3月5日


FUJITO   JUNGLE FATIGUE JACKET

color    KHAKI

price    36000+TAX

SIZ      2    /    3 SOLD

FUJITOの代名詞とも言える存在になりつつある”JUNGLE FATIGUE JACKET”
今シーズンは春夏に相応しく、このジャケットにおいては直球とも言えるオリーブを選びました。
素材はコットン80%×リネン20%のしっかりとハリのある素材。
ミリタリーアイテムが好きな方のワードローブには、確実に一枚は並ぶであろうファティーグジャケット。
オリジナルに関して言えば年々コンディションの良い物は見つかり難くなってきている状況で、
ベストサイズを探すのは、かなり困難な状況になりつつあります。
それでもオリジナルにはオリジナルならではの雰囲気と良さがあり、新品には新品にしか出す事の出来ない部分があるので
どちらが良いという話ではなく、オリジナルでも新品でもご自身の着たいと思えるスタイルや出逢った時のタイミングで
実際に着てみる事で、なぜこのジャケットがという所を探ってみるのも面白いと思います。


ジャングルファティーグジャケットのアイコンとも言える、フロントに叩きつけられた4つの立体ポケット。
現代のファッションシーンにおいても、各ブランドがこぞって個性を出しながらオマージュをしているジャケットの1つ。
デザインとしての完成度の高さに加えて、シャツ・カットソーどちらにも違和感なく馴染んで気軽に羽織れる汎用性の
高さが人気の理由だと思っています。


トップ釦のみ剥きだしで、その他はスナップ釦で開け閉めが可能。
左胸のポケットにはペン差しが付いていて、細かなディテールやシルエットはFUJITOのフィルターを通して
さり気ないエレガントさがプラスされながら、それでいてミリタリー色を薄めることなく調整されているので、
あまり固く考えずに、さらりと羽織っていただけたらそれで十分に様になると思います。
袖口は2段階で調節が可能。ポケットはサイドからも手が入る様に作られているので機能性に関しても申し分なし。
生地の厚みもちょうど良くシャツジャケットの役割を果たしてくれるので、今時期から着用をするのであればインナーとして
着るのも良いですし、気温が上がってくればTシャツにさらりとシャツ代わりとして羽織るのも格好良いです。
色落ちしたデニムでアメカジライクな着こなしも◎ですし、個人的には黒のパンツと合わせるのが最近のお気に入りです。


バックスタイルは、ウエスト部分に絞りをいれる事により広がりを防ぐと共に個性的なディティールに映ります。
着丈も短めに設定をしているので、野暮ったいイメージを無くしてすっきりとした印象を受けますし
ヴィンテージ市場においてもSHORT丈が人気が高く、袖を通した時の全体のバランスの良さに納得して頂けるはずです。
春の羽織物としては、厚手のスウェットからTシャツまで幅広く対応が利く優れものなので、アウターに困った時の
力強い味方になってくれると思います。
サイズ探しに悩むことなく、尚且つ着心地の良いジャングルファティーグジャケットをお探しの方に
ぜひ着ていただけたらと思います。

FUJITO   WIDE SLACKS

color    BEIGE

price    21000+TAX

SIZ      30    /    32    /     34    /     36


フロントにワンタック入るワイドシルエットのトラウザーは、洗いの掛かったベージュのチノでオーダー。
今シーズンからレングスが4CMプラスされたので、ダブルで処理された着丈が気になっていた方にはフルレングスで
気持ち良く穿いて頂けると思います。ワタリから癖なくテーパードしたラインと全体を程よくゆったりとさせたパターン。
フロントはスナップ釦の仕様で、ウエストはタックを入れて立体感を出していますがシルエットは直線的で
ストンと落ちる様なイメージ。仄かに紳士な印象も漂い綺麗目なジャケットスタイルに合わせても馴染みます。
ベージュのパンツはこれからの季節に最も出番の増える1本ですので、お尻回りからワタリにかけて窮屈さを感じさせず
ストレス無く穿きたい方に特にお勧めです。


股上は深めに設定されていて、膝から裾口にかけて綺麗なラインを描きます。
裾はダブル幅4.5CMの処理を施していますが、もしボリューム感が苦手な方はシングルに変更も可能。
パンツに関して言えば好みの長さと処理で穿く方が、穿く人の個性を引き立ててくれると思っていて
勿論そのままのデザインで丈を調整することも出来ますし、オリジナルのレングスに縛られ過ぎずに
柔軟に捉えて穿いて頂くのも嬉しいので、もしご希望がある時はご相談ください。。


デニム・チノ・軍パンはワードローブの中心になるパンツで、打ち込みの良い生地を使ったFUJITOチノは
スタイルを問わずに重宝する1本になってくるのではないでしょうか。
足元はローテクスニーカーもしくはぴりっとした雰囲気の革靴を合わせるのもお勧めです。


毎シーズンジャングルファティーグのジャケットを手に取ると、季節が「春」になったなぁと感じ
ベージュのチノパンにキャンバスのスニーカーを合わせると、これも同じ様に「春」になった事を実感する。
今年は雪が極端に少なかったのでスニーカーを履く事が多かったけれど、僕にとっては冬の終わりを告げる服装で
自然とワクワク、ウキウキしてしまうのは、雪があっても無くても変わらない。
北の地域に住んでいると季節の移り変わりの中でも特に”冬→春”は格別な気がしています。
話は少し脱線してしましたが、自分にしかない季節を感じられる服装を身に着けて出かけてみては如何でしょうか。
どちらの製品もFUJITOを代表する逸品です。

1月13日


FUJITO    TWILL EASY PANTS

color     NAVY

price     28000+tax

SIZE     32    /    34

color     CAMEL

SIZE     32    /    34 SOLD


FUJITOはリーバイス501のデニムを独自に解釈し、ブランドの軸となるオリジナルデニムを1本作る事から
スタートしたブランド。そういった背景があるからなのか、毎シーズンリリースされるデニム以外のボトムも
どのモデルをとってもその完成度が高く、個人的にも愛用しているパンツが多数あります。
今シーズンの新作でリリースされたイージーパンツは、立体感のあるサイドラインが特徴的。
お尻回りからワタリにかけてはゆったりさせてストレスのない着心地を実現。
裾にかけての無理のないテーパードしたラインも秀逸。
イージーパンツは自分でも好きで穿くのですが、見た目が通常のパンツと遜色が出ないくらい素材と作り込みがマッチした
ものを中心にセレクトする事を心掛けています。このパンツも展示会で穿いた時に直ぐにオーダーを決めた商品の1つ。
素材は二重織のツイルを使用し、厚みがあるのですが柔らかさも併せ持った今までに触れた事の無い不思議な生地感。
斜めに走る畝もしっかりと出ていて、パンツが主役になるくらいの迫力を感じて頂けるのではないでしょうか。


ポケットはスラッシュとバックポケットの合計4つ。
フロントにはZIPが付き、ウエストは総ゴム+アジャスターで調整が可能。
僕自身がイージーパンツを穿きたくなる理由としては、ウエストからお尻回りかけてのストレスの少なさと
ベルトをせずに調整が出来るのも良かったりします。
休日に家族でのんびりと街歩きをしたり温泉に出掛けたりという場面で、アウトドアやスポーツ系のブランドを
全身で固めてしまうのも悪くないのですが、食事やコーヒーを挟みたい時などにもすんなりとその場に違和感がなく
溶け込むようなリラックスした中にも雰囲気の良い装いを心掛けてみるというのも良いのではないでしょうか。


レングスは初めからすっきりと短めに設定し、お尻回りにもしっかりとボリュームを持たせたパターンなので
ジャストサイズも良いですが、程好くお尻と太ももに空間が出るくらいがベスト。
イージーパンツとは思えないくらいの美シルエットで、日常着として良いアクセントになってくれそうな1本です。


サイドの切り替えがある事でパンツ全体に立体感が生まれている所がポイント。
ある意味でイージーパンツらしさを打ち消す役割を果たしてくれていますし、レングスの長さもジャストで合わせる事により
変に野暮ったさが出ずに履いて頂けると思います。
最近気になり始めたブラウン系の色味。今まで懸念してきた色ですが、ここ何年かで好んで着る様になりました。
チノとも軍パンとも違う、微妙なニュアンスで合わせられる事がしっくりときていて、ある程度パンツのバリエーションを
お持ちの方には是非お試し頂きたいです。


今日で3連休も終わり、明日からまた日常が戻ってきます。
ほんの少しずつ春物の入荷も始まってきていますが、秋口に入った商品が今着るのには丁度良いなと感じています。
まだまだ春へのトンネルは長く続くと思いますので、焦らずにゆっくりと自分の納得出来る洋服をウキウキと
選んで頂けたら嬉しいです。

11月24日


FUJITO    JUNGLE FATIGUE JACKET

color     NAVY

price     46000+tax

SIZE     1    /    2    /    3


昨日の帰り道もいつもより暖かいなと感じましたが、朝から雨が降り続いています。
夜が空ける前に布団にもぐり込みながら屋根にあたる雨の音を聞いているのが好きで、眠りは深くなり
今日はこのままずっとこの場所に居続けたいと思ったのはきっと僕だけではないはず・・・
雨の音を聞きながら過ごす朝も良いものです。

FUJITOが毎シーズン素材を変えながらリリースしている定番ジャケット”JUNGLE FATIGUE JACKET”
アメリカ軍が1960年代後半にベトナム戦争時に支給していた名品と呼ぶに相応しいジャケット。
その完成度の高さから現代のファッションシーンにデザインソースとして良く用いられる事が多々あり
各ブランドがオリジナルをオマージュしながら独自性を加えつつリリースを繰り返しています。
僕自身もオリジナルを愛用しているのですが、春と秋の季節の変り目に何も気にせず着れるライトな素材感と
ゆったりとしたサイズが好みで手放すことの出来ない1枚になっています。
今回セレクトした理由として素材がコットンではなく上質なウールメルトンで仕立てている点。
オリジナルの見え方と大きく異なっていて品の良さが加えられ「JUNGLE FATIGUE」の新しい一面を感じられた事と
打ち込みの良いメルトン生地を使用しているので、余程寒い日でなければ十分に真冬でも対応出来るのが
良いなと思い選びました。


フロントに叩きつけられた4つの立体的なポケットがデザインとして印象付けられます。
上の2つにはハの字に付けられていて、下の2つのポケットは横から手が入られれる様にハンドウォーマーポケットが
プラスされていて機能美を完備したFUJITOならではの作りの良さを実感して頂けると思います。
フラップをめくるとスナップボタンでマチのあるポケットの開け閉めを。
肩はセットインスリーブですが可動域が広がる様なパターンで作製しているので窮屈さや動き難さは一切なく
袖裏にはキュプラの生地が張られているのでインナーとの相性を考えずに袖を通すことが出来ます。
冬のコートやジャケットを着る際に袖通りの良さはとても重要だと思うので、細部にまで気の利いた作りの良さと
実用面のどちらの要素も実感して頂けるはずです。


オリジナルに対してのアプローチ方法は各ブランドによって解釈や捉え方があるので其々だと思うのですが
FUJITOはエレガントな一面をプラスして表現をしています。背中に切り返しを入れて少しだけ身頃を絞るデザインにし
前から見た時の印象と後ろから見た際のギャップを付けている事が分かります。
ワークウェアやミリタリー物の土っぽさを程よく和らげる効果があり、カジュアルな中に崩し過ぎないバランス感が
このジャケットにはあるように思います。着始めは生地が硬いので着られているような雰囲気に映るかもしれませんが
時間をかけてメルトンが馴染んだ頃にはヴィンテージに負けずとも劣らない存在に変わっているはずです。


裏地はコットンのスレーキを張り合わせていて、前述でも書きました袖はキュプラの総裏仕立て。
表と裏どちらを見ても綺麗な仕上がりで、FUJITOの洋服を取り扱いを始めてから一貫して貫かれている部分でもあります。
袖を通したくなる洋服というのは細部にちょっとした拘りが感じられるものが殆どで、着心地の良さがあることで
着古しても尚着続けて、最後の最後まで着尽くすくらい堪能出来るのではないでしょうか。


洋服に精通されてる方ではあれば、何となくでも一度は目にした事があるデザインではないでしょうか。
偶然の産物なのかもしれませんが、古き良きものをリプロダクトしたりオマージュしながら其々に色を出していくのは
簡単そうに見えてとても難しい事だと思います。僕自身はあまりにデザインをいじり過ぎずに、ほんの少しエッセンスを
プラスするくらいの匙加減が好きで、オリジナル以上にジャングルファティーグの良さを引き出せるかどうかが選ぶ際の
基準になります。メルトンという冬に対応出来る素材感で綺麗な印象になるのがとても良いとなと思っています。
ヴィンテージや古着が好きな方もそうでない方にも、袖を通して頂きたいジャケットです。

10月10日


FUJITO    OPEN COLLAR SHIRTS

color     CHECK

price     28000+TAX

SIZE      1    /    2    /    3


朝の急激な気温の冷え込みから、日中のぽかぽか陽気へのあまりの落差の大きさに体調を維持するのが
難しくなってきました。それと同時に秋冬物の洋服を躊躇わずに自然に取って着れる機会が増えてきたので
それはそれで嬉しくて、心と身体の2つのバランスを崩さずに過ごしていきたいと思っています。

そろそろ温かみのあるウールなどの素材も気になり始めてきたタイミングで、FUJITOがここ数シーズン力を
入れ始めている”オリジナルファブリック”を用いたシャツジャケットが届いています。
今シーズン作製したのは「スラブチェック」という、50年代頃に流行った生地をイメージしてウールを中心に
様々な素材を混紡した何処か懐かしさと色の深みを感じる生地を作製。
“オリジナルファブリック”を用いたアイテムはジャケットやパンツなど様々に用いられていますが、
数ある商品の中で目に留まったのはミドルレイヤーとしても着用が可能な開襟シャツ。
rasikuでは殆ど展開をした事のない開襟シャツは、自分の中で目新しさが気に入ってセレクトを決めました。
インナーにバンドカラーのシャツを合わせてジャケットの様に着るのもお勧めですし、もう少し気温が低くなり
保温性を重視したスタイルとしてモックネックやタートルネックを合わせもしっくりくると思います。
以前に紹介しました同素材のCAPと組み合わせて着るのも、統一感を演出する事が出来て面白いはずです。


FUJITOが作る開襟シャツは、第一釦の開きが大きく開き過ぎずに品の良さを感じて頂けると思います。
ポケットは左右に付き、胸の絞りなどは無く、身頃がストンと落ちる様なシルエット。
素材感も厚すぎず薄すぎずの中肉で、ある程度素材自体に保温性がある事を利用してダウンベストなどを
組み合わせるのもコーディネートに無理がなく、秋の装いとして心地良い温度を保てると思います。
自分自身にも言える事ですが、秋冬物となるとどうしてもセーターやコート類に目が向いてしまい
12月の本格的な冬を迎えるまでの洋服が手薄になってしまう傾向が顕著です。
あえてこの辺の生地感のアイテムを選んでみるのも、今までとは一味違う着こなしが楽しめるのではないでしょうか。


サイズ感は開襟シャツらしく全体的にゆったりとした設定。
前述でも述べましたが、身頃に絞りがないのでボックス型のシルエットで「サイズ2」で身頃57CM
「サイズ3」で身頃60CMと数字上でも大きさが伝わるのではないでしょうか。
インナーの厚みによって前後はすると思いますが、178CM体重64キロで着用サイズ2になります。
肩回りや身頃などは一切のストレスのない着心地。
もしスウェットやフード付きを合わせてきたい場合にはサイズアップで着るのありだと思います。
大よそですが「サイズ2」でM~L 「サイズ3」でL~XLくらいの方に気持ち良く着て頂けるはずです。


ざっくりとしたシルエットですが、可動域を広げる為に細かく寄せられたギャザー。
FUJITOのシャツは佐賀県唐津市にあるドレスシャツなども縫製出来る技術の高い工場で作製されているので、
縫製技術の高さは折り紙付きで、運針がとても細かく見た目の美しさにも拘った1枚です。
色の落ちたリーバイスのデニムにスウェード素材の革靴など、季節を感じるアイテムを所々に織り交ぜながら
男性らしさを表現しつつ組み合わせて頂くと、より一層このスラブチェックの良さが際立つと思います。

FUJITO    CORDUROY WIDE SLACKS

color     NAVY

price     26000+TAX

SIZE     30    /    32    /    34

color     BROWN

SIZE     30    /    32    /    34


「OPEN COLLAR SHIRTS」に組み合わせていたパンツも同ブランドのアイテムになります。
FUJITOのパンツではアイコンにもなりつつある、ダブル幅5CMで処理をされたワンタックトラウザー。
フロントはスナップボタンで開け閉めし、迫力のあるワイドシルエットですが膝から裾にかけて綺麗に
テーパードをさせてメリハリのある表情に仕上げています。
今シーズン選んだ素材は、秋冬のイメージをより一層盛り上げてくれる凹凸のくっきりとした太畝のコーディロイ。
中肉で洗いがかかっているので、とても柔らかく穿き始めからでも馴染んでくれる素材。
カラーは深みのあるブラウンと渋い色目のネイビーの2色での展開となります。


レングスはぎっちり9分~10分丈になるくらいの長さに設定をされています。
もしレングスの長さがイメージに合わなかったり、ダブルの処理が気になる方には、シングルであえてすっきりと
穿くのもお勧めしています。パンツの丈は、少し長さを変えるだけで見え方が全く別物になる事もありますし
個性を引き立たせることの出来る大事な要素だと思います。
実際にフィッティングをして、お好みの長さに調整をし直して穿くのが個人的にはベストだと思いますので
色々とご相談を頂きたいです。
FUJITOが作る”WIDE SLACKS”に関して言えば、着用している写真の様にローカットのスニーカー、もしくは革靴が
すっきりと見えて短すぎず・長すぎずに納まっているのがベスト。
特に秋冬のシーズンは、歩いた時に裾からウールソックスなどがちらりと覗くのが、季節感、遊び心、洒落が利いてて
目を惹くと思います。パンツ選びに関してはサイズやシルエットも勿論大切ですが、それと同様に裾の長さにも拘りを
持つようになると服の着方や見栄えが大きく変わるきっかけになるはずですので、意識をしてみては如何でしょうか。


フロントにワンタック入れて、後ろをダーツで調整しているので秀逸なシルエットを構築しています。
FUJITOらしくしっかりとした作り込みで、太いシルエットのパンツが苦手な方にも挑戦し易いカタチだと思います。
素材に使用しているコーディロイはウール等とは違い、お洗濯もし易く気軽に穿けて季節感を出すことが可能。
シンプルにスウェットなどを合わせて足元は革靴もしくはコンバースなどのローテクのスニーカー、アメカジライクな
雰囲気で合わせるのも好きな着方です。


今日ご紹介しましたどちらのアイテムも、角度を間違えると少し古臭くなりがちな印象があるのですが、
そうは見させない細かなディティールであったりパターンの落とし所の上手さがあります。
カジュアルな中にFUJITOならではの独自の目線で表現しているエレガントなエッセンスをプラスしている所に
他には出せない雰囲気があると思っています。
日常着の中に心地良く感じられる緊張感、装いの幅を広げる1枚を手にしてみては如何でしょうか。

9月14日


FUJITO    CORDUROY B.B CAP

color     BROWN

price     9500+TAX

SIZE      FREE SOLD


昨夜はお客様から頂いたお月見お団子を頬張りながら、強い光を放つ月をぼんやりと眺めていました。
温かいお茶をすすると身体にゆっくりと染み渡っていく感覚が、この一瞬だけ急激に忙しなくなる日々の疲れを
じんわりと癒していくようで、この季節だからこそ感じられる小さな楽しみを考えながら過ごしていきたいなと
しみじみ思いました。
rasikuでは今季の春夏シーズンから展開をし始めました”FUJITO”が作る”BASEBALL CAP”
これまでも幾つかのブランドからリリースされているキャップを展開してきました。
勝手なイメージでツバが長くて被り難いかなと思っていたのですが、一度手にしてみた所、想像以上に被り易く
スレーキの生地とを組み合わせた2枚仕立ての縫製も抜群に良かったので、秋冬シーズンも続けて展開をしています。
リリースされた生地は太畝のコーディロイ2色とオリジナルファブリックで作製したウール混の合計3色展開。
秋が深まる頃には、素材感がコーディネートにマッチして大人な雰囲気が漂うキャップになっているはずです。


8枚剥ぎでツバを長くしたデザインで、頭をすっぽりと包み込んでくれる安心感のある被り心地。
ツバの裏地には発色の良いグリーンの生地を組み合わせて、ヌメ革のストラップと真鍮で出来たアジャスターで
フィッティングの調整が可能。大よそのイメージで58Cm~61CMくらいまでの方にお勧めです。
仕立てを2枚にする事により生地がふっくらとして立体感が生まれ、被り易さにも一役買っていると思います。


秋冬のシーズンを訪れを感じさせる太畝のコーディロイは新品の状態も勿論格好良いですが、ある程度時間が経って
畝が自然と潰れてくる頃には雰囲気が増して、このキャップを被るだけで渋さが滲み出てくるはずです・・・
お気に入りのスウェットやパーカーを合わせて、アメカジライクな着合わせがイメージに合うのではないでしょうか。
ツバは折り曲げずに真っすぐ被るのが◎ 特に野球部の出身の方は折り曲げたい気持ちをぐっと我慢してください(笑)

color     NAVY

SIZE      FREE SOLD


太畝のネイビーは、合わせ易さや汎用性の高さかするとコーディネートをあまり深く考え過ぎずに被れるカラーで
ミリタリー系のジャケットやチェックのネルシャツなど、直球な着こなしの外しのアイテムとしての役割も大いに
果たしてくれそうです。着こなしが重く感じる時やワンポイントで抜け感を出したい時にキャップを被ると
全体の印象を和らげてくれるので、苦手な方にも無理なく挑戦をして頂きたいです。
帽子は被り慣れる事が重要なので、似合う似合わないの判断は案外周りの方は気にしていないのではないかと
僕自身は思っています。髪型によってフィッティングが大きく変わる事があるので、逆にその辺りを気にして
被ってみたりすると、今まで手にしてこなかった新しい扉が開けるのかもしれません。

FUJITO    B.B CAP(FUJITO EXCLUSIVE FABRIC)

color     CHECK

price     11000+TAX

SIZE      FREE


今秋冬シーズンも作製しているFUJITOのオリジナルファブリック。
ウールを中心に混紡素材で作り上げたスラブチェックは、何処かレトロで懐かしい匂いを感じさせるチェック柄で
どちらかと言えば綺麗な着こなしにマッチする素材感だと思いました。シャツにニットベストであったり、
ウール素材のトラウザーにアクセントを入れる様なイメージで被って頂けるとバランスが取り易いと思います。
今シーズン選んだB.B CAPはコーディロイ素材に関してはタック入りのトラウザー、スラブチェックは
オープンカラーのシャツを同素材で選んでいます。同素材のアイテムをコーディネートに2つ取り入れる着方も
お勧めしていますので、是非そちらも併せて店頭でご覧頂きたいです。
一度被ってみると素材違いで集めたくなってしまう、被り心地とデザインが見事にマッチしたキャップだと思います。
普段帽子を被らないという方にもお勧め出来る作りなので、是非店頭で一度お試しいただければ幸いです。

PageTOP