7月11日


STYLE CRAFT WARDROBE   T-SWEATER1/2

color      DARK NAVY(DRY 天竺)

price      15000+tax

SIZE          /    Ⅱ   /    Ⅲ
※サイズⅡのみ後日入荷します。

color      OFF WHITE(DRY 天竺)

price      15000+tax

SIZE      Ⅰ    /    Ⅱ   /    Ⅲ

color      MID NIGHT(SUPIMA 鹿子)

price      16000+tax

SIZE      Ⅰ    /       /    Ⅲ

STYLE CRAFT WARDROBEの″T-SWEATER″
rasikuで展開を始めてから毎シーズン欠かさずにオーダーを重ねてきたアイテム。
着用する方の個性を引き立たせてくれるような存在で、ゆったりとしたサイズ感と着心地なのですが
決してルーズには見せずにきちんとした雰囲気に感じる不思議なバランス感。
素材の良さに加えて独自のパターンによるシルエットの綺麗さが丁度相まって、見た目にも品の良さが
感じられるカットソー。
季節ごとに毎回素材や色など、自分の気分で良いなと思ったものを展開してきましたが、春夏・秋冬どちらからの
シーズンで1枚購入して下さった方がリピートして下さるケースが沢山あって、素材や袖の長さの違うものを
一枚、もう一枚と少しずつ買い足していただくことがとても多いカットソーでもあります。
一度袖を通すとストレスを一切感じない身体を包み込むような着心地は、今まで着てきたカットソーとは
また違う新たな発見と驚きがあると思います。


今シーズンはドライ天竺の生地を色違いで2色と、夏の暑い気候に風が心地よく抜ける鹿子素材の3つをご用意しました。
其々に良さがあるのですが、シーズンを長く着たいと思う方は″ドライ天竺″がお勧めで、逆に夏の暑い季節に涼しく
過ごしたい思う方は″鹿子″が気持ちよく過ごせます。
見た目の印象として少し難しいシルエットに感じる方もいらっしゃるかと思いますが、袖を通すと全く印象が変わると
思いますので、可能な限り店頭で袖を通してイメージとのギャップもそこを越える良さも、肌で実感していただくのが
一番いい体験になると思っています。


これはあくまでも僕個人の主観ですが、今時期の服装として下手なシャツを選ぶのであれば″T-SWEATER″を
着ている方が雰囲気良く見えると思います。特にスーピマコットンを用いた鹿子素材は、超長綿特有の表面に
光沢があり客観的に見た際に爽やかで品の良いカットソーに映ります。


袖と裾に切り返しをいれていますが、テンションがきつくないので全体がするりと落ちるようなシルエットを構築。
肩線は身頃から直線的な位置に付いていますので、ドロップしたショルダーラインになります。
袖は肘が完全に隠れるくらいの6分丈に設定。この袖丈が他ではあまり見かける事がなく、所謂ふつうの半袖とは
全く別物と言える見え方になるので、夏場の服装のマンネリやだらしなさを防いてくれると共に、きちんとした服装を
心掛けるという事を確認出来る1枚になってくれるはずです。


袖丈の長さが絶妙な丈なので、これから秋口までジャケット類のインナーとして合わせるのも◎
袖と裾の切り替えしが良いアクセントになりますし、僕自身もワークジャケットやミリタリージャケットの
インナーとして合わせるのが好みで、見た目以上使い勝手や汎用性の高さを感じて頂けると思っています。
毎シーズン、分からないくらいのミリ単位で微妙に修正をしながらリリースされている″T-SWEATER″
デザインと着心地の2つのバランスを追求し続けるデザイナーだからこそ、シルエットや着心地に魅了されて
リピートされる方が多く、支持され続けているのだと感じています。
なかなか自分の納得出来るカットソーに出逢える機会は、そう多くはないと思いますので
是非一度お試し頂きたいです。

6月30日


STYLE CRAFT WARDROBE CARDIGAN♯4

color     DARK NAVY

price     30000+tax

SIZE        /      /    SOLD

color     MID NIGHT

price     32000+tax

SIZE        /   Ⅱ   /   Ⅲ


毎シーズン欠かさずに展開をし続けている″STYLE CRAFT WARDROBE″が作るカーディガン。
この1枚があればカーディガンを探す必要がなくなる・・・と思わせてくれるくらい完成されたデザインだと思います。
今シーズンは、しっかりと目の詰まった型崩れの心配がない天竺素材とドライなタッチで夏場でも活躍する鹿子素材の
2種類でご用意しました。深すぎないVゾーンはカットソー・シャツどちらにも相性が良く、身頃・袖周りをゆったりと
させたパターンは、袖通りがとにかく良いのでインナーとの相性を気にせずに着られる点が汎用性の高さに繋がります。
天竺素材はある程度厚みのある生地感ですので、春先・秋口にかけてが一番活躍すると思います。
鹿子素材は、通気性が良いので初夏から秋口くらいまでが気持ちよく袖を通せるのではないでしょうか。


袖口・裾のリブは細く設定をし、テンションは入れずにそのままストンと落ちるようなシルエットを構築。
全体に程よい落ち感が生まれて、何処にもストレスの掛からない身体全体を包み込むような着心地で
一度袖を通すと忘れられなくなってしまうくらい、他のカーディガンにはない独特なバランスに仕上げています。
特徴的なディティールとして、前身頃のみに裏地を貼り合わせる事によって着用した際にふっくらとして
平面的ではなく立体感のあるシルエットを作り出しています。


肩口はラグランスリーブを採用しているので可動域が広く、脱ぎ着の際に一切のストレスを感じません。
カーディガンは様々な素材とデザインの種類がありますが、STYLE CRAFT WARDROBE CARDIGAN♯4は
どちらかと言えばジャケットの様な感覚で羽織って貰う方がデザインをより活かせると思いますし
ブロード素材のシャツなどと組み合わせる事で、ちょっとした食事会や畏まった場などでも重宝するはずです。
素材に関してもスーピマコットンを使用した鹿子素材は、超長綿ならではの表面に光沢があり肌当たりが滑らかで
梅雨時期の湿気があり肌寒さを感じる時に、風が身体を心地よく抜けて蒸れずに気持ち良く着て頂けると思います。
日中は半袖や七分袖で過ごせていても朝と夕方にカットソー1枚では物足りない時に、ちょっとした羽織を
バッグの中に入れて持ち歩くと安心感がありますし、この時期の羽織はなかなか良い物に巡り合えないと思うので
一張羅ではないですが、質の良いカーディガンを持っているだけで出掛ける際にあれこれと悩まずに済むはずです。


シンプルなアイテムほど、長く着れて着回しが利くというのが条件になってくると思います。
そういった条件をしっかりとクリアしているカーディガンだと思いますし、ワードローブの中心になる1枚で
お手持ちのカットソーやシャツの着こなしの幅を広げる役割も果たしてくれるはずです。
羽織物として下手にジャケットなどを探すのであれば、個人的には質の良いカーディガンを持っている方が
普段着として汎用性も高くなるでしょうし、想像以上に様々な場面で着れる機会がきっとあるはずです。
様々なメーカーの展示会でカーディガンを見る機会がありますが、STYLE CRAFT WARDROBE CARDIGAN♯4くらいに
見た目と着心地のバランスのとれたものを見つけるのは難しいと思っています。
是非実際に袖を通して実感して頂けたら嬉しいです。

6月9日


STYLE CRAFT WARDROBE   SHIRTS♯4

color      TATTERSALL

price      24000+TAX

SIZE          /    Ⅱ    /    

color      ROYAL BLUE

price      23000+TAX

SIZE      Ⅰ    /    Ⅱ    /    Ⅲ

昨日はお昼過ぎに少しだけお店を抜け出し、ちょうど市役所の前を通る″チャグチャグ馬コ″の行進を初めて
目の前で見る事が出来ました。
あでやかな装飾を纏った馬と鈴の音。馬には小さなお子さんが乗っていて沿道にいる人へ向けて手をふる姿は、
とても可愛らしくて、毎年見に行きたいと思える素晴らしい文化であり風習だと感じました。
今日は朝から気持ちの良いスカッと晴れた気候で、シャツやカットソーを1枚で着て出掛けると丁度良さそうです。
STYLE CRAFT WARDROBEのシャツは毎シーズン素材を変えながらオーダーをし続けているアイテムで
今シーズン選んだ生地は渋い柄が特徴の張り感の強いタッタソールと、透けるくらい薄手の鮮やかなブルーの2色。
カタチはゆったりとしたシルエットで首元がバンドカラーになっている″SHIRTS♯4″を選びました。
″ROYAL BLUE″は夏場でも着れるくらい薄手の生地なので、爽やかな色目も相まってこれからの季節に重宝するはずです。


STYLE CRAFT WARDROBEの洋服は、全体的にリラックスした大人な雰囲気が漂います。
ポケットなどが一切ないシンプルなデザインで、素材感や独特のパターンをどう着こなすのかを楽しめる洋服です。
タッタソールはアメリカ原産の高級綿として知られているスーピマコットンを使用、ブルーの生地はエジプト原産の
ギザコットンとどちらにもコットンの最高峰と言われている素材を贅沢に使用しています。
肌当たりが滑らかで、どちらの生地も表面にうっすらと光沢があり見ただけでも素材の良さが伺えます。
袖を通すと一切のストレスのない着心地、シャツを着ている事を忘れてしまうくらい身体のどの部分にも負荷の
掛からない作りになっています。リラックスした気持ちで着ているのにも関わらず、見た目はきちんとした
装いに見える点が特徴で、単純にゆったりとしたシルエットとも違う、他では見かける事がないシャツだと思います。


裾のラウンドは綺麗な曲線を描きます。
カフスは細く設定をして、良い意味でシャツらしいディテールを削ぎ落しているようにも感じます。
何かを重ねて着るイメージよりも、1枚で合わせた際に存在感があって、合わせるパンツや靴は
極力シンプルにと思わせてくれる、洋服としての完成度の高さも″STYLE CRAFT WARDROBE″の魅力に感じます。
穿き込まれたお気に入りのデニムやチノパンに、さらりと合わせるだけで十分だと思います。


自分自身でも生地違いで買い足しをし続けているシャツの1つで、普段は勿論ですが旅行や出張に行く際にも
必ず持っていく洋服にしています。着ていてストレスなく着れる点と食事などに行く際に、ある程度きちんとした
服装をという気持ちでいるので、そういった場面にも重宝しています。ドレスシャツ程堅苦しくなく
カジュアルなシャツともニュアンスが違う、デザイナー自身が着たいと思えるものだけを厳選し落とし込まれた
オリジナリティ溢れる1枚に仕上がっていると思います。何度も入荷をしていますがいつ見ても美しいシャツです。

4月21日


STYLE CRAFT WARDROBE   CUFF-HENRY

color      NAVY BLACK

price      21000+tax

SIZE          /        /     SOLD

今朝の遊歩道は昨日よりも桜も一気に開花がすすみ、水仙も勢いよく咲き始め、緑と黄色とピンクのパレットに
包まれながら出勤しました。いつもすれ違う柴犬と挨拶を交わして、カモが陸から川に入っていく姿を見たり。
紺屋町アンチック市の日だったことはまたしても忘れてしまいましたが、気持ちよく歩けたので今日はいい日。

日中は日差しも強くカットソー1枚でも歩けるようなタイミングで″STYLE CRAFT WARDROBE″から新作の
とても良いカットソーが2型届きました。展示会で見た際に直ぐにオーダーを決めた商品の1つで
今までrasikuで展開をしてきました″T-SWEATER″を原型として、それをよりバージョンアップしたデザイン。
同素材でヘンリーネックとクルーネックの2種類をご用意しました。カラーはNAVY BLACKの1色になります。


先ずはヘンリーネックから。
首元にコロンと1つボタンが付いたヘンリーネックは、STYLE CRAFT WARDROBEらしいデザインが特徴で
ヘンリーネックというと勝手に頭の中でクラシックな3つ釦のモノをイメージしがちですが
良い意味で普遍的な事や当たり前を崩すような目新しさを感じる仕上がりになっていると思います。
少しだけ首元が開くのでインナーの色を覗かせるのも良いと思いますし、タンクトップなどを合わせても◎
ジャケットなどのインナーとしても着れますが、どちらかと言えば1枚で着た方が存在感が際立ちます。
休日にジーンズにさらりと合わせて、ゆったりとしたコートを羽織るくらいが丁度良いのではないでしょうか。


どちらのカットソーも、変にルーズに見え過ぎたり、だらしなさを感じさせない事がセレクトをしているポイントです。
店頭で接客をしていて、若い時はTシャツなどを好んで着ていた方でも年齢を重ねるにつれてある時からカットソーを
合わせるのが段々と難しいなと感じる方が多くいらっしゃると思います。体重は変わらずとも体系が変わったりなど
様々な理由があると思うのですが、素材選びやパターンの秀逸さなどSTYLE CRAFT WARDROBEが作り出すカットソーは
見た目は崩しすぎずに着心地は緩やかで、色んな服装を経た方にこそ着ていただきたい一枚です。
カットソーを無理に着る必要はありませんが、シャツ以外の選択肢の1つとしてリラックスして過ごしたいという方に
袖を通して頂きたいです。


素材は高品質なコットンの種類としても知られているアメリカ原産のスーピマコットンを使用。
繊維1本1本が長いのでキックバックがしっかりとあり、表面にうっすらと光沢が出るのも特徴で
袖口はシャツの様にカフスが付けられていて、他とは一味違うオリジナルのデザインをプラス。
肩はラグランスリーブを採用する事で可動域が大きく広がり、着心地を重視した作りになっています。
裾は細いリブが付いているのですが、テンションがきつく設定されていないので身体を包み込むようなシルエットを構築。
良く見かける様なクルーネックのスウェットやロングTシャツとは、全く違う表情に映ると思います。
生地自体の厚みは中肉のミニ裏毛素材で、スウェット程重すぎず、ロングTシャツ程身体のラインを強調せずに着れて
何を着ようか迷う季節に1枚持っていると重宝するはずです。

STYLE CRAFT WARDROBE   CUFF-T

color      NAVY BLACK

price      19000+tax

SIZE      Ⅰ    /    Ⅱ    /    


同素材でクルーネックもご用意しました。
首元はしっかりと詰まったデザインで、シルエットはヘンリーネックと同様にリラックスした雰囲気になります。
ジャストサイズで着るよりも、少しだけ身頃に余裕のあるサイズを選ぶ方が着方としてお勧めです。
トップスがゆったりとする分、パンツは細身よりもゆったりとしたシルエットのものを選ぶと上手くバランスが
取り易くなりますので、挑戦して頂ければと思います。


STYLE CRAFT WARDROBEの洋服は型数こそ多くないのですが、今まで作り続けているものも完全に同じ型にせず
季節毎にモデルチェンジしながら提案をし続けています。
大きく変えずに作り続けている事で、同じものでも生地違いや色違いでリピートして下さる方が多くいてくださり
ゆっくりとけれど確実に誰かにとってのスタンダードとして届き伝わっていることは、とても嬉しく感じています。
シンプルだけれどもどこかこの服にしかないリズムの様な主張があり、それに加えた一点一点の完成度の高さなどは
着てみないと伝わらない部分も多いので、サイズが揃っているうちに、是非一度袖を通して頂ければと思います。
素晴らしいカットソーです。

12月24日


STYLE CRAFT WARDROBE    CARDIGAN♯4

color       NAVY

price       34000+TAX

SIZE           /        /     SOLD

どか雪が降ってこのまま根雪になってしまうのかなと思ったのですが、ここ数日の暖かさで雪も溶けてアスファルトの上を
スニーカーで歩けることが何よりも嬉しいなと思いながら過ごしている年の瀬です。

毎シーズン欠かさずに提案をしているSTYLE CRAFT WARDROBEが作るVネックのカーディガン。
カーディガンというととても普遍的なもので、それこそ各メーカーでも展開される事ももちろん多く選択肢が沢山ある
アイテムだと思うのですが、選択肢の幅が広いからこそ自分自身が着たい!と思えるものと出逢うのが難しかったり。。。
シンプルなアイテムだけに誤魔化しが効かない部分があり、王道と言われる様なデザインを踏襲しつつもブランド独自の色を
如何にして出せるかいうのが決め手になると思います。


Vゾーンは浅く設定することで、シャツ・カットソーどちらを合わせた際にも綺麗な首元の納まりに映ります。
肩はラグランスリーブを採用し、肩周りや袖周りはゆったりとしたシルエットを構築。
袖を通す際にインナーとの相性を気にせずに着る事が出来ます。
カーディガンでは珍しく前身頃のみコットン100%の生地が張られていて、2枚仕立てにする事でふっくらと程良い
ボリュームが生まれ、イメージとしてはジャケットの様な感覚で羽織ることが出来ます。
Vネックのカーディガンは、どちらかと言えばシャツなどの上にさらっと羽織ってそのまま過ごす。
といったような、ハイゲージのものを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。
STYLE CRAFT WARDROBEが作るVネックカーディガンはウールの表面に品の良い光沢感があり毛足が短く、
見え方が重くなり過ぎないので、春先や秋のはじまりの頃であればメインの羽織としても重宝するはずです。


素材はウール100%のジャージー素材を使用。
伸縮性に優れた編地で、表面の肌触りもつるりとしていて気持ちの良い素材に感じて頂けると思います。
釦は大き目のナット釦が5つ、ポケットは手がしっかりと隠れるくらい大き目に設定をされています。
カジュアルでもどこか上品で暖かみのあるニットカーディガンは穏やかで優しい印象を与えてくれます。
ジャケット程畏まった装いではなくとも、ちょっと外で食事をしたりする時にきちんとした格好がしたい。
という方などにお勧めします。
日常着を選ぶ際に、カジュアルな服装であってもきちんと清潔感があったり、相手にとっても気持ちが良いと感じる
服装を心掛ける事は、年齢を重ねるにつれ大切だなと思う様になりました。
STYLE CRAFT WARDROBEの洋服は、僕のような30代後半から年上の方が、意気込んで人に見せる服装ではなく
肩の力を抜いて自分の生活環境に合った服装を楽しみたいという方に、とても自然な流れでフィットする洋服に思えます。


全体が少しゆったりと落ちる感じのシルエットが、このカーディガン特有の形状。
ちょっと大きいかな?と感じるぐらいのサイズ感でも、着慣れると心地良くそしてとても身体が楽なので
いつの間にか、このゆったり感が病み付きになっているから不思議です。
袖と裾のリブも細くテンションもきつくないので、身体を締め付ける様な感覚は一切ありません。


ベーシックなアイテムを如何に自分らしく着こなせるかというのは、洋服の一番難しくもあり楽しい部分だと思っています。
これという正解はないですし、パンツとの組み合わせ方やサイズ感、体型や顔の変化などなど、ちょっとした事で見え方に
違いが生まれてくることを感じられるのも、癖の少ないアイテムや普遍的なアイテムならではかもしれません。
中々出逢う事の少ない、自分の中で今これだ!と思うカーディガンです。ぜひ着てみてください。

PageTOP