9月26日

SUSURI   フルートシャツ

color    beige

price    36300-

size    4

全身筋肉痛で迎えた月曜日の朝。
昨晩のナイターで人数が足りず、泣く泣く捕手を請け負ったが為にどこもかしこもがとにかく痛い。
それでもグランドに集まって、みんなが笑顔でノックをうけたり、打球を追いかけたり、励ましあったり(笑)
からだはボロボロな分、脳は何だか逆にすっきりとしていて集中力が高まりそうです。

SUSURIはレディース中心のセレクトですが、少しずつ男性のお客様に手に取って頂ける機会が
増えてきていて嬉しい限り。サイズ4はデザイナーの齋藤さんが気持ち良く袖を通せる大きさで
ワンサイズのみの展開。そうなると誰にでもという訳にはいかないのですが、身体と生地との間に空間が
大きく取られているものが多いので、生地の落ち感だったりイメージしていたバランスに思いがけず
フィットしたりして、いつもとはまた違う世界観が広がる、そんなシャツになって頂ければ嬉しいです。

素材は昨日ご紹介したピッコロブラウスと同様にシルキータッチなコットン100%。実際はサテン。
生地の揺らぎが大きく優雅な印象。お店にセレクトをしているシャツのタッチとは微妙に異なる雰囲気に。
当たり前ですが、作り手が変われば、それが1つのモノとして形になった時に、その人に見えてくる。
SUSURIのシャツは何処にも属さないというのか、クラシックでもなく、今の時代の流れに沿っているという印象も
そこまで受けず、変な言い方をするとシャツらしくないシャツの様な存在に感じています。

くったりとしたデニムに合わせたりするのも意外性があって面白いかなと思ってみたり。
自由業というと上手く伝わるかどうか不安ですが、イメージを膨らませ人に伝えたりすることや
何かを創造したりすることを生業としている方など、控えめだけれど主張があるシャツは、
きっと着る人の個性を引き立ててくれて、そして心を穏やかに保つ様な存在になってくれる気がします。
どこか謎めいていて影があったり、自分の好きなことや世界に没頭するのが得意な人にしっくりときそう。

テールのデザインはとても特徴的。
生地がふわりゆらりと自然なカタチで振れが大きく出て、上に羽織るのはかちっとした生地よりも
柔らかなニットカーディガンとかが似合いそう。そういうニュアンス的な部分が先行してしまいますが
きっと組み合わせたら格好いだろうなと、けっこう確信を持てるぐらいその合わせをお勧めしたいです。
生地も強い部類には入らないので、アクティブに!ですとか、質実剛健のようなイメージとは異なる、
トロッとした質感や鈍い陰影を心地良く感じて頂きたい。そんなシャツです。

color    ivory

size    4

肌の色が透ける繊細なタッチだと分かる”ivory”は、より透明感を出せるカラー。
少しだけ難しさもあるのかなと思いつつも、上に組み合わせる羽織物次第で装いがクリアになる感覚があるかと。
足元はフラットな革靴が相性が良い様に思います。

旅の中で感じたことや街の景色、その場所の空気などからイメージを膨らませながら
時には、映画や本などの物語の中に描かれる、人間関係や複雑な感情をキーワードに作製される洋服。
お二人が感じた揺れ動く感情や気持ちが、そのまま洋服としてカタチになり、袖を通すときっと不思議と
行きたい場所や風景が思い浮かんでくるような気がしています。
同素材で定番でリリースされているフルッタ―パンツも入荷済みですので、またそちらは後日にご紹介を致します。

9月25日

SUSURI   ピッコロブラウス

color    beige

price    35200-

size    1

朝から陽の光がたっぷりと部屋に降り注ぎ、この日光チャンスは逃すまいと
家の全窓を開放して埃を掃き出し、空気の入れ替えが出来たので、それだけで今日は花マル。
ねこも早々に良い場所を探して、ぽかぽかを貯めていました。
一気に洗濯物を干したり、衣替えをするにも良さそうですし、散歩、ドライブにも絶好のお天気ですね。
お休みの方も、お仕事の方も良い日曜日をお過ごしください〜

肌寒さと雨と湿気な日が続いていたこともあって、店内ではカーディガンやベストなどの
さっと足せる一枚をお求めになる方も多いです。ウールのご試着も少しずつ。
今日は思わず半袖を着たとしても、着るもの以外にも、食べたり聴いたりなどの感覚が
しっかりと秋をキャッチしはじめているように、自分自身も感じます。
SUSURIの今季のコレクションも、いつも楽しみにしてくださっている方がいらっしゃって
早々に定番のかたちや、新しいかたち、どちらもお楽しみいただけるのがとても嬉しいです。
本日は、これは良い生地だ・・・と唸って、同じ生地で展開された三型がどれもよくて選んだので
他のアイテムも混ぜながら、数日に分けてご紹介していきたいと思います。

見るからに服の表面にとろみを感じるような、コットンサテンを用いたクラシカルなブラウス。
袖を通すと、肌が溶けるのでは?と、一瞬自分の感覚に戸惑うほどのしっとりとした滑らかさで
良い生地という表現ではチープに聞こえてしまいそうですが、素晴らしくもあり気持ちの良い生地でもあります。
アイキャッチにもなる、フロントの四角い釦がとても可愛らしい。
着られる際はちょっと時間がいりますが、釦に集中する手や、掛け違えてしまってあっ・・・となる瞬間も
想像するだけで、それさえも愛おしく感じてしまう。
小ぶりな立ち襟の凛とした印象を崩さずに、少しだけ空気を和らげる様な大事なパーツ。

襟元の詰まりや、内側に入る肩線や短めの着丈など、すっきりしていて小さめサイズにも見えますが
袖幅や身頃は、膨らみと緩やかな曲線で包み込んで、気付けば体が綺麗におさまっているのです。
魔法の様でもありますが、これは美しく尚且つ丁寧に考えられた繊細なパターンであるからこそ。
特に袖の大胆な膨らみは、生地分量があるものの着ていてもそこまで大袈裟に見えません。
たふっとした袖先には細かなギャザーが寄せられ、袖口は釦ではなくゴムで軽く絞っています。
少しだけ袖をたくし上げると、ボリュームの塩梅やかたちも変わるので、その時々で着方に小さな
変化を付けつつ、楽しんでいただけたらと思います。

バックスタイルはスッと背中の真ん中で接ぎ合わせ、静かな印象に見せつつも、その剥ぎの縫製や
裾の縫製には、こっそりと配色のステッチで遊びを効かせていますので、じっくりご覧ください。
お色はbeigeとivoryの二色をご用意していましたが、こちらのブラウスは現在beigeのみ。
他二型ゆったりサイズのシャツとペチパンツでは、まだ両方のお色をご覧いただけます。
何かと何かを組み合わせる服。何かの中に別の要素の何かを内包する服。
様々な”対比”をキーワードに取り組んだ、SUSURIの今季のコレクション。
真面目にそしてお茶目に、一着の中に含まれたその”対比”を、それぞれに思うままにこっそりと
感じていただけたら嬉しいです。

9月24日

HATSKI   BACK BUCKLE DENIM

color    ONE WASH

price    24200-

SIZE    0    /    1    /    2    /    3    /    4

昨日からの3連休、今日は中日ですね。雨が朝から降って湿度が高め。
張り切って出したストーブは一旦お休み、その代わり気を抜くと生乾きになりそうな洗濯物をファンヒーターで乾かす。
どっちにしても何らかのストーブは使っているので、機能性は色々とあるにせよ灯油ストーブは偉大ですね。

HATSKIから久しぶりに新しいカタチのデニムをセレクトしました。
今まで展開してきたデニムは15.6OZのウェイトのある素材でしたが、BACK BUCKLE DENIMは2オンス下げた13.6OZの
軽快な穿き心地の1本です。見た目では正直違いは分からないですが、足を入れた瞬間に全くの別物というのは
わかって頂けるはずです。
ヴィンテージの中でも年代がかなり遡る、1930年代頃の特徴的なディテールであるバックルがお尻に付き
シルエットは当時を踏襲したワイドなパターン。リプロダクトでもなく、ヴィンテージの様な色落ちや細部に至るパーツや
縫製技術を再現する様な方向性ではない、いつも通りの普段着として何も気にせずに穿けるのが個人的には良いなと
思っています。モノ自体に力強いオーラを放つものはそれはそれで好きですが、様々な洋服を手にして着てきた中で
今の生活に無理なく馴染んでいるのがHATSKIのデニムで、正直そうなるとは自分でも思っていませんでした。
毎日でもデニムを穿きたい方にも、とても心地良くフィットしてくれると思いますし、選ぶサイズや丈の長さ
靴とのバランスなど、その人自身の感覚的な部分やセンスが浮き出るところも惹かれる理由かもしれません。

HATSKIで展開しているWIDE TAPEREDのシルエットに近い感覚があります。
お尻まわりからワタリにかけて、身体を締め付ける部分がなく裾にかけて緩やかにテーパードさせて丈はスッキリと。
好みは分かれそうな雰囲気ですが、ぎゅっとしたデニムが少し疲れるなと思ったタイミングで試して頂けると
新しい感覚と締め付けのないシルエットの面白さを発見して頂ける様な気がしています。

ワンウォッシュの状態なので、当たり前ですが立体感がなくのっぺりとした見た目。
使用頻度にもよりますが、最低でも2年穿いて頂けるとほんのりと自分らしさの様な雰囲気が出てくると思います。
そこまで辿り着くかどうか。。。がデニムを穿き続ける難しさでもあり、人を魅了し続けている理由なのかもしれません。
仕事着としてデニムが大丈夫という方の、ダメージの進行具合は逆に凄いものがありますが(笑)
もし身近にそういった方がいらっしゃれば、一ヶ月くらい預けてみても良いかもしれませんね。
かくいう私も数年前まではデニムをきちんと色落ちするまで穿いたことがありませんでした。
HATSKIのデニムは既に2本、そろそろピークを超えてきているなという所まできているのを見ると
自分でも正直びっくりします。なので、バックルバッグの付いたデニムがとても気になって眠れなくなる寸前です。。。

これから季節が進んで、質の良いセーターにデニムの合わせ、もしくはフランネルなどの温かみがある素材に組み合わせて
足元はくたっとしたキャンバススニーカーを。普通な服装かもしれませんが、何処か情緒を感じたり、なんとなくでも
雰囲気が良い服装がしたいなと思い続けています。
デニムは主役でもあり脇役でもあると思うので、ある程度の年数を穿き続けてみたいと感じて頂ければ嬉しいです。

サイズ展開は0・1・2・3・4の5サイズ、フルサイズでご用意しています。
ジャストサイズで合わせるのも、そうでなくワタリやお尻周りのゆとりで決めるのも、其々が思い描くイメージ
穿き心地があると思いますので、固定観念に囚われ過ぎずに自由な発想を持ってご試着いただきたいです。

9月23日

holk     long blouse

color    olive

price    30800-

size    0 SOLD

“秋分”の日からはじまる三連休。
雨予報の中、今のところは灰色の空だけで雨もいったん止んでいます。
今週は平日にもご旅行でいらした方もいましたし、久しぶりに開催される野外イベントもあったり
お墓参りなど、お出掛けの方も多いのではと思います。
どうにか雨足が強くなりませんように!そして、くれぐれも寒暖差にもお気をつけを〜。


少し前のこと。あまりにも雨が多くて、なんだか気持ちがスカッとしない日が続いていた8月の末に
えいっと早めに手にした秋の服。手にしてからは残暑到来で、いける!と思って着てみるも汗だくで(笑)
それでも、この一着のおかげであの時浮上できたような気がするので、まだ数回しか着ていないけれど
今季の「買ってよかった」のベスト3には入れたいholkのロングブラウス。
以前ご紹介した medical shirt と同じ生地を使用していて個人的にはどちらも欲しいくらいお勧め。
あと、holkのプリントスウェットも欲しい。

オープンカラーでどことなくリラックス感が漂いますし、肩・袖・身頃もゆったりとしたシルエット。
シャツワンピースという捉え方でもいいと思うのですが、ロングブラウスと言われると確かに!と思える一着。
曲線の柔らかさと美しさを持つブラウスの着丈を長ーくして、裾にかけてはサイドスリットで可動域を広げ
目立たないところには細やかなギャザーで甘さをプラス。
前開きではなく、プルオーバータイプの仕様になっているところも、ブラウスを着るイメージに近い気がします。

ふわっ。。と膨らみの加減も絶妙で、袖口のギャザーの繊細さとカフスの微かな緩さにもぐっときました。
生地に光沢感があって上品な質感なので、しっとりと着るのももちろん素敵なのですが、そこはかとなく漂う
古着のエッセンスからなのか、バサバサっと被って袖も大胆に捲り上げて、ちょっと気怠そうに?デニムなどと
ラフな合わせで着るのもとても格好良いのではと想像したりもしています。

シックなカラーのoliveですが残暑の最中に着ていた時よりも、生地感も色目も季節とマッチしてきて
これからますます着用機会が増えそうです。
薄手でハリのあるコットン100%の生地は風を通さないので、今日ぐらい湿度が高い日はインナーはタンクトップや
ノースリーブでも快適に過ごせると思います。もしくは吸湿性に優れたインナーなどがあるとより良い印象。
重ね着をほぼせずに、一枚で気持ちよく着られる時期はとても短いので、秋のその一瞬を楽しめるように
秋服への衣替えは、出来るだけ早め早めをお勧めいたします。

color    white

price    30800-

size    0

グリーンやカーキ、ブラウンなどの柔らかで暖かみのある色や、濃いお色がやっとしっくりくるーと
思ったのも束の間、トーンの落ち着いた色が増えてくると、ブレないホワイトがかえって合わせ易くもあり
一箇所明るさがあることの良さも感じてしまうので、出口の見えないトンネルの中に入ってしまったかのよう・・・。
冬になると夏とは違ったテンションで、ほわっとした明るい色を欲してしまうのは、私だけではないはず。
北国の寒さがそうさせるのでしょうか?
真っ白ではない、この淡いどこか儚さもあるカラーwhiteも、糸をイメージの色に先染めして生地にしています。
インナーが透けそうで、そこまで透けないというところもポイントかと。

着丈はやや長めの設定となっていますが、前後の長さの違いとサイドのスリットも入ることで
そこまで重く見えないですし、小柄な方が足首がギリギリ見えるぐらいで、着ていただいても素敵です。
どうしても長すぎて動きに支障が出る場合は、お直しなども対応できますのでご相談を。
先にも書きましたが、一枚で快適に過ごせる時期はちょうど今からだと思いますし、重ね着は重ね着で
ベストやカーディガンなどを合わせたら、とても可愛いですし楽しめると思います。
これから日々刻々と深まる秋に向けて、気分高めるお洋服を探しにいらしてくださいね。

9月22日

STYLE CRAFT WARDROBE  V-SHIRCKET

color      N.BLACK

price      40700

SIZE      Ⅰ    /    Ⅱ    /    Ⅲ

台風が去ったと思ったら、急に寒くて、今朝はあまりに耐えきれずに小さいストーブを点火。
そうすると、ひょこっと隣に猫もやってきて朝からストーブの陣取り合戦になりました(笑)
日中は暖かいと思い込んでシャツ1枚で来ましたが、何となく物足りなさを感じてサンプルで置いておいた
カーディガンを羽織って過ごす1日になりそうです。

これだけ気温が低くなると何だか丁度良い羽織物があっても良さそうだと、つい先日まではリネン素材を
お勧めしていたのが、急な方向転換をしてみたりして、岩手の秋はそういうものなんだと思います。
STYLE CRAFT WARDROBEから、見計ったかのようなタイミングでV-SHIRCKETが届きました。
少しずつアップデートを繰り返しながらリリースされているVネックの羽織物。
今季の秋冬は両サイドにポケット、総裏の袖通りの良い仕様に変更。
カーディガンとジャケットの良いところを合わせて、どちらにも振れる万能さを兼ね備えています。
素材選びはいつも相当に悩ましいのですが、寒さが優ってしまえば着るものは必然的に暖かいものへ
移行するなと思い、変わりきるまでの微妙な気温に対応出来るコットンフランネルを選びました。

表地は柔らかさのあるコットン100%の目のしっかりと詰まったネル生地。
届いた時にはウールが入っていたかな。。。と思わせるほどに光沢があり、直に触れて頂ければ
良い生地だというのは一目瞭然の抜群のタッチだと思います。裏地はキュプラ100%総裏仕立て。
まだ秋の入り口なので装いも軽やかでありたいですし、そこに適度な緊張感を纏わせてくれるので
あればついつい手に取ってしまう羽織物になってくれると思います。

シャツのテールに合わせたカッティングは、タックアウトしたシャツとのバランスが心地良くマッチ。
ハンガーに掛かっているのを見ていると、とてもシンプルな洋服ですが、袖を通すと細かな部分で発見や
なるほどなぁっと感心してしまう部分が多々あって、良い意味での作り手の癖や思考が表現されています。

丁度良い羽織物は何だろう。。。というここ数年の自分自身の課題が少しずつクリアになっていく感覚があって
僕が理想として追い求めているシャツ・ロンT・更に言えばスウェットの上から堅苦しくなく着られる1枚。
STYLE CRAFT WARDROBEの洋服には、体温を微調整するお手本となるような丁度良いアイテムが幾つも存在します。
載せる素材によって着る用途は違いはあるものの、今季オーダーしたV-SHIRCKETは悩ましい温度に対して
適温を見出せるのは間違いありません。

サイズ展開はⅠ・Ⅱ・Ⅲのフルサイズでご用意しております。
着用しているモデルは178CM 体重63キロ インナーはシャツ1枚でサイズⅢで気持ちゆったりとしています。
メンズのS・M・Lの印象で間違いないと思います。

STYLE CRAFT WARDROBE  VEST♯2

color      BLACK

price      39600-

SIZE      Ⅱ    /    

ベストもリクエストを頂くことが多いアイテム。
今シーズンは素材を2種類でご用意しているのですが、先ずご紹介するのはウール100%のビーバー素材。
しっかりと目の詰まったウールで、ミドルレイヤーとしても挟むだけで保温効果は違ったものになります。
シャツ合わせも良いですが、個人的にはスウェットに合わせるのが好みな着方。
インナーダウン系のベストが主流な中で、ちゃんとした一面を見せられるという点で重宝しそうですし
人と逢うお仕事がメインの方などにも、STYLE CRAFT WARDROBEのベストは選んでいただくことが多いです。

前丈と後ろ丈とで長さに差を付けているのも特徴的なディテール。
V-SHIRCKETと同様にシャツと組み合わせた際に、テールの納まりの良さをより実感して頂けると思います。
ジャケットよりも当たり前ですが肩回りが動きやすく、体温調整もし易いのがベストのメリット。
気が早いですがコートの出番が増えるタイミングで、1枚ミドルレイヤーを重ねると空気の層が生まれて
体幹から温度が大きく変わってきます。保温効果を目的としてベストを重ねるのもお勧めです。

当分、日中はシャツ1枚で過ごせる心地良い日が続くと思いますが、あっという間に気温が低くなって
朝夕は羽織物なしではブルブルして、体調を崩してしまう。これが岩手の気候。
そして10月の半ばごろからは、ウールが手放せない時期に突入していきます。
もう1種類オーダーをしたベストの素材も店頭に並んでいますので、まだ早いなと思いつつも、ほんの少し先を
見越して、サイズが豊富なうちに丁度良い中間着を見つけて頂ければ嬉しいです。
夏のシンプルな服装から何かを羽織った時の、何とも言えない安心感とぬくもり。
汗をかきながら接客をしていたのがすでに随分と前の事に感じ、やっぱり秋は食べ物も洋服も何をするのにも
楽しい季節なのは間違いないな〜と思いながら、涼しい顔で朝から着用写真を撮っていました。

PageTOP