10月5日


STYLE CRAFT WARDROBE  SHIRCKET♯1

color       BROWN TWILL

price       28000+tax 

SIZE           /        /    Ⅲ

昨日から旧石井県令邸でスタートしました「entwine
初日から沢山のバイヤーやお店の方に足をお運び頂きました。
天候も丁度良く、出展者の方にも気持ち良い盛岡の気候を感じて頂けるのでほっと肩を撫で下ろしています。
今日からは一般の方も入場可能で作り手の方から直接商品を購入する事も可能ですので
中津川沿いを散歩しながら、是非足をお運び頂けたらと思います。

今季の春夏でリリースされたSTYLE CRAFT WARDROBEの新作ジャケット″SHIRCKET”
シャツとジャケットの丁度間をとったデザインで、堅苦しくなり過ぎずにさらりと羽織る事が出来ます。
寒暖差のある季節に、まだコートは早い気がするし何を羽織ったらという時に重宝するアイテム。
ラペルがあるので、インナーにシャツやタートルネックなどを合わせてきちんとしたスタイルも演出出来ますし
あえてスタンドにしてカバーオールの様に着崩すのもお勧めです。
今シーズン選んだ素材は、コットン100%のブラウンの色目が奥深い裏起毛素材。
保温性があるので冬場はインナーとしても活躍しますし、肌あたりも良いのでついつい手にとってしまいそうです。
今回はトップスとパンツでセットアップでも着れるようにご用意を致しました。
どちらも単品で着ても格好良いですし、いつもと雰囲気を変える為に上下で揃えてみるのも良いのではないでしょうか。


フロントの釦は3つ。
左胸にパッチポケットが1つ付きますが、通常のジャケットとの大きな違いとして左右にポケットが付きません。
癖でポケットに手を入れたくなってしまいますが、無い事で表情がよりすっきりとミニマムに映ります。
機能性も大事な要素ですが、機能だけに捉われてしまい美意識が薄くなってきてしまうのは
デザインであったりパターンなどの面白味を失ってしまう要因の1つかもしれません。
裾は緩やかなラウンドで、身頃に絞りが入らないので直線的なシルエットを描きます。
身体に沿うようなバランスではなく、洋服と人との間に空間が生まれるデザインでゆとりを楽しんで頂きたいです。
人によっては、この余ったように感じる空間が苦手という方もいるかもしれませんが、少しずつ慣れてくると
洋服を着る幅がぐっと広がりますし、自分が思い込んでいるサイズの基準が変わるきっかけになるかもしれません。


ラペルはノッチドラペルを採用し、小振りにしているので着る人を程良く惹き立てるカタチと大きさ。
カフスはシャツカフスで、インナーにシャツなどを合わせた際にはくるりとロールアップすると綺麗に納まります。
腕と袖周りはゆったりと設定しているので、これからの季節はセーターなども着る事が出来ますし
厚みのあるものを着たとしてもストレスにならない作りになっています。
動きを制限されにくい洋服は、袖を通した時よりも年数が経てば経つほどに良さを実感出来ますし
年齢を重ねても無理をせずに着れるというのも、最近は選ぶ基準の1つとしてより重要な気がしています。


色目は複雑に色が混じり合って出来たている″ブラウン″なので、奥行きがあります。
今シーズンは茶系の色目が気になり様々セレクトしましたが、全体のトーンを落として渋く着熟して頂きたいです。
シンプルにデニムやチノなどに合わせて、天気の良い日は足元はスニーカーで軽さを出すも良いですし
季節がより深まれば、黒の革靴や茶のスウェード靴などクラシックなバランスで合わせるのも◎です。
色を意識した着方をしてみるのも、また違った楽しみがあるかもしれません。

STYLE CRAFT WARDROBE  PANTS♯5

color       BROWN TWILL

price       24000+tax 

SIZE       Ⅰ    /    Ⅱ    


同素材を用いた定番でリリースされ続けている、膝からしたがきつくテーパードしたシルエットの″PANTS♯5″
ウエスト周りをわざと大きく設定し、ベルトで絞って穿く事によって出せるラインが特徴的なパンツです。
誰にでも好まれるというタイプではないですが、一度穿くと不思議と病み付きになる考え抜かれシルエットで
見た目のウエストの大きさだけで判断してしまうと、手に取り難いパンツかもしれません。


ウエスト・お尻周り・ワタリ幅はゆったりとしていますが、裾の細さとのギャップが面白いパンツです。
普段ベルトをしない男性の方も多いかもしれませんが、ベルトをする事で穿けるパンツの幅はぐっと広がりますし
パンツのシルエットを変える事で、トップスの着こなしにも面白味が増すと思います。
このパンツに限らずですが、ウエストを絞って穿く事でシルエットが良く見えたり、自分では想像出来ずに
気づかなかった洋服の奥深さに気付く事があるはずです。
僕自身も正直、最初の頃は抵抗感がありましたが穿いているとシルエットの心地良さであったり
穿きこなせる種類や幅が大きく変わるきっかけになった1本です。


バックスタイルは大き目のパッチポケットが左右に2つ付きます。
5ポケットパンツのようでもあり、見方によってはトラウザーにも見える捉え所がない感じが良さでもあります。
穿き熟すというよりも穿き慣れるまでは、多少の時間が掛かるもかもしれませんが新しい感覚を得られる
パンツだと思いますので、是非挑戦して頂ければ嬉しいです。

9月4日


STYLE CRAFT WARDROBE    T-SWEATER♯2

color         NAVY BLACK

price         16000+tax 

SIZE             /        /     SOLD

color         GRAY 

SIZE         Ⅰ    /        /    Ⅲ

まだ雨は降っていないものの、どんよりとした厚い雲が空一面を覆ってきました。
何だか心も身体もじっとりとした重さを感じる一日になりそうです。
空気の中にしっかりと湿度を感じるので、張り切って長袖を手にしようとは思えないのですが、
秋の入り口にお勧めしたい長袖が届いています。
STYLE CRAFT WARDROBEが毎シーズン素材を変えながら作り続けている″T-SWEATER”
今シーズン選んだ素材はアメリカの高級コットンと位置付けされているスーピマコットンを使用した1枚。
生地表面に品の良い光沢があり、ゆったりとしたシルエットながらもラフになり過ぎずに大人がきちんと着れる
絶妙な落としどころのカットソーに仕上げています。
自分自身も含めてですがリピートして買い足して下さる方が多く、一度袖を通すと素材の着心地の良さは勿論の事
カットソーの概念を覆すくらいのストレスを一切感じない独自のパターンに気付いて頂けるはずです。


首元はすっかりと詰まったクルーネック。
肩はラグランスリーブを採用し、袖と裾に切り替えしの細めのリブが付きます。
身頃がゆったりとしていますが、決してオーバーサイズという作りな訳ではありません。
カットソーを着ているのですが、少し背筋が伸びる様な感覚さえあります。
無理・無駄を最大限に取り除き、それでいてブランドらしさをきちんと表現した素晴らしいアイテムだと思います。


裾と袖に付いたリブのテンションが程よく設定されていて、少し腕まくりが出来るくらいのゆとりを持たせています。
カットソーに関しては、ちょっとした事で着心地の良さなどに直結する事が多く、実際に着てみて分かる事も多いのですが
T-SWEATERは、生地の選び方や1つ1つのディティールが絶妙なバランスで作製されています。
シンプルなアイテムですが、着ているとカットソーの奥深さに気付けたり着方を考えたりする事のきっかけになるくらい
色々な事にはっとさせられる要素が詰まっています。
サイズの選び方に関しては、今までの固定概念を無くしてどれくらいの余裕を持たせて着たいかというシルエットを重視した
選び方がお勧めです。


お気に入りのカットソーを見つけるのは、簡単そうに見えて案外見つからないと思っています。
例え気に入ったものが見つかったとしても、色違いや同じ商品を買い換えたいと思ったとしても作り手の側が
同じ製品を作り続けるかどうかも分かりませんし、巡り合わせや時の運とも言えば良いのでしょうか・・・
カットソーに関しては、そういった事を強く思ってしまいます。
STYLE CRAFT WARDROBEのT-SWEATERは、細かなディティールをアップデートしながら作り続けれていて
シーズン毎に素材違いなどもリリースされるので、rasikuでは提案をし続けたいと思うアイテムの1つです。
カットソーの種類をある程度お持ちの方には、新鮮に感じて頂けると思いますし、1枚でサマになるので
季節の変わり目にとても重宝するはずです。
是非サイズが揃っているうちにお試し頂ければと思います。

8月11日


STYLE CRAFT WARDROBE   CARDIGAN♯4

color       NAVY

price       30000+tax 

SIZE           /        /     SOLD

今日からお盆休みという方も多いのではないでしょうか。
実家に帰ってご家族と過ごされる方やお墓参りへ出掛けたり、どうぞ大切な人とゆったりとした夏のひと時を
お過ごしくださいね。rasikuはお盆休み期間中は、通常定休日の15日(水曜日)もOPENしていますので、
タイミングが合う方、近くにお越しの際にはお立ち寄り頂ければ幸いです。
STYLE CRAFT WARDROBEから、毎シーズン少しずつ細かなディティールをバージョンアップしながらリリース
され続けているカーディガン。探してみると中々良いなと思えるのが見つからないのがカーディガンだったりします。
コットンニットなどであれば、ある程度選択肢が増えるのですが、カットソーで探すとなると素材やパーツが
少し安っぽく見えてしまったり、自分自身が着たいと思うものが見つかり難いアイテムの1つです。


素材にはアメリカの高級綿とされるスーピマコットンを使用し、鹿の子に仕立てたカジュアルなカーディガンですが、
表面には艶があり、どこか洗練された上品な仕上がりに。
″STYLE CRAFT WARDROBE″らしい身体に負荷の掛からないような独自のパターンに生地の雰囲気がマッチしています。
ディティールの特徴としてVゾーンの設定が浅いので、カットソーと組み合わせた際に首元が変にいやらしく見えません。
身頃・アームホールがゆったりとした作りで、インナーにオックス素材などのシャツを着ても袖通りが良く着用する際の
ストレスがありません。汎用性が高く気軽に羽織れるというのもカーディガンに求められる要素だと思っているので、
そういった条件をしっかりと満たしてくれる1枚になると思います。
お洗濯も気を使わずに洗えて、素材自体が軽いので、冷房が効きすぎた車内や室内に対応する羽織りとして
持ち歩くというのも良いのではないでしょうか。持っていると出番の多いカーディガンになるはずです。
春秋の両季節に対応出来る生地感で既にサイズがⅢのみですが、サイズが合う方には是非袖を通して頂きたいです。


左右にハンドウォーマーポケット、大ぶりな釦が5つ並びます。
肩はラグランスリーブを採用し、可動域をしっかりと確保し着脱のし易さにも繋がっています。
ゆったりはしているのですが、オーバーなシルエットにならないのも魅力に感じる部分で
良い意味で自分が思っているサイズの概念や着方、選び方を変えてくれる洋服だと思っています。
個人差はあるかもしれませんが、STYLE CRAFT WARDROBEの洋服に袖を通しているうちに
自由な発想力や感覚が芽生えてきたり、今までとは違う心地良いと感じる着方や落としどころが
きっと見えてくるはずです。僕自身も色々な影響を日々受けながら洋服と向き合っていますが
洋服ならではの、ある種の凝り固まった固定概念を変えるきっかけになったブランドでもあります。
何となくな流行に乗るよりも、自分にしか出せない着方や組み合わせを楽しんで貰えたら嬉しいですね。


今日の日中は暑くて、羽織物などは一切要らない気候ですが盛岡はお盆を過ぎると秋風が吹くと言われています。
もう朝と晩は、涼しくて爽やかな風が身体に心地良く感じる日が増えてきている様に思います。
Tシャツにちょっとした羽織りものを着て、気持ち良く感じる気候が僕は一番好きです。
その時期はとにかく一瞬で過ぎ去ってしまうので儚くもあるのですが・・・だからこその良さもあります。
羽織の種類は素材違いや形の違うタイプのものを枚数持っていても、困る事はないと思いますので
カーディガンは選択肢の中の1つとしてお勧めです。
サイズが限られてしまっているので、体型に合いそうな方がいましたら是非袖を通しにいらしてください。
お待ちしております。

7月21日


STYLE CRAFT WARDROBE    T-SWEATER1/2

color       OFF WHITE  

price       14000+tax 

SIZE           /        /    Ⅲ
※サイズⅢのみになっております。

今日は高校野球岩手県大会の準決勝が2試合行われています。
BLOGを書きながら気になる試合速報をチェックしつつ、母校の試合日程を確認したりと忙しない。
まだまだ、これからが夏の本番です。
STYLE CRAFT WARDROBEから春夏・秋冬と毎シーズン提案をしているカットソーが届いています。
肘が隠れるくらいの5分袖に袖と裾にリブが付いた、身体に生地が纏わりつき難く独特のシルエットが癖になる1枚。
程良く厚みのある生地は、1枚で着た際の存在感が抜群で、自宅で普通に洗濯しても型崩れし難いのも良いですし、
カジュアルなTシャツ一枚でいる時よりも、どことなく大人っぽい空気を感じられるところも好みです。
品の良さというのか、だらしなく感じさせないのがポイントで、仕事でも着れるという方にはユニフォームの様に
好んで着て頂けているのも、何だか頷けます。
カットソーと言えども、何を求めるかで選ぶ物は変わってくると思うのですが、このカットソーに関しては
また一味違って、アパレルの枠を越えた切り口で作られているので、今までに感じた事のない着心地とデザインを
体感して頂けるはずですし、マンネリしがちなこの時期にはピッタリなアイテムだと思います。


カラーは真っ白ではなく生成がかった白で、白が苦手という方にも手が出しやすい色目だと感じます。
肩は少しドロップした位置で、袖口と裾のリブがデザインとしても良いアクセントになり
生地はしっかりとした度詰で肉厚なボディですが、ただ厚くて固さがあるだけでなく
しなやかさも持ち合わせている点が、着心地の良さに繋がっていると思います。


首元はしっかりと詰まったクルーネック。
裾と袖のリブは窮屈な設定ではなく、″程良く緩く″なバランスに仕立てられています。
商品名にある通り″T-SWEATER″という名前なので、リブなどのディティールはセーターにも似た感覚で
僕もT-SWEATERを着ている日は、カットソーを着ているというよりも半袖のサマーセーターを着ている気分です。
綺麗な印象のトップスに対してパンツは軍パンなどの土っぽい雰囲気に合わせるのが好みで
足元はビルケンのサンダルを合わせるのが、何だかんだで一番しっくりきます。
リラックスした雰囲気ですが、何処かきちんと見せてくれる部分があるのが良いなと思っています。


様々な種類のカットソーがある中で、どんな場面で着るかによってある程度の選択肢を持っておく方が良いと思います。
アクティブに遊ぶのか、食事に行くのか、お子さんを連れて公園に行くなど、様々な場面があると思いますが
どれも同じものではなく、素材感やシルエットなどで使い分けをするとカットソー自体も長持ちしますし
暑い夏こそ気持ちの面でもメリハリが出てお勧めです。
サイズⅢのみになりますが少し大きめに着るのも良いと思いますので、是非店頭でお試し頂ければと思います。
毎シーズンアップデートを繰り返していますが、何度見ても着ても素晴らしいカットソーです。

6月26日


STYLE CRAFT WARDROBE   SHIRTS♯2

color       L.BLUE  

price       22000+tax 

SIZE       Ⅰ    /        /        

color       BLACK  

price       24000+tax 

SIZE       Ⅰ    /        /    Ⅲ  

STYLE CRAFT WARDROBEより今シーズンオーダーしましたシャツが全て店頭に揃いました。
先ずご紹介するのは、首元はバンドカラーで裾のテールの形状に特徴がある″SHIRTS♯2″
張りと厚みのある鮮やかな色目の″L.BLUE″と、透ける様な薄さの″BLACK”の2色をセレクトしています。
ブルーに関しては夏場の暑い日には風が抜けにくいのでお勧め出来ませんが、通年を通して活躍する1枚です。
もう一色のブラックはアメリカ原産の最高級綿と位置付けられている美しい艶のあるスーピマコットンを使用。
とても薄手ですが、張りと強さがしっかりとあり風が服地を通り抜け、身体をさらりと撫でるので涼しくて
湿気が気になるこれからの季節には適した素材です。
今まで夏に黒を着るという事が殆ど無かったのですが、最近は何だか黒の淡々と落ち着いた雰囲気も渋くて、
格好良いなと思っております。
人の感覚や感性は時間の経過や様々な人や物との出逢いによって影響され少しずつ変わっていくものと思います。
その時、その時で自分が感じた事をそのまま素直に表現する事で新たな感覚に巡り逢えるのかもしれませんね。


シャツと身体との間に生まれる空間をどう着るかが、STYLE CRAFT WARDROBEの面白さだと思っています。
単純に大きく作っているという訳ではなく、足し引きのバランスであったり削ぐところは削いで、
けれどゆったり見せたりなど、絶妙な部分を調整しているので袖を通すと不思議に納まりが良く
1枚で着た際の存在感が抜群です。作り込みがしっかりとしたシャツらしいシャツも好んで着ますが
それとは違うシルエットと着心地の良さがあります。
僕自身も様々なシャツに袖を通してきましたが、色々と着る中で日々自分がその日起きて身体の調子や天気、
その日の予定や誰に逢うかに合わせて、心地よいと感じるものを選びながら着れる事がより洋服を楽しめると思いますし、
一辺倒にならずに柔軟にいる事が大切ではないでしょうか。


左胸には片玉縁ポケット、裾のラウンドが緩やかでなく角度をつける事で独特の表情を生み出します。
基本的にはタックアウトでの着用がお勧めで、無駄を無くした洗練されたエッセンスとエッジの効いたディティールとが
上手に組み合わさった″STYLE CRAFT WARDROBE″ならではのシャツだと思います。
僕自身は軍物などの土っぽいワイドなパンツに組み合わせるのが好みですが、着合わせに関してはモードな雰囲気であったり
綺麗目な合わせも挑戦して頂ける懐の深さを感じる1枚です。
プレーンなシャツですが、立体感のある表情に見えるのは縫製技術の高さや素材選び、計算されたパターンが
あるからこそで、rasikuに並んでいるシャツの中でも一際存在感を放っています。


夏場でも殆ど半袖を着る事がないので、長袖で気持ち良く過ごせる素材感の良いものに出逢えると嬉しくなってしまいます。
半袖のTシャツも良いのですが、タンクトップに風の抜ける薄手のシャツを羽織る方が体感温度が涼しく感じます。
アクティブに屋外で動いたりする場合にシャツは選ばないと思いますが、室内にいる事が多かったり
食事や人と逢う日の服装として、夏場でも長袖のシャツという選択肢を1つ持っておくのも良いのではないでしょうか。
夏らしい商品は少ない店内ですが、夏を気持ち良く過ごせる洋服はありますので是非お試しください。

PageTOP