馴染む感覚があるはずです。
留め具など無い方がかえってぱぱっと羽織れて良いという方もいると思いますし、手持ちのコートのバリエーションに
一気に広がりが出る事は間違いないはずです。


防寒着として洋服を捉えた際に選ぶものとファッションとを上手にバランスを保つ事が冬の楽しみだったりします。
機能性を重視すればギアとしての側面が強くなるのは必然ですし、寒さを我慢してまで洋服を身に着けるのも筋違いでは
ないかとも思います。自分自身が気持ち良く過ごせる洋服に袖を通すことが出来て、日々を当たり前に過ごす事が
簡単なようで何よりも大切な事だと感じています。rasikuが冬を過ごす為に提案したいと思う中綿入りのコート。
是非お試し頂ければと思います。

12月5日


trippen   RREFAB

color    BLACK

price    66000+tax

SIZE    35     /    36    /    37    /    38    /    39


あぁ冬、来る。と思った昨日、とてもとても冷えました。
寒気はしばらく居座る様ですので、身体が慣れないこの時期こそしっかり目の防寒対策を~。
そして一日中小雪がチラつく寒さの中、はるばる”Toast”までお運びいただき、ありがとうございました。
rasiku STOCK SALEは6日(金)の明日まで開催しております。お時間合いましたら覗いてみてください。
詳細はこちら→

アウターやニット、大判の巻物など何となく半分から上のトップスばかり重点的に防寒しがちですが、
足元を温めるのもとても重要ですね。
trippenの今季オーダーした新型”PREFAB”は、人気モデルのサイドゴアブーツ”CHELSEA”をデザインソースに
履き易いようにゴムのカッティングを変更し、内側を全てムートンで包み込んだ北東北の冬には最適なミドルブーツ。
今まで展示会を見ていてムートンの仕様のブーツは入り口が広く設定されていたモデルしか存在していませんでした。
合わせ方に関しても自然とパンツの裾をブーツインするようなスタイルに偏っていましたが、PREFABはある程度の細身の
パンツでも裾をブーツの上から被せても合わせ易いように、履き口を絞ったデザインに落とし込んでいます。
ちょっとした違いかもしれませんが、着る服装やスタイルに大きな広がりが出せるように映るのではないでしょうか。


トゥのデザインもプレーンではなく、ステッチを施してキャップトゥの様な見え方にしています。
trippenらしい曲線と直線とが交差するエレガントなラインを引き立たせてくれます。
アッパーに使われている素材のワックスレザーは履き始めから足に馴染む感覚があるので、時間を掛けずに冬の
即戦力として欠かせない存在になってくれるはずです。多少雑に扱ってもというと語弊があるかもしれませんが
細かいところはあまり気にせずにガシガシと履ける靴だと思っています。


外側・内側共にVの字にカッティングされたゴムが両サイドに付きます。
実際にフィッティングした感想として、CHELSEAよりもゴムの伸び具合が良く脱ぎ履きがし易い感覚がありました。
靴の中全体が暖かい素材(ムートン)を使っているので、厚手のソックスを無理に合わせる必要もありませんし
見た目のボリュームが出過ぎない点が、洋服と合わせた際に全体の納まりが良く見えるのではないでしょうか。
ムートン系の靴にありがちな、モコモコとした雰囲気を出せずに履けるのがセレクトをした一番の理由でもあります。
北東北の様な寒さの厳しい地域に住んでいると足元の選択肢が限られるのは仕方のない事ではあるのですが
その中でも保温性がしっかりと確保出来て、歩くことを前提としてデザインに優れた靴というのはそう多くはないはずです。


履き口はそのまま履いても良いですし、折り返してボアを見せる事も可能。
折り返して履く事で女性らしい可愛らしさがプラスされるので、その日の服装によって使い分けて頂きたいです。
インソールは取り外し可能で、全面にムートンが付けられています。
ソールは今回も別注仕様にさせて頂き、凹凸のあるtrippen soleに付け替えて頂きました。
完全に”冬仕様”というのをイメージしてセレクトしたブーツではありますが、アウトドア系の靴のように
カジュアルに振り過ぎず、ある程度行く場所や服装を選ばずに履けるブーツに仕上がっていると思います。
これから忘年会シーズンに入ってくると思いますので、ワンピースにタイツなどを合わせて少し綺麗な服装をして
出かける際にも、靴自体がこれだけ暖かいとあれこれ悩まずに寒さを気にせずに靴を履けるだけでストレスが少なく
済むのではないでしょうか。雨や雪などの天候が悪く多少の雪が詰もった路面でもグリップが利くので歩き易く
防水スプレーでメンテナンスさえして頂ければ冬靴としての力をより発揮してくれるはずです。


足元が暖かくなると、ついつい足取りも軽くなってしまいそうです。
表面がつるりとしたウールサージの様な綺麗な生地の服装にも、靴全体のボリュームが抑えられた事により合わせが
しっくりときます。通常のサイドゴアブーツよりも履き口のカッティングがある分の高さが4CMアップするので、
ロングスカートやワンピースとの生地と靴との境目が綺麗に納まるように感じています。
コバがある革靴なのでドレスとまでは言いませんが、ある程度の綺麗目な服装にも違和感なくマッチして
コートを着るのが冬の醍醐味であるように、この靴を履くのが楽しみの1つになるくらい素晴らしいブーツだと思います。


冬服は選択肢が広くて、コートの種類にしても素材も機能性も様々で、ある意味で個性が出し易いと思っています。
それに比べると、足元はどうしても機能性に重視する傾向が強く後回しにしがちです。
寒くて厳しい冬の過ごし方として、自分自身が少しでも気持ちと身体とが満足出来る様なをアイテムを身につけていたり
持っていたりすると億劫になりがちな外出や、出掛ける事にも繋がってくると感じています。
盛岡のすっと空気の澄んだ街の景色にもぴったりと合うブーツだと思っていますので、暖かく歩くことにも特化した
革靴を履いて冬の街歩きを楽しんでみては如何でしょうか。

rasiku:STOCK SALE


明日12月4日(水)から3日間限定で、rasikuのお隣Cyg art gallery内に新しくオープンした
レンタルスペース”Toast”にて「rasiku:STOCK SALE」を行います。
過去に展開していた商品を中心に、古着・私物も少しだけ織り交ぜて、来てくださった方にとっての
掘り出し物を何か見つけていただければ思っております。
明日は店舗の方は定休日となっておりますので、Toastのみオープン。
5日(木曜日)6日(金曜日)に関しては、店舗の方も通常営業となっております。
商品も毎日少しずつ入れ替えをして、3日間どの日にいらしても楽しんでいただければと思いますので
お時間合う方はぜひ足をお運びください。


場所 盛岡市内丸16-16 大手先ビル2F Cyg art gallery奥のレンタルスペース「Toast」
期間 12月4日(水曜日) 13時~18時まで  ◎初日のみ13時OPENとなります。
      5日(木曜日) 11時~18時まで
      6日(金曜日) 11時~18時まで

※STOCK SALEに関しましては現金のみのお支払いとさせていただきます。
※お買い上げいただいた際の紙袋を用意しませんので、お買い物袋のご持参をお願い致します。

12月3日


TEMBEA   BAGUETTE TOTE MINI

color     SHEEP

price     9000+tax

SIZE     15×25×9

思いのほか九州の旅BLOGが長編になってしまい、気付けばなんと師走に突入してるではないですか。
九州に行った日から一週間。もうそんなに経ったのかと春のようだった気候を思い出しながらも、
そろそろ頭も身体も盛岡モードに切り替えないと風邪も引きそうな寒さなので、色々シャキッと引き締めて。
12月はきっと一瞬で目の前を駆け抜けてゆくのだろうと思います。
今シーズンの入荷はほぼほぼ完納してはいますが、イレギュラーにちょろちょろと届くものもあったりなかったり。
時折覗いていただけると、面白いかと思います。
毎年の事ながらクリスマスギフト向けに何かというのは、あまり無いお店ですが、TEMBEAのプリントシリーズの
新しいプリント”SHEEP”や人気の柄の”DOG”と”CAT”はちょっとした贈り物に喜んでいただけるのではと思います。


見るからに暖かそうなモフモフのウールに身を包んだ様々な種類の羊達の群れ。
子羊を連れた親子の羊もいますし、じっくり見ると羊ではなく、羊を追う牧羊犬も紛れていますね。
TEMBEAのプリントに描かれた動物はキャラクター色が強くなく、SHEEPに関して言えばモノトーンで
図鑑のような印象だったり、表情もどこか覇気がないというのかlowで静かな感じなのも良いなと思います。
なのでダークトーンの服に合わせて持つとプリントも主張しすぎず、案外遠めだと柄も分からないぐらいです。
控えめながらも、ふと目を向けるとそこには絶妙にツボを押さえた動物がいる・・・という所がポイント。
プリントシリーズをはじめTEMBEAのバッグの良さは、選んで下さる方が、それぞれどんなタイミングやシーンで
持ちたいかなどがしっかりとあって、そういったエピソードを時折聞けたりするのも嬉しいことだったりします。

color     DOG


color     CAT

定期的に店頭に並ぶDOGとCAT。リリースされる時期が異なるので両方揃っているのは珍しいかもしれません。
リニューアル前はSHEEP同様にモノトーンでしたが、犬と猫らしい動きが加わりそれぞれのイメージを表すような
色が足されると、それはそれで可愛さが増して見ているだけでも堪らなくなります。
この二柄は圧倒的にどちらかを飼われている方が選ばれることが多いですが、動物好きな方へのギフトとしても
TEMBEAのバッグの気の利いたデザインも併せて喜んでいただけるとのことで、お世話になった方への贈り物の
選択肢のひとつとしてお選びいただくのは如何でしょうか。


代表的なモデルでもあるBAGUETTE TOTEの一番小さなサイズは、肩に掛ける事は出来ないですが
最小限の荷物を持って出歩くのに丁度良いミニ具合。貴重品だけを入れてさっと買い物に行ったり
歯医者や病院など待ち時間が長い時に、お財布と本だけ入れて持って行ったりなどなど。
小さいですが、持ち歩き用に限らず細々したモノを収納して部屋のフックに掛けてディスプレイしたり
何かと様々な場面に活用できる万能バッグになるのではと思います。

TEMBEA   POCHETTE LARGE

color     SHEEP

price     8500+tax

SIZE     20×17.5×10

color     SKI


新型のPOCHETTE LARGEは、従来のモデル”POCHETTE”のサイズを一回り大きくしたモデル。
TEMBEAがリリースしている長財布などが入るような小さ目ながらも少し容量増えました!な仕様になっています。
ショルダーの調整は出来ないですが、TEMBEAのショルダーバッグはそこまで長い設定ではなくやや短めなので
掛けた時にも、そこまで長さを気にせずにお持ちいただけると思います。
取り出し口はZIPが付きます。さらに細い持ち手も付いたので、よりバッグとしての見た目と機能性が
強くなったポシェット。そしてサイズが大きくなった分、物の出し入れもし易くなったと思いますので、
お使いの財布のサイズや手荷物の量などで小さいサイズのバッグが合わない・・・となっていた方には、
POCHETTE LARGEをお試しになっていただけたら。


柄は”SHEEP”と、何度かこの季節に展開したことのある”SKI”が配色を変えて再登場です。
本体の色がネイビーで相変わらずのグラグラ、転倒、ハの字型ほのぼのスキーヤー達は白一色に。
色の雰囲気ががらりと変わったので、既にお持ちの方にも形違いでついお勧めしたくなるほど
今回のSKI柄も見れば見る程に、気が抜けてて良いなぁと思う次第です。
どうぞ新しいTEMBEAのプリントシリーズをお見逃しなく!

PageTOP