9月22日

STYLE CRAFT WARDROBE  V-SHIRCKET

color      N.BLACK

price      40700

SIZE      Ⅰ    /    Ⅱ    /    Ⅲ

台風が去ったと思ったら、急に寒くて、今朝はあまりに耐えきれずに小さいストーブを点火。
そうすると、ひょこっと隣に猫もやってきて朝からストーブの陣取り合戦になりました(笑)
日中は暖かいと思い込んでシャツ1枚で来ましたが、何となく物足りなさを感じてサンプルで置いておいた
カーディガンを羽織って過ごす1日になりそうです。

これだけ気温が低くなると何だか丁度良い羽織物があっても良さそうだと、つい先日まではリネン素材を
お勧めしていたのが、急な方向転換をしてみたりして、岩手の秋はそういうものなんだと思います。
STYLE CRAFT WARDROBEから、見計ったかのようなタイミングでV-SHIRCKETが届きました。
少しずつアップデートを繰り返しながらリリースされているVネックの羽織物。
今季の秋冬は両サイドにポケット、総裏の袖通りの良い仕様に変更。
カーディガンとジャケットの良いところを合わせて、どちらにも振れる万能さを兼ね備えています。
素材選びはいつも相当に悩ましいのですが、寒さが優ってしまえば着るものは必然的に暖かいものへ
移行するなと思い、変わりきるまでの微妙な気温に対応出来るコットンフランネルを選びました。

表地は柔らかさのあるコットン100%の目のしっかりと詰まったネル生地。
届いた時にはウールが入っていたかな。。。と思わせるほどに光沢があり、直に触れて頂ければ
良い生地だというのは一目瞭然の抜群のタッチだと思います。裏地はキュプラ100%総裏仕立て。
まだ秋の入り口なので装いも軽やかでありたいですし、そこに適度な緊張感を纏わせてくれるので
あればついつい手に取ってしまう羽織物になってくれると思います。

シャツのテールに合わせたカッティングは、タックアウトしたシャツとのバランスが心地良くマッチ。
ハンガーに掛かっているのを見ていると、とてもシンプルな洋服ですが、袖を通すと細かな部分で発見や
なるほどなぁっと感心してしまう部分が多々あって、良い意味での作り手の癖や思考が表現されています。

丁度良い羽織物は何だろう。。。というここ数年の自分自身の課題が少しずつクリアになっていく感覚があって
僕が理想として追い求めているシャツ・ロンT・更に言えばスウェットの上から堅苦しくなく着られる1枚。
STYLE CRAFT WARDROBEの洋服には、体温を微調整するお手本となるような丁度良いアイテムが幾つも存在します。
載せる素材によって着る用途は違いはあるものの、今季オーダーしたV-SHIRCKETは悩ましい温度に対して
適温を見出せるのは間違いありません。

サイズ展開はⅠ・Ⅱ・Ⅲのフルサイズでご用意しております。
着用しているモデルは178CM 体重63キロ インナーはシャツ1枚でサイズⅢで気持ちゆったりとしています。
メンズのS・M・Lの印象で間違いないと思います。

STYLE CRAFT WARDROBE  VEST♯2

color      BLACK

price      39600-

SIZE      Ⅱ    /    

ベストもリクエストを頂くことが多いアイテム。
今シーズンは素材を2種類でご用意しているのですが、先ずご紹介するのはウール100%のビーバー素材。
しっかりと目の詰まったウールで、ミドルレイヤーとしても挟むだけで保温効果は違ったものになります。
シャツ合わせも良いですが、個人的にはスウェットに合わせるのが好みな着方。
インナーダウン系のベストが主流な中で、ちゃんとした一面を見せられるという点で重宝しそうですし
人と逢うお仕事がメインの方などにも、STYLE CRAFT WARDROBEのベストは選んでいただくことが多いです。

前丈と後ろ丈とで長さに差を付けているのも特徴的なディテール。
V-SHIRCKETと同様にシャツと組み合わせた際に、テールの納まりの良さをより実感して頂けると思います。
ジャケットよりも当たり前ですが肩回りが動きやすく、体温調整もし易いのがベストのメリット。
気が早いですがコートの出番が増えるタイミングで、1枚ミドルレイヤーを重ねると空気の層が生まれて
体幹から温度が大きく変わってきます。保温効果を目的としてベストを重ねるのもお勧めです。

当分、日中はシャツ1枚で過ごせる心地良い日が続くと思いますが、あっという間に気温が低くなって
朝夕は羽織物なしではブルブルして、体調を崩してしまう。これが岩手の気候。
そして10月の半ばごろからは、ウールが手放せない時期に突入していきます。
もう1種類オーダーをしたベストの素材も店頭に並んでいますので、まだ早いなと思いつつも、ほんの少し先を
見越して、サイズが豊富なうちに丁度良い中間着を見つけて頂ければ嬉しいです。
夏のシンプルな服装から何かを羽織った時の、何とも言えない安心感とぬくもり。
汗をかきながら接客をしていたのがすでに随分と前の事に感じ、やっぱり秋は食べ物も洋服も何をするのにも
楽しい季節なのは間違いないな〜と思いながら、涼しい顔で朝から着用写真を撮っていました。

8月21日

STYLE CRAFT WARDROBE   CARDIGAN♯4

color    DARK NAVY

price    35200-(TAX IN)

size     Ⅰ    /    Ⅱ    /    Ⅲ

昨日から無事に社会復帰を遂げております(笑)
お盆期間中をがっちりと休んでしまったので、もしかすると帰省などで楽しみにされていた方も
いらっしゃったかなと思いつつ、自宅でポカリスエット片手に寝込んでおりました。
気温が高かったと思えば急に布団を足さないといけないくらい寒かったり、バケツをひっくり返したような
雨が降り続いたりもして、色々不安定ですが日々健やかに健康でいるのが一番ということを身に染みたお盆でした。

今日からまたBLOGもコツコツと更新していこうと思いますので、お暇な時間に覗いて頂けると嬉しいです。
何度も登場しているSTYLE CRAFT WARDROBEのカーディガン。外と室内の行き来であったり、朝と日中の気温差に対して
温度調整をする際に何を羽織るか・・・という僕自身の永遠のテーマに対して、現時点ではベストアンサーに近いのではと
考えているアイテム。デザイン・シーズン毎の素材選び・使い勝手の良さなど、色違い素材違いで少しずつでも
集めてしまいたくなる、優秀且つ完成度の高い羽織物だと思っています。

素材はコットン100%のドライな肌当たりと適度な肉感が心地良く、Tシャツの上に羽織るのはもちろんの事
ここから季節が移るタイミングで、秋がしっかりと深まるまでの繋ぎ役として大いに重宝する1枚。
自分でもなぜこんなにカーディガンのことを考えるようになったのか不思議になるのですが、何かを羽織ろうと
思った時に、今の自分がフルジップアップタイプのパーカーを着ないという事も大きな要因になるのかもしれません。
パーカーではない選択肢を考えた際に、ジャケットだとよそよそしい感じがどうしても出てしまうのと動きが制限されて
しまう点も気になり、Vネックのカーディガンは僕が理想とする、インナーにもなってアウター的な条件を満たしてくれ
服装の中でもグラデーションの幅が広く持てる。というのも好きな理由になっていると思います。

Vネックのカーディガンだからと言って、当たり前ですが何でも良いという訳ではありません。
気になる点として袖抜けが良いというのは大事にしている要素の1つ。
特にSTYLE CRAFT WARDROBEのカーディガンはラグランスリーブを採用している点と、肩から袖にかけてゆったりとした
パターンを採用しているので、脱ぎ着する際のストレスは殆ど感じさせません。
温度調整をするという事は必然的に脱いだり着たりを繰り返しておこなうので、着脱のし易さは、服選びの時
自然と手に取りたくなるかどうかの分かれ目になったりもして、シンプルに身に着けていて気持ちが良いと
感じる洋服が結局ワードローブとして残り続けるような気がしてしまいます。

8月も後半に差し掛かり、分かり易い服装から少しずつですが気温と気候をこまめにチェックしながら適温を探す日々が
11月頃までは続いてくると思います。特に盛岡は朝と夕方の温度が想像するよりも冷え込む日が多々ありますので
安心感のある羽織物は持っていて損はないはずですし、体調管理という視点でもこまめに脱ぎ着の出来るカーディガンは
きっと想像している以上に重宝するアイテムになってくると思います。
サイズ展開はⅠ・Ⅱ・Ⅲのフルサイズ展開で、性別に関係なく選んで頂けている印象を持っています。

8月8日

STYLE CRAFT WARDROBE  SHIRTS♯5

color     L×C WHITE

price     30800-(TAX IN)

size         /    Ⅲ  SOLD

今日からまた盛岡も気温が高くなる予報です。
束の間のクーラーをつけない生活の快適さと、夜風の心地良さを覚えてしまったが為に
服装も含めて悩ましい日々が戻ってきそうですが、しっかり食べて寝て体力つけて過ごしましょう。
お盆を過ぎれば秋風が吹く。という言葉よりも先に秋風が吹いてしまった盛岡の夏、そして迎えるお盆。
暑さが戻ったり涼しくなったりを繰り返しながら季節は少しずつ変わっていきそうです。

STYLE CRAFT WARDROBEから久しぶりにオーダーをした”SHIRTS♯5″と展開し続けている”SHIRTS♯4″の2型を
同じ素材で並べてみました。選んだ生地はやや肉厚なリネン54%×コットン46%の綿麻素材。
秋冬の入り口にシャツ1枚で着た際に丁度良い生地感だと思ってオーダーをしました。
だいぶ前に一度セレクトをしたことのある素材だったのですが、久し振りに見てもやっぱり良いと思えますし
またこうして年数を重ねると違ったバランスに感じるのも洋服の面白さなのかもしれません。

SHIRTS♯5は襟型はレギュラカラー・前立てがある仕様で左胸にポケットが付きます。
シルエットは身頃が大きくとられたボックス型、襟はややワイドに主張が強すぎない大きさに設定。
同ブランドのSHIRTS♯1もレギュラーカラーですが、それとは全く雰囲気の異なるシャツだと思います。
僕の中の解釈では、STYLE CRAFT WARDROBEの中ではややワークシャツ寄りに作成されている印象があるのですが
想像するワークシャツとは違って背筋が伸びてきちんと見える所が、このブランドの一貫している共通部分です。

着用サイズⅢで、身頃から生地が離れて着れる印象です。
透け感は全く無いと言っていい素材で、表面はツルンとし糸の質の良さを伺える肌当たり。
しっかりと度詰めされていて、気温が低くなったタイミングでニットカーディガンを合わせたいシャツです。
そして一回りしてなのか分かりませんが、襟の大きさが大振りではない普通のレギュラーカラーが気になっています。

STYLE CRAFT WARDROBE  SHIRTS♯4

color     L×C WHITE

price     29700-(TAX IN)

size     Ⅰ    /    Ⅱ    /    

こちらは展開をし続けているデザインの”SHIRTS♯4″
首元はややスタンドで前立てはステッチを入れただけのミニマムながらも存在のあるバンドカラーシャツ。
サイズⅢが完売してしまったので、妻に着て貰いましたが性別に関係なく選んで頂けている印象があります。
シャツらしいシャツとは良い意味で違う空気を纏っていると僕は解釈しているのですが、女性が着てみたいと
思い浮かべる、細部のディテールに寄り過ぎない適度な距離感がこのシャツにはあるのではないかと。
実際に、程好く緊張感がありつつも日々の日常生活を送る上で気持ち良く袖を通せて
また、ちゃんとした姿に映る部分も微かにあって欲しいというところでお求めになってる方もいます。
ワードローブにあると心強い味方になってくれるシャツだと思います。

袖口のカフスは細く設定されていて、捲り易さに繋がったり、何処となく馴染み易い印象があるのは気のせいでしょうか。
特に何かを重ねた際にカフスが大き過ぎると妙に気になってしまうので、今の気分としては着心地が良いディテールの
1つになっています。釦を留めずにいてもリラックスしたムードで、それも様になるのも良いなと感じています。
STYLE CRAFT WARDROBEのシャツは毎シーズン素材と選ぶデザインを変えながら、自分のイメージする着こなしや
気分に合わせながら提案し続けていきたいと思いますので、偶然出逢ったり、リピートして同じものを集めたり
其々のライフスタイルにマッチするものがご提案出来れば嬉しいです。

8月1日

STYLE CRAFT WARDROBE   SHIRTS♯4

color     satin gray

price     27500-(TAX IN)

SIZE     Ⅰ    /        /    Ⅲ

今日から8月がスタート。
早起きもしたし、月初めのお参りに行こうと張り切って朝早く来たのですが、何だかんだしているうちに
タイムオーバー。明日もう一度出直して桜山神社に行き、帰り道に六月の鹿でコーヒーを飲むという
いつものコースで朝をスタートしようと思います。。
そして何年かぶりのさんさ時期での営業という事で、普段と変わらないと思いますが、お店張り切って開けています!!
今日1日(月)と2日(火)の二日間は、お近くにお越しの際はお立ち寄りください。
こちらのお知らせもご確認おねがいいたします。

STYLE CRAFT WARDROBEから春夏にオーダーをしていた製品の最終便が届いています。
SHIRTS♯4はすっきりとしたバランスの中に、主張する部分と景色に馴染むような感覚のある
スタンドカラータイプのシャツで、私服でも人と接するお仕事をされている方だったりが
素材違いで交互に取り替えながら着てくださっている印象を持っています。
素材もどちらかとえいば繊細な糸でやや緊張感がプラスされて、ラフになり過ぎないというのがポイント。
日常着の中にも自分の中でのオンとオフを分けて着るとイメージした際に、グラデーションに奥行があって
どちらにでも振ることの出来る万能さを持ち合わせていると思います。

素材はコットン100%のサテンと呼ばれる表面に光沢と滑らかさを兼ね備えた生地。
やや繊細な一面を持ち合わせていますが、真夏の余程暑い日でなければ風が抜けて気持ち良いと思います。
あくまで目安ですが30度に届かない位の日に着たいなと思う1枚。

色目も落ち着いたチャコールグレーで、黒に近いニュアンスだと思います。
秋の入り口で黒のぱりっとした質感のパンツに組み合わせたりしたら格好良さそうですし、ベージュ系のチノなどで
リラックスしたムードに振るのもお勧めです。素材感からしても、あまり何かを重ねて着るというよりも
シャツ単体で着る方が、生地の柔らかさから生まれる振れなどの繊細さを実感して頂けるのではないでしょうか。

残り1型はこちらも定番のCARDIGAN♯4のBLACK NAVYも店頭に届いています。
お盆が過ぎて吹く風が少し涼しくなりましたらご紹介しようと思っていますが、何を着ようか迷う日に手に
取りたくなる素材感と色目です。
新作は多くリリースされないのですが、素材違い・色違いを何枚も持っていたくなるのがSTYLE CRAFT WARDROBEの
一番の魅力だと思います。それだけ1つ1つのアイテムの完成度、素材選びが毎シーズンどれも魅力的で
日々の生活のリズムに心地良いメリハリと彩りを加えてくれる存在になると思います。

7月10日

STYLE CRAFT WARDROBE  T-SWETER1/2♯2

color      TOP GRAY

price      18700-(TAX IN)

SIZE       Ⅱ    /    Ⅲ

今日は気温が久し振りに30度に届かない予報が出ている盛岡。
いつもの様に洗濯物を干して部屋を掃除し、お弁当の準備をすると、昨日まででしたら一度シャワーを浴びないと
汗でびっしょりでどうにもならなかったのですが、浴びずにそのまま着替えてお店に来ることが出来ました。
このくらいの気温だと、身体にも負担が掛かり過ぎずに集中力も持続出来そうな気がしています。

STYLE CRAFT WARDROBEから定番アイテムとして展開をし続けている”T-SWETER ♯2″が届きました。
デザインが2種類あるのですが、♯2は肩の仕様がラグランスリーブになっているタイプ。
個人的にはラグランスリーブの袖の落ち感が好みで、袖の長さは大よそ肘が隠れる6分~7分丈位でしょうか。
袖、裾には同素材で切り替えされていて、Tシャツとスウェットの丁度中間くらいのバランスに組み立てられています。
アクティブな服装というよりも何処か落ち着いた雰囲気があって、カットソーですが上品なイメージがプラス。
今季選んだ素材は”high gauge 天竺”と呼ばれる中肉よりもやや薄手の目の詰まったコットン100%の気持ち良い素材。
色は3色展開で”TOP GREY” ”TOP CHARCOAL” ”BLACK”とどれを選んでも間違いない色目だと思います。

シルエットは全体的にはリラックスしたムードですが、素材に使われている質の良いコットンと
崩し過ぎず適度な緊張感を併せ持ったカットソー。
カットソーでラフに見え過ぎないというのがT-SWETERの持つ強みでもあり、何シーズンもセレクトし続ける理由。
日々の服装に関してある程度メリハリを持たせたコーディネートを好んでされている方がシーズン毎に素材・色違いで
リピートされている印象を強く持っています。僕もあるのですが今日は何となくシャツは着たくないなと言う日に
ラフなTシャツだと気分が乗らないタイミングで、気持ちを保ててしっかりと穴を埋めてくれる存在になると思います。
何をもって丁度良いというのか、言葉としてはざっくりとした表現ですが、色々な側面から見て丁度良いカットソー。
困った時の頼りになる、そして何よりも大事に着続けたくなる一枚だと思います。

真夏の炎天下で過ごすには袖の長さなどを考慮すると、それはそれでまた違う服装があるのかなと思うのですが
30℃前後で長時間、外で過ごさなければ十分に対応出来ると考えています。
特にクーラーの効いている室内などははりきった半袖よりも、袖がある服装の方が安心感があって気持ち良く過ごせると
思っているのですが、これだけ暑さが厳しくなると夏の服装は真冬と同様に本当に難しいなと日々試行錯誤しています。
お盆を過ぎたあたりから秋物へと完全に移行する間の期間も想像するよりも長かったりするので、そういったタイミングにも
出番が多くなると思っています。

color      TOP CHARCOAL

price      18700-(TAX IN)

SIZE      Ⅱ    /    Ⅲ

身体のラインを拾わずに、生地全体が奇麗に落ちるようなカットソーなので袖を通して頂ければすっと馴染んでいく
感覚を持って頂けるはずです。選んだサイズは今回はⅡとⅢの2サイズ。
サイズⅡで普段Mサイズ位を好んで着られる方、サイズⅢはLサイズ~XLサイズ位まで対応出来ると思います。
ここ数年でサイズに対する考え方は柔軟になってきていると感じていますが、固定観念を持ち過ぎずに
気持ち良く袖を通せるバランスのモノを選んで頂きたいです。

color      BLACK

price      18700-(TAX IN)

SIZE      Ⅱ    /    Ⅲ

色々なカットソーに袖を通してきましたし、これからも変わらずに試し続けると思うのですが
年齢を重ねるにつれて選ぶものの基準が少しずつ変化をしてきているのも自分の中では面白いなと感じています。
今は完全にOFFの休日に着るようなリラックス出来る、良い意味で気の抜けたもの。
それとは別に仕事と出張などに行く際にも着られる、何処か背筋が伸びるような感覚のあるカットソー。
自分の中にしかない気持ちのメリハリのスイッチみたいなものを持ちながら、服装を選ぶようにしています。
無数にある選択肢の中からお気に入りのTシャツを見つけ出すのは、相当に骨が折れる作業だと思いますが
STYLE CRAFT WARDROBEのT-SWETERは、人と洋服との距離感がとても優れた1枚だと思っています。

PageTOP