2月10日


FUJITO    B.B CAP

color     NAVY

price     11000+tax

SIZE     FREE


昨日から3連休という事で、寒波襲来で気温が低い中、わざわざ改装をした店舗を見に来てくださるお客様が沢山いて
僕らにとってはとても嬉しい1日になりました。毎日、ちょっとずつですがレイアウトやディスプレイなどを微修正しながら
空間と商品と人とが気持ち良くマッチするお店を目指していきたいと思います。
春物もスローペースですが、徐々に届き始めております。FUJITOが定番でリリースし続けているアイテムの1つ″B.B.CAP″ 
シーズン毎に生地を変えながら展開、いつも展示会で見る度に悩んでいたのですが他のブランドの帽子との兼ね合いで
セレクトを断念していた事もあり、rasikuでは今回が初めての展開になります。
展開したいと思ったキッカケは、岩手に住んでいてもゴールデンウィークくらいから夏場までの時期に太陽の日差しが
強く感じる事が増えていて、ファッション的な要素の他にも日差しを防ぐ為に必要不可欠だと思う様になりました。
日差しを防ぐにはツバが長い方がより効果を発揮してくれますし、だからと言って子供っぽく見えてしまう
ベースボールキャップは被りたくないので、FUJITOが作る″B.B CAP″は僕が理想とする機能とファッション性を
両立したデザインという条件に当てはまりました。
今シーズンは、オリジナルファブリック(綿100%)で2色、涼しげな印象のコードレーンの3色を選んでいます。

color     STRIPE


コードレーンは時期的には、まだまだ早い印象がありますがシャツやカットソー1枚で外を歩けるようになる季節には
きっと重宝するだろうと想像しています。色落ちしたデニムにビルケンのサンダルを履いてさらりと合わせて頂きたいです。

color     BEIGE


FUJITOは今シーズンから新しい試みとして、自社での生地開発にも力を入れています。
柔らかくてコシがしっかりと感じられる素材は、着用を繰り返した際の経年変化や風合いをより引立ててくれるはずです。


作りは8枚剥ぎで裏地はシーチング生地が貼られてます。
表側もそうですが裏側の生地使いや縫製の処理がとにかく美しく、洋服と同様に小物もしっかりとエッセンスが
浸透している様に感じていただけるはずです。長く愛用できる物は限られてしまう事が多いのですが、
こうした目には見え難い部分にまで神経が行き届いているものは、愛着もより一層湧いてくると思います。
サイズ展開はFREEでレザーのストラップを調整する事により、大よそ61CMくらいまでは対応可能。
個人的に締め付けがある帽子は長時間被っていると、どうしてもストレスになる事が多いので
ゆったりと被る事が出来る帽子は、出掛ける時に無意識的に手に取ってしまいます。


帽子に関しては、店頭で販売をしていると被る人と被らない人と両極端に分かれるアイテム。
無理に被る必要はないと思いますし、当然ながら似合う似合わないも出てくると思います。
僕自身もrasikuをオープンする前までは全くと言って良い程に帽子を被らなかったのですが、被ってみたいなと思えるモノが
見つかり被り続けていたら、今現在ではワークキャップとベースボールキャップは無くてはならない存在にまでなりました。
何かのキッカケがあれば受け入れる事が出来るかもしれませんし、服装の幅を広げるという意味においても
被れないよりも被れる事の方が、ハズシになりスパイスを与えるのにも効果がある様に思います。
あとはその人のアイコンになって顔を覚えて貰う理由にもなるので、思わぬ所で帽子が縁を繋いだりなんてことも。
普段被り慣れていない方は違和感があると思いますが、ちょっとした違和感を楽しむということが最近は大事だなと
感じていて、それがすぐには理解できなくても自分が新しい感覚をつかむ為の道だったりするのかもしれません。
CAP類、気になっていたりお探しの方は是非店頭でお試しいただければ嬉しいです。

2月8日


STYLE CRAFT    NARROW BELT

color          OAK      /     INK BLACK     /     GOOSE GREY

price          16000+tax

SIZE          2×114 SOLD

改装をして1枚だけ透明になっている窓ガラスに映る粉雪を見ながら、今日の寒さを実感。天気予報通り!!
何事も耐える時期があるからこそ、楽しみや喜びが一段と感じられるのだよなと思いながら過ごしています。
今日は季節に関係のない革小物をご紹介致します。
STYLE CRAFT small goodsから新型のナロータイプのベルトとメガネケースが届いています。
どちらも無いなら無いですませられる小物かもしれませんが、気にいったものをいざ探すと案外見つからなかったり。
静かに佇む様な、でもどこか引っ掛かりのあるデザインは痒い所に手が届くプロダクトだと感じています。
洋服はパッと目に留まりやすく印象付けにおいては勿論大事な要素ではありますが、身に付けている小物類など
ちらりと見える部分に、その人のセンスや趣味嗜好が出るんだと僕自身は思っています。
季節が移り変わるタイミングで、普段はなかなか手が出難いアイテムを買い揃えてみたり、新しく買い替えたりは
新鮮な気持ちになるので良いのではないでしょうか。


ギボシを好きな位置で留めて、余った部分を垂らしても良い長さに設定をされた″NARROW BELT”
幅が2cmなので、通常のベルトと比べると1cmくらい細いスマートなナローベルト。
留め具はSTYLE CRAFTがオリジナルで作製している真鍮素材のバックルとギボシとの組み合わせで
レザーの華奢な雰囲気と金具の力強さとのバランスがとても面白いです。
デザインとしては王道で汎用性が高いのとは違って、どちらかと言えばメインで使用しているベルトを既にお持ちで
気分を変えたい時やベルトループの細いパンツに合わせる時にも重宝しそうです。
2本目や3本目を考えているという方にフィットすると思いセレクトをしています。


素材には適度な厚みのある山羊革を使用。
釦ホールはウエストの細い方でも対応出来る様に全部で11個の穴が空いています。
女性や細身の男性が使う際には余分に出た長さを垂らして使うのも良さそうですし、
そのままベルトループに通しても全く問題ありません。
特に春夏のシーズンは、服装がさっぱりとしがちなのでベルトなどの小物でアクセントを付けるのもお勧めで
女性であれば細身のシルエットを活かして、ワンピースのブラウジングなどにも応用させるのも良いかもしれません。


ベルトに関して言えば、そもそも購入する場所が洋服とは違ってより限られてしますので、後回しにしがちですが
もし自分に合うサイズや色、デザインが見つかったのであれば持っていて損はしないと思います。
余程体型が変わらない限り買い換える必要性はありませんし、革小物は基本的に壊れにくいので、
気に入ったものが色違いデザイン違いで2本以上あれば、それで十分に感じるのではないでしょうか。
そろそろくたびれたかな・・・というタイミングで新調するという方にもお勧めです。

STYLE CRAFT    GRASSES CASE

color          GOOSE GREY

price          24000+tax

SIZE          19.5×9×2

color          NAVY

color          INK BLACK


展示会で見た時は・・・??が浮かんだのですが、ハードカバーではないレザーを用いたメガネケースを作製。
クッション材などは入っていませんので乱雑には扱えませんが、普通にメガネを持ち歩くという際に便利なアイテム。
使いはじめは革が硬いので馴染むまで少し時間が掛かりそうですが、真ん中に仕切りがあるので細身の眼鏡であれば
2本収納が可能です。僕自身は普段はメガネを掛けないのですが、旅行や出張でサングラスを持って行く事が多いので
持っていたら嬉しいアイテムです。お気に入りのサングラスを、自分が納得できるカバーに入れて持ち歩けるのは
気持ちが違うと思いますし、メガネの出し入れする事がより一層楽しくなりそうです。


メガネを収納しても厚みが出ないので小さなバッグでも場所をとり難いですし、ジャケットやコートに付いている
大き目の内ポケットなどに収納しておくのも良さそうです。
たまたま以前お客様から、良い眼鏡ケースは無いですか?という話があって、その時はまだ店頭に展開してはなくて
STYLE CRAFTでもラインナップにはなかったのですが、その話があった直後に展示会でこのケースを見つけたので
これはなんてタイミングが良いのだろう!と思って、選びました。
ただ単純に見た目の格好良さに惹かれたのが展開した一番の理由です。小物はさり気ない部分に目を奪われますし、
涼しい顔でレザーケースからサングラスをさっと出し入れ出来る男性に早くなってみたいものです・・・


どちらのプロダクトも無くては困らないものという訳ではないのですが、持っていると自然と笑顔になれるようなプラスαの
効果があると感じています。当たり前に通り過ぎている日常の中で、その人なりのちょっとした美意識を垣間見える瞬間や
スタイルを貫いていると感じた時に、より興味を頂いたり惹かれたりしてしまいます。
小物遣いは見ていない様で案外目に留まる物でもあると思うので、数ある中の選択肢の1つとしてSTYLE CRAFTの作りだす
small goodsはお勧めです。

2月7日


homspun    クリアウールポプリン ノーカラーパフスリーブBL

color       ブラウン

price       29000+tax

SIZE       F


明後日の盛岡の最低気温、何度見もしてしまいます。明日からじわりと冷えはじめて後の急降下っぷりよ。
これぞ2月と言う様な気もしますが、もう既に身体が強張りそうなので、意識してぬくぬく体制で寒波を乗り切りましょう。
そうこうしている間に、きっと3月が見えはじめるかと思います。
そんな春の卒業・入学シーズンに向けて、毎年欠かさずオーダーしているhomspunのウールポプリンを用いた
シリーズをご紹介です。以前BLOGに載せたこちらが同素材。
個人的にもとても好きで型違いで愛用しているのですが、カジュアルに日常着として着る機会が多い中で
稀に、程よくきちんとした格好で行きたいと思うイベントが入った際にも、着ていける振り幅があるのが
このシリーズの良さでもあります。
かしこまり過ぎず、けれど上品でしっとりとした生地とさり気ないデザインの組み合わせが絶妙です。


こちらのブラウス、元々homspunでも長く定番的にリリースされてきたブラウスの進化版のデザイン。
前開きで小さなトップ釦のみループで留める。この仕様は丸襟のブラウスなどに用いられたりしてますので
馴染みのある方も多いかと思います。
腰部分にきゅっと絞りが入って、裾にかけてちょっと細くなる逆三角形パターンもこのブラウスの特徴の一つで
タイトな緊張感を楽しむも良しですし、ボトムに合わせる時はわざと一番下のボタンを一つ外して裾を開けて
着るのも良いです。釦を留めて裾をちょっとくしゃっとさせて着るのが好みだったりもします。
すぼまってる形を活かしてスカートでもパンツでもすっきりタックインすると、詰まった首元やパフ袖の形などが
より際立って見えて良いかもしれません。


何といってもいつ見ても堪らないのが、このたっぷりとした綺麗な形のパフスリーブ。
肩線からちょっとずらした位置からの膨らみなので、ムキムキに見えませんし生地もしっとり
落ち感のある素材なので、よりエレガントな雰囲気が滲んでとても素敵です。
写真にうまく写せませんでしたが、袖の裾にはスリットが入っていてその先に短い同布の紐がついています。
紐は結ばずでも良いのですが、きゅっと二回玉結びしてあげると解けにくくて、それでいて袖の形が
ふっくら綺麗な膨らみになって、それもとにかく堪らないの理由だったりします。
見た目の印象は可愛い!が強く感じるかもしれませんが、実物とそしていざ着てみると可愛いだけじゃない
何かを感じていただけると思うのです。


ブラウスなのでボトムとの組み合わせ次第で、ジャンル問わずに着ていただけるのではないかと思います。
シンプルにデニムと合わせるのも良いなと思ったり、綺麗目なスカートやキュロットなどとも合うなぁなどなど。
私服でも着れるお仕事の方だったり、いざという時用にシャツとはまた別のバリエーションとしてであったり、
オンとオフの両方で着ていただける一枚ですので、目的はむしろ決めずにこの見た目に惚れこんでしまった方
ぜひお待ちしております。

homspun    クリアウールポプリン パフスリーブAラインOP

color       ブラウン

price       34000+tax

SIZE       F


最後の一型は一番シンプルにはなりますが、一昨年の秋冬で展開されたちょっと変形のパフスリーブが好評で、
そのデザインが継続で落とし込まれつつ、新たにAラインワンピースとなってリリースされました。
凛とした大人っぽさと個性的な一面がバランスよく混ざり合って、出会いそうで出会わない佇まいの服だなと
思いますし、今回はベーシックな色目をあえて避けてブラウンをセレクトしたので、その色目も何とも言えない
通っぽさがあって、店内でもそうですしhomspunの服の中でも珍しく新鮮に映るのではないでしょうか。


パフスリーブといっても形は様々で着た時の印象も全然違うという事をhomspunの服に出会って知りました。
このパフスリーブに関しても、前回展開した際に見た目の印象と着た時とではやっぱり見え方が全然違って、
可愛さの中に格好いい要素も含まれているような、そんな印象を持ちました。
肩の部分以外は本当にシルエットがシンプルな美しいワンピースなので、激しい装飾は苦手でも他の人とは違った
アクセントが欲しいという方に、おすすめしたいワンピースです。
生地はウールなのですが厚地では無いので、丁度これから気分的にもマッチして着ていただけると思います。
光が当たるとやや透けるのでインナーパンツなどもあるとより着る頻度は増えそうですし、フリルがちらっと見えたり
靴や靴下でちょっと可愛さをプラスしても、そこまでゴテゴテっとして見えないので、小物遣いも楽しめますよ。


脱ぎ着は背中のジップで。ここもシンプルで潔い仕様。
肩周りは気持ちすっきりしたサイズ感ですが、キツさは感じ無いですし生地もサラサラっとしているので
肌を締め付けるようなこともありません。ただ胸周りが合う合わないは多少あるかもしれませんので
気になる方はご試着をお勧めいたします。
homspunの上手に引き算された服は、削ぎ落としつつもただ引いただけでは終わらないところが
本当に毎回素晴らしいなと思いますし、単純に見て・着て気持ちが高ぶる服に出逢えるというのは
純粋に嬉しいですし、何度経験してもずっと変わらずに楽しいことだなと思います。
春夏の服も少しずつ届いていて、目を惹くワンピースもどどんとディスプレイしています。
ぜひ覗いてみてくださいませ。

定休日のお知らせ


明日6日(水曜日)は定休日となります。
どうぞ宜しくお願い致します。

2月5日


JUJUDHAU     V-NECK COAT

color          CANVAS KHAKI    /     CANVAS BLACK

price          35000+tax

SIZE           F


店内には少しずつですが、春物が並び始めています。
今までの感覚でいくと、2月に春物が届いてもまだ冬の底ですし・・・と出すのを躊躇したりしてましたが
昨日の様に雨が降ったり、大きな通りには一切雪も無く、微かに日差しが柔らかかったりなので、
さくっと迷いなく店頭に出せるというのが、なんとも不思議と言うかなんというか。
しかも雪が降ってしまうと隣県や遠方のお客様は峠越えが厳しくなり、雪解けと共にご来店!というのが
恒例だったのですが、1月・2月でもちらほらお逢いできてたりするので驚きです。
足を運んでいただけるのはとても嬉しいですけれどね。



今季の入荷がとても早かったのがjujudhauのアイテム。
今年でブランド立ち上げから10年を迎えるjujudhauですが、お客様の中でも長く愛用して下さる方が多く
やわらかい雰囲気を持ちながらも、ちゃんと一癖あるところがjujudhauの人気の理由かなと思います。
自分達もjujudhauというネパールで作られる服に出逢った事で、ある意味捉われていた服への固定概念が
がらりと変わりましたし、善し悪しを色んな視点で見て考えることが出来るようになったことなども、
jujudhauがひとつのきっかけになっているのは確かだと感じています。
そんなjujudhauから届いた新型のコートをご紹介いたします。


今まで定番として展開されていたコートは留め具などが無くさらっと羽織れるモデルが多かったですが
昨シーズンぐらいからフロント釦で留めれるものが登場したりして、ちょろっと選択肢が広がりました。
今回の新型″V-NECK COAT″は、留め具は釦一つだけ。
なのでコートっぽくもなり過ぎず、脱ぎ着もし易く生地によっては室内で着用していても気にならない
作業着的な羽織として着用いただけるのではないかと思います。
生地は二型、キャンバス地とデニム地でそれぞれ同じ形でもまた違った印象になるものを選びました。

首元は深めのVネック。
がしっと頑丈な生地ということもあって、釦を留めるとちょっと襟ぐりが浮く感じもありますが
その違和感もなんとなく許せてしまう?というか、その方が妙にしっくりきてしまうのは
jujudhauの独特なパターンならではだと思います。

フロントのボーン釦は、少し大きめでポイントに。
釦一つなので脱ぎ着にも手間がかからないですし、開けたままでもさほど気にせずに着られます。
釦が在る無しではパッと見の印象にも変化が感じられますし、中に着る物に合わせて、例えばワンピースの時は
ただ羽織るだけで、パンツスタイルの時は釦を留めたりなど、気分で変えられるのは良いなと思います。


着丈はショートでもロングでも無いお尻が隠れるミドル丈で、袖丈は元々やや短めの設定なので
インナーをボーダーなどの柄などにしてちらっと見せても良いですね。
キャンバス地は今までも様々なモデルで展開していますが、本当にタフな生地で型崩れ知らず。
着始めはゴワゴワっと動き難さも感じるかもしれませんが、着続けると程よく馴染んでそれでいて
強度は保っているという、まさにバッグのような頼もしい素材で年々良さを実感していきますよ。
気に入った服は結構ハードに着ます!という方にはお勧めの生地です。

color          DENIM BLUE    /     DENIM NAVY

price          35000+tax

SIZE           F


同型で素材はライトオンスのデニムを使用したタイプ。
見た目も着心地も軽やかで、爽やかなブルーに身を包むだけで春へと気持ちが飛んでいきます。
一枚仕立てで尚且つ薄手の生地なので、春のコートとしてはやや物足りないかもしれません。
シャツやカットソーの上からカーディガンの様に羽織ってオーバーコートを重ねれば、
春のまだ朝晩冷え込む時期からでも着られると思いますが、さらに季節が進んで5~6月ぐらいに
この手の厚さの羽織はあると重宝するのではないかなと思います。


ドロップショルダーで肩周りはゆったりですが、袖は気持ちすっきり目なラインです。
写真ではインナーに中肉のニットを挟んでいますが、これ以上厚地だと袖がごろついてしまうので
イメージとしてハイゲージのセーターから、さらっとTシャツ一枚に羽織るのがベストで
アウターという感覚よりは、温度調整だったり装いにあと少し何か足したい時の一枚としてあると
着こなしのバリエーションも広がるのではないでしょうか。


春物が届き、まだそのままでは外へ出られませんが先をイメージした服装を想像するだけでも
なんだか心が浮足立つというか、ウキウキしてきますね。
明るい色目は最近ずっと気になっていて、冬はニットなどでも色んなカラー展開をしていますが、
春の服の色目はまたそれとも少し違っていて、鮮明な明るさと言うよりは、淡い光を纏う感じの色です。
今回ご紹介したコート以外にも、同じ生地の別のモデルなども並んでいますので、早くも春物が気になる
という方はちらっと見にいらして下さいませ。

PageTOP