9月14日

FUJITO    SHIRTS COAT

color     NAVY

price     33000-(TAX IN)

SIZE      2    /    3 SOLD

夜寝る前に飲むミント入りの紅茶が日に日に美味しさを増しているような気がします。
窓を全開にして畳でゴロゴロしていると、足元から少しずつ寒さが忍び寄ってきてストーブのスイッチと
睨めっこしますが、流石にまだ早いなぁと寸前の所で思いとどまりながら秋の夜長を楽しんでいます。
それでもここ数日は1日を通して何処を切り取っても過ごし易く、草刈りを終えた中津川の澄んだ風が
お店にも心地良く届いている状況で、この短くて最高の気候を思う存分身体に感じたいと思います。

まだタイムリーではないのですが、それでもそろそろ、この手の羽織も視野に入ってくる頃ではないでしょうか。
ここ数シーズン殆どセレクトをしてこなかったショップコート類の羽織物。
今シーズンFUJITOからリリースされた”SHIRTS COAT”は、コート程重苦しくなく、パターンとしてはシャツに
近いニュアンスがあちらこちらに見えるのですが、選んだ素材感が季節を包み込んでくれそうな雰囲気に。
インナーに温かくて優しい素材感のセーター類を着てしまえば、冬コートへの繋ぎとして十分な活躍をしてくれる
潜在能力の高さと、あまり深く考えずに着用出来るユーティリティーな側面もこの手のコートの大きな特徴に
なるのかもしれません。サイズは2と3の2サイズで、M~L、L~XL位のイメージになると思います。

先ずはネイビーから。
綾目の組織がくっきりと表面に出たコットン100%のヴィンテージツイルを用いて作製。
生地にヴィンテージという名が付くだけに、着古したような風合いのある生地感。
柔らかくて肌馴染みが良く、躊躇なく手に取りばさっと羽織りたくなる空気を醸し出しています。
身頃や肩回り、袖にかけてもゆったりとした設定で、肉感のあるものをインナーに合わせたとしても
可動域を妨げずにストレスのない着心地を実現。1枚仕立ての羽織物を選ぶ際には、先ずは袖抜けが
良いかどうかを重要視していて、それがそのまま着用頻度と長時間着た際のストレスに直結してくるので
このコートに関しては、僕自身が気になる機能性をしっかりとクリアした作りになっています。

フロントのデザインは3パッチポケット、両サイドに小さなスリットを入れて、背中に細かくギャザーを配する事で
背中から腕にかけての可動域を広げる役割を果たしています。このコートはFUJITOが絶対の信頼を置いている
佐賀県唐津市にある縫製工場で作製。ドレスシャツを縫える技術を持ち合わせた工場だけに所謂のショップコートの様な
ワークスタイルのイメージよりも、どちらかと言えばエレガントな仕立ての匂いがするのも洗い込んだ生地との
ギャップがあって洋服の2面性を垣間見れる面白さがあると思います。着てしまえばそんな事は全く気にしなくなるのは
当たり前なのですが、背景を知ると着こなしにおける工夫や深みがプラスされるのではと考えてしまいます。
インナーにスウェットを着ると雰囲気はきっとアメカジライクで、それをあえてコットンニットにすると・・・
と言う様な自分にしか理解出来ない、捉え方に自由度が出てくると洋服と人との間に小さな化学変化を生むと思います。

後ろからみるとテールの長いシャツの様な雰囲気にも感じて頂けるのではないでしょうか。
前から見た際のインパクトのある表情と、後ろ側のさらりと流れるようなシンプルなバランスが
このコートの最も魅力を感じる部分ではないかと思っています。

FUJITO    SHIRTS COAT

color     GRAY CHECK

price     33000-(TAX IN)

SIZE      2    /    3

色違いで選んだチェック地は、がらりと印象が異なる渋みと着こなしのユーモアが試される1枚。
この配色は苦手な方はきっと手をださない色目で、渋みという言葉がメリットにもデメリットにも感じさせると共に
2つの側面を自分自身でコントールできるかどうかがポイントになると思います。

素材はネイビーと同様にコットン100%。
ですが、厚みはチェック地の方が薄くて軽い着心地。
ヘリンボーン柄にチェックを組み合わせていて、クラシカルな印象が7割位の確率で前面に出てくると思います。
如何にも秋冬らしいトーンになるのがメリットの部分で、ウール地やウール混ではないことがこの生地ならでは。
全体に落ち着きが出過ぎるというのも隣り合わせに潜んでいる事も、この柄とこのトーンを着る時には
意識しなければならない点になるのかもしれません。

どちらも甲乙つけがたい位に好きな生地感でした。
何を着るのか、微妙なタイミングに選択肢に入る1枚になるのは間違いありません。
きっと実際に心地良く感じるのは10月に入ってからだとは思うのですが、喉の調子が気になりタートルネックが
登場する11月頃の気候にも、すんなりと溶け込めそうな事も嬉しくなるはずです。
シャツとコートの良い部分を掛け合わせた羽織物。本格的なコートまでの小さくて大きな隙間を埋めてくれる存在が
心を落ち着かせてくれるのは間違いありません。

6月8日

FUJITO    B.B CAP

color     LIGHT BLUE

price     11550-(TAX IN)

SIZE     FREE SOLD

個人的に一年を通して素材違いで被り続けているFUJITOの8枚剥ぎのベースボールキャップが
今シーズンもカラーバリエーション豊富に届きました。
ブランドとしてもアイコンになりつつあるキャップですが、自分でも他にも色々と帽子を被る中で何でこんなにも
ストレスなく被り易く、更に見た目のバランスが良いのだろうと考えていました。
他との決定的な違いとしては、通常のCAPは大抵が6枚剥ぎが殆どですがFUJITOの作るキャップは
8枚剥ぎという点。細かく生地を繋ぎ合わせる事で、より頭に沿うようなシルエットになり被った際に何処にも
浮きがなくフィットする感覚を知ってしまうと、色違い・素材違いでどんどん集めたくなってしまいます。
プラスして内側にスレーキが貼り付けられていて、仕立てが2枚という点もポイント。
これは見た目にも大きく関わってくるのですが、生地と生地の間に空気が入る事でふんわりとした質感になり
エレガントでカジュアルに振り過ぎない仕上がりになります。

color     BROWN

price     11550-(TAX IN)

SIZE     FREE

color     SAX

price     11550-(TAX IN)

SIZE     FREE

このCAPに関して言えばファッション性という部分も勿論あるのですが、ツバの長さがあるので陽射し避け対策としても
効果を発揮してくれます。通年被れる素材感と、今季は涼し気なシアサッカーの3種の生地でご用意しました。
先ずはという方は通年素材がお勧めですし、2個目とか季節感が欲しいという方はシアサッカーはとてもお勧め。
特にこれからの季節はTシャツなどのさっぱりとした服装がメインになってきますので、CAPでアクセントを入れたり
コーディネートの寂しさを埋めるのにはとても便利なアイテム。
ここ数年の夏の暑さは身体への負荷が大きくかかるので、体調をコントロールする意味におていも帽子は必須。
そんな時に1つでもお気に入りのものがあればあれこれ考えたり悩んだりせずに、すっと出掛けられると思っています。

通年素材としてお勧めなのが”LIGHT BLUE”
コットン100%の中肉よりもやや薄手の素材感で、癖が少なく季節に関係なく被って頂けると思います。
白やグレーの何てことのないTシャツに合わせて頂けると、シンプルな着こなしに色がプラスされて
キャップが全体を上手く纏める役割を果たしてくれるので、個人的にとてもお勧めしたいスタイルです。

シアサッカーは夏に登場する涼し気な素材ですが、洋服となると取り入れるのが案外難しかったりします。
実際に僕もシアサッカーの洋服は持っていないので、帽子であれば取り入れやすいのではないかと。
当たり前ですが理に適った清涼感のある素材なので、被っていても蒸れにくく季節の表情を
出すのには打って付け。これは勝手なイメージですが、何となく心に余裕を感じる素材ですね(笑)

FUJITO    Panama Hat 

color     BLACK

price     27500-(TAX IN)

SIZE     FREE

昨年に引き続き、今シーズンは色目を”NATURAL”から変更し”BLACK”で登場の”Panama Hat”
より季節を感じる素材でもあり、パナマ草100%を用いる事での高級感と機能性は間違いありません。
そしてこのハットの一番の特徴でもあるクラッシュをして持ち歩く事が出来る点。
もう少し柔らかく細い繊維でペーパーハットと呼ばれるものはクラッシュがし易く持ち運びに便利なのは確かですが、
FUJITOが作るハットは、このボリューム感で折り畳みが可能という点が素晴らしい。
私も夏場に旅に出る際には必ず持って行くアイテムの1つで、B.B.CAPを被って、現地に着くとPANAMA HATで
過ごすというのが定番スタイルになっています。バッグに丸め込んで持ち歩けるのはとても心強くそして機能的。
天然素材が持っている特性を実感出来るのは間違いありません。

頭周りの大きさは大よそで58CM位でしょうか。素材の特性上、多少の伸びはあると思います。
カラーがBLACKになると、服装と合わせた際によりクラシックな印象が強く感じます。
1つ目というよりは、複数個持ちたいという方にお勧めしたいカラー。

洋服もそうですが、身に着ける帽子やバッグ、足元の靴もいよいよ夏らしいものの出番が増えてくるようになりました。
その日の気候に対して、服装や身に着けているものがマッチした時の快感と心地良さは何とも言えない喜びがあります。
帽子は被る被らないが分かれるアイテムではありますが、ここまで気候が変化して鬼気迫る状況になると話は別。
似合うかどうかも重要ですが、それで少しでも暑さから身を守る事が出来、身体の健康が保たれるのであればという
気持ちもありつつ。これなら多少値段が高くても被っても良いなと思って貰えるものを自分でも着用をして
セレクトしている自負はありますので、少しでも興味や被ってみたいという気持ちが湧いて頂ければ嬉しいです。

3月13日

FUJITO    C/N KNIT SWEATER

color     BLACK

price     25300-(TAX IN)

SIZE     2    /    3

FUJITOらしいアイテムとは何か・・・と考えた時に、日常着の中でも奥行きがあり、そして一貫してどの服にも
エレガントさというか、美意識が注ぎ込まれた服というのが頭に思い浮かびます。
特にそんなブランドの芯が投影されているようにも思うのが、継続して展開されるニット。
秋冬シーズンであれば保温性という機能的な部分で手にする方は多いと思いますが、春夏シーズンとなると圧倒的に
少なるなるのではないでしょうか。コットンニットは、どちらかと言えば着心地の部分での贅沢さと見た目の美しさに
比重が置かれているので、同じ位の保温性を持つカットソーと比べると取扱いにも気を使うので手が出難いのも事実。
FUJITOに限らずに他のブランドでもコットンニットをセレクトしてきましたが、正直そう簡単に売れるかと言うと
難しいアイテムではあるのですが、シャツでもスウェットでも無く・・・という時の隙間を埋める服ですし
お仕事で会議や人と会って打合わせなどの機会があるなど、服装でメリハリを付けたりその場に合わせて
あえてニットを選びたいと、そんな風に思って下さる方に手にして頂ければ嬉しいです。

言葉は先ず置いておいて、頭と袖を通して見てください。と言わんばかりの
とてつもなくシンンプルな井出達のクルーネックタイプのセーター。
素材はコットン75%・シルク25%を贅沢に配合したハイゲージとミドルゲージの丁度中間位の厚み。
シルエットは身体のラインを拾い過ぎない設定で、今から慌てて身体を鍛えなおす必要はありません(笑)
インナーはシャツを挟むというよりも、クルーネックのTシャツで潔く着るというのがベターではないでしょうか。

一切の誤魔化しが効かなそうなブラックという色目、もし味付けをするとすれば自分自身が醸し出す雰囲気や色気・・・
とでも言ったら更にハードルが高くなりそうですが、実際にはそんな気もしたりしています。
着合わせとしては古着のミリタリーやハンティングなどの野暮ったさの残るジャケットをさらりと羽織ったりすると
ニットの綺麗な部分と程よく中和されて、まとまりが出てくるのではないでしょうか。
カジュアルな中にも”色気”というスパイスを自然と纏える服装。
単純な見た目だけで判断されない服装は40代になって挑戦したいと思っていた所でしたので、板につくまでは
まだまだ経験が必要で時間が掛かりそうですが、こんなニットを自然と感じ良く見えるように着こなせたらいいですね。

身体の何処にもストレスを感じず、シルクが25%配合される事で艶と着心地の良さをアップさせている事は確か。
日常と非日常とを行き来するようなFUJITOらしいどちらにも振り過ぎないバランスで作製されていて、
いつもの定食屋さんで決まったメニューを食べる時にも、イタリアンで美味しいワインを飲みながら・・・という
どちらのシチュエーションにも違和感なく溶け込んでくれる1枚になると思います。
着こなしに確実に深みと渋みを増してくれるのは間違いありませんので、ご自身のライフスタイルを思い浮かべながら
気持の良いコットンニットをワードローブにプラスしてみては如何でしょうか。
僕もこの春はこのニットを着て、軽やかな足取りで街歩きを楽しもうと思っています。

2月12日

FUJITO    MOUTAIN PARKA

color     BLACK×BLACK

price     52800-(TAX IN)

SIZE     2    /    3

いよいよ盛岡もプラスの気温に転じて、今現在(12時30分)でプラスの7度。マイナスではなくプラス(笑)
強張っていた身体が解けるような感覚があって、更に週末はなんと二桁に気温が届く予報。
まだ油断は出来ないのですが、それでも肩をすくめることなく過ごせる日があるのは嬉しい限り。
重たいコートをやや軽めのものに変えて、アスファルトが綺麗に見えてストレスなく道を歩ける日まで
あともう少しの我慢かもしれませんね。

タイムリーにこれから着られるアウターの入荷がFUJITOから。
何シーズンか前にも何度か提案したことのあるMOUTAIN PARKA。
見た目はよりすっきりとしたバランスにブラッシュアップしながらも、何処かクラシカルな雰囲気を持たせていて
着丈の長さをお尻がすっぽりと隠れる位にしている点が個人的にはツボだったりします。
ボディはコットン100%の生地と肩から袖の途中までナイロン100%を組み合わせたコンビネーション。
同色で分かり難いのですが生地を切り替える事で、シンプルながらも立体感のある表情に。
裏地は総裏で滑りの良いポリエステル100%の生地が貼られていて、岩手の春の冷たい風をしっかりと
防いでくれますし、インナーもしっかりと着込める点で万能な1枚になるのは間違いありません。

フロントはZIP+スナップ釦の仕様。
スナップ釦がある事によって、着こなしにアレンジが加えられるので好きなディテールの1つ。
上目にある釦を留めてインナーを覗かせる着方は、動きも制限されにくく、アウターの隙間からちらりと
色が見える事によって、全体のバランスが取り易くなると思います。

ハンドウォーマーポケットは、胸下のポケットにしては少し高い位置に。
アウトドアメーカーの良い部分と、街着として着る際に最低限度必要なスペックを掛け合わせされている印象。
さらりと手に取って普段の買い物からちょっとした旅行などにも対応出来、日常使いする分にはオーバースペックに
なり過ぎずに日常着に違和感なく溶け込むというのが、僕自身がマウンテンパーカーに求める条件。
FUJITOの作るマウンテンパーカーは、自分自身でも着用をしていて主張するロゴマークなどがなく
飽きが来難い印象を持っていて、小雨の日や自転車に乗って出掛ける日などにも重宝をしています。

内側には本を収納出来るポケットを完備。
出張や旅先に向かう際などに、このポケットに”ipad”を出し入れしながら持ち歩いています。
見えない部分にブランドの色や特色を取り入れている点は、FUJITOというブランドが貫き通している
軸でもあり、着実にファンを増やしている理由にも繋がると思います。

ここ数シーズンは春のコートやアウター類は、機能性の部分において岩手の春の気候に通用すると思うものに絞って
展開をしています。2枚仕立てのブルゾンは重ね着する際にも袖通りが良くストレスになり難いですし
使い勝手の良い色目は、季節を問わずに秋・冬・春と3シーズンしっかりと使い回して頂けるのではないでしょうか。
気温が10度前後まで上がるとなると、重たいコートから軽快な素材へと自然と切り返したくなるタイミングで
FUJITOのMOUTAIN PARKA、コートやブルゾン候補の1つとして如何でしょうか。

10月17日


FUJITO   FLEECE BLOUSON

color     BLACK

price     32000+TAX

SIZE     2   /    3  SOLD


基本的に寒さには滅法弱く、ここ数日の朝と日中との寒暖差に自律神経が乱れて諸々が崩壊寸前でしたが
何とか持ちこたえて、慌てて引っ張り出したアウトドアものの中綿ベストを着てお店に立っています。
軽くて暖かな洋服や服装が年齢を重ねる毎に好きになってきていて、かと言ってあまりにラフになり過ぎるのも
どうかなと思ったりして、その丁度良い匙加減を探して悶々と試行錯誤を続ける日々。

お店ではアウトドアブランドの展開は無いのですが、お取り扱いのあるブランドでスポーティーだったり
アウトドアにも使えそうな洋服は、気に入ったアイテムがあれば数は多くないですがセレクトします。
その中でFUJITOが提案するアクティブな服装は、動き易さや軽さといったギアとしての要素に加えて日常着として
違和感なく落とし込めるデザインが好みで、個人的には出張や旅に行く際にとても重宝をしています。
今シーズンはフリースが気になり、モコモコとした毛足の長いタイプと短いタイプの2種類をご用意しました。


先ずは毛足の長いブルゾンアウタータイプですが、あえて語る必要はないのではないか・・・という位に完成された
デザインでもあり、ミドルレイヤーとしても、今時期のアウターとしても着れる守備範囲の広さも支持をされ続ける理由。
インナーはシャツでもありですが、個人的にはクルーネックのスウェットもしくはロンTを合わせて着丈の納まりを
意識する方が見た目のバランスが取り易いと思っています。
首元はハイジップでタートルネックを着ている様な保温効果があり、この上からゆったりとしたステンカラーコートを
合わせたり、または冷たい風をシャットアウトするマウンテンパーカーを組み合わせると、王道ではありますが
保温性と快適さを併せ持った、凍てつく真冬でも乗り越えられる北東北仕様としても完璧。


FUJITOが作るフリースブルゾンの特徴として、滑りの良い裏地を重ねて2枚仕立てにしている点。
仕立てを2枚にする事で風を通しにくい作りになるのは勿論ですし、袖抜けが圧倒的に良くなります。
例えばですが、セーターなどを組み合わせて着る際にも袖が引っ掛からずにスムーズに脱ぎ着が出来るので
機能と美を併せ持った洋服を作り続けるブランドならではだと感じています。
アームもそこまで太く設定をしていませんので、この手のフリースの割にすっきりとしたシルエットで
コート類を重ね着をした際にもモコモコと着膨れし過ぎずに重ね着が出来るのも特徴として挙げられます。
裏地も毎シーズン改良を重ねていて、伸縮性のある生地を組み合わせていますので動き易さや脱ぎ着のし易さを
実感して頂けるはずです。この手のブルゾンはあれこれ考え過ぎずにぱっと着て出掛けたいので
困った時の・・・ではないですが出番の多くなる1枚になってくれると思っています。


カラーはブラックのみでサイズは2と3の2サイズをご用意しました。
身長178CM体重64キロでサイズ3で、中に中肉のスウェットを着て丁度良いサイズ感に感じます。
サイズ2=Mサイズもしくは細身の方、サイズ3=Lサイズと思って頂いて良いと思います。
フリース素材のジップブルゾンに関しては着合わせやスタイルを意識するよりも、ある程度の防寒性であったり
着易さという面を重視したアイテムとして選ばれることが多いかと思います。
その中でもこういったアイテムがワードローブにあると、所謂なアイテムともちょっとした違いがありますし
休日のリラックスしたい日や、近所に散歩に行きたい時などに間違いなく重宝するのではないでしょうか。

FUJITO   ZIP BLOUSON

color     BLACK

price     32000+TAX

SIZE     1    /    2    /    3


もう一型は毛足の短い2枚仕立てのシャツジャケットの様な雰囲気のブルゾン。
前立てはZIPですが裾のラウンドした形状や襟が付くデザインで、展示会で見た際にもFUJITOらしさがあって
面白い洋服だと感じた1枚。インナーにシャツを合わせた際にテールを気にせずに重ね着出来るのがポイントで
新鮮な着こなしが楽しめて、且つフリースならではの機能的な部分もしっかりと体感して頂けると思います。
個人的には普段店にいる事が多いので、意外と今時期室内の方が寒かったりする為、こういった軽めの羽織は
本当に何枚持っていても重宝しますし、ミドルレイヤーとしても役割もしっかりと果たしてくれるので、
寒暖差の激しい北東北の地ではうってつけの素材感かなと思います。
ピンポイントな提案になってしまいますが、私達と同様に個人でお店をやられている方で室内にいる際に
ちょっと肌寒い時にカーディガン感覚で着れる万能な羽織として便利ですので如何でしょうか・・・(笑)
勿論、外出用に着たいという方にもとてもお勧めです。


前の着丈に対してテールの長さに大きな差を付ける事で、デザイン的にもアクセントになります。
襟はそのままでも良いですしスタンドにして着るのも◎
ポケットも付いていますので、機能的な部分においても申し分のない作りだと思います。
丁度良い羽織を探されている・・・と言われる事が多々あるのですが、気温に対応する為にはある程度の枚数と
素材違いで最低でも3枚位を着回すのがベストだと思いますし、今時期のように日中と夜との温度差が
大きい季節であれば尚更の事。1つの選択肢としてフリース素材は軽くて保温性が高いという点においては
優れている機能素材なので、手元にあると気兼ねなく使える一着だと思います。


フロントはダブルジップの仕様で、着こなしに変化を付ける事が出来ます。
袖口は釦が付きで、スポーティーな側面を感じるかと思えばジャケットライクな一面が顔を出したりして
どう組み合わせて着こなすのが楽しみになるのではないでしょうか。


どちらも色は黒で統一しました。
すっきりとした表情で都会的な空気も纏ったフリースジャケット。
異素材を組み合わせてコーディネートするのが好みなので、化学繊維が入る事によっていつもとはまた違う
一癖ある着こなしが出来るのではないかと想像を膨らませていますし、個人的にぜひお勧めしたいのは
ZIP BLOUSONは先日ご紹介しました”B.B.CAP”も同素材でご用意をしていますので、CAPとブルゾンと
セットで着合わせるのが怪しげで良いなと思っています。(CAPのBLOGでも同じ事を書いた気がします。)
それぐらいお勧めですので、気になる方はぜひ見にいらしてください。

PageTOP