7月9日

STYLECRAFT WARDROBE   ROOL-T 1/2

color      SUMI

price      16500-

SIZE          /    Ⅱ    /    Ⅲ

ここ数日の曇り空と雨が降ったり止んだりで、湿度も高くて気持ちも身体も何となくずっしりとした
重たい感覚が残り続けてしまいますね。。。
湿度・無風・突然の雨などの不安定な天候との戦いは、これから暫くは続きそうなので体調管理をして
日々を穏やかな気持ちで過ごす事を心掛けたいと思います。
気付くと岩手県高校野球の夏の大会もスタート。勝手に色々情報収集しなければならない事項が増えて
それそれでとても嬉しくもあり忙しい日々になりそうです。

STYLECRAFT WARDROBEから今季の最終便の”ROOL-T”が届きました。
自店では初めて展開するアイテムで、表面に光沢がありつるんとした上質なスーピマコットンを贅沢に使用した1枚。
長めに設定された袖丈、身体のラインを拾い過ぎずに無理無駄の無いシルエット。
定番で提案をしている”T-SWETER”と比べると、よりミニマムでラインがすっきりの癖がない印象を持っています。
汗をかいても蒸れ過ぎずにべだべだとなるのを最小限にしてくれそうな生地感で、身体への負担の大きい暑い夏を
少しでも心地良く快適に過ごすのに貢献してくるカットソーになると思っています。

首元はしっかりと詰まったクルーネックで肩線はややドロップした位置に。
そのままのバランスで袖丈は肘が隠れるか隠れないかの5分袖位の設定でしょうか。
生地の落ち感が綺麗に出て、ナチュラルに見えるのがポイント。
裾のテンションも殆どないので、身体を締め付ける様な部分は一切ありません。
大袈裟な表現になってしまいますが、着ていることを忘れてしまう位に肌当たりの良さと
パターンの秀逸さの2つの側面を感じて頂けると思います。
※身長178CM 体重63キロ 着用サイズ Ⅲ

自分自身のワードローブを見返した際に、ここまで光沢があるつるんとした質感のカットソーは
殆どいうか全く持ち合わせていなかったので、僕に限らず皆様にも共通しているのではないかという気持ちがあって
張り切ってオーダーをしてしまいました。そして単純に涼しい素材というのは、夏を過ごす為の必須条件。
Tシャツを着ているのは間違いないのですが、所謂のTシャツとは違って見えるのもSTYLECRAFT WARDROBEが作る
カットソーの特徴的な部分になるのかもしれません。
多少のよそ行き感とでも言えば良いでしょうか。アクティブな空気とは違う落ち着いた良さがあるように思います。

color      NAVY

SIZE          /    Ⅱ    /    Ⅲ

色展開はSUMI・NAVY・BLACKのどれも落ち着いた色目。
ベーシックなスタイルには間違いのない3色ですので、どの色を選んだとしても中心の1枚になるのは間違いありません。
個人的には夏に着る黒がとても気になっていて、素材が涼し気ですとより着る機会が増えるのではないかと思います。

color      BLACK

SIZE      Ⅰ    /    Ⅱ    /    Ⅲ

今シーズン入荷したカットソーの中では最も上品なバランスに仕上がっていて、カジュアルな装いの中に
ピンっと背筋が伸びるような緊張感もあって、余程畏まった場じゃない限り、人と合ったりするお仕事の際に
ROOL-Tのようなアイテムも光沢感があって上品で良いのかなと思ったりもします。
日常着としての守備範囲が広いのも着る側にとっては使い勝手の良さに繋がるのではないでしょうか。
まだ幾つかご紹介をしていないカットソーがございますので、自分達のペースを崩し過ぎずにコツコツと
綴っていきたいと思います。夏のとっておきの1枚をお探しの方に是非。

6月15日

STYLE CRAFT WARDROBE   T-SWETER 1/2 ♯2

color      GRAY

price      18700(TAX IN)

SIZE          /        /     SOLD

空に大きな入道雲が遠くにあるのを見つけ夕方には大雨がきそうだなと思って、早めに帰路に着いたのですが
雷は時折大きく鳴ったものの、そこまで大事にならずにほっとした気持ちで今日の朝を迎えました。
適度に雨が降ってくれたお陰で、きっと畑に植えた野菜も喜んでくれそう。
気が早いと分かっていても、収穫の時がとても待ち遠しい。
早く食卓に並ぶ日を想い浮かべつつ、成長を見守っていきたいと思います。

STYLE CRAFT WARDROBEのアイコンとも言える存在”T-SWETER♯2″ですが、今季選んだ素材はサラサラと
滑らかな肌触りが夏に嬉しく、それでいてスーピマコットンの見るからに上品さのある生地感。
店頭で接客をしていて聞かれるのは出来る限り涼しい素材を・・・というリクエストが増えていて
身体に纏わりつきにくいシルエットと少しでも心地良く夏を過ごしたいという方に間違いなくお勧め出来る1枚。
普通のTシャツとも違って、袖の長さやリブの形状など独自のバランスで作製されるデザインは
何処か落ち着きがあり、カジュアルな服装の中にも凛とした表情に見えるのがポイントです。

今回選んだ”T-SWETER♯2″ですが、肩のラインがラグランスリーブの仕様で綺麗に生地全体が落ちる様なパターン。
スーピマの超長綿ならではの生地感と相まって、ドレープがとても自然で柔らかな印象を持ちます。
Tシャツを着ている感覚ではあるのですが、所謂のTシャツの着心地とも違い上質なセーターを着ているかの様な
しっとりと肌が喜ぶ感覚を体感出来るのも、気分が上がる要因だと思っています。

袖丈のイメージは6分丈~7分丈位といった所でしょうか。
袖口の切り替えしているカフスにはテンションは無く、身体を締め付ける部分は一切ありませんので
リラックスしたムードでいるのにも関わらず、だらしなく見えない服装というのはとても嬉しい。
定番の素材も素晴らしいのですがシーズン毎に選ばれる生地も、春夏シーズンで言えば猛暑と呼ばれるような
気候にも対応出来るような気持の良い天然素材が選ばれていて、機能的な一面と日常着として求められる
耐久性の部分もしっかりとクリア。リピートして下さるお客様が多くいることを裏付けているような気がします。
一度着てしまうと、ユニフォームではないですが色違い・素材違いで毎日でも着てしまいたくなる位の
クオリティの高さと満足感を得られるカットソーだと思っています。

color      BLACK

price      18700(TAX IN)

SIZE      Ⅰ    /        /    Ⅲ

ここ数シーズン気になっている夏に着る”黒”
見た目の重さが・・・という方もいらっしゃると思うのですが、身体を心地良く風が抜ける様な涼しい素材となると
着易さと手に取る回数が増えて、抵抗なく着て頂けるようになると思っています。
後は小物でアレンジを効かせて、頭に麦藁帽子を被ったり、足元はサンダルで軽快な印象を出すと夏の黒の印象が
がらりと変わるのではないでしょうか。

人との打ち合わせや接客業などで人前に立つお仕事の方など、堅苦しくなく、それでいてある程度きちんとした服装を
心掛けている方などにもお勧めしたい1枚。Tシャツのラフな印象ががらりと変わりますし、結局は使い分けが大切だと
思っているのです。自分の中でのONとOFFではないですが、服装で気持ちをリセットしたり切り替えたりするのにも
STYLE CRAFT WARDROBEが作る”T-SWETER”シリーズはとても有難い存在で、微妙なニュアンスを埋めてくれるような
絶妙な匙加減とバランスで作製をされているように思います。
サイズも”GRAY”と”BLACK”フルサイズでご用意していますので是非。

5月28日

STYLE CRAFT WARDROBE    CARDIGAN♯4

color     GRAY

price     35200-(TAX IN)

SIZE         /        /     SOLD

先日、無事にサツマイモの苗を畑に植える事が出来ました。
今年は昨年以上に更に畝を高く大きく、サツマイモが快適に過ごせる環境を意識。
そして収穫以来ほぼ手つかずにしていた畑の土を、全ての作業をスコップとレーキと素手で解すという原始的な
やり方で完成までこぎ着けたので、昨日は身体全身が激しい筋肉痛に襲われておりました。手にはマメまで(笑)
昔の人はこうして畑を耕していたのを考えると、自分の非力さと地道な事の大切さを改めて知る時間となりました。
秋頃にうまく収穫出来れば、タイミング良く来店されたお客様にお配りしたいと思っていますのでお楽しみに。

先日に引き続きSTYLE CRAT WARDROBEから、徐々にお馴染みとなってきたVネックカーディガンをご紹介。
春夏・秋冬と素材を変えながらリリースされている”CARDIGAN♯4″ですが、今シーズンは細番手の糸を用いた
滑らかな肌当たりのスーピマコットンで作製したモデルをGRAY・BLACKの2色セレクト。
今日の盛岡の気温20℃で、シャツや長袖のカットソー1枚だと何だか少しだけひんやりとする気候。
これから突入する梅雨時期はこんな感じの日が続くと思うのですが、何となく上に羽織るものが悩ましく
僕自身も毎回うーーん・・となっていました。そんな時に肩回りがゆったりとしていて、肌触りも良くて、
ジャケット程畏まり過ぎない羽織物という点で、このカーディガンはとても重宝しますし温度調整がし易い。
まだ盛岡は日中と夕方の寒暖差が大きいので、バッグに好みの羽織物を入れておくだけでも安心しますし
服で出来る体調管理も案外大切なのでないかなと思います。何事においても身体の健康が大事です。

フロントの釦は4つ。肩のラインは緩やかにRを描くラグランスリーブを採用。
前身頃は別生地を組み合わせて2枚仕立てにする事で、ふっくらと立体的なシルエットに。
この仕様のカーディガンは今まで出会った事がありませんね。
今回選んだスーピマコットンは、自然光に当てると透け感がある生地で風の抜けが良く、さらさらとした肌当たりで
とても気持ち良く、高級とされる超長綿ならではの質感がダイレクトに伝わってくるようです。
半袖のカットソーに合わせた際には、生地の持つ特性をより実感して頂けるのではないでしょうか。

カーディガンは洋服の中では当たり前の存在と言えば良いのか、何となく1枚は持っていそうなアイテムではないかと
思うのですが選ぶのが案外難しかったりします。僕自身が考えるのは脱ぎ着がし易いかどうかと、肩周りが窮屈ではないか。
特にシャツを合わせた際に、袖通りを含めて何かしらの引っ掛かりが出るとストレスで着なくなる傾向があるので
その点ではSTYLE CRAT WARDROBEの作るカーディガンは非の打ちどころがない位に素晴らしい完成度だと思います。
実際に購入して下さった方の素材違いでのリピート率も高く、温度と場面に応じてコットンやウールなど
色違い・素材違いで買い足していきたくなる理由が良く理解出来ます。

この手のカーディガンは人と打合せをする際や接客業などでお店に立たれている方にもとてもお勧め。
夏場は特にクーラーの冷気を直接浴びすぎてしまう事が多々ありますし、車内や室内と外との温度差に
体調を崩してしまったり自律神経が乱れたりと、夏場でも体温のコントロールは難しかったりもします。
僕自身も何処にいくにも半袖1枚で出掛けるのはよっぽど暑い日だけで、必ず何かしらの羽織物は必須として
バッグに丸めて持ち歩いているのですが、CARDIGUN♯4はシャツ・カットソーどちらにも違和感なく対応出来て
特に重宝をしています。お洗濯にも強いというのも強みで、季節柄お洗濯をする回数も確実に増えますので
自分で洗えるという点も大事な要素になってくるはずです。

STYLE CRAFT WARDROBE    CARDIGAN♯4

color     BLACK

price     35200-(TAX IN)

SIZE     Ⅰ    /        /    

もう一色は大人な空気を漂わせる”BLACK”
黒と一言で言っても色のトーンと言うのか種類は様々ですが、正真正銘の黒というイメージ。
より洗練されたムードがありますが、素材が柔らかく、そこまで気負わずに着て頂けるのではないでしょうか。
今季選んだスーピマコットンの生地感は秋の入り口位まででしたら色も相まって心地好く着られると思いますので
着る期間の長さも含めて、一張羅ではないですが着回しと汎用性の高いカーディガンをお探しの方にとっては
救世主となってくれるのは間違いありません。

いよいよ岩手も梅雨入りしたのでしょうか。
週間予報を見ても、何だか不安定というのか、日によって気温の差が大きくどんな服装をするか悩ましいなと。
何度もBLOGで書き続けている事になってしまいますが、基本となるシャツやカットソーをある程度お持ちの方は
温度や湿度に対応出来る羽織物がジャンルも幅広くあると、1年を通して快適に洋服を楽しむ事が出来ます。
僕らも、ここ何シーズン化は羽織物の選択肢を広げたいと思っているのですが、その中でもカーディンガンという
アイテムで納得出来るものが少なく、STYLE CRAT WARDROBEに頼りっきりというような状態になってしまっています。
逆を言えばそれだけ完成されているという事なので、着る機会も多くて頼りがいのあるものが先ず手元にあれば
日々ストレスなく服も気候に合わせられるという事に繋がってくると思っています。
お手持ちのカットソーやシャツ類を大いに活かしてくれる存在にもなりますので、是非お気に入りのカーディガンを
手にして頂ければ嬉しいです。

5月25日

STYLE CRAFT WARDROBE   SHIRTS♯6

color     WHITE(SUPIMA LAWN)

price     27500-(TAX IN)

SIZE      Ⅰ    /        /    

昨日から遂に、中津川沿いの草刈りがスタート。この日を待ち侘びていました。
草の刈った後の匂いと、風や景色が一変するのが心地良く、通勤路としている僕らの心もすっきり
晴れ晴れとした気持ちになってます。あと数日で家の前もパーッと開けると思うととても嬉しいです。
いつかあのリモコンで操作している草刈りマシーンを操ってみたいという夢を秘めつつ(笑)
明日は窓から川沿いの景色を眺めて、のんびりしたいなと思います。


STYLE CRAT WARDROBEからシャツを2型ご紹介。
また改めてというと変ですが、白いシャツを提案したいという気持ちがあって新しく加わったローンを用いた
前開きとプルオーバーをセレクトしました。先ずはプルオーバータイプから。
段々と定着してきた感があるスタンドカラーのプルオーバータイプのシャツですが、釦が深い位置まで入るので
脱ぎ着がし易く、ざっくりとしたシルエットながらも何処か洗練された印象があるのはデザインと生地感が
相まっているからだと思います。ローン自体は細番手の糸を用いた平織生地で、透ける位の厚みながらも
しっかりとした強さとしなやかさを感じます。インナーにタンクトップを組み合わせて、風が身体を心地良く
抜けていく組み合わせを楽しんで頂きたいです。

首元は小さく襟が立つスタンドカラー。
トップ釦を閉めても窮屈さはなく、バンドカラーともまた違う良さを感じます。
1枚での着用もお勧めですが、STYLE CRAT WARDROBEのカーディガンと組み合わせるとプルオーバー特有の
見え方に羽織物がプラスされる感覚がとても良かったりします。
ちなみにカーディガンも入荷しましたので、そちらはまた後日にご紹介致します。

身頃の広さと着丈の長さはプルオーバーなので、やや大き目の設定。お尻がしっかりと隠れる位。
そのボリューム感に負けない位に、ボトムスは細身よりもややゆったりとした方が納まりが良く感じられると思います。

前開きと比べると脱ぎ着のし易さという部分ではデメリットに感じてしまう方もいらっしゃると思いますが
シャツの場合にはそこまで脱いだり着たりを繰り返す訳ではないので、あまり気にならないのではないと。
夏の装いに関して言えば、程好い緊張感を持って洋服を着られるのは選択肢がそう多くはないと感じていて
着ている本人はリラックスしていて、それでいて砕け過ぎずにシャツらしい井出達を保ちながらというのは
STYLE CRAFT WARDROBEの秀逸なデザインと生地との相性の良さが成せる業だと。
夏の暑さにも対応出来る綺麗な素材感と言う点は、これからの季節を想定すると心を擽られますよね。

STYLE CRAFT WARDROBE   SHIRTS♯4

color     WHITE(SUPIMA LAWN)

price     26400-(TAX IN)

SIZE      Ⅰ    /    Ⅱ    /    Ⅲ

SHIRTS♯4はrasikuではお馴染みになりつつあって、1枚手にした方のリピート率が圧倒的に多いシャツ。
昨シーズンまではブロードで白シャツを提案していましたが、こちらも同様にローンに置き換えて提案。
今まで展開した生地に比べると涼しさが増して、今時期から夏まで活躍するという点では使い方にも変化が
出てくるのではないかと予想をしています。
白いシャツは正直素材違いで何枚持っていても、いつしか時間の経過による汚れや、サイズ感の変化など
色々と買い替えのタイミングが出てくるはずですので、ストックまでとは言いませんがあっても困る事はないかと。
今回はより夏に寄せた白シャツをという気持ちで選んだ素材になります。

STYLE CRAFT WARDROBEのシャツのラインナップの中では、癖がなく袖を通しやすいデザイン。
やや大振りの釦と全体的にゆとりを持たせたシルエットで首元のバンドカラーがミニマムな表情ですが
縫製によるステッチのパッカリングが良いアクセントになっています。
ある程度、一枚での着回しやスタイリングのし易さを重視する方にはとてもお勧めのシャツです。

SHIRTS♯4に関しては、接客業の方や普段着でお仕事の打合せなどをしている方にも人気のシャツです。
ある程度きちんとした身なり・服装を心掛けている方にとって丁度良いバランスで、だらしなく見えず
且つ畏まり過ぎずのフラットで絶妙な塩梅だからこそ、選んで頂けているのだと感じています。
どんどん気温が上がって着る服が半袖一辺倒にならない為にも、繊細さと涼しさを兼ね備えた肌当たりの良い
長袖シャツをワードローブに加えてみるのも、また違った夏の装いの楽しみが増えるのではと思います。

4月1日

STYLE CRAFT WARDROBE  SHIRTS♯4

color      W.D STRIPE

price      28600-(TAX IN)

SIZE          /        /    Ⅲ

昨日の定休日も朝からすこぶる天候が良くて、街歩きをしようという事で気になっていたパン屋さん方面へ。
いつもは車であっという間に通り過ぎてしまう道の路地を1つ奥に入るだけで、全く知らなかった景色と
空気が流れていて自分の中の地図が広がるようでとても面白かったですし、目的のパン屋さんも良かった!
せっかくなので出来立てを近くの公園のベンチで美味しく頂きました。今時期のふらっと散歩、おすすめです!

STYLE CRAFT WARDROBEから鮮やかなブルーの生地に薄い白のストライプが入る爽やかさと渋さの2つの表情を持つ
スタンドカラータイプのSHIRTS♯4。何度も素材を変えて展開してきている馴染みのあるシャツに映るかもしれません。
セレクトする際に何種類もある生地の中からイメージを膨らませて選ぶのですが、ストライプ地は今まであまり
選ぶことがないので新鮮に感じて頂けるのではないでしょうか。
素材はコットン100%の薄手のポプリン、肌がギリギリ透けるか透けないか位の清涼感たっぷりの生地感。
厚みはないのですが、しっかりとした強さと滑らかさを感じる素材で実際に触れて頂ければクオリティの高さに
納得して頂けるはずです。今直ぐに着るというよりも、もう少し気温が上がってから活躍しそうな雰囲気で
夏場でもインナーにタンクトップなどを合わせて頂ければ十分心地良く過ごす事が出来ると思います。

現在デザインの違うシャツをブランドとして5型展開しているのですが、その中でも”SHIRTS♯4″は最も癖がなく
袖を通しやすい印象を持っています。首元のスタンドカラー、大ぶりの猫目釦、細く設定されたカフスなど
目を惹くディテールはあるものの、シャツとしての完成度の高さについつい手に取って着てしまうような存在に。
毎シーズン変わらずに作り続けられている事も重要で、例えばすごく気に入って同じものを手にしたいという時に
色違いや素材違いで選ぶことが出来るのも当たり前のようで当たり前ではなかったりするのも洋服の難しさかもしれません。
僕自身も散々シャツに袖を通してきて好きなシャツというのは決まってきているのですが、アップデートしながらや
頑なに変えずに作り続けられていても、素材が変わるとがらりと表情が変わってきたりするのも面白かったりします。
同じものを買い続けていると、その時々で小さな変化や気付きにも繋がり洋服をより深く知るきっかけや理由にもなり
自身の中で定番化させたいシャツを探してみたいという方にもSTYLE CRAFT WARDROBEが作り続けているSHIRTS♯4は
自信を持ってお勧め出来る1枚です。

シルエットは全体的にゆったりとした設定ですが、オーバーサイズではない心地良さを感じる位の大きさ。
もし何かを重ねるのであれば質の良いゆったりとしたカーディガンなどがベスト。
シンプルな井出達ですがシャツ1枚でも十分過ぎる位に雰囲気があるので、難しく考え過ぎず流れに身を任せる
感覚で袖を通して頂く方が良いかもしれません。パンツはすっきりとしたものを合わせても良いでしょうし
僕自身は野暮ったいパンツを合わせて穿くのがトップスとのギャップがあるので好みです。

日中であればシャツだけでも十分ではないかと思える位に気候が良い日が続いて嬉しい限り。
気に入って同じものを着続けていると、どうしても生地のヨレが出てしまいシャキッとは見えなくなったり
人によっては体型なども変化したりして、サイズ感を変えてみるのもひとつだったり。
月も変わりフレッシュな気持ちにのせて、新しい洋服に袖を通すには丁度良いタイミングではないかと。
STYLE CRAFT WARDROBEのシャツはこの他に素材違いでプルオーバータイプもお店に届いておりますので
色々と着比べながらご自身の納得出来るシャツをお選び頂ければと思います。

PageTOP