9月16日


STYLE CRAFT WARDROBE  T-SWEATER♯2

color     NAVY

price     18000+TAX

SIZE      Ⅰ    /    Ⅱ    /    Ⅲ

color     TOP GREY

SIZE      Ⅰ    /    Ⅱ    /    Ⅲ

今日は3連休の最終日。昨日とは打って変わっていつも通りの街の静けさを取り戻しています。
カレンダーを見返すと今週末も同様に3連休だったんですね・・・秋の行楽シーズンには持ってこいですね。
まだ日中の気温が高いので、秋物の洋服に気持ち良く手が伸びる所まではいっていないのですが最低気温と
最高気温の差が日を追う事に広がりなりそうなので、少しずつ秋服の準備をしても良いかもしれません。
STYLE CRAFT WARDROBEからrasikuでは毎シーズン提案している”T-SWEATER”が届いております。
今シーズン選んだ生地はスーピマコットンで作製されたミニ裏毛の生地。
超長綿らしいつるりとした肌触りとストレスを感じない着心地は、日常着として欠かすことの出来ない存在になるはずです。
“T-SWEATER”に関しては、毎シーズン生地違いと素材違いでリピートして下さるお客様がいて
毎日でも袖を通したくなるような着心地と、お洗濯にもタフに対応出来る素材の良さが、買い足したくなる
理由に直結しているように思います。
カラーは”NAVY”と”TOP GREY”の2色をご用意致しました。


一切装飾のないシンプルなクルーネックのスウェット。
独自の空気感と存在感があるのは”STYLE CRAFT WARDROBE”ならではの秀逸なパターンと選ぶ素材の良さがあってこそ。
クルーネックのスウェットと言うとアメカジライクなモノを想像しがちですが、それとは全く別の雰囲気を纏っていて
良い意味でカジュアルに振り過ぎない適度なバランス感が気に入って着ている理由。
アメカジよりなスウェットはそれはそれの良さがあるのですが、同じスウェットだとしても気分で使い分けながら着ると
コーディネートの幅が出て着合わせが面白くなるはずです。


肩のラインはラグランスリーブを採用。可動域の広さを確保すると共に肩線を気にせずに着れるメリットがあるので
肩幅などを気にされる方には特にお勧めしたいディティールでもあります。
度詰めで中肉の生地感は型崩れの心配も少ないですし、長時間着ていてもストレスになり難いので休日にリラックスして
本を読んだり映画を観たり、だらしない服装にならずに心も身体も気持ち良く過ごしたい日にお勧めです。
グレーはやや明るめで杢がかった色目、ネイビーは濃紺と思って頂いて間違いありません。
どちらも其々に良さがあって、使い勝手に関しては同じくらい汎用性が高い色目になるのではないでしょうか。
季節的にも革靴を取り入れ易い気候になってくるので、黒や茶系のカジュアルな革靴をさらりと合わせると
全体が引き締まる印象になり、”T-SWEATER”のゆったりとしたシルエットや素材の持っている良さを引き出してくれる
アイテムになってくれるはずです。バッグはつるりとしたナイロン素材もしくはレザーのバッグを合わせて頂けると
雰囲気抜群なイメージに仕上がると思います。


上質な素材を使いながら、日常着として適したバランスとカタチに落とし込んでいる”STYLE CRAFT WARDROBE”の
洋服は自然と袖を通したく気持ちにさせてくれます。肩の力を抜いて気張らずに、けれど服装に気を配る事を忘れていない
自分が気持ち良く過ごすための「道具」にも似た感覚の役割を果たしてくれる洋服になってくるのではないでしょうか。
色違いで毎日でも着たくなる雰囲気を持ち合わせたカットソーを、是非ワードローブに加えてみては如何でしょうか。
今シーズン選んだ生地も抜群に心地良く秋と春のどちらの季節にも対応出来る肉感なので、とてもお勧めです。
何を着ようかと迷った時の強い味方になってくれると思います。是非。

9月7日


STYLE CRAFT WARDROBE  SHIRTS♯6

color     OFF WHITE

price     25000+TAX

SIZE       Ⅰ    /    Ⅱ    /     Ⅲ

外の空気はまだ湿気を多く含んでいて身体にじわりと纏わりつき、まだ心地の良い気候とまではいきませんが
それでも店内は少しずつ、秋冬らしい温かみのある素材の洋服が並び始めています。
rasikuでは毎シーズン提案をしている”STYLE CRAFT WARDROBE”のシャツ。
シーズン毎に展開するデザインを変えてきましたが、今シーズンは新たにリリースされたプルオーバータイプの
スタンドカラーをセレクト。プルオーバーなので前開きタイプよりもゆったりとしたシルエットですが、
それでもきりっとした表情で一切のストレスを感じない着心地の良さが光る1枚。
生地に選んだのは、スーピマコットンを微起毛させたコットンネルのナチュラルカラー。
どうしても色のトーンが落ち着く季節だからこそ、明るい色目は本格的な秋冬の洋服へ移行する時期に
ワードローブの隙間を埋めてくれる存在になるのではないでしょうか。


衿元は小さなスタンドカラーで、フロントの釦は全部で4つ付きます。
前開きよりも着易さであったり使い勝手の部分は多少落ちてしまいますが、たっぷりと身頃をとっているので
脱ぎ着のストレスが殆ど無く、被りのシャツにしか出せないテールの雰囲気が気に入っています。
もし重ね着をする際にはゆったりとしたシルエットのコートや、カーディガンなどを組み合わせると
プルオーバーの特徴を活かした着こなしが出来ると思います。


起毛させた素材はチェックのネルシャツを代表するようにカジュアルな印象が強くなりがちです。
デザイナーが厳選して選んだ生地は表面の毛足がとても短く、コットンの中では高級綿と位置付けされている
アメリカ原産のスーピマコットンを使う事で、超長綿ならではの光沢感があって品の良さを実感して頂けるはずです。
首元のスタンドカラーも、トップ釦を締める事できりっとした表情に見える点も好みなディティールです。


裾のラウンドした形状も特徴で、動いたり歩いたりすると振れが大きく出るのも”STYLE CRAFT WARDROBE”の
シャツに共通するディティールで、機能的なデザインがプラスされている事もついつい手に取って着てしまう理由。
日常着としての機能性と見た目のバランスの2つの落とし所が見事にマッチしていて、お洗濯もそこまで気を使わずに
洗ってを繰り返せる点も、僕自身のライフスタイルに溶け込む重要な要素だったりします。


年齢を重ねるにつれて、昔に着ていたような素材やデザインを着ようと思った時に無理に着ている感じであったり
今の着たいと思える雰囲気に合わなかったりする事が段々と増えるようになってきました。
年相応ではないですが、自分自身の生活のリズムやバランスに合うものを何気なく身に着けているとそれだけで
心地が良く感じますし、背伸びをし過ぎずに好きなものを自由に身に着ける事の楽しさや感覚を
“STYLE CRAFT WARDROBE”の洋服に袖を通す度に思います。
盛岡のような古い町並みと綺麗な川が流れる場所に、力みのない自然体でいられる装いはとてもマッチすると
思いますし、シャツに袖を通してただ川沿いなどを散歩するだけでも、なんと気持ちの良よいことか。
旬な食べ物と同様に”素材”でも”色”でも、少しずつ秋らしく感じるモノを取り入れながら過ごすのもお勧めです。
新しいシャツも素晴らしい仕上がりですので、是非店頭で袖を通して頂きたいです。

7月11日


STYLE CRAFT WARDROBE   T-SWEATER1/2

color      DARK NAVY(DRY 天竺)

price      15000+tax

SIZE          /       /     SOLD

color      OFF WHITE(DRY 天竺)

price      15000+tax

SIZE          /    Ⅱ   /    Ⅲ

color      MID NIGHT(SUPIMA 鹿子)

price      16000+tax

SIZE          /       /    Ⅲ

STYLE CRAFT WARDROBEの″T-SWEATER″
rasikuで展開を始めてから毎シーズン欠かさずにオーダーを重ねてきたアイテム。
着用する方の個性を引き立たせてくれるような存在で、ゆったりとしたサイズ感と着心地なのですが
決してルーズには見せずにきちんとした雰囲気に感じる不思議なバランス感。
素材の良さに加えて独自のパターンによるシルエットの綺麗さが丁度相まって、見た目にも品の良さが
感じられるカットソー。
季節ごとに毎回素材や色など、自分の気分で良いなと思ったものを展開してきましたが、春夏・秋冬どちらからの
シーズンで1枚購入して下さった方がリピートして下さるケースが沢山あって、素材や袖の長さの違うものを
一枚、もう一枚と少しずつ買い足していただくことがとても多いカットソーでもあります。
一度袖を通すとストレスを一切感じない身体を包み込むような着心地は、今まで着てきたカットソーとは
また違う新たな発見と驚きがあると思います。


今シーズンはドライ天竺の生地を色違いで2色と、夏の暑い気候に風が心地よく抜ける鹿子素材の3つをご用意しました。
其々に良さがあるのですが、シーズンを長く着たいと思う方は″ドライ天竺″がお勧めで、逆に夏の暑い季節に涼しく
過ごしたい思う方は″鹿子″が気持ちよく過ごせます。
見た目の印象として少し難しいシルエットに感じる方もいらっしゃるかと思いますが、袖を通すと全く印象が変わると
思いますので、可能な限り店頭で袖を通してイメージとのギャップもそこを越える良さも、肌で実感していただくのが
一番いい体験になると思っています。


これはあくまでも僕個人の主観ですが、今時期の服装として下手なシャツを選ぶのであれば″T-SWEATER″を
着ている方が雰囲気良く見えると思います。特にスーピマコットンを用いた鹿子素材は、超長綿特有の表面に
光沢があり客観的に見た際に爽やかで品の良いカットソーに映ります。


袖と裾に切り返しをいれていますが、テンションがきつくないので全体がするりと落ちるようなシルエットを構築。
肩線は身頃から直線的な位置に付いていますので、ドロップしたショルダーラインになります。
袖は肘が完全に隠れるくらいの6分丈に設定。この袖丈が他ではあまり見かける事がなく、所謂ふつうの半袖とは
全く別物と言える見え方になるので、夏場の服装のマンネリやだらしなさを防いてくれると共に、きちんとした服装を
心掛けるという事を確認出来る1枚になってくれるはずです。


袖丈の長さが絶妙な丈なので、これから秋口までジャケット類のインナーとして合わせるのも◎
袖と裾の切り替えしが良いアクセントになりますし、僕自身もワークジャケットやミリタリージャケットの
インナーとして合わせるのが好みで、見た目以上使い勝手や汎用性の高さを感じて頂けると思っています。
毎シーズン、分からないくらいのミリ単位で微妙に修正をしながらリリースされている″T-SWEATER″
デザインと着心地の2つのバランスを追求し続けるデザイナーだからこそ、シルエットや着心地に魅了されて
リピートされる方が多く、支持され続けているのだと感じています。
なかなか自分の納得出来るカットソーに出逢える機会は、そう多くはないと思いますので
是非一度お試し頂きたいです。

6月30日


STYLE CRAFT WARDROBE CARDIGAN♯4

color     DARK NAVY

price     30000+tax

SIZE        /      /    SOLD

color     MID NIGHT

price     32000+tax

SIZE        /   Ⅱ   /    SOLD


毎シーズン欠かさずに展開をし続けている″STYLE CRAFT WARDROBE″が作るカーディガン。
この1枚があればカーディガンを探す必要がなくなる・・・と思わせてくれるくらい完成されたデザインだと思います。
今シーズンは、しっかりと目の詰まった型崩れの心配がない天竺素材とドライなタッチで夏場でも活躍する鹿子素材の
2種類でご用意しました。深すぎないVゾーンはカットソー・シャツどちらにも相性が良く、身頃・袖周りをゆったりと
させたパターンは、袖通りがとにかく良いのでインナーとの相性を気にせずに着られる点が汎用性の高さに繋がります。
天竺素材はある程度厚みのある生地感ですので、春先・秋口にかけてが一番活躍すると思います。
鹿子素材は、通気性が良いので初夏から秋口くらいまでが気持ちよく袖を通せるのではないでしょうか。


袖口・裾のリブは細く設定をし、テンションは入れずにそのままストンと落ちるようなシルエットを構築。
全体に程よい落ち感が生まれて、何処にもストレスの掛からない身体全体を包み込むような着心地で
一度袖を通すと忘れられなくなってしまうくらい、他のカーディガンにはない独特なバランスに仕上げています。
特徴的なディティールとして、前身頃のみに裏地を貼り合わせる事によって着用した際にふっくらとして
平面的ではなく立体感のあるシルエットを作り出しています。


肩口はラグランスリーブを採用しているので可動域が広く、脱ぎ着の際に一切のストレスを感じません。
カーディガンは様々な素材とデザインの種類がありますが、STYLE CRAFT WARDROBE CARDIGAN♯4は
どちらかと言えばジャケットの様な感覚で羽織って貰う方がデザインをより活かせると思いますし
ブロード素材のシャツなどと組み合わせる事で、ちょっとした食事会や畏まった場などでも重宝するはずです。
素材に関してもスーピマコットンを使用した鹿子素材は、超長綿ならではの表面に光沢があり肌当たりが滑らかで
梅雨時期の湿気があり肌寒さを感じる時に、風が身体を心地よく抜けて蒸れずに気持ち良く着て頂けると思います。
日中は半袖や七分袖で過ごせていても朝と夕方にカットソー1枚では物足りない時に、ちょっとした羽織を
バッグの中に入れて持ち歩くと安心感がありますし、この時期の羽織はなかなか良い物に巡り合えないと思うので
一張羅ではないですが、質の良いカーディガンを持っているだけで出掛ける際にあれこれと悩まずに済むはずです。


シンプルなアイテムほど、長く着れて着回しが利くというのが条件になってくると思います。
そういった条件をしっかりとクリアしているカーディガンだと思いますし、ワードローブの中心になる1枚で
お手持ちのカットソーやシャツの着こなしの幅を広げる役割も果たしてくれるはずです。
羽織物として下手にジャケットなどを探すのであれば、個人的には質の良いカーディガンを持っている方が
普段着として汎用性も高くなるでしょうし、想像以上に様々な場面で着れる機会がきっとあるはずです。
様々なメーカーの展示会でカーディガンを見る機会がありますが、STYLE CRAFT WARDROBE CARDIGAN♯4くらいに
見た目と着心地のバランスのとれたものを見つけるのは難しいと思っています。
是非実際に袖を通して実感して頂けたら嬉しいです。

6月9日


STYLE CRAFT WARDROBE   SHIRTS♯4

color      TATTERSALL

price      24000+TAX

SIZE          /        /     SOLD

color      ROYAL BLUE

price      23000+TAX

SIZE      Ⅰ    /    Ⅱ    /    Ⅲ

昨日はお昼過ぎに少しだけお店を抜け出し、ちょうど市役所の前を通る″チャグチャグ馬コ″の行進を初めて
目の前で見る事が出来ました。
あでやかな装飾を纏った馬と鈴の音。馬には小さなお子さんが乗っていて沿道にいる人へ向けて手をふる姿は、
とても可愛らしくて、毎年見に行きたいと思える素晴らしい文化であり風習だと感じました。
今日は朝から気持ちの良いスカッと晴れた気候で、シャツやカットソーを1枚で着て出掛けると丁度良さそうです。
STYLE CRAFT WARDROBEのシャツは毎シーズン素材を変えながらオーダーをし続けているアイテムで
今シーズン選んだ生地は渋い柄が特徴の張り感の強いタッタソールと、透けるくらい薄手の鮮やかなブルーの2色。
カタチはゆったりとしたシルエットで首元がバンドカラーになっている″SHIRTS♯4″を選びました。
″ROYAL BLUE″は夏場でも着れるくらい薄手の生地なので、爽やかな色目も相まってこれからの季節に重宝するはずです。


STYLE CRAFT WARDROBEの洋服は、全体的にリラックスした大人な雰囲気が漂います。
ポケットなどが一切ないシンプルなデザインで、素材感や独特のパターンをどう着こなすのかを楽しめる洋服です。
タッタソールはアメリカ原産の高級綿として知られているスーピマコットンを使用、ブルーの生地はエジプト原産の
ギザコットンとどちらにもコットンの最高峰と言われている素材を贅沢に使用しています。
肌当たりが滑らかで、どちらの生地も表面にうっすらと光沢があり見ただけでも素材の良さが伺えます。
袖を通すと一切のストレスのない着心地、シャツを着ている事を忘れてしまうくらい身体のどの部分にも負荷の
掛からない作りになっています。リラックスした気持ちで着ているのにも関わらず、見た目はきちんとした
装いに見える点が特徴で、単純にゆったりとしたシルエットとも違う、他では見かける事がないシャツだと思います。


裾のラウンドは綺麗な曲線を描きます。
カフスは細く設定をして、良い意味でシャツらしいディテールを削ぎ落しているようにも感じます。
何かを重ねて着るイメージよりも、1枚で合わせた際に存在感があって、合わせるパンツや靴は
極力シンプルにと思わせてくれる、洋服としての完成度の高さも″STYLE CRAFT WARDROBE″の魅力に感じます。
穿き込まれたお気に入りのデニムやチノパンに、さらりと合わせるだけで十分だと思います。


自分自身でも生地違いで買い足しをし続けているシャツの1つで、普段は勿論ですが旅行や出張に行く際にも
必ず持っていく洋服にしています。着ていてストレスなく着れる点と食事などに行く際に、ある程度きちんとした
服装をという気持ちでいるので、そういった場面にも重宝しています。ドレスシャツ程堅苦しくなく
カジュアルなシャツともニュアンスが違う、デザイナー自身が着たいと思えるものだけを厳選し落とし込まれた
オリジナリティ溢れる1枚に仕上がっていると思います。何度も入荷をしていますがいつ見ても美しいシャツです。

PageTOP