定休日のお知らせ


明日16日(水曜日)は定休日となっております。
どうぞ宜しくお願い致します。

10月15日


JUJUDHAU  SOUTIEN COLLAR COAT

color     TWILL BROWN

price     35000+TAX

SIZE       F


日は出ているものの、室内に入ると冷やっとした空気。そろそろ灯油を買いにいかないと・・・。
いや、まだ我慢かな。と、よく分からない心の葛藤を繰り広げています。
店内でもコートをご試着される方が増えてきたり、セーターなども少しずつ並びはじめていたりと
ゆっくりと確実に季節が移ろいでいるような瞬間を、ここ数日はそこかしこに感じます。
今シーズンは真冬の衣よりも、秋から冬のはじまりに着る服を意識して選びましたので、この時期に必要な服を
お探しのお客様にはぜひ充実している内に、色々お試しいただけたらと思います。

jujudhauからは昨年も好評だった、SOUTIEN COLLAR COATが届いています。
フロントが釦で留まる仕様のコートがjujudhauではそこまで多くない為、珍しいですねという
お声をいただくこともしばしば。
「気軽に羽織れる」という点においては、EAZY COATと比較しても劣らぬ良さがあるので、あとは生地感や
デザインの好みでお選びいただくのが良いというのは言わずもがなですが、ワードローブを一度見返して
コートのバリエーションが必要な方には、お勧めしたいと思える一着です。
オーダーしたカラー(生地違いも含む)は全部で三種類なのですが、そのうちの一色が届いていて
他はこれからの納品になります。まとめて・・・とも思ったのですが、先にご紹介を進めます。


きちっとし過ぎていない襟のカタチや、ドロップした肩。
全体的にゆったりと落ち感のあるシルエットからも、生地やコートその物の雰囲気の柔らかさが伝わるかと。
生地の厚さは中肉で、薄いという感覚は無いですが裏地は無く一枚仕立てなので、適度に安心感のある生地感です。
完璧な防寒としての役割までを求める場合とは、目的の異なるコートになると思います。
肩線から真っ直ぐに身頃へと繋がる直線的なパターンは、生地分量に対して実際に着てみると体型に沿って
すとんと落ちる為、決してシルエットは大きくは見えないと思いますが、中に十分着込める余裕もあるので、
内側の装いを温かく保つ事で着られる時期も変わってくるのではないかと思います。
素材はウール70%・アクリル30%の混合素材。ツイル地の織目が柄とまではいかないものの、
平面的ではない、味わい深く落ち着いた表情を作り出しています。


目の詰まった厚みのあるメルトンの様な生地と比べると、くったりとしたしなやかさのあるウールの生地は
どこか優しいナチュラルなイメージを想像するかもしれないですが、些細なデザインやパーツで見てみると
案外このコートは可愛いというだけではなく、柔和な空気を渋い生地で包み込んだような趣を感じさせます。
フロントは比翼釦で正面から見るとごちゃっとせずに静かな佇まいですし、控え目な襟は立てても寝かせても
顔の周りの邪魔にもならずに首元をそっと包んでくれるようなさり気なさ。
上からぐるっとストールを巻いても気になりません。
比翼に隠された釦も、雰囲気の良い水牛の釦。案外こういったパーツの選び方がどんな印象を与えるかの
重要な役割を担っていて、それはどちらが良い悪いということでもなく、バランス感覚の様なもので、
自分の中の好みにも影響してきます。個人的にjujudhauのこういった物作りがとても好きだなと思います。


かちっとした装いに・・・というよりも、日常使いのし易さや、カジュアルな服装にも合わせられて
それでいて適度にきちんと見せてくれるという絶妙な塩梅をさくっとくみ取ってくれるjujudhauのコート。
冬真っただ中では保温力に限界がありますが、今は機能性に優れたインナーダウンなどを合わせて頂ければ
十分に真冬でも過ごせるコートだと思っています。
そろそろ冬に向けた物選びをしてみるのも良いのではないでしょうか。
デザイン・価格・素材感、どれをとってもお勧めの1枚です。

10月13日


STYLE CRAFT   SB-02

color       BLACK(DEER)

price       86000+TAX

SIZE        50×43×12


一昨日は、家の窓が割れてしまうのではないかと思うくらい強い暴風雨が吹き荒れている中で、県内外の台風の
被害の様子に心がざわざわする夜を過ごしました。
近くの川もそこまで増水することなくほっと一安心でしたが、通勤路の途中にある大きな木が曲がっていたり
真っ二つに折れているのを見て、自然の力と今回の台風の猛威を感じずにはいられませんでした。
被害に遭われた地域にお住いの方々や動物たちには一刻も早い救助や支援が届き、そして安心して眠る事のできる
日常が戻りますように。

STYLE CRAFTのアイコンとして作り続けられてきたDEER SKIN(鹿革)を用いたバッグですが、残念な事に
今シーズンをもって作製する事が難しい状況になってしまいました。
僕自身がSTYLE CRAFTのDEERのバッグを初めて目にしたのは、今から丁度10年位前で、当時働いていたお店で
セレクトをされていました。その頃からとても人気の鞄で、いつか買うぞと思って様子を伺っていたのですが
殆どがお客様の手に渡ってしまい、購入する事が出来なかった思い出があります。
物凄いスピードで物事が移り変わっていく世の中の流れの中で、今まで当たり前に出来ていた事を同じように
継続することが難しくなりつつあると・・・物作りをされている方からのお話を良く耳にするようになりました。
それは価格の面においてもそうですし、素材を手に入れたり、小さなパーツを職人さんにお願いして作製したりなど
様々な分野において、少しずつ歪が生まれて困難な状況にさらされている現状を痛感する出来事のように思います。
その中でも灯を絶やさずに創意工夫をしながら続けていくことに価値があると感じますし、その人にしか出来ない
表現をする大切さや意義があるとより強く思えるようになりました。

天然の渋で鞣した”DERR SKIN”を扱っているターナーさんは、国内においても極々僅かに限られています。
というよりは殆ど存在しないという方が正しいのかもしれません。
素晴らしい素材を用いて、物作りが実現出来て続けられていたのは、デザイナーと職人さんとの信頼関係が
成り立っていたからこそでした。ですが、様々な理由から革を提供する側が困難な状況となってしまった為に
今秋冬分で”DEER SKIN”の展開が終了という経緯に至りました。
他にも素晴らしい革を用いたバッグや小物類は継続して展開をしていきますので、柔らかくしなやかでとろける様な
質感の手触りのバッグをお探しの方には、この機会に手に取って頂きたいです。


選んだカタチは、以前にも何度かご紹介のしたことのある”SB-02″
トップが自然と落ちて蓋の様な役割を果たし、バッグ全体が綺麗な曲線のカーブを描くショルダーバッグ。
見ているだけで惚れ惚れとする佇まいで”DEER SKIN”の柔軟性のある革を効果的に発揮するのがこのモデルだと
思っていました。以前に購入して頂いたお客様のSB-02を見る事があるのですが、使い込んだ後のより自然な曲線美は
持っているだけで釘付けになるくらいのオーラと雰囲気を纏っているように思いました。
底のマチが広く設定をされているので見た目以上に収納力がありますが、ストラップに負荷が掛かり過ぎてしまうと
バッグ全体の型崩れに繋がる恐れがありますので、心地良く荷物が持てる量で使うのがお勧めです。

color       GREY(DEER)


今回セレクトした色は「BLACK」と「GREY」の2色。どちらも表側で、表面に皮を揉んだ際に出来るシボが特徴的。
STYLE CRAFTの革はオイルをたっぷりと染み込ませているので、使い込んでいくと自然と内側から染み出してきて
艶が増す事によってシボが殆ど目立たなくなっていきます。その辺りの経年変化も含めて楽しんで頂きたいです。


ショルダーストラップは、ギリギリ斜め掛けが出来る最小限の長さに設定。
無理と無駄のない設計を好むデザイナーらしい発想が、1つ1つのディティールに表現されています。
機能を優先すればデザインが必然的にうるさくなってしまい、逆にデザインを優先すれば機能が損なわれる事に
なってしまうのですが、必要最低限の機能を持たせた上で立体的で浮かび上がるようなデザインに落とし込まれた
革のバッグは、他ではあまり目にすることは出来ないと思います。
ブランドのロゴなどを強調するのではなく、自然でナチュラルな素材本来が持ち合わせている力強さを1つの
カタチとして落とし込まれていて、アートとプロダクトの中間くらいの感覚という表現が腑に落ちるのではないでしょうか。
持っているだけで気持ちが高揚したり、身に着けているとふと何処かへ出掛けたくなるような、そんな効果をきっともたらして
くれるのではないかなと思います。


インナーにはネパールで作製されているワイルドヘンプの生地が組み合わせられています。
内革はZIP付きのポケットが1つ付き、必要最低限の機能をプラスしている事が分かると思います。
実際に手に持ってみると想像以上に軽いのに驚かされます。
“DEER SKIN”自体は様々な革の種類がある中では軽い方の素材で、柔らかさとしなやかさが相まって
特別な装いや場面でという訳ではなく、普段の生活に合わせてお使い頂くのがSTYLE CRAFTらしさでもあり
使い込まれた後のくったりとした表情を体験して頂きたいです。


冬物のコートを着ても斜め掛けは可能です。
より革が馴染んでくればストラップの長さの調整がし易くなるのですが、身体とバッグの間に空間を無くして
フィットさせた状態で持つと、より特性が活かされると思っています。


大きさは男性・女性どちらが持っても、大きすぎず小さすぎずになると思います。
個人的には男性がシンプルに持てる革のバッグの選択肢がそう多くはないので、長い目で見て選んで頂けたらという
気持ちで”SB-02″を選びました。勿論、ご夫婦などで兼用するというのもお勧めですし、何かの節目に装飾品を購入するのと
同じくらいの気持ちで革のバッグを取り入れるのも良いのではないでしょうか。
お気に入りの革のバッグがあるだけでも日常の生活や気持ちにもメリハリが出るでしょうし、お仕事などにも良い
影響がもたらされるかもしれません。それくらい素晴らしいバッグだと思いますので、是非体感して頂きたいと思います。

営業時間変更のお知らせ


台風の接近に伴い、営業時間を16時までとさせて頂きます。
尚、明日の13日(日曜日)は通常通りの営業を予定しておりますので、是非足をお運び頂ければ幸いです。

10月12日


MITTAN   OC格子シャツ

color     生成格子

price     21000+TAX

SIZE      2    /    3    /    4

朝から大粒の雨が地面を叩き付ける様に降り続いています。
今日の夜に台風は岩手を通過するようで、何事もなく去ってくれれば良いのですが・・・
雨と風が強いのでマイナスな事ばかりに目が向いてしまいそうですが、個人的には台風が去った後の
全てを洗い流してくれたかのようなすっきりとした空気感と、独特の街の静けさが毎回身体と心に染み渡る気がしています。
気のせいかもしれませんが・・・(笑)
お店は通常通りに営業をする予定でいますが、天候次第で営業時間を短縮しようと思いますので
早い時間のご来店をお待ちしております。

MITTANから今シーズンの新作としてリリースされたシャツは珍しくも柄物を使った1枚。
恐らくはブランドとして初めての柄シャツだったと記憶しています・・・間違っていたらすいません。。
縦と横に不均一に入った糸が立体的な表情を生み出していて、はっきりとした柄を打ち出さないあたりが
ブランドらしさでもあり、他には出せない通好みな生地を作り出している事にもいちいち感心させられてしまいます。


素材には経糸・緯糸どちらもオーガニックコットンの糸を贅沢に用いて作製。
生地自体にしっかりとした厚みがあって夏場以外の3シーズンに対応出来る素材で、着込んでいった後の風合いが
良くなっていくっことも間違いありません。
日中であればシャツだけで過ごせる気候ですが、これから季節が進んできた際にはインナーとしても重宝すると思います。
1枚で着た際の存在感が抜群で、コートやジャケットと合わせてちらりと柄を覗かせて着るのもお勧めで
個人的にはざっくりとしたウール素材のコートや前開きの羽織物と合わせたら格好良いなと想像しています。


シルエットは全体的にゆったりとした設定。
首元はスタンドカラーというのが正解だと思います。
トップの釦はギリギリで留められるくらいの首回りの大きさで、留めるのが難しそうな場合は1つ開けて着るのがベター。
雰囲気抜群の厚みのある釦が付いているなと思っていたのですが、後から資料で確認した所、雰囲気の良いトレンチコート
などに用いられる事の多い水牛を使用しています。
生地に負けないパーツを組み合わせる事で、シャツ全体の仕上がりが引き締まるのは言うまでもありません。


ざっくりとした表面に凹凸のある素材は機械式の織機で織られているのですが、肌触りを極力手織りに近づけるように
微妙なテンションを職人さんにお願いをして、独自の風合いに仕上げています。
生地の目はしっかりと詰まっているのですが、空気を含んだような肌当たり。
僕はシャツを展示会で見て、初めて袖を通した際には完全に手織りだと勘違いしてしまいました・・・
素材に対して貪欲に追求するデザイナーと、イメージを具現化出来る職人さんとの信頼関係があるからこそで
MITTANの新たな引き出しになるシャツだと感じました。

MITTAN   カシミヤワタショール厚手

color     藍(淡)      /      藍(濃)

price     24000+TAX

SIZE      70×200


昨シーズンに引き続き、カシミヤ70%とリネン30%を掛け合わせたショールも展開。
天然染料の柔らかくて深い色合いと、カシミヤの肌触り、適度なボリュームを出せる大きさ、3つのバランスが好みです。
色目は共に藍染で「ブルー」に近い淡いタイプと、より「紺」に近づく濃いタイプと、どちらも正直甲乙がつけ難い
素晴らしいカラーに仕上げています。


特に男性は巻物を苦手とする方が多いような気がしているのですが、単純にあると便利ですし、今時期は気温差が大きく
コートを羽織らずともバッグに巻物を1つ忍ばせておくだけで日中との寒暖差から身体を守ってくれる優れものです。
折角選ぶのであれば、肌触りが良くて自分の気に入ったものを大切に長く使う方が良いと思います。
ぐるりと巻くのに丁度良い大きさに設定をされていて、藍染であればより男性にも馴染み易い印象になるはずですので
スタイルの変化を楽しむ上でも、是非ストールを取り入れて頂ければと思います。


何を着ても心地良く感じられる季節は北東北に住んでいるとても短く感じてしまいますが、その時期にしか出来ない
服装や着こなしを楽しんで頂きたなと自分自身も含めて思っています。
ウール・コットン・リネンなどの天然素材を中心に、様々な異素材を取り入れながらコーディネートを組み立てると
機能性だったり、着心地の良さを再発見出来るきっかけになるのかもしれません。
MITTANの洋服に使われるのは現代的な機能素材とは違いますが、同じくらいもしくはそれ以上の感覚を肌で感じて
貰えると思っていますので、人味違う機能美を生活の中に取り入れてみては如何でしょうか。

PageTOP