7月17日

trippen    ZORI

color     GOLD-SFT

price     26400-(TAX IN)

SIZE     35    /    36    /    37    /    38    /    39

週間天気予報をみると天気マークがずらりと並んで、つい先日まで続いていたじめじめとした気候が嘘のよう。
じめじめに比べると爽快感があって良いなと思うのですが、日中に外出するのは正直気が引ける位に燦燦とした太陽。
無理をせず、先ずはしっかり水分補給と体調管理を一番に考えて、まさに夏!!な季節を楽しみたいものです。

お店では初展開となるtrippenの”ZORI”
日本の草履から連想をして作製されたクラシックな井出達に、選んだのはゴールドの配色を組み合わせた
ややエッジの効いた鼻緒サンダル。
地面をしっかりと掴みながら歩く感覚は履き始めは正直なかなかに疲れますが、歩行をしながらふくらはぎの筋肉を
鍛えるという側面を持ち合わせていて、機能と美の両面からアプローチをし続けるブランドのポリシーを
感じさせる部分でもあります。服装のハズシとしてもゴールドが良いアクセントになるのではないかと。
これは最近自分達の中でも新たに意識している事なのですが、履いていて長時間歩いたりしても楽な靴というのは
勿論あって、それはそれの良さがあるなと思っています。それとは別に、足に多少の負担は掛かるのだけれども
必要な筋肉を刺激することを目的とした靴も良いのではないかという考えに至り、今はどちらも半分半分位のペースで
意識をして履くようにしています。そうすると今まで選ぶことのなかった靴が良く見えてきたりして、これはこれで
また新たな感覚を手にしたような気分になっております。
という事もあって、今季は思い切って”ZORI”をセレクトしています。

インソールはtrippenのお馴染みのコルクを組み合わせた硬さのあるモノを使用。
クッション性というよりは、素肌に当たるコルクのサラリとした質感が気持ちのいいインソールと
どちらかと言えばやや硬さがあって革靴を履く感覚に近い履き心地のアウトソールが特徴的。
ソールのクッション材はブランドのロゴが刻まれたオリジナルソールを採用。ここまで出来るのは
靴に関わる全ての工程を自社工場で作製しているからこそ。
メンテナンスやアフターフォローも含めて、信頼出来る数少ないシューズブランドだと思います。

鼻緒の部分がすっきりとしているので、洋服と組み合わせた際にとてもシャープな印象を受けます。
華奢なイメージではなく、無骨さと上品さの2つの要素を感じるサンダル。
ビーチサンダル程崩し過ぎずに、BIRKENSTOCKよりも洗練されたムードを持ち合わせていて、きらりと光る
お色の部分でも、素足と組み合わせた際のラインなど、色気と余白を持っているように感じています。
服装の守備範囲は案外広いように感じていて、先ずは足が靴に慣れるまで(鍛える事もありき)の時間の方が
多少は必要になるのかもしれません。
現にいま自分達でも購入して試し履きをしている途中。最初は鼻緒の部分が相当に窮屈に感じたり、単純に指の
可動域が狭すぎて指の間で鼻緒を挟むのにも苦戦していましたが、段々と履く時間が伸びてきています。
先ずは近所のお散歩や買い物位から慣らし始めるのがベストかもしれません。

そして裸足以外にもお勧めの履き方として、タビ用のソックスとのコンビネーションが自分達の中だけで勝手に
盛り上がっています・・・(笑)最近はなぜか?タビ型のソックスを作るメーカーさんが増えていて、毎シーズン
着実にタビソックスの展開数が増えてきました。
鼻緒タイプのサンダルに合わせても面白いのではないかという事で、派手な色や透けるタイプをコーディネートに
取り入れながら夏のシンプルになる装いに一癖入れています。
素足でサンダルを履くのに抵抗がある方や靴擦れの軽減になったりもするので、タビ用のソックスと共にお勧めです。
ぜひこの暑い夏の足元は、きらりと光るZORIで過ごしてみては如何でしょうか。

INFO

来週の予定になるのですが、20日(火曜日)から22日(木曜日)までの3日間のお休みを頂きます。
秋冬シーズンに向けての準備と、心と身体のリフレッシュをする為に有効な時間にしていこうと思います。
お間違いのないように宜しくお願い致します。

19日(月曜日) 通常営業 10時30分~18時
20日(火曜日) 臨時休業
21日(水曜日) 定休日
22日(木曜日) 臨時休業
23日(金曜日) 通常営業 10時30分~18時

7月16日

FilMelange   ALDERSON

color      COCOA BROWN

price      14300(TAX IN)

SIZE       3    /    4    /    5

完全なる梅雨明けを知らせるかのような今日の盛岡の天気は快晴。
最高気温も33℃と今シーズンで一番暑くなるのではないかという位の予報。
週間天気予報を見ても日中の気温が30℃越えしかなく、いよいよ半袖Tシャツがメインの時期となりました。

FilMelangeから以前のBLOGにグラデーションが綺麗な半袖Tシャツ”ALLISON”というモデルをご紹介しましたが
それと同じボディを使ったソリッドカラー3色(COCOA・WHITE・NAVY)が追加されました。
私も早速手にして着ていますが、今までのブランドイメージとは少し異なる生地のタッチできりっとした質感で表現。
所謂一昔前のアメリカ製のガシッとしたヘヴィーな風合いではあるのですが、粗野な感じは残しつつも繊細さや
現代のファッションの流れに逆らうことなく作製されていて、ハイブリット的な印象を受けます。
生地が自立する位に度詰めされていて、実際に袖を通してみるとボディラインに沿うようなシルエットではなく
身体と生地との間に空間が大きく生まれ、スウェットを纏う様な半袖Tシャツと言うと雰囲気が掴み易いかもしれません。

オーバーサイズなシルエットではなく、身頃はたっぷりとしているのですが着丈はすっきりとしたボックス型。
肩線もややドロップした位置に付き、自然なナチュラルショルダーで半袖Tシャツよりも少しだけ長めの袖感。
首元は窮屈すぎないクルーネックで、癖のない纏まりのあるバランスに仕立てています。
僕自身のように、年齢が40代になって張り切って度詰めの硬く攻撃的な(笑)Tシャツに手が伸びにくいなぁっと
思っている方や型崩れし難い耐久性のカットソーをお探しの方に、丁度良く感じて頂けるのではないでしょうか。

当たり前ですが生地がしっかりと度詰めされているので、当然ながら風の抜けは良くはありません。
ですがシルエットがぴたっとした細身の作りではない為に、それなりに風が身体へは入ってきますので
余程の気温が高い日でなければ問題ないのではと思っていましたが、今日の様な太陽を見てしまうと
怖気づいてしまいそうですね。。。
生地によって長所と短所があるのはある意味で面白味にも繋がる部分。
着るタイミングや着合わせを少しずつ探っていくというのも洋服の醍醐味であり、ご自身のワードローブを
整理しながらこの夏のTシャツ選びをして頂ければ嬉しいです。
個人的に思う部分としては多少マニアックというのか、アメリカ製の野蛮なTシャツを気合いのみで
愛用してきた世代の方に特に響くのではないかと。そういった背景を知り尽くしたブランドが作るだけに
クオリティの高さと、着続けていたいという気持ちなるのは間違いないと思います。

カラーはどの色目も使い勝手が良く着回しするにも適しているので、どれを選んでも即戦力といった所。
COCOA BROWNは茶系ですが、和らかさがあって通常の茶色と比べるとより着易い印象を持ちます。
チノパンにコンバース、ベースボールギャップを合わせて、大人な空気を纏うアメカジスタイルは如何でしょうか。

color      WHITE

SIZE       3    /    4    /    5

color      BLACK NAVY

SIZE       3    /    4    /    5

残りの2色(WHITE・NAVY)は言わずもがなのカラーリング。
着ているTシャツがそろそろ買い替えのタイミングかなと思っている方や、毎シーズン1枚はフレッシュなものを
取り入れていきたいという方に、やはり何枚かを着回すのがベストだと思いますので数ある選択肢の1つとして
FilMelangeが今シーズン力を入れている”ALDERSON”はとてもお勧めです。

7月15日

CALICO    コットンサリーパッチワーク多目的布

color      インディゴ

price      38500-(TAX IN)

SIZE      150×220

昨日は久しぶりに顔を見せたお天道様でしたが、日中にはぐんぐん陽射しが強くなって
ほんの少しの時間外を歩いただけでも汗だくですし、+マスクとなると呼吸もし難くて大変ですね。
今日から30℃越えの日が続く予報に軽くくらっとしつつ、本格的な暑い夏の訪れを感じます。
暑いですが、この時期は大銀杏の木陰が最高の休憩スポットになっていまして、朝歩いてきたときも
ここで一息つくと川からの涼しい風が流れてきて本当に気持ちが良いなぁと思います。
バテそうな時は無理をし過ぎず、自分なりの涼を取り入れながらのんびり過ごしましょう。

奈良・インドを拠点とする”CALICO”から、今シーズンは衣服だけに限らずに以前から目に留めていた
バッグや布を幾つかオーダーしてみました。
インドの職人の方々の手仕事から生まれる布の世界の豊かさに、心が踊ったり和らいだりしますし
中々触れることのできないような素晴らしい素材に触れられることにも、喜びを感じます。
今回ご紹介するのはまさに、そんなCALICOの活動を表現したものの一つで、makuの工房の協力の元
ベンガルで縫製を行い作製されたサリーのパッチワーク布。
布なので用途はご自由に、如何様にもお使いいただけると思いますし、窓辺からの光を受けて
風に柔らかくたゆたう布の様子はとにかく美しいです。
現在店内でも、日よけ用のカーテンとして使用していますのでぜひご覧ください。

色は淡いインディゴとホワイトの二色展開。
仄かに藍の香りが残る藍染の布は、光が当たるとブルーの色が一層薄らいで涼し気な空気を纏います。
細かなコットンサリーのはぎ合わせのところどころには織模様が施されていて生地の色と模様のバランスでも
一点一点表情が異なります。
カーテンや目隠し布としてお使い頂いたり、サイズも大きいので壁に飾ったりベッドカバーなどにしても
お部屋の雰囲気がぐっと素敵になるのではないでしょうか。

color      ホワイト

price      28600-(TAX IN)

SIZE      150×220

陽射しの強さを和らげてくれて、尚且つ素朴で繊細なサリーの魅力を堪能できるホワイト。
色目としては正直甲乙つけ難い・・・ところですが、空間に違和感なく取り入れたいという方には
ホワイトがお勧め。韓国のポシャギのようなイメージの布を、インドで作れないだろうかと考えて
手掛けたシリーズは、古いサリーではなく新しいサリーを使用しています。
だからこそ使い始めの布の質感やボリューム、そして使い・洗いを重ねていくことで変化していく風合いを
お楽しみいただけたらと思います。身体を覆う程の大判サイズなので、もちろん羽織ったり巻いたりもOKです。

一昨年に店内の一部を改装をした際に、店内がもう少し明るくなるように自然光を取り入れたくて
窓側の半分を隠していた壁を無くしました。風の通りも採光も良くなったのですが、西日が強いので
時期によっては服を移動させたり、真っ白な布で日を除けていたのですが、サリーを窓辺に透かして
垂らす様になってから、また空間の印象が変わったように思います。
ほんのちょっとしたことで、居心地や空気、自分自身の感じ方に変化が出ているがとても面白い。
持っているといざ部屋の模様掛けのタイミングやカーテン替わりに使用しても良いのではという気持ちで
セレクトした商品。これから夏の陽射しをより気持ち良く過ごす為に。
CALICOの洋服以外の布の持つ力や奥行のある世界観をライフスタイルの中に取り入れてみては如何でしょうか。

定休日のお知らせ

明日14日(水曜日)は定休日となります。
どうぞ宜しくお願い致します。

PageTOP