11月9日


STYLE CRAFT WARDROBE   VEST♯2

color       NAVY NEP

price       29000+tax

SIZE       Ⅰ    /    Ⅱ    /    Ⅲ 

最低気温と最高気温が一桁になるような週間天気予報。
昨日は灯油を購入をしたり、自分達の洋服の衣替えをしたりして、一歩ずつ着実に冬への準備を済ませています。
考えずとも暖かな素材のニットや巻物、コート類にも自然と手が伸びる様になってきました。

STYLE CRAFT WARDROBEから昨年は展開の無かったベストですが、今季はラインナップにあったので嬉しく
ウール×コットンの深みのあるネイビーの素材でセレクトをしました。
程好い首元のVゾーンの開きとしっかりと着丈の長さがあるベストは、シャツと組み合わせてもテールの長さを
気にせずに着れるのがポイントでカットソーとも相性が良く、これからの季節はミドルレイヤーとして重宝する1枚。
シンプルなデザインですが、ニ枚仕立てという事もあり保温性も高く存在感が際立つ作りのベストだと思います。
個人的にもベストを良く着ているので好みのモノを探すのですが、着丈のバランスや素材感、クラシックな雰囲気に
振り過ぎて丈が短かったりなど、なかなかイメージに合うと思えるが見つからなかったりします。
先日ご紹介しましたnisicaのもそうですが、シャツと組み合わせた際の全体の納まりの良いものを厳選して選んでいます。


STYLE CRAFT WARDROBEの作るベストは、革靴にスラックスを合わせてもサマになる様な印象を受けます。
素材はウール68%・コットン32%の混紡素材を使用し、裏は黒のキュプラを張り合わせています。
色目は単色のネイビーという訳ではなく、幾つもの複雑な糸がミックスされていて立体的な表情。
フロントの釦は全部で5つで、シャツを合わせた際にはタックインしても良いでしょうし、タックアウトで
ラフな着方をしてもどちらにも違和感なく対応出来ると思います。


ハンドウォーマーポケットとは言いませんが、スリット式のポケットが左右に付きます。
前丈と後丈で長さを変えているのも特徴的。
シャツのテールは後の丈が長いものが殆どなので、このベストを組み合わせた際にレイヤードが綺麗に見えるはずです。
1つ1つのディティールはとてもシンプルですが、計算された作りというものをSTYLE CRAFT WARDROBEの洋服を
着用をすればする程に、感覚的にも視覚的にも理解出来る瞬間が幾つもあって、それが服を着る面白さや自分にとって
様々な刺激になるのは間違いありません。
ベストは春夏に比べて秋冬シーズンの方が圧倒的に活躍する場面が多くあると思いますので、今まで着たことの無い方や
試してみたいと思う方には、良い時期だと思いますのでお手に取っていただけたら。


保温性を保つ為には、そのモノ自体が暖かいというのも重要ですが、空気の層を幾つも作ると保温効果がより高まります。
シャツやカットソーの上からベストを重ねてコートやジャケットを着ると体感温度は大きく変わりますし着こなしに
関しても程よいアクセントが生まれます。ベストを合わせる事で着難かったシャツにも手が伸びる事もあるかもしれませんし
様々な相乗効果が期待出来るのではないでしょうか。

STYLE CRAFT WARDROBE   JAKET♯3

color       NAVY NEP

price       45000+tax

SIZE       Ⅰ    /    Ⅱ    /    Ⅲ 


今シーズンは同素材で、定番で作り続けられているJACKET♯3もご用意致しました。
ベストとの2ピースでの着用もイメージが膨らみましたので、素材をウール×コットンに統一しての展開。
ジャケット単体でもベストだけで着用してもどちらも十分な雰囲気があるのですが、たまにはセットアップなど
着方にアレンジを加えるのも洋服の醍醐味だと思っています。
肩肘を張らずにカーディガンの様に羽織る事の出来るジャケットは、身頃に絞りがなくボックス型のシルエット。
程好い緊張感を保ちながらも心地良く袖を通す事が可能で、堅苦しく見えないのと長時間着ていても疲れにくく
何処に行くにも恥ずかしくないジャケットだと感じています。



ラペルは軽く設けていますが、写真の様にスタンドにして着用するのも可能。
個人的にはこれくらいのラペルの方が気軽に手に取り易いと思いますし、日常使いでカジュアルを考えるとインナーとの
合わせもそこまで考える必要がなくなるので、手に取る回数が自然と増えるのではないかと思っています。
仕立ては2枚でベストと同様にキュプラの生地を合わせています。
滑りの良い生地を組み合わせる事によって、ミドルゲージのニットくらまででしたら合わせても問題ないでしょうし
肩や腕周りもゆったりとした設定ですので、インナーとの相性を気にせずに着る事が出来るのもジャケットを選ぶ上での
大きな要素の1つになるのかもしれません。


バックスタイルは控え目にサイドにスリットを入れる事で、ボックス型を崩し過ぎない最小限のディティールに。
ポケットは左右に大きなハンドウォーマーポケットを完備し、内ポケットなどは一切ありません。
袖口はスリットで釦が1つ付きます。もし少し長さを感じる場合は一折して着るのもありだと思います。
ドレススーツのジャケットの作りとは大きく異なりますが、重厚になり過ぎない所が逆に新鮮で良かったりもします。


STYLE CRAFT WARDROBEの作るジャケットは毎日カジュアルな服装をする方にとっては勿論ですが、
普段スーツでお仕事をされたりしている方でも、休日に出掛ける際にもジャケットを羽織りたいと思えくらいの
着心地と汎用性の高さを兼ね備えているのは、袖を通せば実感して頂けると思います。
年齢を重ねれば重ねる程に、ある程度きちんとした服装を心掛けつつも着ている本人が気持ち良く過ごせるのは
とても重要。街歩きにも丁度良いでしょうし車移動が中心の方であれば冬でも対応が出来るのではないでしょうか。
ベストとジャケット、どちらも素晴らしい作りですので冬を心地良く過ごす為の洋服を選んで頂きたいです。

10月28日


STYLE CRAFT WARDROBE  T-SWEATER♯2

color    NAVY

price    20000+tax

SIZE        /    Ⅱ    /    Ⅲ

color    GRAY

SIZE        /        /    Ⅲ

昨日に引き続きSTYLE CRAFT WARDRROBEの商品をご紹介します。
春夏・秋冬と素材を変えながらリリースされている”T-SWEATER”
ストレスを感じさせない独自のパターンから生まれる絶妙なシルエットと抜群の着心地の良さは、一度着ると
忘れられなくなる感覚があり、rasikuではシーズン毎に素材違いや色違いで買い足して下さる方が多い逸品です。
秋の始めにスーピマコットンのミニ裏毛のタイプを紹介させて頂きましたが、朝夕の冷え込みが厳しくなってきた
絶好のタイミングでウール素材も入荷。昨年までセレクトしてきた生地は、ウールジャージーという伸縮性に
富んでいたものでしたが、今季は雰囲気を変えて表面が少し起毛した圧縮ウールをセレクト。
ジャージーと比べると伸縮性は劣りますがぎゅっと目が詰まっているので保温効果に優れた素材になります。
スウェットと同様の感覚で着れるセーターは日常着として気を使わずに手を伸ばす事が出来、休日にリラックスして
過ごしたい方などに、清潔感があって何処に出掛けてもきちんと見える服装が出来るのは嬉しいのではないでしょうか。


シルエットは身頃がゆったりとしているのに対して、着丈はすっきりとした長さに設定。
最初着たときは大き目な印象を持ちますが、ルーズさとは全く違う、意図的に出されたシルエットですので
時間の経過と共に馴染んでくる感覚があります。
袖口と裾は切り替えの処理が施されています。リブではなく切り替えにする事で、セーター全体に統一感が増して
テンションに窮屈な印象が一切なく、着心地の部分でのプラスαに繋がっているディティールだと思います。


肩はラグランスリーブを採用。
可動域の広さと生地のドレープが綺麗に見える部分で、ラグランスリーブのカットソーやセーターを探すと
なかなか見つかり難く、服装に対して動き易さを重視する方には特にお勧めです。


着心地を最も左右すると言っても良い軽さ。
圧縮のウールを用いているのでとても軽く、長時間着用した際のストレスも殆どないと思います。
軽い重いとは別に、見た目の軽やかさも”STYLE CRAFT WARDROBE”の素材選びとパターンとが相まって
生まれる特徴と言えます。セーターに対する概念や感覚が変わるかもしれない1枚ですので、とてもお勧めです。


カラーは”NAVY”と”GRAY”の2色展開。どちらの色目も深くて渋い色味です。
セーターには様々な種類が存在しますが、気合を入れ過ぎずに袖を通せるのは一番の良さだと感じています。
普段穿きなれている様なお気に入りのデニムやチノパンなどにシンプルにさらりと合わせるだけで十分に良い雰囲気に
なると思いますので、選択肢の中の1つとして如何でしょうか。

10月27日


STYLE CRAFT WARDROBE  PANTS♯5

color    SLATE

price    27000+tax

SIZE    Ⅰ    /    Ⅱ    /     SOLD

盛岡市で初めてとなる「盛岡シティマラソン」が今日の9時からスタートしました。
いつもより少し早めに出勤をし準備を済ませて公会堂前(2キロ地点)でスタンバイして応援しました。
トップの集団はあっという間に通過。程なくして走る家具屋ことHolZの平山さんも発見!
この大会の為にやってきた家族は見つける事ができませんでした・・・。
当たり前ですがフルマラソンにこんな沢山のランナーが参加している様子にビックリしました。
街中を駆け抜けて橋を幾つも渡り、横目には岩手山。
走ることで盛岡という街並みの良さを改めて知るきっかけにもなりそうですね。

秋冬物でオーダーをしていた商品の入荷も残すところ僅かになりました。
色々と選択肢があって洋服を選ぶにはとても良い時期ですので、お気に入りの1枚を探しにいらして下さい。
STYLE CRAFT WARDROBEから定番のパンツとして作り続けられている”PANTS♯5″が入荷をしております。
今シーズン選んだ生地は、ナイロン生地で有名なイタリアのリモンタ社で作製しているコットン100%のツイル生地。
ナイロン専門とてっきり思っていたのですが、コットン素材もまた素晴らしいです。
中肉でしっかりとした張りとぬめり感のある素材は通年を通して活躍する汎用性に富んだ生地を使用。
ウエストをわざと大きく設定し、ベルトでぎゅっと絞った時に出るシルエットは今まで触れたことのない新たな感覚を
感じて頂けると思います。デザイナーが好んで穿いていたリーバイスのデニムをモチーフに形に落とし込んだパンツは
穿き始めは慣れない方もいらっしゃるかもしれませんが、時間の経過と穿き込む程に癖になるパンツです。


フロントはボタンフライで、股上の長さを深く設定。
腰で穿く感覚ではなくウエストの高い位置でベルトを絞って、そこから少し落ちた位置にパンツが引っ掛かかると
お尻回りからワタリにかけてゆったりとしたシルエットが自然と出る様に設計されています。
サイズ感に関しては其々に好みがあるのでジャストサイズで・・・という方もいらっしゃると思いますが
あまりにも固定概念にとらわれ過ぎずに、今まで手にしてきたものとは違う感覚や感性着方もあるんだというのを
このパンツを穿いた時に僕自身も気付かされました。


バックポケットを含めて全部で4つのポケットが付きます。
両脇は巻き縫いで、強いミシンで縫製する事によりパッカリングが生まれてパンツ自体に表情が出ています。
ワークウェアとはまた違った良さを感じる部分で、シンプルでクリーンな雰囲気に強さが加わった印象を持っています。
ベルトループも通常のパンツ(6個)よりも2つ多く付けられているので、ウエストに溜まりが出来るのを防ぐ役割を
果たしてくれます。ただ大きなウエストのパンツを穿くのとは違う、きちんと計算されたシルエットですので無理がなく
すっきりと納まる印象があります。


身長178CM 体重65キロ 着用サイズⅢ になります。
太腿から膝にかけてはゆったりとしていますが、お尻回りはそれに比べると平面的な作りだという事が分かります。
膝から裾にかけては急なテーパードをかけてメリハリのあるシルエットを構築。
裾の処理はすっきりと短くカットするか、折り返して穿く場合には溜まりが大きく出来過ぎない程度に
ロールアップするのがお勧めです。


選んだカラーSLATE(灰色)はチャコールグレーに似た色合いで深さと渋みを併せ持っています。
あえて色味を統一させた着こなしもお勧めで、羽織物はブラックやウール素材のグレーなどを組み合わせる事で
より雰囲気が増して、季節感も演出出来るのではないでしょうか。


トップスに合わせたセーターもSTYLE CRAFT WARDROBEの秋冬商品になので、それはまた明日紹介をさせて頂きます。
ベーシックなパンツをある程度お持ちの方には特にお勧めしたい1本です。
当たり前にサイズを選ぶという事に対して、今までとはまた違った考え方が出来るきっかけになると思いますので
是非店頭でお試し頂ければと思います。

9月16日


STYLE CRAFT WARDROBE  T-SWEATER♯2

color     NAVY

price     18000+TAX

SIZE      Ⅰ    /    Ⅱ    /    Ⅲ

color     TOP GREY

SIZE      Ⅰ    /        /    

今日は3連休の最終日。昨日とは打って変わっていつも通りの街の静けさを取り戻しています。
カレンダーを見返すと今週末も同様に3連休だったんですね・・・秋の行楽シーズンには持ってこいですね。
まだ日中の気温が高いので、秋物の洋服に気持ち良く手が伸びる所まではいっていないのですが最低気温と
最高気温の差が日を追う事に広がりなりそうなので、少しずつ秋服の準備をしても良いかもしれません。
STYLE CRAFT WARDROBEからrasikuでは毎シーズン提案している”T-SWEATER”が届いております。
今シーズン選んだ生地はスーピマコットンで作製されたミニ裏毛の生地。
超長綿らしいつるりとした肌触りとストレスを感じない着心地は、日常着として欠かすことの出来ない存在になるはずです。
“T-SWEATER”に関しては、毎シーズン生地違いと素材違いでリピートして下さるお客様がいて
毎日でも袖を通したくなるような着心地と、お洗濯にもタフに対応出来る素材の良さが、買い足したくなる
理由に直結しているように思います。
カラーは”NAVY”と”TOP GREY”の2色をご用意致しました。


一切装飾のないシンプルなクルーネックのスウェット。
独自の空気感と存在感があるのは”STYLE CRAFT WARDROBE”ならではの秀逸なパターンと選ぶ素材の良さがあってこそ。
クルーネックのスウェットと言うとアメカジライクなモノを想像しがちですが、それとは全く別の雰囲気を纏っていて
良い意味でカジュアルに振り過ぎない適度なバランス感が気に入って着ている理由。
アメカジよりなスウェットはそれはそれの良さがあるのですが、同じスウェットだとしても気分で使い分けながら着ると
コーディネートの幅が出て着合わせが面白くなるはずです。


肩のラインはラグランスリーブを採用。可動域の広さを確保すると共に肩線を気にせずに着れるメリットがあるので
肩幅などを気にされる方には特にお勧めしたいディティールでもあります。
度詰めで中肉の生地感は型崩れの心配も少ないですし、長時間着ていてもストレスになり難いので休日にリラックスして
本を読んだり映画を観たり、だらしない服装にならずに心も身体も気持ち良く過ごしたい日にお勧めです。
グレーはやや明るめで杢がかった色目、ネイビーは濃紺と思って頂いて間違いありません。
どちらも其々に良さがあって、使い勝手に関しては同じくらい汎用性が高い色目になるのではないでしょうか。
季節的にも革靴を取り入れ易い気候になってくるので、黒や茶系のカジュアルな革靴をさらりと合わせると
全体が引き締まる印象になり、”T-SWEATER”のゆったりとしたシルエットや素材の持っている良さを引き出してくれる
アイテムになってくれるはずです。バッグはつるりとしたナイロン素材もしくはレザーのバッグを合わせて頂けると
雰囲気抜群なイメージに仕上がると思います。


上質な素材を使いながら、日常着として適したバランスとカタチに落とし込んでいる”STYLE CRAFT WARDROBE”の
洋服は自然と袖を通したく気持ちにさせてくれます。肩の力を抜いて気張らずに、けれど服装に気を配る事を忘れていない
自分が気持ち良く過ごすための「道具」にも似た感覚の役割を果たしてくれる洋服になってくるのではないでしょうか。
色違いで毎日でも着たくなる雰囲気を持ち合わせたカットソーを、是非ワードローブに加えてみては如何でしょうか。
今シーズン選んだ生地も抜群に心地良く秋と春のどちらの季節にも対応出来る肉感なので、とてもお勧めです。
何を着ようかと迷った時の強い味方になってくれると思います。是非。

9月7日


STYLE CRAFT WARDROBE  SHIRTS♯6

color     OFF WHITE

price     25000+TAX

SIZE       Ⅰ    /        /     

外の空気はまだ湿気を多く含んでいて身体にじわりと纏わりつき、まだ心地の良い気候とまではいきませんが
それでも店内は少しずつ、秋冬らしい温かみのある素材の洋服が並び始めています。
rasikuでは毎シーズン提案をしている”STYLE CRAFT WARDROBE”のシャツ。
シーズン毎に展開するデザインを変えてきましたが、今シーズンは新たにリリースされたプルオーバータイプの
スタンドカラーをセレクト。プルオーバーなので前開きタイプよりもゆったりとしたシルエットですが、
それでもきりっとした表情で一切のストレスを感じない着心地の良さが光る1枚。
生地に選んだのは、スーピマコットンを微起毛させたコットンネルのナチュラルカラー。
どうしても色のトーンが落ち着く季節だからこそ、明るい色目は本格的な秋冬の洋服へ移行する時期に
ワードローブの隙間を埋めてくれる存在になるのではないでしょうか。


衿元は小さなスタンドカラーで、フロントの釦は全部で4つ付きます。
前開きよりも着易さであったり使い勝手の部分は多少落ちてしまいますが、たっぷりと身頃をとっているので
脱ぎ着のストレスが殆ど無く、被りのシャツにしか出せないテールの雰囲気が気に入っています。
もし重ね着をする際にはゆったりとしたシルエットのコートや、カーディガンなどを組み合わせると
プルオーバーの特徴を活かした着こなしが出来ると思います。


起毛させた素材はチェックのネルシャツを代表するようにカジュアルな印象が強くなりがちです。
デザイナーが厳選して選んだ生地は表面の毛足がとても短く、コットンの中では高級綿と位置付けされている
アメリカ原産のスーピマコットンを使う事で、超長綿ならではの光沢感があって品の良さを実感して頂けるはずです。
首元のスタンドカラーも、トップ釦を締める事できりっとした表情に見える点も好みなディティールです。


裾のラウンドした形状も特徴で、動いたり歩いたりすると振れが大きく出るのも”STYLE CRAFT WARDROBE”の
シャツに共通するディティールで、機能的なデザインがプラスされている事もついつい手に取って着てしまう理由。
日常着としての機能性と見た目のバランスの2つの落とし所が見事にマッチしていて、お洗濯もそこまで気を使わずに
洗ってを繰り返せる点も、僕自身のライフスタイルに溶け込む重要な要素だったりします。


年齢を重ねるにつれて、昔に着ていたような素材やデザインを着ようと思った時に無理に着ている感じであったり
今の着たいと思える雰囲気に合わなかったりする事が段々と増えるようになってきました。
年相応ではないですが、自分自身の生活のリズムやバランスに合うものを何気なく身に着けているとそれだけで
心地が良く感じますし、背伸びをし過ぎずに好きなものを自由に身に着ける事の楽しさや感覚を
“STYLE CRAFT WARDROBE”の洋服に袖を通す度に思います。
盛岡のような古い町並みと綺麗な川が流れる場所に、力みのない自然体でいられる装いはとてもマッチすると
思いますし、シャツに袖を通してただ川沿いなどを散歩するだけでも、なんと気持ちの良よいことか。
旬な食べ物と同様に”素材”でも”色”でも、少しずつ秋らしく感じるモノを取り入れながら過ごすのもお勧めです。
新しいシャツも素晴らしい仕上がりですので、是非店頭で袖を通して頂きたいです。

PageTOP